崎門学脈系譜(淺見絅齋門下)
 

この系譜図は岡直養が昭和15年に編集したものに若干の補正を加えたものである。岡氏の跋に、彼の編んだ「崎門学脈系譜」は楠本碩水が明治36年に編んだものを、内田遠湖と岡直養が補録し、池上幸二郎や関田駒吉など、多くの人の捃摭によって完備されたとある。私が参考にしたのは梅沢芳男氏自用本であり、彼もまた編集に参加した一人である。


淺見絅齋門下

 ├ 淺見絅齋 名は安正。重次郎と称す。初めは高島順良と称す。近江高島郡新儀村字太田の人。京都に住む。正徳1年(1711)12月1日没。年60。
     ├ 山本良貴 藩助と称す。摂津菟原郡魚崎の人。
     ├ 山本復齋 名は信義。源蔵と称す。山本良貴の弟。別号は香山、守境霊社。享保15年(1730)11月12日没。年51。
     │  ├ 山本大定 名は命常。字は文龍。重蔵と称す。山本復齋の弟。能書。元文2年(1737)8月没。年52。
     │  ├ 山本正義 大作と称す。山本復齋の子。寛延4年(1751)4月1日没。年31。
     │  ├ 上月專庵 名は信敬。丹蔵と称す。別号は鶴洲、瓊齋。摂津尼崎の人。大坂に住む。宝暦2年(1752)2月6日没。年49。
     │ │  ├ 上月琴浦 名は信勝。上月專庵の子。
    │ │  ├ 木村養齋 與兵衛と称す。大坂の人。初め山本復齋に学ぶ。
     │  │  ├ 馬場顯亮 初め山本復齋に学ぶ。
     │  │  └ 橋本澹齋 名は存明。初め山本復齋に学ぶ。
     │  ├ 東 竹堂 名は檉陰。字は山光。別号は流鶯軒。播磨の人。能書。
     │  ├ 坂部 恒 字は正倫。大阪府尹参佐。
     │  ├ 平住專安 名は周道。字は季直。別号は橘墩。大坂の人。能詩。
     │  ├ 河合茂村 宇八と称す。播磨の人。大坂に住む。和歌を能くす。
     │  ├ 加藤艮齋 名は守命、敬信。權平、彦五郎と称す。摂津武庫郡今津の人。宝暦4年(1754)4月19日没。年70。
     │  ├ 立石垂穎 名は念典。彦五郎と称す。和泉泉南郡岡本の人。
     │  ├ 岸 潛齋 名は大進、昭之。新治と称す。和泉泉南郡貝塚の人。
     │  ├ 雨森東庵 名は明實。字は之玉。別号は鮮翁。大坂で医業。
     │  ├ 岡 瓶齋 名は深俊。字は立因。大坂の人。
     │  ├ 桂 囘庵 名は爲善。
     │  ├ 奥谷浩庵 名は義直。医者。摂津菟原郡の人。享保1年(1716)12月12日没。年37。
     │  ├ 井上升齋 名は篤好。別号は桂翁。關平と称す。摂津菟原郡住吉の人。
     │  ├ 小竹一覺 名は因明。
     │  ├ 可兒武左衛門 若狭の人。
     │  ├ 岸本敬齋 和泉泉南郡貝塚の人。
     │  ├ 宮城居行 
     │  ├ 大田原義平 
     │  ├ 三宅遜敏 
     │  ├ 松尾召南 
     │  ├ 平瀬誠之 
     │  ├ 林 義勝 林立齋の子。
     │  ├ 井上寅齋 
     │  ├ 福原春翠 
     │  ├ 櫟原顧齋 名は誠守。豫一と称す。大坂の人。
     │  ├ 櫟原爲成 
     │  ├ 糟谷小八 
     │  ├ 宮長丹作 
     │  └ 福井立齋 
     ├ 玉木葦齋 名は正英。兵庫と称す。別号は五鰭霊社。京都の人。神道を正親町公通及び春原民部に受ける。元文4年(1739)7月7日没。年68。
     │  └ 玉木愼齋 幸介と称す。玉木葦齋の子。文化11年(1814)3月5日没。西依成齋にも学ぶ。
     │      └ 井上祐珍 大和守。鹿児島福ヶ迫諏訪社祠官。
     │          └ 井上祐住 薩摩の人。
     │              ├ 井上出雲 薩藩士。後に藤井良節。幕末志士。
     │              └ 井上石見 薩藩士。名は長秋。井上出雲の弟。諏訪社祠官。函館裁判所判事。明治1年(1868)8月海上遭難にて殯命。
     ├ 野村淡齋 新左衛門と称す。彦根藩老庵原主税の家臣。
     ├ 近藤玄悦 近江の人。後に若林強齋に学ぶ。享保年間に没。
     ├ 武川愚齋 源左衛門と称す。近江佐和山の人。
     ├ 大月履齋 名は吉廸。正蔵と称す。伊予大洲の人。松山藩に仕える。享保19年(1734)3月4日没。年61。神道を高田未白に学ぶ。
     │  ├ 三戸新兵衛 伊予の人。松山藩主久松定喬に仕える。
     │  ├ 松田東門 名は通居。伊予の人。享保年間の人。
     │ ├ 片桐省齋 伊予の人。
    │ └ 小倉正信 名は勇助。伊予の人。国学を修める。宝暦7年(1757)5月没。年70。
     ├ 竹内信成 号は省軒。越後の人。
     ├ 三宅觀瀾 名は緝明。字は用晦。九十郎と称す。京都の人。水戸藩に仕える。享保3年(1718)8月26日没。年45。
     │  ├ 打越樸齋 名は直正。字は子中。彌八と称す。水戸の人。元文5年(1740)8月5日没。年55。
     │  │  └ 打越直道 彌八と称す。打越樸齋の子。安永4年(1775)5月15日没。年60。
     │  ├ 福田貞齋 名は尚存。代蔵と称す。播磨三木郡の人。鹽谷氏。享保2年(1717)4月23日没。年57。
     │  └ 中村嘉種 初めの名は恒亨。字は仲武。惣次郎と称す。号は七友齋。土佐の人。土佐藩儒。延享1年(1744)9月20日没。年67。
     │      └ 中村 儶  少助と称す。中村嘉種の子。土佐藩儒。明和6年(1769)9月5日没。
     │          └ 中村世潭 隆蔵と称す。本姓は服部。中村儶 の養子。土佐藩儒。天保5年(1834)1月16日没。年80。
     │              └ 中村成穀 十次郎と称す。号は西里。本姓は深尾。中村世潭の養子。土佐藩儒。古賀精里にも学ぶ。
     │                  └ 中村弘毅 初めの名は禎輔。号は新齋。本姓は武市。中村成穀の養子。元老院議官。明治20年(1887)7月6日没。年50。
     ├ 新井祐勝 新井白蛾の父。加賀の人。江戸に住む。
     ├ 山科道安 保壽院。法眼。
     ├ 竹下立庵 名は重興。字は昌隆。別号は青山霊社。大坂の人。
     ├ 加藤謙齋 名は忠實。字は衛愚。烏巣道人と称す。三河宝飯西郡の人。儒医。京都に住む。享保9年(1724)1月7日没。年56。
     ├ 簗瀬寒松 名は満昆。董作と称す。初め小出侗齋に学ぶ。寛保1年(1741)10月4日没。年70。
     ├ 小曾根石齋 十蔵と称す。三河の人。
     ├ 近藤コ庵 名は大作。
     ├ 佐佐木一樂 江戸の人。
     ├ 井泉保祐 加賀の人。
     ├ 中山專庵 名は盛直。靜安と称す。中山菁莪の祖父。秋田生保内の人。
     │  └ 中山盛貞 正左衛門と称す。秋田の人。中山菁莪の父。
     ├ 簗田友齋 
     ├ 河合泰庵 河合養庵ともある。
     ├ 薗 知命 
     ├ 小出侗齋 名は敬迓。字は岩眞。治平と称す。尾張名古屋の人。元文3年(1738)6月22日没。年73。
     │  ├ 小出愼齋 名は孝承。周八と称す。本姓は種田。小出侗齋の養子。宝暦9年(1759)10月13日没。年39。
     │  │  ├ 小出千之齋 名は惟式。務平と称す。別号は東郊。小出愼齋の養子。天明8年(1788)4月7日没。年68。
     │  │  └ 石川香山 名は安貞。字は順夫。忠次と称す。尾張鳴海の人。尾張藩儒臣。文化7年(1810)11月2日没。年75。
     │  │      ├ 石川魯庵 名は嘉貞。字は公幹。順次と称す。本姓は水野。石川香山の養子。尾張藩儒臣。天保12年(1841)4月3日没。年69。
     │  │      └ 大津北圃 莊兵衛と称す。熱田奉行。
     │  ├ 千村夢澤 名は良重。字は鼎臣。勘平、後に潛夫と称す。名古屋の人。安永2年(1773)2月12日没。年80。
     │  ├ 須賀精齋 名は誼安。吉平治と称す。名古屋の人。尾張藩儒。宝暦4年(1754)10月20日没。年67。
     │  │  ├ 須賀亮齋 名は安貞。圖書と称す。一号は玉潤。尾張藩儒。須賀精齋の子。文化1年(1804)11月29日没。年81。
     │  │  │  └ 須賀衡齋 名は安重。重右衛門と称す。須賀亮齋の子。尾張藩儒。文化6年(1809)9月22日没。年50。
     │  │  ├ 高木篤齋 名は任孚。信次郎、後に傳右衛門と称す。美濃高須藩家老。天明1年(1781)2月8日没。年55。
     │  │  └ 津金鷗洲 名は胤臣。字は子鄰。文左衛門と称す。別号は黙齋。名古屋の人。熱田奉行。享和1年(1801)12月19日没。年75。
     │  └ 堀尾秀齋 名は秀實。字は春芳。別号は觀潮翁。尾張の人。寛政6年(1794)1月7日没。年82。須賀精齋にも学ぶ。
     ├ 吉見幸和 定右衛門と称す。号は恭軒、風水翁。名古屋東照宮祠官。正親町公通にも学ぶ。宝暦11年(1761)4月26日没。年89。
     ├ 藤田玄伯 名は知信。越後の人。
     ├ 合原窓南 名は餘修。藤蔵と称す。本姓は草野。筑後三潴郡住吉の人。久留米藩に仕える。元文2年(1737)8月20日没。年75。
     │  ├ 岸 正知 外記と称す。久留米藩老。宝暦4年(1754)6月没。岡田盤齋にも学ぶ。
     │  │  └ 岸 靜知 正知と同族。西依成齋にも学ぶ。
    │ ├ 宮原南陸 名は存。半左衛門と称す。久留米の人。岸氏家臣。寛政4年(1792)6月11日没。年77。
    │ │  └ 宮原桑州 名は國綸。字は世經。文之進と称す。別号は南陸子。文政11年(1828)4月17日没。年67。
     │  │      └ 眞木保臣 和泉守と称す。号は紫灘。久留米水天宮祠官。元治1年(1864)7月21日、山崎天王山にて自刃。年52。
     │  │          └ 眞木菊四郎 眞木保臣の子。慶応1年(1865)2月14日暗殺。年23。
     │  ├ 不破守直 初めの名は祐直。與三兵衛と称す。久留米の人。天明1年(1781)3月9日没。年70。西依成齋にも学ぶ。
     │  │  ├ 有馬是誰 名は守居。主膳と称す。久留米の人。文化11年(1814)6月29日没。年80。
     │  │  │  ├ 小川志純 一名は正格。勘左衛門と称す。久留米の人。文化11年(1814)5月没。年85。尾關正義にも学ぶ。
     │  │  │  ├ 尾關眞勝 久留米の人。尾關正義にも学ぶ。
     │  │  │  └ 矢野一貞 久留米の人。尾關正義にも学ぶ。
     │  │  ├ 尾關正義 久留米の人。
     │  │  └ 不破實通 久留米の人。
     │  ├ 杉山正義 久留米の人。
     │  │  └ 杉山觀齋 名は正仲。清兵衛と称す。久留米の人。寛政5年(1793)7月23日没。年69。
     │  ├ 坪井コ平 肥後熊本の人。
     │  └ 稲次正思 久留米の人。
     ├ 鈴木貞齋 初め鳥羽金次郎と称す。名は重光。金七と称す。土佐の人。伊勢、後に大坂に住む。元文5年(1740)8月3日没。年66。
     │  └ 飯岡義齋 名は孝欽。字はコ安、澹寧。嘗て医者。篠田コ庵と称す。大坂の人。寛政1年(1789)11月8日没。年73。第二女は頼春水へ、第三女は尾藤二洲に嫁ぐ。
     │      ├ 山口剛齋 名は景コ。字は正懋、剛翁。剛三郎と称す。大坂の人。石見津和野藩儒臣。享和1年(1801)6月11日没。年68。
     │      │  ├ 山口省齋 名は弘道。吾一と称す。山口剛齋の子。津和野藩儒臣。天保6年(1835)12月29日没。年65。尾藤二洲にも学ぶ。
     │      │  │  └ 山口重山 名は弘毅。字は子重。吾一と称す。山口省齋の弟。津和野藩儒。嘉永6年(1853)6月29日没。年73。
     │      │  │      └ 山口鼓溪 名は弘烈。字は律民。重三郎、後に弘と称す。山口重山の子。津和野藩儒臣。明治8年(1875)11月25日没。
     │      │  ├ 清水訥齋 名は宗誠。愼蔵と称す。津和野藩儒臣。文化12年(1815)4月24日没。年43。尾藤二洲にも学ぶ。
     │      │  └ 龜井矩賢 隠岐守と称す。津和野藩主。文政4年(1821)2月24日没。年61。
     │      └ 飯岡存齋 名は孝鐘。剛蔵と称す。飯岡義齋の弟。文化11年(1814)7月15日没。
     ├ 辻 松軒 名は敏好。讃岐の人。
     ├ 杉山直達 初めの名は孝本。伊勢の人。
     ├ 林 立齋 名は敬勝。忠蔵と称す。豊後の人。中川氏に仕え、後に処士。大坂に住む。
     ├ 水足屏山 名は安直。字は仲敬。半助と称す。別号は漁軒、味齋。肥後熊本の人。享保17年(1732)4月9日没。年62。
     │  └ 水足博泉 名は安方。字は斯立。平之丞と称す。水足屏山の子。
     ├ 戸田他石 半十郎と称す。
     ├ 青木文蔵 美濃の人。後に若林強齋に学ぶ。
     ├ 赤井直義 傳左衛門と称す。
     ├ 小林靜齋 名は時保。近江高宮の人。後に若林強齋に学ぶ。安永4年(1775)7月17日没。
     ├ 川瀬監物 多賀神社大神主。
     ├ 岩崎修敬 号は守齋。惣助と称す。土佐(或いは大坂)の人。享保9年(1724)4月16日、京都にて没。
     ├ 美代厚本 名は元剛、後に重勝、重本、敦本。傳太郎と称す。号は廿代翁。土佐の人。享保19年(1734)5月16日没。年71。初め谷秦山に学ぶ。
     ├ 馬場氏信 初めの名は一梯。源右衛門と称す。号は雲山。土佐の人。享保12年(1727)8月5日没。年70。
     ├ 宮田定則 用蔵と称す。土佐の人。宝暦3年(1753)11月8日没。年78。
     │  └ 南 惠山 名は靜脩。伊平と称す。土佐の人。天明8年(1788)3月11日没。年80。
     ├ 南 璧庵 土佐の人。藩医。元禄9年(1696)11月16日没。
     ├ 關 牧庵 名は通博。土佐の人。藩医。享保13年(1728)8月16日没。
     ├ 鳥羽篤好 珍次郎と称す。土佐の人。
     ├ 大和田玄胤 秋田藩士。清兵衛と称す。
     │  └ 大和田依胤 大和田玄胤の子。秋田藩士。清兵衛と称す。
    │      └ 大和田祚胤 大和田依胤の子。秋田藩士。清兵衛と称す。号は淡水。若林強齋にも学ぶ。
    │          └ 平田篤胤 大和田祚胤の子。大角と称す。江戸に住む。天保14年(1843)9月11日没。年68。初め中山菁莪に学ぶ。国典を学び、古道学と称す。秋田藩士。
     ├ 横矢守幹 團四郎と称す。土佐の人。
     ├ 北岡親常 源之丞と称す。土佐の人。
     ├ 濱田雪明 平三郎と称す。土佐の人。
     ├ 前原善助 
     ├ 熊谷金平 
     ├ 伊豫屋九郎兵衛 
     ├ 西友 鷗 
     ├ 萩野元泰 
     ├ 奥 正尹 近江の人。享保9年(1724)秋没。奥正岑の父。
     ├ 佐治時敏 
     ├ 赤田安遷 名は雲。
     ├ 武村克長 
     ├ 三好輝長 
     ├ 島田昌貞 
     ├ 岩佐政恒 
     ├ 淺見持齋 名は有倫。勝太郎と称す。淺見絅齋の姪。正徳2年(1712)12月2日没。年20。
     └ 若林強齋 名は進居。新七と称す。一号は守中翁、晩年は寛齋、自牧。望楠軒。京都の人。享保17年(1732)1月20日没。年54。
         ├ 當舍修齋 名は以道。清介と称す。摂津の人。尼崎藩に仕える。
         │  └ 興田 敏 作一郎と称す。江戸に住む。
         ├ 溝口左仲 
         ├ 興田敬勝 武蔵の人。
         ├ 山本憲蔭 主馬と称す。号は守元齋。本姓は大江。京都の人。享保15年(1730)12月25日没。年40。玉木葦齋にも学ぶ。
         ├ 犬飼訥齋 名は當謙。初めの名は誠之。新五郎、後に幸左衛門と称す。備中庭瀬の人。
         ├ 淺見文次郎 名は安直。淺見絅齋の姪。
         ├ 淺見甚三郎 
         ├ 廣木文蔵 名は忠信。美濃の人。享保15年(1730)没。
         ├ 諸江義次郎 
         ├ 澤田一齋 名は重淵。字は文拱。号は奚疑齋。京都書肆。風月莊左衛門。天明2年(1782)2月24日没。年82。
         ├ 吉井廣二郎 
         ├ 松井」齋 百次郎と称す。出雲の人。
         ├ 北村理互 
         ├ 大井喜陣 
         ├ 八代清元 
         ├ 藤井敏時 
         ├ 浦上甚七 
         ├ 佐尾玄貞 
         ├ 堀内伯元 
         ├ 津田平馬 小浜藩士。
         ├ 添田彌左衛門 小浜藩士。
         ├ 室田義方 
         ├ 松岡仲良 字は雄淵。多助、下總と称す。号は混成翁、蓼蔵舍。尾張熱田の人。天明3年(1783)11月13日、京都にて没。年83。玉木葦齋にも学ぶ。
         │  ├ 谷川士清 字は公介。養順と称す。号は淡齋。伊勢津の人。安永5年(1776)10月10日没。年68。
         │ │  └ 谷川士逸 名は鳳。順端と称す。号は端齋、丹齋。谷川士清の子。蟹養齋にも学ぶ。
        │ ├ 古川茂陵 名は盛之。舍人と称す。越後加茂青海社司。文化14年(1817)7月没。年66。
         │  └ 竹内式部 名は敬持。一学と称す。号は羞齋。新潟の人。京都に寓す。王政復古を謀り流刑。明和4年(1767)12月5日、三宅島にて没。年56。三宅尚齋にも学ぶ。
         │      ├ コ大寺公城 権大納言。竹内式部に連座、幽閉。落飾後、号は巒溪。天明2年(1782)7月11日没。年54。
         │      ├ 久我敏通 権大納言。王政復古を謀るも、宝暦6年(1756)2月25日病没。年22。
         │      ├ 正親町公積 権大納言。王政復古を謀る。落飾後、号は杯水。安永6年(1777)6月2日没。年57。
         │      ├ 烏丸光胤 権大納言。竹内式部と共に王政復古を謀る。落飾後、号は卜山。安永9年(1780)9月18日没。年58。
         │      ├ 今出川公言 権中納言。剃髪後、号は松皐。安永5年(1776)8月15日没。年39。
         │      ├ 坊城俊逸 権中納言。落飾後、号は常徹。安永2年(1773)3月27日没。年47。
         │      ├ 東久世通績 権中納言。落飾後、号は思寛。明和1年(1764)8月21日没。年57。
         │      ├ 岩倉恒具 権中納言。子の尚具と共に事を謀り露見。宝暦10年(1760)7月29日没。尚具は出家し、号は慰水。寛政11年(1799)1月7日没。年63。
         │      ├ 西洞院時名 小納言。落飾後、号は風月。寛政10年(1798)7月2日没。年70。
         │      ├ 高野隆古 右近衛権中将。落飾後、号は夫樂。寛政5年(1793)10月29日没。年70。
         │      ├ 勘解由小路資望 左近衛中将。宝暦9年(1759)7月23日没。年25。
         │      ├ 町尻説久 初めの名は兼久。右近衛権中将。落飾後、号は如水。天明3年(1783)4月25日没。年69。
         │      ├ 町尻説望 初めの名は兼望。町尻説久の子。右馬頭。落飾後、号は空應。天明5年(1785)1月21日没。年48。
         │      ├ 伏原宣條 字は子條。号は佩蘭。侍読。桃園天皇に進講。寛政3年(1791)9月17日没。年72。
         │      ├ 植松幸雅 右近衛督。落飾後、号は幽水。安永8年(1779)9月4日没。年59。
         │      ├ 高倉永秀 落飾後、号は常山。寛政11年(1799)6月14日没。年72。
         │      ├ 水無瀬經業 落飾後、号は壽山。宝暦12年(1762)8月10日没。年59。
         │      ├ 中院通維 右近衛少将。落飾後、号は見山。文政6年(1823)12月13日没。年86。
         │      ├ 櫻井氏福 刑部権大輔。落飾後、号は徹水。文化5年(1808)1月22日没。
         │      ├ 西大路隆共 左近衛少将。落飾後、号は孤雲。寛政10年(1798)12月2日没。年61。
         │      ├ 裏松光世 左近衛少将。法号は固禅。文化1年(1804)7月26日没。年69。
         │      ├ 白川資顯 神祗伯。天明5年(1785)1月6日没。年55。
         │      ├ 錦小路頼尚 丹波氏。蔵人。寛政9年(1797)10月8日没。年55。
         │      ├ 中御門俊臣 権大納言。明和8年(1771)8月13日没。年32。
         │      ├ 正親町實同 右近衛中将。正親町公積の子。天明5年(1785)1月15日没。年38。
         │      ├ 船橋親賢 公卿。宝暦11年(1761)位記を返上。号は清雲軒。
         │      ├ 六角知通 右近衛権中将。天明6年(1786)4月7日没。年49。
         │      ├ 高丘敬季 参議。寛政1年(1789)11月19日没。年69。
         │      ├ 七條隆房 左近衛中将。安永2年(1773)3月2日没。年28。
         │      ├ 愛宕通敬 権中納言。天明7年(1787)9月1日没。年64。
         │      ├ 北小路光香 公卿。安永2年(1773)位記を返上。
         │      ├ 四條隆敍 権中納言。享和1年(1801)10月22日没。年72。
         │      ├ 岡崎國榮 左近衛権中将。天明3年(1783)2月27日没。年58。
         │      ├ 梅溪通賢 公卿。明和2年(1765)5月23日没。年31。
         │      ├ 山井兼敦 後改め仍敦。左京権大夫。寛政2年(1790)10月5日没。年51。
         │      ├ 壬生基貫 参議。権中納言。寛政2年(1790)7月26日没。年67。
         │      └ 五十嵐穆翁 名は俊明。字は方篤。別号は孤峯。本姓は佐野。能書。新潟の人。江戸に住む。天明1年(1781)8月10日没。年82。
         ├ 梅津忠貞 大蔵と称す。秋田の人。山本復齋にも学ぶ。
         ├ 伊勢養拙 秋田の人。
         ├ 山本昌悦 京都の人。
         ├ 岡松良好 京都の人。
        ├ 山口春水 名は重固、後に安固。別号は艮齋。團治郎、莊右衛門、莊左衛門と称す。小浜藩士。明和8年(1771)3月10日没。年80。
        │  ├ 山口履齋 名は安定、後に重遠。別号は野水。東十郎、治兵衛と称す。山口春水の長子。寛政9年(1797)7月27日没。年72。
         │  │  ├ 山口重遂 團治郎と称す。山口履齋の長子。天明3年(1783)7月2日没。年26。
         │  │  └ 山口重廸 丹三郎と称す。文化1年(1804)3月11日没。年42。
         │  ├ 岡 畏齋 名は正固。新左衛門と称す。別号は一翁。山口春水の第三子。小浜藩士。寛政2年(1790)6月12日没。年55。
         │  │  ├ 岡 肅齋 名は正己。團兵衛と称す。別号は蹇翁。岡畏齋の子。文政8年(1825)6月11日没。年66。
         │  │  └ 都築幽篁 名は秀芳。市左衛門と称す。小浜藩士。天保4年(1833)8月没。年64。
         │  └ 倉 伊蒿 若狭の人。
         ├ 小野鶴山 名は道熙。平蔵、後に勝蔵、忠市郎と称す。別号は文關。豊後日出の人。小浜藩に仕える。明和7年(1770)6月14日没。年70。
         │  ├ 中山菁莪 名は盛履。字は子絢。文右衛門、傳右衛門と称す。秋田藩督学。文化2年(1805)5月27日没。年78。
         │  │  ├ 中山盛朝 中山菁莪の子。落合東堤にも学ぶ。
         │  │  │  └ 中山盛章 中山菁莪の曾孫。戊辰の役で戦士。年26。
         │  │  ├ 伊藤萬年 名は祐祥。兵衛と称す。秋田藩士。文政12年(1829)5月5日没。年56。
         │  │  └ 落合東堤 名は直養。字は季剛。文六と称す。秋田角間川の人。天保12年(1841)8月15日没。年93。
         │  │      └ 中川景山 名は勝敏。健蔵と称す。秋田藩士。寒松館主。
         │  │          └ 稲川得齋 名は直清。金之助と称す。秋田藩士。明治24年(1891)7月24日没。年69。
         │  │              └ 沼田雪窓 名は信訥。宇源太と称す。秋田横手の人。明治44年(1911)8月12日没。年51。
         │  ├ 戸部愿山 名は良熙。助五郎と称す。別号は韓川。土佐藩儒。寛政7年(1795)12月21日没。年83。
         │  │  ├ 箕浦秦泉 名は行直。專八と称す。別号は秦川。土佐藩大目付。文化10年(1813)11月19日没。年88。稲葉迂齋にも学ぶ。
         │  │  ├ 箕浦迂叔 名は直彜。右源次と称す。別号は江南、立齋。箕浦秦泉の次弟。土佐藩儒。文化13年(1816)8月27日没。年87。西依成齋にも学ぶ。
         │  │  │  ├ 箕浦小石 名は顯恒。一名は説。字は樂夫。忠平と称す。箕浦北江の第二子。箕浦迂叔の養子。土佐藩儒。弘化2年(1845)7月19日没。年59。古賀精里にも学ぶ。
         │  │  │  │  └ 箕浦居南 名は時萬。字は時億。萬次郎と称す。箕浦小石の子。土佐藩儒。文久2年(1862)8月11日没。年48。
         │  │  │  │      └ 箕浦佛山 名は元章。猪之吉と称す。箕浦居南の子。明治1年(1868)2月23日、堺妙国寺にて自刃。年25。
         │  │  │  ├ 松田思齋 名は覺。字は天民。覺助と称す。土佐藩儒。文政3年(1820)9月30日没。年45。頼春水にも学ぶ。
         │  │  │  ├ 箕浦直充 次太郎と称す。箕浦迂叔の子。箕浦秦泉の養子。文化10年(1813)10月1日没。年43。
         │  │  │  └ 小牧天山 名はコ方。清七と称す。土佐国老五藤氏儒臣。嘉永6年(1853)10月16日没。年78。
         │  │  ├ 箕浦北江 名は貞吉。乙三郎と称す。箕浦秦泉の季弟。土佐藩儒。文政2年(1819)6月7日没。年75。服部栗齋にも学ぶ。
         │  │  │  └ 箕浦耕雨 名は貞行。一名は橘。字は香橘。才七と称す。箕浦北江の長子。土佐藩儒。天保11年(1840)6月9日没。年59。古賀精里にも学ぶ。
         │  │  ├ 馬詰南洋 名は親音。字は廷和。權之助と称す。土佐藩士。町奉行。文化4年(1807)1月25日没。年60。
         │  │  ├ 野見大港 名は昭顔。字は煒煌。嶺南と称す。土佐の人。儒医。寛政6年(1794)12月10日没。年63。
         │  │  └ 戸部春行 重之進と称す。戸部愿山の養子。本姓は能見。土佐藩儒。天保13年(1842)11月19日没。年82。
         │  │      └ 戸部良賈 深蔵と称す。戸部春行の養子。土佐藩儒。
         │  └ 山口風簷 名は重深。貞吉、後に信八郎と称す。山口春水の第六子。小浜藩士。文化3年(1806)6月2日没。年66。小野鶴山の娘を娶る。
         │      ├ 興田箕山 名は吉從。信介と称す。別号は興山。小浜藩儒。文政10年(1827)8月13日没。年55。
         │      │  └ 市川困齋 名は住之。字は子輔。忠蔵と称す。津和野養老館教授。弘化3年(1846)7月22日没。年60。
         │      │      ├ 市川復齋 名は住儆。字は剛之。弁五郎と称す。市川困齋の子。津和野養老館教授。文久2年(1862)11月14日没。年35。
         │      │      └ 堀 竹堂 名は質。
         │      ├ 石川信篤 新五右衛門と称す。
         │      ├ 山口輶齋 名は重光。平三郎と称す。山口菅山の弟。小浜藩士。文久1年(1861)9月23日没。年85。
         │      │  ├ 山口越山 名は重載。信五郎と称す。山口輶齋の子。安政3年(1856)11月23日没。年35。
         │      │  └ 山口重質 コ三郎と称す。山口輶齋の養子。本姓は矢代氏。
         │      └ 山口菅山 名は重明、後に重冏、重昭。別号は近齋。貞一郎、後に定一郎と称す。山口風簷の子。小浜藩儒。安政1年(1854)8月5日没。年83。西依成齋にも学ぶ。
         │          ├ 山内豐熙 字は君載。土佐守と称す。号は鏡齋。土佐第十三代藩主。嘉永1年(1848)6月16日没。年34。
         │          ├ 島津忠寛 淡路守と称す。号は蠖堂。日向佐土原藩主。伯爵。明治29年(1896)6月20日没。年69。
        │         ├ 山口巽齋 名は重周。驪g郎、後に忠一郎と称す。山口丹三郎の子。山口菅沼の養子。小浜藩儒臣。安政5年(1858)12月28日没。年55。
         │          │  └ 山口重舒 八太郎、後に須賀久間吉、山口誠雅と称す。山口巽齋の長子。
         │          ├ 兒玉荊山 名は光貞、後に安貞。字は子琢。別号は困齋。乙次郎、後に元十郎、良次郎と称す。小浜藩士。天保7年(1836)8月11日没。年69。
         │          ├ 兒玉節軒 名は貞風。長彌太、太一郎と称す。兒玉荊山の長子。安政6年(1859)8月25日没。年56。
         │          ├ 森川潛齋 名は克明。小浜藩士。
         │          ├ 藤井慥爾 名は永圖。慥次郎と称す。小浜藩士。
         │          ├ 渡邊庫山 名は政擧、後に擧。權太夫と称す。小浜藩老。慶応2年(1866)1月25日没。年83。
         │          ├ 岸本夬齋 名は昭將。政吾、後に省吾と称す。本姓は野口氏。小浜藩大目付。町奉行。
         │          ├ 儀峨此君 名は博卿。通称は新三郎。別号は歳寒。小浜藩士。彰義隊の洪気隊長。明治1年(1868)5月15日戦士。歳41。
         │          ├ 儀峨道郷 正太郎と称す。小浜藩士。
         │          ├ 芝 定靜 金次郎と称す。小浜藩士。
         │          ├ 坪内光春 求馬と称す。土佐藩大目付。安政1年(1854)8月31日没。
         │          ├ 平井正實 善之丞と称す。土佐藩大監察。慶応1年(1865)5月11日没。年63。
         │          ├ 竹村東野 名は修。字は靜夫。節之進と称す。土佐藩儒。慶応2年(1866)7月1日没。年63。
         │          │  └ 中岡愼太郎 名は道正。号は迂山。土佐の人。慶応3年(1867)11月17日、京都にて闘死。年30。中沼葵園にも学ぶ。
         │          ├ 速水周次郎 新発田藩儒臣。手塚坦齋にも学ぶ。没年31。
         │          ├ 布施建次郎 新発田藩士。
         │          ├ 籾木雪山 名は武經。熊男と称す。佐土原藩士。籾木剛齋の次子。別号は慥齋。明治23年(1890)6月23日没。年78。奥平棲遅庵にも学ぶ。
         │          ├ 能勢直陳 佐土原藩士。剛は自訟子。明治27年(1894)8月、東京にて没。年74。
         │          ├ 牧原半陶 名は直亮。字は景武。只次郎と称す。別号は己千堂。会津藩儒。古賀精里にも学ぶ。
         │          ├ 野村監物 名は俊莊。会津藩士。
         │          ├ 梶川景典 字は士常。作左衛門と称す。丹後宮津の人。明治3年(1870)12月25日没。年82。
         │          ├ 尾見緑塢 名は忠鵠。龜之助と称す。丹後宮津の人。慶応2年(1866)9月2日没。年61。
         │          ├ 黒岩團次 豊前の人。
         │          ├ 加茂信蔵 豊前の人。
         │          ├ 小南僩齋 名は良和。五郎右衛門、後に五郎と称す。初め安並惟齋に学ぶ。土佐藩大監察。明治15年(1882)2月22日没。年71。
         │          ├ 手島約軒 名は季隆。八助と称す。土佐の人。鳴無社祠官。明治30年(1897)9月4日没。年84。
         │          ├ 齋藤利行 初め渡邊彌久馬と称す。土佐の人。元老院議官。明治天皇侍講。明治14年(1881)5月26日没。年60。
         │          ├ 森 横谷 名は正名。四郎と称す。父は芳樹。土佐の人。明治6年(1873)2月9日没。年69。
         │          ├ 山口重威 治兵衛と称す。小浜藩学順造館上舎学頭。安政1年(1854)11月27日没。年58。
         │          ├ 櫻井放牛 名は則遠。鯖江藩士。奥平棲遅庵にも学ぶ。
         │          ├ 名和眞民 桂之助と称す。肥後飽田郡銭塘の人。熊本藩儒臣。文久3年(1863)11月没。年81。
         │          ├ 平田靖獻 助七郎と称す。薩摩の人。
         │          │  └ 得能通古 号は三勿堂。薩摩藩士。
         │          ├ 有馬新七 名は正義、武麿。鹿児島の人。文久2年(1862)4月20日、伏見寺田屋にて闘死。年38。
         │          └ 梅田雲濱 名は定明。源次郎と称す。小浜藩士。後、士籍を脱す。安政6年(1859)9月14日、獄中にて没。年45。上原立齋にも学ぶ。
         │              ├ 行方正守 百太郎と称す。小浜藩士。
         │              ├ 行方天山 名は正言。千三郎と称す。行方正守の弟。明治44年(1911)10月2日、東京にて没。年78。
         │              ├ 山口城洲 名は義方、直。薫次郎、兵武と称す。山城葛野郡川島の人。明治6年(1873)10月7日、東京にて没。年58。
         │              ├ 乾 桃庵 名は縱龍。字は希潛。十郎と称す。大和五條の人。元治1年(1864)7月20日殉節。年37。
         │              ├ 西川俛齋 名は直純。字は正義。耕蔵と称す。近江の人。京都に住む。慶応1年(1865)2月11日殉節。年43。
         │              ├ 伊丹重賢 蔵人、右近大進と称す。京都の人。清蓮院宮家臣。男爵。元老院議官。明治33年(1900)7月没。年71。
         │              ├ 山田時章 勘解由と称す。清蓮院宮家臣。
         │              ├ 野崎正盛 主計と称す。大和十津川郷士。天誅組義士。文久3年(1863)9月24日自刃。年40。
         │             ├ 野崎民蔵 野崎正盛の弟。
        │             ├ 深瀬正通 繁理と称す。十津川郷士。天誅組。文久3年(1863)9月24日殉節。年37。
         │              ├ 深瀬惟一 仲麿と称す。十津川郷士。医者。大阪府少参事。明治7年(1874)1月14日没。年34。
         │              ├ 千葉正中 一名は佐仲、義功。良平、後に良之進と称す。十津川郷士。明治30年(1897)9月25日、京都にて没。年72。
         │              ├ 田中通胤 一名は通俊、邦男。主馬造と称す。千葉正中の弟。十津川郷士。天誅組。慶応2年(1866)12月9日没。年35。
         │              ├ 丸田孝賀 藤左衛門、後に監助と称す。十津川郷士。明治2年(1869)4月29日没。年65。
         │              ├ 藤井成信 織之助と称す。十津川郷士。明治1年(1868)7月29日、長岡にて自刃。年42。
         │              ├ 沖垣齋宮 十津川郷士。天誅組。明治5年(1872)10月24日没。年31。
         │              ├ 沼田義信 初めの名は京蔵。民部、後に龍と称す。十津川郷士。明治12年(1879)1月2日没。年52。
         │              ├ 前倉温理 萬吉と称す。十津川郷士。明治19年(1886)12月2日没。年59。
         │              ├ 佐古高郷 須佐衛門、後に十郎と称す。十津川郷士。明治16年(1883)7月14日没。年54。
         │              ├ 中井義高 庄五郎と称す。十津川郷士。慶応3年(1867)12月7日、京都にて闘死。年21。
         │              ├ 前田清左衛門 前田正之の父。
         │              ├ 前田正之 雅樂と称す。十津川郷士。明治25年(1892)7月23日没。年50。
         │              ├ 上平主税 名は長矩。十津川郷士。明治24年(1891)3月20日没。年67。
         │              ├ 乾丘右衛門 十津川郷士。
         │              ├ 丸谷民左衛門 十津川郷士。
         │              ├ 高橋金吾 丹波氷上郡徳尾の人。
         │              ├ 高橋定一 美濃の人。
         │              ├ 山口 要 美濃の人。
         │              ├ 竹林周助 彦根藩士。
         │              ├ 横田洗蔵 三河の人。明治41年(1908)没。年78。
         │              ├ 野野口爲政 八郎と称す。小浜藩士。
         │              ├ 團五郎兵衛 小浜藩士。
         │              ├ 松山新次 小浜藩士。
         │              ├ 松山周蔵 若狭遠敷郡遠敷の人。医者。
         │              ├ 東 一郎 近江栗太郡大石曾束の人。
         │              ├ 安藤精軒 福井の人。医者。京都に住む。
         │              ├ 下河邊昌俊 大和高取藩士。医者。
         │              ├ 松本爲造 京都の人。
         │              ├ 渡部健蔵 号は魯庵、雲峯。越後中頸城郡天野原の人。明治45年(1912)没。年77。
         │              ├ 大高重秋 又次郎と称す。播磨林田藩士。元治1年(1864)6月5日、京都にて闘死。年44。
         │              ├ 大高忠兵衛 本姓は常城。大高重秋の養子。元治1年(1864)7月4日、京都獄中にて没。年42。
         │              ├ 赤根武人 幹之助と称す。本姓は松崎。周防玖珂郡桂島の人。慶応2年(1866)1月25日、獄中にて殉節。年28。
         │              └ 丹羽正雄 初め肇と称す。本姓は福田。近江の人。三條家家士丹羽豊前正庸の養子。後に出雲守。元治1年(1864)9月、禁門の変の後、20日、六角獄中にて殉節。年31。
         └ 西依成齋 名は周行。字は潭明。儀兵衛と称す。肥後玉名郡富丘の人。京都に住む。寛政9年(1797)7月4日没。年96。
             ├ 西依墨山 名は景翼。字は翼夫。丹右衛門と称す。西依成齋の従子。小浜酒井氏に仕える。寛政12年(1800)1月11日没。年75。
             │  ├ 西依孝禎 貞助と称す。西依墨山の長子。天明8年(1788)3月22日没。年26。
             │  ├ 西依孝鐸 字は子徇。三郎平と称す。西依墨山の第三子。文政10年(1827)9月8日没。年54。
             │  │  └ 西依孝博 字は子約。求三郎と称す。西依孝鐸の長子。安政5年(1858)1月3日没。年49。
             │  ├ 稲庭正明 平次郎と称す。稲庭正義の子。小浜藩士。宝暦13年(1763)11月18日没。年19。
             │  ├ 稲庭正直 初めの名は公正。良助と称す。本姓は津田氏。稲庭正明の養子。
             │  └ 高木資達 
             ├ 千家俊信 清主と称す。号は梅之舍。兄は俊秀。出雲の人。天保2年(1831)5月没。年68。本居宣長にも学ぶ。
            ├ 關 海南 名は鐸。字は士振。公善と称す。別号は桂山。關牧庵の子。土佐の人。儒医。宝暦13年(1763)8月17日、京都にて没。年59。
            ├ 大谷直昭 源次郎と称す。父は養正。土佐藩儒臣。明和4年(1767)4月20日没。
             ├ 宮地爲齋 名は春樹。字は君陽。喜八郎と称す。土佐藩儒。天明5年(1785)4月11日没。年58。
             │  ├ 片岡春峯 名は蔵之。直次郎と称す。土佐の人。天明1年(1781)7月17日没。年35。谷川薊山にも学ぶ。
             │  ├ 高橋正元 喜兵衛と称す。土佐の人。文化3年(1806)9月10日没。年60。
             │  ├ 宮地岐山 名は貞幹。三十郎と称す。宮地爲齋の姪。土佐の人。文化13年(1816)11月5日没。年65。服部栗齋にも学ぶ。
             │  ├ 宮地維則 字は叔儀。郁蔵と称す。土佐の人。儒医。文政5年(1822)10月7日没。年55。
             │  └ 宮地水溪 名は仲枝。莊蔵と称す。宮地爲齋の子。土佐藩儒。天保12年(1841)2月12日没。年74。谷北溪及び服部栗齋にも学ぶ。
             │      ├ 宮地 騰 初めの名は榮蔭。馬之助と称す。宮地水溪の子。土佐藩儒。天保5年(1834)3月9日没。年45。
             │      ├ 宮地充美 萬平と称す。宮地水溪の次子。明治7年(1874)11月20日没。年81。
             │      ├ 吉田正準 楠蔵と称す。土佐の人。弘化3年(1846)5月14日没。年57。平田篤胤にも学ぶ。
             │      ├ 宮地畏山 名は貞枝。左市と称す。宮地岐山の子。嘉永3年(1850)3月17日没。年67。
             │      ├ 安並惟齋 名は雅景。彌三八と称す。土佐の人。土佐藩儒。嘉永4年(1851)12月11日没。年71。山口菅山にも学ぶ。
             │      ├ 相良薊山 名は延榮。忠吾と称す。宮地水溪の女婿。土佐の人。嘉永5年(1852)2月16日没。年70。
             │      ├ 鹿持山齋 名は雅澄。藤太と称す。別号は古義軒。土佐の人。安政5年(1858)8月19日没。年68。
             │      ├ 渡邊 條 曾源次と称す。土佐の人。土佐藩儒。万延1年(1860)4月10日没。
             │      └ 別府寒水 名は安宣。隆平と称す。土佐の人。文久3年(1863)8月24日没。年73。
             ├ 岡 鳳溟 名は世孺。字は季長。來蔵と称す。土佐の人。土佐藩儒。文化13年(1816)6月16日没。
             │  └ 岡 陶溪 名は眞清。萬助と称す。本姓は大谷。岡鳳溟の養子。土佐藩儒。嘉永4年(1851)12月28日没。
             │      └ 岡 重堅 左平と称す。岡陶溪の子。土佐藩儒。元治1年(1864)7月12日没。
             ├ 北川眉來 名は清。字は子徴。玄伯と称す。土佐の人。文化14年(1817)没。年69。
             ├ 岩戸三折 土佐の人。
             ├ 高岡自榮 
             ├ 樋口源清 甚蔵と称す。筑後上妻郡酒井田の人。久留米藩儒臣。寛政8年(1796)11月5日没。年50。
             ├ 陸 可彦 字は士彦。号は東溟。長門大津郡の人。大坂住吉に住む。医者。
             ├ 今村竹堂 名は義勝。直内と称す。筑後御井郡府中の人。文化2年(1805)3月21日没。年43。高山畏齋にも学ぶ。
             ├ 若槻幾齋 名は敬。字は子寅。源三郎と称す。別号は寛堂。京都の人。文政9年(1826)11月26日没。年81。
             │  ├ 若槻整齋 名はq。字は子光。菊太郎と称す。若槻幾齋の子。天保7年(1836)5月13日没。年68。
             │  ├ 摩島松南 名は長弘。字は子毅。助太郎と称す。京都の人。天保10年(1839)4月29日没。年49。
             │  └ 井土學圃 名は周磐。字は鴻漸。左市郎と称す。喜多岡氏。福岡藩儒臣。文久2年(1862)6月2日没。年81。
             ├ 村井平柯 名は漸。字は中州、中漸。別号は邱壑、痴道人。京都の人。書画を能くす。寛政9年(1797)2月24日没。年90。
             ├ 澤田丹蔵 京都の人。
             ├ 澤田新蔵 京都の人。
             ├ 坂本常陸介 名は之似。肥後山本郡正院村厳島宮神主。文政4年(1821)12月22日没。年79。松岡仲良にも学ぶ。
             ├ 吉松文山 名は正修。字は潤甫。儀一郎と称す。津和野藩儒臣。天明7年(1787)4月2日、江戸にて没。年32。山口剛齋にも学ぶ。
             ├ 安藤毅軒 名は知榮。新介と称す。伊予宇和島藩儒臣。文化8年(1811)2月11日没。年53。小野鶴山にも学ぶ。
             │  └ 安藤觀生 字は伯容。新介と称す。安藤毅軒の子。宇和島藩儒臣。安政1年(1854)11月21日没。年66。
             │      └ 安藤霞園 名は知忠。安藤觀生の子。宇和島藩儒臣。明治8年(1875)10月15日没。年55。
             ├ 飯田宜祥 彌右衛門と称す。号は桂山。摂津武庫郡の人。宝暦10年(1760)2月13日没。年58。山本復齋にも学ぶ。
             ├ 鷲尾南溪 貞太郎と称す。摂津武庫郡の人。天明8年(1788)6月27日没。年62。
             ├ 花安 蔀 京都の人。
             ├ 田代恕軒 出雲の人。
             ├ 大村蘭林 名は貞達。字は子漸。莊助と称す。肥後熊本の人。津山藩儒臣。寛政1年(1789)7月19日没。年66。
             ├ 中堂謙山 名は弘道。萬助と称す。別号は良齋。大坂の人。小浜藩に仕える。天明1年(1781)5月24日没。年61。
            │  └ 中堂隆禮 彦蔵、後に恕右衛門と称す。中堂謙山の子。小浜藩儒。文政5年(1822)7月24日没。年50。
            │      └ 中堂由禮 督三郎と称す。中堂隆禮の子。嘉永6年(1853)4月14日没。年47。山口菅山にも学ぶ。
             │          └ 中堂 實 初め守太郎と称す。中堂由禮の子。山口菅山及び大澤鼎齋にも学ぶ。
             ├ 鈴木潤齋 名は公温。字は澤夫。忠助と称す。別号は尋思齋。京都の人。文化1年(1804)12月8日没。年61。
             │  └ 鈴木遺音 名は棟。字は隆夫。恕平と称す。別号は撫泉。鈴木潤齋の子。弘化3年(1846)6月1日没。年64。
             │      ├ 富松萬山 名は畏命。字は季念。團六と称す。丹波亀岡藩士。弘化4年(1847)6月18日没。年62。
             │      │  └ 富松命順 字は子正。本姓は牧氏。富松萬山の養子。
             │      ├ 中沼秋水 名は之復。字は仲行。龍之助と称す。隠岐周吉郡中村の人。京都に住む。天保14年(1843)5月24日没。
             │      │  └ 中沼圓太郎 名は茂清。中沼秋水の子。
             │      ├ 中沼葵園 名は之舜。字は魯仲。了三と称す。中沼秋水の弟。京都に住む。明治29年(1896)5月1日没。年81。明治天皇侍講。
             │      │  ├ 中沼梅澗 名は熙醇。清蔵と称す。中沼葵園の長子。大正2年(1913)1月31日没。年69。
             │      │  ├ 赤沼l三郎 中沼梅澗の弟。昭和9年(1934)12月2日没。年86。
             │      │  ├ 加藤謙次郎 越中泊町の人。十津川に寓居す。慶応3年(1867)3月9日自刃。年37。
             │      │  ├ 今田買劒 名は正虎。字は主税。大和郡山藩士。江戸に生まれる。昭和5年(1930)3月29日没。年78。
             │      │  ├ 永井畏安 名は以保。字は希哲。別号は櫧園。尾張の人。昭和4年(1929)12月5日没。年84。細野要齋にも学ぶ。
             │      │  ├ 西郷從道 名は隆道。從道と称す。西郷隆盛の弟。幼名は愼吾。明治35年(1902)7月15日没。年60。
             │      │  ├ 千葉貞幹 大和十津川の人。大正2年(1913)3月26日没。年62。
             │      │  ├ 川村純義 與十郎と称す。鹿児島藩士。伯爵。海軍大将。明治37年(1904)8月12日没。年69。
             │      │  ├ 桐野利秋 鹿児島藩士。明治10年(1877)9月24日、城山にて自刃。年40。
             │      │  └ 松田重助 名は範義。肥後藩士。元治1年(1864)6月5日、新撰組を襲い闘傷して明日没。年35。
             │      ├ 大澤鼎齋 名は敬邁。字は季コ。雅五郎と称す。京都の人。小浜藩に仕える。明治5年(1872)4月24日没。年61。山口菅山にも学ぶ。
             │      │  ├ 大澤海南 名は敬親。頌吉と称す。大澤鼎齋の子。慶応3年(1867)10月27日没。年28。
             │      │  ├ 長谷信篤 号は騰雲、梧園。公卿。明治35年(1902)12月26日没。年85。京都府知事。子爵。
             │      │  └ 江坂笙嶼 名は強近。彭次郎と称す。江洲高島の人。京都に住む。
             │      ├ 井上幸橘 山城下加茂祠官。
             │      ├ 伊藤富三郎 越前藩儒臣。
             │      ├ 野瀬寛造 名は重道。越中富山の人。野田寛造ともある。
             │      ├ 春日潛庵 名は仲襄。字は子贊。讃岐守と称す。京都の人。明治11年(1878)3月22日没。年68。後に王学を信じる。
             │      └ 玉松 操 一名は眞弘。初め山本毅軒と称す。京都の人。明治天皇侍講。明治5年(1872)2月15日没。年63。
             ├ 奥野寧齋 名は篤之。又一と称す。別号は瀧川翁。近江大津の人。享和3年(1803)11月18日没。年68。
             │  └ 奥野淡齋 名は正保、後に政保。貞蔵と称す。奥野寧齋の弟。伏見に住む。文政1年(1818)7月2日没。年66。
             │      └ 奥野坦齋 名は就熙。左蔵と称す。奥野淡齋の子。弘化2年(1845)6月27日没。年58。
             │          └ 奥野遜齋 名は行方。精一と称す。奥野坦齋の子。伏見に住む。明治31年(1898)8月5日没。年69。上原立齋にも学ぶ。
             ├ 川島栗齋 名は正臣、後に寛正、直正。專蔵と称す。別号は清清翁。大津の人。文化8年(1811)7月22日没。年57。
             │  ├ 上原立齋 姓は多胡、後に上原。名は正福。甚太郎と称す。近江高島の人。大津に住む。安政1年(1854)1月18日没。年61。
             │  │  ├ 上原敏正 丹三郎、後に甚八郎、絅蔵、靖之進と称す。上原立齋の子。明治3年(1870)没。年51。
             │  │  └ 笠 夕山 名は利行。隼太と称す。熊本の人。長岡温良従臣。明治7年(1874)4月18日没。年85。
             │  │      └ 笠平之助 名は定靜。笠夕山の子。明治1年(1868)5月19日没。年53。
             │  │          └ 井上 毅 号は梧陰。熊本藩士。明治28年(1895)3月13日没。年52。文部大臣。子爵。
             │  ├ 池上陳敬 隼之助と称す。号は竹泉、孤峯、雲窟。元治1年(1864)8月11日没。年36。梅田雲濱にも学ぶ。
             │  ├ 内堀英長 繁太と称す。大津の人。小浜藩に仕える。天保3年(1832)4月7日没。年59。
             │  └ 中村u齋 名は誠之。字は安節。内記と称す。京都に住む。文政12年(1829)10月1日没。
             ├ 松坊順專 姓は橘。祇園社僧。寛政5年(1793)5月22日没。年61。
             ├ 保井艮平 名は三省。保井良平ともある。
            ├ 古賀精里 名は樸。字は淳風。彌助と称す。肥前佐賀の人。幕府に仕える。昌平黌儒官。文化14年(1817)5月4日没。年68。
            ├ 尾藤二洲 名は孝肇。字は志尹。良佐と称す。別号は約山。伊予宇摩郡川之江の人。昌平黌儒官。文化10年(1813)12月4日没。年67。蟹養齋にも学ぶ。
             ├ 津川玄達 京都の人。
             ├ 竹田復齋 名は定矩。字は子恕。平之丞と称す。福岡藩儒臣。寛政11年(1799)7月22日没。年31。
             │  └ 竹田梧亭 名は定夫。字は子欽。茂兵衛と称す。竹田復齋の弟。福岡藩儒臣。天保11年(1840)6月7日没。年54。
             ├ 深栖緝光 典膳と称す。小浜藩国老。文化14年(1817)11月26日没。年80。
             ├ 北川晉齋 名は自治、後に元武。長次郎と称す。小浜藩士。寛政1年(1789)8月12日没。年68。
             ├ 村田季武 摂津三島郡溝咋の処士。三島郡泉原盈科書院主。
             ├ 花安九郎三郎 京都の人。
             ├ 澤田鹿鳴 名は永世。字は君孝。庄蔵と称す。晩の号は田山人。伊勢山田の人。安永3年(1774)6月22日没。年53。
             ├ 吉田左春 名は禎。土佐の人。初め谷鍋山に学ぶ。儒医。大坂に住む。天明4年(1784)4月7日没。年58。
             ├ 月形鷦窠 名は質。字は君璞。七助と称す。晩の号は鷦栖。福岡藩儒臣。天保13年(1842)12月6日没。年86。若槻幾齋にも学ぶ。
             │  └ 月形漪嵐 名は弘。字は伯重。三太郎、深蔵と称す。月形鷦窠の子。文久2年(1862)4月5日没。年65。
             │      └ 月形格庵 名は詳。字は伯安。洗蔵と称す。月形漪嵐の子。慶応1年(1865)10月23日殉節。年38。
             └ 藪 孤山 名は愨。字は士厚。茂二郎と称す。別号は朝陽山人。熊本藩儒臣。享和2年(1802)4月20日没。年68。