己酉一六中庸筆記二十
卒章  五月朔日  先生批  芲澤
【語釈】
・己酉…寛政1年(1789)年。
・芲澤文…林潛齋。初め花澤文二と称す。名は秀直。東金市堀上の人。丸亀藩儒臣。文化14年(1817)5月6日没。年68。


中庸章句第三十三章
詩曰、衣錦尙絅。惡其文之著也。故君子之道、闇然而日章。小人之道、的然而日亡。君子之道、淡而不厭、簡而文、溫而理。知遠之近、知風之自、知微之顯、可與入德矣。衣、去聲。絅、口迥反。惡、去聲。闇、於感反。○前章言聖人之德、極其盛矣。此復自下學立心之始言之、而下文又推之以至其極也。詩、國風衛碩人、鄭之丰、皆作衣錦褧衣。褧、絅同。襌衣也。尙、加也。古之學者爲己。故其立心如此。尙絅。故闇然。衣錦。故有日章之實。淡・簡・溫、絅之襲於外也。不厭而文且理焉、錦之美在中也。小人反是、則暴於外而無實以繼之。是以的然而日亡也。遠之近、見於彼者由於此也。風之自、著乎外者本乎内也。微之顯、有諸内者形諸外也。有爲己之心、而又知此三者、則知所謹而可入德矣。故下文引詩言謹獨之事。
【読み】
詩に曰く、錦を衣て絅を尙[くわ]う、と。其の文の著[あらわ]なるを惡んでなり。故に君子の道は、闇然として日々に章[あき]らかなり。小人の道は、的然として日々に亡ぶ。君子の道は、淡くして厭わず、簡[おろそ]かにして文[あや]あり、溫[おだ]やかにして理[おちおち]あり。遠きが近きを知り、風の自[よ]ることを知り、微の顯なることを知って、與に德に入る可し。衣は去聲。絅は口迥の反。惡は去聲。闇は於感の反。○前章は聖人の德を言うこと、其の盛んなるを極む。此は復下學心を立つるの始めより之を言って、下文も又之を推して以て其の極に至るなり。詩は、國風衛碩人、鄭の丰[ぼう]に、皆錦を衣て褧衣[けいい]すに作る。褧は絅と同じ。襌衣なり。尙は加うるなり。古の學は己が爲にす。故に其の心を立つること此の如し。絅を尙うる。故に闇然たり。錦を衣る。故に日々に章らかなるの實有り。淡・簡・溫は、絅の外に襲[かさ]ぬるなり。厭わずして文且理とは、錦の美中に在るなり。小人是に反すれば、則ち外に暴[あら]われて實以て之に繼ぐこと無し。是を以て的然として日々に亡ぶ。遠きが近きとは、彼に見るる者此に由るなり。風の自るとは、外に著るる者内に本づくなり。微の顯なるとは、諸を内に有つ者諸を外に形すなり。己が爲にするの心有りて、而して又此の三つの者を知れば、則ち謹む所を知りて德に入る可し。故に下文詩を引いて獨りを謹むの事を言う。

詩云、潛雖伏矣、亦孔之昭。故君子内省不疚、無惡於志。君子之所不可及者、其唯人之所不見乎。惡、去聲。○詩、小雅正月之篇。承上文言、莫見乎隱、莫顯乎微也。疚、病也。無惡於志、猶言無愧於心。此君子謹獨之事也。
【読み】
詩に云く、潛[ひそ]まれるは伏[かく]れたりと雖も、亦孔[はなは]だ之れ昭らけし、と。故に君子は内に省みて疚[やま]しからずして、志に惡むこと無からしむ。君子の及ぶ可からざる所の者は、其れ唯人の見ざる所か。惡は去聲。○詩は小雅正月の篇。上文を承けて、隱れたるよりも見れたるは莫く、微しきよりも顯らかなるは莫きことを言う。疚は病むなり。志に惡むこと無からしむとは、猶心に愧ずること無しと言うがごとし。此れ君子獨りを謹むの事なり。

詩云、相在爾室。尙不愧于屋漏。故君子不動而敬、不言而信。相、去聲。○詩、大雅抑之篇。相、視也。屋漏、室西北隅也。承上文又言、君子之戒謹恐懼、無時不然。不待言動而後敬信、則其爲己之功益加密矣。故下文引詩幷言其效。
【読み】
詩に云く、爾の室に在るを相[み]る。屋漏にも愧じざらんことを尙[こいねが]え、と。故に君子は動かざれども敬み、言わざれども信[まこと]あり。相は去聲。○詩は大雅抑の篇。相は視るなり。屋漏は、室の西北の隅なり。上文を承けて又、君子の戒謹恐懼は、時として然らざること無きことを言う。言動を待って而して後に敬信するにあらざれば、則ち其の己が爲にするの功益々密を加う。故に下文詩を引いて幷せて其の效を言う。

詩曰、奏假無言、時靡有爭。是故君子不賞而民勸。不怒而民威於鈇鉞。假、格同。鈇、音夫。○詩、商頌烈祖之篇。奏、進也。承上文而遂及其效。言進而感格於神明之際、極其誠敬、無有言說而人自化之也。威、畏也。鈇、莝斫刀也。鉞、斧也。
【読み】
詩に曰く、奏[すす]み假[いた]して言うこと無し、時に爭い有ること靡[な]し、と。是の故に君子は賞せざれども而も民勸[つと]む。怒らざれども而も民鈇鉞[ふえつ]よりも威[おそ]る。假は格と同じ。鈇は音夫。○詩は商頌烈祖の篇。奏は進むなり。上文を承けて遂に其の效に及ぶ。言うこころは、進んで神明に感格するの際、其の誠敬を極め、言說有ること無くして人自ら之に化す、と。威は畏るなり。鈇は莝斫[ざしゃく]刀なり。鉞は斧なり。

詩曰、不顯惟德、百辟其刑之。是故君子篤恭而天下平。詩、周頌烈文之篇。不顯、說見二十六章。此借引以爲幽深玄遠之意。承上文言天子有不顯之德、而諸侯法之、則其德愈深而效愈遠矣。篤、厚也。篤恭、言不顯其敬也。篤恭而天下平、乃聖人至德淵微、自然之應、中庸之極功也。
【読み】
詩に曰く、顯れざる惟れ德あり、百辟其れ刑[のっと]る、と。是の故に君子は篤恭して天下平かなり。詩は周頌烈文の篇。顯れざるは、說は二十六章に見ゆ。此れ借り引いて以て幽深玄遠の意と爲す。上文を承けて、天子不顯の德有りて、諸侯之に法れば、則ち其の德愈々深くして效愈々遠しと言う。篤は厚なり。篤恭は、言うこころは、其の敬を顯さず、と。篤恭して天下平かとは、乃ち聖人の至德淵微にして、自然の應、中庸の極功なり。

詩云、予懷明德。不大聲以色。子曰、聲色之於以化民、末也。詩曰、德輶如毛。毛猶有倫。上天之載、無聲無臭、至矣。輶、由・酉二音。○詩、大雅皇矣之篇。引之以明上文所謂不顯之德者、正以其不大聲與色也。又引孔子之言以爲、聲色乃化民之末務。今但言不大之而已、則猶有聲色者存、是未足以形容不顯之妙。不若烝民之詩所言德輶如毛、則庶乎可以形容矣。而又自以爲、謂之毛、則猶有可比者、是亦未盡其妙。不若文王之詩所言上天之事無聲無臭、然後乃爲不顯之至耳。蓋聲臭有氣無形、在物最爲微妙。而猶曰無之。故惟此可以形容不顯篤恭之妙。非此德之外、又別有是三等、然後爲至也。
【読み】
詩に云く、予明德を懷[おも]う。聲と色とを大いにせず、と。子曰く、聲色の以て民を化するに於るは、末なり、と。詩に曰く、德の輶[かろ]いこと毛の如し。毛は猶倫[たぐい]有り。上天の載[こと]は、聲も無く臭も無しというは、至れり。輶は由・酉の二音。○詩は大雅皇矣の篇。之を引いて以て上文謂う所の不顯の德は、正に以て其の聲と色とを大いにせざることを明かす。又孔子の言を引いて以爲らく、聲色は乃ち民を化するの末務なり。今但之を大いにせずと言うのみなるは、則ち猶聲色なる者有りて存し、是れ未だ以て不顯の妙を形容するに足らず。烝民の詩に言う所の德の輶いこと毛の如しは、則ち以て形容す可きに庶きに若かず。而して又自ら以爲らく、之を毛と謂えば、則ち猶比する可き者有りて、是も亦未だ其の妙を盡くさず。文王の詩に言う所の上天の事は聲も無く臭も無しにして、然して後に乃ち不顯の至りと爲すに若かざるのみ。蓋し聲臭は氣有りて形無く、物に在りて最も微妙爲り。而して猶之を無しと曰う。故に惟此のみ以て不顯篤恭の妙を形容す可し。此の德の外、又別に是の三等有りて、然して後に至るとするに非ざるなり。

右第三十三章。子思因前章極致之言、反求其本、復自下學爲己謹獨之事、推而言之、以馴致乎篤恭而天下平之盛、又贊其妙、至於無聲無臭而後已焉。蓋舉一篇之要而約言之、其反復丁寧示人之意、至深切矣。學者其可不盡心乎。
【読み】
右第三十三章。子思前章極致の言に因って、反って其の本を求め、復下學己が爲にし獨りを謹む事より、推して之を言って、以て篤恭して天下平かなるの盛んなるに馴致し、又其の妙を贊して、聲も無く臭も無きに至って而して後に已んぬ。蓋し一篇の要を舉げて約して之を言う、其の反復丁寧にして人に示すの意、至って深切なり。學者其れ心を盡くさざる可けんや。


三十章より同二章迠天道の至極を説つめり。上の題下に至此無加矣とあり、この上なしにつまった。上段々のことは、此の覺悟でなければ至られぬと、至りやふを示す。其れをみて逃る学者が出來て是は及はれぬと云。又最ふ一つ高ぞれるかあり。この二か大病なり。尻りこみが上ずりか。かなわぬと云てにけるも心得違て、高ぞれるもどちも害あり。そこの用心のこと。にぐるも高ぞれるも実地からみがくと示す。實学なり。憂道学之失其傳なり。其憂か爰らにもある。只今高それると云か高それられぬものなり。高それは程門なぞのことそ。朱子漳州に在しとき、或人踰等のことて云。朱子、高それる人なら敬服せんと云はれき。今日の師高それると云て患るか、それは直方や永田養奄を聞てのことなり。中庸を合点せぬもの、とふして高それることならふ。道あるくにとこにか木犀があると香をかぎ知るは、足もとか軽くなる。それは香をかいたゆへなり。今日の人木犀をかきつけぬ。浅見の云へるちと筭用違の筋なり。
【解説】
中庸を見て逃げる学者と高逸れる学者がいるが、この二つが大病である。高逸れると言っても、それは中々出来ないもので、高逸れは程門などのこと。
【通釈】
三十章より三十二章までは天道の至極を説き詰めたもの。上の題下に「至此而無以加矣」とあり、この上なしに詰まった。上段々のことは、この覚悟でなければ至ることはできないと、至り様を示す。それを見て逃げる学者が出来て、これは及ばれないと言う。またもう一つ高逸れる者がいる。この二つが大病である。尻込みか上擦りかである。叶わないと言って逃げるのも心得違いで、高逸れるのもどちらも害がある。そこの用心のこと。逃げるのも高逸れるのも悪く、実地から磨くと示す。実学である。「憂道學之失其傳」である。その憂えがここらにもある。只今高逸れると言うのが高逸れられないもの。高逸れは程門などのこと。朱子が漳州にいた時、或る人が踰等のことで言うと、朱子が高逸れる人なら敬服せんと言われた。今日の師が高逸れると言って患えるが、それは直方や永田養庵を聞いてのこと。中庸を合点しない者がどうして高逸れることが出来よう。道を歩くに何処にか木犀があると香を嗅ぎ知ると、足下が軽くなる。それは香を嗅いだからである。今日の人は木犀を嗅ぎ付けない。浅見の言った、一寸算用違いの筋である。
【語釈】
・憂道学之失其傳…中庸章句序。「中庸何爲而作也。子思子憂道學之失其傳而作也」。
・永田養奄…永田養庵。字は在明。備後福山藩儒臣。
・浅見…淺見絅齋。

三十二章迠よく合点かゆくなれは知見か出来る。そこて高それる。そこて爰に衣錦尚絅そ。此章しっとりと説出す。とと外へつく内は我ものにならぬと、只一口て合点することなり。尚絅はさいみかたひら引はることなり。人にみせよくすへきにきつく御損と云ものなり。けば々々しいを人に見せるかいやに思ふ。悪はにくいやつの悪てない。とふもいや、気耻いなり。あまり光か気耻しいと云て尚絅なり。詩経てはなんのこともないか、学者の上てはこの通りいこう親切なり。闇然云云。一寸見てけば々々しくなく暗い底なり。初て出會ふと膽をつぶすはあまり好ましくないことなり。文王孔子は人とかわったことなれとも、御目にかかる度に章れる。ほんのことは皆こふなり。内から出るよいのか日々にみへる。これはどふしたことなれば、人の德けば々々しいことによいことなし。人の智を知藏と云も、冬の德にて何もみへることなし。人の智を知藏と云も、冬の德にて何もみへることなし。藏の字もくらいぞ。智を出すと所謂智の宿のしになったのなり。利口を人にみせたがる。ほんのでない。知は藏れてをるものなり。舜の好問は知らしくない。それを大知と云。闇然のもやふなり。内の光かたん々々出て来る。小人之道云云。闇然の裏。此方からあらはす。直方、氷を日向へ出す。仕舞は土ばかりになると云へり。小人の状外へ出しても内にない。ととがかの氷なり。又直方、寺の盛物となり。日蓮や弥陀の方へは菜を出して、人の方へ盛ものみせる。まんじうなども上はかり。下からはかいしきの杉の葉なり。あかり兠の雨り。皆小人之道誠ないゆへそれなり。
【解説】
「詩曰、衣錦尙絅。惡其文之著也。故君子之道、闇然而日章。小人之道、的然而日亡」の説明。三十二章までをよく合点すれば知見が出来て高逸れることもあるので、ここに「衣錦尙絅」を出す。けばけばしいのを人に見せるのを厭に思う。文王や孔子は御目に掛かる度に章れる。本当のことは皆こうである。内から出るよいのが日々に見える。知は蔵れているもので、人に見せようとするものではない。
【通釈】
三十二章までをよく合点が行けば知見が出来る。そこで高逸れる。そこでここに「衣錦尙絅」である。この章しっとりと説き出す。つまりは外へ付く内は自分のものにはならないと、ただ一口で合点すること。「尙絅」は貲布の帷子を引っ張ること。人に見せよくすべきことを、大層御損と言ったもの。けばけばしいのを人に見せるのを厭に思う。「惡」は悪い奴の悪ではない。どうも厭、気恥ずかしいこと。あまりに光るのが気恥ずかしいと言って尚絅である。詩経では何のこともないが、学者の上ではこの通り大層親切である。「闇然云云」。一寸見てはけばけばしくなく暗い底である。初めて出会って肝を潰すのはあまり好ましくないこと。文王や孔子は人と変わった人なのだが、御目に掛かる度に章れる。本当のことは皆こうである。内から出るよいのが日々に見える。これはどうしたことかと言うと、人の徳、けばけばしいことによいことなし。人の智を知蔵と言うのも、冬の徳で何も見えることなし。蔵の字も暗いもの。智を出すのは、所謂智の宿無しになったのである。利口を人に見せたがるのは本当ことでない。知は蔵れているものなのである。舜の「好問」は知らしくない。それを「大知」と言う。これが闇然の模様である。内の光が段々出て来る。「小人之道云云」。闇然の裏。こちらから章す。直方が氷を日向へ出すと仕舞には土ばかりになると言った。小人の様は外へ出しても内にない。つまりはあの氷である。また直方が寺の盛物だと言った。日蓮や弥陀の方へは菜を出して、人の方へ盛物を見せる。饅頭なども上ばかり。下からは掻敷の杉の葉である。上り兜に雨である。皆小人の道に誠がないからそうなる。
【語釈】
・さいみ…貲布。織目のあらい麻布。夏衣などに用いる。
・かたひら…帷子。①裏をつけない衣服。ひとえもの。暑衣。②夏に着る、生絹や麻布で仕立てた単衣。
・舜の好問…中庸章句6。「子曰、舜其大知也與。舜好問、而好察邇言、隱惡而揚善。執其兩端、用其中於民。其斯以爲舜乎」。
・かいしき…掻敷。食物を盛る器や神饌に敷く木の葉、葉付きの小枝、または紙。

○君子之道淡而不厭。上の筋なれとも、こさいに君子の道のもやふを看せる。淡はしつこくないことなり。本んてないはしつこい。君子はすらりとしたこと。礼記如水如醴なり。水は無味。あそこか淡なり。全体本んの德ゆへ人かいとはぬ。淡ゆへ厭ぬと云文義でない。淡ならば厭べきことなれとも、君子の道は淡なれといとはぬと云ことなり。膾もかんてんはのこる。菓子もはぜやこりんは淡ゆへのこる。飯は淡ぞ。うまいものではない。なれともいとはぬ。終身あかぬ。蓴菜も淡なれとも、毎日出す、食はれぬ。迂斉の家彫下り細工なり。下りは飛つくやふに見へる。家彫、さっとして赤銅に燕。ちょっとしたものか見れば見るほとよい宝になるなり。そこていとはぬ。下りは牡丹に獅子、高彫にしても段々見るとさめる。とど厭はれる。而の字、反の辞。簡而文。事すくなは見処ないもの。其中に云に云へぬ文あり。迂斉、探幽養朴が黒画となり。こちらの一寸した墨は遠山、こちらの墨は雁と簡なれとも、とくとみるほとよい文あり。温而理。皆子思知ってかたれり。温和なことは筋なきもの。婆々の孫をかわいかるは筋たたぬ。温而理。淡簡温の德を出して、皆不厭と文理とかついてあり。これ迠のことか何んても飛こへるていのことはない。本んの道ゆへこれ見ろはない。いこふ実地なり。程朱の、毎々異端は少し得ると動天驚地と云へり。ちゃう々々々しいそ。君子のは斯ふ云実地なことを三十三章目にこふとふに語れり。
【解説】
「君子之道、淡而不厭、簡而文、溫而理」の説明。「淡」はしつこくないこと。「淡而不厭」は、淡なので厭わなという文義ではない。淡であれば厭うべきだが、君子の道は淡だが厭わないということ。「而」の字は反の辞である。
【通釈】
○「君子之道、淡而不厭」。上の筋のことだが、巨細に君子の道の模様を看せる。「淡」はしつこくないこと。本当でないものはしつこい。君子はすらりとしたこと。礼記にある「如水如醴」である。水は無味。あそこが淡である。全体が本当の徳なので人が厭わない。淡なので厭わないという文義ではない。淡であれば厭うべきだが、君子の道は淡だが厭わないということ。膾も寒天は残る。菓子も爆米や氷菓子は淡なので残る。飯は淡である。美味いものではない。しかしながら厭わない。終身飽かない。蓴菜も淡だが、毎日出せば食えない。迂斎の家彫下り細工である。下りは飛び付く様に見える。家彫はさっとして赤銅に燕。一寸した者が見れば見るほどよい宝になる。そこで厭わない。下りは牡丹に獅子、高彫にしても何度か見ていると冷める。つまりは厭われる。「而」の字は反の辞。「簡而文」。事少ないのは見処のないもの。その中に言うに言えない文がある。迂斎が探幽養朴の墨画だと言った。こちらの一寸した墨は遠山、こちらの墨は雁と簡だが、じっくりと見るほどよい文がある。「溫而理」。皆子思は知っていて語ったこと。温和なことは筋のないもの。婆が孫を可愛がるのは筋が立たない。温而理である。「淡」「簡」「溫」の徳を出して、皆「不厭」と「文」「理」とが付いてある。これまでのことに何も飛び越える底のことはない。本当の道なのでこれ見ろはない。大層実地である。程朱が毎々異端は少し得ると動天驚地だと言った。重畳しい。君子のは、この様な実地なことを三十三章目に高踏に語ったもの。
【語釈】
・礼記如水如醴…禮記表記。「子曰、君子不以辭盡人。故天下有道、則行有枝葉。天下無辭有枝葉。是故君子於有喪者之側、不能賻焉、則不問其所費。於有病者之側、不能饋焉、則不問其所欲。有客不能館、則不問其所舍。故君子之接如水、小人之接如醴。君子淡以成、小人甘以壞。小雅曰、盜言孔甘。亂是用餤」。
・はぜ…糯米を炒って爆ぜさせたもの。紅白などに染め分けて、雛の節句などの菓子用にする。

知遠之近。しゃに因て大切の処。ここを合点せよと知の字三あり。今迠の了簡とかはったことを聞せる。知々か今迠の了簡をきりかへて知なり。是らは学者の大切のこと。遠は向のこと。近はこちのことなり。向のことは此方から起ると知る。天下国家大いこと。其大い天下の事は膝下の領分、領分のことは家内、家内は身、々のことは心と、遠く近くてしる。これも今迠は知皃て知らぬ。向へ手を出せとも、我方へもとらぬ。向へ目を付るは錦なり。君子は尚絅。皆ここらも尚絅のことなり。知風之自。風は風義なり。風韻風調風采。語類柳下惠伯夷か風なり。こふ云風の人なり。それか色々ありて、肩て風いつも々々々伸す。又引込むは身にあやまり有るやふにうつむく。張り出す引こむ、皆風にて、風俗は心のあらはれたものなり。そこを知ること。をれか引こむは本の謙退遜順てない、知のない故と知るなり。又をれががさ々々か公儀の法度ないか、■■がかさばる故と知る。因て今迠知皃て知らなんだが、中庸のここて気がつくことなり。
【解説】
「知遠之近、知風之自」の説明。向こうのことはこちらから起こると知る。張り出したり引っ込んだりするのは、皆風で、風俗は心の顕れたもの。
【通釈】
「知遠之近」。そこでこれが大切な処。ここを合点しなさいと「知」の字が三つある。今までの了簡と変わったことを聞かせる。この知が今までの了簡を切り替えての知である。ここらは学者にとって大切なこと。「遠」は向こうのことで、「近」はこちらのこと。向こうのことはこちらから起こると知る。天下国家は大きいこと。その大きい天下の事は膝下の領分、領分のことは家内、家内は身、身のことは心と、遠く近くで知る。これも今までは知り顔で知らなかった。向こうへ手を出しても、自分の方へ戻らない。向こうへ目を付けるのは錦である。君子は「尙絅」。皆ここらも尚絅のこと。「知風之自」。風は風義である。風韻風調風采。語類にある柳下恵や伯夷の風である。この様な風の人。それが色々とあって、肩で風で何時も何時も伸ばす。また引っ込む時は身に誤りが有る様に俯く。張り出したり引っ込んだりするのは皆風で、風俗は心の顕れたもの。そこを知ること。俺が引っ込むのは本当の謙退遜順ではなく、知のない故と知る。また俺のがさつは公儀の法度もないが、■■が嵩張る故と知る。そこで今までは知り顔で知らなかったが、中庸のここで気が付くのである。

知微之顕。微は心のことなり。顔の墨は鏡も人を知らせると直方云へり。刀の反り袴こしの曲りは人が告ける。心は人へ知れぬものなり。人の方へ知れぬ故に微とは云へとも、我心ては顕はれる。心に問はは何と答へん。師も友も頼まれぬ。此席に大勢居るが、皆の胸にとふ云こと有るか鄰にならんて居ても此方からは知れぬが、皆の方てはよく知てで有ふ。これか手前で知れ子ば六ヶしいもの。療治のならぬことなれとも、我はよく知る。因て胸の中のこと、火消も來ぬが我方て消すとも火事にするとも我了簡次第なり。そこを知ること。子思かそなた衆はそこかときく。そこに気か付たら供々に德に入られる。上に至誠の德と云は紫震殿ゆへに、入れまいと思ふてにげる者は御暇申そふと云、高それはひょいと飛こまれると思うか、此三知の了簡に切かへたら德に入られやふなり。彼の三十一章至垩之德へは此了簡から行け。やはり尚絅の意なり。この方々と内へつめる。
【解説】
「知微之顯、可與入德矣」の説明。心は人には知れないものだが、自分は知っている。心のことは自分の了簡次第である。内へ詰めるのである。
【通釈】
「知微之顯」。「微」は心のこと。顔の墨は鏡も人に知らせると直方が言った。刀の反りや袴腰の曲りは人が告げる。心は人には知れないもの。人の方へは知れないので微とは言うが、自分の心では顕れる。心に問わば何と答えん。師も友も頼めない。この席に大勢いるが、皆の胸にどういうことが有るのか隣に並んでいてもこちらからは知れないが、皆の方ではよく知っていることだろう。これが自分で知れなければ難しいもので療治はならないが、自分はよく知っている。そこで胸の中のことは、火消しも来ないが自分で消すとも火事にするとも自分の了簡次第である。そこを知ること。子思が貴方衆はそこがと聞く。そこに気が付いたら与に徳に入ることができる。上に至誠の徳というのは紫宸殿なので入ることができないと思って、逃げる者は御暇申そうと言い、高逸れはひょいと飛び込まれると思うが、この三知の了簡に切り替えたら徳に入ることができるだろう。彼の三十一章の「至聖之德」へはこの了簡から行け。やはり尚絅の意である。こちらへと内へ詰めるのである。

註。前章言垩人之德云云。この本文の德、前章の德はり合せて見べし。前章の高い処を下から見る。前章は上野の中堂なり。あの德にここから行けなり。下学が顔子より今日の学者迠なり。一夜けんぎゃう、それては垩人の道か空になる。なんでも下学からのこと。立心は上の尚絅を今日からする。飯を食すに腹に充やふはない。我は我、道は道になるもの。尚絅か立心の始なり。近思でも云たと覚ふ。立志と立心とは違ふ。志はこころの云ことにて、京へ行相談なり。立るが似たことなれども、立志は向へのこと。立心は今日からのことなり。聖人を望は志。立心はやかてを待たれぬ。學者立志て垩人に至らんとしても中々垩人にないは、志なれはその筈のことなり。立心と云は端的のことなり。尚絅と云覚悟になりても、そふ云口の下から外をかざれははや立心と云はれぬ。立心と云は今の身は垩人でなくとも内へつく処は迂詐かなければ立心と云ものそ。これ立志立心の別なり。今日から禁酒なり。外へかざるを今日から改める。來年改めるでない。今日なり。別紙被仰越候通り、如斯に此筆記を清書しても、江戸の同學にみせたくほめられたく、佐々木宇治川のやふなきたない心出る、と。よき心付にて候。即ち立心の端的の實なきにて候。山奥へ入て清書して焼すてるほどな心入としるべし。三知か心を持かへる。某が人に学問を仕直せ々々々と云かそこなり。新発田同學へたひ々々申し遣したれとも、どふした主意とも云て來らす。是迠と同く朱子学をすることなれとも、学問を仕直すか立心のことて意あることなり。身帯も仕法をかへると云ことあり。それてわるくなった身上持直すことあり。今迠のけんやくの仕方てはやくにたたぬとする。身代直すも一番やりつく合点と云もそこなり。下文又推以至其極。ここでうれしい。至極に志なくは仕方はないが、斯すれば仕舞は天道になる。この章卑くて高く、高てひくいことなり。是で學者が御暇申ふと云ことならぬ。
【解説】
「衣、去聲。絅、口迥反。惡、去聲。闇、於感反。○前章言聖人之德、極其盛矣。此復自下學立心之始言之、而下文又推之以至其極也」の説明。前章の高い処を下から見る。「下學」からするのである。立志は先のことを言い、立心は今日からのこと。聖人を望むのは志で、立心は今直ぐからのこと。外へ飾るのを今日から改め、学問を仕直すのが立心である。また、至極に志せば最後には天道になる。
【通釈】
註。「前章言聖人之德云云」。この本文の徳と前章の徳を貼り合わせて見なさい。前章の高い処を下から見る。前章は上野の中堂である。あの徳にここから行けということ。「下學」が顔子より今日の学者までのこと。一夜検校では聖人の道が空になる。何でも下学からのこと。立心は上の尚絅を今日からすること。飯を食わずに腹を充たすことはできない。我は我、道は道になるもの。尚絅が立心の始めである。近思でも言ったと覚えている。立志と立心とは違う。志はこころの言うことで、京へ行く相談である。立というのが似たことなのだが、立志は向こうへのことで、立心は今日からのこと。聖人を望むのは志。立心はやがてを待てない。学者が立志で聖人に至ろうとしても中々聖人とならないのは、志であればその筈のこと。立心とは端的のこと。尚絅という覚悟になっても、そう言う口の下から外を飾れば早くも立心とは言えない。立心とは、今の身は聖人でなくても内へ付く処は嘘がなければ立心というもの。これが立志立心の別である。今日から禁酒である。外へ飾るのを今日から改める。来年改めるのではない。今日である。別紙仰せ越され候通り、斯の如くこの筆記を清書しても、江戸の同学に見せたく誉められたく、佐々木の宇治川の様な汚い心が出る、と。よい心付にて候。即ち立心の端的の実なきにて候。山奥へ入って清書して焼き捨てるほどの心入れと知るべし。三知が心を持ち替える。私が人に学問を仕直せ仕直せと言うのがそこ。新発田の同学へ度々申し遣したが、どうした主意かとも言って来ない。これまでと同じく朱子学をすることなのだが、学問を仕直すのが立心のことで意のあること。身帯も仕法を替えるということがある。それで悪くなった身上を持ち直すこともある。今までの倹約の仕方では役に立たないとする。身代を直すのも一番鎗を突く合点と言うのもそこ。「下文又推之以至其極」。ここが嬉しい。至極に志がなければ仕方はないが、こうすれば仕舞は天道になる。この章は卑くて高く、高くて卑いこと。これで学者が御暇申そうと言うことができない。
【語釈】
・佐々木宇治川…宇治川の先陣争い。梶原景季と佐々木高綱の話。宇治川を渡るのに佐々木が梶原に遅れをとった。そこで佐々木が梶原に、馬の腹帯が緩んでいると声を掛ける。それを聞いた梶原が腹帯を確認している隙に、佐々木は先に宇治川を渡り切って敵軍への先陣を果たす。

褝衣なり。詩人役て云にあらず。偖て又これかもの好て褝衣をもふけて作ったてない。古かふしたことなり。この吟味、沈存仲物知りゆへ、あれが知たであらふ。古之学者為己故立心如此。為己か骨體。直方、為己は雨の漏をとめると云へり。なんときついかと云にあらず。咽の渇に湯なり。南京茶碗たからのむはない。立心か向て置てすることでなく、只今の魂なり。但し為己、人に近付かない。商人にはあり。皆か腹を立ぬがよい。商人は何と云はれてももうけやふと思ふ。人にかまわす。これより外に為己の親切は見へぬ。あれはきたないと云はれてもかまはぬ。慇懃に云はれたとて負けもせず、訶っても賣まいとは云はぬ。利を得るに為己なり。学者は向の云ことによる。人て了簡かはる。立心はこちの魂の立こと。尚絅故闇然云云有日章之実。闇然かすくに尚絅のことを云たものなり。京見物にゆき、蒔画のけば々々しい重にかたられる。買ふて帰る。じきにはげる。真の黒ぬりの器闇然、けば々々しく見へぬ。下り細工、うはべ斗り。直にはげる。
【解説】
「詩、國風衛碩人、鄭之丰、皆作衣錦褧衣。褧、絅同。襌衣也。尙、加也。古之學者爲己。故其立心如此。尙絅。故闇然。衣錦。故有日章之實」の説明。立心は「古之學者爲己」という様なもの。この為己は商人にあるもの。商人は利を得るのに為己である。
【通釈】
「襌衣也」。詩人役で言うのではない。さてまたこれが物好きで褝衣を設けて作ったのではない。古はこうしたこと。この吟味、沈存中は物知りなので、あれが知っていたことだろう。「古之學者爲己。故其立心如此」。為己が骨体。直方が、為己は雨の漏れを止めることだと言った。何ときついことかということではない。咽の渇きに湯である。南京茶碗だから飲むのではない。立心は向こうに置いてすることではなく、只今の魂である。但し為己は人に近付きがないものだが、商人にはある。それに皆は腹を立てる必要はない。商人は何と言われても儲けようと思う。人に構わない。これより外に為己の親切は見えない。あれは汚いと言われても構わない。慇懃に言われたとしても負けもせず、訶っても売らないとは言わない。利を得るのに為己である。学者は相手の言うことに由る。人で了簡が変わる。立心はこちらの魂の立つこと。「尚絅。故闇然。衣錦。有日章之實」。闇然が直ぐに尚絅のことを言ったもの。京見物に行き、蒔画のけばけばしい重に騙られ買って帰る。直に剥げる。真の黒塗りの器は闇然としてけばけばしくは見えない。下り細工は上辺ばかりで直に剥げる。
【語釈】
・沈存仲…沈存中。沈括。北宋の政治家・学者。1030~1094。
・古之学者為己…論語憲問25。「子曰、古之學者爲己、今之學者爲人」。

淡簡温絅之襲於外なり。つちつま合せた註。これか人か見て横手をうつことはない。さいみのかたびらが上にあり、錦はかりなれば光るものか来ると人が云。そばへよるともへ出る。錦之美在中なり。此章て仲尼不為已甚を迂斉引けり。孔子かはったことなく只の人と同し。然るに孔子の所へ行度にたん々々御德の光りがあらはれる。中の錦の出たのなり。小人反是云云。小人と云そらうがいつも出てくる。これは中か間沢山貧乏ものの、よせいすれとも皆借金なり。内証はわるい。顔の色よくて病身なり。反くにろくなことなし。何か医書に死ぬ前に面かひら々々すると云ことあり。巧言令色、外は立派て皆反くなり。直方ここで云たことてはないが、寐汗と云へり。盗汗はその度々に内か皆になる。今日の学さま々々するが皆盗汗なり。山師か轎に乘てあるけれども、女房一人内て飯を焚ている。山師はありたけのものを出す。反した処なり。
【解説】
「淡・簡・溫、絅之襲於外也。不厭而文且理焉、錦之美在中也。小人反是、則暴於外而無實以繼之。是以的然而日亡也」の説明。「錦之美在中」は孔子の様なもので、孔子に変わったことはないが、孔子の所へ行く度に段々と御徳の光が顕れる。小人はこれに反く。反くことに碌なことはない。
【通釈】
「淡・簡・溫、絅之襲於外也」。辻褄を合わせた註。これが人が見て横手を打つことではない。貲布の帷子が上にある。錦ばかりであれば光るものが来ると人が言う。側へ寄ると燃え出る。「錦之美在中也」である。この章で「仲尼不爲已甚者」を迂斎が引いた。孔子に変わったことはなく、ただの人と同じ。しかるに孔子の所へ行く度に段々と御徳の光が顕れる。それは中の錦が出たのである。「小人反是云云」。小人という粗陋が何時も出て来る。これは仲間沢山貧乏者で、余情しても皆借金である。内証は悪い。顔の色はよくて病身である。反くことに碌なことはない。何かの医書に死ぬ前に面がひらひらするということがある。巧言令色、外は立派で皆反く。直方がここで言ったことではないが、寝汗だと言った。寝汗はその度々に内が台無しになる。今日の学は様々とするが皆寝汗である。山師が轎に乗って歩くが、女房は一人で家で飯を焚いている。山師は有りっ丈のものを出す。それが反した処。
【語釈】
・横手をうつ…横手を打つ。感じ入り、または思いあたった時などに、思わず両手を打ち合わす。
・仲尼不為已甚…孟子離婁章句下10。「孟子曰、仲尼不爲已甚者」。
・よせい…余情。みえを張ること。外見を飾ること。

遠之近見於彼云云。是かいやと云はれぬ。遠いことはこちに由るもの。人の評判か違はぬ。直方先生、下手な藝者か御贔屓をと云となり。大工も下手ては雇人なし。医者が下手て御とりなしと云か可笑い。遠くの評判此方の実による。学而首章其近者可知と云。遠は花の香でない。本んのことはそうでなし。此方から起ったこと。風自著於外者云云。どふしたことでない。内のことが出る。酒飲めば顔が赤くなる。内のことが外へ出つるもの。本文にて予講釈のしかた掛引あし。更詳にすべし。微之顕有諸内者形諸外。内のことは自然と外へあらはれる。この註莫見乎隱莫顕乎微の章句と違ふ。我心中ばかりでない。これはもふ一つあの方を云ことなり。程子の蟷螂蝉のこと、ここによし。琴に殺伐の音あり。この時腹立たでもなく、又歒討ふてもない。なぜになれば、かまきりと食ひ合ふを見つつ琴を弾したゆへ、心かそれへうつるて音に発したものなり。それて吾心は我知るなれとも、最ふ一足て人へも知れる。盗人が盗まぬ々々々と云へとも、顔てあらはれる。有為己之心而云云。尚絅の全体をすぶに云。又知其三者。これは別段に知字を云。直方の、初の段は為己之心を知ること。功夫は子思が先きて云となり。詩曰以下なり。知所謹。こふと云所を先つ知って置なり。知るを先きへ云こと。心法の效はこれから先きのこと。どらほどいそがしくても、まつ知ると云字を先きへたて子はならぬ。大学の次第は中庸てもはすれぬ筈のことなり。
【解説】
「遠之近、見於彼者由於此也。風之自、著乎外者本乎内也。微之顯、有諸内者形諸外也。有爲己之心、而又知此三者、則知所謹而可入德矣。故下文引詩言謹獨之事」の説明。遠くの評判はこちらの実に由るもので、こちらから起こる。内のことは自然と外へ顕れる。ここまで知を先に言って、功夫はこれから先の詩で言う。
【通釈】
「遠之近、見於彼云云」。これが嫌と言えないこと。遠いことはこちらに由るもの。人の評判は違わない。直方先生が、下手な芸者が御贔屓をと言うと言った。大工も下手では雇う人はいない。医者が下手で御取りなしをと言うのが可笑しい。遠くの評判はこちらの実に由る。学而の首章に「則近者可知」とある。遠きは花の香ではない。本当のことはそうではない。こちらから起こったこと。「風之自、著乎外者云云」。どうしたことでもない。内のことが出る。酒を飲めば顔が赤くなる。内のことが外へ出るもの。私の本文の講釈の仕方駆引きが悪い。更詳にしなさい。「微之顕、有諸内者形諸外也」。内のことは自然と外へ顕れる。この註は「莫見乎隱、莫顯乎微」の章句とは違う。自分の心中ばかりではない。これはもう一つあの方を言ったこと。程子の蟷螂と蝉のことがここによい。琴に殺伐の音あり。この時腹を立てたのでもなく、また敵討とうでもない。何故かというと、蟷螂と食い合うのを見つつ琴を弾じたので、心がそれへ移って音に発したもの。それで自分の心は自分で知っているのだが、もう一足で人へも知れるのである。盗人が盗んではいないと言っても、顔に顕れる。「有爲己之心而云云」。尚絅の全体をずぶに言う。「又知其三者」。これは別段に知の字を言ったもの。直方が、始めの段は為己之心を知ることで、功夫は子思が先で言うと言った。詩曰以下のこと。「知所謹」。こうという所を先ず知って置くこと。知ることを先へ言う。心法の效はこれから先のこと。どれほど忙しくても、先ず知るという字を先へ立てなければならない。大学の次第は中庸でも外れない筈のこと。
【語釈】
・其近者可知…論語學而1集註。「朋、同類也。自遠方來、則近者可知」。
・莫見乎隱莫顕乎微…中庸章句1の語。

詩曰潜雖伏云云。前段某説やふちとわるかった。此詩云からべったりと首章の通りに説くかよい。是か心の立やふの眞始なり。心の掃除が為己の第一。爰へ來ぬから外へつく。因て真始に一心の掃除を云。水か明ゆへ底に居ても見へる。こちに鰺こちに海老、水中か明ゆへなり。もののかくされぬをひろく云た詩なり。それを取て、君子の君子たる所は内の掃除なり。内省不疾。胸中の詮義にかかる。省は心のぎんみ。迂斉、我心を我心てせんぎせ子ば實学でないと云へり。云ひふんないが不疾なり。心の中に少しわたかまりがある。最ふ疾しと云。無悪於志云云。心志、古学どちも通す。小学に安心志とも云心のことなり。十有五志於学の志てはない。これは師や朋友を頼んでもどうもならぬ。直方、一坐に孔子の居られても、孔子方から仕方がないとなり。我手にすること。不可及者其唯人之所不見乎。君子小人外の違でない。人の見ぬ所のことなり。人之不見所が我心のことなり。秡ぬ太刀のきたない心ては君子にはなられぬ。よしや向を一はい食ても我心て耻しいはつ。寺へ櫻見に行たとき、住寺に御奇特に御参詣と云はれて、御奇とくな皃をする。素と櫻見に行て御参詣にしたかる。そこか耻しいことなり。やっはり櫻見にすれはよい。ぬかぬ太刀の高名、それて気かすむなれば人見せの学問なり。湯に入るときは人のみた処より我見た処の脊中迠洗ふ。そふして垢をは落しながら、肝しけ心をきたのうして安堵して居るはとうしたことそ。
【解説】
「詩云、潛雖伏矣、亦孔之昭。故君子内省不疚、無惡於志。君子之所不可及者、其唯人之所不見乎」の説明。心の掃除が為己の第一である。そこで胸中の詮議に掛かる。それは自分の手ですること。心に恥じることがあってはならない。
【通釈】
「詩云、潜雖伏云云」。前段の私の説き様は一寸悪かった。この「詩云」からべったりと首章の通りに説くのがよい。これが心の立て様の真っ始めである。心の掃除が為己の第一。ここへ来ないから外へ付く。そこで真っ始めに一心の掃除を言う。水が明なので底にいても見える。こちらには鰺、こちらには海老。それは水中が明だからである。物の隠せないことを広く言った詩である。それを取って、君子の君子たる所は内の掃除だと言う。「内省不疚」。胸中の詮議に掛かる。「省」は心の吟味。迂斎が、自分の心を自分の心で詮議しなければ実学ではないと言った。言い分ないのが「不疚」である。心の中に少しわだかまりがあると、もう疚しと言う。「無惡於志云云」。心と志は、古学ではどちらも通じる。小学に心志を安んずとも言う心のこと。「十有五而志于學」の志ではない。これは師や朋友を頼んでもどうにもならない。直方が、一坐に孔子がおられても、孔子方からは仕方がないと言った。自分の手ですること。「不可及者、其唯人之所不見乎」。君子小人は外の違いではない。人の見ない所のこと。「人之不見所」が自分の心のこと。抜かぬ太刀の汚い心では君子にはなれない。仮に向こうを一杯食わせても、自分の心では恥ずかしい筈。寺へ桜見に行った時、住寺に御奇特に御参詣かと言われて、御奇特な顔をする。もと桜見に行ったのに御参詣にしたがる。そこが恥ずかしいこと。やはり桜見にすればよい。抜かぬ太刀の高名、それで気が済むのであれば人見せの学問である。湯に入る時は人の見た処より自分の見た処の背中までを洗う。そうして垢を落としながら、肝しけ心を汚くして安堵しているのはどうしたことか。
【語釈】
・十有五志於学…論語爲政4。「子曰、吾十有五而志于學」。

註。立心を只通すは中庸をあなとるになる。論語末章不幾於侮垩言者乎と云。因て入德には斯ふ了簡かへ子はならぬ。偖爰は首章と了簡かへて見る。首章はあたま下し存養か主て仕てとる。首章上面より真っすくに説き、末章下面より説く。首章未発へもたせてここへものもの字なり。此章は謹独を入り口と見るに太切がある。首章大本から達道へあたま下しに来て戒謹恐懼は固よりのこと。爰も一入すてをかれぬと云のなり。末章は学問から大本へ推す。ここは未発と云はす、胸へういた魂からして行く。ここか学者入口の大切なり。首章は道体からくる工夫ゆへ大本からぞ。末章は為学から入る本領ゆへ謹独を先へ出したはさて々々深切なり。然しこふわけて看るは中庸の書の上のこと。我受用にするときは首章でも謹独からかかることもある筈、末章ても屋漏からかかることもある筈なり。面々己がここぞ、功夫手かかりか覚へある処にかかるべし。訓門人時挙に示さるるその筋なり。予此朱批に自嘲て如此記したるに因て又想ひ得たり。朱子答杜仁中書曰、既知其病即内自訟而亟改之耳。何暇ありて誦言して求改過之名哉。今不亟改而徒言之又自表す。是病中生病名。外に取名不但無益而已、と。節要十七に見へたり。さて々々親切の訓なり。とかく口へ出せばはや外へつくにをそるなり。工夫たれをやたのむへき。知微之顕からこう工夫にかかる。心を立たそ。
【解説】
「惡、去聲。○詩、小雅正月之篇。承上文言、莫見乎隱、莫顯乎微也」の説明。首章は大本から達道へ頭下しに来て、存養が主で仕て取る。末章は学問から大本へ推し、未発と言わずに魂からして行く。首章は道体から来る工夫なので大本から行き、末章は為学から入る本領なので謹独を先に出す。
【通釈】
註。立心をただ通すと中庸を侮ることになる。論語の末章に「不幾於侮聖言者乎」と言う。そこで入徳にはこの様に了簡を替えなければならない。さてここは首章と了簡を替えて見る。首章は頭下しに存養が主で仕て取る。首章は上面より真っ直ぐに説き、末章は下面より説く。首章は未発へ持たせてここへもの字である。この章は謹独を入口だと見ることが大切である。首章は大本から達道へ頭下しに来て、戒謹恐懼は固よりのこと。ここも一入捨てて置けないと言うのである。末章は学問から大本へ推す。ここは未発と言わずに胸へ浮いた魂からして行く。ここが学者入口の大切である。首章は道体から来る工夫なので大本からである。末章は為学から入る本領なので謹独を先に出したのはさてさて深切である。しかしこう分けて看るのは中庸の書の上のこと。自分の受用にする時は首章でも謹独から掛かることもある筈で、末章でも屋漏から掛かることもある筈。面々己がここで、功夫手掛かりの覚えある処に掛かりなさい。訓門人時挙に示されたその筋である。私がこの朱批に自嘲してこの様に記したのでまた想い得た。朱子杜仁中に答うる書に曰く、既に其の病を知れば即ち内自訟して亟[すみ]やかに之を改むるのみ。何の暇ありて誦言して過を改むるの名を求めんや。今改むるに亟やかならずして徒に之を言いて又自表す。是れ病中病名を生ず。外に名を取れば但無益なるのみならず、と。節要十七に見える。さてさて親切な訓である。とかく口へ出せば早くも外へ付くことを恐れる。工夫誰を頼むべき。「知微之顯」からこの様に工夫に掛かる。心を立てたのである。
【語釈】
・不幾於侮垩言者乎…論語堯曰3集註。「學者少而讀之、老而不知一言爲可用、不幾於侮聖言者乎」。

人の言はぬ先に赤面すると云。愧於心なり。性のぬけた藥のませると一つ葉もきかぬ。医者の心に愧べし。ここは耻しいことの根たをしすることなり。謹独之事也。之事なりは工夫の顔を見せることなり。直方、無悪於志か謹みやふな事と云へり。首章ては只謹独とあり、ここの内省云云、謹独の仕方なり。そこを之事と云ふ。今日そこへ掛る、それも太義と思ふなら学問すてるかよい。朱子學は爰のこと。漢唐謹独がないゆへ説夢と云。今日吾黨の学者漢唐を夢を説くと云つつ、我も夢をといて居る。先生顔にて講ずる黙斉はその日雇頭なり。末後は地獄沙汰なるべしと云も為己にあらす。とにもかくにも御座にたまられぬことなり。石原濱町死後は道学はないなり。
【解説】
「疚、病也。無惡於志、猶言無愧於心。此君子謹獨之事也」の説明。恥ずかしいことを根倒しにする。首章ではただ謹独とあるが、ここの「内省云云」が謹独の仕方である。
【通釈】
人の言わない先に赤面すると言う。「愧於心」である。性の抜けた薬を飲ませると少しも効かない。医者の心に愧ずべし。ここは恥ずかしいことを根倒しにすること。「謹獨之事也」。「之事也」は工夫の顔を見せること。直方が、「無惡於志」が謹み様のことだと言った。首章ではただ謹独とあって、ここの「内省云云」が謹独の仕方である。そこを之事と言う。今日そこへ掛かるのが、それも大儀だと思うのならば学問を棄てるのがよい。朱子学はここのこと。漢唐は謹独がないので夢を説くと言う。今日我が党の学者が漢唐を夢を説くと言いつつ、自分も夢を説いている。先生顔で講ずる黙斎はその日雇頭である。末期は地獄沙汰だろう言うのも為己ではないから。とにもかくにも御座に堪らないこと。石原濱町死後は道学はない。
【語釈】
・石原…野田剛齋。
・濱町…稲葉迂齋。黙斎の父。

詩曰相在爾室云云。此一段其上へこへたことなり。上は胷の上へういたきたない処を掃除する。この段は未発何もない処へ工夫する。ここは堯舜の言のこしたことあるて子思云へり。風せ引ぬに養生、それは皆人知てなれとも、心法にそのことあるを知らぬ。ここの未発は謹独を先つ習って置てここへ上かる。それて首章と違。謹独もここの未発も同し心法の工夫なれとも、上は苐さぬ処をする。ここは苐さすものもない、そこを張弓。工夫ない処を功夫する。精微なこと。此詩は子思て精しくなる。詩は只人を相手にせぬを云なり。爾は武候。手前の詩を人に歌いて手前て手前を指す。我室は平生のこと。人に對せぬゆへ遂にぬけのあるもの。只一人の時のやふすを見るに不愧屋漏なり。漏は玄関書院と違ふ。なんどの隅なり。そこても耻しいことないやふにする覚悟てなけれはならぬ。これは平生のよいを云。さてここか念の起らぬ前に其起らぬ前を養ふ工夫なり。君子の愼。言はぬ前、動かぬ前かいつもよい。やっはり戒謹恐懼。見聞の前がよい。
【解説】
「詩云、相在爾室。尙不愧于屋漏。故君子不動而敬、不言而信」の説明。上の段は胸の上に浮いた汚い処を掃除することで、この段は未発で何もない処を工夫すること。
【通釈】
「詩云、相在爾室云云」。この一段はその上を超えたこと。上の段は胸の上に浮いた汚い処を掃除することで、この段は未発で何もない処を工夫すること。ここは堯舜の言い残したことがあるので子思が言ったもの。風邪を引かない前に養生するのは人が皆知っているが、心法にそれと同じことがあるのを知らない。ここの未発は、先ず謹独を習って置いてからここへ上がる。それで首章とは違う。謹独もここの未発も同じ心法の工夫なのだが、上は第さない処をする。ここは第さすものもない、そこを張弓する。工夫のない処を功夫する。それは精微なこと。この詩は子思で精しくなる。この詩はただ人を相手にしないことを言う。「爾」は武候。自分の詩を人に歌わせておいて自分を指す。爾室は平生のこと。人に対さないので遂に抜けのあるもの。ただ一人の時の様子を見るに「不愧屋漏」である。漏は玄関や書院とは違う。納戸の隅である。そこでも恥ずかしいことのない様にする覚悟でなければならない。これは平生がよいことを言う。さてここが念の起こらない前に、その起こらない前を養う工夫である。君子の慎で、言わない前、動かない前が何時もよい。やはり戒謹恐懼で、見聞の前がよい。

又言君子の戒謹恐懼云云。下註。なにも註はないこと。夫れわるい念が起ったと云ときのことてない。とふと云ことなく、火事のない前に火の用心。なにもないからとすててはたまらぬ。それと見付、前のことはとふしてもよいと云へは綻の切れ目なり。ここは言語にのべられぬ。いつも云能太夫の床几にかかって居るなり。又度々云能書の筆なり。天の字も地の字も書ぬ内に千字文具る。かかぬ前から能書なり。君子それと見付てすることてなく、戒愼恐懼は只心か活ていると見るへし。今日善人と云るいの、あの人は火鉢にむく々々してわるいこともせすに居ると云は心か死て居る。悪事をするものよりはなれとも、只けっこう人なり。戒謹恐懼はふたんきり々々なり。伊川先生愛表記君子荘敬則云云。上伊川の愛したは未発の工夫なり。行義よいは已発なり。あそこに非番はない。心か死んたやうになるは坐禅。あれは天地の動静をしらぬ。寂滅の見から坐禅、静へ々々と來て何も無ものにするを心法の工夫と云て心を死す。此方は活すことなり。さはらはひやせがそこなり。しゃによってそれから事へ出すとすさましい。天下へ及ふ事業もそこからなり。扨謹独で余るはつのこと。其上を斯ふ云工夫する。先つこれか手を出すにする工夫て手出はならぬなり。
【解説】
「相、去聲。○詩、大雅抑之篇。相、視也。屋漏、室西北隅也。承上文又言、君子之戒謹恐懼、無時不然」の説明。戒愼恐懼は心が活きていること。仏は寂滅の見から坐禅をして、何も無きものにするのを心法の工夫として心を死なす。
【通釈】
「又言、君子之戒謹恐懼云云」。下註。何も註は要らないこと。悪い念が起こったという時のことではない。どうということなく、火事のない前に火の用心。何もないからと捨てては堪らない。それと見付けて、前のことはどうしてもよいと言えば綻びの切れ目である。ここは言語で述べられない。何時も言う、能太夫の床机に掛かっている様なもの。また度々言う、能書の筆である。天の字も地の字も書かない内に千字文が具わっている。書かない前から能書である。君子はそれと見付けてするのではない。戒愼恐懼はただ心が活きていることだと見なさい。今日善人と言う類の、あの人は火鉢にむくむくして悪いこともせずにいるというのは心が死んでいる。悪事をする者よりは増しだが、ただの結構人である。戒謹恐懼は絶えずぎりぎりである。「伊川先生甚愛表記君子莊敬云云」。伊川の愛したのは未発の工夫である。行儀のよいのは已発。あそこに非番はない。心が死んだ様になるのは坐禅。あれは天地の動静を知らない。寂滅の見から坐禅で、静へ静へと来て何も無きものにするのを心法の工夫と言って心を死なす。こちらは活かす。さはらはひやせがそこ。そこで、それから事へ出すと凄まじい。天下へ及ぶ事業もそこからである。さて謹独で余る筈のこと。その上をこの様な工夫をする。先ずこれが手を出さずにする工夫で手出しはならない。
【語釈】
・伊川先生愛表記君子荘敬則…小學嘉言66。「伊川先生甚愛表記君子莊敬日彊、安肆日偸之語。蓋常人之情纔放肆、則日就曠蕩、自檢束、則日就規矩」。

其為己之功益加密矣。己か為己の入り口は謹独。それて澤山有ふに、ここて益なり。爰は苐さす処かないゆへ密の字なり。不言動へあてて見へし。さて首章不睹不聞か未発の工夫なれとも、全体上からすっと來たゆへあの註に益の字ない。此章けのある処から掛てけのない処へもするゆへ益加密矣。聽得る好し。前段の註苐さす処あるゆへ謹独之事。其謹独より來て不待言動なり。そこての益字なり。是は料理の塩梅のやふなもの。ここへちとさすと云ことあるもの。内省。この段さすと云こともなけれとも、不愧屋漏。すてて置てはならぬ。ここか工夫なくてある工夫なり。聽得好し。久しい跡のが利なり。さて大名か素きらいても大名と見へるがふたんゆへなり。公家のこれと云て上品をされず工夫はないが上品に見へる。そこが爰の塲なり。そこへ学者工夫をすることゆへ、そこて益加密矣か何もない処をする。大学正心章察々と云。この章察はつけられぬ。察は已発にて謹独のことなり。不動而敬は密を加へたこと。ここにも工夫あると云のなり。故下文引詩。故字只の者の眼に見へぬ字なり。これは下をうける。これほとのこと故只は居ぬ。加密の心法ゆへこれほとのことには必この效があるなり。入德が今日からしてそれに加密て垩賢の地位に至った。学者只今の用には立ぬこと。
【解説】
「不待言動而後敬信、則其爲己之功益加密矣。故下文引詩幷言其效」の説明。前段の「謹獨之事」から来ての「不待言動」である。「益加密」は料理の塩梅の様なもの。それも未発の工夫である。
【通釈】
「其爲己之功益加密矣」。己の為の己の入口は謹独。それで沢山だろうに、ここで「益」である。ここは第さす処がないので「密」の字である。「不待言動」へ当てて見なさい。さて首章の不睹不聞は未発の工夫だが、全体上からずっと来たのであの註に益の字はない。この章は気のある処から掛けて気のない処へもするので「益加密矣」である。聴き得る好し。前段の註は第さす処があるので「謹獨之事」とあり、その謹独から来て「不待言動」である。そこでの益の字である。これは料理の塩梅の様なもの。ここへ一寸注すということがあるもの。「内省」。この段注すということもないが、「不愧屋漏」。捨てて置いてはならない。ここが工夫なくてある工夫である。聴き得る好し。久しい後が利[き]く。さて大名が素綺羅衣でも大名と見えるのが普段のことから。公家もこれと言って上品をされず工夫もないが上品に見える。そこがここの場である。そこへ学者は工夫をするのであって、そこで「益加密矣」が何もない処をすること。大学の正心の章に察々とあるが、この章に察は付けられない。察は已発での謹独のこと。「不動而敬」は密を加えたこと。ここにも工夫があると言うのである。「故下文引詩」。故の字はただの者の眼には見えない字である。これは下を受ける。これほどのこと故にただではいない。加密の心法なのでこれほどのことには必ずこの效がある。入徳が今日からして、それに加密で聖賢の地位に至った。それは学者の只今の用には立たないこと。

詩曰奏假云云。首章の末も效、ここも效なり。未発の工夫すれは天地へひひく。不愧屋漏なればこの通り不賞而不怒而の效じゃなり。奏假。湯王を祭る詩。装束して誠敬嚴重の体なり。今日某が様な身しゃとても、神主の前へ膳をすえるにも笑ながらは出來ぬこと。これは紅葉山の御儀式なり。今膳を出すと云ときは咳一つすることもない。無有争。そうこうは只の時のことなり。迂斉、あたりのしんとなることとなり。一口でよい弁なり。重い儀式しんとなるものなり。上様の平伏して敬礼の処へしゃんと御かかみ持て出るなり。ここか垩賢と云ことてなく、誰もこふなるもの。そこて君子へかりて君子の人へひびく処か祭の時の様なり。さて祭ては人か知ふか、垩賢のはふたん奏假の底なり。賞は褒美、怒は罸なり。賞罸の二つて政はすむものなり。然るに御褒美もなけれとも民かすすむ。刑の沙汰もないかこはかる。ここか無言靡争へをとす譬と直方云へり。賞罸は言争の底なり。本の德になり、不愧屋漏の人は自然と感する。
【解説】
「詩曰、奏假無言、時靡有爭。是故君子不賞而民勸。不怒而民威於鈇鉞」の説明。未発の工夫をすれば天地へ響く。「君子不賞而民勸。不怒而民威於鈇鉞」である。聖賢は普段が奏假の底である。本当の徳になった不愧屋漏の人は自然と感ずる。
【通釈】
「詩曰、奏假云云」。首章の末も效で、ここも效である。未発の工夫をすれば天地へ響く。「不愧屋漏」であればこの通り「不賞而」「不怒而」の效である。「奏假」。湯王を祭る詩。装束して誠敬厳重の体である。今日の私の様な身だとしても、神主の前へ膳を据えるにも笑いながらは出来ないこと。これは紅葉山の御儀式である。今膳を出すという時は咳一つすることもない。「靡有爭」。奏功はただの時のこと。迂斎が、辺りのしんとなることだと言った。一口でよい弁である。重い儀式はしんとなるもの。上様の平伏して敬礼している処へしゃんと御鏡を持って出る。ここが聖賢ということではなく、誰もがこうなるもの。そこで君子へ仮りて、君子の人へ響く処が祭の時の様である。さて祭では人が知ろうが、聖賢は普段が奏假の底である。「賞」は褒美、「怒」は罸である。賞罸の二つで政は済むもの。それなのに御褒美もないが民が勧む。刑の沙汰もないが恐がる。ここが「無言」「靡爭」へ落とす譬えだと直方が言った。賞罸は言争の底である。本当の徳になった不愧屋漏の人は自然と感ずる。

遂及其效。遂にはいやと云はれぬ字なり。直方、本望とげるの遂と云へり。今日それは出來ぬことなり。不愧屋漏の垩人は出來る。迂斉、遂は晦日から朔日になる、と。この德かあれはこの效かなくてかなはぬ。垩人の咄を詩書で見ては奇妙に思ふが、子思はそれをのんでみろなり。藥て云。未発の工夫するとそふなる。進而感格於神明之際。進は神前へ出る意て云。役人の前であたま下るは敬がありて誠かない。鬼神には誠敬の二つてなけれは感格はない。人自化之。向へひびくことなり。此方の言たなりになるか化なり。廻状の点でない。莝斫か直方先生、菜切庖丁と云。莝は斬芻と云からのことならん。訓はよけれとも譯がつまらぬ。鉄鉞よりをつるとき菜切庖丁では合ぬ。某思に劍は歴々の帯ものなれば、刑罸のとき劍てはあるまい。斧も固木を伐るもの。それて刑人をこれて斬ると見へる。然れは莝斫刀も此を刑に用る故に云ふたものならん。
【解説】
「假、格同。鈇、音夫。○詩、商頌烈祖之篇。奏、進也。承上文而遂及其效。言進而感格於神明之際、極其誠敬、無有言說而人自化之也。威、畏也。鈇、莝斫刀也。鉞、斧也」の説明。徳があればこの效がある。未発の工夫するとそうなる。役人の前で頭を下げるのは敬があって誠がない。鬼神には誠敬の二つでなけれは感格はない。
【通釈】
「遂及其效」。「遂」は嫌と言えない字である。直方が、本望を遂げるの遂だと言った。今日それは出来ないことだが、不愧屋漏の聖人は出来る。迂斎が、遂は晦日から朔日になることだと言った。この徳があればこの效がなくては叶わない。聖人の話を詩書で見ては奇妙に思うが、子思はこれを飲んでみろと言う。薬で言う。未発の工夫するとそうなる。「進而感格於神明之際」。「進」は神前へ出る意で言う。役人の前で頭を下げるのは敬があって誠がない。鬼神には誠敬の二つでなけれは感格はない。「人自化之」。向こうへ響くこと。こちらの言ったなりになるのが「化」である。廻状の点ではない。「莝斫」を直方先生が菜切庖丁だと言った。莝は芻を斬るということからだろうが、訓はよいが訳がつまらない。鉄鉞から落ちると言う時に菜切庖丁では合わない。私が思うに剣は歴々の帯びるものであれば、刑罸の時は剣ではあるまい。斧ももと木を伐るもの。それで刑人を斬ると見える。それなら莝斫刀もこれを刑に用いるのでこの様に言ったものだろう。

詩曰不顕惟德。上だん々々に效を説て、其やふになった德は何と名を付たらよからふと云ときのことなり。仁と云てよいか義と云てよいかなり。德の至極は銘の打やふかない。是からは銘を打やふの吟味なり。德は名か付にくい。垩人の段々のことを語りて其語り上けた御德は一口に云はれぬ。只德と云より外は云はれぬなれとも、其德を不顕なり。この詩固と周の大廟て先王の德を称したことなり。穆々たる文王と同し。云に云へぬ故不顕惟德。口上て云へはそれきりなり。百辟其刑之是故君子篤恭云云。刑るとは其德を手本にする。德はあらはれぬと云こと。篤敬は上へけば々々しくなく、内へ々々と這入ること。一牧つつ陣笠はる。そこで金のやふじゃと云。内へ々々とかかりたやが上のつつしみ故、天下平なり。錦を出さぬか斯ふかたまったなり。其裏でよいをひら々々するは日々に亡びる。君子はあつい。それか天下へ及ふ。平は法度制札てない。ほんの誠の心か天下へひひくゆへ自然と平なり。至極は斯ふまいる。迂斉、武勇もほんの強はけんげきをたのみにせぬがすてもせぬ、と。垩人法度號令をすてぬことなれどもあてにはせぬ。ぎり々々へ心をあつくして、それか天下へひひく。首章道体より説出し天地位焉万物育焉の極功説つめる。この章学問上から政の上へ説出したものなり。中庸の規模なり。是か心法から工夫して天下平とくる。彼のだん々々くらい処へやる仏見とは違ふ。
【解説】
「詩曰、不顯惟德、百辟其刑之。是故君子篤恭而天下平」の説明。徳は名を付け難い。ただ徳と言うより外は言えないが、その徳を「不顯」と言った。内へ内へと掛かった篤恭で「天下平」となる。錦を出さないのでこうなる。その裏で、よいものをひらひらするのは日々に亡びる。聖人は法度号令を棄てないが当てにもせず、ぎりぎりへ心を篤くするので、それが天下へ響く。
【通釈】
「詩曰、不顯惟德」。上から段々に效を説いて、その様になった徳は何と名を付けたらよいだろうという時のこと。仁と言ってよいか義と言ってよいか。徳の至極は銘の打ち様がない。これからは銘の打ち様の吟味である。徳は名を付け難い。聖人の段々のことを語り、その語り上げた御徳は一口には言えない。ただ徳と言うより外は言えないのだが、その徳を「不顯」と言った。この詩はもと周の大廟で先王の徳を称したこと。穆々たる文王と同じ。言うに言えないので「不顕惟德」。口上で言えばそれ切りである。「百辟其刑之。是故君子篤恭云云」。「刑」とは、その徳を手本にすること。徳は顕れないということ。「篤恭」は上がけばけばしくなく、内へ内へと這い入ること。一枚ずつ陣笠を張る。そこで金の様だと言う。内へ内へと掛かった弥が上の敬みなので、「天下平」である。錦を出さないのがこの様に固まったのである。その裏で、よいものをひらひらするのは日々に亡びる。君子は篤い。それが天下へ及ぶ。「平」は法度制札ではない。本当の誠の心が天下へ響くので自然と平である。至極はこう参る。迂斎が、武勇も本当に強い者は剣戟を頼みにしないが棄てもしないと言った。聖人は法度号令を棄てないが当てにもしない。ぎりぎりへ心を篤くして、それが天下へ響く。首章は道体より説き出して「天地位焉、萬物育焉」の極功を説き詰める。この章は学問上から政の上へ説き出したもの。これが中庸の規模である。これが心法から工夫して天下平と来るもの。彼の段々と暗い処へ遣る仏見とは違う。
【語釈】
・穆々たる文王…詩經大雅文王。「穆穆文王、於緝煕敬止」。

註。二十六章は詩経の意て説たこと。ここの不顕は子思の借て云。あらはれぬと云ことなり。至極よいは顕はれぬものなり。尊圓親王人のほめるは望でないと云。至極なことに横手を打ことはない。幽深玄遠云云。垩德の見へぬ処、玄遠なり。天子の字は天下平をうけるてなく、百辟へかける章句なり。天下平は天子へはかりかけて云ことにあらず。学者でも大学へかけて天下平と云。極功を云ゆへ誰てもなり。誠のない天子なれば御儀式ばかりのこと。諸侯の刑之と云か皇極の立もこれなり。其德愈深云云。詩の本文と子思の意を一つに説ことなり。百辟の刑るかすぐに效なり。篤厚なり。あらはさぬなり。ぶけん者金は内へ仕舞ふ。門へつるしはせぬ。篤恭故不顕其效云云。つつしみをするて垩賢に至る、と。ここをよくみよ。近くなりてうれしきことなり。ここの註、始て尚絅の訳なり。むすめをかたづける、中の錦まてぎんみする。篤は内へ々々とする。跡からはけるは篤でない。小人篤がないゆへ的然而亡ふ。蒔繪の上はかりなり。不顕其敬。この文字の解様か朱子の思召なり。尚絅て敬ひ、出さぬ錦を出さぬはきこへたか、敬は出してよさそふなものに、其敬も出さぬ。孝行も出すがわるいなり。孝百行之本万善之始なればきっと白木の臺へのせるもの。それさへ出さぬ。出さぬが魂なり。敬を出さず敬と見せぬ。忠孝ほどよいことはなけれとも、鼻へかけるともふかんか立つ。なんても篤恭は敬をあらはさぬ。垩人はをれか篤恭とは思召まい。堯舜禹湯文武皆敬なり。内へ々々とたたみこみて敬はあらはさぬ。
【解説】
「詩、周頌烈文之篇。不顯、說見二十六章。此借引以爲幽深玄遠之意。承上文言天子有不顯之德、而諸侯法之、則其德愈深而效愈遠矣。篤、厚也。篤恭、言不顯其敬也」の説明。至極よいものは顕れないもの。敬みをするので聖賢に至る。「篤」は内へ内へとすること。「不顯其敬」で、敬すらも外へ出さない。
【通釈】
註。二十六章は詩経の意で説いたもの。ここの「不顯」は子思がそれを借りて言ったもの。顕れないということ。至極よいものは顕れないもの。尊円親王は人が誉めるのは望みではないと言った。至極なことに横手を打つことはない。「幽深玄遠云云」。聖徳の見えない処は玄遠である。「天子」の字は「天下平」を受けるのではなくて、「百辟」へ掛ける章句である。天下平は天子ばかりへ掛けて言うことではない。学者でも大学へ掛けて天下平と言う。極功を言うので誰でもである。誠のない天子であれば御儀式ばかりのこと。「諸侯法之」というのが皇極の建つというのもこれ。「其德愈深云云」。詩の本文と子思の意を一つに説いたこと。百辟の刑るのが直ぐに效である。「篤、厚也」。顕さないこと。分限者は金を内へ仕舞う。門へ吊るしはしない。「篤恭、言不顯其效云云」。敬みをするので聖賢に至る、と。ここをよく見なさい。近くなって嬉しいこと。ここの註、始めての「尙絅」の訳である。娘を片付けるのに中の錦まで吟味する。「篤」は内へ内へとすること。後から剥げるのは篤でない。小人は篤がないので「的然而日亡」。蒔絵の上ばかりである。「不顯其敬」。この文字の解き様が朱子の思し召しである。尚絅で敬い、出さない錦を出さないのはわかるが、敬は出してよさそうなものなのに、その敬も出さない。孝行も出すのが悪い。「孝者百行之本、萬善之始」であればきっと白木の台へ載せるもの。それさえ出さない。出さないのが魂。敬を出さず敬と見せない。忠孝ほどよいことはないが、鼻へかけるともう癇が立つ。何でも篤恭は敬を顕さない。聖人は自分が篤恭とは思し召さないだろう。堯舜禹湯文武は皆敬である。内へ内へと畳み込んで敬は顕さない。
【語釈】
・尊圓親王…尊円法親王。伏見天皇の皇子。名は守彦。青蓮院門主・天台座主となる。1298~1356。
・皇極の立…書經周書洪範。「五皇極。皇建其有極、斂時五福、用敷錫厥庶民。惟時厥庶民、于汝極、錫汝保極」。

先日もどこでか云しか、只今吾黨の学者か三年の喪を行たがる。たがるの字がをかしい。喪は吾さへ誠あれは一心てなるはつなり。そこて心喪の心の字が喪を不顕なり。心喪の中、昏礼の席へ出てもよいは心喪ゆへなり。中庸の篤恭もそれなり。顕さぬなり。天下に三年の喪か行はれぬとて我邪魔にはならぬ。不顕其敬と云、このやふな処ても少し合点するやふな気味もなけれは中庸の請取処かない。某か呉服屋へ行ても袖口ても買のみ。今日中庸をよむ人も顕さぬこととしると、まつ袖口ほと買って來たなり。不顕其敬、此合点か立心なり。そこて最初の三つの知るの字か大切なり。人へ親切をするにも知れるやふにしたがる。其れが地獄へ落る魂なり。疱瘡見舞に來たを知らせたい。錦を出すのなり。軽けれは門からかへると云かよいはづ。言はぬ誠は言にまさる。迂斉の、他人の旅立御無事でのと十分の暇乞を云か、我子の旅は何とも云はぬなれともなり。隣小児遊ひなからほうそうするか垣のすきから見へるなれは打やりてをくてよいのを、御あんじ申すと親切をやりたがるは凡夫の通情ぞ。第五倫の私の吟味もそこを祟ることなり。
【解説】
喪は自分さえ誠があれば一心で成る筈であり、心喪の心の字が喪を不顕である。中庸の篤恭も顕さないこと。不顕其敬の合点が立心である。人へ親切をするにも知れる様にしたがるのは、地獄へ落ちる魂である。
【通釈】
先日も何処かで言ったことだが、只今我が党の学者が三年の喪を行いたがる。このたがるの字が可笑しい。喪は自分さえ誠があれば一心で成る筈。そこで心喪の心の字が喪を不顕である。心喪の中で、昏礼の席へ出てもよいのは心喪だからである。中庸の篤恭もそれ。顕さないこと。天下に三年の喪が行われないとしても自分の邪魔にはならない。「不顯其敬」と言う、この様な処でも少し合点する様な気味もなければ中庸の請取り処がない。私が呉服屋へ行っても袖口でも買うだけ。今日中庸を読む人も顕さないことだと知れば、先ず袖口ほどを買って来たのである。不顕其敬の合点が立心である。そこで最初の三つの知るの字が大切なのである。人へ親切をするにも知れる様にしたがる。それが地獄へ落ちる魂である。疱瘡見舞に来たのを知らせたい。それは錦を出すのである。軽ければ門から帰るというのがよい筈。言わぬ誠は言うに勝る。迂斎が、他人の旅立ちに御無事でなどと十分に暇乞いを言う。我が子の旅には何とも言わないのにと言った。隣の小児が遊びながら疱瘡しているのが垣の隙から見えるのであれば、打ち遣って置いてもよいのを、御案じ申すと親切を遣りたがるのは凡夫の通情。第五倫の私の吟味もそこを祟ったこと。
【語釈】
・第五倫…小學善行54。「或問第五倫曰、公有私乎。對曰、昔人有與吾千里馬者。吾雖不受、每三公有所選舉、心不能忘。而亦終不用也。吾兄子嘗病。一夜十往、退而安寢。吾子有疾。雖不省視、而竟夕不眠。若是者豈可謂無私乎」。

極功の字に処あり。首章は心法から天地へひびく。ここは天下平のことなり。そこを極功と云。斉桓晋文は極功がならぬ。管仲如其仁々々々と云ても功烈卑し。篤恭へは來子は極功はならぬ。これが心の誠より届くと云より外にとどきやふはない。禹湯文武皆一心の誠のこと。それてあの通り天下平なり。なんても效は實次第ぞ。学者出來るもそれ。周子や延平の手さきては程朱出たぞ。闇斉にも佐藤浅見、それからは吾師父の二人出来たにてもみよ。凡そ師に実かのふとてはなかなか出來ぬぞ。雨もただの人は祈られぬなり。乃垩人云云。ここて始て垩人と云。この章下學から至極へつまって來たこと。立心か今日からその覚悟、それからして心の掃除が謹独、それからもっとか未発なり。君子の上こふじゃと云て、ここは行ついたきり々々、上達の処ゆへ垩人と云。上達は垩人の塲なり。上達せぬは大津より帰るなり。この章全体下学から語り出して垩人と云ふ。どふりでよいはづなり。初手は可入德と云たか、ここは至德渕微之応云云。渕微はをく深い。女童への目につくろくな物はないものなり。器物て云。けば々々しいこと、ばっとしたことに感はなきもの。自然之応は天下平なり。こふすれば天下平になると云は平にならぬ。自然はこうすれは云こと。麟鳳さへ出る。况や同類の人をや化せぬはづなし。そこで天下平なり。中庸の極功なり。首章てはあたまからして極功。ここは尚絅からして極功に至る。是で先づ子思の用向は言て仕舞った。極功がぎり々々つまりなり。
【解説】
「篤恭而天下平、乃聖人至德淵微、自然之應、中庸之極功也」の説明。極功は、首章は心法から天地へ響くことで、ここは天下平のこと。この章は下学から至極へ詰まって来たもので、立心が今日からの覚悟、それから心の掃除が謹独、それからが未発のこと。ここは行き着いたぎりぎり、上達の処なので「聖人」と言う。
【通釈】
「極功」の字に処がある。首章は心法から天地へ響く。ここは天下平のこと。そこを極功と言う。斉桓晋文は極功が成らない。管仲を「如其仁」と言っても「功烈、如彼其卑也」である。篤恭へ来なければ極功は成らない。これが心の誠より届くというより外に届き様はない。禹湯文武は皆一心の誠のこと。それであの通り天下平である。何でも效は実次第である。学者が出来るのもそれ。周子や延平の手先で程朱が出来た。闇斎にも佐藤浅見、それからは吾師父の二人が出来たことでも見なさい。凡そ師に実がなくては中々出来ないもの。雨もただの人は祈っても無駄である。「乃聖人云云」。ここで初めて聖人と言う。この章は下学から至極へ詰まって来たもの。立心が今日からその覚悟、それからして心の掃除が謹独、それからもっとが未発のこと。君子の上はこうだと言って、ここは行き着いたぎりぎり、上達の処なので聖人と言う。上達は聖人の場である。上達しないのは大津より帰るのである。この章全体下学から語り出して聖人と言う。当然によい筈である。初手は「可入德」と言ったが、ここは「至德淵微、自然之應云云」。淵微は奥深いこと。女童の目に付く碌な物はないもの。器物で言う。けばけばしいこと、ばっとしたことに感はないもの。「自然之應」は「天下平」である。こうすれば天下平になると言うのは平にならない。自然はこうすればということではない。麟鳳さえ出る。況んや同類の人を化せない筈はない。そこで天下平である。「中庸之極功也」。首章では頭からして極功で、ここは尚絅からして極功に至る。これで先ずは子思の用向きは言って仕舞った。極功がぎりぎりの詰まりである。
【語釈】
・斉桓晋文…論語憲問16。「子曰、晉文公譎而不正。齊桓公正而不譎」。
・管仲如其仁…論語憲問17。「子曰、桓公九合諸侯、不以兵車、管仲之力也。如其仁、如其仁」。
・功烈卑し…孟子公孫丑章句上1。「管仲得君、如彼其專也。行乎國政、如彼其久也。功烈、如彼其卑也」。
・吾師父…野田剛齋と稲葉迂齋。

不顕惟德と云極功を最ふ一つ知らせたい。上の不顕の道体を最ふ一遍聞せやう。彼の不顕惟德はどのやふな德と云ふ程らいが知れぬ。そこを見せるために子思が又其事を人に知らせたい。さらは語らん。詩曰予懐なり。不顕の德を第一筆に皇矣の予懐なり。本意は太王文王迠をたん々々ほめたなり。この詩は詩人が天になりかわって天が予と云なり。天曰く、をれが文王のことを思ふになり。文王を明德と云、堯を放勲と云と同し。天かしけ々々思ふに文王は膽のつぶれた男じゃ。声色を大にせぬ。世間ては大にするか文王は當てにせぬ。大は當にせぬ気味。大にすは丁度武士かをれも二本きめてをると云のなり。不大はそれを用に立てぬなり。声は惣体法度号令なり。こふせい、こふするなが声なり。色は上の威德なり。号令ありても威德なきは寡婦ぐらしの様なものなり。色と云こと、言にくいこと一口に云へは子めるの十面つくるのと云もの。是れ二つか事へあらはれたこと。色は上に嚴しくしゃんとした人があると、びんぼういすりもせぬ。扨声色がわるいてなく、三代の世てもこれて治った。然るになにかあの文王ゆへ声色はあてにせぬ。声色は未だ筆法がある。能書ずっと筆を取るとずふ々々と筆に任せて筆法にかまわぬ。
【解説】
「詩云、予懷明德。不大聲以色」の説明。世間では声色を当てするが文王は当てにしない。「聲」は法度号令、「色」は上の威徳である。声色が悪いということではなく、三代の世でもこれで治った。それをあの文王なので当てにしない。
【通釈】
「不顯惟德」という極功をもう一つ知らせたい。上の不顕の道体をもう一遍聞かせよう。彼の不顕惟徳はどの様な徳かという程合いがわからない。そこを見せるために、子思がまたその事を人に知らせたく、それなら語ろう、「詩曰、予懷」である、と。不顕の徳を第一筆に大雅皇矣の予懐である。本意は大王文王までを段々と褒めたもの。この詩は詩人が天に成り代わって天が予ということ。天曰く、俺が文王のことを思うにということ。文王を明徳と言い、堯を放勲と言うのと同じ。天が繁々と思うに文王は膽の潰れた男だ。声色を大にしない。世間では大にするが文王は当てにしない。大は当てにする気味。大にすとは丁度武士が俺も二本決めていると言うのと同じ。「不大」はそれを用に立てないこと。「聲」は総体法度号令である。こうしろ、こうするなと言うのが声である。「色」は上の威徳である。号令があっても威徳がなければ寡婦暮しの様なもの。色ということ、言い難いことを一口に言えば睨んだり渋面を作るというもの。この二つが事へ顕れたこと。色は、上に厳しくしゃんとした人がいると、貧乏揺すりもしない様なこと。さて声色が悪いということではなく、三代の世でもこれで治った。それなのに何かあの文王なので声色は当てにしない。声色にはまだ筆法がある。能書がずっと筆を取るとずんずんと筆に任せて筆法には構わない。

この詩を孔子か読て、未たそふでない、十分てないなり。詩人はつきたと思ふが、つきぬ。直方が、孔子のひだち入れたとなり。声色はをし出して言に足らぬ。法度号令きぶい皃、只の者の入る道具なり。垩人は化すると云こと。不大と云が詩人もよほと知ったなれとも、文王には未たはしたないほめやうなり。声色のにほいかあってまた声色くさい。孔子が、文王を云はばをれがよい詩を見出して置た。德輶如毛。ものの至極の仕上けは輶いなり。かるいはどふなれば、物のさびをとると軽ひ。毛が風吹ては飛び、手に持てとも持心はない。德の云に云へぬ。輶と云たとへは親老出に不易方云云。是孝子の疏節なり。これつかまへらるることなり。そこてつかまへ処あるは粗い。至極の細末絹ふるいへ掛けたはかるい。先年去る歴々が蕎麦粉の下へ落たはすてて、上へ飛たを用ると云。かるいとはその気味なり。精微のつかまい処のないを如毛と云。御德を水飛んだ処で語る。垩人つかまへ処ない。毛猶有倫。孔子の上を又見出した。又子思がひたちを云たなり。これが孔子の不調法てもない。子思の孔子へぶしつけでもない。子思は不顕のきり々々を云ふとて毛もつかまへ処あると云ふなり。鬼の毛の先と云へとも見へる。
【解説】
「子曰、聲色之於以化民、末也。詩曰、德輶如毛。毛猶有倫」の説明。声色で文王を譬えるのは、未だ尽きていないとして、孔子が「德輶如毛」と言った。毛にも捉まえ処があるとして、子思が「毛猶有倫」と言った。
【通釈】
この詩を孔子が読んで、未だそうではない、十分ではないと言った。詩人は尽きたと思ったが、尽きていない。直方が、孔子が非太刀を入れたと言った。声色は押し出して言うに足りない。法度号令きぶい顔はただの者に要る道具である。聖人は化するということ。「不大」は詩人も余程知ったが、文王には未だはしたない褒め様である。声色の匂いがあってまだ声色臭い。孔子が、文王を言えば俺がよい詩を見出して置いた。「德輶如毛」だと言った。ものの至極の仕上げは輶い。輶いとはどういうことかと言うと、物の錆を取ると軽い。毛が風が吹いては飛び、手に持っても持った心地はしない。徳の言うに言えないこと。輶という譬えは、「親老出不易方云云」、これが孝子の疏節である。これは捉まえられること。捉まえ処があるのは粗い。至極の細末、絹篩へ掛けたのは輶い。先年去る歴々が蕎麦粉の下へ落ちたのは捨てて、上へ飛んだのを用いると言った。輶いとはその気味である。精微の捉まえ処のないことを「如毛」と言う。御徳を水飛んだ処で語る。聖人は捉まえ処がない。「毛猶有倫」。孔子の上をまた見出した。また子思が非太刀を言った。これが孔子の不調法でもない。子思の孔子への不躾でもない。子思は不顕のぎりぎりを言うために、毛にも捉まえ処があると言ったのである。鬼の毛の先と言えども見える。
【語釈】
・親老出に不易方…小學明倫15。「親老出不易方、復不過時」。

そこて上天之載云云なり。上天之載は造化のはたらきなり。上の字意はない。上に位するゆへ云。天蒼々として上にあるばかりてない。いろ々々の仕事かある。夜か晝になり晝が夜になり、雨風雷さま々々する。上に位して、とうして春夏春秋の発育かある。そこのあやが耳を引立てもきこへぬ。とめて利ふとしても匂もない。然れば天地の天地たる処は耳にも目にも見へぬ、あらはれた処のこと。なぜなれば形がない。天地大働の運行する所は目に見へぬ。垩人の德真つその如く目に見へぬ。天地にも垩人の德にも形がない。そこで無声無臭。自然のなりなり。丁と垩人が天地と合ふ。垩人の德を云たいなれとも何とも云はれぬ。其筈よ、天かそふなり。そこて所謂天か垩人か垩人か天かなり。無声無臭の無の字虚無の無でない。仏老は無と建立なり。そこて張子言有無諸子陋也、と。達道五つ、父子君臣云云。それは誰する。誠かする。それを太極とも云。その誠を見ることならぬ。天そ。不顕の誠を垩人が身に持つ。そこて垩人不顕なり。至矣。子思曰、をれか是を見た、是がぎり々々、と。首に天命性、次に費隱、それから誠とふりはかはれども、皆目に見へぬ。無声無臭なり。
【解説】
「上天之載、無聲無臭、至矣」の説明。「上天之載」は造化の働き。天の天たる処は「無聲無臭」で耳にも聞こえず目にも見えない。聖人は天地と合う。そこで、聖人も不顕である。
【通釈】
そこで「上天之載云云」である。上天之載は造化の働きである。「上」の字に意はない。上に位するので言う。天は蒼々として上にあるばかりではない。色々な仕事がある。夜が昼になり昼が夜になり、雨風雷様々とする。上に位して、どうして春夏春秋の発育があるのか。そこの綾が耳を引き立てても聞こえない。止めて利こうとしても匂いもない。それなら天地の天地たる処は耳にも聞こえず目にも見えない、顕れない処のこと。それは何故かと言うと形がない。天地大働の運行する所は目に見えない。聖人の徳は先ずその様に目に見えない。天地にも聖人の徳にも形がない。そこで「無聲無臭」。これが自然の姿である。丁度聖人が天地と合う。聖人の徳を言いたいのだが何とも言えない。その筈で、天がそうである。そこで所謂天が聖人か聖人が天かである。無声無臭の無の字は虚無の無ではない。仏老は無と建立する。そこで張子が「言有無、諸子之陋也」と言った。達道五つ、父子君臣云云。それは誰がする。誠がする。それを太極とも言う。その誠を見ることは出来ない。天だからである。不顕の誠を聖人が身に持つ。そこで聖人も不顕である。「至矣」。子思曰く、俺がここを見た、ここがぎりぎり、と。始めに天命性、次に費隠、それから誠と振りは替ったが、皆目に見えない。無声無臭である。
【語釈】
・言有無諸子陋也…近思録異端13。「大易不言有無。言有無、諸子之陋也」。

周子の無極而太極もこの無の字をふまへたと直方云へり。子思中庸を道の証文に作り、孟子七篇又皆中庸なり。因て何ぞのとき孟子へ道の証文をと云へば、七篇と云はず中庸と云。それと云もこれと云も皆不顕の德のこと。それは無声無臭なり。其無字を無極而太極と云。なるほと継不傳之学於遺経なり。直方、無の字の眼つけやうとばかり見ることでない。至矣、不顕之德へあてるてなく、無声無臭かと云た詩。至矣なり。周子もこの文法を大哉易也斯夫至矣と文法まてかこれをふまへたと見へる。道の証文に中庸を作り、無声無臭至矣と書きとめてあるを、千載この道を見付る者ないに、周子の傳をついて道の圖を作てそれへ無極而太極とかけたは、盃を載たれから段々のみほして大哉易也斯夫至矣と盃をわたせは、さて々々かんさりとしたことしゃ。そこを闇斉の啓大易秘而発中庸之蘊とはよくはみられた。
【解説】
無極而太極もこの無の字を踏まえたもの。「至矣」は不顕の徳を指すのではなく、無声無臭を指したもの。
【通釈】
周子の無極而太極もこの無の字を踏まえたものだと直方が言った。子思が中庸を道の証文として作り、孟子七篇もまた皆中庸である。そこで何ぞの時に孟子へ道の証文をと言えば、七篇と言わずに中庸と言う。それと言うのもこれと言うのも皆不顕の徳のこと。それは無声無臭である。その無の字を無極而太極と言う。なるほど「繼不傳之學於遺經」である。直方が、無の字の眼の付け様とばかり見ることでないと言った。至矣は不顕之徳へ当てるのではなくて、無声無臭がと言った詩の至矣である。周子もこの文法を「大哉易也、斯其至矣」と、文法までこれを踏まえたと見える。道の証文に中庸を作り、無声無臭至矣と書き止めてあるのを、千載この道を見付ける者もないのに、周子が傳を継いで道の図を作ってそれへ無極而太極と繋けたのは、盃を載せたそれから段々飲み干して大哉易也斯其至矣と盃を渡せば、さてさてはっきりとしたこと。そこを闇斎が「啓大易秘而發中庸之妙也」と言ったのはよくは見られた。
【語釈】
・大哉易也斯夫至矣…太極圖説。「大哉易也、斯其至矣」。
・啓大易秘而発中庸之蘊…山崎闇斎近思録序。「其所謂無極而太極、則啓大易之秘而發中庸之妙也」。

註。不大声與色云云。一つ宛こき上ることなり。この章句の見やふなり。文王に声色と云たとて、学者があとの無声無臭へさきばしりてむせふにわるく云ことでない。さてこれを聞て、昨日迠貞観政要を見たか垩人の政はああ声色のことてないとしる。迂斉の説なり。然し声色なくてかなはぬこと。迂斉、振舞の料理の弁なり。声色はふるまいに料理のあるやふなもの。されとも客か亭主の德に感して來た。御亭主の御心入のこと。料理食には來ぬと云。料理は末なり。末務かすてることてはないか、声色はきぶい皃のやふなもの。然し親父がやかましいからと云てわるいことせぬなれば、大和めぐり、留主が心元ない。そこで末務とは云ふなり。則猶有声色者存。ここらはよくも註せり。めったにふだんは迂詐をつかぬと云へば、旱りのときはつくべし。不顕之妙。德と云ふと只指すのになる。そこをは妙と云。其妙を云かなへるになり。如毛。声色の道具立なし。是か不顕の形容なり。迂斉の、又は別によいものを出したと云り。而又か孔子の其上に子思か又自らなり。有可比者。罌子粒ほとと云へとも手に取られる。妙は熱湯へ雪なり。声色の以の字に註かないと三宅先生律儀ゆへ云へり。外の註例と違ったゆへそう云はれたならん。詩集傳には以猶與也とあり。声色にも註なし。詩經も中庸にあつけて細かに註せぬ。載も事の字に書かへてすくに字註になる。
【解説】
「輶、由・酉二音。○詩、大雅皇矣之篇。引之以明上文所謂不顯之德者、正以其不大聲與色也。又引孔子之言以爲、聲色乃化民之末務。今但言不大之而已、則猶有聲色者存、是未足以形容不顯之妙。不若烝民之詩所言德輶如毛、則庶乎可以形容矣。而又自以爲、謂之毛、則猶有可比者、是亦未盡其妙」の説明。声色は振舞に料理のある様なもの。しかしながら客が亭主の徳に感じて来た。そこで料理は末である。
【通釈】
註。「不大聲與色云云」。一つずつ扱き上げること。この章句の見様である。文王に声色と言ったからとして、学者が後の無声無臭へ先走りして無性に悪く言うことではない。さてこれを聞いて、昨日まで貞観政要を見ていたが、聖人の政はああ声色のことではないと知る。迂斎の説。しかし声色がなくては叶わないこと。迂斎の振舞の料理の弁である。声色は振舞に料理のある様なもの。しかしながら客が亭主の徳に感じて来た。御亭主の御心入れのこと。料理を食いには来ないと言う。料理は末である。「末務」は捨てることではないが、声色はきぶい顔の様なもの。しかし親父が喧しいからと言って悪いことをしないのであれば、大和巡り、留守が心許ない。そこで末務と言う。「則猶有聲色者存」。ここらはよく註した。滅多に普段は嘘を吐かないと言えば、旱の時は吐くだろう。「不顯之妙」。徳と言うとただ指すことになる。そこで妙と言う。その妙を言い叶えるに「如毛」である。声色の道具立てはない。これが不顕の形容である。迂斎が、「又」は別によいものを出したのだと言った。「而又」が孔子のその上に子思が「又自」である。「有可比者」。罌子粒ほどと言えども手に取ることはできる。「妙」は熱湯へ雪。「不大聲以色」の「以」の字に註がないと、三宅先生が律儀な人なので言った。他の註例と違っているのでそう言われたのだろう。詩集伝には「以、猶與也」とある。声色にも註はない。詩経も中庸に預けて細かに註をしていない。載も事の字に書き替えて直ぐに字註になる。
【語釈】
・詩集傳には以猶與也…詩經大雅文王皇矣集註。「以、猶與也」。

上天之事云云為不顕之至。本文の至矣に見がよい。形容するの至なり。蓋は無声無臭をとくの蓋なり。迂斉云、画師へ風を書てくれろと云たれは、桺をかいたとなり。柳を借り子はならぬ。声臭圖にならぬもの。物の中ても鳥の■(口偏に奇)はかかれぬ。伽羅香爐より煙の出るはかかれるか香はかかれぬ。声もなきもの。字の点もきこへた。それさへないと言へはこれ理のことなり。そこて口ては無声無臭と云より外に精いことない。東山義政四疂半にせしなり。それを利休か子二疂の坐鋪につめた。それを又利休かとてもつめるならと云て一疂半にしたなり。至れり矣なり。此はあらひ譬なれとも、此段のきり々々へつまる処をは子思か一疂半につめたなり。不顕のきり々々をつめ塲迠つめる。これから先をなくして仕舞たかるは仏見。垩人に無くするの出來すのと云ことはない。索隱ことはせぬ。有るものを無にせふと云は手のこんたこと。自然てない。それて虚無寂滅とは根の違ったことなり。あれと草摺引は入らぬ。こちは物をつかまへてその理に形かないと云こと。此の無か自然の無。あるものに形ないを見て無と云。不顯の德か無と建立したてない。そこて無声無臭。とうも形のないなりを云たもの。懸空底なものでない。垩賢五倫常行事々物々の上にある道を得てをらるるを德と云。その德あらはれず、云ふに云へぬ。無声無臭なりと云までのことなり。無いと云てうれしかるてない。かふ云より外ないと云ことなり。異端のないほとには手柄をさせぬのかこっちの無の字なり。達磨はないに九年かかりたぞ。ととさわがしい方なり。そこを天を動し地を驚すと云たものなり。又別有是三者云云。心元ないゆへ云。これ迠の朱註て後世誤るものもあるまいが、然し程門さへ三鼻ありて又別に有やふに見たゆへ丁寧に云。不顕の德を無声無臭と形容して、三鼻か一貫きのことなり。万代へのこす章句、程門の歴々さへ見違たれは、又後に程門の如き者も有ふかの為めなり。
【解説】
「不若文王之詩所言上天之事無聲無臭、然後乃爲不顯之至耳。蓋聲臭有氣無形、在物最爲微妙。而猶曰無之。故惟此可以形容不顯篤恭之妙。非此德之外、又別有是三等、然後爲至也」の説明。聖人に無くすとか出来すとかということはない。有るものを無にしようというのは手の混んだことで自然でない。こちらは物を捉まえて、その理に形がないということ。この無が自然の無。あるものに形のないのを見て無と言う。不顕の徳が無だと建立したのではない。
【通釈】
「上天之事云云爲不顯之至耳」。本文の「至矣」だと見なさい。形容するの至りである。「蓋」は無声無臭を説く蓋である。迂斎が、画師へ風を書いてくれと言うと、柳を書いたそうだと言った。柳を借りなければならない。声臭は図にならないもの。物の中でも鳥の鳴き声は書けない。伽羅香爐より煙が出るのは書けるが香は書けない。声も無きもの。字の点もよくわかる。それさえないと言えば、これは理のこと。そこで口では無声無臭と言うより外に精しいことはない。足利義政が四畳半にした。それを利休の子が二畳の座敷に詰めた。それをまた利休も詰めるのならと言って一畳半にした。至矣である。これは粗い譬えだが、この段のぎりぎりへ詰まる処を子思が一畳半に詰めたのである。不顕のぎりぎりを詰め場まで詰める。これから先をなくして仕舞いたがるのは仏見。聖人に無くすとか出来すとかということはない。隱を索むることはしない。有るものを無にしようというのは手の混んだことで自然でない。それで虚無寂滅とは根の違ったこと。あれとの草摺引は要らない。こちらは物を捉まえて、その理に形がないということ。この無が自然の無。あるものに形のないのを見て無と言う。不顕の徳が無だと建立したのではない。そこで無声無臭。どうも形のない姿を言ったもの。懸空底なものではない。聖賢の五倫常行事々物々の上にある道を得ておられるのを徳と言う。その德は顕れず、言うに言えないもので、無声無臭と言うまでのこと。無いと言っても嬉しがることではない。この様に言うより外ないということ。異端の無と言うほどには手柄をさせないのがこちらの無の字である。達磨は無に九年掛かった。結局は騒がしい方である。そこを天を動かし地を驚すと言ったもの。「又別有是三等云云」。心許ないので言う。これまでの朱註で後世誤る者もいないだろうが、しかし程門でさえ三鼻あってまた別に有る様に見たので丁寧に言う。不顕の徳を無声無臭と形容して、三鼻が一貫きのこと。万代へ遺す章句、程門の歴々さえ見違えたのだから、また後に程門の如き者も有ろうかとのためである。
【語釈】
・索隱…中庸章句11。「子曰、素隱行怪、後世有述焉。吾弗爲之矣」。同集註。「素、按漢書當作索。蓋字之誤也」。

右第三十三章。前章極致之言云云。三十二章に無加矣と云。ここの前章とは三十章から三十二章迠こめて云ことなり。因はあの言からなり。憂失其傳と云。逃るはこれ待て。上するは下へすへる。求其本は大本の本てなく、足本の本なり。馴致。そろ々々これへまいる。五祖か六祖に一夜一寸と逢ふて統を得たと云様なことではない。至無声無臭而後已焉。何も彼も無声無臭から出るゆへ、垩賢の心ちんまりとしたものなり。無声無臭か道のなりて、太極と云も何もこのことなり。この上に云やうはない。盖挙一篇之要而約言之云云。御暇申ふを引とめて云。迂斉の弁なり。この章のこと、首章より三十二章迠のことに此章にないか、斯ふまとまらぬ。深切矣。多く親切とある親切は異見や工夫に云こと。これも工夫といへとも、中庸道統のきり々々ゆへ、深字とみへる。其可不尽心乎。直方先生、只の者へ見せることてなく学者と云へり。大学は不可忽之と云。中庸は上天之載云云、心を尽さ子はみへぬ。忽せ所てない。微程子をここへ引云よい。迂斉、退之永叔をここへ出して、あの衆は中庸をよんても尽心かないから役に立ぬ、と。某序文て云た、誰々か見たと云ても益に立ぬかそれなり。晋の戴顒、我朝ては清原頼業なとと数へても、よんた例には入らぬことなり。予講釈にて大筋はすむでもあらふなれども、精微は中々ヶ様なことにあらず。予二十席に講じ畢る。若林先生は五十五坐で終たとなり。これにても考へしるべし。講義定て小濱にあるべし。櫻木にたのみかりてみるがよし。
【解説】
「右第三十三章。子思因前章極致之言、反求其本、復自下學爲己謹獨之事、推而言之、以馴致乎篤恭而天下平之盛、又贊其妙、至於無聲無臭而後已焉。蓋舉一篇之要而約言之、其反復丁寧示人之意、至深切矣。學者其可不盡心乎」の説明。ここの前章とは、三十章から三十二章までを込めて言ったこと。大学では「不可以其近而忽之也」と言うが、中庸は上天之載云云で、心を尽くさなければ見えないから忽せ所ではない。
【通釈】
「右第三十三章」。「前章極致之言云云」。三十二章で「無加矣」と言う。ここの前章とは、三十章から三十二章までを込めて言ったこと。「因」はあの言からということ。「憂失其傳」と言う。逃げる者にはこれ待て。上擦る者は下へ据える。「求其本」は大本の本ではなくて足本の本である。「馴致」。そろそろとこれへ参る。五祖が六祖に一夜一寸逢って統を得たという様なことではない。「至於無聲無臭而後已焉」。何も彼も無声無臭から出るので、聖賢の心はちんまりとしたもの。無声無臭が道の姿で、太極というのも何も彼もこのこと。この上に言い様はない。「蓋舉一篇之要而約言之云云」。御暇申そうとするのを引き止めて言う。迂斉の弁。この章のこと、首章より三十二章までのことがこの章がなければこうは纏まらない。「深切矣」。多く親切とある親切は異見や工夫に言うこと。これも工夫とは言え、中庸道統のぎりぎりなので、深の字と見える。「其可不盡心乎」。直方先生が、ただの者へ見せることではなくて学者へ見せるものだと言った。大学は「不可以其近而忽之也」と言う。中庸は上天之載云云で、心を尽くさなければ見えない。忽せ所ではない。「微程夫子」をここへ引くと言いよい。迂斎が、退之永叔をここへ出して、あの衆は中庸を読んでも尽心がないから役に立たないと言った。私が序文で言った、誰々が見たと言っても益に立たないというのがそれ。晋の戴顒、我が朝では清原頼業などと数えても、読んだ例には入らない。私の講釈で大筋は済むだろうが、精微は中々その様なことではない。私が二十席で講じ畢わる。若林先生は五十五座で終わったと言う。これにても考えなさい。講義はきっと小濱にあるだろう。櫻木に頼んで借りて見るとよい。
【語釈】
・不可忽之…大學章句傳10。「讀者不可以其近而忽之也」。
・微程子…中庸章句序。「而微程夫子、則亦莫能因其語而得其心也」。
・退之…韓退之。
・永叔…欧陽修。
・戴顒…南朝・宋の儒者。初めて中庸を表彰する。78~441。
・清原頼業…平安時代後期の儒学者。高倉天皇に仕えた明経博士。
・若林先生…若林強齋。名は進居。新七と称す。一号は守中翁、晩年は寛齋、自牧。望南軒。京都の人。享保17年(1732)1月20日没。年54。
・櫻木…櫻木廣居。助右衛門と称す。櫻木誾齋の子。文化13年(1816)9月21日没。年62。


跋己酉一六中庸筆記
程朱之後、中庸之傳泯焉。而任之者亦鮮矣。自元明以來其間侭有知者與賢者、而實不得之於心、則亦無道之可寄。偕是非真。程朱其衰矣。故朝鮮李退溪之後欲負荷此道者吾未聞其人焉、正謂之耳。唯佐藤子自任以発程朱之蘊奧、而迂斎剛斎両夫子有以継其緒。故其學脉厳乎其峻矣。吾黙斎先生備輯其遺言以傳其旨訣者、存韞藏録學話之編也。是以今日循々以道二三子、邇年以一六之日為講課。小學家礼近思録大學論語孟子之書既畢。尋及中庸。此講也專祖述韞藏録學話之旨、及自所発揮者指示之際、開活通暢以欲二三子易暁者亦親切也。蓋喜怒哀樂之章及二十五章極尽其力、至費隱鬼神之両章與第二十六七章及末章、則精彩如徹理致如畵。可就各章觀焉。嘗江都之同友官羈不得負笈者、謀二三子欲得其各所録者、以充面命云。然_先生之講説固懸河之雄洋々如流、呼彼應此、酌甲酬乙。精蘊一致譬喩百出首尾堅横、録者自苦。故記楊而不及柳、舉端而不括末、或識左遺右、認前失後。最至意味深長隱微恍忽之語脉気象、則不啻不能全録、亦傡以乱其本相耳。譬猶采芙蓉投之汚泥、捕鮮魚放之旱燎。而終溷濁其精彩枯燥其滋味、以害彼真面目也。是非負辜於_先生、施將及過於江都同友。是以毎章敢請批於_先生既完、名曰己酉一六中庸筆記。_先生謂二三子曰、我以無省察存養之素、熟比於中庸之難講、却覚太極圖説之為易講而已。又曰、春來所講一時之節説、只欲舉大義以二三子他日迤邐有所進歩。敢勿示筆記於外以誤人。二三子其謹乎。筆記凡二十篇固出諸友之筆。但以敢録末章不自量、記其後爾。
寛政元年己酉仲夏 花澤謹跋
【読み】
跋己酉一六中庸筆記
程朱の後、中庸の傳泯ぶ。而して之を任ずる者も亦鮮し。元明より以來其の間侭[まま]知者と賢者と有れども、而れども實に之を心に得ざれば、則ち亦道の寄る可き無し。偕是れ真に非ず。程朱其れ衰う。故に朝鮮李退溪の後此の道を負荷せんと欲する者吾未だ其の人を聞かずとは、正に之を謂うのみ。唯佐藤子自ら任じて以て程朱の蘊奧を発し、迂斎剛斎両夫子以て其の緒を継ぐ有り。故に其の學脉厳として其れ峻し。吾が黙斎先生備に其の遺言を輯して以て其の旨訣を傳うる者、韞藏録學話の編に存す。是を以て今日循々として以て二三子を道いて、邇年一六の日を以て講課と為す。小學家礼近思録大學論語孟子の書既に畢われり。尋[つ]いで中庸に及べり。此の講や專ら韞藏録學話の旨を祖述し、及び自ら発揮する所の者の指示の際、開活通暢以て二三子暁り易からんことを欲する者も亦親切なり。蓋し喜怒哀樂の章及び二十五章極めて其の力を尽くし、費隱鬼神の両章と第二十六七章及び末章とに至りて、則ち精彩徹するが如く理致畵くが如し。各章に就いて觀る可し。嘗て江都の同友官羈して負笈することを得ざる者、二三子に謀りて其の各々録する所の者を得て、以て面命に充てんと欲すと云う。然るに_先生の講説固より懸河の雄洋々として流るるが如く、彼を呼びて此に應じ、甲を酌んで乙に酬う。精蘊一致譬喩百出首尾堅横、録する者自ら苦しむ。故に楊を記して柳に及ばず、端を舉げて末を括らず、或は左を識して右を遺し、前を認めて後を失す。最も意味深長隱微恍惚の語脉気象に至りては、則ち啻に全く録すること能わざるのみにあらず、亦傡以て其の本相を乱すのみ。譬えば猶芙蓉を采りて之を汚泥に投じ、鮮魚を捕えて之を旱燎に放つがごとし。而して終に其の精彩を溷濁し其の滋味を枯燥して、以て彼の真面目を害す。是れ辜を_先生に負うのみに非ず、施いて將に過を江都同友に及ぼさんとす。是を以て毎章敢えて批を_先生に請いて既に完し、名づけて己酉一六中庸筆記と曰う。_先生二三子に謂いて曰く、我省察存養の素無きを以て、熟々中庸の講じ難きに比すれば、却って太極圖説の講じ易きとすることを覚うるのみ、と。又曰く、春來講ずる所一時の節説、只大義を舉げて以て二三子他日迤邐して歩を進むる所有らんことを欲す。敢えて筆記を外に示して以て人を誤ること勿れ。二三子其れ謹めや。筆記凡て二十篇固より諸友の筆に出ず。但敢えて末章を録するを以て自ら量らず、其の後に記すこと爾り。
寛政元年己酉仲夏 花澤謹跋
【語釈】
・官羈…公務で出張していること?
・負笈…郷里を出て遊学する。
・迤邐[いり]…斜めに歩いて行くこと。