○朱子文集曰云々  庚戌臘月二十九日
【語釈】
・庚戌臘月二十九日…寛政2年庚戌(1790年)12月29日。

11
朱子文集曰、熹聞之。君子之於學非特與今之學者竝而爭一旦之功也。固將求至乎古人之所至者而後已、然後可與語學矣。夫將求至乎古人之所至者而後已、則非規撫綴緝之所能就。其必有以度越世俗庸常之見而直以古人之事自期、然後可得而至也。夫古人之學何爲哉。致知以明之、立志以守之、造之以精湥、充之以光大。雖至乎聖人可也。不出乎此、而營營馳騁於末流竭精憊思、惟懼夫蓄藏之不富誦説之不工、雖曰能之、非吾之所謂學也。葢循乎古人之事、上之可以至聖賢之域、下之可以安性命、而固貧窮得時而行。亦何所不利哉。由今之所爲極其效。足以與今之爲士者並而爭一旦之功。其得與失又未可知也。
【読み】
朱子文集に曰く、熹之を聞く。君子の學に於けるや、特に今の學者と竝びて一旦の功を爭うに非ざるなり。固より將に古人の至る所の者に至るを求め而る後已まんとして、然りして後、與に學を語る可し。夫れ將に古人の至る所の者に至るを求めて而る後に已まんとすれば、則ち規撫綴緝の能く就くす所に非ず。其れ必ず以て世俗庸常の見に度越して直に古人の事を以て自ら期する有りて、然りして後、得て至る可きなり。夫れ古人の學、何を爲るかな。知を致し以て之を明にし、志を立て以て之を守り、之を造すに精湥を以てし、之を充てるに光大を以てす。聖人に至ると雖も可なり。此に出でずして、末流に營營馳騁し精を竭し思を憊し、惟夫れ蓄藏之富まず、誦説の工せずを懼れるは、之を能くすと曰うと雖も、吾の謂う所の學に非ざるなり。葢し古人の事に循うは、上は之れ以て聖賢の域に至る可く、下は之れ以て性命を安んじて、貧窮を固くし、時を得て行く可し。亦何の利せざる所ならんや。今の爲す所に由るは其の效を極む。以て今の士爲る者と並びて一旦の功を爭うに足る。其の得と失と、又未だ知る可からざるなり。
【補足】
この条は、朱子文集64「答劉朝弼書」の語。

これ迠にきり々々のみがきあげたことを出して見せて、これから文集を出し、始に俗學のわるいを相手にし、上の条の二程従十四五時脱然欲垩人と動ぬ標的なれとも、今のはそれと違うと世間のわるいを出して上のよいに照り合はせる。ならべかたにこまかのあることぞ。人のことをわるく云と徳のかけになると云が、そうではない。孟子の揚墨を弁しらるるも弁じたくはない。吾豈好辨哉也。然れとも垩人の道を任じてござるゆへ、圣人の道と違へば弁ぜずにはをかれぬ。そこへ柔和仁熟をしては違ふことぞ。今藝者などが他流をそしるべからずと出る。をとなしくよい様で、愛敬をとるのなり。何程わるく云ふまいとしても、わるければわるいと云は子ばならぬ。わるいをわるいと云はぬは眼のあかぬのなり。公冶長篇題下に論古今人物賢否得失格物究理之一端也と云も、俗人の人をわるく云ことを好くとは違ふなり。
【解説】
ここは最初に俗学が悪いことを言う。人を悪く言うの徳の欠けになると言うが、悪いものは悪いと言わなければならない。
【通釈】
これまでにぎりぎりに磨き上げたことを出して見せ、これから文集を出して、初めに悪い俗学を相手にして、前条の「二程従十四五時鋭然欲聖人」は確かな標的なのだが、今のはそれとは違うと世間が悪いと言って上のよいことに照り合わせた。並べ方が細かである。人のことを悪く言うと徳の欠けになると言うが、そうではない。孟子が楊墨を弁じられたのも弁じたくてではない。「吾豈好辯哉」である。しかしながら、聖人の道を任じておられるので、聖人の道と違えば弁ぜずには置けない。そこへ柔和忍辱をするのは違う。今芸者などが他流を誹ってはならないと言う。それは大人しくてよい様だが、愛敬を取るのである。どれほど悪く言わない様にしようとしても、悪ければ悪いと言わなければならない。悪いのを悪いと言わないのは眼が開かないのと同じ。公冶長篇の題下に「論古今人物賢否得失格物究理之一端也」とあるのも、俗人が人を悪く言うのが好きなのとは違う。
【語釈】
・吾豈好辨哉也…孟子滕文公章句下9。「孟子曰、予豈好辯哉。予不得已也」。
・仁熟…忍辱。六波羅蜜の一。もろもろの侮辱・迫害を忍受して恨まないこと。
・公冶長篇題下…公冶長篇題下。「此篇皆論古今人物賢否得失。蓋格物窮理之一端也」。

ここはどこが標的になると云に、見処がないとをとなしやかになり、謹厚拘滞俗人めく。そこで世間の學問の違ったを見せるで標的になるなり。精金が標的になれば、似せ金を持てもこれは似せ金じゃと云で標的になる。それから段々説くと、鞭策録があって排釈録がなければならず、垩賢の篇があっても異端の篇がなければならぬ。さて學者と云と皆同挌に心得るが、いかふ次第階級のあることなり。それをここへ見せたもの。この条、答劉朝弼書なり。節要十八に載す。直方先生朱書に熟せることを見るべし。多い中からすこし出したは、皆そらんしてをらるるが見へるなり。これらは誰もあまり知らぬ語なり。兼て熟して居らるるゆへ、ずつっとこれらも載せられたものと見へる。
【解説】
世間の学問が間違いであることを言うことが標的となる。それで、排釈録があり、近思録には異端の篇がある。この条はあまり知られていないが、直方先生は朱書に熟しているのでここに載せられた。
【通釈】
ここは何処が標的になるのかと言うと、見処がないと大人しそうな振りをして、謹厚拘滞で俗人めく。そこで世間の学問が違うことを見せるので標的になる。精金が標的になれば、贋金を持ってもこれは贋金だと言うので標的になる。それから段々に説くと、鞭策録があっても排釈録がなければならず、近思録でも聖賢の篇の他に異端の篇がなければならない。さて学者と言えば皆同格に心得るが、大層次第階級のあること。それをここへ見せた。この条は劉朝弼に答うる書である。節要十八に載っている。直方先生の朱書に熟していることを見なさい。多い中から少し出したことで、皆諳んじておられることがわかる。これ等は誰もあまり知らない語である。前々から熟しておられるので、ずっとこれ等も載せられたものと見える。
【語釈】
・謹厚拘滞…道学標的序。「而於道不知所向、則徒局于謹厚拘滯之域耳」。

喜聞之云々。斯ふした心もちの違ふたことなり。今も方々に學者は多いぞ。大名屋鋪に役人のやうに急度儒者は一人づつある。それらと彼れやこれやと云ては面白くない。竝と云ふがひょんなこと。あちがよいこちがよいと、將棊さして負け勝ちのつくやうになる。何と云てもそれなり。世間の學者と並んで、あれらとはと云氣になる。そうすると講釈は上手で有ふが、をれ程吟味はつまるまいと云て□居町の此方があたりと云様になる。さりとはいやなことなり。迂斎が菊く合せのやうなものと云へり。菊の會と云があって、方々から菊をもちよりて、そちのがよいのこちのがわるいのと云ふ。俗學はその様なていなり。一旦云々で、あとへふりかへりて見ること。為天地立心云々は一旦の爭ではない。今の學者を相手にするはひくいことぞ。横渠先生などは天地や萬世□相手にするなり。
【解説】
「朱子文集曰、熹聞之。君子之於學非特與今之學者竝而爭一旦之功也」の説明。世間の学者と競って自分の方が優れていると思うのは実に嫌なことだが、それが今の俗学の姿である。そこで、今の学者を相手にするのは卑いことであり、横渠先生などは天地万世を相手にした。
【通釈】
「熹聞之云々」。この様に心持ちの違うことがある。今も方々に学者が多くいる。大名屋敷にも役人の様に必ず儒者が一人ずついる。それ等とかれこれ言うのでは面白くない。「並」というのがひょんなこと。あれがよいこれがよいと、将棋を指して勝ち負けをつける様になる。何と言ってもそれである。世間の学者と並んで、あれ等とは違うという気になる。そうすると講釈は上手であっても、俺ほどに吟味は窮められないだろうと言って□居町のこの方の辺りではと言う様になる。それは実に嫌なこと。迂斎が菊合の様なものだと言った。菊の会ということがあって、方々から菊を持ち寄って、貴方のがよいとか自分のが悪いなどと言う。俗学はその様な風である。「一旦云々」は、後へ振り返って見ること。「為天地立心云々」は一旦の争いではない。今の学者を相手にするのは卑いこと。横渠先生などは天地や万世を相手にした。
【語釈】
・菊く合せ…物合の一。人数を左右に分け、双方から菊の花を持ち寄ってその優劣を争う遊戯。
・為天地立心…近思録為学95の語。

古人之所至は外の子がいではない。士希賢脱然欲學垩人と、これなり。それゆへ論語の読法は文字をすますことはかりありそうなものなれとも、垩人之所以至於垩人云々とあり、文義計りすますことではない。論語孟子を読に、あけるときからその了簡。これでこそ咄はなる。晩方御出と云もこの話をしようとてなり。これがなければむだなことになる。史記や前漢書を読も學問のやうなれとも、あれはあの人には斯うしたことがあると云ひ、それからは十方もないこともある。左傳を読で見る、とつがもないことがある。そんなものを専一と読む者へはこの話はならぬこと。古人之所至云々、これを學ゆへ世間のとは違ふ。
【解説】
「固將求至乎古人之所至者而後已、然後可與語學矣」の説明。論語や孟子は文義ばかりではなくて聖人に至る所以までが書いてあるが、史記や前漢書、左伝などには途方もないことが書かれている。そこで世間の学者とは聖学とは違うのである。
【通釈】
「古人之所至」は外の願いではなく、「士希賢」「鋭然欲学聖人」のこと。そこで、論語の読法は文字を済ますことばかりがありそうなものだが、「聖人之所以至於聖人云々」とあり、文義ばかりを済ますことではない。論語孟子を読む際に、それを開く時からその了簡であれば、それでこそ話ができる。晩方御出と言うのもこの話をしようとしてのこと。これがなければ無駄なこと。史記や前漢書を読むも学問の様だが、あれはあの人にはこうしたことがあると言い、それからは途方もないこともある。左伝を読んで見ると途方もないことが書いてある。そんなものを専一に読む者へはこの話はできない。古人之所至云々を学ぶので世間の学者とは違う。
【語釈】
・士希賢…近思録為学1の語。
・脱然欲學垩人…近思録聖賢26。「横渠先生曰、二程從十四五時、便鋭然欲學聖人」。
・垩人之所以至於垩人…読論語孟子法。「讀書者當觀聖人所以作經之意、與聖人所以用心、聖人之所以至於聖人」。

今の學者のはとんなことなれば、規撫綴緝也。規撫は見にくい字なり。全体の文体のことで、文章規範の規なり。文には何るい々々々と云文がある。それが規なり。撫。按撫とつづく文字なれば、をちつくやうに書くことでかあらふ。序の説の賦の辞のと云ってもをちつかぬ。そこを挌式の通りをちつくやうに書が撫なら□。綴はつづりあつめることにて、古事を引き古人の語を截り集めるなり。古人の字でそなたの意になりたと云。古ひ字を丸てつこふはぬすんだになるが、そうではないなり。ぬすみやうのよいを上手とたてたもの。時に是を事もたいそうなことにするぞ。そこが藝なり。たたい辞達而止で、通りさへすればよいなり。然るを今の世に生れて古の六経語孟の文のやうにしやふと云。中々大抵で出来ることには非ず。文章を書て道を求めやうなどと思うは槢木で飯をもるやうなもの。圣人に至る學問を規撫綴緝でするは方角違ひなり。こまりたことには圣人の書が文章ゆへ、ここが學者の私意をもちこむ処ぞ。
【解説】
「夫將求至乎古人之所至者而後已、則非規撫綴緝之所能就」の説明。「規撫綴緝」を大層にするのは芸である。聖人に至る学問を規撫綴緝でするのは門違いだが、聖人の書自体が文章なので、学者がここに私意を持ち込むことになる。
【通釈】
今の学者のはどの様なものかと言うと、「規撫綴緝」である。規撫は見難い字だが、全体の文体のことで、文章規範の規のこと。文には何類ということがある。それが規である。「撫」は按撫と続く文字なので、落ち着く様に書くことなのだろう。序や説、賦や辞と言っても落ち着かない。そこを格式の通り落ち着く様に書くのが撫なのだろう。「綴」は綴り集めることで、古事を引き古人の語を切り集めること。古人の字で貴方の意になったと言う。古い字を丸々使っては盗むことになる様だが、そうではない。盗み方のよいのを上手と言ったもの。時にここを事も大層なものとする。そこが芸である。そもそも「辞達而已」で、通りさえすればよい。それなのに、今の世に生まれて古の六経語孟の文の様にしようと言う。中々大抵なことでできることではない。文章を書いて道を求めようなどと思うのは擂り粉木で飯を盛る様なもの。聖人に至る学問を規撫綴緝でするのは方角違いである。困ったことには聖人の書が文章なので、ここが学者の私意を持ち込む処となる。
【語釈】
・辞達而止…論語衛霊公40。「子曰、辭、達而已矣」。

此様なことではならぬゆへ、世間庸常之見をつと飛越ること。土の間に居る者がつっと屋根へ登り、道中なれば二十里も先へ行て、なみ々々の処にをらぬことなり。自期は昔し話にせぬこと。手前がそふするでなふてはならぬ。ただ火燵にあたりて京の圖を見るやうではならぬ。をれが行かふと云のなり。今の學者は中蕐の圖を見るやふにしてをる。唐へは行かぬが見るのぞ。道を求めはせぬが書をば読むなり。世間庸常之見とちがふ。そこを云て聞せんとて致知以明之云々を云なり。三綱領と中庸を一つにするが垩学のぎり々々なり。時に知と云ことが一ちさきのことぞ。知惠を先に立てぬと盲人の働かれぬやうなもの。火事が有ふと急病人が有ふとまづ火をともす。いつでも大學の始は知なり。
【解説】
「其必有以度越世俗庸常之見而直以古人之事自期、然後可得而至也。夫古人之學何爲哉。致知以明之」の説明。「世間庸常之見」を飛び越えて先に行く。それを自分自身でしなければならない。その最初は知による。
【通釈】
この様なことでは悪いので、「世間庸常之見」を直ぐに飛び越えるのである。土間にいる者がさっと屋根へ登り、道中であれば二十里も先へ行くことで、普通の者の処にはいないこと。「自期」は昔話にしないこと。自分がそうするのでなくてはならない。ただ炬燵にあたって京の図を見る様ではならない。俺が行こうと言うのである。今の学者は中華の図を見ている様なこと。唐へは行かないが見ているのである。道を求めはしないが書を読む。世間庸常之見とは違うことを言って聞かせようとして、「致知以明之云々」を言った。三綱領と中庸を一つにするのが聖学の至極である。時に知ということが一番先のこと。知恵を先に立てないと、それは盲人が働けない様なもの。火事があっても急病人があっても先ずは火を灯す。いつでも大学の初めは知である。

立志。このつよみがないと知たが知ったに立ぬ。知た通りにすることを立と云。守と云字、文字がかいないと見られぬ。誠意の功夫をすることを守と云。造之云々。上の二句で知行を語り、これからさきは存養の様なもの。致明で明にしたことを丈夫に守り、造之云々で知の存養をする。充之云々で行の存養。知惠は段々磨くで挌別になるもの。景色も目のこへるにしたがって違ふてくるなり。道理が限りないゆへ、知た上を々々とする。知惠のことは先年すんだなどと云ではない。伊川先生の自十七八読論語當時云々が知惠のことなり。易傳も直すことがあらんとてめったに出されぬと云も知惠のことなり。造之云々は行の存養で云たもの。此方の心が誠になっても行がよくなっても、この方の心が一はいにひろがらぬ。光大と云てありだけの徳が一はいになる。十五夜の月の様なもの。あれより上にををきくはならぬ。斯うなってはちかふこと。一つ行ても行につやの違ふことがある。親に孝行は七つ八つのときからするが、二十になれば惇行孝弟と云て、惇だけ違ふことなり。行は誠意ゆへ道理の通りにする。今日の人の道理に順んとするも行ひ。大賢の上にも行がある。垩人も行がある。挌式の違ふと云は充ると充てぬので、挌別なことなり。
【解説】
「立志以守之、造之以精湥、造之以精湥」の説明。知った通りにすることを「立」と言い、誠意の功夫をすることを守と言う。造之以精湥は知の存養であり、造之以精湥は行の存養である。こころが誠になっても、行がよくなっても、心が一杯に拡がらなくてはならない。そこが聖賢とその他の者との格式の違いである。
【通釈】
「立志」。この強みがないと知ったことが知ったことにならない。知った通りにすることを立つと言う。守という字は、文字に通じていないとわからない。誠意の功夫をすることを守と言う。「造之云々」。上の二句で知行を語ったが、これから先は存養の様なもの。致明で明にしたことを丈夫に守り、造之云々で知の存養をする。「充之云々」で行の存養。知恵は段々に磨くので格別になるもの。景色も目の肥えるに従って違って来る。道理は限りないので、知った上にその上をとする。知恵のことは先年済んだなどと言うのは違う。伊川先生の「自十七八読論語当時云々」が知恵のこと。易伝も直すことがあるだろうと思って滅多に見せなかったのも知恵のこと。造之云々は行の存養で言った。自分の心が誠になっても行がよくなっても、自分の心が一杯に拡がらない。「光大」と言うので、有りっ丈の徳が一杯になる。それは十五夜の月の様なもの。あれよりも大きくはならない。こうなっては違うこと。一つ行くにも行に艶の違うことがある。親に孝行は七つ八つの時からするが、二十になれば惇行孝弟と言って、惇だけ違うことになる。行は誠意なので道理の通りにする。今日の人が道理に順おうとするのも行いだが、大賢の上にも行がある。聖人にも行がある。格式が違うと言うのは充ちるのと充たないのの違いで、それは格別なこと。
【語釈】
・自十七八読論語當時…論語序説。「程子曰、頤自十七八讀論語、當時已曉文義。讀之愈久、但覺意味深長」。

然れとも、圣人に至るとても別のことはない。雖至乎垩人可也。可也と云がこれでならるると云弁じゃと直方先生云へり。股引をはき草鞋なり。ぶんに道中の支度はない。垩人の教は二つはない。垩人元無二語もそれなり。金銀の様なもの。大名のつかふ金の、軽ひ者のつかふ金のと云ふはない。それゆへに、賢人を目當にしても、もし圣人にならふも知れぬ。圣人へ至るにもこれですむ。ぶんのこれりうはいらぬなり。不出乎此而云々。此様な結搆なことのあるに、それをはせぬ。不出乎此は一と通りの弁ではなし。出陣の出の氣味なり。斯ふ云ことのあるに、それをせぬと云こと。營々はわるいことに用る字なり。詩に營々たる青蠅と云へるは青蠅の腐りた肴に集りたることにて、貪ることを云たものなり。營々馳騁とあちこちかけまはり、□いはく者などのあるくていが斯ふしたものぞ。ていのわるいことなり。
【解説】
「雖至乎聖人可也。不出乎此、而營營馳騁於末流」の説明。聖人に至るのには特別な仕方は要らないのに、今の学者はそれをせず、「営々馳騁」とあちこち駆け回っている。
【通釈】
しかしながら、聖人に至ることも特別なことではない。「雖至乎聖人可也」。「可也」と言うのがこれで成ることができるという弁だと直方先生が言った。股引を履いて草鞋姿である。道中に特別な支度はない。聖人の教えは二つはない。「聖人初無二語」もそれ。それは金銀の様なもの。大名の使う金だ、軽い者の使う金だということはない。そこで、賢人を目当てにしても、もしかして聖人になるかも知れない。聖人へ至るにもこれで済む。別にこれ流は要らない。「不出乎此而云々」。この様な結構なことがあるに、それをしない。不出乎此の出は一通りの弁ではない。出陣の出の気味である。こういうことがあるのに、それをしないということ。「営々」は悪いことに用いる字である。詩で「営々青蝿」と言うのは青蝿が腐った肴に集まっていることで、貪ることを言ったもの。「営々馳騁」とあちこち駆け回る、軽薄者などの歩く姿がこうしたもの。体の悪いものである。
【語釈】
・垩人元無二語…論語子路19集註。「程子曰、此是徹上徹下語。聖人初無二語也、充之則睟面盎背。推而達之、則篤恭而天下平矣」。
・營々たる青蠅…詩経小雅青蠅。「營營青蠅、止于樊。豈弟君子、無信讒言。營營青蠅、止于棘。讒人罔極、交亂四國。營營青蠅、止于榛。讒人罔極、構我二人」。

竭精云々。文章書きのていがこれぞ。根氣を槯く。わづかな詩を作りながら心をつかい、僧は推す、僧は敲くと賈島が行く々々考て、宰相の供をわりたと云。わづかなことにその様に心を用るぞ。あの様なことはどうでもよいこと。杜子美が詩を考てやせこけてをりた。そこで李伯がなぐさんでやりた。あの様な仲間でからがそれ、杜子美が丁寧に骨を折るゆへそこをなぐさむ。李伯は道落だけつっと出る。さて々々詩人と云ものは益もないことに心つかいをするものなり。詩は情を述るものじゃに、却て憊[はい]思なり。そこでよい詩を作とても、あとではほっと云て伸をし、茶を持てこいと云。いこふ外聞わるいことぞ。古の詩人が其様に思を憊して骨を折はすまい。
【解説】
「竭精憊思」の説明。今の文章書きは詩を作るという些細なことにまで心を遣う。古の詩人はその様な骨折りはしなかっただろう。
【通釈】
「竭精云々」。文章書きの姿がこれ。根気を砕く。少しの詩を作りるのに心を遣い、僧は推す、僧は敲くと賈島が歩きながら考えて、宰相の供の列を割ったと言う。僅かなことにその様に心を用いる。あの様なことはどうでもよいこと。杜子美が詩を考えて痩せこけていた。そこで李白が慰めて遣った。あの様な仲間ですらそれで、杜子美が丁寧に骨を折るのでそこを慰んだ。李白は道楽なだけすっと出る。本当に詩人というものは益もないことに心遣いをするものである。詩は情を述べるものなのに、却って憊思である。そこでよい詩を作るとしても、後ではほっと言って伸をし、茶を持って来いと言う。それは大層外聞の悪いこと。古の詩人がその様に思いを憊して骨を折りはしなかっただろう。
【語釈】
・僧は推す…賈島。『李凝が幽居に題す』「閑居少隣並、草径入荒園。鳥宿池中樹、僧敲月下門」。
・憊…書中に「つかるる、くるしむなり」とある。

薛文靖が、詩は虫の鳴くやうなものと云れた。きり々々すやまつ虫が骨を折て鳴はすまい。正月になると鴬が囀る。鴬が音をよくして人に聞せようのどふのと云ことはあるまい。また可笑ひことがある。詩人同志はまだもよいが、朱子学をするものにかはったことがあるて、朱子の感興詩なとはまた別と云て、あれをうしろだてにしたがる。そふ云はずと作りたいときは作たがよし。それは丁度上戸が孔子も酒を飲れたとて酒を呑むやうなもの。さて不断なにが苦労と云に、博識になって人が古人の事を聞がは汲みながす様に云ひたいとのこと。誦説とは、あの人もよく説れますと云のなり。上留理の上手なも同じことぞ。詩の上手に違もあるまじ。講釈の上手に違ひもあるまいが、此方で学問と云はその様なことではない。
【解説】
「惟懼夫蓄藏之不富誦説之不工、雖曰能之、非吾之所謂學也」の説明。朱子学者が朱子の感興詩を後ろ楯にして詩を作るが、作りたい時は作ればよいだけのこと。また、古人のことを流暢に言いたいと思う様なことはこちらにはない。
【通釈】
薛文靖が、詩は虫の鳴く様なものだと言われた。キリギリスや松虫が骨を折って鳴きはしないだろう。正月になると鴬が囀る。鴬に音をよくして人に聞かせようのどうのということはないだろう。まだ可笑しいことがある。詩人同志ならまだしもよいが、朱子学をするものに変わったことがあって、朱子の感興詩などはまた別なことだと言って、あれを後ろ楯にしたがる。その様に言わず、作りたい時は作るのがよい。それは丁度上戸が孔子も酒を飲まれたと言って酒を飲む様なもの。さて普段何が苦労なのかと言えば、博識になって、人が古人の事を聞けば汲み流す様に言いたいとのこと。「誦説」とは、あの人もよく説かれますということ。浄瑠璃の上手なのもそれと同じこと。詩の上手に違もないだろうし、講釈の上手にも違いはないだろうが、こちらで学問と言うのはその様なことではない。
【語釈】
・薛文靖…薛徳温。薛敬軒。

葢循乎古人之事云々。天から仁義礼智を命しられて人間は斯ふして居るなり。我に得たものがなければ安性命之理ことはならぬ。禽獣は却て安性命之理てをる。鷄は時を告げ犬門を守が安なり。人の方は性命之理に安んすることならず、うろたへてをる。固貧賎と的切なことを出して見せるぞ。學者のうろたへるが皆貧窮のさはぎ。日本には及第のないが幸ぞ。朱子などの頃は級第のあるで、とかく學者の心が学問を賣り物にしようとて詩文を巧にし、上へ出やう々々々とするなり。本の學問をすると貧乏に動かず、あの人の弟子筋になればあそこへでると云ふことはない。貧は士の常と云ことあって、貧はあるはづのこととをちついてそこに動ぬ。咬得菜根則百事可做を極々に道を得られた故、文定が殊の外感心せられた。貧乏で心の動くが凡夫から學者迠なり。とんとこの処を脱することはならぬ。固と云字がそこにたじろかぬことなり。とんと貧窮□□動ぜぬ。丈夫な人の風寒暑隰にはあたらぬ如し。さて、得時而行の一句を某前々はここにこれがあっては面白くない、得時は筭用に入れぬことなり、どうかここに有てはぬけることのやうに思うたが、そうではない。圣學の規摸を得る大事は道學標的であれば、このことを云がなをよい。事る了簡はないと云。これは隱者のこと。道學標的は新民の業迠入れて云こと。俗学は押し賣に出やうと云、隱者はとかく出まいと云。とんとそうしたことはない。用則行捨則藏なり。
【解説】
「葢循乎古人之事、上之可以至聖賢之域、下之可以安性命、而固貧窮得時而行」の説明。人は性命の理に安んじることができず、狼狽えている。朱子の頃は及第があったので、学者が学問を売り物にしようとして詩文を巧みにし、上へ出ようとした。本当の学問は貧窮にも動かず、出世を求める様なことはない。また、道学標的は新民の業までがあるので、「得時」と言う。
【通釈】
「蓋循乎古人之事云々」。天から仁義礼智を命じられたので、人間はこうしている。自分に得たものがなければ「安性命之理」ということはできない。禽獣は却って安性命之理でいる。鶏は時を告げ、犬は門を守るのが安である。人の方は性命の理に安んじることができず、狼狽えている。「固貧窮」と適切なことを出して見せた。学者の狼狽えるのが皆貧窮の騒ぎである。日本には及第がないので幸いである。朱子などの頃は及第があったので、とかく学者の心が学問を売り物にしようとして詩文を巧みにし、上へ出ようとした。本当の学問をすれば、貧乏に動かず、あの人の弟子筋になればあそこへ出ることができるなどと言うことはない。貧は士の常と言い、貧はある筈のことと落ち着いてそこを動かない。「咬得菜根則百事可做」を極々に道を得られたので、文定が殊の外感心された。貧乏で心が動くのが凡夫から学者まで同じこと。全くこの処を脱することができない。固という字がそこでたじろがないこと。全く貧窮でも動じない。それは、丈夫な人が風寒暑湿に中らない様なもの。さて、「得時而行」の一句を私は前々ここにこれがあっては面白くない、これは算用に入れないことなのだから、どうしても得時がここにあっては緩くなる様に思ったが、そうではない。聖学の規模を得る大事が道学標的なのだから、このことを言うのが尚よい。事える了簡はないと言うのは隠者のこと。道学標的は新民の業まで入れて言う。俗学は押し売りに出ようと言い、隠者はとかく出ない様にすると言う。全くそうしたことではない。「用則行捨則蔵」である。
【語釈】
・咬得菜根則百事可做…小学外篇善行。「汪信民嘗言、人常咬得菜根則百事可做。胡康侯聞之撃節嘆賞」。
・文定…胡安国。宋、崇安の人。字は康侯。号は武夷先生。1074~1138
・用則行捨則藏…論語述而10。「子謂顏淵曰、用之則行、舍之則藏。惟我與爾有是夫」。

利の字は易傳の行而莫不利の利に見るがよい。段々これ程なことを云て前へ返したものぞ。とどのつまりはどの様な処へゆくと思ふたに、世間の學者と並んで一旦の功を爭ではない。ここへ為万世開太平を引がよい。今の學者が最中しとげる氣で居るが得時ほと失ふで有ふ。譬へば啇の無調法なものがあきないすると啇ひ巧者な市人が見て、あの精を出すが損をするのか得をするのか知れぬと云様なもの。利をば得ずに本も失で有ふと云。これはとるに足らぬことなれとも、實事をしたゆへ覚へたものなり。今の學者は啇人ほどもためしたものはないなり。ここであとへ取て返し、不及亦不失令名へかけると活てくるぞ。前に云、世間のしそこないを出して標的にするが面白ひことなり。本道の學問をすると不失令名なり。學問のしかたがわるければなんの役に立ぬ。
【解説】
「亦何所不利哉。由今之所爲極其效。足以與今之爲士者並而爭一旦之功。其得與失又未可知也」の説明。ここで再度、世間の学者と並んで一旦の功を争ってはならないと言う。本当の学問をすれば「不失令名」なのである。
【通釈】
利の字は易伝の「往吉无不利」の利と見るのがよい。段々とこれほどのことを言って前に返したのである。結局、どの様な処へ行くのかと思えば、世間の学者と並んで一旦の功を争うのではないと言った。ここへ「為万世開太平」を引くのがよい。今の学者はいつもし遂げる気でいるが、時を得るほど失うことだろう。たとえば商いの無調法な者が商いをすると商い巧者な市の人が見て、あの精を出すのが、損をするのか得をするのかわかっていないからだと言う様なもの。利を得ずに本も失うだろうと言う。これは取るに足りないことだが、実事をしたので覚えたのである。今の学者には商人ほども試した者はいない。ここで前へ取って返して、「不及亦不失令名」へ掛けると活きて来る。前に言った、世間のし損ないを出して標的にするのが面白いこと。本当の学問をすれば不失令名である。学問の仕方が悪ければ何の役にも立たない。
【語釈】
・行而莫不利…易経屯卦六四。「六四。乘馬班如。求婚媾往、吉无不利」。
・不及亦不失令名…近思録為学1。「不及則亦不失於令名」。

12
又曰、大抵今之學者之病、最是先學作文干祿、使心不寧靜不暇湥究義理。故於古今之學義理之間、不復能察其界限分別之際而無以知其輕重取捨之所宜。所以誦數雖博文詞雖工、而秖以重爲此心之害。要須反此、然後可以議爲學之方耳。向者葢亦屢嘗相爲道此。然覺賢者意中未甚明了、終未免以文字言語爲功夫、聲名利祿爲歸趣。今以所述事状觀之、亦可。驗其不誣矣。若諸賢者果以愚言爲不繆、則願且以定省應接之餘功收拾思慮、完養精神暫置其所已學者、勿令淘湧鼓發狂閙。却於此處湥察前所謂古今之學義理之間、粒剖銖分勿令交互、則其輕重取舍之極、自當判然於胷中、不待矯佛而趣操自分、聖學之門庭始可以漸而推尋矣。此是學者立心第一義。此志先定然後脩己治人之方。乃可决擇而脩持耳。
【読み】
又曰く、大抵今の學者の病は、最も是れ先ず作文をして祿を干むるを學び、心は寧ろ靜ならず、義理を湥究するに暇あらざらしむ。故に古今の學義理の間に於て、復其の界限分別の際を察する能わずして、以て其の輕重取捨の宜き所を知る無し。誦數博しと雖も、文詞工と雖も、而れども秖[まさ]に以て重く此の心の害を爲す所以なり。此を反するを要須し、後然るを以て學を爲すの方を議す可きのみ。向かう者葢し亦屢々嘗て相爲に此を道う。然るに賢者の意中未だ甚だ明了ならず、終に未だ文字言語を以て功夫と爲し、聲名利祿を歸趣と爲すを免がれざるを覺る。今述ぶる所の事状を以てのを觀れば、亦可なり。其の誣さざるを驗すなり。若し諸賢者果して愚言を以て繆まらずと爲さば、則ち願わくば且く定省應接の餘功を以て思慮を收拾し、精神を完養し、暫く其の已に學ぶ所の者を置き、淘湧鼓發狂閙ならしむ勿れ。却って此の處に於て前に謂う所の古今の學義理の間を湥察し、粒剖銖分交互にせしむ勿くば、則ち其の輕重取舍の極、自ずから當に胷中に判然とし、矯佛を待たずして趣操自ずから分かれ、聖學の門庭始めて漸を以てして推尋すること可なるべし。此は是れ學者心を立てる第一義。此の志先ず定まりて、然りして後、己を脩め人を治むるの方なり。乃ち决擇して脩持す可きのみ。
【補足】
この条は、朱子文集58「答宋沢之書」の語。

○又曰大抵云々。文集五十八、答宋澤之書なり。宋沢之はききなれた人ぞ。此の條も上の條と一つなり。今之學者とたたりて云が並へかたなり。作文は何のためなれば、求禄が主ぞ。今日本にはこのないが本望なことなり。今文章書と云があれとも、あれはただよく書て人に譽られたい計り。中蕐で詩文と云はそふしたことに非ず。その文章に因□級第し、宰相にもなるぞ。心も動しそうなものなり。へんさん僧が寺をもたうとする様なもの。沙門など、そげたあのやうな体で大寺をもちたいなどと云ことはありそもないものなれとも、心中ではどうぞして大寺の上人にもなる氣なり。學者□なに禄仕がなどとてこなしては見るが、心中では公儀へでも召出されたくあがいてをるぞ。寧靜は心のすらりと靜なことなり。これが人の本心のなりぞ。禄仕で心がうは々々して騒ヶしい。隱者と云へとも本の隱者でなければ、吾を馳走するものがあらばゆかうと云氣になる。学問の行なはれると云はよろこぶべきことなれども、今こそと時に乘て出やうと云は人欲なり。大概無欲な顔をしてをっても、心中は利禄なものなり。
【解説】
「又曰、大抵今之學者之病、最是先學作文干祿、使心不寧靜不暇湥究義理」の説明。中華では作文が禄仕のためになり、それで宰相になることもあった。僧侶にも大寺を持ちたいという欲が心中にあり、学者にも、無欲な顔をしていながら利録を求める人欲がある。
【通釈】
「又曰大抵云々」。文集五十八にある宋沢之に答うる書である。宋沢之は聞き慣れた人である。この条も上の条と同じで、「今之学者」と祟って言うのがここの並べ方である。作文は何のためにするのかと言えば、主として禄を求めるためである。今の日本にこれがないのが幸いなこと。今文章書きという者がいるが、あれはただよく書いて人に誉められたいだけのこと。中華で詩文と言うのはそうしたことではない。その文章によって及第し、宰相にもなる。そこで、心も動きそうなもの。偏衫僧が寺を持とうとする様なもの。沙門などが削げたあの様な姿で大寺を持ちたいなどということはありそうもないことだが、心中ではどうにかして大寺の上人にでもなる気である。学者も禄仕が何だなどと蔑んではみるが、心中では公儀へでも召し出されたくて足掻いている。「寧静」は心のすらりと静かなこと。これが人の本心の姿である。禄仕で心がうはうはして騒がしい。隠者と言っても本当の隠者でなければ、自分を馳走する者があればそこに行こうという気になる。学問が行われるのは喜ぶべきことだが、今こそと時に乗って出ようとするのは人欲である。無欲な顔をしていても、大概は心中で利禄を求めるもの。
【語釈】
・へんさん…偏衫。褊衫。僧衣の一種。上半身を覆う法衣。インドの衣に由来し、左まえに着る。
・こなして…熟す。見下す。軽蔑する。

古今之學云々。これが大切なことぞ。論語之古之學者為己今之学者為人のことなり。武士の腰物はなさぬやうに、学者もこの語を忘れてはならぬことなり。二六時中為己か為人か、義か利かとたたりて見るべし。古今之分義理之分の語などを見たらば身の耻をさらすほどに思ふべし。それなれば、學問が一挌の價をましたと云ものなり。親切らしいことをしても人の為めにすることあり、又、車の書を読でも為己がある。学而一篇を読ても為人するがあると直方云へり。學者も爰の吟味は明なれとも、これを功夫して我が我が受用にするときは、思もよらぬ処にこれがあるもの。妖の皮をあらはすなり。下々の奉公人を呵らぬ人がある。顔子めいた様なれとも、そうではない。呵ると不奉公をすると云。然ば呵らぬが利なり。義と利をわけて、それぎりてをくことに非ず。時々刻々に義と利とを分つべし。
【解説】
「故於古今之學義理之間、不復能察其界限分別之際而無以知其輕重取捨之所宜。所以誦數雖博文詞雖工、而秖以重爲此心之害。要須反此、然後可以議爲學之方耳」の説明。絶えず義と利とを分ける。己のためをしなければならない。
【通釈】
「古今之学云々」。これが大切なこと。論語の「古之学者為己今之学者為人」のこと。武士の腰物を離さない様に、学者もこの語を忘れてはならない。二六時中為己か為人か、義か利かと祟って見なさい。「古今之分義理之分」の語などを見れば、身の恥をさらすほどに思いなさい。それであれば、学問が一格の価を増したというもの。親切らしいことをしても人のためにすることもあり、また、車の書を読んでも為己がある。学而一篇を読んでも為人をすることがあると直方が言った。学者もここの吟味は明なのだが、これを功夫して自分の受用にする時は、思いも寄らない処にこれがあるもの。化けの皮を現すのである。下々で奉公人を呵らない人がある。それは顔子めいた様だが、そうではない。呵ると不奉公をすると言う。それなら、呵らないのは利からである。義と利を分けて、それだけで終えるのではない。時々刻々に義と利とを分たなければならない。
【語釈】
・古之學者為己今之学者為人…論語憲問25。「子曰、古之學者爲己。今之學者爲人」。
・一挌の價…近思録致知45。「明道先生曰、學者不可以不看詩。看詩、便使人長一格價」。

一寸したことに天理人欲ある。吸物を吸ふ迠は天理。ああむまい。とかく此様なあんはいにとこびりつく。もう人欲になる。義利を遠くに置くことに非ず。吸物の上にもあるなり。然ればこれから段々云はば、一日も二日も説きのべらるるで有ふが、餘は推して知るべし。時に、作文于禄の御多用で、とんとその様なことには氣がつかぬ。一生書物を読み、凡夫ではててしまう。さて々々なさけないことぞ。義と利と分別はずんと知らずにをる。これは金、これは銀と云様なことは明なれとも、心術隱微のことはそうは知れぬ。義に似た利もあるなり。たとひ金銀を大事にしてもわたもち圣賢があるが、今年はしまいがよいと云ひ、ちらりと面白みがつく。そこが覚悟をくづすものなり。財猶膩て、義と思う内についとりはづして利になるものぞ。作文と干禄は學者の大罪なり。無學な者にはないことぞ。学問せぬ者は文章を書て禄を求めやうの講釈をして名を顯はそうのと云ことはない。迂斎、藥毒じゃと云へり。氣之毒千万なことぞ。それをきりかへて学問するがよい。
【解説】
天理と人欲は何処にでもある。それに気が付かなければ、一生書物を読んでも凡夫で果てる。心術隠微のことはわかり難く、また、義と思う内に利となることもある。作文と干禄は学者の大罪である。
【通釈】
一寸したことにも天理人欲はある。吸物を吸うまでは天理。ああ美味い。とかくこの様な塩梅でなければと言うとこびり付く。それでもう人欲になる。義利は遠くに置くことではなく、吸物の上にもある。そこでこれから段々と言えば、一日も二日も説き伸べられるだろうが、その他は推して知りなさい。時に「作文于禄」の御多用で、その様なことには全く気が付かない。一生書物を読んでも、凡夫で果ててしまう。それは実に情けないこと。義と利との分別は全く知らずにいる。これは金、これは銀という様なことは明だが、心術隠微のことはその様にわかるものではない。義に似た利もある。たとえ金銀を大事にしても肉を持った聖賢もあるが、今年は仕舞いがよいと言い、ちらりと面白みが付く。そこで覚悟を崩すもの。「財猶膩」で、義と思う内につい取り違えて利になるもの。作文と干禄は学者の大罪である。これは無学な者にはないこと。学問をしない者は文章を書いて禄を求めようとか講釈をして名を顕そうということはない。迂斎が、薬毒だと言った。気の毒千万なこと。そこを切り替えて学問をしなさい。
【語釈】
・財猶膩…

向者蓋云々。なるほど々々々々と云が、心中はすっはりとせぬものがある。帰趣がとどの処なり。何に、文字、あれは二段なことと云ひながら、そこの処へをちこむ。帰趣と云はいかなることを云へば、たとへば軍談ものや小説などを見るに、軍のことを書てもこれは出家の作で有ふと云ことが知るるは、佛道の趣にをとすゆへぞ。あそこの処なり。さて事状と云が見にくいぞ。右段々のことを申し進する趣から見よ、いやと云はれまいと迂斎などは云へり。某按ずるに、宋澤之の方からなにか時事の科挙についたことても云てよこしたで有ふと思はるる。所述は沢之が方に見るなり。諸賢者は宋沢之が仲ヶ間を入れて云ことと見へる。宋澤之がことばかりを諸賢とは書くまい。
【解説】
「向者葢亦屢嘗相爲道此。然覺賢者意中未甚明了、終未免以文字言語爲功夫、聲名利祿爲歸趣。今以所述事状觀之、亦可。驗其不誣矣。若諸賢者果以愚言爲不繆」の説明。「帰趣」は行き着き処である。「所述事状」は宋沢之に関したこと。「諸賢者」は宋沢之の仲間を含めて言ったこと。
【通釈】
「向者蓋云々」。なるほどとは言うものの、心中にはすっぱりとしないものがある。「帰趣」は行き着き処である。何、文字などは二段なことだと言いながら、そこの処へ落ち込む。帰趣とは、たとえば軍談物や小説などを見て、軍のことが書いてあっても、これは出家の作だろうとわかるのは、仏道の趣に落とすからである。あそこの処である。さて「事状」というのが見難い。右段々のことを申し進ずる趣から見なさい、違うとは言えないだろうと迂斎などは言った。私が考えるには、宋沢之の方から何か時事の科挙に関係したことでも言って遣したのだろうと思われる。「所述」は沢之の方に見えること。「諸賢者」は宋沢之の仲間を含めて言うことと見える。宋沢之のことだけを諸賢とは書かないだろう。

定省云々。學問は斯ふせよと云ことを細かに云てやるぞ。小學をはなさぬ云ひ様なり。垩人の人を教るは、入則孝出則弟。新しいことは云ぬ。親の有た人ゆへ斯ふかかれたで有ふ。人へ應接する。それをやめろではない。それをして、その餘力あれば收拾思慮なり。道理のをくふかいことも精神がなくてはならぬ。精神を大切に養は子ばならぬなり。これも世間の學問には拂底なことぞ。書物にばかりついてをったと云ても我に功夫がなければぬけがら同前、白川夜舟なり。そこで、この書物を読まるることは、まづさしをくがよい。淘湧は、凡夫のものにつられてさわがしいがこれ。水のわきかへってをとのするていなり。狂閙があぢな処へ出たが面白い。收拾思慮完養精神、功夫がないと心がをり処にをらぬ。心がをり処にをらぬと出べき処へ出ず、出まい処へ出る。そこでさはがしい。これをやめにしたいものぞ。遠くのことではない。若ひ学者が寄合て議論をするも外からは喧嘩口論の様に思ふも根にすわらぬ処のあるゆへのこと。そこて狂閙になる。此是云々。右の通りにして收拾思慮完養精神と云ふに氣が付と、心と云本心が立てくる。心と云本が倒れてをるとなんにもならぬ。さて、心法と云は目を子むりて考へることの様に思うがそうではない。書をよく読と心がをさまり、さてはたらくなり。决擇を知にあて、脩持を行にあてて見るべし。
【解説】
「則願且以定省應接之餘功收拾思慮、完養精神暫置其所已學者、勿令淘湧鼓發狂閙。却於此處湥察前所謂古今之學義理之間、粒剖銖分勿令交互、則其輕重取舍之極、自當判然於胷中、不待矯佛而趣操自分、聖學之門庭始可以漸而推尋矣。此是學者立心第一義。此志先定然後脩己治人之方。乃可决擇而脩持耳」の説明。「収拾思慮完養精神」で心を立てる。「決択」は知、「修持」は行として見る。
【通釈】
「定省云々」。学問はこうしなさいということを細かに言って遣った。小学を離さない言い様である。聖人が人を教えるには、「入則孝出則弟」で、新しいことは言わない。親のいる人なのでこの様に書かれたのだろう。人へ応接する。それを止めろとは言わない。それをして、その余力があれば「収拾思慮」である。道理の奥深いことも精神がなくてはわからない。精神を大切に養わなければならない。これも世間の学問には全くないこと。書物にばかり向かっていても、自分に功夫がなければ抜け殻同然、白川夜舟である。それなら、この書物を読まれることは、先ずは差し置くのがよい。「淘湧」は、凡夫が物につられて騒がしいのがこれ。水の湧きかえって音のする様なこと。「狂閙」が妙な処へ出たのが面白い。「収拾思慮完養精神」で、功夫がないと心がいるべき場にいない。心が居り場にいないと出るべき処へ出ず、出てはならない処へ出る。そこで騒がしい。これは止めたいもの。遠くのことではない。若い学者が寄合で議論をするのを外からは喧嘩口論の様に思うのも、根に据わらない処があるからである。そこで狂閙になる。「此是云々」。右の通りにして収拾思慮完養精神に気が付くと、心という本心が立って来る。心という本が倒れていると何もならない。さて、心法は目を瞑って考えることの様に思うがそうではない。書をよく読むと心が納まり、さて働く。「決択」を知に当て、「修持」を行に当てて見なさい。
【語釈】
・入則孝出則弟…論語学而6。「子曰、弟子、入則孝、出則弟、謹而信、凡愛衆、而親仁。行有餘力、則以學文」。
・白川夜舟…①実際には見ないのに、見たふりをすること。②熟睡して前後を知らないこと。京を見たふりをした者が、京の白川のことを問われ、川の名と思って、夜船で通ったから知らぬと答えたことからという

講後餘録 中座
謂敬吾曰、或問は朱子の定論、集畧は程門の云ひ誤りを載せたものなり。然とも、集畧を読めば乘りがつき面白く、或問は氣がつまり面白ふない。なぜ面白くなければ、或問はゆきとどいて居るゆへ講釈することもない。ただ假名に直すのみのことなり。奏箚がそれじゃ。今日の処でも短ひ。程子の語などと違ひ、なにも別に云ことはない。この様な処はこうとうによむべし。
【解説】
集略は乗りが付いて面白く、或問は気詰まりがして面白くない。それは或問が朱子の定論であり、行き届いているからである。
【通釈】
敬吾に言った。或問は朱子の定論、集略は程門の言い誤りを載せたもの。しかしながら、集略を読めば乗りが付いて面白く、或問は気詰まりがして面白くない。何故面白くないのかと言うと、或問は行き届いているので講釈をする必要もなく、ただ仮名に直すだけのこと。奏箚がそれ。今日の処も短い。程子の語などと違って、何も別に言うことはない。この様な処は高踏に読みなさい。
【語釈】
・敬吾…片峯敬吾。唐津藩士。
・こうとう…高踏。地位・名利などに執着せず、世俗をぬけ出て気高く身を処すること。

13
又曰、人之有是身也、則必有是心。有是心也、則必有是理。若仁義禮智之爲體、惻隱差惡恭敬是非之爲用。是則人皆有之、而非由外鑠我也。然聖人之所以敎、不使學者收視反聽、一以反求諸心爲事、而必曰興於詩、立於禮、成於樂、又曰博學審問謹思明辨而力行之何哉。蓋理雖在我、而或蔽於氣禀物欲之私、則不能以自見。學雖在外、然皆所以講乎此理之實。及其浹洽貫通而自得之、則又初無内外精粗之間也。世變俗衰士不知學。挟冊讀書者、既不過於誇多鬭靡、以爲利祿之計。其有意於己者、又直以爲可以取足於心、而無事於外求也。是以堕於佛老空虚之邪見、而於義理之正法度之詳有不察焉。其幸而或知理之在我、與夫學之不可以不講者、則又不知循序致詳虚心一意、從容以會乎在我之本然。是以急遽淺迫、終已不能浹洽而貫通也。鳴呼、是豈學之果不可爲、書之果不可讀、而古先聖賢所以垂世立、敎者果無益。於後來也哉、道之不明、其可嘆已。
【読み】
又曰く、人の是の身有れば、則ち必ず是の心有り。是の心有れば、則ち必ず是の理有り。仁義禮智の體を爲し、惻隱差惡恭敬是非の用を爲すが若し。是は則ち人皆之れ有りて、外に由りて我を鑠にせざるなり。然るに聖人の敎うる所以は、學者をして收視反聽、一に諸心を反求するを以て事と爲さしめずして、必ず、詩に興り、禮に立ち、樂に成ると曰い、又、博學審問謹思明辨して之を力行すと曰うは何ぞや。蓋し理我に在りと雖も、而れども或いは氣禀物欲の私に蔽われれば、則ち以て自ら見ること能わず。學外に在りと雖も、然れども皆此の理の實を講ずる所以なり。其の浹洽貫通して自ら之を得るに及べば、則ち又初めより内外精粗の間無し。世變俗衰の士は學を知らず。冊を挟み書を讀む者は、既に多くを誇り靡を鬭じ、以って利祿の計を爲すに過ぎず。其の己に意有る者は、又直に以て以て足を心に取りて、外求を事とする無きを可と爲す。是れを以って佛老空虚の邪見に堕ち、義理の正法度の詳に於て察せざる有り。其れ幸いにして或いは理の我に在り、夫の學の以て講ぜざる可からざるとを知る者は、則ち又序に循い詳を致し心を虚くし意を一にし、從容として以て我に在るの本然を會するを知らず。是れを以て急遽淺迫、終已に浹洽して貫通すること能わず。鳴呼、是れ豈學の果して爲す可からず、書の果して讀む可からずして、古先聖賢の世に垂れ立つ所以、敎うる者果して益無からん。後來に於けるや、道の明ならざる、其れ嘆ず可きのみ。
【補足】
この条は、朱子文集80「鄂州稽古閣記」の語。

○又曰人之有此身也云々。此章鄂州稽古閣記、文集八十に出つ。誠に道学標的なり。最初より云通り、道体を語ては為学になるぞ。ここも道体と為學と一手なことを語ったものなり。人之有是身は誰も合点なこと。はてなと云ものはない。これから下が學問の根本。だたいこの身は心のいれもの。身は粗ひ処。誰も彼もしるもので、手をつくるものに非ず。四肢百骸のなりにしてをくなり。此身の中に心がある。學問は心からの相談なり。心はただ何やら活てはたらくと云へは人間も禽獣も一つなり。蠢動含霊になる。身があれば心。その中をもう一つむいてみれば、必有此理なり。いつも大事のことと云へば心と理を幷べて云が朱子の御流義なり。心與理而已もこれぞ。学問は心と理の穿鑿なり。天下の物に理がある。それとこちの心が一つになるが大切。本草の會も理が付てをるからするか、あれでは君子にはなられぬ。心はてら々々したもの。その中に理がある。心は妙なものなり。
【解説】
「又曰、人之有是身也、則必有是心。有是心也、則必有是理」の説明。人の身は心の容れ物であり、その心には理がある。学問は理と心の穿鑿である。
【通釈】
「又曰人之有此身也云々」。この章は鄂州稽古閣記で、文集八十に出ている。誠に道学の標的である。最初に言う通り、道体を語っては為学になる。ここも道体と為学とが一繋がりなことを語ったもの。「人之有是身」は誰もが合点することで、はてなと言う者はいない。これから下が学問の根本である。そもそもこの身は心の容れ物。身は粗い処で誰も彼もが知っていて、作為するものでもない。四肢百骸の通りにして置くのである。この身の中には心がある。学問は心の相談である。心をただ何やら活きて働くものだと言えば、人間も禽獣も同じである。それでは蠢動含霊になる。身があれば心がある。その中をもう一つ剥いて見れば、「必有此理」である。いつも大事なことと言えば、心と理とを並べて言うのが朱子の御流儀である。「心与理而已」もこれ。学問は心と理の穿鑿である。天下の物には理がある。それと自分の心が一つになるのが大切。本草の会も理が付いているからするが、あれでは君子にはなれない。心は照り輝くもので、その中に理がある。心は妙なもの。
【語釈】
・手をつくる…両手を合せて拝むの意があるが、ここは手を入れる、作為する?
・蠢動含霊…
・心與理而已…

その心は統性情と云、仁義礼智は心の体になって顔を出さぬものぞ。仁義礼智は大学の序にもあって、誰れも近付なもの。然れともとんと見へぬものなり。暫くすると何やらはっとひびくことがある。それ、仁が出た。理屈を云。それ、義が出たと云。用で見へるなり。体では見へぬぞ。王羲之や子昴の様な能書でも、ただ筆を持てをる処では能書見へぬが、千字文を書と能書と見へる。仁義礼智は心に備ってをるものなり。外からこしらへたことではない。鑠はものをこしらへること。これらで見ても老子が大道廃れて仁義をこると云は知らぬ云ひ様なり。大道も仁義も一つぞ。継之者は天の方、成之者は人の方。我に天道が備てをる。そこを性善と云。然れば人間の人間たる処は心に帰したぞ。人間の三種の神器は心なり。そこで、どこ迠も心ばかりふきさすりそふなものなれとも、そふではない。禅學は觀心と云て心を見付ればそれでよいと云、老子の無為はとかく混沌未分の処が大切とて、外のことをかまはぬ。垩人も心のことゆへそうしさうなものなれとも、そふではない。必曰與於詩立於礼成於楽又曰傳學審問謹思明辨而力行之といそがしいことをする。
【解説】
「若仁義禮智之爲體、惻隱差惡恭敬是非之爲用。是則人皆有之、而非由外鑠我也。然聖人之所以敎、不使學者收視反聽、一以反求諸心爲事、而必曰興於詩、立於禮、成於樂、又曰博學審問謹思明辨而力行之何哉」の説明。仁義礼智は心に備わったものであり、心の体で見えないものだが、用によって見えて来る。人間の人間たる処は心に帰すから、そこで心だけを目掛ければよいかと言うと、色々とすることがある。
【通釈】
その心は「統性情」と言い、仁義礼智は心の体となって顔は出さないもの。仁義礼智は大学の序にもあって誰もが近付きだが、全く見えないものである。暫くすると何やらはっと響くことがある。それ、仁が出た。理屈を言う。それ、義が出たと言う。それ等は用で見えるのであって、体では見えない。王羲之や陳子昴の様な能書でも、ただ筆を持っているだけでは能書とは見えないが、千字文を書くと能書なのがわかる。仁義礼智は心に備わっているもので、外から拵えたことではない。「鑠」はものを拵えること。これ等で見ても、老子が「大道廃有仁義」と言ったのは知らない言い様である。大道も仁義も一つである。これを継ぐ者は天の方、これを成す者は人の方。自分に天道が備わっている。そこを性善と言う。それなら人間の人間たる処は心に帰すこと。人間の三種の神器は心である。それなら何処までも心ばかりを拭き摩りそうなものなだが、そうではない。禅学は観心と言って心を見付ければそれでよいと言い、老子の無為ではとかく混沌未分の処が大切だとして、外のことは構わない。聖人も心のことなのでそうしそうなものだが、そうではない。「必曰與於詩立於礼成於楽又曰博学審問謹思明弁而力行之」と忙しいことをする。
【語釈】
・統性情…近思録道体50。「心統性情者也」。
・大学の序…大学章句序。「蓋自天降生民、則既莫不與之以仁義禮智之性矣。然其氣質之稟或不能齊、是以不能皆有以知其性之所有而全之也」。
・大道廃れて仁義をこる…老子俗薄。「大道廃有仁義、智恵出有大偽、六親不和有孝慈、国家昬乱有忠臣」。
・継之者…近思録道体21。「凡人説性、只是説繼之者善也。孟子言性善是也」。

或蔽氣禀云々。前で爰が一つ不審ものじゃと難問をうって云たもの。心に理は備ってをるゆへ向へ目を付ず子むりて考へそうなものなれとも、そのならぬことがある。蔽於氣禀物欲之私なり。生れつきにさま々々があり、物欲之私にさま々々がある。心に萬物之理が備ったとても、その理は見へぬ。そこで興於詩成於楽などと云。外なことをするでこちがよふなる。胴人形を見て経絡を知る様なもの。私が体には何にがござると人に聞はをかしいやうなことなれとも、とんと知れぬ。そこで胴人形を見て人に聞て知るなり。理はこちにあるものゆへ向のものはいらぬと云はれぬ。迂斎の、刀は刄をもってをるゆへ独りきれろ々々々と云たいものなれとも、砥石をたのま子ばならぬ。心に理のあるは刄金のやうなもの。博学審問などときめるは刀に砥石をたのむ様なもの。自然の道理なり。致知挌物を支離破碎と云は、心の妙を知らぬのぞ。致知挌物のなふてならぬと云ふはどうなれば、昼は見へるが夜は見へぬ。見へぬは向がくらいゆへなり。向がくらいと我が方も明にならぬ。心の理はこちのものなれとも、向の事と會するで明になる。西国の事は西国の人にきく。
【解説】
「蓋理雖在我、而或蔽於氣禀物欲之私、則不能以自見。學雖在外、然皆所以講乎此理之實」の説明。心には万物の理が備わっているが、その理は見えない。外のことをするので内にある理がわかって来る。それは、刀が砥石によって切れる様になるのと同じである。
【通釈】
「或蔽気禀云々」。先にここが一つ不審ものだと難問を出して言った。心に理は備わっているので向こうへ目を付けずに目を瞑って考えそうなものだが、それではよくないことがある。それが「蔽於気禀物欲之私」である。生まれ付きは様々で、物欲之私も様々である。心に万物の理が備わっていても、その理は見えない。そこで「興於詩成於楽」などと言う。外のことをするのでこちらがよくなる。胴人形を見て経絡を知る様なもの。私の体には何がありますかと人に聞くのは可笑しいことの様だが、全くそれを知らない。そこで、胴人形を見たり人に聞いたりして知る。理はこちらにあるものなので向こうのものは要らないとは言えない。迂斎が、刀は刃を持っているので自ら切れろ切れろと言いたいものだが、砥石を頼まなければならない。心に理があるのは刃金の様なもの。博学審問などと決めるのは刀に砥石を頼む様なもの。それが自然の道理である。致知格物を支離破砕と言うのは心の妙を知らないのである。致知格物がなくてはならないと言うのはどうしたことかと言うと、昼は見えるが夜は見えない。見えないのは向こうが暗いからである。向こうが暗いと自分の方も明にならない。心の理はこちらのものだが、向こうの事と会するので明になる。西国の事は西国の人に聞く。

事の上を段々きくと知れぬことはないやうになる。そうすると豁然貫通なり。學問は読たり聞たりするでこちがよくなるなり。とがぬ前はきれぬ庖丁が、どくときれる。物の理を究めるとこちの知が明になる。向のがこちのになるゆへ内外のへだてはないなり。ものに染たときがそれぞ。堅ひ男が道落になるは向のことがこちなったもの。向のことはこちと分々のやうなれとも、こちへいると云は、時藥を飲んで肥たやふなもの。藥店にあるそれを飲むと肥る。外をたのまずとすむ々々と云は道理の根の済ぬのなり。さて身と云に心があり、心に理がある。その理が仁義礼智。明德と云も徳性と云もここを云たものなり。然れば明德が有り難ひ、徳性がありがたいと目を子むりて居る様なことかと云に、そうではない。さっきにから云通り、向へかかりこちをよくするぞ。凡そ天下之物を究むと云へば外へ欠出したやふなれとも、物を究めてこちが明になる。
【解説】
「及其浹洽貫通而自得之、則又初無内外精粗之間也」の説明。物の理を窮めるとこちらの知が明になる。向こうのことがこちらのことになり、内外の隔てがなくなる。また、心にある理が仁義礼智であり、明徳も徳性もこれである。
【通釈】
事の上を段々と聞くとわからないことはない様になる。そうすると「豁然貫通」である。学問は読んだり聞いたりするのでこちらがよくなる。砥ぐ前は切れなかった庖丁が砥ぐと切れる。物の理を窮めるとこちらの知が明になる。向こうのことがこちらのことになるので内外の隔てはない。ものに染まった時がそれ。堅い男が道楽になるのは向こうのことがこちらのことになったのである。向こうのことはこちらと別の様だが、こちらへ入ると言うのは、時薬を飲んで肥えた様なもの。薬店にあるそれを飲むと肥える。外を頼まなくても済むと言うのは道理の根が済まないのである。さて身には心があり、心には理がある。その理が仁義礼智であり、明徳も徳性もこれを言ったもの。それなら明徳が有難い、徳性が有難いと目を瞑っている様なことかと言えば、そうではない。先ほどから言う通り、向こうへ掛かってこちらをよくするのである。凡そ天下の物を窮めると言えば外へ駆け出す様だが、物を窮めてこちらが明になるのである。
【語釈】
・豁然貫通…大学章句5注釈。「至於用力之久、而一旦豁然貫通焉、則衆物之表裏精粗無不到、而吾心之全體大用無不明矣。此謂物格、此謂知之至也」。ここは「浹洽貫通」の誤りだろう。

世変俗衰云々。世間の俗儒をさして云たもの。漢唐から宋朝迠皆これなり。有意於己者云々。陸象山のやうなもののこと。心を知りたそ。大學の教がないゆへ本道のことを知らず、これを垩賢の事業と思うふてをる。これはなさけないことで、迂斎が不如無學も此様なをさして云なり。世間の學者は博識自慢や利禄にのみ目をつけてをる。それを見て、あああさましいことと云ゆへ豪傑の士なり。学問は心法のことじゃ、六経もこちのむ子を注したものじゃと云。陸象山が、礼記の墟墓の間には哀を生するを良知のことに云た。墓側へ往くと涙が出る。そこが本心じゃ、書物もいらぬと云。それは理あることなれとも、それを全体にかけるは儒學と云ても仏學なり。
【解説】
「世變俗衰士不知學。挟冊讀書者、既不過於誇多鬭靡、以爲利祿之計。其有意於己者、又直以爲可以取足於心、而無事於外求也。是以堕於佛老空虚之邪見、而於義理之正法度之詳有不察焉」の説明。ここは俗儒を言ったこと。陸象山は、学問は心法のことであって、良知を知れば書物も要らないと言った。それでは仏である。
【通釈】
「世変俗衰云々」。これは世間の俗儒を指して言ったもの。漢唐から宋朝までが皆これである。「有意於己者云々」。陸象山の様な者のこと。心を知った人。大学の教えがないので本道のことを知らず、これを聖賢の事業と思っている。これは情けないことで、迂斎の言った「不如無学」もこの様な者を指して言ったこと。世間の学者は博識自慢や利禄にのみ目を付けている。それを見て、ああ浅ましいことだと言うのだから、迂斎は豪傑の士なのである。学問は心法のことだ、六経もこちらの胸を注したものだと言う。陸象山が、礼記の墟墓の間に哀を生ずるのを良知のこととして言った。墓側へ往くと涙が出る。そこが本心だ、書物も要らないと言う。それは理のあることだが、それを全体に掛ければ儒学と言っても仏学である。
【語釈】
・不如無學…冬至文三子の遺文の一。先君子学者を諭すの文。「不然則爲人之弊噫不如無學也」。
・墟墓の間…礼記檀弓下。「墟墓之間、未施哀於民而民哀」。

心さへ得ればよい。そこが即心即仏と云のなり。天理をわきにして、心さへ見ればよいと云。作用是性も爰なり。水を汲むも薪を運ぶも心、凡そいきものには灵妙□□る、稽古のいるものではない□心を本立にする。外にある者はなくなる、心はなくならぬと心を本立に見、灵妙な処て見たはこちの無極而太極にも似て居るゆへ、近理と云なり。見付たやうでも條理を知らぬ。牛や馬を遠くから見るとただ真黒なり。そばへよる、毛が一本々に数へられぬほどある。行燈へうつるかげでは本道には知れぬ。この方のは渾然一理貫昭晰非象罔もここを云たもの。天地の理が番袋のやふで何か知れぬ。その中に寢道具も枕箱も浴衣もあるなり。
【解説】
俗儒は心を本立として見る。それは「無極而太極」にも似ているので、「彌近理而大乱真」と言う。彼等は条理を知らない。
【通釈】
心さえ得ればよい。そこが即心即仏だと言う。天理を脇に置いて、心さえ見ればよいと言う。「作用是性」もこれである。水を汲むにも薪を運ぶにも心、凡そ生き物には霊妙がある、稽古は不要だと心を本立にする。外にあるものはなくなるが、心はなくならないと言って心を本立として見る。霊妙な処で見たのはこちらの「無極而太極」にも似ているので、そこで「近理」と言う。見付けた様でも条理を知らない。牛や馬を遠くから見るとただ真っ黒である。側に寄ると、毛が数えられないほどある。行燈へ映る影では本当にはわからない。こちらの「渾然一理貫昭晰非象罔」もここを言ったもの。天地の理は番袋の様でよくわからない。その中に寝道具も枕箱も浴衣もある。
【語釈】
・作用是性…孟子告子章句上3集註。「生、指人物之所以知覺運動者而言。告子論性、前後四章、語雖不同、然其大指不外乎此、與近世佛氏所謂作用是性者略相似」。
・無極而太極…近思録道体1の語。
・近理…中庸章句序。「則吾道之所寄不越乎言語文字之閒、而異端之説日新月盛、以至於老佛之徒出。則彌近理而大亂眞矣」。
・渾然一理貫昭晰非象罔…朱子斎居感興詩1。「渾然一理貫、昭晰非象罔。珍重無極翁、爲我重指掌」。
・番袋…宿直物を入れる袋。また、雑多な物を入れる大きな袋。

其幸而云々。これよりさきはよいを云。よいはよいが本のことを知らぬゆへ幸と云字あるぞ。俗儒でもなく、陸象山が様に丸に異端へ落もせぬゆへ、まづは仕合ぞ。呂東莱や丘瓊山もこのうちなり。呂東莱は朱子の学友、丘瓊山は明朝に生れて朱子の學を継れたが本道にゆかぬことがある。朱子の始めは左程に思はれぬが、晩年氣毒に思召、淅学の非を弁じられたぞ。とかく肝心のきまりを知らぬ。丘瓊山もそれなり。虚心云々。心に一物をもたず専一にするがよい。とかく我が得手へ持てくるぞ。是以云々。何にもかも残ることのない道具立でも、学問ににっとりとゆきをうたことがない。それゆへ見識が立ぬと事の上になる。然らば仏には落ぬからよいと云になし。そのときは高上なことを云はんとして急遽浅迫なり。幸なぶんでも、本んの処へは至らぬ。
【解説】
「其幸而或知理之在我、與夫學之不可以不講者、則又不知循序致詳虚心一意、從容以會乎在我之本然。是以急遽淺迫、終已不能浹洽而貫通也」の説明。俗儒でもなく異端にも落ちないのは幸いだが、本当の処へは至らないのでは悪い。心を専一にして、見識を立てるのである。
【通釈】
「其幸而云々」。これより先はよいことを言う。よいにはよいが本当のことを知らないので幸という字がある。俗儒でもなく、陸象山の様に丸っきり異端へ落ちもしないので、先ずは幸せである。呂東莱や丘瓊山もこの内である。呂東莱は朱子の学友で、丘瓊山は明朝に生まれて朱子の学を継がれたが、本道に行かないことがある。朱子も呂東莱のことを始めはさほどに思われなかったが、晩年気の毒に思し召して、淅学の非を弁じられた。とかく肝心の決まりを知らない。丘瓊山も同じである。「虚心云々」。心に一物を持たずに専一にするのがよい。とかく自分の得手へ持って来る。「是以云々」。何もかも余すことのない道具立でも、学問にしっくりと行き合ったことがない。そこで、見識が立たないと事の上になる。そこで、仏には落ちないからよいということではない。その時は高上なことを言おうとして「急遽浅迫」である。幸いではあっても、本当の処へは至らない。
【語釈】
・呂東莱…呂祖謙。南宋の儒者。字は伯恭。号は東莱。浙江金華の人。呂本中に対して小東莱と称。程朱の学に通じ、朱熹と並称。著「呂氏家塾読詩記」「左氏博議(東莱博議)」「大事記」など。(1137~1181)。
・丘瓊山…明の瓊山の人。丘濬。字は仲深。号は深菴。

さて々々學問は六ヶ鋪ものと合点すべし。上の俗學は書物ばかりせせりて役に立ぬ。そうなければ仏なり。誰なぞがこれにあたろふと云とき、学問の六ヶ鋪が知れる。吾黨の學といへとも急遽浅迫あり。必有事勿正を知らぬと、こきあげたことを云も偏になる。人の上を出して云も大切なと云は、あまりよい上のことを云とどうも云ひかたのないもの。孔子の、尭舜のと云ゆへよい標的のやうなれとも、孔子の、尭舜のと云ひながら急遽浅迫になる。此様なことは我がむ子へのせて見ること。こちのことが案内でも違ふてをるがある。朱子と同格のやうな人にもちがいのあるを見るべし。此様なことのないが張南軒なり。朱子の學友でも呂東莱は同挌には思ふべからず。其後丘瓊山出て明朝一人の大儒なり。文會筆録の末巻に薛文靖とめりかりもないやうに載せ置きた。然るに丘瓊山は呂東莱を続き薛文靖は張南軒のあとを継だぞ。南軒は道學標的へも出さるる人なり。
【解説】
我が党の学にも急遽浅迫がある。張南軒は朱子と匹敵する人であり、彼の後を薛文靖が継いだ。また、丘瓊山は呂東莱を継いだ。
【通釈】
実に学問は難しいものだと合点しなさい。上にある俗学は書物ばかりをせせって役に立たない。そうでなければ仏である。誰などがこれに当たるだろうと言う時、学問の難しいことが知れる。我が党の学と言えども急遽浅迫がある。「必有事勿正」を知らないと、扱き上げたことを言っても偏になる。人のことを出して言うのが大切だと言うのは、あまりによい人のことを言うと、どうも言い様がないもの。孔子や堯舜と言うのでよい標的の様だが、孔子や堯舜のことを言いながら急遽浅迫になる。この様なことは自分の胸に乗せて見ること。こちらのことがよくわかっていても違っていることがある。朱子と同格の様な人にも違いがあるのを見なさい。この様なことのないのが張南軒である。朱子の学友であっても、呂東莱を同格に思ってはならない。その後丘瓊山が出たが、彼は明朝一の大儒である。文会筆録の末巻に薛文靖と甲乙もない様に載せて置いた。しかしながら、丘瓊山は呂東莱を継ぎ、薛文靖は張南軒の後を継いだのである。南軒は道学標的へも出すことのできる人である。
【語釈】
・必有事勿正…孟子公孫丑章句上2。「必有事焉而勿正。心勿忘。勿助長也」。
・張南軒…名は栻。字は敬夫。1133~1180

直方先生、あの高見で李退渓を尊はいかがなれば、李退渓には急遽浅迫がない。浹洽而貫道があるなり。朝鮮にて數百歳の後に生れ、朱学を丸に得られた。今見処のない學者が親類書を聞く様に、朱子學を継たものは誰々と云。朱學と云ても中へ入て見ればあんばいの違うこと。朱子を継だは李退渓、長南軒を継だは薛文靖、呂東莱を継たは丘瓊山などとはきと見付る人なし。さて、孔子のうちどめは朱子、朱子のうちどめは李退渓ぞ。李退渓をさまでもないことのやうに思うが、それはかさで覚た學問なり。直方先生の晩年冬至文を作て退渓へとめられたは道統の眼なり。
【解説】
朱子を継いだのは李退渓であり、彼には急遽浅迫がなかった。直方先生が冬至文の中で、李退渓で止めたのは道統の眼である。
【通釈】
直方先生があの高見で李退渓を尊ぶのは何故かと言うと、李退渓には急遽浅迫がない。「浹洽而貫道」がある。朝鮮で数百年の後に生まれ、朱学を丸ごと得られた。今見処のない学者が親類書を聞く様に、朱子学を継いだものは誰々と言う。朱子学と言っても中へ入って見れば塩梅が違う。朱子を継いだのは李退渓、長南軒を継いだのは薛文靖、呂東莱を継いだのは丘瓊山などとはっきりと見付ける人がいない。さて、孔子の打ち止めは朱子、朱子の打ち止めは李退渓である。李退渓をそれほどでもないことの様に思うが、それは嵩で覚えた学問である。直方先生が晩年冬至文を作って退渓で止められたのは道統の眼である。
【語釈】
・退渓へとめられた…冬至文。「朝鮮李退渓之後欲負荷此道者吾未聞其人焉」。

豈學之果不可為云々。孟子がとうに無有乎爾則亦無有乎爾となげかれた。書物は論孟大中あるが、よまれぬものなり。私よみますと云。それはよむと云ものではない。手書きがないと云様なもの。手紙を書が手書きではない。ここで跡へかへし、為去垩継絶學為萬世開太平へ合せ見るべし。あの通りでなければ學問してもむだ骨折ると云ものぞ。それがなければ道學標的、あれにはづるれば道學標ではない。
【解説】
「鳴呼、是豈學之果不可爲、書之果不可讀、而古先聖賢所以垂世立、敎者果無益。於後來也哉、道之不明、其可嘆已」の説明。論孟大中があるのに人は読まない。それを読んだとしても自分のものにならない。「為去聖継絶学為万世開太平」でなければ学問をしても無駄骨である。
【通釈】
「豈学之果不可為云々」。孟子がとっくに「無有乎爾則亦無有乎爾」と嘆かれている。書物なら論孟大中があるのに、それは読まれない。私は読みますと言っても、それは読むというものではない。それは手書きではないという様なもの。手紙を書いても手書きではない。ここで前に返して、「為去聖継絶学為万世開太平」へ合わせて見なさい。あの通りでなければ学問をしても無駄骨を折ると言うもの。それがなければ道学標的であり、あれに外れれば道学標的ではない。
【語釈】
・無有乎爾則亦無有乎爾…孟子尽心章句下38。「然而無有乎爾、則亦無有乎爾」。
・為去垩継絶學為萬世開太平…近思録為学95の語。

講後餘録 中座
張南軒を継たは薛文靖、又、東莱を丘瓊山などと云。誰も如斯云たものはない。前軰未発なり。この論うごくまいと思うぞ。ものには見のがしになることと見のがしにならぬことがある。呂東莱が論語は虚、左傳は實と云ひ、丘瓊山は餅のこしらへ様が上手で、天子が此様な餅はないと云れたぞ。それを御膳部へ教へられなんた。道學を得た人に此様なことはないはづぞ。竒妙なことがあるものなり。これにて惣体のこと卜すべし。
【解説】
張南軒を継いだのは薛文靖で、東莱を丘瓊山が継いだと言うのは未発の言である。呂東莱と丘瓊山は道学を得た人ではない。
【通釈】
張南軒を継いだのは薛文靖で、東莱を丘瓊山が継いだなどと、この様に言った者は誰もいない。前輩未発である。この論は確かだと思う。ものには見逃しのできることと見逃しのできないことがある。呂東莱が論語は虚で左伝は実と言い、丘瓊山は餅の拵え様が上手で、天子がこの様な餅はないと言われた。しかし、それを御膳部へ教えることはなかった。道学を得た人にこの様なことはない筈である。奇妙なことがあるもの。これで総体のことを考えなさい。

14
又曰、熹衰苦之餘、無他外誘、日用之間、痛自歛飭、乃知敬字之功親切要玅、乃如此而前日不知於此用力、徒以口耳浪費光陰、人欲横流天理幾滅。今而思之怚然震悚。葢不知所以措其躬也。
【読み】
又曰く、熹衰苦の餘、他の外誘無く、日用の間、痛く自ら歛飭し、乃ち敬の字の功親切要玅、乃ち此の如くして前日此に於て力を用いるを知らず、徒に口耳を以て光陰を浪に費やし、人欲横流天理幾滅を知る。今にして之を思えば怚然震悚。葢し其の躬を措く所以を知らざるなり。
【補足】
この条は、朱子文集42「答林擇之書」の語。

○又曰熹衰苦之餘云々。この幷べかた、初の二章に俗学を出し、あのやうなことではないと稽古閣の記を出し、これで尽たぞ。大学の八目、近思録の十四篇の趣は稽古閣の記にあり、道學のきまりの処はあれで、とど直方先生の思召が敬と云へをとさぬうちは我がものにならぬと云が此条なり。わるいを二条出して、學問の全体にあづかる章を前一条に見せてよい。上へきり々々につめるには敬がなければならぬゆへ、ここへ此章挙たものなり。じゃと云ても、直方先生の別に鼻を高くすることに非ず。山﨑先生近思録の序に致知力行を存養が貫くと云へり。これが大学中庸を一つにしたことなり。道統の傳とて分にあるではない。存養のあるとないのぞ。存養を知らぬと知惠と行に色つやがない。存養は知惠にも潤し行にも潤す。漢唐の間にも知も行もある人あれとも、存養がない。存養のないはこまりたもの。貧乏人も金をたすが、拂物をして出すと、金持のそれとてものをやるは同じ一両でもやりやふが違う。存養のないは義理にからめられ、しょうことなしにたすやふなり。
【解説】
稽古閣の記が道学の決まりだが、敬に落さないと自分のものにならないので、この条が出た。存養を知らないと知恵と行に色艶がない。
【通釈】
「又曰熹衰苦之余云々」。初めの二章に俗学を出して、あの様なことではないと稽古閣の記を出したのでこれで尽きる。大学の八目や近思録十四篇の趣が稽古閣の記の中にあるので、道学の決まりの処はあれなのだが、直方先生の思し召しで、つまりは敬に落さない内は自分のものにならないと言うことなので、この条が出た。悪いことを二条出して、学問の全体に与る章を前の一条に見せたのがよい。その上で至極に詰めるには敬がなければならないので、ここへこの章を挙げたのである。そうは言っても、直方先生が別に鼻を高くすることではない。山崎先生が近思録の序で致知力行を存養が貫くと言った。これが大学と中庸を一つにしたこと。道統の伝と言っても他にあるわけではない。存養があるかないかである。存養を知らないと知恵と行に色艶がない。存養は知恵も潤し行も潤す。漢唐の間にも知も行もある人がいたが、存養がない。存養がないのは困ったもの。貧乏人も金を出すが、払い物をして出すのと、金持がそれと言って物を遣るのとは同じ一両でも遣り様が違う。存養がないのは義理に絡められ、仕方なく出す様なもの。
【語釈】
・致知力行を存養が貫く…近思録序。「夫學之道在致知力行之二而存養則貫其二者也」。
・拂物…売り払う品物。売り払うべき不用品。

朱子、延平に二十二三のとき従はれて、延平に靜にせられ了ると云へり。外に何をさづかったと云ことはない。そこが寧靜の字なり。これて為天地立心のををきな心も立つ。そふするともとへひっくりかへるなり。それ孟子の性善と云も中庸の尊徳性と云もそふじゃと前の方へひっかへることなり。孔子の朝聞道もそこの処へをち、好學と云も方々あがいてあるくことではない。靜にして心に得ることなり。此様なことはとうから朱子は合点なれとも、漸々此頃氣が付たとなり。孔子の好學と云はるる意なり。言此以勉人と云もの。生知の大圣が好學と云れ、大賢の朱子が此頃になりて始めて氣が付たと云はるる。垩賢も迂詐をつかるるさうなと云ほどに思へば孔朱を知りたのなり。
【解説】
朱子も李延平から静を学んだ。孟子の性善も中庸の尊徳性も、「朝聞道」も「好学」も、静で心に得るのである。
【通釈】
朱子が延平に二十二三の時に従われ、延平に静にさせられて終わったと言った。外に何を授かったということはない。そこが「寧静」の字である。これで「為天地立心」という大きな心も立つ。そうすると元へ引っ繰り返る。その通りで、孟子の性善も中庸の尊徳性もそうだと前の方へ引っ繰り返るのである。孔子の「朝聞道」もそこの処へ落ち、「好学」も方々足掻いて歩くことではなく、静にして心に得ることである。この様なことは前々から朱子は合点していたが、漸々この頃気が付いたと言う。孔子が好学と言われた意である。それは「言此以勉人」というもの。生知の大聖が好学と言われ、大賢の朱子がこの頃になって初めて気が付いたと言われた。聖賢も嘘を吐かれる様だというほどに思えば孔朱を知ったことになる。
【語釈】
・延平…李延平。字は愿中。羅豫章の門に程氏学を学ぶ。朱子も22歳の時に李延平の門を叩く。1093~1163。
・寧靜…朱子文集58の語。「使心不寧靜不暇湥究義理」
・為天地立心…近思録為学95の語。
・好學…論語公冶長28の語。
・言此以勉人…論語公冶長28集註。「故言此以勉人」。

此書は答林擇之書なり。朱子四十のときなり。林擇之はさしたる人でもないが、づんとよく朱子と取りくんで啇量した人なり。今迠敬の字を思はぬではないが、こんど挌別に敬の大切を知りたと云れた。今迠あれやこれやと書を口耳三寸、あの荀子に笑はれるで有ふとなり。人欲横流云々。人欲と云と啇人の價をするやうに思うが、朱子などにその様なきたないことはない。黙斎や小市は根がわるいことをした上でのこと。朱子などにそれはない筈。頴悟荘重と云て圣人にもまけぬものを持て居られたか、されとも敬と云うまみをとっつかまへぬうちは、よいと思うことが皆人欲横流なり。天理幾滅は思の外なことなり。存じよらず滅る時あると知るべし。今日の學者などは氣があらいぞ。胸の中をせんぎせぬゆへとうやら祇薗や嶋原の遊所に至るを天理滅と思うが、それは固りのこと、親の背中を摩りながらも天理滅はあることぞ。目はたきもせず、十日看病をした。是程よいことても、但しそれもちと人に知せる氣なれば、即ち人欲横流天理幾滅なり。
【解説】
敬を掴まえない内は、よいと思うことが皆人欲横流である。よく看病をしたとしても、少しでも人にそれを知らせたい意があれば、「人欲横流天理幾滅」である。
【通釈】
この書は林択之に答うる書である。朱子が四十歳の時のこと。林擇之は大した人でもないが、かなりよく朱子と取り組んで商量した人である。今まで敬のことを思わなかったのではないが、この度格別に敬が大切なことを知ったと言われた。今まであれやこれやと書を口耳三寸でしていたが、それはあの荀子に笑われることだろうと言った。「人欲横流云々」。人欲と言うと商人が価を付ける様に思うが、朱子などにその様な汚いことはない。黙斎や小市は根が悪い上でするのだが、朱子などにそれはない筈。頴悟荘重で聖人にも負けないものを持っておられたが、しかしながら敬という甘味を掴まえない内は、よいと思うことが皆人欲横流である。「天理幾滅」は思いの外なこと。思いもよらず滅びる時があるものだと思いなさい。今日の学者などは気が荒い。胸の中を詮議しないので、どうやら祇園や島原の遊所に至ることを天理滅と思っているが、それは固よりのことで、親の背中を摩りながらも天理滅はあるもの。瞬きもせず、十日看病をした。これほどよいことでも、一寸人に知らせる気があれば、即ち「人欲横流天理幾滅」である。
【語釈】
・口耳三寸…荀子勧学「小人之学也、入乎耳出乎口口耳之間、則四寸耳」。
・小市…宇井黙斎。久米訂斎門下。名は弘篤。通称は小一郎。別名丸子弘篤。肥前唐津の人。天明元年(1781)、57歳で没。弟子に千手旭山があり、旭山の孫弟子が橋本佐内である。

詩文も作らず博識をもたっとばす、人抦よく行をつつしみ学而一篇を熟読しても、道を求る志なく、鴬声で有子曰孝弟にしてとよむなれば盗人根性なり。そこが人欲と云になる。をとなしい顔をしてもここの吟味からは縛る程の罪なり。巧言令色をば仁鮮とて、剛毅木訥は疂ざはりあらく烟草盆をも蹴出し仁てはないやうなれとも近仁と云。鴬声づんどあてにならぬものぞ。天理滅なり。つんと油断のならぬと云は、よいことの上に人欲あるゆへなり。そこへ敬の功夫すると仁義が目を醒めをる。仁義が目をさましてをるとその様なことはない。
【解説】
道を求める心もなくて論語を読むのは盗人根性であり、それが人欲である。よいことの上に人欲があるので油断はならない。敬の功夫をすれば仁義が目醒め、見間違えることはない。
【通釈】
詩文も作らず博識をも尊ばす、人柄もよくて行を慎んでも、学而一篇を熟読しても道を求める志はなく、鴬声で「有子曰孝弟」と読むだけなら盗人根性である。そこが人欲ということになる。大人しい顔をしても、ここの吟味では縛るほどの罪である。巧言令色を仁鮮と言って、剛毅木訥は畳触りが粗くて煙草盆をも蹴り出す様で仁ではない様だが、近仁と言う。鴬声は実に当てにならないもの。天理滅である。全く油断ができないと言うのは、よいことの上に人欲があるからである。そこへ敬の功夫すると仁義が目醒めている。仁義が目を醒ましていれば、その様なことはない。
【語釈】
・有子曰孝弟…論語学而2。「有子曰、其爲人也孝弟、而好犯上者、鮮矣。不好犯上、而好作亂者、未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者、其爲仁之本與」。
・巧言令色…論語学而3。「子曰、巧言令色、鮮矣仁」。
・剛毅木訥…論語子路27。「子曰、剛毅木訥、近仁」。

不知所措其躬也は、謝上蔡がをぬしの学問は茶の湯するも一つじゃと程子に云はれたれば、寒中に汗を流た。朱子の昔の事に思はれて、やれ々々はづかしうてならぬとなり。朱子は何で学問をしあげられたと云に、敬なり。朱學之所以朱學は敬なり。敬は一身之主宰にして万事之根本と云もここなり。明徳を明にするも敬でなふてはならぬ。朱子は敬で学問の棟上けをなされたなり。朱子の御手前一箇うまいもの食ふかと云に、そうではない。林擇之へも振舞ふとて云てやるのぞ。明徳中新民あることを見るべし。道学は敬に帰す。敬を標的とすべし。敬と云て本との明德になるなり。敬でもとの明德には足りそもないものなれとも、すくに大學の顧諟天之明命が敬なり。一つくるわで云ことゆへ、敬と云つかまへ処をすると明德が明になる。
【解説】
朱学の朱学たる所以は敬である。道学は敬に帰す。敬を標的とするのである。敬によって明徳も明になる。
【通釈】
「不知所措其躬也」は、謝上蔡が、お前の学問は茶の湯をするのと同じだと程子に言われて、寒中に汗を流したのと同じ。朱子が昔の事を思われて、やれやれ恥ずかしくてならないと言った。朱子は何で学問を仕上げられたのかと言うと、敬である。朱学の朱学たる所以は敬である。敬は一身の主宰にして万事の根本と言うのもここのこと。明徳を明にするにも敬でなくてはならない。朱子は敬で学問の棟上けをなされた。朱子は自分だけで美味いものを一箇食うかと言うと、そうではない。林択之へも振舞おうと言って遣る。明徳中に新民のあることを見なさい。道学は敬に帰す。敬を標的としなさい。敬と言って本の明徳になる。敬では本の明徳には足りそうもないものなのだが、大学の「顧諟天之明命」が直に敬である。一つの中で言うので、敬という掴まえ処を行えば明徳が明になる。
【語釈】
・謝上蔡…顕道。良佐。程氏門人。1050~1103
・寒中に汗を流た…近思録為学27小注に、「胡安國云、謝先生初以記問爲學、自負該博、對明道擧史書成篇、不遺一字。明道曰、賢却記得許多、可謂玩物喪志。謝聞此語、汗流浹脊、面發赤」とある。
・敬は一身之主宰にして万事之根本…
・顧諟天之明命…大学章句1。「康誥曰、克明德。大甲曰、顧諟天之明命。帝典曰、克明峻德。皆自明也」。

15
朱子語類曰、子上問、操則存、舍則兦。曰、若不先明性善、有興起必爲之志、恐其所謂操存之時、乃舍兦之時也。
【読み】
朱子語類に曰く、子上問う、操れば則ち存し、舍つれば則ち兦す。曰、若し先ず性善を明にし、興起するに必ず爲すの志有らざれば、恐らくは其の謂う所の操存の時は、乃ち舍兦の時ならん。
【補足】
この条は、朱子語類「孟子告子上牛山之木章」の語。孟子告子章句上8に「孔子曰、操則存、舍則亡。出入無時、莫知其鄕」とある。

○朱子語類曰云々。直方先生の眼の付け処の峻絶にたぎる段は十方もないことなり。上の条で学問の要を敬にをとして、この章で敬を一つさへるやうに示すが趣向なり。此条で敬と云のきり々々につまることなれとも、全体の覚悟の立ぬ学者の敬は役に立ぬ。標的の至極は敬。其敬にまがいありてなんの役に立ぬ。さあ敬ときいて段々丁寧になり、箇條が多くなりて、敬斎箴で尊瞻視ときくと急用ありてもめったにふりむかぬと云様になり、小兒が目をまはしても氣付をすり足で持てゆく様に心得る。そこを一つさとすために此条を出す。鄭子上が、敬がきめ処じゃと問た。尤な問なり。敬とて不断板天神のやうになって居ることに非ず。水風呂の中でもかしこまる様な敬て、こちは明にならぬ。もと知惠を明にするが先へ立つなり。知惠が明になるとやりばなしになるもの。処へ敬ぞ。敬とてにぎりつめるは役に立ぬ。右のものを左へもなをすなと云様に思ふもよいことなれとも、そうしたことはない。こっちの方に火事があらば、あちらの方からゆくがよい。知にはけいこありて、行はしまりさへすればよいと合点すべし。狐ではないかと知る。もうそれでよいぞ。医者がめったになるものではないと云は、その前に傷寒、六経も何もかも吟味してのことなり。敬は知惠を磨てのことぞ。
【解説】
敬は学問の決め所だが、その前に知恵を明にしなければならない。医者も、知を明にしなければ成ることはできない。
【通釈】
「朱子語類曰云々」。直方先生の眼の付け処の峻絶に滾るところは途方もないこと。上の条で学問の要を敬に落として、この章で敬を一つ冴える様に示すのが趣向である。この条で敬の至極に詰まることになるものだが、全体の覚悟が立たない学者の敬は役に立たない。標的の至極は敬。その敬に紛いがあっては何の役にも立たない。さあ敬と聞いて段々丁寧になり、箇條が多くなって、敬斎箴で尊瞻視と聞くと、急用があっても滅多に振り向かないという様になり、小児が目を回しても気付けを摺り足で持って行く様に心得る。そこを一つ諭すためにこの条を出した。鄭子上が、敬が決め処かと問うた。尤もな問いである。敬と言っても普段板天神の様になっていることではない。水風呂の中でも畏まる様な敬では、自分は明にならない。元々知恵を明にすることが先に立つ。知恵が明になると遣りっ放しになるものなので、そこへ敬である。敬と言っても握り詰める様にするのは役に立たない。右のものを左へも直さない様に思うもよいことなのだが、そうしたことではない。こちらの方に火事があれば、あちらの方から行くのがよい。知には稽古が必要であって、行は締まりさえすればよいと合点しなさい。狐ではないかと知る。もうそれでよい。医者は滅多にできるものではないと言うのは、その前に傷寒、六経も何もかも吟味してからのことだからである。敬は知恵を磨いてのこと。
【語釈】
・尊瞻視…論語堯曰2。「君子正其衣冠、尊其瞻視、儼然人望而畏之、斯不亦威而不猛乎」。
・板天神…

興起必為は、主の歒を討つ様なもの。敬の心がないと鎗倉はかり、日は照らぬと云。知で心が明だとそこの子ほけることはない。敬は筭用の外なものなり。ヶ条はなし。医者の匕のまはると云様なもの。敬さへあればよいと云と一味でするになる。致知挌物をせぬと、操存之時乃舎亡之時なり。吉原へ行をかしこまるやうなもの。知惠がなければ敬ても役に立ぬ。盗人も目はさましておる。子ぼけて盗はなるものではない。氣はたしかでも盗が舎亡なり。學問が怠ると子むる。呵ると目がさめる。目はさめても一体にわるだくみ、人欲の工面をすれば舎亡なり。敬は大切なものなれとも、だし処を知ら子ばならぬ。好仁不好学其蔽也愚。仁は結搆なれとも、学を好むと云でなければ仁も役に立ぬ。御茶つぼ々々々々と云様なもの。なにゆへのことか知れぬ。
【解説】
敬の前に致知格物をする。また、敬も出し処を間違えると「舎亡」となる。
【通釈】
「興起必為」は、主の敵を討つ様なもの。敬の心がないと鎗倉ばかりで日は照らないと言う。知で心が明になると寝惚けることはない。敬は算用の外なもので箇条はない。医者の匙が回ると言う様なもの。敬さへあればよいと言うと一味ですることになる。致知格物をしないと、「操存之時乃舎亡之時」である。それは吉原へ行くのに畏まる様なもの。知恵がなければ敬でも役に立たない。盗人も目は覚ましている。盗みは寝惚けてできるものではない。気は確かでも盗みが舎亡である。学問を怠ると眠る。呵ると目が覚める。目は覚めても一体に悪巧みや人欲の工面をすれば舎亡である。敬は大切なものだが、出し処を知らなければならない。「好仁不好学其蔽也愚」で、仁は結構なものだが、学を好むというのでなければ仁も役に立たない。御茶壺と言う様なもの。何でそれが必要なのかがわからない。
【語釈】
・御茶つぼ…狂言の一。悪者が他人の茶壺を自分の物だと言って争いになり、目代に入日記を聞かれてごまかすのに苦心する。
・好仁不好学其蔽也愚…論語陽貨8。「好仁不好學、其蔽也愚。好知不好學、其蔽也蕩。好信不好學、其蔽也賊。好直不好學、其蔽也絞。好勇不好學、其蔽也亂。好剛不好學、其蔽也狂」。

神道者議論もそれなり。春原民部が敬を問たれば、直方先生の、このやうなものじゃと手をくりとまわして見せられた。神道の敬は知らぬが、道学の敬はただではない。知がなければ役に立ぬ。存心々と云も学問なしのするは、舟頭がわりひざでおるやふなもの。心は子ろんでをるも同じことぞ。操存と云がすぐに舎亡之時なり。ここを忠信如丘へあてて見るべし。忠信なものは寄合辻番にもある。学を好むと云で違ふてくるぞ。圣人に好学はなさそうなもの。好学が垩希天なり。乾々不息乎誠も此様な処。伯夷柳下惠はいつも同じこと。伯夷はきぶい皃をすれば、柳下惠はいつも々々々人とざしてにこ々々してをられたぞ。學問は天地を學ぶこと。天に隂陽があれば、學問にも知と行がある。ただ堅ひ人じゃの、利口な人じゃのと云は役に立ぬ。ちっとも尤らしいことを云ふと、あれ學者が通ると云が、道落者も同じこと。悪所へ出るばかと學問上へ出るばかとの違ふばかりなり。啇ひのしやうを知らぬと精を出して身帯をつぶす。敬の功夫を尤らしい俗人のすることのやふに思ふ。其様なことを標的と心得ては違たることなり。標的を知らぬと似せものを本んのものと思ふぞ。
【解説】
学問は天地を学ぶこと。天に陰陽がある様に、学問にも知と行とがある。ただ堅い人だとか利口な人だというのでは片吊りである。
【通釈】
神道者の議論もそれ。春原民部が敬のことを問うと、直方先生が、この様なものだと手をくるりと回して見せられた。神道の敬は知らないが、道学の敬は簡単なものではない。知がなければ役に立たたない。存心も学問なしでするのは、船頭が割り膝でいる様なもので、心が寝転んでいるのと同じ。「操存」というのが直に「舎亡之時」である。ここを「忠信如丘」へ当てて見なさい。忠信な者は寄合や辻番にもいるが、学を好むということで違って来る。聖人に好学はなさそうなものだが、好学が「聖希天」である。「乾々不息乎誠」もこの様な処。伯夷柳下恵はいつも同じ。伯夷は厳しい顔をしていて、柳下恵はいつも人と座してにこにこしておられた。学問は天地を学ぶこと。天に陰陽があれば、学問にも知と行とがある。ただ堅い人だとか、利口な人だというのでは役に立たない。少し尤もらしいことを言うと、あれ、学者が通ると言われるが、それは道楽者と同じこと。悪所へ出る馬鹿と学問の上へ出る馬鹿との違いだけである。商いの仕方を知らないと、精を出して身代を潰す。敬の功夫を尤もらしい俗人のすることの様に思う。その様なことを標的と心得るのは違う。標的を知らないと偽物を本物と思う。
【語釈】
・春原民部…
・忠信如丘…論語公冶長28の語。
・垩希天…近思録為学1の語。
・乾々不息乎誠…近思録克己1。「濂渓先生曰、君子乾乾不息於誠」。

ここに一つ話あり。先年行人坂火事のとき、去る屋鋪の茶坊主が焼け藏の灰の中から水さしをひろうてきたり。見れば南京の至極結搆な水さしなり。然れとも、焼たればなんにもならぬ。処を巧者な道具屋が二両で買ふたと云。何んにすると問たれば、用には立ぬが南京の手本にすると云た。本の南京は斯のやうなものとなり。学問者も此様なものと手本ほしきなり。それを標的と云。ただ学者風君子風、なんの役に立ぬ。心はぬけがらがある。市井のにぎやかな処でをちついても得手巾着を切らるるものぞ。足はやにあるいても、たましいさへぬけぬと巾着はきられぬ。火事塲でもをとなしい皃をするが、すればするほど中はぬける。孔明かあの三国のさわがしい中閑暇がありたと云。孔明の孔明たる処なり。今日の人は一日ぶらりとして居りながらひまがない々々々々々と云。吾黨の学者をば人のことをわるく云と云は、斯ふ云ことを知りて居るゆへなり。
【解説】
ただの学者風や君子風では何の役にも立たない。魂をしっかりと立てて置かなければならない。
【通釈】
ここに一つ話がある。先年行人坂で火事の時、去る屋敷の茶坊主が焼け蔵の灰の中から水差しを拾って来た。見れば南京の至極結構な水差しである。しかしながさ、焼けてしまったので何にもならない。そこを巧者な道具屋が二両で買ったと言う。何にするのかと問うと、用には立たないが南京の手本にすると言った。本当の南京はこの様なものだと言った。学問をする者もこの様なものを手本に欲しいもの。それを標的と言う。ただの学者風や君子風では何の役にも立たない。心は抜け殻になる時がある。市井の賑やかな処で落ち着いていても、よく巾着を切られるもの。足早に歩いても、魂さえ抜けなければ巾着は切られない。火事場でも大人しい顔をしているが、それをすればするほど中は抜ける。孔明はあの三国の騒がしい中でも閑暇があったと言う。そこが孔明の孔明たる処である。今日の人は一日中ぶらりとしていながら暇がないと言う。我が党の学者が人のことを悪く言うというのは、この様なことを知っているからである。

さて、標的は敬へをとすことなれとも、性善と云棟上けがなければならぬ。とどここも見処へをとすことと知べし。舎亡之時也とは甚だ手痛く呵りた語なり。論語の學而は全ひ章なれとも、かどがないゆへ標的にならぬ。十室之邑と夕死の章はかどがあるゆへ標的になると云。此章もかどのある語なり。せっかく操存と思うを、それを舎亡となり。坐忘を坐馳と云もにくいぞ。口上にかどがある。操存と思うが舎亡となり。敬と思うても敬ではないぞ。それ程にきめ子ばならぬ。
【解説】
ここは敬が標的だが、その前に性善を棟上げしなければならないから、やはり見処へ落ちる。ここもまた、角のある章である。
【通釈】
さて、標的は敬へ落すことだが、性善という棟上げがなければならない。結局はここも見処へ落すことだと理解しなさい。「舎亡之時也」は、甚だ手痛く呵った語である。論語の学而は完全な章だが、角がないので標的にはならない。「十室之邑」と「夕死」の章は角があるので標的になると言う。この章も角がある。折角操存と思ったのに、それを舎亡と言う。座忘を座馳と言うのもうまい言い方である。口上に角がある。操存と思っても舎亡だと言う。敬と思っても敬ではない。それほどに決めなければならない。

道学標的跋
人之所爲人者心也。其心之所之則志也。其志在於善則善。在於惡則惡也。君子小人於此乎分矣。古之聖人所以敎人、爲學之道、全在於去惡全善。而孟子性善之言、正爲之而發也。然則務學之要基在立志。不亦宜乎。近時學者大率安于卑陋、期小成、而終無求道之志滔滔皆然。先生往年著講學鞭策録、今復著道學標的。盖爲此故也。吾儕可不猛省乎。時正德癸巳秋八月。長谷川遂明謹書。
【読み】
人の人爲るは心なり。其の心の之く所は則ち志なり。其の志善に在れば則ち善なり。惡に在れば則ち惡なり。君子小人此に於て分る。古の聖人の人に敎うる所以、學を爲[おさ]むるの道、全く惡を去りて善を全うするに在り。而して孟子性善の言、正に之が爲にして發するなり。然らば則ち學を務むるの要基は志を立つるに在り。亦た宜[む]べならずや。近時學者大率卑陋に安んじ、小成を期して、終に道を求むるの志無きこと滔滔として皆然り。先生往年講學鞭策録を著し、今復た道學標的を著わす。盖し此が爲の故なり。吾儕猛省せざる可けんや。時に正德癸巳秋八月、長谷川遂明謹書。
【語釈】
・正德癸巳…1713年。

さて、ここの終に跋文があるが、長谷川克明の書れたなり。克明のこの跋を書れたのがとふ云時勢かとんと済ぬことぞ。克明は初めは迂斎の弟子と云程なこと。それから直方先生の門人になってもあまり上坐ではなし。其上いこふ謙退遜順な君子なり。迂斎石原永井の三人をのけて跋を書く筈はないが、どふした拍子でか、直方先生の云ひ付られたと見へる。克明は即觀水翁なり。茶一服も人よりさきに飲ぬ人なり。のり出して跋を書くことはない人なり。文章も直方先生の文だも知れぬ。武村市兵衛、板にするとき克明の跋が間に合はなんだからして板にはなし。克明は初の名は遂明と云。俗名源右衞門。松平伊豆候の世臣なり。さてこの跋も見てをくべし。この跋文稽古閣の記の字をとりて書たと見へる。志で君子小人の分がはかる。その次へ性善と出して道學標的に合せるなり。先年往年云々のことも云ひ付られたと見へる。道學標的を著されたは、學問によりのもとるをよりのもどらぬやうにすることなり。
【解説】
跋文は長谷川克明が書いたもの。彼は大層謙退遜順な人だったので、迂斎石原永井の三人を差し置いて跋を書く筈はないが、直方先生の言い付けで書いたのだろう。
【通釈】
さて、ここの終わりに跋文があるが、これは長谷川克明が書かれたもの。克明がこの跋を書かれたのがどういう時勢だったのか、全くわからないこと。克明は初めは迂斎の弟子というほどのこと。それから直方先生の門人になってもあまり上座ではなかった。その上大層謙退遜順な君子だった。迂斎石原永井の三人を除けて跋を書く筈はないが、どうした拍子なのか、直方先生が言い付けられたものと見える。克明は即ち観水翁である。茶一服も人より先に飲まない人だった。乗り出して跋を書くことはない人である。文章も直方先生の文なのかも知れない。武村市兵衛が板行にする時には克明の跋が間に合わなかったことからして板行にはこれがない。克明は初め名は遂明と言う。俗名は源右衛門。松平伊豆候の世臣である。さてこの跋も見て置きなさい。この跋文は稽古閣の記の字を取って書いたものと見える。志で君子小人の分がわかる。その次へ性善と出して道学標的に合わせた。「先年往年云々」のことも言い付けられたものと見える。道学標的を著されたのは、学問に撚りの戻るのを戻らない様にするためである。
【語釈】
・武村市兵衛…

講後餘録
直方先生の編集の先後は鞭策録が先で道学標的は後なれとも、今日の講究には道學標的を先きによむべし。知惠がないと、操存と思うことが舎亡なり。知が大切。知がないとうろたへてをる。世の中皆うろたへなり。いかほどをちついても、與惣左は與惣左でうろたへるぞ。敬吾問曰、與惣左と云へる、如何。直方先生の話なり。與惣左衛門は西国大名の大坂留守居ぞ。大坂へ其国家老出た。いかふもったいのよい人で、大坂へ金の才覚に上る。與惣左も彼の家老に従て町人の振舞にて遊歴する。家老のもったいよいを見て、德のある人と思ひ、をそれてをりた。一日方々へ従て行き、夕方東の方へ虹が出たるをかれこれと云内□虹を知てかと云ゆへに、拙者ども文盲で曽て存ぜぬと云たれば、家老落付た皃で、與惣左と呼で、あれは蛇のいきじゃと云た。そこで皆くっと笑ふたりとなり。
【解説】
知が大切であり、知がないと狼狽える。与惣左は国家老の勿体よいのを見て、徳があると思って恐れたが、虹を蛇の息だと言うのを聞いて笑ってしまった。
【通釈】
直方先生の編集の先後は鞭策録が先で道学標的は後なのだが、今日の講究では道学標的を先きに読みなさい。知恵がないと、操存と思うことが舎亡となる。知が大切。知がないと狼狽える。世の中皆狼狽である。どれほど落ち着いていても、与惣左は与惣左で狼狽える。敬吾が与惣左とは誰なのかと問うた。それは直方先生の話の中の人である。与惣左衛門は西国大名の大坂留守居である。大坂へその国家老が来た。大層勿体のよい人で、大坂へ金の才覚に上った。与惣左もその家老に従って町人の振舞いで遊歴をした。家老の勿体のよいのを見て、徳のある人だと思って恐れていた。ある日方々へ従って行き、夕方東の方に虹が出たのをかれこれと言っていると、虹を知っているかと言うので、私達は文盲で全く知りませんと答えると、家老は落ち着いた顔で、与惣左を呼んで、あれは蛇の息だと告げた。そこで皆ぷっと笑ったそうである。
【語釈】
・敬吾…片峯敬吾。唐津藩士。

右寛政庚戌臘月の最晩、為唐津學者片峯大谷二生、所講于上總清名幸谷孤松菴中、押掘高宮文七所録者也。
【読み】
右寛政庚戌臘月の最晩、唐津の學者片峯大谷の二生の為に、上總清名幸谷孤松菴中に講ずる所にして、押掘高宮文七の録する所の者なり。
【語釈】
・寛政庚戌臘月の最晩…寛政2年庚戌(1790年)12月31日?
・片峯…片峯敬吾。唐津藩士。前出。
・大谷…大谷主一。唐津藩士。
・高宮文七…東金市押堀の人。筆記力に優れる。