第四 定性書   八月十一日  惟秀録

【語釈】
・八月十一日…寛政2年庚戌(1790年)8月11日。
・惟秀…篠原惟秀。東金市堀上の人。北田慶年の弟。与五右衛門。医者。1745~1812

横渠先生問於明道先生曰、定性未能不動、猶累於外物、如何。明道先生曰、所謂定者、動亦定、靜亦定、無將迎、無内外。苟以外物爲外、牽己而從之、是以己性爲有内外也。且以性爲隨物於外、則當其在外時、何者爲在内。是有意於絶外誘、而不知性之無内外也。既以内外爲二本、則又烏可遽語定哉。夫天地之常、以其心普萬物而無心。聖人之常、以其情順萬事而無情。故君子之學、莫若廓然而大公、物來而順應。易曰、貞吉悔亡。憧憧往來、朋從爾思。苟規規於外誘之除、將見滅於東而生於西也。非惟日之不足。顧其端無窮、不可得而除也。人之情各有所蔽。故不能適道。大率患在於自私而用智。自私則不能以有爲爲應迹、用智則不能以明覺爲自然。今、以惡外物之心、而求照無物之地。是反鑑而索照也。易曰、艮其背、不獲其身。行其庭、不見其人。孟子亦曰、所惡於智者、爲其鑿也。與其非外而是内、不若内外之兩忘也。兩忘則澄然無事矣。無事則定、定則明。明則尚何應物之爲累哉。聖人之喜、以物之當喜、聖人之怒、以物之當怒。是聖人之喜怒、不繋於心、而繋於物也。是則聖人豈不應於物哉。烏得以從外者爲非、而更求在内者爲是也。今、以自私用智之喜怒、而視聖人喜怒之正、爲何如哉。夫人之情、易發而難制者、惟怒爲甚。第能於怒時、遽忘其怒、而觀理之是非、亦可見外誘之不足惡、而於道亦思過半矣。
【読み】
横渠先生、明道先生に問いて曰く、性を定めんとするに、未だ動かざる能わず、猶外物に累[わずら]わさる、如何、と。明道先生曰く、謂う所の定とは、動くときも亦定まり、靜かなるときも亦定まり、將迎[しょうげい]も無く内外も無きなり。苟も外物を以て外と爲し、己を牽[ひ]きて之に從わば、是れ己が性を以て内外有りと爲すなり。且つ性を以て物に外に隨うと爲さば、則ち其の外に在る時に當りては、何者をか内に在りと爲す。是れ外誘を絶つに意有りて、性に内外無きを知らざるなり。既に内外を以て二本と爲せば、則ち又烏[いずく]んぞ遽[にわか]に定を語る可けん。夫れ天地の常なるは、其の心の萬物に普くして心無きを以てなり。聖人の常なるは、其の情の萬事に順いて情無きを以てなり。故に君子の學は、廓然として大公に、物來りて順應するに若くは莫し。易に曰く、貞しければ吉にして悔亡ぶ。憧憧として往來せば、朋のみ爾[なんじ]の思うに從う、と。苟も外誘の除かるるに規規たらば、將に東に滅びて西に生るるを見んとす。惟に日も之れ足らざるのみに非ず。顧[かえ]って其の端[こと]窮み無く、得て除く可からざるなり。人の情[こころ]は各々蔽う所有り。故に道に適[ゆ]くこと能わず。大率[おおむね]患えは自私して智を用うるに在り。自私せば則ちすること有るを以て應迹と爲すこと能わず、智を用いば則ち明覺を以て自然と爲すこと能わず。今、外物を惡む心を以てして、無物の地を照さんことを求む。是れ鑑[かがみ]を反[かえ]して照らすを索[もと]むるなり。易に曰く、其の背に艮[とどま]りて、其の身を獲ず。其の庭に行きて、其の人を見ず、と。孟子も亦曰く、智に惡む所の者は、其の鑿するが爲なり、と。其の外を非として内を是とせんよりは、内外を之れ兩[ふたつ]ながら忘るるに若かざるなり。兩ながら忘れなば則ち澄然[ちょうぜん]として事無からん。事無くんば則ち定まり、定まらば則ち明らかなり。明らかならば則ち尚何の物に應ずることか之れ累を爲さん。聖人の喜ぶは、物の當に喜ぶべきを以てし、聖人の怒るは、物の當に怒るべきを以てす。是れ聖人の喜怒は、心に繋らずして、物に繋るなり。是れ則ち聖人豈物に應ぜざらんや。烏んぞ外に從う者を以て非と爲して、更に内に在る者を求めて是と爲すを得んや。今、自私用智の喜怒を以て、聖人の喜怒の正しきに視[なぞら]えんとするは、何如と爲す。夫れ人の情は、發し易くして制し難き者なるも、惟怒を甚だしと爲す。第[ただ]能く怒る時に於て、遽に其の怒りを忘れて、理の是非を觀ば、亦外誘の惡むに足らざるを見る可くして、道に於て亦思い半ばに過ぎん、と。
【補足】
この条は、程氏文集二(明道先生文二)「横渠張子厚先生に答ふるの書」の大部分を掲載したもの。

此章、心のことで、存養にのりそうな書であるに、為学の好学論の次にのせたは朱子の編集に思召あること。学問の全躰と云はとど心上のこと。好學論に後人不達とあるは、爰の処へきのつかぬこと。好学論の終に、今之学與顔子所好異矣ととめて、此章へのうつりがよい並ひなり。いつも云通り、学問は手や足ではせぬ。心のこと。夫れを知らぬゆへわざにつく。横渠は、学問は心にたたみこむことと云をとくと合点された。其合点があまり夫れにのりがつきすきた。爰が味噌の味噌くさいの処で、あまり心くさいことになる。陸象山、王陽明が只心々々と云たは禅学と云もの。張子のは夫とはちかふが、ちとしそこなひじゃ。此張子の若いときのしそこないなどと云が、漢唐之間などにはないこと。あんまり心すきた病人なり。そこを明道先生との問答なり。
【解説】
学問とは心のことである。好学論で好学を勧めて、その次にこの章に移る、その流れ方がよい。学問とは道理を心に畳み込むことだが、張横渠は心のことをあまりに考え過ぎた。しかしそれは陸象山や王陽明が禅学の立場で言うのとは違う。
【通釈】
この章は心のことなので存養のところに載せた方がよさそうな書であるが、為学の好学論の次に載せたのは、朱子の編集に思し召しがあってのこと。学問の全体は結局心の上のこと。好学論に「後人不達」とあるのは、ここの処に気が付かないことを言う。好学論の終わりで、「今之学与顔子所好異矣」と止めてこの章へ移るのがよい並べ方である。いつも言う通り、学問は手や足では行わない。心ですること。それを知らないから業に付く。横渠は、学問とは心に畳み込むことだということをしっかりと合点された。その合点にあまりに乗りが付き過ぎた。ここが味噌の味噌臭い処で、あまりに心臭いことになる。陸象山や王陽明がただ心と言うのは禅学の立場で言ったもの。張子はそれとは違うが、少々し損なった。この張子の若い時のし損いなどということが漢唐の間などにはないこと。張子は、あまりに心に畳み込み過ぎたために病人になったのである。そこで、明道先生との問答となった。
【語釈】
・横渠…張載。北宋の儒者。字は子厚、横渠先生と称。1020~1077
・陸象山…南宋の大儒。名は九淵。字は子静。象山・存斎と号。文安と諡す。1139~1192
・王陽明…明の大儒。名は守仁。字は伯安。陽明は号。1472~1528
・明道先生…程顥。北宋の大儒。字は伯淳。明道先生と称。1032~1085

定性。あたまで張子の字の出しやうか佛のかぶれぞ。吾儒て云性は仁義礼智のこと。佛は性と心がわからぬ。そこて佛性とも佛心とも云。張子も若ひとき佛学したゆへ、此の性の字は心の氣でかいたぞ。迂斎先生の、性は定るものではないと云た。そんなことをきくと、性がをのしたちに手を付らるるものではないと腹を立ふ。性は理ゆへ、手は付られぬ。氣にわたりたものには手をそへることあるぞ。定るは、舩の梶をじりりと子ちるとわきへゆかぬていぞ。張子の心のことに屈託されて心のことを工夫したがどふも動く。よほどしてとりたが、口惜ひことでまだ動くとなり。是れが工夫したものの口上ぞ。
【解説】
「定性未能不動」の説明。張子は若い時に仏を学んだので、まだ仏教被れが抜けず、性と心との区別ができていない。儒学における性とは、仁義礼智を指す。その性は理であるから、人がそれを作為することはできない。しかし、気は人が作為することができる。
【通釈】
「定性」。始めから張子の字の出し方が仏に被れている。我が儒で言う性とは仁義礼智のこと。仏は性と心の違いがわからない。そこで仏性とも仏心とも言う。張子も若い時に仏学をしたので、この性の字を心の気として書いたのである。迂斎先生は、性は定めるものではないと言った。そんなことを聞くと、性が、お主達が手を付けられる様なものではないと腹を立てるだろう。性は理だから、手は付けられない。気に渡ったものには手を添えることのできることがある。定めるとは、舟の梶をじりりと捻ると脇へ行かない様なこと。張子は、心のことに悩み、心のことを工夫したがどうも動く。かなり努力したが、口惜しいことにまだ動くと言う。これが工夫をした者の口上である。

猶累於外物。猶は上の未と同し氣味の字で、兎角まだ心をしっと靜にしてをれば、外物がものまふと云てくるとなり。平人は外物の中へ入り混[ひた]りてをるゆへ氣は付ぬ。この累ふと云で、張子たる処がみへる。累ふはにげたいからのこと。張子は工夫をするから、どふも外物がいやでならぬ。されとも動してならぬもの。親類から病氣の、又火災の、死変のと云て人がくれば動くもの。そこを如何と明道への相談なり。張子の存寄の底の処は、外物をうるさく思ふて取てすてたいのなり。所謂は、其のをっしゃる処の定るはと、うけてかいたもの。定めるに、同し定めるにも了簡ちがいがごさろふ。仰きけらるる定るにもまちがいがござろう。定めるが、だたいさうしたことではあるまいとなり。此の所謂は向をうけた字で、さてこちの本のことを云字なり。張子のは外物を悪魔外道としたこと。吾を忘れて佛にかぶれたぞ。佛は外物累ふの、動くのと云を取てすてるが商賣なり。明道のは本んのこと。
【解説】
「猶累於外物、如何。明道先生曰、所謂定者」の説明。張子は心の工夫をするから、外物を悪魔や外道の様に考え、煩わしく、除けたいと思う。それでは仏教である。
【通釈】
「猶累於外物」。猶は上にある未と同じ意味合いの字で、とかく心をじっと静かにしていると、まだ外物が物申すと言って来ると張子が言う。平人は外物の中に入り浸っているから、それに気が付かない。この累うと言う言葉で、張子たる処がわかる。累うのは外物から逃げたいから。張子は工夫をするから、どうも外物が嫌でならない。しかし、動じないわけにはいかないものが来るもの。親類が病気だとか、火災だとか、死変だとかと言って来れば動く。そこを「如何」と明道への相談である。張子の思っている処は、外物を煩く思い、取って捨てたいということ。「所謂」は、その仰る処の定めるとはと、問いを受けて書いたもの。定めると言っても、同じ定めるでも了簡違いがあるだろう。仰った定めるにも間違いがあるだろう。定めるとは、そもそもそうしたことではないだろうと言われた。この所謂は相手の質問を受けた字で、そこで、こちらの本意を言う字である。張子の話は、外物を悪魔外道と考えたもの。我を忘れて仏に被れたのである。仏は外物に累うとか、動くということを取って捨てて修行をするのが商売である。明道の話は本物である。

動亦定靜亦定。動がすきの、靜がすきのと片々取てすてることはない。其筈じゃは、学問は天地自然、全い道ゆへ、昼と云動があれば又夜と云靜がある。天地が動靜ゆへ人も動靜。学問は天地に象る。動をすてるの、靜がすきのと云ことはならぬ。動靜はそれ々々の塲所がありて、向へまかせること。動くときはどふじゃの、靜なときはこふじゃのと、兼てさし定ったことはない。張子は、靜に定るは合点なれとも、動に定るをがてんせぬ。あれほどな工夫なれとも佛のかぶれぞ。足容重くと云はあつらへ向きなときにこそ云へ、火事のときはかけるがよい。直方先生の、火事のときはかけるが靜と云れた。宇井小市が、火事のときにはたとへ足は靜に行ても、心が靜にないと云た。又、直方の、動靜は上腮下腮のやふなもの。两方あるで飯を喰ふ。動亦定靜亦定りなり。どちを取てすてやうと云ことはならぬ。
【解説】
「動亦定、靜亦定」の説明。学問とは天地自然を象ったものである。天地に動静がある様に、動静双方に定まるところがある。張子は静に定まることは知っていたが、動に定まることを知らない。どちらかを取って捨ててはならない。
【通釈】
「動亦定静亦定」。動が好きだとか静が好きだとかと、片方だけを取ってもう一方を捨ててしまうのは間違いである。その筈で、学問は天地自然で完全な道だから、昼という動があれば、また、夜という静がある。天地に動静があるから人にも動静がある。学問は天地を象ったもの。動を捨てるとか、静が好きだとかと言ってはならない。動静にはそれぞれの場所があるが、それは天に任せる。動く時はどうだとか、静の時はこうだとかと、予め定まってはいない。張子は静に定まることは理解していたが、動に定まることを知らない。あれほど工夫をしたにも拘わらず、仏に被れていたからそうなった。「足容重」は誂え向きな時にこそ言うが、火事の時には駆ける方がよい。直方先生は、火事の時は駆けるのが静だと言われた。宇井小市も、火事の時はたとえ足が静であっても、心が静ではないと言った。また、動静は上顎と下顎の様なものだと直方が言った。両方あるので飯を喰うことができる。動亦定静亦定である。どちらかを取って捨てようとすることはならない。
【語釈】
・足容重く…礼記玉藻。「君子之容舒遲、見所尊者齊遫。足容重、手容恭、目容端、口容止、聲容靜、頭容直、氣容肅、立容德、色容莊、坐如尸」。
・宇井小市…宇井黙斎。久米訂斎門下。名は弘篤。通称は小一郎。別名丸子弘篤。肥前唐津の人。天明元年(1781)11月22日、57歳で没。

将迎が心の病ぞ。夫れをなくすることぞ。將迎は人の心のものを追ふこと。追ふとは、さま々々の人欲は云に及ず、物に親切な方から追ふもの。それは蔽ぞ。蔽からものを追ふものぞ。将は、過去ったことを胸にもちてをること。女が昨日見た堺町が胸に着して、親の墓参に行ても昨日の狂言がをっかけてくる。酒で云へば二日醉なり。迎は、今日またないことの迎に出る。明日は祭り見物と云と、子共などが宵から食がひけるもの。人の心へまだないことが来て心術の病をする。心術之要に、未至をはかることなかれとある。人の心は其塲へなって応するがよい。迎は、ものまふと云ぬに、どれと云ふ。客もこぬに、煙草盆出すやふなものなり。わざではそふはせぬが、心は不断そふなり。皆心の病ぞ。それをやめること。無内外。将迎の二字は吾一心のこと。内外は吾と人とのこと。相手のないときは内、相手のあるときは外なり。これも心は一つ心で、客のあるときもないときも同じ心な筈じゃに、既に張子がさうゆかぬ。無内外は、丁度鐘を打たときも鐘打ぬときも鐘と云やふなもの。大鞁はならしたときもならさぬ前も同し大鞁。鳴らぬときとなる時が別でないとなり。これが明道の、心のむきを知りぬいて、細工のない本の心の工夫で云たもの。張子にかまわず、本の垩学の心法のなりをかたりたもの。
【解説】
「無將迎、無内外」の説明。将は過去を想起すること。迎は未来を量ること。心は無将迎であって、現在あるがままを対応するのである。また、内外とは自分と自分以外のことで、心は本来一つであるから、内外の別はない。
【通釈】
「将迎」が心の病である。それをなくさなければならない。将迎は人の心が物を追うこと。追うとは、様々の人欲は言うに及ばず、物に執着することから言う。それは蔽だからである。蔽だから物を追う。将とは、過ぎ去ったことを胸に持っていること。女が昨日見た堺町の狂言が胸に残っていて、親の墓参りに行っても昨日の狂言が追い掛けて来る様なもの。酒で言えば二日酔いである。迎は、今日はまだないことが迎えに来ること。明日は祭り見物だというと、今宵の内から子供の食が進まなくなるもの。人の心にまだないことが来て、心術の病をする。「心術之要」に、未だ至らざるを量ることなかれとある。人の心はその場になって応じるのがよい。迎とは、もの申すとも言われないのにどれと返事をし、客も来ないのに煙草盆を出す様なもの。業でその様なことをするのではないが、心はいつもそういうものなのである。皆心の病である。それを止めなければならない。「無内外」。将迎の二字は自分の一心のこと。内外とは、自分と他人とのこと。相手がいない時は内、相手のある時は外である。これも心自体は一つで、客のいる時もいない時も心は同じ筈なのに、既に張子がその様になれない。無内外は丁度、鐘を打った時も鐘を打たない時も鐘だと言う様なもの。太鼓は鳴らした時も鳴らす前も同じ太鼓。鳴らない時と鳴る時が別ではないと言っているのである。これが、明道が心の様子を知り抜いて、細工のない本心の工夫から言ったこと。張子には構わず、聖学における心法の本当の姿を語ったものである。
【語釈】
・心術之要…

苟からは、御手前さまのは了簡ちがいと消したもの。外物を邪魔がりて、ひょんなものが々々々々々々々と云るるは、此方に云分のあるからぞ。病人が面倒がりて、人が来子ばよいと云やふなもの。牽己而從之。牛部屋から牛に綱をつけて無理に引き出すのぞ。これが張子の胸中を云たもの。昨晩は大きな風と云て隣の亭主がくれば、はてこまったもの、をれもゆかずはなるまいと、ふせう々々々に無理にひき出す。凡夫は心の工夫なさになんとも思はぬが、張子は心を大切にするから、一度々々に俗人にあふたびにへるやふに思ふ。金を始末する男、金を出せばへるやうにをもふが、心は金とはちごう。心の妙用は息をつくやふなもの。吹竹で吹くも薪の燃へぬで、をれが息を吹き切ったと云ことはない。人の心は形なく灵妙なもの。牡丹や菊はもらはれて尽すこともあるが、心はもらってゆくものはない。役屋鋪の公用人が客對で一日心を使ふが、心はつかいきらぬ。越後屋の番頭一日うるが、心はへらぬ。今したたか賣ったから、もふ袖口位はいやとは云ぬ。張子が心を惜んで、動けばへると心得る。佛のかぶれぞ。佛法が坐禪堂にこもりて靜にして、枯木死灰にして心のこやしをすると心得るがまちがいぞ。外に合ふてもへるものでない。心ははたらくで妙用。きさまの伽羅を仕廻てをくやふな心得はよくないそとなり。
【解説】
「苟以外物爲外、牽己而從之、是以己性爲有内外也」の説明。張子は心を惜しみ、外物に応じて動けば心が減ると考えるが、それは間違いである。心は働くから妙用があり、いくら動いても減ることはない。仏者の様に心を仕舞っておくのはよくない。
【通釈】
「苟」からは、貴方様の考えは了簡違いだと、打ち消したもの。外物を邪魔がって、とんでもないものが来ると言われるのは、自分に言い分があるからである。それは、病人が面倒がって、人が来なければよいと言う様なもの。「牽己而従之」。牛小屋から牛に綱を付けて無理に引き出す様なこと。これが張子の胸中をたとえたこと。昨晩は大きな風だったと言って隣の亭主が来れば、さて困ったことだ、自分も行かなければならないだろうと思い、不承不承に己を無理に引き出す。凡人は心の工夫がないから何とも思わないが、張子は心を大切にするから、俗人に会う度に心が減る様に思う。金を倹約する男は、金を払えば減る様に思うが、心は金とは違う。心の妙用は息をつく様なもの。火吹き竹で吹いて薪が燃えなかったとしても、自分の息を吹き切ったということではない。人の心は形なく霊妙なもの。牡丹や菊は貰われて尽きることもあるが、心を貰っていく者はない。役屋敷の公用人が接客で一日中心を使っても、心は使い切らない。越後屋の番頭は一日中売るが、心は減らない。今、沢山売ったから、もう袖口などは売らないでもよいなどとは言わない。張子は心を惜んで動けば減ると心得る。それは仏の被れである。仏法が座禅堂にこもって、静かにして枯木死灰になって心の肥やしをするのが正しいことだと心得るのは間違いである。外に合わせても減るものではない。心は働くから妙用。貴方の極上の心を仕舞っておく様な心得ではよくないと、明道が言われた。
【語釈】
・始末…浪費せず、つつましいこと。倹約。
・役屋鋪…役屋敷。役人がその役目に当った屋敷。

且以性為隨物於外云々。上の苟から且とうけたもの。苟と從之が張子へ云ふ字なり。これさへをかしいに、且は、その上にまだをかしいことがあるとのこと。隨物於外は、張子の大義がるを、こちから計りて云たこと。節句に礼に出ずばなるまい、人にも逢はずはなるまいと云心で、それて出るであろふか、ただいそうしたものではない。供をするものの供揃から侍て居て、隨從してあとへついてゆくやふに心得るが、そうしたものてはない。心はひびくもので、大鞁を打てばどんと鳴る、鐘をうてばかんと鳴る、さうしたもの。隨物於外、了簡では定る処ではなくて、心に近付にならぬと云ものじゃとなり。爰が彼のまたをかしいことがあるの処。張子も是れ程不合点ではないが、明道のひょぐった方なり。
【解説】
「且以性爲隨物於外」の説明。外物に従うのを嫌がるのは料簡違いである。そもそも心は外物に付き従うものではなく、外物に機敏に反応するものなのである。
【通釈】
「且以性為随物於外云々」。上に「苟」とあるから「且」と受けた。「苟」と「従之」は、張子を指して言う字である。これでさえ滑稽なのに、「且」はその上にまだ愚かなことがあるということ。「随物於外」は、張子が面倒臭がるのを、明道が計って言ったもの。節句には挨拶に出なければならないとか、人にも逢わなければならないという心で出るのだろうが、そもそもそうしたものではない。供をする者が供揃えの時から侍っていて、随従して後に付いて行く様に心得るが、そうしたものではない。心は響くもので、太鼓を打てばどんと鳴り、鐘を打てばがんと鳴る、そうしたもの。随物於外という料簡では定まるどころではなく、心に近付きになれないと言った。ここが張子にまだ愚かなことがある処。張子もそれほど聞き分けがないわけではないが、ここは、明道が水をかけた言い様である。
【語釈】
・供揃…供揃え。供まわりをそろえること。また、供まわりの人々。ともぞろい。
・ひょぐった…ひょぐる。小便が勢いよくほとばしる。尿をほとばしらせる。

當其在外時何者為在内。心を形あるやふに外へ出ると云はふなら、出たときは内には何もないと思召すか、息子を東金に使にやりたと云とはちがふ。心は物に応するときと応せぬときと云ことはあれとも、形ないから応してもあとがなくなはならぬ。丁度、息をふくやふなもの。蚊のとまったを吹くと、又あとから息が出る。丁度それたけのしたくが、又あとへ出来る。人と物を相談するに、こふしたがよかろふと存寄を云へば向へ出るやふだか、又しゃんとそれたけが内にある。迂斎の百色に応しても心はへらぬものと云れた。
【解説】
「則當其在外時、何者爲在内」の説明。心に形があるとすれば、外に出る分だけ内は減るが、心には形がないから減るということはない。
【通釈】
「當其在外時何者為在内」。心が形あるものの様に外へ出ると主張するのなら、出た時は内には何もないと考えるが、それは息子を東金に使いに遣ることとは違う。心は物に応じる時と応じない時とがあるが、形がないから、応じてもその後はなくなりはしない。丁度、息を吹く様なもの。止まっている蚊を吹くと、また後から息が出てくる。丁度、使っただけの支度がまた後にできる。他人と物事を相談する時に、こうした方がよいだろうと意見を言えば心が外に出る様だが、また、出た分だけがしっかりと内にある。迂斎が、百色に応じても心は減らないものだと言われた。

是れ。上に苟と且つと委細に説て、さて是れの字をよくみることぞ。是れとは、これと申すも畢竟と云こと。夫程不合点な御手前さまでもあるまいが、是れとなり。つまる処は、逐鹿猟師不見山云か、そこにある心をしらぬ。これほど不合点ならばこれほどにも云はれまいが、是れも別のことてはない。是れと云も畢竟外誘を絶ふ々々とするからをこりたことで、そこに氣の付ぬでこさろふとなり。上に外物と、ここは外誘とあり。松魚や酒は外物なり。上戸が夫れを見て、あれをと引かるるは外誘なり。茶碗茶入は外物なり。茶人がよい茶入を見て、どふぞ手に入れたいと云は外誘ぞ。とど一つものなり。客は外物、それでこちの動くは外誘なり。其外誘さへ絶てば怨歊退散目出度と、夫れにのみ專一に意があるゆへ、性の内外ないと云ことを知らぬ。心はこふしたものと、是は誰も知たことじゃが、御氣がつかぬでこさろう。これと云も、外誘を絶ふ々々と云意の專一ゆへと、さきの病因を云ふたのなり。
【解説】
「是有意於絶外誘、而不知性之無内外也」の説明。張子は外物を絶つことに専ら意を注いで、性に内外がないことを知らないでいる。外物と外誘は同じことだが、外物は物、外誘は心が外物に引かれることである。
【通釈】
「是」。上に苟と且とを詳しく説いたが、さて、「是」の字をよく見なければならない。是とは、これと申すのも必竟ということ。それほど聞き分けのない貴方でもないだろうが、是と言った。結局は、鹿を逐う猟師は山を見ずと言うのと同じで、そこにある心を知らない。これほど聞き分けがなければ、これほどに言う必要もないだろうが、是とは別に難しい言葉ではない。是とはつまり、外誘を絶とうとするから起こったのであって、そこに気が付かないのだろうと言われたのである。上に外物とあり、ここに外誘とある。鰹や酒は外物である。上戸がそれを見て、あれが欲しいと引かれるのは外誘である。茶碗や茶入れは外物である。茶人がよい茶入を見て、どうか手に入れたいと言うのは外誘である。外物も外誘も結局は同じもの。客は外物、それでこちらが動くのは外誘である。その外誘さえ絶てば怨敵退散目出度いというものと、外物を絶つことに専ら意が注がれていて、性に内外がないことを知らないでいる。心はこうしたものだと誰も知っていることだが、張子はお気が付かないのでしょう。これも、外誘を絶とうとすることに意を専一にするからだと、先の病因を述べたのである。
【語釈】
・松魚…鰹の異称。
・怨歊退散…怨敵退散。降伏の祈願などにいう語。怨敵を退けること。降伏とは、法力を以て仏敵・怨敵・魔障などを降し伏せること。その修法を降伏法または調伏法という。

既以内外為二本。これから定ると云に、祟る処の返事を云た。定は学問の大事なれとも、其元のは心のなりを知らぬから、まだ定る処へはゆかぬ。定は大切のことで、垩人定之以中正仁義の、大学にも定而后能靜ともあるが、舩のことも水のこともわかちも知らずに梶々とは云れぬ。そっちのやふに内外を二本にしては定る処の相談はまた出来ぬと、張子ををとして云たもの。二本にすれば根が立ぬ。半分になる。應するも吾心。応せぬときも吾心。内外はない。一なもの。定るとは、馬に纏を見せる様なもの。不断見せるから火事塲で驚ぬ。纏を見せるは馬を火事塲へ出すため。張子のは纏ひを見せて、さて、馬を火事塲へ出すまいとなり。いつも馬屋へつないてをくには纏を見せるには及ぬこと。外物を絶つならば定る詮義はいらぬ。畢竟定るはうろたへぬと云やふなもの。うろたへぬとは、なんぞ事のあるときにうろたへぬを云。事のないにうろたへるものはない。雷が落たの、急病人があるの、火事が出來たのと云ふ其時にうろたへぬためぞ。靜ったる大将とは、軍のときで云こと。鉄炮を打かけてもうろたへぬこと。下屋鋪の亭で酒を呑む時に靜ったる大将と云ことは入らぬ。其元の様に内と外を別に切てすてるなら、定る相談はいらぬなり。
【解説】
「既以内外爲二本」の説明。外物に応じるのも応じないのも自分の心次第であって、心に内外はない。定まるとは狼狽えないことで、狼狽えないとは変事にうまく対応することである。心を内外に区別して、外を絶つのであれば狼狽える以前のことだから、定まること自体を思案する必要もない。
【通釈】
「既以内外為二本」。これから定まる話をするのに、叱りの返事をした。定は学問にとって大事なことであるが、貴方は心の姿を知らないから、まだ定の処へ行くことができない。定は大切なことで、「聖人定之以中正仁義」と太極図説にあり、大学にも「定而后能静」ともあるが、船や水の分別も知らずに梶のことを言うことはできないのである。貴方の様に内外を二本にしては、定まる処の相談はまだできないと、張子を見下して言ったのである。二本にすれば根がしっかりとせず、半分になる。応じる時も自分の心、応じない時も自分の心。そこに内外はなく一つである。定まるとは馬に纏を見せる様なもの。絶えず見せるから火事場で驚かない。纏を見せるのは馬を火事場へ出すため。張子の場合は纏を見せて、さて、馬を火事場へ出さないようにしようとすること。いつも厩に繋いでおくのなら、纏を見せるには及ばない。外物を絶つのなら、定まることの詮義は要らない。つまり、定まるとは狼狽えないという様なもの。狼狽えないとは、何か事がある時に狼狽えないことで、事がないのに狼狽えることはない。雷が落ちたとか、急病人があるとか、火事が起きたとかという、その時に狼狽えないためである。静まった大将とは、戦の時に言うこと。鉄砲を撃たれてもうろたえないこと。下屋敷で酒を呑む時に、静まった大将は不要である。貴方の様に内と外とを別にして外を切って棄てるのなら、定まる相談は要らない。
【語釈】
・其元…そこもと。そなた。
・垩人定之以中正仁義…道体1の語。
・定而后能靜…大学章句1。「知止而后有定、定而后能靜、靜而后能安、安而后能慮、慮而后能得」。
・亭[ちん]…眺望または休憩のために庭園に設けた風雅な建物。あずまや。屋敷。住居。

可遽語定哉。直方曰、定る相談がまた卑ひとなり。又曰、兒共の道中のならぬやうなものと。まあ綿にくるんでをくがよい。又、直方先生の、爰の弁に云たてはないが、佛者を一と口にわるく云たことがある。あいらが身のおき処さえ知らぬ位で心のをき処を知ふ筈はないと云れた。一つ此の直方を説ふなら、いかさま身のをき所はむつかしいことはなし。心かむつかしい。たとへは、武士は奉公と云が骸のをき処。百姓は耕作で身のをき処。町人は啇で身のをき処。まつ道理はのけ、身のをき処と云はかふしたもの。佛が、女房が産をしたの、子供が疱瘡をしたのと云をうるさく思ふて山へかけこんたは、身のおき処をしらぬのぞ。なんのこともなく、それは心のさはいたのじゃ。心は二六時中をこるもの。身のをき処さへ知らずに心のをき処を知ろふやうはないとは妙語なり。又、直方先生の永井子にをくる手紙に、何んでうろたへる々々々々々と云を説き、色々のうろたへがある。可考。仏者の山奧にしっとりとしておるが、しっとりとうろたへたのなり。出家したをうろたへと云からは、俗人の出世したいとて輕薄をしてまわるは固りうろたへなり。出家のよい寺になをりたいは、うろたへた上へのうろたへなり。そんなら隠者の引込むはよいかと云に、道理から出子はうろたへ。達磨西来九年の靣壁もうろたへなり。向ってくるものを、是れへ々々々とうけるでこそうろたへぬなれ。それからは、定るもかたらりやうこと。動靜が天地の形りじゃと云ことを知らぬ内に定るは語られぬ。又烏可遽語定哉を直方先生が、是迠で張子の了簡違を吹消てしまふたとなり。
【解説】
「則又烏可遽語定哉」の説明。仏者は見の置き所さえ知らないのだから、心の置き所など知る筈もない。見の置き所とは分々のことでありわかり易いが、心の置き所を知るのが難しい。仏者は外物を煩がって山にこもるが、それは身の置き所を知らないからである。仏者には狼狽えがある。山にこもるのも、出家するのも、よい寺に移りたいと思うのも、達磨の面壁も、皆狼狽えである。外誘を進んで受けてこそ、狼狽えないと言えるのである。
【通釈】
「可遽語定哉」。直方が、定まることの相談をするにはまだ低過ぎると言った。また、それは子供だけでの道中はいけないという様なものだとも言った。真綿に包んで置くのがよい。また、直方先生が、この段の弁として言ったのではないが、仏者を一気に悪く言ったことがある。奴等は身の置き処さえ知らないほどだから、心の置き所を知ることなどできる筈がないと言われた。ここで一つ直方の言ったことを説明すれば、なるほど身の置き所を知るのは難しいことではなく、心の置き所を知るのが難しいのである。たとえば、武士は奉公というのが体の置き所。百姓は耕作が身の置き所。町人は商いが身の置き所。先ずは道理は除けて、身の置き所とはこうしたもの。仏が、女房がお産をしたとか、子供が疱瘡をしたとかということを煩わしく思って山へ駆け込むのは身の置き所を知らないからである。それは何でもないことで、ただ、心が騒いだのである。心は絶えず起こるもの。身の置き所さえ知らないで、心の置き所を知ることができる筈がないとは妙語である。また、直方先生が永井子に送った手紙に、何で狼狽えるのかということを説いたところがあるが、その様に色々な狼狽えがある。考えてみなさい。仏者は山奥にじっとりとしているが、じっとりと狼狽えたのである。出家したことが狼狽えと言うからは、俗人が出世したいと浅はかに歩き廻るのは、固より狼狽えである。出家した者がよい寺に移りたいと言うのは、輪を掛けた狼狽えである。それなら隠者が引き込むのはよいかというと、道理から出たことでなければ狼狽えである。達磨の西来九年の面壁も狼狽えである。向かって来るものをこちらへと受けてこそ、狼狽えないと言える。それができれば、定まることも話すことができるが、動静が天地の姿だということを知らない内は、定まることを語ることはできない。「又烏可遽語定哉」について、直方が、この句までの話で明道は張子の料簡違いを吹き消してしまったと言った。
【語釈】
・あいら…彼等。あのものども。あいつら。
・永井子…永井行達。隠求。三右衛門。1689~1740。直方門下。
・輕薄…①おせじ。おべっか。②軽々しいさま。思慮のあさはかで篤実でないこと。軽佻浮薄。
・なをり…直る。乗物・劇場などで上級の席に移る。
・西来…西から来ること。西方の国から渡来すること。
・九年の靣壁…達磨が嵩山の少林寺で九年間面壁坐禅したことを指す。

夫天地之常云々。是れから本んのことを語る。本んのことは天地と垩人なり。吾儒で天地をかたるも、佛の本来を語るも似た様にはあるが、佛は天地に合ぬ。此方ではいつも天地と垩人の似たものを出して、此方の細工なしに合せる。易も天地と垩人を並て語る。中庸も天を語りて垩人を出して見せる。近思の始めか道体で、終りが垩賢。いつも々々々御定りの天地と垩人なり。これが垩学の実見実事の処。この天地の常垩人の常と云字が、性を定るの定むの字へ縁が組であると思はふことぞ。天地の万古易らず垩人の心の終身かわらぬも理なりなことなり。そこが常そ。常はすぐに定ったことなり。どふするかふすると手のあることてはなく、道理なりなことゆへ、いつも々々々かわらぬ。張子は一つ手を出さるる。もと定性は心法の工夫沙汰なり。夫れを天地垩人のさし定ったなりにするでなくては本んの定るでない。先づ天地の形りを見よ。草木禽獣さま々々のものあるに、一つあしらいぞ。無心と云がそれなり。あてがいのないことぞ。天子将軍の御成にも雨がふる。今日の天氣よいが昨日なればよいにと云てもどふもならぬ。無心は恨の云れぬもの。谷底の梅もひらくときはひらく。あてがひはない。其天地の注文通りにゆきたが垩人。
【解説】
「夫天地之常、以其心普萬物而無心」の説明。儒学は天地と聖人を目指す。天地や聖人の心は不変であるが、それは道理の通りだからで、これを常と言う。道理の通りにして作為をしないのが心法の工夫であり、定性である。無心とは等しく扱って特別な配慮をしないこと。天地は贔屓をしない。
【通釈】
「夫天地之常云々」。これから大本のことを語る。大本とは天地と聖人のことである。我が儒で天地を語るのも、仏が本来を語るのも似た様ではあるが、仏は天地に合致しない。こちらでは、いつも天地と聖人という似たものを出し、細工をしないでそれに合わせる。易も天地と聖人を並べて語り、中庸も天を語って聖人を出して見せる。近思の始めは道体で、終わりが聖賢。いつもお定まりの天地と聖人なのである。これが聖学の実見実事の処。この天地の常、聖人の常という字が、性を定めるの定の字に縁のあることだと思いなさい。天地が万古変らないのも、聖人の心が終身変らないのも、理の通りだからである。そこが常なのである。常は直ぐに定まること。どうするこうするという様な手段があるわけでなく、道理の通りだからいつも変らない。張子は一つ手を出される。元来、定性は心法の工夫沙汰である。それを天地聖人の差し定まった通りにするのでなくては本当の定めるではない。先ず始めに天地の姿を見なさい。草木禽獣など様々なものがあるが、皆同じ扱いである。無心というのがそれである。それは特別な心遣いのないこと。天子や将軍が外出する際にも雨が降る。今日の天気はよいが、それが昨日だったらよかったのにと言ってもどうにもならない。無心とは恨みを言っても仕方のないこと。谷底にある梅の花も開く時は開く。特別な心遣いはない。その天地の注文通りになったのが聖人である。
【語釈】
・あてがい…宛行。充行。①あてがうこと。また、そのもの。特に、与えられた所領や給与。②取り計らい。心くばり。配慮。

無情。天地の方を心と云たものゆへ、をのづと垩人の方をは情と云。同しことなれとも、人の目にしっかりとはたらきのあらわれた処で情と云。天地は万物を発育する心で物は出来る。そこて心と云。垩人は、萬の事物のなりにすら々々ゆく処て無情と云。されとも天地には情の字は云れぬと云ではなし。易に天地万物之情可観とある。どちに云てもよい。順ふは、萬事向からくるなりにすること。をれが心はどふだのこふだのと云ことなしに、向からくるなりをする。これと云流義のないこと。無情は向形りにしてあてかはぬこと。垩人の無情少しも肉についたことはない。どふこうと云心はなくすること。天地垩人に兼てどふするこふすると云ことがない。して見れば、天地と垩人にはすききらいはない。あれをと云て、取てすてるものはない。草でもあの毒だみなどはなければ重疂なものなれとも、無心ゆへすてぬ。狼も蝮もある。その上には麒麟鳳凰も出来る。さま々々なことが出来るがすききらいはない。垩人の方もそれなり。顔子の死には泣く。少正卯をばきる。皆無情からぞ。いかさま顔子には只の泣では泣足らぬ。哭して慟せりなり。少正卯は異見とは出ずに首を斬られた。順萬事なり。理なりなり。其外なんでもすききらいはない。南子にも逢ふ。礼あるから逢ふ。そふかとをもへば、儒悲には病気と云て、そうして内で琴をひかれた。きけかしをされた。とふやら異なことのやふなれとも、垩人は氣味のわるい心と云ことない。向なりに応する。順事なり。張子はそれと違って、外から来るものをさけて、定めよう々々々々とするから細工になる。
【解説】
「聖人之常、以其情順萬事而無情」の説明。天地を無心と言い、聖人を無情と言う。人が目にすることができるところで情と言う。無情とは、相手の通りにして私心を持たず、好き嫌いを言わないこと。天地は無心だから全てのものを許し包括する。聖人は天地のまま全てに私心なく応じる。これが順万事である。張子は外物を避けて定めようとするから細工となる。
【通釈】
「無情」。天地の方では心と言ったので、自ずと聖人の方では情と言う。同じことではあるが、人の目にしっかりと働きが現れた処を以って情と言う。天地は万物を発育する心なので物ができる。そこで心と言う。聖人は、万とある事物のままにすらすらとゆく処から無情と言う。しかしながら、天地には情の字を使えないということではない。易に、「天地万物之情可観」とある。どちらで言ってもよい。「順」は、万事向こうから来るままにすること。自分の心はどうだのこうだのとは言わずに、向こうから来るままをする。これと言う流儀のないこと。無情は向こうのままにして、細工をしないこと。聖人の無情には、少しも肉に付いたことはない。どうこうという私心はなくてすること。天地聖人に予めどうするこうするということはない。そこで、天地と聖人には好き嫌いがない。あれをと言って、取って捨てることはない。草でもあのドクダミなどはなければ好都合なものだが、無心だから捨てない。狼も蝮もある。その上には麒麟鳳凰もできる。様々な物ができるが、好き嫌いはない。聖人もそれである。孔子は、顔子の死には泣いた。少正卯は斬った。それは皆無情だからである。尤もなことで、顔子にはただ泣くのでは泣き足らない。「哭慟」である。少正卯に対しては、異見を言わずにその首を斬られた。それは「順万事」であり、理の通りである。その外のことにも何も好き嫌いはない。南子にも逢う。礼にそうあるから逢う。そうかと思えば、孺悲には病気だと言って会わずに家の中で琴を聞こえよがしに弾かれた。どうやら変な話の様だが、聖人に悪心はない。向こうのままに応じる。順事である。張子の場合はそれと違って、外から来るものを避けて、定めやう定めようとするから細工となる。
【語釈】
・天地万物之情可観…咸卦彖伝。「觀其所感、而天地萬物之情可見矣」。恆卦彖伝。「觀其所恆、而天地萬物之情可見矣」。萃卦彖伝。「觀其所聚、而天地萬物之情可見矣」。
・少正卯…荀子宥坐に、孔子が魯の摂相になって七日目に少正卯という大夫を誅殺したとある。
・哭して慟せり…論語先進9。「顏淵死、子哭之慟。從者曰、子慟矣。曰、有慟乎。非夫人之爲慟而誰爲」。
・南子…論語雍也26。「子見南子。子路不説。夫子矢之曰、予所否者、天厭之、天厭之」。衛の君主霊公の夫人。淫奔な女だった。
・儒悲…論語陽貨20。「孺悲欲見孔子。孔子辭以疾。將命者出戸。取瑟而歌、使之聞之」。孺悲。魯の有力者。
・きけかし…聞け+かし。聞こえよがし。

定めう々々々とするが、しきに定らぬ始めなり。極楽へ行ふと思ふ心こそ地獄へ落るはしめなりけりじゃ。なんでも一つもち出してあるは無心無情でない。無心無情は理なりにすっと出てくること。天地の心、垩人の心、なんにも流義の見へぬ処が無心からぞ。心に一物の無ひと云が理の自然なり。空なこと、虚無なことかと云に、そうでない。無心無情の無が自然のことなり。直方先生が、雷は鳴が無声無臭、摺鉢は鳴るが無声無臭。今ならぬ摺鉢ならぬ雷があれば、これはとをもはふ。佛のは、空無で何もないものにして無と云。こちは物の理なりを無情とも無心とも云。無心無情と云となさけなしのことか健忘の症かと云に、そうでない。ちっとも氣の沙汰なしに、道理なりにゆくが無情無心ぞ。張子がそこを知らずに定めやふ々々々々とするから定らぬ。寝やう々々々とをもふと寐られぬもの。寝られぬときは枕上の近思録でも出して二三牧も見ると、はや寐やうと云心を忘れるて、眠氣があちから来る。垩人は無情無心ですききらいなし。あちから来形りなり。佛は妻子がなくばよかろふとてやめる。無理な道ぞ。それでざは々々としたと思ふ。だたい母と云は父の妻なり。その胎内から出た吾身ゆへ、妻を持つまいとすてるはどふ見ても自然ありなりの理でない。天地垩人を出したは、これを定める目當にすれば、定めやう々々々々と手を出すことでなく定るとのこと。孟子の不動心と同し。動がすまいでなく、自と動かぬなり。
【解説】
定めようとすれば定まらない。儒学の無心無情は理の通りにすることであって自然なこと。それは、仏教が無を何も無いことと捉えるのとは違う。天地聖人を目当てにすれば、定めようと手を出さなくても定まる。それは、孟子の不動心と同じである。
【通釈】
定めようとするのが、直に定まらない始めである。極楽へ行こうと思う心こそ地獄へ落ちる始めなりけりである。何でも一つ持ち出してすることは、無心無情ではない。無心無情は理のままにすっと出てくること。天地の心や聖人の心に何も我流が見えないのは無心だからである。心に一つの企てもないというのが理の自然な姿である。それは空なことや虚無なことかというと、そうではない。無心無情の無が自然なこと。直方先生が、雷は鳴るのが無声無臭、摺鉢は鳴るのが無声無臭だと言った。今、鳴らない摺鉢や鳴らない雷があれば、これは変だと思う。仏は空無と言って、何もないものとして無と言うが、こちらは物の理の通りを無情とも無心とも言う。無心無情と言えば情けが無いことや健忘症のことかと思うが、そうではない。少しも気の沙汰なく、道理の通りに行くのが無情無心である。張子はそこを知らずに定めようとするから定まらない。寝よう、寝ようと思うと寝られないもの。寝られない時は枕上の近思録でも出して二三枚も見ると、早くも寝ようという心を忘れるので、そこで眠気があちらからやって来る。聖人は無情無心で好き嫌いはない。あちらから来る通りを行う。仏は妻子がなければよいだろうと思って妻を持たない。それは無理な道である。それでさばさばとしたと思っているが、そもそも母は父の妻である。その胎内から出たのが自分なのだから、妻を持たないようにしてこれを捨てるのは、どう見てもあるがままの自然の理ではない。ここで天地と聖人を出したのは、これを定める目当てにすれば、定めようと手を出さなくても定まることを知らせるため。それは孟子の不動心と同じ。動かないようにしようとしなくても、自ずと動かないのである。
【語釈】
・無声無臭…中庸章句33。「詩云、予懷明德、不大聲以色。子曰、聲色之於以化民、末也。詩曰、德輶如毛、毛猶有倫。上天之載、無聲無臭、至矣」。詩は詩経大雅文王。
・孟子の不動心…孟子公孫丑章句2に不動心の話がある。

故君子之学。近思為学のきり々々がこれからじゃ。近思をよむものは爰をかまへるがよい。張子は程太中の外第なれば、明道には異姓のいとこをぢにあたってをる。夫れを明道の弟子になった様にかいた処などもあるが、そうではないことぞ。なれとも爰等は誠に明道のかげて大心の章の意になられたれば、師匠のやうなり。
【解説】
「故君子之學」の説明。張子は程太中の外弟子であって、明道の弟子ではない。しかし、明道のお陰で定性を理解したのだから、明道は張子の師匠みたいなものである。
【通釈】
「故君子之学」。近思為学の極致はこれからである。近思を読む者はここを身構えて読みなさい。張子は程太中の外弟なので、明道には異姓の従兄弟小父にあたる。それで明道が弟子になった様に書いた処などもあるが、そうではない。しかしながら、張子はここ等の話で、誠に明道のお陰で大心の章の意になったのだから、明道は張子の師匠の様なものである。
【語釈】
・程太中…程明道、伊川の父か?
・外第…外弟。異父の弟。
・大心の章…為学83を指す。

廓然而太公物来順應。是れからが藥をもったのぞ。匕を取て主方をつけた。これが定性書のつまりで、あとへ説たもこの八字のことぞ。これが別のことではない。上に垩人天子の姿を書たは、あれを手本に学者の学ぶ学ひやふなり。廓は、ほがらかなり。本と心がほがらかなものゆへ明德とも云。其明德も、よごれがつくとふさがる。廓然は今買ったきせるのやうなもの。やにはない。やには人欲ぞ。廓然は秋の月のさへたやふに、雲霧はらってぐはらりとなったこと。ふさからぬこと。太公は向と吾と隔のないこと。公が主で、大の字を付けたは公のすさましいこと。廓然太公はどのやふなものぞと云へば、道理のなりじゃ。順萬事無情の、普於万物而無心のと云ふ、しきりのないこと。物来順応。向から来るなりに順てすら々々ゆくこと。物は張子の所謂外物のこと。さま々々なことがくるが、あれがすきのこれがきらいのと云ことのないことで、理なりなこと。廓然大公物来順応應を、向から不埒なものがくれば従て不埒なことをすると云ことでなく、不埒ものにもそれなりに道理なりのあつかひのあること。垩学は有物有則。大学にも即物究其理。聖学は物と義絶はせぬ。異端は物をはなす。善悪分萬事出の内からさま々々のものが来るが、それをそれなりにする。なんでもあぐむことはない。天地垩人を手本にする学ゆへ来次第にする。張子は節句の礼者さへうるさがる。垩人は、司馬桓魋がやふに垩人を殺そうとするものが来ても、それにも仕方がある。象は兄を殺そうとする。瞽叟は子を殺そうとする。それにも舜は仕方がありた。何んでも道理なりに仕方のないと云ことはない。
【解説】
「莫若廓然而大公、物來而順應」の説明。廓然大公物来順応が定性書の結論である。明徳も汚れると塞がる。廓然であれば、心が晴れていて少しも塞がらない。大公は隔てのないことで、廓然大公は道理のままということ。物来順応は外物の来次第に応じること。異端は外物を絶つが、聖学は外物と義絶はしない。
【通釈】
「廓然而大公物来順応」。これが薬を盛ったということ。匙を取って処方をした。これが定性書の結論で、後に説く内容もこの八字についてのことである。これは特別なことではない。先に聖人と天子の姿を書いたのは、あれを手本に学ぶのが学者の学び方だということ。「廓」は朗らか。本当に心は朗らかなものだから、明徳とも言う。その明徳も、汚れが付くと塞がる。廓然は、今買った煙管の様なもので脂はない。脂は人欲である。廓然は秋の月が冴えた様に、雲霧を掃ってがらりと晴れたことで、塞がらないこと。「大公」は、向こうと自分とに隔てのないこと。公が主で、それに大の字を付けたのは、公が凄まじいということ。廓然大公はどの様なものかと言えば、道理の通りということ。「順萬事無情」や、「普於万物而無心」と言う様に、仕切りがないこと。「物来順応」。向こうから来るままに従ってすらすらと行くこと。物は張子の言う所の外物のこと。様々なことが来るが、あれが好きだとかこれが嫌いだとかと言わずに、理の通りなこと。廓然太公物来順応とは、向こうから不埒なものが来れば、それに順じて不埒なことをするということではなく、不埒者にもそれなりに道理の通りの扱いがある。聖学は「有物有則」。大学にも「即物窮其理」とある。聖学は物と義絶はしない。異端は物を離す。「善悪分萬事出」の中から様々なものが来るが、それをそれなり対応する。何に対しても倦むことはない。天地と聖人を手本にする学だから、来次第に対応する。張子は、節句の礼者でさえも煩がる。聖人には、司馬桓魋の様に聖人を殺そうとするものが来ても、それにも対応の仕方がある。象は兄を殺そうとしたし、瞽瞍は子を殺そうとしたが、それに対しても舜には仕方があった。何でも道理のままであって、対応の仕方がないということはない。
【語釈】
・主方をつけた…種方付け。薬の調合の仕方を書くこと。また、その書いたもの。処方箋。
・有物有則…孟子告子章句上6。「詩曰、天生蒸民、有物有則。民之秉夷、好是懿德。孔子曰、爲此詩者、其知道乎。故有物必有則。民之秉夷也、故好是懿德」。詩は詩経大雅烝民。
・即物究其理…大学章句5補伝。「閒嘗竊取程子之意以補之曰、所謂致知在格物者、言欲致吾之知、在即物而窮其理也」。
・義絶…①律令制で、夫婦の縁を絶つこと。妻を強制離婚すること。②中世以降、親子・兄弟など親族の縁を絶つこと。義断。③同門者間で、その縁を絶つこと。
・善悪分萬事出…道体1の語。
・司馬桓魋…論語述而22。「子曰、天生德於予。桓魋其如予何」。
・象…舜の異母弟。孟子万章章句上2に、象と瞽瞍が舜を殺そうとした話がある。舜の父母が舜に米蔵を修繕させた。舜が屋根へ上がって行くと、梯子を取り去り、瞽瞍は火をつけて米蔵を焼いた。舜は二つの笠を持っていたので、それで見を防いで逃れることが出来た。今度は舜に井戸さらえをさせた。井戸の中へ降りた舜は、難を知って横穴を掘って外へ出て逃れた。それを知らず、瞽瞍や象は、舜の井戸に入るのを見るや、土を運んで井戸を埋めた。
・瞽叟…瞽瞍。舜の父。「象」を参照。

今日の人は切れぬ鋸で物を切るゆへ、まだも杖や竹は切れようが、貫を一丁持て来るとは、はやあぐむ。聖人は自由自在じゃ。爰の処をよく合点さっしゃれと云てやりたこと。易を引たも外のことてはない。やはり上の八字をとくのぞ。上の普万物順万事は廓然大公のこと。上の無心無情は物来て順応のこと。廓然太公かかるいことてみへる。歯磨賣が、代さへよこせばとれにもふい々々とやる。どなたへも丁子屋喜左衛門なり。よいのを上けますと云ことはない。外の商はそうはゆかぬ。つい、通りものにはさっとしたをうる。德意から来れば、あなたへはこれは上けられまいと云て心を付る。心つかいをするは、はや私なり。よいのを上けますの、まけてあけますのと云は無心ではない。この方にきたないものがあると無心無情はない。甲斐の德本は、上へ様でも膏藥は十六文と云て取った。けたかいことなり。
【解説】
「普万物」と「順万事」は「廓然大公」のことであり、「無心無情」は「物来順応」のことである。私があっては無心無情ではない。
【通釈】
今日の人は切れない鋸で物を切る様なもので、枝や竹はまだしも切れるだろうが、貫木を一丁持って来ると直ぐに倦む。聖人は自由自在である。ここの処をよく理解しなさいと明道が張子に言って遣ったのである。易を引用したのも外でもない。やはり先の八字を説くためである。上の「普万物」や「順万事」は「廓然大公」のこと。上の「無心無情」は「物来順応」のこと。廓然大公は簡単なことからもわかる。歯磨売りは、代金さえ貰えれば誰にでも品を遣る。誰にでも丁子屋喜左衛門である。よいものを上げましょうとは言わない。他の商いは、そうはいかない。つい、一見の客には粗雑なものを売る。得意先が来れば、貴方にはそんなものは上げられませんと言って心を配る。心遣いをするのは既に私心である。よいものを上げますとか、負けて上げますなどと言うのは無心ではない。自分に汚いものがあると無心無情はない。甲斐の徳本は、上様でも膏薬は十六文と言って代金を取る。気高いことである。
【語釈】
・丁子屋喜左衛門…調子が善い人の渾名。
・甲斐の德本…室町時代末期の永正10年(1513年)に三河国に生まれ、乾室または知足斎と号し、医を業とし、駿河・甲斐・相模・武蔵の諸国を巡り、甲斐にあっては武田氏に仕えた。

易曰貞吉悔亡。此貞と云が理なりぞ。すぐに廓然大公を解たもの。此の咸の卦の出たも早定性書へ靣白ひこと。咸はもと物に應ずるなり。貞と云は無心にして應すること。牽己隨物於外なぞと云ことはない。心の向ものにひびくが咸通なり。とをりひびく。滞りなくゆくことなれとも、貞くなければ通らぬ。貞は理なりで塵も灰もつけぬ処で云。ひいきのないこと。貞ひことは公なもの。道理なりに氣のどくなことは悔ひ亡すぞ。直方曰、本因坊に悔はないと云。本の手てうつからぞ。只のものはさうはゆかぬ。初のわるい手で、あとがどふもゆかぬ。悔なり。
【解説】
「易曰、貞吉悔亡」の説明。咸とは物に応じることであり、また、貞とは理の通りに応じることである。理の通りだから悔いが亡ぶのである。
【通釈】
「易曰貞吉悔亡」。この貞が理のままということ。直に廓然大公を解いたもの。この咸の卦を出したのが定性書にとっては早くも面白いこと。咸は本来物に応じること。貞とは無心で応じること。「牽己隨物於外」などということはない。心が向かうものに響くのが咸通である。通り響く。それは滞りなく行くことであるが、貞[ただ]しくなければ通らない。貞は理の通りで塵も灰もつけない処を指して言う。贔屓のないこと。貞しいことは公なものだから、道理の通りで、気の毒なことは悔い亡ぼすのである。直方は、本因坊に悔いはないと言った。本来の手を使って打つからである。普通の者は、そうはいかない。始めの手が悪いから、後がどうもうまくいかない。悔いである。
【語釈】
・易曰…咸卦艮下兌上の九四の爻辞。貞には正という意味がある。咸の九四は陰位にいて初六に応じるので、正しさが要求される。そこで貞という条件のもとに吉となり、悔いがなくなる。

朋從爾思。雲川が、のみとつけたもよい点ぞ。のみは其人ばかりのこと。往来するなりを憧々と云、あくせくとしてかけあるきますと云のなり。あくせくとするはさま々々の贔屓偏頗からぞ。物来順応のうらなり。物来順応は、日和がよくば歩行かふ、雨が降るなら合羽を着やうと云のなり。憧々往来は、なんても今日一日は是非とも降らせまいと云のぞ。あの男のことに於てはをれがと出る。そうすると、こちのよいと思ふ人計りこちをよいとをもふ。大勢の供廻りのうちでたった一人茶漬をくれたのなり。其人計りがこちをよいと思ふ。十五夜の月は天下一牧ゆへ誰も礼は云ぬ。挑灯かりたは礼を云ふ。それだけのちがひなり。咸の卦で廓然大公を説くはどふなれば、咸は道理なりに応してゆくこと故、用向がいくら有てもなんともない。張子の外誘をいやかるは、外誘のなくなったときは重疂なれとも、なくならぬなり。そこでつまらぬことになる。人作であちこちするは公てない。外物をきろふに規々は、こしらへものになる。さいくになる。
【解説】
「憧憧往來、朋從爾思」の説明。あくせくして往来するのは贔屓偏頗があるから。贔屓偏頗は物来順応の逆であって、それでは自分に都合のよいものしか集まって来ない。また、人作は公でない。外物を嫌うのは人作である。
【通釈】
「朋従爾思」。雲川が、「のみ」と付けたのも、うまい訓点である。のみとは、その人だけということ。往来する姿を「憧々」と言い、それは、あくせくして駆け回ることである。あくせくするのは様々な贔屓偏頗があるからで、「物来順応」の逆である。物来順応は日和がよければ歩いて行こう、雨が降るなら合羽を着ようということ。「憧々往来」とは、何としても今日一日は雨を降らせたくないと思うこと。あの男のことについては俺がと出る。そうすると、自分が都合がよいと思う人だけがこちらをよいと思うことになる。それは、大勢の供廻りの中で、たった一人に茶漬を食わす様なこと。貰った人だけがこちらをよいと思う。十五夜の月は天下共通だから誰も礼は言わないが、提灯を借りれば礼を言う。それだけの違いである。咸の卦で廓然太公を説くのはどうしてかと言うと、咸は道理の通りに応じて行くことだからで、それで、用向きがいくらあっても何ともない。張子は外誘を嫌がる。それなら外誘がなくなった時は満足だろうが、しかし、外誘はなくならないもの。そこで詰まらないことをする様になる。人作で色々なことをするのは公ではない。外物を嫌うことに規々とすれば拵え物になる。細工になる。
【語釈】
・雲川…
・偏頗…かたよること。不公平。えこひいき。
・天下一牧…世間どこにも共通であること。

滅東生西。外誘が片々消ても、片々から来る。團扇て蚊を追ふやふなもの。あとからは々々々々々と蚊がくふ。火事早ひとて江戸をにげても、田舎でも自火もある。どこに居ても火事あるまいと云へぬ。火の用心さへすれば貞しいなり。養生をばせふことなり。疫病除けと云ことはないこと。あれは天地一枚の氣で、こちが不羪生なれば其人が病む。この方の六具は堅めやふが、外邪をやめやふと云ことはならぬ。迂斎曰、去外誘規々は手のわるいものが状の来るをいやかる様なもの。こちか能書なれば筆翰如流、なんのことはない。来たなりを返事する。外誘を去るに規々もはてしはない。よく人の云ふ歌に、世を捨て山へ入る人山にても尚うき時は何地行らん。山には巾着切はないが狼がある。却て巾着の方かましぞ。なんでも人の一生涯にいろ々々の人事はかきりなくあるもの。それをそれ々々に理なりに応ずるて靜なり。よせまいとする、却てさわがしし。
【解説】
「苟規規於外誘之除、將見滅於東而生於西也」の説明。外誘は限りなく、どこに逃げても無駄である。外誘への対応は用心することであるが、それは外誘を除くことではなく、理の通りに応じることである。理のままに応じるから静なのであって、除こうとすると却って騒がしい。
【通釈】
「滅東生西」。外誘が一方で消えても、また一方から来る。それは、団扇で蚊を追う様なもの。後から次々と蚊が食いに来る。火の回りが早いと言って江戸を逃げても、田舎にも自火もある。どこにいるとしても、火事はないとは言えない。火の用心さえすれば貞しいのである。養生はすべきである。しかし、疫病除けということはない。疫病は世間のどこにでもある気によるもので、自分が不養生であれば病む。防具で自分の身を堅めることはできるが、外邪を絶つことはできない。迂斎が、外誘を去るのに規々とするのは、悪筆の者が手紙の来るのを嫌がる様なものだと言った。自分が能書であれば筆翰流れるが如くで何でもない。来た通りに返事をする。外誘を去るのに規々とするのは果てしないこと。よく人の言う歌に、世を捨てて山へ入る人山にても尚憂き時は何地へ行くらん、とある。山には、巾着切りはいないが狼がいる。却って巾着切りの方がましである。人の一生涯には色々と人に係わる事が限りなくあるもの。それを、それぞれに理の通りに応じるから静なのである。身に寄せない様にしようとすれは、却って騒がしい。
【語釈】
・六具…甲冑に付属する六種の武具。
・筆翰…「翰」は、筆。手紙。文書。

惟日之不足。迂斎曰、大海を手てふさくやふなもの。一万年生ても足らぬ。顧ふにとは、たとへ日が足りてもと云こと。其端無窮。外物と云字がどふもならぬもの。某も客をうるさがって、こ子はよいと思ふ。村の者ても咄にあき、よふ々々かへりたと喜ぶ処へふと病氣づき、氣色がわるくなれば、さきの人がをればよかりた、玄仙か寛喜をよびにやるものをとをもふ。もと外事を厭ふと云が、理から出ず氣についたことゆへ自然てなく、靣倒なと思ふたも、又こひしくなる筋もある。あとから来、々々々々々。万事が多ひからのけることはならぬ。直方曰、此山を一つのけやうものをと云よりもならぬことじゃ、と。いかさまそうしゃ。山を平地にするは大事なれとも、そろ々々のける。人足次第ぞ。端がある。端無窮なり。下男に不奉公されてこまったものは、奉公人はつかわぬかよいと云、又、よい家来をもったものはさう云ぬ。皆此の方の行きつまったこまった処から除けたがる。しかれば外物に累ふは、此方の内證かわるいとかけたもの。
【解説】
「非惟日之不足。顧其端無窮、不可得而除也」の説明。外物を煩わしく思う時もあれば、外物を必要とする時もある。外物には際限がなく、それを除けることはできない。外物に煩うのは、寧ろ自分の心が悪いのである。
【通釈】
「惟日之不足」。迂斎が、大海を手で塞ぐ様なものだと言った。一万年生きても足りはしない。「顧」とは、たとえ日が足りてもということ。「其端無窮」。外物はどうにもならないもの。私も客を煩がって、来なければよいと思ったりする。村の者に対しても、話に飽きてようやく帰ってくれたと喜んでいる処に、ふと病気になって顔色が悪くなれば、さっきの人がいればよかったのに、玄仙か寛喜を呼びに遣ったものをと思う。元々外事を厭うというのは理から出ずに気に付いたことだから自然ではなく、面倒なことだと思っていても、また、恋しくなる場合もある。後から次々と来る。万事は多いから除くことはできない。直方が、この山を一つ除けることにしようと言うことよりもできないことだと言った。いかにもその通りである。山を平地にするのは大仕事だが、ゆっくりと除ければ人足次第で可能であって、際限のあること。しかし、外物は端無窮である。下男に不奉公をされて困った者は、奉公人は使わないのがよいと言い、逆に、よい家来を持った者は、そうは言わない。皆、自分の方で行き詰まって困ったところから外物を除けたがる。そこで、外物に累うのは自分の本心が悪いからだと、掛けて説いたのである。
【語釈】
・玄仙…
・寛喜…
・不奉公…誠意をもって主人のために勤めないこと。

人之情各有所蔽。さま々々くせの付くは此方の蔽からじゃと示したもの。どのやうなものでも蔽がある。持病をもち合せぬ人はないと云やふなもの。人心にそれ々々の病がある。故不能適道。かの蔽か貞の字と大公の字を蔽ってをるから、道理なりがゆかれぬ。蔽がさま々々と云ても自私と用知の二つぞ。もそっと有りそうなものと云に、異端から凡夫までがとど此の二つなり。此事語類によき説あるぞ。凡そ人之情各とあれば、これが異端のことてもないが、異端も凡夫もとど大旨一つなもの。異端は一つすぐれた方からこしゃくをしたもの。凡夫は昏く蔽われた方からの私こしゃく。どちもこしゃくをするは同じく蔽からなり。異端の親方は釈迦、凡夫は欲かわきのこと。格合は大きなちかいなれども、とど自私用智、此二つなり。凡夫は肉を可愛がりすぎる。異端は肉をはなすで五倫をすてる。皆私の部ぞ。知を用るはあるべかかりでない。知を出すこと、佛が生たものを見てもやがて死ぬとみる。はや知を用ひたなり。生たものは生たなりに見れば自然そ。白骨と觀。すれば用智なり。凡夫の欲をかわかすも、あちこちして知を用る。どふそと色々としてとさわくなり。いづれ廓然大公貞吉悔亡でない。
【解説】
「人之情各有所蔽。故不能適道。大率患在於自私而用智」の説明。人それぞれに病がある様に、人の心にも様々な癖が付くが、それは蔽によるものである。その蔽とは自私と用知である。自私とは、凡夫が肉を可愛がり、異端が肉を離してその結果五倫を捨てる様なこと。仏者が生きているものを見て、やがて死ぬと思うのは用智である。
【通釈】
「人之情各有所蔽」。様々な癖が付くのは、自分の蔽によるものだと示したのである。どの様なものにも蔽がある。それは、持病を持ち合わせない人はいないと言う様なもの。人心には人それぞれの病がある。「故不能適道」。あの蔽が貞の字と大公の字を蔽っているから、道理の通りに行くことができない。蔽は様々だと言っても、自私と用知の二つだけである。もう少しありそうなものではと思うが、異端から凡夫まで、結局はこの二つなのである。この事に関しては、語類によい解説がある。凡そ人之情各とあるので、異端のことを指して言ったものではないが、結局は異端も凡夫も概ね同じもの。異端は一つの優れた方から小癪なことをする。凡夫は昏く蔽われているから、それで我流で小癪なことをする。どちらも、小癪をするのは同じく蔽からである。異端の親方は釈迦であり、また、凡夫は欲が渇く。その間には格別に大きな違いがあるが、結局は自私用智、この二つである。凡夫は肉を可愛がり過ぎる。異端は肉を離すので、その結果五倫を捨てる。皆私の部類である。知を用いる方法も通り一遍ではない。知を出すことの例は、仏者が生きているものを見てやがて死ぬと思う。早くも知を用いたのである。生きたものを生きているままに見るのが自然である。それを白骨と見るのだから用智である。凡夫が欲を求める際にも方々に知を用いる。何かと色々なことをして騒ぐ。いずれも廓然大公貞吉悔亡ではない。
【語釈】
・あるべかかり…有ルベキ懸カリの転。型通り。通り一ぺん。

自私則不能以有爲応迹。自私すとは、手前を一つかまへたものゆへ外物をいやと思ふ。吾身一箇の私て妻子をすてる。自私は佛者ををもに云。親には孝、子には慈、君にはこう、臣にはこうと、それ々々のしかたのあるか有爲也。有物有則のことで、そこをすぐに応迹と云。應迹は條理分派のわかること。五寸へは五寸、一尺へは一尺と、迹に應するなり。直方曰、腰物が廿腰ありても鞘はそれ々々じゃと云た。佛は一つ鞘ですましたがるから、天地とそりが合ぬ。應迹は君臣父子それ々々にすること。丸ひものには丸ひ蓋をするのしゃ。
【解説】
「自私則不能以有爲爲應迹」の説明。自私は主に仏者に対して言う言葉である。人には交わる相手によって対応の仕方がそれぞれあり、それが条理や分派の分れであり、応迹なのである。仏者は私事のために外物を捨てる。
【通釈】
「自私則不能以有爲爲応迹」。自私するとは、自分を一つ身構えているから外物を嫌だと思うこと。我が身一箇の私事で妻子を捨てる。自私は仏者に対して主に言う。親には孝、子には慈、君にはこう、臣にはこうと、それぞれの仕方があるのが有為なのである。それは「有物有則」のことで、そこを直に応迹と言う。応迹は条理や分派が分かれること。五寸へは五寸、一尺へは一尺と、迹に応じる。直方が、腰物が二十あっても鞘はそれぞれ別だと言った。仏は一つの鞘で済ましたがるから天地と反りが合わない。応迹は君臣父子それぞれの通りにすること。丸いものには丸い蓋をするのが道理である。
【語釈】
・腰物…大小の刀。こしのもの。
・そりが合ぬ…反りが合わぬ。刀の反りが鞘と合わない意から、気心が合わない。

用智不能云々。これは老子で云がよい。知は黑を黒ひ、白を白と云が本のこと。用るがひょんな字なり。角を角、丸を丸と云が智のなりなり。通用でないことを考え出すは用るなり。これがそれ者のすることぞ。上手をもってすることそ。なれともそれがわるい。直方曰、巾着きりは上手なほどわるい、と。知はすら々々がよい。用るはこしゃくぞ。又曰、鑓や木刀の師が、ずっとござりませ、ずっとござりませと云が面白ひこと、と。そこへ出るもすら々々が自然のなりぞ。木刀をかまへて、すら々々がなりにくひもの。中々ずっと出られぬ。古田織部が人の茶を見て、しゃん々々々立て、うかべ立て、子らいだてがわるいと云た。しゃん々々々はおれこそと云ふてい、又をちつきすまして靜にしたかるは子らいなり。老子が智を用るから、功成名遂身退。爰が上首尾じゃと云て引こむ。却て手のあること。張良ほどでも老子にかぶれた。赤松子を尋ると智を用た。召公奭などは本んのことで、致仕のころに隠居願をされたれば、周公が、そなたが引込ではどうもならぬと云れた。それでやはりつとめられて、召公は長壽で康王の時まで生きてつとめられた。知を用ぬからぞ。老子は智を用るから、はてはあるまい口上も出る。欲奪與へよ、いやな口上ぞ。丁どあの人のさした鍔がほしいが、先つ小抦をやって鍔をくれるやうにしかける。夫から兵法の張本となり、軍をつよい姿な筈、それが自然で本のことじゃに、軍大将はむすめさまながよいと云。さきでよはいと見てかかると、脱兎の如くと籠を飛出る兎の様にすっと出る。そこでして取ると云ふ。皆知を用るのぞ。朱子の、異端の中で老子が一ち悪むべしと云れた。近来は孔老一致と云ことを云人もあるげなが、孔子の心は云に及ず、老子ぐるみ知らぬにはなるまいか。わさの上や垩人と辞の上に似たことあろふとも、孔子と老子の心を知らぬになるなり。
【解説】
「用智則不能以明覺爲自然」の説明。用智の端的は老子である。智は道理の通りでなければならないが、道理に外れた考えを出すのを用と言う。用は上手であればあるほど悪い。老子や張良、孫子は皆、用智の者である。朱子は異端の中で老子が一番悪むべき者だと言った。聖学と老荘とに似た言葉があるにしても、それで孔老一致を唱えるのは、孔子と老子双方の心を知らないのと同じである。
【通釈】
「用智不能云々」。これは老子を例にして言うのがよい。知とは、黒を黒い、白を白いと言うのが本来である。用いるという字が変な字である。角を角、丸を丸と言うのが智の姿である。通用でないことを考え出すのが用いるということ。これは逸れ者のすること。上手にするが、それが悪い。直方が、巾着切りは上手なほど悪いと言った。知はすらすらと行くのがよい。用いるとは小癪なことである。また、鑓や木刀の師が、ずっとござりませ、ずっとござりませと言うのが面白いとも言った。そこに出るにもすらすらが自然の姿である。しかし、木刀を構えてすらすらとはなりにくいもの。中々ずっととは出られない。古田織部が他人の茶を見て、しゃんしゃん立て、うかべ立て、ねらい立てが悪いと言った。しゃんしゃん立ては、俺こそ上手だという思いがあり、また、落ち着きすまして静かにしたがるのがねらい立てである。老子は知を用いるから、「功成名遂身退」と言う。ここが上首尾だと言って引き込む。そこには却って手が加わっていて自然でない。張良ほどの者でも老子に被れた。赤松子を尋ねると言って智を用いた。召公奭などは本物だから、七十歳頃に隠居願いをされると、周公が、そなたが引き込んではどうにもならないと言われた。それで召公は改めて勤められることにし、長寿だったので康王の時まて生きたが、その間も勤め続けられた。それも知を用いないからである。老子は智を用いるから、果てはある筈のないことまでも口に出した。「欲奪与」は嫌な口上である。丁度、あの人の差した鍔が欲しいが、先ず小柄を遣って、鍔をくれる様に仕掛ける様なもの。それから兵法の開祖の孫子になれば、軍は強いのが自然で本来な筈なのに、軍大将は処女の様な者がよいと言う。相手がこちらを弱いと見て襲って来れば、脱兎の如くと言って、籠を飛び出る兎の様にすっと出る。そこで、討ち取ると述べる。皆、知を用いている。朱子は、異端の中で老子が一番悪むべき者であると言われた。近来では孔老一致を唱える人もある様だが、孔子の心は言うには及ばず、老子さえも知らないことになるのではないだろうか。孔子と老子とが、業の上や聖人という辞の上で似たところがあったとしても、孔老一致を唱えるのは孔子と老子の心を知らないというのと同じである。
【語釈】
・通用…世間一般に用いられること。一般に認められること。また、普通に用いること。
・それ者…逸れ者。普通よりはずれた者。世をすねた人。かわり者。
・古田織部…安土桃山時代の茶人。茶道織部流の祖。名は重然。美濃の人。千利休の高弟。初め豊臣秀吉に仕えて同朋。秀吉の死後隠居し、茶道三昧の生活に入った。茶匠としての名声あがり、関ヶ原の戦には徳川方に功ありとして大名に復した。徳川家の茶道師範と称されたが、大坂夏の陣で陰謀を疑われ自刃。1543~1615
・功成名遂身退…老子運夷の語。
・張良…前漢創業の功臣。字は子房。韓の人。秦の始皇帝の暗殺に失敗、のち黄石公から太公望の兵書を授けられ、劉邦の謀臣となって秦を滅ぼし、鴻門の会に劉邦の危難を救い、遂に項羽を平らげて漢の帝業を成し、留侯に封。~前168
・赤松子を尋る…漢書列伝張陳王周伝。「良乃稱曰、家世相韓、及韓滅、不愛萬金之資、爲韓報仇彊秦、天下震動。今以三寸舌爲帝者師、封萬戸、位列侯、此布衣之極、於良足矣。願棄人間事、欲從赤松子游耳」。
・召公奭…論語泰伯20。「武王曰、予有亂臣十人」。同集註。「馬氏曰、亂、治也。十人、謂周公旦・召公奭・太公望・畢公・榮公・太顛・閎夭・散宜生・南宮适、其一人謂文母」。
・致仕…①官職を辞すること。辞任。致禄。②七○歳の異称。致事。
・周公…周の政治家。文王の子。名は旦。兄の武王をたすけて紂を滅ぼし、魯に封ぜられ、武王の死後は甥の成王をたすけて礼楽を作り、康王が即位するや、召公と共にこれを補佐して文武の業績を修めた。周公旦。
・欲奪與へよ…老子微明。「将欲歙之、必固張之。将欲弱之、必固強之。将欲廢之、必固興之。将欲奪之、必固與之。是謂微明。柔弱勝剛強。魚不可脱於淵。國之利器、不可以示人」。
・小抦…小柄。刀の鞘の鯉口の部分にさしそえる小刀の柄。また、その小刀。
・張本…事件のもと。おこり。原因。根本。張本人。
・軍大将は處女…孫子九地篇。「始如処女、敵人開戸、後如脱兎、敵不及拒」。

明覚は佛書の字らしいが、それにかまわず、この方では知の本然のなりを云こととみよ。明は知のこと。覚は先覚後覚の覚なり。知と覚とのこと。知は水の体で、此方からどふこふと云ことはないもの。水から顔をうつせとは云ぬ。顔かのそめはうつす。知は手を出さぬが本筋なり。覚はうつからひひくことて、此もこちから手を出さぬこと。明覚を自然とせぬは知をつかふからぞ。不能以有爲應迹不能以明覚為自然、どこをあてて云なれば、張子の心氣を用ひていりもみするにあてたもの。孟子、勿正勿忘勿助長。只有事でよい。あててはせぬ。張子のいりもみするは、一つ事物をのけたいと云蔽からぞ。蔽はどれから、自私用智じゃとをとしたもの。さてこそ先刻申た藥を服用なされ。さま々々な病症があろふとも、とど此の廓然大公の一服藥じゃとなり。
【解説】
明覚の明は知のこと。知も覚も本来は自然なものだから、孟子が「必有事焉。而勿正。心勿忘。勿助長也」と言った様に、人の作為が入ってはならない。
【通釈】
明覚とは仏書から出た字らしいが、それには構わず、聖学では知の本然の姿を指すことだと捉えなさい。明とは知のこと。覚とは先覚後覚の覚。明覚とは知と覚のこと。知は水の様なもので、こちらからどうのこうのと言う様なことはない。水は人に対して顔を映しなさいとは言わない。顔が水に臨めば、水はそれを映す。知は手を出さないのが本筋である。覚とは、打つから響くということで、これも自分からは手を出さない。明覚を自然なものとしないのは、知を使うからである、不能以有為応迹と不能以明覚為自然は何に対して言ったのかというと、張子の心が気を用いて悩んでいることにあてたのである。孟子は、「而勿正心勿忘勿助長也」と言った。ただ「有事」でよい。自分から働きかけはしない。張子が身を揉むのは、一つ事物を除けたいとする蔽があるからである。どこから蔽となるのか、自私用智からだと話を締め括ったのである。それだからこそ、先刻申した薬を服用しなさい。様々な病症があったとしても、結局はこの廓然大公の一服薬が一番だと言ったのである。
【語釈】
・先覚後覚…孟子万章章句上7。「天之生此民也、使先知覺後知、使先覺覺後覺也。予天民之先覺者也。予將以斯道覺斯民也。非予覺之而誰也」。万章章句下1にもある。
・勿正勿忘勿助長…孟子公孫丑章句上2。「必有事焉。而勿正。心勿忘。勿助長也」。
・有事…上の「勿正勿忘長」を参照。

今以悪外物之心而求云々。是からべったりと張子へあてて云。外物をいやからるるが、外物に応すると云か心のなり。目の前へ物がくる。それを見るが心じゃ。見ざるきかざるは応せぬのじゃ。外物を照らすが心の役じゃに、それをてらさぬは照無物之地なり。丁度たとへて云はは、反鑑而索照のしゃとなり。この譬が取りにくいが、意で會するがよい。反すとは、鏡と顔のそむくことなり。顔をてらしこそすべき鏡を、顔をそむけて照しとぎぬぐはきこへぬ。鏡は顔を照すものじゃに夫をうつさぬは、ひっくりかへしたのじゃ。外物を照らす役の心が照らさぬは、鏡の顔をうつさぬやうなもの。鑑はうつすと云役があるから下女も娘も鏡を研く。外物をてらすための心をしまってをきたいと云は、鏡を顔へむけずにただ照らそうと云やうなもの。鬢鏡と云名も、鏡に向い鬢のそそけたをなをそうための用意なり。直方先生の、爰の反鑑索照の弁を、爰を一と口に形を付たは、それならば鑑なしともよいと云様なものと云はれた。
【解説】
「今、以惡外物之心、而求照無物之地。是反鑑而索照也」の説明。外物に応じ、それを照らすのが心の役割りなのに、張子は外物を嫌う。それは鏡をひっくり返して自分の顔を鏡に映そうとするのと同じである。
【通釈】
「今以悪外物之心而求云々」。ここからはしっかりと張子について話す。張子は外物を嫌がられるが、外物に応じるというのが心の姿である。目の前に物が来る。それを見るのが心である。見ざる聞かざるは応じないということ。外物を照らすのが心の役なのに、それを照らさないのは、「照無物之地」である。丁度、たとえて言えば、「反鑑而索照」である。このたとえは理解し難いが、文意で解釈しなさい。「反」とは、鏡と顔とが背くこと。顔を照らすべき鏡を、顔を背けて照らしとぎぬぐのは間違えである。鏡は顔を照らすものなのに、それを映さないのは、鏡をひっくり返したからである。外物を照らす役割りの心がそれを照らさないのは、鏡が顔を映さない様なもの。鑑は映すという役割りがあるから、下女も娘も鏡を研ぐ。外物を照らすための心を仕舞って置きたいと言うのは、鏡を顔へ向けずに照らそうという様なもの。鬢鏡も、鏡に向かって鬢の乱れを直す用意としてある。直方先生は、ここの反鑑索照の話について、ここのところを一口で片付けるのなら、鑑はなくてもよい様なものだと言われた。
【語釈】
・とぎぬぐ…
・鬢鏡…鬢をうつして見るための、柄付きの小さい手鏡。

易曰艮其背。易のひかれやうが、二つながら靣白ひぞ。上て云通り、横渠は心を物の様に心得、鋸を貸してやる。心をそこへ借してやるやうに云からそふしたもので、物に外に從ふではない、こちで感すると咸を引た。さてもよい引やうなり。此の又艮の卦なり。艮は山で山は諺に云、風は吹けとも山は動ぜずで、草木は動ても山は動かぬ。人の心は動てさきへゆくが、一つ動かぬものがあるでなくては定むでない。艮が定むにあたる。是か動にも亦定靜亦定りなり。天台の止観を讀ふより一つの艮の卦をよむがよいと云がこのことなり。艮をひいたも廓然太公をといたもの。廓然大公は道理のなりなり。道理なりに止るを艮其背と云。手足はうごく。背は動かぬ。脇ひら見ずに道理形りに艮ると云が、すぐに廓然大公の道理のなりを云たもの。それかやはり咸では貞なり。背と云は道理の動かぬ止るべき処に止ること。そこで孔子は、背の字を止りにとどまるともなされた。艮背の文義、明道と伊川は別なり。存羪にとるは伊川なり。爰の説き方は明道なり。不獲其身。我身を我身と身ひいきをせぬ。我方へ私せぬことを云。艮其背が道理のきり々々を云ことゆへ、それが廓然大公の理形りをしておるから、我方へ私せぬぞ。
【解説】
「易曰、艮其背、不獲其身」の説明。「貞吉悔亡」は自分が感じる意で、ここの「艮其背」は道理のままに艮まることで、「廓然大公」の通りである。「動亦定静亦定」であって、艮が定まるところであり、道理のままに艮まるのが貞と同じ意である。伊川はこの句を存養として捉え、明道は為学として捉えた。不獲其身は身贔屓をしないこと。廓然大公だから私をしない。
【通釈】
「易曰艮其背」。易の引用が二つ共に面白い。先に言った通り、横渠は心を物の様に捉え、鋸を貸して遣るのと同じ様に心得ている。横渠が心を相手に貸してやることの様に言ったので、心とはその様な外に物に従うものではなく、自分で感じるものだと貞吉悔亡の咸の卦を引いた。実によい引用である。ここもまた、艮の卦である。艮は山のことで、山とは諺に言う様に、風は吹けども山は動かずで、草木は動いても山は動かない。人の心は動いて先へ行くが、そこに一つ動かないものがあるのでなければ定まるではない。艮が定まるに当たる。これが、動亦定静亦定である。天台止観を読もうとするよりは、一つの艮の卦を読む方がよいと言うわけがこれである。艮を引用したのも廓然大公を説いたこと。廓然大公は道理のままということ。道理の通りに止まることを艮其背と言う。手足は動くが背は動かない。よそ見をしないで道理のままに艮まるというのが、直に廓然太公の道理の姿を言ったもの。それがやはり咸卦では貞のことである。背は道理の動かない止まるべき処であって、そこに止まること。そこで孔子は、背の字を止まりに止まるともなされた。艮背の文義は明道と伊川とでは異なる。存養として捉えるのは伊川である。ここの説き方は明道の文義である。「不獲其身」。我が身を、我が身ばかりと身贔屓をしないこと。自分の方に私しないことを言う。艮其背は道理の至極を言ったことであり、それが廓然大公の理の通りだから、自分の方へ私しないのである。
【語釈】
・易曰…艮[ごん]卦艮下艮上の卦辞。
・止観…594年、隋の智顗が講述し、灌頂が筆録。天台三大部の一。天台宗の観心を説き修行の根拠となる。天台止観。天台摩訶止観。
・脇ひら…側辺[わきひら]。かたわら。わき。そばひら。

行其庭不見其人。吾が書院ても人の書院でも、客對をしてをるときを庭と云。只今もよく人の云ふことで、あの男は人を見る男だと云か私からのことで、人をざつとしたり丁寧にしたりする。それを、人をみると云。医者の病用でかけ出すにも、いこう親切に大事にかける人の処へゆくと、せふことなしに行ずはなるまい位の処は行き様がちごう。これは人を見るのなり。不獲其身は吾身に私の出ぬこと。不見其人。人へ私の出ぬこと。今の人は手前のことにまづ私が出る。そこで人々へもさま々々私か出る。艮其背は、吾へも人へも私のないこと。直方曰、馬鹿な子も利口な子も、親は死でもよいとは思はぬ、と。私のないこと。ひいきのないこと。贔屓なものを使にやれば、あれが皈る迠はふらせたくないと云、外のもののぬれると云にかまふ心はない。私からはひいきになるもの。道理の外の心入と云ものそ。道理なりなれば艮其背なり。所悪於智者爲其鑿也。艮の卦は廓然大公。孟子を引くは物來順応のことなり。易は自私せぬこと。孟子は用智をしかる。酒は歓を合せるものなれとも、すっはぬきもする。そこを所悪と云なり。知もそれで、利口はよいがさるがわるいと直方の云へり。鑿るは道理なりでない。ほるを挌段に利口に口でもきくことに計りみることでない。利口なやつがそらばかをして、使はれぬ工面をするもほるなり。料理のなるものは、少しはなるとずっと云がよい。豆腐もきれぬと云て、なる手て使われぬ工面をするはほるのなり。夫から高く云へば老荘、次が蘇秦張儀。なんても人の目に立つ智は皆ほるのぞ。老子が絶垩滅智と云が、それがなくなって工面のよいことと見へた。それかほるなり。垩人のは論吾に大名と咄したも、弟子衆と咄したもあるが、さま々々な咄かあれとも、誰が聞てもすむ。言近而旨遠し。意味は挌別、まあよくすむ。
【解説】
「行其庭、不見其人。孟子亦曰、所惡於智者、爲其鑿也」の説明。今日の人には先ず自私があり、それが他人に対して出て来る。艮の卦は廓然太公のことで、孟子の語は物来順応のこと。易は自私を否定し、孟子は用智を否定する。鑿とは掘ることで、用智である。蘇秦と張儀も鑿である。老子は聖を絶ち智を棄てれば民が豊かになると言うが、それも鑿である。
【通釈】
「行其庭不見其人」。自分の書院でも他人の書院でも、接客をしている時を庭と言う。昨今も人がよく話す言葉に、あの男は人を見る男だということがあるが、それも私から来ることで、人を雑に扱ったり丁寧に扱ったりする。それを、人を見ると言う。医者が病用で駆け出す時も、大層親切に大事にする人の処へ行く場合と、仕方ない、行かなければならないだろうと位にしか思わない病人の処へ行くのとは、その行き様が違う。これが人を見るということである。「不獲其身」は自分の身に私が出ないことで、「不見其人」は人に私が出ないこと。今日の人は自分のことに先ず私が出る。それで、人に対しても様々な私が出る。「艮其背」は、自分にも他人にも私のないこと。直方が、馬鹿な子でも利口な子でも、親は我が子が死んでもよいとは思わないと言った。それが私のないことで、贔屓のないこと。贔屓している者を使いに遣れば、あの者が帰るまでは雨を降らせたくないなどと言うが、外の者が濡れることに対しては心配する心がない。私から贔屓になるのである。それは道理から外れた心入れというもの。道理の通りなら、艮其背である。「所悪於智者為其鑿也」。艮の卦は廓然太公のことで、孟子の引用は物来順応のこと。易は自私しないことを言い、孟子は用智を叱る。酒は歓びを合わせるものだが、行き過ぎたことをすることもある。そこを所悪と言う。知も同じで、利口はよいが上に猿が付くのが悪いと直方が言った。鑿は道理の通りではないこと。鑿るとは格段と利口に言うことなどとばかり思い込んではならない。利口な奴が馬鹿な振りをして役に立たない人を装うことも鑿るである。料理の上手な者は、少しは料理を作れますと躊躇なく言うのがよい。豆腐も切ることができないなどと言って、上手なのに下手な者の様な振りをするのは鑿るである。それを高い所で言えば老荘で、次が蘇秦と張儀。何でも人の目に立つ智は皆鑿るということ。老子は「絶聖滅智」と言って、聖智がなくなれば都合がよいと思った。それが鑿るである。聖人のは、論語に大名と話したことも弟子衆と話したことも載っていて、様々な話があるが、誰がそれを聞いても理解することができる。「言近而旨遠」。意味は格別だが、先ずはよく理解することができる。
【語釈】
・所悪於智者爲其鑿也…孟子離婁章句下26の語。
・絶垩滅智…老子還淳。「絶聖棄智、民利百倍。絶仁棄義、民復孝慈。絶巧棄利、盗賊無有」。
・言近而旨遠し…孟子尽心章句下32。「孟子曰、言近而指遠者、善言也」。

與非外而是内云々。さき云た譬を云ぬくぞ。先刻の廓然大公の主方は定った藥なれとも、其藥を今迠より呑み様を替へさっしゃれと云こと。前のをもふ一返云か親切なり。内を是と云は、内計りをゆかしくをもふこと。茶の湯をするとき計りが茶の湯と思ふは下手ぞ。取り上け婆々に小豆飯を喰せるにも茶の湯の出るでなくては本んの茶でない。張子が心のことにいりもみするが合点がない。不断内を主とするに今日は名主と話した。むたなことしたと思ふ。夫は手に入らぬのなり。直方先生などは、出入の町人や大工などと咄すにも、活たことでありたと云。なんとこのごろはもふかるかなどと、快活に話せられたとなり。凡そすらりと出るは心のいきたからなり。それて奧方に、をれにうてた皃があらば知らせてくれろと不断云れた。其修行から自負されて、おれになんにもよいことはないが、をれにはすききらいがないと云れた。内を是の、外を非のと云内は、顔に皺がよるもの。そこで明道の、なんと内外のない様にはなるまいかとなり。
【解説】
「與其非外而是内、不若内外之兩忘也」の説明。内を是とし、外を非とするのは悪い。心は快活にすらすらとその場なりに対応するのである。
【通釈】
「與非外而是内云々」。先に言ったたとえを言い抜く。先刻の廓然大公の処方はお決まりの薬であるが、今までの呑み方は変えなさいということ。前の話をもう一返言うのが親切である。内を是とするのは、内ばかりに心惹かれて思うこと。茶の湯をする時だけが茶の湯だと思うのは下手な者の考えである。取り上け婆に小豆飯を喰わせるにも茶の湯が出るのでなければ本物の茶ではない。張子が心のことに身を揉むのは、彼がこれを理解していないからである。絶えず内を主としているが、今日は名主と話した。それを無駄なことだと思う。それはわかっていないのである。直方先生などは、出入りの町人や大工などと話す際も、活き活きとしていたという。どうだ、この頃は儲かるかなどと、快活に話されたそうである。そもそも、すらりと出るのは心が快活だからである。それで奥方に、俺がぼんやりとした顔になっていたら知らせてくれといつも言われていた。そんな修行から自負されて、俺には何にもよいところがないが、俺には好き嫌いがないと言われた。内を是とか、外を非とかと言っている内は顔に皺が寄る。そこで明道が、何とか内外の区別をしない様にはなれないだろうかと言ったのである。

兩忘とは、内外のへだてのとれることなり。唐紙ふすま障子はずしたなり。不若は、それがまししゃと云こと。内を是とし、内を大事にし、心地一段の処を主とするはよいことなれとも、ひたとそうするは人參のなづむ様なもの。某が母の病氣に森喜内と云名醫が来て、藥はまあやめるがよいと云た。大病で手足を握るほどな処をさう云ふたはたったもの。呑む藥が心氣のをふさぐと見たもの。もと忘るると云は病字なれとも、まあちと忘るがよいと云た。乱心者を休ませるの、酒醉を寐せるのと云様なもの。張子が内を主として靜りかへっておるときに、門と口から雪蹈の音をきいて、はて誰かきたそうな、こまったものと心をもやくやする。とんとよくない。夫れでは定らぬ。兒共のやにを云て泣くを、泣な々々と云てはやまぬもの。何ぞまきるるものをやれば泣きやむ。心はいじるほど定らぬ。月夜の夜のあけると云もここのこと。下に定るの字があるが、あそこをしるしとみよ。いつ間にやらなり。
【解説】
主静自体はよいことでだが、それで心を閉じてはならない。心はいじるほど定まらないものであって、内外の区別を暫く忘れれば、いつの間にか定まる。
【通釈】
「両忘」とは、内外の隔てが取れることである。唐紙襖障子を外したのと同じこと。「不若」とは、その方がましだということ。内を是とし、内を大事にし、心地の一際高い処を主とするのはよいことであるが、只管にそうするのは人参が泥む様なもの。私の母が病気になった際に森喜内という名医が来て、薬はまあ止めるのがよい、と言った。大病で手足を握るほどの処をそう言ったのは、彼が名医だからである。呑む薬が心気を塞いでいると見立てたのである。本来、忘れるとは病気に使う字だが、まあ少し忘れなさいと言ったのである。乱心者を休ませたり、酒酔いを寝かせたりする様なもの。張子が内を主として静まり返っている時に、門口から雪踏の音がするのを聞いて、さては誰かが来たようだ、困ったことだと心を暗くする。それは全くよくない。それでは定まらない。子供が駄々を捏ねて泣く時は、泣くな泣くなと言っても泣き止まないもの。何か気を紛らせるものをやれば泣き止む。心はいじるほど定まらない。月夜の夜が明けると言うのもここのこと。この後に定まるというの字があるが、それが目印だと理解しなさい。いつの間にやらそうなる。
【語釈】
・なづむ…泥む。①行きなやむ。はかばかしく進まない。とどこおる。②離れずにからみつく。③なやみ苦しむ。気分が晴れない。④拘泥する。こだわる。⑤かかずらわって、その事に苦心をする。⑥執着する。思いつめる。惚れる。
・森喜内…
・雪蹈…竹皮草履の裏に牛皮を張りつけたもの。千利休の創意という。のち踵に裏鉄を付けた。
・もやくや…心がうつうつとして晴れないこと。胸のこだわり。

兩忘則澄然無事則定定則明。むりに工夫していじり立はわるい。いじりまわすは心を執らへるになる。とらへては定らぬ。いじりまわさぬと靜になる。どふこうと心をとらへると浪立つ。靜は風のやんたやうなもの。今迠は浪で月影のうつらなんたものが、浪がないから月影が明になった。明則尚何云々。越後屋の手代が符帳を見わけるやうなもの。ほ子はをれぬ。小僧が見てもじきにみる。これは御德なものでござるなどとすまて云。あれらか啇倍するに応物の累はみえぬは、手に入たことなり。
【解説】
「兩忘則澄然無事矣。無事則定、定則明。明則尚何應物之爲累哉」の説明。心を掴まえようとすると、心は動き波立つ。いじり回さなければ、月影が水面に写る様に静となる。静になれば、よく見える。よく見えれば、丁稚が値札を容易く見分ける様に、物に煩わされることはない。
【通釈】
「両忘則澄然無事則定定則明」。無理に工夫をしていじり立てるのはいけない。いじり回すと心を捕らえることになる。捕らえては定まらない。いじり回さなければ静になる。どうのこうのと心を捕らえると浪立つ。静は風の止んだ様なもの。今までは浪立っていたので月影が映らなかったが、今は浪がないから月の影が明らかに映る。「明則尚何云々」。越後屋の手代が値札を見分ける様なもの。簡単に見分ける。小僧が見ても直ぐに見分ける。これはお買い得なものでこざいますなどとすまして言う。彼らが商売するのに物への対応に心を煩わせることはない。それは、道理を手に入れているからである。
【語釈】
・符帳…商品につけて値段を示す目印の符号。符牒。

垩人之喜以物之當喜。これは別のことと見へるやふじゃが、又廓然大公へかへしたもの。又無心無情もといたこと。前ては垩人の無情無心か見へにくいが、ここでは喜怒で説たでよく見へる。とにかく垩人を出す。直方の、大抵の人を出しては埒かあかぬ。孟子の性善にもとかく稱堯舜しゃと云へり。垩人は肉につかぬから、喜すぎ怒すきはない。長﨑松前のことでもよいときけば喜ふ。凡夫は肉につか子ば喜はぬ。あの方にさしかまいはないと云。垩人は長﨑の方に親類があるから喜ぶと云ではない。怒もそれなり。をれをわるくした、不届と云ことはない。四凶が舜をわるくしたから誅したでなく、孔子が少正卯で損をしたでもないが、ああしてはおかれまいと怒りたのぞ。柯先生の、書物を見て古人を怒か肉につかぬ怒じゃと云た。よい説ぞ。當怒の當の字は、大極圖説の五性感動の自然か當然になって出たのじゃ。直方先生が、負け公事を勝にしたいと云心が垩人にはとんとないと云れた。當怒當喜は理なりなこと。あの男はと云ことのないこと。丁度目を眠って銭をなげるやうなもの。凡夫が肉からするから、あれひろへがしがあるそのうらで、又やりともないがあるぞ。
【解説】
「聖人之喜、以物之當喜、聖人之怒、以物之當怒」の説明。凡人は欲に付いて喜んだり怒ったりするが、聖人は無心無情だから、過ぎることはない。四凶や少正卯への対応も道理のままに行った。
【通釈】
「聖人之喜以物之当喜」。これは別な話と思えるが、廓然大公へ話を戻したのであり、また、無心無情も説いたもの。前の説明では、聖人の無情や無心がわかり難いが、ここでは喜怒を用いて説いたのでよくわかる。とにかく聖人を出す。直方は、普通の人を出したのでは埒か明かない、孟子が性善を説くにも、とかく堯舜を引き合いに出したと言った。聖人は肉に付かないから喜び過ぎや怒り過ぎはない。長崎や松前のことでもよいと聞けば喜ぶ。凡夫は肉に付いたことでなければ喜ばない。あちらとは関係がないと言う。聖人は、長崎の方に親類があるから喜ぶというわけではない。怒も同じである。俺に悪事を働くとは不届きな奴だなどとは言わない。四凶が舜に悪事を働いたから誅したわけでなく、孔子が少正卯によって損をしたからでもなく、あのままにしては置けないと思って怒ったのである。柯先生が、書物を見て古人を怒るのが肉に付かない怒だと言った。よい説である。「当怒」の当の字は、大極図説の「五性感動」の自然な姿が当然に出たということ。直方先生が、負け裁判を勝ちにしたいという心が聖人には全くないと言われた。当怒と当喜は理の通りなこと。あの男にはと贔屓をしないこと。丁度、目を瞑って銭を投げる様なもの。凡夫は肉で動くから、あれを拾いなさいよと言う裏に、また遣りたくない気持ちがある。
【語釈】
・稱堯舜…孟子滕文公章句上1。「滕文公爲世子、将之楚、過宋而見孟子。孟子道性善、言必稱堯舜」。
・松前…①北海道渡島半島の南西部に位する郡。松前氏の旧城下松前(旧称、福山)を中心とする。②北海道のこと。
・四凶…孟子万章章句上3。「萬章曰、舜流共工于幽州、放驩兜于崇山、殺三苗于三危、殛鯀于羽山、四罪而天下咸服、誅不仁也」。
・柯先生…山崎闇斎。

垩人之喜怒不繋於心而繋於物也。繋とは、先年のことがと出るので、それは心にかかるなり。人の親に孝をするときいては喜ふもの。その喜ふは道理の心から出ることなれとも、さしあたりたときに其通に出ぬもの。それは欲と云ことからぞ。欲は蔽でひっかかるもの。垩人はかかるの、累ふのと云ふことはない。外物も理なりにすれば何のことはない。心か外物でへろふならば、垩人が喜怒の出るたび々々々々に、はっ々々と思ひそうなものとも、そうてはない。をれが喜怒をあいつらで微塵にしたと云ことではない。外物の理なりをこちの理なりでさばくことなり。益もないに喜怒をさせてくれるなと頼だことはない。
【解説】
「是聖人之喜怒、不繋於心、而繋於物也」の説明。理の通りに外物に応じるのである。心は外物によって減ることはない。聖人の喜怒は、外物の理のままをその通りに捌いた結果である。
【通釈】
「聖人之喜怒不繋於心而繋於物也」。繋とは、先年のあのことがと想起することで、それが心に繋るということ。人は親に孝をする話を聞けば喜ぶもの。その喜ぶわけは、道理が心から出るからだが、その場に直面しても、その通りにはできないもの。それは欲があるからである。欲は蔽によって心に引っ掛かる。聖人には繋るとか、累うとかということはない。外物にも理のままに対応すれば何と言うことはない。心が外物によって減るのであれば、喜怒が出る度に心が少なくなっていく様に思えるが、そうではない。自分の喜怒を外物が微塵にするなどということはない。外物の理のままを、自分が理のままに捌くのである。何の益もないのに喜怒をさせてくれるななどと頼む様なことではない。

是則垩人豈不應於物哉。是則、こうしたことでござる。外をきらった垩人、ついにみぬ。外から来たものをきって拂ひのけておいて、爰で一とつ設ふと云が、更になり。今迠客と咄すときはらりにしたが、客が皈って納戸へ行て、是からが心じゃと云手づつなことはない。寺々で談義に一日鐘をつくが、ぐはん々々々鳴る内は鐘でない、つきしまって晩方が本んの鐘と云ことはあるまいこと。とうでも其元のはわるかろふとなり。
【解説】
「是則聖人豈不應於物哉。烏得以從外者爲非、而更求在内者爲是也」の説明。心は一つである。それは、撞いている時の鐘も撞いていない時の鐘も、鐘に変わりがないということである。
【通釈】
「是則聖人豈不応於物哉」。「是則」とは、こうしたことだということ。外を嫌った聖人は遂に見ることがない。外から来たものを切って払い除けて置いて、ここで一つ設えると言うのが、「更」の語である。今まで客と話している時は心が台無しになったが、客が帰った後に納戸へ赴き、ここからが心だと言う様なお粗末なことはない。寺々では談義の際に一日中鐘を撞くが、がんがん鳴る内は鐘ではなく、撞き終わった晩方が本物の鐘だなどということはないこと。どうあっても貴方の考えは悪いでしょうと言われた。

今以自私用智之喜怒。これは、張子の方から云て来ぬことを、こちの考で云てやられたこと。喜怒は向からくるもの。なんにもこちてそれなりに喜怒するにわるいことはないに、張子はわるいことの喜怒が来たら耳をふさぐであろふと、容躰書の外の考を云てやられた。定めてわるい喜怒には耳をふさぐであろふが、垩人にそんなことはない。来た形りに應する。戸を立てる様なことはない。自私用智は異端から凡夫までの蔽なれば、初はじかに張子にあてず、ここでは今とじかにあてる。此文字、張子のがられぬことなり。如何はくらべてみよなり。三宅先生の云はるるに、感するが心の役。感ずるものをすてぬがこちの工夫しゃと云れた。感而遂通るが心の妙なり。張子の云やうでは、馬喰町の旅人宿が戸を立ててをるやうなもの。夫では旅宿屋ではない。それは異端かぶれじゃ。そこで往来無益とも云れた。
【解説】
「今、以自私用智之喜怒、而視聖人喜怒之正、爲何如哉」の説明。喜怒は向こうから来るもので、それをそれなりに対応すれば問題はない。張子は悪い喜怒に対して心を塞ぐが、聖人は来たままに応じる。三宅先生も、心は感じるのが役目で、外物を捨てないのが学者の工夫であると言った。
【通釈】
「今以自私用智之喜怒」。これは、張子の方から言って来なかったことを、こちらの考えで言って遣ったこと。喜怒は向こうから来るもの。それをこちらでそれなりに喜怒するのなら何も悪いことはないのに、張子なら悪い喜怒が来たら耳を塞いぐだろうと、容体書の外の考えを言った。きっと張子なら悪い喜怒には耳を塞ぐだろうが、聖人はそんなことはしない。来たままに応じる。戸を立てて塞ぐ様なことはしない。自私用智は異端から凡夫までにある蔽だから、最初はそれを直接には張子に当てず、ここで「今」と言って直に張子に当てる。この文字から張子は逃れられない。「如何」は比べてみなさいということ。三宅先生が、感じるのが心の役目、感じるものを捨てないのがこちらの工夫だと言った。「感而遂通」が心の妙である。張子の言い方は、馬喰町の旅人宿が戸を立てている様なもの。それでは旅宿屋ではない。それは異端被れである。そこで「往来無益」とも言われた。
【語釈】
・容躰書…病状を記したかきつけ。
・三宅先生…三宅尚斎。
・感而遂通…道体3の語。原文は易経繋辞伝上10。「易无思也、无爲也。寂然不動、感而遂通天下之故」。
・往来無益…

怒為甚。怒がしにくひものゆへ、喜をぬいて怒を云た。顔子に不遷怒と云ひ、易に懲忿とある。喜怒哀樂不残情なれとも、外の情は一寸のが三寸にもならぬ。茶人が数年の望で利休の掛物が手に入ったと喜へとも、喜ひすぎて乱心するものもないものなれとも、怒は火に属し、ちょっとの蛍ほどの火が十町四方にもなるもの。難病ぞ。医者の云手取ものなり。
【解説】
「夫人之情、易發而難制者、惟怒爲甚」の説明。怒は五情の中で最も扱い難い。それは、怒が火に属し、広く及ぶからである。
【通釈】
「怒為甚」。怒は対応し難いものだから、ここでは喜を省いて怒だけについて話をした。顔子は「不遷怒」と言い、易には「懲忿」とある。喜怒哀楽は皆情だが、それ等の情は一寸のものが三寸になる様なことはない。茶人が数年来望んでいた利休の掛け物が手に入ったと喜んでも、喜び過ぎて乱心することはないが、怒は火に属していて、小さな蛍ほどの火が十町四方にも及ぶもの。それは難病である。医者が言う、手取り物なのである。
【語釈】
・不遷怒…論語雍也3の語。
・懲忿…損卦象伝。「象曰、山下有澤損。君子以懲忿窒欲」。
・手取もの…手取り物。得意とするところ。

第能云々からは明道の発明で、横渠への進物そ。怒る時、遽忘云々。あのさかのほるものを遽にとは出来そもない。手段つまらぬと云はふが、横合ひに一寸まぎらすと忘るやうになる。遽と云文字は、たとへは顔色のふとかわる。あわてたを遽色ともかく。不圖屏風がたをれる。さしたることもないに肝つぶす。はや遽色になる。あともさきもないが遽なり。其様にふと忘れる忘れ様がある。直方先生が、謡を一番謡ふことじゃと云れた。さても靣白ぞ。これは遽の字へ方付をされたのなり。僧は敲く月下の門と云藥味なり。又或時腹が立ならば、まづ立て水で手水つかふがよいと云れた。これもさて々々な云分なり。怒のすきぬやうにらいををいて、間をのばすやうにすること。明道の、遽の出まじき処へ遽を出された。横からふひと他のことを入れて、しはらくらいのある様にして氣をぬくためなり。衂血[はなぢ]の出るとき、ぼんのくぼの毛をぬくやうなもの。四枚肩の御典藥がすることでもないが、さて妙薬じゃ。かの小兒のやにを云て、泣きやまれぬがあるもの。夫をもひょいと笑ひ出さする手段もあることなり。遽と云手段がつかまへ処。つかまへ処を知ればさはぐことはない。鱣屋が鱣をよくつかむもの。活鯉を上け料るに、几上は子まわり大きにさはぐもの。つかまへ処を知ったものは鯉の目をつかむと苦もなく靜になる。遽と云が怒を制するの手段なり。心法の工夫は仕方のあるもの。
【解説】
「第能於怒時、遽忘其怒」の説明。怒りを感じたら、ちょっと他のことで紛らすと、その怒りを忘れることができる。これが怒への対処方法であって、遽が怒に対する心法の工夫である。
【通釈】
「第能云々」からは明道の発明で、横渠への贈り物である。怒る時に「遽忘云々」。あの遡って来る怒りを、遽にとはできそうもない。手段がよくないと言われるが、横合いにちょっと紛らすと忘れる様になる。遽という文字は、例えば顔色がふと変わること。慌てた顔を遽色とも書く。思い掛けず屏風が倒れる。大したこともないのに肝を潰す。早くも遽色になる。後も先もなくなるのが遽である。その様に、ふと忘れる仕方がある。直方先生が、謡を一番謡うことだと言われた。実に面白いことである。これは、遽の字の仕方を言われたのである。僧は敲く月下の門と同じく、よい助言である。また或る時腹が立ったのなら、先ずは立ち水を手水として使うのがよいと言われた。これも尤もな言い分である。怒が過ぎない様に間を入れて、間を伸ばす様にすること。明道は、遽の字が出そうもない処に遽を出された。これは、横からふいと他のことを入れることによって暫く間がある様にして、そこで気を抜くのである。鼻血が出る時に、盆の窪の毛を抜く様なもの。四枚肩の御典医がすることでもないが、やはり妙薬である。小児には、駄々を捏ねて泣き止まないことがあるものだが、それをひょいと笑い出させる手段もある。遽という手段が掴まえ処。掴まえ処を知れば騒ぐことはない。鰻屋は鰻をうまく掴む。活き鯉を料理する際は、几上を鯉が跳ね回って大騒ぎをする。掴まえ処を知った者は鯉の目を掴むから、鯉は苦もなく静かになる。遽が怒を制する手段である。心法の工夫には仕方があるもの。
【語釈】
・横合ひ…横合い。①横の方。よこて。②その事に関係のない位置・立場。局外。
・僧は敲く月下の門…唐の時代、賈島が自作の詩の一句を「僧は推す月下の門」とするか「僧は敲く月下の門」とするかで迷い、韓愈の意見を聞いて「敲く」にした。その故事から「推敲」の言葉がうまれた。『李凝が幽居に題す』「閑居少隣並、草径入荒園。鳥宿池中樹、僧敲月下門」。
・立て水…立ち水。流れている水。一説に、湧き出る水。
・手水…①手・顔などを洗う水。②社寺など参拝の前に、手・顔を洗い清めること。
・四枚肩…普通は二人のところを、四人で駕籠を舁くこと。

觀理之是非亦可見外誘之不足悪。これが物来順応のことなり。どこ迠も理が大切、つかまへ処ぞ。怒を忘れても、理の是非をみ子ば役に立ぬ。直方先生か、喧嘩のさへ人の明日まて預ると云が面白ひことと云れた。らいのある処でよい。彼の生醉を寐せる処ぞ。今日すまぬ事は明日もすまぬか、理の是非を見さするの手段ぞ。張子の外誘をいやぞ々々々と思はるるが、はや怒の発する本になる。理の是非をみれば、そふ思ふ筈はない。これてなんのことはない。外誘不足悪。某などか心法の覚なさに、此章の講釈も口ち眞似なり。なんにも覚たことはないか、外誘をきろふきらわぬの、きらい様の仕方に一つ覚たことがあるぞ。前江戸に居たとき、隣家の娘めが三味線稽古に朝から晩迠引ひて、どふも耳に入ってうるさく妨になった。時々腹の立つほどにたへられなんたが、これには仕方もあろふと考へて、あのぐはん々々々ひくを只きくから耳さはりになるから、ちとあれが謡ふ歌の文句を覚へる氣になったらよかろふとをもふて、文句を覚へやうとじっと靜ったれば、夫からは覚へやうとするかせつなくなり、ただ耳のはたで歌はせる方はせつなくないになりた。これ手段なり。是れらは皆がよくきいて居ようことぞ。張子の外誘をいやだ々々々と云が、さうすればするほど矢も楯もたまらぬ様になる。そこが怒の根なり。爰を張子は怒りはやい人ゆへに、明道のこう云てやられたとみることでない。尤、怒は義氣から出る。載也比他人則有勇氣ともあるから、怒りつよかったでもあろふが、つまり外誘をうるさがるが怒になる。外誘中々面白ひと云様になると、外誘がそろ々々去る。外誘うるさいものでないは、田舎て蛇か出ても不断のことゆへなんとも思はぬやうなもの。江戸の本町へ蛇の出たほどに田舎でさはがふなら、一日暇はない。外誘あるものにすれば、さほどのことはない。さう云ては怒りはかりのことにをとすやうなれとも。
【解説】
「而觀理之是非、亦可見外誘之不足惡」の説明。理が掴まえ処である。怒を忘れたとしても、理の是非を見なければ役に立たない。間を入れるのは理の是非を見せるための手段である。外誘を嫌うことが怒を発する本となる。外誘をあるものとして受け入れれば、外誘も大したことにはならない。
【通釈】
「觀理之是非亦可見外誘之不足悪」。これが「物来順応」のこと。どこまでも理が大切であって、それが掴まえ処である。怒を忘れても、理の是非を見なければ役には立たない。直方先生が、喧嘩の支人が明日まで喧嘩を預かると言うのが面白いことだと言われた。間があるのがよい。あの生酔いを寝かせる処と同じである。今日済まない事は明日も済まないのだが、これが理の是非を見させるための手段なのである。張子が外誘を嫌だと思うのが、早くも怒を発する本となる。理の是非を見ればその様に思う筈がない。これで何ということはない。「外誘不足悪」である。私などは心法の覚えがないからこの章の講釈も口真似である。何も特に覚えたことはないが、外誘を嫌うとか嫌わないとかということの中で、その嫌う方の対応で一つ覚えたことがある。前に江戸にいた時、隣家の娘が三味線の稽古で朝から晩まて弾くので、どうもそれが耳に入って煩く、妨げとなった。時々腹が立つほどに堪えられなくなったが、これには対処の仕方もあるだろうと考えて、あのがんがん弾く音をただ聞いているから耳障りになるのであって、そこで、娘が謡う歌の文句を少し覚える気になったらよいだろうと思い、文句を覚えようとじっと静かにしていたら、それからは覚えようとすることに熱心になり、ただ耳の傍に聞こえてくる歌は気にならなくなった。これが手段である。これ等の話は皆もよく聞く筈である。張子は外誘を嫌だと言うが、そうすればするほど矢も楯も堪らない様になる。そこが怒の根である。ここを、張子が怒り易い人だから、明道がこの様に言ってあげたのだと見てはならない。尤も、怒は義気から出る。「載也比他人則有勇気」ともあるから張子は怒りの強い人だったのだろうが、結局は、外誘を煩がることが怒りとなる。外誘は中々面白いと言う様になれば、外誘がそろそろと去る。外誘が煩いものでないのは、田舎で蛇が出ても普段のことだから何とも思わない様なもの。江戸の本町に蛇が出たのと同じ様に田舎で騒ぐとしたら一日中暇な時はない。外誘をあるものとして対応すれば大したことにはならない。そう言うと怒りだけで話をまとめる様だが、これで道への理解も半ば以上となるのである。
【語釈】
・さへ人…支人。仲裁する人。さえびと。裁人
・載也比他人則有勇気…

於道亦思過半矣。これで全躰もよくなろふとのこと。此藥で咳を止めたれば、全躰の元氣も皃付もよくなったと云ようなもの。直方先生の、道とは廓然大公のことしゃと云れた。いかさま廣く道と云てはここに切ならず。君子之学と最初に云出した其道なり。怒の工夫がよくゆきたらば、全躰の処もよくなろふとなり。怒のもや々々がどふも私ないとは云れぬ。公ではない。思過半は系辞傳の字。きめ処を見ればあとはすむと云こと。彖の辞を見て思過半、跡の六爻は見すともすむと云こと。廓然大公は全体の方剤なれとも、この遽と云一寸した藥で、半分よりさきよくなると云こと。これで此章の大旨はすみたぞ。直方先生、此章の大意はすら々々と云章じゃと云はれた。其すら々々を某が説ふ。其すら々々も心得たがいがある。佛老もすら々々のやうなれとも、あれとはちこう。垩人のすら々々は無適無莫なり。向の相手は垩人かまわず。向には善悪ある。よいにはよいなりのすら々々、わるいにはわるいなりのすら々々があるときいて、そんなら道理なしにすら々々かと云に、下の句に義とともに從ふと云動かぬしん木を立た。茶臼のすら々々ゆくも、しん木の動ぬ処からなり。廓然大公のくはらりとしたと云も理なりぞ。理なりゆへ貞吉悔亡と云ぞ。それか本になりて、物来而順應とすら々々なり。学問と云は、氣に付た物ずきをなくすることなり。そこから廓然大公なり。ゆるいがすきの、かたいがすきのと云ことはない。天地はあついことも寒ひもある。ものずきはない。それなりにしてゆくがすら々々なり。ただすら々々でない。理なり天地なりをするが垩学なり。これ定性の大意。すら々々とゆくとはそこを云なり。
【解説】
「而於道亦思過半矣」の説明。今までの話で君子の道の過半を理解することができる。直方は、この章の大意は「すらすら」であると言った。聖学のすらすらは、仏老のすらすらとは異なる。聖学のそれは無適無莫であって、外誘の善悪双方に対してすらすらなのである。また、それは無造作にすらすらなのではなく、義という動かない心木が中心に据えてある。理の通りだから廓然大公で、それで物来而順応と、すらすらと行く。
【通釈】
「於道亦思過半矣」。これで全体もよくなるだろうとのこと。この薬で咳を止めたので、全体の元気も顔付きもよくなったと言う様なもの。直方先生は、道とは廓然大公のことだと言われた。その通りで、広く道と言ってはこの場に切実でない。「君子之学」と最初の頃に言ったその道である。怒の工夫がよく行けば、全体もよくなるだろうとのこと。怒のもやもやしたところがあれば、どうも私がないと言うことはできない。公ではない。思過半は繋辞伝にある字。決め処がわかれば後のことは済むということ。彖の辞を見て思過半、後の六爻は見なくても済むということ。廓然大公は全体に対する薬だが、この遽という一寸の薬で、半分より先までよくなるということ。これでこの章の大旨は済んだ。直方先生は、この章の大意はすらすらということだと言われた。そのすらすらを私が説明しよう。そのすらすらにも心得違いがある。仏老もすらすらの様であるが、あれと我々とは違う。聖人のすらすらは「無適無莫」である。向こうの相手に聖人は構わない。向こうには善悪ある。善い相手には善いなりのすらすら、悪い相手には悪いなりのすらすらがあると聞いて、それなら道理なしですらすらかと言えば、下の句に「義之與比」という動かない心木を立てている。茶臼がすらすら回るのも、心木の動かないことから。廓然大公ががらりと晴れたことと言うのも理の通りだからである。理の通りだから貞吉悔亡と言う。それが本となって、物来而順応とすらすらと行く。学問とは、気による物好きをなくすことである。そこから廓然大公となる。柔らかいのが好きだとか、堅いのが好きだとかと言うことはない。天地には暑い時も寒い時もあるが物好きはない。それなりに対応して行くからすらすらとなる。ただのすらすらではない。理の通り、天地の通りにするのが聖学である。これが定性の大意。すらすらと行くとは、そこを言うのである。
【語釈】
・思過半…易経繋辞伝下9。「知者觀其彖辭、則思過半矣」。
・方剤…薬を調合すること。また、その方法。その薬。
・無適無莫…論語里仁10。「子曰、君子之於天下也、無適也、無莫也。義之與比」。

さて又此章全躰のつかまへ処は廓然大公ぞ。されとも此の廓然大公は成功語りたことゆへ、大がいのものはならぬこと。そこで朱子が、垩人は垩人だけの廓然大公かある、賢人は賢人たけの廓然大公、学者は学者の廓然大公かあると云れた。学者の廓然大公は、道理のとをりを守りてはづれまいとしてゆくこと。これはせぬ筈、これはする筈と、道理のか子を出してすれば、それが廓然大公なり。それをするには歯ぎしりてすることもあるが、其歯ぎしりから出るも理なりにゆくですら々々なり。今日の人の上を見るに、道理から出るか私から出るかと云に、皆道理から出ることはなく、皆私から出る。これがなければ貞しい。貞いと廓然大公なり。さればこそ、貞吉悔亡と悔亡ぶの本手からでなくては、心はまんろくにはならぬ。まんろくは廓然大公なり。
【解説】
廓然大公は工夫を成し遂げたところで言うものである。そこで、人にはそれぞれの段階に応じた廓然大公がある。学者の廓然大公とは、道理の通りを守って外れない様にすることである。それは苦心の末にできることもあるが、理の通りであればすらすらである。自私がなければ貞であり、それで廓然大公となる。
【通釈】
さてまたこの章全体の捉まえ処は廓然大公である。しかしながら、この廓然大公は工夫を成し遂げたことを語るものであって、大概の者はこれを成就することはできない。そこで朱子が、聖人には聖人だけの廓然大公、賢人には賢人だけの廓然大公、学者には学者の廓然大公があると言われた。学者の廓然大公は、道理の通りを守って外れない様にして行くこと。これはしてはならない筈、これはすべき筈と、道理の曲尺を出してすれば、それが廓然大公である。それをするには歯ぎしりしてすることもあるが、歯ぎしりして出たとしても、理の通りに行けばすらすらである。今日の人を見ると、道理から出るのか私から出るのかと言えば、道理から出ることはなく、皆私から出る。この私がなければ貞しくなり、貞しければ廓然大公である。そこで貞吉悔亡と、悔亡の本筋から始めるのでなくては、心は真陸にはならない。真陸になれば廓然大公である。
【語釈】
・か子…矩。①かねじゃく。②まっすぐなこと。直線。直角。③規準となるもの。
・本手…勝負事などで、本筋の手。
・まんろく…真陸。①たいらかなこと。また、公平なこと。②十分なこと。また、完全なこと。

さて、此章を朱門が誠意正心の工夫かと問たれば、朱子が誠意正心より以後のことで上のことしゃと云れた。これは全体の規摸で云こと。これが直方先生のすら々々のことなり。すら々々は、もと垩人でなければならぬこと。誠意正心以後とある筈なり。さて、明道の廿一二の時の書なれとも、これほどなことを胸からくり出すやうに書れた。どふても垩人の模様ぞ。このとをりのすら々々なり。誠意正心以上のことと云は一躰のはば、恰好ぞ。さうきくと今の学者役に立ぬが、廓然大公にならふとするがすぐに誠意正心の工夫をするのぞ。其れをするには知を用ひまい、私を出すまいとすること。此章に喜怒の文字あり。既に正心の傳文に、有所忿懥則不得其正云々とある。廓然大公は、今ま学者じきにはならぬ。誠意正心の工夫をしてゆくことぞ。さて、廓然大公は丁と洒落と云やうなもの。こきあけて云へば、洒落のぎり々々は垩人のことなれとも、今むざうさな人をも洒落と云ぞ。ただの人でも洒落と云は、万事に付けいこうよい塲があるもの。人がゆけばはや帯をまはし々々々出る。そこによい氣象ありてすら々々なもの。人を待せたり、つけもったいをせぬ。そこでむざうさなわろふに、わる心はないもの。それから垩人の洒落の方へもゆかるる種になるぞ。凡そ取飾る人は心術の害ぞ。又、此章の廓然大公をすら々々と云が、易の潔靜精微と同しこと。たとへは朋友と大和めくりの約束をするに、やがて立ち前に占て不利攸徃と出ると、旅立はやめにせふと云。卜筮の通りにするで潔靜精微ぞ。少も我が知や私を用ひぬ。占に出た形りにして、ちりもはいもつけぬ。なせあれほどの約束をと友が云ても、いや、易にわるいとあると云なり。これ、我を用す易なりにするか潔靜精微。そこが洒落なり。これ、私なし。廓然大公と云ものぞ。
【解説】
朱子はこの章を誠意正心よりも上の段階を説明するものだと言ったが、それは規模の大きさから述べたこと。廓然大公は聖人でなければできないから、誠意正心よりも上なのである。今の学者は廓然大公に直ぐにはなれないから、誠意正心の工夫をして行く。廓然大公は道理の通りにすること。道理の通りにするとは、自私用智がないこと。
【通釈】
さて、この章について、朱子の門弟が誠意正心の工夫のことかと質問すると、朱子は、誠意正心より後のことで、もっと上のことだと言われた。これは全体の大きさから言ったこと。これが直方先生の言うすらすらのことである。すらすらは本来、聖人でなければできないことなので、誠意正心以後と言うのは尤もである。さて、この章は明道が二十一、二の時の書だが、これほどのことを胸から繰り出す様に書かれた明道は、どう見ても聖人の規模である。この通り、すらすらである。誠意正心よりもっと上のことと言うのは、一体の幅の広さ、規模の大きさのこと。そう聞けば、今の学者には役に立ない様だが、廓然大公になろうとすることが、直ぐに誠意正心の工夫をすることになる。それをするには知を用いない様に、私を出さない様にとすること。この章には喜怒の文字があって、既に正心の伝文の中にも、「有所忿懥則不得其正云々」とある。廓然大公に今の学者は直ぐになれないのだから、誠意正心の工夫をして行くのである。さて、廓然大公は丁度、洒落と言う様なもの。扱き上げて言えば、洒落の至極は聖人のことだが、今は無造作な人をも洒落と言う。普通の人にとっても、洒落には万事に付けて大層よい場があるもの。人が尋ねて来れば、帯を回しながら出て来る。そこにはよい気象があって、それはすらすらなもの。人を待たせたり、勿体ぶったりはしない。それで、無造作でみっともない者に悪い心はないもの。それから聖人の洒落の方へも行くことができる。凡そ取り飾る人は心術の害を被っている。また、この章が廓然大公をすらすらと言うのは、易の絜靜精微と同じこと。例えば朋友と大和巡りの約束をしたが、その後出立の前に占って「不利攸徃」と出れば旅立ちは止めにしようと言う。卜筮の通りにするので潔静精微である。少しも自分の知や私を用いない。占に出た通りにして、塵も灰も付けない。何故あれほどの約束を破るのかと友が聞いても、いや、易に悪いとあったと言う。この様に私を用いず、易の通りにするのが潔静精微で、そこが洒落である。これに私はない。廓然大公というものである。
【語釈】
・有所忿懥則不得其正…大学章句7。「身有所忿懥、則不得其正、有所恐懼、則不得其正、有所好樂、則不得其正、有所憂患、則不得其正」。
・つけもったい…勿体を付ける。ことさらに重々しい態度を取る。もったいぶる。
・潔靜精微…礼記経解。「孔子曰、入其國、其教可知也。其爲人也、温柔敦厚、詩敎也。疏通知遠、書敎也。廣博易良、樂敎也。絜靜精微、易教也。恭儉莊敬、禮敎也。屬辭比事、春秋敎也」。
・立ち前…立前。出立の前。旅立つ前。
・卜筮…卜法と筮法。亀甲を焼いてうらなうことと、筮竹を用いてうらなうこと。うらない。

こんなことは今皆の上にもあること。利見大人と出れは、吾より上の人にさうだんをする。その人にまかせて吾知を用ひず、私を出さぬこと。廓然大公をもこう近く引付て云は子ば近思でない。及はぬをもいことも及はせるやうにするが学者の手段ぞ。彼の垩学成功の手をもい。廓然大公もこう説子ば受用にならぬ。皆も遠くばかりをもふと近思の意を忘れたになるぞ。かくの如く説き廣けれとも、つまり、道理なりにすることを云ふぞ。道理なりは咸の貞と云ふもの。貞なりにして私をせず、身がってをせぬ。人を見ぬは、艮の艮其背なり。その理なりと云が天心垩心の常と云もので、氣についたすききらいなし。氣と云ふかぶれなければ廓然大公ぞ。そこは洒落ぞ。しかれば自私用智はほんのことでない。張子は人欲にまぶれはせぬなれとも、あまり功夫になづみて自私用智になりた。明道の、そこの心法を示された。そふきいても、然れともと出る。はやわるい。定性書の通りにと心得れは潔静精微ぞ。そこが洒落ぞ。我が手傳ねば廓然大公。どこから云ても一つになることなり。
【解説】
ここはつまり道理の通りにすることであり、道理の通りとは、咸卦の貞であり艮卦の「艮其背」である。気に被れなければ廓然大公であり、定性書の通りに心得れば潔静精微である。
【通釈】
こんなことは今、皆の所にもあること。「利見大人」と卦が出れば、自分より上の人に相談をする。その人に任せて自分の知を用いず、私を出さない。廓然大公も、この様に近くへ引き付けて言わなければ近思ではない。及ばない様な重いことも及ばせる様にするのが学者の手段である。聖学成功の手段は重い。廓然大公もこの様に説かなければ受用にならない。皆も遠くばかりを思うと近思の意を忘れたことになる。この様に説き広げたが、つまりは道理のままにすること。道理のままとは咸卦の貞と言うこと。貞の通りに行って私を入れず、身勝手をしない。区別して人を見ないのは、艮卦の「艮其背」である。その理のままと言うのが天心、聖心の常というもので、気に付いた好き嫌いはない。気という被れがなければ廓然大公であって、そこが洒落である。そこで、自私用智は本当のことではない。張子は人欲にまみれはしなかったけれども、あまりに功夫に拘泥して自私用智になった。そこで、明道が心法を示された。そう聞いても張子は、然しながらと言って出る。早くもそれが悪い。定性書の通りに心得れば潔静精微であって、そこが洒落である。私を使わなければ廓然大公。何処から言おうが、道理と一つになる。