上 総 道 学 の 地

1.黙斎、元倡寺に眠る (写真をクリックすると拡大します)
 

【元倡寺】
稲葉黙斎は、ここ成東町の元倡寺に眠っている。

【稲葉黙斎の墓の全景】
元倡寺の裏手、西側の傾斜地の中腹に黙斎の墓がある。
墓地中央が黙斎の墓である。その右側には稲葉十二、左側には稲葉友斎と矢島婦人の墓がある。

【稲葉黙斎の墓】

【稲葉十二の墓】 【稲葉友斎の墓】  【矢嶋婦人の墓】

2.和田儀丹、福星寺に眠る

和田儀丹は鈴木養察(荘内)と並び、上総道学草分けの人である。
儀丹は成東町上町の福星寺に眠っている。

3.上総八子の墓
上総八子は、鈴木養察(成東町姫島)・鈴木兵右衛門(松尾町折戸)・布留川彌右衛門(九十九里町片貝)・平山安左衛門(成東町早船)・安井武兵衛(成東町成東)・安井半十郎(成東町小松)・鵜澤近義(大網白里町清名幸谷)・櫻木誾斎(東金市)の八人である。
今回、布留川彌右衛門と安井半十郎、平山安左衛門の3人を除く5人を載せる。

【鈴木養察の墓】 【前中央が鈴木養察の墓】 【鈴木兵右衛門の墓】
【安井武兵衛の墓】 【櫻木誾斎の墓】 【鵜澤近義(左)と今関婦人(近義養母:右)の墓】
【鵜澤近義の墓】 後ろ

4.上総道学発祥の地・・・成東大橋
 

   左から現在の成東大橋(2枚)、 かつての成東大橋(出典:成東大橋の歌)と橋から見た作田川
 

愛宕山から見た成東の町並み 
(はるか前方には九十九里浜が広がる)

5.孤松庵趾
(これは記念碑であって、本当の孤松庵はここにあったのではない。)
 
大網白里町清名幸谷にある「孤松庵」の記念碑

孤松庵趾前の道を挟んだ左側(東南)に孤松庵はあった。
(画面正面、林の手前の畑。孤松庵趾より望む。)

6.雄蛇が池

 

講義録中に「雄蛇の躑躅」などとある。
  (孤松庵から北西に約4km:東金市)

7.上総道学の継承者たち

 

左上 田中蛇湖  右上 田原擔庵
左下 伊庭弘道  右下 岡 彪邨
(昭和13年1月6日 成東町にて撮影)

岡彪邨著『遊總記』に同じ写真がある。
 

岡彪邨著『遊總記』にある写真。
『遊總記』には「翁嗣子弘德開照像館於橋(成東大橋)左近。乃四人照影以爲記念。予與翁坐椅。擔庵蛇湖立後。鬚者爲擔庵。翁年八十一、擔庵六十八、蛇湖六十七、予則七十五。」とある。
・・・( )は補足。

戻る