崎門学脈系譜(佐藤直方門下)
 

この系譜図は岡直養が昭和15年に編集したものに若干の補正を加えたものである。岡氏の跋に、彼の編んだ「崎門学脈系譜」は楠本碩水が明治36年に編んだものを、内田遠湖と岡直養が補録し、池上幸二郎や関田駒吉など、多くの人の捃摭によって完備されたとある。私が参考にしたのは梅沢芳男氏自用本であり、彼もまた編集に参加した一人である。


佐藤直方門下

 ├ 佐藤直方 五郎左衛門と称す。備後福山の人。江戸に住む。享保4年(1719) 8月15日没。年70。
   ├ 水野勝種 美作守と称す。福山藩主。元禄10年(1697)8月23日没。年37。
   ├ 酒井忠擧 雅楽頭と称す。上野厩橋藩主。享保5年(1720)11月13日没。年73。
   ├ 酒井忠告 信濃守と称す。上野伊勢崎藩主。明和4年(1767)7月19日没。年75。
   ├ 井伊直興 掃部頭と称す。近江彦根藩主。享保2年(1717)4月20日没。年62。
   ├ 増山正任 河内守と称す。伊勢長島藩主。延享1年(1744)7月3日没。年66。
   ├ 土井利實 大炊頭と称す。肥前唐津藩主。元文1年(1736)11月26日没。年51。後に稲葉迂齋にも学ぶ。
   ├ 西尾忠尚 隠岐守と称す。遠江横須賀藩主。宝暦10年(1760)3月10日没。年72。
   ├ 佐竹義長 壱岐守と称す。羽後秋田支藩主。元文5年(1740)12月7日没。年86。
   ├ 織田貞幹 周防守と称す。尾張藩大夫。隠居して巻有と称す。享保6年(1721)10月21日没。
   ├ 岡尾莊七 館林藩士。
   ├ 荻濃重祐 莊右衛門と称す。号は斃已齋。備後半坂の人。荻野重祐ともある。
    │ ├ 都筑鷺洲 名は可復。字は叔言。九郎右衛門と称す。備後御調郡三原の人。淺野甲斐守忠敬に仕える。安政4年(1857)8月2日没。年50。
    │ └ 都筑蘇門 名はケ。字は寧父。別号は虚堂。三原の人。天保3年(1832)1月23日没。年55。
   ├ 永井行達 号は淳庵。隱求、三右衛門と称す。江戸の人。元文5年(1740)7月28日没。年52。一名は誠之。
   ├ 菅野兼山 名は彦。字は直養。彦兵衛と称す。埼玉の人。江戸に住む。延享4年(1747)5月26日。年67。
    │ └ 新井白蛾 名は祐登。字は謙吉。織部と称す。江戸の人。寛政4年(1792)5月14日、加賀金沢にて没。年68。
     │      └ 眞勢達富 字は發賁。彦右衛門と称す。号は中州。尾張の人。文化14年(1817)2月2日没。年64。
     │          └ 松井暉晨 字は苗賚。甚五郎と称す。号は羅州、耕讀園。大坂の人。文政5年(1822)2月没。年72。
     ├ 小野崎舍人 本姓は在原。名は師由。初め團六と称す。秋田藩支封老職。宝暦2年(1752)10月8日、江戸にて没。年68。直方没後、三宅尚齋に学ぶ。子は師コ。
     ├ 山中剛勝
     ├ 野澤弘篤 十九郎と称す。江戸の人。初め菅野兼山に学ぶ。
     ├ 佐藤就正 彦八と称す。号は謙齋。佐藤直方の子。延享4年(1747)2月22日没。年39。迂齋にも学ぶ。
     ├ 野田剛齋 名はコ勝。七右衛門と称す。江戸の人。本所石原に住む。石原先生。明和5年(1768)2月6日没。年79。三宅尚齋にも学ぶ。
     │  ├ 淺見東皐 名は晦。字は希明。大助と称す。越後新発田藩儒臣。天明2年(1782)11月9日没。年68。
     │  │  └ 井上行恒 平馬と称す。新発田藩儒臣。享和3年(1803)秋、江戸にて没。
     │  ├ 幸田誠之 晩に精義と改める。字は子善。善太郎と称す。江戸の人。幕臣。寛政4年(1792)2月9日没。年73。私諡は穆靖。
     │  │  ├ 佐藤復齋 名は尚志。八右衛門と称す。父は佐藤安澄。新発田藩儒臣。寛政3年(1791)8月3日没。年43。
     │  │  │  └ 石黒遠明 傳太と称す。新発田藩儒臣。天保5年(1834)3月17日没。年68。
     │  │  ├ 佐藤熙明 杢右衛門と称す。佐藤復齋の仲弟。文政10年(1827)8月29日没。年78。
     │  │  │  └ 佐藤安器 泰助と称す。佐藤熙明の第三子。新発田藩儒臣。弘化4年(1847)1月20日没。年60。
     │  │  ├ 佐藤重遠 一名は尚義。總蔵と称す。佐藤復齋の叔弟。新発田藩儒臣。天保年間に没。年76。
     │  │  ├ 佐藤槃澗 名は明善。東四郎と称す。佐藤安澄の第四子。佐藤復齋の季弟。新発田藩儒臣。文化10年(1813)7月4日没。年57。
     │  │  │  ├ 溝口健齋 名は直諒。字はu卿。伯耆守と称す。新発田藩主。安政5年(1858)6月18日没。年60。
     │  │  │  └ 速水盛方 初め八彌、後に九郎左衛門と称す。新発田藩儒臣。文政10年(1827)7月7日没。年47。
     │  │  ├ 佐藤熙コ 松五郎と称す。佐藤復齋の五弟。新発田藩儒臣。文化14年(1817)5月28日没。年57。
     │  │  │  └ 君 好謙 留十郎と称す。新発田藩儒臣。天保8年(1837)8月29日没。年56。
    │ │ ├ 七里八兵衛 新発田藩儒臣。
    │ │ ├ 窪田納齋 名は敬信。平兵衛と称す。新発田藩老職。享和3年(1803)9月29日没。年66。
     │  │  ├ 堀 政恒 新発田藩の臣。
     │  │  ├ 堀 政コ 丈夫と称す。新発田藩大夫。文化4年(1807)6月5日没。年59。稲葉黙齋にも学ぶ。
     │  │  ├ 梅原致遠 求右衛門と称す。号は梅遜。新発田藩の臣。
     │  │  ├ 村田宇内 初め定次郎と称す。新発田藩の臣。
     │  │  │  ├ 渡邊如水 名は務實。一平と称す。渡邊黙容の弟。新発田藩儒臣。天保11年(1840)11月13日没。年39。奥平棲遅庵にも学ぶ。
     │  │  │  └ 村田俊平 名は義道。村田宇内の子。新発田藩の臣。
     │  │  ├ 村松甚太夫 初め長六と称す。新発田藩儒臣。
     │  │  ├ 板倉知崇 理兵衛と称す。新発田藩の臣。
     │  │  │  └ 丹羽左中 初めの名は惠廸。忠四郎と称す。板倉知崇の子。新発田藩儒臣。天保年間に没。年50。
     │  │  ├ 板倉行善 豐三郎、後に欽次と称す。板倉知崇の弟。新発田藩儒臣。寛政6年(1794)没。年46。
     │  │  │  └ 板倉重威 行蔵と称す。板倉知崇の子。新発田藩の臣。
     │  │  ├ 板倉質義 茂四郎、後に仲右衛門と称す。新発田藩の臣。
     │  │  ├ 幸田永次郎 幸田榮次郎ともある。名は好珇。幸田誠之の次子。寛政2年(1790)没。
     │  │  ├ 瀧川惟一 小右衛門と称す。
     │  │  └ 若林玄朔 名は弘篤。江戸の人。天明4年(1784)5月16日没。年45。稲葉黙齋にも学ぶ。
     │  ├ 高島喜忠 勘五郎と称す。新発田藩儒臣。後に稲葉迂齋及び幸田誠之に学ぶ。
     │  ├ 石黒十太 江戸の人。
     │  ├ 大江求達 澄次郎と称す。増山氏に仕える。永井行達の子。
     │  ├ 櫻木友七 東金の人。櫻木ァ齋の弟。
     │  ├ 齋藤一学 江戸の人。
     │  ├ 野田軍兵衛 名は忠光。野田剛齋の弟。増山氏の臣。
     │  ├ 野田軍右衛門 初め東市と称す。野田剛齋の弟。佐藤直方にも学ぶ。
     │  └ 池田政香 兵部と称す。従五位内匠頭。岡山池田氏支封鴨方池田氏第六代主。明和5年(1768)8月25日没。年28。
     ├ 長谷川克明 初めの名は遂明。号は觀水。源右衛門と称す。松平伊豆守信輝の臣。
     ├ 安田京紀 福山藩医。
     ├ 大神澤一 筑前早良郡原の人。瞽者。享保10年(1725)12月1日没。年42。
     ├ 加藤大貳 名は啓發、政發。字は揚甫。初めは大三郎、後に多左衛門と称す。号は寛齋。羽前荘内藩家老。寛保1年(1741)8月24日没。年67。
     ├ 加藤主令 名は信立。初めは半太夫、後に清左衛門と称す。加藤大貳の弟。荘内藩家老。宝暦5年(1755)9月6日没。年80。
     ├ 加藤多士見 
     ├ 松浦音右衛門 荘内藩士。
     ├ 芹田松乙 荘内藩士。
     ├ 岩尾庄七 松平左近将監乗邑の臣。
     ├ 豐田信貞 平七と称す。
     ├ 永野退蔵 初め宇右衛門と称す。彦根藩の臣。後に迂齋に学ぶ。
     ├ 佐藤固庵 名は實祐。字は自大。肥後の人。享保8年(1723)12月14日没。年41。
     ├ 杉浦秀澤 
     ├ 杉本章u
     ├ 小野信成 權八と称す。
     ├ 鳥井半之助 江戸の人。
     ├ 設樂兵蔵 名は初め精賢、後に精義。鳥井半之助の弟。稲葉迂齋にも学ぶ。稲葉迂齋の地主。
     ├ 柳川剛義 紀伊の人。医者。
     ├ 酒井脩敬 一名は義武。竹右衛門、後に九郎右衛門、左平治(左平次)と称す。長島藩の臣。元文年間に没。後に稲葉迂齋に学ぶ。
    ├ 砂川惣左衛門 津軽越中守信政に仕える。後に辞して京都に住む。
    ├ 中川平助 厩橋藩の臣。
     ├ 杉森養コ 長崎の人。通詞。後に稲葉迂齋に学ぶ。
     ├ 島山圭齋 半之丞と称す。
     ├ 三宅重コ 字は長民。一平と称す。三宅尚齋の子。享保17年(1732)3月21日没。年31。
     ├ 高木毅齋 名は行法。別号は何久(可久)。甚平と称す。伊予宇和島の人。伊達氏に仕える。延享2年(1745)12月15日没。年73。淺見絅齋にも学ぶ。
     │  └ 田村巒齋 名は克明。織右衛門と称す。日向高鍋藩儒臣。寛政7年(1795)1月21日没。年87。
     ├ 三輪執齋 名は希賢。善蔵と称す。後に王学に進む。延享1年(1744)1月25日没。年76。
     ├ 武井守主 唐津藩の臣。後に稲葉迂齋に学ぶ。
     ├ 渡邊杢兵衛 備後福山の人。
     ├ 松平孫三郎 厩橋藩の臣。後に稲葉迂齋に学ぶ。
     ├ 跡部光海 名は良顯。宮内と称す。幕臣。享保14年(1729)1月27日没。年71。淺見絅齋、三宅尚齋にも学ぶ。神道を澀川春海に学ぶ。
     │  └ 岡田盤齋 名は正利。別号は磯波翁。左近と称す。二條与力。近江の人。延享1年(1744)6月15日没。年84。
     ├ 伴部安崇 武右衛門と称す。号は八重垣翁。幕臣。元文5年(1740)7月14日没。年74。
     │  ├ 羽田三之丞 江戸の人。
     │  ├ 伴 正山 江戸の人。
     │  ├ 大津重義 江戸の人。
     │  └ 堀江一敬 江戸の人。
     ├ 中島宗玄
     ├ 守屋助次郎 代官。
     ├ 幸本正固 稲葉迂齋にも学ぶ。三宅尚齋門下の桑本正固か?
     ├ 奧與太夫 唐津藩老臣。
     ├ 永山五郎吉 荘内藩の臣。
     ├ 佐佐木高成 号は掌靜翁。初め伊藤仁齋、後に淺見絅齋に学ぶ。
     ├ 安藝長三郎 名は恒實。土佐の人。貞享2年(1685)5月8日没。年22。淺見絅齋にも学ぶ。
     ├ 尾池存齋 名は敬續。彈之進と称す。土佐の人。享保2年(1717)9月26日没。年69。淺見絅齋にも学ぶ。
     │  └ 尾池敬勝 助之進と称す。尾池存齋の子。寛政3年(1791)9月16日没。
     │     └ 尾池春水 名は敬永。團蔵と称す。尾池敬勝の子。文化10年(1813)11月16日没。年64。
     │        └ 尾池敬典 清左衛門と称す。尾池春水の子。安政1年(1854)1月15日没。年76。
     ├ 七條政明 專次郎と称す。土佐の人。享保8年(1723)4月23日没。年60。淺見絅齋にも学ぶ。
     ├ 藤井忠コ 今津屋源右衛門と称す。福山の人。
     ├ 山中尚新 彦根藩の臣。
     ├ 鈴木端齋 源五右衛門と称す。江戸六番組与力。稲葉迂齋の兄。元文3年(1738)7月5日没。年60。淺見絅齋にも学ぶ。
     └ 稲葉迂齋 名は正義(正誼)。十左衛門(重左衛門)と称す。江戸の人。稲葉黙齋の父。宝暦10年(1760)11月10日没。年77。淺見絅齋、三宅尚齋にも学ぶ。
         ├ 溝口浩軒 名は直範、後に直養。新発田藩主。寛政9年(1797)7月26日没。年62。
         ├ 土井利武 出雲守と称す。土井利實の子。享保18年(1733)6月10日没。年20。
         ├ 土井利延 大炊頭と称す。土井利實の子。唐津藩主。延享1年(1744)7月16日没。年22。
         ├ 土井利里 大炊頭と称す。土井利延の弟。唐津藩主。安永6年(1777)8月10日没。年56。
         ├ 黒田長清 伊勢守と称す。筑前鞍手郡直方藩主。享保5年(1720)12月23日没。年54。
         ├ 佐竹義明 右京大夫と称す。秋田藩主。宝暦8年(1758)3月18日没。年36。
         ├ 蜂須賀重喜 阿波守と称す。阿波藩主。享和1年(1801)10月20日没。年64。
         ├ 岩城隆韶 河内守と称す。出羽由利郡亀田藩主。延享2年(1745)8月29日没。年39。
         ├ 阿部正興 因幡守と称す。上総佐貫藩主。明和1年(1764)3月11日没。年32。
         ├ 内藤正弼 美濃守と称す。信濃佐久郡岩村田藩主。明和7年(1770)6月18日没。年40。
        ├ 堀 直堯 丹後守と称す。越後村松藩主。天明5年(1785)10月29日没。年71。
        ├ 大河内正温 備前守と称す。三河吉田藩主。天明2年(1782)11月2日没。年56。
         ├ 土屋篤直 能登守と称す。常陸土浦藩主。安永5年(1776)5月20日没。年45。
         ├ 増山正存 後改め正贇。対馬守と称す。伊勢長島藩主。安永5年(1776)4月5日没。年51。
         ├ 松平武元 肥後守と称す。上野館林藩主。幕府老中。安永8年(1779)7月25日没。年67。
         ├ 小林昌圓 後に稲葉黙齋に学ぶ。
         ├ 榎並正固 唐津眼医。
         ├ 柳田求馬 名は義道。号は村松樵夫。初め明石宗伯。江戸の人。天明4年(1784)7月22日没。年47。
         │  └ 明石 要 江戸の人。稲葉迂齋にも学ぶ。
         ├ 興津莊固 名は長教。初め市右衛門と称す。若狭小浜藩家老。致仕して莊固。宝暦8年(1758)没。年78。
         ├ 石井左仲 京都の人。
         ├ 竹内弘篤 増山氏に仕える。
         ├ 服部守義 
         ├ 中野順齋 名は敬之。讃岐丸亀藩の臣。
         │  └ 勝田縏 齋 丸亀藩の臣。
         ├ 南條元貞 
         ├ 石原寛信 權平と称す。新発田藩儒臣。安永4年(1775)10月25日没。年49。
         ├ 小野理左衛門 丸亀藩の臣。
         ├ 勝井水渾 唐津藩医。
         ├ 河本仲遷 名は善。三左衛門と称す。丸亀藩士。
         ├ 佐志新蔵 唐津藩の臣。
         ├ 竹内茂昆 字は子明。右膳、五兵衛、八郎右衛門と称す。号は棠陰。荘内藩士。明和7年(1770)6月15日没。年49。
         ├ 小野勘四郎 唐津藩の臣。
         ├ 村田長蔵 
         ├ 志水質義 三九郎と称す。
         ├ 出淵立恒 一名は守行。七郎左衛門(七左衛門)と称す。播磨姫路の人。享保11年(1726)8月24日没。年29。
         ├ 青木希齋 
         ├ 潮田四郎左衛門 唐津藩老臣。
         ├ 小野理左衛門 丸亀藩の臣。
         ├ 堀 愚齋 八左衛門と称す。初め佐藤直方に学ぶ。江戸の人。
         ├ 平野茂右衛門 板倉周防守の臣。平野茂左衛門ともある。
         ├ 吉武九郎兵衛 唐津藩老臣。
         ├ 永野喜右衛門 唐津藩の臣。
         ├ 中村蘭林 名は明遠。字は子晦。深蔵と称す。別号は盈進齋。江戸の人。幕府儒官。宝暦11年(1761)9月3日没。年65。
         ├ 東 舍人 唐津藩の臣。
         ├ 岡團兵衛 名は正勝。小浜藩執政。宝暦4年(1754)2月12日没。年50。
         ├ 高橋理右衛門 唐津藩の臣。
         ├ 八島彦八 仙台の人。初め遊佐木齋に学ぶ。
         ├ 小宮山杢之進 名は昌世。字は君延。号は謙亭。江戸の人。幕臣。
         ├ 有馬權平 初め佐藤直方に学ぶ。
         ├ 長尾新平 唐津藩の臣。
         ├ 森 嘉内 江戸の人。医者。
         ├ 澀谷義通 丹右衛門と称す。阿波の人。土浦藩及び阿波藩に仕える。元文5年(1740)7月28日没。年79。
         ├ 水原保明
        ├ 時田國正
        ├ 奥 正岑 奥正尹の子。近江の人。
         ├ 小杉善長 
         ├ 渡邊高達 岩代棚倉に住む。
         ├ 小川三異
         ├ 藤田通志 美濃大垣の人。
         ├ 武井勝始
         ├ 吉川崇廣 名は道元。信濃の人。
         ├ 藥袋宴樂
         ├ 平野直道
         ├ 浦野種智
         ├ 石黒尚義
         ├ 齋藤貞志
         ├ 福岡孝紀 宮内と称す。土佐藩執政。隠居して工部と称す。宝暦12年(1762)2月18日没。年78。
         ├ 鈴木正路 宗靜と称す。鈴木端齋の季子。天明年間に没。年49。
         ├ 土岐玄厚 江戸四谷の人。医者。
         ├ 山田玄春
         ├ 川岸時由 唐津藩の臣。
         ├ 日野小三郎 江戸の人。幕臣。
         ├ 堀九兵衛 名は正知。唐津藩老臣。
         ├ 關戸恒齋 唐津の人。
         ├ 猪瀬藤吉 字は守身。
         ├ 原 主敬 
         ├ 曾根義勝
         ├ 山下柴角
         ├ 山下忠尚
         ├ 石原仙蔵
         ├ 肥田敬之
         ├ 藤澤茂睡
         ├ 坂田剛直
         ├ 大島英賢
         ├ 中村義方
         ├ 時田乙三郎
         ├ 宍倉正就
         ├ 長谷川一郎
         ├ 小林以長 初め佐藤直方に学ぶ。
         ├ 賀古利器 関宿藩士。
         ├ 水原保明 
         ├ 榊原正甫 喜平五と称す。羽前大泉荘内の人。城主酒井氏に仕える。寛保8年(享保8年(1723)か?)12月25日没。年42。
         ├ 平山季好
         ├ 堀 欣吾
         ├ 鈴木左門次
         ├ 興津義信
         ├ 山下尚志
        ├ 宮城謙山 名は正武。市郎大夫と称す。新発田藩儒臣。文化1年(1804)12月22日没。年83。
        ├ 和田儀丹 下総酒々井の人。医者。成東町に卜居。寛保4年(1744)1月5日没。
         ├ 鈴木養察 莊内と称す。成東町姫島の人。安永8年(1779)12月25日没。年85。
         ├ 平山安左衛門 成東町早船の人。寛政1年(1789)6月12日没。年86。
         ├ 布留川彌右衛門 九十九里町片貝の人。
         ├ 安井記齋 名は利恒。字は子久。半十郎と称す。成東町小松の人。享和2年(1802)4月21日没。年78。
         │  └ 安井朋言 安井記齋の子。
         ├ 安井武兵衛 成東の人。天明4年(1784)11月15日没。年76。
         ├ 鈴木兵右衛門 松尾町折戸の人。
         ├ 鵜澤近義 幸七郎と称す。鵜澤容齋の次子。大網白里町清名幸谷の人。
         ├ 櫻木ァ齋 名は千之。初め大木剛中、後に清十郎と称す。東金の人。長崎聖堂教授。文化1年(1804)5月1日没。年80。
         │  ├ 櫻木廣居 助右衛門と称す。櫻木ァ齋の子。文化13年(1816)9月21日没。年62。稲葉黙齋にも学ぶ。
         │  ├ 櫻木大三郎 櫻木ァ斎の二男。天保14年(1843)9月22日没。年77。
         │  ├ 平山正名 下総の人。櫻木ァ齋の外孫。天保9年(1838)12月28日没。年64。
         │  ├ 饒田實齋 初め熊野篤行、新三郎、後に省治と称す。名は喩義。字は君曉。謙蔵と称す。別号は西疇、養齋。肥前長崎の人。天保4年(1833)4月14日没。年62。
         │  │  └ 饒田新齋 名は集義。字は不疾。集蔵と称す。別号は有年。饒田實齋の子。明治1年(1868)没。
         │  ├ 大蔵謙齋 名は讓。字は謙甫。初めの号は龍河。信濃飯田の人。天保15年(1844)7月没。年58。柴野栗山にも学ぶ。
         │  ├ 水野若狭守 長崎奉行。
         │  ├ 高木菊治郎 長崎代官。
         │  ├ 牛島醇庵
         │  ├ 高石治郎右衛門
         │  ├ 三原周輔
         │  ├ 洲内卯三郎
         │  ├ 洲内新三郎
         │  ├ 松本伊太郎
         │  ├ 松井土次
         │  ├ 村山善十郎
         │  ├ 那須俊蔵
         │  ├ 池尻泰温
         │  ├ 眞野英伯
         │  ├ 松本助次郎
         │  ├ 熊野時介
         │  ├ 村山泰蔵
         │  ├ 松井健治
         │  ├ 林 眞介
         │  └ 品川作左衛門
         ├ 鵜澤容齋 本姓は鈴木。名は宣堯。長右衛門と称す。大網白里町清名幸谷の人。安永2年(1773)9月8日没。年79。
         ├ 鵜澤由齋 名は就正。喜内と称す。鵜澤容齋の長子。清名幸谷の人。
         ├ 小川省義 幼名は磯次郎、興十郎。後に市右衛門。東金市東士川の人。文化11年(1814)6月21日没。年81。後に稲葉黙齋に学ぶ。
         ├ 安井明貞 名は家成。覺次郎、彌兵衛と称す。成東の人。文化2年(1805)7月16日没。年64。
         │  └ 安井知則 熊之助と称す。安井明貞の子。
         ├ 關口兵太夫 館林藩の臣。
         ├ 槇 秀武 舍人と称す。美濃の人。槇元眞の孫。正徳4年(1714)11月22日没。年20。
         ├ 杉村輪齋 名は武孝。
        ├ 原田敬勝 常陸土浦藩主務。
         ├ 山本立善 山本玄仙ともある。
         ├ 鳥山紀長 江戸の人。幕臣。
         ├ 吉川昌元 信濃の人。後に稲葉黙齋に学ぶ。
         ├ 北山閑悦 丸亀藩茶人。
         ├ 加藤a 唐津藩医。
         ├ 岡野進蔵 初め三宅尚齋に学ぶ。佐竹壱岐守の臣。
         ├ 麻田兵右衛門 水戸藩主務。稲葉迂齋の妹婿。
         ├ 林 逸八 唐津藩の臣。
         ├ 芹澤玄a 唐津藩医。嘗て林家に学ぶ。
         ├ 矢作喜兵衛 名は勝美。唐津藩の臣。稲葉迂齋の外戚。
         ├ 杉浦元コ
         ├ 青木雲軒
         ├ 高橋安四郎
         ├ 三枝松春
         ├ 竹田松軒 丸亀藩医。
         ├ 長谷川如水 茶人。
         ├ 渡邊半七 唐津藩の臣。
         ├ 水江孫市 小浜藩の臣。
         ├ 金澤循軒
         ├ 北村幸介 唐津藩小吏。
         ├ 平井龍蔵 名は潛。小浜藩の臣。享和2年(1802)5月12日没。年69。村士玉水にも学ぶ。
         ├ 堀江九平次
         ├ 山岡孫平次 税官吏。
         ├ 武井敬勝 下野古河藩儒。天明6年(1786)2月28日没。年78。稲葉迂齋の妻の弟。
         ├ 手塚靖齋 名は可英。初め日原氏。土浦藩儒臣。明和5年(1768)2月13日没。年72。娘は稲葉廓齋に嫁ぐ。
         │  ├ 手塚可貞 小兵衛と称す。手塚靖齋の長子。土浦藩の臣。明和7年(1770)9月11日没。年42。野田剛齋にも学ぶ。
         │  └ 手塚可章 小兵衛と称す。手塚靖齋の季子。土浦藩の臣。文化6年(1809)11月15日没。年62。稲葉迂齋にも学ぶ。
         ├ 曲直瀬良僊 
         ├ 鈴木彦四郎 唐津藩主務。
         ├ 久米貞固 唐津の人。
         ├ 桑原空洞 名は守雌。別号は爲谿。京都書家。多田東渓の舅。延享1年(1744)5月6日没。年72。
         ├ 岡 春庵 唐津の人。
         ├ 坂本茂作 唐津藩の臣。
         ├ 平山十兵衛 野田剛齋の僕。
         ├ 渡邊信統 唐津藩の臣。
         ├ 近藤文蔵 土浦藩の臣。
         ├ 奥平定恒 仁兵衛と称す。武蔵忍藩の臣。奥平棲遅庵の父。初め佐佐木齋に学ぶ。
         ├ 市川如柳 名は寛重。斧太郎と称す。号は黙庵。忍藩の臣。野田剛齋にも学ぶ。
         ├ 加藤衛夫 名は政則。加藤大貳の次子。享保16年(1731)3月25日没。年28。
         ├ 杉山金右衛門 荘内藩家老。初め三宅尚齋に学ぶ。
         ├ 平林靜齋 名は惇信。字は明義。莊五郎と称す。別号は洞江山人、消日居士、東維軒。江戸の人。能書。宝暦3年(1753)8月21日没。年58。
         │  └ 平林東嶽 名は惇篤。字は子孝、平甫。莊五郎、越水と称す。平林靜齋の子。能書。文化3年(1806)10月7日没。年64。
         │      └ 平林鴻山 名は可儀。平林東嶽の子。能書。
        ├ 合田玄瑞 丸亀藩の臣。初め三宅尚齋に学ぶ。
        │  └ 合田忠蔵 合田玄瑞の子。唐津藩儒臣。
         ├ 杉浦正勝 出雲守と称す。幕臣。寛政4年(1792)12月隠居。年60。
         ├ 稲葉廓齋 名は正直。鐵次郎と称す。稲葉迂齋の長子。安永7年(1778)10月17日没。年55。
         ├ 稲葉黙齋 名は正信。又三郎と称す。江戸の人。稲葉迂齋の次子。晩年は清名幸谷に隠居。寛政11年(1799)11月1日没。年68。野田剛齋にも学ぶ。
         │  ├ 鈴木榮誠 幼名はコ蔵。常右衛門と称す。成東町湯坂の人。天保8年(1837)3月4日没。年76。
         │  │  └ 鈴木榮順 名は榮次。鈴木榮誠の子。成東町湯坂の人。明治17年(1884)9月16日没。年80。
         │  │      └ 鈴木梧窓 名は信順。別号は梧風。鈴木榮順の子。明治39年(1906)5月12日没。年74。
         │  ├ 鈴木養齋 名は直二。莊内と称す。別号は空水。鈴木養察の孫。医者。成東町姫島の人。天保8年(1837)7月11日没。年74。
         │  │  ├ 富塚惺齋 上総の人。医者。
         │  │  ├ 佐藤秀敏 名は維秀。大次郎と称す。成東町湯坂の人。明治24年(1891)4月3日没。年68。
         │  │  ├ 鈴木道闇 名は明之。号は忘我堂。鈴木養齋の子。文政4年(1821)12月18日没。年30。谷文晁にも就いて画を学ぶ。
         │  │  ├ 安井明止 彌平と称す。号は石南。成東の人。明治23年(1890)5月12日没。年75。
         │  │  ├ 安井熊吉 安井武兵衛の次子。成東の人。文化5年(1808)6月26日没。年20。
       │  │  ├ 安井順意 成東町津辺の人。
         │  │  ├ 安井市蔵 成東の人。
         │  │  ├ 加藤直諒 上総の人。
         │  │  ├ 櫻木氏重 櫻木ァ齋の孫。
         │  │  ├ 北田明立 北田慶年の孫。
         │  │  ├ 布施源五右衛門 上総大蔵村の人。
         │  │  ├ 淺葉克順 清と称す。号は白木。成東の人。
         │  │  │  └ 淺葉義順
         │  │  ├ 安井清左衛門 初め佐太郎と称す。成東町津辺の人。明治3年(1870)4月4日没。年65。奥平棲遅庵にも学ぶ。
         │  │  ├ 矢野玄章 敬二郎と称す。東金市北幸谷の人。大木丹二の次子。安政2年(1855)4月8日没。年52。
         │  │  └ 伊庭一貫堂 名は靜一。幼名は淺次郎。金兵衛と称す。別号は了眠。成東町根蔵の人。医者。明治2年(1869)8月8日没。年84。
         │  │      ├ 大野貞齋 初め貫之助、後に南凱。成東町姫島の人。上総勝浦に住む。鈴木養齋の曾孫。明治22年(1889)11月8日没。年50。
         │  │      │  ├ 中村剛直 貞次郎、妙道、晦闇と称す。号は誠堂。上総勝浦の人。大橋陶庵にも学ぶ。
         │  │      │  └ 淺野自明 富之助と称す。上総勝浦の人。
         │  │      ├ 伊庭利貞 金作、春次郎と称す。号は虚了。伊庭靜一の長子。明治29年(1896)8月3日没。年69。
         │  │      ├ 伊庭龍庵 名は順信。字は子順。金四郎と称す。伊庭靜一の次子。三上是庵にも学ぶ。
         │  │      ├ 鈴木宗仙 鈴木養齋の曾孫。鈴木貞齋の兄。絵師。成東町姫島の人。大正2年(1913)11月6日没。年77。
         │  │      ├ 天羽有信 五平治と称す。市原市東村の人。昭和8年(1933)12月25日没。年87。
         │  │      └ 篠原聞道 龜吉と称す。号は立志堂。成東の人。大正6年(1917)12月14日没。年71。
         │  ├ 林 潛齋 初め花澤文二と称す。名は秀直。東金市堀上の人。丸亀藩儒臣。文化14年(1817)5月6日没。年68。
         │  │  ├ 京極能登守 名は高中。丸亀藩主。文化8年(1811)1月13日没。年58。
         │  │  ├ 京極 蔀 一名は高教。高中の弟。
         │  │  ├ 佐脇直馬 丸亀藩大夫。
         │  │  ├ 岡 織部 名は次敏。左内と称す。号は天莱、修窓、無学齋。丸亀藩大夫。元治1年(1864)11月没。年73。
         │  │  ├ 吉田常敬 丸亀藩の臣。
         │  │  └ 花澤秀忠 傳兵衛と称す。林潛齋の子。東金市細屋敷の人。
         │  ├ 大木丹二 名は忠篤。東金市北幸谷の人。文政10年(1827)12月17日没。年63。
         │  │  ├ 子安七郎兵衛 名は義知。東金市荒生の人。関流和算を学ぶ。明治20年(1887)3月10日没。年89。
         │  │  └ 田中貞延 伊右衛門と称す。東金市小野の人。明治21年(1888)4月14日没。年71。田中蛇湖の父。
         │  ├ 尾關當官 名は正綏。隼人と称す。館林藩上大夫。
         │ ├ 尾關當補 求馬、隼人と称す。館林藩上大夫。尾關當官の子。文政12年(1829)7月27日没。年51。
         │ │  ├ 尾關當遵 隼人と称す。浜田藩上大夫。尾關當補の子。明治1年(1868)4月19日、藩責を引いて京都本国寺にて自刃。年66。
         │  │  ├ 吉田敬直 館林藩番帥班。
         │  │  └ 黒谷茂方 館林藩儒臣。稲葉黙齋にも学ぶ。
         │  │      └ 黒谷茂對 館林の人。
         │  ├ 手塚坦齋 初めは日原以道。小源太と称す。別号は困齋。土浦藩儒臣。手塚可貞の子。天保5年(1834)5月15日没。年73。
         │  │  ├ 藤田畏齋 名は重勝。源之丞と称す。土浦藩儒臣。嘉永1年(1848)6月15日没。年68。
         │  │  │  ├ 寺尾コ弘 名は義英。新発田藩儒臣。
         │  │  │  │  ├ 中田勉齋 半蔵と称す。
         │  │  │  │  └ 小出惟知 見之助と称す。新発田藩の人。布施建次郎にも学ぶ。
         │  │  │  │      └ 肥田源吉郎 源太郎と称す。号は靜齋。福岡県早良郡鳥飼村上方の人。東京に住む。昭和10年(1935)6月8日没。年71。石井周庵にも学ぶ。
         │  │  │  ├ 村田義方 篤次郎と称す。新発田藩督学。
         │  │  │  ├ 村田廉平 村田義方の弟。
         │  │  │  ├ 渡邊豫齋 名は思誠。萬平と称す。新発田藩儒臣。渡邊黙容の弟。安政6年(1859)9月24日没。年64。奥平棲遅庵に学ぶ。
         │  │  │  │  ├ 井東弦齋 名は守常。八之丞と称す。晩の号は信齋。新発田藩儒臣。明治22年(1889)5月30日没。年75。
         │  │  │  │  │  ├ 速水 軌 新発田藩の臣。
         │  │  │  │  │  ├ 柳川仲四郎 新発田藩の臣。
         │  │  │  │  │  └ 高久時式 号は習齋。新発田藩の臣。
         │  │  │  │  └ 梶 知禮 新発田藩の臣。
         │  │  │  ├ 七里義從 門之助と称す。新発田藩の臣。万延1年(1860)5月18日没。年49。
         │  │  │  └ 溝口長順 半之允と称す。新発田藩大夫。
         │  │  ├ 廣瀬克齋 名は以禮。土浦藩儒臣。
         │  │  ├ 手塚一齋 名は可久。小源太と称す。号は蟄齋。手塚坦齋の長子。土浦藩儒臣。
         │  │  │  ├ 原田耕種 土浦藩の臣。
         │  │  │  ├ 日原可簡 又吉と称す。手塚一齋の長子。土浦藩の臣。
         │  │  │  └ 日原可則 朔吉と称す。手塚一齋の次子。土浦藩の臣。
         │  │  ├ 手塚可大 小次郎、愼兵衛と称す。手塚坦齋の季子。土浦藩の臣。
         │  │  └ 板倉重光 豪次郎と称す。板倉重威の子。新発田藩の臣。天保4年(1833)5月8日没。年31。
         │  ├ 鈴木恭節 字は子長。長藏と称す。大網白里町清名幸谷の人。鵜澤近義の第三子。館林藩儒臣。文政13年(1830)11月10日没。年55。
         │  ├ 中田傳左衛門 東金市堀上の人。
         │  ├ 中田重次 十二郎と称す。東金市堀上の人。寛政10年(1798)11月没。
         │  ├ 北田慶年 太兵衛、榮二と称す。東金市福俵の人。学思齋の主。
         │  ├ 篠原惟秀 本姓は北田。字は秀甫。初名は安進。與五右衛門と称す。号は靜安。幼称は松次郎。東金市堀上の人。北田慶年の弟。文化9年(1812)2月15日没。年68。
         │  ├ 北田榮秀 榮二と称す。北田慶年の子。
         │  ├ 吉野文司 東金市押堀の人。
         │  ├ 高宮文七 東金市押堀の人。
         │  ├ 秋葉惟恭 松太郎と称す。東金市押堀の人。
         │  ├ 岩崎求齋 名は安清。政右衛門と称す。成東町姫島の人。天保15年(1844)5月2日没。年66。
         │  │  └ 齋藤道齋 名は政常。左源司と称す。成東町湯坂の人。明治6年(1873)6月26日没。年58。
         │  │      ├ 田原秀信 利左次と称す。号は耕庵。成東町湯坂の人。昭和2年(1927)9月7日没。年78。田原擔庵の父。
         │  │      └ 花澤確齋 幸次郎と称す。成東町湯坂の人。花澤退蔵の子。
         │  │          └ 藤田水哉 誠兵衛と称す。芝山町殿部田の人。大正8年(1919)没。年69。
         │  ├ 山田華陽齋 名は記思。長作と称す。号は黒水。館林藩儒臣。天保3年(1832)9月25日没。年60。
         │  ├ 須原敬之 字は吉甫。葛西笹崎の農民。寛政11年(1799)2月27日没。年56。
        │ │  └ 須原可貞 安太郎と称す。須原敬之の子。
         │ ├ 弓削コ介 伊予大洲藩の臣。弓削コ助ともある。
         │  ├ 平野登彌太 号は道長。館林藩の臣。
         │  ├ 松倉卜山 名は正達。主水と称す。館林藩上大夫。安永6年(1777)7月21日没。年57。
         │  │  └ 松倉正供 松倉卜山の子。
         │  ├ 河鰭源蔵 名は景命。源太郎、後に七郎左衛門と称す。館林藩老職。文化11年(1814)12月12日没。年67。
         │  ├ 新島禮夫 名は幹。治助、吉五郎と称す。浜田藩士。寛政12年(1800)11月8日没。年31。服部栗齋にも学ぶ。
         │  ├ 松本義上 丸亀藩の臣。
         │  ├ 高須順正 丸亀藩の臣。
         │  ├ 渡邊柳齋 名は浩。字は以直。半八と称す。高松の人。丸亀藩儒臣。文化(文政)7年(1810(1824))11月6日没。年62。
         │  │  └ 渡邊杏林 名は保、雄。字は晩翠。孫右衛門と称す。渡邊柳齋の次子。丸亀藩儒臣。文久3年(1863)5月3日没。年73。
         │  ├ 大谷主一 唐津藩の臣。
         │  ├ 片峯敬吾 唐津藩の臣。
         │  ├ 石黒尚志 平次太と称す。唐津藩の臣。野田剛齋にも学ぶ。
         │  ├ 大原要助 大網白里町柳橋の人。
         │  ├ 大原清甫 大網白里町清名幸谷の人。
         │  ├ 早野養齋 東金市大豆谷の人。
         │  ├ 鵜澤七蔵 鵜澤由齋の子。大網白里町清名幸谷の人。
         │  ├ 鈴木狂二郎 稲葉黙齋の従姪。江戸の人。
         │  ├ 稲葉友齋 名は通故。稲葉廓齋の長子。古河藩の臣。後に亡命。文化5年(1808)、上総にて没。年53。
         │  ├ 市川水竹居 初め稲葉迂齋に学ぶ。
         │  ├ 市川治左衛門 江戸の人。
         │  ├ 作田銀蔵 九十九里町作田の人。
         │  ├ 竹中致道 館林藩の臣。
         │  ├ 十河東一 桑名藩の臣。
         │  ├ 窪田敬信 
         │  ├ 吉田文蔵 館林藩の臣。
         │  ├ 石井 芚 三蔵と称す。館林藩儒臣。
         │  ├ 荒井平五郎 館林藩の臣。
         │  ├ 佐藤平二 館林藩の臣。
         │  ├ 溝口長裕 半兵衛と称す。新発田藩老職。
         │  ├ 戸田政二郎 館林藩儒臣。
         │  ├ 市川三伍 桑名藩の臣。服部栗齋にも学ぶ。
         │  ├ 鵜澤孫右衛門 大網白里町清名幸谷の人。
         │  ├ 渡邊庸齋 名は高明。字は子中。又左衛門と称す。館林藩の臣。文政6年(1823)10月2日没。年58。
         │  │  └ 渡邊高美 渡邊庸齋の子。
         │  ├ 竹越甚作 館林藩の臣。
         │  ├ 野村長雄 館林藩侍医。江戸の人。
         │  ├ 野村壽庵 野村長雄の子。
         │  ├ 萩野百助 館林藩の臣。
         │  ├ 日高權蔵 館林藩の臣。
         │  ├ 中村逸齋 名は守正。助右衛門と称す。新発田藩の臣。
         │  ├ 中村新蔵 中村逸齋の長子。
         │  ├ 伊東郡治 館林藩の臣。
        │ ├ 荒井多門 館林藩の臣。
        │ ├ 伊東軍八 館林藩要人。
         │  ├ 山田九郎兵衛 桑名藩大夫。
         │  ├ 上月彌三郎 和歌山藩の臣。桑名藩に仕える。
         │  ├ 小松原十太夫 館林藩の臣。
         │  ├ 宮川小仲太 館林藩の臣。
         │  ├ 澤 文二 館林藩の臣。
         │  ├ 安藝茂左衛門 館林藩の臣。
         │  ├ 鈴木團二 館林藩の臣。
         │  ├ 二村恭剛 儀惣太と称す。館林藩儒臣。
         │  ├ 中村淡齋 名は元茂。字は伯先。信濃伊那の人。医者。文政3年(1820)8月13日没。年65。
         │  └ 奥平棲遅庵 名は定時。幸次郎と称す。江戸の人。神田小川坊に住む。小川先生。忍藩儒臣。致仕して玄甫。嘉永3年(1850)8月9日没。年82。
         │      ├ 三上是庵 名は景雄。新左衛門と称す。伊予松山の人。明治9年(1876)12月4日没。年59。
         │      │  ├ 石井周庵 名は一素。音吉と称す。大網白里町清名幸谷の人。明治36年(1903)9月5日没。年69。
         │      │  │  ├ 吉井老湖 名は宗元。東金市田間の人。明治42年(1909)9月20日没。年75。
         │      │  │  ├ 渡邊孝三郎 字は魯直。号は惺堂。上総上谷の人。
         │      │  │  ├ 中村清躬 伊予松山の人。東京に住む。
         │      │  │  ├ 伊庭弘道 
         │      │  │  ├ 田原擔庵 名は秀熹。綱三郎と称す。成東町湯坂の人。昭和13年(1938)1月18日没。年68。佐久間泉臺にも学ぶ。
         │      │  │  └ 田中蛇湖  名は謙蔵。別号は貞幅仙史、天禄堂、景崎堂。東金市小野の人。昭和30(1955)年没。年85。
       │      │ ├ 池田溪水 名は一實。謙蔵と称す。伊予松山の人。
       │      │ ├ 芳賀觀齋 名は高重。忍藩老臣。明治34年(1901)11月20日没。年72。
       │      │ ├ 朽木爲齋 名は亮、修。字は正綱。常陸龍崎の人。大網白里町清名幸谷に住む。明治29年(1896)2月15日没。年82。初め小松原恭齋に学ぶ。
        │      │ │  ├ 子安吟風 名は照隆。幸三郎、七郎兵衛と称す。子安義知の子。東金市荒生の人。関流和算を学ぶ。明治40年(1907)10月6日没。年77。
        │      │ │ │  ├ 小高鷗波 包三郎と称す。子安吟風の次子。昭和11年(1936)9月3日没。年69。石井周庵にも学ぶ。
        │      │ │ │ └ 子安豐松 号は果庵。子安吟風の孫。昭和11年(1936)2月19日没。年62。石井周庵にも学ぶ。
        │      │ │  ├ 今井松順 東金市家徳の人。明治36年(1903)9月7日没。年66。道学協会南総支会長。
        │      │ │ ├ 齋藤晦根 貞次郎と称す。長柄郡萱場の人。
        │      │ │ └ 篠崎龜吉 九十九里町粟生の人。
       │      │ ├ 村田燒屋 讓吉と称す。忍藩の臣。
       │      │ ├ 吉川祐之 伊予松山の人。
       │      │ ├ 宇高丹齋 初めは十郎、後に正郎と称す。伊予松山の人。明治34年(1901)6月12日没。年49。
       │      │ ├ 鶴岡精齋 名は宗直。文右衛門と称す。東金市小野の人。明治20年(1887)12月13日没。年50。
        │      │ │ └ 田中善兵衛 号は松風。東金市小野の人。田中貞延の子。大正5年(1916)6月1日没。年71。
       │      │ ├ 人見和太郎 後に齋院敬和と称す。伊予松山の人。明治17年(1884)9月20日没。
       │      │ ├ 眞行寺專蔵 名は隆親。成東町湯坂の人。佐久間臺台の子。明治16年(1883)1月2日没。年49。
       │      │ ├ 鵜澤遂庵 名は一靜。專蔵と称す。大網白里町清名幸谷の人。大正10年(1921)4月16日没。年84。
       │      │ ├ 水谷寒水 名は定方。八十七郎と称す。紀伊田辺藩の臣。明治15年(1882)3月26日没。年60。山口菅山にも学ぶ。
       │      │ ├ 牧野用成 兵蔵と称す。田辺藩の臣。
       │      │ ├ 岡宮復一 名は貫。初め可哉、後に小右衛門、復一と称す。伊予松山の人。明治10年(1877)11月1日没。年66。
       │      │ ├ 鈴木忠兵衛 初め勝三郎。相州三浦郡長浦の人。明治24年(1891)4月22日没。年60。
       │      │ ├ 木村利武 伊予松山の人。元松山市長。大正3年(1914)10月2日没。年65。
       │      │ ├ 井手正光 伊予松山の人。海南新聞社長。
       │      │ ├ 波藤知義 伊予松山の人。明治35年(1902)没。
       │     │ ├ 加藤重明 伊予松山の人。能書。大正8年(1919)3月没。年78。
       │      │ ├ 小田喜八郎 伊予松山の人。
       │     │ ├ 佐治助弘 伊予松山の人。昭和5年(1930)3月11日没。年79。
       │      │ ├ 須山忠政 伊予松山の人。
       │      │ ├ 松下信光 伊予松山の人。
       │      │ ├ 林 常直 伊予の人。
       │      │ ├ 武市唯太 伊予松山の人。
       │      │ ├ 宮原正義 伊予松山の人。明治25年(1892)1月没。
       │      │ ├ 中西鯉城 雅吉と称す。広島の人。明治19年(1886)12月27日没。
       │      │ ├ 古市隆道 八百太郎と称す。忍藩の臣。文久3年(1863)3月11日没。
       │      │ ├ 永田虚心庵 忍藩の臣。
       │      │ ├ 佐藤與齋 忍藩の臣。
       │      │ ├ u田涵軒 忍藩の臣。
       │      │ ├ 菅沼謙庵 忍藩の臣。
       │      │ ├ 市川而軒 忍藩の臣。
       │      │ ├ 澀谷恒齋 忍藩の臣。
       │      │ ├ 策馬晉齋 忍藩の臣。
       │      │ ├ 半 逸齋 忍藩の臣。
       │      │ ├ 永木直軒 名は盛忠。
       │      │ ├ 池内恒乘 伊予松山の人。
       │      │ ├ 村上常重 伊予松山の人。
       │      │ ├ 高宮休吉 伊予松山の人。
       │      │ ├ 櫻井重勝 伊予松山の人。大正12年(1923)7月30日没。年76。
       │      │ ├ 仙波太郎 伊予久米村福音寺の人。陸軍中将。昭和4年(1929)2月19日没。年75。
       │      │ ├ 勝田久敬 伊予松山の人。司法官。
       │      │ ├ 石川堅次郎 
       │      │ └ 世良俊的 医者。
       │    ├ 近藤寡齋 名は勝直。東作と称す。幼名は彦勝。丹波綾部藩儒臣。
       │      │ ├ 小鹽高志 田辺藩の人。三上是庵にも学ぶ。
       │      │ └ 近藤勝禮 号は勿軒。近藤寡齋の子。
       │    ├ 尾崎久ト 一名は寛居。萬太郎と称す。号は矯齋。伊予松山の人。明治25年(1892)8月6日没。年70。
       │    ├ 福田正コ 常吉と称す。号は誠齋。石見浜田藩儒臣。
       │    ├ 飛田春山 名は知白。扇之助と称す。浜田藩儒臣。慶応1年(1865)10月8日没。
       │    ├ 佐久間泉臺 初めは眞行寺氏。コ太郎、後に多助と称す。成東町湯坂の人。明治23年(1890)1月3日没。年78。
       │   │  └ 山下富蔵 東金の人。明治30年(1897)12月19日没。年34。石井周庵にも学ぶ。
       │    ├ 鈴木恭因 嘉久助と称す。鈴木恭節の子。浜田藩儒臣。
       │    ├ 川上善右衛門 号は結茅軒。忍藩の臣。
      │    ├ 藪田重達 一名は紀。清兵衛と称す。号は正中。忍藩の臣。
       │    ├ 中原美芹庵 忍藩の臣。
       │    ├ 井上正居 号は昨非庵。忍藩の臣。
       │    ├ 西黒正義 
       │    ├ 山田記功 金之助と称す。山田華陽齋の子。
      │    ├ 永井勝和 鐵太郎。館林藩、浜田藩に仕える。道学館教授。明治9年(1876)12月25日没。年71。
       │    ├ 山田幸典 土浦藩の臣。初め手塚坦齋に学ぶ。
       │    ├ 淺井長安 土浦藩の臣。
       │     ├ 加藤時幾 
       │    ├ 伊藤敬直 薩摩の人。
       │    ├ 花澤退蔵 号は一止。初め源兵衛と称す。成東町湯坂の人。明治28年(1895)5月8日没。年78。後に 三上是庵に学ぶ。
       │    ├ 小林廣胖 誠之丞と称す。新発田藩の臣。
       │   └ 秋山白賁堂 初め鈴木蝸庵と称す。名は固、清風。岩代白河の人。明治7年(1874)3月1日没。年77。
       │      ├ 秋山寒緑 名は勝剛。字は伸卿。別号は詩隱。直太郎と称す。秋山白賁堂の長子。伊勢桑名藩儒。明治30年(1897)6月4日没。年61。
       │      └ 秋山罷齋 名は斷、勝機。字は子勿。秋山寒緑の弟。昭和4年(1929)11月13日没。年81。
       │         └ 舞田脱齋 名は敦。字は養浩。山口の人。大正11年(1922)11月29日没。年62。
     └ 村士玉水 名は宗章。別号は一齋、素山。行蔵、幸蔵と称す。江戸の人。信古堂を営む。村士淡齋の子。初め山宮雪樓に学ぶ。安永5年(1776)1月4日没。年48。
        ├ 岡田寒泉 初めの名は善里、字は仁卿。後に恕、中卿、子強。又次郎、式部、清助と称す。号は泰齋。江戸の人。幕府に仕える。文化13年(1816)8月9日没。年77。
             │  ├ 長尾景範 一雄と称す。号は粕洲。伊勢崎藩世臣。致仕して無適と号す。越後流兵学に通ず。慶応2年(1866)12月9日没。年81。
             │  ├ 間宮士信 莊五郎と称す。幕臣。
             │  ├ 宮崎畏齋 名は成美。字は子順。号は蘘谷。江戸の人。文政年間の人。
             │  │  ├ 松平愼齋 謹次郎と称す。江戸の人。麹溪書院の主。文久3年(1863)7月5日没。年59。
             │  │  │  ├ 三輪田危行 名は高房。恒次郎と称す。伊予久米村の人。明治43年(1910)11月5日没。年88。金子霜山にも学ぶ。
             │  │  │  ├ 秋月胤永 字は子錫。悌二郎と称す。号は韋軒。会津の人。明治33年(1900)1月5日没。年77。聖堂にも学ぶ。
             │  │  │  └ 林 惟純 三郎と称す。
             │  │  │      └ 大久保憨齋 名は祐甫。聖堂にも学ぶ。
             │  │  │          ├ 田村怡與造 甲斐東八代郡相与村の人。陸軍中将。明治36年(1903)10月1日没。年50。
             │  │  │          └ 三輪田元綱 綱一郎と称す。三輪田危行の弟。明治12年(1879)1月14日没。年54。田内董史にも学ぶ。
             │  │  └ 大草振鷺 名は公明。磨之助、大次郎と称す。幕臣。
             │  └ 岡田眞澄 初めの名は博。字は公コ、眞微。コ一郎、源蔵と称す。岡田寒泉の子。天保9年(1838)2月19日没。年56。国学を修める。
             ├ 浦野神村 名は知周。仁右衛門と称す。別号は隅叟。本姓は田中。上野の人。伊勢崎藩儒。文政6年(1823)6月13日没。年80。
             ├ 關 睡峒 名は重嶷。此面と称す。伊勢崎藩家老。天保7年(1836)12月17日没。年81。
             ├ 岡田玄理 伊勢崎藩の臣。
             ├ 小松原醇齋 名は充義。字は仲擴。別号は舍己齋。剛治と称す。文化5年(1808)1月8日没。年73。
             │  ├ 小松原恭齋 名は雄。字は叔義。雄三と称す。別号は呉牛。小松原醇齋の第三子。江戸日本橋数奇屋町に住む。天保15年(1844)8月7日没。年70。山口菅山にも学ぶ。
             │  │  └ 小松原恕堂 本姓は吉川。字は思叔。省三と称す。小松原恭齋の養子。文久2年(1862)9月7日没。年52。
             │  └ 常見浩齋 名は一之。字は子寛。要蔵、五作と称す。別号は谷水。伊勢崎藩儒。天保6年(1835)12月26日没。年96。村士玉水及び浦野神村に学ぶ。
             ├ 酒井忠温 駿河守と称す。上野伊勢崎藩主。享和1年(1801)1月5日没。年75。
             └ 服部栗齋 名は保命。字は祐甫。善蔵と称す。別号は旗峯。服部梅圃の子。摂津豊島郡浜村の人。江戸に住む。麹溪書院を建てる。寛政12年(1800)5月11日没。年65。
                 ├ 櫻田虎門 名は景質。字は仲文。周輔と称す。別号は欽齋、鼓缶子。仙台の人。天保10年(1839)10月3日没。年66。
                 │  ├ 金 忠輔 仙台の奇士。殺人をして江戸に匿れる。
                 │  ├ 大立目克明 字はコ甫。鐵右衛門、一郎太夫と称す。剛は嚚嚚子、守拙園。仙台の人。弘化4年(1847)1月17日没。年55。
                 │  ├ 一條約齋 初めの名は坦、後に正直。字は仲平。彌三郎と称す。別号は靜觀子。仙台の人。明治21年(1888)8月21日没。年80。
                 │  ├ 新井剛齋 名は義彰。字は子常。彦次郎、後に顯蔵と称す。初め新田氏と称す。新井滄洲の孫。仙台藩儒。天保5年(1834)6月8日没。年49。
                 │  ├ 眞柳雙松 名は辰往。字は伯寧。勘左衛門、後に直五郎と称す。別号は松園。仙台藩儒。文久1年(1861)12月23日没。年64。
                 │  ├ 松本靖齋 名は惟弌。字は子新。亭之助と称す。仙台藩儒。文久2年(1862)2月20日没。年54。
                 │  ├ 櫻田惟善 時之進と称す。櫻田虎門の子。仙台藩儒。明治18年(1885)3月10日没。年55。
                 │  ├ 櫻田簡齋 名は迪。字は子惠。良佐と称す。櫻田虎門の甥。仙台の人。明治9年(1876)10月4日没。年80。
                 │  ├ 増田訥齋 名は繁徒。學之進と称す。仙台藩の臣。天保6年(1835)7月16日没。年36。
                 │  │  └ 増田畏齋 名は有常。字は子誠。小一郎と称す。増田訥齋の子。仙台藩儒。明治16年(1883)12月6日没。年61。一條約齋及び松本靖齋にも学ぶ。
                 │  ├ 若林靖亭 名は反輔。字は濟美。修理と称す。別号は柳村。仙台藩吏。慶応3年(1867)1月24日没。年69。
                │ ├ 大島松洲 名は彦集。字は千木、子成。精一郎と称す。本姓は久保田。仙台藩儒。天保3年(1832)5月7日没。年40。田邊樂齋及び佐藤一齋にも学ぶ。王学を倡える。
                │ ├ 高橋巴山 字は青卿。季八郎と称す。仙台の人。明治4年(1871)11月24日没。年76。
                 │  ├ 竹内有節 名は玄賢。字は子介。壽彦と称す。仙台藩医。明治16年(1883)6月3日没。年67。
                 │  ├ 都築馨五郎 
                 │  ├ 綾部和平 日向高鍋の人。
                 │  └ 常盤顯信 字は子信。尾吉、後に謙吉と称す。号は謙齋、緑陰。伊達氏家老。万延1年(1860)7月19日没。年58。
                 ├ 池内危齋 名は禎助。字は仲立。大和の人。松山藩儒臣。文化年間に没。
                 │  ├ 村田箕山 名は常武。平蔵と称す。別号は恥齋。伊予松山の人。安政3年(1856)11月4日没。年70。
                 │  │  ├ 藤田久蔵 伊予の人。
                 │  │  └ 山崎藤助 伊予の人。
                 │  └ 矢野靜觀 名は敬。字は叔達。敬次、後に立蔵と称す。伊予松山の人。伊勢崎藩儒臣。安政3年(1856)12月2日没。年57。
                 │      ├ 越智 誉 播磨三草丹羽氏儒臣。
                 │      └ 村上餐霞 俊平と称す。
                 ├ 宮原龍山 名は斌。字は子コ、樂大。文太、後に泰助と称す。松山藩儒。文化8年(1811)6月17日没。年52。
                 │  ├ 宮原弦堂 名は炳。字は虎文。守一郎、龍山子と称す。松山藩儒臣。文久2年(1862)7月2日没。年67。聖堂にも学ぶ。
                 │  ├ 吉尾勇助 伊予松山の人。
                 │  ├ 高橋復齋 松山藩儒。藩学明教館教授。天保5年(1834)10月没。年47。
                 │  ├ 田内董史 求馬と称す。号は愛南。伊予松山の人。弘化4年(1847)10月27日没。年49。国学を修める。
                 │  ├ 永井善六 伊予松山の人。
                 │  ├ 野澤象水 名は弘道。才次郎と称す。伊予松山の人。軍学で藩に仕える。文政7年(1824)9月1日没。年64。
                 │  └ 西川樂齋 伊予大洲の人。松山藩及び伊勢崎藩にて講学する。
                 │      └ 千葉重齋 名は毅。字は廣義。弘蔵と称す。弘化年間の人。
                 ├ 宮原桐月 名は模。字は子體。文次、後に義平と称す。宮原龍山の弟。松山藩儒。天保14年(1843)9月19日没。年75。
                 ├ 頼 杏坪 名は惟柔。字は千祺。萬四郎と称す。別号は春草。安芸竹原の人。頼春水の弟。天保5年(1834)7月23日没。年79。姪は頼襄、字は子成、称は久太郎、号は山陽。
                 ├ 秦 新村 名は惟貞。貞八と称す。三河赤坂の人。武蔵岡部藩阿部信亨に仕え、後、三河田原藩儒。弘化2年(1845)没。年68。山口菅山にも学ぶ。
                 ├ 都築鳳栖 名は通。字は仲達。訓治と称す。宇和島の人。天保12年(1841)3月26日没。年74。
                 ├ 園久左衛門 
                 ├ 西村庄兵衛
                 ├ 杉山直右衛門
                 ├ 佐野春庵
                 ├ 堀田正敦 下野佐野藩主。藤八郎、摂津と称す。号は水月。幕府若年寄。天保3年(1832)6月16日没。年78。
                 ├ 集堂弓五郎 号は大嶼。阿波の人。
                 ├ 杉村勉庵 名は景健。易輔と称す。号は尚絅堂。武蔵川越藩儒臣。
                 └ 嵯峨謙山 名は義勝。字は吉卿。孫兵衛と称す。横山氏家宰。文化3年(1806)9月25日没。年56。稲葉黙齋にも学ぶ。