己酉一六中庸筆記三   恭節
天命章 二月六日
【語釈】
・己酉…寛政1年(1789)年。
・恭節…鈴木(鵜澤)恭節。字は子長。長藏と称す。大網白里町清名幸谷の人。鵜澤近義の第三子。館林藩儒臣。文政13年(1830)11月10日没。年55。


中庸章句第一章
天命之謂性。率性之謂道。脩道之謂敎。命、猶令也。性、卽理也。天以陰陽五行化生萬物。氣以成形、而理亦賦焉、猶命令也。於是人物之生、因各得其所賦之理、以爲健順五常之德。所謂性也。率、循也。道、猶路也。人物各循其性之自然、則其日用事物之閒、莫不各有當行之路。是則所謂道也。脩、品節之也。性・道雖同、而氣稟或異。故不能無過不及之差。聖人因人物之所當行者而品節之、以爲法於天下、則謂之敎。若禮・樂・刑・政之屬、是也。蓋人知己之有性、而不知其出於天、知事之有道、而不知其由於性、知聖人之有敎、而不知其因吾之所固有者、裁之也。故子思於此首發明之。而董子所謂道之大原出於天亦此意也。
【読み】
天命を性と謂う。性に率うを道と謂う。道を脩むるを敎と謂う。命は猶令のごとし。性は、卽ち理なり。天は陰陽五行を以て萬物を化生す。氣は以て形を成して、理も亦賦すること、猶命令のごとし。是に於て人物の生ずる、各々其の賦する所の理を得るに因りて、以て健順五常の德と爲す。所謂性なり。率は循うなり。道は猶路のごとし。人物各々其の性の自然に循えば、則ち其の日用事物の閒、各々當に行うべきの路有らざること莫し。是れ則ち所謂道なり。脩は之を品節するなり。性・道同じと雖も、而して氣稟或は異なり。故に過不及の差無きこと能わず。聖人人物の當に行うべき所の者に因りて之を品節して、以て法を天下に爲すときは、則ち之を敎と謂う。禮・樂・刑・政の屬の若き、是れなり。蓋し人己が性有ることを知りて、其の天に出づることを知らず、事の道有ることを知りて、其の性に由ることを知らず、聖人の敎有ることを知りて、其の吾が固有する所の者に因りて、之を裁することを知らず。故に子思此に於て首めに之を發明す。而して董子謂う所の道の大原天に出づるとは亦此の意なり。

道也者、不可須臾離也。可離非道也。是故君子戒愼乎其所不睹、恐懼乎其所不聞。離、去聲。○道者、日用事物當行之理。皆性之德而具於心。無物不有、無時不然。所以不可須臾離也。若其可離、則豈率性之謂哉。是以君子之心常存敬畏、雖不見聞、亦不敢忽。所以存天理之本然、而不使離於須臾之頃也。
【読み】
道は、須臾も離る可からず。離る可きは道に非ず。是の故に君子は其の睹ざる所にも戒愼し、其の聞かざる所にも恐懼す。離は去聲。○道は、日用事物當に行わるべきの理なり。皆性の德にして心に具わる。物として有らざること無く、時として然らざること無し。須臾も離る可からざる所以なり。若し其れ離る可きは、則ち豈性に率うの謂ならんや。是を以て君子の心常に敬畏を存して、見聞せずと雖も、亦敢えて忽せにせず。天理の本然を存して、須臾の頃[あいだ]も離れしめざる所以なり。

莫見乎隱。莫顯乎微。故君子愼其獨也。見、音現。○隱、暗處也。微、細事也。獨者、人所不知而己所獨知之地也。言幽暗之中、細微之事、跡雖未形、而幾則已動。人雖不知、而己獨知之、則是天下之事、無有著見明顯、而過於此者。是以君子旣常戒懼、而於此尤加謹焉。所以遏人欲於將萌、而不使其潛滋暗長於隱微之中、以至離道之遠也。
【読み】
隱れたるよりも見[あらわ]れたるは莫し。微[すこ]しきよりも顯[あき]らかなるは莫し。故に君子は其の獨りを愼む。見は音現。○隱は暗處なり。微は細事なり。獨は、人知らざる所にして己獨り知る所の地なり。言うこころは、幽暗の中、細微の事、跡未だ形[あらわ]れざると雖も、幾は則ち已に動く。人知らざると雖も、而も己獨り之を知れば、則ち是れ天下の事著見明顯にして、此に過ぎたる者有ること無し。是を以て君子は旣に常に戒懼して、此に於て尤も謹みを加う。人欲の將に萌さんとするを遏[とど]めて、其れをして隱微の中に潛滋暗長して、以て道を離るの遠きに至らしめざる所以なり、と。

喜怒哀樂之未發、謂之中。發而皆中節、謂之和。中也者、天下之大本也。和也者、天下之達道也。樂、音洛。中節之中、去聲。○喜・怒・哀・樂、情也。其未發、則性也。無所偏倚。故謂之中。發皆中節、情之正也。無所乖戾。故謂之和。大本者、天命之性。天下之理皆由此出。道之體也。達道者、循性之謂。天下古今之所共由、道之用也。此言性情之德、以明道不可離之意。
【読み】
喜怒哀樂の未だ發せざる、之を中と謂う。發して皆節に中る、之を和と謂う。中は、天下の大本なり。和は、天下の達道なり。樂は音洛。中節の中は去聲。○喜・怒・哀・樂は情なり。其の未だ發せざるときは、則ち性なり。偏倚する所無し。故に之を中と謂う。發して皆節に中るとは、情の正しきなり。乖戾する所無し。故に之を和と謂う。大本は、天命の性。天下の理は皆此に由って出づ。道の體なり。達道は、性に循うの謂。天下古今の共に由る所にして、道の用なり。此れ性情の德を言いて、以て道離る可からずの意を明かす。

致中和、天地位焉、萬物育焉。致、推而極之也。位者、安其所也。育者、遂其生也。自戒懼而約之、以至於至靜之中、無少偏倚、而其守不失、則極其中而天地位矣。自謹獨而精之、以至於應物之處、無少差謬、而無適不然、則極其和而萬物育矣。蓋天地萬物本吾一體。吾之心正、則天地之心亦正矣。吾之氣順、則天地之氣亦順矣。故其效驗至於如此。此學問之極功、聖人之能事、初非有待於外、而脩道之敎亦在其中矣。是其一體一用雖有動靜之殊、然必其體立、而後用有以行、則其實亦非有兩事也。故於此合而言之、以結上文之意。
【読み】
中和を致[きわ]めば、天地位し、萬物育[やしな]わる。致むとは、推して之を極むるなり。位すとは、其の所に安んずるなり。育わるとは、其の生を遂ぐるなり。戒懼よりして之を約にして、以て至靜の中、少しも偏倚すること無くして、其の守り失わざるに至れば、則ち其の中を極めて天地位す。獨りを謹むよりして之を精しくして、以て物に應ずる處、少しも差謬無くして、適くとして然らざること無きに至れば、則ち其の和を極めて萬物育わる。蓋し天地萬物は本吾が一體なり。吾が心正なれば、則ち天地の心も亦正し。吾が氣順なれば、則ち天地の氣も亦順なり。故に其の效驗此の如きに至る。此れ學問の極功、聖人の能事、初めより外に待つこと有るに非ずして、道を脩むるの敎も亦其の中に在り。是れ其の一體一用動靜の殊なること有りと雖も、然れども必ず其の體立ち、而して後に用以て行わるること有れば、則ち其の實も亦兩事有るに非ざるなり。故に此に於て合わせて之を言いて、以て上文の意を結ぶ。

右第一章。子思述所傳之意以立言。首明道之本原出於天而不可易、其實體備於己而不可離。次言存養省察之要。終言聖神功化之極。蓋欲學者於此反求諸身而自得之、以去夫外誘之私、而充其本然之善。楊氏所謂一篇之體要、是也。其下十章、蓋子思引夫子之言、以終此章之義。
【読み】
右第一章。子思傳うる所の意を述べて以て言を立つ。首めに道の本原天に出でて易う可からず、其の實體己に備わって離る可からざることを明かす。次に存養省察の要を言う。終わりに聖神功化の極を言う。蓋し學者此に於て諸を身に反り求めて之を自得して、以て夫の外誘の私を去[のぞ]いて、其の本然の善を充てんと欲す。楊氏謂う所の一篇の體要とは、是れなり。其の下十章は、蓋し子思夫子の言を引いて、以て此の章の義を終う。


中庸の合点は天の字なり。中庸は中間のはつひにて天の字なり。役所々々天の字だ。廻狀にも御用とはかかぬ。天とかく。桃灯も天の字なり。天の字ない理窟なれば、どこへ通ると咎める。
【通釈】
中庸の合点は天の字である。中庸は中間の法被で天の字である。役所も天の字。廻状にも御用とは書かずに天と書く。桃燈も天の字である。天の字のない理屈であれば、何処へ通るのかと咎める。

中庸を道の証文と云は全体のこと。証文のまつはしめは性道敎なり。性道教の名義をわけるが大事のこと。ここが証文のかんじんの処なり。性道教の名義の暗た処がすぐに道の暗た処なり。凡証文と云にただ証文と云ことはない。金なら金、米なら米。ものなしに証文と云ことはない。道か暗むと勝手次第に道に名を付る。そこてまつはじめに性道敎を出したものなり。名義を道の一大事にあつかることなり。垩人ときいて膝をなをすは常の人のことなり。垩人ときいても異端は何とも思はぬぞ。天と云字ばかり逃れられぬ字なり。老子が虚無と云ても天をはずれることはならず、仏者が寂滅と云ても天をはづれることはならぬ。そこで初めに天と云字を出してきめたものなり。これが中庸開巻の趣向なり。少老病死の苦をして雪山へにげていっても、その雪山も天を逃れることはならぬ。功成名遂けて身退くと云ても、その退た処にも天かあるそ。天と云ことはのがれられぬものなり。道の明な時に天と云ことを示すには及ぬぞ。天にそむきさへせ子ば垩人の道なり。そこを中庸みな天できまると思ふべし。長藏にあの鬚は幸七と云には及ず。朱壽昌黃蘖にこそ示もの。垩人の世には両親の顔しりたやふなことなり。しらするに及ぬことなり。
【解説】
「天命之謂性。率性之謂道。脩道之謂敎」の説明。道が暗むと勝手次第に道に名を付ける。そこで先ずは性道教を出して名義を分けた。天という字は逃れられない字だが、道の明な時には天ということを示すには及ばない。天に背きさえしなければ聖人の道である。
【通釈】
中庸を道の証文と言うのは全体のこと。証文の先ず始めは性道教である。性道教の名義を分けるのが大事なこと。ここが証文の肝心な処である。性道教の名義の暗れた処が直ぐに道の暗れた処である。凡そ証文と言えば、ただ証文ということはない。金なら金、米なら米。ものなしに証文ということはない。道が暗むと勝手次第に道に名を付ける。そこで先ず始めに性道教を出したもの。名義は道の一大事に与ること。聖人と聞いて膝を直すのは常の人のこと。聖人と聞いても異端は何とも思わない。天という字ばかりは逃れられない字である。老子が虚無と言っても天を外れることはならず、仏者が寂滅と言っても天を外れることはならない。そこで始めに天という字を出して決めたもの。これが中庸開巻の趣向である。少老病死を苦にして雪山へ逃げて行っても、その雪山も天を逃れることはならない。功成り名遂げて身退くと言っても、その退いた処にも天がある。天からは逃れられないもの。道の明な時には天ということを示すには及ばない。天に背きさえしなければ聖人の道である。そこで中庸は皆天で決まると思いなさい。長蔵にあの鬚は幸七と言うには及ばない。朱壽昌や黃蘖にこそ示すもの。聖人の世は両親の顔を知った様なこと。知らせるには及ばない。
【語釈】
・功成名遂けて身退く…老子運夷。「功成名遂身退天之道」。
・幸七…鵜澤近義。幸七郎と称す。鵜澤容齋の次子。大網白里町清名幸谷の人。長藏は幸七の第三子。
・朱壽昌…二十四孝の一。
・黃蘖…黄檗希運。中国唐代の禅僧。百丈懐海に師事。弟子に臨済義玄がいる。断際禅師。~850頃

○天命之謂性云云。一切のものの出来るはみな天の云付て出きるそ。天から云付ずに出来るものと云は世界の中にない。それゆへに天の字を出す。理の字のことなり。緫してなんてもわるいことは天の方にはないことと思ふへし。皆よいことの揃いなり。人間が生ると仁義礼智と云ものを持て居る。番椒の辛い、砂糖の甘い、みな天からもろふたものなり。然れはみぢんも細工のないことを、ありのままなことを云たものなり。○性と云字から道と云字へ棒を引き、どこでも天と云こと。その道と云字から教と云字へ棒を引て、天から一とつつきに教にて通てをることなり。ここらでそろ々々天の字を忘却するなと云ことなり。仁と云ものを拜領してをれば、その仁の性なりに親に孝をし、義と云ものを拜領してをれば、義の性なりに君に忠をする。それを率性道と云。
【解説】
一切の物は皆天の言い付けで出来る。それは皆よいことが揃っていて微塵も細工がない。
【通釈】
○「天命之謂性云云」。一切の物の出来るのは皆天の言い付けで出来る。天から言い付けずに出来るものは世界の中にない。それ故に天の字を出す。理の字のこと。総じて何でも悪いことは天の方にはないことと思いなさい。皆よいことが揃っている。人間が生まれると仁義礼智というものを持っている。番椒は辛く、砂糖は甘いのも、皆天から貰ったもの。そこで微塵も細工のないことを、有りの儘なことを言ったもの。○性という字から道という字へ棒を引き、何処でも天ということ。その道という字から教という字へ棒を引いて、天から一続きに教に通っている。ここらでそろそろ天の字を忘却するなということ。仁というものを拝領していれば、その仁の性なりに親に孝をし、義というものを拝領していれば、義の性なりに君に忠をする。それを「率性道」と言う。
【語釈】
・番椒…唐辛子の異称。

○脩道敎の一段はどふやらあとから始たやふなれとも、性道なりに出来たものて一つにをちる。ここもなりとさへ合点よし。されとも脩るの字たけ心持あるなり。ここが面白ひことなり。天地の道は理ばかりあっては行れぬものなり。そこで気と云ものがある。気にはくるいがある。そこで脩め子ばならぬそ。梅のずあいがだん々々のびていく。そこを天からもふり、それでよいと留る。迂斉が、なすびや東爪がばん袋ほどにはならぬと云。丁どよいかげんに留まる。それにては天かさっしゃることとみへるなれとも、人の方のことはそうならぬ。そこで迂斉の、料理のあんばいのやふなものじゃとなり。人の手にかかるまでが天のなりなり。人かせふとも、天からたてたものゆへ道体ぞ。百姓が麥のさくをきるも蔓物に棚をかくも天なりのことなり。男女は自然。それを人が女房にする。それがすぐに天なり。飯炊て喰ふ。飯炊の五介か炊たるのが天なり。脩道を人が手を入るるやふではいかがと思ふからあぶながってこわ々々説が、そふでない。教と云も天のなりにはたらくことを、天にそむけば皆ほんのでないぞ。それゆへに女房をすてて、子は三界の首かせと云は、みな性にしたがはぬ道なり。そこを泣くが道で自然のなりなり。そこてそりゃなけと云て、むせうに泣くことでもない。そこによいかげんのあるを脩道敎と云なり。○ここをあまり六ヶ鋪云ことではなく、性道敎の三つを云ちがへのないやうに云わけるぎりのことなり。それでにくぶりに云へば、道体の爾雅と云やふなものなり。
【解説】
天地の道は理だけでは行われない。そこで気というものがある。気には狂いがある。そこで脩めなければならない。そこには丁度のよい加減というものがある。人の手に掛かるまでが天の通りであるのが脩道教である。
【通釈】
○「脩道敎」の一段はどうやら後から始まった様に思えるが、性道なりに出来たものであって一つに落ちる。ここもなりとさえ合点すればよい。しかしながら脩の字があるだけ心持がある。ここが面白いこと。天地の道は理だけでは行われないもの。そこで気というものがある。気には狂いがある。そこで脩めなければならない。梅のずあいが段々と伸びて行く。そこを天からも言われ、それでよいと留まる。迂斎が、茄子や東瓜は番袋ほどにはならないと言った。丁度のよい加減に留まる。それは天がされることと見えるが、人の方のことはそうならない。そこで迂斎が、料理の塩梅の様なものだと言った。人の手に掛かるまでが天のなりである。人がしようとも、天から立てたものなので道体である。百姓が麦のさくを切るのも蔓物で棚を作るのも天なりのこと。男女は自然。それを人が女房にする。それが直ぐに天である。飯を炊いて喰う。飯炊きの五介が炊いたのが天である。脩道を人が手を入れる様では如何かと思うから危ながって恐々と説くが、そうではない。教と言っても天の通りに働くことであって、天に背けば皆本当のことではない。そこで女房を捨て、子は三界の首枷と言うのは、皆性に率わない道なのである。そこを泣くのが道で自然のなりである。しかしながら、そりゃ泣けと言って、無性に泣くことでもない。そこによい加減があるのを脩道教と言う。○ここはあまり難しく言うことではなく、性道教の三つを言い違えのない様に言い分けるだけのこと。それで憎振に言えば、道体の爾雅と言う様なもの。
【語釈】
・ずあい…新芽。

○命猶令。小學に君令し臣恭と云令かこれなり。月令も律令も同し。令と云てむつかしいものではない。やはり君から云付るやふなものなり。松にををせつけられ、竹にををせつけられして出きたものなり。性即ち理なり。これ程子なり。ここらを気の付やふが大事なり。本と性と云ものは気も手傳ているそ。そこを即理なりと云は、ここらて気を云と性にしたごう道にまちがいが出来るぞ。語類、若云兼言気便説率性之謂道不去。そこで性は即理也と云たものなり。即の字は本と縁のある方から云字なり。性の字はもと気、気の上へ理をうけて云字なり。そこて気と云ことをまぜて云と、性にまて云分ができるぞ。ここを取りそこなふて気を出したがるから荀楊取りそこなふた。なんぞのとき呼にやるときは女房に用はないぞ。気と云女房が有ふとも、亭主ばかり引ぬいて云ことなり。程子の此三字、孟子の性善と天命性の一つになることを云で、万世の証拠になることなり。本と気上へ理を受た性なれとも、気を打やりて理はかり引ぬいて云を証文そ。孟子の性善がここぞ。そこを專言理と語類にあり。なれとも性は理なりと云てはわけか立ぬ。そこて即の字て云。凡即の字は入のやふな文字ぞ。一而二二而一といへば、即の字を長く云たものなり。
【解説】
「命、猶令也。性、卽理也」の説明。即の字は縁のある方から言う字である。性の字はもと気であり、気の上に理を受けて言う字である。ここは気を雑ぜないで理だけで言ったものであり、孟子の性善や天命性と一つになるものである。
【通釈】
○「命猶令」。小学に「君令臣共」と言う令がこれ。月令も律令も同じ。令と言っても難しいものではない。やはり君から言い付ける様なもの。松に仰せ付けられ、竹に仰せ付けられして出来たもの。「性即理也」。これが程子である。ここらの気の付け様が大事なこと。本来、性というものは気も手伝っている。そこを即理也と言うのは、ここらで気を言うと性に率う道に間違いが出来る。語類に、「若云兼言気便説率性之謂道不去」とある。そこで性即理也と言ったもの。即の字は本来縁のある方から言う字である。性の字はもと気で、気の上に理を受けて言う字である。そこで気ということを雑ぜて言うと、性にまで言い分ができる。ここを取り損って気を出したがるから荀楊が取り損った。何ぞの時に呼びに遣る時は女房に用はない。気という女房が有ろうとも、亭主ばかりを引き抜いて言うこと。程子のこの三字は、孟子の性善と天命性の一つになることを言ったものであり、万世の証拠になるものである。本々気の上に理を受けた性であるが、気を打ち遣りて理ばかりを引き抜いて言うのが証文である。孟子の性善がここ。そこを專言理と語類にある。しかしながら、性理也と言っては訳が立たない。そこで即の字で言う。凡そ即の字は入の様な文字である。「一而二二而一」というのは、即の字を長く言ったもの。
【語釈】
・君令し臣恭…小學明倫104。「晏子曰、君令臣共、父慈子孝、兄愛弟敬、夫和妻柔、姑慈婦聽、禮也。君令而不違、臣共而不貳、父慈而敎、子孝而箴、兄愛而友、弟敬而順、夫和而義、妻柔而正、姑慈而從、婦聽而婉、禮之善物也」。
・語類、若云兼言気便説率性之謂道不去…朱子語類62。「天命之謂性、是專言理。雖氣亦包在其中、然說理意較多。若云兼言氣、便說率性之謂道不去。如太極雖不離乎陰陽、而亦不雜乎陰陽」。
・荀楊…荀子と揚雄。荀子は性悪説、揚雄は善悪混在説を説く。
・一而二二而一…論語先進11集註。「死生・人鬼、一而二、二而一者也」。

○天以阴阳五行化生万物云云。上に性は即理と証文を出して、さて阴阳を云は子はならぬ。性を一つ語り出すときは隂陽五行から云は子ばならぬ。直方のいつも云、阴阳五行は天の手代と云がそれなり。天がものをうみ出すには阴阳五行でなければならぬぞ。気以成形而理亦賦。銀を鑄がたへ入れてころりとそこへふき出すと、じきに五匁と三匁とかなる。理も又賦なり。易に有太極是れ生両儀は理を先へ云、ここは気を先に云。そこか性の字なり。そんならばなぜ性は即理じゃと云に、気も入れて云ことなれとも、気は入らぬことなり。猶命令は上の猶令と同しやふでちがうぞ。上は字のなりを云たもの。ここは天の方て万物に命するのが、やはり人の方で君臣の間の命令のやうに天から性を云付られると云たもので、なんでも命令の文字は人の方を本とにして云詞なり。恭節謂、此処用文字至て細密難分別。宜審之。丁どこれが地獄と云やふなもの。地獄と云は本と人間の世に窂のあるやふに、地の下にも獄があると云ことなり。そこて命令は御役人付けの方か本になるそ。地獄の文字も傳馬町が本家なり。これて字のをこりを合点すべし。ここの章句のしむけ、文會六の廿反より廿七反迠、朱子章句の手段窺はるることなり。便講は初学章句をよむもののまぎらはしくないやふにのす。朱子の思召は文會で見らるることなり。
【解説】
「天以陰陽五行化生萬物。氣以成形、而理亦賦焉、猶命令也」の説明。「性即理也」とはあるが、性を語るには、気である隂陽五行から言わなければならない。天が物を産み出すのは陰陽五行からであり、それに理が賦す。
【通釈】
○「天以陰陽五行化生万物云云」。上に性即理と証文を出したので、さて陰陽を言わなければならない。性を一つ語り出す時は陰陽五行から言わなければならない。直方が陰陽五行は天の手代だと何時も言うのがそれ。天が物を産み出すには、陰陽五行でなければならない。「気以成形而理亦賦」。銀を鋳型に入れてころりとそこに吹き出すと、直に五匁とか三匁とかになる。理もまた賦すのである。「易有太極是生両儀」は理を先に言い、ここは気を先に言う。そこが性の字のこと。それなら何故「性即理」なのかと言えば、気も入れて言うことなのだが、気は入れないからである。「猶命令」は上の「猶令」と同じ様で違う。上は字のなりを言ったもの。ここは天の方で万物に命ずるのが、やはり人の方で君臣の間の命令の様に天から性を言い付けられると言ったもので、何でも命令の文字は人の方を本にして言う詞なのである。恭節謂く、此の処の文字を用うる、至って細密にして分別し難し。宜しく之を審らかにすべし、と。丁度これが地獄という様なもの。地獄とは、本人間の世に牢のある様に、地の下にも獄があるということ。そこで命令は御役人付の方が本になる。地獄の文字も伝馬町が本家である。これで字の起こりを合点しなさい。ここの章句の仕向けは、文会六の廿反より廿七反までで朱子章句の手段が窺える。便講は初学で章句を読む者が紛らわしくない様にするために載せてある。朱子の思し召しは文会で見ることができる。
【語釈】
・易に有太極是れ生両儀…易經繫辭傳上11の語。

於是は、ここの処てと云ことなり。人物之生。上の万物のなかへは人もこめて一つに云。ここて人物と云は人を主にして云ことなり。人を上座にし、人を主にして物の方もみへる章句なり。人と云からは、垩賢から凡夫迠人也。物と云は、有情非情まてのこらぬか物なり。蜲[けら]やちり々々草のやふなものまて所賦之理をうけぬものはない。○健順。阴阳の德を人へうけて健順と云。仁礼は健、義智は順なり。○所謂性也。これをもと立にすることなり。これじゃから、性をこきあげて云はずにたまるものかなり。これから先は気をもむことはない。率は循也。仁と云ものを拜領してをるから仁なりに孝をし、義と云ものを拜領してをるから義なりに忠をするぞ。水火もそれて、火はうけえたなりにもへ、水は受得たなりに流る。よい了簡と云ことでもなんでもなく、持たなりをすることなり。○抑も々々性は即理也でなければならぬ。日用事物の間に気と云どふらくものがあるととふもならぬそ。其性は理なりにしてゆくか道て、この道と云が為堯不存為傑不亡と云て性の自然なり。路は人があるかずともあいてをるぞ。道猶路なり。みな々々のありく道のやふなもの。通り甼のこととしらせる。上の命猶令と同く人の方でみせる。それから礼樂刑政と出す迠が朱子章句の深意。可玩味ことなり。
【解説】
「於是人物之生、因各得其所賦之理、以爲健順五常之德。所謂性也。率、循也。道、猶路也。人物各循其性之自然、則其日用事物之閒、莫不各有當行之路。是則所謂道也」の説明。人を始めとする物の全てが理を受けている。性は理なりにして行くのが道で、この道が性の自然である。
【通釈】
「於是」は、ここの処でということ。「人物之生」。上の万物の中には人も込めて一つに言う。ここで人物と言うのは人を主にして言ったこと。人を上座にし、人を主にして物の方も見える章句である。人と言うからは、聖賢から凡夫までが人である。物というのは、有情非情まで残らず物である。螻[けら]やちりぢり草の様なものまで、「所賦之理」を受けないものはない。○「健順」。陰陽の德を人が受けて健順と言う。仁礼は健、義智は順である。○「所謂性也」。これを本立てにする。これだから、性を扱き上げて言わなくては堪るものか。これから先は気を揉むことはない。「率循也」。仁というものを拝領しているから仁なりに孝をし、義というものを拝領しているから義なりに忠をする。水火もそれで、火は受け得たなりに燃え、水は受け得たなりに流れる。よい了簡ということでも何でもなく、持ったなりをするのである。○抑々「性即理也」でなければならない。日用事物の間に気という道楽者があるとどうにもならない。その性は理なりにして行くのが道で、この道というのが「為堯不存為傑不亡」と言って性の自然である。路は人が歩かなくても開いている。「道猶路也」。皆々の歩く道の様なもの。通り町のことだと知らせた。上の「命猶令」と同じく人の方で見せる。それから礼楽刑政と出すまでが朱子章句の深意であり、玩味すべきことである。
【語釈】
・為堯不存為傑不亡…「堯の為に存せず、桀の為に亡びず」。

○性道雖同の字かこの注の眼目なり。性道の二つてすもふものなればなんのこともないものなれとも、気稟或異と云からして、あとに教と云ことかなけれはならぬと云ことを看せる爲なり。本文て脩道の教は性道とは心持がちがふと云もここなり。○過はつよい生れ付、不及はよはい生れ付と云のなり。とかく天に似、地に似た生れ付と云があって、これが過不及のをこりなり。よさそふなことなれとも、かた々々に似るが、はやそのぶんにしてをかれぬ。そこで垩人の教と云ものを施すそ。道しゃ々々々と思ふた処が皆道てない。過不及之差也。迂斉が、蟹が向へいく々々と思てをれとも、やはり横へゆくと云がこれなり。○品節はよきほとみへることなり。以爲法於天下は、垩人かないと性道かみなになる。迂斉上下きて垩人の処へ礼にゆけとはをもしろし。孟子の舜爲法於天下の字なり。則謂之教。之の字の上にあると下にあるも気を付てみるべし。本文脩道之謂敎とあり、注謂之敎とある。本文ては脩道それか教しゃと云ことなり。注は下に之の字を書は、法を天下に爲す、これが教と云ものじゃと、こちからこれと名付て出すことなり。とかくに垩賢の書は目の付処が大事なり。呂氏は親切にすぎて道の字を説くから、つい教の字になった。王陽明は教を天て云たままに、つい道の字になった。道は道、教は教の名義をはっきとみるか性道名義の端的なり。恭節謂、用字不可忽。纔有差、則誤垩賢之意。
【解説】
「脩、品節之也。性・道雖同、而氣稟或異。故不能無過不及之差。聖人因人物之所當行者而品節之、以爲法於天下、則謂之敎」の説明。性道は同じだが、気稟は異なる。天に似、地に似た生まれ付きということがあって、これが過不及の起こりである。そこで教が必要となる。
【通釈】
○「性道雖同」の字がこの注の眼目である。性道の二つで済むものであれば何の事もないことだが、これは「氣稟或異」ということからして、あとに教ということがなけれはならないと看せるためである。本文で脩道の教は性道とは心持が違うと言うのもここのこと。○「過」は強い生まれ付き、「不及」は弱い生まれ付きということ。とかく天に似、地に似た生まれ付きということがあって、これが過不及の起こりである。よさそうなことなのだが、片々に似るのが、はやその分にしては置けない。そこで聖人の教というものを施す。道だ道だと思っていた処が皆道ではない。「過不及之差」である。迂斎が、蟹が向こうへ行くと思っても、やはり横へ行くと言うのがこれ。○品節はよいほどに見えること。「以爲法於天下」は、聖人がいないと性道が台無しになる。迂斎が裃を着て聖人の処へ礼に行けと言ったのが面白い。孟子の「舜爲法於天下」の字。「則謂之敎」。之の字が上にあるのと下にあるのを気を付けて見なさい。本文に脩道之謂敎とあり、注に謂之敎とある。本文では脩道それが教だと言うこと。注が下に之の字を書いたのは、法を天下に為すこと、これが教というものだと、こちらからこれと名付けて出したのである。とかく聖賢の書は目の付け処が大事である。呂氏は親切に過ぎて道の字を説くから、つい教の字になった。王陽明は教を天で言ったままなので、つい道の字になった。道は道、教は教と名義をはっきりと見るのが性道の名義の端的である。恭節謂く、字を用ゆること忽にす可からず。纔かに差うこと有れば、則ち聖賢の意を誤つ、と。
【語釈】
・舜爲法於天下…孟子離婁章句下28。「舜爲法於天下、可傳於後世」。

○礼楽刑政。このやふにこて々々としたものを出たは朱子なり。これから人作のやふなれとも、やはり天の自然なり。これを王陽明かそしりて、こふ云ことではない、礼記によい字がある、風雨霜露無非教と云、あれを出すがよいとなり。これか高いやうでひくい。朱子のは卑いやふで高いぞ。垩人の拵た礼樂刑政だと云て、天の自然なことでなくてこしらへはせぬ。直方の、性道教は人けなしに云ことは功夫のなきことを云こと。ただし工夫するは功夫なり。功夫するなりは脩道。そこを礼楽刑政のじっかりとしたことの天の本た自然なことを見せたものなり。直方先生の、礼樂刑政は橋にらんかんをつけるやふなものじゃとなり。らんかんあれば酒よいもをちず。先生講後曰、梅の花のさいたを視て自然とをもい、人の髪月代をしたを自然と思はぬは、道体の手に入らぬのなり。朱子の教を礼樂刑政でとくは、人の髪月代をした上を自然と見たことなり。○盖は、なぜ子思がこのやふなことををっしゃた、そこを一つ云から盖なり。ここの人は直方先生云、紀の国屋文左ェ門がことを云ではないとなり。学者へのことなり。荀楊から柳橋の悪助迠にわるくすると心得違ひあるを知らせる。○性と云ことを知ても天に出ることを知らぬからさま々々な説がついて、性悪じゃの善悪混すのと云なり。天にわるいことか有う様かない。己の性あるを知たせふこには、悪じゃの混ずのと云そ。天に出たを知たては、そふしたことは云はぬはづのことなり。天からとしれば必す善と云はずのことなり。あなたにをろかあろうやふはない。○気質変化と云も此の固有のものを元と手にしてちょっ々々々となをすことで、それを教と云なり。○性道敎が天と云ことをかぶって天から出たことと云を明すことなり。
【解説】
「若禮・樂・刑・政之屬、是也。蓋人知己之有性、而不知其出於天、知事之有道、而不知其由於性、知聖人之有敎、而不知其因吾之所固有者、裁之也」の説明。聖人の拵えた礼楽刑政は天の自然である。性を知って、それが天から出ることを知らないから様々な説が出て、性悪だの善悪混ずだのと言う。天に悪いことが有る筈がない。自分にある固有のものから気質変化するのを教と言う。
【通釈】
○「礼樂刑政」。この様にごてごてとしたものを出したのは朱子である。これからは人作の様だが、やはり天の自然である。これを王陽明が譏って、こういうことではない、礼記によい字がある、風雨霜露無非教とある、あれを出すのがよいと言った。これが高い様で卑いこと。朱子のは卑い様で高い。聖人の拵えた礼楽刑政だが、天の自然なことでなくては拵えはしないと言う。直方が、性道教を人気なしに言うのは功夫のないことを言うこと。ただし工夫することは功夫する。功夫する姿は脩道だと言った。そこを礼楽刑政のじっかりとしたことで、天に基づいた自然なことを見せたもの。直方先生が、礼楽刑政は橋に欄干を付ける様なものだと言った。欄干があれば酒酔いも落ちない。先生講後に曰く、梅の花の咲いたのを視て自然だと思い、人が髪月代をしたのを自然だと思わないのは、道体が手に入らないのである。朱子が教を礼楽刑政で説くのは、人が髪月代をした上を自然と見たことだ、と。○「蓋」は、何故子思がこの様なことを仰ったのか、そこを一つ言うから蓋なのである。ここの「人」を直方先生が、紀伊国屋文左衛門のことを言ったのではないと言った。学者へのこと。荀楊から柳橋の要助までに悪くすると心得違いがあるのを知らせる。○性ということを知って天に出ることを知らないから様々な説が付いて、性悪だの善悪混ずだのと言う。天に悪いことが有る筈がない。己に性があるのを知った証拠には、悪だの混ずだのと言う。天に出たことを知っていれば、そうしたことは言わない筈である。天からと知れば必ず善と言う筈のこと。向こうに愚かがある筈はない。○気質変化というのもこの固有のものを元手にしてちょっちょっと直すことであり、それを教と言う。○性道教が天ということを被って天から出たということを明かしたのである。
【語釈】
・風雨霜露無非教…禮記孔子閒居。「天有四時、春秋冬夏。風雨霜露、無非敎也。地載神氣。神氣風霆。風霆流形。庶物露生、無非敎也」。
・柳橋の悪助…大原要助。大網白里町柳橋の人。

○於此首めに発明之。二日とはのばされぬと云語意なり。而董子云云。而の字にも言外の意あるべし。中庸は道統。董子は道統ではないけれとも、これで云へば御朱印地なり。而の字は子思と董子の間に鋪居をしたこと。御直參のやふにはあしらはれぬ。ここは董仲舒が手抦。道体の惣まくりはここなり。爲學を得たことは正其義不計其利でみへる。○前には教をつめたく云ことを手抦のやふに思ふたが、これが見のたらぬことで、そう云ことではない。此章、人物と云ても人を主に云ことぞ。迂斉の、中庸は天に見せることでもなく、地にみせることでもない。人に見せることじゃとなり。既健順五常と云ことは、人でなければ云はれぬことなり。人を主に云と道体のやふでなけれとも、そうでない。人を主に云て道体になるぞ。道体は膾のけんの様なものではない。道体と云さまにつめたくしたがるは初心なことなり。訂斉先生が、理は自然とあたたかなものと云かそれなり。脩道之教は人物こめれとも、正客は人の心法を云ことなり。そこて克己復礼を以て説くもそこなり。異端は人けなしに説たがる。人をはなれるとあの通りになるそ。此次からは全く人也。あせをかくほど骨をりても、それか脩道の教と云道体なり。白鹿洞父子有親の処を訂斉退溪を議するはちがいなれども、これ訂の見処なり。白鹿洞玉講附録にのする父子有親、道体なり。こふみ子ば近思の道体は為学の本と云こと、中々うつらぬことなり。
【解説】
「故子思於此首發明之。而董子所謂道之大原出於天亦此意也」の説明。中庸は人に見せるためのものであり、人を主にした道体である。脩道之教の正客は人の心法である。異端は人気なしに説く。
【通釈】
○「於此首發明之」。二日とは延ばせないという語意である。「而董子云云」。而の字にも言外の意があることだろう。中庸は道統。董子は道統ではないが、これで言えば御朱印地である。而の字は子思と董子の間に敷居をしたこと。御直参の様にはあしらえない。ここは董仲舒の手柄であり、道体の総捲りはここ。彼が為学を得たことは「正其義不謀其利」で見える。○前には教を冷たく言うことを手柄の様に思ったが、これが見の足りないことで、そういうことではない。この章は人物と言っても、人を主に言う。迂斎が、中庸は天に見せることでもなく、地に見せることでもない。人に見せるものだと言った。既に健順五常とあるのは、人でなければ言えないこと。人を主に言うと道体の様ではなさそうだが、そうではない。人を主に言って道体になるのである。道体は膾のけんの様なものではない。道体と言うとはや、冷たくしたがるのは初心なこと。訂斎先生が、理は自然と温かなものだと言うのがそれ。脩道之教は人物を込めて言うが、正客は人の心法だということ。克己復礼を以て説くのもそこのこと。異端は人気なしに説きたがる。人を離れるとあの通りになる。この次からは全く人のこと。汗を掻くほど骨を折っても、それが脩道の教という道体である。白鹿洞の父子有親の処を、訂斎が退溪を議するのは違っているのだが、これが訂斎の見処である。白鹿洞玉講附録に載っている父子有親は道体である。この様に見なければ、近思の道体は為学の本ということが中々映らない。
【語釈】
・董子…董仲舒。前漢の儒者。河北広川の人。前179頃~前104頃。
・御朱印地…江戸幕府が寺社に対して朱印状を下付してその所領を確認した土地。証文地。
・正其義不計其利…近思録爲學40。「董仲舒謂、正其義、不謀其利。明其道、不計其功。孫思邈曰、膽欲大而心欲小。智欲圓而行欲方。可以爲法矣」。
・訂斉先生…久米訂齋。名は順利。斷次郎と称す。別号は簡兮。京都の人。天明4年(1784)10月7日没。年86。
・退溪…李退溪。朝鮮李朝の代表的儒学者。名は滉。字は景浩。真宝の人。陶山書院に拠って嶺南学派を興し、日本の儒学にも大きな影響を及ぼした。1501~1570。

○道也者不可須臾離云云。これより全く功夫なり。されともその工夫は、道也者云々と云道体から是故とくるなり。上は人物こめて云、これからは人が主で、禽獣草木のとんとあたまをあげる処でないぞ。此条前の字を承て、道と云を遠くあっちの道と云ふことではなく、性にしたごふを道と云て、道は吾心にある。或問不外于吾一心みるへし。その道にはなれぬことなり。性善と云ことてすめば、高い処へあがりてうちはをつかふて居てすむことなり。性善はあてにならぬ。ここが工夫脩めるのたんてき。そこを孟子にも無教近禽獣と云は、性善も敎なくてはあてにならぬことを云なり。なせあてにならぬなれば、心と云どふらくものを地主にしてをるからなり。ここは為学の為の道体と合点すべし。楊亀山は、道がはへぬいたものゆへに、どうしてもはなれられぬと見たが云ちがへなり。はなれられぬと云端的がはなれる処なり。語類、体之則合脊之則離は爰なり。なれともはへぬいたものなれとも、こちが不了簡なればはなれるぞ。可離非道は、迂斉の弁に、はなれてすまふものならばと云ことじゃとなり。親を大事と思うても、そうふだんのことがなるものかと云。じきにその端的がはなれるなり。工夫と云は、はなれぬやふにすることなり。異端はどふがなしてはなれるくめんをするそ。中庸の心法と云はどふなれば、軍がをこってから矢をはぐ、役にたたぬ。そこをみぬ処から用心し、きかぬ処からゆだんせぬことなり。人欲をよせまいと思ふには、人欲のない前から用心をするなり。火の用心をするやふなもので、火事のない前からするか本んの火の用心なり。これを未発の工夫と云なり。ここの処に大事のあやありて、道体工夫ぐるめた味、云に云へぬことなり。或問にも無不在性故道無不在をみよ。有と在との合点大切なり。有の字はすってもはげず、はへぬいた有なり。在の字は在宿の在の字て、他出することもあるから云。脩性道、どちでも有の字でありそふなものなれとも、吾心がらて道が在たり在らなんだりする。戒謹云々せぬと無不在の道をはなれるなり。
【解説】
「道也者、不可須臾離也。可離非道也。是故君子戒愼乎其所不睹、恐懼乎其所不聞」の説明。ここからは人の功夫を言う。道は遠くにある道ではなく、性に率うのを道と言う。自分の心に道があるのである。性善はよいのだが、心という道楽者がいるから性善が当てにならない。道は生え抜きではあるが、自分が不了簡であれば離れる。そこで、発る前に用心をする。それが未発の工夫である。
【通釈】
○「道也者不可須臾離云云」。これからは全くの功夫である。しかし、その工夫は、「道也者云々」という道体から「是故」と来るのである。上は人物を込めて言い、これからは人が主で、禽獣草木は全く頭を上げる処ではない。この条は前の字を承けて、道は遠くにあるあちらの道ということではなく、性に率うのを道と言い、道は自分の心にあるとする。或問の「不外乎吾之一心」を見なさい。その道に離れないこと。性善ということで済めば、高い処へ上がって団扇を使っていても済む。しかし、性善は当てにならない。ここが工夫を脩める端的である。そこで孟子にも「無敎則近於禽獸」とあるのは、性善も教がなくては当てにならないことを言ったのである。何故当てにならないのかと言うと、心という道楽者を地主にしているからである。ここは為学の為の道体だと合点しなさい。楊亀山は、道が生え抜いたものなので、どうしても離れられないと見たのが見違いである。離れられないと言う端的が離れる処である。語類に「體之則合、背之則離」とあるのはこのこと。生え抜いたものではあるが、こちらが不了簡であれば離れるのである。「可離非道」は、迂斎の弁に、離れて済むものならばということだとある。親を大事と思っても、そう普段のことが出来るものかと言う。直にその端的が離れるということ。工夫というのは、離れない様にすること。異端はどうかして離れる工面をする。中庸の心法というのはどういうことかと言うと、軍が起こってから矢を矧ぐのでは役に立たない。そこを見ない処から用心し、聞かない処から油断をしないこと。人欲を寄せない様にしようと思えば、人欲のない前から用心をする。それは火の用心をする様なもので、火事のない前からするのが本当の火の用心である。これを未発の工夫と言う。ここの処には大事な綾があって、道体工夫を包めた味は言うに言えないこと。或問にも「性無不有。故道無不在」とあるのを見なさい。有と在との合点が大切である。有の字は擦っても剥げず、生え抜いた有である。在の字は在宿の在の字で、他出することもあるから言う。脩性道はどれも有の字でありそうなものだが、自分の心から道が在ったり在らなかったりする。戒謹云々をしないと無不在の道を離れるのである。
【語釈】
・不外于吾一心…中庸或問。「所謂道也、是乃天下人物之所共由、充塞天地、貫徹古今、而取諸至近則常不外乎吾之一心、循之則治、失之則亂」。
・無教近禽獣…孟子滕文公章句上4。「人之有道也、飽食、煖衣、逸居而無敎、則近於禽獸」。
・楊亀山…楊時。北宋の儒者。字は中立。亀山先生と称。福建将楽の人。1053~1135。
・体之則合脊之則離…朱子語類62。「此道無時無之、然體之則合、背之則離也」。
・無不在性故道無不在…中庸或問。「性無不有。故道無不在」。

○道は日用事物當行之理。一世一代のやふなことでない。毎日のことなり。頭の容は直くから始め、さすてひく手がみなこれなり。その道に叶ふ処から性之德と云たものなり。それはどこに宿をかりて居るなれば、心にそなはる。ここから工夫なり。○無物不有無時不然。ここて学問に非番のないことをかみへるぞ。性に率ふ道ゆへに、いつと云ことはないそ。川上の歎の仕向てもなんても一つことにをちることなり。○是以君子之心。ここへ了簡の付た人のことなり。直方先生の、ここは垩人になろうと云了簡のもので無れば咄されぬとなり。如此口上の出るが道統の列の人とみへ。○常存畏敬云云。川上の歎と同しことで、常の字が主なり。これ道体なりから程子の説出したもきこへた。夏は火の用心せずとよいと云ことはない。雨が降ても火の用心なり。向に畏るることもなし、敬むわざもなけれとも、こちが丸に畏敬になって居ることなり。大学の顧諟天之明命と云と同じことなり。○天理の本然。ここを上と一つに思ふは、子思の折角云はれたことを重言する。又きっとはなして御本丸西丸と云やふにわけるはあしし。かの馬にのるたとへ尤妙なり。脉処なり。ここにちっとでも云分がある、じきに病気になるなり。中庸の心法ここなり。堯舜も御満足とはここなり。
【解説】
「離、去聲。○道者、日用事物當行之理。皆性之德而具於心。無物不有、無時不然。所以不可須臾離也。若其可離、則豈率性之謂哉。是以君子之心常存敬畏、雖不見聞、亦不敢忽。所以存天理之本然、而不使離於須臾之頃也」の説明。道は日用事物当行の理であるから絶え間ないものであり、それは川上の歎と同じである。そこを心が発る前に敬畏し、天理の本然の通りであるのが中庸の心法である。
【通釈】
○「道者日用事物當行之理」。一世一代の様なことではない。毎日のこと。「頭容直」から始めて、差手引手が皆これである。その道に叶う処から「性之德」と言ったもの。それは何処に宿を借りているかと言えば、心に具わっている。ここからが工夫である。○「無物不有無時不然」。ここで学問には非番がないことをが見える。性に率う道なので、何時ということはない。川上の歎の仕向けでも何でも一つ事に落ちる。○「是以君子之心」。ここに了簡の付いた人のこと。直方先生が、ここは聖人になろうという了簡の者でなければ話はできないと言った。この様な口上の出るのが道統の列の人だと見なさい。○「常存畏敬云云」。川上の歎と同じで、常の字が主である。「此道體也」から程子が説き出したのもよくわかる。夏は火の用心をしなくてもよいということはない。雨が降っても火の用心である。向こうに畏れることもなく、敬む業もなくても、こちらがすっかりと畏敬になっていること。大学の「顧諟天之明命」と同じこと。○「天理之本然」。ここを上と一つに思うのは、子思が折角言われたことを重言することになる。また、しっかりと離して御本丸と西丸と言う様に分けるのは悪い。彼の馬に乗るの例えは尤も妙である。脈処である。ここに少しでも言い分があると、直ぐに病気になる。中庸の心法はここ。堯舜も御満足とはここのこと。
【語釈】
・頭の容は直く…小學敬身16。「禮記曰、君子之容舒遲。見所尊者齊遬。足容重、手容恭、目容端、口容止、聲容靜、頭容直、氣容肅、立容德、色容莊」。
・川上の歎…論語子罕16。「子在川上曰、逝者如斯夫。不舍晝夜」。
・これ道体なり…論語子罕16集註。「程子曰、此道體也。天運而不已。日往則月來、寒往則暑來。水流而不息、物生而不窮。皆與道爲體。云々」。
・顧諟天之明命…大學傳1。「大甲曰、顧諟天之明命」。

莫見乎隱云云。ここは一念の発た処を工夫することなり。隱は我一心の上のことなり。我一心の上のことと云はどこからも知れぬ。そこを隱と云なれとも、自分の心ではがんざりと知ておることゆへ莫見なり。微は隱中の事にあらはれぬ処を云なり。そこを外てはたれも知らぬことなれとも、自分ではこれほど明なことはない。そこを莫顕と云なり。こふして講釈をきいて居る中ちにも、講釈をしまうたら帰りにどこへ寄ふと云ことは面々心には浮べとも、外からは知れぬが、手前ではがんざりと知って居ることなり。愼其独。大学の誠意の章と同しことなり。凡夫の人の知らぬをよきと心得る玉しいてはうかかわれぬことなり。上の段と并べてたとへて云へば、上段は火の気のない内につつしむことなり。此段はすいがらちょっと落たやふなことなり。だれも知ぬことなれとも、踏み消してしまうそ。
【解説】
「莫見乎隱。莫顯乎微。故君子愼其獨也」の説明。自分の心は誰も知ることはできないが、自分はそれを知っている。自分は知っているのだから、一念の発った処で慎むのである。
【通釈】
「莫見乎隱云云」。ここは一念の発った処を工夫すること。「隱」は我が一心の上のこと。我が一心の上のことは何処からも知れない。そこを隱と言うのだが、自分の心でははっきりと知っていることなので「莫見」である。「微」は隱中の事に現れない処を言う。そこは外では誰も知らないのだが、自分ではこれほどに明なことはない。そこを「莫顕」と言う。こうして講釈を聴いている中にも、講釈を仕舞ったら帰りに何処へ寄ろうということは面々心には浮ぶとしても、外からは知れない。しかし、自分ではしっかりと知っている。「愼其獨」。大学の誠意の章と同じ。凡夫の人が知らないのをよいと心得る魂では窺うことのできないこと。上の段と並べて例えて言えば、上段は火の気のない内に敬むこと。この段は吸殻を一寸落とした様なこと。誰も知らないことなのだが、踏み消してしまう。

○隱は暗處なり。人の心と云ものはしれぬものなり。いかほと利口なものでも人の心中はしれぬそ。微は細事なり。こふしやふと心へちょっとうかんたゆへ細事なり。○人不知云云。迂斉の、納戸の角のやふなことてはない、日本橋のやうなにぎやかな中でも、我心にちらり起たときのことしゃとなり。そこて所不知己独り知る処なり。これが人欲の本になるそ。論語の意必固我もこれからなるぞ。山崎先生の、ここは面白い引付をさしったり。孔子の御目にも漆彫開が心は知れなかったとなり。開が独の処なり。○上段とここを書かへてをいたぞ。上には天理の本然と云、ここには人欲將萌と云。未発の処へは人欲と云字を出さず天理とす。既欲萌。ここがをそろしい大盗人なり。其潜滋暗長云云。わるくなると云て急にわるくなるものではない。○たとへて云へば、えんの下へ竹の子の出来たやふなものなり。○上段と此段を一つにして、孔門傳授の心法と云なり。火事で云ををなれば、手勢消口と云やふなものなり。
【解説】
「見、音現。○隱、暗處也。微、細事也。獨者、人所不知而己所獨知之地也。言幽暗之中、細微之事、跡雖未形、而幾則已動。人雖不知、而己獨知之、則是天下之事、無有著見明顯、而過於此者。是以君子旣常戒懼、而於此尤加謹焉。所以遏人欲於將萌、而不使其潛滋暗長於隱微之中、以至離道之遠也」の説明。人の心は知れないもの。その心にちらりと起こった人欲によって道が段々と離れて行く。
【通釈】
○「隱暗處也」。人の心というものは知れないもの。どれほど利口な者でも人の心中は知れない。「微細事也」。こうしようと心へ一寸浮かんだので細事である。○「人所不知云云」。迂斎が、納戸の角の様なことではなく、日本橋の様な賑やかな中でも、我が心にちらりと起きた時のことだと言った。そこで「人所不知而己獨知之地」である。これが人欲の本になる。論語の意必固我もこれからなる。山崎先生がここに面白い引付けをなされた。孔子の御目にも漆雕開の心は知れなかったと言った。開の独の処である。○上段とこことを書き換えておいた。上には「天理之本然」と言い、ここには「人欲將萌」と言う。未発の処には人欲という字を出さずに天理とする。既に欲萌すというのが恐ろしい大盗人である。「其潛滋暗長云云」。悪くなるといっても急に悪くなるものではない。○例えて言えば、縁の下に竹の子が出来た様なもの。○上段とこの段を一つにして、孔門傳授の心法と言う。火事で言えば、手勢消口という様なもの。
【語釈】
・意必固我…論語子罕4。「子絶四。毋意、毋必、毋固、毋我」。
・漆彫開が心は知れなかった…論語公冶長5。「子使漆雕開仕。對曰、吾斯之未能信。子說」。

此日は吾邪暗鬱塞して開口爽快ならず。然るに如此記録すれば、左のみ大にあやまりたるにもあらず。其筈よ、年来戒謹恐懼謹独などと云功夫した覚もなくて、口で云こと精彩なきは心得なり。直方先生の、嘉右衛門重次良ばかりは誠意のに到たと申されしこと、乃祖客斉の筆記にあり。此に付ても想得たり。中和集説於是乎有感なと文字にて此事章句訓話のことにあらざる意、体認すべし。又尚翁の筆記姑く未発已発の名をわすれ存養成熟の人を以て看は、全体渾然一固中耳の説、さて々々各別なることなり。前々も云通り、太極圖説より中庸首章のよみかたきと云も、この人からにかかることなり。のぞいたばかりではよみがたきは、心法にかかりたることゆへなり。
【解説】
嘉右衛門と重次郎は誠意を尽くした人である。中庸は章句訓詁のことではなく心法のことである。太極圖説よりも中庸首章の方が読み難いと言うのは、中庸は人柄に掛かるからで、覗いただけでは読み難いのは、心法に掛かることだからである。
【通釈】
この日、私は邪暗鬱塞して開口爽快ではなかった。それなのにこの様に記録すれば、それほど大きな誤りもない。その筈で、年来戒謹恐懼謹独などという功夫をした覚えもないから、口で言うことに精彩がないのは心得ている。直方先生が、嘉右衛門と重次郎だけは誠意のに到ったと申されたことが乃祖客斎の筆記にある。これに付いても想い得たことがある。中和集説是に於て感有りなどの文字で、この事は章句訓詁のことではないという意を体認しなさい。また、尚翁の筆記、姑く未発已発の名を忘れて存養成熟の人を以て看たのは、全体渾然一固中耳の説であり、さてさて格別なことである。前々も言う通り、太極圖説よりも中庸首章の方が読み難いと言うのも、この人柄に掛かること。覗いただけでは読み難いのは、心法に掛かることだからである。
【語釈】
・嘉右衛門…山崎闇齋。
・重次良…重次郎。淺見絅齋。
乃祖客斉…乃祖客齋。?
・尚翁…三宅尚齋。


己酉一六中庸筆記四
喜怒哀樂章 二月十一日 先生朱批  文七
【語釈】
・己酉…寛政1年(1789)年。
・文七…高宮文七。東金市押堀の人。

十八日追て出す記録甚好し。されとも既に中和集説を講する位なれば筆記よしとほめるも甘口ぞ。
【通釈】
十八日に追って出す記録は甚だ好い。しかしながら、既に中和集説を講ずる位であれば、筆記好しと誉めるのも甘口なこと。

天命之性は道体を云。道体は遠くにあるものではない。人の心に備てあるものなり。人の心に備てあるものゆへ、道也者不可須臾離のわけもきこへた。此前に戒愼不睹恐懼乎不聞愼獨と工夫を云、此段は工夫はない。前の工夫は爰の塲と見せたもの。此処句此意通會せよ。必しも子思の意か的とこふと云ことにもあらず。恭節録云、先生講後云、とみせたと云てもと看るなり。とみせたと云へは子思のことになる。とみたと云へば学者のことになる。爰かつなきの大事なり。戒愼恐懼愼獨と工夫をあけて見せて、那の二工夫する塲処は爰のことじゃとみせたものなり。それもこれも天命の性から来ること。子思の中庸をつくらしって中庸と名付られたも爰塲に帰することぞ。爰が中庸肝文の処なり。扨て道統の傳は心に帰することゆへ心法と云。心法は心のなりを知ら子ばならぬ。そこで前で工夫を云て、爰て心の形を云。心の状は道体。垩人も同ことで、心の本来がかうしたものなり。其心の発る発らぬ持節を知るが爰の大切。朱子の四十より前は合点ゆかず、四十の年になって始て合点し、恍然得其要領も爰の塲を合点したことなり。
【解説】
天命の性は道体であり、それは人の心に備わってある。この前の処では戒愼恐懼愼獨と工夫を言い、ここにその工夫をする場を言う。ここは心のなりを語るのである。
【通釈】
天命之性は道体を言う。道体は遠くにあるものではない。人の心に備わってあるもの。人の心に備わてあるものなので、「道也者、不可須臾離」の訳もよくわかる。この前に「戒愼乎其所不睹、恐懼乎其所不聞」、「愼獨」と工夫を言い、この段に工夫はない。前の工夫はここの場だと見せたもの。この処の句のこの意を通会しなさい。必ずしも子思の意がぴったりとこうだということでもないが。恭節の録に云う、先生講後に云う、と見せたと言うが、本は看るということ。と見せたと言えば子思のことになる。と見たと言えば学者のことになる。ここが繋ぎの大事。戒愼恐懼愼獨と工夫を上げて見せて、あの二つの工夫をする場所はここのことだと見せたのである。それもこれも天命の性から来ること。子思が中庸を作られて中庸と名付けられたのもこの場に帰すること。ここが中庸肝文の処である。さて道統の傳は心に帰することなので心法と言う。心法は心の姿を知らなければならない。そこで前で工夫を言って、ここで心の形を言う。心の状は道体。それは聖人も同じことで、心の本来がこうしたもの。その心の発る発らないという持節を知るのがここの大切。朱子が四十より前は合点がゆかず、四十の年になって初めて合点して、恍然得其要領となったのも、ここの場を合点したこと。
【語釈】
・恍然得其要領…中庸章句序。「一旦恍然、似有以得其要領者」。

○語り出したか心に体用のあることを云んとて喜怒哀樂と人の一ち合点しよい処から云。喜怒哀樂は心の働て誰も彼も覚のあること。喜しい怒る哀しい楽、此のない人は頓とない。学問をせふかせまいか垩人から凡人迠ある。わしらが方にはござらぬと云てはない。人の家内ても娘が産をしたと云、喜。あの医者は内に居て留主をつかふたと怒る。一子を殺たと云、あめやさめやと哀む。それ子共がをびときと云、にこはこ悦ぶ。誰にもあって、づんと人の近つきな知たものなり。四の知たものを出して、之はそれを指たこと。喜怒哀楽の発らぬ時がある。一日うれしいてもなく、怒てもなく、哀ても楽てもなく、何も一念胷に浮ばぬ前がある。其発らぬ塲がしりにくい。喜怒哀楽を始一念胷へ浮はぬとき、爰のばじゃと、天下の大本万事の源ここじゃと子思が見付さしった。直方先生の、未発は後に知れることと云た。あとてしれると云が面白い。とこか未発と思へは、はや已発になる。さっきか未発のばで有たよとのちにしる。そこを未発と云、中と云。喜は喜に付、怒は怒につくが、喜でもなく怒てもなく、しゃんとあらはれずにをる。所謂亭々當々そこの処を中と云。人間の奥の院の大切と云か爰の所なり。色香を顕す心が凛と生居る。活底なり。靜坐は是れ瞌睡てないと云もここ。爰の朱批、前の凛の字へ答呂子約書がつき、後の凛の字へ活底の朱批付くなり。磨立たかみそりをかみそり箱へ入て置、立鑑を蓋をして置やふなもの。月代もすらず面も向ぬがよい。発らぬ前に凛としてをる。ここが答呂子約書の洪範を挙てつめられた処なり。
【解説】
「喜怒哀樂之未發、謂之中」の説明。心には体用がある。ここは人が合点し易い様に、誰にもあって知っている喜怒哀楽で語る。この喜怒哀楽が発らない前の場がある。これが未発であり、中である。しかしその場にも、色香を顕す活底な心が凜としてある。これが天下の大本だと子思が見付けられた。
【通釈】
○この様に語り出したのは、心に体用があることを言おうとして「喜怒哀楽」と、人の一番合点し易い処から言う。喜怒哀楽は心の働きで誰にも彼にも覚えのあること。喜しい怒る哀しい楽しい、これのない人は頓とない。学問をしようがしまいが聖人から凡人までにある。私等の方にはございませんということではない。人の家内でも、娘が産をすれば喜ぶ。あの医者は内にいて留主を使ったと怒る。一子を殺したと、雨やさめと哀しむ。それ子供が帯解きだとなればにこはこ悦ぶ。誰にでもあって、実に人が近付きであり知っているもの。この四つの知ったものを出して、「之」は、それを指したこと。喜怒哀楽の発らない時がある。一日喜でもなく、怒でもなく、哀でも楽でもなく、一念も胸に浮かばない前がある。その発らない場が知り難い。喜怒哀楽を初めとする一念が胸に浮かばない時がこの場だと、天下の大本万事の源はここだと子思が見付けられた。直方先生が、未発は後に知れることと言った。後で知れるというのが面白い。何処が未発かと思えば、早くも已発になる。さっきが未発の場で有ったよと後に知る。そこを未発と言い、「中」と言う。喜は喜に付き、怒は怒に付くが、喜でもなく怒でもなく、しゃんと顕れずにいる。所謂亭々當々である。そこの処を中と言う。人間の奥の院の大切なのがここの所。色香を顕す心が凜として生きている。活底である。静坐は便ち只是れ瞌睡[こうすい]と成さずと言うのもここ。ここの朱批、前の凜の字へは呂子約に答うる書が付き、後の凜の字へは活底の朱批が付く。それは磨き立てた剃刀を剃刀箱に入れて置き、立鑑に蓋をして置く様なもの。月代も剃らず面も向かわないのがよい。発らない前に凜としている。ここが呂子約に答うる書で洪範を挙げて詰められた処。
【語釈】
・あめやさめ…雨やさめ。ひどく涙を流して泣くことを形容する語。
・亭々當々…近思録道體26。「中者天下之大本。天地之閒、亭亭當當、直上直下之正理。出則不是。惟敬而無失、最盡」。
・靜坐は是れ瞌睡てない…朱子語類96。「不成靜坐便只是瞌睡」。

喜ぶことは丁どの処て喜、怒ことは丁どの処て怒る。哀ことは丁との処て哀。楽もそれ。和は発らぬ前の中があらわれたもの。道理に合た喜ひよう、道理に合た怒やふゆへ和と云。中者喜怒哀樂一念発らぬ前にさへきっておる。其一心てすることゆへ、天下中のことか爰から出ぬことはない。大本は、あらはれぬ前の本て云。切れのない小判を箱に入て置やふなもの。娘を片付も普請をするも此千両の金でする。大本なり。ひつまぬ処を大本と云。迂斉の弁に、かけのない印判をみるようなものとなり。欠もせ子ばひつみもせぬゆへ、いくらをそふがそれて通なり。天下之事をするに心てせぬことはない。皆心てする。其心がひずむと彼破れた太皷のやふなもの。本か破れておると、打たところの音がわるい。破れぬと音がよい。中が本になるゆへ大本と云。和は殊の外とこえ持て行ても通用のよいことで、切れのない小判のやふなもの。江戸へ持て行ても東金へ持て行てもうけとらぬと云ことはない。ちと此は見悪うござると云は、切れがあるかどふかしたのなり。善ひ者はどこても請取。人の心に体用がある。体は中、用は和。中がよい故和の発出る処がよい。凡夫の人にうとまれるは喜怒哀樂の毒気を吹掛る。嗚呼うるさいやつと云は。和て人間の心の働は喜怒哀樂が丁ど喜へきことに喜、怒るべきことに怒。どこまでも受取ぬと云ことはない。此が人間の心の本然なり。ただいこふしたものなり。
【解説】
「發而皆中節、謂之和。中也者、天下之大本也。和也者、天下之達道也」の説明。喜怒哀楽が丁度の処で発る。それは発らない前の冴え切った中から発った喜怒哀楽であり、道理に合ったものなので「和」と言う。それは、何処へも通用のよいこと。また、全てにおいて「中」が本となるので「中也者、天下之大本也」と言う。未発の心に欠けや歪みのないことが大事である。
【通釈】
喜ぶことは丁度の処で喜び、怒ることは丁度の処で怒る。哀しいことは丁度の処で哀しむ。楽もそれ。「和」は、発らない前の中が顕れたもの。道理に合った喜び様、道理に合った怒り様なので和と言う。中は喜怒哀楽という一念の発らない前に冴え切ってある。その一心ですることなので、天下中のことがここから出ないことはない。「大本」は、顕れない前の本で言う。きずのない小判を箱に入れて置く様なもの。娘を片付けるのも普請をするのもこの千両の金でする。大本である。歪まない処を大本と言う。迂斎の弁に、欠けのない印判を見る様なものとある。欠けもしなければ歪みもしないので、いくら捺そうがそれで通る。天下の事をするのに心でしないことはない。皆心でする。その心が歪むと、彼の破れた太鼓の様なもの。本が破れていると、打った所の音が悪い。破れないと音がよい。中が本になるので大本と言う。和は殊の外何処へ持って行っても通用のよいことで、きずのない小判の様なもの。江戸へ持って行っても東金へ持って行っても請け取らないということはない。一寸これは見て悪い様ですというのは、きずがあるかどうかしたのである。善い者は何処でも請け取る。人の心には体用がある。体は中、用は和。中がよいので和の発り出る処がよい。凡夫が人に疎まれるのは喜怒哀楽の毒気を吹き掛けるから。そこで嗚呼煩い奴と言われる。和で、人間の心の働きは喜怒哀楽が丁度喜ぶべきことに喜び、怒るべきことに怒れば、何処までも受け取らないということはない。ここが人間の心の本然である。そもそもこうしたもの。
【語釈】
・切れ…小判についたきず。

中和は垩人でなければ云れぬ。垩人の心の本体が中、垩人の心のあらわれたか和。そんなら垩人のことを語たかと云に、そうすると凡人の置処がない。垩人凡人一つに云ことなり。凡夫にも中のやふな塲、和のやうな塲がある。それゆへ体用は垩凡自然のなり、未発已発は垩人凡人をなじことにある。此かなければ人ではないようなもの。未発の塲已発の塲は、丁ど垩人の通凡夫もある。朱子の、鰯賣にも、販夫賎隷と云へども。未発のばかあると誰にか答書にちらりと云てありた。それはをろか熊坂日本左ェ門迠ある。あれらも元日から盗をせうとは云はぬ。盗まふと思はぬときがある。発て盗にゆく。されともその盗まぬ前に盗の本体はりんとしてをるそ。これを合点すればいよ々々明白なり。○異学之徒、体用は仏書にあることを宋朝以来云と云が、さりとは外聞のわるいことぞ。我心を知らぬと云ものなり。人の心は発るときと発せぬ前がある。か子々々百姓日用不知の域と論ずるが大言にあらず。そこを垩人のは中和。凡夫も未発のばはあるが、中でなし、和でない。此でみれば体は中、用は和。凡夫も中と和とは云はれ子とも、未発のばはあるとしることぞ。此て垩凡くるめて云かしれるなり。
【解説】
聖人の心の本体が中で、聖人の心の顕れたのが和である。凡人にも未発已発の場はあるが、中でなく和でもない。体は中、用は和である。
【通釈】
中和は聖人でなければ言えない。聖人の心の本体が中、聖人の心の顕れたのが和。それなら聖人のことを語ったのかと言えば、そうすると凡人の置き処がない。聖人凡人一つに言うのである。凡夫にも中の様な場、和の様な場がある。それ故、体用は聖凡の自然の姿であり、未発已発は聖人凡人同じことである。これがなければ人ではない様なもの。未発の場已発の場は、丁度聖人の通り凡夫にもある。朱子が、鰯売りにも、販夫賎隷と雖も。未発の場があると誰かに答える書にちらりと言っていた。それはおろか熊坂や日本左ェ門にまである。あれ等も元日から盗みをしようとは言わない。盗もうと思わない時がある。発って盗に行く。しかしながら、その盗まない前に盗みの本体は凜としてある。これを合点すればいよいよ明白なこと。○異学の徒は、体用は仏書にあることを宋朝以来言っていると言うが、これはまた外聞の悪いこと。それは自分の心を知らないというもの。人の心は発る時と発らない前とがある。予予百姓日用不知の域と論ずるのが大言ではない。そこを聖人のは中和である。凡夫も未発の場はあるが、中でなく、和でない。これで見れば体は中、用は和。凡夫も中と和とは言えないが、未発の場はあると知りなさい。ここで聖凡包めて言ったことがわかる。
【語釈】
・熊坂…熊坂長範。平安末期の大盗。奥州に赴く金売吉次を美濃国赤坂の宿に襲い、牛若丸に討たれたという伝説的人物。
・日本左ェ門…白波五人男の頭領である日本駄右衛門のモデル。浜松付近で強盗を重ねていた盗賊。延享4年(1747)2月4日に捕縛され、同年3月11日に処刑される。

喜怒哀樂情也云云。人のよくしりたこと。目に視へ耳に聞へるものなり。あらわれたものて繪にも書れ、子ともの草双紙に笑底怒底かある。みなしれるものなり。人の目に見えるものそ。今日はをらか旦那は機嫌かわるい。めったにものを云はしゃるなと云。少女小奴も知たこと。隣屋鋪迠しれるが情なり。をどりつは子つして喜ぶ。皆情なり。是が中庸の講釈を聞て始てしりたと云ことではない。誰も彼も知たこと。発ぬ前は情とは云れず。喜怒哀楽は情じゃはなんとよかろうと返事をさせて、其発ぬ前から一日悦でもなく、一日怒てもない。一日悦は乱心なり。乱心ものは朝から完樂々し。人の子しづまりに歯ぎしりをする。人間の本体は知惠のある人もない人もそうだんきりなものではない。発ぬ処がある。発て情と云。心の働なり。喜怒哀樂の働かぬ前がある。そこが性なり。性は形のないもので繪にも書れぬ。探幽や古法眼ても、仁を書てくれろの義をかいてくれろのと云て書くことはならぬ。其ときは何とも片付かぬ。今にも喜ぶことがくると、べったりと喜が、喜ぶこともなければ怒ることもない。一物なく無念無想なり。是を中と云。
【解説】
「樂、音洛。中節之中、去聲。○喜・怒・哀・樂、情也。其未發、則性也。無所偏倚。故謂之中」の説明。喜怒哀楽は顕れたものであって誰もが知れるもの。已発の情である。その已発の前に未発の場がある。そこが性であり、絵に書くことも見ることも聞くこともできない場である。そこは一物もなく無念無想であり、これを中と言う。
【通釈】
「喜怒哀樂、情也云云」。人がよく知ったこと。目に視え耳に聞こえるもの。顕れたもので絵にも書くことができる。子供の草双紙に笑底怒底がある。皆知れるもの。人の目に見えるものである。今日は俺の旦那の機嫌が悪い。滅多にものを言うなと言う。少女や小奴も知ったこと。隣屋敷まで知れるのが情である。踊り跳ねて喜ぶ。皆情である。これは中庸の講釈を聞いて初めて知ったということではない。誰も彼もが知ったこと。発らない前は情とは言えない。喜怒哀楽は情だとは何とよいことだろうと返事をさせて、その発らない前から一日中悦ぶのでもなく、一日中怒るのでもないと言う。一日中悦ぶのは乱心である。乱心者は朝から完楽である。人が寝静まりに歯軋りをする。人間の本体は知恵のある人もない人もそう段切りなものではない。発らない処がある。発って情と言う。それは心の働きである。喜怒哀楽の働かない前がある。そこが性である。性は形のないもので絵にも書けない。探幽や古法眼でも、仁を書いてくれとか義を書いてくれと頼んでも、書くことはできない。その時は何とも片付かない。今にも喜ぶことが来ると、べったりと喜ぶが、喜ぶこともなければ怒ることもない、一物もなく無念無想である。ここを中と言う。
【語釈】
・古法眼…狩野元信の異称。

向から物があたってくる。喜ぶ事が来ると喜、怒ことが来ると怒。喜へきことに喜ひ、怒べきことに怒ゆへ中節と云、性なりに出る情ゆへ正と云。凡夫は性の外の情が出来る。内の性のなりがでてくる。そこて情之正也と云うれしがるべきことにうれしがらぬ。うれしがるましきことにうれしがる。親族の死たには啼もせず、心安と云。近付が死だと云とき飯が食はれぬと云。悪所くるい、湯治さきの子んごろに墓參する。ちんの死たに菓子をそなへるもあり。顔色の感器泣之哀吊者大境乖戾也。情正は道理なりゆへ乖戾せず。道理なりなことはひっかからす。そこて和と云。迂斉の弁に、上手のこしらへた印籠のやふなもの。しっくりといる。上手のさしもの屋のはこを差たやふなもの。引出がすういとゆく。親子兄弟の間かすらり々々々とゆく。兄弟中のわるいと云は喜怒哀樂の出しやうがわるい。今悪いものを毒氣を吹き掛と云ことがある。喜怒哀樂がわるく来る。垩人のは乖戾せぬから中があらはれてでる。
【解説】
「發皆中節、情之正也。無所乖戾。故謂之和」の説明。物がこちらに来た時、喜ぶべきことに喜び、怒るべきことに怒るので「中節」と言い、性の通りに出る情なので「正」と言う。また、そうならないのを「乖戾」と言う。
【通釈】
向こうから物が当たって来る。喜ぶことが来ると喜び、怒ることが来ると怒る。喜ぶべきことに喜び、怒るべきことに怒るので「中節」と言い、性の通りに出る情なので「正」と言う。凡夫は性の他の情が出来る。内の性の通りが出て来るから「情之正也」というのに、嬉しがるべきことに嬉しがらない。嬉しがるまじきことに嬉しがる。親族が死んだのには泣きもせず、心安いと言う。近付きが死んだという時には飯が食えないと言う。悪所狂い、湯治先の懇ろに墓参する。狆の死んだのに菓子を具える者もいる。「顏色之戚、哭泣之哀、弔者大悦」である。それが「乖戾」である。情正は道理の通りなので乖戾しない。道理の通りなことは引っ掛からない。そこで和と言う。迂斎の弁に、上手が拵えた印籠の様なものだとある。しっくりと入る。上手な指物屋の箱を差した様なもの。引出しがすっと行く。親子兄弟の間がすらりすらりと行く。兄弟仲が悪いというのは喜怒哀楽の出し様が悪いのである。今悪いものを毒気を吹き掛けると言うことがある。喜怒哀楽が悪く来る。聖人のは乖戾しないから中が顕れて出る。
【語釈】
・顔色の感器泣之哀吊者大境…孟子滕文公章句上2。「顏色之戚、哭泣之哀、弔者大悦」。

大本と辞が出たゆへ分に新しくふえたかと云に、彼の始の天命之性、仁義礼智が本立になる。人間のこふしてをるが仁義礼智。此が凛と立てをる。天下之事胷にある。これより外はない。あの人は善い人ゆへ天下の宰相にすると云は、天命の性でする。いつも云、天命之性は心に凛とあるもの。天下之政は天命の性でする。なぜなれば、心てするゆへなり。心で天下の政務はするゆへ、疝気を病ても腕によう腫が出来てもなる。心が中風しては天下の政務はならぬ。
【解説】
「大本者、天命之性。天下之理皆由此出」の説明。人には天命の性という仁義礼智が凜としてある。天下の政は天命の性でする。心でするのである。
【通釈】
「大本」という辞が出たので別に新しく増えたかと言えば、彼の始めの天命之性、仁義礼智が本立てになる。人間のこうしているのが仁義礼智。これが凜と立っている。天下の事が胸にある。これより外はない。あの人は善い人なので天下の宰相にすると言うのは、天命の性でする。何時も言う、天命之性は心に凜とあるもの。天下の政は天命の性でする。それは何故かと言うと、心でするからである。心で天下の政務をするので、疝気を病んでも腕に瘍腫が出来てもできる。心が中風しては天下の政務はできない、と。

○道之体也と云は上の方にあるやうなれとも、人に天命の性があるを云。天下のことを語るではない。王羲之趙子昴が処に大文字がつるしてあるやふなもの。あれから書く。柳生殿の刀が是なり。今秡もせぬあれを秡くとたまらぬ。柳生殿か剱術の名人が、鞘の中にある秡ぬ前がこはい。神武而不殺也。大本の処なり。中間がすっはぬきをすると醉たそうなと笑て見て居。柳生殿の刀は大本がこはい。爰の本かなけれはならぬ。觀世が楽屋に居て親九郎も打ぬ。何も知らぬ本がある。体也。達道も新敷てて珎敷ことを始たかと云にそうてはない。彼始に云率性処。天命の性なりに順てゆくか達道なり。なぜ達道と云なれば、天下古今之所共由也。今は入らぬと、土用干をしてしまうことてはない。不断是に寄こと。親孝行は孔子から始たの舜から始たのと思か、舜の孝にかむれはつかぬ。舜の孝行も今日の人の孝行するもをなしこと。具足の土用干とは違ふ。あんなものは軍がないと仕舞て置なり。垩人も凡人も何もかも、その通りしていってはづれかない。用は道のあらわれたもの。かのつるしてある王羲之が処の大文字で天の字か地の字かかいたのなり。人間の本來体用のあるがこれぞ。発らぬが性のもちまへ。発と情のもちまい。此德は人間の本來備たものなれとも、中と云德、和と云德を持合たは垩人はかり。凡人も性と情は持合ておるが、此方がわるいゆへ発らぬ時が中でなく、発て和でない。
【解説】
「道之體也。達道者、循性之謂。天下古今之所共由、道之用也」の説明。柳生殿は、刀が鞘の中にある時の抜かない前が恐い。観世も舞う前に大本がある。これが「體」である。そして、天命の性なりに循って行くのが「達道」であり、それが「用」である。
【通釈】
○「道之體也」と言えば上の方にある様だが、人に天命の性があることを言う。天下のことを語ったのではない。王羲之や趙子昴の処に大文字が吊してある様なもの。あれから書く。柳生殿の刀がこれ。今抜いてないあれを抜くと堪らない。柳生殿の様な剣術の名人は、鞘の中にある、抜かない前が恐い。「神武而不殺」である。大本の処。中間がすっぱ抜きをすると酔ったそうだと笑って見ている。柳生殿の刀は大本が恐い。ここの本がなけれはならない。観世が楽屋にいて新九郎も打たない。何も知らない本がある。それが「體也」。「達道」も新しくて珍しいことを始めたかと言うと、そうではない。彼の始めに言った率性の処である。天命の性なりに循って行くのが達道である。何故達道と言うかと言えば、「天下古今之所共由」だからである。今は要らないと、土用干しをして仕舞うことではない。不断これに由ること。親孝行は孔子から始まったの舜から始まったのと思うが、舜の孝に被れは付かない。舜の孝行も今日の人の孝行をするのも同じこと。具足の土用干しとは違う。あんなものは軍がなければ仕舞って置く。聖人も凡人も何もかも、その通りにして行って外れがない。用は道の顕れたもの。彼の吊してある王羲之の処の大文字で天の字か地の字かを書いたのである。本来、人間に体用のあるのがこれ。発らないのが性の持前。発ると情の持前。この德は人間の本来備わったものなのだが、中という德、和という德を持ち合わせているのは聖人だけ。凡人も性と情は持ち合わせているが、自分が悪いので発らない時が中ではなく、発っても和ではない。
【語釈】
・王羲之…東晋の書家。字は逸少。右軍将軍・会稽内史。楷書・草書において古今に冠絶、その子王献之と共に二王と呼ばれる。
・趙子昴…元の文人。名は孟頫、号は松雪道人。湖州の人。宋の宗室の末裔。経世の学に通じ、書画・詩文をよくし、殊に元代文人画の開拓者。1254~1322。
・神武而不殺…易經繫辭傳上11。「古之聰明睿知、神武而不殺者夫」。

○工夫のぎり々々、心法を得る工夫を語り、爰ては工夫てはなく性情の事を語たが、あの発らぬときに工夫すると云がここを工夫すること。道は離れぬものゆへ工夫する。なぜ離れぬなれば、喜怒哀楽は誰にも彼にもあるもので、道理は人の一心に離れぬもの。そこでさっき云通り、戒愼恐懼愼獨の工夫をしろ。是を中庸傳授の心法と云。此処の取扱になりてはいこふ六ヶしいことなり。大抵な六ヶしいことではないそ。章句は朱子の、そこをかい取て云。章句計りて外の書を見に及ぬことなれとも、初學はそふはゆかぬから、語類文集諸説輯畧をも見るなり。端的よいは文會筆録なり。なれとも右の諸説、初學は知ることはならぬ。説の六ヶしいて、却てくるいをつけるゆへ、直方先生便講を作て説を僅上てあるか此趣向なり。或問はとんとはなされぬ。今日某の読たも或問なり。爰の繫きが問でなければ云れぬことなり。
【解説】
「此言性情之德、以明道不可離之意」の説明。喜怒哀楽は誰にも彼にもあるものであって、道理は人の一心から離れないもの。そこで戒愼恐懼愼獨の工夫をする。これを中庸傳授の心法と言う。しかしここの取扱いは難しい。或問でなければそれを言えない。
【通釈】
○工夫のぎりぎり、心法を得る工夫を語って、ここでは工夫ではなくて性情の事を語ったが、あの発らない時に工夫をするというのがここを工夫すること。道は離れないものなので工夫をする。何故離れないのかと言えば、喜怒哀楽は誰にも彼にもあるものであって、道理は人の一心から離れないもの。そこでさっき言った通り、戒愼恐懼愼獨の工夫をしなさい。これを中庸傳授の心法と言う。この処の取扱いになっては大層難しいこと。大抵な難しさではない。章句は朱子が、そこを買い取って言ったこと。章句だけで外の書を見るには及ばないことなのだが、初学はそうは行かないから、語類文集諸説輯略をも見る。端的よいのは文会筆録である。しかしながら、右の諸説を初学は知ることはできない。説が難しくて、却って狂いを付ける。そこで直方先生が便講を作って説を僅かに上げてあるのがこの趣向である。或問は全く離すことができない。今日私が読んだのも或問である。ここの繋ぎが問でなければ言えないこと。

致中和云云。爰の処は先軰の説に或效を云と或工夫を云と見たが、皆辞足らぬのなり。是を一つ云ては大きな間違。爰の処へもってきては工夫のぎり々々效のぎり々々なり。工夫を至極にきめるぎり々々ぞ。工夫をぎり々々に極ると效がぎり々々にきまる。前の戒愼恐懼愼独の外に功夫あろふ筈はない。未発已発の工夫の外に工夫はない。爰はそれをぎり々々につめて、工夫のゆきつめたことなり。前の戒愼恐懼愼独は品川から大津迠、どことなく戒愼恐懼々と工夫したもの。爰もあれと分ではない。品川大津と行き結た処を致と云。其しるしを子思の莫大なことて云故、工夫のぎり々々效のぎり々々となり。平生未発已発をつかまへとなく工夫を戒愼恐懼々として、それか爰てえらるると、上段に喜怒哀樂云云を出して見せたもの。中と云塲で得らるる、和と云塲で得られると、得られるばをみせたぞ。塲所を見せたゆへ、中の塲には戒愼恐懼、和之塲には謹獨と工夫すると云こと。此段はやっはり其中和の工夫をつめると此の始の功驗と云とめたものなり。中庸を書物藝にせす、心法の工夫するものは、つっかけにこふすることなり。戒愼恐懼は殊の外大しごとぞ。
【解説】
「致中和」の説明。「致中和」とは、工夫を至極に決めるぎりぎりである。工夫をぎりぎりに極めると效もぎりぎりに決まる。中和の場での工夫を詰めるので功験がある。
【通釈】
「致中和云云」。ここの処は先輩の説では或いは效を言うとか或いは工夫を言うと見たが、皆辞足らずである。ここを一つで言っては大きな間違い。ここの処へ持って来ては工夫のぎりぎり效のぎりぎりである。工夫を至極に決めるぎりぎりである。工夫をぎりぎりに極めると效がぎりぎりに決まる。前の戒愼恐懼愼獨の外に功夫がある筈はない。未発已発の工夫の外に工夫はない。ここはそれをぎりぎりに詰めて、工夫の行き詰めたこと。前の戒愼恐懼愼獨は品川から大津まで、何処となく戒愼恐懼愼獨と工夫したもの。ここもあれと別ではない。品川から大津へと行き結めた処を「致」と言う。その験を子思が莫大なことで言うので、工夫のぎりぎり效のぎりぎりである。平生未発已発を当てなく戒愼恐懼愼獨で工夫をして、それがここで得られるのだと、上段に「喜怒哀樂云云」を出して見せたもの。中という場で得られる、和という場で得られると、得られる場を見せた。場所を見せたので、中の場には戒愼恐懼、和の場には謹獨で工夫するということ。この段はやはりその中和の工夫を詰めるのがここの始めの功験だと言い止めたもの。中庸を書物芸にせず、心法の工夫をする者は、初めにこうするのである。戒愼恐懼は殊の外大仕事である。

○人間中和と云をきり々々にすると天地へ響て、天が天の居塲に居、地か地の居塲にをちつき、天地にくるいがない。そこを天地位焉萬物育焉。天地の間にをる萬物が、何にもかも云やふなく一切か育はれて、天地の間のものが出來る。ここては脇目からは、よいかけんなことを云はしゃると云ほとなこと。偖致中和天地位と云が凡夫のうかがはれぬこと。今日中庸を聞て、ちらりと聞たほとのことては中々む子にをちぬこと。
【解説】
「天地位焉、萬物育焉」の説明。人が中和を極めると天地に響く。そして、天地が本来の場に落ち着いて、天地に狂いがない。
【通釈】
○人間が中和をぎりぎりにすると天地に響いて、天が天の居場に居、地が地の居場に落ち着いて、天地に狂いがない。そこを「天地位焉萬物育焉」と言う。天地の間にいる万物が、何もかも言い様なく一切が育われて、天地の間の物が出来る。ここでは脇目からは、よい加減なことを言われるものだと言うほどのこと。さて「致中和天地位」というのが凡夫には窺えないこと。今日中庸をちらりと聞いたほどのことでは中々胸に落ちない。

○人間は天地の子。天地からはえぬいてできたものゆへ、天地のなりになると其応が天地へひひき、天地の方も正くなる。夫婦の中がよければ子孫まで栄へるやふなもの。是程な莫大なことを云故、人のをちつきがないやふなれども、子思がたしかに合点してこう云れたもの。そうたい疑と云は知らぬゆへ。夏之虫疑氷なり。致中和た效が天地へ響くと云。そう云ことはありそもないと云が、垩王之世には麒麟鳳凰の出ると云が天地へ響たのぞ。麒麟に家もなく鳳凰に親もなく、乱世には何處の穴に居てもなく、自然ときりんや鳳凰が出てくる。春秋の世はわるいゆへ、様々なわるいことが出てくる。凡乱世にはあるまい星が出たり、地震が度々いりたりした。致中和のしるしもやっはり其裏なり。此が微妙で目に見へぬこと。麒麟がどうして出るか知れぬ。此段で中庸のはこふしたことと語りつめたものぞ。そこで異端の無上に大なことを云とはちごふ。異端は人倫を去る。あたまて道理でないゆへ中和と云はれぬ。様々妖怪なことを云も此裏なり。天地から生れた人間故、人間が善くなると天地へひびく。丁ど家内の悪は天地の位せぬやふなもの。家内に何こともなければ親かにこ々々する。家内の和たのなり。家内では合点したが天地では合点ゆかぬと云は、ここの道理を知ぬゆへなり。大小顕微一理なれとも、眼前底のことのやふにはすまぬはづなり。中庸のありかたきはここぞ。是か空なことを取付け引付け云たことてはないなり。
【解説】
人は天地の子だから、人が天地の通りになると天地に響く。そして天地の方も正しくなる。聖王の世には麒麟や鳳凰が出るというのが天地へ響いたということ。異端も無上に大きなことを言うが、異端は人倫を去るので最初から道理ではない。よって異端は中和とは言えない。
【通釈】
○人間は天地の子。天地から生え抜いてできたものなので、天地の通りになるとその応が天地に響き、天地の方も正しくなる。それは夫婦の仲がよければ子孫までが栄える様なもの。これほど莫大なことを言うので、人の落ち着きがない様だが、子思が確かに合点してこう言われたのである。総体疑というものは知らないから起こる。夏の虫氷を疑うである。中和を致めた效が天地へ響くと言う。そういうことはありそうもないと言うが、聖王の世には麒麟や鳳凰が出るというのが天地へ響いたもの。麒麟に家もなく鳳凰に親もないが、乱世には何処の穴に居るのでもなく、自然に麒麟や鳳凰が出て来る。春秋の世は悪いので、様々な悪いことが出て来る。凡そ乱世にはあるまい星が出たり、地震が度々起こったりした。致中和の験もやはりその裏である。ここが微妙で目に見えないこと。麒麟がどうして出るのかはわからないが、この段で中庸のはこうしたことだと語り詰めたもの。そこで、これは異端が無上に大きなことを言うのとは違う。異端は人倫を去る。最初が道理ではないので中和とは言えない。様々に妖怪なことを言うのもこの裏である。天地から生まれた人間なので、人間が善くなると天地へ響く。丁度家内が悪いのは天地が位しない様なもの。家内に何事もなければ親がにこにことする。家内が和したのである。家内では合点したが天地では合点はできないと言うのは、ここの道理を知らないからである。大小顕微一理だが、眼前底のことの様には済まない筈。中庸の有難きはここ。ここは空なことを取っ付け引っ付けして言ったことではない。

注。致推而極之也。推は段々其上を々と、精ひ上を精くつめたものなり。之字はちからをいれる字。是て工夫と云かしれる。而の字に気を付るがよい。大学には致推極也とありて而之字がない。中庸には致推而極之也と而之字がある。先軰も是迠様々説あり。段々に推して経て来たて云たもの。致知の致は跡えはもとらぬものなり。去年迠火は熱ひと知たか、今年は火之あついは知らぬと云ことはない。跡へはもとらぬものゆへ而之字はいらぬ。中和はあともとりがする。垩無思作狂也。うっかりとするとあともとりをす。推てくること。中和は気と云相手があるゆへ、わるくするとあとへもとるぞ。よりをもどすまいと而之字を入れたもの也。肉を相手にするゆへ、由断をするとあとえもとる。致知は肉を離れたものゆへ、あとへもとらぬなり。而之字を強く云はぬと、天命の性が大きいことゆへ中々裏判の押されぬことなり。
【解説】
「致、推而極之也」の説明。大学では「致、推極也」で、中庸では「致、推而極之也」と、中庸には「而」の字がある。大学は致知を言ったものであり、致知は肉を離れたものなので、後へは戻らない。しかし、中庸は致中和を言ったものであり、中和は気という相手があるので、油断をすると後へ戻る。而の字を強く言って、後戻りさせないのである。
【通釈】
注。「致、推而極之也」。「推」は段々とその上をと、精しい上を精しく詰めたもの。「之」の字は力を入れる字。ここで工夫ということが知れる。「而」の字に気を付けなさい。大学には「致、推極也」とあって而の字がない。中庸には「致、推而極之也」と而の字がある。先輩にもこれまでに様々な説がある。段々に推して経て来たので言ったもの。致知の致は跡へは戻らないもの。去年までは火は熱いと知っていたが、今年は火が熱いことは知らないということはない。跡へは戻らないものなので而の字は要らない。中和は後戻りする。聖無思作狂也。うっかりすると後戻りする。そこで推して来るのである。中和は気という相手があるので、悪くすると後へ戻る。縒りを戻さないようにと而の字を入れたもの。肉を相手にするので、油断をすると後へ戻る。致知は肉を離れたものなので、後へは戻らないのである。而の字を強く言わなければ、天命の性は大きいことなので、中々裏判は押せない。
【語釈】
・致推極也…大學經1。「欲誠其意者、先致其知。致知在格物」。同集註。「致、推極也」。
垩無思作狂也

位者安其所也。位せぬとても泥の海になったと云ことてはない。星かてたの、夏雪が降たの、地震が入ったの、津波がいったのと云。天地が位せぬのなり。○自戒懼而云云。致中和ことを云。中和を一つに致と云が、それを分けて致めることを云。前の工夫の外に分にあるてはない。前の戒愼恐懼は、やっはりこのことなり。分にすることではない。戒愼恐懼の上を戒愼恐懼々としてきり々々とつめ、内えつめて手のこみてくること。人の身代を倹約すると云がきこへた。つはめることなり。位焉萬物育焉になる工夫ゆへ、段々其上をつめ々々して工夫の細になることぞ。其上を細の上を細とつめる。無少偏倚は心の未発のなりを云。亭々當々直上直下之正理がやはりこれなり。何も発せぬ未発の塲なり。寒霜に閉られ何もけもなく、草木が冷落したと云。人の心にそれがある。其ばのあらはれす至靜なばに無少偏倚而其守不失也。爰の処の工夫か至て精微ぞ。工夫の思慮安排があると已発になる。手を付ぬこと。銀鉢へ水を汲て番をして居るやふなもの。人があるくと水浪がたち、風が吹くと風浪が立つ。守は遠くからみている様なもの。指も付す當らずにおるやうなもの。槇木の功者な人か、なぜいぢらしゃるなと云。手入を承たいと云。手入と云があらくなる。守ると云が云に云へぬことなり。中と云処に浪も風も當ずそっくりとした処が戒懼からつめて、それからして功驗か天地位焉云云也。中を致れは天地位、を致れは萬物育焉。
【解説】
「位者、安其所也。育者、遂其生也。自戒懼而約之、以至於至靜之中、無少偏倚、而其守不失、則極其中而天地位矣」の説明。天変地異は天地の位しないこと。未発の場で細かな上に細かに戒愼恐懼の工夫をする。その功験が天地位萬物育である。中を致めれば天地位、和を致めれば萬物育焉となる。
【通釈】
「位者、安其所也」。位しないとしても泥の海になったということではない。星が出たとか、夏に雪が降ったとか、地震があったとか、津波があったなどと言う。それは天地が位しないのである。○「自戒懼而云云」。「致中和」のことを言う。中和を一つに致めるというのが、それを分けて致めることを言う。それは前の工夫の外に別にあるのではない。前の戒愼恐懼は、やはりこのこと。別にすることではない。戒愼恐懼の上を戒愼恐懼してぎりぎりと詰め、内へ詰めて手の混んで来ること。人の身代を倹約すると言うのがよくわかる。窄めること。「位焉萬物育焉」になる工夫なので、段々とその上を詰めに詰めて工夫の細かになること。細かな上を細かにと詰める。「無少偏倚」は心の未発の姿を言う。亭々當々直上直下の正理がやはりこれ。何も発らない未発の場である。寒霜に閉じられて何も気もなく、草木が冷落したと言う。人の心にそれがある。その場の顕れず至静な場に「無少偏倚而其守不失」である。ここの処の工夫が至って精微である。工夫の思慮按排があると已発になる。そこで、手を付けない。それは銀鉢へ水を汲んで番をしている様なもの。人が歩くと水浪が立ち、風が吹くと風浪が立つ。「守」は遠くから見ている様なもの。指も付けず当たらずにいる様なもの。植木の功者な人は、何故弄られるのかと言う。手入れを承りたいと言う。手入れと言うと粗くなる。守ると言うのが言うに言えないこと。中という処で浪も風も当てずにそっくりとした処で戒懼から詰めて、それからしての功験が天地位焉云云となる。中を致めれば天地位、和を致めれば萬物育焉。

自謹獨云云は一念の発る処。我心にここじゃと一念発るは療治がし安い。脉にあらわれた処。精之を迂斉の弁に、吟味をつよくすることじゃと云れた。蟻の匍出るもゆるさぬこと。三寸のみのかしと云ことはなく、胡麻さひほともゆるさぬ。莫見乎隱莫顯乎微。親も子も女房も知らぬ処。学友や師匠をたのむことてはない。手前で吟味を精くすること。色香をあらわさぬ処なり。垩人に合点でなければならぬと云が爰ぞ。途で女を見て、何処の女か知ぬが我か心留る。それからけしてゆくてなけれはならぬ。あああれはと云此間から、火消もこ子は隣のものも知ぬが、心の内は大火事なり。我心でもみけすこと。応物は親子君臣より凡そ人とましわる相手のこらずによい。一分の悦てよいに二分悦と、一分たけ差謬也。我子の死たとき泣ぬてもつまらぬ。あまりなくと差謬。そこて乱心するやふなもある。爰からのことなり。繪筆で産毛を書た様なもの。殊の外細に吟味してゆく。適は應接から云たもの。今日はたぎらなんだと云。適く先きなりが喜怒哀樂のなりにゆく。女房へはよかったが、腰元へはわるいと云へば適而不然てない。よほどよいと云ても、相手で違てくるなり。中を致た效か天地位焉、和を致た驗か萬物育焉。朱子の注のしよふを分てなされたぞ。たかそれた目からはさえぬ様に思が、此様に分て云が朱子の朱子たる処。医者の処え容体を云に、爰がわるいと云。藥は一服なれども附子のをかけて爰がよい、肉桂のをかけてこれがよいと云様なもの。天地位焉万物育焉を一粒よりにして朱子が云れた。
【解説】
「自謹獨而精之、以至於應物之處、無少差謬、而無適不然、則極其和而萬物育矣」の説明。ここは一念の発った処である。それは自分だけしか知らないことだから、自分で吟味を精しくする。朱子は未発と已発と分けて注をした。中を致めた效が天地位焉、和を致めた験が萬物育焉である。
【通釈】
「自謹獨云云」は一念の発る処。自分が心にここだと一念が発るのは療治がし安い。脈に現れた処。「精之」は迂斎の弁に、吟味を強くすることだとある。蟻の匍い出るのも許さないこと。三寸の見逃しということもなく、胡麻錆ほども許さない。「莫見乎隱莫顯乎微」で、親も子も女房も知らない処。ここは学友や師匠を頼むことではなく、自分で吟味を精しくする。ここは色香を顕さない処である。聖人に合点でなければならないと言うのがここ。道で女を見て、何処の女かは知らないが我が心に留まる。それから消していくのでなければならない。あああれはと言うこの間から、火消しも来なければ隣の者も知らないが、心の内は大火事となる。自分の心で揉み消すこと。「應物」は、親子君臣より凡そ人と交わる相手全てによい。一分の悦びでよいのに二分の悦びと、一分だけの「差謬」である。自分の子が死んだ時に泣かないのはつまらないことだが、あまり泣くと差謬である。そこで乱心する様なこともある。ここからのこと。これが絵筆で産毛を書く様なもの。殊の外細かに吟味して行く。「適」は応接から言ったもの。今日は滾らなかったと言う。適く先の通りが喜怒哀楽の通りに行く。女房へはよかったが、腰元へは悪いといえば「適而不然」である。よほどよいと言っても、相手で違って来る。中を致めた效が天地位焉、和を致めた験が萬物育焉。朱子が注の仕様を分けてなされた。高逸れた目からは冴えない様に思うが、この様に分けて言うのが朱子の朱子たる処。医者の処で容体を言うのに、ここが悪いと言う。薬は一服だが附子のお蔭でここがよい、肉桂のお蔭でこれがよいと言う様なもの。天地位焉万物育焉を一粒選りにして朱子が言われた。

蓋天地萬物云云。人之事が天地へひびくと云は佛者之虚で云なれとも、そうてない。天地萬物本吾一体なり。是が甚慥なことぞ。天のかたまりたが地、天地の堅りは人なり。天地が死物でないゆへ萬物が出來。本天地の堅りたが萬物。人間のからだは天地と離れたやふなれとも、天地と違たことはない。天地の子なり。盆水の魚の如し。水か動くと鮒が動く。鮒が動くと水が動く。一体なり。人と天地はそのやふにはみえぬが、同理なり。人之事が天え響く。横渠の西之銘も爰を合点してかかれたものなり。吾心が凛と立つ。天命の性と云も天地の心なり。形と影のやふなもの。分々のやふなれども一とつぞ。此方かまかれはあちもまかる。天地之心亦正矣を天地位焉えあてて云、天地之氣亦順矣、萬物育焉えあてて云。未発を天命の性とみる。情は氣に屬すゆへなり。吾之心は未発の中、発而中節。気あてて云。育ると云は、今歳は畑のものはかたから取れぬと云ことはない。偖て當年もけしからぬ年で御坐ると云は順てない。寒いとき寒く、暑いときは暑い。順也。本こふした道理ゆへ、其效驗至於此也。朱子のしむけが却て本文の辞を注したではなくて、本文の大根を語たこととみること。子思のああ云はしったかきこえた。だたいこう云合点ゆかぬことなれとも、こうあるべきことぞ。鐘を繫[うつ]とごんと響也。あのやふに春秋の乱れた世ても孔子が中和を致たゆへぎりんがでたぞ。直方先生か麒麟が袴を着て出たと云はしった。麒麟か孔の御馳走に出たものなり。さてもけしからぬことでござると云。壁に酒を吹掛てをくと蚊や蜉蝣のよるやふなもの。至於如此の於の字を付るは、是程のことになったはえと云やふなもの。火打箱の火かあれほどの火事に成たと云やふなもの。すさまじいことを云れた。
【解説】
「蓋天地萬物本吾一體。吾之心正、則天地之心亦正矣。吾之氣順、則天地之氣亦順矣。故其效驗至於如此」の説明。天の固まったのが地、天地の固まったのが人。天地は死物ではないので万物が出来る。天地の固まったのが万物。人間の体は天地とは離れている様だが、天地と違ったことはない。天地の子である。そして同理である。人の事が天へ響く。「天地之心亦正矣」は「天地位焉」へ当てて言い、「天地之氣亦順矣」は「萬物育焉」に当てて言う。
【通釈】
「蓋天地萬物云云」。人の事が天地へ響くということを仏者は虚で言うが、そうではない。「天地萬物本吾一體」である。これが甚だ慥かなこと。天の固まったのが地、天地の固まったのが人である。天地は死物ではないので万物が出来る。本天地の固まったのが万物。人間の体は天地とは離れている様だが、天地と違ったことはない。天地の子である。それは盆水の魚の如し。水が動くと鮒が動く。鮒が動くと水が動く。一体である。人と天地とはその様には見えないが、同理である。人の事が天へ響く。横渠の西之銘もここを合点して書かれたもの。自分の心が凜と立つ。天命の性というのも天地の心である。それは形と影の様なもの。別々な様だが一つである。自分が曲がればあちらも曲がる。「天地之心亦正矣」は天地位焉へ当てて言い、「天地之氣亦順矣」は萬物育焉に当てて言う。未発を天命の性と見る。情は気に属すからである。自分の心は未発の中で、発して節に中る。これは気に当てて言う。育わるというのは、今年は畑のものが全く取れないということはないが、さて当年も奇妙な年だと言う様なもの。しかし、それは順ではない。寒い時は寒く、暑い時は暑い。それが順である。本来こうした道理なので、「其效驗至於如此」である。朱子の仕向けが却って本文の辞を注したのではなくて、本文の大根を語ったものだと見なさい。子思があの様に言ったのは知っていることがよくわかる。そもそもこの様に合点が行かないことなのだが、こうあるべきことなのである。鐘を打つとごんと響く。あの様に春秋の乱れた世でも孔子が中和を致めたので麒麟が出た。直方先生が、麒麟が袴を着て出たと言われた。麒麟が孔子の御馳走に出たもの。さても奇妙なことだと言う。それは壁に酒を吹き掛けて置くと蚊や蜉蝣のが寄る様なもの。「至於如此」の於の字を付けるのは、これほどのことになったぞと言う様なもの。火打箱の火があれほどの火事に成ったと言う様なもの。凄まじいことを言われた。
【語釈】
・西之銘…近思録爲學89。西銘。

此学問の極功云云。学問は中庸の講釈をするも学問なれども、そのぎり々々えつまりたを極功と云。学問はきやはんもも引て骨を折こと。極功、廻国をしまったと云のなり。極功まてゆきたものはない。垩人でなければならぬ故、垩人之能事なり。能事は垩人でなけれはならぬと云文義、所謂飛鳥井殿の曲鞠なり。浅草の米屋も鞠を蹴るが、飛鳥井殿の蹴とは違ふ。細工はたれもするが、左り甚五郎とは違ふ。是が空にあることかと思にこちの心のこと。初非有待於外云云なり。垩人のこふなるか垩人の魂い。魂はそなた衆にもあると。弥太も平太も魂はある。戒愼恐懼て是をすること。戒愼恐懼がならぬと云へば我侭と云ものぞ。寐酒三盃は孔子の異見でも止られぬと云が是なり。垩人の処へゆき、持てくるものなれはまたなれとも、そふでない。わきへ行くならは外聞も悪しからんが、我胷にあるものなり。仁遠や吾欲仁斯至仁矣。そなたの胷にあると云のぞ。是て弥々中庸の心法の書と云かしれる。○管丞相に或人手習の傳授を許して被下と請たれは、外に傳授はない、硯の底のぬける迠習慣、と。道は我胷にある。そうきけば、年來骨折たがむだ骨折と云ほどなこと。なんのことなく、つまり性道敎へ落すとなり。中は天命の性也。和は率性之道なり。脩道之敎がないようが、それては敎はいらぬからすてろと云やふになる。そうすると寄筭に合ぬ。致中和、其致と云かすくに道を脩る敎なり。
【解説】
「此學問之極功、聖人之能事、初非有待於外、而脩道之敎亦在其中矣」の説明。学問の極功は自分の心のこと。道は自分の胸にある。そこで、戒愼恐懼をするのである。中は天命の性であり、和は率性之道である。そして、脩道之教は致中和の致である。
【通釈】
「此學問極功云云」。中庸の講釈をするのも学問だが、そのぎりぎりへ詰まったのを「極功」と言う。学問は脚絆股引で骨を折ること。極功は、廻国を終えたいうこと。極功まで行った者はない。それは聖人でなければならないので、「聖人之能事」である。能事は聖人でなけれはならないと言う文義は、所謂飛鳥井殿の曲鞠である。浅草の米屋も鞠を蹴るが、飛鳥井殿の蹴るのとは違う。細工は誰もするが、左甚五郎とは違う。これが空にあることかと思えば自分の心のこと。「初非有待於外云云」である。聖人がこうなるのが聖人の魂だが、魂はお前達にもあると言う。弥太も平太も魂はある。戒愼恐懼でこれをするのである。戒愼恐懼ができないと言うのは我儘というもの。寝酒三盃は孔子の異見でも止められないと言うのがこれ。聖人の処へ行って、持って来る者であればまだしもだが、そうではない。脇へ行くのであれば外聞も悪いことだろうが、それは自分の胸にあるもの。「仁遠乎哉。吾欲仁、斯至仁矣」。お前の胸にあると言っているのである。ここで弥々中庸が心法の書であることが知れる。○菅丞相に或る人が手習いの傳授を許して下されと請うと、外に傳授はない、硯の底の抜けるまで習い慣れよと言った。道は自分の胸にある。そう聞けば、年来骨折ったことが無駄骨折りというほどのこと。しかし、それは何のこともなく、つまりは性道教へ落とすこと。中は天命の性であり、和は率性之道である。ここに脩道之教がない様だが、それなら教は要らないから捨てろと言う様になる。そうすると寄せ算に合わない。致中和のその致が、直ぐに道を脩める教である。
【語釈】
・飛鳥井殿…氏は藤原。難波頼経の子雅経から飛鳥井を称。代々和歌・蹴鞠を業とし、書道の家としても知られる。
・仁遠や吾欲仁斯至仁矣…論語述而29。「子曰、仁遠乎哉。我欲仁、斯仁至矣」。
・管丞相…菅丞相。右大臣菅原道真の称。

是其一体一用云云。未発已発と中と和のこと。体は中、未発なり。用は已発、和なり。すぐに上の道の体なり、道之用也を云。一体一用之一の字の文義に理屈のあること。一の字が活字になると死字になるとの二つある。五行一隂陽なり之字は死字。一隂一陽謂之道の一之字は活た字になる。此の一体一用の一の字は活字にも見へ死字にも見へる。當春善太郎殿長藏え活字に云。此説よくなく、此一の字は死字なり。体用と云字に一の字を付たもの。体用とさしばがちがっておると云ぎりなこと。一鼻つつ体用の名が立た。一つ方は体、一つ方か用で別。わかってをる。一つつつになってをると云一体一用なれは死字なり。下の一句の体立而用行と云而の字が活字にて、一阴一阳謂之道の一字の活意はこの句中に含てあれは、上の一体一用の一は死字なり。動は用、靜は体。ちがってをるが、ちがったと云ても体が立子ば用は行はれぬ。太皷の皮が破れると鳴ぬ。髪剃を磨立はするが、体から用になるゆへ二つものではない。戒愼恐懼謹獨の工夫も二つなれとも一つ。
【解説】
「是其一體一用雖有動靜之殊、然必其體立、而後用有以行、則其實亦非有兩事也。故於此合而言之、以結上文之意」の説明。体は中で未発。用は已発で和。動は用、静は体。違ったものだが体が立たなければ用は行われない。体から用になるのだけのことであって二つものではない。戒愼恐懼と謹獨の工夫も二つだが一つである。また、ここの「一體一用」の一の字は死字である。
【通釈】
「是其一體一用云云」。これは未発已発と中と和のこと。体は中で未発。用は已発で和。直ぐに上の「道之體也。道之用也」を言う。「一體一用」の一の字の文義には理屈がある。一の字は活字になるものと死字になるものと二つある。「五行一陰陽也」の一の字は死字。「一陰一陽之謂道」の一の字は活きた字になる。ここの一体一用の一の字は活字にも見え死字にも見える。当春善太郎殿が長蔵に活字だと言ったが、この説はよくなく、ここの一の字は死字である。体用という字に一の字を付けたもの。体用と、指し場が違っていると言っただけのこと。一鼻ずつ体用の名が立った。一つの方は体、一つの方は用で別。分かれている。一つずつになっていると言う一体一用であれば死字である。下の一句の「體立而後用有以行」という而の字が活字であって、一陰一陽謂之道の一の字の活意がこの句の中に含まれてあれば、上の一体一用の一は死字である。動は用、静は体。違っているが、違っていると言っても体が立たなければ用は行われない。太鼓の皮が破れると鳴らない。髪剃を磨き立てば剃るが、体から用になるのだけであって二つものではない。戒愼恐懼と謹獨の工夫も二つだが一つである。
【語釈】
・五行一隂陽なり…近思録道體1。「五行一陰陽也」。
・一隂一陽謂之道…易經繫辭傳上5。「一陰一陽之謂道」。
・善太郎殿…幸田誠之。晩に精義と改める。字は子善。善太郎と称す。江戸の人。幕臣。寛政4年(1792)2月9日没。年73。私諡は穆靖。
・長藏…鈴木恭節。字は子長。長藏と称す。大網白里町清名幸谷の人。鵜澤近義の第三子。館林藩儒臣。文政13年(1830)11月10日没。年55。

○喜怒哀樂の一節を上文とみる。天命の性之卒りにすさまじいことを云。中庸の道の效を語たことぞ。○喜怒哀樂の取扱てみれば是が前に付ぬこと。どふして爰へ喜怒哀樂云云が出たと云て、仁斎が疑ふた。ここに喜怒哀樂がでることでない。樂経にあることがちょっと爰へ出たと云た。迂斎が直方先生の命を受けて辨を書たが、またもちっと云たいことがある。仁斎があれをとりこにして体用の説をつぶそふとする。ををちゃくに云へば、其公事かこちの調法になる。音樂はだたい人の心を冩たもの。音樂のことで云たで、なを人の心に体用のあるがしれる。音樂で云たがかたじけない。喜怒哀樂は天地自然に人の心にありて、か子々々音樂のことを此の譬に用。音樂に用があるゆへ樂器を打と自然と鳴る。しかれは古楽経の逸語を爰へ挙たるとも、中庸の旨とひしとしたることなり。さて何ぞと云へば彼軰垩賢之書にない、仏者の注にあると云なとと、垩賢の書にないとてもよいが、合紋にすることは天命性なり。書物は秦の始皇が出ると燒てしまふ。書物あてにならぬぞ。吾心に体用があるはいつもあるなり。徂徠なども實は程子と朱子さへ伐て取ればよいが、孟子や子思迠そろ々々云は子ば程子朱子うたれず、欲射人射馬なり。悪いことはないが、馬迠伐てとらふとする。偖、某などはか子て餘は徂徠などをそのやふにかれこれ云はぬが、中庸の書は對異端作なれとも、老佛ばかりでなく、心のことについてかれこれ云へば、仁斎徂徠までも弁するも中庸を講するの末事なり。訂翁非徂徠学の序も亦然り。東萊非相のこと可並考。
【解説】
仁斎は体用の説を潰そうとして、喜怒哀楽の一節は楽経にあるものが混じったと言った。しかし、音楽は人の心を写したものであり、そこで人の心に体用があるのがわかる。経の逸語をここに挙げても、中庸の旨としっくりと合うのである。朱子学を批判する者は、何かと聖賢の書の語ではなく、仏者の注にある語だと言うが、書物は当てにならない。中庸の書は異端に対して作ったものだが、老仏ばかりではなく、心のことについて言う時は、仁斎や徂徠までをも弁ずるのが中庸を講ずる末事である。
【通釈】
○喜怒哀楽の一節を上文と見る。天命の性の終わりに凄まじいことを言った。それは中庸の道の效を語ったもの。○喜怒哀楽の取扱いから見れば、ここは前に付かないものなのに、どうしてここへ喜怒哀楽云云が出たのかと、仁斎が疑った。ここに喜怒哀楽が出ることではない。楽経にあることが一寸ここへ出たと言った。迂斎が直方先生の命を受けて弁を書いたが、まだもう少し言いたいことがある。仁斎はあれを虜にして体用の説を潰そうとする。しかし横着に言えば、その公事がこちらの調法になる。音楽とは、そもそも人の心を写したもの。音楽のことで言ったので、尚更人の心に体用のあることが知れる。音楽で言ってくれたのが忝い。喜怒哀楽は天地自然に人の心にあって、予予音楽のことをこの譬えに用いる。音楽に用があるので楽器を打つと自然と鳴る。それであれば古の楽経の逸語をここに挙げても、中庸の旨とひしと合う。さて何かと言えば彼の輩は聖賢の書にない、仏者の注にあると言うが、聖賢の書にないと言うのはよいが、合紋にすることは天命性である。書物は秦の始皇が出ると焼いてしまう。書物は当てにならない。自分の心に体用は何時もある。徂徠なども実は程子と朱子だけを伐って取ればよいが、孟子や子思までぞろぞろと言わなければ程子や朱子を伐つことができないから、人を射んと欲せば馬を射よである。悪いことがないのに、馬まで伐って取ろうとする。さて、私などは兼ねてあまり徂徠などをその様に彼此言わないが、そして中庸の書は異端に対して作ったものであるが、老仏ばかりではなく、心のことについて彼此言う時は、仁斎や徂徠までをも弁ずるのも中庸を講ずる末事である。訂翁非徂徠学の序も亦然り。東萊非相のこと並べて考う可し。
【語釈】
・仁斎…伊藤仁斎。
・徂徠…荻生徂徠。
・東萊…呂祖謙。南宋の儒者。字は伯恭。号は東莱。浙江金華の人。呂本中に対して小東莱と称。1137~1181。

右第一章云云。中庸の注を章句と云へば、第一章と云字なともことにあつかる字なり。論語や孟子は一章、固りのこと分ることはない。分りてをる。是を分たが朱子なり。述所傳之意云云。道統の傳を得られて発明は吾胸から出るもの。明道之天理之二字却て自家体貼出來と云も、明道の胸から生み出したと云なり。傳之字を看よ。手前の胸て生み出したことなれとも、道統之傳也。道大原出於天が儒者のえふ。出於天てなけれは皆内証のことになる。吾国と云の役に立ぬが爰て知れる。我国と云は国辞のなまるやふなもの。出於天道なれば、何処でも一つなり。こちではこれをたっとぶの、あちでは是を尊ぶのと云が合点ゆかぬことなり。天にはづれてはならぬ。これが動ぬことなり。迂斎の弁に、日暮れると燈を付け、夜か暁と吹消すやふなもの。
【解説】
「右第一章。子思述所傳之意以立言。首明道之本原出於天而不可易」の説明。子思は自分の胸で生み出したが、それが道統の傳である。道は天から出るから何処でも一つである。
【通釈】
「右第一章云云」。中庸の注を章句と言えば、第一章という字なども事に与る字である。論語や孟子は一章、固より分けることはない。しかし中庸は分かれている。これを分けたのが朱子である。「述所傳之意云云」。道統の傳を得られて、発明は自分の胸から出たもの。明道が「天理之二字卻自家体貼出來」と言ったのも、明道の胸から生み出したということ。傳の字を看なさい。自分の胸で生み出したことなのだが、道統の傳である。「道大原出於天」が儒者の號帯。出於天でなければ皆内証のことになる。吾が国の役に立ないことがここで知れる。我が国とは国辞の訛る様なもの。出於天道であれば、何処でも一つである。こちらではこれを尊ぶとか、あちらではこれを尊ぶとかと言うのが合点の行かないこと。天に外れてはならない。これが確かなこと。迂斎の弁に、日が暮れると燈を付け、夜が暁けると吹き消す様なものとある。
【語釈】
・明道之天理之二字却て自家体貼出來…「吾學雖有所受、天理二字卻是自家拈出來」。

さて御尤なれとも及れぬことと云に、其実体備於己なり。実体はつかまへとを云。いくらいそがしくても、空をとんてあるかれぬ。空た々々と云ても、鼻から飯は食はれぬ。誰も彼もせ子は成ぬと云処がある。今にも寺へ親類がくると、やれ々々よふござったと云。異端が離す工面にしてみてもはなされぬ。出家をしても、能化になると国の母にしらせる気になる。異端がさま々々垩人の道をやめにしてもやめられぬ。あちへあててみよ。對異端而作之。是を云ても高盛の料理を見るやふにして置てはならぬ。食了簡になら子ば役に立ぬ。我に得子ばならぬゆへ、得やふを云。医学をせぬと、我か持た経絡なれともしれぬやふなもの。存養はかの戒愼恐懼、省察は謹獨。なにこともない処でするゆへ存養。食傷をせぬ前からの食養生なり。省察は虫がしっくりと痛む。それそうしてはをかれぬと薬を飲む。凡そ工夫を云へば必驗をあとへ云ぞ。苦い薬をのむ、痛い針を立るはよくなると云效驗あるゆへなり。
【解説】
「其實體備於己而不可離。次言存養省察之要」の説明。道は離すことはできない。存養は戒愼恐懼、省察は謹獨。未発で存養、已発で省察である。
【通釈】
さてご尤もなことだが及ばないことだと言うと、「其実體備於己」である。実体は捉まえ処を言う。いくら忙しくても、空を飛んで行くことはできない。空だ空だと言っても、鼻から飯は食えない。誰も彼もしなければならないという処がある。今にも寺に親類が来ると、やれやれよくいらっしゃったと言う。異端が道を離す工面をしてみても離すことができない。出家をしても、能化になると国の母に知らせる気になる。異端が様々に聖人の道を止めようとしても止められない。あちらへ当てて見なさい。「對異端而作之」。この様に言っても、高盛の料理を見る様にして置いてはならない。食う了簡にならなければ役に立たない。自分に得なければならないので、得る方法を言う。医学をしないと、自分が持った経絡なのに、それがわからない様なもの。存養は彼の戒愼恐懼、省察は謹獨。何事もない処でするので存養。食傷をしない前からの食う養生である。省察は虫がしっくりと痛む。さあそうしては置けないと薬を飲む。凡そ工夫を言えば必ず験を後に言うもの。苦い薬を飲んだり、痛い針を立てるのは、よくなるという效験があるからである。
【語釈】
・能化…宗派の長老または学頭。化主。

垩神は、達者な人の至極を云。章句には垩人とあり、ここには垩神とあり。章句はあまりのりすぎては間違のた子なり。ここては想儘なり。云ひたいままなり。人間のわざてないから神の字を入れる。化は奇妙なことで、此間迠さむかったがなぜあたたかになりたと云やふなもの。ここでは極の字を書子ばならぬ。序でも垩神と看板をたして、爰て看板に偽りなしとみせたもの。ただの人ではならぬ。垩人でなければならぬことなり。此程に云も何爲と思は、そなたの為じゃと云やふなもの。於此は直方先生が、学者の裸をぬいてかかる処じゃと云れた。学者が爰を棚へ上けて置ては、さりとは不な見やふなり。反求諸身が中庸を読学者と云ものぞ。而之字もここにらいのあること。自得せぬ前は子思と縁が切れておる。反求諸身た上に自得と云がある。其邪魔になるものは外誘之私。賢垩の言、何處の旅ても此外誘にかからぬ旅はない。四書六経様々道は違ふやふなれとも、去外誘之私ことなり。孔子の克己復礼も外誘をのけること。誠意正心も外誘をのけること。本然之善は天命之性なり。天なりのよい処えもとろうとするより外はない。本然の善が、壹舛德利の底にちりんとある酒のあるやふなもの。其本然之善を一盃にすること。天命之性から語いっはいを云が此爲に云たもの。
【解説】
「終言聖神功化之極。蓋欲學者於此反求諸身而自得之、以去夫外誘之私、而充其本然之善」の説明。聖人の至極を出して、それは人のために言ったのだと言う。聖賢の言は、外誘の私を去って本然の善を一杯にするためのもの。
【通釈】
「聖神」は、達者な人の至極を言う。章句には聖人とあり、ここには聖神とある。章句ではあまり乗り過ぎては間違いの種となる。しかしここでは想う儘である。言いたい儘である。人間の業ではないから神の字を入れる。「化」は奇妙なことで、この間まで寒かったが、何故か暖かくなったという様なもの。ここでは「極」の字を書かなければならない。序でも聖神と看板を出して、ここでは看板に偽り無しと見せたもの。只の人ではならない。聖人でなければならないということ。これほどに言うのは何のためかと思えば、貴方のためだと言う様なもの。「於此」は直方先生が、学者の肌を脱いで掛かる処だと言われた。学者がここを棚へ上げて置いては、実に不な見様である。「反求諸身」が中庸を読む学者というもの。「而」の字もここに頼のあること。「自得」しない前は子思と縁が切れている。反求諸身した上に自得ということがある。その邪魔になるものは「外誘之私」。聖賢の言は、何処の旅でもこの外誘にかからない旅はない。四書六経様々と道は違う様だが、去外誘之私ということ。孔子の克己復礼も外誘を除けること。誠意正心も外誘を除けること。「本然之善」は天命之性である。天の通りのよい処へ戻ろうとするより外はない。本然の善は、一升徳利の底にちりんと酒がある様なもの。その本然の善を一杯にする。天命之性から一杯を語ったのがこのために言ったもの。

楊亀山が爰を見て、中庸三十三章あるが天命之性ここにきまったと見付やって、一篇之体要是也。費隱から誠、鬼神のことまでありて、様々端の多いことなれども、ここにきまることとした。游定夫が西銘を見て、此即中庸の理也と云ひ、楊亀山の爰か体要じゃと云。程門はつっかけ侍従なり。学問はここじゃと見るでなければならぬ。早合点犬も食ぬと云。そうではない。垩人もそう云てをかれた。知者觀其彖辞則思過半矣。六十四卦を三百八十四はみすとも彖をみれば、此卦はをれがしめたと云。一と目見るとここじゃと、たこのあたまをあけたやふにみる。楊亀山は文義にとりそこないもありて朱子もくわしく弁してをかれたが、きめ処が違ふ。楊亀山の一篇の体要、孟子七篇も此内にあるとみることなり。下十章。子曰云云と引てある。是節解脉絡貫通なり。天命之性てはないやうなれとも、命之性を説しったそ。實皆此章のことなり。朱子の章句をかかしったも、ここえ合点すること。偖て朱子以前の説ては役に立ぬ。朱子章句てなけれはきまらぬ。
【解説】
「楊氏所謂一篇之體要、是也。其下十章、蓋子思引夫子之言、以終此章之義」の説明。楊亀山が、中庸の体要はここに決まると言った。学問はここだと見るのでなければならない。楊亀山は決め処が違う。
【通釈】
楊亀山がここを見て、中庸は三十三章あるが、天命の性はここに決まったと見付けて、「一篇之体要是也」と言った。費隱から誠、鬼神のことまであって、様々に端の多いことなのだが、ここに決まるとした。游定夫が西銘を見て、「此中庸之理也」と言い、楊亀山がここが体要だと言う。程門は突っ掛け侍従である。学問はここだと見るのでなければならない。早合点犬も食わぬと言うが、そうではない。聖人もそう言っておかれた。「知者觀其彖辭則思過半矣」。六十四卦、三百八十四を見なくても彖を見れば、この卦は俺が理解したと言う。一目見るとここだと、蛸の頭を上げた様に見る。楊亀山は文義に取り損ないもあって朱子も詳しく弁じておかれたが、決め処が違う。楊亀山の一篇の体要、孟子七篇もこの内にあると見ること。「下十章」。そこには子曰云云と引いてある。これが節解脉絡貫通したところである。天命の性ではない様だが、天命の性を説かれたもので、実に皆この章のことである。朱子が章句を書かれたのも、ここに合点すること。さて朱子以前の説では役に立たない。朱子章句でなければ決まらない。
【語釈】
・此即中庸の理也…近思録道體89。西銘。「游酢得西銘讀之、卽渙然不逆於心。曰、此中庸之理也」。
・知者觀其彖辞則思過半矣…易經繫辭傳下9。「噫亦要存亡吉凶、則居可知矣。知者觀其彖辭、則思過半矣」。

所録精密珎重。右第一章以下似不活也。喜怒哀楽以下予謹嚴底に説出す。右第一章以下予放開し去る。吾子之筆勢前後如一。此所欠些精彩。是啻記録之事哉。別一色商量。嚮傳生小序亦然り。
二月十七日
【読み】
録す所は精密珎重。右第一章以下は活せざるに似る。喜怒哀楽以下は予謹嚴底に説き出す。右第一章以下は予放開し去る。吾子の筆勢前後一の如し。此の所些か精彩を欠く。是れ啻に記録の事かな。別に一色の商量あり。嚮傳生小序亦然り。
二月十七日