格物致知彼我相對而言耳  八月十六日  文録
【語釈】
・八月十六日…寛政5年(1893)8月16日。
・文…林潜斎。花沢文次。東金堀上(細屋敷)の人。寛延2年(1749)~文化14年(1817)

59
格物致知、彼我相對而言耳。格物所以致知。於這一物上窮得一分之理、即我之知亦知得一分。於物之理窮二分、即我之知亦知得二分。於物之理窮得愈多、則我之知愈廣。其實只是一理。才明彼、即曉此。所以大學説致知在格物、又不説欲致其知者在格其物。蓋致知便在格物中、非格之外別有致處也。語類十八。
【読み】
物に格りて知を致すは、彼我相對して言うのみ。物に格るは以て知を致す所なり。這の一物上に於て一分の理を窮め得ば、即ち我の知も亦一分を知り得。物の理に於て二分を窮めば、即ち我の知も亦二分を知り得。物の理に於て窮め得ること愈々多ければ、則ち我の知愈々廣し。其の實は只是れ一理なり。才かに彼に明なるは、即ち此に曉かなり。以て大學の知を致すは物に格るに在りと説き、又其の知を致さんと欲する者は其の物に格るに在りと説かざる所は、蓋し知を致すは便ち物に格る中に在り、格るの外別に致す處有るに非ざればなり。語類十八。

先會大学或問條で致知挌物の道体も工夫も尽ている。あれで最う不足はないが、この章から出たはどふしたことなれば、これからはあのことを手軽く説く手段なり。それと云も学者が致知挌物がすめた顔ですまぬゆへぞ。そこで手軽く云て合点さする。然れども、道理の手がるいと云ことではなく、言やふの手軽で臍落がする。そうすると先日の或問の方もすむぞ。○彼我相對して言は、或問にも心與理而已と云が、心は我、理は物にあるぞ。そこでここが天下之理をこちと向い合ってするを云。我は丁ど我眼の明らか、彼は向の灯燈のやふなもの。それが眼ばかりで、灯燈なくてはならぬ。其灯燈がないとどぶへ落る。又灯燈がありても鳥目では役にたたぬ。それゆへ格物致知がこちの心と向の物ですること。向の物をかり子ばならぬ。一寸と儒釋の辨もここにありて、達磨が面壁は向を借りぬ手段。こちは向を麁末にせぬ。能書と云ても筆を假らず、只心ばかりでは能書にならぬ。皆相手があるぞ。
【解説】
「格物致知、彼我相對而言耳」の説明。ここは致知格物を手軽く言って合点させる条である。心は自分にあり、理は物にある。自分の心と相手も物でするのが格物致知である。
【通釈】
前会の大学或問の條で致知格物の道体も工夫も尽きている。あれでもう不足はないが、この章を出したのはどうしたことかと言うと、これからはあのことを手軽く説く手段を言ったもの。それと言うもの学者が致知格物は済んだ顔をしているが、済んでいないからである。そこで手軽く言って合点させる。しかしそれは道理が手軽いということではなく、言い様が手軽いので臍落ちがするということ。そうすると先日の或問の方も済む。○「彼我相対而言」は、或問にも「心与理而已」とあり、心は我、理は物にある。そこでここが天下の理をこちらと向かい合ってすることを言う。我は丁度自分の眼の明らかなことで、彼は向こうの提灯の様なもの。それが眼ばかりでは、提灯がなくてはならない。提灯がないと溝に落ちる。また、提灯があっても鳥目では役に立たない。そこで、格物致知はこちらの心と向こうの物ですることなのである。向こうの物を借りなければならない。一寸儒釈の弁もここにあり、達磨の面壁は向こうを借りない手段。こちらは向こうを粗末にしない。能書と言っても筆を借りず、ただ心ばかりでは能書にはならない。皆相手がある。
【語釈】
・心與理而已…大学或問

○挌物所以致知。於這一物上窮得一分之理、即我之知亦知得一分。向の物に致るとこちの知があく。これは何のために世話なうるさいことと云に、それを向の物と思ふな。それでこちの胸が明るくなるぞ。這の一物上がどふも黄蓮の苦いと熊膽の苦いが一つにならぬ。本草にも二た色になっておれば、どちも苦いとて同様には使はれぬと云へば、それだけこちがすむぞ。これが押されぬことで、二分窮れば二分だけの知惠が明くなり。○於物之理窮得愈多、而則我之知愈廣。いよいよ廣が同じ利口でも世の中を渡ったと渡らぬとは經歴で違う。上総などても初て江戸へ出たものと度々出たものは違ふと云も、初て出た者は向の理を窮めぬからなり。そこて蓋の不審紙が多い。得手見附などて立て通れと云はれるがある。けしからぬことで、役にもたたぬことに挌物がある。栄次も江戸市井の駕篭舁のことはしるまい。半象やら雉子橋やらから駕篭は通さぬと云処ある。吾知ては知れぬことなり。向のことなり。
【解説】
「格物所以致知。於這一物上窮得一分之理、即我之知亦知得一分。於物之理窮二分、即我之知亦知得二分。於物之理窮得愈多、則我之知愈廣」の説明。向こうの物に格ると自分の知が明く。知は一度に明くものではなく、二分窮まれば二分だけの知恵が明く。
【通釈】
○「格物所以致知。於這一物上窮得一分之理、即我之知亦知得一分」。向こうの物に致るとこちらの知が明く。これは何のために世話をするのか、煩いことだと言うが、それを向こうの物と思ってはならない。それでこちらの胸が明るくなるのである。「這一物上」。どうも黄蓮の苦いのと熊肝の苦いのが一つにならない。本草にも二色になっているのだから、どちらも苦いとしても同様には使えないと言えば、それだけこちらが済む。これが強いることのできないことで、二分窮まれば二分だけの知恵が明く。○「於物之理窮得愈多、則我之知愈広」。「愈広」が、同じ利口でも、世の中を渡ったのと渡らないのとでは経歴で違う。上総などでも初めて江戸へ出た者と度々出ている者とは違うと言うのも、初めて出た者は向こうの理を窮めていないからである。そこで蓋の不審紙が多い。よく見附などて立って通れと言われる者がいる。それはけしからぬことで、役にも立たないことに格物がある。栄次も江戸市井の駕篭舁きのことは知らないだろう。半象やら雉子橋やらに駕篭は通さないという処がある。それは自分の知だけでは知れないこと。向こうのことである。
【語釈】
・不審紙…書物中の不審な所に、しるしとして貼る紙。
・栄次…

○其実只是一理。才明彼、即暁此。向とこちは二つなれども、胸のあくときは同ことぞ。彼我ゆへ向を案ずるなれども、母親が子供が無事に江戸に着たと云とこちがあく。上手の医者がさはがぬと云も向が明なゆへで、大膽と云ことではない。昨日から食はぬと云ても何とも思はぬ。さとると靜なものなり。○所以大学説致知在挌物、又不説欲致其知者在格其物。欲者は々々々と云も二つものゆへ云。致知挌物の処に欲の字のないは、二つものでないゆへぞ。○蓋致知便在挌物中、非挌之外別有致處。挌物で心のあくが、これらは端的のことにて、字彙を引は挌物。それで訳の知れるは致知なり。
【解説】
「其實只是一理。才明彼、即曉此。所以大學説致知在格物、又不説欲致其知者在格其物。蓋致知便在格物中、非格之外別有致處也」の説明。物を明に知ると彼我の理が一つになる。致知は格物の内にある。
【通釈】
○「其実只是一理。才明彼、即曉此」。向こうとこちらは二つだが、胸の明く時は同じこと。彼我なので向こうを案ずるが、母親が、子供が無事に江戸に着いたと聞くとこちらの胸が明く。上手な医者が騒がないのも向こうが明だからで、大胆ということではない。昨日から食わないと言われても何とも思わない。悟ると静かなもの。○「所以大学説致知在格物、又不説欲致其知者在格其物」。欲者はと言うのも二つものだからである。致知格物の処に欲の字がないのは、二つものでないからである。○「蓋致知便在格物中、非格之外別有致処」。格物で心が明く。これ等は端的なことで、字彙を引くのは格物。それで訳が知れるのは致知である。


致知格物只是一事條
60
致知格物、只是一事。非是今日格物、明日又致知。格物以理言、致知以心言。百二十。
【読み】
知を致して物に格る、只是れ一事。是れ今日物に格り、明日又知に致るに非ず。物に格るに理を以て言い、知を致すに心を以て言う。百二十。

只今上の條で手軽く云と云がこれなり。語類のあの多い語の中で、直方の手軽い斗りを拔て出されたが、編集に大ぶ手段あることぞ。只是一事は、致知挌物二つなれども、物に挌るとこちの知が至る。直方の、飯を食と直にひだるいがやむなり。飯は向ふで、ひだるいのやむはこちなり。只是一事なり。○非是今日挌物、明日又致知。今日挌物明日致知と云やうなことはない。挌るか早いか、ここは互に挌なり。○挌物以理言、致知以心言。挌物は向の理、致知はこちの心。そこて物に致るは天下之物無不有理。その理をきはめるとこちの心が明になる。さてもよふすんだぞ。
【解説】
致知格物は二つだが、物に格るとこちらの知が至るので「只是一事」と言う。格物と致知は同時である。物には理があり、その理を窮めると自分の心が明になる。
【通釈】
只今上の条で手軽く言うと言ったのがこれ。語類のあの多い語の中で、直方が手軽いものばかりを抜いて出されたのが、編集に大分手段のあること。「只是一事」は、致知格物は二つだが、物に格るとこちらの知が至る。直方が、飯を食うと直に空腹が止むと言った。飯は向こうで、空腹が止むのはこちらのこと。只是一事である。○「非是今日格物、明日又致知」。今日格物で明日致知という様なことはない。格るのが早いが、ここは互いに格である。○「格物以理言、致知以心言」。格物は向こうの理、致知はこちらの心。そこで物に格るのは「天下之物莫不有理」で、その理を窮めるとこちらの心が明になる。実によく済む。
【語釈】
・天下之物無不有理…大学章句5補伝。「蓋人心之靈、莫不有知、而天下之物、莫不有理」。


黄去私問致知挌物條
61
黄去私問致知格物。曰、致字有推出之意、前輩用致字、多如此。人誰無知。爲子知孝、爲父知慈。只是知不盡、須是要知得透底。且如一穴之光、也喚做光、然逐旋開剗得大、則其光愈大。物皆有理、人亦知其理、如當慈孝之類、只是格不盡。但物格於彼、則知盡於此矣。十五。
【読み】
黄去私知を致し物に格るを問う。曰く、致の字は推出すの意有り、前輩致の字を用いる、多く此の如し。人誰か知無き。子爲るは孝を知り、父爲るは慈を知る。只是の知盡きず、須く是れ透底を知り得るを要すべし。且つ一穴の光の如きも、也た光と喚び做し、然るに逐旋開剗し得て大なれば、則ち其の光愈々大なり。物皆理有り、人亦其の理を知るは、當に慈孝なるべきの類の如く、只是の格盡きず。但物彼に格れば、則ち知此に盡きるなり。十五。

曰、致字有推出之意、前輩用致字、多如此。知と云ものも推出すと云はとふなれば、物をふき込むと光りが出るもの。茶道具でも鍔でもそれぞ。推出すがだん々々それからそれへ出す。この分ではすむまいと云てする。そこでこれが向へ推すと云文義ではない。迂斎の、ちひさひものをひろげるやうなものと云。先軰用致字多如此が、これらがどふも某老衰に及だ処で、覚へて居らぬぞ。なんでも先軰の字は四子六經の圣賢を云でなく、其後の諸先生を云字なり。されども古人と云意に見れば、圣賢のことなり。○人誰無知。爲子知孝、爲父知慈。只是知不盡。人間の有難さに知もあれども、知りやふがつきぬ。斯ふ云ことはせまいとは誰も知って、孟子の穿踰することなきの心を云ふはそこなり。それが何ぞて、我勝手にわるくあぶなくなるとそうない。穿踰はかへって片がつけども、これはつい好色に引かれ、借りた金を返さぬ。そこで知が尽ぬと穿踰と同格に並ぶぞ。楊亀山ゆるやかな人なれども、学者が非義せぬを学者と思が、それは只の人で云ことと云。それは非義や穿踰はせまいが、至善へつまるやふなことはない。直方の未發の間夫と云。今密夫ではないが、窓から見ている処にはやある。それも此方が知尽ぬからぞ。
【解説】
「黄去私問致知格物。曰、致字有推出之意、前輩用致字、多如此。人誰無知。爲子知孝、爲父知慈。只是知不盡、須是要知得透底」の説明。「推出」は推し広げるの意であり、向こうへ推すということではない。人は知がないわけではなく、知を尽くしていないのである。それで穿踰と同格となる。
【通釈】
「曰、致字有推出之意、前輩用致字、多如此」。知を推し出すとはどういうことかと言うと、物を拭き込むと光りが出るもの。茶道具でも鍔でもそれ。推し出すというのが段々それからそれへと出すこと。この分では済まないと言ってする。そこでこれが向こうへ推すという文義ではない。迂斎が、小さいものを広げる様なものだと言った。「先輩用致字多如此」が、これ等がどうも私が老衰に及んだ処で、覚えていないこと。何でも先輩の字は四子六経の聖賢を言ったものではなく、その後の諸先生を言った字である。しかし、古人という意に見れば、聖賢のことである。○「人誰無知。為子知孝、為父知慈。只是知不尽」。人間の有難さで知もあるが、知り様が尽きない。この様には言わない様にしようとは誰もが知っているが、それができない。孟子が「無穿踰之心」と言うのはそこ。それが何処かで、自分勝手に悪く危なくなるとそうではない。穿踰は却って片が付くが、これではつい好色に引かれ、借りた金を返さない。そこで知が尽きないと穿踰と同格に並ぶ。楊亀山は穏やかな人だったが、学者が非義をしないのを学者だと思っているが、それはただの人に対して言うことだと言った。非義や穿踰はしないだろうが、至善へ詰まる様なことはない。直方が未発の間男だと言った。今は密夫ではないが、窓から見ている処に早それがある。それも自分の知が尽きないからである。
【語釈】
・穿踰…孟子尽心章句下31。「孟子曰、人皆有所不忍、達之於其所忍、仁也。人皆有所不爲、達之於其所爲、義也。人能充無欲害人之心、而仁不可勝用也。人能充無穿踰之心、而義不可勝用也。人能充無受爾汝之實、無所往而不爲義也。士未可以言而言、是以言餂之也。可以言而不言、是以不言餂之也。是皆穿踰之類也」。

○且如一穴之光、也喚做光、然逐旋開剗得大、則其光愈大。一穴の光は某が戸の透きなり。茶漬の時は戸をはずさ子ばならぬ。されども一穴の光と開剗の光がよのものではない。只推出さぬからぞ。浅見先生、中間んも知ると云。孔孟は其光愈大の知惠なり。王陽明が我胸をたたひてこち々々と云て居ても開剗せぬ。開剗は物にある理をひろげることなり。○物皆有理、人亦知其理、如當慈孝之類、只是挌不盡。但物挌於彼、則知尽於此矣。そふなければ万物備於我が役にたたぬ。佛のをどしを云やふなことでない。萬物をすますものを我に得てをる。されとも子は孝行の脩行がなく、□は子のかはゆいを知て教やうを知らぬ。某ここにきたとき江戸でかわゆいでない、にくいじゃと云上瑠理がはやりた。あれは尤な句なり。教子以義方と云がほんのかわゆいのぞ。子を愛する慈に脩行のあることぞ。そこで向に挌らぬ内は孝慈も尽ぬ。親は親、子は子で一々すると、知盡於此矣なり。
【解説】
「且如一穴之光、也喚做光、然逐旋開剗得大、則其光愈大。物皆有理、人亦知其理、如當慈孝之類、只是格不盡。但物格於彼、則知盡於此矣」の説明。知を推し出さないと一穴の光だが、孔孟は「其光愈大」である。また、物には皆理があり、そこで子には孝行の修行があり、親には慈の修行がある。個々にそれをすれば「知尽於此」である。
【通釈】
○「且如一穴之光、也喚做光、然逐旋開剗得大、則其光愈大」。一穴の光は私の戸の透間である。茶漬の時は戸を外さなければならない。しかし、一穴の光と開剗の光は違うものではない。ただ推し出さないから一穴なのである。浅見先生が、中間も知ると言った。孔孟は「其光愈大」の知恵である。王陽明が自分の胸を叩いてこちらだと言っていても開剗はしない。開剗は物にある理を広げること。○「物皆有理、人亦知其理、如当慈孝之類、只是格不尽。但物格於彼、則知尽於此矣」。そうでなければ「万物備於我」が役に立たない。仏が脅しを言う様なことではない。万物を済ますものを自分に得ている。しかし、子は孝行の修行がなく、親は子の可愛いことを知っているが、教え様を知らない。私がここに来た時、江戸で可愛いではない、悪いのだという浄瑠璃が流行った。あれは尤もな句である。「教子以義方」が本当の可愛いということ。子を愛する慈にも修行がある。そこで向こうに格らない内は孝慈も尽きない。親は親、子は子で一々すると、「知尽於此矣」である。
【語釈】
・万物備於我…孟子尽心章句上4。「孟子曰、萬物皆備於我矣。反身而誠、樂莫大焉。強恕而行、求仁莫近焉」。
・教子以義方…小学内篇稽古。「臣聞愛子敎之以義方、弗納於邪」。


知便要知得極條
62
知、便要知得極。致知、是推致到極處、窮究徹底、眞見得決定如此。程子説虎傷人之譬、甚好。如這一箇物、四陲四角皆知得盡、前頭更無去處、外靣更無去處、方始是格到那物極處。十八。
【読み】
知は便ち知り得極むを要す。知を致すは、是れ推致して極處に到り、徹底を窮究し、眞に決定此の如きを見得。程子虎人を傷るの譬を説く、甚だ好し。這の一箇の物の如く、四陲四角皆知得盡し、前頭更に去く處無く、外靣更に去く處無き、方に始めて是れ那の物の極むる處に格到す。十八。

ずんとあらい章どもなれども、直方の並べやふがよい。爰はどこを知を極ると云ことを前に見せずに心地のことを云ひ、眞見得决定如此。迂斎の、眞知は世の中をわたりくらへて今そしることなり。經歴したは違ふもの。医者も医書を見たと療治で覚たとは違うぞ。誰かが云た。医者が此病氣とかく言ことをきかぬと云た、と。面白い口上なり。医書の通りに病が言ことを利かぬ。されどもそれも眞に療治をしらず、熟もせぬからなり。○程子説虎傷人之譬、甚好。近思致知篇にも載てあるが、誰も虎のこはいを知れども、かまれた者は違う。先つはこの邉の蝮なり。某など知らぬではないが、三十日もあれて病ふた人はこわいをよくしる。病犬もそれぞ。それに合はぬ人とは違う。
【解説】
「知、便要知得極。致知、是推致到極處、窮究徹底、眞見得決定如此。程子説虎傷人之譬、甚好」の説明。経験した人は違うもの。虎が恐いことは誰もが知っているが、咬まれた人は、咬まれたことのない人よりも虎の恐さを知っている。
【通釈】
かなり粗い章だが、直方の並べ様がよい。ここは何処に知を極めるということを前に見せずに心地のことを言い、「真見得決定如此」。迂斎が、真知は世の中を渡り比べて今ぞ知ることだと言った。経歴をした者は違うもの。医者も医書を見たのと療治で覚えたのとは違う。誰かが言った。医者がこの病気はとかく言うことを聞かないと言った、と。面白い口上である。医書の通りに病が言うことを聞かない。しかし、それも真に療治を知らず、熟しもしないからである。○「程子説虎傷人之譬、甚好」。近思致知篇にも載せてあるが、誰でも虎が恐いことは知っているが、咬まれた者は違う。先ずはこの辺の蝮である。私なども知らないのではないが、三十日もあれで病んだ人は恐いことをよく知っている。病犬もそれ。それに合わない人とは違う。
【語釈】
・世の中をわたりくらへて今そしる…道歌。「世の中をわたりくらべて今ぞ知る阿波の鳴門は波風ぞなき」。
・近思致知篇…近思録出処25。「昔曾經傷於虎者。他人語虎、則雖三尺童子、皆知虎之可畏、終不似曾經傷者神色懾懼、至誠畏之。是實見得也」。

○如這一箇物、四陲四角皆知得尽。四陲四角と、只同ことを重子て云たことでなし。四角は碁盤の四角、四陲は碁盤のまわりのやふなものなり。京都なら、四角、洛中の東西南北。四陲は洛外迠知るのぞ。無去處。前頭外靣にもふいろいやふのないなり。至善に止るを無去處と云。程子の往けは則妄なりと云が無去處のこと。そこで手を付けるななり。髪の出来あがりたやうなもの。そこへ最ふ一つ櫛を入るとわるい。挌物が尽るとそれで手はつけぬ。黒星へ入たなり。王蠋が忠臣は不仕二君と云上にもふ外にはない。又聞に行ても忠臣不仕二君と云。孟子の世子疑我言かなり。別にはない。令女が鼻も二夫にふれぬゆへのこと。無去處ぞ。百姓が出入の内済によって、其相談が吸物でも吸う時になると又違う。だたい出入が人の命にかかるとも、ほんの公訴せ子ばならぬことは内済はないはづ。ぎり々々に去處はないものぞ。去處は挌物が丁どに行たなり。金は金、木は木と知たこと。その上はないはづ。それがにぶくなるもの。熟がなければならぬ。さて此章迠できはむると云ことはすんで、この次の章は挌物の挌る姿を見せるなり。
【解説】
「如這一箇物、四陲四角皆知得盡、前頭更無去處、外靣更無去處、方始是格到那物極處」の説明。「無去処」は至善に止まること。そこで手を付けては悪くなる。至極になれば去処はない筈である。
【通釈】
○「如這一箇物、四陲四角皆知得尽」。四陲四角と、ただ同じことを重ねて言ったのではない。四角は碁盤の四角で、四陲は碁盤の周りの様なもの。京都なら、四角は洛中の東西南北を、四陲は洛外までを知ること。「無去処」。「前頭外面」にもう世話をすることはない。至善に止まることを無去処と言う。程子の「往則妄也」と言うのが無去処のこと。そこで、手を付けてはならない。髪の出来上った様なもの。そこへもう一つ櫛を入れると悪い。格物が尽きるとそれで手は付けない。黒星へ入ったのである。王蠋が「忠臣不事二君」と言う上に外は何もない。また、聞きに行っても忠臣不事二君と言うだけ。孟子の「世子疑吾言乎」と同じである。別にはない。令女が鼻を切ったのも二夫に嫁がないためのこと。これが無去処である。百姓が揉め事を内済で済ます。その相談が吸物のことだとしても、吸う時になるとまた違って来る。そもそも揉め事が人の命に関わるとしても、本当の公訴をしなければならないのであれば内済はない筈。ぎりぎりに去処はないもの。無去処は格物が丁度に行ったところ。金は金、木は木と知ったこと。その上はない筈。それが鈍くなるもの。熟がなければならない。さてこの章まで極めるということは済んで、この次の章では格物の格る姿を見せる。
【語釈】
・いろい…綺ひ。弄ひ。かかわり合うこと。干渉。世話。取扱い。
・往けは則妄なり…近思録為学8。「既已無妄、不宜有往。往則妄也」。
・黒星…的の中央にある黒点。的のまんなか。ねらった所。物事の急所。図星。
・忠臣は不仕二君…小学内篇明倫。「王蠋曰、忠臣不事二君、列女不更二夫」。
・世子疑我言…孟子滕文公章句上1。「孟子道性善、言必稱堯舜。世子自楚反、復見孟子。孟子曰、世子疑吾言乎。夫道一而已矣」。
・令女が鼻…小学内篇善行。「令女聞即復以刀截兩耳居止常依爽。…令女於是竊入寢室以刀斷鼻蒙被而臥」。資治通鑑。「爽從弟文叔妻夏侯令女、早寡而無子、其父文寧欲嫁之。令女刀截兩耳以自誓、居常依爽。爽誅、其家上書絶昏、強迎以歸、復將嫁之。令女竊入寢室、引刀自斷其鼻、其家驚惋」。
・内済…表ざたにしないで内々で事を済ますこと。訴訟に持ちこまずに談合和解すること。


致知挌物十事條
63
致知格物、十事格得九事通透、一事未通透不妨。一事只格得九分、一分不透、最不可。凡事不可著箇且字。且字、其病甚多。十五下同。
【読み】
知を致し物に格る、十事の九事に格り得て通透し、一事未だ通透せざるも妨げず。一事の只だ九分に格り得て、一分に透らざる、最も可ならず。凡そ事に箇の且の字を著す可からず。且の字、其の病甚だ多し。十五下同。

致知挌物、十事挌得九事未通透不妨。十の事が九つ迠大学の通りにきまりて、最早曽子の前をも耻かしくないと云やふになりた時なり。そこで今一つの事の通透せぬはかまはぬことなり。玉講附録に孔子由誨知之乎のこと。知の知たるを載て、あれが大事□妙処ある語なり。○一事只挌得九分不透最不可。大抵に間に合と云が致知の致の字、挌物の致の字に禁物ぞ。十事の内に一事しらぬは妨げぬが、九分九厘の一分は見のがしならぬ。この位いはと云て見のがしするものなれども、それがさん々々なり。学者皆それなり。四書の講釈も皆なりて、ぎり々々の処は皆すまぬ。大名の儒者役がそふで、どこも間に合へばそれて置く。三綱領から皆よむが役にたたぬ。大全者が注も皆あれども、一つもきまりたことは少し。ただかたを合せてとをふすので、どこもすまぬぞ。
【解説】
「致知格物、十事格得九事通透、一事未通透不妨。一事只格得九分、一分不透、最不可」の説明。十の内の九が通透して残りの一つが通透しないのは構わないが、一事の中で九分が通透して一分が通らないのは悪い。まあそれで間に合うとするのが悪い。
【通釈】
「致知格物、十事格得九事通透、一事未通透不妨」。十の事が九つまで大学の通りに決まり、最早曾子の前でも恥ずかしくないという様になった時のこと。そこで今一つの事が通透しないのは構わない。これが玉講附録にある「孔子由誨知之乎」のこと。知の知たることを載せてあり、あれが大事な妙処のある語である。○「一事只格得九分、一分不透、不可」。大抵は間に合うというのが致知の致の字や格物の格の字には禁物である。十事の内で一事を知らないのは妨げないが、九分九厘の一分は見逃しにはできない。この位いはと言って見逃しにするものだが、それが散々なこと。学者が皆それである。四書の講釈も皆形だけで、至極の処は皆済まない。大名の儒者役がそうで、何処も間に合えばそれで終える。三綱領から皆読むが役に立たない。大全者の注も皆あるが、決まったことは少しである。ただ形を合わせて通すので、何処も済まない。
【語釈】
・孔子由誨知之乎…

そこで一分不透が、あの人も小学六藝の注の吟味はよくないか外はよいと云はよけれども、六藝の吟味がかかったとき、まあこの位でよいと云はわるい。六藝に盗人筭と云がある。はきとないことを云。今市井でこちつけると云ことを云が、得ぬことを押付てとをすのぞ。それがわるい。可笑もないことを笑って仕舞があるぞ。大ふ前方なことなれども、成東の武兵衛が、爰が筆記がないゆへ読まれぬと云は上から押つけただけ拙さは拙けれどもまだよい方なり。すまぬにすんだにするはさん々々なことなり。不知爲不知の方なり。末書の内でよいぶんで蒙引や存義なれども、いかいこと説ありて一つもはきとしたことはない。又日本の俚諺じゃの、詳解のと云假名筆記が暦のやうに書てあれども、入ることはすくないなり。あたまで九分九厘以上でないからなり。
【解説】
自分が得ていないのを押し付けて通すのは悪い。書も、蒙引や存義に多くの説があり、俚諺や詳解なども多くあるが、どれもはっきりとしていないのは九分九厘以上でないからである。
【通釈】
そこで、あの人も小学六芸の注の吟味はよくないが外はよいというのはよいが、「一分不透」で、六芸の吟味が掛かった時、まあこの位でよいと言うのは悪い。六芸に盗人算ということがある。はっきりしとないことを言う。今市井でこじつけると言うが、得ないことを押し付けて通すのである。それが悪い。可笑くもないことを笑って済ますことがある。これは大分未熟なことだが、成東の武兵衛が、ここは筆記がないので読めないと言ったのは上から押し付けただけ拙いには拙いが、まだよい方である。済まないのに済んだことにするのは散々なこと。「不知為不知」の方である。末書の内でよい方なのは蒙引や存義だが、大層説があっても一つもはっきりとしたことはない。また、日本では俚諺や詳解という仮名筆記が暦の様に書いてあるが、要ることは少ない。最初から九分九厘以上でないからである。
【語釈】
・盗人筭…盗人が布を分けるときの一人当りの反(タン)数と過不足を知って、盗人の数と総反数とを求める問題。中国の「孫子算経」(3~4世紀)に始まる。
・武兵衛…安井武兵衛。上総八子の一人。宝永三年(1706)生れ。天明元年(1781)11月11日75歳にて没。始め和田義丹に学び、後迂斎に師事した。
・不知爲不知…論語為政17。「子曰、由、誨女知之乎。知之爲知之、不知爲不知、是知也」。

○凡事不可著个且字。且字、其病甚多。まあと云字をつけぬことぞ。致知挌物は物に挌ると云こと。致の字、推出之意と云で徹底へきめることなり。それかまあてはすまぬ。道具屋がよくまあと云。眞筆でないものを云。その外茶碗でも、あれらかきまらぬものをまあなり。又通りますと云ことを云。本んのでなけれども、それてもまあ通用し賣れると云ことなり。謂小川氏曰、順斉はなるほど謹み深いことで、先き達て彼の雪舟の書なり。順斉は貴様が帰りてもわるく云はずに、手薄いやふに見へますと云た。いかさま眞の雪舟なればぞっとするほとのものなり。
【解説】
「凡事不可著箇且字。且字、其病甚多」の説明。道具屋が偽物をまあと言って通す。まあと言うのが悪い。
【通釈】
○「凡事不可著箇且字。且字、其病甚多」。まあという字を付けてはならない。致知格物は物に格るということ。致の字は推し出すの意で、徹底へ決めること。それがまあでは済まない。道具屋がよくまあと言う。真筆でないものを言う。その外茶碗でも、あれ等が決まらないものをまあと言う。また、通りますと言う。本物ではないが、それでもまあ通用し売れるということである。小川氏に言った。順斎はなるほど謹み深い人で、先達てのあの雪舟の書のことである。順斎は貴方が帰っても悪く言わずに、手薄い様に見えますと言った。いかにも真の雪舟であればぞっとするほどのもの。
【語釈】
・小川…小川省義。幼名は磯次郎、興十郎。上総山辺郡東士川村人。文化11年6月21日没。81才。黙斎の孤松全稿を買う。
・順斉…中野順斎。丸亀藩士。名は教之。


挌物云者條
64
格物云者、要窮到九分九釐以上、方是格。
【読み】
物に格ると云は、九分九釐以上窮め到るを要す、方に是れ格るなり。

挌物と云者、要窮到九分九厘以上、方是挌。やはり上の段と同ことなり。挌物は九分九厘以上につめ子ばならぬ。この病氣に酒は毒と云に、氣なくさめに小はと自恕の門をひらく。直方の砒礵班猫ばかりは窮めだと云。それゆへ誰ても、あれを少しはよかろふと云になめ手はない。浅見先生の説に、手前の屋鋪で東西南北を知たと云。道中ては日が出るゆへ東、日が入るゆへ西と云へども、はっきりとないものぞ。我屋鋪の方角ははっきとする。其通りきはめると丈夫なり。直方の、小学の明倫明はくらやみても探りそこなはぬと云。瞽叟がやふな親があるとなんぼ親でもと云ひ、君にも無理があるとなんぼ君でもと云は、探りそこな□なり。明の字甲斐ないのなり。さてこの手軽い章ともをこの間の或問の小書にして見ればよい。それが爰の見やふなり。先日の或問は療治の全体を云、今日のは藥の剤法や目方のやふなもの。それを心安く心得ると匕がまわらぬものなり。これ迠で精義はすむぞ。
【解説】
格物は九分九厘以上に詰めなければならない。酒はこの病気には毒だと言われても、気慰めに飲もうとするが、砒礵班猫であれば誰も飲もうとはしない。
【通釈】
「格物云者、要窮到九分九厘以上、方是格」。やはり上の段と同じこと。格物は九分九厘以上に詰めなければならない。この病気に酒は毒と言うのに、気慰めに少しはと自恕の門を開く。直方が、砒礵班猫だけは窮まったものだと言った。そこで誰でも、あれを少しはよいだろうと言っても舐める者はいない。浅見先生の説に、自分の屋敷で東西南北を知ったと言う。道中ては日が出るので東、日が入るので西と言うが、はっきりとしないもの。自分の屋敷の方角ははっきりとする。その通りに窮めると丈夫である。直方が、小学の明倫の明は暗闇でも探り損なわないと言った。瞽叟の様な親がいると、なんぼ親でもと言い、君にも無理があると、なんぼ君でもと言うのは探り損ないである。明の字が甲斐ないのである。さてこの手軽い章をこの間の或問の小書きにして見るのがよい。それがここの見方である。先日の或問は療治の全体を言い、今日のは薬の剤法や目方の様なもの。それを心安く心得ると匙が回らないもの。これまでで精義は済む。


問事各有理條
65
問、事各有理、而理各有至當十分處。今看得七八分、只做到七八分處、上面欠了分數。莫是窮來窮去、做來做去久而且熟、自能長進到十分否。曰、雖未能從容、只是熟後便自會從容。再三詠一熟字。百十七。
【読み】
問う、事各々理有りて、理各々至當十分の處有り。今七八分を看得て、只七八分の處に做し到り、上面分數を欠了す。是れ窮來窮去、做來做去久しくして且つ熟し、自ら能く長進し十分に到ること莫きや否や。曰く、未だ從容なること能わずと雖も、只是れ熟する後便に自ら從容を會す。再三一の熟の字を詠ず。百十七。

問、事各有理、而理各有至當十分處。これからは積熟になって参る。これ迠で立志存養精義がすんで、これからは習慣積熟でなければならぬ。それでなければいくら結構なことでも手に入らぬ。手に入らぬと借りものになる。今日の学者は助言云はれて將棊に勝やふなもの。あはれなこと。我に得たことはない。熟があれば助言が吾ものゆへ、今度助言ないときも勝ぞ。さてこの編集にはいろ々々深味あることぞ。これから熟を云て、さて積熟がないと俗儒になることを下の答呂子約書に云ひ、それがもと周程などを信ぜぬからのこと。そこは又下の三先生の祠記にある。鞭策録よむと学問取ちがへることはない。然るに今の学者さても笑止なこと、そこを知らぬ。そこで学問の仕方を段々周程などてのべて好学論へ落すなり。さすれば祠記て周程を出したはとと爰と周程てきめて好学論でとめたものぞ。さて々々くわしい並べやうなり。然れば今日これをよみ、学問取りちがへまじき□□。好学論へ行くが大切なあやで、それまでの習熟□内□初手の立志へ出るほどなことがあるも熟の箇條になる。某が四書或問抄畧の秡に書た通、つまり初手の存養と警戒へ落ることなり。この訳もちと先きの條ともへ行とだん々々そふ落ることあり、ここは某先づ初へ斯ふ断ってをくなり。時にこの事も物も同こと。物猶事で、挌物を云ことなり。至當のぎり々々へやるが挌の字。そこへやることぞ。然るにそこを七八分見ると七八分だけ参る。それがこちだけのものぞ。
【解説】
「問、事各有理、而理各有至當十分處。今看得七八分、只做到七八分處」の説明。これからが習慣積熟のことであり、積熟がないと俗儒になるが、それは周程を信じないからだと言い、最後に好学論へと落とす。手に入らなければ借り物である。七八分の格物があれば七八分だけ自分だけのものとなる。
【通釈】
「問、事各有理、而理各有至当十分処」。これからは積熟になって来る。これまでで立志存養精義が済み、これからは習慣積熟でなければならない。それでなければいくら結構なことでも手に入らない。手に入らなければ借り物になる。今日の学者は助言を言われて将棋に勝つ様なもの。それは哀れなこと。自分に得ることがない。熟があれば助言が自分のものになるので、今度助言のない時でも勝つ。さてこの編集には色々と深味のあること。これから熟を言い、さて積熟がないと俗儒になることを下の答呂子約書に言い、その原因は周程などを信じないからだと、それをまた下の三先生の祠記に載せた。鞭策録を読むと学問を取り違えることはない。それなのに今の学者は実に笑止なことで、そこを知らない。そこで学問の仕方を周程などで段々と述べて好学論へ落とす。そこで、祠記で周程を出したのは、つまりはここのことだと周程で決めて好学論で止めたもの。実に詳しい並べ様である。そこで、今日これを読み、学問を取り違えない様にしなければならない。好学論へ行くのが大切な綾で、それまでの習熟□内□初手の立志へ出るほどのことがあるのも熟の箇条になること。私が四書或問抄略の抜に書いた通り、つまりは初手の存養と警戒へ落ちること。この意味も一寸先の条などへ行くと段々とわかることがあり、先ずはここで初めにこの様に断って置く。時に事は物と同じこと。「物猶事」で、格物を言ったこと。「至当」の至極へ遣るのが格の字である。そこへ遣ること。そこを七八分見ると七八分だけ参る。それが自分だけのものになる。
【語釈】
・物猶事…大学章句1集註。「格、至也。物、猶事也」。

上面欠了分數。莫是窮來窮去、做來做去久而且熟、自能長進到十分否。七八分へ知見とどいて喜しいと見るとまた足りぬものが出來て來たなり。七八分なら能さそふなものに、二分足りぬと云ことあり、丁どよい料理の湯のぬるいやふなもの。其ぬるいで初手の肴などの胸がわるくなる。軽ひものの羽二重と大名の羽二重のやふなもの。なぜなれば、分数が違う。長作が羽二重は君候の細い蝶にはならぬ。迂斉、土井候より拜領の羽二重を某もらい、羽織にせふとして襟をたすに、其通りの羽二重を呉服屋を尋るに江戸中になかった。知惠もその通りぞ。羽二重とて自慢はならぬ。あとの二分とは云はれぬ。この分數がむつかしいぞ。答張敬夫書の弓の臨滿なり。さてこれを問た弟子は知た人なり。ここを段々久□□□□熟して自吾知らずにゆくかとなり。迂斉の弓かへりと云。たっふりとこふ引てと云迠は稽古もなるが、弓かへりの稽古はない。熟の上で弓がへりするぞ。
【解説】
「上面欠了分數。莫是窮來窮去、做來做去久而且熟、自能長進到十分否」の説明。七八分に知見が届いても、まだ二三分が足りない。その不足は熟によって達せられるのかと弟子が問うた。
【通釈】
「上面欠了分数。莫是窮来窮去、做来做去久而且熟、自能長進到十分否」。七八分に知見が届いて嬉しいと見るとまた足りないものができて来た。七八分ならよさそうなものだが、二分足りないということがあり、それは丁度よい料理で湯が温い様なもの。その温いことで初手の肴なども胸が悪くなる。軽い者の羽二重と大名の羽二重の様なもの。それは何故かと言うと、分数が違う。長作の羽二重の紋は君侯の細い蝶にはならない。迂斎が土井侯から拝領した羽二重を私が貰い、それを羽織にしようとして襟を足すために、同じ羽二重を求めて呉服屋を尋ねたが江戸中になかった。知恵もその通りのこと。羽二重と言っても自慢はならない。後の二分がない。この分数が難しい。答張敬夫書の弓の臨満である。さてこれを問うた弟子は知った人である。ここを段々と久しく熟すことで自ら知らずにうまく行くのかと聞いた。迂斎がこれを弓返りだと言った。たっぷり引いてというところまでは稽古もできるが、弓返りの稽古はない。熟の上で弓返りをする。
【語釈】
・長作…山田華陽斎。名は記思。通称は長作、黒水。館林藩士。1773~1832

○曰、雖未能從容、只是熟後便自會從容。再三詠一熟字。この答は朱子の何ぞまだあったことに思はるる。これはよい問ゆへ、朱子も至極じゃとあるはづぞ。向の問にここで從容と出したはがりが朱子なり。從容は熟の惣名なり。それを從容中礼は垩人のことと云とここへ塵がつく。学者の從容を會すと云ことが問手の自能長進の自と同じ塲を朱子の云はるることぞ。さて語類と文集を並べて云ときに、文集は御手ゆへよくて深いこともあれども、語類は又こんなことあるで却てよいぞ。この詠すと云ことは本と歌ふこと。それがこんな時出たは熟を感心の餘りのこと。尹彦明が心廣体胖を吟すと同ことなり。迂斉の澤一がことを出してあるが、澤一が圣賢のことも思ひなれるがよいと云。臑からもみ出したものぞ。学者が圣賢を望むは雪と墨のことなれども、思いなれるは圣賢とても仁義、我も仁義。又圣賢も喜怒ある、我も喜怒あると云て思いなれるといろ々々近くなる。どふして初手から天窓の兀るやふはない。思い馴れると云字から熟へゆくなり。
【解説】
「曰、雖未能從容、只是熟後便自會從容。再三詠一熟字」の説明。問いがよいので、朱子も熟だと答えた。思い馴れれば熟して聖賢へと近付く。
【通釈】
○「曰、雖未能従容、只是熟後便自会従容。再三詠一熟字」。この答えは、朱子には何かまだあったものと思われるが、これはよい問いなので、朱子も至極だと言う筈である。向こうの問いにここで従容とだけ出すのが朱子である。従容は熟の総名である。そこを「従容中道」は聖人のことだと言うとここへ塵が付く。学者に「会従容」と言うのが、問い手の「自能長進」の自と同じ場で朱子が言われたもの。さて語類と文集を並べて言う時に、文集は自ら書いたのでよくて深いこともあるが、語類もまたこの様なことがあるので却ってよい。この「詠」は本は歌うこと。それがこんな時に出たのは熟を感心した余りのこと。尹彦明が心広体胖を吟じるのと同じこと。迂斎が沢一のことを出しているが、沢一が聖賢のことも思い馴れるのがよいと言った。これが臑から揉み出したもの。学者が聖賢を望むのは雪と墨だが、思い馴れれば聖賢でも仁義、自分も仁義。また聖賢も喜怒があり、自分にも喜怒があると言い、思い馴れると色々と近くなる。どうして初手から頭の禿げる様なことはない。思い馴れるという字から熟へ行く。
【語釈】
・從容中礼…中庸章句20。「誠者不勉而中、不思而得、從容中道、聖人也」。
・尹彦明…尹焞[とん]。字は彦明、徳充。号は和靖処士。伊川の門人で、篤行の士として称せられた。20歳で伊川に師事。1061~1132
・心廣体胖…大学章句6。「富潤屋、徳潤身。心廣體胖。故君子必誠其意」。
・澤一…大神沢一。筑前黒田藩士。亡国人。直方門下。迂斎と親しい。貞享元年(1684)~享保10年(1725)


余国秀問治心脩身之要條
66
余國秀問、治心脩身之要、以爲、雖知事理之當爲、而念慮之間、多與日間所講論相違。曰、且旋恁地做去、只是如今且説箇熟字。這熟字如何便得到這地位。到得熟地位、自有忽然不可知處、不是被你硬要得、直是不知不覺得如此。百二十。
【読み】
余國秀問う、心を治め身を脩むるの要は、以爲らく、事理の當に爲すべきを知ると雖も、而れども念慮の間、多く日間講論する所と相違う、と。曰く、且く旋々恁地く做し去き、只是れ如今且く箇の熟字を説け。這の熟字如何ぞ便ち這の地位に到るを得ん。熟の地位に到り得れば、自ら忽然として知る可からざる處、是れ你に硬く要し得らるるにあらず。直ち是れ知らず覺えず此の如きを得。百二十。

余国秀問、治心脩身之要、以爲、雖知事理之當爲、而念慮之間、多與日間所講論相違。これらも余国秀かためして見てもゆかぬゆへ朱子へ相談なり。今日の学者は書物の文義ばかりの吟味なれども、余国秀心身へ工夫したゆへ斯ふ問なり。事理の當然で動かぬことゆへ、せふとしても念慮の間に知たこととぶんなことが出てくる。迂斉の、凡人は心が二つあるとなり。日間講論と相違か此書の跋文の巻を開をば圣賢と相似ずなり。盃に向へは替る心哉と云。これにはこまりますと云が相違なり。○曰、且旋恁地做去。そうで有う。それが古今の通患なれども、事理の當然を見たならそのなりにやはりしやれと云ことぞ。向で十分でなく問たを、朱子の、まあそふでよいほどに其なりにせよなり。先日の呂伯恭へ答書の、程子自此去べしと同じあつかいなり。○只是如今且説箇熟字。這熟字如何便得到這地位。そなた衆がいかぬと云が、そなたにかぎらず熟の字がめったになろふことではない。如今の字、迂斉余国秀へあてて云。そう見へるぞ。そなたは熟がないゆへ斯ふじゃと云ことならふが、熟と云ことを手軽く心得るはわるい。それへ早く目がついても、脩行がたらぬ内どふ熟がならふ。
【解説】
「余國秀問、治心脩身之要、以爲、雖知事理之當爲、而念慮之間、多與日間所講論相違。曰、且旋恁地做去、只是如今且説箇熟字。這熟字如何便得到這地位」の説明。余国秀が、事理の当然で確かなことをしようとしても、念慮の間に知ったことと違うことが出て来て困ると言った。朱子はそのままで行きなさいと答えた。熟は簡単に成るものではない。
【通釈】
「余国秀問、治心修身之要、以為、雖知事理之当為、而念慮之間、多与日間所講論相違」。これ等も余国秀が試して見てもうまく行かないので朱子に相談したこと。今日の学者は書物の文義ばかりの吟味だが、余国秀は心身へ工夫したのでこの様に問う。事理の当然で確かなことをしようとしても、念慮の間に知ったことと違うことが出て来る。迂斎が、凡人は心が二つあると言った。日間講論と相違すると言うのが。この書の跋文の巻を開けば聖賢と相似ずである。盃に向かえば替る心哉と言う。これには困りますと言うのが相違である。○「曰、且旋恁地做去」。そうだろう。それが古今の通患だが、事理の当然を見たのなら、やはりその通りにしなさいということである。向こうで十分でないことを問うたのに対して、朱子がまあそれでよいからその通りにしなさいと答えた。これは先日の呂伯恭へ答書にある程子の言った「自此去」と同じ扱いである。○「只是如今且説箇熟字。這熟字如何便得到這地位」。貴方衆ができないと言うが、貴方に限らず熟の字は簡単にできることではない。「如今」の字は余国秀へ当てて言うと迂斎が言った。その様に見える。貴方は熟がないのでこうなると言うのだろうが、熟ということを手軽く心得るのは悪い。それへ早く目が付いても、修行が足りない内にどうして熟が成るものか。
【語釈】
・巻を開をば圣賢と相似ず…跋講学鞭策録。「開卷便有與聖賢不相似處」。
・自此去…講学鞭策録51。「曰、亦須且自此去到德盛、後自然左右逢其源」。

○到得熟地位、自有忽然不可知處、不是被你硬要得、直是不知不覚得如此。忽然は熟の熟たる所でいつの間にかそふなったなり。軽いもの、日雇取のるいが身上よくして男ぶり上品になるも、いつの間にか忽然なり。出家なども上人になるは違う。あれがつけもったいではゆかぬものぞ。そこで熟の傳授はならぬ。被你硬要得が、你は其人を離さず云。茶人の抦杓を手に取るに、ゆるいと落し硬くかかると手前が握り挙しなり。意斉が殊の外不器用なれども、茶を立るは違ふたことなり。熟で覚たもの。某が茶を立るを見てわるいとも云はず、まあ三年毎日立られよと云た。迂斉の処へ來て学問のことてはどうも甲斐なけれども、熟あるゆへ茶では上は手を云なり。三年毎日と云もにくひ口上なり。又誹諧五色墨の桺居なり。顧文曰、桺居は去年の春の滝川氏の実方の祖父なり。一石菴と云て、あそこで奈良茶一石食ふたら誹諧が上がろふと云ことなり。これも皆熟のことぞ。
【解説】
「到得熟地位、自有忽然不可知處、不是被你硬要得、直是不知不覺得如此」の説明。熟に伝授はない。意斎の茶や柳居の俳諧などが熟からのこと。
【通釈】
○「到得熟地位、自有忽然不可知処、不是被你硬要得、直是不知不覚得如此」。忽然は熟の熟たる所でいつの間にかそうなる。軽い者で日雇取りの類が身上をよくして男振りが上品になっても、いつの間にか忽然である。出家なども上人になる者は違う。あれが勿体を付けてもできないもの。そこで熟の伝授はできない。「被你硬要得」。你はその人を離さずに言う。茶人が柄杓を手に取るのに、緩いと落とし硬く持つと自分が握り挙になる。意斎は殊の外不器用だったが、茶を点てる時は違っていた。熟で覚えたのである。私が茶を点てるのを見て悪いとも言わず、まあ三年毎日点てなさいと言った。迂斎の処へ来て学問のことではどうも甲斐なかったが、熟があるので茶では上手を言う。三年毎日と言うのも憎い口上である。また、俳諧五色墨の柳居である。文次を顧みて言った。柳居は去年の春に来た滝川氏の実方の祖父である。一石庵と言い、あそこで奈良茶を一石食ったら俳諧が上がろうと言った。これも皆熟のこと。
【語釈】
・意斉…
・五色墨…俳句集。享保16年(1731)、江戸座の点取り俳諧に不満をもって、中川宗瑞、松本蓮之、大場咫尺、長谷川馬光、佐久間長水等が刊行したもの。


如人要知得軽重條
67
如人要知得輕重、須用秤方得。有拈弄得熟底、只把在手上、便知是若干斤兩、更不用秤。此無他。只是熟。今日也拈弄、明日也拈弄、久久自熟。也如百工技藝做得精者、亦是熟後便精。孟子曰、夫仁亦在乎熟之而已。所以貴乎熟者、只是要得此心與義理相親。苟義理與自家相近、則非理之事、自然相遠。思慮多走作、亦只是不熟、熟後自無。百十八。
【読み】
人の輕重を知り得るを要するが如きは、須く秤を用いて方に得べし。拈弄し得て熟すること有るが底は、只手上に把在し、便ち是れ若干の斤兩を知り、更に秤を用いず。此れ他無し。只是れ熟す。今日も也た拈弄し、明日も也た拈弄し、久久自ら熟す。也た百工技藝做し得て精しき者の如きも、亦是れ熟する後便に精し。孟子曰く、夫れ仁も亦之を熟するに在るのみ、と。以て熟に貴ぶ所の者は、只是れ此の心と義理と相親しきを得るを要す。苟も義理と自家と相近ければ、則ち非理の事、自然に相遠ざかる。思慮多く走作するも、亦只是れ熟せず、熟する後自ら無し。百十八。

如人要知得軽重、須用秤方得。初手から熟へ目を付けぬを云。そこで一寸々々と秤を出すぞ。藝者の理を云をいやがるも□なこと。まつとかくわざからのこと。中塲でこしゃく云はわるし。儒者などをいやがるもきこへた。はやく名所を云たがる。わざを精出さぬとあがらぬ。土井候が馬のりながら、喜右ェ門この意氣かと云はるるを、また腰もすはらずにと喜右ェ門云た。有拈弄得熟底、只把在手上、便知是若干斤两、更不用秤云云。秤りて熟する者の多い中に、先つは江戸の刻み多葉粉やなり。あれも徂徠の時迠は稀れにあったことなれども、徂徠小言云てある。今は一面にある。毎日拈弄すると秤なしにああなるなり。○如百工技藝做得精者、亦是熟後便精。皆これ熟なり。熟後便精がこの上なしの最一つ先きのあること。これがかはりたもので、熟後に精と云ものがありて、禅坊主でも脩行の後靜なが活になり、活僧が靜になるもある。重の中へ四角に切て詰べきを乱切にすることあり、又、陸母がやふに以寸爲度と云やうに四角に切ることもあり、熟の上の一重なり。蚊やを出て又障子あり夏の月なり。熟度にあることぞ。精義入神も精義の上の精いが入神になる。
【解説】
「如人要知得輕重、須用秤方得。有拈弄得熟底、只把在手上、便知是若干斤兩、更不用秤。此無他。只是熟。今日也拈弄、明日也拈弄、久久自熟。也如百工技藝做得精者、亦是熟後便精」の説明。初手は業でする。秤を使ってしていると、後には秤を使わなくてもできる様になる。熟すると至極の先へと行く。
【通釈】
「如人要知得軽重、須用秤方得」。初手は熟へ目を付けないと言う。そこで一寸秤を出す。芸者が理を言うのを嫌がるのも尤もなこと。先ずはとかく業からする。中場で小癪を言うのは悪い。儒者などを嫌がるのもよくわかる。早く名所を言いたがる。業に精を出さないと上がらない。土井侯が馬に乗りながら、嘉右衛門この意気かと言われたのを、まだ腰も据わらずにと嘉右衛門が言った。「有拈弄得熟底、只把在手上、便知是若干斤両、更不用秤云云」。秤で熟する者は多いが、先ずは江戸の刻み煙草屋がそれである。あれも徂徠の時までは希で、徂徠も小言を言っている。今は一面にある。毎日拈弄すると秤なしにああなる。○「如百工技芸做得精者、亦是熟後便精」。皆これが熟である。熟後便精がこの上ない上にもう一つ先のあること。これが変わったもので、熟後に精というものがあって、禅坊主でも修行の後に静かだった者が活になり、活僧が静かになることもある。重の中へ四角に切って詰めるべきを乱切にすることもあり、また、陸母の様に以寸為度という様に四角に切ることもあり、熟の上の一重である。蚊帳を出てまた障子あり夏の月である。これが熟度にあること。精義入神も精義の上の精いのが入神になる。
【語釈】
・土井候…初代が土井利勝(1573~1644)。土井利隆(1619~1685)。土井利長(1631~1696)。土井利房(1631~1683)。
・喜右ェ門…山崎闇斎。名は嘉。字は敬義。通称、嘉右衛門。1618~1682
・陸母…
・以寸爲度…
・蚊やを出て又障子あり夏の月…蚊帳を出てまた障子あり夏の月。芭蕉の弟子、内藤丈草の俳句。

○孟子曰、夫仁亦在乎熟之而已。所以貴乎熟者、只是要得此心與義理相親。孟子を引たは百工から来たものぞ。孔孟でも稽古が入る。仁はこちの仁でこちの物なれども、其持前の仁が熟で全くなる。寒声も声はこちの者なれども、其こちの声で丈夫になる。心與義理相親は、これをつかまへるが朱子学の大切の立なり。文集にも二三ヶ處も出てあらふ。大学或問にも論語の学而或問にも心與理と云。この心が義理の御宿申すものなれども、人心道心ありて、道心は先つ御さきへと云を人心で我方へさきへ取る。そこてこの人心で義理と遠々しくなる。そこを道心が主なれば、常々義理と御懇意になる。迂斉の今日の心は蓮の葉雨となり。只今どふらくものがそのやふにかたく心得るものかと云。其かたく心得るが義理へ親むからなれとも、どふらくものはかたく心得ずで、何もかもすててをけと云て角力へ行く。
【解説】
「孟子曰、夫仁亦在乎熟之而已。所以貴乎熟者、只是要得此心與義理相親。苟義理與自家相近、則非理之事、自然相遠」の説明。仁も熟で全いものとなる。また、心は義理の宿をするものだが、人心が義理を遠ざける。そこで道心を主としなければならない。
【通釈】
○「孟子曰、夫仁亦在乎熟之而已。所以貴乎熟者、只是要得此心与義理相親」。ここに孟子を引いたのは上の「百工」から来たもの。孔孟でも稽古が要る。仁はこちらの仁でこちらの物だが、その持前の仁が熟で全くなる。寒声も声はこちらのものだが、こちらの声で丈夫になる。「心与義理相親」は、これを掴まえるのが朱子学の大切である。文集にも二三箇所も出ている。大学或問にも論語の学而或問にも「心与理」とある。この心が義理の御宿をするのだが、人心と道心があって、道心が先ずはお先にと言うところを人心が先に取る。そこでこの人心で義理と遠々しくなる。そこを道心が主であれば、常々義理と御懇意になる。迂斎が、今日の心は蓮の葉雨だと言った。只今道楽者がその様に固く心得るものかと言う。その様に固く心得るのは義理へ親しむからのことだが、道楽者は固く心得ず、何もかも捨てて置けと言って相撲を見に行く。
【語釈】
・夫仁亦在乎熟之而已…孟子告子章句上19。「孟子曰、五穀者、種之美者也。苟爲不熟、不如荑稗。夫仁、亦在乎熟之而已矣」。
・寒声…寒中に大声で経を読み、歌曲を歌いなどして、音声の訓練をすること。
・心與理…

○思慮多走作、亦是不熟、熟後自無。ここは存しもよらぬことがある。某などもとほふもない夢や役に立ぬことが胸へうくが、それが人欲ではなく、義理が照り合はぬ故なり。義理が照り合ふと思慮が走作せぬ。そこで熟があればわるい夢を見ると云やふなこともなくなる。今日の学者はたま々々よいことをして悪るいことばかり多いゆへ、少し竒特なことありても誉められる。竒特に親御へと云はれるは中間んにもあること。それが学者へはさん々々。義理へ遠いからなり。心喪のならぬと云も義理に疎遠ゆへぞ。直方の、鬼神の理がすむと先祖の祭がしたくなると云は、心與義理相親むからなり。あのををちゃくなやふな先生が祭をすると云も義理と一つになりて。相親むと云も熟の字からぞ。今日学者は道理をきいてもへだたりてをるゆへ、金や米を貰ふたほどには思はぬ。義理を親むと舜の五十而慕ふなり。杖をつく年でもかか様と云氣なれば、孝行と義理が引ついて居る。ふるまふことのすきな人あり。それは義理にせまりてするでない。卑人が一生に一度の振舞をしてみたいと云た。これはついにせぬやつ。人が吝い々々と云たゆへ、観世が一世一代のやふにしたいと云た。それは振舞に遠々しいなり。学者の義理がそふでは遠々しいことなり。心與義理相親か此条の大切なり。熟と云はここからのことなり。
【解説】
「思慮多走作、亦只是不熟、熟後自無」の説明。義理が照り合うと思慮が走作しない。熟して心と義理とが照り合うというのがここの主眼である。
【通釈】
○「思慮多走作、亦是不熟、熟後自無」。ここには思いも寄らないことがある。私なども途方もない夢や役に立たないことが胸へ浮かぶが、それは人欲ではなく、義理が照り合わないからである。義理が照り合うと思慮が走作しない。そこで熟があれば悪い夢を見るという様なこともなくなる。今日の学者は、よいことは偶々するだけで、悪いことばかりが多いので、少し奇特なことあっても誉めることはできない。奇特に親御へと言われるのは中間にもあること。それが学者へは散々なこと。それは義理に遠いからである。心喪ができないというのも義理に疎遠だからである。直方が、鬼神の理が済むと先祖の祭がしたくなると言ったのは、心与義理相親だからである。あの横着な様な先生が祭をすると言うのも義理と一つになってのこと。相親しむと言うのも熟の字から。今日の学者は道理を聞いても隔たっているので、金や米を貰ったほどには思わない。義理を親しめば舜の「五十而慕」となる。杖をつく年でもかか様と言う気であれば、孝行と義理が引っ付いている。振舞うことの好きな人がいる。それは義理に逼ってするのではない。卑人が一生に一度の振舞をしてみたいと言った。これは遂にできない奴である。人に吝いと言われるので、観世の一世一代の様にしたいと言った。それは振舞いには遠々しいこと。学者の義理がその様では遠々しい。心与義理相親が此条の大切なところ。熟というのはここからのこと。
【語釈】
・五十而慕ふ…孟子万章章句上1。「大孝終身慕父母。五十而慕者、予於大舜見之矣」。孟子告子章句下3。「孔子曰、舜其至孝矣、五十而慕」。


讀書須是成誦條
68
讀書須是成誦。方精熟。今所以記不得、説不去、心下若存若亡、皆是不精不熟之患。若曉得義理、又皆記得、固是好。若曉文義不得、只背得、少間不知不覺、自然相觸發、曉得這義理。蓋這一段文義橫在心下、自是放不得、必曉而後已。若曉不得、又記不得、更不消讀書矣。橫渠説、讀書須是成誦。今人所以不如古人處、只爭這些子。古人記得、故曉得。今人鹵莽、記不得、故曉不得。緊要處、慢處、皆須成誦、自然曉得也。今學者若已曉得大義、但有一兩處阻礙説不去。某這裡略些數句發動、自然曉得。今諸公盡不曾曉得、縱某多言何益。無他、只要熟看熟讀而已。別無方法也。百二十一。
【読み】
書を讀むは須く是れ誦を成すべし。方に精熟す。今以て記して得ず、説いて去かず、心下存するが若く亡きが若きは、皆是れ精しくせず熟せざるの患いなり。若し義理を曉り得れば、又皆記し得、固より是れ好し。文義を曉りて得ざるが若き、只背得すれば、少間知らず覺えず、自然に相觸發し、這の義理を曉り得。蓋し這の一段の文義は心下に橫在し、自ら是れ放ちて得ず、必ず曉りて後已む。曉りて得ず、又記して得ざるが若きは、更に書を讀むを消いざるなり。橫渠説く、書を讀むは須く是れ誦を成すべし、と。今人以て古人に如ざる所の處は、只這の些子を爭う。古人記し得、故に曉り得。今人鹵莽、記し得ず、故に曉り得ず。緊要の處、慢る處、皆須らく誦を成すべく、自然に曉り得るなり。今の學者の已に大義を曉り得るが若き、但一兩處阻礙し説いて去かざる有り。某這の裡に些の數句を略して發動すれば、自然に曉り得。今諸公盡く曾て曉り得ず、縱え某多言するも何の益あらん。他無し、只熟看熟讀を要すのみ。別に方法無し。百二十一。

讀書須是成誦。方精熟。今所以記不得、説不去、心下若存若亡、皆是不精不熟之患。ここへ素読のことを出されたが妙なり。諸老の違うは全体が一貫ゆへ、書の編集まで並べやう格段なことなり。これで熟の咄だん々々面白い上へ、ここへ読書の誦のことを出しては、ここで卑くなりたやふなり。此が丁ど誠意正心から脩身と功夫あらいやふになり、跡もとりのやふに見へると同ことなり。熟のことが會從容の仁亦在乎熟のと云て、読書と云は十二三の子のするやふなことを云が面白ことで、誠正から脩身とあらくなったやふなことが直方の並べの妙なり。今日挌物には書物が端的なこと。即天下之物と云ふても、其中に古人の書を読が一ち近いことなり。爰が熟を書の上てつかまへさせる端的を云ことなり。誦をなすが、声をあげて読とよいははっきり々々々々となる。某幼年左傳の素讀をするを、佐藤彦八がそれでは読やふがわるい、經、經とよみ切るなり。元年とよめと仰山に云た。直方先生の子ではない様なが、これが成熟の本とになるものなり。上総の者の未熟も素読が甲斐ないぞ。目安などを大きな声でよむが、書やふがわるくは呵られやふとてのこと。これ、実なことなり。なんでも素讀は声をあげてするがよい。
【解説】
「讀書須是成誦。方精熟。今所以記不得、説不去、心下若存若亡、皆是不精不熟之患。若曉得義理、又皆記得、固是好」の説明。格物には書物が端的であり、古人の書を読むのが一番近いこと。声を上げて読むとはっきりとなる。
【通釈】
「読書須是成誦。方精熟。今所以記不得、説不去、心下若存若亡、皆是不精不熟之患」。ここへ素読のことを出されたのに妙がある。諸老が違うのは全体が一貫だからで、書の編集までも、その並べ様は格段である。熟の話が段々と面白くなるところで、ここへ読書の誦ずることを出しては卑くなった様だが、ここは丁度誠意正心から修身へと進むと功夫が粗い様になって、後戻りする様に見えるのと同じこと。熟のことを「会従容」や「仁亦在乎熟」と言った後に読書と言い、十二三の子のする様なことを言うのが面白いことで、誠正から修身へと粗くなった様なことが直方の並べの妙である。今日格物には書物が端的なこと。「即天下之物」と言っても、その中では古人の書を読むのが一番近いこと。ここが熟を書の上で掴まえさせる端的を言ったこと。「成誦」。声を上げて読むのがよいのは、はっきりとなるからである。私が幼年の時に左伝の素読をしていると、佐藤彦八がそれでは読み方が悪い、経、経と読み切る。元年と読めと仰山に言った。それでは直方先生の子ではない様だが、これが成熟の本になるもの。上総の者が未熟なのも素読が甲斐ないからである。目安などを大きな声で読むのが、書き様が悪ければ呵られるだろうと思ってのこと。これが実なことである。何でも素読は声を上げてするのがよい。
【語釈】
・會從容…講学鞭策録65。「雖未能從容、只是熟後便自會從容」。
・仁亦在乎熟…講学鞭策録67。「孟子曰、夫仁亦在乎熟之而已」。
・即天下之物…大学章句5補伝。「蓋人心之靈、莫不有知、而天下之物、莫不有理。惟於理有未窮、故其知有不盡也。是以大學始敎、必使學者即凡天下之物、莫不因其已知之理、而益窮之、以求至乎其極。至於用力之久、而一旦豁然貫通焉」。
・佐藤彦八…佐藤就正。直方の子。39歳で没。~1747

謂德助曰、賢は講釈せぬを手抦そうに思うであらふが、某が講釈もひくいことに思はれやう。講釈は役に立ぬやふなことなれども、熟するなり。講釈するかきらいとても、何ぞ云ときは言ふはづ。医者が医案を聞かれたならばそれを云はずに、只風は百病の長たりますとてはすむまい。不弁はかまわぬこと。道理得れば云はれるはづぞ。不器用な婆々がよく借金の言訳けをする。今雄弁と云ことを巻き舌で云ことと思ふがそふでない。道理を出すことぞ。某上総で四度太極圖説を講釈して、中には面白いこともよめども、精熟がないゆへ心下如存如亡なり。其中は熟と云はぬ。迂斎は竒説もするどもなけれども、熟しているゆへ出がつよかった。少し文義は挌別道理にたがいはなかった。七十七の夏迠の講釈で有ったが、一六でも大名衆などへ出るにも其朝講釈の書を大きな声でよまれた。それも何のことなく、鞭策録にも讀書誦を成すべしとあるゆへとてしたもの。潔靜精微なり。さて不熟の患で段落、又固是好が一段落なり。この暁得義理又皆記得は、善太郎殿ばかりなり。いかさまさとりた義理を覚ている。直方先生のけてはあの衆ぞ。
【解説】
講釈でも熟す。それは弁が拙くても構わない。雄弁とは巻き舌のことではなく、道理を言うこと。迂斎は講釈の日の朝に大きな声で読んでいた。
【通釈】
徳助に言った。貴方は講釈をしないことを手柄そうに思い、私の講釈も卑いことの様に思うだろう。講釈は役に立たない様なことだが、これで熟する。講釈をするのが嫌いだとしても、何かを言う時は言う筈。医者が医案を聞かれれば、それを答えずに、ただ風邪は百病の長ですと言っては済まないだろう。不弁には構わない。道理を得れば言える筈。不器用な婆がよく借金の言い訳をする。今雄弁ということを巻き舌で言うことと思うがそうではない。道理を出すことである。私が上総で四度太極図説を講釈して、中には面白いことも読んだが、精熟がないので「心下若存若亡」である。その内は熟とは言わない。迂斎は奇説も言わず鋭くもなかったが、熟しているので押しが強かった。少しも文義は道理に違わなかった。七十七歳の夏までの講釈だったが、一六でも大名衆などのところへ出るにも、その朝は講釈の書を大きな声で読まれた。それも何のこともなく、鞭策録にも「読書須是成誦」とあるからしたのである。これが「絜静精微」である。さて「不熟之患」で一段落、また「固是好」で一段落である。この「曉得義理又皆記得」は、善太郎殿だけである。いかにも曉った義理を覚えている。直方先生以外ではあの衆だけである。
【語釈】
・德助…
・一六…毎月一と六の付く日。課会の日。
・潔靜精微…礼記経解。「孔子曰、入其國、其敎可知也。其爲人也、温柔敦厚、詩敎也。疏通知遠、書敎也。廣博易良、樂敎也。絜靜精微、易敎也。恭儉莊敬、禮敎也。屬辭比事、春秋敎也」。
・善太郎殿…幸田子善。名は誠之。善太郎と称す。江戸の人。幕臣。享保5年(1720)~寛政4年(1792)

○若暁文義不得、只背得、少間不知不覚、自然相觸發、暁得這義理。ここは取にくいすめか子る処ぞ。落字があるか、又落字ないにして、記録の足りぬやふに見へる。背得の字が、背はそむくで書物に離れることを、語類読書の部にも其外多く使てある字なり。向背の背なり。すれは背却とありそふなことを背得と云は取りにくいが、何れにしても暁文義不得はわるいが、背得は書物をはなれてからのこと。読法の疑を闕くのぞ。そふして置て、そこと縁を切らぬゆへ、いつか我知らずに背得の処へ觸發と向て来て、初手はすめなんだが、合点してきたものぞ。古歌などにあること。始め歌の意が手に入ら子ども、後余のことについて其歌にふれて斯ふとすむものなり。
【解説】
「若曉文義不得、只背得、少間不知不覺、自然相觸發、曉得這義理」の説明。わからない文義をそのままにして置き、しかし縁を切らずにして置くと、知らずに後に曉り得る。
【通釈】
○「若曉文義不得、只背得、少間不知不覚、自然相触発、曉得這義理」。ここはわかり難い済めかねる処である。落字があるか、または落字はないにしても、記録が足りない様に見える。「背得」の字は、背は背くことで、書物から離れることを言い、語類読書の部にもその外でも多くその様に使っている字である。向背の背である。それなら背却とありそうなところを背得と言うのは取り難いが、何れにしても「曉文義不得」は悪いが、背得は書物を離れてからのこと。読法の疑を闕くである。そうして置いても、そこと縁を切らないので、いつか知らずに背得の処へ触発と向いて来て、初手はわからなかったが、合点しする様になるもの。古歌などにあること。始めは歌の意が手に入らなかったが、後に他のことについてその歌に触れてこうだと済むもの。
【語釈】
・疑を闕く…読論語孟子法。「句句而求之、晝誦而味之、中夜而思之、平其心、易其氣、闕其疑、則聖人之意可見矣」。

これも熟の一つになるは、蓋這一段文義横在心下、自是放不得、必暁而後已なり。これが文義を暁り得ざるを云へども、それに縁を切らぬゆへ胸に横在する。すめぬとて掃だめへすてるでない。そこで長いときにはすむもの。熟でなく自然と熟になるなり。文義に取ちがいも又すめぬこともあるもの。友部と迂斉が、以婦持門戸を門番をすることのやふに文義取ちがへた。武井三左右門が、表而出之を出御の出のやふに見てすまなんだ。某ここの發明は縁をきらぬと云ことなり。心暁而後已は背得以下をきめる。此てきめる。ここか段落なり。若暁不得は別に新らしく出た句なり。
【解説】
「蓋這一段文義橫在心下、自是放不得、必曉而後已」の説明。文義には取り違えも済めないこともあるが、縁を切らなければ曉り得る。
【通釈】
これも熟の一つになるのは、「蓋這一段文義横在心下、自是放不得、必曉而後已」だからである。これは文義を曉り得ないことを言ったものだが、それに縁を切らないので胸に横在する。済めないとしても掃き溜めに捨てるのではない。そこで長い間には済むもの。熟すのではなく、自然と熟になる。文義には取り違えも済めないこともあるもの。友部と迂斎が、「以婦持門戸」を門番をすることの様に文義を取り違えた。武井三左右門が、「表而出之」を出御の出の様に見て済まなかった。私のここの発明は縁を切らないということ。「心曉而後已」は背得以下を決める。ここで決める。ここが段落である。「若曉不得」は別に新しく出た句である。
【語釈】
・友部…
・以婦持門戸…
・武井三左右門…
・表而出之…論語郷党6。「君子不以紺緅飾。紅紫不以爲褻服。當暑、袗絺綌、必表而出之」。

○若暁不得、又記不得、更不消読書矣。覚へる迠は読がよく、其間は外の書を読まぬがよいととめたものなり。○橫渠説、読書須是成誦。今人所以不如古人處、只爭這一字。こんなことは覚のある人てなければ知らぬ。横渠のこれで上達した人なり。○古人記得、故暁得。今人鹵莽、記不得、故暁不得。緊要處、慢處、皆須成誦、自然暁得也。ここはなんのこともない云分ぞ。つまり古人はよくよむゆへ暁り得るぞ。鹵莽記不得は彼の喃々なり。笑曰、手習子が今川了俊喃々愚息仲秋喃々、さっはとない読やふが喃々ぞ。喃々はこの方のああと云て読むのぞ。それでは英才にはならぬ。いかさま農畝にかへすはづなり。さて緊処慢處が傳授事なり。ここはよいと云ても置かぬ。山梁の雌雉や邦君之妻稱之曰寡小君も讀ま子ばならぬ。料理にも慢處があるものぞ。胡五峯の揚亀山へ論語何處が緊要と問を、亀山の二十篇皆緊要となり。この自然と暁得と云に、早く効を見たがるがわるい。
【解説】
「若曉不得、又記不得、更不消讀書矣。橫渠説、讀書須是成誦。今人所以不如古人處、只爭這些子。古人記得、故曉得。今人鹵莽、記不得、故曉不得。緊要處、慢處、皆須成誦、自然曉得也」の説明。覚えるまでは他の書を読まないのがよい。横渠は「読書須是成誦」と言った。古人はこれで自然と曉り得た。
【通釈】
○「若曉不得、又記不得、更不消読書矣」。覚えるまではそれを読むのがよく、その間は外の書を読まないのがよいと言ったもの。○「橫渠説、読書須是成誦。今人所以不如古人処、只争這些子」。こんなことは覚えのある人てなければ知らないこと。横渠はこれで上達した人。○「古人記得、故曉得。今人鹵莽、記不得、故曉不得。緊要処、慢処、皆須成誦、自然曉得也」。ここは何事もない言い分である。つまり古人はよく読んだので曉り得た。「鹵莽記不得」は彼の喃喃である。笑って言った。手習子が今川了俊喃喃愚息仲秋喃喃、はっきりとしない読み様が喃喃である。喃喃はこちらでああと言って読むこと。それでは英才にはならない。それでは農畝に帰す筈である。さて緊処慢処が伝授事である。ここは読まなくてもよいと言われてもそのままにして置かない。山梁の雌雉や邦君之妻称之曰寡小君も読まなければならない。料理にも慢処があるもの。胡五峯が楊亀山へ論語では何処が緊要かと問うと、亀山が二十篇皆緊要だと答えた。「自然曉得」であって、早く効を見たがるのが悪い。
【語釈】
・喃々…①ぺちゃくちゃしゃべるさま。くどくどしく言うさま。②読書の声。
・今川了俊喃々愚息仲秋喃々…今川状の別名が今川了俊対愚息仲秋制詞条々。
・農畝にかへす…近思録教学15。「古者八歳入小學、十五入大學。擇其才可敎者聚之、不肖者復之農畝」。
・山梁の雌雉…論語郷党18。「色斯擧矣、翔而後集。曰、山梁雌雉、時哉時哉。子路共之、三嗅而作」。
・邦君之妻稱之曰寡小君…論語季氏14。「邦君之妻、君稱之曰夫人。夫人自稱小童。邦人稱之曰君夫人。稱諸異邦曰寡小君。異邦人稱之亦曰君夫人」。

○今学者若已暁得大義、但有一両處阻礙説不去。某這裡略些數句發動、自然暁得。このやふにいろ々々なことある章を直方の引れたも、精熟にいろ々々あるからぞ。学者先つ大畧はすんでどの章の何の処が手に入らぬ、敦篤虚靜仁之本かすまぬと云やうに問へば、そこで某其すまぬと云処を説てやるとなり。略些數句はきりもりをするを云。畧がこれほどと、そこをはかって見せる。紋きり形や懸け匁を出すなり。謀畧の畧にて抄畧の畧ではない。發動す。それで向が開いて曽子の少いなり。○今諸公盡不曽暁得、縱某多言何益。只要熟看熟読而已。別無方法なり。諸暁得の根がないゆへ、朱子のいくら云て聞かせたとて益にたたぬ。そこてそちてすましてからのことにせよなり。
【解説】
「今學者若已曉得大義、但有一兩處阻礙説不去。某這裡略些數句發動、自然曉得。今諸公盡不曾曉得、縱某多言何益。無他、只要熟看熟讀而已。別無方法也」の説明。先ず自分が大義を曉り得て後に質問をするものである。曉り得ない時は、何を言っても役には立たない。
【通釈】
○「今学者若已曉得大義、但有一両処阻礙説不去。某這裏略些数句発動、自然曉得」。この様に色々なことのある章を直方が引かれたのも、精熟は色々とあるからである。学者が先ずは大略は済んだが、どの章の何の処が手に入らない、「敦篤虚静仁之本」が済まないと言う様に問えば、そこで私もその済まない処を説いて遣ると言う。「略些数句」はきりもりをすること。略がこれほどと、そこを計って見せる。紋切り形や懸け匁を出すこと。謀略の略であって抄略の略ではない。「発動」。それで向こうが開いて小さな曾子である。○「今諸公尽不曾曉得、縦某多言何益。無他、只要熟看熟読而已。別無方法也」。曉得の根がないので、朱子がいくら言って聞かても益にならない。そこでそちらで済ましてからにしなさいと言った。
【語釈】
・敦篤虚靜仁之本…近思録存養70。「敦篤虚靜者、仁之本。不輕妄、則是敦厚也。無所繋閡昬塞、則是虚靜也。此難以頓悟。苟知之、須久於道實體之、方知其味。夫仁亦在熟之而已」。


天下無不可説底道理條
69
天下無不可説底道理。如爲人謀而忠、朋友交而信、傳而習、亦都是眼前底事、皆可説。只有一箇熟處説不得。除了熟之外、無不可説者。未熟時、頓放這裡又不穩帖、拈放那裏又不是。然終不成住了、也須從這裡更著力始得。到那熟處、頓放這邊也是、頓放那邊也是、七顚八倒無不是。所謂居之安、則資之深。資之深、則左右逢其原。譬如梨柿。生時酸澁、喫不得、到熟後、自是一般甘美。相去大遠。只在熟與不熟之間。百十七。
【読み】
天下説く可からざる底の道理無し。人の爲に謀りて忠、朋友に交わりて信、傳えて習うの如きも、亦都て是れ眼前底の事、皆説く可し。只一箇の熟する處を説きて得ざる有り。熟すを除了するの外、説く可からざる者無し。未だ熟せざる時、這の裡に頓放するも又穩帖ならず、那の裏に拈放するも又是ならず。然るに終に住了を成さず、也た須く這の裡に從いて更に力を著るべくして始めて得。那の熟する處に到れば、這の邊に頓放するも也た是、那の邊に頓放するも也た是、七顚八倒是ならざる無し。謂う所の之に居ること安ければ、則ち之に資すること深し。之に資すること深ければ、則ち左右其の原に逢う。譬えば梨柿の如し。生し時は酸澁、喫し得ず、熟後に到れば、自ら是一般の甘美。相去ること大いに遠し。只熟と不熟との間在り。百十七。

天下無不可説底道理。如爲人謀而忠、朋友交而、傳而習、亦都是眼前底事、皆可説。只有一箇熟處説不得。この天下無不可説底の道理は枕詞なり。熟の説かれぬを云ためぞ。曽子の三省、これで孔子の統をついた。学而の大切な語なれども、口で説かれることで、不言の妙と言ことでもない。仏が言語同断と云ても口で云はるる。この一箇熟處説不得を言たい計りで、さきから二たくだりほど云たなり。なるほど孟子の雄弁でさへ、曰難言となり。浩然の氣に孕句はない。心を動かさぬは浩然の氣と云たを公孫丑がそれはと云ゆへ、曰難言なり。養朴が何にやら墨をほっちりつけたが遠山で、それがどふしてもよい。皆熟からぞ。太極は説かれそふもないものなれども、それも説かれる。只熟ばかりが口で云はれぬ。髪結でも熟があるゆへ、やりばなしに刺るやうでも切らぬ。あれが切ては誰も合点せぬ。なんでも熟さぬ前にやって見やふとしても出来ぬ。出すぎ者が花を入れて見るがゆかぬ。杜若を生けても腰へ扇子を指すとは違う。すれば熟の上にあることぞ。
【解説】
「天下無不可説底道理。如爲人謀而忠、朋友交而信、傳而習、亦都是眼前底事、皆可説。只有一箇熟處説不得。除了熟之外、無不可説者」の説明。説けない道理はないが、熟だけは口で説くことはできない。養朴の絵や髪結の剃刀も熟からのこと。
【通釈】
「天下無不可説底道理。如為人謀而忠、朋友交而信、伝而習、亦都是眼前底事、皆可説。只有一箇熟処説不得」。この「天下無不可説底道理」は枕詞であって、熟は説くことができないことを言うためのもの。曾子は三省で孔子の統を継いだ。これは学而の大切な語だが、口で説くことのできることで、不言の妙ということでもない。仏が言語同断と言っても、それは口で言う。この「一箇熟処説不得」を言いたいだけで、その前に二つほど言ったのである。なるほど孟子の雄弁でさえ、「曰難言」と言った。浩然の気に孕句はない。心を動かさないのが浩然の気だと言ったのを、公孫丑がそれは何かと聞くので、曰難言である。養朴が何やら墨をぼっちりと付けたのが遠山で、それがどうもよいもの。皆熟からである。太極は説けそうもないものだが、それも説くことはできる。ただ熟だけが口では表せない。髪結でも熟があるので、遣り放しに剃る様でも切らない。あれが切っては誰も合点しない。何でも熟す前にやって見ようとしても出来るものではない。出過ぎ者が花を入れて見るがうまく行かない。杜若を活けるのは腰へ扇子を差すのとは違う。それは熟の上にあること。
【語釈】
・曽子の三省…論語学而4。「曾子曰、吾日三省吾身。爲人謀而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎」。
・曰難言…孟子公孫丑章句上2の語。
・孕句…あらかじめ考えておいた句。以前からの考え。
・養朴…狩野養朴常信。木挽町狩野家の二代当主。1636~1713

○未熟時、頓放這裡又不穩帖、拈放那裏又不是。然終不成住了、也須從這裡更著力始得。拈は上へあけて見せるを云。そうしても放下してもとうもよくない。白人が庭の石をすへるにいくらしても出来ぬ。利休が法はなけれども、あれが熟なり。然終不成住了。あちこちしても熟がないゆへ落つかぬが、そこをやはりやめずに花を入て見て今日は牡丹、明日は夏菊とだん々々生けるとよくなるゆへ、住り了るななり。喟然の章読そこなったとてそれぎりにすることでなく、なまなかよいよりよみそこなふたがよくなるものぞ。○到那熟處、頓放這邊也是、頓放那邊也是、七顚八倒無不是。直方の起り上り小法師なり。どこでも起るぞ。この段になると花金剛が舞そこない迠よく、能書があちへやりこちへやり、どふ書てもよい。飛白[かすりふで]はよくないはづに、それ迠がよい。そこが皆熟ゆへ、よいもののはわるいやふな処までがよい。七轉八倒はものを打ころばしたり引くりかへすこと。七八の字つくは俗語なり。今でも俗に七ころひ八をきと云。七八がいろ々々と云こと。迂斉がどちらへこかしてもよいと云。
【解説】
「未熟時、頓放這裡又不穩帖、拈放那裏又不是。然終不成住了、也須從這裡更著力始得。到那熟處、頓放這邊也是、頓放那邊也是、七顚八倒無不是」の説明。熟がないと何をしてもうまく行かないが、し続ければ熟して来る。熟せば、悪い様なことまでがよくなる。
【通釈】
○「未熟時、頓放這裏又不穏帖、拈放那裏又不是。然終不成住了、也須従這裏更著力始得」。「拈」は上へ上げて見せること。そうしても放って置いてもどうもよくない。素人が庭の石を据えるのに、いくらやってもできない。利休には法はないが、あれが熟である。「然終不成住了」。あちこちしても熟がないので落ち着かないが、そこをやはり止めずに花を入れて見て、今日は牡丹、明日は夏菊と段々と活けるとよくなる。そこで「不成住了」である。喟然の章を読み損なったとしても、それで放って置くものではない。中途半端によいよりも読み損なった方がよくなるもの。○「到那熟処、頓放這辺也是、頓放那辺也是、七顛八倒無不是」。直方の起上り小法師である。何処でも起きる。この段になると花金剛の舞い損ないまでがよく、能書があちらへ遣りこちらへ遣り、どの様に書いてもよい。飛白はよくない筈なのに、それまでがよい。そこが皆熟からで、よいものは悪い様な処までがよい。七転八倒は物を打ち転ばしたり引っ繰り返したりすること。七八の字が付くのは俗語である。今でも俗に七転び八起きと言う。七八が色々ということ。迂斎がどちらへ転がしてもよいことだと言った。
【語釈】
・喟然の章…論語子罕10を指す。
・飛白…漢字の書体の一。刷毛でかすれ書きにしたもの。

○所謂居之安、則資之深。資之深、則左右逢其原。これは孟子なり。熟とは云へども只はならぬことで根があるぞ。君子の学問初手の仕込にある。だん々々仕込が違ふゆへ自得する。安は草臥れたこと。茶も初手はくたびれるゆへ、二疂敷をちと出て御休足なされと云。熟すれば囲の中に居るが茶人は休足になるはづ。東山殿は天下のことなれば大きな間もあれども、あのせまい処がよいぞ。あの小座式きうくつに思はぬ。君子の学は自得なり。道理が大儀にないなり。資之深が先刻の熟の後は深いなり。そふなった上にはとふしてもはつれはない。逢其原なり。ここに眼がつくと道学面白こと、うれしいことなり。ほりぬき井戸かひおす段に出る。今詩をつくるも平仄挌式大儀なり。三百篇の作者は思ままの詩ぞ。薛文靖の虫の鳴も詩と云はるるはそこぞ。学問もわいて出ると平仄の苦労はない。外物は大名ても初音をきらすことはあれとも、源頭活水はたん々々わく。逢其原はつくえはなれのしたやふになる。朱子の後に生れて吾黨諸先生の指導を得てからは、子貢の一貫などは左ほどまでこはいことてはないと思うべし。これ大言にあらず。それが合点ならずば吾黨の門下にあらず、はやり学問。やめるもよい。誠能有得於斯の近思の序文はそこなり。子貢にはなられす、山崎佐藤二先生にもなられず、されども經書の上でこのあんばいをすますことならぬ筈はなし。孟子の此語皆熟のことを云たもの。学者はまづ熟と云ことを知るべし。はや上品になる。
【解説】
「所謂居之安、則資之深。資之深、則左右逢其原」の説明。初手の仕込みが大事である。仕込み続けることで深くなる。そうなると大儀なことはない。
【通釈】
○「所謂居之安、則資之深。資之深、則左右逢其原」。これは孟子である。熟とは言え、簡単にはできないことで根があること。君子の学問は初手の仕込みにある。段々と仕込みが違って来るので自得する。「安」は草臥れたこと。茶も初手は草臥れるので、二畳敷を一寸出て御休息なさいと言う。熟すれば囲の中にいる方が茶人には休息になる筈。東山殿は天下のことなので大きな間もあるが、あの狭い処がよい。あの小座敷を窮屈に思わない。君子の学は自得である。道理は大儀なものではない。「資之深」は、先刻の熟の後は深いということ。そうなった上にはどうしても外れはない。「逢其原」である。ここに眼が付くと、道学は面白く嬉しいもの。掘り抜き井戸が干す段で出る。今詩を作るにも平仄格式は大儀である。しかし、三百篇の作者は思うままの詩である。薛文靖が虫の鳴くのも詩だと言ったのがそこ。学問も湧いて出ると平仄の苦労はない。外物は大名でも初音を切らすこともあるが、源頭活水はどんどんと湧く。逢其原は机離れをした様になる。朱子の後に生まれて我が党諸先生の指導を得た上は、子貢の一貫などはさほどまで強いことではないと思いなさい。これは大言ではない。それが合点できなければ我が党の門下ではなく、流行学問である。止めるのもよい。近思の序文の「誠能有得於斯」はそこのこと。子貢にもなれず、山崎佐藤二先生にもなれなくても、経書の上でこの塩梅を済ますことのできない筈はない。孟子のこの語は皆熟を言ったもの。学者は先ず熟ということを知りなさい。それで早くも上品になる。
【語釈】
・孟子…孟子離婁章句下14。「孟子曰、君子深造之以道、欲其自得之也。自得之、則居之安。居之安、則資之深。資之深、則取之左右逢其原。故君子欲其自得之也」。
・東山殿…①足利義政の別邸。今の銀閣寺。②足利義政の異称。
・平仄…平と仄。平字と仄字。また、漢詩作法における平字・仄字の韻律に基づく排列のきまり。
・薛文靖…薛徳温、薛敬軒。
・初音…茶の一。
・源頭活水…
・子貢の一貫…論語衛霊公2。「子曰、賜也、女以予爲多學而識之者與。對曰、然。非與。曰、非也。予一以貫之」。
・誠能有得於斯…山崎闇斎近思録序。「誠能有得於斯、則四子六經可不治而明矣。」。

○譬如梨柿。生時酸渋、喫不得、到熟後、自是一般甘美。相去大遠。江戸など梨子や柿なが白瓜の馬の隣にあるが、熟さぬゆへ小兒もくわぬ。それから三十日なれども、昨日の月見にはもう柿や梨子が挌別と大違になる。熟のことなり。一般とは一つの甘美と云ことなり。○在熟與不熟之間。熟不熟ばかりのこと。伊川の讀之愈久只覚意味深長と云が、十七八の時の論語がそふなる。こちの熟次第なり。拙者も論語は先年吟味したと云は順礼の札のやふなもの。それては熟を知らぬ。今日大名の儒者役と云もの多くは熟へ遠い。役にするからそ。それはまあ儒者なり。とこの儒者役もたた間に合せ付たものそ。とかくまあの字がつく。熟がなければ經学念書も役にたたぬ。近思も熟不熟にあること。それをよくすると小出來に出来た道統にもなるぞ。
【解説】
「譬如梨柿。生時酸澁、喫不得、到熟後、自是一般甘美。相去大遠。只在熟與不熟之間」の説明。夏には小児も梨や柿を食おうとしないが、秋になれば甘美だと言って食う。それは熟か不熟かにあること。熟は一遍だけでも間に合わせでもならない。
【通釈】
○「譬如梨柿。生時酸渋、喫不得、到熟後、自是一般甘美。相去大遠」。江戸などで梨子や柿などが白瓜の馬の隣にあるが、熟さないので小児も食わない。それから三十日も過ぎて、昨日の月見にはもう柿や梨子が格別だと、前とは大違いになる。これが熟である。「一般」とは一つの甘美ということ。○「在熟与不熟之間」。熟と不熟だけのこと。伊川が「読之愈久但覚意味深長」と言ったのが、十七八の時の論語がそうなるのである。こちの熟次第である。私も論語は先年吟味したと言うのは順礼の札の様なもの。それでは熟を知らない。今日大名の儒者役という者の多くが熟に遠い。それは役にするからである。それはまあ儒者というもの。何処の儒者役もただ間に合わせを付けたもの。とかくまあの字が付く。熟がなければ経学念書も役に立たない。近思も熟不熟にあること。それをよくすると小出来にできた道統にもなる。
【語釈】
・讀之愈久只覚意味深長…論語序説。「程子曰、頤自十七八讀論語、當時已曉文義。讀之愈久、但覺意味深長」。


先生問学者條
70
先生問學者曰、公今在此坐、是主靜、是窮理。久之未對。曰、便是公不曾做工夫。若不是主靜、便是窮理、只有此二者。既不主靜、又不窮理、便是心無所用、閑坐而已。如此做工夫、豈有長進之理。佛者曰、十二時中、除了著衣喫飯是別用心。夫子亦云、造次必於是、顚沛必於是。須是如此做工夫方得。公等毎日只是閑用心、問閑事、説閑話底時節多。問緊要事、究竟自己底事時節少。若是眞箇做工夫底人、他自是無閑工夫、説閑話、問閑事。百二十一。
【読み】
先生學者に問いて曰く、公は今此に在りて坐す、是れ靜を主とするか、是れ理を窮むるか。之を久しくして未だ對えず。曰く、便ち是れ公は曾て工夫を做さず。是れ靜を主とせざれば、便ち是れ理を窮むるが若く、只此の二者有り。既に靜を主とせず、又理を窮めざれば、便ち是れ心を用いる所無く、閑坐するのみ。此の如く工夫を做せば、豈長進の理有らんや。佛者曰く、十二時中、衣を著し飯を喫すを除了するは是れ別に心を用いる、と。夫子も亦云う、造次も必ず是に於てし、顚沛も必ず是に於てす、と。須く是れ此の如く工夫を做すべくして方に得。公等毎日只是れ閑に心を用い、閑事を問い、閑話を説く底の時節多し。緊要の事を問い、自己底の事を究竟する時節少なし。若し是れ眞箇に工夫を做す底の人は、他に自ら是れ閑の工夫、閑話を説き、閑事を問うこと無し。百二十一。

曰、公今在此坐、是主靜、是窮理。久之未對。ここて熟の化けのあらはれること。熟は表門では知れぬ。我方をためすことなり。今の学者は事ばかりなり。朱子の其元の此頃の功夫は主靜でござるか窮理でこさるか、どちらでこざると声をかけたことなり。時にこちに覚た熟がなく、ためしがないゆへ、如存如亡でをる処へ問はれたときに直きに返辞が出ぬ。主靜も窮理も外にはなく、我胸にここと芽ざすことがあるものなれども、熟のない学者は上はべのよいやふなことばかりなり。○曰、便是公不曽做工夫。若不是主靜、便是窮理、只有此二者。既不主靜、又不窮理、便是心無所用心、閑坐而已。如此做工夫、豈有長進之理。主靜も窮理もどちもすることなれども、某は主靜なら主靜、窮理なら窮理と云はよいもの。それはまづ我にためしたものゆへぞ。天木の処へ迂斉の手紙をやりたれば、返答に只今命の字の吟味にかかって居るゆへ御返辞がならぬと云てきた。あまり仰山なやふなれども、それほどでなければ吟味はつまらぬ。當時天木の命説がありたが、今某失ふたは残念なり。若不是主靜便是窮理。平生のことては朝飯をくへば食たと云。食子ば食ぬと云。食ったやら食はぬやらとは云はぬ。学問上てははき々々ない。諸公はそれには劣るぞ。工夫したことは直に挨拶なるもの。工夫せぬゆへ我胸へ銘が打れぬ。此心不所用、閑坐而已。それならぶらりとして学問が川とめに合ったやふなり。
【解説】
「先生問學者曰、公今在此坐、是主靜、是窮理。久之未對。曰、便是公不曾做工夫。若不是主靜、便是窮理、只有此二者。既不主靜、又不窮理、便是心無所用、閑坐而已。如此做工夫、豈有長進之理」の説明。自分に熟がなく、主静窮理を試したことがなければ、それをしていると言うことはできない。試したことは試したと言えるもの。
【通釈】
「曰、公今在此坐、是主静、是窮理。久之未対」。ここで熟の化けの皮を剥がす。熟は表門では知れない。自分を試すこと。今の学者は事ばかりである。朱子が、貴方のこの頃の功夫は主静か窮理か、どちらなのかと声を掛けた。時にこちらに覚えた熟がなく、試しがなく、「如存如亡」でいる処へ問われた時には直ぐに返事が出ない。主静も窮理も外にはなく、自分の胸にここと芽差すことがあるものだが、熟のない学者は上辺のよい様なことばかりである。○「曰、便是公不曾做工夫。若不是主静、便是窮理、只有此二者。既不主静、又不窮理、便是心無所用、閑坐而已。如此做工夫、豈有長進之理」。主静も窮理もどちらもすべきことだが、自分が主静なら主静、窮理なら窮理と言うのはよいもの。それは先ず自分に試した者だからである。天木の処へ迂斎が手紙を遣ると、その返答に只今命の字の吟味に掛かっているので御返事ができないと言って来た。あまりに仰山な様だが、それほどでなければ吟味は詰まらない。当時天木の命説があったが、今それを私が失ったのは残念なこと。「若不是主静便是窮理」。平生のことでは朝飯を食えば食ったと言い、食わなければ食わないと言う。食ったやら食わないやらとは言わない。しかし、学問上でははっきりとしない。諸公はそれに劣る。工夫したことは直に返答することができるもの。工夫をしないから自分の胸に銘を打てない。「是心無所用、閑坐而已」。それならぶらりとして、学問が川留めに合った様なもの。
【語釈】
・如存如亡…講学鞭策録68。「今所以記不得、説不去、心下若存若亡、皆是不精不熟之患」。
・天木…天木時中。33歳の時に佐藤直方に入門したが、翌年の享保四年七月に直方が死去したので、その後は三宅尚斎に師事する。1696~1736。

○佛者曰、十二時中、除去著衣喫飯是別用心。夫子亦云、造次必於此、顚沛必於是。須是如是做工夫方得。佛者がきはどいものの言やふなり。著衣喫飯の外は心を佛法に用ると云。佛のも論語の造次顚沛も非番のないことなり。○公等毎日只是用心、問閑事、説閑話底時節多。問緊要之事、究竟自己底事時節少。若是眞箇做工夫底人、他自是無閑工夫、説閑話、問閑事。こなた衆は学問すると云はれぬ。役にも立ぬことに心を用る。それと云が好でないからぞ。碁好き釣り好ほど役にたたぬことはないが、それに專らなり。学者は閑に用心なり。笑曰、よく人の普請塲にゆいて、後ろの帯に手をさしこんで久しく見て立ている。なんの役に立ぬことなり。今日の学者もそれぞ。さてこの章も先日の不近人情と云やうな條へあててみよ。熟の中へ立志めいたことを入れたに面白いことなり。緊要は最ふ二日滞留して講釈を聞と遊学の者の云はよいが、長崎奉行のことをきくは何の爲めにならぬ。三里の灸もするも、自家の爲めなり。役にも立ぬことにかかはる時節が多くてはならぬ。それでこれ直方の蚤とり眼でなければならぬと云。その脩行なれば閑話は説かれぬなり。時に直方の編集の妙と云が、此章に熟の字はないが、熟の邪魔をはらいぬけるが熟になる。上文佛の十二時中やまぬやふなが熟になりて、閑事閑話ては熟にならぬと斯ふ見る迠のことなり。
【解説】
「佛者曰、十二時中、除了著衣喫飯是別用心。夫子亦云、造次必於是、顚沛必於是。須是如此做工夫方得。公等毎日只是閑用心、問閑事、説閑話底時節多。問緊要事、究竟自己底事時節少。若是眞箇做工夫底人、他自是無閑工夫、説閑話、問閑事」の説明。仏が、「著衣喫飯」の外は心を仏法に用いると言った。役にも立たないことに心を用いるのは学問ではない。熟の邪魔を払い除けなければならない。
【通釈】
○「仏者曰、十二時中、除了著衣喫飯是別用心。夫子亦云、造次必於此、顛沛必於是。須是如是做工夫方得」。仏者の際どいものの言い様である。「著衣喫飯」の外は心を仏法に用いると言った。仏の言も論語の「造次顛沛」も非番のないこと。○「公等毎日只是閑用心、問閑事、説閑話底時節多。問緊要事、究竟自己底事時節少。若是真箇做工夫底人、他自是無閑工夫、説閑話、問閑事」。貴方衆は学問をするとは言えない。役にも立たないことに心を用いる。それというのも好きでないからである。碁好き釣り好きほど役に立たないことはないが、それに専らである。学者は閑に心を用いる。笑って言った。よく人の普請場に行って、後ろの帯に手を差し込んで久しく見て立っている。それは何の役にも立たないこと。今日の学者もそれ。さてこの章も先日の「不近人情」と言う様な条へ当てて見なさい。熟の中へ立志めいたことを入れるのが面白い。「緊要」。もう二日滞留して講釈を聞くと遊学の者の言うのはよいが、長崎奉行のことを聞いても何のためにもならない。三里の灸をするのも、自分のため。役にも立たないことに関わる時節が多くてはならない。それでこれが直方の蚤取り眼でなければならないということ。その修行がなれば閑話を説いてはならない。時に直方の編集の妙というのが、この章に熟の字はないが、熟の邪魔を払い除けるのが熟になるということ。上文の仏の十二時中止まない様なことが熟になるのであって、閑事閑話では熟にはならないとこの様に見るまでのこと。
【語釈】
・論語の造次顚沛…論語里仁5。「子曰、富與貴、是人之所欲也。不以其道得之、不處也。貧與賤、是人之惡也。不以其道得之、不去也。君子去仁、惡乎成名。君子無終食之閒違仁、造次必於是、顚沛必於是」。
・不近人情…講学鞭策録43。「雖似不近人情、要之、如此方好」。

講後惟秀問。この章先軰の書入に挌物究理を云。これからあと直方の微意ある処ぞ。立志をそへて云。好学論の前書なり。
又、書入に上文迠熟字出、此以下熟の字は出子ども、兎角学問の不断になるは俗学者爰を知らぬゆへ至善へつまらぬ。それから学の差のあることを云。段々つ□□□て準的は好学論を出してとめたもの。先生曰、某今日の説やふもそれと同ことなれば、あれは先軰の説にするがよい。
【解説】
先輩が、この章は格物窮理を言ったもので、好学論の前書だと言った。また、俗学は学問が絶え間ないことを知らないから至善に詰まらないとも言った。
【通釈】
講後に惟秀が問うた。先輩の書入れに、この章は格物窮理を言う。これから後は直方の微意ある処である。立志を添えて言ったもので、好学論の前書である。
また、書入れに、上文までは熟の字が出て、これ以下に熟の字は出ないが、とかく学問の不断であることを俗学者は知らないので至善に詰まらない。そこで学の差のあることを言う。段々詰まって準的は好学論を出して止めたものとある。先生が、私の今日の説き様もそれと同じことで、これは先輩の説にするとよいと言った。