己酉一六中庸筆記先生批   惟恭
【語釈】
・己酉…寛政1年(1789)年。
・惟恭…秋葉惟恭。松太郎と称す。東金市押堀の人。


中庸章句序
中庸何爲而作也。子思子憂道學之失其傳而作也。蓋自上古聖神繼天立極、而道統之傳有自來矣。其見於經、則允執厥中者、堯之所以授舜也。人心惟危、道心惟微。惟精惟一、允執厥中者、舜之所以授禹也。堯之一言、至矣盡矣。而舜復益之以三言者、則所以明夫堯之一言、必如是而後可庶幾也。
【読み】
中庸は何の爲にして作れる。子思子道學の其の傳を失わんことを憂えて作れり。蓋し上古の聖神天に繼いで極を立てしより、道統の傳は自[よ]って來ること有り。其の經に見[あらわ]るるには、則ち允に厥の中を執れというは、堯の以て舜に授くる所なり。人の心惟れ危く、道の心惟れ微かなり。惟れ精惟れ一にして、允に厥の中を執れというは、舜の以て禹に授くる所なり。堯の一言、至れり盡くせり。而して舜復之を益[ま]すに三言を以てすることは、則ち夫の堯の一言、必ず是の如くにして而して後に庶幾す可きことを明かす所以なり。

蓋嘗論之。心之虛靈知覺、一而已矣。而以爲有人心・道心之異者、則以其或生於形氣之私、或原於性命之正、而所以爲知覺者不同。是以或危殆而不安、或微妙而難見耳。然人莫不有是形。故雖上智、不能無人心。亦莫不有是性。故雖下愚、不能無道心。二者雜於方寸之閒、而不知所以治之、則危者愈危、微者愈微、而天理之公、卒無以勝夫人欲之私矣。精則察夫二者之閒而不雜也。一則守其本心之正而不離也。從事於斯、無少閒斷、必使道心常爲一身之主、而人心每聽命焉、則危者安、微者著、而動靜云爲、自無過不及之差矣。
【読み】
蓋し嘗[こころ]みに之を論ぜん。心の虛靈知覺は、一ならんのみ。而るを以て人心・道心の異なること有りとすることは、則ち其の或は形氣の私に生り、或は性命の正しきに原[もと]づくを以て、知覺爲る所以の者同じからず。是を以て或は危殆にして安からず、或は微妙にして見難きのみ。然れども人是の形有らずということ莫し。故に上智と雖も、人心無きこと能わず。亦是の性有らずということ莫し。故に下愚と雖も、道心無きこと能わず。二つの者、方寸の閒に雜わりて、以て之を治むる所を知らざるときは、則ち危き者は愈々危く、微かなる者は愈々微かにして、天理の公なる、卒に以て夫の人欲の私に勝つこと無し。精は則ち夫の二つの者の閒を察[つまび]らかにして雜えざるなり。一は則ち其の本心の正しきを守りて離れざるなり。事に斯に從って、少[しばら]くの閒斷無く、必ず道心をして常に一身の主と爲って、人心をして每に命を聽かしむるときは、則ち危き者は安く、微かなる者は著[あき]らかにして、動靜云爲、自ら過不及の差無し。

夫堯・舜・禹、天下之大聖也。以天下相傳、天下之大事也。以天下之大聖行天下之大事。而其授受之際、丁寧告戒、不過如此、則天下之理、豈有以加於此哉。自是以來、聖聖相承、若成湯・文・武之爲君、皐陶・伊・傅・周・召之爲臣、旣皆以此而接夫道統之傳。
【読み】
夫れ堯・舜・禹は、天下の大聖なり。天下を以て相傳うるは、天下の大事なり。天下の大聖を以て天下の大事を行う。而れども其の授受の際[あいだ]、丁寧告戒、此の如きに過ぎざるときは、則ち天下の理、豈以て此に加うること有らんや。是より以來、聖聖相承[う]けて、成湯・文・武の君爲り、皐陶・伊・傅・周・召の臣爲るが若き、旣に皆此を以て夫の道統の傳を接ぐ。

若吾夫子、則雖不得其位、而所以繼往聖、開來學、其功反有賢於堯・舜者。然當是時、見而知之者、惟顏氏・曾氏之傳得其宗。及曾氏之再傳、而復得夫子之孫子思、則去聖遠、而異端起矣。
【読み】
吾が夫子の若きは、則ち其の位を得ずと雖も、而も以て往聖を繼ぎ、來學を開く所、其の功反って堯・舜よりも賢れること有り。然れども是の時に當たって、見て之を知る者、惟顏氏・曾氏の傳のみ其の宗を得たり。曾氏の再傳に及んで、復夫子の孫子思を得るときは、則ち聖を去ること遠くして、異端起これり。

子思懼夫愈久而愈失其眞也。於是推本堯・舜以來相傳之意、質以平日所聞父師之言、更互演繹作爲此書、以詔後之學者。蓋其憂之也深。故其言之也切。其慮之也遠。故其說之也詳。其曰天命率性、則道心之謂也。其曰擇善固執、則精一之謂也。其曰君子時中、則執中之謂也。世之相後千有餘年、而其言之不異、如合符節。歴選前聖之書、所以提挈綱維、開示蘊奧、未有若是之明且盡者也。
【読み】
子思、夫の愈々久しうして愈々其の眞を失わんことを懼る。是に於て堯・舜以來相傳の意に推し本づき、質するに平日聞く所の父師の言を以てし、更互演繹して此の書を作爲して、以て後の學者に詔[つ]ぐ。蓋し其の之を憂うること深し。故に其の之を言うこと切なり。其の之を慮ること遠し。故に其の之を說くこと詳らかなり。其の天命性に率うと曰うは、則ち道心を謂うなり。其の善を擇んで固く執ると曰うは、則ち精一を謂うなり。其の君子は時に中すと曰うは、則ち中を執るを謂うなり。世の相後れたること千有餘年にして、其の言の異ならざること、符節を合わするが如し。前聖の書を歴選するに、以て綱維を提挈[ていけい]し、蘊奧を開示する所、未だ是の若きの明にして且[また]盡くせる者有らず。

自是而又再傳、以得孟氏。爲能推明是書、以承先聖之統。
【読み】
是より又再傳して、以て孟氏を得。能く是の書を推し明かしめて、以て先聖の統を承くることを爲す。

及其沒而遂失其傳焉、則吾道之所寄、不越乎言語・文字之閒。而異端之說、日新月盛、以至於老・佛之徒出、則彌近理而大亂眞矣。
【読み】
其の沒するに及んで遂に其の傳を失いつれば、則ち吾が道の寄る所、言語・文字の閒に越えず。而して異端の說、日々に新たに月々に盛んにして、以て老・佛の徒出づるに至るときは、則ち彌々理に近くして大いに眞を亂る。

然而尙幸此書之不泯。故程夫子兄弟者出、得有所考、以續夫千載不傳之緒、得有所據、以斥夫二家似是之非。蓋子思之功、於是爲大。而微程夫子、則亦莫能因其語而得其心也。
【読み】
然れども尙幸に此の書の泯[ほろ]びざる。故に程夫子兄弟者出でて、考うる所有りて、以て夫の千載不傳の緒を續ぐことを得、據る所有りて、以て夫の二家の是に似たるの非を斥くことを得たり。蓋し子思の功、是に於て大いなりとす。而れども程夫子微かりせば、則ち亦能く其の語に因って其の心を得ること莫けん。

惜乎、其所以爲說者不傳。而凡石氏之所輯録、僅出於其門人之所記。是以大義雖明、而微言未析。至其門人所自爲說、則雖頗詳盡、而多所發明、然倍其師說、而淫於老・佛者、亦有之矣。
【読み】
惜しいかな、其の說を爲る所以の者傳わらず。而して凡そ石氏の輯録する所、僅かに其の門人の記する所に出づ。是を以て大義明らかなりと雖も、而も微言未だ析[わ]かず。其の門人自ら說を爲る所に至りては、則ち頗る詳盡にして、發明する所多しと雖も、然れども其の師說に倍[そむ]いて、老・佛に淫[おぼ]るる者、亦之れ有り。

熹自蚤歳卽嘗受讀、而竊疑之。沈潛反復、蓋亦有年。一旦恍然、似有以得其要領者。然後乃敢會衆說、而折其中。旣爲定著章句一篇、以竢後之君子。而一二同志復取石氏書、刪其繁亂、名以輯略。且記所嘗論辯取舍之意、別爲或問、以附其後。然後此書之旨、支分節解、脈絡貫通、詳略相因、巨細畢舉。而凡諸說之同異得失、亦得以曲暢旁通、而各極其趣。雖於道統之傳不敢妄議、然初學之士或有取焉、則亦庶乎行遠升高之一助云爾。
淳熙己酉春三月戊申、新安朱熹序
【読み】
熹、蚤歳より卽ち嘗て受け讀んで、竊かに之を疑う。沈潛反復、蓋し亦年有り。一旦恍然として、以て其の要領を得ること有るに似れり。然して後に乃ち敢えて衆說を會して、其の中を折[さだ]む。旣に爲に章句一篇を定め著して、以て後の君子を竢つ。而して一二の同志、復石氏の書を取りて、其の繁亂を刪[けず]りて、名づくるに輯略を以てす。且嘗て論辯取舍する所の意を記して、別に或問を爲りて、以て其の後に附く。然して後に此の書の旨、支分節解、脈絡貫通し、詳略相因り、巨細畢[ことごと]く舉ぐ。而して凡そ諸說の同異得失も、亦以て曲暢旁通して、各々其の趣きを極むること得。道統の傳に於て敢えて妄りに議せざると雖も、然れども初學の士或は取ること有らば、則ち亦遠きに行き高きに升るの一助に庶からんと爾か云う。
淳熙己酉春三月戊申、新安の朱熹序す


中庸は垩人の世に入らぬ書なり。中庸は道の証文なり。証文は何もことのないときはいらぬものなり。御籏本衆も屋鋪類焼さるる。それ々々の水を表のかこいへ記しをくもこれなり。借金をかへさぬ時、証文かいる。異端が道を横に子るから、そこで中庸と云証文を出す。直方先生の、火打と云も火のあるときいらぬもの。火のきへてくらくなったとき出。磁石も家内ではいらぬ。舩中など方角の知れぬときのもの。中庸と云は道理全体の名。それをすぐに書の名に付。異端に對して作った。語類百十三、中庸之書對異端而作。近思の弁異端とは違ふ。辨異端は似せ人參やわるものをしばるなり。中庸は向をつかまへずにこちのはこふと、似せ人參の処へ本のを出す。くらやみで狐やたぬきのばける処へたいまつを出すやふなもの。直方先生、狐に墨札を出たやふなもの、と。楊墨は中々なみのものではない。なれども一方へさへたなり。丁ど某などが、大名の床へかけても大事ない掛物を一幅持たやふなもの。中庸は大名の身代。数やりも幕も金屏風も何も彼も揃てある。子思の中庸と云二字で異端が殊の外ささいなことになる。異端は五倫をすてて山へ行か、中庸は女房を持、上下をきて年始にもありく。高いこともひくいことも皆そろってある。そこが大名の身代なり。異端は金を山へすてろと云。そこで、俗人がきもをつぶす。垩人のは、金は大事なもの。金で人民をも治める。繋辞にも何以聚人。曰財とあるぞ。異端は一錢もつかいえぬと張子も云へりこふ何もかもそろったのを出して、これでもいやかなと中庸でじみなことをして見せひらかす。これが對すと云なり。論孟には註とあり、大中には章句と云は、もと一とつつきにあったを朱子の章と句を分けられた。丁ど品川より京迠并木つつきてあったを五十三次に分けて、あいの宿も立塲もあるようになった。これで中庸の目鼻がついた。
【解説】
中庸は道の証文であって、聖人の世には要らない書なのだが、今は異端が跋扈するから中庸という証文を出すのである。一方、近思録の弁異端は異端を縛るものだが、中庸はそれとは違って本物を見せるものである。中庸は道理全体の名であり、大名の身代と同じく、そこには全てがある。異端は一方だけしか持っていない。
【通釈】
中庸は聖人の世には要らない書である。中庸は道の証文である。証文は何も事のない時は要らないもの。御旗本衆も屋敷を類焼される。それぞれの水を表の囲いに記しておくのもこのこと。借金を返さない時に証文が要る。異端が道を横に寝るから、そこで中庸という証文を出す。直方先生が、火打というものも火のある時は要らないもの。火が消えて暗くなった時に出す。磁石も家内では要らない。舩中などで方角のわからない時のものだと言った。中庸は道理全体の名。それを直ぐに書の名に付ける。これは異端に対して作った。語類百十三、中庸の書異端に対して作る。それは近思の弁異端とは違う。弁異端は偽人參や悪者を縛るもの。中庸は向こうを捉まえずにこちらのはこうと、偽人參の処へ本物を出す。それは暗闇で狐や狸が化ける処へ松明を出す様なもの。直方先生が、狐に墨札を出した様なものだと言った。楊墨は中々並のものではない。しかし、一方へ冴えただけである。丁度私などが、大名の床へ掛けても問題のない掛物を一幅持った様なもの。中庸は大名の身代。数鎗も幕も金屏風も何もかも揃ってある。子思の中庸という二字で異端が殊の外些細なことになる。異端は五倫を捨てて山へ行くが、中庸は女房を持ち、裃を着て年始にも歩く。高いことも卑いことも皆揃ってある。そこが大名の身代なのである。異端は金を山へ捨てろと言う。そこで、俗人が肝を潰す。聖人のは、金は大事なもの。金で人民をも治める。繋辞にも、何を以てか人を聚むる。財と曰うとある。異端は一銭も使うことができないと張子も言った。この様に何もかも揃ったものを出して、これでも嫌かなと、中庸で地味なことをして見せびらかす。これが対すということ。論孟には註とあり、大中では章句と言うのは、もと一続きにあったのを朱子が章と句を分けられたからである。丁度品川より京まで並木続きであったのを五十三次に分けて、間の宿も立場もある様になった。これで中庸の目鼻が付いた。
【語釈】
・横に子る…横に寝る。借財を返さない。借りたものも返さずに居直る。
・直方先生…佐藤直方。五郎左衛門と称す。備後福山の人。江戸に住む。享保4年(1719) 8月15日没。年70。
・数やり…数槍。大量につくった粗末な槍。雑兵が用いる。
・何以聚人。曰財…易經繫辭傳下1の語。
・異端は一錢もつかいえぬと張子も云へり…近思録致知71。「釋氏錙銖天地、可謂至大。然不嘗爲大、則爲事不得。若畀之一錢、則必亂矣」。

○何爲。ここから一ときめきめて説出す。食を喰に何の爲と云ことはない。正月年礼に來るに何為とは云はぬ。夜中に来れば何の為と云。論孟には何為と云ことはない。何為と云はあとにしたたかな訳ある。それを云為めなり。道学と云は、学問が後世になりてさま々々な学問をするゆへ、道の字をつける。書に甘盤に学び、論語に学而時習十有五志於学とあり、道学とはないが、垩人の世遠くなり、学問ではないことをして学問と云ゆへ道の字が付くなり。道学は道を学ぶてはない。道に付た学と云こと。後世のは、手前勝手すきなことをしたりこしゃくをしても学者と云。本の学問でない。憂と云は、道を任じた人てなければない。垩賢の上にも、ことをとる人のはちこう。禹稷なとは気に付た憂なり。百姓どもふひんや。ああしてはをかれぬと憂ふ。御代官や役人にもある。これは理の憂なり。ここが道統の処。ききんや洪水は御役人方のかかり。道統は異端と云水、それ旱損ある。そこを憂るなり。理の世話、気の世話、この筋から孔子を堯舜にまさると云ぞ。されとも馬融か赤のうれんのことではない。天下の役人ではなく、浪人で何も憂ることはないに、道の明にないを憂るを明德新民分内當然のこと、張子の爲天地立心云々、浅見先生の、をれが大学を講ずるは万世の為に太平を開くじゃと云れしも、ここに本づいて云。世の朱子学のしらぬことなり。傳は、いつはしまったと云ことなく、これまてつたわったなり。それを思は子はがてんされたれども、そのつきてがない。そこで此書を書れた。
【解説】
「中庸何爲而作也。子思子憂道學之失其傳而作也」の説明。道学は道を学ぶということではない。後世になって様々な学問が出て来たので学問に道の字を付けて道学とした。道学は、道に付いた学ということである。憂うとは、道を任じた人でなければできないこと。禹稷などは気に付いた憂であり、御代官や役人は理に付いた憂である。
【通釈】
○「何爲」。ここから一決め決めて説き出す。食を喰うのに何の為ということはない。正月年礼に来るのに何の為とは言わない。夜中に来れば何の為と言う。論孟には何為ということはない。何為と言うのは、後に強かな訳がある。それを言う為である。「道學」とは、後世になって様々な学問をするので、学問に道の字を付けた。書経に甘盤に学び、論語に学而時習、十有五而志於学とあって、道学とはないが、聖人の世が遠くなり、学問ではないことをして学問だと言うので道の字が付くのである。道学は道を学ぶということではない。道に付いた学ということ。後世のは、手前勝手に好きな事をしたり小癪をしても学者と言う。それは本当の学問ではない。「憂」は、道を任じた人でなければない。聖賢の上にも、事を執る人のは違う。禹稷などは気に付いた憂である。百姓共が不憫だ。あのままにしては置けないと憂う。御代官や役人にもある。これは理の憂である。ここが道統の処。饑饉や洪水は御役人方の係り。道統は異端という水、それで旱損がある。そこを憂うるのである。理の世話、気の世話、この筋から孔子を堯舜にまさると言う。しかしながら、それは馬融の赤暖簾のことではない。天下の役人ではなく、浪人で何も憂うることはないのに、道が明でないのを憂うるのは、明德新民分内當然のこと、張子の爲天地立心云々、浅見先生が、俺が大学を講ずるのは万世の為に太平を開くのだと言われたのも、ここに基づいて言ったこと。それは世の朱子学の知らないこと。傳とは、何時始まったということではなく、これまで伝わったものである。それを子思は合点されたのだが、その継ぎ手がいない。そこでこの書を書かれたのである。
【語釈】
・甘盤に学び…書經說命下。「王曰、來汝說。台小子、舊學于甘盤、旣乃遯于荒野」。
・学而時習…論語學而1。「子曰、學而時習之、不亦說乎」。
・十有五志於学…論語爲政4。「子曰、吾十有五而志于學」。
・孔子を堯舜にまさる…孟子公孫丑章句上2。「宰我曰、以予觀於夫子、賢於堯舜遠矣」。
馬融か赤のうれん
・明德新民分内當然のこと…大學或問。「曰、天之明命、有生之所同得、非有我之得私也。是以君子之心豁然大公、其視天下無一物而非吾心之所當愛、無一事而非吾職之所當爲。雖或勢在匹夫之賤、而所以堯舜其君、堯舜其民者、亦未嘗不在其分内也。又況大學之敎、乃爲天子之元子衆子、公侯卿大夫士之適子、與國之俊選而設。是皆將有天下國家之責而不可辭者、則其所以素敎而預養之者、安得不以天下國家爲己事之當然、而預求有以正其本、淸其源哉」。
・爲天地立心…近思録爲學95。「爲天地立心、爲生民立道、爲去聖繼絶學、爲萬世開太平」。
・浅見先生…淺見絅齋。名は安正。重次郎と称す。初めは高島順良と称す。近江高島郡新儀村字太田の人。京都に住む。正徳1年(1711)12月1日没。年60。

蓋は、言ばはうたかい、心はうたがはぬ。理からをして云。丁ど人の家に先祖のあるやふなもの。見も聞もせ子とも、あるにはきはまりた。あると云、ないとも云くらいにはない。高祖の顔さへをぼへぬが、千年も前のことは知らぬけれども、理から押すなり。天地はじまっての先祖はあるには極った。天地には、始りには人物かよそ々々とをる。そのときおちらかしはないはつと云うちに、自然と天と同腹中な人が出る。垩神。垩人と云ことを、朱子の神と云字を出したに何も心はない。垩人は只の人と違い、天の志をつぐ。天と同腹中ゆへに、することが皆天と合。立極。道理の至極の処を立て、そこを、我も人も手本とすることなり。其通りをついでくるが道統の傳と云。これがどこから始りたと云ことはなく、自ら出来て来た。大学と中庸と継天立極は同じこと。大学は人を敎ること。中庸は手前のこと。大学で垩神とせず伏羲と書たは、伏羲の易が敎の始めゆへなり。習合の徒は神の字ある、それと云を馳走するが違たことなり。五百羅漢に似た皃ありとも親兄弟てはないはづ。ふる手屋冨沢町に吾定紋あるとも、一つにはされぬことなり。神道は神道て説くべし。孔子の易や子思の中庸と一つにするは御互に冝しくござらぬと云ことなり。大学中庸は一致なり。大学格致至善を身にもつと垩神なり。そこて神道の會に論語を出すと埀加不機嫌尤なことなり。神の字は垩德の妙を表して孟子の云はるる。よく垩神と云て、大学では伏羲神農黃帝とあるを伏羲などと云名をかけにしたはきこへた。伏羲垩人ゆへ執中はたしかなれとも、書経からきめるに伏羲か出ものになるゆへ、たた上古の垩神とかたる。
【解説】
「蓋自上古聖神繼天立極、而道統之傳有自來矣」の説明。理から推せば、天地が始まった時に先祖があったのは確かなことである。その内に自然と天と同腹中な人が出て、その人が天の志を継ぐ。「立極」は道理の至極であり、これを人が手本とするもの。中庸の序では聖神と言い、大学の序では伏羲を出したのは、伏羲が易の教えの始めだからである。
【通釈】
「蓋」は、言葉は疑い、心は疑わない。理から推して言う。それは丁度人の家に先祖のある様なもの。見ることも聞くこともできないが、あるには極まった。あると言い、ないとも言う位のことではない。高祖の顔さえ覚えてはいないし、千年も前のことは知らないが、理から推すのである。天地の始まった時に先祖があるには極まった。天地には、始まりには人物がよそよそといる。その時お散らかしはない筈と言う内に、自然と天と同腹中な人が出る。「聖神」。聖人ということを、朱子が神という字を出したのには別段の意はない。聖人は只の人とは違い、天の志を継ぐ。天と同腹中なので、することが皆天と合う。「立極」。道理の至極の処を立て、そこを、自分も人も手本とすること。その通りを継いで来るのを「道統之傳」と言う。これが何処から始まったということはなく、自ら出来て来た。大学と中庸と「継天立極」は同じこと。大学は人を教えること。中庸は自分のこと。大学で聖神とせずに伏羲と書いたのは、伏羲の易が敎えの始めだからである。習合の徒は神の字を馳走するが、それは違う。五百羅漢に似た顔があったとしても親兄弟ではない筈。富沢町の古手屋に自家と同じ定紋があったとしても、一つにはできない。神道は神道で説くべきである。孔子の易や子思の中庸と一つにするのはお互いに宜しくはないということ。大学中庸は一致。大学の格致至善を身に持つと聖神である。そこで神道の会に論語を出すと埀加が不機嫌となるのは尤もなこと。神の字は聖德の妙を表して孟子が言われた。よく聖神と言い、大学では伏羲神農黃帝とあるのを、伏羲などという名を欠けにしたのがよくわかる。伏羲は聖人なので執中は確かなのだが、書経から決めると伏羲が目立つことになるので、ただ上古の聖神と語った。
【語釈】
・大学で垩神とせず伏羲と書た…大學章句序。「一有聰明睿智能盡其性者出於其閒、則天必命之以爲億兆之君師、使之治而敎之、以復其性。此伏羲・神農・黄帝・堯・舜、所以繼天立極、而司徒之職、典樂之官所由設也」。
・ふる手屋…古手屋。古着・古物を売買する店。
・埀加…山崎闇齋。

ここも伏羲が道統得たの始なれども、易を出すと道統がゆるける。執中と云からでなくては、心法がきっと動ぬやうにならぬ。そこて、そっと伏羲をぬいたものなり。なれとも、上古に云々へこもってある。その道統のせふこ、經にあらわれたのはと、堯からみせたものなり。執と云はちからの入る字。手綱をとるの執なり。垩人に執と云ことは入らぬなれども、垩人はそう思はぬ。そこて垩も思は子は狂となるの処なり。そこで道理に中と云か子合がある。事をするにも中がある。大切なことと工夫をしめした。舜はじきに合点したまうた。其中を執たから、舜が堯の通りになったなり。重蕐帝にかなへりはここそ。そこて又禹に校るとき、をなじことを云て、その下に丁寧に云。これが堯の心をしってこまかに云なり。傳授と云は心のことなり。中を執と云は心法なり。中のことは心の吟味ゆへ、心のことが出子ばならぬ。舜の云心に二方ある。人心と道心なり。人心、からだについた心なり。これはさむいのあついのと云ことがある。惟危。さりとはあぶないものじゃ。あついさむいひだるいと云からしてそろ々々わるい方が出てくる。そこであぶない。道心は垩凡共にあるものなれとも、たっふりとなく、ちらり々々々とかすかなもの。人心のなぜあぶないと云に、こんなさむいにはと云て、親の日でも墓參もせぬ。寒いときこたつにあたっておるに、親がよぶと、なんのことじゃ、よばずともよかろうにと云。道心と云は、孝行はたれもよいと云ことは知て居る。それなら皆孝行するかと云にせぬ。すれは微なものなり。これを手置せずにどうせう。すててをくからわるいことをしてしまう。人心道心のうわさを云たことなり。
【解説】
「其見於經、則允執厥中者、堯之所以授舜也。人心惟危、道心惟微」の説明。「執中」は堯が舜に授けた語であり、舜はこれを禹に伝えるのに、人心道心を添えて言った。心は二通りあり、それは人心と道心である。人心は体についた心であり、危ういもの。道心は微かなもの。これらを捨てて置くから悪いことをする。
【通釈】
ここも伏羲が道統を得た始めのことだが、易を出すと道統がぬるける。「執中」ということからでなくては、心法がきっと動かない様にはならない。そこで、そっと伏羲を抜いたのである。しかしながら、それは「上古云々」に籠ってある。その道統の証拠が経に表れたものはと、ここは堯から見せたのである。執というのは力の入る字。手綱を執るの執である。聖人に執ということは要らないことだが、聖人はその様には思わない。そこで、ここが聖も思わなければ狂となるの処なのである。そこで道理に中という兼合いがある。事をするにも中がある。大切なことだと工夫を示した。舜は直に合点なさった。その中を執ったから、舜が堯の通りになったのである。重華協于帝はここのこと。そこで又禹に校る時、同じことを言って、その下にまた丁寧に言った。これが堯の心を知って細かに言ったもの。傳授というのは心のこと。中を執るというのは心法のことである。中のことは心の吟味なので、心のことが出なければならない。舜の言う心には二方ある。それは人心と道心である。人心は、体についた心である。これには寒いとか暑いとかということがある。「惟危」。それはそれは危ないものだ。暑い寒い饑いということからしてそろそろ悪い方が出て来る。そこで危ない。道心は聖凡共にあるものだが、たっぷりとはなくて、ちらりちらりと微かなもの。人心が何故危ないのかと言うと、こんなに寒いのではと言って、親の日でも墓参もしない。寒い時、炬燵にあたっていて、親が呼ぶと、何のことだ、呼ばなくてもよいだろうにと言う。道心というのは、孝行は誰もがよいということは知ていること。それなら皆孝行をするかといえばしない。それなら微なものである。これを手置しないでどうするのか。捨てて置くから悪いことをしてしまう。ここは人心道心の噂を言ったこと。
【語釈】
垩も思は子は狂となる
・重蕐帝にかなへり…書經舜典。「曰若稽古帝舜曰、重華協于帝、濬哲文明、溫恭允塞、玄德升聞。乃命以位」。
・允執厥中…書經虞書大禹謨。「人心惟危、道心惟微。惟精惟一、允執厥中」。

惟精は知惠の惣まくり。精と云は、かがみのうぶげまでみへるやふにするが精。そのやうにみがき立子ばならぬ。惟一は行の惣まくり。まっすぐに香車の行くやうに、知た通り行に出すこと。堯舜から傳左衛門迠知行の二つなり。惟精は致知格物。惟一は誠意正心。精一を知行に見るが学問の元祖なり。荀子などはここを見そこない、一を知の至極のやふに云た。精と一と二た鼻に云が朱子の定説、学問の元祖なり。ここを迂齋の、二の執中の字、上と下とをかへてみよ、と。精ひことなり。舜の方では精一の工夫をすると中が執られるそと云。堯のは、中をとると云がたん的の工夫なり。堯の一言、これて道統の心法はのこることはない。至と云は至極の処で云。此上はない。これぎりと云て尽すと云。それなら舜のむたことを云たかと云に、そうではない。復。一つものを云ときの字なり。下た染をして、復もう一へんかけたなり。別のことと思うな。かの堯のことなり。こう工夫すると、執中の処へをいつついて執られると云ことなり。庶幾。願望がこれでとどくと云なり。
【解説】
「惟精惟一、允執厥中者、舜之所以授禹也。堯之一言、至矣盡矣。而舜復益之以三言者、則所以明夫堯之一言、必如是而後可庶幾也」の説明。「惟精」は知恵の総捲りで、「惟一」は行の総捲りである。そこで、惟精は致知格物、惟一は誠意正心で、精一を知行として見るのが学問の元祖である。舜は精一の工夫をすると中を執ることができると言い、堯は中を執るというのが端的の工夫だと言う。
【通釈】
「惟精」は知恵の総捲り。精とは、鏡の産毛まで見える様にするのが精。その様に磨き立てなければならない。「惟一」は行の総捲り。真っ直ぐに香車が行く様に、知った通り行に出すこと。堯舜から傳左衛門まで知行の二つである。惟精は致知格物。惟一は誠意正心。精一を知行として見るのが学問の元祖である。荀子などはここを見損い、一を知の至極の様に言った。精と一と二鼻に言うのが朱子の定説、学問の元祖である。ここを迂齋が、二つの執中の字は、上と下とを替えて見なさいと言った。精しいことである。舜の方では精一の工夫をすると中を執ることができると言う。堯のは、中を執るというのが端的の工夫である。「堯之一言」。これで道統の心法は残すことはない。「至」というのは至極の処で言う。この上はない。これぎりと言って尽くすと言う。それなら舜は無駄言を言ったかといえば、そうではない。「復」。一つものを言う時の字である。下染めをして、またもう一遍かけたのである。別のことと思うな。あの堯のことである。この様に工夫をすると、執中の処へ追い付いて執ることができるというのである。「庶幾」。願望がこれで届くということ。
【語釈】
・傳左衛門…中田傳左衛門?東金市堀上の人。ここは特定の人を指して言ったのではない?
・迂齋…稲葉迂齋。黙斎の父。

蓋。程朱何れをろかはないが、ここらの書とりは程子の手ぎわでならぬ。程子のはさっと云た処はよいが、あとで公事の出來ることがある。朱子のは言がそろい切って、講釈にも及ぬと云ほどのこと。ただこれをかなに置せばふっくとすむ。蓋嘗云々。大事をとって云こと。天下の禅り渡しがこれてすむことゆへ、めったなことは云れぬはつぞ。虚灵知覚の四字連續がよい。人の心は虚灵なもの。虚灵は心の体で云、知覚は用で云。心はなにもなく、ふだんてら々々と明なを虚灵と云。知覚は、あたるとひびひて知るを云。鏡に物のうつるやふなもの。これは垩凡ちがいはない。南風はあたたかと知る。北風は寒いと知る。しかれは一なり。そふなれば、人心の、道心の、道理の、内のと云ことはありそもないものに、舜のわけて云たはどうしたことと云に、五尺のからだに充てをるが形気なり。父子一体と云ても、父のひだるいとき、子のはらはへらぬ。父が風をひいても、子がくさみは出ぬ。そこを形気の私と云。
【解説】
「蓋嘗論之。心之虛靈知覺、一而已矣。而以爲有人心・道心之異者、則以其或生於形氣之私」の説明。人の心は虚霊なもの。虚霊は心の体で言い、知覚は用で言う。それは鏡に物が映る様なもので、聖凡に違いはない。よって、一である。それでは何故人心と道心があるのかと言えば、五尺の体に形気が充ちているからであり、形気の私があるからである。
【通釈】
「蓋」。程朱はどちらも愚かではないが、ここらの書き取りは程子の手際ではならない。程子のはさっと言った処はよいが、後で公事が出来ることがある。朱子のは言が揃い切っていて、講釈するにも及ばないというほどのこと。ただこれを仮名に置せばふっくと済む。「蓋嘗云々」。大事をとって言うこと。天下の禅り渡しがこれで済むことなので、滅多なことは言えない筈。「虛靈知覺」の四字連続がよい。人の心は虚霊なもの。虚霊は心の体で言い、知覚は用で言う。心は何もなく、普段てらてらと明なことを虚霊と言う。知覚は、当たると響いて知ることを言う。鏡に物が映る様なもの。これは聖凡に違いはない。南風は暖かと知る。北風は寒いと知る。それなら一である。そうであれば、人心の、道心の、道理の、内のということはありそうもないものだが、舜が分けて言ったのはどうしたことかと言うと、五尺の体に充ちているのが形気である。父子一体と言っても、父が饑い時に子の腹は減らない。父が風邪を引いても、子が嚔は出さない。そこを「形氣之私」と言う。

性命の正は道理から出ることゆへに、なんでもちがいはない。なんぼひだるくても人の物は食ぬ、寒くても人のものは着ぬと云が性命の正なり。禽獣とちごうもここなり。ちょっと出来たを生と云、根から生へぬいたを原と云。迂斎の弁なり。寂滅為樂と悟っても、雪の降夜は寒くこそあれ。盃にむかへはかわる心なり。性命の心はさむくても頭巾をとる。形氣の方には勝手のわるいことなれども、性命の心で丁寧をする。然れは二つあるなり。どちへ出るも知覚なり。嬬子の井に入を見て、やれあぶないと云は性命の知覚。あついからうちわをもてこい云、形氣の知覚。同じ太皷を打にも、ふちへあたるとかっちとなる。皮へ當るとどんとなるようにちごふなり。今たび立の見まいなどするに、食傷するな、風ひくなは形氣の用心、めったな人につき合なと云は道心の用心するなり。親が子のたび立によく々々用心を云付るは性命と形気を兼て云なり。
【解説】
「或原於性命之正、而所以爲知覺者不同」の説明。性命の正は道理から出るので間違いはない。しかし、形気の私から出るものもある。そして、どちらに出るのも知覚による。
【通釈】
「性命之正」は道理から出ることなので、何でも違いはない。どれほど饑くても人の物は食わない、寒くても人の物は着ないというのが性命の正である。禽獣と違うのもここ。一寸出来たのを生と言い、根から生え抜いたのを「原」と言う。迂斎の弁である。寂滅為楽と悟っても、雪の降る夜は寒くこそあれ。盃に向かえば変わる心なりである。性命の心は寒くても頭巾を取る。形気の方には勝手の悪いことだが、性命の心で丁寧をする。それなら二つあるのであり、どちらへ出るのも知覚である。孺子が井戸に入るのを見て、やれ危ないと言うのは性命の知覚。暑いから団扇を持って来いと言うのは形気の知覚。同じ太鼓を打つにも、縁に当たるとかちっと鳴り、皮に当たるとどんと鳴る様に違うもの。今旅立ちの見舞いなどをするのに、食傷するな、風邪引くなと言うのは形気の用心、滅多な人に付き合うなと言うのは道心の用心をすること。親が子の旅立ちによくよく用心を言い付けるのは性命と形気を兼ねて言うのである。
【語釈】
・寂滅為樂…涅槃經。「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅爲樂」。

危殆。とうもあやうい。寒いとき酒が一盃のみたくなる。のむか非義ではないが、人のもつひ取てのみたくなる。親の羽織を一寸と着てみよ、あたたかそ。そこは人心ぞ。親かよこせと云とき、はややりともなくなる。それ、ふみはずすとわるくなるから危殆と云なり。微妙云々。仁義礼智の心はあっても微ておさへられぬ。馬などはしばってをかれるが、心と云ものはしばられぬ。仏者は人心をなくしたがる。人心を勘當したらあとがよかろう。とうも勘當がならぬ。形へついたものゆへ、形があっては無しやふはない。上智ても、形を持たふせふには無いと云ことはない。下愚は道心はもつまいと云に、難有ことには天から拜領してもって居るゆへわるいことはかくす。雪がふれば垩人も下愚も同くさむい。人に心をもたぬものはないが、心を知らぬ。朱子の此御咄て初て知る。方寸は、列子の中に心の居処は一寸四方と云意から、心のことを方寸と云。今鬼の目に泪とは道心かこぼさせる。わるいをするのは多く人心から出るなり。
【解説】
「是以或危殆而不安、或微妙而難見耳。然人莫不有是形。故雖上智、不能無人心。亦莫不有是性。故雖下愚、不能無道心。二者雜於方寸之閒」の説明。仏者は人心を無くしたがるが、人心は形へ付いたものなので、上智であっても無くすことはできない。一方下愚にさえも道心はある。心を持たない人はいないが、心を知る者がいない。
【通釈】
「危殆」。どうも危うい。寒い時には酒を一盃飲みたくなる。飲むのが非義ではないが、人のもつい取って飲みたくなる。親の羽織を一寸着てみなさい、暖かいぞ。そこは人心である。親が寄こせと言う時、もう遣りたくなくなる。それ、踏み外すと悪くなるから危殆と言うのである。「微妙云々」。仁義礼智の心はあっても微で押えられない。馬などは縛っておくことができるが、心というものは縛ることができない。仏者は人心を無くしたがる。人心を勘当したら後がよいだろう。しかし、どうも勘当することができない。形へ付いたものなので、形があっては無くしようはない。上智でも、形を持った以上は、人心が無いということはない。一方、下愚は道心を持たないだろうと思えば、有難いことには天から拝領して持っているので悪いことは隠す。雪が降れば聖人も下愚も同じく寒い。人で心を持たない者はないが、心を知らない。朱子のこの御咄で初めて知る。「方寸」は、列子の中に心の居処は一寸四方と言う意から、心のことを方寸と言う。今鬼の目に泪とは、道心が零させる。悪いことの多くは人心から出るのである。
【語釈】
・方寸…列子仲尼。「文摯乃命龍叔背明而立、文摯後向明而望之。旣而曰、嘻、吾見子之心矣、方寸之地虛矣。幾聖人也。子心六孔流通、一孔不達。今以聖智爲疾者、或由此乎。非吾淺術所能已也」。

さて此方寸の中にある道心と人心の治め方がわるく、かたつけやふをしらぬから、たんとひょんなものになるなり。今日の人の心は大判振舞のあとで椀をやりばなしに箱へ入れる様なもの。をさまらぬ。本の通りに箱へ入れて入れるとすっはりとをさまる。それをやりばなしに無理に入れるから、湯とうの口がとれたり蓋がかけたりする。迂斎、治の字の弁なり。坪は坪、平は平と、それ々々の袋へ入る様に治めやふを知ると、箱にとっくと治る。人心道心の治めやうのわるいひょうしからして、とほうもないことになる。人心道心とも、もののとりあつかいを知ぬとそれからだん々々わるく、なりゆきが卒、とふ々々なれのはて。人心の治めやうがわるいから人欲がはばをする。人心に尤をつけると人欲になる。程子はここを見ぬいて、始から人心は人欲と云た。霜を履て堅き氷にいたる沢一が、今一盃が人欲と云へり。細な工夫ぞ。沢一は管仲より上座するもここの吟味なり。飯は精を不厭と云ている中に、これがくろいを食はれるものかと云。人心もなくてはならぬと云うちに、すこしふみはずすと人欲へをちる。そこて精一の工夫がいる。精[くわしい]と云点はわるい。せいと云がよい。舜のををせられたのは、此二者之間はっきりとみわけること。孟子に先務を急にすとはこんな処。知惠の吟味の入ると云もこんな処をはっきりとわけること。人心を下座へさげる。仏は無くしたがる。
【解説】
「而不知所以治之、則危者愈危、微者愈微、而天理之公、卒無以勝夫人欲之私矣。精則察夫二者之閒而不雜也。一則守其本心之正而不離也。從事於斯、無少閒斷」の説明。人心道心の治め方が悪いと途方もないことになる。人心の治め方が悪いから人欲が幅を利かす。人心を尤もだとすると人欲になる。程子はここを見抜いて、始めから人心は人欲だと言った。人心と道心とをはっきりと見分けなければならない。
【通釈】
さてこの方寸の中にある道心と人心の治め方が悪く、片付け方を知らないから、大いにひょんなものになる。今日の人の心は椀飯振舞の後で椀を遣りっ放しに箱へ入れる様なもの。それでは収まらない。本来の通りに箱へ入れるとすっぱりと収まる。それを遣りっ放しに無理に入れるから、湯桶の口が取れたり蓋が欠けたりする。迂斎の治の字の弁である。坪は坪、平は平と、それぞれの袋へ入れる様に治め方を知ると、箱にすっかりと治まる。人心道心の治め方が悪い拍子から、途方もないことになる。人心道心共にものの取扱いを知らないと、それから段々悪くなって、最後は「卒」で、とうとう成れの果となる。人心の治め方が悪いから人欲が幅を利かす。人心に尤もを付けると人欲になる。程子はここを見抜いて、始めから人心は人欲だと言った。霜を履んで堅き氷に至る。沢一が、今一盃が人欲だと言った。細かな工夫である。沢一は管仲よりも上座すると言うのもここの吟味からである。食不厭精と言っている中に、この黒いのを食えるものかと言う。人心もなくてはならないと言う中に、少し踏み外すと人欲へ落ちる。そこで精一の工夫がいる。精[くわしい]という点は悪い。せいというのがよい。舜が仰せられたのは、「夫二者之閒」をはっきりと見分けること。孟子に先務を急にすとあるのはこんな処。知恵の吟味が要ると言うのもこんな処をはっきりと分けること。人心を下座へ下げる。仏は無くしたがる。
【語釈】
・霜を履て堅き氷にいたる…易經坤卦。「初六。履霜。堅冰至」。
・沢一…大神澤一。筑前早良郡原の人。瞽者。享保10年(1725)12月1日没。年42。
・飯は精を不厭…論語郷黨8。「食不厭精、膾不厭細」。
・先務を急にす…孟子盡心章句上46。「堯舜之知而不徧物、急先務也」。

中庸では仲間でも入らぬとは云はぬ。ただごたまぜにせぬ。ごたまぜにしてをくと人欲の御馳走がすぎるから、わがままをする。今子共をそだてるに、あいらとまじわるなと云。不雜なり。人の子のわるいを、そだてがわるいからと云は雜たなり。朱子の文字の用よう、こまかにみよ。不雜不離できまる。中庸のぎり々々と云もこれなり。つまり、理を主にして気をつかうこと。何でもこれが道心と云処をつかまへてはなさぬ。学問と云もとど理へをちること。ここのさばきを知行てすると云て道統は得られる。そのことを平生仕事にしている。法然が念佛を云ながら洗濯せよと云たもこれ。をりあらばちと学問にも立さはろふと云位のことではない。間断のないと云は心のこと。心に間断があるとじきに邪気が入る。からだはやすむがよいが、心に非番はない。道心の至がないから人欲が入る。旦那が早くをきてしゃんとして居るから、家來が我侭はならぬ。
【解説】
人心と道心とをごた混ぜにすると人欲が幅を利かすから、ごた混ぜにしてはならない。理を主にして気を使い、道心を捉まえて離さない様にする。また、心に非番はない。心に間断があると直に邪気が入る。
【通釈】
中庸では仲間でも入らないとは言わない。ただごた混ぜにはしない。ごた混ぜにしておくと人欲の御馳走が過ぎるから、我儘をする。今子供を育てるのに、あいつ等と交わるなと言う。これが「不雜」である。人の子の悪いところを、育てが悪いからと言うのは雜ったのである。朱子の文字の用い様を細かに見なさい。「不雜不離」で決まる。中庸のぎりぎりというのもこのこと。つまり、理を主にして気を使うこと。何でもこれが道心という処を捉まえて離さない。学問というのもつまりは理へ落ちること。ここの捌きを知行でするというので道統が得られる。そのことを平生仕事にしている。法然が念仏を言いながら洗濯をせよと言ったのもこれ。折あれば一寸学問にも立ち障ろうという位のことではない。間断がないというのは心のこと。心に間断があると直に邪気が入る。体は休むのがよいが、心に非番はない。道心の至がないから人欲が入る。旦那が早く起きてしゃんとしているから、家来が我儘をすることができない。

必と云は必定をつめてかいた。人心は舟のやふなもの。風次第にゆくを道心の柁できりりとしめる。人心が子むいと云と道心が声をかける。つまる処、垩凡のちかいは人心道心のさばきはかりなり。垩人は道心のあたたかになったのなり。古の三公が何の役もなく天子の御側へ出て、この道心の咄をなさるることなり。天下を治ると云も心でする。道心を主とすると下も其通りになる。これか皇極を立るなり。桀紂は人心しだいにしたゆへなり。肉へついたものが道理の通りになるゆへ危いものが安くなる。正燈寺の紅葉見にゆくと親が安堵せぬ。道心が主になると苦労はせぬ。今は凡夫のよい松茸や松露をさがしてありく。著と云は、たっふりとあって尋るやふなことはない。道心だらけなり。すっはりと天理になるゆへ、立ち居為事の上が動容周旋云云なり。ここを庶幾えあててみるがよい。たりるのすぎたのと云ことはなくなるは中なり。皆心のことで、なんでも心でないことはない。
【解説】
「必使道心常爲一身之主、而人心每聽命焉、則危者安、微者著、而動靜云爲、自無過不及之差矣」の説明。人心は舟の様なもので風次第に行く。これを道心の柁できりりと締める。道心だらけになれば天理と同じになるので過不及ということはなく、中となる。
【通釈】
「必」というのは必定を詰めて書いたもの。人心は舟の様なもの。風次第に行くのを道心の柁できりりと締める。人心が眠いと言えば道心が声を掛ける。詰まる処、聖凡の違いは人心道心の捌きだけのことである。聖人は道心が暖かになったのである。古の三公が何の役もなく天子の御側へ出て、この道心の咄をなさるること。天下を治めるというのも心でする。道心を主とすると下もその通りになる。これが皇極を建てるということ。桀紂は人心次第にしたので滅んだ。肉に付いたものが道理の通りになるので危ないものが安くなる。正燈寺の紅葉を見に行くと親が安堵しない。しかし、道心が主になると苦労はしない。今は凡夫がよい松茸や松露を探して歩く。「著」は、たっぷりとあって尋ねる様なことはない。道心だらけのこと。すっぱりと天理になるので、立ち居や事をする上が動容周旋云云である。ここを庶幾に当てて見なさい。足りるの過ぎたのということのなくなるのは中である。皆心のことで、何でも心でないことはない。
【語釈】
・皇極を立る…書經洪範。「天乃錫禹洪範九疇。彝倫攸敍。初一曰、五行。次二曰、敬用五事。次三曰、農用八政。次四曰、協用五紀。次五曰、建用皇極。次六曰、乂用三德。次七曰、明用稽疑。次八曰、念用庶徵。次九曰、嚮用五福、威用六極」。
・正燈寺…江戸の紅葉の名所に下谷の正燈寺と品川の海晏寺がある。海晏寺の近くには品川遊郭があり、正燈寺の近くには吉原があった。
・動容周旋云云…孟子盡心章句下33。「孟子曰、堯舜、性者也。湯武、反之也。動容周旋中禮者、盛德之至也」

夫。これから堯舜へかへす。思子中庸と名付たもきこへた。垩人と云にも大垩、どこへ出しても点のさしてはない垩人とつよく云なり。なんても事の上には経重があるが、天下を傳るほと大きなことはない。それじゃから大なことが出るかと思うに、只中を執れと云た。すれはこの上にない大いこと。道統のをこりは堯・舜・禹・成湯・文・武迠ひいてきた。成湯・文・武の天下を治めたと云もこの中を執の心法て治めた。それて大全や蒙引が語を出たのは下手なことなり。垩賢は人の本体なり。語を出さずとも仕たことでしれている。漢以来、いくらも一本つかいの陳平・周勃などでも垩賢の世へ出るとうごきはとれぬ。丁ど油の中へ水のちょっほりさしたやふなもの。これほとのことゆへ、皐陶・伊・傅・周・召の道統をついだは、あの時に老中役の勤まったでしれている。語をひくは了簡違なり。管中などがあれほどなものでも、あれも重宝なものとみなをしてやるでなければ禹・湯・文・武の用には立ぬ。今大学衍義などをみて、力らがなければ漢唐の才力あるものが道統の末座におるやふに思ふであろふが、中々そふしたことではない。道統の段になると、あいらはよってもつかぬこと。心根がちがう。孔子の管仲をほめたは其功を。中々道統のたんになるとさがれ々々々と云。及びもないこと。堯舜のとき宦仲出ると、其方は弟子職の作者か。静なれは言ひ用れは違ふと訶らるる。皐陶・伊・傅は垩人と同腹中。そこか道統なり。此時分に下腹に毛のないやつは一人もなし。その筈そなり。これ精これ一なり。
【解説】
「夫堯・舜・禹、天下之大聖也。以天下相傳、天下之大事也。以天下之大聖行天下之大事。而其授受之際、丁寧告戒、不過如此、則天下之理、豈有以加於此哉。自是以來、聖聖相承、若成湯・文・武之爲君、皐陶・伊・傅・周・召之爲臣、旣皆以此而接夫道統之傳」の説明。朱子は、道統の起こりを堯・舜・禹として、それから成湯・文・武までを引いて出した。成湯・文・武も執中の心法で天下を治めた。それは彼等の事業でわかることであり、皐陶・伊・傅・周・召が道統を継いだのも、あの時の彼等の勤め振りを見ればわかること。大全や蒙引で語を出して説く必要はない。
【通釈】
「夫」。これから堯舜へ返す。子思が中庸と名付けたのもよくわかる。聖人と言うにも大聖と、何処へ出しても点の指し手はない聖人と強く言ったのである。何でも事の上には軽重があるが、天下を伝えることほど大きなことはない。それだから大きなことが出るかと思うと、只中を執れと言った。それならこの上ない大きなこと。道統の起こりは堯・舜・禹で、それから成湯・文・武まで引いて来た。成湯・文・武が天下を治めたというのもこの中を執れの心法で治めた。それで、大全や蒙引が語を出したのは下手なことなのである。聖賢は人の本体である。語を出さなくても行った事で知れている。漢以来、いくら一本使いの陳平や周勃などでも聖賢の世へ出ると動きは取れない。丁度油の中に水がちょっぽり差した様なもの。これほどのことなのであり、皐陶・伊・傅・周・召が道統を継いだのは、あの時に老中役の勤まったことで知れている。語を引くのは了簡違いである。管仲などがあれほどの者であっても、あれも重宝なものだと見直してやるのでなければ禹・湯・文・武の用には立たない。今大学衍義などを見て、力がなければ漢唐の才力ある者が道統の末座にいる様に思うだろうが、中々そうしたことではない。道統の段になると、あいつ等は寄り付きもできない。心根が違う。孔子が管仲を誉めたのはその功を誉めたのである。中々道統の段になると下がれ下がれと言う。及びもないこと。堯舜の時に管仲が出ると、お前は弟子職の作者か。静なれば言い用うれば違うと訶られる。皐陶・伊・傅は聖人と同腹中。そこが道統である。この時分に下腹に毛のない奴は一人もいない。その筈である。惟精惟一である。
【語釈】
・孔子の管仲をほめた…論語憲問17。「子路曰、桓公殺公子糾。召忽死之。管仲不死。曰、未仁乎。子曰、桓公九合諸侯、不以兵車、管仲之力也。如其仁、如其仁」。
・下腹に毛のない…下腹に毛が無い。老狼は下腹に毛がないという言い伝えから、老獪な人物にいう。

ここてとめてをいて、若吾夫子と孔子を出す。浪人で居られて米一舛も施たことはないか、万世に道を明にせられた。難有ことなり。堯舜は位でくらべると大ちがいなれども、功を論ずると堯舜の上へゆく。きついものにまされた。見而知之は孟子の字で、道統を語るときの字なり。三千子の中から七十人ふるひ出し、それを又だん々々ふるったれば顔曽ただ二人得其宗。氣を付てみよ。あとのものにみないとまをやると云ことではない。丁と十人子がありても家督一人なり。三千子の中で道統の家督は只二人なり。たんとあるをうれしがるは俗学なり。熊耳某しに云、今迠の大家と云は足下の大人と南郭じゃと云た。これは講堂に下駄や草履の多いで云たことなり。得子思。もふけたと云なり。さて々々ありがたいうれしい字なり。去垩云々。花はしぼんてもまた匂ふと云が、それもないゆへに異端が虚に乘して物さびしい処へ出る。孔子の道がはきとしていると出ることはならぬ。
【解説】
「若吾夫子、則雖不得其位、而所以繼往聖、開來學、其功反有賢於堯・舜者。然當是時、見而知之者、惟顏氏・曾氏之傳得其宗。及曾氏之再傳、而復得夫子之孫子思、則去聖遠、而異端起矣」の説明。道を明らかにしたのは孔子である。その弟子は三千子であったが、道統と継いだのは顔子と曾子の二人だけだった。子思の出た時は、異端が虚に乗じて起こった。
【通釈】
ここで止めておいて、「若吾夫子」と孔子を出す。浪人でおられて米一升も施したことはないが、万世に道を明にされた。有難いことである。堯舜とは位で比べると大違いだが、功を論ずると堯舜の上へ行く。凄い者よりも勝っているのである。「見而知之」は孟子の字で、道統を語る時の字。三千子の中から七十人篩い出し、それを又段々と篩えば「惟顔氏曾氏之傳得其宗」。気を付けて見なさい。他の者には皆暇を遣るということではない。丁度十人子があっても家督は一人である。三千子の中で道統の家督は只二人だけである。沢山あるのを嬉しがるのは俗学である。熊耳が私に、今までの大家というのは貴方の父上と南郭だと言った。これは講堂に下駄や草履の多いことで言ったこと。「得子思」。儲けたということ。さてさて有難い嬉しい字である。「去聖云々」。花は萎んでもまた匂うと言うが、それもないので異端が虚に乗じて物寂しい処へ出る。孔子の道がはっきりとしていると出ることはできない。
【語釈】
・見而知之…孟子盡心章句下38。「孟子曰、由堯舜至於湯、五百有餘歳、若禹・皐陶、則見而知之。若湯、則聞而知之云々」。
・熊耳…大内熊耳。漢学者。奥州三春熊耳村の人。江戸に出て秋元澹園に師事、後に荻生徂徠に学ぶ。その後京都に上り伊藤東涯に会い、長崎で講説し、江戸の戻って服部南郭の指導を受けた。後に肥前唐津藩の儒者となる。元禄10年(1697)~安永5年(1776)。
・南郭…服部南郭。江戸中期の儒学者・詩人。名は元喬。京都の人。柳沢吉保に仕え、荻生徂徠に学び、古文辞を修め、詩文に長じた。1683~1759。

愈の字の二字あるを氣を付てみよ。今でさへこふじゃから、これから先はどうなるも知れぬ。これが道統の傳の失んことを憂るなり。孟子の書にも道と書ずに真と書てある。今の仏のあやあるも、真とは云れぬ大いことあるなり。儒もそれで、中には異端もちとまぜてとくもあるゆへに真の処へ水をさす。真と云処になると毛筋ほどの処にも吟味がある。大学の至善、中庸の誠は真なり。平日所聞は曽子のこと、父子は孔子のこと。これはいろ々々説がある。迂斎は孔子と云へり。其師父のことを根にしてこの中庸をかかれた。孔子の語を出しては手前の語をだん々々せられた。ここにあてなしに後學者と書たが道学の傳のことなり。たれであろふと合点する學者のこと。それをあとに程子の孟子に授と云たは、孟子があとから出て道統を受取たにより書たもの。丁どうかむせやの大矢数のよふなもの。たれにさすと云ことはなけれども、あとから出て其人がつぐ。
【解説】
「子思懼夫愈久而愈失其眞也。於是推本堯・舜以來相傳之意、質以平日所聞父師之言、更互演繹作爲此書、以詔後之學者」の説明。「真」とは、大学の至善、中庸の誠である。儒の中には異端も一寸混ぜて説く者もあるが、それが真の処へ水を差すということ。孔子から子思へと道統が伝わり、それをまた孟子が継いだ。
【通釈】
「愈」の字が二字あるのを気を付けて見なさい。今でさえこうだから、これから先はどうなるとも知れない。これが道統の傳の失わんことを憂うるということ。孟子の書にも道と書かずに真と書いてある。今の仏の綾あるのも、真とは言えないことが沢山ある。儒もそれで、中には異端も一寸混ぜて説く者もあるので真の処へ水を差す。真という処になると毛筋ほどの処にも吟味がある。大学の至善、中庸の誠は真である。「平日所聞」は曾子のことで、「父子」は孔子のこと。これには色々な説がある。迂斎は孔子だと言った。その師父のことを根にしてこの中庸を書かれた。孔子の語を出しては自分の語を段々と書かれた。ここに当てなしに「後之學者」と書いたが、これが道学の傳のこと。誰であろうと合点する学者のこと。それを後に程子が孟子に授くと言ったのは、孟子が後から出て道統を受け取ったから書いたもの。丁度浮かぶ瀬やの大矢数の様なもの。誰を指すということはないが、後から出てその人が継ぐ。
【語釈】
・程子の孟子に授と云た…中庸小序。「此篇乃孔門傳授心法。子思恐其久而差也。故筆之於書、以授孟子」。
・大矢数…矢数俳諧のこと。俳諧形式の一。弓術の大矢数にならって、一夜一日もしくは一日の内に独吟で早く多数の句を作り続けて吟じ、句数を競う俳諧。

蓋。道統の傳へかへして見ること。凡夫の不作を憂へ、むすこのあほうを憂とはちがう。凡人のとんと氣の毒がらぬことなり。其憂ひやふが并や大ていのことではない。我子の初旅のときはとなりの子とは違ふ。箱根で必ず馬にのるな、名物もめったに食ふなと深切なり。慮。今なにもない先のことを思うなり。迂齋の云、屋鋪の界へさいかちを植ろ、と。達磨が出てもこの中庸でふせぐ。達磨が出ぬ前に思子のさいかちを植てをかれた。異端が高ぞれたことを云と、中庸が、をれが女房が夕部産をしたと、ひくいことで打てしめる。なんてもさま々々なことが三十三章にしてある。どこからきても異端のにげばのないよふにしてある。説ことのつまひらかな中で堯舜に合ふことをみせたも、巻頭に天命云々と云が堯の道心なり。とんとこれでちがいはない。割符が合ている。朱子の是迠の書をあちへやりこちへいりやりてみたが、この弁、とくとなんこと々々々々しらべみたこと。前垩の書よりすっはりとこの中庸に云てある。さればこそ、道の証文なり。証文はもめがみではならぬ。明且尽云々。ここが証文の処へもどす処なり。いくら異端がかれこれ云ても、証文を出すと明なり。何ぞのときに役に立よふとをもふて証文を丁寧に書。論孟ちょい々々々とその塲々で咄したこと。此中庸の様にすっはりとかいた書はない。
【解説】
「蓋其憂之也深。故其言之也切。其慮之也遠。故其說之也詳。其曰天命率性、則道心之謂也。其曰擇善固執、則精一之謂也。其曰君子時中、則執中之謂也。世之相後千有餘年、而其言之不異、如合符節。歴選前聖之書、所以提挈綱維、開示蘊奧、未有若是之明且盡者也」の説明。論孟はその場その場で話したことが書かれているが、中庸は証文を丁寧に書いたもの。これほど明らかで尽くしてある書はない。
【通釈】
「蓋」。道統の傳へ返して見なさい。凡夫が不作を憂え、息子の阿呆を憂うのとは違う。凡人が全く気の毒がらないことである。その憂い様が並や大抵のことではない。我が子の初旅の時は隣の子とは違う。箱根では必ず馬に乗るな、名物も滅多に食うなと深切である。「慮」。今何もない先のことを思う。迂斎が、屋敷の界に皀莢を植えろと言った。達磨が出てもこの中庸で防ぐ。達磨が出ない前に子思が皀莢を植えておかれた。異端が高逸れたことを言うと、中庸が、俺の女房が昨夜産をしたと、卑いことで打って締める。何でも様々なことを三十三章にしてある。何処から来ても異端の逃げ場のない様にしてある。説くことの詳らかな中で堯舜に合うことを見せた。巻頭に天命云々と言うのが堯の道心である。全くこれで違いはない。割符が合っている。朱子がこれまでの書をあちへやりこちへやりして見たが、この弁は、とっくりと何事か何事かと調べてみたこと。前聖の書よりもすっぱりとこの中庸の中に言ってある。それでこそ、道の証文である。証文は揉紙ではならない。「明且盡云々」。ここが証文の処へ戻す処である。いくら異端がかれこれ言っても、証文を出すと明である。何ぞの時に役に立てようと思って証文を丁寧に書く。論孟はちょいちょいとその場その場で咄したもの。この中庸の様にすっぱりと書いた書はない。
【語釈】
・さいかち…皀莢。マメ科の落葉高木。山野・河原などに自生、しばしば栽培される。茎・枝に多数のとげがあり、葉は複葉。
・もめがみ…揉紙?揉んで皺を立たせた和紙。紙を筆軸など丸い棒にまきつけて押しつぶし、皺を立てたもの。手遊びの人形の髪などを作る。縮緬紙。

聽得不謬、記得頗詳。悉珎慰々々。二月二日。
【読み】
聽き得て謬らず、記し得て頗る詳し。悉く珎慰々々。二月二日。


中庸一六筆記 二月朔日  惟恭
【語釈】
・二月朔日…寛政1年(1789)年2月1日。
・惟恭…秋葉惟恭。松太郎と称す。東金市押堀の人。

自是而又再傳。堯舜から孔子迠は書なしに來た道統。子思からは中庸を出して割符を合する。自是は中庸をさして云。再傳を孟子の序のやふに心得ると違ふ。直弟子にもせよ、又弟子にもせよ、子思から二度目のつぎてなり。柯先生の、遠遊記行と云は初てのこと。再遊記行は二度目のこと。是再の字と同じ。得ると云字は男子を設けたと云意でちそふして云、うれしい字ぞ。得の字もと何のこともないが、中庸だけにあんばいして読ま子ばならぬ。さて孟子の道統を得た証拠と云は中庸を合点されたゆへぞ。孟子七篇皆中庸なり。さて々々をしいことには一代ぎりなり。遂とふ々々火が消たやふになった。孟子の御存生のうちはわたもちの中庸ぞ。死でからは中庸の書ばかりなり。寄は竒宿の寄て、孟子のからだに中庸が逗留して居た。死後には書ばかりになった。言語文字云々。迂斎の、髙札のやふなもの。高札ばかり有っても番人がないゆへ、此梅枝折べからずと有てもつい折るぞ。孟子の生て居るうちは異端があっても口をきくことならぬ。死後に虚に乘して出る。観世が居るときは誰も謡ことはならぬ。かへると国なまりでいやな節を謡出すやふに、異端がいやなふしを謡出す。佐藤子冬至文を看よ。道学と云ものを任すること尋常の看にあらず。
【解説】
「自是而又再傳、以得孟氏。爲能推明是書、以承先聖之統。及其沒而遂失其傳焉、則吾道之所寄、不越乎言語・文字之閒。而異端之說、日新月盛」の説明。孔子までは書なしの道統で、子思からは中庸の書の道統である。その間に孟子が出たが、それは一代限りのものだった。孟子の死後、異端が勢力を付けた。
【通釈】
「自是而又再傳」。堯舜から孔子までは書なしに来た道統。子思からは中庸を出して割符を合わす。「自是」は中庸を指して言う。「再傳」を孟子の序の様に心得ると違う。直弟子にもせよ、又弟子にもせよ、子思から二度目の継手である。柯先生が、遠遊記行というのは初めてのこと。再遊記行は二度目のことだと言った。この再の字と同じである。「得」という字は男子を儲けたという意で、馳走して言う嬉しい字である。得の字は元々は何のこともないのだが、中庸だけに塩梅して読まなければならない。さて孟子が道統を得た証拠とは、中庸を合点されたゆえのこと。孟子七篇は皆中庸である。さてさて惜しいことには一代限りである。「遂」にとうとう火が消えた様になった。孟子の御存生の内は腸持の中庸である。死んでからは中庸の書ばかりとなった。「寄」は寄宿の寄で、孟子の体に中庸が逗留していた。死後には書ばかりになった。「言語文字云々」。迂斎が、高札の様なものだと言った。高札ばかりが有っても番人がないので、この梅枝折るべからずと有ってもつい折る。孟子の生きている内は異端がいても口を利くことならなかった。死後に虚に乗じて出る。観世がいる時は誰も謡うことはならない。帰ると国訛で嫌な節を謡い出す様に、異端が嫌な節を謡い出す。佐藤子の冬至文を看なさい。道学というものを任ずることは尋常の看ではない。
【語釈】
・柯先生…山崎闇齋。

徒と云はあちの方と云ことなり。異端の中でも老荘は垩人の道にふれ大なことを云ゆへ、いこふ理に近い。似せ人參や似せ金なり。うるさいものそ。これからは朱子のあちのことをよふ合点せられて云たもの。仁斎が、朱子の老佛ひいきして近と云ととって、あれほど遠ひものをと云が知らぬからなり。打て違ったことはうるさくはない。道と云ものは形のないもので繪にも書れぬもの。こちの無聲無臭もあちの虚無寂滅もどちらも形ないこと。それゆへ大抵な学問ではまごふ。加羅と末香のやふなればまがいはせぬ。退之が仏骨の表を書て佛をひらき潮川へ流された。これは理に遠い処の佛をひらいた。これほどて仏骨の表を書ても大顚にまどはされた。これは理に近い処で迷ふたなり。さてどこが近くて大乱眞と云へば、中庸でなくては吟味ならぬ。
【解説】
「以至於老・佛之徒出、則彌近理而大亂眞矣」の説明。異端の中でも老荘は大層理に近いので煩いもの。仁斎は儒学と老荘は遠く懸け離れたものだと思っているが、それは知らないからである。韓退之が仏骨の表を書いたのは理に遠いところの仏を攻撃したのであり、大顚に惑わされたのは、理に近い処で迷ったのである。
【通釈】
「徒」とは、あちらの方ということ。異端の中でも老荘は聖人の道に触れて大きなことを言うので、大層理に近い。偽人参偽金であって煩いもの。これからは朱子があちらのことをよく合点されて言ったもの。仁斎が、朱子が老仏を贔屓して「近」と言うととって、あれほど遠いものをと言うのが知らないからである。打って違ったことは煩くはない。道というものは形のないもので絵にも書けないもの。こちらの無声無臭もあちらの虚無寂滅もどちらも形のないこと。そこで大抵な学問では紛う。加羅と末香の様であれば紛いはしない。退之が仏骨の表を書いて仏を闢き潮州へ流された。これは理に遠い処の仏を闢いたのである。これほどで、仏骨の表を書いても大顚に惑わされた。これは理に近い処で迷ったのである。さて何処が近くて「大亂眞」かと言うと、それは中庸でなくては吟味することはできない。
【語釈】
・仁斎…伊藤仁齋。江戸前期の儒学者。名は維楨。通称、源佐。京都の人。初め朱子学を修め、のち古学を京都堀川の塾(古義堂)に教授。諡して古学先生。1627~1705。
・退之…韓愈。唐の文章家・詩人。唐宋八家の一。字は退之。号は昌黎。
・大顚…韓退之は、潮州に左遷された際、当地の傑僧大顚禅師と交流する。

此書と云に氣を付てみよ。ここが直方先生の火打なり。垩人の道が火が消たやふになったれとも、火打が残ってあるゆへ程子が打つけた。考はじきに書をつかまへて云。考と云ても誹諧師の歳旦を考ると云やふなあたりではなく、此中庸と云書を考たによってと云こと。續夫千載云々。ここが程子の中庸と并ぶ処。最初書をはなさぬと云たもここの処なり。緒は、道統の糸口なり。據と云も中庸をはなさず、此書によってさらは老仏をすててはをかれまいと、中庸をえふに立て大江山へ鬼神退治にゆかれた。二家は老仏を云。かの老仏は垩人の道にふき矢を射かけるゆへ、中庸でなければ辨じられぬ。これでみれば中庸と云書の手抦と云もすさまじいことなり。中庸がなくは、程子ぐるみどうなるかもしれぬ。されども火打があっても程子と云打てがなくてはならぬ。微はちそふしていふ字なり。微管仲の、微樊噲の微せばなり。得其心。心と云は中庸傳授の処を云。只口先で講釈するは通じなり。心を得と云、中庸心法を得た人を云。をかしいことには、中村深藏殿が梁の武帝じゃの宋の范中淹しゃの、日本の清原頼業高倉の帝のと、博識にまかせて中庸を読た人をかぞへられた。それは一万人読ても心に得ぬゆへ役に立ぬ。丁ど人足が冨士山を通るやふなもの。一つも役に立ぬ。西行は得心て見るなり。
【解説】
「然而尙幸此書之不泯。故程夫子兄弟者出、得有所考、以續夫千載不傳之緒、得有所據、以斥夫二家似是之非。蓋子思之功、於是爲大。而微程夫子、則亦莫能因其語而得其心也」の説明。程子が中庸を見て考え、老仏を攻撃した。それは中庸の書があったからであり、また、程子がいたからできたことである。
【通釈】
「此書」というのを気を付けて見なさい。ここが直方先生の火打である。聖人の道が火が消えた様になったが、火打が残っているので程子が打ち点けた。「考」は直に書を捉まえて言う。考と言っても誹諧師の歳旦を考えるという様なあたりではなく、この中庸という書を考えたによってということ。「續夫千載云々」。ここが程子の中庸と並ぶ処。最初に書を離さないと言ったのもここの処。「緒」は、道統の糸口である。「據」というのも中庸を離さず、この書によって、それでは老仏を捨てては置けないと、中庸を號帯に立てて大江山へ鬼神退治に行った様なこと。「二家」は老仏を言う。あの老仏は聖人の道に吹矢を射掛けるので、中庸でなければ弁じられない。これで見れば中庸という書の手柄も凄まじいものである。中庸がなければ、程子を含めてどうなるかも知れない。しかし、火打があっても程子という打手がなくてはならない。「微」は馳走して言う字である。微管仲や、微樊噲の微かりせばである。「得其心」。心とは中庸傳授の処を言う。只口先で講釈するのは通事である。心を得るというのは、中庸心法を得た人を言う。可笑しいことには、中村深藏殿が梁の武帝や宋の范仲淹、日本の清原頼業や高倉の帝など、博識に任せて中庸を読んだ人を数えられた。それは一万人読んでも心に得ないから役に立たない。それは丁度人足が富士山を通る様なもの。一つも役に立たない。西行は得心で見る。
【語釈】
・微管仲…論語憲問18。「子曰、管仲相桓公、霸諸侯。一匡天下。民到于今、受其賜。微管仲、吾其被髮左衽矣」。
・微樊噲…漢書巻41。「是日微樊噲奔入營譙讓項羽、沛公幾殆」。
・中村深藏殿…中村蘭林。名は明遠。字は子晦。深蔵と称す。別号は盈進齋。江戸の人。幕府儒官。宝暦11年(1761)9月3日没。年65。
・范中淹…范仲淹。北宋の詩人・文筆家。字は希文。蘇州呉県の人。仁宗に仕え辺境を守り、羌人から竜図老子と尊ばれた。989~1052
・清原頼業…平安時代後期の漢学者・儒学者。
・高倉の帝…高倉帝は安徳天皇の父。中宮に清盛の娘の徳子がいた。

をしいことには程子の中庸を説た書傳わらぬ。中庸の註をなされたれとも、心に見ぬいて焼てしまわれた。これらでも中庸を得られたのは知れる。今二程全書の中にあるは似せものなり。まんざらの似せものでもない呂氏なり。それならさっはりないかと云に、石氏の集た弟子記録がある。程門のがあるゆへに大筋はわかれども、細な処が分らぬ。程子の粗なゆへではない。程門の微言を書をとしたなり。微言がわから子ば大義ぐるみぐにゃ々々々としてはきとなくなる。明日殿様御出と供ぶれをするは大義なれとも、微言が分ら子はどこへ御出やら知れぬ。献立も三汁五菜とはかりでは料理にかかられぬ。汁は何、鱠は何となければしれぬ。こまかあたりがなくてはふっくりとすまぬ。楊氏を始、程門は始てから俗の水はなれをした人也。どれも中庸が居た衆なり。居たと云ことは茶人の云ことで、そうたいか茶めくことなり。全体が俗じゃと居ぬ。されどもあまりさへすぎてやりばなしをして間違が出来た。一言一句の発明、今まで世儒の子で居たやふな、中庸ををきては子かへるやふにいかしたなれとも師と違ふ。淫すると云は、本と好色のことにつかう文字。食色と云ものは垩賢もあるものなれとも、それがすぎると淫になる。丁ど酒に醉とだん々々じだらくになり、つい子そべる。その方の欲にとろけるなり。中庸じゃ々々々々と思て居るうちに老仏になりた。だたい中庸は異端を弁するもので、それが淫しては以の外なり。火消屋鋪から火を出たやふなもの。いいわけか立ぬ。皆がそふでなくてもそれがある。
【解説】
「惜乎、其所以爲說者不傳。而凡石氏之所輯録、僅出於其門人之所記。是以大義雖明、而微言未析。至其門人所自爲說、則雖頗詳盡、而多所發明、然倍其師說、而淫於老・佛者、亦有之矣」の説明。中庸を説いた程子の書は今伝わっていない。程門の記録はあるが、程子の微言が欠落している。程門は優れた人達だが、あまりに冴え過ぎて遣り放しをして師と異なる者が出た。また、老仏に淫する者も出た。
【通釈】
惜しいことには程子が中庸を説いた書が伝わっていない。中庸の註をなされたのだが、心に見抜いて焼いてしまわれた。これらでも中庸を得られたのは知れる。今二程全書の中にあるのは偽物である。満更の偽物でもないのは呂氏のものである。それならさっぱりとないかと言えば、石氏の集めた弟子記録がある。程門のがあるので大筋はわかるのだが、細かな処がわからない。それは程子が粗いからではない。程門が微言を書き落としたのである。微言がわからなければ大義も含めてぐにゃぐにゃとしてはっきりとしなくなる。明日殿様御出と供触れをするのは大義なことだが、微言がわからなければ何処へ御出やら知れない。献立も三汁五菜とばかりでは料理に掛かれない。汁は何、鱠は何となければわからない。細か当たりがなくてはふっくりと済まない。楊氏を始め、程門は始めから俗の水離れをした人である。どれも中庸が居った衆である。居ったということは茶人の言うことで、総体が茶めくこと。全体が俗だと居らない。しかし、あまりに冴え過ぎて遣り放しをして間違いが出来た。一言一句の発明を、今まで世儒の寝ていた様な者が、中庸を起きては寝返る様に生かしたが、それは師と違っていた。「淫」とは、元々は好色のことに使う文字。食色というものは聖賢にもあるものだが、それが過ぎると淫になる。丁度酒に酔うと段々自堕落になり、つい寝そべる。その方の欲に蕩けるのである。中庸だ中庸だと思っている内に老仏になった。そもそも中庸は異端を弁ずるものでありながら、それが淫しては以の外である。それは火消屋敷から火を出した様なもので、言訳が立たない。皆がそうでないとしてもそれがある。
【語釈】
・呂氏…呂大臨。北宋時代の儒学者。字は與叔。呂大防・呂大鈞の弟。
・石氏…石子重。
・楊氏…楊時。北宋の儒者。字は中立。亀山先生と称。福建将楽の人。1053~1135。

上に微程夫子と云ても如此ことゆへ、朱子がすてておかれぬ。そこが喜自蚤歳。この序をかかれたは六十時分のこと。若いときからかかった。即の字はその時からじきになり。丁どをれが酒は振袖の時からと云やふなもの。即の字、こふした意なり。受読とは引受てよむ。ひきうくると云は廻状の点をかけるやふてなく、身に引受てよんだなれども、どふもづっとほされぬ。面白ふなったり、又さしつかへたり、いろ々々になってすまぬを疑と云。疑とても氷のはりきったやふではない。この処で異学の徒は吾を立て、向をわるいにする。朱子のは、これは皆此方の學問のたらぬ処と、そこて沈潜反復とすんだものを屋が上くりかへし々々々々々する。何年何日かかったも知れぬ処で蓋、と。大和巡りは何日で反たと知るる。これには蓋の字はかかぬ。年久く朱子の胸にをちつかぬ処があったが、一旦。補傳の一旦豁然とならべみよ。大学のでちごふたでみよ。いつとさした字ではないなれども、四十の年であった。証拠のあることなり。恍然。ここは云れぬことなり。元とくらいことぞ。明なことで書そふなものをくらいことでかくは、くらいことがははあこふじゃなとうつたこと。どうも言語に述べられぬことなり。
【解説】
「熹自蚤歳卽嘗受讀、而竊疑之。沈潛反復、蓋亦有年。一旦恍然」の説明。朱子がこの序を書いたのは六十時分のこと。朱子は若い時から中庸を身に受けて読んだ。初めは理解することができなかったのだが、沈潛反復し、四十になって恍然の域に達した。
【通釈】
上に「微程夫子」と言ってもこの様なことなので、朱子が捨てては置けない。そこが「喜自蚤歳」である。この序を書かれたのは六十時分のこと。若い時から掛かった。「即」の字はその時から直にということ。丁度俺が酒を飲み始めたのは振袖の時からと言う様なもの。即の字はこうした意である。「受讀」とは、引き受けて読むこと。引き受けるとは、廻状の点を掛ける様なことではなく、身に引き受けて読むこと。しかし、どうもずっと干すことができない。面白くなったり、又差し支えたり、色々になって済まないのを「疑」と言う。疑と言っても氷が張り切った様ではない。この処で異学の徒は吾を立て、向こうを悪いとする。朱子は、これは皆自分の学問が足りない処だと考え、そこで「沈潛反復」と、済んだものを弥が上に繰り返し繰り返しする。何年何日掛かったのかも知れない処で「蓋」と言う。大和巡りは何日で帰ったとわかる。これには蓋の字は書かない。年久しく朱子の胸に落ち着かない処があったが、「一旦」。補傳の一旦豁然と並べて見なさい。大学のとは違っていることを見なさい。何時と指した字ではないが四十の年だった。それは証拠のあること。「恍然」。ここは言えないこと。元々は暗いことに言う。明なことで書きそうなものを暗いことで書くのは、暗いことが、ははあこうだなと映ったということ。どうも言語では述べられないことである。
【語釈】
・一旦豁然…大學傳5。「至於用力之久、而一旦豁然貫通焉、則衆物之表裏精粗無不到、而吾心之全體大用無不明矣」。

得要領。薛文靖の天命之性を指すことと中和集説序にある。それを學者が天命の性の文義を曉たことと云は尌印のままの見識なり。あの天命の性とは未発の中、天下の大本、ここよと合点したことなり。未発の中にいこふ疑のあったが、そこを得られた。この未発の中が天下の大本。天下の大本が天命の性なり。朱子の朱子たる処はここなり。このことは中和集説にある。中々容易に云とられぬことなり。これをなぞをかけるやふにいををならば、わるく合点すると朱子中和のことのすまぬまへはいこふひくいことで、すんでからは高いことと思ひそふなもの。それでは違う。前方はいこう高いことで、すんでからは直段がさがったと云ほどのこと。未発の中と云ものをたしかにした。ここが道統を得た処なり。さて今章句が出来てからは元のわるいことはすててもよいに、元のわるいときはこふと中和集説にみせたは、前の心得違いから吟味せ子ば一旦恍然のことがしれぬ。つまり吾心のことなれば、ここを文義ですますは、吾脊中のかゆいを人にきくやふなものそ。我等がせなかどこがかゆいぞ。それは御自分にしるはづ。心でかてんせずに書でするは心を持たかいはない。されども胴人形でこのほしはをれかここと灸穴を知るやふなもの。ここが学者中庸の吟味なり。ここを達磨は不立文字と出るそ。中庸も口先で云ことてはない。其筈のことなり。道の証文にこしらへたに。朱子の章句、朱子のか子々々思と少もちがはぬ。子思は旦那、朱子は用人なり。用人は旦那の云べきことを述るゆへ、旦那の心を得子ばならぬことなり。敢。ぼっつけたと云こと。はやどこへもえんりょはない。得要領をたからふみ切て云。程子以下のことを一丸めにした朱子の章句が折衷なり。朱子の旧説と云は、心は常に已発て未発と云時処はなく、未発と云ものはいつも已発についてまはりて、発た上発せぬものがありて、已発のうしろに未発が居て、たとへは人の言語動作する、已発に言語動作をさせるものが一つ内にある。そこが未発と云たものなり。心は起らぬときはない。心はふだん発している。なれとも発する上に発せぬものりんとある。鷄のときをつくる上につくらせるものりんとありて、それを未発と云とみた説なり。高竒面白くて異端の説になるなり。
【解説】
「似有以得其要領者。然後乃敢會衆說、而折其中」の説明。薛文靖の天命の性とは、未発の中が天下の大本であり、天下の大本が天命の性だということ。中和集説に前の心得違いを載せたのは、そこから吟味をしなければ一旦恍然とならなかったということである。ここは心のことだから文義だけで済ませるものではないが、仏の不立文字とは違うのが学者の中庸の吟味である。
【通釈】
「得要領」。薛文靖の天命の性を指すことと中和集説序にある。それを学者が天命の性の文義を曉[さと]ったことだと言うのは封印のままの見識である。あの天命の性とは未発の中、天下の大本をここだと合点したこと。未発の中に大層疑いがあったが、そこを得られた。この未発の中が天下の大本。天下の大本が天命の性である。朱子の朱子たる処はここ。このことは中和集説にある。中々容易に言い取ることのできないことである。これを謎を掛ける様に言うならば、悪く合点すると朱子が中和のことの済まない前は大層卑いことで、済んでからは高いことと思いそうなものだが、それでは違う。前方は大層高いことで、済んでからは直段が下がったいうほどのこと。未発の中というものを確かにした。ここが道統を得た処である。さて今章句が出来てからは元の悪いことは捨ててもよいのに、元の悪い時はこうだと中和集説に見せたのは、前の心得違いから吟味をしなければ「一旦恍然」のことがわからないからである。つまり自分の心のことなのだから、ここを文義で済ますのは、自分の背中が痒いところを人に聞く様なもの。私達の背中の何処が痒いのか、それは自分で知っている筈。心で合点せずに書に求めるのでは心を持った甲斐はない。しかしながら、これは胴人形でこのほしは俺のここだと灸穴を知る様なもの。ここが学者の中庸の吟味である。ここを達磨は不立文字と出る。中庸も口先で言うことではない。その筈のこと。それは、道の証文として拵えたものだからである。朱子の章句も、朱子が前から思っていたことと少しも違わない。子思は旦那、朱子は用人である。用人は旦那の言うべきことを述べるのだから、旦那の心を得なければならない。「敢」は、行き着いたということ。はや何処へも遠慮はない。そこで得要領と踏み切って言う。程子以下のことを一丸めにした朱子の章句が「折其中」である。朱子の旧説とは、心は常に已発で未発という時処はなく、未発というものは何時も已発に付いて廻っていて、発った上で発しないものがあって、已発の後ろに未発がいて、例えば人が言語動作するにも、已発に言語動作をさせるものが一つ内にある。そこが未発だと言ったもの。心は起こらない時はない。心は不断に発している。しかしながら、発する上に発しないものが凜としてある。鷄が時を作る上に作らせるるものが凜とあって、それを未発と言うと見た説である。高奇で面白くて、それでは異端の説になる。
【語釈】
・薛文靖…薛徳温、薛敬軒。

定著。りっはなこと。さぐり足ではない。あぶなげのない字なり。後の君子とは、道理にかぎりないものゆへ云あいさつてない。これほどに吟味したれとも、またなをす処もあるまいものではないとなり。而一二同志。而の字はしきりで、これから先は或問輯畧をこしらへたことなり。一二同志は李守約でもあろうが、三宅先生云へり。其後とは章句のあとへつける。章句でとんときまりおるが、或問輯畧も考へ子ばならぬ。支分節解。文義がいろ々々ある。人の手や足を枝と云も、草木にたとへて云。人の立た処がぼうを一本立たやふではない。其通りに三十三章に支分かあるが、すっとけいらくが通てある。只三十三章に分たばかりてはない。これからこれ迠はこのこと、これから是迠はこのことと分てある。支分は、外は一つに見へても中は分ている。脉絡は、外は分ったやふでも中は一つなり。これ、蒙引の説より云。天命の性から妻子好合如皷琴瑟迠こまかな処が中庸にある。その段を一々しらべたなり。このことをここて中庸の本文にあてて云はとりこしてわるい。本文てここか序にあるかの支分節解脉絡貫通じゃとあてるがよい。何でもすじのつかぬことはない。朱子の注はあれほとこまかなり。御手前からも名乘てある。程門は大太刀に切るゆへどふても骨がある。それゆへ人にも骨を食はせる。今髪をよく結ても毛筋の通らぬがある。あれは髪ををっつく子たのなり。俗學のこまかを云は、毛筋ばかり通てまげができぬ。朱子もここへ出てはちと云は子はならぬことてあろう。どうやら道統の傳のやふじゃから、そふしたことではない。なれとも道統の傳へふいと飛こし頓語のやふには得られぬゆへ、自分がこれは道統の傳へ組を付るのじゃ。あのやふなもののこしらへたものとすてずによくみたなら、中庸の高い処へも此章句からそろ々々行たならば少助にはなろふとなり。ここへ道統の傳と云ことを出さるるは、本と章句をするも中庸を得子ばならぬことゆへ、中庸を得ずに章句をかけばめったなり。得ればすぐに道統ぞ。そこでだまってはいられぬことぞ。どふも道統てあろうことではないが、そこへ細引を付たと云たもの。孟子末章の意思にてここをくみとるべし。
【解説】
「旣爲定著章句一篇、以竢後之君子。而一二同志復取石氏書、刪其繁亂、名以輯略。且記所嘗論辯取舍之意、別爲或問、以附其後。然後此書之旨、支分節解、脈絡貫通、詳略相因、巨細畢舉。而凡諸說之同異得失、亦得以曲暢旁通、而各極其趣。雖於道統之傳不敢妄議、然初學之士或有取焉、則亦庶乎行遠升高之一助云爾」の説明。章句ですっかりと決まっているのだが、或問や輯略も考えなければならない。また、中庸は三十三章と支分があるが、すっと経絡が通っている。
【通釈】
「定著」。立派なこと。探り足ではない。危な気のない字である。「後之君子」とは、道理は限りないものだからという挨拶ではない。これほど吟味をしたのだが、まだ直す処がないわけでもないと言ったのである。「而一二同志」。「而」の字は仕切りで、これから先は或問や輯略を拵えたことである。「一二同志」は李守約でもあろうかと三宅先生が言った。「其後」とは、章句の後に附けたということ。章句ですっかりと決まっているのだが、或問輯略も考えなければならない。「支分節解」。文義が色々とある。人の手や足を枝と言うのも草木に例えて言う。人の立った処は棒を一本立てた様なことではない。その通りに三十三章と支分があるが、すっと経絡が通っている。只三十三章に分けたばかりではない。これからこれまではこのこと、これからこれまではこのことと分けてある。「支分」は、外は一つに見えても中は分かれている。「脈絡」は、外は分けられた様でも中は一つである。これは蒙引の説から言う。天命の性から妻子好合如鼓瑟琴まで、細かな処が中庸にある。その段を一々調べたのである。このことをここで中庸の本文に当てて言うのは取り越して悪い。本文でここが序にあるあの支分節解脈絡貫通だと当てるのがよい。何でも筋の付かないことはない。朱子の注はあれほど細かである。自分からも名乗ってある。程門は大太刀に切るので、どうしても骨がある。そこで人にも骨を食わせる。今髪をよく結ぶにも毛筋の通らないことがある。あれは髪をおっつくねたのである。俗学が細かを言うのは、毛筋ばかりが通って髷ができない様なもの。朱子もここへ出ては一寸言わなければならないことであったろう。どうやら道統の傳の様だが、そうしたことではない。しかしながら、道統の傳へふいと飛び越して頓悟する様には得られないので、自分がこれは道統の傳へ組を付けるのであり、あの様な者の拵えたものだと捨てずによく見れば、中庸の高い処へも、この章句からそろそろと行けば少しは助けになろうと言ったのである。ここへ「道統之傳」ということを出されたのは、元々章句をするのも中庸を得なければならないのであって、中庸を得ずに章句を書けば滅多なことである。得れば直ぐに道統である。そこで黙ってはいられないのである。どうも道統にあるべきことではないが、そこに細引を付けたと言ったもの。孟子末章の意思にてここを汲み取りなさい。
【語釈】
・三宅先生…三宅尚齋。名は重固。丹治と称す。播磨明石に生まれる。京都に住む。寛保1年(1741)1月29日没。年80。
・妻子好合如皷琴瑟…中庸章句15の語。
・をっつく子た…おっつくねる。辛うじてまとまりをつける。どうにか始末をつける。