近思録巻之八筆記

治體凡二十五條  亥二月六日  道生録
【語釈】
・亥…寛政3年辛亥。1791年。
・道生…

出處の道がすむと天下國家へ手の出る処ゆへ、出處のあとへ治体治法政治の三つを出したぞ。天下國家の治めは出処が正くないと手は出されぬ。家道のはなれきはて出処の吟味をし、身にくさいことのないやうにする。さて、出処がすむと天下國家そ。其天下國家の大ふ根になることをみせる。それが治体なり。治体のない天下の治めやふは孟子の云はるる功烈如彼卑て、半分から先の治めやふなり。大学にも一人定國とあり、一人が定りそもないものなれとも、上たる人の德か明かぢゃと天下中からよくなる。中庸の九經にも脩身とあり、脩身が天下を治るの本になる。そこで大学の新民の傳文に苟日新又新とあって、手前の垢ををとすか新民になる。洪範に皇建其有極と云て君が本になる。それが治体なり。垩賢の政でなけれは治体はないと思がよい。近思録の吟味は不自由なり。急な間には合ぬ。学者がせわしく、こふなくては御役に立まいとてあちこちかけまわるは小刀細工で本のことにあらす。学者は孔孟程朱をかさにきて云へとも、治体と云につまらぬと斉桓晋文なり。政は手先きてするものてはない。手先てすれは、斉桓晉文のすることは治めても体がない。臆病ものの軍法巧者なやふなもの。何程軍法を知ても我臆病ては士卒は働ぬ。少々軍法は不たんれんても我に勇氣があれは士卒かすすむ。人君の御身を治ると、やれ々々とせわをせすと下はよくなる。是が今日明日の間にはあわぬこと。今日や明日の間にあふことは本んのことてはない。町人が土藏を造るに一年もかかる。そこて大火事にもやけぬ。俗学者が治体を知ぬゆへ手もなく今なることとをもふ。我德を明にすることゆへ急にはならぬ。受負普請は立羽に見へても大風が吹と倒れることがある。
【解説】
天下国家の根本となるのが治体である。治体は聖賢による政であり、それは急に成るものではない。それは自分の徳を明にするものであって、手先でするのは伯者の政である。
【通釈】
出處の道が済めば天下国家へ手の出る処となるので、出処の後に治体、治法、政治の三つを出したのである。天下国家を治めるには、出処が正しくなければこれに手を出すことはできない。家道の離れ際で出処の吟味をし、身に臭いことのない様にする。さて、出処が済むと天下国家である。その天下国家について、大層根本となることを見せる。それが治体である。治体がなくての天下の治め方は孟子の言われた「功烈如彼卑」であって、半分から先の治め様である。大学にも「一人定国」とあり、一人で定まりそうもないものだが、上たる人の徳が明らかだと天下中がよくなる。中庸の九経にも修身とあり、修身が天下を治める本になる。そこで大学の新民の伝聞に「苟日新又新」とあり、自分の垢を落とすことが新民になる。洪範に「皇建其有極」とあり、君が本になる。それが治体である。聖賢の政でなければ治体はないと思いなさい。近思録の吟味は不自由なもので、急には間に合わない。学者が忙しく、こうでなくては御役に立たないだろうとあちこち駆け回るのは小刀細工であって、本当のことではない。学者は孔孟程朱を笠に着て言うが、治体に詰まらなければ斉桓晋文である。政は手先でするものではない。手先でするのは、斉桓晋文のする様なことは治められても体がない。それは臆病者の軍法巧者な様なもの。どれほど軍法を知っていも自分が臆病では士卒が働かない。少々軍法の鍛錬はしていなくても、自分に勇気があれば士卒が進む。人君が御身を治めれば、あれこれと世話を焼かなくても下はよくなる。これが今日明日には間に合わないこと。今日や明日の間に合うことは本当のことではない。町人が土蔵を造るのに一年も掛かる。そこで大火事にも焼けない。俗学者は治体を知らないので簡単に今成ることと思うが、自分の徳を明にすることなので急には成らないもの。請負普請は立派に見えても大風が吹くと倒れることがある。
【語釈】
・功烈如彼卑…孟子公孫丑章句上1。「管仲得君如彼其專也。行乎國政如彼其久也。功烈如彼其卑也」。
・一人定國…大学章句9。「一家仁、一國興仁。一家讓、一國興讓。一人貪戻、一國作亂。其機如此。此謂一言僨事、一人定國」。
・九經…中庸章句20。「凡爲天下國家有九經。曰、脩身也、尊賢也、親親也、敬大臣也、體群臣也、子庶民也、來百工也、柔遠人也、懷諸侯也」。
・苟日新又新…大学章句2。「湯之盤銘曰、苟日新、日日新、又日新」。
・皇建其有極…書経洪範。「皇極。皇建其有極。斂時五福。用敷錫厥庶民」。
・斉桓晋文…論語憲問16。「子曰、晉文公譎而不正。齊桓公正而不譎」。

某し嘗云、道学は行れぬものと知へし。じきに今行るれは、道学と云ても内々は伯者をして居るのなり。有用の学と云も体ありての用なり。濂渓先生を程子の究禪客と云へり。さひ々々とした禅坊主と云意なり。李延平も朱子の如田夫と云へり。田舎をやぢのやふじゃと云れた。どふしたことに其様な人が又道統の傳そと考へ看るへし。古へは三公の職ありて天子と平居、道を論するなり。三公の職にあたるものかないと三公の職はあけてをくなり。これ、三公の職は治の体なり。後世どのやふな人を三公に可備と云に、漢唐以来の諸儒にそこへ出るものは周茂叔や李延平なり。周子の周子たる処、延平の延平たる処は何もかも我身へ帰着し魂へ切こむ学問と思ふべし。古三公の職、政をして出すことではなくて天子御一人の御胷をよくすることなり。たた平居、天子に向て咄をしてをらるる。これか治体をこしらへるにて三公の職なり。然れは中々經済者なとと云学者の伺はれぬこと。周子延平なとは禪客田夫のやふでも一心に帰することなるから。此様な処から治体と云を知るべきことなり。
【解説】
古の三公の職が治体であり、彼等は天子の心をよくすることに努めた。治体をするには魂に切り込むのでなければならない。
【通釈】
私が嘗て言ったことだが、道学は行われないものだと知りなさい。直ぐに今行われるのであれば、道学だと言っても内では伯者をしているのである。有用の学というのも体があってこその用である。濂渓先生を程子が「窮禅客」と言った。寂々とした禅坊主という意である。李延平のことも朱子は「如田夫」と言った。田舎を親父だと言われたのである。どうしてその様な人が道統の伝なのかと考えて見なさい。古は三公の職があって天子と平居し道を論じた。三公の職に当たる者がいないと三公の職は空けて置いた。この三公の職が治の体である。後世どの様な人を三公に備えようかと言えば、漢唐以来の諸儒でそこへ出る者は周茂叔や李延平である。周子の周子たる処、延平の延平たる処は、何もかも我が身へ帰着し魂へ切り込む学問だったことだと思いなさい。古の三公の職は政をして出ることではなく、天子御一人の御胸をよくすること。たた平居して、天子に向かって話をしておられる。これが治体を拵えることで、三公の職である。それなら中々経済者などと言われる学者には窺うことのできないこと。周子や延平などは禅客田夫の様でも一心に帰することをしたから三公の職にもなり得るのである。この様な処から治体ということを知らなければならない。
【語釈】
・李延平…字は愿中。羅豫章の門に程氏学を学ぶ。朱子も22歳の時に李延平の門を叩く。1093~1163。

迂斎云、如北辰居其所而衆星共之は治の体と云へり。これから先きはすら々々行くなり。上たる人に御徳があると何もかもすら々々となる。体がないと制札號令になる。茶を好ぬ人の処に茶器を幷べて置くやふなもの。並べた迠のことになる。政は上一人の御心からすること。心はどこへも知れぬもの。其知れぬものが大切のこと。蔡九峯が書經の序に心と云字を大ひこと書たが体を見せたものなり。学問を語には為学のまへに道体あり、政を語には政治の前に治体あり。太公の敬勝怠の丹書は治体を云たもの。あれて周も八百年つづいた。敬と云が天下をさばくことてはないが、あれか武王天下の治体なり。政談經済録は先王仲尼の道と称じても、心は伯者の權謀術數なり。あいらが云ことは事ざゆへ甚だよいことがあるか、心へこぬゆへ堯舜三代のことでなし。徂徠太宰は手まわしのよいことを好む故、氣質変化して垩人になれと云ふては手まわしわるく誰もしてがないゆへ氣質変化はならぬ、垩人にはなられぬものじゃと云て俗人に投する手段をする。そこで皆がとびつく。彼等が一家の私儀を天下へ行れる工夫をして出したかるが、皆体を知らぬ。根がない。手先きでするのなり。学者は体を知ることなり。爲学篇論治須知体はそのことなり。体を知ら子は役に立ぬ。王伯のわかるもここそ。学者か孟子をよむときは高声して伯者をしかるが、我身のふりまわしはやはり伯者をしてをる。これは近思のすまぬのなり。孟子の後は学の絶たと云も魂へ切込むことを知ず、学者も政も三代のやうにないは根がないゆへのことなり。
【解説】
君子に体があれば政はすらすらと行く。体とは心である。徂徠などの心は伯者の権謀術数であり、事の上のことだけであって心に切り込むことがない。それは体を知らないのである。根がない。
【通釈】
迂斎が、「如北辰居其所而衆星共之」は治の体だと言った。これから先はすらすらと行く。上たる人に御徳があると何もかもすらすらとなる。体がないと制札や号令となる。茶を好まない人の処で茶器を並べて置く様なもの。それは、並べただけのこと。政は上一人の御心ですること。心はどこへ行くとも知れないもの。その知れないものが大切である。蔡九峯が書経の序に心という字を多く書いたが、それが体を見せたもの。学問を語っては為学の前に道体があり、政を語っては政治の前に治体がある。太公望の「敬勝怠」の丹書は治体を言ったもの。あれで周も八百年続いた。敬は天下を捌くことではないが、あれが武王の天下の治体である。政談経済録は先王仲尼の道だと称じても、心は伯者の権謀術数である。彼等の言うことは事のことなので甚だよいこともあるが、心へ来ないから堯舜三代のことではない。荻生徂徠や太宰春台は手回しのよいことを好むので、気質変化して聖人になれと言うのでは手回しが悪くて誰もする者がいないので、気質変化はできない、聖人にはなれないものだと言って俗人に投じる手段をする。そこで皆が飛び付く。彼等は一家の私儀を天下に行われる様に工夫をして出したがるが、皆体を知らない。根がない。手先でするだけのことである。学者は体を知らなければならない。為学篇の「論治須知体」はそのこと。体を知らなければ役に立たない。王伯へと分れるのもここ。学者が孟子を読む時は高を声くして伯者を呵るが、我が身の振り回しではやはり伯者をしている。これは近思が済まないからである。孟子の後は学が絶ったと言うのも魂へ切り込むことを知らないからで、学者も政も三代の様でないのは根がないからである。
【語釈】
・如北辰居其所而衆星共之…論語為政1。「子曰、爲政以德、譬如北辰居其所而衆星共之」。
・敬勝怠…小学内篇敬身。「丹書曰、敬勝怠者吉。怠勝敬者滅」。
・論治須知体…為学31。「論學便要明理、論治便須識體」。
・孟子の後は学の絶た…大学章句序。「及孟子沒而其傳泯焉。則其書雖存、而知者鮮矣」。


初条

濂渓先生曰、治天下有本、身之謂也。治天下有則、家之謂也。本必端。端本、誠心而已矣。則必善。善則、和親而已矣。家難而天下易、家親而天下疏也。家人離、必起於婦人。故睽次家人。以二女同居而志不同行也。堯所以釐降二女嬀汭、舜可禪乎、吾玆試矣。是治天下觀於家、治家觀身而已矣。身端、心誠之謂也。誠心、復其不善之動而已矣。不善之動、妄也。妄復則无妄矣。无妄則誠矣。故无妄次復。而曰、先王以茂對時育萬物。深哉。
【読み】
濂渓先生曰く、天下を治むるに本有りとは、身の謂なり。天下を治むるに則有りとは、家の謂なり。本は必ず端[ただ]しくす。本を端しくするは、心を誠にするのみ。則は必ず善くす。則を善くするは、親を和するのみ。家の難くして天下の易きは、家は親にして天下は疏なればなり。家人の離るるは、必ず婦人に起こる。故に睽[けい]は家人に次ぐ。二女同居して志同じく行われざるを以てなり。堯二女を嬀汭[きぜい]に釐[おさ]め降せし所以は、舜禪[ゆず]る可きや、吾玆に試みんとせしなり。是れ天下を治むるには家を觀、家を治むるには身を觀るのみ。身の端しきは、心誠なる謂なり。心を誠にするは、其の不善の動を復すのみ。不善の動は、妄なり。妄復せば則ち妄无し。妄无ければ則ち誠なり。故に无妄は復に次ぐ。而して曰く、先王は以て茂[さか]んに時に對して萬物を育す、と。深きかな。
【補足】
・この条は、通書の家人睽復无妄章三二にある。

濂渓先生曰治天下有本云々。体をかたり出したもの。有本は道中せぬまへに灸をするやふなもの。道中で病てはならぬ。天下を治る一の本は人君の御身なり。それへ灸をすへるそ。伯者は我身に蓋をする。身のわるいをは蓋をする。身のわるいをは蓋をしてかくす。響ふ筈はない。そこで威力てするなり。大学の序に人君躬行本得心之餘と云も体なり。体がないゆへ平天下がならぬ。則が手本なり。てまいの家を天下中の手本にすること。唐の太宗は三代にもをとらぬほとな政をもしたが、兄殺たれは天下へ兄弟中を能しろと云ふ云付はなるまい。頼朝も義經を腰越から押帰した。天下へは兄弟睦くせよと云付はひびかぬ。玄宗は貴姤にひたりついていて、天下へ夫婦の別は云はれまい。天下の則にならぬ。文王のはけだしからが違ふ。夫婦中よくしろとも云はずと御手前の夫婦の別か正い故、天下中がよくなる。周南召南江沱潜漢まてよくなったそ。二南をよんてみよ。下々のあいらが犬をしてほへしむること勿れ、と。文王へ目見をすることもならぬ下女端女まで身持が固くなりて痛みいらせることを云。然れは、政は家内が則なり。偖、彼書經の序に心と云字を多く書たが大切と云も、政は人君の一心にあること。心と云と、それ宋の禪学かと云か、心でなければならぬ。固執其中も心でのこと。先王の政は皆心に本ついたことなり。明德新民も天下國家へ廻状をまわすことではない。家内か近習、それから外さま、それから長﨑迠もゆく。こう合点すると治体がすむ。そこを周子の見てとったこと。
【解説】
「濂渓先生曰、治天下有本、身之謂也。治天下有則、家之謂也。本必端。端本、誠心而已矣。則必善。善則、和親而已矣」の説明。天下を治める本は我が身である。伯者は自分の身に蓋をして、威力で政をする。天下を治める手本は「則」であり、それは家内のことである。家内から近習へ、外様へと広がって全体となる。
【通釈】
「濂渓先生曰治天下有本云々」。これが体を語り出したもの。「有本」は、道中をする前に灸をする様なもの。道中で病をしてはならない。天下を治める一番の本は人君の御身であり、それへ灸をすえるのである。伯者は自分の身に蓋をする。身の悪いところに蓋をする。身の悪いところに蓋をして隠す。それでは響く筈はない。そこで、威力でするのである。大学の序で「人君躬行本得心之余」と言うのも体のこと。体がないから平天下が成らない。「則」は手本のこと。それは、自分の家を天下中の手本にすること。唐の太宗は三代にも劣らないほどの政をもしたが、兄を殺したので、天下へ兄弟仲をよくしろと言い付けることはできないだろう。頼朝も義経を腰越から押し帰した。天下へ兄弟睦まじくせよと言い付けてもそれでは響かない。玄宗は楊貴妃に浸り付いていたから、天下へ夫婦の別を言うことはできないだろう。それでは天下の則にならない。文王のは最初からが違う。夫婦仲よくしろとも言わなくても自分の夫婦の別が正しいので天下中がよくなる。周南召南で江沱や潜漢までがよくなった。二南を読んで見なさい。下々の者は犬を吠えさせてはならないとまである。文王へ見えることもならない下女や端女までの身持ちが固くなる様な、痛み入ることを言う。そこで、政は家内が則である。さて、蔡九峯があの書経の序に心という字を多く書いたのが大切なことだと言うのも、政は人君の一心にあることだからである。心と言うと、それ宋の禅学がと言うが、心でなければならない。固より「執其中」も心でのこと。先王の政は皆心に基づいたこと。明徳新民も天下国家へ回状を回す様なことではない。家内から近習、それから外様、それから長崎までへも行く。この様に合点すると治体が済む。そこを周子の見て取ったのである。
【語釈】
・人君躬行本得心之餘…大学章句序。「則又皆本之人君躬行心得之餘、不待求之民生日用彝倫之外。是以當世之人無不學」。
・江沱…詩経召南江有汜。「江有沱。之子歸。不我過、不我過、其嘯也歌」。
・潜漢…
・下々のあいらが犬をしてほへしむること勿れ…召南野有死麇。「舒而脱脱兮、無感我帨兮、無使尨也吠」。
・執其中…書経大禹謨。「人心惟危、道心惟微。惟精惟一、允執厥中」。

どふやら家内は安く天下の政は六ヶしいと思ひそふなもの。甚た了簡違なり。そふてないことなり。家内は鼻の先きのことなれは六ヶしく、大名の家ても何御隠居様のきげんがわるいのと云ひ、大勢兄弟もいろ々々ありむつかしいもの。情義で交るものが多い。唯孝に兄弟に友にして政あるに施すと云ふ。家の孝友と云か大ふ難いことなり。天下は遠いことゆへ、却て易いなり。それゆへわるい上て云ても遠きは花の香と云て、鼻先きの家内のことは親いゆへ六ヶしい。制札や御觸によいことがあると千里万里の先きが泣くほどありがたがる。学問でもそれぞ。学友はほめても、親は我等が忰が学問するがあれでよいやら家内ではこまると云にてみよ。こふ周子の書れたは誠心と云字へをとすこと。心さへ誠なれは家内は化す。瞽叟悦をいたすも舜の誠ゆへなり。とこまても誠心と云。誠が治体なり。それか政の体なり。論語でも敬事而信と云ふが本なり。今政に出し、御救ひ米下されたでもないが、下が服す。
【解説】
「家難而天下易、家親而天下疏也。家人離、必起於婦人」の説明。家内のことは目先にあって親しいことなので難しい。しかし、心さえ誠であれば家内は化す。その誠を政に出すと下が服す。
【通釈】
どうも家内は易く天下の政は難しいと思いそうなもの。それは甚だ了簡違いである。そうではない。家内は鼻の先のことだから難しく、大名の家でも何故か御隠居様の機嫌が悪いなどと言い、大勢の兄弟も色々とあって難しいもの。情義で交わる者が多い。「孝乎惟孝友于兄弟施於有政」と言う。家の孝友というのが大分難しいこと。天下は遠いことなので却って易い。それで悪いことで言えば遠きは花の香と言い、鼻先の家内のことは親しいので難しい。制札や御触れによいことがあると千里万里の先が泣くほど有難がる。学問でも同じ。学友は褒めても、親は、私の忰が学問するのはあれでよいのだろうか、家内では困ると言うのを見なさい。この様に周子が書かれたのは誠心という字へ落とすため。心さえ誠であれば家内は化す。「瞽叟厎豫」も舜の誠からである。どこまでも誠心と言う。誠が治体である。それが政の体である。論語でも「敬事而信」というのが本である。今誠を政に出すと、それは御救い米を下されたわけでもないが、下が服す。
【語釈】
・唯孝に兄弟に友にして政あるに施す…書経君陳。「王若曰、君陳、惟爾令德孝恭。惟孝、友于兄弟、克施有政」。論語為政21にも「子曰、書云、孝乎惟孝、友于兄弟、施於有政。是亦爲政、奚其爲爲政」とある。
・瞽叟悦をいたす…孟子離婁章句上28。「舜盡事親之道而瞽瞍厎豫。瞽瞍厎豫而天下化。瞽瞍厎豫而天下之爲父子者定。此之謂大孝」。
・敬事而信…論語学而5。「子曰、道千乘之國、敬事而信、節用而愛人、使民以時」。

これまてて済んたが、家の六ヶしいことを易てといた。家人は家内のこと。睽は挨拶抦あじになりてそむくこと。そむくは婦人から起る。婦人がそろ々々わるくする。家内あちらむき、兎角婦人がわるくするもの。土藏の土だいのやふなもの。そろ々々くさる。婦人かあたまから一はいするものてもないが、隂物ゆへそろ々々崩す。それて、面白いことは家人の次に睽かあるは垩人思召あること。今も独身無妻なものは家がなくても家は靜なもの。やかましいことはみな女からをこる。在番の留主は六ヶしい。在番小屋は女がないで色々なこともない。睽の卦は二女同しくをる。火沢睽。文王の八卦からした。離は中女。兌は小女なり。人は隂陽なもの。隂陽の道理て夫婦和合する者なれとも、隂陽なくて女と女のよりた。和合せぬ故そむく。とかく家人と云には男女ともに居るか、睽の卦と云がそむく女二人をるなり。堯の舜をこころみるも外に目ききはない。先甥にするかよいとて娘をやりて、そこて舜の舜たる処を試みられた。天下は向のことで、たん々々つめると家内のことなり。どふしても大学中庸が合ふぞ。周子の易で説てもとどの処は大中のむ子にはづつることはない。君子不可以不脩身と中庸にある。天下から家、家から身なり。身から吟味して誠意正心と、大学の工夫は内の方へ々々々々と明德へかけてくる。伯者の方はそとへ々々々とゆく。そこが功烈如彼卑なり。朱子行宮便殿の奏箚に帝王の学韋帯の学は違ふ。帝王の学は存せぬと云。然しながら、学問は心身に本つくゆへ挌式のあろふ筈はないと云へるも誠心に二つはない。大学の序に天子の元子より凡民の俊秀かきこへたこと。この外にないこと。大学てはここをきめることなり。
【解説】
「故睽次家人。以二女同居而志不同行也。堯所以釐降二女嬀汭、舜可禪乎、吾玆試矣。是治天下觀於家、治家觀身而已矣。身端、心誠之謂也」の説明。家内が悪くなるのは婦人からである。睽は二女が同居している卦である。人は陰陽の道理で夫婦和合するものだが、陰が二つあるのが睽卦である。天下のことを詰めれば家内に帰着する。そこで、聖学は内へと向かうが、伯者は外へと向かう。
【通釈】
これまでで話は済むが、これからは家の難しいことを易で説いたもの。家人とは家内のこと。睽は間柄が悪くなって背くこと。背くのは婦人から起こる。婦人が段々と悪くする。家内が互いに背くのは、とかく婦人が悪くするからである。それは土蔵の土台の様なもので、段々と腐る。婦人が初めからしたい放題をするのではないが、陰物なのでゆっくりと崩す。それで、面白いことに家人の次に睽があるのは聖人の思し召しなのである。今も独身無妻の者は、家庭はなくても家が静かなもの。喧しいことは皆女から起こる。在番の留守は難しいが、在番小屋は女がいないので色々なこともない。睽の卦は二女が同居している卦で火沢睽。文王の八卦からのもの。離は中女で兌は少女である。人には陰陽がある。陰陽の道理で夫婦和合するのだが、陰陽が揃わず女と女が寄り合った。和合しないので背く。とかく家人は男女共にいるものだが、睽の卦は背く女が二人いる。堯が舜を試みたのも外に目利きはない。先ず婿にするのがよいと思って娘を遣り、そこで舜の舜たる処を試みられた。天下は向こうのことだが、段々詰めていくと家内のこととなる。ここはどうしても大学中庸が合う。周子が易で説いても、結局は大学中庸の旨に外れることはない。「君子不可以不修身」と中庸にある。天下から家、家から身である。身から吟味して誠意正心と、大学の工夫は内の方へと進み明徳へと掛けて来る。伯者の方は外へと行く。そこが「功烈如彼卑」である。朱子が行宮便殿の奏箚に帝王の学と韋帯の学は違う、帝王の学はないと言った。しかしながら、学問は心身に基づくものだから格式がある筈はないとは言え、誠心は一つなのである。大学の序に天子の元子より凡民の俊秀までとあるのが当然のこと。この外にはない。大学ではここを決めるのである。
【語釈】
・睽…易卦。兌下離上。火澤睽。「彖曰、睽、火動而上、澤動而下。二女同居、其志不同行」。
・家人…易卦。離下巽上。風火家人。六二の女と九五の男が正位にいる姿。
・離は中女。兌は小女なり…内卦が少女、外卦が二女の姿。
・君子不可以不脩身…中庸章句20。「故君子不可以不脩身。思脩身、不可以不事親。思事親、不可以不知人。思知人、不可以不知天」。
・功烈如彼卑…孟子公孫丑章句上1。「管仲得君、如彼其專也。行乎國政、如彼其久也。功烈、如彼其卑也」。
・韋帯…なめし皮の帯。質素なことの形容。
・天子の元子より凡民の俊秀…大学章句序。「及其十有五年、則自天子之元子・衆子、以至公卿・大夫・元士之適子、與凡民之俊秀、皆入大學」。

復不善動云々。人は本来よいものなれとも、七情のもめあいでわるくなる。朱子も、人はたたい善なれとも、誰が不にしたやらと云へり。だたい不の字はないはづのこと。天からは善にうみつけたを人か不善にする。天から拜領の忠孝をも不忠不孝にする。学問は此の不の字を歒と思て直すこと。復すは借金をかへすなり。動靜は天道自然備りたことなれとも、物のわるくなると云は動なり。喜怒哀樂の起らぬときに不善はないか、喜怒哀樂のをこるて不善になる。復はもとの通にすること。学問みな復の字なり。病氣が平愈したとて元氣は医者のくれたにあらず。元にかへりたのなり。妄は時計のくるふたやふなもの。戸障子がくるふと大工を呼にやる。時計かくるへは時計屋を呼にやる。狂ひを直すと丁どになる。妄と云ふやだもののある内は本の治体はならぬ。揚墨も妄、老子も妄、釈氏も妄なれとも、此四つは了簡違で妄なれともわる心はない。伯者はわる心のあるなり。斉桓晋文の政も手抦は大なれとも皆わる心。蘇秦張義はわる巧みなり。王道は中へ々々と吟味して胷へ妄を置ぬことなり。それか偖々大なこと。
【解説】
「誠心、復其不善之動而已矣。不善之動、妄也。妄復則无妄矣。无妄則誠矣。故无妄次復」の説明。人は本来善だが七情で悪くなる。「復」はそれを元に帰すこと。「无妄」も狂いをなくすこと。楊墨や老子、釈氏は妄だが悪心はない。しかし、伯者には悪心がある。
【通釈】
「復不善動云々」。人は本来よいものだが、七情の揉め合いで悪くなる。朱子も、人は本来善だが、誰が不にしたのだろうと言った。そもそも不の字はない筈のこと。天が善に産み付けたのを人が不善にする。天から拝領の忠孝をも不忠不孝にする。学問はこの不の字を敵と思って直すこと。「復」は借金を返すこと。動静は天道に自然に備わったことだが、物が悪くなるのは動からである。喜怒哀楽の起こらない時に不善はないが、喜怒哀楽が起こるので不善になる。復は元の通りにすること。学問は皆復の字のこと。病気が平癒したからといっても、元気を医者がくれたわけではなく、元に帰ったのである。「妄」は時計の狂った様なもの。戸障子が狂うと大工を呼びに遣る。時計が狂えば時計屋を呼びに遣る。狂いを直すと丁度になる。妄という疵のある内は本当の治体は成らない。楊墨も妄、老子も妄、釈氏も妄だが、この四つは了簡違いで妄なのであって悪心はない。伯者には悪心がある。斉桓晋文の政も手柄は大きいが皆悪心。蘇秦張義は悪巧みである。王道は中へ中へと吟味して胸に妄を置かないこと。それが実に大きなことなのである。
【語釈】
・復…易経復卦。震下坤上。地雷復。

孔子の、王者起ることあらば世にして仁ならんと云へり。三十年にして仁ならんと云はれた。ばか々々しいやうな待遠いことなり。それがほんの王道なり。淳于髠が賢者國に益なしと云た。あれかそしり口なれとも、本んのことは急にならぬ。益なしと云もそしりたではなく、云へはこちの工面によいことぞ。これらは世間の学者のなめても見ぬこと。たたい素人目からは益なしと云程でなければ本のことではない。今の益に立つことは伯者の上は汁をすふたのなり。漢の宣帝が太子の儒学をすると云を聞て、定て高祖が三尺の釼で天下を治めたからして云へるなるべし、吾家本王伯を雜ゆ。儒者の学をしてどふするぞ。我家をつぶすものはをれが子であろふと云れた。朱子の、雜王伯のことを自知ること明なりと云り。兎角漢唐以来本んの王道と云ことはないなり。今初心な学者天下へ道をふるをふの、明にしよふのと云が、王道のことか、それはめったにならぬ。なせなれは心を無妄にと云の、心中を羽箒ではくでなけれはならぬ。此位でよいと云ことはなし。大学至善につめること。漢高祖唐の太宗は垩賢にをとらぬほと天下を安することをもしたか、無妄と云字や誠の至善のと云ことはとんとゆめにもない。眞西山の大学衍義、丘瓊山の衍義補、あの内へ色々な人をあけたは大学を知らぬのなり。大学は至善なり。無妄なり。たた治平の策にはよいが、大学とかけては二典三謨の外は甲斐なし。漢唐の名臣利口やけて大学めかぬ。
【解説】
王道は急に成るものではない。今政に役立つものは伯者の上汁を吸うものである。王道は大学の至善に詰めることであって、心を无妄にすることである。
【通釈】
孔子が、「如有王者必世而後仁」と言った。三十年にして仁になるだろうと言われた。馬鹿馬鹿しいほど遠いこと。それが本当の王道である。淳于髠が「賢者之無益於国也」と言った。あれは譏った言い方だが、本当のことは急には成らない。無益と言ったのも譏ったのではなく、言わばこちらの工面によいこと。これ等は世間の学者が舐めても見ないこと。そもそも素人の目からは無益というほどでなければ本当のことではない。今の益に立つことは伯者の上汁を吸ったのである。漢の宣帝が、太子が儒学をするというのを聞いて、きっと高祖が三尺の釼で天下を治めたので言ったのだろうが、我が家は本王伯を雑えている。儒者の学をしてどうするのか。我が家を潰す者は私の子だろうと言われた。朱子が、雑王伯のことを自ら知っているのは明だと言った。とかく漢唐以来本当の王道はない。今初心な学者が天下へ道を振るおうとか明にしようと言うが、王道は滅多に成らないもの。それは何故かと言うと、心を无妄にすることであって、心中を羽箒で掃くのでなければならないからである。この位でよいということはない。それが大学の至善に詰めること。漢の高祖や唐の太宗は聖賢に劣らないほど天下を安んずることをもしたが、无妄という字や誠や至善ということは全く夢にもない。真西山が大学衍義で、丘瓊山が衍義補で色々な人を挙げたのは大学を知らないからである。大学は至善であり无妄である。それもただの治平の策にはよいが、大学と掛けては二典三謨の外は甲斐がない。漢唐の名臣は利口めいて大学めかない。
【語釈】
・王者起ることあらば世にして仁ならん…論語子路12。「子曰、如有王者、必世而後仁」。同集註。「三十年爲一世」。
・賢者國に益なし…孟子告子章句下6。「曰、魯繆公之時、公儀子爲政、子柳・子思爲臣。魯之削也、滋甚。若是乎、賢者之無益於國也」。
・眞西山…
・丘瓊山…明の瓊山の人。丘濬。字は仲深。号は深菴。

先王以茂は彖傳にかけた語で、垩人でなくて云はれぬこと。少しも云分のないことなり。時の茂のと云は天の四時に造化の生長する様に、其とき々々て十分一はいな天地なりぞ。天地の万物を養ふことで万民を養ふなり。中庸にある至誠でなければならぬこと。垩学はこふすることなり。号令法度の上てよいと云は第二段なり。大学の序に後世之能所及にあらずをわるくすると乱世をさすことと思ふ。そふてはない。漢の文帝も刑置ことをいたすと云ほどなり。貞觀の代も固りなり。それをさして後世と云、中々及ぶ処に非すなり。あの衆の及もないことなり。茂對時。このやふな大いことを合点せぬと、王道々々と云て伯者のやふなことをしてをる。そこで、治体のまつ始に此やふな語を載たものなり。
【解説】
「而曰、先王以茂對時育萬物。深哉」の説明。天地が万物を養う様に万民を養うのであり、それには至誠でなければならない。漢の文帝も貞観の治もそれに及ぶものではない。
【通釈】
「先王以茂」は彖伝に繋けた語で、聖人でなくては言えないこと。それは少しも言い分のないこと。時の茂というのは天の四時に造化の生長する様に、その時々で十分一杯な天地の姿である。天地が万物を養う様に万民を養う。それには、中庸にある至誠でなければならない。聖学はこうすること。号令法度の上でよいのは第二段のこと。大学の序にある「非後世之所能及也」を悪くすると乱世を指すことと思うが、そうではない。漢の文帝も刑を行わないというほどだった。貞観の代も固よりである。それを指して後世と言い、それでも中々及ぶ処に非ずなのである。あの衆でも及びそうもないこと。「茂対時」。この様な大きいことを合点しないので、王道と言っても伯者の様なことをしている。そこで、治体の初めにこの様な語を載せたのである。
【語釈】
・先王以茂…易経无妄卦象伝。「象曰、天下雷行、物與无妄。先王以茂對時育萬物」。
・後世之能所及にあらず…大学章句序。「此古昔盛時所以治隆於上、俗美於下、而非後世之所能及也」。