己酉一六中庸筆記六
八章より至十一章  二月廿一日  
【語釈】
・己酉…寛政1年(1789)年。
・松…秋葉惟恭。松太郎と称す。東金市押堀の人。


中庸章句第八章
子曰、囘之爲人也、擇乎中庸。得一善、則拳拳服膺、而弗失之矣。囘、孔子弟子顏淵名。拳拳、奉持之貌。服、猶著也。膺、胸也。奉持而著之心胸之閒。言能守也。顏子蓋眞知之。故能擇能守如此。此行之所以無過不及、而道之所以明也。
【読み】
子曰く、囘が爲人[ひととなり]、中庸を擇ぶ。一善を得るときは、則ち拳拳として膺[むね]に服[つ]けて、之を失わず。囘は、孔子の弟子顏淵の名。拳拳は、奉持の貌。服は猶著のごとし。膺は胸なり。奉持して之を心胸の閒に著く。言うこころは、能く守る、と。顏子蓋し眞に之を知る。故に能く擇び能く守ること此の如し。此れ行の過不及無き所以にして、道の明らかなる所以なり。


此段が知勇の仁なり。仁と云へば子とものほうをなてるやうに思へとも、処々で違ふ。仁は行の緫まくりなり。○爲人也。生れ付を云ことでない。回と云人はどうした男なればと云こと。そこてこふした学問じゃと出してみせたもの。擇中庸。ここの全体は行の緫まくりなれとも、入口は知惠がさきぞ。ここて先日の道不行矣夫と云もきこへた。顔子のは中庸を擇が先へ立つことなり。論語に吾回言終日云云も、中庸をえらぶ話しなり。得一善。外にめづらしいものを見付たではない。中庸を見たことぞ。今の学者が見付たが見付たにならぬ。釣をするに、あげたやふでも鮒がはなれる。顔子は見付るとはなさぬ。天狗にさらわれる気づかいなし。そこが行の緫まくりぞ。今の學者、貧子宝珠見たばかり。拳々。ぢっとはなさずに居ること。今軽い奉公人が少しの給金をとってもじきになくなる。不失之でない。論語よみの論語知ずは失ったもの。ここは知へがすぐに行に出ることなり。
【解説】
「子曰、囘之爲人也、擇乎中庸。得一善、則拳拳服膺、而弗失之矣」の説明。この章は仁を言う。仁は行の総捲りである。その入口は知恵である。顔子は見付けると離さない。そこが行の総捲りである。
【通釈】
この段が知勇の仁である。仁といえば子供の頰を撫でる様に思うが、処々で違う。仁は行の総捲りである。○「爲人也」。生まれ付きを言ったことではない。回という人はどの様な男かということ。そこでこうした学問だと出して見せたもの。「擇乎中庸」。ここの全体は行の総捲りだが、入口は知恵が先である。ここで先日の「道不行矣夫」というのもよく分かる。顔子のは中庸を擇ぶことが先に立つ。論語に「吾與囘言終日云云」も、中庸を択ぶ話である。「得一善」。外に珍しいものを見付けたのではない。中庸を見たこと。今の学者が見付けたと言うのが見付けたことにならない。釣をするのに、揚げた様でも鮒が離れる。顔子は見付けると離さない。天狗に掠われる気遣いはない。そこが行の総捲りである。今の学者は、貧子が宝珠を見るだけと同じ。「拳々」。じっと離さずにいること。今、軽い奉公人が少しの給金を取っても直ぐになくなる。「不失之」ではない。論語読みの論語知らずは失ったということ。ここは知恵が直ぐに行に出ること。
【語釈】
・道不行矣夫…中庸章句5。「子曰、道其不行矣夫」。
・吾回言終日…論語爲政9。「子曰、吾與囘言終日、不違如愚。退而省其私、亦足以發。囘也不愚」。

注。奉持。大切々とすることにしそこないはない。御老中招請に給仕人がついに膳ををとしたためしない。奉持ゆへそ。著之心云云。飛脚の狀箱の如くはなさぬ。眞に知之行の根なり。三つ子に金のあつけられぬは眞に知らぬゆへそ。らくかんととりかえる。学者は中庸を択ても、やっはりらくがんと取りかえる。故能擇云云。先日の知者賢者はかた々々ゆへはるい。知がすぐに行に出ると云もここぞ。中庸の仁も大学の誠意も一つなり。
【解説】
「囘、孔子弟子顏淵名。拳拳、奉持之貌。服、猶著也。膺、胸也。奉持而著之心胸之閒。言能守也。顏子蓋眞知之。故能擇能守如此。此行之所以無過不及、而道之所以明也」の説明。大切に奉持すればし損いはない。真に知は行の根なのである。
【通釈】
注。「奉持」。大切にすることにし損いはない。御老中招請には遂に給仕人が膳を落とした例はない。奉持するからである。「著之心云云」。飛脚の状箱の様に離さない。真に知は行の根である。三つ子に金を預けられないのは真に知らないからである。落雁と取り替える。学者は中庸を択んでも、やはり落雁と取り替える。「故能擇云云」。先日の知者賢者は片々なので悪い。知が直ぐに行に出ると言うのもここのこと。中庸の仁も大学の誠意も一つである。

右第八章。


中庸章句第九章
子曰、天下國家可均也。爵祿可辭也。白刃可蹈也。中庸不可能也。均、平治也。三者亦知・仁・勇之事、天下之至難也。然皆倚於一偏。故資之近而力能勉者、皆足以能之。至於中庸、雖若易能、然非義精仁熟、而無一毫人欲之私者、不能及也。三者難而易、中庸易而難。此民之所以鮮能也。
【読み】
子曰く、天下國家をも均しうしつ可し。爵祿も辭しつ可し。白刃をも蹈んず可し。中庸をば能くす可からず。均は平治なり。三つの者は亦知・仁・勇の事、天下の至難なり。然れども皆一偏に倚る。故に資の近くして力能く勉むる者は、皆以て之を能くするに足れり。中庸に至っては、能くし易きが若きと雖も、然も義精しく仁熟して、一毫の人欲の私無き者に非ざれば、及ぶこと能わざるなり。三つの者は難くして易く、中庸は易くして難し。此れ民の能くすること鮮き所以なり。

右第九章。亦承上章以起下章。
【読み】
右第九章。亦上章を承けて以て下章を起こす。


子曰天下国家云云。此章かこの間にあるも面白いことそ。知仁勇と云へは大切なことなれとも、知仁勇も一色つつのは中庸でない。つまる処知仁勇の切りうりはやくに立ぬと云をみせたもの。天下国家云云、これが知一通りなり。天下を治るは大そうなことなれども、それもなる。あの方て云へば斎桓晋文から唐の大宗などがこれぞ。可は、られると云ことて、知さへあればなることぞ。爵禄云云。人々これは至極好むものなれども、生れ付てきらいなものある。それはたれなれば、許由・巣父から李札陳仲子まてみなそれなり。此方で云へば西行。本との佐藤兵衛になれと云たら、御免々と云ふであらふぞ。これも無欲なれはなる。白刄云云。これが勇のことなり。人々は蜂にさされてもさわく処を、白刄の上をもなんともをもわぬ。かの樊噲か鴻門へふりこんだ。なにとも思はれぬ。日本は猶更得手ものなり。これかみな均をしかたく、辞しかたく、蹈かたいことなり。一村さえ治らぬに天下。小な身代さへ家督のあらそいをするに十万石。子ぶとか出来てさへいたむに白刄。下・石・刄向、記録簡潔。このなると云もみな気ついた生れ付の一偏からぞ。中庸と云になっては気をまぜぬゆへ中々手にのらぬことぞ。道心一身の主なり、ここそ。
【解説】
「子曰、天下國家可均也。爵祿可辭也。白刃可蹈也。中庸不可能也」の説明。知仁勇も一色ずつでは中庸ではない。天下国家も爵録も白刃を踏むのも気に付いた生まれ付きからである。中庸は気を混ぜないので、中々容易なことではない。
【通釈】
「子曰、天下国家云云」。この章がこの間にあるのも面白い。知仁勇と言えば大切なことだが、知仁勇も一色ずつでは中庸ではない。つまる処、知仁勇の切り売りは役に立たないということを見せたもの。「天下国家云云」、これが知の一通りである。天下を治めるのは大層なことだが、それも成る。中国で言えば斉桓晋文から唐の太宗などがこれ。「可」は、られるということで、知さえあれば成る。「爵禄云云」。これを人々は至極好むものだが、生まれ付きで嫌いな者もいる。それは誰かと言うと、許由・巣父から季札・陳仲子までが皆それ。日本で言えば西行。本来の佐藤兵衛になれと言ったら、御免御免と言うだろう。これも無欲であれば成る。「白刃云云」。これが勇のこと。人が蜂に刺されても騒ぐ処を、白刃の上をも何とも思わない。あの樊噲が鴻門へ踏み込んだ時に何とも思われない。日本では猶更得手物である。これが皆均をし難く、辞し難く、踏み難いこと。一村でさえ治まらないのに天下。小さな身代さえ家督の争いをするのに十万石。根太が出来てさえ痛むのに白刃。下・石・刄の向き、記録簡潔。この成るというのも皆気に付いた生まれ付きの一偏から。中庸ということになっては気を混ぜないので中々手に乗らないこと。道心は一身の主とはここ。
【語釈】
・許由・巣父…中国の伝説上の人。許由は国を譲るという堯の申し出に、耳が汚れたと言って水で洗い、巣父はそのために川の水が汚れたと言って牛に水を飲ませず帰った。
・李札…季札。春秋時代、呉王寿夢の末子。兄を差し置いて王位に即くことを拒み、野に下る。
・陳仲子…滕文公章句下10に話がある

注。均は平治也。これが知にあたる。なぜなれば、三宅先生治人不治其反知と云われたか証拠なり。よき引證を知見と云とは違ふ。仁にあたると云もそれなり。欲かなけれはなる。勇は勿論のことぞ。知仁勇之事。この之字と云を気を付べし。知仁勇と云は全体で其なりが一事上へ出たことなり。知仁勇の德とは出さぬ。然皆倚於一偏とはなぜなれば、知ぎり仁ぎりなり。これで下の中庸と云字のうけかよい。中庸は不可能と云で、上段々がきものつぶれたことはない。えて方てするは一偏ぞ。高祖大宗みなえてもの。釈迦の雪山もえてものそ。故資之近云云。気に付たえて方はなるもの。直方の咄しに、はりはいのあることはなるものと云がここぞ。やっこの宿入りてふるも見てがあるゆへぞ。中庸ははりあいもなく見てもない。例の親に孝、君に忠。たれも知た通りのことそ。唐様はまぎらがある。一筆啓上はまきらはならぬ。義精は易仁熟は孟子。知仁にあたる。三者云云。これはずんとなりにくいことなれともなる。たとへは人に百金を合力するは大そふなやふなれとも、時のはり合てなる。一生を見つぐと云がならぬもの。屈原が汨羅へ沈んだもはづみなり。感慨殺身易云云と云もここそ。中庸易而云云。何も膽のつふれることはない。郷黨の篇かこれそ。迂斎のいつも云、あさぎ帷子黒小袖なり。迂斎又曰、今垩人が出ても誰た知まい。若麒麟にでも乘て来たら知てあらふ。なぜなれば、垩人もただの人の通りゆへぞ。
【解説】
「均、平治也。三者亦知・仁・勇之事、天下之至難也。然皆倚於一偏。故資之近而力能勉者、皆足以能之。至於中庸、雖若易能、然非義精仁熟、而無一毫人欲之私者、不能及也。三者難而易、中庸易而難。此民之所以鮮能也」の説明。知仁勇を一偏にするのは肝の潰れるほどのことではない。気に付いた得手方はそれが成るもの。「中庸易而難」とあるが、これも肝の潰れることはない。郷党の篇がこれ。
【通釈】
注。「均、平治也」。これが知に当たる。それは何故かというと、三宅先生が「治人不治、反其智」と言われたのが証拠である。よい引證を知見と言うのとは違う。仁に当たるというのもそれ。欲がなければ成る。勇は勿論のこと。「知仁勇之事」。この之の字に気を付けなさい。知仁勇は全体でその姿が一事上へ出たもの。知仁勇の徳とは出さない。「然皆倚於一偏」とは何故かというと、知ぎり仁ぎりである。これで下の中庸という字の受けがよい。「中庸不可能」と言うので、上段々のことが肝の潰れたものではない。得手方でするのは一偏である。高祖太宗は皆得手物。釈迦の雪山も得手物。「故資之近云云」。気に付いた得手方は成るもの。直方の話に、張り合いのあることは成るものというのがここ。奴が宿入りで振るのも見手があるから。中庸は張り合いもなく、見手もいない。例の親に孝、君に忠である。誰もが知った通りのこと。唐様は紛らかしがある。一筆啓上は紛らかしはならない。「義精」は易で、「仁熟」は孟子。知仁に当たる。「三者云云」。これは実に成り難いことだが成る。例えば人に百金を合力するのは大層な様だが、時の張り合いで成る。一生を見継ぐというのができないもの。屈原が汨羅に沈んだのも弾みである。「感慨殺身易云云」というのもここ。「中庸易而云云」。何も肝の潰れることはない。郷党の篇がこれ。迂斎が何時も言う、浅葱帷子黒小袖である。迂斎又曰く、今聖人が出ても誰も知るまい。若し麒麟にでも乗って来たら知るであろう、と。それは何故かというと、聖人もただの人の通りだからである。
【語釈】
・三宅先生…三宅尚齋。
・治人不治其反知…孟子離婁章句上4。「孟子曰、愛人不親、反其仁。治人不治、反其智。禮人不答、反其敬」。
・義精は易…易經繫辭傳下5。「尺蠖之屈、以求信也。龍蛇之蟄、以存身也。精義入神、以致用也。利用安身、以崇德也」。
・仁熟は孟子…孟子告子章句上19。「孟子曰、五穀者、種之美者也。苟爲不熟、不如荑稗。夫仁亦在乎熟之而已矣」。
・感慨殺身易…近思録政事44。「感慨殺身者易、從容就義者難」。

右第九章。亦承上章云云。かの顔子の仁と云が中庸じゃ。世間に知めいたも仁めいたもあれとも、中庸の知仁勇と違ふ。ここて下章起てほんの勇を出してみせる。しろうと細工は役に立ぬ。
【解説】
「右第九章。亦承上章以起下章」の説明。これから本当の勇を出して見せる。
【通釈】
「右第九章」。「亦承上章云云」。あの顔子の仁というのが中庸である。世間に知めいたことも仁めいたこともあるが、中庸の知仁勇とは違う。ここで下章を起こして本当の勇を出して見せる。素人細工は役に立たない。


中庸章句第十章
子路問強。子路、孔子弟子仲由也。子路好勇。故問強。
【読み】
子路強を問う。子路は、孔子の弟子仲由なり。子路勇を好む。故に強を問う。

子曰、南方之強與、北方之強與、抑而強與。與、平聲。○抑、語辭。而、汝也。
【読み】
子曰く、南方の強か、北方の強か、抑々而[なんじ]が強か。與は平聲。○抑は語の辭。而は汝なり。

寬柔以敎、不報無道、南方之強也。君子居之。寬柔以敎、謂含容巽順以誨人之不及也。不報無道、謂橫逆之來、直受之而不報也。南方風氣柔弱。故以含忍之力勝人爲強。君子之道也。
【読み】
寬柔にして以て敎え、無道に報いざるは、南方の強なり。君子之に居す。寬柔にして以て敎うるとは、含容巽順にして以て人の及ばざるを誨うることを謂う。無道に報いずとは、橫逆來りて、直ちに之を受けて報いざることを謂うなり。南方は風氣柔弱なり。故に含忍の力の人に勝つを以て強と爲す。君子の道なり。

衽金革、死而不厭、北方之強也。而強者居之。衽、席也。金、戈兵之屬。革、甲冑之屬。北方風氣剛勁。故以果敢之力勝人爲強。強者之事也。
【読み】
金革を衽[しとね]にして、死しても厭わざるは、北方の強なり。而して強者之に居す。衽は席なり。金は戈兵の屬。革は甲冑の屬。北方は風氣剛勁なり。故に果敢の力の人に勝つを以て強と爲す。強者の事なり。

故君子和而不流、強哉矯。中立而不倚、強哉矯。國有道、不變塞焉、強哉矯。國無道、至死不變、強哉矯。此四者、汝之所當強也。矯、強貌。詩曰、矯矯虎臣、是也。倚、偏著也。塞、未達也。國有道、不變未達之所守。國無道、不變平生之所守也。此則所謂中庸之不可能者、非有以自勝其人欲之私、不能擇而守也。君子之強、孰大於是。夫子以是告子路者、所以抑其血氣之剛、而進之以德義之勇也。
【読み】
故に君子は和して流れず、強なるかな矯たり。中立して倚[かたよ]らず、強なるかな矯たり。國道有るときは、塞を變ぜず、強なるかな矯たり。國道無きときは、死に至るまで變ぜず、強なるかな矯たり。此の四つの者は、汝が當に強なるべき所なり。矯は強き貌。詩に曰く、矯矯たる虎臣、と。是れなり。倚は偏著なり。塞は未だ達せざるなり。國道有れば、未だ達せざるの守る所を變ぜず。國道無ければ、平生の守る所を變ぜざるなり。此れ則ち所謂中庸の能くす可からざる者にして、以て自ら其の人欲の私に勝つこと有るに非ざれば、擇んで守ること能わざるなり。君子の強は、孰れか是より大ならん。夫子是を以て子路に告ぐるは、其の血氣の剛を抑えて、之を進むるに德義の勇を以てする所以なり。


子路問强。勇と强とは一つことなり。勇は實名、强は虚字。其実は一なり。一つ德に立るときは勇。その勇と云はつよいことゆへ强なり。知仁のあとに勇のあるが深切なことぞ。知仁で料理は出来た。ここの勇と云は膾に酢をかけるやふなもの。知仁で學問はすんでも勇気がないと知仁がぬるける。そこで勇がなうてならぬことぞ。馬もかんのつよい馬でなければ何ぞのときのやふに立ぬ。なんぼ忠臣でも腰がぬけてははたらかれぬ。注。子路好勇云云。これか得手方てないをみるべし。實問と云ものそ。うでに覚のないことを問ふは實の問てない。子路などはこの勇から推てゆく気也。鬼神も道を避くと云勢ひなり。
【解説】
「子路問強。子路、孔子弟子仲由也。子路好勇。故問強」の説明。徳に立てる時を勇と言う。知仁で学問は済んでも勇気がないと知仁が温ける。そこで勇がなくてはならない。
【通釈】
「子路問強」。勇と強とは一つごとである。勇は実名、強は虚字。その実は一である。一つ徳に立てる時は勇。その勇というのは強いので強である。知仁の後に勇のあるのが深切なこと。知仁で料理は出来た。ここの勇は膾に酢をかける様なもの。知仁で学問は済んでも勇気がないと知仁が温ける。そこで勇がなくてはならない。馬も駻の強い馬でなければ何かの時の用に立たない。どれほど忠臣でも腰が抜けては働けない。注。「子路好勇云云」。これが得手方でないことを見なさい。これが実問というもの。腕に覚えのないことを問うのは実の問いではない。子路などはこの勇から推してゆく気である。鬼神も道を避くという勢いである。
【語釈】
・鬼神も道を避く…史記李斯列伝。「斷而敢行、鬼神避之、後有成功」。

子曰南方之強云云。強と云にも色々向がある。與と云は、かるく云字ぞ。抑而強與。南方北方と云は世間のことて、さてはをのしの脩行する强のことかと云ことなり。與々と云は、向へかけて云ことなれとも、ここはもう一へんきこうとして云たことではないと迂斎云へり。
【解説】
「子曰、南方之強與、北方之強與、抑而強與。與、平聲。○抑、語辭。而、汝也」の説明。強とは、お前の修行している強のことかと言った
【通釈】
「子曰、南方之強云云」。強というにも色々と向きがある。「與」とは、軽く言う字。「抑而強與」。南方北方というのは世間のことだが、さてはお前の修行している強のことかと言ったこと。與々は、向こうへ掛けて言ったことだが、ここはもう一遍聞こうとして言ったことではないと迂斎が言った。

寛柔以敎云云。強と云へば一口なれとも、いろ々ある。寛は、ずんとゆっくりとした短気てないこと。以敎は、人をめんどふからぬこと。迂斎の弁なり。不報云云。人かこの方へ邪なことをしかけたとき、報と云はこちでも刀にそりをうつこと。処を根からかまわぬ。これは至て腹中の大きいことで、一寸みてはつよいとはみへぬが、南方てはこれを強と立るなり。文学は大切なもの。君子と云はかるく君子向なつよみと云ことそ。注。含容巽順云云。ふくみいるるにて人のたらぬじゃと思ている。さて人に敎へるに何べんでもあきぬ。迂斎の、今日の人は二三篇敎へて覚へぬと、もう腹を立てあたまをはると云へり。直受之。こちにこだはりないゆへぞ。俗に云、地藏の顔も三度なでると腹を立と云は直受之てない。含忍云云。せかぬこと。今云、まけるは勝じゃと云のなり。腹を立もこちのよはいじゃとみたもの。迂斎のここを講するとき引れた哥に、なひきふすまがきの竹の多き中につよきぞよはき雪折の音、と。竹もよはいのは雪でべったりとなれども、雪さへなくなると本との通りになる。大竹はかえってをれるごとし。直方、茶宇嶋のたとへ、權藏が筆記にあり。上州きぬ、べったりとしてつよし。
【解説】
「寬柔以敎、不報無道、南方之強也。君子居之。寬柔以敎、謂含容巽順以誨人之不及也。不報無道、謂橫逆之來、直受之而不報也。南方風氣柔弱。故以含忍之力勝人爲強。君子之道也」の説明。寛柔で人を教え、無道にも報いないのが南方の強である。弱い竹は雪に靡き伏すが生き、強い竹は折れる。
【通釈】
「寛柔以敎云云」。強と言うのは一口で言えるが、色々とある。「寛」は、実にゆっくりとしていて短気でないこと。「以敎」は、人を面倒がらないこと。迂斎の弁である。「不報云云」。「報」というのは、人が自分に邪なことを仕掛けた時に、こちらも刀に反りを打つこと。そこを根から構わない。これは至って腹中の大きいことで、一寸見ては強いとは見えないが、南方ではこれを強と立てるのである。文字は大切なもの。「君子」と言うのは、軽く君子向きな強味ということ。注。「含容巽順云云」。含み容れて、人が及ばないのだと思っている。さて人に教えるのに何遍でも飽きない。迂斎が、今日の人は二三遍教えて覚えないと、もう腹を立てて頭を叩くと言った。「直受之」。それはこちらに拘りがないからである。俗に言う、地蔵の顔も三度撫でると腹を立つと言うのは直受之ではない。「含忍云云」。これは急かないこと。今言う、負けるが勝ちだということ。腹を立てるのも自分が弱いからだと見たもの。迂斎がここを講ずる時に引かれた歌に、靡き伏す籬の竹の多き中に、強きぞ弱き雪折れの音、と。竹も弱いのは雪でべったりとなるが、雪さえなくなると本の通りになる。大竹は却って折れる様なもの。直方、茶宇嶋の譬えが権蔵の筆記にある。上州絹はべったりとしていて強い。
【語釈】
・茶宇嶋…ポルトガル人が舶来した薄地琥珀織の絹。精練絹糸を用いて織ったのを本練りという。袴地に用いる。
・權藏…日高權藏?館林藩の臣。

衽金革云云。これか日本流のつよみなり。而強者云云。而の字のあるもあたりまへゆへ。つまり云、まへのはよみと哥かありてしるる。ここは綱金時のつよみなり。なんてもはりのあることはつづくもの。迂斎の、火事のときは夜中寢ずにをれとも、講釈と云は子むると云も其筈ぞ。注。果敢之力云云。ひびくれぬこと。み切てするを強と云。
【解説】
「衽金革、死而不厭、北方之強也。而強者居之。衽、席也。金、戈兵之屬。革、甲冑之屬。北方風氣剛勁。故以果敢之力勝人爲強。強者之事也」の説明。これは日本流の、綱金時の強味である。
【通釈】
「衽金革云云」。これが日本流の強味である。「而強者云云」。而の字があるも当たり前だから。つまり言う、前のは読みと歌があってわかるが、ここは綱金時の強味である。何でも張りのあることは続くもの。迂斎が、火事の時は夜中寝ないでいるが、講釈となると眠るというのもその筈だと言った。注。「果敢之力云云」。怯まないこと。見切ってするのを強と言う。
【語釈】
・綱金時…源頼光の四天王の二人。四天王は、渡辺綱・坂田金時・碓井貞光・卜部季武。

故云云。故と云は、前の言ばを受ずに必を受けた字なり。たん々々强のことを云てあるも强の部なれども、みな気についたつよみゆへ役に立ぬ。そう云わけだによってと云こと。中々南北の強のことでない。ここは強の心法を云ことぞ。世間ていの知行てなければ、知行の心法とんと世間に見へぬ。強か道統の心法ぞ。さりとはよく聽得たそ。よく記し得たそ。和不流。きはどいことなくゆっくりとして、家内の交りから世間てい迠云ををよふない。さてやわらかじゃと云ても中にきっとしたものある。ただの人のやわらかはだ蝋燭のごとく、土用になると燈さぬ前からとろけるやふなものと迂斎云へり。この流れぬと云が大ていなことでない。そこを强哉矯と云たもの。強ではないが鬼じゃ。上の強のもようをみせたもの。
【解説】
「故君子和而不流、強哉矯」の説明。今までの強は皆気に付いたものなので役に立たない。ここの強が道統の心法である。
【通釈】
「故云云」。「故」とは、前の言葉を受けずに必を受けた字である。強のことを段々と言ってあるのも強の部だが、皆気に付いた強味なので役に立たない。そういう訳でということ。中々南北の強い様なことではない。ここは強の心法を言ったこと。世間体の知行でなければ、知行の心法は全く世間には見えない。強が道統の心法である。本当によく聴き得た。よく記し得た。「和不流」。際どいことなくゆっくりとして、家内の交わりから世間体まで言い様ない。さて柔らかだといっても中にきっとしたものある。ただの人の柔らかは駄蝋燭の様に、土用になると灯さない前から蕩ける様なものだと迂斎が言った。この流れないというのが大抵なことではない。そこを「強哉矯」と言ったもの。強ではないか鬼だ。上の強の模様を見せたもの。

中立不倚。吾身を道理の中へちゃんと立、なんにも世の中にかまわぬこと。今時はそれはゆかぬと云のは道理の木一本でない。ときに学者はひかへがなくてはならぬ。屏もひかへ柱がないとたをれる。植木も大雨大風にあふとたをれる。不倚と云はちっともわきへかしくことない。なんと強ではあるまいか。矯じゃと云ことなり。中立したものはとふしても雨風にあふとかたよるときに、喬松のやふにしゃんと中立。あさがをのやふに竹は入ぬ。国有道云云。道が明なれは君子は用られて歴々になる筈。そふなるとつい昔とかわりてくるものなるに、引込て居たときの了簡とかわらぬ。凡夫の少のことで了簡かわる。とかく身かあたたまるとかわりてくる。出家も大寺の住寺になると編参僧のときとはちこうてくる。學者も大禄を得るとかわりてくるぞ。国無道云云。とかく長い中がつつかぬもの。籠かきか五十年より一日がこはいと云ぞ。至死と云か勇のいきつきなり。後家も三十年忌すむとそろ々々了簡がかわる。君子も年がよりてくるとよはる。不學老衰ふなり。死ぬにもはりあいのある。靖献遺言のやふなはまたなる。中庸の勇のやふなは根からはりあいなし。然るに了簡かわらぬは勇と云ものぞ。
【解説】
「中立而不倚、強哉矯。國有道、不變塞焉、強哉矯。國無道、至死不變、強哉矯」の説明。自分の身を道理の中へちゃんと立て、何も世の中に構わない。死ぬにも張り合いがある。靖献遺言の様なものはまだ出来る。中庸の勇の様なことは根から張り合いがない。それなのに了簡が変わらないのは勇というもの。
【通釈】
「中立不倚」。自分の身を道理の中へちゃんと立て、何も世の中に構わないこと。今時はそれは出来ないと言うのは道理の生一本ではない。時に学者は控えがなくてはならない。屏も控柱がないと倒れる。植木も大雨大風に遭うと倒れる。不倚というのは少しも脇へ傾ぐことがない。何と強ではあるまいか。矯だということ。中立したものはどうしても雨風に遭うと片寄る時に、喬松の様にしゃんと中立する。朝顔の様に竹は要らない。「国有道云云」。道が明であれば君子は用いられて歴々になる筈。そうなるとつい昔とは変わって来るものだが、引っ込んでいた時の了簡と変わらない。凡夫は少しのことで了簡が変わる。とかく身が温まると変わって来る。出家も大寺の住寺になると遍参僧の時とは違って来る。学者も大禄を得ると変わって来るぞ。「国無道云云」。とかく長い中が続かないもの。駕籠舁きが五十年より一日が辛いと言う。至死というのが勇の行き着き。後家も三十年忌を済むとそろそろ了簡が変わる。君子も年が寄って来ると弱る。「不學老衰」である。死ぬにも張り合いがある。靖献遺言の様なものはまだ出来る。中庸の勇の様なことは根から張り合いがない。それなのに了簡が変わらないのは勇というもの。
【語釈】
・編参僧…遍参僧。諸寺を遍歴参詣する僧。
・不學老衰ふ…學ばずんば、老いて衰う?

注。四者云云。この四つは一つても気についたことはない。人を相手にすると気につく。をのしは外の稽古はいらぬ。この勇をせよと云ことなり。塞未達云云。孟子も食膳方丈云云と云はれて、なにもにやけたことはない。ゆとり飯にあいなめは、塞りたときはない。これが大言を云たことでない。またつよみを云たことてもないぞ。ただのつよみは俗人にもある。中庸之不可能云云。外のつよみは人欲とつれ立てなる。中庸の勇と云は人欲をとってのけて相談なり。論語にも吾未見剛者ともあり、とかく欲ありては勇はなくなる。人欲が一寸あると勇は寸となくなる。義経も靜か出るとぐにゃ々々々となる。垩賢は欲はないゆへ道理の方へ強い。あまりきたない欲になくても、花を見れは物思いもないと云やふなも、花だけことある。その牡丹を子共がちきると心にさわる。外物てよはくなる。擇は知、守は行。つよいもよはいもぶら々々もの。知惠があっても人欲がありては强とは云はれぬ。ここて君子と強と云がいこう重いことになってきたそ。抑其血気云云。強と云には德についたと気についたがある。血気の強はけんきにまかせて火を消す如し。去るかわりには人欲も一所に出る。道理のかじける処へ勇を出すかほんの勇なり。礼記に親の喪のことに付て勇をかたりたことあり。親の喪には仁ばかりてありそふなものを、勇が入るなり。人の得なりにくい処を三年つとめると云て勇なり。抑と云はちょっとあたまを押すこと。根からなくすることではない。道理も血気がないと生ぬ。そこて氣を養ふなれとも、知仁と云道德からこぬなれば、血気町六方そ。勇と云ものは知仁と云についてはたらくなり。勇ばかり一人出るとどのやふなことをせふも知れぬ。知仁と云酒にかんをするのが勇なり。酒なしにかんばかりならぬゆへ、これで勇の面目知るる。
【解説】
「此四者、汝之所當強也。矯、強貌。詩曰、矯矯虎臣、是也。倚、偏著也。塞、未達也。國有道、不變未達之所守。國無道、不變平生之所守也。此則所謂中庸之不可能者、非有以自勝其人欲之私、不能擇而守也。君子之強、孰大於是。夫子以是告子路者、所以抑其血氣之剛、而進之以德義之勇也」の説明。「故君子和而不流」以下の四つは、一つも気に付いたことはない。この勇をしなければならない。中庸の勇は人欲を取って除けての相談である。知恵があっても人欲があっては強とは言えない。道理の悴ける処へ勇を出すのが本当の勇である。道理も血気がないと生きない。そこで気を養うのだが、知仁という道徳からしなければ血気ばかりとなる。
【通釈】
注。「四者云云」。この四つは一つも気に付いたことはない。人を相手にすると気に付く。お前には他の稽古は要らない。この勇をしなさいということ。「塞、未達云云」。孟子も「食前方丈云云」と言われて、何もにやけたことはない。湯取飯に鮎魚女は、塞った時はない。これは大言を言ったことではない。また強味を言ったことでもないぞ。ただの強味は俗人にもある。「中庸之不可能云云」。他の強味は人欲と連れ立って成る。中庸の勇は人欲を取って除けての相談である。論語にも「吾未見剛者」ともあり、とかく欲があっては勇はなくなる。人欲が一寸あると勇は一寸となくなる。義経も静が出るとぐにゃぐにゃとなる。聖賢は欲がないので道理の方へ強い。あまり汚い欲でなくても、花を見れば物思いもないという様なものも、花だけ欲がある。その牡丹を子供が千切ると心に障る。外物で弱くなる。「擇」は知、「守」は行。強いも弱いもぶらぶらもの。知恵があっても人欲があっては強とは言えない。ここで君子と強とが大層重いことになって来た。「抑其血気云云」。強というものには徳に付いたものと気に付いたものがある。血気の強は元気に任せて火を消す如し。その代わりには人欲も一緒に出る。道理の悴ける処へ勇を出すのが本当の勇である。礼記に親の喪のことについて勇を語ったことがある。親の喪には仁ばかりでありそうなものを、勇が入る。人の得成り難い処を三年勤めるというので勇である。「抑」は、一寸頭を押すことで、根からなくすことではない。道理も血気がないと生きない。そこで気を養うのだが、知仁という道徳から来なければ、血気町六方である。勇というものは知仁に付いて働く。勇ばかりが一人出るとどの様なことをするかも知れない。知仁という酒に燗をするのが勇である。酒なしで燗ばかりはならないことから、これで勇の面目がわかる。
【語釈】
・食膳方丈…孟子盡心章句下34。「孟子曰、說大人、則藐之、勿視其巍巍然。堂高數仞、榱題數尺、我得志弗爲也。食前方丈、侍妾數百人、我得志弗爲也。般樂飮酒、驅騁田獵、後車千乘、我得志弗爲也。在彼者、皆我所不爲也。在我者、皆古之制也。吾何畏彼哉」。
・吾未見剛者…論語公冶長10。「子曰、吾未見剛者。或對曰、申棖。子曰、棖也慾。焉得剛」。

右第十章。


中庸章句第十一章
子曰、素隱行怪、後世有述焉。吾弗爲之矣。素、按漢書當作索。蓋字之誤也。索隱行怪、言深求隱僻之理、而過爲詭異之行也。然以其足以欺世而盜名、故後世或有稱述之者。此知之過而不擇乎善、行之過而不用其中、不當強而強者也。聖人豈爲之哉。
【読み】
子曰く、隱れたるを素[もと]め怪しきを行うは、後世述ぶること有り。吾之をせじ。素は、漢書を按ずるに當に索に作るべし。蓋し字の誤りなり。隱れたるを索め怪しきを行うとは、言うこころは、深く隱僻の理を求めて、過ぎて詭異の行いをす、と。然るに其の以て世を欺いて名を盜むに足るを以て、故に後世或は之を稱述する者有り。此れ知ること過ぎて善を擇ばず、行うこと過ぎて其の中を用いず、當に強なるべからずして強なる者なり。聖人豈に之を爲さんや。

君子遵道而行、半塗而廢。吾弗能已矣。遵道而行、則能擇乎善矣。半塗而廢、則力之不足也。此其知雖足以及之、而行有不逮。當強而不強者也。已、止也。聖人於此、非勉焉而不敢廢。蓋至誠無息、自有所不能止也。
【読み】
君子道に遵って行い、半塗にして廢[や]むあり。吾已むこと能わじ。道に遵って行えば、則ち能く善を擇ぶ。半塗にして廢むは、則ち力足らざるなり。此れ其の知は以て之に及ぶに足ると雖も、行は逮ばざること有り。當に強なるべくして強ならざる者なり。已は止むなり。聖人此に於て、勉焉として敢えて廢まざるに非ず。蓋し至誠息むこと無くして、自ら止むこと能わざる所有るなり。

君子依乎中庸、遯世不見知、而不悔、唯聖者能之。不爲索隱行怪、則依乎中庸而已。不能半塗而廢。是以遯世不見知而不悔也。此中庸之成德、知之盡、仁之至、不賴勇而裕如者。正吾夫子之事、而猶不自居也。故曰唯聖者能之而已。
【読み】
君子中庸に依りて、世を遯[のが]れて知られざれども、而も悔いざること、唯聖者のみ之を能くす。隱れたるを索め怪しきを行うことをせざれば、則ち中庸に依るのみ。半塗にして廢むこと能わず。是を以て世を遯れて知られざれども悔いざるなり。此れ中庸の成德、知の盡き、仁の至りにして、勇に賴らずして裕如たる者なり。正に吾が夫子の事にして、而も猶自ら居らざるなり。故に唯聖者のみ之を能くすと曰うのみ。

右第十一章。子思所引夫子之言、以明首章之義者、止此。蓋此篇大旨、以知・仁・勇三達德爲入道之門。故於篇首、卽以大舜・顏淵・子路之事明之。舜、知也。顏淵、仁也。子路、勇也。三者廢其一、則無以造道而成德矣。餘見第二十章。
【読み】
右第十一章。子思夫子の言を引いて、以て首章の義を明かす所、此に止まる。蓋し此の篇の大旨は、知・仁・勇の三達の德を以て道に入るの門と爲す。故に篇首に於ては、卽ち大舜・顏淵・子路の事を以て之を明かす。舜は知なり。顏淵は仁なり。子路は勇なり。三つの者其の一を廢つれば、則ち以て道に造り德を成すこと無し。餘は第二十章に見ゆ。


子曰素隱行怪云云。論語にも攻異端害而已とあるてみれば、あの時分から立派な異端かありたには極た。異端の知のそけたを索隱と云、行のそけた、行怪と云。垩人の道はあるべき通りの自然。異端はこれをうれしからぬ。それゆへ珎鋪道を求るそ。子どもが生れると御目出度と云か垩人の道。異端はそこへ無常を起してうれしがらぬ。白が白に立ぬ。黒が黒ひに立ぬ。晝もやがてくれるものと云ぞ。知かヶ様ゆへ、行もそふゆくそ。ときにこれか凡慮の外なことゆへ、後世さても格別と思ふ。述と云は祖師にして學ぶこと。後世祖師に立て學ぶものもあれとも、身ともなどはそのやふなことは得せぬと、いこうゆっくりとした語意ぞ。
【解説】
「子曰、素隱行怪、後世有述焉。吾弗爲之矣」の説明。異端の知の殺げたのを索隱と言い、行の殺げたのを行怪と言う。異端は自然の通りではなくて珍しい道を求める。後世、異端を祖師に立てて学ぶ者もあるが、私などはその様なことをすることはできないと言った。
【通釈】
「子曰、素隱行怪云云」。論語にも「攻乎異端、斯害也已」とあることで見れば、あの時分から立派な異端がいたのは確かである。異端の知の殺げたのを索隱と言い、行の殺げたのを行怪と言う。聖人の道はあるべき通りの自然。異端はこれを嬉しがらない。そこで珍しい道を求めるのである。子供が生まれると御目出度と言うのが聖人の道。異端はそこへ無常を起こして嬉しがらない。白が白に立たず、黒が黒に立たない。昼もやがて暮れるものと言う。知がこの様なので、行もそう行く。時にこれが凡慮の外なことなので、後世、実に格別だと思う。「述」は祖師にして学ぶこと。後世祖師に立てて学ぶ者もあるが、私などはその様なことをすることはできないと、大層ゆっくりとした語意である。
【語釈】
・攻異端害而已…論語爲政16。「子曰、攻乎異端、斯害也已」。

注。隱は人目に見へぬこと。僻はさかる。かたえんじょなり。ここを置て向の外へ目を付る。道理の自然でないを云。過爲詭云云。人にかわりたことをする。五穀を食ふことが人間なりじゃに木食をする。それからしては種々様々なことをする。さて是か一通りならぬことゆへ欺世。世間の者をだますなり。盗名と云は、水を水と云はぬ、火を火と云はぬやふなもの。名敎と云は、親に孝、君に忠。のがれられぬことしゃに、父子は三界の首かせと云そ。水の卯て火が消ると云は火消の名を盗たもの。不動の金しばりは盗賊奉行の名を盗んたのなり。迂斎の、或はと云は、皆か皆てもないから云となり。上総中がみな女房を持ぬと云ことではないぞ。不當強云云。前の章て强のことあるゆへ、こふ出したもの。異端の開山によはいものは一人もない。垩人豈云云。本文はゆるく云、ここは垩人がどふしてするものかとつよく云。ここは本文と語意をかへてみるがよい。大名が毎年道中するが、自分などはついにたて塲の飯はたべぬと云やふなもの。章句は御大名がどふしてあがらふぞと云のなり。
【解説】
「素、按漢書當作索。蓋字之誤也。索隱行怪、言深求隱僻之理、而過爲詭異之行也。然以其足以欺世而盜名、故後世或有稱述之者。此知之過而不擇乎善、行之過而不用其中、不當強而強者也。聖人豈爲之哉」の説明。異端は道理の自然でないことをする。異端の開山に弱い者は一人もいない。
【通釈】
注。「隱」は人目に見えないこと。「僻」は逆る。片援助である。ここを置いて向こうの外へ目を付ける。道理の自然でないことを言う。「過爲詭云云」。人と変わったことをする。五穀を食うことが人間の姿なのに木食をする。それからしては種々様々なことをする。さてこれが一通りでないことなので、「欺世」。世間の者を欺す。「盗名」とは、水を水と言わず、火を火と言わない様なもの。名教とは、親に孝、君に忠で逃れられないことだが、父子は三界の首枷と言う。癸卯で火が消えると言うのは火消しの名を盗んだもの。不動の金しばりは盗賊奉行の名を盗んだのである。迂斎が、「或」というのは、皆が皆でもないから言うと言った。上総中が皆女房を持たないということではない。「不當強云云」。前の章に強のことがあるので、こう出したもの。異端の開山に弱い者は一人もいない。「聖人豈云云」。本文は緩く言い、ここは聖人がどうしてするものかと強く言う。ここは本文と語意を替えて見なさい。大名が毎年道中をするが、自分などは決して立場の飯は食べないと言う様なもの。章句は、御大名がどうして召し上がろうかと言うのである。
【語釈】
・木食…米穀を断ち、木の実を食べて修行すること。そのような僧を、木食上人と呼ぶ。
・たて塲…江戸時代、街道などで人夫が駕籠などをとめて休息する所。

君子遵道云云。君子云云と云ても処々でちごう。ここは学者のことなり。迂斎の、此君子に謙退はいらぬ。をらなども此中ちじゃと云へり。遵道は知えのことて、道理の通りしてゆくを見処と云。ちっとでも我流を出さぬ。そんなら垩人になるかと云へば、半塗而廃。あわれなことにはつつかぬと云學者もあるか、をらなどは已められぬとなり。注。能擇乎善なれとも、向へつきぬくことならぬと云も力不足。知だけに行かゆかぬ。千両箱をもってゆけと云やふなものと迂斎云へり。なんぼ金がほしくても、力らがないゆへかづかれぬ。これは前のうらなり。ここは強の足らぬのなり。勇気かなけれは知も仁もへだをれするぞ。垩人於此云云。垩人がもも引きゃはんあぶみふんばりて、をこたらぬやふにせふとしたことでない。至誠無息で天地と一体、晝夜のうつりかわる如し。天之命於穆而不止もここそ。孔子しゃものを、たたの字は出されぬ。
【解説】
「君子遵道而行、半塗而廢。吾弗能已矣。遵道而行、則能擇乎善矣。半塗而廢、則力之不足也。此其知雖足以及之、而行有不逮。當強而不強者也。已、止也。聖人於此、非勉焉而不敢廢。蓋至誠無息、自有所不能止也」の説明。ここの君子は学者のこと。道理の通りにしようとする学者も、力不足で行が知の通りに行かない。聖人は天地と一体だから踏ん張る必要もなく、知の通りに行が行く。
【通釈】
「君子遵道云云」。「君子」と言っても処々で違う。ここは学者のこと。迂斎が、この君子に謙退は要らない。俺などもこの中だと言った。「遵道」は知恵のことで、道理の通りにして行くのを見処と言う。一寸でも我流を出さない。それなら聖人になるかといえば、「半塗而廢」。哀れなことには続かないと言う学者もいるが、俺などは已められないと言った。注。「能擇乎善」なのだが、向こうへ突き抜くことができないというのも力不足。知の通りに行が行かない。千両箱を持って行けと言う様なものだと迂斎が言った。どれほど金が欲しくても、力がないから続かない。これは前の裏である。ここは強が足りないのである。勇気がなければ知も仁も倒れる。「聖人於此云云」。聖人が股引脚絆で足踏踏ん張って、怠らない様にしようとしたことではない。「至誠無息」で天地と一体で、昼夜の移り変わる如し。「天之命、於穆而不已」もここのこと。孔子のことだからただの字を出すことはならない。
【語釈】
・天之命於穆而不止…中庸章句26。「詩云、維天之命、於穆不已」。詩は周頌淸廟維天之命。

君子依中庸。ここの君子は盛德の名て垩人の塲を云。君子は何もかも中庸に依と云は人の衣服の如く中庸をはなさぬ。裸でいる人はなく、中庸によらぬ垩人はない。不見知而云云。この筈ぞ。天地一まいの気象ゆへ、人の知らぬにとんじゃくはせぬ。梅の花がたれも香ぎてがないとて腹は立ぬ。論語に不怨天不尤人と云もこれそ。腹のへったに飯を食て直りた。それを人か知らぬとて、腹を立ぬやふなものと迂斎云へり。論語に人不知不慍と云と同し。人を相手にしたことてない。さてこれは自余の者はならぬ。垩人ばかりじゃとなり。此章は異端学者を語りて垩人てとめたもの。
【解説】
「君子依乎中庸、遯世不見知、而不悔、唯聖者能之」の説明。聖人は天地と一つなので、人に知られないことには頓着ない。この章は異端と学者を語って聖人で止めたもの。
【通釈】
「君子依乎中庸」。ここの君子は盛徳の名で、聖人の場を言う。君子は何もかも中庸に依ると言うのは、人の衣服の様に中庸を離さないということ。裸でいる人はなく、中庸に依らない聖人はない。「不見知而云云」。その筈で、天地一枚の気象なので、人に知られないことに頓着はしない。梅の花は誰も嗅ぎ手がないとしても腹は立てない。論語に「不怨天、不尤人」というのもこれ。腹が減ったところを飯を食って直った。それを人が知らないとしても腹を立てない様なものだと迂斎が言った。論語の「人不知不慍」と同じ。人を相手にしたことではない。さてこれは自余の者はできない。聖人だけだと言った。この章は異端と学者を語って聖人で止めたもの。
【語釈】
・不怨天不尤人…論語憲問37。「子曰、莫我知也夫。子貢曰、何爲其莫知子也。子曰、不怨天、不尤人。下學而上達。知我者其天乎」。
・人不知不慍…論語學而1。「人不知而不慍。不亦君子乎」。

注。不爲索隱云云。これは中庸にはづれぬ。これらも君子中庸小人反之へあわせ看よ。知之尽仁之至。垩人の塲になると、ここか知しゃのここか仁じゃと片鼻ではない。なんと云ををやふない。不頼勇。垩人は此筈そ。親か子の可愛やふなもの。自然そ。もそっと子を愛せふと歯ぎしりかんですることはいらぬ。正吾夫子云云。てきとこれかこちの祖師様のことしゃとなり。孔子は御手前を垩人とは思はぬ。丁と大名の手前を歴々と思わぬやふなもの。哥に紅葉ち葉はをのか染たる色なるによそげにみゆる今朝の霜哉と云もそれぞ。唯垩者としら々々しく云へり。霜がかえ手をあのやふに赤くしても知らぬふりして居る。垩人がいやみを云たことではないぞ。我を垩とはしらす。先生講後曰、朱子の手のきくと云はとほふもないことぞ。音樂のことを段々云はれて、親の喪のとき音樂をせぬのか音樂の音樂たる処と云か、勇ををたのまずして祐如の意なり。
【解説】
「不爲索隱行怪、則依乎中庸而已。不能半塗而廢。是以遯世不見知而不悔也。此中庸之成德、知之盡、仁之至、不賴勇而裕如者。正吾夫子之事、而猶不自居也。故曰唯聖者能之而已」の説明。聖人は自分を聖人だとは知らないでいる。それは、「紅葉葉はおのが染めたる色なるに、よそげにみゆる今朝の霜哉」の歌の様なもの。
【通釈】
注。「不爲索隱云云」。これは中庸に外れない。これらも「君子中庸、小人反中庸」へ合わせて看なさい。「知之盡、仁之至」。聖人の場になると、ここが知だとかここが仁だとかという様な片鼻ではない。何とも言い様もないこと。「不賴勇」。聖人はこの筈。親が子を可愛い様なもの。自然である。もう少し子を愛そうと歯軋り噛んですることは要らない。「正吾夫子云云」。正にこれがこちらの祖師様のことだと言った。孔子は自分を聖人だとは思わない。それは丁度大名が自分を歴々だと思わない様なもの。歌に、紅葉葉はおのが染めたる色なるに、よそげにみゆる今朝の霜哉というのもそれ。「唯聖者」と白々しく言った。霜が楓をあの様に赤くしても知らぬ振りをしている。ここは聖人が嫌味を言ったことではない。自分を聖とは知らないのである。先生講後に曰く、朱子の手の利くことは途方もないこと。音楽のことを段々と言われて、親の喪の時に音楽をしないのが音楽の音楽たる処というのが、「不賴勇而裕如」の意である、と。

右第十一章。子思所引夫子之言云云。題下にもことはりてある通り、とと天命之性へをとすことなり。中庸を道の証文と云も、傳授之心法と云もここそ。道体の証文、爲學の証文と云も、天命之性のことなり。程子か知性善先立其大者と云も、天命の性へつめることなり。性善じゃの、天命之性じゃのと、上の方へつるしてをいては役に立ぬ。それをこちに得子はならぬ。それを得には知仁勇の道具てとりかへすことなり。道体に道に入ると云ことはない。道に入は大學や中庸の工夫。道体は見ること。されとも只見ては役に立ぬ。そこて知仁勇を門にして入ることぞ。それゆへにまっ先きに知仁勇のことを出した。さてここてわけたときに、舜は知、顔渕は仁、子路勇なり。舜を知と云てはたりぬやふなれとも、そうてない。垩人は知で語ることぞ。中庸で時に取ての見立とばかりをもうな。さるによりて仲尼は侭明快と云も、論語ではふだん仁が上座する。それゆへ孔子も性與仁吾不能とも云れた。顔子が舜の上のやふじゃが、ここはそうしたことでない。顔子はつかまへた処て仁と云、子路は脩行最中。医者が療治のただ中と云のぞ。子路は大はだぬいてこれでして取ふと云気なり。中庸てはそれ々々の向きをふった処て云たもの。舜を知と語ると役わりにしたことてはない。知ありて仁のないと云ことはない。顔子のは拳々服膺。中庸をつかまへた処を仁と云。知ときき仁ときいていよ々々脩行せふと云口勇なり。
【解説】
「右第十一章。子思所引夫子之言、以明首章之義者、止此。蓋此篇大旨、以知・仁・勇三達德爲入道之門。故於篇首、卽以大舜・顏淵・子路之事明之。舜、知也。顏淵、仁也。子路、勇也」の説明。ここは天命の性へ落とすもの。道体は見るものであり、道に入るのは大学や中庸の工夫である。それは知仁勇から入る。舜は知、顔淵は仁、子路は勇である。舜は聖人であり、顔淵は中庸を捉まえ、子路は修行の最中である。
【通釈】
「右第十一章」。「子思所引夫子之言云云」。題下に断ってある通り、つまりは天命の性へ落とすこと。中庸を道の証文と言うのも、傳授の心法と言うのもここのこと。道体の証文、為学の証文と言うのも、天命の性のこと。程子が「知性善、此先立其大者」と言うのも、天命の性へ詰めること。性善だとか天命の性だとかと言って、上の方へ吊して置いて役に立たない。それをこちらに得なければならない。それを得るのは知仁勇の道具で取り返すのである。道体に道に入るということはない。道に入るのは大学や中庸の工夫。道体は見ること。しかしながら、ただ見ていては役に立たない。そこで知仁勇を門にして入るのである。それで、真っ先に知仁勇のことを出した。さてここで分けた時に、舜は知、顔淵は仁、子路は勇である。舜を知と言っては足りない様だが、そうではない。聖人は知で語る。中庸は時に取る見立てだとばかり思うな。そこで「孔子儘是明快人」と言うのも、論語では普段仁が上座するから。そこで孔子も「性與仁吾不能」とも言われた。ここでは顔子が舜の上の様だが、そうしたことではない。顔子は捉まえた処で仁と言い、子路は修行の最中。医者が療治の直中と言うのと同じ。子路は大肌脱いでこれでして取ろうという気である。中庸ではそれぞれの向きを振った処で言ったもの。舜を知と語るからといって、役割にしたことではない。知があって仁がないということはない。顔子のは拳拳服膺。中庸を捉まえた処を仁と言う。知と聞き仁と聞いていよいよ修行しようとするのが子路の勇である。
【語釈】
・知性善先立其大者…近思録爲學70。「知性善、以忠信爲本。此先立其大者」。
・仲尼は侭明快…近思録聖賢2。「孔子儘是明快人、顏子儘豈弟、孟子儘雄辯」。
性與仁吾不能

吾黨の学者も柯先生の御かげて知仁のあやは知りたれとも、それをせふとせぬは勇のないのぞ。そこで鞭策録て立志のことに勇の筋を説た。此三者は一つかけてもならぬ。我得手の方へ過ると、知者は過、賢者は不及になる。迂斎云、これは五德の足のやふなものて、一つかけてもならぬ。そこてこのやふに揃て垩賢に至ることぞ。餘見第云云。ここは大筋を云て細にない。先日云とふり、ここは知仁勇のかんばんを見せたことじゃと云もここの処ぞ。その得やふ細なことは廿章なり。少年聽得殆如以石投水、記得平易爽快、似噄梨子淡有味。珎重々々。
【解説】
「三者廢其一、則無以造道而成德矣。餘見第二十章」の説明。我が党も山崎先生の御蔭で知と仁の綾は知っているが、それができないのは勇がないのである。知仁勇は一つ欠けてもならない。この章は大筋を言ったことで、詳細は二十章にある。
【通釈】
我が党の学者も山崎先生の御蔭で知仁の綾は知っているが、それをしようとしないのは勇がないのである。そこで鞭策録で立志のことに勇の筋を説いた。この三者は一つ欠けてもならない。自分の得手の方へ過ぎると、知者は過、賢者は不及になる。迂斎が、これは五徳の足の様なもので、一つ欠けてもならないと言った。そこでこの様に揃えて聖賢に至るのである。「餘見第云云」。ここは大筋を言ったことで細かでない。先日言った通り、ここは知仁勇の看板を見せたことだと言うのもここの処。その得方の細かなことは二十章にある。少年聽き得ること殆ど石を以て水に投ずるが如く、記し得ること平易爽快、梨子を噄するに似て淡くして味有り。珍重珍重。
【語釈】
・五德…炭火などの上におき、鉄瓶などをかける三脚または四脚の輪形の器具。鉄または陶器製。