排釈録第三席  正月十八日  慶年録
【語釈】
・正月十八日…寛政5年(1793)か?
・慶年…北田慶年。東金市福俵の人。通称太兵衛。篠原惟秀の兄。

16
答江德功書曰、所厚者謂父子兄弟骨肉之恩。理之所當然而人心之不能已者、今必外此而厚其身。此即釋氏滅天理去人倫、以私其身之意也。必若是而身脩、則雖至於六度萬行具足圓滿、亦無以贖其不孝不弟之刑矣。文集四十四。
【読み】
江德功に答うる書に曰く、厚き所の者は、父子兄弟骨肉の恩を謂う。理の當に然るべき所にして人心の已むこと能わざる者は、今必ず此を外にして其の身を厚くす。此れは即ち釋氏の天理を去り人倫を滅し、以て其の身を私するの意なり。必ず是の若くして身を脩めば、則ち六度萬行具足圓滿に至ると雖も、亦以て其の不孝不弟の刑を贖う無きなり。文集四十四。

答江徳功書曰云云。この德功はめんみつに大学を吟味した人で、さてをかしいことは大学をなるほど丁寧に吟味はすれども、根が佛に醉て居るで、酒醉の慇懃なやふに酒が慇懃をする。所厚者云云。厚き所のものをじかに父子兄弟じゃと云が、あたまで德功とあわぬ。これも佛者はこれをすてる。そこを根にもっておるから大学がすまぬ。そこへのたたりなり。大学の経文で所厚ものは父子兄弟を云ふて、理之所當然と云は、明德と云もこのこと。格致もここを挌致する。誠意正心と云も何もかもあの処で、尭舜之道と云ふを目あてにして行くも理の然るへき処。尭舜を人倫の至と云ふも、人心之不能已者の外になし。誰にも彼にもある。そこを孟子の四端を云ふもここをつかまへてなり。
【解説】
「答江德功書曰、所厚者謂父子兄弟骨肉之恩。理之所當然而人心之不能已者」の説明。江徳功は仏に被れていたので、大学で「所厚者」は父子兄弟のことだと言うのと自分の意とが合わなかった。
【通釈】
「答江徳功書曰云云」。この徳功は綿密に大学を吟味した人で、さて可笑しいことには、なるほど大学を丁寧に吟味はしたが、根が仏に酔っているので、酒酔いの慇懃な様に酒が慇懃をする。「所厚者云云」。厚き所の者を直に父子兄弟だと言うが、これが最初から徳功とは合わない。仏者はこれを捨てる。そこを根に持っているから大学が済まない。そこへの祟りである。大学の経文にある所厚者は父子兄弟を言い、「理之所当然」は、明徳と言うのもこのこと。格致もここを格致すること。誠意正心も何もかもあの処で、堯舜の道を目当てにして行くのも理の然るべき処である。堯舜を人倫の至りと言うのも、「人心之不能已者」の外ではない。誰にも彼にもある。孟子が四端を言うのもここを捉まえてのこと。
【語釈】
・所厚者…大学章句1。「自天子以至於庶人、壹是皆以脩身爲本。其本亂而末治者否矣。其所厚者薄、而其所薄者厚、未之有也」。同集註。「本、謂身也。所厚、謂家也。此兩節結上文兩節之意」。
・人倫の至…孟子離婁章句上2。「孟子曰、規矩、方員之至也。聖人、人倫之至也。欲爲君盡君道、欲爲臣盡臣道。二者皆法堯舜而已矣」。
・四端…孟子公孫丑章句上6。「惻隱之心、仁之端也。羞惡之心、義之端也。辭讓之心、禮之端也。是非之心、智之端也。人之有是四端也、猶其有四體也」。

今必外此云云。さてこまったやだもので、佛が人倫をすてる道ゆへ、わづかあれにちと心あると、学者が人倫はすてぬけれとも高上にかまへ、父子兄弟と云ふては足らぬやふに思ひ、外此する。江德功の意は大学経文のしまいに身を脩るを本とすとあり、その上に所厚とあるからは、ここは一大事なことで奥深いことで、父子兄弟などと云ては足らぬとし、外に一つ云て見たいなり。此とは父子兄弟。それを外にして別に身を脩ると云。奧の院があると見た意ぞ。さて々々佛見なり。大学はここじゃと云ふほどの所で父子兄弟のことを所厚と云ふて、それがじきに脩身のぎり々々になるで垩学の大切じゃのに、とかく佛のかぶれで父子兄弟の字を床の間掛物にしては拙いやふな氣になる。それはさん々々なことだ。貴様が彼れやこれやと云ふが、やっはり佛の天理を滅却して身を私するのになるぞとなり。佛者の天理を滅するから人倫をなくする。それはあちの邪道ぞ。こちでは大学て父子兄弟を厚ふする所の者と本尊にするは、中庸の造端乎夫婦と云と同じことで、垩賢の書はとこでも父子兄弟と云をたてにとりたもの。父子兄弟を外にして身か脩ると云なれば、不忠者の武備を心掛ると云様なもの。そこで江德が所厚と脩身の云ひ分がづぶに佛じゃと見ぬかれたによって、すぐに佛のことを以て祟りたもの。
【解説】
「今必外此而厚其身。此即釋氏滅天理去人倫、以私其身之意也」の説明。江徳功は、「所厚者」を父子兄弟と言うのでは足りないと思い、奧の院があると思った。朱子はそれを仏見であると言った。父子兄弟のことを所厚と言うので、それが直に修身の至極になるのである。
【通釈】
「今必外此云云」。さて困ったもので嫌なもの。仏は人倫を捨てるのが道なので、僅かでもあれに心がある学者は、人倫は捨てないとしても高上に構え、父子兄弟と言うのでは足りない様に思い、「外此」とする。江徳功の意は、大学経文の最後に身を修めることを本とするとあり、その上で所厚とあるからは、ここは一大事で奥深いことで、父子兄弟などと言うのでは足りないとし、外に一つ言って見たかったのである。「此」とは父子兄弟のこと。それを外にして別に身を修めると言う。奧の院があると見た意である。まさに仏見である。大学はここだと言うほどの所で父子兄弟のことを所厚と言い、それが直に修身の至極になるので聖学の大切となるのに、とかく仏の被れで父子兄弟の字を床の間の掛け物にしては拙い様な気になる。それは散々なこと。貴様がかれこれ言うが、やはり仏の天理を滅却して身を私することになるぞと言った。仏者は天理を滅するから人倫をなくす。それはあちらの邪道である。こちらで大学で父子兄弟を厚くする所の者と言ってそれを本尊にするのは、中庸の「造端乎夫婦」と同じことで、聖賢の書は何処でも父子兄弟を楯に取る。父子兄弟を外にして身が修まるというのは、不忠者が武備を心掛ける様なもの。江徳の所厚と修身の言い分がすっかりと仏だと見抜かれたので、直ぐに仏のことで祟ったのである。
【語釈】
・造端乎夫婦…中庸章句12。「君子之道、造端乎夫婦。及其至也、察乎天地」。

六度万行云云。六度は三綱八目と云様なもの。これを六波羅密と云。萬行は六度をこまかに分た所て云。六度は法度定りのある綱なり。万行は其法はこれ々々とわかる目なり。具足円滿は菩薩になりた。こちの成徳の所なり。そちでは佛菩薩になったら孝弟などは放下してすることでどふでもよいと云はふが、こちでは假令そふなっても不孝不弟なり。刑はのがれられぬと云ふ。舜を大孝と云ふも、垩人を云ては足らぬでない。今日の孝弟なりが直に舜の全体。そこが垩人の道なり。所厚のものは父子兄弟と指すを、未たそれより大ひ道が別にあるやふに思ふで大学を見ても佛の垢がぬけぬ。それゆへ吾学は孝弟者為仁之本與と云ふても道の全体がこれより外なし。爰に穴があけば、太極一本に穴があく。因て云、凡宋朝学者佛のかぶれで高く云たがると云ふは、克己復礼も礼と云ず、礼は理のことと云ひたがる。そこを克己復礼を理と云はず、直に礼と云ふが面白ひ。又挌物と云字の窮理と云より親切なも事實を出すが理の實なり。淺見の物説はそこなり。
【解説】
「必若是而身脩、則雖至於六度萬行具足圓滿、亦無以贖其不孝不弟之刑矣」の説明。仏は菩薩になれば孝弟などは放下してもよいと言うが、それは不孝不弟である。孝弟が聖人の道である。宋朝の学者が仏の被れで高く言いたがるが、事実が理の実でなのである。
【通釈】
「六度万行云云」。「六度」は三綱八目という様なもの。これを六波羅密と言う。「万行」は六度を細かに分けた所で言う。六度は法度で、定まりのある綱。万行は、その法はこれこれと分かれた目である。「具足円満」は菩薩になったことで、こちらの成徳の所である。そちらでは仏菩薩になったら孝弟などは放下してもどうでもよいと言うが、こちらでは偶然にそうなったとしても不孝不弟である。「刑」は逃れられないということ。舜を大孝と言うのも、聖人にそれを言って足りないことはない。今日の孝弟の通りが直に舜の全体であり、そこが聖人の道である。所厚の者は父子兄弟と指したのを、未だそれより大きい道が別にある様に思うので、大学を見ても仏の垢が抜けない。そこで、我が学は「孝弟也者、其為仁之本与」と言っても、道の全体はこれより外はない。ここに穴が開けば、太極一本に穴が開く。そこで、凡そ宋朝の学者が仏の被れで高く言いたがり、克己復礼も礼と言わず、礼は理のことと言いたがるが、そこを克己復礼を理と言わず、直に礼と言うのが面白い。また、格物という字が窮理という字よりも親切なのも、事実を出すのが理の実だからである。浅見絅斎の物説はそこのこと。
【語釈】
・三綱八目…大学章句1の語。三綱領(明明德、在親民、止至善)、八条目(致知格物、誠意、正心、脩身、齊家、治國、天下平)。
・舜を大孝…中庸章句17。「子曰、舜其大孝也與。德爲聖人、尊爲天子、富有四海之内。宗廟饗之、子孫保之」。
・孝弟者為仁之本與…論語学而2。「有子曰、其爲人也孝弟、而好犯上者、鮮矣。不好犯上、而好作亂者、未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者、其爲仁之本與」。

又文武之道不墜於地を周之礼楽で朱子の註して、それを朱子か我がかく云も、好高学者の嫌ふ処じゃ、じゃと云へり。凡此類が皆あの時分の佛のかぶれなり。孝弟の礼樂と云て理は一貫すれ□、掛匁ををもく云ひたがる癖なり。江德功もここを父子兄弟で云てはかるいと思ふからなり。孝弟をつかまへるかこちの大切なり。此条などは佛語を挙てあれども、それは第二段のこと。此方は父子兄弟を第一とする。あちの一ち大事、因縁とちがふを大学で見せる條なり。
【解説】
朱子は「文武之道不墜於地」を周の礼楽で註した。それは高逸れを嫌ったからである。儒は父子兄弟を第一とする。
【通釈】
また、「文武之道不墜於地」を周の礼楽で朱子が註をして、それを朱子が、私がこの様に言うのも、好高学者の嫌う処だからだと言った。凡そこの類が皆あの時分の仏の被れである。孝弟を礼楽と言っても理は一貫するが、掛匁を重く言いたがる癖がある。江徳功もここを父子兄弟で言っては軽いと思うからのこと。孝弟を掴まえるのがこちらの大切。この条などは仏語を挙げてあるが、それは第二段のことで、こちらは父子兄弟を第一とする。あちらの一大事、因縁とは違うことを大学で見せる条である。
【語釈】
・文武之道不墜於地…論語子張22。「子貢曰、文武之道、未墜於地、在人。賢者識其大者、不賢者識其小者。莫不有文武之道焉。夫子焉不學、而亦何常師之有」。同集註。「文武之道、謂文王・武王之謨訓功烈、與凡周之禮樂文章皆是也」。


17
答許生書曰、世衰道微異端蠭起、近年以來乃有假佛釋之似、以亂孔孟之實者。若曰儒釋之妙本自一同、則凡彼之所以賊恩害義傷風壞敎。聖賢之所大不安者、彼既悟道之後、乃益信其爲幻妄而處。之愈安、則亦不待他求、而邪正是非已判然於此矣。六十。
【読み】
許生に答うる書に曰く、世衰道微異端蠭起は、近年以來乃ち佛釋の似たるを假り、以て孔孟の實を亂す者有り。若し儒釋の妙は本自ら一同と曰うは、則ち凡そ彼の恩を賊し義を害し風を傷り敎を壞する所以なり。聖賢の大いに安んぜざる所の者は、彼既に道を悟りての後、乃ち益々其の幻妄を爲すを信じて處る。之れ愈々安ければ、則ち亦他に求むるを待たずして、邪正是非已に此に判然たり。六十。

○答許生書曰云云。佛法のはやるが世衰道微になったなり。とかく虚へはいるもの。異邦へも日本へも佛法か渡たが、虚へ這入られたなり。迂斎の、幽霊も昼は出ぬ、化け物もしょぼ々々々雨の晩方で無れば出得ぬと云へり。異端蜂起して、異端くるめ始めは佛者は佛者、儒者は儒者と分って居たでよかったが、近来以来なにやらまぜこぜが始りた。どふもわからぬ。禅学が唐の世なども流行ったが、儒とはとんと分んにかまへていたが、今は儒者の皮をかぶっている。初祖をつぎ、だん々々と黄蘗臨済を始め皆唐のことなり。宋朝に至りて大惠などと云者が出て、この比より学者皆うれしがり、朱子の比になりた。尤、宋の初め、揚太年も佛の第一なれとも、大惠になりては又振合がちがふた。張無垢などか倡ら陸象山もそのかぶれ。陽儒陰佛の元祖なり。
【解説】
「答許生書曰、世衰道微異端蠭起、近年以來乃有假佛釋之似、以亂孔孟之實者。若曰儒釋之妙本自一同」の説明。仏と儒とは始めは別々なものだったのだが、宋朝になって大慧が出てから混ぜこぜになり始めた。
【通釈】
○「答許生書曰云云」。仏法が流行るのは「世衰道微」になったのである。とかく虚へ入るもの。異邦へも日本へも仏法が渡ったが、それは虚へ這い入られたのである。迂斎が、幽霊も昼は出ない、化け物もしょぼしょぼと雨の降る晩方でなければ出ることはできないと言った。「異端蜂起」した。異端包み始めは仏者は仏者、儒者は儒者と分かれていたのでよかったが、近来以来、何やら混ぜこぜが始まった。どうも分かれていない。禅学が唐の世などでも流行ったが、儒とは全く別なものだと構えていた。しかし、今は儒者の皮を被っている。初祖を継いで段々と黄蘗や臨済を始めとして皆唐から出た。宋朝に至って大慧などという者が出て、この頃より学者が皆嬉しがり、朱子の頃になった。尤も宋の初めの楊大年も仏の第一者だったが、大慧になってはまた振り合いが違っていた。張無垢や陸象山もその被れ。陽儒陰仏の元祖である。
【語釈】
・黄蘗…黄檗希運。中国唐代の禅僧。福州閩県の人。百丈懐海に師事した。弟子に臨済義玄がいる。断際禅師。~850頃
・大惠…大慧。南岳懐譲。六祖慧能の法を嗣ぐ。677~744。
・揚太年…北宋の儒者。字は中立。亀山先生と称。福建将楽の人。程子門下。高宗の時、竜図閣直学士。東林書院を建てて講学。1053~1135
・張無垢…
・陸象山…南宋の大儒。名は九淵。字は子静。象山・存斎と号。江西金渓の人。程顥の哲学を発展、理気一元説を唱え、心即理と断じ、朱熹の主知的哲学に対抗。文安と諡す。1139~1192

凡彼之所以賊恩云云。此一句大切に見るべし。大概のことは見のがしにもせふが、これでどふもならぬなり。周公ならば造言乱民の刑にもあふべし。恩義風教をかいしてせめて始めばかりするどくても、悟道之後はそふないはらば、姑く目をふさぎかんにんもせふが、悟道の後いよ々々以て安堵して、そこがよいにしてをる。よく考て見よ。其方か親のあたまをはると親の病氣がなをると云ても、それはどふもと云はふ。それが自然の本心て、垩賢も凡人も不安こと。それに安じて居るなれば、どふも人心の實然にないで是非邪正のわかることなり。最初は論はないにしても、悟道の後がそれなれば、何んとも云べきやふないぞ。なるほど幻妄を信するからは反て地獄極楽もある様に思はれ、虚なことが實と思はるるから、實な父子君臣をは虚にし、地獄極樂があると見そふなもの。
【解説】
「則凡彼之所以賊恩害義傷風壞敎。聖賢之所大不安者、彼既悟道之後、乃益信其爲幻妄而處。之愈安、則亦不待他求、而邪正是非已判然於此矣」の説明。「賊恩害義傷風壊教」も最初だけなのなら堪忍することもできるが、道を悟った後もそれに安堵する。そこで見逃すことはできない。
【通釈】
「凡彼之所以賊恩云云」。この一句を大切に見なさい。大概のことは見逃しにもしようが、これはどうも見逃せない。周公であれば造言乱民の刑にも遭っただろう。恩義風教を壊し攻めるのが始めだけ鋭くても、「悟道之後」はそうでないのなら、暫くは目を塞いで堪忍することもできるが、悟道の後はいよいよ安堵して、そこがよいとする。よく考えて見なさい。親の頭を張れば親の病気が治ると言われても、それはどうもできないことだと言うだろう。それが自然の本心で、聖賢も凡人もそれでは安じない。それに安じているのであれば、どうも人心の実然ではないことであって、是非邪正の分かれるところである。最初は論もないとしても、悟道の後がそれであれば、何とも言い様はない。なるほど幻妄を信じるからは反って地獄極楽もある様に思え、虚なことが実と思えるから、実な父子君臣を虚にし、地獄極楽があると見そうなもの。
【語釈】
・造言乱民の刑…周礼地官司徒。「以郷八刑糾萬民。一曰不孝之刑、二曰不睦之刑、三曰不姻之刑、四曰不弟之刑、五曰不任之刑、六曰不恤之刑、七曰造言之刑、八曰亂民之刑」。

虚之愈安と云ふを端的に合点せふなら、黄蘗が母を倒死させたを後悔せぬでみよ。もと幻妄の見で皆空とみれば死んだとて何んのことない。母子の愛はないことにつぶすからは後悔はない。そこが愈安した処なり。去りながら、あの時はそれで有難ひことにして大義渡とまて云たか、とくと思へば人心之不能已。垩賢所大不安。万代不易と人にそなはりてあれは、後々あれを尤なとは思ふまい。かん付そ。それから色々のだまを云て、母の体か紫雲に乘て変成男子成佛したと云ふ。さうなふては佛法のためにわるく、又佛者心にも安んせぬ本心あるはづ。そこで云ひわけをする。絶藏主か、たしかに今日は精進を落ちるそ、なまくさ料理をしてをけと云ふた。そこが野中傳右衞門が山﨑先生心に安んせぬ所の出るを見こんでした処ぞ。つまり夷狄の道は片つりからのことそ。夷狄て父の妾を我妾にすること史記にあり。これが密通したではない。これでよいと安んずる。そこが夷狄なり。愈安いかこちていよ々々わるい処。他に求めずして此一事ても判然明白に悪ひがしるる。
【解説】
黄蘗は母を倒死させたのに後悔をしなかった。それは皆空と見たからである。しかし、人は後にそれが妙なことであることを知るから、母の体が紫雲に乗って男子に変成して成仏したと騙しを言う。また、夷狄では父の妾を自分の妾にし、それで安んじる。向こうの安んじることがこちらでは悪いことになる。仏も同じである。
【通釈】
「処之愈安」を端的に合点するのなら、黄蘗が母を倒死させたのに後悔しないことで見なさい。元々幻妄の見で皆空と見るのだから、死んだとしても何のことはない。母子の愛はないことと潰すのだから後悔はない。そこが愈安の処である。あの時はそれで有難いこととして大義渡るとまで言ったのだが、しっかりと思えば「人心之不能已」である。「聖賢所大不安」。万代不易で人に具わってあるのだから、後々あれを尤だとは思わないだろう。感付く。それから色々な騙しを言って、母の体が紫雲に乗って男子に変成して成仏したと言う。そうでなくては仏法のために悪く、また仏者の心にも安んじないという本心がある筈。そこで言い訳をする。絶蔵主が、確かに今日は精進が落ちるぞ、生臭料理をして置けと言った。それは、野中伝右衛門が山崎先生の心に安んじない所が出ることを見込んでしたこと。つまり夷狄の道は片吊りからのこと。夷狄では父の妾を自分の妾にすると史記にある。これは密通したわけではない。これでよいと安んじる。そこが夷狄である。愈安いのがこちらではいよいよ悪い処。他に求めなくてもこの一事で判然明白に悪いのがわかる。
【語釈】
・人心之不能已…答江徳功書曰の条。「理之所當然而人心之不能已者、今必外此而厚其身」。
・絶藏主…
・野中傳右衞門…


18
答呉斗南書曰、佛學之與吾儒雖有略相似處、然正所謂貌同心異、似是而非者不可不審。明道先生所謂句句同事事合、然而不同者眞有味。非是見得親切、如何敢如此判斷耶。聖門所謂聞道。聞只是見聞玩索而自得之之謂。道只是君臣父子日用常行當然之理、非有玄妙奇特不可測知、如釋氏所云豁然大悟通身汗出之説也。如今更不可別求用力處。只是持敬以窮理而已。參前倚衡、今人多錯説了。故毎流於釋氏之説。先聖言此、只是説言必忠信行必篤敬、念念不忘到處常若見此兩事不離心目之間耳。如言見尭於羹見尭於牆。豈是以我之心還見我心、別爲一物、而在身外耶。無思無爲是心體本然未感於物時事。有此本領、則感而遂通天下之故矣。恐亦非如所論之云云也。所云禪學悟入乃是心思路絶天理盡見。此尤不然。心思之正便是天理流行、運用無非天理之發見。豈待心思路絶而後天理乃見耶。且所謂天理復是何物。仁義禮智豈不是天理。君臣父子兄弟夫婦朋友豈不是天理。若使釋氏果見天理、則亦何必如此悖亂殄滅一切昬迷其本心、而不自知耶。凡此皆近世淪滔邪説之大病。不謂明者亦未能免俗而有此言也。五十九。
【読み】
呉斗南に答うる書に曰く、佛學の吾儒と略相似たる處有りと雖も、然れども正に謂う所の貌同心異にて、是れに似て非なる者を審かにせざる可からず。明道先生の謂う所の句句同事事合、然りして同じからざる者は眞に味有り。是れ見得て親切なるに非ざれば、如何ぞ敢て此の如く判斷せんや。聖門の謂う所の道を聞く。聞は只是れ見聞玩索して自ら之を得るの謂。道は只是れ君臣父子日用常行當然の理にて、玄妙奇特測知す可からざる、釋氏云う所の豁然大悟通身汗出の説の如きに有るに非ざるなり。如今更に別に力を用うる處求むる可からず。只是れ敬を持し以て理を窮むるのみ。前に參じ衡に倚り、今人多く錯説して了る。故に毎に釋氏の説に流る。先聖は此を言うに、只是れ言わば必ず忠信、行えば必ず篤敬、念念忘れず到る處常に此の兩事を見るが若く、心目の間を離れざるを説くのみ。尭を羹に見、尭を牆に見ると言うが如し。豈是れ我の心を以て還って我が心を見て、別に一物と爲して、身外に在んや。思うこと無く爲すこと無きは是れ心體本然の未だ物に感ぜざる時の事。此の本領有るは、則ち感じて遂に天下の故に通ずるなり。恐らくは亦論ずる所の云云の如きに非ざるなり。云う所の禪學悟入は乃ち是れ心思路絶天理盡見、と。此れは尤も然らず。心思の正は便ち是れ天理流行にして、運用は天理の發見に非ざる無し。豈心思路絶を待ちて而る後天理を乃ち見んや。且つ謂う所の天理は復是れ何物ぞ。仁義禮智豈是れ天理ならざらん。君臣父子兄弟夫婦朋友豈是れ天理ならざらん。若し釋氏果して天理を見せしめば、則ち亦何ぞ必ずしも此の如く悖亂殄滅一切其の本心を昬迷して、自ら知らざるや。凡そ此れ皆近世邪説に淪滔するの大病なり。明者も亦未だ俗を免るること能わずして此の言有らんとなり。五十九。

○答呉斗南書曰云云畧相似処。こちの大極も不生不滅、あちの本来面目も不生不滅、似たやふなり。静坐も坐禅もかたちは同じ様なれとも、似て非なもの。ういらふで拵た金のやふでどふも違ふそ。審にせぬと毫釐差謬か千里になる。不同者眞是有味。味の違ふことぞ。似たで同じやふと云はば句々事々も合ふが、合はぬものがしゃんと中にあるが、そこは親切に見得せ子ば此判断はならぬなり。垩門所謂聞道。朝聞道のことなとにつけて斗南から大ふこき上けて云て来たことなどの有たと思はるる。それを朱子の、あまりふきあけて云ふことてはない。只是見聞玩索。日用のことをここが道理の自然當然といつも々々々するまでのことぞ。釈氏所云豁然大悟は夜更けに笑ひ出すやふなぞ。どふしても氣のふれた様なこともあり、禪機なり。こちの今日一件明日一件と云やふなことでない。今まて助長した功夫がさてここと大悟してぞっと汗の出るほどのことがある。ここが玄妙竒特。この段は七垩皆迷と云様にうれしがりて、動天驚地と云やふなさはぎなり。中間が金を一両ひろふたやふにさわぐなり。こちではそのやふなことはない。
【解説】
「答呉斗南書曰、佛學之與吾儒雖有略相似處、然正所謂貌同心異、似是而非者不可不審。明道先生所謂句句同事事合、然而不同者眞有味。非是見得親切、如何敢如此判斷耶。聖門所謂聞道。聞只是見聞玩索而自得之之謂。道只是君臣父子日用常行當然之理、非有玄妙奇特不可測知、如釋氏所云豁然大悟通身汗出之説也」の説明。太極と本来の面目、静座と座禅は似ているが、似て非なるものである。仏は「豁然大悟通身汗出」だが、こちらは「今日一件明日一件」で、道理の自然の当然をするまでのこと。
【通釈】
○「答呉斗南書曰云云略相似処」。こちらの太極も不生不滅で、あちらの本来の面目も不生不滅で、似た様である。静座も座禅も形は同じ様だが、似て非なもの。外郎で拵えた金の様でどうも違う。審らかにしないと毫釐の差が千里の謬になる。「不同者真是有味」。味が違う。似ているので同じ様だと言えば、句々事々も合うことになるが、合わないものがしっかりと中にある。そこは親切に見得なければこの判断はできない。「聖門所謂聞道」。「朝聞道」のことなどにつけて、斗南から大分扱き上げて言って来たことがあったと思われる。それを朱子が、あまり吹き上げて言うことではない。「只是見聞玩索」だと言った。日用のことを、ここが道理の自然の当然といつもするまでのこと。「釈氏所云豁然大悟」は夜更けに笑い出す様なこと。どうも気のふれる様なことがあり、これが禅機である。それはこちらで言う、「今日一件明日一件」の様なことではない。今まで助長した功夫がさてここと大悟してぞっと汗の出るほどのことがある。ここが玄妙奇特。この段では七聖皆迷という様に嬉しがって、動天驚地という様な騒ぎである。中間が金を一両拾った様に騒ぐ。こちらではその様なことはない。
【語釈】
・朝聞道…論語里仁8。「子曰、朝聞道、夕死可矣」。
・今日一件明日一件…近思録致知9。「須是今日格一件、明日又格一件」。
・助長…孟子公孫丑章句上2。「必有事焉而勿正、心勿忘、勿助長也。無若宋人然。宋人有閔其苗之不長而揠之者、芒芒然歸。謂其人曰、今日病矣、予助苗長矣。其子趨而往視之、苗則槁矣。天下之不助苗長者寡矣。以爲無益而舍之者、不耘苗者也。助之長者、揠苗者也。非徒無益、而又害之」。
・七垩皆迷…黄帝問道於牧童。「黄帝將見大隗乎具茨之山、方明爲御、昌寓驂乘、張若謵朋前馬、昆閽滑稽後車。至於襄城之野、七聖皆迷、無所問塗」。

如今更不可別求用力處。こなたがいりもみして別に力を用ひてあちのことをして居るが、其力をこちへ用ひられよ。此方は只是居敬究理而已。参前倚衡云云。これは呉斗南が方から云て来た内にあることかともみへる。見尭於羹云云。椀の蓋をとる。そこに尭の見へるやふに思の、牆に見るもそれなり。本因坊は書物を見ても碁盤のやふに見へるは碁に心をよするゆへなり。豈是以我之心云云。心を太極と云ふも全体万事にあるを云。それを觀るてはない。文王望道とと云も面目坊ではない。道がそこにぶらさがっている様に見ることてはない。あちでは心で心を見たがり、あがきはてる。尭をわすれぬことをこそ云へ、ぎろりとみるでない。觀心と云て本来を見やふとする。見やふとする心に見らるる心に乱さわぎになって、觀心と云心か前たちて、最ふ一つ本来の心か別にある、面目か一物あるやふに思ふ。そこて爰へ心の本体を出し示す。此方でも心を云へとも、そふしたことてはない。
【解説】
「如今更不可別求用力處。只是持敬以窮理而已。參前倚衡、今人多錯説了。故毎流於釋氏之説。先聖言此、只是説言必忠信行必篤敬、念念不忘到處常若見此兩事不離心目之間耳。如言見尭於羹見尭於牆。豈是以我之心還見我心、別爲一物、而在身外耶」の説明。こちらは居敬窮理をするのみである。道はぶら下がっている様なものではない。仏は観心と言い、心で心を見て本来を見ようとする。本来の心が別にあると思う。
【通釈】
「如今更不可別求用力処」。貴方はいり揉みして別に力を用いてあちらのことをしているが、その力をこちらに用いなさい。こちらは「只是居敬窮理而已」である。「参前倚衡云云」。これは呉斗南の方から言って来た内にあることかとも見える。「見堯於羹云云」。椀の蓋を取る。そこに堯が見える様に思う。牆に見るのもそれ。本因坊は書物を見ても碁盤の様に見えるのは、碁に心を寄せるからである。「豈是以我之心云云」。心を太極と言うのも全体万事に太極があることを言う。それを観ると言うのではない。「文王望道」と言うのも面目坊のことではない。道がそこにぶら下がっている様に見ることではない。あちらでは心で心を見たがり、足掻き果てる。堯を忘れないことをこそ言え、じろりと見ることではない。仏は観心と言い、本来を見ようとする。見ようとする心と見られる心で乱騒ぎになり、観心という心が前立ちになって、もう一つ本来の心が別にあり、面目が一物ある様に思う。そこでここへ心の本体を出して示す。こちらでも心を言うが、そうしたことではない。
【語釈】
・文王望道…程氏遺書巻6二先生語6。「文王望至治之道而未之見」。

無思無為。易繋辞の語そ。心の本体は何にもなく、思慮営為せぬときある。それがもと占で云たこと。蓍をだだ置てはなにもないが、蓍木を揲る、はや乾の卦も坤の卦も出来て天下中の理があらはるる。心のなりがよふ似たなり。心体本然云云。凡人は動から動へうつるか、垩人のは鏡を磨て蓋をしてをいたやふで、蓋をとると直にうつる。正宗の刀をとぎたてて鞘に入て置たやふで、さてぬく、じきに切れる。物をうつさぬまへの鏡、ものをきらぬ前の刀を心体本然と云。そこか本領なり。中庸未発の中なり。恐亦非如所論云云。この処を呉斗南が甚た高く云ふてよこしたとみへたなり。中々こなたのやふに云ふことてはごさるまいとなり。
【解説】
「無思無爲是心體本然未感於物時事。有此本領、則感而遂通天下之故矣。恐亦非如所論之云云也」の説明。心の本体とは思慮営為のない時である。それは写す前の鏡、切る前の刀であり、中庸未発の中である。
【通釈】
「無思無為」。易の繋辞伝の語である。心の本体は何もなく、思慮営為しない時がある。それは元占で言ったこと。蓍をだだ置いては何もないが、蓍木を揲[かぞ]えると、早くも乾の卦も坤の卦もできて天下中の理が顕れる。心の姿とよく似たこと。「心体本然云云」。凡人は動から動へ移るが、聖人のは鏡を磨いて蓋をして置いた様で、蓋を取ると直に映る。正宗の刀を研ぎ立てて鞘に入れて置いた様で、さて抜く、直に切れる。物を写す前の鏡、ものを切る前の刀を心体本然と言う。そこが本領であり、中庸未発の中である。「恐亦非如所論云云」。この処を呉斗南が甚だ高く言って遣したものと見える。中々貴方の様に言うことではないだろうと言った。
【語釈】
・無思無為…易経繋辞伝上10。「易无思也、无爲也。寂然不動、感而遂通天下之故。非天下之至神、其孰能與於此」。

心思路絶云云。これか此方で不言之妙と云に似て違ふ。言語道断心径路絶と云。奇險な処で不生不滅を見る。呉斗南それをもちこんで、この方でもそこへ天理が見へると云。清水に月のうつるやふに心に思慮もなにもなく明鏡止水のやふな処が人の本体なれとも、そこへ見へると云ふことではなし。心思を絶つ無念無想と云でなし。心思之正と云ふ、此の正の字がこの方の大切。大学の正心の正もこれなり。思は絶ふてなく、思の正いか天理なりそ。思ふは近思録の近く思ふも絶つことでなし。中庸の愼て思ふ、君子有九思、孟子の心官は思ふ。思ひは心の妙用なり。思ひを絶つことではない。
【解説】
「所云禪學悟入乃是心思路絕天理盡見。此尤不然。心思之正便是天理流行、運用無非天理之發見。豈待心思路絕而後天理乃見耶」の説明。呉斗南は心思路絶で天理が見えると言うが、それは間違いである。思は心の妙用であり、思いが正しいのが天の通りのこと。思いは絶つものではない。
【通釈】
「心思路絶云云」。これはこちらで「不言之妙」と言うのに似て違う。言語道断心径路絶と言う。奇険な処で不生不滅を見る。呉斗南がそれを持ち込んで、こちらでもそこに天理が見えると言う。清水に月が映る様に、心に思慮も何もなく明鏡止水の様な処が人の本体なのだが、そこへ見えると言うことではない。心思を絶つ無念無想ということではない。「心思之正」と言う、この正の字がこちらでは大切。大学の正心の正もこれ。思は絶つのではなく、思が正しいというのが天理の通りである。思うとは、近思録の近く思うも絶つことではない。中庸の慎思、君子有九思、孟子の心官は思ふ。思いは心の妙用である。思いを絶つことではない。
【語釈】
・中庸の愼て思ふ…中庸章句20。「誠之者、擇善而固執之者也。博學之、審問之、愼思之、明辨之、篤行之」。
・君子有九思…論語季氏10。「孔子曰、君子有九思。視思明、聽思聰、色思温、貌思恭、言思忠、事思敬、疑思問、忿思難、見得思義」。
・孟子の心官は思ふ…孟子告子章句上15。「耳目之官不思、而蔽於物。物交物、則引之而已矣。心之官則思、思則得之、不思則不得也。此天之所與我者。先立乎其大者、則其小者弗能奪也。此爲大人而已矣」。

心思を絶た前は天理はなく、絶てから天理見ると云ふは所謂天理復是何物。こなたの方ては何を天理と云ことぞ。こちでは仁義礼智ぞ。たしかなつかまへものあり、外にはあるまいぞ。あちでも天理と云ふはいやでもないが、此の仁義礼智と云ふをいやがる。仁義礼智と云、はや父子君臣夫婦。あちで邪魔ものにする。あちの邪魔ものがこちの天理なり。子思の鳶飛魚踊を天理の発見。其あらはなりと云は、造端乎夫婦と云邪魔ものを天理と見ることなり。佛見だによって、それを天理とせず、とかく是れを外にしてほかしすてる。一切昏迷其本心したのなり。近世と云が大慧以来にひしとあてて、今禅学でばかす儒者は大惠で大成した。
【解説】
「且所謂天理復是何物。仁義禮智豈不是天理。君臣父子兄弟夫婦朋友豈不是天理。若使釋氏果見天理、則亦何必如此悖亂殄滅一切昬迷其本心、而不自知耶。凡此皆近世淪滔邪説之大病」の説明。儒の天理は仁義礼智である。仏はこれを邪魔者とし、一切昬迷を本心とする。
【通釈】
心思を絶つ前に天理はなく、絶ってから天理を見ると言うのなら、「所謂天理復是何物」。貴方の方では何を天理と言うのか。それはこちらでは仁義礼智である。掴まえる確かなものがあって、これより外にはないだろう。あちらでも天理は嫌でもないが、この仁義礼智を嫌がる。仁義礼智と言えば、早くも父子君臣夫婦であって、それをあちらでは邪魔物にする。あちらの邪魔物がこちらの天理である。子思の「鳶飛魚躍」が天理の発見であり、それあればこそと言うのも、「造端乎夫婦」という邪魔物を天理と見ること。仏見なので、それを天理とせず、とかくこれを外にして放下し捨てる。「一切昏迷其本心」としたのである。「近世」と言うのが大慧以来とぴったりと当てる。今禅学で化かす儒者は大慧で大成した。
【語釈】
・鳶飛魚踊…中庸章句12。「詩云、鳶飛戻天、魚躍于淵。言其上下察也」。詩は、詩経大雅旱麓。
・造端乎夫婦…中庸章句12。「君子之道、造端乎夫婦。及其至也、察乎天地」。
・大慧…南岳懐譲。六祖慧能の法を嗣ぐ。677~744。

明者亦云云。御手前などは分んなことで、かふではあるまいと思ふていたれば、世上流行かふれなり。此俗を免れぬと云ふが立身挊をするの何のと云ふにはよく云へとも、あの高い禅を俗を免れずと云は必竟豪傑之士文王なしとも起るではなく、世上はやるにかふれたは俗を免かれぬとしかるなり。世間ではやるによりて御手前もかぶれたかと云ふは、せかせのな口上激発ぞ。長藏が祖父墓表をたのまれ某し記す。初從俗学佛法と書たれば、何とか云法蕐坊主腹立ち、何佛法か俗なものかと云ふゆへに、某云、佛は俗でなけれども、学ぶ者は俗に從て学んだと云。これによく似た。
【解説】
「不謂明者亦未能免俗而有此言也」の説明。世上流行るものに被れるのであれば、俗を免れずである。
【通釈】
「明者亦云云」。貴方などは格別なことで、この様なことではないだろうと思っていたのであれば、それは世上流行被れである。この俗を免れずと言うのが立身稼ぎをするの何のという時にはよく言うが、あの高い禅を俗を免れずと言うのは、畢竟「若夫豪傑之士、雖無文王猶興」ではなく、世上流行るものに被れるのは俗を免れずだと叱ったもの。世間で流行るから、貴方も被れたかと言うのは、急かせた口上で激発である。長蔵の祖父の墓表を頼まれて私が記した。初従俗学仏法と書くと、何とかいう法華坊主が腹を立て、仏法が俗なものかと言うので、私が、仏は俗ではないが、学ぶ者は俗に従って学んだと答えた。これによく似た話である。
【語釈】
・豪傑之士文王なしとも起る…孟子尽心章句上10。「孟子曰、待文王而後興者、凡民也。若夫豪傑之士、雖無文王猶興」。
・長藏…鈴木(鵜沢)恭節。通称は長蔵。黙斎門下。寛政元年(1789)、黙斎の推薦で館林藩主松平侯の儒臣となる。1762~1830


19
答李伯諫書曰、來書謂、伊川先生所云内外不備者爲不然。蓋無有能直内而不能方外者。此論甚當據此、正是熹所疑處。若使釋氏果能敬以直内、則便能義以方外、便須有父子有君臣、三綱五常闕一不可。今曰能直内矣、而其所以方外者果安在乎。又豈數者之外別有所謂義乎。以此而觀伊川之語、可謂失之恕矣。然其意不然特老兄未之察耳。所謂有直内者、亦謂其有心地一段工夫耳。但其用功却有不同處。故其發有差、他却全不管著。此所以無方外之一節也。固是有根株則必有枝葉。然五穀之根株則生五穀之枝葉華實而可食、稊稗之根株則生稊稗之枝葉華實而不可食。此則不同耳。參木以根株而愈疾、鉤吻以根株而殺人。其所以殺人者、豈在根株之外而致其毒哉。來書云、不能於根株之外、別致其巧也。故明道先生又云、釋氏惟務上達而無下學。然則其上達處、豈有是也。元不相連屬、但有間斷非道也。此可以見内外不僃之意矣。然來書之云却是從儒向佛。故猶籍先生之言以爲重。若眞胡種族則亦不肯招認此語矣、如何如何。四十三。
【読み】
李伯諫に答うる書に曰く、來書に謂う、伊川先生の云う所の内外備わざる者は然らずと爲す、と。蓋し能く内を直くして外を方にすること能わざる者有る無し、と。此の論甚當此に據るに、正に是れ熹の疑う所の處なり。若し釋氏の果して能く敬以て内を直くせしめば、則ち便ち能く義以て外を方にし、便ち須らく父子有り君臣有るべく、三綱五常一を闕くこと可ならず。今能く内を直くすと曰いて、其の以て外を方にする所の者果して安くに在りや。又豈數の者の外、別に謂う所の義有らんや。此を以て觀るに伊川の語、之を恕に失すと謂う可し。然して其の意然らざるは特に老兄未だ之を察せざるのみ。謂う所の内を直くすること有る者も、亦其の心地一段の工夫有るを謂うのみ。但其の功を用せば却て同じからざる處有り。故に其の發差有りて、他は却て全く管著せず。此れ外を方にするの一節無き所以なり。固より是れ根株有れば則ち必ず枝葉有り。然して五穀の根株は則ち五穀の枝葉華實を生じて食う可く、稊稗の根株は則ち稊稗の枝葉華實を生じて食う可からず。此れは則ち同じからざるのみ。參木は根株を以てして疾を愈し、鉤吻は根株を以てして人を殺す。其の以人を殺す所の者、豈根株の外に在りて其の毒を致さんや。來書に云う、根株之外に於て、別に其の巧を致すこと能わざるなり。故に明道先生又云う、釋氏惟上達を務めて下學無し。然れば則ち其の上達の處、豈是れ有らんや。元相連屬せず、但間斷有りて道に非らざるなり、と。此れ以て内外不僃の意を見る可し。然して來書の云は却て是れ儒に從いて佛に向く。故に猶先生の言を籍して以て重きと爲す。若し、眞に胡種族ならば則ち亦此の語を招認するを肯ぜざるや、如何如何。四十三。

○答李伯諌書云云。これ、伊川の佛をそしり内外不備と云ことを云はれた。垩人之道内外本末そろふ。佛者などは内外が備はらぬ。心のことはこちに似ても、其外の人事のことはすてて内を直くして外を方にすることかない。内外備らぬと云はれたを、伯諌が佛でをるゆへ伊川に難題を云ひかけ、伊川、つまらぬ、内さへ直ければ外は自ら方になる筈、不備などと云ふ弁じやふは云ひ違ひなり。論があたらぬ、云てをこした。此論甚當れりとは、朱子の伯諌をまつ當れりと請てをくに手段のあることなり。據此は程子の語に拠るとも見るが、それはあし。李伯諌の論に拠と見るがよし。此の字は下文までかけて、此とは伯諌の論を指す。下文以此而と云ひ、伯諌を以てと云こと。
【解説】
「答李伯諫書曰、來書謂、伊川先生所云内外不備者爲不然。蓋無有能直内而不能方外者。此論甚當據此、正是熹所疑處」の説明。伊川が仏は「内外不備」だと言ったのに対し、李伯諌が、内さえ直ければ外は自ら方になる筈だから不備と言うのは間違いだと言った。
【通釈】
○「答李伯諌書云云」。これは、伊川が仏を誹って「内外不備」と言われたこと。聖人の道は内外本末が揃っている。仏者などは内外が備わらない。心のことはこちらに似ても、その外の人事のことは棄てて内を直くして外を方にすることがない。内外備わらないと言われたので、伯諌が仏でいるので伊川に難題を言い掛けた。伊川の言は至極ではなく、内さえ直ければ外は自ら方になる筈で、不備などという弁じ方は言い違いである。論が当らないと言って遣した。「此論甚当」と、朱子が伯諌を先ず当れりと請けてを置くのは手段のあること。「據此」は程子の語に拠るとも見ることはできるが、それは悪い。李伯諌の論に拠ると見るのがよい。「此」の字は下文まで掛け、伯諌の論を指すもの。下文以此而とも言い、伯諌を以てということ。
【語釈】
・内を直くして外を方にする…易経坤卦文言伝。「直其正也、方其義也。君子敬以直内、義以方外。敬義立而德不孤。直方大、不習无不利、則不疑其所行也」。

きさまの論によって申さふ。私の議論、其元の論に合ひますが、若釈氏果云云。佛者がほんぼに敬て内を直くするならば義外を方にする筈。外が方ならば、須有父子有君臣て三綱五常を一つも闕す、垩人のなりに成りそふなものじゃに、必竟内を直ふせぬゆへ外が方にない。方らしいことは何処にかござるぞ。方らしいことは鼠くふたほどもない。思ふてみよ。ほんに又豈數者之外には有ふやふはない。數とは三綱五常をさす。この外に義はないはづ。すれば佛者のは内を直くがないから外を方にするもないと埒を付べきこと。これ、伯諌が伊川を非とするも中々尤なりと揚て云たもの。此からあとて抑へるそ。これ、弁論の抑揚なり。
【解説】
「若使釋氏果能敬以直内、則便能義以方外、便須有父子有君臣、三綱五常闕一不可。今曰能直内矣、而其所以方外者果安在乎。又豈數者之外別有所謂義乎」の説明。内を直くすれば自ら外は方になるだろうから、仏者が真に敬で内を直くするのなら、義で外を方にする筈だが、内を直くしないので外が方でない。
【通釈】
貴方の論によって申しましょう。私の議論は貴方の論に合いますが、「若釈氏果云云」。仏者が真に敬で内を直くするのなら、義で外を方にする筈。外が方であれば、「須有父子有君臣」で三綱五常を一つも闕かすことはなく聖人の通りになりそうなものだが、畢竟内を直くしないので外が方でない。方らしいことは何処にあるのか。方らしいことは鼠が食ったほどもない。思って見なさい。本当に「又豈数者之外」に義がある筈はない。数とは三綱五常を指す。この外に義はない筈。それなら仏者のは内を直くすることがないから外を方にすることないと埒を付けるべきこと。これが、伯諌が伊川を非とするのも中々尤もなことだと揚げてから言ったこと。これから後で抑える。これが弁論の抑揚である。
【語釈】
・三綱五常…論語為政23集註。「愚按、三綱、謂、君爲臣綱、父爲子綱、夫爲妻綱。五常、謂、仁、義、禮、智、信」。

以此而觀伊川之語云云。恕に失とは、伊川は思ひやりの深い御議論と存する。きびしくつめて云へは内か直ければ外も方になるはづと云ふは貴様やをれが云ふ通りなれとも、伊川のは語はゆるい。結構づくにあしらふて手ぬるい語なり。語はそふなれども、伊川の意はそうでないが老兄未之察耳。貴さまは伊川の意をのみこまぬのじゃと云ことなり。これがあることにて、佛ひいきの伯諌なれば、伊川の恕なはにくふない。にくふない筈なれとも、凡佛を一つにはしたいが佛を弁ずる語をみれば面白ふなさにかへり公事を云ふ。だだを云ふ。そのやふに喰ふなと云ふと、そんなら飯を喰ふまいと云ふ。小兒のだだなり。学者にもそれがあるものなり。
【解説】
「以此而觀伊川之語、可謂失之恕矣。然其意不然特老兄未之察耳」の説明。朱子は穏やかに言ったのだが、伯諌は面白くないので駄々を捏ねた。
【通釈】
「以此而観伊川之語云云」。恕に失うとは、伊川の思い遣りの深い御議論である。厳しく詰めて言えば内が直ければ外も方になる筈と言うのは、貴方や俺が言う通りだが、伊川のは語が緩い。結構尽くしであしらって手温い語である。語はそうだが、伊川の意はそうでないというのが「老兄未之察耳」。貴方は伊川の意を飲み込めないのだということ。これがあることで、仏贔屓の伯諌なので、伊川が恕なのは憎くない筈なのだが、凡そ仏を一つにはしたいが仏を弁ずる語を見ると面白くなくなって、返公事を言う。駄々を言うのである。その様に食うなと言うと、それなら飯は食わないと言う。小児の駄々である。学者にもそれがあるもの。
【語釈】
・かへり公事…苦情をいうべき相手から、かえって受ける苦情。逆訴訟。

所謂有直内者云云。此以下に伊川の意を述るなり。易とは根はちがへとも、心法沙汰のあることを有心地一段の工夫耳と云。この心地一段の功夫と云こと、根はちがふことなれとも、心のことに功夫のある段は易のも心のこと、佛のも心のことたによって、直内底のことはあると云たまでのことなり。方外が丸でなさに直内のちっと似た処のあるのをあるとは云たものなり。心の功夫もあちでは何んても心を無念無想にして居る。こちては悪ひことを思はぬ。思をやめるを直すではない。父母の喪に哀むは直のぞ。あちは哀くないを心法とする。こちでは哀めども乱心せぬを直とみる功夫なり。他却全不管著と云ふに因て云、あちでは又あらき躰の人を悦ぶなどと、大惠などが喜怒がめったなり。すっと氣象からよく出れは外のことにかまわぬ。ぞこが禅機なり。貴人の前でも立小便する。これ外を方にするのなき所ぞ。
【解説】
「所謂有直内者、亦謂其有心地一段工夫耳。但其用功却有不同處。故其發有差、他却全不管著。此所以無方外之一節也」の説明。仏にも心法沙汰はあるので、直内底のことはある。しかし、仏は心を無念無想にする功夫であり、こちらは悪いことを思わない様にする功夫である。親の喪に、仏は哀しまないのを心法とし、こちらは哀しむが乱心しないのを直とする。
【通釈】
「所謂有直内者云云」。これ以下で伊川が意を述べる。易とは根は違うが、心法沙汰のあることを「有心地一段工夫耳」と言う。この心地一段の功夫は、根は違うが、心のことに功夫のある段では易も心のこと、仏も心のことなので、直内底のことはあると言ったまでのこと。方外が丸でないので、直内の一寸似た処があるのをあると言ったのである。心の功夫も、あちらでは何でも心を無念無想にしている。こちらでは悪いことを思わないこと。思いを止めるのを直すと言うのではない。父母の喪に哀しむのは直。あちらは哀しくないとするのを心法とする。こちらでは哀しむが乱心しないのを直と見た功夫である。「他却全不管著」と言うことから、あちらではまた荒い体の人を悦ぶなどがあり、大慧などは喜怒が滅多である。すっと気象からよく出れば外のことには構わない。そこが禅機である。貴人の前でも立小便をする。これが外を方にすることのない所である。
【語釈】
・大惠…大慧。南岳懐譲。六祖慧能の法を嗣ぐ。677~744。

固有根株云云。此も李伯諌が伊川の内外不備を非とする譬喩なり。根は内、枝葉は外と見る。それなれば一つ貫き、じきに伊川のはつまらぬと來書に申越したを朱子の取りつかまへて、それに付て申ふ、と。伊川を非とする語をわりほどひて儒の非を云ふ。そこにこちらには大ふ吟味のあることで、其中に善悪がある。佛者かこちに本来の面目あれは、そちにも未発の本領が有ふ。それはそふにして、その根に善悪があると云ふを示した。朱子でなくては云れぬ。五穀之根株云云。こちの根株は五穀のやふなもの。未発の本領から日用五倫の交り、一々中節て和ぞ。五穀のやふに食へるなり。
【解説】
「固是有根株則必有枝葉。然五穀之根株則生五穀之枝葉華實而可食」の説明。李伯諌が「有根株則必有枝葉」と言った。朱子は根に善悪があると答えた。こちらの根株は五穀の様なもの。それで食える。
【通釈】
「固有根株云云」。これも李伯諌が伊川の内外不備を非としたたとえである。根は内、枝葉は外と見る。それなら一貫き、直に伊川のは違うと来書に申し遣したのを朱子が取り掴まえて、それに付いて申そうと言った。伊川を非とする語を割り解いて儒の非を言う。こちらではそこに大分吟味のあることで、その中に善悪がある。こちらに本来の面目があれば、仏者にも未発の本領があるだろう。それはそうだとして、その根に善悪があるということを示した。これが朱子でなくては言えないこと。「五穀之根株云云」。こちらの根株は五穀の様なもの。未発の本領から日用五倫の交わり、一々中節で和すから五穀の様に食える。
【語釈】
・中節て和…中庸章句1。「喜怒哀樂之未發、謂之中。發而皆中節、謂之和。中也者、天下之大本也。和也者、天下之達道也。致中和、天地位焉、萬物育焉」。

稊稗之根株云云。あちの根株は稊稗の様なもの。本来面目から現在の人倫を滅却して枯木死灰のやふになりて、さて々々不可食。とんとくへぬことなり。これ反鑑而索照也。こちの未発の中は発て皆節に中ると云。妻子好合如鼓瑟琴、父母其順乎。これが感而遂通天下の故の万変に應ずる心か事に出るて活物なり。佛氏は本来空の不生不滅を心の本領にたてて、其空寂でなにもかもなくして父子君臣夫婦も魚の腐た様に思ひ、そこて雪山へも迯やったなり。然れは内外一貫なもの、根株枝葉一連なもので大本の善なはあらはれても善、大根の悪なはあらはれても悪と邪正がわかれてきて、伯諌なりを衍説せられて、つひ伯諌の臟腑をつきぬいた。これが市人を驅て使ふと云ものにて、伯諌が伊川を縛ふとする縄を以て自らしばられたと云もの。無声無臭と云ふはこちの宗旨ぞ。それがをどり出て天下の政をもする。そちのは本来無一物がをどり出て天下万物を無ひものにし、あげくのはてに天地まで無ひものにする。
【解説】
「稊稗之根株則生稊稗之枝葉華實而不可食。此則不同耳。參木以根株而愈疾、鉤吻以根株而殺人。其所以殺人者、豈在根株之外而致其毒哉。來書云、不能於根株之外、別致其巧也」の説明。仏の根株は稊稗の様なものだから食えない。大本の善なものは現れても善、大根の悪なものは現れても悪と邪正が分かれている。
【通釈】
「稊稗之根株云云」。あちらの根株は稊稗の様なもの。本来の面目から現在の人倫を滅却して枯木死灰の様になったので、実に「不可食」。全く食えないもの。これが「反鑑而索照也」である。こちらの未発の中は「発而皆中節」と言う。「妻子好合如鼓瑟琴、父母其順乎」。これが「感而遂通天下之故」で、万変に応じる心が事に出るので活物である。仏氏は本来空な不生不滅を心の本領に立てて、その空寂で何もかもなくして父子君臣夫婦も魚の腐った様に思い、そこて雪山へも逃げた。それなら内外は一貫なもの、根株枝葉一連なもので、大本の善なものは現れても善、大根の悪なものは現れても悪と邪正が分かれて来て、伯諌の通りを衍説されて、つい伯諌の臓腑を突き抜いた。これが市人を駆けて使うというもので、伯諌が伊川を縛ろうとする縄で自ら縛られたというもの。「無声無臭」はこちらの宗旨。それが躍り出て天下の政をもする。そちらのは本来無一物が躍り出て天下万物をないものにし、挙句の果てに天地までもないものにする。
【語釈】
・反鑑而索照也…近思録為学4。「今、以惡外物之心、而求照無物之地。是反鑑而索照也」。
・妻子好合如鼓瑟琴…中庸章句15。「君子之道、辟如行遠必自邇、辟如登高必自卑。詩曰、妻子好合、如鼓瑟琴。兄弟既翕、和樂且耽。宜爾室家。樂爾妻帑。子曰、父母其順矣乎」。詩は詩経小雅常棣。
・感而遂通天下の故…易経繋辞伝上10。「易无思也、无爲也。寂然不動、感而遂通天下之故。非天下之至神、其孰能與於此」。
・市人を驅て使ふ…
・無声無臭…中庸章句33。「上天之載、無聲無臭。至矣」。詩経大雅文王。「上天之載、無聲無臭」。

故明道又曰云云。垩人の道の上達と云ことは、下学にていつも々々々している処がそれが上達になるなり。子どもかいろはを習ふ。あそこはいかふ下学の下の字なれとも義之や子昴になるも中にきれめはない。あたまのはげるやふに、子どものときのとんぼかみのはげたが上達なり。第一着の顔子のやふな香炉上一点、一刀兩断の生品でも、してゆく々々々々は博我以文と云準的あり。仲弓もとよりじりり々々々としてゆく。皆下学と上達きれめはない。佛はひょいと飛ふぞ。空理ゆへ實地なし。
【解説】
「故明道先生又云、釋氏惟務上達而無下學。然則其上達處、豈有是也」の説明。明道先生が、仏には下学がないと言った。仏は空理で実地がない。
【通釈】
「故明道又曰云云」。聖人の道の上達ということは、下学をいつもしている処がそれが上達になる。子供がいろはを習う。あそこは大層下学の下の字だが、王羲之や陳子昴になるのも中に切れ目はない。頭の禿げる様に、子供の時の蜻蛉髪の禿げたのが上達である。第一着の顔子の様な香炉上一点、一刀両断の生品でも、して行く時は「博我以文」という準的がある。仲弓は固よりじりりとして行く。皆下学と上達に切れ目はない。仏はひょいと飛ぶ。空理なので実地はない。
【語釈】
・香炉上一点…碧巌録。紅炉上一点の雪。
・博我以文…論語子罕10。「顏淵喟然歎曰、仰之彌高、鑽之彌堅、瞻之在前、忽焉在後。夫子循循然善誘人、博我以文、約我以禮。欲罷不能、既竭吾才。如有所立卓爾。雖欲從之、末由也已」。

相連屬せず。根が偏なことなり。片方ては連屬せぬ。その連屬せぬを有閑断と云。天地間断なし。じりり々々々と一刻一時一日一月一歳となく、十二万九千六百年と云に一日も一時もきれめない。それなりの下学なり。下学なしの上達はそこにきれめがある。これ天地に似たなり。これ内外不備を見よ。上達ばかり目がけて下学のないのなり。從儒向佛云云。御手前はまだしも出家沙門でなく、儒をかぶって居ながら佛について居るゆへ、籍先生之言。伊川の言を一つ御支配にして重んずるが眞の胡種族。ほんの永平寺大德寺ならは伊川の此語などをは三分ん五厘んにせふが、こなたが儒者の皮をかぶって居るで伊川の語を世話にかけ、やっかいにもする。如何々々と二つ重子て云ふは、何んとをれが云ふ通りに違ひはあるまい、どふてござるとたたみかけて云。
【解説】
「元不相連屬、但有間斷非道也。此可以見内外不僃之意矣。然來書之云却是從儒向佛。故猶籍先生之言以爲重。若眞胡種族則亦不肯招認此語矣、如何如何」の説明。仏は根が偏なので連属がない。間断がある。天地に間断はないが、下学のない上達には切れ目がある。そこで内外不備なのである。
【通釈】
「相不連属」。根が偏なので、片方では連属しない。その連属しないのを「有閑断」と言う。天地に間断はない。じりりと一刻一時一日一月一歳となく、十二万九千六百年に一日も一時も切れ目はない。そのままの下学である。下学なしの上達はそこに切れ目がある。これが天地に似たこと。これが内外不備ということ。上達ばかりに目掛けて下学がない。「従儒向仏云云」。貴方はまだしも出家沙門ではなく、儒を被っていながら仏に付いているのだから、「籍先生之言」。伊川の言を一つ御支配にして重んずるのが真の胡種族である。本当の永平寺や大徳寺であれば、伊川のこの語などは三分五厘にしようが、貴方が儒者の皮を被っているので伊川の語を世話に掛け、厄介にもする。「如何如何」と二つ重ねて言うのは、何と俺が言う通りに違いはないだろう、どうだと畳み掛けて言ったこと。
【語釈】
・胡種族…