大学伝10
所謂平天下在治其國者、上老老而民興孝、上長長而民興弟、上恤孤而民不倍。是以君子有絜矩之道也。長、上聲。弟、去聲。倍、與背同。絜、胡結反。
老老、所謂老吾老也。興、謂有所感發而興起也。孤者、幼而無父之稱。絜、度也。矩、所以爲方也。言此三者、上行下效、捷於影響、所謂家齊而國治也。亦可以見人心之所同、而不可使有一夫之不獲矣。是以君子必當因其所同、推以度物、使彼我之間各得分願。則上下四旁均齊方正、而天下平矣。

所惡於上、毋以使下。所惡於下、毋以事上。所惡於前、毋以先後。所惡於後、毋以從前。所惡於右、毋以交於左。所惡於左、毋以交於右。此之謂絜矩之道。惡・先、並去聲。
此覆解上文絜矩二字之義。如不欲上之無禮於我、則必以此度下之心、而亦不敢以此無禮使之、不欲下之不忠於我、則必以此度上之心、而亦不敢以此不忠事之、至於前後左右、無不皆然。則身之所處、上下四旁、長短廣狹、彼此如一、而無不方矣。彼同有是心而興起焉者、又豈有一夫之不獲哉。所操者約、而所及者廣。此平天下之要道也。故章内之意、皆自此而推之。

詩云、樂只君子、民之父母。民之所好好之、民之所惡惡之。此之謂民之父母。樂、音洛。只、音紙。好・惡、並去聲、下並同。
詩小雅南山有臺之篇。只、語助辭。言能絜矩而以民心爲己心、則是愛民如子、而民愛之如父母矣。

詩云、節彼南山、維石巖巖、赫赫師尹、民具爾瞻。有國者不可以不愼、辟則爲天下僇矣。節、讀爲截。辟、讀爲僻。僇、與戮同。
詩小雅節南山之篇。節、截然高大貌。師尹、周太師尹氏也。具、俱也。辟、偏也。言在上者人所瞻仰、不可不謹。若不能絜矩而好惡
於一己之偏、則身弑國亡、爲天下之大戮矣。
詩云、殷之未喪師、克配上帝。儀監于殷、峻命不易。道得衆則得國、失衆則失國。喪、去聲。儀、詩作宜。峻、詩作駿。易、去聲。
詩文王篇。師、衆也。配、對也。配上帝、言其爲天下君、而對乎上帝也。監、視也。峻、大也。不易、言難保也。道、言也。引詩而言此、以結上文兩節之意。有天下者、能存此心而不失、則所以絜矩而與民同欲者、自不能已矣。

是故君子先愼乎德。有德此有人、有人此有土、有土此有財、有財此有用。
先愼乎德、承上文不可不愼而言。德、即所謂明德。有人、謂得衆。有土、謂得國。有國則不患無財用矣。
德者本也。財者末也。
本上文而言。
外本内末、爭民施奪。
人君以德爲外、以財爲内、則是爭鬭其民、而施之以劫奪之敎也。蓋財者人之所同欲、不能絜矩而欲專之、則民亦起而爭奪矣。
是故財聚則民散。財散則民聚。
外本内末、故財聚。爭民施奪、故民散。反是則有德而有人矣。
是故言悖而出者、亦悖而入。貨悖而入者、亦悖而出。悖、布内反。
悖、逆也。此以言之出入、明貨之出入也。自先愼乎德以下至此、又因財貨以明能絜矩與不能者之得失也。

康誥曰、惟命不于常。道善則得之、不善則失之矣。
道、言也。因上文引文王詩之意而申言之。其丁寧反覆之意益深切矣。
楚書曰、楚國無以爲寶。惟善以爲寶。
楚書、楚語。言不寶金玉而寶善人也。
舅犯曰、亡人無以爲寶。仁親以爲寶。
舅犯、晉文公舅狐偃、字子犯。亡人、文公時爲公子、出亡在外也。仁、愛也。事見檀弓。此兩節又明不外本而内末之意。
秦誓曰、若有一个臣。斷斷兮無他技、其心休休焉。其如有容焉。人之有技、若己有之、人之彦聖、其心好之、不啻若自其口出、寔能容之、以能保我子孫黎民。尚亦有利哉。人之有技、媢疾以惡之、人之彦聖、而違之俾不通。寔不能容、以不能保我子孫黎民。亦曰殆哉。个、古賀反、書作介。斷、丁亂反。媢、音冒。
秦誓、周書。斷斷、誠一之貌。彦、美士也。聖、通明也。尚、庶幾也。媢、忌也。違、拂戻也。殆、危也。

唯仁人放流之、迸諸四夷、不與同中國。此謂唯仁人爲能愛人、能惡人。迸、讀爲屏。古字通用。
迸、猶逐也。言有此媢疾之人、妨賢而病國、則仁人必深惡而痛絶之。以其至公無私、故能得好惡之正如此也。
見賢而不能舉、舉而不能先、命也。見不善而不能退、退而不能遠、過也。命、鄭氏云、當作慢。程子云、當作怠。未詳孰是。遠、去聲。
若此者、知所愛惡矣、而未能盡愛惡之道。蓋君子而未仁者也。

好人之所惡、惡人之所好、是謂拂人之性。菑必逮夫身。菑、古災字。夫、音扶。
拂、逆也。好善而惡惡、人之性也。至於拂人之性、則不仁之甚者也。自秦誓至此、又皆以申言好惡公私之極、以明上文所引南山有臺・節南山之意。

是故君子有大道。必忠信以得之、驕泰以失之。
君子、以位言之。道、謂居其位而脩己治人之術。發己自盡爲忠、循物無違謂信。驕者矜高、泰者侈肆。此因上所引文王・康誥之意而言。章内三言得失、而語益加切。蓋至此而天理存亡之幾決矣。
生財有大道。生之者衆、食之者寡、爲之者疾、用之者舒、則財恒足矣。恒、胡登反。
呂氏曰、國無遊民、則生者衆矣。朝無幸位、則食者寡矣。不奪農時、則爲之疾矣。量入爲出、則用之舒矣。愚按、此因有土有財而言、以明足國之道在乎務本而節用、非必外本内末而後財可聚也。自此以至終篇、皆一意也。

仁者以財發身、不仁者以身發財。
發、猶起也。仁者散財以得民、不仁者亡身以殖貨。
未有上好仁而下不好義者也。未有好義其事不終者也。未有府庫財非其財者也。
上好仁以愛其下、則下好義以忠其上。所以事必有終、而府庫之財無悖出之患也。
孟獻子曰、畜馬乘不察於雞豚。伐冰之家不畜牛羊。百乘之家不畜聚斂之臣。與其有聚斂之臣、寧有盜臣。此謂國不以利爲利、以義爲利也。畜、許六反。乘・斂、並去聲。
孟獻子、魯之賢大夫仲孫蔑也。畜馬乘、士初試爲大夫者也。伐冰之家、卿大夫以上、喪祭用冰者也。百乘之家、有采地者也。君子寧亡己之財、而不忍傷民之力。故寧有盜臣、而不畜聚斂之臣。此謂以下、釋獻子之言也。

長國家而務財用者、必自小人矣。彼爲善之。小人之使爲國家、菑害並至。雖有善者、亦無如之何矣。此謂國不以利爲利、以義爲利也。長、上聲。彼爲善之、此句上下、疑有闕文誤字。
自、由也。言由小人導之也。此一節、深明以利爲利之害、而重言以結之、其丁寧之意切矣。

右傳之十章。釋治國平天下。此章之義、務在與民同好惡而不專其利、皆推廣絜矩之意也。能如是、則親賢樂利各得其所、而天下平矣。凡傳十章、前四章統論綱領指趣、後六章細論條目功夫。其第五章乃明善之要、第六章乃誠身之本、在初學尤爲當務之急。讀者不可以其近而忽之也。
【読み】
謂う所の天下を平かにすることは其の國を治むるに在りとは、上老を老として民興りて孝し、上長を長として民興りて弟し、上孤を恤[あわれ]みて民倍[そむ]かず。是を以て君子に絜矩[けっく]の道有り。長は、上聲。弟は、去聲。倍は、背と同じ。絜は、胡結の反。
老を老とすとは、謂う所の吾が老を老とするなり。興は、感發して興起する所有るを謂うなり。孤は、幼にして父無きの稱。絜は、度るなり。矩は、方を爲る所以なり。言うこころは、此の三の者は、上行い下效うこと、影響より捷[はや]く、謂う所の家齊いて國治まるとなり。亦以て人心の同じき所にして、一夫も之獲ざること有らしむ可からざるを見る可し。是を以て君子は必ず當に其の同じき所に因りて、推して以て物を度りて、彼我の間をして各々分願を得せしむべし。則ち上下四旁均齊方正にして、天下平かなり。
上に惡む所、以て下に使うこと毋かれ。下に惡む所、以て上に事うること毋れ。前に惡む所、以て後に先だつこと毋かれ。後に惡む所、以て前に從うこと毋かれ。右に惡む所、以て左に交わること毋かれ。左に惡む所、以て右に交わること毋かれ。此れ之を絜矩の道と謂う。惡・先は、並びに去聲。
此れ上文の絜矩の二字の義を覆解す。上の我に無禮なるを欲せざれば、則ち必ず此を以て下の心を度りて、亦敢て此の無禮を以て之を使わず、下の我に不忠なるを欲せざれば、則ち必ず此を以て上の心を度りて、亦敢て此の不忠を以て之に事えざるが如く、前後左右に至るまで、皆然らざること無し。則ち身の處る所、上下四旁、長短廣狹、彼此一の如くにして、方[みち]ならざること無し。彼の同じく是の心有りて興起する者は、又豈一夫も之獲ざること有らんや。操る所の者は約にして、及ぶ所の者は廣し。此れ天下を平かにするの要道なり。故に章内の意は、皆此よりして之を推す。

詩に云う、樂しめる君子は、民の父母、と。民の好む所は之を好み、民の惡む所は之を惡む。此れ之を民の父母と謂う。樂は、音は洛。只は、音は紙。好・惡は、並びに去聲、下並びに同じ。
詩は小雅南山有臺の篇。只は、語助の辭。言うこころは、絜矩を能くして民の心を以て己が心と爲せば、則ち是れ民を愛すること子の如くにして、民之を愛すること父母の如しとなり。

詩に云う、節たる彼の南山は、維れ石巖巖たり、赫赫たる師尹は、民具に爾く瞻る、と。國を有つ者は以て愼まずんばある可からず。辟するは則ち天下の僇[りく]と爲る。節は、讀みて截[せつ]と爲す。辟は、讀みて僻と爲す。僇は、戮[りく]と同じ。
詩は小雅節南山の篇。節は、截然高大の貌。師尹は、周の太師尹氏なり。具は、俱なり。辟は、偏るなり。言うこころは、上に在る者は人の瞻仰ぐ所、謹まずんばある可からず。若し絜矩を能くせずして好惡一己の偏にえば、則ち身弑し國亡び、天下の大戮と爲るとなり。

詩に云う、殷の未だ師を喪わざる、克く上帝に配[こた]う。儀[よろ]しく殷に監るべし、峻命は易からず、と。道うこころは、衆を得れば則ち國を得、衆を失えば則ち國を失うとなり。喪は、去聲。儀は、詩に宜に作る。峻は、詩に駿に作る。易は、去聲。
詩は文王の篇。師は、衆なり。配は、對うるなり。上帝に配うは、其れ天下の君と爲りて、上帝に對するを言うなり。監は、視るなり。峻は、大なり。易からずは、保ち難きを言うなり。道は、言うなり。詩を引きて此を言いて、以て上文の兩節の意を結ぶ。天下を有つ者は、能く此の心を存して失わざれば、則ち絜矩して民と欲を同じくする所以の者、自ずと已むこと能わず。

是の故に君子は先ず德を愼む。德有れば此に人有り、人有れば此に土有り、土有れば此に財有り、財有れば此に用有り。
先ず德を愼むとは、上文の愼まずんばある可からずを承けて言う。德は、即ち謂う所の明德なり。人有りとは、衆を得るを謂う。土有りとは、國を得るを謂う。國有れば則ち財用無きを患えず。
德は本なり。財は末なり。
上文に本づいて言う。
本を外にし末を内にすれば、民を爭わし奪うことを施[し]く。
人君德を以て外と爲し、財を以て内と爲せば、則ち是れ其の民を爭い鬭わしめて、之に施すに劫奪の敎を以てす。蓋し財は人の同じく欲する所、絜矩を能くせずして之を專にせんと欲すれば、則ち民も亦起きて爭い奪う。
是の故に財聚まれば則ち民散る。財散れば則ち民聚まる。
本を外にし末を内にす、故に財聚まる。民を爭わし奪うことを施す、故に民散る。是に反すれば則ち德有りて人有り。
是の故に言悖[もと]りて出づる者は、亦悖りて入る。貨悖りて入る者は、亦悖りて出づ。悖は、布内の反。
悖[はい]は、逆[さかしま]なり。此れ言の出入を以て、貨の出入を明らかにするなり。先ず德を愼むより以下此に至るまで、又財貨に因りて以て絜矩を能くすると能くせざる者との得失を明らかにするなり。

康誥に曰く、惟れ命は常に于[おい]てせず、と。道うこころは、善なれば則ち之を得、不善なれば則ち之を失うとなり。
道は、言うなり。上文の文王の詩を引くの意に因りて申[かさ]ねて之を言う。其の丁寧反覆の意、益々深切なり。
楚書に曰く、楚國には以て寶と爲すこと無し。惟善以て寶と爲す、と。
楚書は、楚語。言うここをは、金玉を寶とせずして善人を寶とすとなり。
舅犯曰く、亡人は以て寶と爲すこと無し。親しきを仁[いつく]しむを以て寶と爲す、と。
舅犯は、晉の文公の舅の狐偃、字は子犯。亡人は、文公時に公子爲り、出亡して外に在り。仁は、愛するなり。事は檀弓に見えり。此の兩節も又本を外にして末を内にせざるの意を明らかにす。
秦誓に曰く、若し一个[いっか]の臣有らんか。斷斷として他の技無きも、其の心は休休たり。其れ容るること有るが如し。人の技有るは、己之有るが若く、人の彦聖なるは、其の心之を好み、啻[ただ]に其の口より出すが若きのみにあらず、寔に能く之を容れ、以て能く我が子孫・黎民を保つ。尚[こいねが]わくは亦利有らんかな。人の技有るは、媢疾以て之を惡み、人の彦聖なるは、而も之に違いて通ぜざらしむ。寔に容るること能わず、以て我が子孫・黎民を保つこと能わず。亦曰[ここ]に殆[あやう]きかな、と。个は、古賀の反、書に介と作る。斷は、丁亂の反。媢は、音は冒。
秦誓は、周書。斷斷は、誠一の貌。彦は、美士なり。聖は、通明なり。尚は、庶幾うなり。媢は、忌むなり。違は、拂戻なり。殆は、危きなり。

唯仁人は之を放ち流し、諸を四夷に迸[しりぞ]け、與に中國を同じくせず。此を唯仁人のみ能く人を愛し、能く人を惡むことを爲すと謂う。迸は、讀みて屏と爲す。古字通用す。
迸は、猶逐のごときなり。言うこころは、此の媢疾の人、賢を妨げて國を病ますこと有れば、則ち仁人必ず深く惡みて痛く之を絶つ。其の至公にして私無きを以て、故に能く好惡の正を得ること此の如しとなり。

賢を見て舉ぐること能わず、舉げて先んずること能わざるは、命なり。不善を見て退くること能わず、退けて遠ざくること能わざるは、過ちなり。命は、鄭氏が云う、當に慢に作るべし、と。程子の云う、當に怠に作るべし、と。未だ孰[いず]れか是なることを詳かにせず。遠は、去聲。
此の若き者は、愛惡する所を知りて、而して未だ愛惡の道を盡くすこと能わず。蓋し君子にして未だ仁ならざる者なり。

人の惡む所を好み、人の好む所を惡むは、是を人の性に拂[さから]うと謂う。菑[わざわい]は必ず夫の身に逮[およ]ぶ。菑は、古の災の字。夫は、音は扶。
拂は、逆うなり。善を好みて惡を惡むは、人の性なり。人の性に拂うに至りては、則ち不仁の甚だしき者なり。秦誓より此に至るまで、又皆以て申[かさ]ねて好惡公私の極を言いて、以て上文引く所の南山有臺・節南山の意を明らかにす。

是の故に君子に大道有り。必ず忠信以て之を得、驕泰以て之を失う。
君子は、位を以て之を言う。道は、其の位に居りて己を脩め人を治むるの術を謂う。己に發りて自ら盡くすを忠と爲し、物に循いて違うこと無きを信と謂う。驕は矜高、泰は侈肆なり。此れ上に引く所の文王・康誥の意に因りて言う。章内に三たび得失を言いて、語益々切を加う。蓋し此に至りて天理存亡の幾決せり。
財を生ずるに大道有り。之を生ずる者衆く、之を食む者寡く、之を爲る者疾く、之を用うる者舒[ゆる]ければ、則ち財恒に足る。恒は、胡登の反。
呂氏曰く、國に遊民無ければ、則ち生ずる者衆し。朝に幸位無ければ、則ち食む者寡し。農時を奪わざれば、則ち之を爲ること疾し。入ることを量りて出づることを爲れば、則ち之を用うること舒し、と。愚按ずるに、此れ土有り財有るに因りて言いて、以て國を足すの道は本を務めて用を節するに在り、必ずしも本を外にし末を内にして後財聚むる可きに非ざることを明らかにす。此より以て終篇に至るまで、皆一意なり。

仁者は財を以て身を發し、不仁者は身を以て財を發す。
發は、猶起こすのごときなり。仁者は財を散じて以て民を得、不仁者は身を亡ぼして以て貨を殖[ふや]す。
未だ上仁を好みて下義を好まざる者有らざるなり。未だ義を好みて其の事終らざる者有らざるなり。未だ府庫の財其の財に非ざる者有らざるなり。
上仁を好みて以て其の下を愛すれば、則ち下義を好みて以て其の上に忠す。事必ず終ること有りて、府庫の財に悖り出づるの患無き所以なり。
孟獻子曰く、馬乘を畜えば雞豚を察せず。冰を伐る家は牛羊を畜わず。百乘の家は聚斂の臣を畜わず。其の聚斂の臣有らんよりは、寧ろ盜臣有れ、と。此を國は利を以て利と爲さず、義を以て利と爲すと謂うなり。畜は、許六の反。乘・斂は、並びに去聲。
孟獻子は、魯の賢大夫仲孫蔑なり。馬乘を畜うは、士初めて試[もち]いられて大夫と爲る者なり。冰を伐るの家は、卿大夫以上、喪祭に冰を用うる者なり。百乘の家は、采地有る者なり。君子は寧ろ己の財を亡して、民の力を傷つくるに忍びず。故に寧ろ盜臣有りて、聚斂の臣を畜わず。此謂以下は、獻子の言を釋くなり。

國家に長として財用を務むる者は、必ず小人に自[よ]る。彼之を善しとす。小人を之國家を爲[おさ]めしめれば、菑害[さいがい]並び至る。善者有りと雖も、亦之を如何ともすること無し。此を國は利を以て利と爲さず、義を以て利と爲すと謂うなり。長は、上聲。彼爲善之は、此の句の上下、疑うらくは闕文誤字有らん。
自は、由るなり。小人之を導くに由るを言うなり。此の一節は、深く利を以て利と爲すの害を明らかにして、重ね言いて以て之を結ぶ、其の丁寧の意切なり。

右は傳の十章。國を治めて天下を平かにすることを釋く。此の章の義は、務めは民と好惡を同じくして其の利を專にせざるに在り、皆絜矩の意を推し廣むるなり。能く是の如くなれば、則ち親賢樂利各々其の所を得て、天下平かなり。凡て傳の十章、前の四章は統て綱領の指趣を論じ、後の六章は細に條目の功夫を論ず。其の第五章は乃ち善に明らかなるの要、第六章は乃ち身に誠なるの本にして、初學に在りて尤も當に務むべきの急爲り。讀む者其の近きを以て之を忽にす可からざるなり。

右大學一篇、經二百有五字、傳十章、今見於戴氏禮書、而簡編散脱、傳文頗失其次。子程子蓋嘗正之。熹不自揆、竊因其説、復定此本。蓋傳之一章、釋明明德、二章、釋新民、三章、釋止於至善、以上並從程本、而増詩云瞻彼淇澳以下。四章、釋本末、五章、釋致知、並今定。六章、釋誠意、從程本。七章、釋正心・脩身、八章、釋脩身・齊家、九章、釋齊家・治國、十章、釋治國・平天下。並從舊本。序次有倫、義理通貫、似得其眞。謹第録如上。其先賢所正、衍文誤字、皆存其本文、而圍其上旁、注所改、又與今所疑者幷見於釋音云。新安朱熹謹記。
【読み】
右、大學の一篇、經二百有五字、傳十章、今戴氏の禮書に見えて、簡編散脱し、傳文頗る其の次を失う。子程子蓋し嘗て之を正せり。熹自ら揆[はか]らず、竊かに其の説に因りて、復た此の本を定む。蓋し傳の一章は明德を明らかにするを釋き、二章は民を新たにすることを釋き、三章は至善に止ることを釋き、以上は並びに程本に從いて、詩に云う瞻彼淇澳以下を増す。四章は本末を釋き、五章は知ることを致むることを釋き、並びに今定む。六章は意を誠にすることを釋き、程本に從う。七章は心を正しくして実を脩むることを釋き、八章は身を脩めて家を齊うことを釋き、九章は家を齊えて國を治むることを釋き、十章は國を治めて天下を平にすることを釋く。並びに舊本に從う。序次倫有り、義理通貫して、其の眞を得るに似たり。謹みて第録すること上の如し。其の先賢の正せる所、衍文誤字は皆其の本文を存して、其の上旁を圍み、改むる所を注し、又今疑う所の者と幷せて釋音に見[しめ]すと云う。新安の朱熹謹みて記す。

所謂平天下云々。四月十六日。家を斉へたことが国へ出る。天下を治るもやはり同しことなり。それで天下を治ると云て分に支度はないぞ。それなれば、天下を平にすると云ことは云はずとよさそうなものじゃに、ちっと違ふぞ。治国は手前のよいを人がみてよくなる。平天下はこちらから平になるやふにするものがあるなり。それで治国は化と云、平天下は推すと云なり。天下と云字ははばの廣い字なれとも、膝元から治て、それがひろまりて長﨑松前迠も治てゆくぞ。今は軍のないことばかり平と思ふがさうではないぞ。天下の人々の少も所を得ぬものないことを平と云なり。軍がなくても処をえぬものがありて難義をするものが有ては平ではないぞ。さても天下をと云へばはばひろいことゆへ忙しさうなことの様なれとも、前の国治と云から弘まりて天下が平になるなり。
【解説】
「所謂平天下在治其國者」の説明。天下を治めると言っても特別な支度はない。また、治国は自分がよいのを人が見てよくなることで、平天下はこちらから平になる様にするという違いがある。それで治国は化と言い、平天下は推すと言う。
【通釈】
「所謂平天下云々」。四月十六日。家を斉えたことが国へ出る。天下を治めるのもやはり同じこと。そこで、天下を治めると言っても特別な支度はない。そうであれば、天下を平にすることは言わなくてもよさそうなものだが、一寸違う。治国は自分がよいのを人が見てよくなること。平天下はこちらから平になる様にするものがある。それで治国は化と言い、平天下は推すと言う。天下という字は幅の広い字だが、膝元から治めて、それが広まって長崎や松前までも治まって行く。今は軍のないことばかりを平と思うがそうではない。天下に所を得ない者が全くないことを平と言う。軍がなくても処を得ない者がいて難儀をする者があっては平ではない。天下と言えば幅広いことなので忙しいことの様だが、前の国治というところから広まって天下が平になるのである。
【語釈】
・四月十六日…天明六年(1786)丙午4月16日。

上老云々。平天下は推すことなれとも、爰では化のことを云なり。老老はつまる処孝行のことなり。上恤孤云々はみなしこなれば、上から格別な御あしらいなことなり。上の段の慈所以使衆と云と同ことなり。民不倍は、下で上にそむかず謀叛をせぬと云文義ではないぞ。上の孤を恤が下の風俗になることなり。今も此風義があるなり。證拠には、捨子でもあると江戸でも田舎でもやれと云てそたててのつるものがあって、捨子を地へうつめると云やふなこともありそふなものじゃに、さう云者はないぞ。これが皆上の風儀が移りたのなり。是以云々。これから平天下のことなり。これでみれば上の心も下の心も一つものなれば、絜矩の道と云がなければならぬぞ。是以は興す々々をもと手にすることなり。云付ぬさきから孝ををこし、云付ぬさきから弟を興すなり。人が人を治めることなり。犬や猫を治めることではないぞ。
【解説】
「上老老而民興孝、上長長而民興弟、上恤孤而民不倍。是以君子有絜矩之道也。長、上聲。弟、去聲。倍、與背同。絜、胡結反」の説明。「老老」は孝行のこと。「上恤孤云々」は孤児に上が格別な御あしらいをすること。「民不倍」は、上の風儀が下に移ること。
【通釈】
「上老云々」。平天下は推すことだが、ここでは化のことを言う。「老老」は詰まる処孝行のこと。「上恤孤云々」は孤児のことで、上から格別な御あしらいをする。それは上の段の「慈所以使衆」と同じこと。「民不倍」は、下が上に背かず謀叛をしないという文義ではない。上が孤を恤むのが下の風俗になること。今もこの風儀がある。その証拠は、捨子でもあると江戸でも田舎でもやれと言って育てる者がいて、捨子を地へ埋めるという様なこともありそうなものだが、そういう者はいない。これが皆上の風儀が移ったのである。「是以云々」。これから平天下のこと。これで見れば、上の心も下の心も一つなのだから、「絜矩之道」というのがなければならない。是以は興すことを元手にすること。言い付けない先から孝を興し、言い付けない先から弟を興すのである。人が人を治める。犬や猫を治めることではない。

所謂老々也。孟子梁惠王にあり、人間どうしと云ことをよく合点するがよいぞ。犬や猫は上が孝行たとても尾はふらぬぞ。謂有感発而云々。まへの一国興仁の処には註はない。爰で朱子のきっと註してあるはしゅこうあることとみへるぞ。扨もと感発してかかる処で興起と云ったものなり。ゆへに間に而の字あり、それゆへ山﨑先生も興て孝しと点を付たか、これはやはり治国の通り興孝[孝を興す]と点を付るがよかろふぞ。其ことは直方の大學の筆記に弁してあり。孤者云々。めくむへきものは孤なり。平天下で孤と云て一つ手ふへたやふなれとも、矢張子を一つ愛ゆい思ふ心のひろまりたので、やはり慈所以使衆と同ことなり。絜度也。これが朱子のきつう考へて註したことなり。これ迠はかるとは誰も註したものはないぞ。そのわけは或問にあり、きっと證拠をとりて註したことなり。為方は四角なものをこしらへるではなく、丁ど大工がつもりものにゆくに曲りか子を一本腰にさしてゆく。どのやうなものでもつもりて来るなり。云へばたくらべることなり。
【解説】
老老、所謂老吾老也。興、謂有所感發而興起也。孤者、幼而無父之稱。絜、度也。矩、所以爲方也」の説明。犬や猫に孝行はない。人だから孝をするのである。孤を恤むのは「慈所以使衆」と同じで、子を可愛く思うことが広がったもの。また、「絜」は度ることであり、「矩」は見積もること。
【通釈】
「所謂老々也」。孟子の梁恵王篇にあり、人間同士ということをよく合点しなさい。犬や猫は上が孝行だったとしても尾は振らない。「謂有感発而云々」。前章の「一国興仁」の処に註はない。ここで朱子がしっかりと註をしたのには趣向があると見える。さて元々感発して掛かる処で興起と言ったもの。そこで、間に「而」の字があり、そこで山崎先生も興して孝しと点を付けたが、これはやはり治国の通りに孝を興すと点を付けるのがよいだろう。そのことは直方の大学の筆記に弁じてある。「孤者云々」。恤むべきものは孤である。平天下で孤と言うので一つ手が増えた様だが、やはり子を一つ可愛く思う心が広まったのであって、やはり慈所以使衆と同じこと。「絜、度也」。これが朱子が大層考えて註をしたこと。度るなどとは、これまで誰もその様な註をしたものはない。そのわけは或問にあり、しっかりと証拠を取って註をしたもの。「為方」は四角なものを拵えるのではなく、丁度大工が積りものに行く時に曲尺を一本腰に差して行き、どの様なものでも積って来る様なこと。言えば比べるということ。
【語釈】
・老々…孟子梁恵王章句上7。「老吾老、以及人之老。幼吾幼、以及人之幼」。

此三者云々。もののかげと云ものは、出したがはやいかうつるが早いかなものなり。ひびきもそれなり。一夫之不獲は書経の文字なり。一人と云ことではないぞ。鳩巣も気を付てをかれたぞ。何でも家内を一つもってをる者のことなり。そこで今をどけに、をれも竃將軍たと云なり。ときにそれが家内一処にをることのならぬことあり。一処にをりて兄弟中をよくせふと思ふても、散り々々になりてをればそれもならぬぞ。孟子にも無恒産者因無恒心と云なり。大學の平天下と云が君子のほんの治めやうなり。當因其所同云々。因は因縁と云ことと同ことで、よりちなむことなり。分願は、それ々々の分がありて分に付た願のあることなり。親には絹をきせたいと思ふと五畝之宅樹之以桑と云て、老人は下に絹をきることがなるなり。これでは公事も訴訟もないはづなり。分願を得ぬと髙ひくが出来るぞ。得ると奉行もひまになるぞ。訟へ訴訟のあるは平でないからなり。そこで絜矩と云ことを出してみせたものなり。朱子の説にも上の下の前の後の右の左のと云。みな我身を中にをいてすることとなり。弘い天下ゆへに至て六ヶしいことなれとも、絜矩の二字でなんのこともなく治ることなり。これをのけてはどのやうなことをしても治らぬぞ。
【解説】
言此三者、上行下效、捷於影響、所謂家齊而國治也。亦可以見人心之所同、而不可使有一夫之不獲矣。是以君子必當因其所同、推以度物、使彼我之間各得分願。則上下四旁均齊方正、而天下平矣」の説明。分願を得ないと高低ができて争いが起こる。そこで絜矩ということを出して見せた。絜矩の二字で何事もなく治まる。
【通釈】
「此三者云々」。物の影というものは、出したが早いか映るのが早いかというもの。響きも同じ。「一夫之不獲」は書経の文字。一人ということではない。鳩巣も気を付けて置かれた。何でも家内を一つ持っている者のこと。そこで今戯けて、俺も竃将軍だと言う。時にそれが家内一処にいることのならないことがある。一処にいて兄弟仲をよくしようと思っても、散り散りになっていればそれもできない。孟子にも「無恒産者因無恒心」とある。大学の平天下というのが君子の本当の治め方である。「当因其所同云々」。因は因縁と同じことで、縁り因むこと。「分願」は、それぞれの分があって分に付いた願いのあること。親には絹を着せたいと思うと「五畝之宅樹之以桑」で、老人が下に絹を着ることができる。これでは公事も訴訟もない筈。分願を得ないと高低ができる。得ると奉行も閑になる。訟へ訴訟のあるのは平でないからである。そこで絜矩ということを出して見せたもの。朱子の説にも上下前後右左とある。皆自分の身を中心に置いてすることだと言う。広い天下なので至って難しいことだが、絜矩の二字で何事もなく治まる。これを除けてはどの様なことをしても治まらない。
【語釈】
・一夫之不獲…書経説命下。「予弗克俾厥后惟堯舜。其心愧恥、若撻于市。一夫不獲、則曰時予之辜」。
・無恒産者因無恒心…孟子梁恵王章句上7の語。滕文公章句上3にもある。
・五畝之宅樹之以桑…孟子孟子梁恵王章句上3、梁恵王章句上7の語。

此覆解上文云々。悪む々々と云はそふたいいやなことなり。朱子の註に無礼不忠と云てをくは、論語哀公問政。孔子対曰、君使臣以礼とあるから書れたものなり。上之礼云々。今人のめくらつかいと云は礼を知らぬのなり。筋の立ずにつかふことをめくらつかいと云て、それを無礼と云なり。丁どすべき通りのことを云付られはいやとは云はれぬもの。不忠は、奉公してつかへやうの誠でないなり。今かるいものでも、よく働きますがいとまをつかはすと云。働ならいとまをやらずとよさそふなものじゃに、不忠じゃからなり。身之所処は我さばくことなり。ものに長短廣狹はありうちなり。心で心をさばくに長短廣狹はないぞ。譬て云へば、たたのもののきるものを角力取にきせると短く狹い。又、角力取のきるものをたたの者がきると廣く長いぞ。彼同有是心云々。君が心ですると下の万民が心でうけるぞ。可笑いことがあれば、大名も笑へば下の合羽篭持も笑ふ。そのはづなり。心が同ことゆへぞ。所操者約は心一つですることなれば、ずんと些なことなり。周礼三百官もつまる処絜矩の二つのことなり。此平天下之要道と云もそこのたたみを去らずにと、慥か直方先生の云はれたかと覚へた。朱門の蔡九峯か書経の序に心と云字をしたたかかいたぞ。尭舜の南面して天下平と云がこれじゃと迂斎云はれたぞ。尭舜は天下を有てこさられてはさぞ御いそがしいことでござりませふ。いや何もさはくことはない、南面して天下平なり。無為天下平なり。前に恕と云字が出てをる。恕も絜矩もふたをあけてみると一つことなり。
【解説】
「所惡於上、毋以使下。所惡於下、毋以事上。所惡於前、毋以先後。所惡於後、毋以從前。所惡於右、毋以交於左。所惡於左、毋以交於右。此之謂絜矩之道。惡・先、並去聲。此覆解上文絜矩二字之義。如不欲上之無禮於我、則必以此度下之心、而亦不敢以此無禮使之、不欲下之不忠於我、則必以此度上之心、而亦不敢以此不忠事之、至於前後左右、無不皆然。則身之所處、上下四旁、長短廣狹、彼此如一、而無不方矣。彼同有是心而興起焉者、又豈有一夫之不獲哉。所操者約、而所及者廣。此平天下之要道也。故章内之意、皆自此而推之」の説明。筋が立たずにすることを「無礼」と言い、誠がなくて仕えるのを「不忠」と言う。物には「長短広狭」があるが、心で心を捌くのに長短広狭はない。君が心ですると下の万民が心で受ける。堯舜は心で政をした。そこで、何も騒いですることはなかった。
【通釈】
「此覆解上文云々」。悪むというのは総体嫌なこと。朱子の註に「無礼」「不忠」と言ってあるのは、論語に「哀公問政。孔子対曰、君使臣以礼」とあるから書かれたもの。「上之無礼云々」。今人が盲使いと言うのは礼を知らないからである。筋が立たずに使うことを盲使いと言い、それを無礼と言う。丁度すべき通りのことを言い付けられれば嫌とは言えないもの。「不忠」は、奉公をして仕える時に誠でないこと。今軽い者でも、よく働きますが暇を遣わすと言う。働きがあるのなら暇を遣らなくてもよさそうなものだが、それは不忠だからである。「身之所処」は自分を捌くこと。物には「長短広狭」があるが、心で心を捌くのに長短広狭はない。たとえて言えば、普通の者が着るものを角力取に着せると短く狭い。また、角力取の着る物を普通の者が着ると広く長い。「彼同有是心云々」。君が心ですると下の万民が心で受ける。可笑しいことがあれば、大名も笑えば下の合羽篭持ちも笑う。その筈で、心が同じだからである。「所操者約」は心一つですることなので、大層僅かなこと。周礼三百官も詰まる処は絜矩の二つである。「此平天下之要道」と言うのもそこの畳みを去らずにと、確かこれは直方先生が言われたものかと思う。朱門の蔡九峯が書経の序に心という字を大層書いた。堯舜が南面して天下平と言うのがこれだと迂斎が言われた。堯舜は天下を有しておられたのだから、さぞ御忙しいことでしょう。いや何も騒ぐことはない、南面して天下平である。無為で天下平である。前章に恕という字が出ていた。恕も絜矩も盖を開けて見ると一つこと。
【語釈】
・論語哀公問政。孔子対曰、君使臣以礼…「哀公問政」は中庸章句20であり、「孔子対曰、君使臣以礼」は、論語八佾19の「定公問、君使臣、臣事君、如之何。孔子對曰、君使臣以禮、臣事君以忠」を指す。

詩云楽只君子云々。内に德ありてふっくりとしてをる君子のことなり。民之父母は上にござる君ではない。両親も同ことなり。楽める只君子と云と楽しき只君子と云は文義がちがふぞ。直方先生も両説あるなり。なれとも楽める只の方がよいから山﨑先生も楽める只と点をしてあるなり。なれとも楽しきと云は民の方から云ことなれば、これも面白ぞ。民之所好云々。親はなんぎなことは子にかはりてしたがるもの。私はゆきがけの駄賃じゃなぞと云なり。どうも民と好悪を同せぬと云ことなればこまったものなり。君と云字は立派な字からへだたるなり。君の方から賂ひつかふてもならぬことなり。心と心のことゆへにやうなりたものなり。
【解説】
「詩云、樂只君子、民之父母。民之所好好之、民之所惡惡之。此之謂民之父母。樂、音洛。只、音紙。好・惡、並去聲、下並同。詩小雅南山有臺之篇。只、語助辭。言能絜矩而以民心爲己心、則是愛民如子、而民愛之如父母矣」の説明。民と好悪を同じくしないのは悪い。心と心のことでよくなる。
【通釈】
「詩云楽只君子云々」。内に徳があってふっくりとしている君子のこと。「民之父母」は上におられる君ではない。両親も同じこと。楽しめる只君子というのと楽しき只君子というのは文義が違う。直方先生にも両説ある。楽しめる只の方がよいから山崎先生も楽しめる只と点をしてある。しかし、楽しきというのは民の方から言うことなので、これも面白い。「民之所好云々」。親は難儀なことは子に代わってしたがるもの。私は行き掛けの駄賃だなどと言う。民と好悪を同じくしないということであれば、どうも困ったもの。君という字は立派な字なので隔たる。そこで、君の方から賂を使ってもできない。心と心のことでよくなる。

詩云節彼南山云々。これは前の楽只君子の字うらを云たものなり。節彼南山は南の方の山と云説もあり、又、室氏などは周南山と云なり。博識な室氏なれば、室氏に從ふがよかろふぞ。赫々はきひしい日の照やうなり。爾瞻はしけ々々とみることなり。今にくいと思ふものが向ふ通るときにみるやうなことなり。目を付てみることなり。講後曰、目を付てみると云はわるし。云すぎなり。ただ髙処にをるから民がみると云ことなり。これも両点なり。爾瞻と云点があり、それなればちきに師尹をさすなり。詩経の圏外に爾の字あれば、爾を瞻と云方が朱子の正意かなり。僇は、はづかしめとみるがよいぞ。直方などもはつかしめと取た。僇[りく]とみると咎でもうけた者のことを云なり。一己之偏は、手前の勝手ばかりよいやふにすることなり。身殺国亡は、下から殺されることなり。この字から僇を咎にあふたことのやうにもみたがるが、矢張はづかしめとみるがよいぞ。
【解説】
「詩云、節彼南山、維石巖巖、赫赫師尹、民具爾瞻。有國者不可以不愼、辟則爲天下僇矣。節、讀爲截。辟、讀爲僻。僇、與戮同。詩小雅節南山之篇。節、截然高大貌。師尹、周太師尹氏也。具、俱也。辟、偏也。言在上者人所瞻仰、不可不謹。若不能絜矩而好惡於一己之偏、則身弑國亡、爲天下之大戮矣」の説明。君を民がしげしげと見る。そこで、君が自分の勝手によいことばかりをしていては殺される羽目になる。「僇」は、はずかしめと見るのがよい。
【通釈】
「詩云節彼南山云々」。これは前の楽只君子の字の裏を言ったもの。節彼南山は南の方の山という説もあり、また、室氏などは周南山だと言う。博識な室氏なので、室氏に従うのがよいだろう。「赫々」は厳しい日の照り様である。「爾瞻」はしげしげと見ること。今憎いと思う者が向こうを通る時に見る様なことで、目を付けて見ること。講後に言った。目を付けて見ると言うのは悪い。言い過ぎである。ただ高い処にいるから民が見るということだ、と。これも両点である。爾瞻という点があり、それで直に師尹を指す。詩経の圏外に爾の字があるので、爾を瞻ると言う方が朱子の正意だろう。「僇」は、はずかしめと見るのがよい。直方などもはずかしめと取った。僇[りく]と見ると咎でも受けた者のことを言うことになる。「一己之偏」は、自分の勝手ばかりをよい様にすること。「身弑国亡」は、下から殺されること。この字から僇を咎に遭ったことの様にも見たがるが、やはりはずかしめと見るのがよい。
【語釈】
詩経の圏外に爾の字あれば…詩経国風魏風伐檀のこと?

詩云殷之未喪師云々。前の二つより外はない。其上に爰へもふ一つ戒を出した。歴々と云もの、大勢の下があるからなり。下なしにれき々々はかりと云ことはないぞ。殷紂王のことを独夫の紂と云もそれで、茶坊主までもせうちせぬから、天子であれとも独夫の紂と云なり。儀監殷云々。前車の覆へるをみて後車の戒と云が監なり。不易。国と云ものがこちの耳や鼻のやうなものでないぞ。言難保が大事な文字なり。いつて世々万々歳と云て、あふないと思はぬとつつかぬぞ。秋葉の火防の札も火の用心をせぬと、札をもって来たもののかへらぬうちから焼出すぞ。神君の、二代將軍へ天下安と思ふかあぶないと思ふかと仰せられたれば、二代の、あぶないと存ずるとなり。神君の、それなれば頼もしいときつふ御悦びであったとなり。存此心云々は本文をさすぞ。爰で手前のことに云と存養のことになる。あの心と二つではないが、爰て本文をさすがよいぞ。
【解説】
「詩云、殷之未喪師、克配上帝。儀監于殷、峻命不易。道得衆則得國、失衆則失國。喪、去聲。儀、詩作宜。峻、詩作駿。易、去聲。詩文王篇。師、衆也。配、對也。配上帝、言其爲天下君、而對乎上帝也。監、視也。峻、大也。不易、言難保也。道、言也。引詩而言此、以結上文兩節之意。有天下者、能存此心而不失、則所以絜矩而與民同欲者、自不能已矣」の説明。殷の紂王のことを独夫と言う。民は君の耳や鼻の様なものではない。用心をしなければならない。
【通釈】
「詩云殷之未喪師云々」。前の二つより外はないのだが、その上にここへもう一つ戒めを出した。歴々と言うのも、大勢の下があるから言う。下なしに歴々ばかりということはない。殷の紂王のことを独夫の紂と言うのもそれで、茶坊主までをも承知しないから、天子であっても独夫の紂と言う。「儀監于殷云々」。前車の覆るのを見て後車の戒めと言うのが監である。「不易」。国というものは自分の耳や鼻の様なものではない。「言難保」が大事な文字である。いつも世々万々歳と言って、危ないと思わないから続かない。秋葉の火防の札も火の用心をしないと、札を持って来た者が帰らない内から焼け出す。神君が二代将軍へ、天下安しと思うか危ないと思うかと仰せられると、二代が、危ないと存ずると答えた。神君が、そうであれば頼もしいと大層御悦びだったそうである。「存此心云々」は本文を指す。ここを自分のことに言うと存養のことになる。その心と別ではないが、ここは本文を指すのがよい。

是故君子先慎于德云々。四月廿六日。治国とすぢが二つではないが、天下ははば廣いものゆへにどふも説やふが丁寧なり。それで平天下は大ふ長いぞ。取かへ引かへとく処が、手前へかへりみると云ことが大事ゆへ慎于德と云処へときもどしたものなり。何でも慎まぬと云ことはないが、人君たるものは德をつつしむと云が第一なり。先はよのことををいてなり。のかされぬことを云たものなり。急病人があるときは何事ををいても医者の処へ人をやると云ようなものなり。名主の処へ知らせるには及ばぬぞ。平生もうっかりとしてあるくと鼻紙袋を落すぞ。蔵ををろそかにすると必盗人が入るぞ。そこで慎と云ことでなければならぬぞ。丁ど病人の火消にゆかれた様なものなり。有人は、江戸の日本橋で大勢のあたまかずをみることではないぞ。天下の人がをもい付てこちへくることなり。啇紂王のときは大勢の人が不残思ひはなれて、早く天下がつぶれればよいと云てをりた。有土。一村が服すと一村がこちのものになるぞ。土地があれは財はひとりでに出来るなり。有財は、只今の者は佐渡の金山や金座や銀座のやふに思ふが、あれも財の外ではないかかぎりがある。だたい財と云ものは土から出来るものなり。洪範にも土食すと云てあり、德を慎むと云ことなれば、あとはすら々々とゆくことなり。ゆへに此有云々と云てあり。德即所謂明德。これが朱子なり。大學で德と云ことをよそ々々しく云ことではない。所謂明德。ここの餘意を覇者は仁義をかると云。あのやうに德を一の道具のやうにすることではないぞ。覇者の仁義をかると云は長い鯨身の様なものなり。をどしにするのなり。爰の明德と云は王者の方では一向に気の付ぬことなり。ここが王覇のわかる処なり。有人謂得衆。こちから手を出してすることではない。向からくることなり。仁斎が垩人の政は德ですることじゃ、大學には財用と云ことを云ってあるは垩人の書ではないと云。鉢坊主の見識なり。
【解説】
「是故君子先愼乎德。有德此有人、有人此有土、有土此有財、有財此有用。先愼乎德、承上文不可不愼而言。德、即所謂明德。有人、謂得衆。有土、謂得國。有國則不患無財用矣」の説明。人君は徳を慎むのが第一である。君に徳があれば民が服す。民が服せば財は独りでにできる。この徳は明徳のことだが、覇者は仁義を仮る。
【通釈】
「是故君子先慎于徳云々」。四月二十六日。治国と筋は二つではないが、天下は幅広いものなので、どうも説き様が丁寧である。それで平天下は大分長くなる。自分に顧みるということが大事なことなので、取っ換え引っ換え説いて、「慎于徳」という処へ説き戻したのである。何でも慎まないということはないが、人君たる者は徳を慎むのが第一である。先ずは余のことを置いてする。逃せられないことを言ったもの。急病人がある時は何事を置いても医者の処へ人を遣るという様なもの。名主の処へ知らせるには及ばない。平生もうっかりとして歩くと鼻紙袋を落とす。蔵を疎かにすると必ず盗人が入る。そこで慎ということでなければならない。丁度病人が火消しに行けない様なもの。「有人」は、江戸の日本橋で大勢の頭数を見ることではない。天下の人が思い付いてこちらへ来ること。商の紂王の時は大勢の人が残らず思い離れて、早く天下が潰れればよいと言っていた。「有土」。一村が服すと一村がこちらのものになる。土地があれば財は独りでにできる。「有財」は、只今の者はそれを佐渡の金山や金座や銀座の様に思うが、あれも財の外ではないが限りがある。そもそも財というものは土からできるもの。洪範にも土食すとあり、徳を慎むということであれば、後はすらすらと行く。そこで、「此有云々」と言う。「徳即所謂明徳」。これが朱子である。大学では徳をよそよそしく言ってはならない。所謂明徳。ここの余意を覇者は仁義を仮ると言う。あの様に徳を一つの道具の様にすることではない。覇者が仁義を仮るというのは長い鯨身の様なもの。威しにするのである。ここの明徳というのは王者の方では一向に気が付かないこと。ここが王覇の分かれる処である。「有人謂得衆」。こちらから手を出してすることではない。向こうから来ること。仁斎が聖人の政は徳でするものだ、大学に財用ということを言ってあるのは聖人の書ではないと言う。それは鉢坊主の見識である。
【語釈】
洪範にも土食す…洪範には「土爰稼穡」とあるが。
・覇者は仁義をかる…孟子公孫丑章句上3。「孟子曰、以力假仁者霸、霸必有大國」。尽心章句上30。「孟子曰、堯舜、性之也。湯・武、身之也。五霸、假之也。久假而不歸、惡知其非有也」。
鯨身

徳者本也云々。前で徳あれば財ありと云と、人が財の方へ計り目が付て財のために德を慎むやうになる。丁ど町人の人柄が大事だと云やふなものなり。町人の人柄が大事だと云は、人柄で金をつかわぬやうにとのことなり。垩賢の政が町人と同やうで有ふやうはないぞ。そこで爰で一つことはりてをか子ばならぬぞ。本上文而言。まへには承上文と云なり。ここでは本と云。このやうな処は気を付てみるがよいぞ。上の德を慎むと云から本と傳者の意を酌とりてかいたものなり。孟子が梁国へ行れたれば、やれ遠方を叟不為遠千里云々。外本内末云々。外は直方先生の弁に、そでにすることじゃとなり。仁義礼智を何にとそしる人もなけれとも、かうばしく思ふものもないぞ。内は、それをしたときにそれへあたたまりを付ることなり。外の内のと云字が面白い字なり。外と云は玄関へ通して茶と多葉粉盆でかへすこと。内と云は奥へ通して子ころんで咄すこと。爭民云々。君たるものが金がほしければ、百姓のものを取るより外はないぞ。金は天からもふらずに献山を祈てもわきもせぬぞ。そこで百姓の方から取るより外はないぞ。すると百姓もそふはなるまいと云なり。人君云々。上が治らぬと下も気が立てくるから騒動になるなり。丁度火消が火を消さずに火を付るやうなものなり。施之云々。下にわるいものがあると上君がききてはさて々々にが々々しひことだと云が、その師匠はと云へば人君なり。大學できけばきびしいやふに思ふが、あの玉のやうな孔子が季康子に此通りのことを云たぞ。こなたが盗をせずは下が服であろふと云たぞ。
【解説】
「德者本也。財者末也。本上文而言。外本内末、爭民施奪。人君以德爲外、以財爲内」の説明。徳あれば財ありと言うと財のために徳を慎もうとするが、それは間違いである。また、君が金を欲しがれば、百姓の物を取るより外はない。下が悪くなるのは上が悪いからである。
【通釈】
「徳者本也云々」。前で徳あれば財ありと言うと、人が財の方へばかり目が付いて、財のために徳を慎む様になる。それは丁度町人が人柄が大事だと言う様なもの。町人が人柄が大事だと言うのは、人柄で金を使わない様にとのこと。聖賢の政が町人と同じ様である筈はない。そこで、ここで一つ断って置かなければならない。「本上文而言」。前には「承上文」と言い、ここでは本と言う。この様な処は気を付けて見なさい。上の徳を慎むと言うことから、本と伝者の意を酌みとって書いたもの。孟子が梁の国へ行かれると、やれ遠方を「叟不遠千里云々」である。「外本内末云々」。「外」は直方先生の弁に、袖にすることだとある。仁義礼智を何だと譏る人もないが、芳ばしく思う者もいない。「内」は、それをした時にそれへ温まりを付けること。外内という字が面白い字である。外は玄関へ通して茶と煙草盆で帰すこと。内は奥へ通して寝転んで話すこと。「争民云々」。君たる者が金が欲しければ、百姓の物を取るより外はない。金は天からも降らずに献山を祈っても湧きもしない。そこで百姓の方から取るより外はない。すると百姓もそうはさせないと言う。「人君云々」。上が治まらないと下も気が立って来るから騒動になる。丁度火消しが火を消さずに火を付ける様なもの。「施之云々」。下に悪い者がいると上の君が聞けば、実に苦々しいことだと言うが、その師匠はと言えば人君である。大学を聞くと厳しい様に思うが、あの玉の様な孔子が季康子にこの通りのことを言った。貴方が盗みをしなければ下が服すだろうと言った。
【語釈】
・遠方を叟不為遠千里…孟子梁恵王章句上1。「孟子見梁惠王。王曰、叟、不遠千里而來、亦將有以利吾國乎」。
・孔子が季康子に此通りのことを云た…論語顔淵18。「季康子患盜。問於孔子。孔子對曰、苟子之不欲、雖賞之不竊」。

則是云々。則ははやいことなり。即字も同意なり。仏の即心即仏と云もこれなり。即座の即の字なり。今銭と云字は金篇にかいてあるが、もとは泉の字なり。泉と云ものは上総も下総もつついてをるものなり。たたい宝と云ものはこふしたものなり。以劫奪之教。人君たるものが劫奪をよろこふものではないが、われ知らずこふなりてくるなり。天下が上下や袴をきた盗人なり。これは丁ど手習をすれば師匠のやふに書れるやうなものなり。上がわるいと下がそれになるぞ。火付巾着切と云ものはあまりないもの。十人よせて一人もあるかなしのものなれとも、金銀に目をくれるなれば、てのよい盗人なり。専之。あれはどふてもよい、をれ斗り好ければよいとなり。前にも感発興起なりと云。ここにも起なり。よいにも起る。わるいにも起なり。それ大學をそでにするとは気毒なことなり。わずかうすい一冊なれとも、これほどよいことはないぞ。此心得で天下を治るなれば、天下は磐石の如に治らふことなり。
【解説】
則是爭鬭其民、而施之以劫奪之敎也。蓋財者人之所同欲、不能絜矩而欲專之、則民亦起而爭奪矣」の説明。君が我れ知らずに劫奪をする様になるので、天下中が裃や袴を着た盗人だらけになる。金銀に目をくれるのであれば、手のよい盗人である。
【通釈】
「則是云々」。則は早いことで、即の字も同意である。仏の即心即仏というのもこれ。即座の即の字である。今銭という字は金偏に書いてあるが、元は泉の字である。泉というものは上総も下総も続いているもの。そもそも宝というものはこうしたもの。「以劫奪之教」。人君たる者が劫奪を喜ぶものではないが、我れ知らずこうなって来る。天下が裃や袴を着た盗人である。これは丁度手習いをすれば師匠の様に書ける様なもの。上が悪いと下がそれになる。火付巾着切はあまりいないもの。十人寄せて一人あるかないかのものだが、金銀に目をくれるのであれば、手のよい盗人である。「専之」。あれはどうでもよい、俺だけがよければよいと言う。前にも感発興起と言い、ここにも起である。よいにも起、悪いにも起である。それで大学を袖にするとは気の毒なこと。僅かな薄い一冊だが、これほどよいことはない。この心得で天下を治めるのであれば、天下は磐石の如くに治まるだろう。

是故財聚云々。散と云はにげること斗でもない。上にそむいたことを散と云なり。有がたい殿様と云は手前の工面のよいときのことなり。財散則云々。御国かへあるならばついてゆかふと云様なことなり。これなれば千両箱をもったやうなことではないぞ。万代不易なり。直方先生の、天下を治るは乗掛合羽のやうながよいとなり。鳩巣の、冨士のすそ野と云こともそれなり。反是則云々。今のりかけ桐油なり。是故言悖而出者云々。ものの道理かこふしたものなり。云まいことを云のが言悖なり。さうすると向のものの腹を立て、又、言かへすなり。うりことばにかひことばと云やうなものなり。貨は、さうあるまいと思ふがたからもそふじゃとなり。天理は善にさいはいし、悪にわさはいするのなり。亦悖而出。啇人などか、あれは金のもふけやうがわるかりたゆへに長くはつつくまいと思ふたと云なり。此以言之出入云々。これは対句に云ったことなれとも、気を付てみるがよいぞ。言の出入ははやいが宝の出入も少しゆとりがある。そこで言の出入は気が付くが金の出入には気が付ぬぞ。又因財貨云々。平天下の傳の註にちょっ々々々と絜矩の字を出してをくぞ。
【解説】
「是故財聚則民散。財散則民聚。外本内末、故財聚。爭民施奪、故民散。反是則有德而有人矣。是故言悖而出者、亦悖而入。貨悖而入者、亦悖而出。悖、布内反。悖、逆也。此以言之出入、明貨之出入也。自先愼乎德以下至此、又因財貨以明能絜矩與不能者之得失也」の説明。君が財を聚めれば民は背く。天理は善に幸し、悪に災いする。そして、言の出入は早いから気を付けるが、金の出入は少しゆとりがあるので、気を付けない。
【通釈】
「是故財聚云々」。散というのは逃げることばかりでもない。上に背いたことを散と言う。有難い殿様と言うのは自分の工面のよい時のこと。「財散則云々」。御国替えがあるのなら付いて行こうと言う様なこと。こうであればこそ、財は千両箱を持った様なことではない。万代不易である。直方先生が、天下を治めるのは乗り掛け合羽の様なのがよいと言った。鳩巣が富士の裾野と言うのもそれ。「反是則云々」。今は乗り掛け桐油である。「是故言悖而出者云々」。ものの道理はこうしたもの。言ってはならないことを言うのが言悖である。そうすると向こうの者が腹を立てて、また言い返す。売り言葉に買い言葉という様なもの。「貨」はそうではないと思うだろうが、宝もそうだと言う。天理は善に幸し、悪に災いする。「亦悖而出」。商人などが、あれは金の儲け様が悪かったので長くは続かないだろうと思っていたと言う。「此以言之出入云々」。これは対句に言ったものだが、気を付けて見なさい。言の出入は早いが宝の出入は少しゆとりがある。そこで言の出入は気が付くが金の出入には気が付かない。「又因財貨云々」。平天下の伝の註にちょくちょく絜矩の字を出して置く。

康誥曰惟命云々。天下をたもつへきものが天下をもってをることが天命なり。武王の天下を有て弟の康叔を衛の国へ封するときの誥なり。此やうなときは兎角いわいを云たがるものじゃに、垩賢はさうしたことではないぞ。御前は百歳迠慥でござると云とうれしがるが、もふそれが不養生のもとなり。失ふ々々と云が命のつづくもとなり。申言なり。なんでもしんせつなことを云にはかさ子るものなり。一筆啓上と云ことを二つつかいたは書そこないじゃが、大事なことを誠に々々とかくやふなものなり。親が子に必ず箱根で馬にのるなよと云。又云ぞ。それをうるさがりて先刻うけたまわりたと云ことではないぞ。代々の君がこれをいやがりて、又か々々と云ぞ。
【解説】
「康誥曰、惟命不于常。道善則得之、不善則失之矣。道、言也。因上文引文王詩之意而申言之。其丁寧反覆之意益深切矣」の説明。天下を保つべき者が天下を持つのが天命であり、失うことを知るのが命の続く本である。
【通釈】
「康誥曰惟命云々」。天下を保つべき者が天下を持っているのが天命である。これは武王が天下を有して弟の康叔を衛の国へ封ずる時の誥である。この様な時はとかく祝いを言いたがるものだが、聖賢はそうしたことではない。貴方は百歳まで確かですと言われると嬉しがるが、もうそれが不養生の本になる。失うと言うのが命の続く本。これが「申言」である。何でも親切なことを言うには重ねるもの。一筆啓上を二つ使うのは書き損ないだが、大事なことを誠に誠にと書く様なもの。親が子に必ず箱根では馬に乗るなよと言う。また言う。それを煩がって先刻承ったと言うことではない筈。代々の君がこれを嫌がって、またかまたかと言う。

楚書曰楚国云々。今の国語のうちにあり、これは他国へ使者に行たときのあいさつなり。そこで書院で料理でも出して咄すときに国の名産をきくことなり。其ときのあいさつなり。君の光りをましたあいさつなり。宝善人云々。この善人と云は賢人と同ことなり。論語で云善人のやうに結構人と思ふことではないぞ。直方先生、論語で善人と云は仏性と云こととなり。これはさしたることでもないが、いかにしても大學の意に叶ふたことゆへ引たものなり。舅犯曰亡人云々。舅犯は文公の出奔した先きへついてあるかれたぞ。そこで文公のことをきかれたときのあいさつなり。何にもかも左傳でみればよくしれるぞ。たたい舅犯はいやな人なり。文公は覇のうちでも論語にも譎て不正と云。その手代なり。なれともそれを引くはどふなれば、以人不捨言なり。舜の意でこたへたぞ。皆脉落云々なり。
【解説】
「楚書曰、楚國無以爲寶。惟善以爲寶。楚書、楚語。言不寶金玉而寶善人也。舅犯曰、亡人無以爲寶。仁親以爲寶。舅犯、晉文公舅狐偃、字子犯。亡人、文公時爲公子、出亡在外也。仁、愛也。事見檀弓。此兩節又明不外本而内末之意」の説明。この善人は賢人と同じことで、論語で言う善人とは違う。論語の善人は結構人のこと。舅犯は嫌な人だが、それをここに載せたのは、彼が舜の意で答えたからである。
【通釈】
「楚書曰楚国云々」。今の国語の中にあり、これは他国へ使者に行った時の挨拶である。書院で料理でも出して話す時に国の名産を聞くことがあり、その時の挨拶である。君の光を増した挨拶である。「宝善人云々」。この善人は賢人と同じこと。論語で言う善人の様に結構人と思ってはならない。直方先生が、論語で善人と言うのは仏性ということだと言った。これはさしたることでもないが、いかにしても大学の意に叶ったことなので引いたもの。「舅犯曰亡人云々」。舅犯は文公が出奔した先へ付いて歩かれた。そこで文公のことを聞かれた時の挨拶である。何もかも左伝で見ればよくわかる。そもそも舅犯は嫌な人。文公は覇の内でも論語にも譎で不正とあるが、その手代である。しかし、それを引くのはどうしてかと言うと、「以人不廃言」である。舜の意で答えた。皆脈絡がある。
【語釈】
・論語にも譎て不正と云…論語憲問16。「子曰、晉文公譎而不正。齊桓公正而不譎」。
・以人不捨言…論語衛霊公22。「子曰、君子不以言擧人、不以人廢言」。

秦誓曰若有一个臣云々。秦穆公のことなり。穆公はものを後悔する人でありた。それから此やふなことを云たものなり。若はもふけて云たものなり。どうぞ此やうな家来はほしいと云ことなり。断々は誠一向なことなり。餘のことは藝なしなり。無他伎は、誠が望だからこふ云たものなり。鎮西八郎ほど弓が上手でも、弓で天下は治められぬ。尊円親王ほど手がよくても、手で天下は治らぬぞ。休々焉はすらりとしたこと。鳩巣は楽易ありと註した。これは知れた字ゆへ朱註はないぞ。楽易と云は面白云やふなり。なんぼでも鳩巣などは文章がよいから此やふな云よふがよいぞ。其心好之は忘れぬことなり。とかく人のよいことを人情でよろこばぬものなり。手前の菊が隣の菊よりよいと心もちがよいぞ。不啻若自其口云々。口で云より心ではもっと好すると云ことなり。穆公よい云やうなり。山夲勘介を甲斐の柱と云が軍でもするときはよかろふが、平天下のときはたのもしくない人なり。
【解説】
「秦誓曰、若有一个臣。斷斷兮無他技、其心休休焉。其如有容焉。人之有技、若己有之、人之彦聖、其心好之、不啻若自其口出、寔能容之、以能保我子孫黎民。尚亦有利哉」の説明。秦の穆公が誠一途で楽易な心を持った臣が欲しいと言った。また、人の技量や能力を称える臣がよい。人はとかく自分よりも優れている者を喜ばないもの。
【通釈】
「秦誓曰若有一个臣云々」。秦の穆公のこと。穆公はものを後悔する人だった。それからこの様なことを言ったもの。「若」は設けて言ったもの。どうかこの様な家来が欲しいということ。「断々」は誠一向なこと。余のことは芸なしである。「無他技」は、誠が望みだからこの様に言ったもの。鎮西八郎ほど弓が上手でも、弓で天下は治められない。尊円親王ほど手がよくても、手で天下は治まらない。「休々焉」はすらりとしたこと。鳩巣は楽易ありと註した。これは知れた字なので朱註はない。楽易とは面白い言い様である。鳩巣などは文章が大層よいから、この様な言い様がよい。「其心好之」は忘れないこと。とかく他人のよいことは人情で喜ばないもの。自分の菊が隣の菊よりよいと心持ちがよい。「不啻若自其口云々」。口で言うよりも、心ではもっと好じるということ。穆公のよい言い様である。山本勘介を甲斐の柱と言うが、軍でもする時はよいだろうが、平天下の時は頼もしくない人である。

人之有技媢疾。古への言とは、とかくよいをあけてわるいをみせる。これが藥と毒をみせるやうなものなり。媢疾。女の嫉妬なことを女へんに疾と云字をかく。男の子たむことを媢と云なり。彦垩の字を至極な垩人と云やふにみることではない。上の御役にも立べきものと云のなり。違之云々。これが今日多くあることなり。ちょっと癪が発りたものをもふ癲癇と名付たがる。そこで御近習番も呼出さぬぞ。さるやしきに兄弟中がよくて、弟の死だを悲んでなげいたを気が違ふたと云たものもあり。亦曰云々。この曰の字はよまずとよい。もし読みたくは曰[ここ]にとよむがよいぞ。ここにとよむもまた字を知ぬのになる。媢忌也。にくむばかりでもなく、心の底からいやに思ふが主なり。にくむと云は気がさに出てよけれとも、忌と云は深くいやがるのなり。
【解説】
「人之有技、媢疾以惡之、人之彦聖、而違之俾不通。寔不能容、以不能保我子孫黎民。亦曰殆哉。个、古賀反、書作介。斷、丁亂反。媢、音冒。秦誓、周書。斷斷、誠一之貌。彦、美士也。聖、通明也。尚、庶幾也。媢、忌也。違、拂戻也。殆、危也」の説明。技量のある者を妬み、有能な者を悪く言う。「媢」は憎むばかりではなく、心の底から嫌に思うこと。
【通釈】
「人之有技媢疾」。古の言は、とかくよいことを挙げて悪いことを見せる。これが薬と毒とを見せる様なもの。「媢疾」。女の嫉妬深いことを女偏に疾という字で書く。男の妬むことを媢と言う。「彦聖」の字を至極な聖人という様に見てはならない。上の御役にも立つべき者ということ。「違之云々」。これが今日多くあること。一寸癪が発った者をもう癲癇と名付けたがる。そこで御近習番にも呼び出さない。ある屋敷に兄弟仲がよくて、弟が死んだのを悲しんで嘆いていたのを気が違ったと言った者がいた。「亦曰云々」。この曰の字は読まなくてもよい。もしも読みたければここにと読むのがよい。ここにと読むのもまだ字を知らないことになる。「媢、忌也」。憎むばかりでもなく、心の底から嫌に思うのが主である。憎むのは気嵩に出てよいが、忌は深く嫌がるのである。

唯仁人放流之云々。上で媢疾の人のことで云て、天下を治るには其やふなわるい人を近付ぬやうにするが大事なり。そこで媢疾の人を治る治めよふを云たものなり。舜のやふな垩人でも天下を治るに独り狂言ではならぬぞ。舜臣有五人天下治と云なり。ときにこの媢疾と云人は其五人に邪魔をするなり。扨、その媢疾と云人は下の巾着切とは違ふぞ。裏付上下でつめてをるものなり。これも田舎じゃから此やうに一はいに云が、江戸抔で家中ものを相手にしてよむときはいかいこと匁方を引てよま子ばならぬぞ。仁人でなければ媢疾のことは見つけられぬぞ。これがえこ贔でするのではないぞ。迸四夷は、鬼が嶋へやるのなり。扨々手荒な仕方でござると云にそふないぞ。これを捨をくとよい者の根を切るなり。百姓のこはいものは虎狼より根切虫なり。とかくうへてをいたものの根をくってしまうぞ。そこで迸け子ばならぬぞ。言有此媢疾之人云々。国の人参は賢者なり。その人参を煎してをくのをすい々々とこぼしてしまふものなり。顔子の邦を治ることを問たときに、孔子の、鄭声をはなち佞人を遠くとなり。これは気をつけてみるがよいぞ。媢疾の人は仁人の処へ朔望もつとめれは、折ふしは進物もするものなり。なれともゆるさぬぞ。仁人ゆへに私はないぞ。好悪の正なり。
【解説】
「唯仁人放流之、迸諸四夷、不與同中國。此謂唯仁人爲能愛人、能惡人。迸、讀爲屏。古字通用。迸、猶逐也。言有此媢疾之人、妨賢而病國、則仁人必深惡而痛絶之。以其至公無私、故能得好惡之正如此也」の説明。天下を治めるには媢疾の人を近付けない様にすることが大事である。媢疾の人は賢者の邪魔をする。そこで遠ざける。
【通釈】
「唯仁人放流之云々」。上で媢疾の人のことを言ったが、天下を治めるにはその様な悪い人を近付けない様にするのが大事である。ここは媢疾の人を治める治め方を言ったもの。舜の様な聖人でも天下を治めるには独り狂言ではできない。「舜有臣五人而天下治」と言う。時にこの媢疾という人はその五人の邪魔をする。さて、その媢疾という人は下々の巾着切とは違い、裏付裃で詰めている者である。これも田舎だからこの様に一杯に言うが、江戸などで家中者を相手にして読む時は大層差し控えて読まなければならない。仁人でなければ媢疾のことは見付けられない。これは依怙贔屓でするのではない。「迸諸四夷」は、鬼が嶋へ遣ること。さてさて手荒な仕方だと言うが、そうではない。これを捨てて置くとよい者の根を切る。百姓の恐いものは虎狼より根切虫である。とかく植えて置いたものの根を食ってしまう。そこで迸けなければならない。「言有此媢疾之人云々」。国の人参は賢者である。その煎じて置いた人参を、すいすいとこぼしてしまう者である。顔子が邦を治めることを問うた時に、孔子が、鄭声を放ち佞人を遠ざくと言った。これを気を付けて見なさい。媢疾の人は仁人の処へ朔望も勤めれば、折節は進物もするもの。しかし、許してはならない。仁人なので私はない。「好悪之正」である。
【語釈】
・舜臣有五人天下治…論語泰伯20。「舜有臣五人、而天下治。武王曰、予有亂臣十人」。
・鄭声をはなち佞人を遠く…論語衛霊公10。「顏淵問爲邦。子曰、行夏之時、乘殷之輅。服周之冕。樂則韶舞。放鄭聲、遠佞人。鄭聲淫、佞人殆」。

見賢而不能挙云々。わるい人を放流するも、よい人を上へ挙たいからなり。ときに不能挙は、一日々々とさうしてをくなり。宋朝の人君も明道・伊川・朱子に至る迠見は見ても挙ることがならなんだ。又、挙は挙ても、挙たぎりですててをくなり。火を消すやうなもの。これ斗りはよいとすててはをかれぬことなり。未詳熟是。これはどちも一理あることゆへにどちとかた付ぬ。どちにしても命と云はすまぬぞ。朱註の例は前が正意なれとも、ここは鄭氏は古い人、程子は後の人ゆへにかふしてをかれたとみへる。慢も怠も似たことなり。慢はかろんずるきみなり。こととせぬことなり。又、怠はめんどふになる方。をこたりなり。上はかろんずる方のをこたり、下はめんどふに思ふをこたりなり。今夜はくらのぜうをろさなんだが、ああうっちゃってをけ、盗が来ても大きなことはないと云のが上の慢なり。又、蔵のぜふををろさなんだ、どうも子むくてならぬと云てすててをくの、これは怠なり。なれとも蔵のぜうををろさぬ処はどちも同ことなり。
【解説】
「見賢而不能舉、舉而不能先、命也。見不善而不能退、退而不能遠、過也。命、鄭氏云、當作慢。程子云、當作怠。未詳孰是。遠、去聲。若此者、知所愛惡矣、而未能盡愛惡之道。蓋君子而未仁者也」の説明。「命」は「慢」または「怠」である。慢は軽んずる気味の怠りで、怠は面倒になる方での怠りである。
【通釈】
「見賢而不能挙云々」。悪い人を放流するのも、よい人を上へ挙げたいからである。時に「不能挙」は、一日一日とそうしたままで置くこと。宋朝の人君も、明道・伊川・朱子に至るまで見るには見ても挙げることができなかった。また、挙げるには挙げも、挙げただけで捨てて置いた。それは火を消す様なもの。こればかりはよいと捨てては置けない。「未詳熟是」。これはどちらにも一理あるので、どちらと片付けないこと。どちらにしても命ということは済まないこと。朱註の例は前が正意だが、鄭氏は古い人、程子は後の人なので、こうして置かれたものと見える。「慢」も「怠」も似たこと。慢は軽んずる気味で、事としないこと。また、怠は面倒になる方で、怠りである。上は軽んずる方の怠り、下は面倒に思う怠りである。今夜は蔵の錠を下ろさなかったが、打ち遣って置け、盗人が来ても大きなことはないと言うのが上の慢である。また、蔵の錠を下ろさなかったが、どうも眠くてならないと言って捨てて置く。これが怠である。しかし、蔵の錠を下ろさない処はどちらも同じこと。

好人之所悪云々。藥をもろふて毒絶をきくやふなものなり。天下は人君の心で治るものなり。ときに天下の情にもとりて心のわづらふときがこふなり。人の煩ふとき口のあんばいが違ふやふなものなり。甚しいのは啇紂王なり。好悪のちがふは人のからくりの違ふたのなり。天下中の人がみな仁義礼智をそなへてをれば天下は同情なはづなり。それに背たと云なれば、皆これで国天下を亡す人なり。絜矩と云はをれが好むことじゃから人も好むこと。をれが悪むことじゃから人もいやであろふとすることなり。至於拂人之性云々。不仁と云は皆心のちがふてくるのなり。公私之極。極は放流なり、怠なり、過なりと云。菑必逮夫身。身と云つめて云々したことを云なり。平天下はのびろく説たことであれとも、みな心をもって心をはかると云ことで、内は皆貫てをるなり。
【解説】
「好人之所惡、惡人之所好、是謂拂人之性。菑必逮夫身。菑、古災字。夫、音扶。拂、逆也。好善而惡惡、人之性也。至於拂人之性、則不仁之甚者也。自秦誓至此、又皆以申言好惡公私之極、以明上文所引南山有臺・節南山之意」の説明。天下中の人が皆仁義礼智を備えているのだから天下は同情な筈であり、それに背くのは不仁であって、国天下を亡す人である。
【通釈】
「好人之所悪云々」。薬を貰って毒絶ちを聞く様なもの。天下は人君の心で治まるもの。時に天下の情に悖って心が煩う時がこうである。人が煩う時に口の塩梅が違う様なもの。甚だしいのは商の紂王である。好悪が違うのは人の絡繰が違ったのである。天下中の人が皆仁義礼智を備えているのだから天下は同情な筈である。それに背くというのであれば、皆これで国天下を亡す人となる。絜矩は、俺が好むことだから人も好むということ。俺が悪むことだから人も嫌だろうとすること。「至於払人之性云々」。「不仁」は皆心の違って来たこと。「公私之極」。極は放流であり、怠であり、過だと言う。「菑必逮夫身」。身と言い詰めて云々したことを言う。平天下は広く説いたことだが、皆心を以って心を量るということで、内は皆貫いている。

是故君子有大道云々。五月六日。先日も云通り、平天下ははばが廣いことゆへくりかへし々々々々々云なり。そこでこれを皆熟せぬうちは我ふん々々のやうに思ふが、中はみな貫てをる。是故と云は前をうける字ゆへに貫子ばならぬ。是故の文義は、さるによってと云やふなものなり。天下を平にする道があるなり。大道と云て箇條書ではない。一つくくりがある。治国は君のひざもとゆへにじきになるが、平天下は右之通はばが廣い。必は、大道をはなすと天下がつぶれるぞ。その大道と云はどのやうなものなれば、忠信以云々なり。必の字は一つなれとも、下の二つへかかりてをるなり。必は必然ともつついて、火鉢の上へ水をかけるとじきに火がきへる。忠信と云は字はちがへとも絜矩のことなり。そこで絜矩の奥の院なり。絜矩と云皮をむいてみると忠信なり。忠は心て云、信はわざで云なり。心も事も皆誠なり。そこで忠も誠と訓じ、信も誠と訓ず。君の心が誠ゆへ平天下になる。それで、平天下と云て法ですることではないとなり。驕泰以云々。驕は何にあいらがと云心なり。これが衆人のそむく夲なり。泰はをこる心のわさへあらはれることなり。文字の吟味は処々で吟味せ子ばならぬぞ。だたい此泰と云はよい字なり。論語にも泰而不驕とも云なり。心のをこりのことは桀王でみるがよい。泰と云は殷の紂王でみへる。酒池肉林などが泰なり。それからしては秦始皇や隨煬帝なり。扨爰に誰も気付てがないぞ。垩人の三種の神器と云はみなこれなり。廿一史をくりてみても天下をうしなふた人は皆驕泰で国を失た。
【解説】
「是故君子有大道。必忠信以得之、驕泰以失之」の説明。大道を離すと天下が潰れる。忠信で天下を得る。この忠は心で言い、信は事で言う。心も事も皆誠でする。君の心が誠なので平天下になる。驕は心が驕ることで、泰は驕る心が事へ現れること。驕りは桀王で見え、泰は殷の紂王で見える。忠信・驕・泰が聖人の三種の神器である。
【通釈】
「是故君子有大道云々」。五月六日。先日も言う通り、平天下は幅の広いことなので繰り返し言う。そこでこれを皆熟せない内は別々な様に思うが、中は皆貫いているのである。「是故」は前を受ける字なので貫かなければならない。是故の文義は、去るに因ってという様なもの。天下を平にする道がある。「大道」とは言うが箇條書ではない。一括りである。治国は君の膝元のことなので直ぐにできるが、平天下は右の通りで幅が広い。「必」は、大道を離すと天下が潰れるということ。その大道はどの様なものかと言うと、「忠信以云々」である。必の字は一つだが、下の二つへ掛かっている。必は必然とも続いて、火鉢の上に水を掛けると直ぐに火が消える様なもの。忠信は、字は違うが絜矩のこと。そこで絜矩の奥の院である。絜矩という皮を剥いて見ると忠信である。忠は心で言い、信は事で言う。心も事も皆誠である。そこで忠も誠と訓じ、信も誠と訓じる。君の心が誠なので平天下になる。それで、平天下と言っても法ですることではないと言う。「驕泰以云々」。驕は何あいつ等がと言う心である。これが衆人の背く本である。泰は驕る心が事へ現れること。文字の吟味は処々でしなければならない。そもそもこの泰の字はよい字である。論語にも「泰而不驕」とある。心が驕ることは桀王で見なさい。泰は殷の紂王で見える。酒池肉林などが泰である。それからしては秦の始皇帝や隋の煬帝である。さてここを誰も気付いた者がいない。聖人の三種の神器と言うのは皆これ。二十一史を繰って見ても、天下を失った人は皆驕泰で国を失ったのである。
【語釈】
・五月六日…天明六年(1786)丙午5月6日。
・泰而不驕…論語子路26。「子曰、君子泰而不驕。小人驕而不泰」。堯曰2にもある。

君子以位言之。これがかはりたことで、大學に今迠註がないぞ。ここにかぎりて註を出すは、天下は人君の一人にあつかることゆへに、そこで以位言とじきに君の身へ引付たものなり。蔡氏が書経の序に心の字をいかいこと書たが其趣向なり。脩己治人之術。まへで脩身がすんだからもふ云はずとよいと云ことではない。丁どかみそりを合せて月代をそるやふなもの。一度あはせたからいつ迠もあわせずとよいと云ふことはない。そこで忙いなかに脩身云々と云ことを云なり。術は筋道なり。孟子に仁之術と云、これなり。発己云々。ぞっこん心のまことをふるい出すことを忠と云なり。十のものを十と云ひ、二十のものを二十と云が信なり。心が忠ゆへにわざへ出た処が信なり。天地がこれなり。竹はいつも竹、松はいつも松なり。にしゃくしゃなものはない。人は知能のあるものゆへに、それから馳てわるくなる。忠信とみせて忠信でないことがあるなり。人間の大事は信なり。それで垩人の德をほめて誠と云なり。
【解説】
君子、以位言之。道、謂居其位而脩己治人之術。發己自盡爲忠、循物無違謂信」の説明。心の誠を奮い出すことを忠と言い、偽りのないことを言うのが信である。心が忠なので、事へ出た処が信となる。天は何でもはっきりと定まっていて偽りはない。人間も信が大事である。
【通釈】
「君子以位言之」。これが変わったことで、大学には今までこの註がなかったが、ここに限って註を出したのは、天下は人君の一人に与ることなので、そこで「以位言」と直に君の身へ引き付けたのである。蔡氏が書経の序に心の字を大層書いたのがこの趣向である。「修己治人之術」。前で修身が済んだからもう言わなくてもよいということではない。丁度剃刀を合わせて月代を剃る様なもの。一度合わせたからいつまでも合わせなくてもよいということはない。そこで忙しい中に修身云々ということを言う。「術」は筋道のこと。孟子に仁之術とあるのがこれ。「発己云々」。ぞっこん心の誠を奮い出すことを忠と言う。十のものを十と言い、二十のものを二十と言うのが信である。心が忠なので、事へ出た処が信である。天地がこれ。竹はいつも竹、松はいつも松。それ以外になることはない。人は知能のあるものなので、それから馳せて悪くなる。忠信と見せて忠信でないことがある。人間の大事は信である。それで、聖人の徳を誉めて誠と言う。
【語釈】
・孟子に仁之術と云…孟子梁恵王章句上7。「無傷也。是乃仁術也」。

矜髙は、人を小児のやうに思ふてをることなり。人をこはかるとをこりもならぬ。心がをこるから侈肆になる。たとへて云へば人を人くさく思はぬことなり。それが矜髙なり。かるいものの上で云へば年貢は出して置、名主でも何てもこはくないと云。それからしては、をれが銭で買にたが何と云ものじゃと云て縮緬の羽織もきるぞ。みな驕から泰になる。此因上所引云々。朱子の註はこまかじゃ。この因の字で本文の是故の字をすますがよい。章内三言云々。この失の字は禁句なり。なれとも垩賢の心にそのやふなことはないぞ。達者な顔じゃ、いつまても生ませうと云とうれしがることなれとも、垩賢は達者にみへてもどこかよわみ処がみへる。気を付よと云なり。忠信はありなりなもの。驕泰はあとから出来るものなり。世々むほん人もあるが、上の治りたときにははばをすることはならぬ。しかれはわるいやつの出て天下をつぶすてはなく、天下は君の心次第なり。
【解説】
驕者矜高、泰者侈肆。此因上所引文王・康誥之意而言。章内三言得失、而語益加切。蓋至此而天理存亡之幾決矣」の説明。「矜高」は、驕って人を人臭く思わないこと。驕から泰になる。忠信は本来あるもので、驕泰は後からできるもの。上が治まっていれば、謀叛人も幅を利かすことはできない。そこで、天下は君の心次第なのである。
【通釈】
「矜高」は、人を小児の様に思っていること。人を恐がると驕ることはできない。心が驕るから「侈肆」になる。たとえて言えば、人を人臭く思わないこと。それが矜高である。軽い者の上で言えば、年貢は出して置いたから名主でも何でも恐くはないと言う。それからして、俺の銭で買うのだから誰が何と言おうが構わないと言って縮緬の羽織も着る。皆驕から泰になる。「此因上所引云々」。朱子の註は細かである。この因の字で本文の是故の字を済ましなさい。「章内三言云々」。この失の字は禁句である。しかし、聖賢の心にその様なことはない。達者な顔だ、いつまでも生きましょうと言われると嬉しがるものだが、聖賢には達者に見えても何処か弱み処が見える。そこで、気を付けなさいと言う。忠信は本来あるもので、驕泰は後からできるもの。世々謀叛人もいるが、上が治まっている時には幅を利かすことはできない。それなら悪い奴が出て天下を潰すのではなく、天下は君の心次第なのである。

生財有大道云々。隱者などと云ものはへんてつ一つあればすむ。天下は夷狄を相手にし、大勢を引まわすことゆへ道具がなければならぬぞ。旅に立に金のなくてならぬやふなものなり。寐るに金の入ると云ことではないぞ。生財と云て佐渡の金山をすると云やふに思ふことてはないぞ。此生財と云は、天下が治ってものの不自由にない、冨饒にしてやることなり。たれも生財と云講釈は、学問をする気もない町人の番頭もききたがるが、此生財と云は天下のことに不自由ないやうにすることなり。そこで、聞てしまふとああ面白ないと云なり。食之者寡。それはどうしたことでござると云ときに、さればここにわけがあるなり。垩賢のことはこまかな筭用はなく大体で云。これがあらいことで精いことなり。何もせぬ懐手でをるもののなくて叶はぬもの斗りあることを食者寡と云なり。皆人は樂をしたがる。そこで勧農官と云あり、田俊と云がありて、異見云ひ戒をたれてはけませる。財恒足。天下平の平の字は、大きな鉢のなかへ水を一はい入たやふなものなり。水にたかひくはないぞ。太平は何でなれば、皆財のゆたかなからなり。扨、これを聞ても今年の間にはあはぬぞ。これが王者の道なり。生財と云が論語にも孟子にもしたたかある。これは直方先生もこふ云はれたぞ。哀公が有若に問、ことしわどふもならぬと云たれば有若が、さぞこまるでござろふ、下の年貢をゆるしてやられたらよかろふと云った。そこでとほうもないことと云って、儒者は役にたたぬものと云なり。
【解説】
「生財有大道。生之者衆、食之者寡、爲之者疾、用之者舒、則財恒足矣。恒、胡登反」の説明。「生財」は、天下が治まって物が不自由でないこと。楽をしようとする者がいなくて働く者が多ければ財は足りる。太平は財が豊かになることから成る。
【通釈】
「生財有大道云々」。隠者などという者は褊綴一つあれば済むが、天下は夷狄を相手にし、大勢を引き回すことなので道具がなければならない。それは、旅に立つのに金がなくてはならない様なもの。しかし、寝るのにも金が要るということではない。生財と言っても佐渡の金山をするという様に思ってはならない。この生財とは、天下が治まって物が不自由でないことで、富饒にして遣ること。生財という講釈は、学問をする気もない町人の番頭までも、誰もが聞きたがるが、この生財とは天下のことに不自由のない様にすること。そこで、聞いてしまうとああ面白ないと言う。「食之者寡」。それはどうしたことですかと言う時に、さて、ここにわけがある。聖賢のことは細かな算用はなくて大体で言う。これが粗いことで精しいこと。何もせず懐手でいる者がいなくて、働かなければならない人ばかりがいることを食者寡と言う。皆人は楽をしたがる。そこで勧農官や田俊がいて、異見を言い、戒めを垂れて励ませる。「財恒足」。天下平の平の字は、大きな鉢の中に水を一杯入れた様なもの。水に高低はない。太平は何で成るかと言えば、皆財が豊かになることからである。さて、これを聞いても今年の間には合わない。これが王者の道である。生財ということが論語にも孟子にも大層ある。直方先生もその様に言われた。哀公が有若に問いて、今年はどうにもならないと言うと、有若が、さぞ困るでしょう、下の年貢を許して遣ればよいだろうと言った。そこで途方もないことだと言い、儒者は役に立たないものだと言った。
【語釈】
・哀公が有若に問…論語顔淵9。「哀公問於有若曰、年饑、用不足。如之何。有若對曰、盍徹乎。曰、二吾猶不足。如之何其徹也。對曰、百姓足、君孰與不足。百姓不足、君孰與足」。

呂氏曰云々。遊民。これは乱世にはあまり無ものじゃが治世て弊なり。これは田舎にもあるが、多は城下にあるものなり。今てもこしゃくのことが大叓なり。これは関東にはすくないが西国には多いぞ。こしゃくと云はどふなれば、人夫を帳に付てをいて久く外へ出て帰らずにをると役人吟味するなり。これが政の元なり。朝無幸位云々。史記に佞幸傳と云がありて、あの幸の字抔が此幸の字にあたるぞ。なぜ幸なれば、あるまい幸を得たことなり。これはどの国にもあるなり。なれとも今はこれはあまりない。これは神君の仕方よいてあろふが、游民は多い。量入為出云々。今大名の身帯のわるいと云は其筈なり。年には限りがなくて家には限りがあり、家例じゃなどと云分なことがあるなり。垩賢の政は豊年にも上中下あり、凶年にも上中下ありて、それを量りて入用を足ることなり。在乎務夲云々。百姓をするは本なり。それで町人のあきないをすることは末作と云なり。下をこやしてをけば上にさしつかへがない。自此以至終篇云々。これからさきはみな財のことを云なり。大學のしまいを金銀てしまふたと云て仁斎がうたがったは、みな鉢坊主の見識なり。
【解説】
呂氏曰、國無遊民、則生者衆矣。朝無幸位、則食者寡矣。不奪農時、則爲之疾矣。量入爲出、則用之舒矣。愚按、此因有土有財而言、以明足國之道在乎務本而節用、非必外本内末而後財可聚也。自此以至終篇、皆一意也」の説明。遊民は治世の弊害である。今は運だけで得た無能な役人は少ないが遊民は多い。また、今は多くの大名の身代が悪いが、それは量らないからであり、聖賢の政では豊年にも上中下があり、凶年にも上中下があって、それを量って入用を足らしたのである。下を肥やして置けば上に差し支えはない。
【通釈】
「呂氏曰云々」。「遊民」。これは乱世にはあまりないもので、治世の弊である。これは田舎にもあるが、多くは城下にあるもの。今でも戸籍のことが大事である。これは関東には少ないが西国には多い。戸籍とはどういうことかと言うと、人夫を帳に付けて置いて久しく外へ出て帰らずにいると役人が吟味をすること。これが政の元である。「朝無幸位云々」。史記に佞幸伝があるが、あの幸の字などがこの幸の字に当たる。何故幸なのかと言うと、あってはならない幸を得るからである。これはどの国にもあることだが、今はこれはあまりない。これは神君の仕方がよいからなのだろうが、游民は多い。「量入為出云々」。今大名の身代が悪いのはその筈のこと。年には限りがなくて家には限りがあり、家例などという特別なことがあるからである。聖賢の政は豊年にも上中下があり、凶年にも上中下があって、それを量って入用を足らすのである。「在乎務本云々」。百姓をするのは本。それで町人が商いをすることは末作と言う。下を肥やして置けば上に差し支えはない。「自此以至終篇云々」。これから先は皆財のことを言う。大学の最後を金銀で仕舞ったと言って仁斎が疑ったのは、皆鉢坊主の見識である。

仁者以財発身云々。昔から仁者の天下をたもつも財、天下をつぶすも財なり。仁者は財を以て引出しへ仕舞てはをかぬ。下へちらすぞ。殷紂王、きょきょふの粟、鹿臺の金あって下へ施さぬ。そこで民はなる。武王紂をうち、きょきょふの粟、鹿臺の財を施した。それから民が思い付てあのとをりに至治した。論より證拠なり。未有上好仁而云々。財へ目がくれると天下をつぶす。それで上立人は道理を吟味すると云ことより上はないぞ。王者の政を義政と云はずに仁政と云もこれなり。下好義以云々。君臣之義の義なり。今政のよくないは、下が義を好まぬからなり。当世はのけて、後世の民のわるいことをせぬは、肴の番をしてをるから猫が肴をとることのならぬやうなもの。終は向迠とどくことなり。此通りの順路でためた財と云ものは、ふいと外へゆくと云やふなことはないぞ。
【解説】
「仁者以財發身、不仁者以身發財。發、猶起也。仁者散財以得民、不仁者亡身以殖貨。未有上好仁而下不好義者也。未有好義其事不終者也。未有府庫財非其財者也。上好仁以愛其下、則下好義以忠其上。所以事必有終、而府庫之財無悖出之患也」の説明。仁者は財を下へ散らす。上に立つ人は道理を吟味するという以上のことはない。そこで仁政と言う。財へ目がくれると天下を潰す。一方、民は義を好んで尽くさなければならない。今民が悪いことをしないのは罰せられたくないからだけのこと。
【通釈】
「仁者以財発身云々」。昔から仁者が天下を保つのも財、天下を潰すのも財である。仁者は財を引出しに仕舞っては置かず、下へ散らす。殷の紂王は鉅橋の粟や鹿台の金があっても下へ施さなかった。そこで民が離れた。武王が紂を討ち、鉅橋の粟と鹿台の財を施した。それから民が思い付いてあの通りに至治した。論より証拠である。「未有上好仁而云々」。財へ目がくれると天下を潰す。そこで、上に立つ人は道理を吟味するという以上のことはない。王者の政を義政と言わずに仁政と言うのもこれ。「下不好義以云々」。君臣之義の義である。今の政がよくないのは、下が義を好まないからである。当世は除けて、後世の民が悪いことをしないのは、魚の番をしているから猫が魚を取ることができない様なもの。「終」は向こうまで届くこと。この通りの順路で貯めた財は、ふいと外へ行くという様なことはない。
【語釈】
・きょきょふの粟、鹿臺の金…書経武成。「乃反商政、政由舊、釋箕子囚、封比干墓、式商容閭、散鹿臺之財、發鉅橋之粟、大賚于四海、而萬姓悦服」。

孟献子曰云々。財と云ことをくりかへし々々々々々云なり。財と云ものが人の好むものゆへにむつかしいぞ。そこで、利を專らにせぬことを爰へ一つかたりたものなり。これを国を治る大体を知った人なり。畜馬乗云々。この方で云ても馬一疋つなく士い以上のことなり。不察は、其やふな小さいことに目をかけぬことなり。これが御得でござると云ても用ぬことなり。伐氷之家。あの方には歴々の上て重い式のとき氷を用ることがある。此方で云へば鶴をつかふと云やふなものなり。聚歛之臣とは今の倹約奉行のことなり。倹約と云字はよい字じゃが、下のものを取あげて上へ御益を付るものなり。これは新参者にもあり譜代の者にもありて、どこでも勢のよい、飛ふ鳥も落ると云ものなり。それを孟献子の、そんなやつはかふまいと云へり。なぜ畜はぬなれば、君の身代をよくするものゆへにかふまいとなり。財を生すには大道てすることなり。それにどふやらして下をいたぶり上へ御益を付るやうと云のなり。其様なうるさいやつはかふまいと云ことなり。人君にはよい心なり。扨これはよい語なり。孟献子がこふ云たぎりで世々かうした君がないが、垩賢の心は皆こふなり。下の難義にならぬやうに々々々々々々とすると独りでに財は下から付てくるなり。喪祭用氷者云々。喪のときには死者の片わきへをけばわるくならぬぞ。日夲で云へば伽羅をたくと云やふなものなり。食ふものではない。故寧云々。寧と云字が、だたいものを二つならべてこちへかたをつけることなり。盗臣と云ものは可愛いものではないぞ。ないがよく々々聚歛の臣がいやなり。
【解説】
「孟獻子曰、畜馬乘不察於雞豚。伐冰之家不畜牛羊。百乘之家不畜聚斂之臣。與其有聚斂之臣、寧有盜臣。此謂國不以利爲利、以義爲利也。畜、許六反。乘・斂、並去聲。孟獻子、魯之賢大夫仲孫蔑也。畜馬乘、士初試爲大夫者也。伐冰之家、卿大夫以上、喪祭用冰者也。百乘之家、有采地者也。君子寧亡己之財、而不忍傷民之力。故寧有盜臣、而不畜聚斂之臣。此謂以下、釋獻子之言也」の説明。利を専らにしてはならない。孟献子が聚斂の臣は畜わないと言った。それは君の身代をよくする者だからである。下の難儀にならない様にすれば、独りでに財は増える。
【通釈】
「孟献子曰云々」。財ということを繰り返し言う。財は人が好むものなので難しい。そこで、利を専らにしないことをここで一つ語ったのである。これが国を治める大体を知った人のこと。「畜馬乗云々」。日本で言えば、馬一疋を繋ぐ侍以上のこと。「不察」は、その様な小さいことに目を掛けないこと。これが御得ですと言われても用いない。「伐氷之家」。中華には歴々の上で重い式の時に氷を用いることがある。日本で言えば鶴を使うという様なもの。「聚斂之臣」は今の倹約奉行のこと。倹約という字はよい字だが、ここは下の物を取り上げて上に御益を付けること。これは新参者にもあり、譜代の者にもあって、何処でも勢がよく、飛ぶ鳥も落ちるという者。それを孟献子が、そんな奴は畜わないと言った。何故畜わないのかと言うと、君の身代をよくする者なので畜わないのである。財を生ずるのは大道でするもの。それなのに、どうやらして下をいたぶって上に御益を付けようとする。その様な煩い奴は畜わないと言ったのである。人君にはよい心である。これは実によい語である。孟献子はこの様に言っただけであって、世々にこうした君はいないが、聖賢の心は皆こうしたもの。下の難儀にならない様にとすれば、独りでに財は下から付いて来る。「喪祭用氷者云々」。喪の時に死者の片脇に氷を置けば悪くならない。日本で言えば伽羅を焚くという様なもの。食うものではない。「故寧云々」。寧という字はそもそも物を二つ並べて片を付けること。「盗臣」は可愛い者ではないが、よくよく聚斂の臣が嫌なのである。

長国家云々。れき々々方が此事をなんべんも々々々々々考へたらば、門へ武運長久の札をはりたよりよさそうなものなり。人の心のうごくと云に財用ほどなものはない。町人でも百姓でもよっほどなことにあまりさはがぬものじゃが、財はちっとのことでも動く。そこでこれが六かしいぞ。務とはそれを職分のやふにすることなり。自小人は、小人のとりもちてがあるなり。なるほど可愛さふに、天子でも大名でも財用を務ることはしらぬものなり。どふして身代がよくならふか知ぬが、其ときに小人がここぞ心得ましたと出る。どちへどうまはりても下のものを取上ることの上手なことを小人と云なり。菑は天からくる菑いなり。害は人からくるはざはいなり。その小人と云が上の聚歛の臣のことなり。宋朝のつふれるときに程門の楊亀山を蔡京が用たがすっへりきかぬ。丁ど病人がをもってどふもならぬ、はや時をまつと云時節に名医をよふやうなものなり。亦無如之何矣。世々の国、天下の治るも治らぬも皆このわけなり。
【解説】
「長國家而務財用者、必自小人矣。彼爲善之、小人之使爲國家、菑害並至。雖有善者、亦無如之何矣。此謂國不以利爲利、以義爲利也。長、上聲。彼爲善之、此句上下、疑有闕文誤字。自、由也。言由小人導之也。此一節、深明以利爲利之害、而重言以結之、其丁寧之意切矣」の説明。財用ほど人の心が動くものはない。天子も大名も財用を務めることを知らないので、小人が出て来る。この小人が聚斂の臣のこと。しかし、道理で国を治めなければ災害に遇う。
【通釈】
「長国家云々」。歴々方がこの事を何遍も考えれば、門へ武運長久の札を貼るよりもよさそうなもの。人の心が動くということでは財用ほどのものはない。町人でも百姓でも、余程なことであってもあまり騒がないものだが、財には一寸のことでも動く。そこでこれが難しい。「務」はそれを職分の様にすること。「自小人」。小人の取り持ち手がある。なるほど可愛そうに、天子でも大名でも財用を務めることは知らないもの。どうしたら身代がよくなるのかを知らない。その時に小人がここは心得ましたと出る。どちらへどう回っても、下の物を取り上げることが上手なことを小人と言う。「菑」は天から来る災いであり、「害」は人から来る災いである。その小人というのが上の聚斂の臣のこと。宋朝が潰れる時に程門の楊亀山を蔡京が用いたが全く効かない。丁度病人が重くなってどうにもならない、はや時を待つという時節に名医を呼ぶ様なもの。「亦無如之何矣」。世々の国、天下の治まるのも治まらないのも皆このわけである。

右傳之十章。もと民と上に立人君が一つにはない筈なり。それがべったりと一つになることなり。さむいとき火鉢を出すやふなもの。天下の大きなこともすっはりと合ぞ。をらも金が調法だから、あいらも金が調法で有ふと云が同好悪なり。能如是は絜矩をさす。親賢樂利はああ文王不忘のことなり。平天下を至善でといたものなり。年をとる人が昏礼のせわするは其うへを思ふことではない。様々なことの出来るも思ふまじきことを思ふからなり。凡傳十章云々。三綱領は工夫はない。そこで指趣なり。かかげあげて見せたぎりなり。後六章云々。条目工夫。ほりさらひをするにああ々々すると工手間がいくらかかると云が工夫なり。五章目を分にぬきだしたはわけあり。これは知のこと。すぐに致知・格物・誠意とかきさうなものを明善・誠身と云は朱子の思召あることなり。これが孟子にあり中庸にある字なり。それで此うちに云はずに道統のことがはいりてをるなり。それで前へかへして経文の葢孔子遺書曽子述之のところへかへしてみるがよい。子思は曽子に學び孟子は子思に學んで、大學・中庸・孟子みな一つに合うてをることなり。そこで明善と誠身と云字をかいたは朱子の思召ありてかかれたことと見るがよい。扨、此あとの跋はよまぬ。其わけは、朱子の大學章句をするときに先つ大わりをわけてをいてしたこと。今この通りになってみればいらぬ。付けてはをくものの、とんとよまずとよいぞ。
【解説】
「右傳之十章。釋治國平天下。此章之義、務在與民同好惡而不專其利、皆推廣絜矩之意也。能如是、則親賢樂利各得其所、而天下平矣。凡傳十章、前四章統論綱領指趣、後六章細論條目功夫。其第五章乃明善之要、第六章乃誠身之本、在初學尤爲當務之急。讀者不可以其近而忽之也」の説明。ここで明善・誠身と言ったのには朱子の思し召しがある。道統のことを含んでいるのである。明善・誠身は孟子と中庸にある語で、子思は曾子に学び、孟子は子思に学んだ。大学・中庸・孟子は皆一つに合っているのである。
【通釈】
「右伝之十章」。本来、民とその上に立つ人君は同じではない筈。それがべったりと一つになる。寒い時に火鉢を出す様なもの。天下の大きなこともすっぱりと合う。俺も金が調法だから、あいつ等も金が調法だろうと言うのが「同好悪」である。「能如是」は絜矩を指す。「親賢楽利」は「於戲前王不忘」のことで、平天下を至善で説いたもの。年を取った人が昏礼の世話をするのは飢えを思ってのことではない。様々なことができるのも思ってはならないことを思うからである。「凡伝十章云々」。三綱領に工夫はない。そこで「指趣」である。掲げ上げて見せただけである。「後六章云々」。「条目工夫」。堀浚いをするのにあの様にすると工手間がいくら掛かると言うのが工夫である。五章目を別に抜き出したのにはわけがある。これは知のこと。直ぐに致知・格物・誠意と書きそうなものを明善・誠身と言うのに朱子の思し召しがある。これが孟子と中庸にある字である。それで、この内で言わずに道統のことが入っているのである。それで前へ返し、経文の「蓋孔子之言曾子述之」のところへ返して見るのがよい。子思は曾子に学び、孟子は子思に学び、大学・中庸・孟子は皆一つに合っている。そこで、明善と誠身という字を書いたのは、朱子の思し召しがあって書かれたことだと見なさい。さて、この後の跋は読まない。そのわけは、朱子が大学章句をする時に先ず大割りを分けて置いてからしたからである。今この通りになってみれば、これは要らない。付けては置くものの、全く読まなくてもよい。
【語釈】
・ああ文王不忘…大学伝3。「詩云、於戲前王不忘。君子賢其賢而親其親。小人樂其樂而利其利。此以沒世不忘也」。
・明善・誠身…中庸章句20。「誠身有道。不明乎善、不誠乎身矣」。孟子離婁章句上12。「誠身有道。不明乎善、不誠其身矣」。
・経文の葢孔子遺書曽子述之…大学経1。「右經一章。蓋孔子之言、而曾子述之」。

吉野山 去年の枝折の跡とめて まだ見ぬ奥の花をたづねん  西行
中年以後非読書務多之時節、須熟読玩味。是則温故知新涵養之術也。
吉野山 まだ見ぬ奥え
あだざくら 枝折しこぞの跡をたづねん
  丙午春                        黙翁

【語釈】
・吉野山 去年の枝折の跡とめて まだ見ぬ奥の花をたづねん…吉野山 去年の枝折の道かへて まだ見ぬ方の花をたずねむ。
中年以後非読書務多之時節、須熟読玩味。是則温故知新涵養之術也…中年以後書を読むこと務めて多き時節に非ざれば、須く熟読玩味すべし。是れ則ち故を温ねて新を知る涵養の術なり。