己酉一六中庸筆記十六
二十六章  四月十一日 先生批 花澤
【語釈】
・己酉…寛政1年(1789)年。
・花澤文…林潛齋。初め花澤文二と称す。名は秀直。東金市堀上の人。丸亀藩儒臣。文化14年(1817)5月6日没。年68。


中庸章句第二十六章
故至誠無息。旣無虛假、自無閒斷。
【読み】
故に至誠は息むこと無し。旣に虛假無ければ、自ら閒斷無し。

不息則久。久則徵。久、常於中也。徵、驗於外也。
【読み】
息まざるときは則ち久し。久しきときは則ち徵[しるし]あり。久は、中に常なるなり。徵は、外に驗あるなり。

徵則悠遠。悠遠則博厚。博厚則高明。此皆以其驗於外者言之。鄭氏所謂至誠之德著於四方者、是也。存諸中者旣久、則驗於外者益悠遠而無窮矣。悠遠、故其積也廣博而深厚。博厚、故其發也高大而光明。
【読み】
徵あるときは則ち悠遠なり。悠遠なるときは則ち博厚なり。博厚なるときは則ち高明なり。此れ皆其の外に驗ある者を以て之を言う。鄭氏謂う所の至誠の德の四方に著るとは、是れなり。諸を中に存する者旣に久しければ、則ち外に驗ある者益々悠遠にして窮まり無し。悠遠なる、故に其の積むこと廣博にして深厚なり。博厚なる、故に其の發すること高大にして光明なり。

博厚所以載物也。高明所以覆物也。悠久所以成物也。悠久、卽悠遠。兼内外而言之也。本以悠遠致高厚。而高厚又悠久也。此言聖人與天地同用。
【読み】
博厚は以て物を載する所なり。高明は以て物を覆う所なり。悠久は以て物を成す所なり。悠久は、卽ち悠遠なり。内外を兼ねて之を言うなり。本悠遠を以て高厚を致[きわ]む。而して高厚も又悠久なり。此れ聖人と天地と用を同じくすることを言う。

博厚配地。高明配天。悠久無疆。此言聖人與天地同體。
【読み】
博厚は地に配す。高明は天に配す。悠久は疆[かぎ]り無きなり。此れ聖人と天地と體を同じくすることを言う。

如此者、不見而章、不動而變、無爲而成。見、音現。○見、猶示也。不見而章、以配地而言也。不動而變、以配天而言也。無爲而成、以無疆而言也。
【読み】
此の如き者は、見[しめ]さずして章[あらわ]れ、動かずして變わり、すること無くして成る。見は音現。○見は猶示すのごとし。見さずして章るとは、地に配するを以て言うなり。動かずして變わるとは、天に配するを以て言うなり。すること無くして成るとは、疆り無きを以て言うなり。

天地之道、可一言而盡也。其爲物不貳、則其生物不測。此以下、復以天地明至誠無息之功用。天地之道、可一言而盡。不過曰誠而已。不貳、所以誠也。誠故不息、而生物之多、有莫知其所以然者。
【読み】
天地の道、一言にして盡くす可し。其の物爲る貳つならずして、則ち其の物を生ずること測られず。此より以下、復天地を以て至誠の息むこと無きの功用を明かす。天地の道は、一言にして盡くす可し。誠と曰うに過ぎざるのみ。貳つならずとは、誠なる所以なり。誠なる故に息まずして、物を生ずること多く、其の然る所以を知ること莫き者有り。

天地之道、博也、厚也、高也、明也、悠也、久也。言天地之道、誠一不貳。故能各極盛、而有下文生物之功。
【読み】
天地の道、博し、厚し、高し、明らかなり、悠[とお]し、久し。言うこころは、天地の道は、誠一にして貳つならず。故に能く各々盛んなることを極めて、下文の物を生ずるの功有り、と。

今夫天、斯昭昭之多。及其無窮也、日月星辰繫焉、萬物覆焉。今夫地、一撮土之多。及其廣厚、載華嶽而不重、振河海而不洩、萬物載焉。今夫山、一卷石之多。及其廣大、草木生之、禽獸居之、寶藏興焉。今夫水、一勺之多。及其不測、黿・鼉・蛟・龍・魚・鼈生焉、貨財殖焉。夫、音扶。華・藏、竝去聲。卷、平聲。勺、市若反。○昭昭、猶耿耿。小明也。此指其一處而言之。及其無窮、猶十二章及其至也之意。蓋舉全體而言也。振、收也。卷、區也。此四條、皆以發明由其不貳不息以致盛大而能生物之意。然天地山川、實非由積累而後大。讀者不以辭害意可也。
【読み】
今夫れ天は、斯の昭昭の多きなり。其の窮まり無きに及んでは、日月星辰繫り、萬物覆わる。今夫れ地は、一撮土の多きなり。其の廣厚なるに及んでは、華嶽を載せて重しとせず、河海を振[おさ]めて洩らさず、萬物載せらる。今夫れ山は、一卷石の多きなり。其の廣大なるに及んでは、草木生い、禽獸居り、寶藏興る。今夫れ水は、一勺[しゃく]の多きなり。其の測られざるに及んでは、黿[げん]鼉[だ]蛟龍魚鼈生[な]り、貨財殖[な]る。夫は音扶。華・藏は竝去聲。卷は平聲。勺は市若の反。○昭昭は猶耿耿のごとし。小しく明なり。此れ其の一つの處を指して之を言う。其の窮まり無きに及んではとは、猶十二章の其の至れるに及んではの意なり。蓋し全體を舉げて言うなり。振は收むるなり。卷は區なり。此の四條、皆以て其の貳つならず息まずよりして以て盛大を致めて能く物を生ずるの意を發明す。然れども天地山川は、實は積累によりて而して後に大いなるに非ず。讀者辭を以て意を害さずして可なり。

詩云、維天之命、於穆不已、蓋曰天之所以爲天也。於乎不顯、文王之德之純、蓋曰文王之所以爲文也。純亦不已。於、音烏。乎、音呼。○詩、周頌維天之命篇。於、歎辭。穆、深遠也。不顯、猶言豈不顯也。純、純一不雜也。引此以明至誠無息之意。程子曰、天道不已。文王純於天道、亦不已。純則無二無雜。不已則無閒斷先後。
【読み】
詩に云く、維れ天の命、於[ああ]穆として已まずとは、蓋し天の天爲る所以を曰えり。於顯らかならずや、文王の德の純[もっぱ]らなるとは、蓋し文王の文爲る所以を曰えり。純らにして亦已まず。於は音烏。乎は音呼。○詩は周頌維天之命の篇。於は歎辭。穆は深遠なり。顯らかならずやは、猶豈顯らかならざらんやと言うがごとし。純は、純一にして雜らざるなり。此を引いて以て至誠の息むこと無きの意を明かす。程子曰く、天道已まず。文王の天道に純なるも、亦已まず。純なれば則ち二つ無く雜ること無し。已まざれば則ち閒斷先後無し、と。

右第二十六章。言天道也。
【読み】
右第二十六章。天道を言うなり。


故至誠無息云云。故字、直きにうけ、遠くからうけること有り。これらは去程にと云弁と同じ。易に是故にと度々あり、孔子子思の文法よく合へり。直方は、二十五の末、時措をうけると云へり。因て先師も此章を別に廿六章に立られたは朱子の名だんの眼力と云へり。されとも前をうけたとみてはぬるくなるやふなり。あたまから天道をかたり出すではづみよし。御はたもとが大名になられ、その大名がとかたり出すよりは、腹からの国主て語るがよい筈なり。つまり故の字を落付たきばかりに直方はかく云へり。至誠は至極の誠と云こと。誠と云は人間の本体ゆへ凡人も少しはあれとも、其れは折ふし見出したこと。それて誠が誠に立ぬ。垩人のは横からみても堅から看ても皆誠にて、朝も晩も誠ゆへ至の字がつく。それゆへに垩人の德の語りやふは至誠と云より外はない。無息は至極ゆへ、最ふ草臥たのつつかぬのと息つくことなし。丁ど火の焼るなり。火が草臥たことなし。發燧へ一寸とつける。直にもへつく。行德の水昼夜流れる。火も水も息はつかぬ。垩人いつも其形なり。蕃椒毎日辛く砂糖いつも甘い。垩人其通り。誠の足り不足はなく、いつも仁、いつも義なり。無息の重いことは顔子も及ぬ。顔子には息むと云塲がある。然とも人の方からみへることでない。顔子の方てちらりと知ること。そこを孔子三月不違仁との玉ふ。三月の後は顔子の胸てどみる処が有るそふなり。其無が無息なり。十分でないもの無れば無息なり。只の人は首尾がよいと奉行も精出す。君がむごいことするとなまけて来る。親が無理するとなんぼ親でもと云。直きにどみる。無息は舜の孝なり。あの大孝の舜を瞽瞍がでっちのやふにむごいことするに、舜はいつも孝なり。それはどふしてなれば至誠ゆへなり。息の字、やむと云■■■なり。石原先生面白こと云へり。学者の上に義理のしたくないやふな時がある、と。是の言なとかす子からもみ出したことなり。學者の上にも學者の上にも義理がしともないと云ことがあるものなり。其ないを不息と云。是かいつも道理なりをさして云。
【解説】
「故至誠無息」の説明。「故」は、去る程にという意である。直方は前章の「時措」を受けると言ったが、前を受けたと見ては温くなる。「至誠」は至極の誠ということで、聖人のことである。「無息」は息つくことのないこと。それは舜の孝である。あの大孝の舜を瞽瞍が丁稚の様に酷いことするのに、舜は何時も孝である。
【通釈】
「故至誠無息云云」。「故」の字は、直に受ける時と遠くから受ける時とが有る。これらは去る程にという弁と同じ。易に「是故」と度々あり、孔子と子思の文法とがよく合っている。直方は、二十五の末にある「時措」を受けると言った。それで先師もこの章を別に二十六章に立てられたのは朱子の名段の眼力だと言った。しかしながら前を受けたと見ては温くなるようなもの。最初から天道を語り出すので弾みがよい。御旗本が大名になられ、その大名がと語り出すよりは、腹からの国主で語る方がよい筈。つまりは故の字を落ち着かせたいばかりに直方はこの様に言ったのである。「至誠」は至極の誠ということ。誠というものは人間の本体なので凡人にも少しはあるが、それは折節見出したこと。それで誠が誠に立たない。聖人のは横からみても縦から看ても皆誠で、朝も晩も誠なので至の字が付く。それで聖人の徳の語り様は至誠というより外はない。「無息」は、至極なのでもう草臥れたとか続かないなどと息つくことがないこと。丁度火が焼ける様なもの。火は草臥れたことなし。発燧へ一寸と点けると直に燃え付く。行徳の水は昼夜流れる。火も水も息はつかない。聖人は何時もその姿である。蕃椒は毎日辛く砂糖は何時も甘い。聖人もその通り。誠の足り不足はなく、何時も仁、何時も義である。無息の重いことは顔子も及ばない。顔子には息むという場がある。しかしながら、それは人の方から見えることではない。顔子の方でちらりと知ること。そこを孔子が「三月不違仁」と仰った。三月の後は顔子の胸でどみる処が有るそうである。それが無いのが無息である。十分でないものが無ければ無息である。普通の人は首尾がよいと奉公にも精を出す。君が酷いことすると怠けて来る。親が無理をすると、たとえ親でもと言う。直にどみる。無息は舜の孝である。あの大孝の舜を瞽瞍が丁稚の様に酷いことするのに、舜は何時も孝である。それはどうしてかというと、至誠だからである。息の字、止むという■■■石原先生が面白いことを言った。学者の上に義理をしたくない様な時がある、と。この言などが脛から揉み出したこと。学者の上にも義理をしたくないということがあるもの。それがないのを不息と言う。これが何時も道理の通りを指して言うこと。
【語釈】
・先師…稲葉迂斎。
・三月不違仁…論語雍也5。「子曰、囘也、其心三月不違仁。其餘則日月至焉而已矣」。
・石原先生…野田剛齋。名は德勝。七右衛門と称す。江戸の人。本所石原に住む。石原先生。明和5年(1768)2月6日没。年79。

既無虚假自無間断。本文の字をとくやふな註に非ず。なんぞと云と郭注をほめるか、この註なとか朱子の勝れたことなり。風は百病の長たりますなとと云てはなんにもならぬこと。根を云は子は役にたたぬ。既無虚假の既にを土臺がと直方云へり。至誠の土臺に無虚假なり。虚は穴のある処。前に實也と云を見よ。假は、迂斎餘のものがそこへ加ったと云へり。穴のあいた処へよのものか添ふて這入しものなり。至誠に虚假はない。いんすなり。銅やなまりの雜はない。自無間断。そのはづじゃなり。既字自字、朱子の思入れあることなり。虚假かあると間断になる。人のじっとみるは無虚假なれとも、眼の中へ少の塵が入る。最ふ見ることならぬ。達者なもののすか々々ゆくなり。爪の先へ一寸とものかさはると行かれぬ。垩人のこと故外の譬ては云はれぬ。いつも云ふ、親の子愛するなり。日和の照り降りなく、いつも々々々なり。今朝もそふ思たが、そのことを丁寧に云はん。をれじゃ迚もどふつつくものじゃと云ふは他人のことなり。我子が十人あり疱瘡のとき、其子ともの看病三日に寢ずにしたと云、つつかぬと云て四人目からはほかすでない。誠ありて無虚假故へ無間断なり。然るに客がつつくと長刀あしらい。最ふ帰れかしとする。垩人は万端のこと。親の子を愛するやふに誠かぬけて居るゆへ無間断。是が天地もそふなり。寒往は暑來る。いつも同ことて間断ない。それに違はぬ垩人ゆへ、いつも々々々切れ目はない。
【解説】
「旣無虛假、自無閒斷」の説明。既無虚假の既にを土台がだと直方が言った。至誠の土台があって無虚假である。そして、誠があって無虚假なので無間断なのである。
【通釈】
「旣無虛假、自無閒斷」。本文の字を説く様な註ではない。何かというと郭注を褒めるが、この註などが朱子の勝ったもの。風は百病の長たりますなどと言っては何にもならない。根を言わなければ役に立たない。既無虚假の既にを土台がだと直方が言った。至誠の土台があって無虚假である。虚は穴のある処。前に「實也」とあるの見なさい。假は、迂斎が余の物がそこへ加わったことだと言った。穴の開いた処へ余の物が添って這い入ったもの。至誠に虚假はない。印子である。銅や鉛の雑じりはない。「自無閒斷」。その筈である。既の字と自の字は朱子の思い入れのあること。虚假があると間断になる。人がじっと見るのは無虚假だが、眼の中へ少しの塵が入っても、もう見ることができない。達者な者はずかずか行く。爪の先へ一寸ものが触ると行けない。聖人のことなので他の譬えでは言えない。何時も言う、親が子を愛する様なもの、と。日和の照り降りなく、何時も何時もである。今朝もそう思ったが、そのことを丁寧に言おう。俺だとしてもどうして続くものかと言うのは他人のこと。我が子が十人あって疱瘡の時、その子供の看病を三日寝ずにしたと言い、続かないと言って四日目からは放下すことはない。誠があって無虚假なので無間断なのである。そこを客が続くと長刀あしらいをして、もう帰ればよいのにとする。聖人は万端のこと。親が子を愛する様に誠が抜けているので無間断。これは天地もそうである。寒が往けば暑が来る。何時も同じことで間断はない。それに違わない聖人なので、何時も何時も切れ目はない。
【語釈】
・前に實也と云…中庸章句20集註。「此九經之實也」。
・いんす…印子。よく精錬された舶来の純金。

上の句は四字て垩人の全体を云、それを受けて垩人の誠のことゆへ見はれたを不息則久云云。誠があとからは其通り々々々に出るゆへ長くつづく。今日も誠、明日も誠なり。久しくなけれは垩人の德とも誠とも云はれぬ。凡人も今日は御奇特と云は拾ひ金なり。たま々々誠が出る。垩人不息ゆへいつものなり。凡人にも誠根からないと思ふはちがふ。久則徵。々はげんの見へる処なり。誠も久くなければげんは見へぬ。益気湯一口ちぎりでない。久しく服するで徵がある。直方の石の上にも三年を合点せよ、と。其れで尻が暖まる。然し石の上に安産はならぬものなれとも、何ことも久しくなけれは徵はない。佛の頓悟、蜆子が海老、今迠こふして居たものが汗してはっと云やふなことは此方にない。佛は通身行の言下省のと云。垩人誠の相かわらぬで徵と云たものなり。久常於中也。中は目に見へぬ処を云、誠の心を中と云。徵験於外也。中は内外の内とをなじ。扨惣体内外と云にも見やふ二つあり。心と行と見るか一つ。又内を心身と云ときは、外は人を云。爰の外は行義の上へ出て人へひひくを云、他處のあたりとは違ふ。佐藤・浅見の敬義内外の外の、又人をも化するをこめて云へし。そう見てをか子はさしつかへることあり。
【解説】
「不息則久。久則徵。久、常於中也。徵、驗於外也」の説明。聖人は誠がその通りに次々に出るので長く続く。久しいので徴が見える。ここの「中」は内外の内と同じで、「外」は行儀の上へ出て人へ響くことを言う。
【通釈】
上の句は四字で聖人の全体を言い、それを受けて聖人の誠のことなので、顕れたところを「不息則久云云」。誠が後から後からとその通りに出るので長く続く。今日も誠、明日も誠である。久しくなければ聖人の徳とも誠とも言えない。凡人が今日は御奇特と言うのは拾い金である。偶々誠が出る。聖人は不息なので何時もである。凡人には誠が根からないと思うのは違う。「久則徵」。徴は験の見える処。誠も久しくなければ験は見えない。益気湯は一口切りではない。久しく服するので徴がある。直方が石の上にも三年を合点しなさいと言った。それで尻が暖まる。石の上に安産はできないものだが、何事も久しくなければ徴はない。仏の頓悟、蜆子の海老、今までこうしていたものが汗してはっと言うようなことはこの方にはない。仏は通身行とか言下省と言う。聖人は誠が相変わらないので徴と言ったもの。「久、常於中也」。中は目に見えない処を言い、誠の心を中と言う。「徵、驗於外也」。中は内外の内と同じ。さて総体内外と言うにも見方が二つある。心と行と見るのが一つ。また内を心身と言う時は、外は人を言う。ここの外は行儀の上へ出て人へ響くことを言い、他処の当たりとは違う。佐藤・浅見の敬義内外の外の、また人をも化するを込めて言いなさい。その様に見て置かなければ差し支えることがある。
【語釈】
・蜆子…蜆子[けんす]和尚。唐末の禅僧。居所を定めず、河辺で蝦や蜆をとって食べた。

徵則悠遠。外へみへる処かはるかに長くつつく。惣体悠遠でなければ誠が語られぬ。是は庸の字の意と同し。誠は長くつつく。一過なことは長くはつつかぬ。偖どこ迠も誠をかたるとみるべし。石原先生、欲のないふりをしても長くつつかぬと云へり。是も上手にすると一盃くはせるもの。文因云、大欲似無欲然れとも、ふりと云は長くつつかぬ。下戸の飲ふりをしても、上戸の飲ぬふりをしても一旦のこと。悠遠はとこ迠も其通りなり。博厚則高明云云。則々の字か出世してよくなる様にみるとわるい。これは上の至誠を段々ときわけたものなり。軽いものの立身に非す。則々と云が子思の段取なり。不息則久々則徵則悠遠云云を石原先生、勝手に結構ずくを云はっしゃれと云て外てみて居るとなり。日光の話しなり。すはそこへ行と朱の橋あり、見る処とこもかもけっこうなり。悠遠は四方へ及ぶ。上ても云ふ、外へ出て人へみへると云かそれなり。垩人は家より国々より天下へ及ふが悠遠博厚なり。博と厚と分けてみる。なんほ博くとも笹板なれは臼は載られぬ。棋盤は厚い斗り。是へと客は通されぬ。博計厚計でならぬ。垩人は博厚揃ふ。高明は、垩人の德殊の外高なり、殊の外明なり。是も高と明と二つ連る。石原先生、百匁掛の蝋蠋も空藏へ入れては役にたたぬとなり。高くなけれは人へ及ぬ。斯ふ字を説て垩人へあててみるへし。堯舜の様子二典にあるか、何もかわったことなし。誠ゆへ放勳欽明文思安々、又云云以親九族か皆悠遠の常なことなり。それが天下へ及て黎民於變も德か万物へ及て博厚高明なり。
【解説】
「徵則悠遠。悠遠則博厚。博厚則高明」の説明。誠は長く続く。ここの「則」が子思の段取りである。
【通釈】
「徵則悠遠」。外へ見える処が遥かに長く続く。総体悠遠でなければ誠を語ることはできない。これは庸の字の意と同じ。誠は長く続く。一過なことは長くは続かない。さて何処までも誠を語るものと見なさい。石原先生が、欲のない振りをしても長く続かないと言った。ここも上手にすると一盃喰わせるもの。文因りて言う、「大欲似無欲」、と。しかしながら、振りは長く続かない。下戸が飲む振りをしても、上戸が飲まない振りをしてもそれは一旦のこと。悠遠は何処までもその通りである。「博厚則高明云云」。「則」の字を出世してよくなる様に見ると悪い。これは上の至誠を段々と説き分けたもの。軽い者の立身ではない。則というのが子思の段取りである。「不息則久。久則徵。徵則悠遠云云」を石原先生が、勝手に結構尽くを言えと言って外で見ている様なものだと言った。日光の話である。さあそこへ行くと朱の橋があり、見る処何処も彼処も結構である。悠遠は四方へ及ぶ。上でも言う、外へ出て人に見えると言うのがそれ。聖人が家より国、国より天下へ及ぶのが悠遠博厚である。博と厚と分けて見る。どれほど博くても笹板であれば臼は載せられない。碁盤は厚いばかり。ここへ客を通すことはできない。博ばかり厚ばかりではならない。聖人は博厚が揃う。高明は、聖人の徳が殊の外高く殊の外明なこと。これも高と明と二つ連なる。石原先生が、百匁掛の蝋燭も空蔵へ入れては役に立たないと言った。高くなければ人へは及ばない。この様に字を説いて聖人へ当てて見なさい。堯舜の様子が二典にあるが、何も変わったことはない。誠なので「放勳欽明文思安安」で、また「云云以親九族」が皆悠遠の常なこと。それが天下へ及んで「黎民於變」も徳が万物へ及んで博厚高明である。
【語釈】
・大欲似無欲…徒然草。「大欲は無欲に似たり」。
・放勳欽明文思安々…書經虞書堯典。「曰若稽古帝堯曰、放勳欽明、文思安安、允恭克讓。光被四表、格于上下。克明俊德、以親九族。九族旣睦、平章百姓、百姓昭明、協和萬邦。黎民於變、時雍」。

此皆以其驗於外者言之。上の註ても驗於外と云。外を動容周旋の上を外と云と博厚がせばくなる。朱説驗於外を天下を化成所と云へり。上て某分て云ふ、垩人の身へ出て、それか人へひひいて及ふなり。それて平生の内外の外とはあたりがちがふ。鄭玄がよく云た。中ちの常の誠の御心が見はれて天下へ著しきとなり。そこを著於四方と云。廖子晦、光被四表格于上下と云。善い引證なり。德が天迠とどくやふなり。天て誠、人て実心なり。存諸中は至誠なり。既久則驗於外云云。いつも誠なり。時計屋へ直しにやりましたと云。垩人存する誠か久しいゆへ、いつも々々々なり。さめたことなし。無究矣悠遠故其積也廣博而深厚。積字が文義の間違になる故大切に云へし。垩人の誠はた子して積とはちがふ。致曲の致は又は致め々々一文つつためるが御定りなり。垩人は至誠の天道のと云ゆへ少々づつためるでない。積。久しい模様を云ふ。自然なことても日かずかかるもの。妊娠も子を産む迠は間のあること。直きには出來ぬ。蕎麥打つやふにはない。垩人に工夫はなく、久しいを云。垩人を積の字て云は、丁ど常人の惻隱の心の様でないを云なり。凡人ははっと云たきりのこと。久しくは持たぬ。子が井戸を出てからは死んてもそふない。常人四端の発なとをみよ。乍の内にふつ々々と善発し、あともさきもなくしまふ。積てない。垩人の誠仕入仕込の長いことなり。この頃の暖なも漸を以てしたこと。垩人の誠も修行でなく、根入深いことなり。積字はなんても大なことに云。身上も分限はいくらと云はれぬ。深厚なり。江戸なと店かり商人小身の身帯しまふはどふこ迠入ていくらと云ふ價が知れる。博厚故其發なり高大而光明。この根あるゆへ見へて來る。垩人の心外へあらはれて人の方てさてもと云ふ。發も喜怒哀樂の發てない。教化にあらはれる処の發なり。積こと深厚ゆへ発も高大になる。半分ある酒樽と一はいある樽とは呑口の発しやふか違。男蛇池も博厚ゆへ樋口の発やふか違なり。皆積む処次第のものなり。冨士は高い処ゆへ皆人か見た処か明なり。垩人の全体を云かよい。たたい知のことなり。深厚の字もあるゆへ仁のやふに見へるが、爰は至誠ゆへ爰か仁、爰か知と分けずに仁知たたきこんで、垩人の根入深く行きわたる処か御心のつんて其発や高大而光明と見べし。
【解説】
「此皆以其驗於外者言之。鄭氏所謂至誠之德著於四方者、是也。存諸中者旣久、則驗於外者益悠遠而無窮矣。悠遠、故其積也廣博而深厚。博厚、故其發也高大而光明」の説明。「積」とは、聖人は至誠であり天道であるから少しずつ貯めるのではなく、久しい模様を言ったもの。聖人の誠は仕入れ仕込みが長い。ここは聖人の全体を言い、知のことである。
【通釈】
「此皆以其驗於外者言之」。上の註でも「驗於外」と言う。外は、動容周旋の上を外と言うと博厚が狭くなる。朱説では験於外を天下を化成する所と言っている。上で私が分けて言った、聖人の身へ出て、それが人へ響いて及ぶということ。そこで平生の内外の外とは当たりが違う。鄭玄がよく言った。内の常の誠の御心が顕れて天下へ著しい、と。そこを「著於四方」と言う。廖子晦が、「光被四表、格于上下」と言った。善い引証である。徳が天まで届く様である。天で誠、人で実心である。「存諸中」は至誠である。「旣久、則驗於外云云」。何時も誠である。時計屋へ直しに遣りましたと言う。聖人が存する誠が久しいので、何時も何時もである。冷めたことはない。「無窮矣。悠遠、故其積也廣博而深厚」。積の字が文義の間違えになるので大切に言わなければならない。聖人の誠は種して積むのとは違う。致曲の致は致め続けて一文ずつ貯めるのが御定まり。聖人は至誠とか天道とかと言うのだから少しずつ貯めるのではない。積。久しい模様を言う。自然なことでも日数が掛かるもの。妊娠も子を産むまでは間のあること。直には出来ない。蕎麦を打つ様ではない。聖人に工夫はなく、久しいことを言う。聖人を積の字で言うのは、丁度常人が惻隠の心の様でないことを言う様なもの。凡人ははっと言った切りのこと。久しくは持たない。子が井戸を出てからは死んでもそれほどではない。常人の四端の発などを見なさい。乍[たちま]ちの内にふつふつと善を発し、後も先もなく終える。積ではない。聖人の誠は仕入れ仕込みが長い。この頃の暖かなのも漸を以ってしたこと。聖人の誠も修行ではなく、根入れの深いこと。積の字は何でも大きなことに言う。身上も分限はいくらだとは言えない。深厚である。江戸などの店借り商人や小身の身帯仕舞う者は何処まで入っていくらという価が知れる。「博厚、故其發也高大而光明」。この根があるので見えて来る。聖人の心が外へ顕れて人の方でさてもと言う。発も喜怒哀楽の発ではない。教化に顕れる処の発である。積むことが深厚なので発も高大になる。半分ある酒樽と一杯ある樽とは呑口の発し様が違う。雄蛇ヶ池も博厚なので樋口の発し様が違う。皆積む処次第のもの。富士は高い処なので人が見た処が皆明である。ここは聖人の全体を言うのがよい。そもそも知のことである。深厚の字もあるので仁の様に見えるが、ここは至誠なので、ここが仁、ここが知と分けずに仁知叩き込んで、聖人の根入れの深く行き渡る処から、御心の積んでその発が高大而光明だと見なさい。
【語釈】
・光被四表格于上下…書經虞書堯典の語(前出)。

博厚所以載物云云。上て不息則久、徵則悠遠、博厚則高明と垩人の誠を云たいほとに云て、其れをここて又天にかけて云が子思の思召なり。木割臺は植木はのせらるるか人はのせられぬ。四分板天上客は通されぬ。うけこまれぬ。覆物は、垩人の天下の政をうけこむなり。佛は不堪煩と云へり。物をのせることならぬ。生老病死が胸へあたる。塵の世の中とてにける。心を汚すまいなれとも、それては載せることならぬ。垩人一日二日有万機。それが垩人。ゆっくりなり。親の病気、女房の産、それだけがさはり。是が地の德。何にもかも載せて面倒がらぬ。人か大舟に乘ったと思へとなり。めんとふかってはのせられぬことなり。をれかにはさはけぬと云てにけたり、うるさいと云て面倒かる。高明所以覆物也。日月の物を照して上にあるなり。上に知のない人か立と眞暗なさはきになる。ここは手燭の火てない。日月の光りなり。上か明なれはそれてすむ。明からして物を覆ふ。三代は高明ゆへ万民が安堵なり。明てなけれはならぬこと。盲者か盲者の手を引と、二人ながらどぶへ落る。
【解説】
「博厚所以載物也。高明所以覆物也」の説明。「載物」は、聖人が天下の政を受け込むこと。仏は不堪煩で物を載せることができない。「明」は日月の光である。上が明であればそれで済む。
【通釈】
「博厚所以載物云云」。上で「不息則久、徵則悠遠、博厚則高明」と聖人の誠を言いたいほどに言って、それをここでまた天に掛けて言うのが子思の思し召しである。木割台は植木は載せられるが人は載せられない。四分板天上は客は通せられない。受け込めない。「載物」は、聖人が天下の政を受け込むこと。仏は煩きに堪えずと言った。物を載せることができない。生老病死が胸へ当たる。塵の世の中だと言って逃げる。心を汚すまいと思ってしたことだが、それでは載せることはできない。聖人は「一日二日萬機」。それが聖人。ゆっくりである。親の病気、女房の産、それだけが障りである。これが地の徳。何も彼も載せて面倒がらない。人が大舟に乗ったと思えと言う。面倒がっては乗せられない。俺には捌けないと言って逃げたり、煩いと言って面倒がる。「高明所以覆物也」。日月が物を照らして上にある。上に知のない人が立つと真っ暗な捌きになる。ここは手燭の火ではない。日月の光である。上が明であればそれで済む。明からして物を覆う。三代は高明だったので万民が安堵した。明でなけれはならない。盲者が盲者の手を引くと、二人共に溝に落ちる。
【語釈】
・一日二日有万機…書經虞書皐陶謨。「無敎逸欲有邦。兢兢業業、一日二日萬幾。無曠庶官。天工人其代之」。

悠久所以成物。長くつついて久しいことは成就する。悠くないことは成就せぬ。請取りぶしん早い代りに成就せぬ。此間の風雨て潰したと云。成物でない。垩人天地の道ゆへ物が成就する。いかほと博厚ても悠久てなけれは物を成さぬ。世而後仁と云、三年而有成の、七年の五年のと云が不手際なやふなれとも、至極なことは手間かかかる。麥なども去年まいて今漸く穗が出る。医の上にも一年藥服させることあり。垩人の道は手早には行かぬ。一超直入如來の心になると云は早道なり。それはない。とと天へあたりなけれは貴はれぬ。それて天の字を三十三章皆冠たかここても知れることなり。
【解説】
「悠久所以成物也」の説明。どれほど博厚でも悠久でなければ物を成さない。至極なことは手間が掛かる。早道はない。
【通釈】
「悠久所以成物」。長く続いて久しいことは成就する。長くないことは成就しない。請取り普請は早い代わりに成就しない。この間の風雨で潰したと言う。成物でない。聖人は天地の道なので物が成就する。どれほど博厚でも悠久でなければ物を成さない。「世而後仁」と言い、「三年有成」とか、七年、五年と言うのが不手際な様だが、至極なことは手間が掛かる。麦なども去年蒔いて今漸く穂が出る。医の上にも一年薬服させることがある。聖人の道は手早には行かない。一超直入如来の心になると言うのは早道である。それはない。つまりは天へ当たりがなければ貴ばれない。それで三十三章皆天の字を冠ったのがここでも知れる。
【語釈】
・世而後仁…論語子路12。「子曰、如有王者、必世而後仁」。
・三年而有成…論語子路10。「子曰、苟有用我者、朞月而已可也。三年有成」。

註。悠久則悠遠兼内外而言之。根が知た人でなければ註されぬこと。上と合はぬ故、是は文字の誤ても有ふかと言べきこと。道理の根を知た人の註なれば、子思の生きて居たも同前のことなり。此の仕舞に子思か悠久と書かへられたか、是れかもと悠遠と一つ心なり。そんなら悠遠てよいはつ。なせ書かへたと云に、爰か善いくめんて兼内外なり。是も新しく云でなく、上て久常於中也と云。因て内外と云て悠遠よりは両持になる。中庸にここ斗りてなく、このやふなふり合の処かある。扨爰へ當ることてはないか、上手に使ふを云ふなら、天命章中和と云て、二章目から中庸と云ふ。章句中庸之中實に兼中和之義と云。爰もあの意なり。さて本以悠遠からは悠久の訳けを云なり。又上に不息則久と云、悠遠則博厚と云。そこて子思ここて悠久と書て両持にしたもの。久常於中から成物の外に及ふを兼内外とし、本以悠遠致高厚而高厚又悠久なり。驗のあるか誠。めつらしくないものなり。冬は寒く夏は暑く、いつも同ことなり。五倫の間、悠遠の形なり。それをしてつつくか高厚になる。其れをふりかへって見た処か又悠久なり。偖一つ云ことあり。垩人そふ有るまいことて合ぬことなれとも、分限者て譬ふ。久敷仕末して一番ぶげんになる。それが分限になった処か又やっはり仕末して居る。きり々々の至德ゆへ餘のものになるかと思ふに、依舊不息則久しのもとの誠の面なり。博厚高明と誉て、又ととは悠遠のつつく処、悠久なり。舜歴山にて父母へ弟へ出た不息の誠。天下を有ち海内の人を化成なさるるもやっはり兼内外て悠久なり。此言垩人與天地同用。與天地同用てとこの関所も此號帯て通る。外のことては面白ない。天地と似子はならぬ。仏者のは気耻敷の涅盤に蚯蚓けら迠來たか猫は来ぬと云。それなら猫も來かよい。聞た処がとどいやなことなり。子思は地は載せ天は覆と云。いつも息むと云ことない。垩人天地のからくりと同ことなり。天地流行の通り、垩人は天の子なり。子が親に似るなり。親に似けば子でない。垩人は天下同腹中ゆへ天の通りのはたらきする。博厚悠遠なり。
【解説】
「悠久、卽悠遠。兼内外而言之也。本以悠遠致高厚。而高厚又悠久也。此言聖人與天地同用」の説明。悠久は悠遠と一つ心である。それなら何故悠遠と書き替えたのかと言うと、ここが善い工面で兼内外である。験のあるのが誠で、それは珍しくないもの。五倫の間が悠遠の姿である。それをし続けると高厚になる。それを振り返って見た処がまた悠久である。聖人は天地の絡繰と同じ。天地流行の通りで、聖人は天の子である。聖人は天下同腹中なので天の通りの働きをする。博厚悠遠である。
【通釈】
註。「悠久、卽悠遠。兼内外而言之」。根を知った人でなければ註することはできない。上と合わないので、これは文字の誤りでも有ろうかと言べきものだが、道理の根を知った人の註であれば、子思が生きていても同前のこと。ここの仕舞に子思が悠久と書き替えられたが、これが元悠遠と一つ心である。それなら悠遠でよい筈なのに、何故書き替えたのかと言うと、ここが善い工面で兼内外である。これも新しく言ったものではなく、上で「久、常於中也」と言う。そこで内外と言って悠遠よりは両持ちになる。中庸にはここばかりではなく、この様な振り合いの処がある。さてここへ当たることではないが、上手に使うことを言うのなら、天命章では中和と言って、二章目から中庸と言う。章句に「中庸之中、實兼中和之義」と言う。ここもあの意である。さて「本以悠遠」からは悠久の訳を言う。また上に「不息則久」と言い、「悠遠則博厚」と言う。そこで子思がここで悠久と書いて両持ちにしたもの。久常於中から成物の外に及ぶのを兼内外とし、「本以悠遠致高厚。而高厚又悠久也」である。験のあるのが誠。珍しくないものである。冬は寒く夏は暑く、何時も同じこと。五倫の間が悠遠の姿である。それをし続けると高厚になる。それを振り返って見た処がまた悠久である。さて一つ言うことがある。聖人はそうでは有るまいことで合わないことなのだが、分限者で譬える。久しく始末して一番の分限になる。それが分限になった処がまたやはり始末している。ぎりぎりの至徳なので余の者になるかと思えば、旧に依りて不息則久の元の誠の面である。博厚高明と誉めて、またつまりは悠遠の続く処、悠久である。舜の歴山で父母へ弟へ出た不息の誠。天下を有ち海内の人を化成なされるのもやはり兼内外で悠久である。「此言聖人與天地同用」。與天地同用で何処の関所もこの號帯で通る。外のことでは面白くない。天地と似なければならない。仏者のは気恥ずかしくも涅盤に蚯蚓螻蛄まで来たが猫は来ないと言う。それなら猫も来るのがよい。聞いた処がつまりは嫌なこと。子思は地は載せ天は覆うと言う。何時も息むということはない。聖人は天地の絡繰と同じ。天地流行の通りで、聖人は天の子である。子が親に似る。親に似なければ子ではない。聖人は天下同腹中なので天の通りの働きをする。博厚悠遠である。
【語釈】
・中庸之中實に兼中和之義…中庸章句2集註。「然中庸之中、實兼中和之義」。
・舜歴山にて父母へ弟へ出た不息の誠…書經虞書大禹謨。「帝初于歷山往于田、日號泣于旻天于父母。負罪引慝、祗載見瞽瞍、夔夔齋慄、瞽亦允若」。

博厚配地高明配天。上の載の覆のと云は天地の用を云、爰は直き付に天地のなりを云。上とやはり同ことで指塲が違ふ。直付に天地のなりを云とはたらきを云の違なり。配天はへったりと天と一つか配なり。女房を配と云も、夫と一つ同格になるものなり。博厚の地へべったり、高明の天へべったりなり。前は所以載物也所以覆物と云て所以て理屈を云て聞かせ、ここはべったりと配天地と云。ここらは道理の至極はかりてなく、言やう迠か面白い。有德者必有言也なり。悠久は無疆ととめたは天地か疆りないもの。その如く垩人もかきりないものなり。無疆ゆへ顔子喟然嘆曰なり。藝者は師を皆習って仕舞たと云。顔子かすりはらい迠追かけてみても無疆故欲從是而無由なり。巨燵もうるさいもの。今ては打こはしてすてたいものなれとも無疆ゆへ又仕舞■■く。昨夜蚊屋も出したか、蚊もうるさけれとも又入りて來た。寒暑かきりないことなり。三千子が習って仕舞たでない。垩人天と同しくかきりない。そう疆りないと云ても果かないゆへ邵子が十二万九千六百年、と。小気な人か最ふ最ふ何年になりますと云。それか孫の代曾孫の代て其れぎりで涙流すことでない。又それより始りて十二万九千六百年なり。異端は筭用づめであぶながる。巾着の金はつきる。某かやふな閏月のない身帯はあぶない。天地はなくなるかと思と又始まる。根理而生者洪然として無なり。列子杞人憂天。々かつまれてをけやふかと云。それはすてて烟草のむかよい。御目出度御代万々年かそれなり。異端手前を騷いて無常迅速と云。なるほと此方はあふない。某嘗曰、釆女原の見せ物先の方は御代り々々々なり。こちの死かかきりあるて向から又出來る。垩人の道その通り。掘拔の井いくら汲ても無疆。天と同し。此言垩人與天地同体。々を同するは直に天、直に地と、直に造化なり。同体同用を直方の、垩人は天と一つことてなせ体か同の用か同のと分けると云が、是は親に心か似たの顔か似たのと云訳けとなり。譬喩十分親切。心ゆきか親に似たと云か有て、凡人は律義な親にとふらくな息子もあり、垩人は体も用もとちも同ことなり。垩人のことは天て片付たなり。
【解説】
「博厚配地。高明配天。悠久無疆。此言聖人與天地同體」の説明。「博厚所以載物也。高明所以覆物也」は天地の用を言い、ここは天地の姿を言ったもの。「悠久無疆」とあるのは、天地は疆りないものであり、その様に聖人も疆りないものだからである。天地はなくなるかと思うとまた始まる。
【通釈】
「博厚配地。高明配天」。上の載や覆というのは天地の用を言い、ここは直付けに天地の姿を言う。上とやはり同じことだが指す場が違う。直付けに天地の姿を言うのと働きを言うのとの違いである。配天は、べったりと天と一つなのが配である。女房を配と言うのも、夫と一つ同格になるものだからである。博厚の地へべったり、高明の天へべったりである。前は「所以載物也」「所以覆物也」と言って「所以」で理屈を言って聞かせ、ここはべったりと配天地と言う。ここらは道理の至極ばかりではなく、言い様までが面白い。「有德者必有言也」である。「悠久無疆」と止めたのは天地は疆りないもので、その様に聖人も疆りないものだからである。無疆なので「顏淵喟然歎曰」である。芸者は師を皆習って仕舞ったと言う。顔子は摺はらいまで追い掛けて見ても無疆なので「欲從之、末由也已」である。炬燵も煩いもの。今では打ち壊して捨てたいものなのだが無疆なのでまた仕舞って置く。昨夜蚊屋も出したが、蚊も煩いがまた入って来た。寒暑は疆りないこと。三千子が習って仕舞ったということではない。聖人は天と同じく疆りない。その様に疆りないと言っては果てがないので邵子が十二万九千六百年と言った。小気な人がもう何年になりますと言う。それで孫の代曾孫の代でそれ切りだと涙を流すことではない。またそれから始まって十二万九千六百年である。異端は算用詰めで危ながる。巾着の金は尽きる。私の様な閏月のない身代は危ない。天地はなくなるかと思うとまた始まる。「根理而生者洪然無」である。列子に「杞人憂天」とある。天が積まれて置けるだろうかと言う。それは放って置いて烟草を呑むがよい。御目出度き御代万々年がそれ。異端は手前を騷いで無常迅速と言う。なるほどこの方は危ない。私が嘗て曰った、釆女原の見世物先の方は御代わり御代わりである。こちらの死が疆りあるので向こうからまた出来る。聖人の道もその通り。掘り抜きの井戸はいくら汲んでも無疆。天と同じ。「此言聖人與天地同體」。体を同じくするのは、直に天、直に地と、直に造化である。同体同用を直方が、聖人は天と一つことで何故体が同とか用が同とかと分けるのかと言うが、これは親に心が似ているとか顔が似ているとかという訳だと言った。譬喩十分親切。心行きが親に似ているということが有って、凡人は律儀な親に道楽な息子もあるが、聖人は体も用もどちらも同じこと。聖人のことは天ということで片付いた。
【語釈】
・有德者必有言也…近思録爲学57の語。
・顔子喟然嘆曰…論語子罕10。「顏淵喟然歎曰、仰之彌高、鑽之彌堅。瞻之在前、忽焉在後。夫子循循然善誘人。博我以文、約我以禮。欲罷不能、旣竭吾才。如有所立卓爾。雖欲從之、末由也已」。
根理而生者洪然として無廢
・列子杞人憂天…列子天瑞。「杞國有人憂天地崩墜」。

如此者不見而章云云。如此の語意、子思ののり出して云。誠のかたまりより悠久無疆と云て置て、此のやふなものはと高声に云なり。直方せくこともないにと云へり。つまり垩人を自慢すること。凡人はうぬかことを云なり。如此は一ち自慢すへきことなり。彼の椀屋か椀をたたいて看せて、是かとふ割れるものしゃと椀の自慢する間へ、芳野紙をあてて置ながら石へ投てもかけぬと云。如此者はなり。是に意味含んたことなり。文七か水瓶を買ふとき、瓶やか此のかめへとふ鍬かたつものと云ひし、と。如此者。鍫も立たぬ。至極なものは乘って話すものなり。不見而章。示さすとも知れるものなれとも、結句此方無ことは示したかる。至極は不見して章はる。是に可笑いことあり。迂斉の弟子堀江九平次は庄内と同格て律義ものなり。初旅のをり原よし原の邊で土井矦か九平次見たかと云しを、何でござりますと云ゆへ、又殿か冨士をみたかと云へは、九平次あれでござりますかと指をさしたと聞く。なんぼ初旅でも冨士は見ずして章なことに、あちではひそかに比於我老彭と言へとも、こちては誰ても感す。至此邦也必聞其政儀封人も御目にかかりに來る。垩人の方で示しはせぬが来る。東金は暖簾をみて下駄屋とあれは文七と知る。示せは明かなものなり。
【解説】
「如此者、不見而章、不動而變、無爲而成。見、音現。○見、猶示也。不見而章、以配地而言也。不動而變、以配天而言也。無爲而成、以無疆而言也」の説明。「如此」は、高声で自慢して言う時の語。「不見而章」は、示さなくても知れるということで、富士や孔子である。
【通釈】
「如此者、不見而章云云」。如此の語意は、子思が乗り出して言ったもの。誠の塊より悠久無疆と言って置いて、この様なものはと高声に言う。直方が急くこともないのにと言った。つまりは聖人を自慢すること。凡人は自分のことを言う。如此は一番自慢すべきこと。彼の椀屋が椀を叩いて看せて、これがどうして割れるものかと椀の自慢する間に、芳野紙を当てて置きながら石へ投げても欠けないと言う。それが如此者はである。ここに意味を含んだこと。文七が水瓶を買った時に、瓶屋がこの瓶にどうして鍬が立つものかと言ったそうだ。如此者で、鍬も立たない。至極なものは乗って話すもの。「不見而章」。示さなくても知れるものだが、結句こちらに無いことは示したがる。至極は見[しめ]さずして章れる。ここに可笑しいことがある。迂斎の弟子の堀江九平次は庄内と同格で律儀者である。初旅の折に原、吉原の辺りで土井侯が九平次見たかと言ったのを、何でござりますと言うので、また殿が富士を見たかと言えば、九平次があれでござりますかと指を指したと聞く。どれほどの初旅でも富士は見ずして章らかなことであって、あちらでは「竊比於我老彭」と言っても、こちらでは誰もが感じる。「至是邦也、必聞其政」で、儀封人も御目に掛かりに来る。聖人の方では示しはしないが来る。東金では暖簾を見て下駄屋とあれば文七だと知れる。示せば明らかなもの。
【語釈】
・文七…高宮文七。東金市押堀の人。
・庄内…鈴木養察。莊内と称す。成東町姫島の人。安永8年(1779)12月25日没。年85。
・ひそかに比於我老彭…論語述而1。「子曰、述而不作、信而好古、竊比於我老彭」。
・至此邦也必聞其政…論語學而10。「子禽問於子貢曰、夫子至於是邦也、必聞其政。求之與、抑與之與」。
・儀封人も御目にかかりに來る…論語八佾24。「儀封人請見。曰、君子之至於斯也、吾未嘗不得見也。從者見之。出曰、二三子何患於喪乎。天下之無道也久矣。天將以夫子爲木鐸」。

大い故不見而章なり。唯我獨尊は釈迦を外から云たであらふが贔屓の引たをしなり。こちから天上天下とささすとも、こちにあれは章はれる。あれもあとからはやらせることゆへそうと見へる。垩人にないことなり。垩人は五節句の礼、正月人と同じく雜煮食。かわったことなし。手跡などもそれ。まきらかしても合点せぬ。そんえん親王誰が見てもよい。章はるる。不動而変。人へ及ふ上のこと。気をもまず出來る。只今こんたん異見云ても眞らす。垩人の德は虞芮の君なり。文王の方ては知らぬが都へ來ると兄弟中よくなる。今小作人の爭、名主へあつけても動かぬ。孔子束帯して魯君を相けると侵地をかへす。此方より帰せと云と軍さなり。此も垩人の妙になるとそふなり。無爲而成。骨折れぬことなり。無爲而治者其舜かなり。魚鱗霍翼てはなく、只南面なり。上手得分、今の人南面した斗りてはやくにたたぬ。是を至誠の德をちゃふ々々々へ説く。註。不見而章以配地而言之。地はしめさすとも見はるる。松の下へこれ松なりと書に及ばぬ。石は石とみへる。無爲而成以無疆而言なり。道理の上で見べし。帳面くるでない。貞觀政要で政事の吟味もよいが、無疆と云は其様な知惠でない。今公儀でも才知を用ること、こと知りと云ことてない。我才あるは内からわく。所謂掘ぬきの水なり。造化が先例を考てするでない。人は八十八夜と暦なり。天地は太極て出來る。誠かする。垩人も其通りをして行く。明医は書にない病を療治すべし。無爲而成ゆへ無疆なり。
【解説】
こちらに誠があれば章れる。聖人に変わったことはない。聖人が人に及ぶのは、気を揉まずに出来る。骨は折れない。貞観政要で政事の吟味をするのもよいが、無疆はその様な知恵ではない。天地は太極で出来る。誠がする。聖人もその通りをして行く。
【通釈】
大きいので「不見而章」である。唯我独尊は釈迦を外から言ったことだろうが贔屓の引倒しである。こちらから天上天下と指さなくても、こちらにあれば章れる。あれも後から流行らせたことなのでその様に見える。それは聖人にはないこと。聖人は五節句の礼で、正月には人と同じく雑煮を食う。変わったことはない。手跡などもそれ。まぎらかしても合点しない。尊円親王は誰が見てもよい。章れる。「不動而變」。人へ及ぶ上のこと。気を揉まずに出来る。只今懇嘆異見を言っても真でない。聖人の徳は虞芮の君である。文王の方では知らないが、都へ来ると兄弟仲がよくなる。今小作人の争いは名主へ預けても動かない。孔子が束帯して魯君を相けると侵地を返す。こちらから帰せと言うと戦になる。ここも聖人の妙になればそうなる。「無爲而成」。骨の折れないこと。「無爲而治者、其舜也與」である。魚鱗鶴翼ではなく、ただ南面である。上手の得分であって、今の人が南面したばかりでは役に立たない。ここは至誠の徳を重畳に説く。註。「不見而章、以配地而言也」。地は示さなくても章れる。松の下へこれ松なりと書くには及ばない。石は石と見える。「無爲而成、以無疆而言也」。道理の上で見なさい。帳面を繰るのではない。貞観政要で政事の吟味をするのもよいが、無疆はその様な知恵ではない。今公儀でも才知を用いるのは、事知りということではない。自分の才があるのは内から湧く。所謂掘抜きの水である。造化は先例を考えてするのではない。人は八十八夜と暦である。天地は太極で出来る。誠がする。聖人もその通りをして行く。名医は書にない病を療治するだろう。無爲而成なので無疆である。
【語釈】
・そんえん親王…尊円親王。伏見天皇の皇子。名は守彦。青蓮院門主・天台座主となる。1298~1356。
・虞芮の君…小學稽古33に話がある。
・孔子束帯して魯君を相けると侵地をかへす…論語序說。「十年辛丑、相定公、會齊侯于夾谷。齊人歸魯侵地」。
・無爲而治者其舜…論語衛靈公4。「子曰、無爲而治者、其舜也與。夫何爲哉。恭己正南面而已矣」。

天地之道可一言而盡なり。是からはふりか替る。程門そこを知らぬゆへ誤りあり。子思の思召か垩人の相客には天地かよいゆへ此まて垩人のことに天地を出して云て、是からは垩人なしと天計り云。或問更端と云てあり。其れを知らぬゆへ諸説繁雜なり。さま々々をくくって之道と云。迂斉説やふが上手なり。是をきゃふさん思って居れと云へり。鯛でも料理やふがわるくてはよくない。ここを無極而太極と云やふに理屈云ふて居てはこともぎゃふさんと云こと。何かぎゃふさんなれは、造化と云は勿論大風大雷皆天地のすること。其れ程大きな道ぞと言ふて置て、それを一口で言ふて聞せ、一口で片つけやふなり。尽と云は一句て落付けるなり。其為物不貳則其生物不測。其為物は、天地と云ものはなり。天地もくるめてあしらふときは為物なり。三宅先生天地も一物しゃと云へり。そふ云には及ぬ。三宅は理をあてて云たことなり。ここは手もなく天地と云ものはなり。指す辞なり。然るに物と云へは小さくなるやふなれともそふでない。心も為物と云。大小のことに非ず。不貳は專らな一なことなり。火は火、水でなし。天地皆そうなり。皆かたついたものなり。人間はそふない。万物之霊で一ち暦々なれとも、よい日悪い日がありて一ち療治がしにくい。天地にまじりはない。火てない火、水てない水はない。不貳なり。人ばかりはなにか合点まいらぬふるまいをするは誠でないからなり。そこを貳と云。其生物不測。誠ゆへだん々々出る。産な誠の生きものゆへ、いくらても生物なり。それかいつ息ふでない。人は死子どもあとからは生し々々なり。
【解説】
「天地之道、可一言而盡也。其爲物不貳、則其生物不測」の説明。ここからは天ばかりを言う。「爲物」を、三宅先生が天地も一物だと言ったが、その様に言うには及ばない。三宅は理を当てて言ったもの。ここは手もなく天地というものはということ。天地は皆片付いたものだが、人間は一番療治がし難い。
【通釈】
「天地之道、可一言而盡也」。これからは振りが替わる。程門はそこを知らないので誤りがある。子思の思し召しで聖人の相客には天地がよいのでここまで聖人のことに天地を出して言って、これからは聖人なしと天ばかりで言う。或問に更端と言ってある。それを知らないので諸説繁雑となる。様々なものを括って「之道」と言う。迂斎の説き様が上手である。ここを仰山に思っておれと言った。鯛でも料理の仕方が悪くてはよくない。ここを無極而太極という様に理屈を言っていては事も仰山ということ。何が仰山なのかと言うと、造化というのは勿論、大風や大雷も皆天地のすること。それほど大きな道だと言って置いて、それを一口で言って聞かせ、一口で片付けようとするのである。「盡」は一句で落ち着けるもの。「其爲物不貳、則其生物不測」。「其爲物」は、天地というものはということ。天地もくるめてあしらう時は「爲物」である。三宅先生が天地も一物だと言ったが、その様に言うには及ばない。三宅は理を当てて言ったもの。ここは手もなく天地というものはということで、指す辞である。ここで物と言えば小さくなる様だがそうではない。心も為物と言う。大小のことではない。「不貳」は専らで一なこと。火は火で、水ではない。天地は皆そうである。皆片付いたものである。しかし、人間はそうではない。万物之霊で一番の歴々なのだが、よい日悪い日があって一番療治がし難い。天地に雑じりはない。火でない火、水でない水はない。不貳である。人ばかりが何か合点しない振舞いをするのは誠でないからである。そこを貳と言う。「其生物不測」。誠なので段々と出る。産な誠の生き物なので、いくらでも物を生じる。それは何時か息むだろうということではない。人は死んでも後からは後からはと生じる。
【語釈】
・或問更端と云てあり…大學或問。「但以欲致其詳、故所言已足而復更端以廣其意」。

註。此以下復以天地云云。其上へ復なり。下塗りへ最ふ一へんぬり、下染へまた染るなり。天地と一つじゃと云。それてよいに子思か復以天地明至誠無息功用也。是は全く天地斗りて云。始の至誠無息は垩人の持前。ここは天地のもちまいと云ふ。公料私料の如し。この段御代宦かかりなり。是を取やふあり。天地を以て垩人の至誠無息を明すと見るはわるい。だたい天地至誠無息なものなり。此章もと至誠無息は垩人の道具にとられてしまふた。隠居所方にもあることなり。さて又ここの用、体用の用と見るとわるい。博厚載地高明は覆物。下の段、配天配地、あそこは体用で云ことなれとも、ここはそふでなく、ここは体は云はず体はすててをくことなり。前の鬼神爲德其盛矣乎を功用と云と同し。天地を以。天地の方の至誠無息を語ると云ことなり。明の字天地の下にありてもくるしからず。不過言誠而已。誠て云ぬいて仕舞なり。誠を迂斉調子の違ぬことと云。毎日東から日が出て西へ入る。相違ないが誠なり。奉公人も誠ない故請状が入る。固と誠ばかりのこと。誠ないと云はあとからのことなり。そこで天地の天地たるは誠ですむ。
【解説】
「此以下、復以天地明至誠無息之功用。天地之道、可一言而盡。不過曰誠而已」の説明。始めの至誠無息は聖人の持ち前を言い、ここは天地の持ち前を言う。そもそも天地は至誠無息なものであり、ここを天地を以て聖人の至誠無息を明かすと見るのは悪い。
【通釈】
註。「此以下、復以天地云云」。その上に復である。下塗りにもう一遍塗り、下染めにまた染めるのである。天地と一つだと言う。それでよいのに子思が「復以天地明至誠無息之功用」である。ここは全く天地ばかりで言う。始めの至誠無息は聖人の持ち前。ここは天地の持ち前と言う。公料と私料の様なもの。この段は御大官の掛りである。ここに取り様がある。天地を以て聖人の至誠無息を明かすと見るのは悪い。そもそも天地は至誠無息なもの。この章もと至誠無息は聖人の道具に取られて仕舞った。隠居所方にもあること。さてまたここの用は体用の用と見ると悪い。「博厚所以載物也。高明所以覆物也」の下の段の「配天配地」は体用で言うが、ここはそうではなくて、ここは体は言わずに体は捨てて置く。前の「鬼神之爲德、其盛矣乎」を功用と言うのと同じ。「以天地」とは、天地の方の至誠無息を語るということ。明の字が天地の下にあっても問題はない。「不過曰誠而已」。誠で言い抜いて仕舞う。迂斎は誠を調子の違わないことだと言った。毎日東から日が出て西へ入る。相違ないのが誠である。奉公人も誠がないので請状が要る。本来は誠ばかりであって、誠がないというのは後からのこと。そこで天地の天地たるは誠で済む。
【語釈】
・鬼神爲德其盛矣乎…中庸章句16。「子曰、鬼神之爲德、其盛矣乎」。

この段本文に誠の字ないゆへ朱子章句に誠ときめる。子思も云はぬに出しゃばると曰ふが、其爲物不貳がすぐに誠なり。一ちなり故に神なりを當て看よと石原先生云へり。然し一故神のこと、皆の衆早速知れぬこと。あれ斗り吟味することなり。石原ここにて云へりと覚へて居ると、なんぞの時の手がかりになる。天地のなりでずっとまいるが不貳なり。直方の香車と云へり。これは本大学誠意の章て云か主なり。盤が千里あれば千里行なり。誠は天地億万年、香車のやふにつきぬけておる。有莫知其所以然者。根の見へぬことを語たものなり。目はどふして見る。耳はどふして聞く。誠は目に見へ耳に聞へぬ。費隱の隱のことなり。目に見へぬゆへ異端が出てくる。本來面目渾沌未分でさはき、誠を云はず、あちの工面のよいやふに云。あれは道の影子を見ると云。異端に誠がと云に、あちにはない。此方は有物有則なり。有則が所以然なり。物之多は先きで入用。
【解説】
「不貳、所以誠也。誠故不息、而生物之多、有莫知其所以然者」の説明。「其爲物不貳」が直ぐに誠である。天地の通りにずっと参るのが不貳であり、それを直方は香車だと言った。
【通釈】
この段は本文に誠の字がないので朱子章句で誠と決める。子思も言わなかったのに出しゃばったことだと言うだろうが、「其爲物不貳」が直ぐに誠である。「一故神」を当てて看なさいと石原先生が言った。しかし一故神のことは、皆の衆の早速に知れないこと。あればかりを吟味すること。石原がここで言ったと覚えていると、何かの時の手掛かりになる。天地の通りにずっと参るのが不貳である。直方が香車だと言った。これは本大学誠意の章で言うのが主である。盤が千里あれば千里行く。誠は天地億万年、香車の様に突き抜けている。「有莫知其所以然者」。根の見えないことを語ったたもの。目はどうして見る。耳はどうして聞く。誠は目に見えず耳に聞こえない。費隠の隠のこと。目に見えないので異端が出て来る。本来の面目渾沌未分で騒ぎ、誠を言わず、あちらの工面のよい様に言う。あれは道の影子を見ると言う。異端に誠があるかと言うに、あちらにはない。こちらは有物有則である。有則が「所以然」である。「物之多」は先で入用。
【語釈】
・一ちなり故に神なり…近思録道體49。「一故神。譬之人身、四體皆一物。故觸之而無不覺。不待心使至此而後覺也。此所謂感而遂通、不行而至、不疾而速也」。
・有物有則…詩經大雅烝民。「天生烝民、有物有則。民之秉彝、好是懿德。天監有周、昭假于下、保茲天子、生仲山甫」。

天地之道博なり厚なり云云。又ここて天地之道と云。ここも博厚高明悠久がある。旧と垩人へ出した献立なり。それを天地へも出す。ここで垩も天も一つことと云を合点すべし。婚礼のとき出家がくると別に精進料理をこしらへると云。ここは天がござったゆへ子思が同じ料理をふるまったなり。一字づつに也々とある。博と云に此上ない博なり。厚に此上ない厚也と一つ々々に語る。たたい天か博厚高明、是より外に高も明もない。この上なし。日本が小国といへどもいくら有るか知れぬ。それより唐の天竺のと云迠はなるほど博なり。掘ぬきいくら掘ても尽ぬ。厚きなり。冨士が比叡山廿ほどと云ても天へは遥かなこと。高也。穴藏も引窓も明るいやふにさしこむ。明也。上の博厚高明悠久は天地を云はずに垩人を云へども、ここは天地ばかり引ぬいて云。何万年つつくか無疆なり。さてだん々々註して誠へをとす。是が章句なり。子思か也々と句を切て云が、朱子誠一不貳と云て一くるめにして誠ゆへにそふじゃと云。註。故各能極其盛而有下文生物之功。博也厚也高也云云の一字つつのことなり。各々なり。天をそこへをいて云。金閣寺一枚板が博と云ても自慢はならぬ。極其盛也有下文生物之功はこれほどのことゆへそれが出来る。
【解説】
「天地之道、博也、厚也、高也、明也、悠也、久也。言天地之道、誠一不貳。故能各極盛、而有下文生物之功」の説明。天は博厚高明で、これより外に高も明もなく、この上ないもの。ここで朱子が「誠一不貳」と言って一くるめにして、誠なのでそうだと言う。
【通釈】
「天地之道、博也、厚也云云」。またここで天地之道と言う。ここにも博厚高明悠久がある。元々聖人へ出した献立である。それを天地へも出す。ここで聖人も天も一つ事ということを合点しなさい。婚礼の時に出家が来ると別に精進料理を拵えると言う。ここは天が来られたので子思が同じ料理を振舞ったのである。一字ずつに也々とある。博というにこの上ない博、厚というにこの上ない厚だと一つ一つに語る。そもそも天は博厚高明で、これより外に高も明もない。この上なし。日本は小国だと言ってもいくら有るか知れない。それより唐や天竺ということになるとなるほど博である。掘り抜きはいくら掘って尽きない。厚である。富士は比叡山の二十倍ほどだと言っても天へは遥かなこと。高である。穴蔵も引窓から明るい様に差し込む。明である。上の博厚高明悠久は天地を言わずに聖人を言ったものだが、ここは天地ばかりを引き抜いて言う。何万年続くか無疆である。さて段々と註をして誠へ落とす。これが章句である。子思が也々と句を切って言ったが、朱子は「誠一不貳」と言って一くるめにして、誠なのでそうだと言う。註。「故能各極盛、而有下文生物之功」。これは博也厚也高也云云の一字ずつのこと。各々である。天をそこへ置いて言う。金閣寺の一枚板が博と言っても自慢はならない。「極盛、而有下文生物之功」は、これほどのことなのでそれが出来るということ。

今夫斯昭々之夛。今は子思の直きに人をさとす口上なり。惻隱の章、今人乍の今なり。それ見やれなり。天は仰て大きな物と云ことを先つ子思が面白く云へり。荘子が明文といへとも、ここらの文で見れば中々のことなり。昭々之夛。これも言やふ上手なり。大いものゆへ始めを少く云たものなり。戸の節穴よりさしこむ明りの其したたかのじゃと云へり。そなたの引窓をあけるとちっと明るいが、其れをひろげて全体を云と日月星辰繫焉なり。日月も地の大きなほどに違はぬと云に、それがめぐって又東へくる。今夫地一撮土之多云云。上の趣向で曰はしゃったもの。一とつかみの土と云こと。其土と云も地のわれたもの。廣けると日本も天竺も皆載せている。蕐山も日本では冨士と同し。希代なもので、九十九里の海漏ったことなし。ついに海の不調法なし。水がどこへかにげたでない。一切地が載せている。小より語り出して大を見せる。迂斎、尻はりに云となり。今夫山一巻石之多。一ち大きなものゆへ又山水でかたる。辻番などに山の気で並べてあるもの。あのこふじたなり。草木生之。江戸など度々火事あり。去年京都もやけたと云。それで材木が尽るかと云に、相塲の高くなる位のことは有ふが跡から木がいくらも生る。迂斎曰、気のせまい人が門枩で木がなくならふと苦労すると云ふが、山のしいれ仕込がすさまじい。熊の虎の宝のと皆山の本がありて出來る。
【解説】
「今夫天、斯昭昭之多。及其無窮也、日月星辰繫焉、萬物覆焉。今夫地、一撮土之多。及其廣厚、載華嶽而不重、振河海而不洩、萬物載焉。今夫山、一卷石之多。及其廣大、草木生之、禽獸居之、寶藏興焉」の説明。大きいものだと言うために、小さなものから言う。大きなものなので、天地山水で言う。
【通釈】
「今夫天、斯昭昭之多」。「今」は、子思の直に人を諭す口上である。惻隠の章の「今人乍」の今である。それ見ろである。天は仰いで大きな物だということを先ず子思が面白く言った。荘子を明文と言うが、ここらの文で見れば中々のこと。「昭昭之多」。これも言い様が上手である。大きいものなので始めを小さく言ったもの。戸の節穴より差し込む明かりの、その強かなことだと言った。そちらの引窓を開けると一寸明るいが、それを広げて全体を言えば「日月星辰繫焉」である。日月も地の大きなほどに違わないというのに、それが巡ってまた東へ来る。「今夫地、一撮土之多云云」。上の趣向で言われたもの。一掴みの土ということ。その土というのも地の破れたもので、広げると日本も天竺も皆載せている。華嶽も日本では富士と同じ。希代なもので、九十九里の海が漏ったことなし。遂に海の不調法なし。水が何処へか逃げたのではない。一切地が載せている。小より語り出して大を見せる。迂斎が、尻張りに言うと言った。「今夫山、一卷石之多」。一番大きなものなので、また山水で語る。辻番などに山の気で並べてあるもの。あの高じたもの。「草木生之」。江戸などに度々火事がある。去年京都も焼けたと言う。それで材木が尽きるかと言えば、相場が高くなる位のことは有ろうが、後から木がいくらでも生える。迂斎が気の狭い人が門松で木がなくなるだろうと苦労すると言うが、山の仕入れ仕込みは凄まじい。熊や虎や宝などは皆山の本があって出来る。
【語釈】
・今人乍…孟子公孫丑章句上6。「所以謂人皆有不忍人之心者、今人乍見孺子將入於井、皆有怵惕惻隱之心」。

一勺之多。手をくぼめてすくふほどの水なり。少の数になる。一合一勺の勺なり。及其不測は彼の九十九里なり。扨惣体の語立で見べし。細かを云ときは、目たかや鮒のすばしりのとこまかを馳走して云ことあり。ここはぎゃふさんが趣向ゆへ黿鼉蛟龍なり。貨財殖焉。珊瑚眞珠を初として貨財は海からなり。斎の国の冨饒と云も水でなり。鯨で七里うかむ。そこが殖焉なり。子思の語るは何からなれば、死物では出來ぬなれば山川もせきふさぎ。誠の道が行はれるゆへ黿鼉蛟龍生なり。迂斎、人形にはない。長持へ入れてをいてもふえぬと云へり。人のこしらへたは死物。雛など曽祖母の八十年前のがある。其娘が五人ありと云。娘は生ものゆへそれからふえる。雛は殖たことなし。そこて迂斎、阴阳のすることとなり。其れも手代のすること。彼の誠の本からなり。子思が垩人で言つめ、ここで天地ではかり云ても、かの誠のことなり。廣大と云が子思のさきをれが云通り一言で尽る。艸木黿鼉蛟龍皆誠で出來ると誠へかける。誠でないと虎も海、鯨も山ではやくにたたぬ。皆誠のこと。かの色々の大きなものの出きると云も此誠のはたらきなり。
【解説】
「今夫水、一勺之多。及其不測、黿・鼉・蛟・龍・魚・鼈生焉、貨財殖焉」の説明。珊瑚や真珠を始めとして貨財は海からのもの。死物ではものは出来ない。誠の道が行われるので「黿鼉蛟龍魚鼈生焉」である。
【通釈】
「一勺之多」。手を窪めて掬うほどの水であり、少しの数になる。一合一勺の勺である。「及其不測」は彼の九十九里である。さて総体の語立てで見なさい。細かを言う時は、めだかや鮒やすばしりと、細かを馳走して言うことがあるが、ここは仰山が趣向なので黿鼉蛟龍である。「貨財殖焉」。珊瑚や真珠を始めとして貨財は海からである。斉の国の富饒も水からである。鯨が七里浮かぶ。そこが殖焉である。子思が語るのは何からかと言うと、死物では出来ないから、それでは山川も席塞ぎ。誠の道が行われるので「黿鼉蛟龍魚鼈生焉」である。迂斎が、人形にはない。長持へ入れて置いても増えないと言った。人の拵えたのは死物。雛などは曾祖母の八十年前のものがある。その娘が五人あると言う。娘は生き物なのでそれから増える。雛などは殖えたことなし。そこで迂斎が、陰陽のすることだと言った。それも手代のすること。彼の誠の本からである。子思が聖人で言い詰め、ここで天地でばかりを言っても、彼の誠のこと。広大というのが子思が先に言った通りで「一言而盡」である。草木黿鼉蛟龍は皆誠で出来ると誠へ掛ける。誠でないと、虎も海、鯨も山では役に立たない。皆誠のこと。彼の色々な大きなものの出来るというのもこの誠の働きである。

註。指其一処而言。引まどは天地の外でなし。一撮土もそれ。及其無究は十二章と同じ。盖挙全体而言也は潮鼻の先までくる。大潮の時は別してなり。手前へまいったは小いけれとも、全体なれば唐までつづく。十二章がよく合なり。振は収なり。大海などは地の外でありそふなものなれども、やはり天地の内なり。煙草盆の内の火入がそれなり。煙草盆火入を収たなり。あれと同し。鳩部屋の仕切り、將棊盤の目か區なり。然天地山川云云。所埒のついたは疑ないこと。然るに程門ほどになりても惣体此章を見違へるゆへ云ふ。朱は手前の方にはいらぬことなれども、章句は万々年の後に合点させる為ゆへ念入れたことなり。朱子が念いれずに後世誤ると、孔子や子思迠間違になる。之多、及其と云が、是がひろがりて段々積累でない。碁を打に地取りの餘けいに出來たでない。天地山川一度にずっと出來たものなり。
【解説】
「夫、音扶。華・藏、竝去聲。卷、平聲。勺、市若反。○昭昭、猶耿耿。小明也。此指其一處而言之。及其無窮、猶十二章及其至也之意。蓋舉全體而言也。振、收也。卷、區也。此四條、皆以發明由其不貳不息以致盛大而能生物之意。然天地山川、實非由積累而後大。讀者不以辭害意可也」の説明。章句は万々年の後に合点させるものなので、朱子が念を入れた。後世が誤ると、孔子や子思までが間違いになる。天地山川は積累によって大きくなったのではなく、一度にずっと出来たものである。
【通釈】
註。「指其一處而言之」。引窓は天地の外ではない。一撮土もそれ。「及其無窮」は十二章と同じ。「蓋舉全體而言也」は潮が鼻の先まで来ること。大潮の時は別してである。こちらに参ったのは小さいけれども、全体は唐まで続く。十二章がよく合う。「振、收也」。大海などは地の外でありそうなものなのだが、やはり天地の内である。煙草盆の内の火入れがそれ。煙草盆に火入れを収めたのである。あれと同じ。鳩部屋の仕切り、将棋盤の目が「區」である。「然天地山川云云」。埒がついたのは疑いのないこと。そこを程門ほどになっても総体この章を見違えるのでこの様に言う。朱子は自分の方には要らないことなのだが、章句は万々年の後に合点させる為なので念を入れたのである。朱子が念を入れずに後世誤ると、孔子や子思までが間違いになる。之多、及其というのが、ここが広がって段々に積累するのではない。碁を打つに地取りが余計に出来たのではない。天地山川は一度にずっと出来たもの。

詩曰維天之命。ここの説やふ大ふ面白いことなり。垩人を語り出して一はいに馳走し、こちらで天地を一はいに馳走し、仕舞にさっと唐紙を開て天と垩人を一度に説く。言に云へぬことなり。天と垩人か一坐咄しになる。天のめぐるなり。命はすぐに道理のことなり。天では命と語り、物では理とかたる。公方様で御金、我方で金と云。然し天で命、人で理と云へども、とど同ことなり。於穆不已。春は春になるはづでなる。いつも不没束なし。寒往き暑來る。昼夜こんたんやむことなし。飛脚は休む。直方、金のわらじでも天には追付れぬと云へり。夜が明ると又普暮れる。いつも々々々やまぬ。盖曰天之所以為天。天のやまぬ処か天て有ふなり。天は外の処でない。やまぬ所が天なりと云。酒は酒の醉ふ処か酒なり。於乎不顕文王之德之純。ここが一坐で語る処なり。文王の德はあらはれまいかや、顕はれる。十分にないものはいかほどあらはれたがっても顕れぬ。引札天下一と云ても人がかまわぬ。善ければだまって居ても顕はるる。文王けば々々しいことなし。雜りなきゆへなり。文と云謚の有難いは外でなく、純が文王の文たる所なり。凡人は出來不出來あり。酒を本とへ買にやると云も水のわりが入らぬ。今日の人はわりを入たなり。見事や面白いことや親切らしいも水が雜りてはやくにたたぬ。文王と云の難有はまじりない処のことなり。純亦不已。其の純も已まぬなり。是が思いよらず至誠へとまってまいたりた。只やまぬでない。雜りないゆへなり。朱子の虚假と云たが聞へた。尤のことなり。巧言令色は假なり。こしらへもの。純は有のままなり。きせの切羽ささべり程の上べ計りなり。無垢なことは此方にかけがないゆへ已まぬ。病は五臟に虚がある。風寒暑濕も虚から入なり。睫あるべき所ゆへ邪魔にならぬが、其半分でも塵が入ると見ることならぬ。已むなり。鼻もあるべき所ゆへよいが、罌子ほどの物でも外から入ると邪魔になること。雜りあると鼻をかむ。扨天も垩人も純なり。此本文を読でみるに誠と云字はなけれとも、よくよむと皆中は誠なり。
【解説】
「詩云、維天之命、於穆不已、蓋曰天之所以爲天也。於乎不顯、文王之德之純、蓋曰文王之所以爲文也。純亦不已」の説明。命は直ぐに道理のこと。天では命と語り、物では理と語る。天の已まない処が天である。文王の文たる所は純である。雑じりがないから已まない。
【通釈】
「詩云、維天之命」。ここの説き様が大分面白い。聖人を語り出して一杯に馳走し、こちらで天地を一杯に馳走し、仕舞にさっと唐紙を開いて天と聖人とを一度に説く。それは言うに言えないことである。天と聖人が一坐話になる。天が巡る。命は直ぐに道理のこと。天では命と語り、物では理と語る。公方様で御金、こちらでは金と言う。しかし天で命、人で理とは言うが、つまりは同じこと。「於穆不已」。春は春になる筈でなる。何時も覚束ないことはない。寒が往き暑が来る。昼夜昏旦已むことなし。飛脚は休む。直方が、金の草鞋でも天には追い付けないと言った。夜が明けるとまた普く暮れる。何時も何時も已まない。「蓋曰天之所以爲天也」。天の已まない処が天で有ろう。天は外の処ではない。已まない所が天だと言う。酒は酒の酔う処が酒である。「於乎不顯、文王之德之純」。ここが一坐で語る処。文王の徳は顕れないだろうか、顕れる。十分にないものはどれほど顕れたがっても顕れない。引札に天下一とあっても人が構わない。善ければ黙っていても顕れる。文王にけばけばしいことはない。それは雑じりないからである。文という謚の有難いのは他でもなく、純が文王の文たる所である。凡人には出来不出来がある。酒を本へ買いに遣るというのも水の割が入らないから。今日の人は割を入れたのである。見事や面白いことや親切らしいことも水が雑じっては役に立たない。文王と言うことの有難いのは雑じりのない処のこと。「純亦不已」。その純も已まない。これが思いも寄らず至誠へ止まって参到った。ただ已まないからではない。雑じりがないからである。朱子が「虛假」と言ったのがよくわかる。それは尤もなこと。巧言令色は假である。拵えものである。純は有りの儘である。きせの切羽は笹縁ほどの上辺ばかりである。無垢なことはこちらに欠けがないので已まない。病は五臟に虚があるから。風寒暑湿も虚から入る。睫もある所なので邪魔にはならないが、その半分でも塵が入ると見ることができない。已む。鼻もあるべき所なのでよいが、罌子ほどの物でも外から入ると邪魔になる。雑じりがあると鼻をかむ。さて天も聖人も純である。この本文を読で見ると誠という字はないが、よく読むと皆中は誠である。
【語釈】
・巧言令色…論語學而3。「子曰、巧言令色、鮮矣仁」。陽貨17にもある。
きせの切羽

註。於歎辞。於と見子ば道体を見たでない。暦をくるはぞふさもないこと。此於乎処はあんはいあるなり。景気を見てもそれなり。枩嶌やこじまいかにと人とはば何と答へん言の葉もなし。於乎の処なり。景色も此方の心へ照りあわ子ばすめぬ。於乎が涙の出るほどでなければすめたでない。穆深遠なり。真の黒ぬり御召の黒の羽二重けば々々しくない。そんえん親王人の見事と言はれては面白くないと云。猶言豈不顕。一生文王埋れたことなし。かくしてもかくされぬ。引此以明至誠無息之意。至誠ゆへ息まぬ。文王の德もとやむが已まぬから言たことでなし。然れどもこれと丁どあって居る。其純が不已じゃは、と。程子曰天道不已文王純於天道亦不已。天道の方が本かたなり。至敎無加損なり。道理丸でいんすなり。いつもかはらぬ。迂斎大学を引て言へり。爲人君止於仁、為人子止於孝天王垩明、皆そこが純なり。牡丹も髪の毛ほど赤いすじかあっても白牡丹とは云はれぬ。純でない。武兵衛は合点せぬ。垩人其白牡丹なり。
【解説】
「於、音烏。乎、音呼。○詩、周頌維天之命篇。於、歎辭。穆、深遠也。不顯、猶言豈不顯也。純、純一不雜也。引此以明至誠無息之意。程子曰、天道不已。文王純於天道、亦不已」の説明。道理は丸で印子であって、何時も変わらない。牡丹も髪の毛ほどの赤い筋があっても白牡丹とは言えない。純ではない。
【通釈】
註。「於、歎辭」。於と見なければ道体を見たことにはならない。暦を繰るのは造作もないこと。この「於乎」の処には按排がある。景色を見てもそれ。松島や小島如何にと人問わば何と答えん言の葉もなし。これが於乎の処である。景色もこちらの心へ照り合わなければ済めない。於乎が、涙の出るほどでなければ済んだのではない。「穆、深遠也」。真の黒塗り御召しの黒の羽二重はけばけばしくない。尊円親王は人に見事と言われては面白くないと言う。「猶言豈不顯也」。一生文王に埋もれたことはない。隠しても隠せない。「引此以明至誠無息之意」。至誠なので息まない。文王の徳も本来已むべきことが已まないから言ったことではない。しかしながら、これと丁度合っている。その純が不已だと言う。「程子曰、天道不已。文王純於天道、亦不已」。天道の方が本方である。「至於敎、我無加損焉」である。道理は丸で印子である。何時も変わらない。迂斎が大学を引いて言った。「爲人君止於仁、爲人子止於孝」、と。「天王聖明」で、皆そこが純である。牡丹も髪の毛ほどの赤い筋があっても白牡丹とは言えない。純ではない。武兵衛は合点しない。聖人はその白牡丹である。
【語釈】
・至敎無加損…近思録道體21。「自天命以至於敎、我無加損焉」。
・爲人君止於仁、為人子止於孝…大學傳3。「詩云、穆穆文王、於緝熙敬止。爲人君、止於仁、爲人臣、止於敬、爲人子、止於孝、爲人父、止於慈、與國人交、止於信」。
・天王垩明…文王拘幽操。「嗚呼臣罪当誅兮、天王聖明」。
・武兵衛…安井武兵衛 成東の人。天明4年(1784)11月15日没。年76。

純則無二無雜云云。無二はどこもかも一面を云。冬の寒何處と云ことなく、天子より庻民まで月のさすは二はないそ。雜りないゆへ不已なり。某今朝も思ふに、ものが雜るとかける。後藤左一が何もかも積と云もきこへた。越中冨山で病気を御とどこりと云も尤なり。流行せぬ。時斗も附木が一寸と這入る、有るまじきものが雜ると打たぬ。肴の骨歯へたつととげだけに滞る。そこで不已則無間断先後なり。言ぶんなく人の道中ずか々々ゆき、きれめないゆへ間断先後なし。首の段の註に自無間断とあり、ここに程子は間断先後と云。必竟間段から先後が出來る。二人同しやふに並んで道中するに、草鞋の緒がとけると二人連立て行けとも一人は緒を結ふ内に向な人は先きへ行くなり。そこて滞ると先後が出來る。間断なけれは先後はない。無間断が吾黨の大切なり。先軰も云はぬが某などは江戸から引こんで後、ここから発明した。予説日録の内に散在す。又予絅翁物説を翁書中の最上とするもここに帰することなり。
【解説】
「純則無二無雜。不已則無閒斷先後」の説明。雑じりがないので不已である。間断から先後が出来る。滞ると先後が出来るのである。
【通釈】
「純則無二無雜云云」。無二は何処も彼処も一面を言う。冬の寒いのは何処ということなく、天子より庶民まで月の差すのに二はない。雑じりがないので不已である。私が今朝も思うに、ものが雑じると欠ける。後藤左一が何も彼も積むと言ったのもよくわかる。越中富山で病気を御滞りと言うのも尤もである。流行しない。時計も附木が一寸這い入れば、有るまじきものが雑じると打たない。肴の骨が歯へ立つと棘だけに滞る。そこで「不已則無閒斷先後」である。言い分なく、人の道中ずかずか行き、切れ目がないので間断先後無し。始めの段の註に「自無閒斷」とあり、ここに程子は「閒斷先後」と言う。畢竟間断から先後が出来る。二人同じ様に並んで道中をするに、草鞋の緒が解けると二人連れ立って行っても一人が緒を結ぶ内に向こうの人は先へ行く。そこで滞ると先後が出来る。間断がなければ先後はない。無間断が我が党の大切である。先輩も言わないが、私などは江戸から引っ込んで後、ここから発明した。予の説、日録の内に散在す。又予が絅翁の物説を翁書中の最上とするのもここに帰すること、と。

異端は間断なり。此方は間断ないゆへ先後ない。こちからすききらいがあると穴があく。病人いやなり。其れから看病もうき々々はづみのあるが無間断なり。曽点間断ない。餘の衆は、三子者。やがてと云。そこが間断。點は、わしがやふな浪人ものは九十九里、と。川上歎も是が學者へ脩行で云た様なれども是道体なりとあり。鼻の先きを道体とみると女房が産もうるさくない。仏はそれがいやで本來と云。そこが間断なり。柳はみどり、本来の面目を持てくるは可笑ひ。なぜに女房を掃だめへ入るぞ。垩人それはない。道が遠くをさがすことでなく、眼前なり。啼ぬ鳥と云より鳴く鳥のことなり。大道すたれて仁義と云て渾沌未分を貴ぶ。因て虚無をたっとぶ。虚無でない処をはなんでもないとみれば、はや礼は忠信の薄きと見て、無爲自然とあれは穴があく。虚無と寂滅は先後を見るゆへ間断ができてくる。此方は間断ない道ゆへ工夫も間断がない。皆五倫の足本とよくする。今日の足本とが垩人の大切。それゆへ功夫が同じことにゆく。どの章でも異端へあてるが、この章の間断先後で云が端的なり。雨ふらばふれとなぐる。其なぐるが直に間断なり。垩人の学問、松嶌を見るに千住からが面白ひことなり。異端は松嶌を見やふとて其間は目を塞で行く。もっと云へば其間をとんでゆく。空理はそふなり。行遠は自近は知らぬ。其知らぬ処が最ふ知見の間断なり。此方は行遠自近。足本からする。仏は近くの婚礼をすてて目出度を目出度と知らぬ。
【解説】
好き嫌いがあると穴が開く。曾點には間断がない。川上の歎も道体のことであり、鼻の先を道体と見れば女房の産も煩くない。間断のない道なので工夫も間断がない。「行遠必自邇」で、近くから工夫をする。
【通釈】
異端は間断である。こちらは間断がないので先後もない。こちらに好き嫌いがあると穴が開く。病人は嫌なもの。それが看病も浮き浮きと弾みのあるのが無間断である。曾點は間断がない。他の衆は、三子者。やがてと言う。そこが間断である。點は、私の様な浪人者は九十九里だと言う。川上の歎もこれが学者に修行のことで言った様だが、「此道體也」とある。鼻の先を道体と見ると女房の産も煩くない。仏はそれが嫌で本来と言う。そこが間断である。柳は緑、本来の面目を持って来るのは可笑しい。何故女房を掃き溜めに入れるのか。聖人にそれはない。道は遠くを探すことではなくて眼前のこと。啼かぬ鳥と言うより鳴く鳥のこと。大道廃れて仁義有りと言って渾沌未分を貴ぶ。そこで虚無を貴ぶ。虚無でない処は何でもないと見れば、早くも礼は忠信の薄きと見、無爲自然とあれば穴が開く。虚無と寂滅は先後を見るので間断が出来て来る。こちらは間断のない道なので工夫も間断がない。皆五倫の足下をよくする。今日の足下が聖人の大切。それで功夫が同じことに行く。どの章でも異端へ当てるが、この章の間断先後で言うのが端的である。雨降らば降れとなぐる。そのなぐるのが直に間断である。聖人の学問は、松島を見るのに千住からするのが面白いこと。異端は松島を見ようとして、その間は目を塞いで行く。もっと言えばその間を飛んで行く。空理はそんなもの。遠くに行くのは近きよりすることを知らない。その知らない処がもう知見の間断である。こちらは「行遠必自邇」。足下からする。仏は近くの婚礼を捨てて目出度いを目出度いと知らない。
【語釈】
・三子者…論語先進25の話で、子路・冉有・公西華を指す。
・川上歎…論語子罕16。「子在川上曰、逝者如斯夫。不舍晝夜」。集註に「程子曰、此道體也。」とある。
・大道すたれて仁義…老子道經俗薄18。「大道廢有仁義。智惠出有大僞。六親不和有孝慈。國家昏亂有忠臣」。
・礼は忠信の薄き…老子德經論德38。「夫禮者忠信之薄而亂之首」。
・行遠は自近…中庸章句15。「君子之道、辟如行遠必自邇。辟如登高必自卑」。

仏老は見処が虚無寂滅ゆへ功夫も無為絶無なり。直方の、老はないやふにする。仏はなきものにする、と。よくみぬいた云分なり。されとも仏老はうした知見なれとも、世界にたしかにあるもの。あれはさしつかへるゆへそのあるものをばほんのものでないと筭用に入らず、渾沌未分本來空を道とし、此から父子兄弟までくさったものをみるやふにする。されども父子有兄弟ありて根たをしにすることならぬは實理なり。其實理に目がなく、ものなしつくに未分の一元気、本來の面目のとほんそうふする。即今眼前のぬけ。これを間断と云。すわ間断すれは生れぬさきの未來のと先後が出來る。大道と仁義と先後の見違あるなり。動靜無端隂陽無始を知らす、別に一と処あるもののやふに思ふ。皆間断先後といふもの。有物有則と云は理の懸空でなきを見ることなり。去るに因て学もその物に就て理を究むるなり。この処垩学異端の弁なり。なんでならふと一つ塲が出來るとはや間断先後ぞ。朱子の千万年不離此物とはそこを云たもの。現在はなの先を道とみること。物は道のかたまりたものじゃに、因て父子と云物に父子の親と云則がありて、ここかたっふりとした道なり。ここを道てないと思ふ。はや父子をなぐるなれば、父子の親に穴があく。穴があく。はや虚假間断が出來る。明日をあてにする。はや今日に穴かあく。この穴くるしからす。雨降らはふれ、風吹はふけなり。しからば一大事はどこにあるぞ。そこにかあるなれば足元がぬける。百里先へ心をとめると今日とあと先がつく。これを先後と云。垩人の道は端なく始なし。今今そろりが太閤へ、上檨と一日ちがふ我身かな。昨日はすぎぬ、明日は知られず。此曽点の学なり。此処鳶飛魚躍。文公家礼はこれを礼にしたものなり。易學啓蒙はこれを数にしたものなり。
【解説】
直方が、老は無い様にする。仏は無きものにすると言った。しかしながら、父子も有り兄弟も有って、根倒しにすることができないのは実理である。その実理に目がなく、もの無しとして未分の一元気、本来の面目と奔走するのは眼前の抜けであり、これを間断と言う。間断があれば先後が出来る。こちらは有物有則で、物は道の固まったものだから、物に就いて理を究める。聖人の道は端無く始め無し。
【通釈】
仏老は見処が虚無寂滅なので功夫も無為絶無である。直方が、老は無い様にする。仏は無きものにすると言った。よく見抜いた言い分である。仏老はこうした知見なのだが、世界には確かにあるもの。あれば差し支えるのでそのあるものを本当のものではないと算用に入れず、渾沌未分本来空を道として、ここから父子兄弟までを腐ったものを見る様にする。しかしながら、父子も有り兄弟も有って、根倒しにすることができないのは実理である。その実理に目がなく、もの無しとして未分の一元気、本来の面目と奔走する。即ち今眼前の抜けである。これを間断と言う。すわ間断すれば生まれぬ先や未来と、先後が出来る。大道と仁義と先後の見違えがある。「動靜無端陰陽無始」を知らず、別に一処あるものの様に思う。それは皆間断先後というもの。有物有則は理の懸空でないことを見ること。去るに因って学もその物に就いて理を究めるのである。この処は聖学異端の弁である。何であっても一つ場が出来ると早くも間断先後である。朱子が千万年不離此物と言ったのはそこを言ったもの。現在の鼻の先を道と見ること。物は道の固まったもので、そこで父子という物に父子の親という則があって、ここがたっぷりとした道である。ここを道でないと思い、早くも父子をなぐるのであれば、父子の親に穴が開く。穴が開けば早くも虚假間断が出来る。明日を当てにすれば、早くも今日に穴が開く。この穴苦しからず。雨降らば降れ、風吹かばは吹けと言うが、それなら一大事は何処にあるのか。そこにあるのであれば足下が抜ける。百里先へ心を留めると今日と後先がつく。これを先後と言う。聖人の道は端無く始め無し。曾呂利新左衛門が太閤へ、上様と一日違う我が身かな。昨日は過ぎぬ、明日は知られず、と。これが曾點の学である。この処が「鳶飛魚躍」。文公家礼はこれを礼にしたもの。易学啓蒙はこれを数にしたもの。
【語釈】
・動靜無端隂陽無始…近思録道體16。「動静無端、陰陽無始。非知道者、孰能識之」。
・千万年不離此物…朱子語類1。「只是都有此理。天地生物千萬年、古今只不離許多物」。
・今今そろり…曾呂利新左衛門。豊臣秀吉の御伽衆。本名、杉本甚右衛門。また坂内宗拾とも。堺の人。
・鳶飛魚躍…中庸章句12。「詩云、鳶飛戾天、魚躍于淵。言其上下察也」。