第五 伊川先生答朱長文条   八月十六日  豊昌録
【語釈】
・八月十六日…寛政2年庚戌(1790年)8月16日。
・豊昌…

伊川先生答朱長文書曰、聖賢之言、不得已也。蓋有是言、則是理明、無是言、則天下之理有闕焉。如彼耒耜陶冶之器、一不制、則生人之道有不足矣。聖賢之言、雖欲已得乎。然其包涵盡天下之理、亦甚約也。後之人、始執巻、則以文章爲先、平生所爲、動多於聖人。然有之無所補、無之靡所闕。乃無用之贅言也。不止贅而已。既不得其要、則離眞失正、反害於道、必矣。來書所謂欲使後人見其不忘乎善、此乃世人之私心也。夫子疾沒世而名不稱焉者、疾沒身無善可稱云爾。非謂疾無名也。名者可以厲中人、君子所存、非所汲汲。
【読み】
伊川先生の朱長文に答うる書に曰く、聖賢の言は已むことを得ざるなり。蓋し是の言有れば、則ち是の理明らかに、是の言無ければ、則ち天下の理に闕[か]くること有り。彼の耒耜[らいし]陶冶[とうや]の器、一つも制せられずんば、則ち生人の道足らざること有るが如し。聖賢の言、已まんと欲すと雖も得んや。然れども其の天下の理を包涵し盡くすは、亦甚だ約なり。後の人、始めて巻を執るときは、則ち文章を以て先と爲し、平生爲[つく]る所、動[ややもす]れば聖人よりも多し。然れども之れ有るも補う所無く、之無くも闕くる所靡[な]し。乃[すなわ]ち無用の贅言なり。止[ただ]に贅なるのみならず。既に其の要を得ざれば、則ち眞を離れ正を失い、反[かえ]って道に害あること、必せり。來書に謂う所の後人をして其の善を忘れざるを見しめんと欲すとは、此れ乃ち世人の私心なり。夫子世を沒[お]うるまで名稱せられざるを疾[にく]みしは、身を沒うるまで善の稱す可き無きを疾むと云うのみ。名無きを疾むと謂うに非ざるなり。名は以て中人を厲[はげま]す可きも、君子の存する所、汲汲たる所に非ず、と。
【補足】
この条は、程氏文集九(伊川先生文五)にある。

好学論て與顔子所好異なりと留たでみよ。文章さほと害にもならぬ様なれとも、文章書は殊の外邪魔なことで、そこて朱子の顔子の所好云々ときめて、ここに又此条あり。たたい爲学て好学論定性書は大ふ重ひ条。又、内忠信の章と次の君子云々の两章も垩学全体て重ことなれは、定性書から直に内積忠信と出すべきに其間に此章を出したは、後世へ釘をさすのぞ。文字而已を以てするものはいやしとそ。爰に俗学の輕薄を出して、次の章は全体にかかる重ひ章なり。先、俗学拂て内忠信とくるは偖々ぬけ目ないことだ。止ことをえずと云は、伊川の面白ひ云やうぞ。今日のはやむことを得ずではない。無用な言語ぞ。それゆへ今日の寄合て咄をするを大切とは思はぬ。上はのそらて根はない。只書物をはわけなしに尊ふ、思ふ。長﨑から新渡の書か渡れは有難そふにするなれとも、たたの咄にかわることはない。それはなぜと云に、我が垩賢になるの益にならぬ。夫なれば、きかぬ薬ぞ。藥種でも席ふさぎぞ。四書五經の外の書は、だたい役に立たぬ藥だ。垩賢の書はよんところないことそ。論孟はむだなことない。孔孟の咳はらいは記さす。論語二十篇孟子七篇は皆切味に塩の語そ。とんと云は子はならぬ。止むことをえぬのぞ。道中するものの路銀の才覚するは止むことをえぬのぞ。探幽の掛物はなくてすむそ。
【解説】
「聖賢之言、不得已也」の説明。大事な条がある中にこの条を挿入した理由は、後世に釘を刺すためである。詩文章に執着するのは卑しい。聖賢を目指すためには、聖賢の書以外は不要である。聖賢も詩文章を書くが、それは已むを得ずしたことであって、そこには無駄が何もない。
【通釈】
好学論で「與顔子所好異也」と締め括ったのを見なさい。文章はさほど害にもならない様に思われるが、文章を書くのは殊の外邪魔なことであり、そこで朱子は「顔子所好云々」と決めて、ここでまたこの条を挙げた。そもそも、為学にある好学論や定性書は大変に重要な条であり、また、内忠信の章と次の君子云々の両章も聖学全体に関わる重要な条だから、定性書から直に内積忠信と出すべきだが、その間にこの章を出した狙いは後世へ釘を刺すためなのである。「文字而已」の者は卑しいと言ったのである。ここで俗学の軽薄さを述べて、次の全体にかかる重要な章へと繋げる。先ず俗学を払い除けて、「内忠信」と繋げるのは、実に抜け目のないこと。「不得已」と言うのは、伊川の面白い言い様である。今日の言は止むことを得ずではない。無用な言語である。それ故、今日寄り合いでしている話を大切とは思わない。上の空で根がなく、ただ書物をわけも無く尊び、欲しがる。長崎から新渡の書が渡って来れば有難そうにするが、それはただの話と何等変わることがない。それは何故かと言えば、自分が聖賢になるための益にならないからである。それなら効かない薬と同じ。薬種だとしても席塞ぎものである。四書五経以外の書はそもそも役に立たない薬である。聖賢の書はよんどころないことが書かれている。論孟には無駄なことはない。孔孟が咳払いしたことなど、そこには記されていない。論語二十篇孟子七篇は皆切り身に塩の様な語であって、しっかりと言わなければならないもの。止むことを得ないものなのである。旅行をする者が路銀を工面するのは止むを得ないこと。しかし、探幽の掛物などはなくてもよい。
【語釈】
・新渡…外国からあらたに渡来したこと。また、その物。いまわたり。しんわたり。

盖有是言。垩賢の語かあると、理か明になって胸かはれる。論孟かなけれはさしつかへかあるぞ。論孟がすむと天地丸呑、さしつかへはないそ。終身侭多んと讀法にあるぞ。耒耜陶冶云々。此外の道具は土用干して自慢してをくはかり。なくてもすむことそ。農具鍋釜は御座へ出されぬ。客の来たとき取持には出され子とも、一日もかかれぬ。是かなければどふもならぬ。掛物は盗まれてもよい。垩賢の語かなけれは真闇そ。田舎山奧なと商人はこぬか、鍋釜のいかけ炉爈[ほうろく]賣はくるぞ。五六日めに必まわる。浅艸海苔賣りに来ては間に合ぬ。
【解説】
「蓋有是言、則是理明、無是言、則天下之理有闕焉。如彼耒耜陶冶之器、一不制、則生人之道有不足矣」の説明。聖賢の語があると理が明らかになるが、それがないと支障を来たす。農具や鍋釜、鋳掛け売りや焙烙売りは生活に必要なもので、聖賢の語もこれと同じである。
【通釈】
「蓋有是言」。聖賢の語があると、理が明らかになるので胸が晴れる。論語や孟子がなければ差し支えがある。論孟が済めば天地を丸呑みして差し支えがない。「終身侭多」と読法にもある。「耒耜陶冶云々」。これ以外の道具は土用干しをして自慢をするためだけのもので、なくても済むもの。農具や鍋釜は御座には出せない。客が来た時にもてなしとしては使えないが、一日も欠くことはできない。これがなければどうにもならない。掛物は盗まれてもよい。聖賢の語がなければ真っ暗闇である。田舎の山奥などに商人は来ないが、鍋釜の鋳掛け売りや焙烙売りは来る。五六日目に必ず廻って来る。浅草海苔売りでは用が足りない。
【語釈】
・終身侭多ん…読論語孟子法。「程子曰、凡看語孟、且須熟讀玩味。須將聖人言語切己、不可只作一場話説。人只看得二書切己、終身儘多也」。
・耒耜陶冶…耒耜はすき。耒はすきの柄。耜はすきの刃。農具の意。陶冶は陶器を作る人と鍛冶師。
・取持…①とりもつこと。周旋。斡旋。世話。仲立。②あしらい。もてなし。接待。
・いかけ…鋳掛け。鍋・釜など銅・鉄器の漏れを止めるため「しろめ」などをとかし込んで穴を塞ぐこと。
・炉爈…焙烙。炮烙。素焼きの平たい土鍋。火にかけて食品を炒ったり蒸焼きにしたりするのに用いる。炒鍋。早鍋。

垩賢之言云々。出まかせでない。道を明にするのそ。云まいとをもふても、どふも止むことを得ぬのそ。直方先生、これを定性書好学論へ引つけてみよと云はれた。なぜ学問しても垩賢になせ得至られぬと云、学は垩人に至るの道と、後世を開くのそ。定性書てもみよ。怒か出ると私はと云処を遽に忘るとなり。そこて人を救ひ取たと云もの。好学定性偖も々々と目を覚すことぞ。其包涵云々。けっこうな道理なれは廿尋程もあろふかと云に、其の約て殊の外わずかた。巧言令色仁鮮、朝聞道夕死、さて々々短ひことそ。後之人始執巻云々。子雅言へる詩書執礼ぞ。これが詩を作れ、文を書けてはない。書は二帝三王を本手にするのぞ。文を書けと云ことてないぞ。手前の知惠を磨くことそ。詩書とあるじゃによって、後世詩を作り文を習ひたかる。それも孔子の教と思ふ。皆粕の処をしたかる。そこで万端粕か多い。禹王は聖人なれとも寸隂ををしんだ。とんとこのをしむが垩人の垩人たる処。
【解説】
「聖賢之言、雖欲已得乎。然其包涵盡天下之理、亦甚約也。後之人、始執巻、則以文章爲先、平生所爲、動多於聖人」の説明。聖賢の言は道を明らかにするものであり、その言は簡潔である。後世の人は詩文を作ることに執着し、それが孔子の教えだと思っているが、それは間違いである。たとえば、書とは二帝三王を手本にすることである。
【通釈】
「聖賢之言云々」。それは出まかせではない。道を明らかにするのである。言わないでおこうと思っても、どうしても已むに止まれずに言うのである。直方先生が、これを定性書や好学論へ引き付けて見なさいと言われた。学問をしても聖賢に至ることができないなどと何故言うのか、学は聖人に至る道だと後世を開いたのである。定性書を見なさい。怒が出ると自私が起こるが、そこを遽に忘れると言う。それが人を救い取ったというもの。好学や定性は流石だと、目を覚しなさい。「其包涵云々」。結構な道理なので二十尋ほどもあるのかと思えば、それは約であって、殊の外僅かである。「巧言令色仁鮮」、「朝聞道夕死」と、実に短い。「後之人始執巻云々」。これは「子所雅言詩書執礼皆雅言也」と同じである。これは詩を作れ、文を書けということではない。書は二帝三王を手本にすることで、文を書けということでない。自分の知恵を磨くこと。詩書とあるから、後世の者は詩を作り文を習いたがる。そして、それも孔子の教だと思っている。皆粕の処をしたがる。そこで万端に粕が多い。禹王は聖人だが寸陰を惜しんだとある。全く、この惜しむということが聖人の聖人たる処である。
【語釈】
・尋…①広[ひろ]の意。両手を左右にひろげた時の両手先の間の距離。②縄・水深などをはかる長さの単位。一尋は五尺または六尺。
・巧言令色鮮…論語学而3。「子曰、巧言令色、鮮矣仁」。
・朝聞道夕死…論語理仁8。「子曰、朝聞道、夕死可矣」。
・子雅言へる詩書執礼…論語述而17。「子所雅言、詩書。執禮皆雅言也」。
・二帝三王…二帝は堯舜、三王は禹湯文。
・禹王は聖人なれとも寸隂ををしんだ…孟子滕文公章句上4に、「禹八年於外、三過其門而不入」とある。

それは天のめくるようとをひつづく氣ぞ。今詩人かどこの小集しゃ、韻を分けて何の字を得たのと前書をして、吾も骨を折てひまをついやす。石原先生云、垩賢詩を作られたもあり、作られぬも有ふ。去によって舜の詩周公の詩あり。孔子の詩はない。ひょいと作られたこともあろふと云位のこと。それに詩文章を先務とすることはない筈。それを先にするは頭て土臺がちごう。学問は道中するやうなもの。道中は身がるがよい。今日学者詩文の心掛るは旅立に碁盤をかついて出るやうなもの。大きに邪魔になる。それだから、そのやうなあほふはない。俗学多くは其様なぞ。旅は路金と返魂丹てすむ。
【解説】
詩を作った聖賢も、詩を作らなかった聖賢もいる。詩文は先務ではなく、また、学問を始めるのに大きな邪魔となる。学問は旅をする様なものであって、身軽なのがよい。
【通釈】
それは天が絶えず巡る様に追い続ける気である。今詩人が、どこの小集だ、韻を分けて何々の字を得たなどと前書をして、自ら骨を折って時間を費やす。石原先生が、聖賢には詩を作られた人もあり、また、作られなかった人もあっただろうと言った。その通りで、舜の詩や周公の詩はあるが、孔子の詩はない。たまには作られたこともあっただろうという程度のこと。それに詩文章を先務とすることはない筈。それを先にするのは最初から土台が間違っている。学問は旅をする様なもの。旅は身軽なのがよい。今日の学者が詩文を心掛けるのは、旅立ちに碁盤を担いで出る様なもの。それは大層邪魔になるから、その様なことをする阿呆はいない。俗学の多くはその様なもの。旅は路金と反魂丹があれば済む。
【語釈】
・石原先生…野田徳勝。剛斎。七右衛門。本所石原町に住んでいたので石原先生と呼ばれる。1690~1768。
・返魂丹…反魂丹。食傷・腹痛等に特効ある懐中丸薬。江戸時代、富山の薬売りが全国に売り広めた。江戸では、芝田町のさかいや長兵衛売出しのものが「田町の反魂丹」として名高い。

有之無所補。ずいぶん面白ことはある。文選ても唐詩選ても面白ないと云はむりなり。情をいすることの面白みかあるそ。なれとも、なくても又事もかけぬ。心のため、身のためにならぬ。只けっこうふな道具のやうなもの。南京の茶碗はあるか湯はないと云やうなもの。茶碗ばかりでは、のどの渇きは止まぬぞ。けっこうふな高蒔繪の重でもからなれば、腹のへったときの用に立ぬ。蒔繪ばかりではほんのむだぞ。贅云々。こぶはあるまいものである。なくてもすむものなるにある。やくにたたぬものなれとも、贅が身の害にはならぬが、詩文は道の害になる。贅処てない。道理を付ずに詩文上手は大きな邪魔。吾徒は近思を讀、徂徠なとか方の者は唐詩選。こぶはかりでない、道を害する。何を云も名人の詩章ゆへ、垩賢の書の代りになるやうに心へる。去によって、唐詩選も論語も同しことと思ひ、懐中する人も学者と心得る。そこて後世の大な害じゃ。
【解説】
「然有之無所補、無之靡所闕。乃無用之贅言也。不止贅而已。既不得其要、則離眞失正、反害於道、必矣」の説明。詩文には情を慰めるという面白みがあるが、そんなものはなくても困らない。贅はあってもなくても別に困らないが、詩文は道の害になる。徂徠の徒は、詩文を聖賢の書に代わるものだと思っている。それは後世の大きな害となる。
【通釈】
「有之無所補」。詩文にも随分と面白いところもある。文選でも唐詩選でも面白くないと言うのは無理である。情を慰めるという面白みがある。しかしながら、それ等はなくてもまた事欠かない。心や身のためにはならない。ただ結構な道具の様なもの。南京の茶碗はあるが湯はないという様なもの。茶碗だけでは喉の渇きは止まない。結構な高蒔絵が画かれた重箱でも、箱の中が空であれば腹が減った時の用には立たない。蒔絵だけでは本当に無駄である。「贅云々」。瘤はなくてもよい様だがある。なくても済むものだがある。それは役に立たないもの。贅は身の害にはならないが、詩文は道の害になる。それは贅処の話ではない。詩文が上手でも、道理が付いていなければ大きな邪魔。我が徒は近思を読み、徂徠などの方の者は唐詩選を読む。瘤だけのことではない。道を害する。何と言っても名人が作った詩章だから、聖賢の書の代わりになる様に心得る。そこで唐詩選も論語も同じと思い、唐詩選を懐中する人も学者と心得る。そこで、後世の大きな害となる。
【語釈】
・文選…中国の周から梁に至る千年間の文章・詩賦などを細目に分けて編纂した書。梁の昭明太子(蕭統)が、正統文学の秀れたものを集大成することを意図して、幕下の文人の協力のもとに編。後世、知識人の必読書とされ、わが国でも平安時代に盛行。
・唐詩選…唐代詩人一二七人の詩選集。七巻。選者は明の李攀竜というが疑わしい。日本には江戸初期に渡来し、漢詩の入門書として盛行。
・いする…慰する。慰める。

来書云々。朱長文から書か来て、文章書を一つ理屈をつけたなり。あることなり。文章作るにも訳あることじゃは、人は天地人の三才、後世へのこすてないと善か後に知られぬ。それは文より外はないと云。いひわけそ。善はすかたなり、かふした人よと云ことも、文かあるによって後世へのこすと云。迂斎云、とかく人欲はわるいことなれとも、人欲は人欲と出すがよい。上からかざるがわるい、と。酒好きならば酒好きしゃとしゃんと云かよい。それを、酒と云ものは気血をめぐらすものと紛らをやる。其めぐらすを云て理屈をつけるなり。それかわるい。朱長文か、わしか文章は世間のと違ふと云た。兎角云わけをするは私心かぬけぬそ。孟子七篇を作る。やむことをえぬのなり。人か知るまいと云様なぬるけはない。楊墨の、異端の侭にならぬ。はや弁せらるる。そこで七篇を作る。やむことえぬのなり。俗情のぬけぬ内は、ここはならぬことなり。とかく人目のよいこと、みばのよいことは、近思では大疵ぞ。学者もこの間はつい不参と云はよいか、よん処なきの、公用のとかざるはわるい。朱長文もとど云わけぞ。さて似たことあり。
【解説】
「來書所謂欲使後人見其不忘乎善、此乃世人之私心也」の説明。文章に拠らなければ、善を後世に伝えることができないと言う朱長文の主張は言い訳である。それは人欲を飾ったのである。聖学は、飾ってはならない。人目によいことや見端のよいことの多くは悪い。孟子が七篇を書いたのは楊墨や異端を距ぐためで、已むことを得ずしたことなのである。
【通釈】
「来書云々」。朱長文から来た手紙には、文章を書くことに一つ理屈を付けてあった。それはあり得ることで、文章を作るのにもわけがあり、人は天地人の三才の一つだから、善を後世へ残さないと後世の人に知らせることができず、それには文より外の手段はないと言ったのである。しかし、それは言い訳である。善には姿があって、こうした人のことだということも文があるから後世へ残すことができると言う。迂斎は、とかく人欲は悪いことだが、人欲をそのまま人欲として出すのがよい。上から飾るのが悪いと言った。酒好きなら酒好きだとはっきり言うのがよい。それを、酒というものは気血を巡らすものだなどと言って誤魔化す。その様に巡らすと言って理屈を付けるのが悪い。朱長文が、私の文章は世間の人のとは違うと言った。とかく言い訳をするのは私心が抜けないからである。孟子は七篇を作ったが、それは已むことを得ずのこと。人が知らないだろうと思って書く様な、愚かな思いはない。楊墨や異端のするままにはさせないと、直ぐに弁駁された。そこで七篇を作った。已むことを得ずである。俗情が抜けない内は、ここはできない。とかく人目によいことや見端のよいことは、近思では大疵である。学者も、この間はつい参ることができませんでしたと言うのはよいが、已むことを得ずとか、公用があったのでと言って飾るのは悪い。朱長文も結局は言い分けである。これに似た話がある。
【語釈】
・三才…易経説卦伝2。「立人之道、曰仁與義。兼三才而兩之」。
・楊墨…楊子と墨子。
・はや弁せらるる…孟子滕文公章句下9。「閑先聖之道、距楊墨、放淫辞、邪説者不得作。作於其心、害於其事…豈好辯哉。予不得已也。能言距楊墨者、聖人之徒也」。

夫子疾没世而名不称云々。天地へ幷ぶ人じゃ。それを渋帋のやぶれるやうになるは浅ましいことそ。学者の耻しいことぞ。これは修行して道德を得るのことそ。名聞ではない。知らるる程の実を持つがよい。医者か上手なれば、玄関がわるくてもはやる。山師は玄関へ駕籠をつり、立派でうる。中人は名を技につく。名に目がつく学問はらりこはいなことじゃ。さて其上名と云ものは、学者の取上ることてない。中人はあるべかかりの人。此人は名てもってをる。云にくいことなれとも、今日のあるべかかりの人はもっとわるいことをしそふなもの。それかわるいことをせぬ。それは性善、と。さて、名を好むゆへそ。あの男には似合ぬと云はれまいとて男氣をもする。なまじい天窓數の人には名も調法と云ものそ。そこか中人を励すなり。人は一代名末代と云は中人を勵ますのぞ。請取普請なれとも、何と云大工がしたと云れてはとて、曲らぬやふに釘をも打なり。名が無くは、じきにたをれる様にもせふぞ。
【解説】
「夫子疾沒世而名不稱焉者、疾沒身無善可稱云爾。非謂疾無名也。名者可以厲中人」の説明。名聞を求めるのではなく、実を持つようにしなければならない。普通の人は名に執着する。普通の人が悪いことをしないのは性善だからというよりも、名を好むからである。中途半端な者には名も好都合なのである。
【通釈】
「夫子疾没世而名不称云々」。天地と並ぶ人なのに、渋紙が破れる様になるのは浅ましいことである。それは、学者にとっては恥ずかしいこと。この句は修行して道徳を得ることであって、名聞のことではない。人に知られるほどの実を持ちなさい。医者は上手であれば、玄関の造りが悪くても流行る。山師は玄関に駕籠を吊り、その立派さで売る。中人は名を技に求める。名に目が付く学問は乱離骨灰なこと。さてその上、名と言うものは学者の取り上げることでない。中人はその程度のものであり、名で持っている。言い難いことだが、今日の中人はもっと悪いことをしそうなものだが、悪いことをしない。それは、人には性善が備わっているからだと言う。しかし、本当は名を好むからである。あの男には似合わないと言われない様にしようと男気をもする。中途半端な凡人には名も調法というもの。それが中人を励ますことになる。人は一代、名は末代と言うのは中人を励ますこと。請取普請でも、これは某と言う大工がした仕事だと言われることを思って、曲らない様に釘を打つ。名がなければ、直ぐに倒れる様にも造る。
【語釈】
・夫子没世而名不称…論語衛霊公19。「子曰、君子疾沒世而名不称焉」。
・渋帋…張り合せて柿渋を塗った紙。敷物または荷物の包み紙とする。
・中人…中等の力ある人。普通の人。なみの人。
・らりこはい…乱離骨灰。ちりぢりに離れ散ること。めちゃめちゃになること。
・あるべかかり…そうあるべきである。もっともらしい。相応である。
・なまじい…深く心を用いないさま。うかつ。かりそめ。中途半端。なまじっか。
・天窓數…天窓は頭。天窓数で頭数。普通の人の意?

君子云々。君子と云字て学者がこまる。近思をあけて見る人は君子との相談。君子と云者を向にをいて相談することなり。名と云は大ふ君子からは卑ひこと。丁と、子ともに灸をすへるに、それ、隣の子が笑ふそと云ふ。ころびてなきそうな処を、つよいと云となき止む。いっかどな講釈をする人も、名と云いやみがあるぞ。此席でも、皆が筆記を清書するてよくよむ氣になる。又、聞人も手前の清書する日は聞やふか違ふ。それはよく書きとったなと云名かついてまわる。爰を脱すると云は大ふ重ひことなり。名と云ものはこわいもの。名は表をはる字なれとも、朱子の、隠者がよく名を好と云れた。隠者の世を捨たと云て鼠色の単物を着て山林え引て、をれはこれじゃなとと云か、それかやはり名しゃ。陶淵明、五斗米を辞し食を乞た。それさへ名か未たぬけぬ。これ程な吟味ぞ。中々大抵のことてない。名と云も皆骨からみだ。そこて草先き艸枯にをこるぞ。学問して名利の關か秡たと思ふと油断大歒ぞ。浅見先生、筭用違と云はるる、それなり。中々秡けられぬことなれとも、名などと云ふことは、ふり向ても見ぬやうにするか近思の眼なり。
【解説】
「君子所存、非所汲汲」の説明。聖学は君子を相手にする。君子の立場からすれば、名は卑しいこと。名は講席にもあり、隠者にもある。陶淵明も名から抜け出せなかった。名から抜け出すのはそれほど難しいのである。名は見ない様にするのが近思の着眼である。
【通釈】
「君子云々」。君子という字に学者が困る。近思を開いて学問をする人は君子との相談をする。君子という者を向こうに置いて相談することなのである。名というものは、君子から見れば大分卑いこと。丁度、子供に灸をすえるのに、それ、隣の子が笑うぞと言う。転んで泣きそうな処を、お前は強いと言えば泣き止む。ひとかどの講釈をする人にも名という嫌味がある。この席でも、皆が筆記を清書するのでうまく読む気になる。また聞き手も、自分が清書する日は聞く姿勢が違う。それはよく書き取ったという名が付いて回るからである。ここから脱するのは大層重要なこと。名とは恐いもの。名は表を張る字だが、朱子は隠者がよく名を好むと言われた。隠者が世を捨てたと言い、鼠色の単物を着て山林に引っ込んで、俺はこうだなどと言うが、それがやはり名を好んでいるのである。陶淵明は五斗米を辞して食を乞うた。それでさえ未だ名が抜けていない。名とはこれほどに吟味すべきものであって、中々大抵のことでない。名というものも皆骨がらみである。そこで草先草枯に起こる。学問をして名利の関を抜けたと思うと油断大敵である。浅見先生が、算用違いだと言われたのがそのこと。中々抜けられないことではあるが、名などということには振り向いても見ない様にするのが近思の着眼である。
【語釈】
・五斗米…五斗(今の約五升)の米。わずかの俸禄。陶淵明は「吾不能為五斗米折腰」と詠った。「五斗米のために腰を折る」は、わずかの俸禄を得るために頭を下げて人に仕えること。
・草先艸枯…
・浅見先生…浅見絅斎。


第六 内積忠信の条

内積忠信、所以進德也。擇言篤志、所以居業也。知至至之、致知也。求知所至而後至之。知之在先。故可與幾。所謂始條理者、知之事也。知終終之、力行也。既知所終、則力進而終之。守之在後。故可與存義。所謂終條理者、聖之事也。此學之始終也。
【読み】
内に忠信を積むは、德に進む所以なり。言を擇び志を篤くするは、業に居る所以なり。至るを知りて之に至るは、知ることを致むるなり。至る所を求め知りて而る後に之に至る。之を知ること先に在り。故に與に幾す可し。謂う所の條理を始むとは、知の事なり。終わりを知りて之を終うるは、力行なり。既に終わる所を知れば、則ち力進して之を終う。之を守ること後に在り。故に與に義を存す可し。謂う所の條理を終うとは、聖の事なり。此れ學の始終なり。
【補足】
この条は、周易程氏伝の乾卦文言伝の注にある。

此章と次の章、学問全体にあつかるをもい章て、直方先生、事仰山に此二章を大切に見よ、爲学と云ものは爰じゃと云るるは深意あることなり。この前、好学定性と云大議論あるによって、此二章さまてもない章のやふに思ふ。そふすると爲学のをもいれがちごう。好学は顔子の学を好についてのことそ。定性書は横渠の心得ちかい、それについての相談。此章と次の章はそれほどにないやふなれとも、学問と云はこうきまったものと。大学の三綱領のやうしゃ。此章、学問の骨なり。爰を断らぬと近思をよむもの、ここらではや旅馴て早足にゆきたかる。そこて直方の大事に断りて示せり。さて、これは易と孟子て伊川のいわれた。拙者存るにはと云ことはない。丸て易孟子を入れたなり。うごかぬことなり。
【解説】
六条と七条は重要な章であると直方が言った。黙斎も大学三綱領と同じ趣意であると言う。この章は易と孟子を引用して書いたもので、伊川自身の意は入れていない。
【通釈】
この章と次の章は学問の全体に関わる重要な章である。直方先生が、しっかりとこの二章を大切に見なさい、為学というものはここだと言われたのが深意のあること。この前に好学と定性という大議論があったから、この二章はそれほどのものではない章の様に思うと、為学への思い入れ違いとなる。好学論は、顔子が学を好むことについての話。定性書は横渠の心得違いに対しての会話。この章と次の章はそれほどのものではない様だが、学問とはこうしたものだということ。それは、大学三綱領の様なものである。この章は学問の骨である。ここを断って置かないと近思を読む者が、ここ等で早くも旅馴れて早足で先へ行きたがる。そこで直方が大事をとって言ったのである。さて、これは易と孟子を引用して伊川が話されたこと。伊川独自の考えは入れていない。全て易と孟子をそのまま入れたのであり、確かなものである。
【語釈】
・好学定性…為学3の好学論と同4の定性書を指す。
・大学の三綱領…大学章句1の、「明明徳、親民、止至善」。
・易…乾卦文言伝。「九三曰、君子終日乾乾、夕惕若。厲无咎、何謂也。子曰、君子進德脩業。忠信所以進德也。脩辭立其誠、所以居業也。知至至之、可與幾也。知終終之、可與存義也。是故居上位而不驕、在下位而不憂。故乾乾。因其時而惕。雖危无咎矣」。
・孟子…孟子万章章句下1。「始條理者、智之事也。終條理者、聖之事也」。

学問の全体、先内と云字から真切に合点するかよい。孟子没後内を知らぬ。秦漢以来の儒者と云もの、皆内を知らぬそ。内は心のこと。何ても学問は内につまる。俗学は外々と襷鉢巻で、何んだか外かむきはかりで内はをるすそ。学問に内と云を大切にすることそ。内と云は、たとへは衣紋揃へる。節句じゃからと云ふと内てない。垩学と云は雪隠へ行くに衣紋そろへ、誰も見ぬ処と云か本んのえもんつくる塲なり。これが垩学の一大事。何ても内々とつくぞ。佛法は第一内のことを云道なれとも、今では阿弥陀の盛物にもとかく外々とかさる。佛の方には何んにもない。會式に盛餅も、見事な方を参詣へむける。ながしと云きせるも銀とみせて、跡ではげる。垩賢の学は内々と云て、皆むくぞ。学者も内へ々々とまいると学問をしてとるは、娘の夜着は母親か綿の入やうからが違ふぞ。仕立屋や仕入もののするのは見塲のよいことをす。中かはうすわた、手際よくするのぞ。あるとき利休が弟子の処へ茶にいたに、棚に菓子重あるを扇の尻て上へ下へ菓子を轉してみれば、下ほどよかった。利休が、ほを、茶が上ったと云た。学問は内と云ことなり。内と云ことも大そふに云が近思じゃ。近く思と内へたきこむ。近思はまきらかされぬ。内と云一字、大切の封なり。これか近思の株しゃ。
【解説】
「内積忠信」の説明。学問は内が大事だが、孟子没後内を知る者がいない。内とは心であり、人の見えないところを大事にするのである。仏教も内を大事にするとは言うが、実際は盛物や盛餅も外の見栄えをよくする。
【通釈】
学問は全体、先ず内という字からしっかりと理解しなければならない。孟子が没した後、内を知る者がいない。秦漢以来、儒者と言われた者は皆内を知らない。内とは心のこと。学問は何であれ、内に詰まる。俗学は襷鉢巻で外へ出て、何だか外向きばかりで内は留守である。学問は内を大切にすること。内とは、たとえば衣紋を揃える際に、節句だから揃えると言うのであれば、それは内ではない。聖学にあっては雪隠へ行くにも衣紋を揃える。誰も見ていない処というのが本当の衣紋を揃える場である。これが聖学の一大事であって、何でも内々とするのである。仏法は第一に内のことを言うのが彼等の道だが、今では阿弥陀への盛物もとかく外々と飾って、仏の方には何もない。会式の盛餅も、見事な方を参詣の方に向ける。銀流しの煙管も銀と見せかけてあるが、後には剥げる。聖賢の学は内々と、皆内へ向く。学者も内々と参って学問をして取ると、それは娘の夜着と同じで、母親の綿の入れ具合からがそもそも違う。仕立屋や仕入人は見栄えのよいことをする。中は薄綿で、手際よくする。ある時、利休が弟子の処で茶に行くと、棚に菓子重があったので、扇の尻で上下に中の菓子を転がしてみると下の物ほどよかった。利休が、ほう、茶が上ったと言った。学問は内ということ。内ということを大層に言うのが近思である。近く思って内へ叩き込む。近思は紛らかされない。内という一字は、大切な封である。これが近思の株である。
【語釈】
・雪隠…便所。かわや。
・盛物…仏前の菓子・果物などの供物。
・會式…法会の儀式。特に、日蓮宗で宗祖の忌日(十月十三日)に営む法会。おえしき。
・ながし…銀流し。①水銀に砥粉を混ぜ、銅・真鍮などの金属にすりつけて、銀色を出すこと。また、その銀色をしたもの。②見かけだおし。まやかしもの。
・封…しるし。封印。ふう。

直方先生、大学の誠意、君子愼慎其獨、此独と云か内じゃと云れた。たしなみのよい茶人か羽箒て不断掃くと、人か見て客かあるかと云。いや客はない。そこが内の字なり。袋棚の内まできれいだ。きれい好きは人のみるみぬにかまわぬ。兎角内々と云がこれだ。学問の魂は内々ときめることなり。忠信と云もの、人の有難ことにはなくなりきりはせぬ。折節皃を出す。出は出ても立消へかする。それは積ぬからなり。積と云は段々たたみあける。下かあいてはならぬ。米を四五百俵積むも下たのはえから積あけ子ばならぬ。是か内の至極。じりんの処からだ。忠信は金をためるやふにつむぞ。樽に酒をつめるにも底から段々つまる。じりんは平日の誠を今日も明日も々々々々々々と段々積のだ。某が隠宅ても、庭の掃除か内積む方そ。人見せてない。されとも、人かさてもきれいと云とうれしい。はや外につく。内積と云は女房も知らぬ。そこをつむ。それてよい人になる。ここは孔子の語からなれとも、内の字、積の字で伊川なり。伊川の吸口をはなしたのそ。忠信、心のことなり。内積、心のことなり。云ずとすむと云処、そこを積むのそ。そこか内そ。何れへ届ることもなし。
【解説】
内とは、自分の心のことであり、他人には関係のないこと。積むとは段々に畳み上げることで、内に積むとは人知れずに積むこと。忠信も内積も心のことなのである。
【通釈】
直方先生、大学誠意の「君子慎其独」にある独というのが内だと言われた。嗜みのよい茶人が羽箒で普段掃いていると、それを人が見て客があるのかと聞く。いや客はないと答える。そこが内の字である。袋棚の内まで綺麗である。綺麗好きな者は、人が見るとか見ないとかには構わない。とかく内々というのがこれ。学問の魂は内へと決めること。人は有難いもので、忠信はなくなり切ったりはしない。時折それが顔を出す。しかし、出るには出ても立ち消えする。それは積まないからである。積とは段々畳み上げること。下が空いてはいけない。米を四五百俵積むにも、下の段から積み上げなければならない。ここが内の至極であって、底から積むのである。忠信は金を貯める様に積む。樽に酒を詰めるにも、底から段々と詰まる。平日の誠を、今日も明日もと底から段々に積むこと。私の隠宅でも、庭の掃除が内を積む様なことである。それは人に見せるためのものではない。しかし、人が実に綺麗な庭だと言えば嬉しく思う。それは早くも外に付いたのである。内に積むというのは、女房にも知られない様に積むこと。それでよい人になることができる。ここは孔子の語から出たものだが、内の字と積の字で伊川の語となる。伊川が吸い口を離したのである。忠信は心のこと。内積も心のこと。言わなくてもよい処を積むのであり、そこが内なのである。何処かに届ける様なことはない。
【語釈】
・大学の誠意…大学章句6が誠意の章である。
・君子愼其獨…大学章句6「所謂誠其意者、毋自欺也。如惡惡臭、如好好色、此之謂自謙。故君子必愼其獨也」。
・はえ…椪。原木や米俵などを積み重ねたもの。

進德。学問する人は、ずか々々とゆく筈。そこてすすむと云。進ま子はただのなり。快いことなり。男子が生れると親もうれしかる。されとも此子は赤子のままでそだたぬならば嬉しくあるまい。赤子なれともたん々々大くなるでうれしい。そこか進むのた。進ま子ば役にたたぬ。忠信を積と人のからがちかふ。あたまて唯の人てない。垩賢に近ひぞ。是は目にみへぬ工夫ぞ。擇言。月日のま上。これも上の句内積忠信と大ふはなれたことてはない。業へ出たこと。毎日出ほふだいてはからになる。それゆへ垩賢言をえらぶ。大切言は心の花、内外一致。平生口上を愼てなければそわ々々になる。めったなことを云まい々々々とつつしむ。篤志と云は別にあるではない。言をえらぶの上の志を篤ふするなり。擇ぶはづじゃから擇ぶがよいなどとはかりなれば、えらびやうあつくないなり。俳諧師の季をえらぶやうなことではない。言の擇ひやう、志をあつふする、一つことにみよと朱子の云はれた。積内信は目にみへぬ。居業は弓なれはなり。ゆかけをもち、弓ひくやうなそ。忠信德をつむのた。積そふなと云はかりなり。業のみへる方、何ても職分だと、それを業にしてをるそ。毎日めったなことを云まい、毎日言をえらぶかをれがしごととこりぬこと。此二句て德業の工夫いたしかたを云のぞ。
【解説】
「所以進德也。擇言篤志、所以居業也」の説明。赤子が成長する様に、学問も進まなければならない。擇言篤志とは言を慎むことを篤く行うこと。居業とは弓懸を持って弓を引っ張る様なこと。業とは学業のこと。
【通釈】
「進徳」。学問をする人はずかずかと行く筈。そこで進むと言う。進まなければただの人である。進むとは快いこと。男子が生まれると親も嬉しがる。しかし、その子が赤子のままで育たなければ嬉しくはないだろう。赤子でも段々と大きくなるから嬉しい。そこが進むということ。進まなければ役に立たない。忠信を積むとその人の姿が違って来る。最初から只の人ではない。それは聖賢に近い。ここは目に見えない工夫である。「擇言」。月日のま上。これも上の句の内積忠信と大きく異なることではない。業へ出たこと。毎日出放題では空になる。そこで聖賢は言を択ぶ。大切言は心の花、内外一致である。平生口上を慎むのでなければ、心はそわそわとする。滅多矢鱈なことは言わないと慎む。「篤志」とは特別に何かあるわけではない。言を択ぶ上で志を篤くするのである。択ぶ筈だから択べばよいなどと言う様では択び方が篤くない。俳諧師が季語を択ぶ様なことではない。択言と篤志は一つのこととして捉えなさいと朱子が言われた。積内信は目に見えない。「居業」は弓の様なものであって、弓懸を持って弓を引く様なこと。忠信で徳を積むのである。しかし、積むことだそうだと言う人ばかりである。そして、業の見える方は何でもそれが職分だと思い、それを居業にしている。毎日滅多なことは言わない様にし、毎日言を択ぶのが自分の仕事と思って懲りないのが居業なのである。この二句で徳業の工夫仕方を述べているのである。
【語釈】
・ゆかけ…弓懸。弽。韘。弓を射る時、弦で指を傷つけないために用いる革の手袋。

知至云々。先是迠で德業をかたり、これからは知行。德に進み業にをる。幅の大いなれとも、わけて云へは、德に進むは知惠、業に居るは行の方。進德は知にあて、居業は行にあててみるのそ。知至至之。やはり大学の至善のある処。とどの学問の入口、知へ垩賢にいたるものしゃとしる。そこていこ々々とする。それか大学の致知なり。至知至之と孔子のいいきりたを、伊川の致知なりとした。求知所至云々。なんてあろふとも、先きの行つきばをしらずにはならぬ。京都へいくなれは、足は上總にをるとも大津のことをしらいてならぬ。そこて、やかていたること。然れは学者のかたじけない処はここた。吾れ人垩賢へ近付ことは未た々々はるかなことなれとも、至る処を知る。知ったとをりかやかて行に出る。知たなりをみかくのぞ。
【解説】
「知至至之、致知也。求知所至而後至之。知之在先」の説明。進徳は知、居業は行のこと。至る所を知って、知った通りを行に出すのである。先知後行である。
【通釈】
「知至云々」。先ずここまでで徳業を語り、これからは知行を語る。徳に進み業に居るのは幅の大いことではあるが、分けて言えば、徳に進むのは知恵、業に居るのは行の方のこと。進徳は知にあて、居業は行にあてて見なさい。「知至至之」。やはり大学の至善のあり処と同じ。つまりは学問の入口である知で聖賢に至るのだと知る。そこで行こう行こうとする。それが大学の致知である。「至知至之」と孔子が言い切ったのを、伊川が「致知也」と言った。「求知所至云々」。何であろうと、先の行き着き場を知らなければならない。京都へ行くのなら、足は上総にあっても大津のことを知らなければならない。そこで、やがて至ることになる。それなら、学者の忝い処はここである。我々は聖賢に近付くことはまだまだ遥かに遠いことではあるが、至る処を知り、知った通りがやがて行に出る。知った通りに研くのである。

故與幾云々。知と云ものの至極な処を云には、ちらりとした処を知るそ。そこて、ちらりとした思立から幾すべしと書た。可知と書ずに可幾すと書く。伽羅と抹香を知りわけるはあらいことなり。そこて、ものには幾の字をかく由来あり。書經にも、一日二日萬機ありと書た。面白あやなり。知るへしと書ずに幾すへしとかく。幾はもののちらりとした、目に見へず気付ぬほとのことも見てとるは幾。そこて委になる。うなる病人をは白人もしる。行尸立ち病を見て取るか医者ぞ。いくら飯を喰ても、あれはこちのものでないと云は幾すべしの医者ぞ。
【解説】
「故可與幾」の説明。可知と書かずに可幾と書いた。幾とはちらりとしたところを知ること。
【通釈】
「故與幾云々」。知というものの至極な処を言うためには、ちらりとした処を知らなければならない。そこで、ちらりとした思いが起こることから幾すべしと書いた。可知と書かずに可幾と書く。伽羅と抹香とを知り分けるのは粗いこと。そして、物事に幾の字を使うのには由来もある。書経にも、「一日二日萬機」とある。面白い綾である。知るべしと書かずに幾すべしと書く。幾はもののちらりとしたことで、目に見えず気付かないほどのこともそれを見て取るのが幾である。そこで委ねることができる。唸る病人は素人でも知ることができる。行尸立ち病を見て取るのが医者である。いくら飯を喰っていても、あの人は普通の者ではないと言うのが幾すべしの医者である。
【語釈】
・一日二日萬機あり…書経皋陶謨。「兢兢業業。一日二日萬幾」。
・白人…素人。

これ、知か学問の始と、ここを孔孟の語ですっはと語った。上は孔子の易に云れた言なれとも、取も直さず孟子の始條理だ。條理と云は、今番組一くさりを云、能の終りは笛太鞁てもしまふ。古代の樂も一と條理か金て始り玉てをさむ。是はあのときたれもよく知たことゆへ、孟子か借りてたとへた。ここに引は外ことでない。知惠が始め、行は終じゃときっとわけたもの。いつも云通、兎角俗学者は知惠を第二段に思ふ。それも尤ぞ。学者か只知て口はきけとも、実行はやだもの多し。丁ど、医者はよいが、病人をは殺すと云ては医者でない。誰も信せぬ筈。そこて、知はうけあいにくいもの。同落も知えからする。吾か黨ても太極圖をもよくすむか、さて、跡は不埒。それでは手形はかりで正金のないやうなことぞ。そこてとかく行ひ々々と云か、たたい其不埒か、致知か甲斐ないからあほふをする。大学の入口始めの処は知かさき。知て無ふて何を行ぞ。浅見子の、行ひは知より向え一寸も出ることのならぬものと云はそこなり。夜る急用の使かくる。先、行燈をつけて、そこて手帋紙をよむ。すればどの様なことでも知かさき。学問は知と云三番叟か初ら子ばとんとならぬことぞ。温公を無学と云も、知の三番双かない。日本ては菅相丞、儒家の祖とするなれとも、つまり行ひつり。三番叟の沙汰はきかぬ。
【解説】
「所謂始條理者、知之事也」の説明。「知至至之」と孔子が言い、孟子は「始條理」と言った。知が始めで行は終わりなのである。俗学は知恵を二番目にするが、それは尤もなことで、知の通りに行に出るのは難しいのである。しかし、致知をしっかりとしなければ、行は上手く行かない。知が先なのである。温公も菅相丞も致知がない。
【通釈】
知が学問の始めだと、ここを孔孟の語ですっぱりと語った。上は孔子が易で話された言だが、それは取りも直さず孟子の「始條理」のことである。條理とは、今、番組一くさりを言い、能の終わりは笛太鼓で仕舞う。古代の楽も條理があって、金で始まり玉で納める。これはあの当時、誰でもよく知っていたことだから、孟子が借りてここでたとえたのである。ここに引用したのは外でもなく、知恵が始め、行は終わりだとしっかりと分けたのである。いつも言う通り、とかく俗学者は知恵を第二段に思う。それも尤もなことである。学者は知って話をするだけで、その実行には欠点が多い。丁度、医者としてはよく知っているが、病人を殺すのでは医者ではないという様なもの。誰もその人を医者として信じない筈。そこで、知は請け合い難いもの。道楽も知恵から始める。我が党でも、太極図をもよくわかっていても、さて、その後は不埒をする。それでは手形ばかりで正金がない様なもの。そこでとかく行々とは言うが、そもそも不埒をするのは、致知をしっかりとしないからで、それで阿呆をするのである。大学の入口で始めの処は知が先。知がなくて何を行うのか。浅見子が、行いは知より向こうへ一寸も出ることのならないと言うのはそのこと。夜、急用の使いが来る。先ず行燈を点けて、そこで手紙を読む。よって、どの様なことでも知が先なのである。学問は知という三番叟が始まらなければ全く進まない。温公を無学だと言うのも知の三番叟がないから。日本では菅相丞を儒家の祖とするが、結局、彼は行い吊りで三番叟の沙汰は聞かれない。
【語釈】
・番組…「番頭」と書く書もある。
・金て始り玉てをさむ…孟子万章章句下1。「金聲而玉振之也。金聲也者、始條理也。玉振之也者、終條理也」。
・正金…①強制通用力を有する貨幣。紙幣に対して金銀貨幣をいう。②現金に同じ。
・三番叟…①能の「翁」に出る狂言方の役。三番三。②歌舞伎舞踊。能の「翁」を採り入れた式三番のうち三番叟を主として構成する。三番三。さんば。③演目の初めに演ぜられることから、物事の始め。幕開き。ここは③の意。
・温公…司馬光。北宋の政治家・学者。字は君実。涑水先生と称。1019~1086
・菅相丞…菅原道真。平安前期の学者・政治家。845~903

知終云々。知たとをりをしてゆく。これを力行と云。知と行かきれ々々なれは隣の宝た。行ひか知帯るてなけれはならぬ。知たなりを打ちやりてをけは貧子宝珠なり。金みたはかりて役に立ぬ。寒いとき、酒屋の前をとをり酒を見ても、こちのためにはならぬ。呑子はやくにたたぬ。呑むか行ひなり。其行ひは知てなけれはゆかれぬこと。知たなりをしとける処か力行なり。箱根と知てをるは致知なり。脚胖やわらじで樫木坂をだら々々のぼるか力行なり。偖爰に文字の見やうあり。上の句は致知ゆへ、知至か主なり。至之はそれからのことなり。下の句は力行ゆへ、終之か主なり。知終はとふからのことなり。上句て知の字を主にし、下の句て終の字を主にすること、これ致知が行ひのわけなり。灸てなくてはなをらぬと知て、四花のあついをこらへるは行ひそ。初の知に行ひはこもりて、灸すへ子ばならぬとずっと行へ出る。あつい々々々とこたへる行の中にえきあん、はや千壮すへた。きいたそうなと知る。
【解説】
「知終終之、力行也」の説明。力行とは、知った通りに行動すること。行は知を本にしなければならない。また、知っていても、行に出なければ役には立たない。
【通釈】
「知終云々」。知った通りにして行くこと、それを力行と言う。知と行いが切れ切れでは隣の宝。行いが知を帯びるのでなければならない。知ったまま打ち遣っておけは貧子に宝珠である。金を見ただけでは役に立たない。寒い時、酒屋の前を通って酒を見ても自分のためにはならない。呑まなければ役に立たない。呑むのが行である。その行いは知がなければうまく行かない。知ったままをし遂げる処が力行である。箱根だと知っているのは致知であり、脚半や草鞋で樫木坂をだらだらと登るのが力行である。さて、ここに文字の見方がある。上の句は致知だから「知至」が主である。「至之」とはその後のことである。下の句は力行だから「終之」が主である。「知終」はその前のこと。上の句で知の字を主にし、下の句で終の字を主にするのは、致知が行の基だからである。灸でなければ治らないと知って、熱いのを堪えるのは行いである。始めの知に行いがこもっていて、灸をすえなければならないと思って、ずっと行に出る。熱い熱いと堪える行の中にえきあんを千壮をすえた。それで効いた様だと知る。
【語釈】
・樫木坂…
・四花…艾の種類?
・えきあん…

知所終云々。丁どの知た所まてぼいつけた。上総にいて京へ心は行。それを品川、川﨑とじか々々ふんで幷木について行と、足か京をふむそ。小学の五十三次を行くと、孝子と云もの。そこを大舜にもをさ々々をとるまいと云ほとにもなる。それは彼小学て聞たのがこちものに成たのなり。守之在後云々。二百十日もすんて苅て来ぬ内はあてにならぬ。又そこてなけれはならぬ。只青田をみせて見事なれとも、米になりたと云はれぬそ。
【解説】
「既知所終、則力進而終之。守之在後」の説明。終わる所を知っても、そこへ向けて力進しなければ得るものはない。
【通釈】
「知所終云々」。丁度、知る所まで追い着くことができた。上総にいて京に心が行く。それを品川、川崎へとじっくりと踏みながら並木に沿って行くと、足が京を踏む。小学の五十三次を行くのは孝子というもの。そこで大舜にも殆ど劣ることはないだろうというほどにもなる。それは、彼の小学で聞いたことが自分のものとなったのである。「守之在後云々」。二百十日が済んでも、刈らない内は当てにはならない。そこで「力進」がなければならない。ただ見事な青田を見せても、それで米ができたとは言えない。
【語釈】
・ぼいつけた…追い着いた。

可與存義云々。行ひの方を義とかけたもの。行ひは義と云にきまる。義ををさへて爰にあるそと存の字なり。存は知た通りに爰にござる。何もかもをとさぬことぞ。知ぎりて紛失すると存すてない。学者か筭へたてる、大学致知々々といへとも、其知た通へ出ぬ。何もかも途中て落すによりて存するてない。知た通りに守あるを存と云。直方先生、行ひはせふ子が強くなくてならぬ。一番鑓の木口へ向たとき、誰も彼も一番乘をせふと云せふ子のとをるて存義と云もの。知たとをりに出たのあたまて武士が迯ますとは云はぬなれとも、さあと云ときになるがさいご、兼てのときかなくなる。いつも々々々存義と云てなけれはならぬ。日頃のなんぞのときをいかして落さぬことだ。小学にもある。令女耳鼻をたった。これかほんに存義のた。力行だ。今日の学者、知てもたち消へがある。婦人も夫とか死、髪をきるは貞を知たゆへ。それかそろ々々薄化粧して髪をのばす。とんと存義せぬものぞ。
【解説】
「故可與存義」の説明。行によって義を存する。知った通りに守り通すから義を存することができる。日頃の守が大切である。
【通釈】
「可與存義云々」。行いの方を義と掛けたもの。行いは義ということに詰まる。義を押さえつけて、ここにあるぞというのが存の字である。存とは、知った通りにここにあるということで、何もかも落とさないと。知だけで紛失すると存ではない。学者が大学の致知と言い立てるが、知った通りに出ない。何もかも途中で落とすから存ではない。知った通りに守があることを存と言う。直方先生が、行いは性根が強くなくてはならないと言った。一番鑓が切先に向った時、誰も彼も一番乗りをしようと性根が通るのが存義というもの。知った通りに出たのだから、最初から逃げますと武士は言わないが、さあという時になると最期、前々の義がなくなる。いつもいつも存義と言うのでなければならない。日頃から何かと義を活かして落さないこと。小学に令女が耳鼻を断ったとあるが、これが本当の存義であり、力行である。今日の学者は、知っても立ち消えがする。婦人も、夫が死んで髪を切るのは貞を知っているから。それが暫くすると薄化粧をして髪を伸ばす。全く意存義をしない。
【語釈】
・木口…①材木の等級または性質。②木材の切口。こぐち。③袋などの口につけた木のとって。
・令女耳鼻をたった…小学善行。「曹爽從弟文叔妻譙郡夏侯文寧之女、名令女。文叔蚤死。…令女聞即復以刀截兩耳居止常依爽…令女於是竊入寢室以刀斷鼻蒙被而臥」。

終條理聖之事也。つきにけり。力行をしてこちのものになる。そこて垩なり。知は垩人にならぬ前から何もかも知てもってをる。その知をづぶに知たとをりに出ると垩なり。知と行とそろは子はならぬ。此酒はよい酒と下戸も知たはかりて呑ことならぬ。今の学者酒を呑むと咄し出すやふなもの。腹中へいれずには行ひはない筈。知のことのときは虚言はない。佐原十郎ひよどりごへ、そなたはなるか。何としてだ。
【解説】
「所謂終條理者、聖之事也」の説明。知ったままを力行すれば聖となる。知と行が揃わなければならない。
【通釈】
「終條理聖之事也」。これに尽きる。力行をして自分のものになる。そこで聖なのである。知とは、聖人になる前から何もかも知って持っているもの。その知をそのまま知った通りに出せば聖となる。知と行とが揃わなければならない。下戸は、この酒がよい酒だと知っているだけで呑むことはできない。今の学者が酒を呑むと話し出す様なもの。腹の中に入れなければ、行いはない筈。知に虚言はない。佐原十郎鵯越、お前はできるか。どうしてできないのか。
【語釈】
・づぶ…ずぶ。全く。まるっきり。
・佐原十郎…佐原十郎義連。義経の武将。
・ひよどりごへ…鵯越。神戸市の市街地西部から六甲山地を越えて北西方に走る山路。1184年(寿永三)、源義経が一谷の平家の軍を襲撃しようとし、鷲尾三郎を先導として越えた難所。

此学之始終也。直方先生の此章を重ひ章に云れた。某か大学三綱領と云たは学之始終也しゃ。取肴に一寸と出たものてないと、学者にうかとよませぬためなり。学の始終つんとみゆるそ。学問は道中するのそ。道中するに碁盤迠持ていかぬ。道中は跡付胴竜に一所帯があるぞ。外はいらぬ。知行のどふらんあとづけて、すんと外はいらぬ。とかく学問始終か揃は子は成就せぬ。吾黨の学者知たはかり、高ぞれて行ひかない。俗学者、行はあるもあらんか知見かなしとも生れ付の一つだ。始終は知か初め、行ひか終りて、此二つて垩賢にも至る。直方云、王陽明は、足は達者なれとも下駄の歯か片々かけた。とんと歩行ことはならぬ、と。垩学は知行々々と云こと。鳥も片羽では飛ことはならぬ。鳥の片羽て飛れぬは三子も知ている。学者とかくに知ずりか行ひずり。片羽て飛ふとする。邵子は知すり、温公は行つり。そこて近思にのせられぬ。近思は元日あれは大晦日あり。そこを一歳と云。学問にもの好きの何のと云ことはない。垩賢の教の通にして手を入れぬこと。そこを知行始終と云。
【解説】
「此學之始終也」の説明。この章が大学三綱領と同じだと言った意味は、この章が学問の始終を語っているからである。知が始めで行が終わり。学問はこの知行で行うのであって、二つ揃えてどちらにも偏らず、聖賢の教えの通りにする。邵子は知に、温公は行に偏ったから、彼等の言は近思録に載らなかったのである。
【通釈】
「此学之始終也」。直方先生は、この章を重要な章だと言われた。私が大学三綱領と言ったのは、学之始終也だからである。取り肴に一寸出したものではないのであって、学者が迂闊に読むことのない様にするためである。学の始終がすっきりと見える。学問は旅をする。旅をするのに碁盤までを持って行くことはない。道中には跡付け胴乱が一所帯あればよく、その外のものは要らない。知行の胴乱跡付けをすれば、全く外のものは要らない。とかく学問は始終が揃わなければ成就しない。我が党の学者は知るだけで、高逸れていて行いがない。俗学者には行いはあるだろうが知見がない。しかし、それは生れ付きの一つである。始終は知が始めで行いが終りであって、この二つで聖賢にも至ることができる。直方が、王陽明は、足は達者だが下駄の歯の一方が欠けている。それでは全く歩き行くことができないと言った。聖学は知行ということ。鳥も片羽では飛ぶことができない。鳥が片羽で飛べないことは三つ子も知っている。学者はとかく知吊りか行い吊りで、片羽で飛ぼうとする。邵子は知吊り、温公は行い吊り。そこで近思には載せられない。近思には、元日もあれば大晦日もある。そこを一歳と言う。学問に、物好きの何のと言うことはない。聖賢の教えの通りにして手を加えないこと。そこを知行始終と言う。
【語釈】
・取肴…取り肴。①各自が分けて取るように折敷などに盛って出す酒の肴。②本膳料理で、三の膳の次に酒と共に出す肴。珍品などをとりまぜて折敷に盛り、最後に出るもので、その後は茶菓になる。
・跡付…跡付け。客を乗せた馬の尻に荷をつけること。また、その荷。
・胴竜…胴乱[どうらん]。革で作った方形の袋。薬・印・煙草・銭などを入れて腰に下げる。織物・羅紗製などもある。もとは銃丸を入れる袋だったという。銃卵。筒卵。佩嚢。
・王陽明…明の大儒。名は守仁。字は伯安。陽明は号。1472~1528
・邵子…邵康節。北宋の学者。宋学の提唱者。名は雍、字は尭夫。康節は諡。1011~1077


第七 君子主敬の条

君子主敬以直其内、守義以方其外。敬立而内直、義形而外方。義形於外。非在外也。敬義既立、其德盛矣。不期大而大矣。德不孤也。無所用而不周、無所施而不利。孰爲疑乎。
【読み】
君子は敬を主として以て其の内を直くし、義を守りて以て其の外を方にす。敬立ちて内直く、義形れて外方なり。義は外に形る。外に在るに非ざるなり。敬義既に立てば、其の德盛んなり。大なるを期せずして大なり。德孤ならざるなり。用うるとして周からざる所無く、施すとして利ならざる所無し。孰か疑を爲さん。
【補足】
この条は、程氏易伝の坤卦文言伝の注にある。

君子の学はまっさき心のこと。心に敬と云番を付る。心は形ない。どこへ行ふやらしれぬ。心の臟と一つ形したやふなれとも、形なさにかけ出したがる。能ひ分別も出る。わるい分別も出る。家来をはめくむが女房にはそへんと云も、心あてにならぬもの。そこで敬と云ものを番につける。直方先生、敬を主とせぬは守なしに子を遊はせる様なことぞ。もりがなければ井戸へも這入る。そこてもりをつける。それはとうしゃ。子ともは生もの。それて生たもりをつけて、守かいる。人形はすすける迠をいても置たなりてをる。心はいきもの。善ひ方へも悪ひ方へも飛て出る。直方先生、心は火に属する。瓶の水に氣をつけよとは云はぬ。たた火のもとを云。大釜の下へ手を入れて見ると云程に念を入る。同し五行なれとも金にも木にも用心はいらぬ。只火は油断ならぬ。心かそれなり。ちとゆるす、十方もない方へゆく。敬の番人かないと、とんなことか出来やふかしれぬ。面々心を以てをりながら、心の藥をもたぬはどふた。蝮ををそれて蝮の藥はもってをる。蝮はたまさかのことそ。心は二六時中不断のことなから、心に氣かつかぬ。心はをき処をどこにをかふと思ふべし。そこか敬。馬は厨につなく。心は二階に上けをくと云こともならす、兎角物にさは々々する。それをしゃんとするが敬そ。紙へぶんちんををく。そこて飛はぬ。それか敬なり。直と云か心の本来本然なり。大学で正心の正の字もこれて、易て直内は敬てをちつく。そふする、直くなる。直はゆかまぬ。然れば正も直もまっすく。易も大学も一つこと。心に形ないゆへ、外に手をつけられぬ。主敬と内か直くなる。
【解説】
「君子主敬以直其内」の説明。心は形がないから何処へでも行ってしまう。また、五行の中では火に属し、他の行とは違って油断ができないものである。そこで敬という番人が要る。心の置き所が敬である。直とは心の本然であり、歪まないこと。敬によって内を直にする。
【通釈】
君子の学は、先ず心のことから始まる。心に敬という番を付ける。心には形がないから何処へ行くやら知れない。心の臓と言って一つ形がある様に思えるが、形がないから駆け出したがる。能い分別も悪い分別も出る。家来には恵むが女房には疎遠というのも、心が当てにならないから。そこで敬という者を番に付ける。直方先生が、敬を主としないのは守なしで子を遊ばせる様なことだ、守がなければ井戸へも這入ると言った。そこで守を付ける。それは何故か。子供は生き物なので、生きた守を付ける。守が必要なのである。人形だったら煤けるまで置いていても、置いた形のままで居る。心は生き物。善い方へも悪い方へも飛んで出る。直方先生が心は火に属すると言った。瓶の水に気を付けろとは言わない。ただ火の元に気を付けろと言う。大釜の下に手を入れて見るというほどに念を入れる。同じ五行であっても、金にも木にも用心は要らない。ただ火は油断がならない。心がそれと同じ。少し気を許すと途方もない方へ行く。敬の番人がいないと、どんなことが起こるのか知れない。人はそれぞれ心を持っておりながら、心の薬を持たないのはどうしたわけか。蝮は恐いので、蝮の薬は持っている。しかし、蝮は稀である。心は二六時中絶え間ないことなのに、心に気が付かない。心の置き処を考えなければならない。その置き処が敬である。馬は厨に繋ぐ。しかし、心は二階に上げておくこともならず、とかく物に引かれる。それをしゃんとするが敬である。紙に文鎮を置く。そこで飛ばない。それが敬である。直と言うのが心の本来であり、本然である。大学にある正心の正の字もこれで、易で言う直内は敬で落ち着く。そうすると、直くなる。直は歪まない。それで正も直も真っ直ぐなのである。易も大学も同じことを言う。心に形がないから外に手を付けられない。主敬で内が直くなる。

守義。身の上のことそ。爰か垩学の揃たこと。心は身の主なれとも、内の心はかりでなく、外の身について義と云もの、わざの上から身にかかる。内から内藥、外から膏藥。内外からせ子はならぬ。義は道理の曲尺。心がよいから如在ないと云てまきらかす。裸では、礼は勤らぬ。方にすとは行義にかけて云。打みた処。云分んない。口ばしの入られぬやう。一体道理からする。そこて、学問此内外より外ない。君子の学問は敬義て建立する。敬立の敬の字、しるしの上のこと。敬以の敬の字は工夫。敬立は敬か崩れぬこと。心と云は形ない。敬も形ない。形ないもののもりに形ないものてする。何ことも立と云字か大切なり。人の心立つたたたぬと云はどふなれば、河豚汁をばくわぬかくご。そこを立と云なり。処を今日のは挌別、一盃食ふと云へは立たとは云れぬ。賄賂も今日のは挌別と云てとれば立ぬのぞ。つまり敬の崩れぬこと。
【解説】
「守義以方其外。敬立而内直」の説明。聖学には敬と義とが揃ってある。内には心があって、身には義ある。この敬義が学問の全てである。「義」は道理の尺度であり、「方」はそれが行儀に出ること。「立」とは敬が崩れないこと。
【通釈】
「守義」。身上のこと。ここが聖学の揃ったところ。心は身の主だが、内にある心だけではなく、外側の身に関して義というものがあり、業の上で身に掛かる。内からは内薬、外からは膏薬、内外双方からしなければならない。義は道理の曲尺。心がよいから如在ないと言って紛らかしても、裸で礼は勤まらない。「方」とは行儀に掛けて言ったこと。見た処に文句の付け様がなく、口出しのできない様なこと。全て道理から出る。そこで、学問はこの内外より外はないのである。君子の学問は敬義で建立する。「敬立」の敬の字は表に表れたところで言い、「敬以」の敬の字は工夫で言う。敬立は敬が崩れないこと。心は形がない。敬も形がない。形のない心の守を形のない敬でする。何事も立という字が大切である。人の心が立ったとか立たないとかと言うのはどうしたことかというと、河豚汁を食わない覚悟をする、それを立と言う。ところが、今日は特別に一盃だけ食べようと言うのなら、立ったと言うことはできない。賄賂も今日は特別だと言って受け取れば立たない。つまり立つとは敬の崩れないこと。
【語釈】
・打みた…打ち見る。「見る」を強めていう語。

義形る。義は天性の義なり。其義が出る。形の上へ、事の上へ出て申分ないことなり。内斗りてない。外も別なことなれとも、克己復礼もそれなり。私に克は心のこと。礼に復るは外まてを云なり。仏は内かよけれはをとりを踊てもよいと云。そこて唄も舞も法の道と心斗をしごとにすることだ。日頃孝行て心に如才ないと云ても、親の前へ足を出しては義と云ふか崩れたのぞ。非礼勿れと云、皆外を愼むのそ。外をいらぬと云は仏見なり。上下を着て居ても、心かそでないなれは役に立ぬ。主人の前てあくらをかいて、心か忠信ても端的、其まますててをかれぬ。日用のかるい業てもすてぬこと。義と云ものからなり。そこて垩賢のは重ひ軽いと云せぬ。義あらはれ軽ひなれとも、平生ささいなことをしこむ。そこて心をみかきあけ、形ちをもみかきあけるそ。学問は心と身の二つ。心の中を掃除して、からだのなりをよくする。きせるを能通しても、吸口やらうに外へどろをぬりては呑れぬ。内外と云はうこかぬことぞ。塩梅さへよけれは切り方はどふてもよいと抓みちらしては料理てはない。揃は子はならぬ。そろはぬと本のものでない。是でも、堪忍せよ、得手不得手のあると云は人を評する上には扱ふて云ふこと。学問はそろへてぎり々々につめることなり。学問の綱領はこの章のやうにすること。内好きの、外好きのと云がとかくある。朱子の学朋でも張南軒は内つり。呂東莱は外つり。陸象山、陳同甫なとは学筋かとんと違ふてをれとも、これを象山は内すりづぶの禅学なり。同甫は外すり、づぶに功利の学なり。そろはぬ。火事にうろたへぬは心、消しやうが上手と云ものなり。内の心と外の事とそろふことなり。武勇は心なれとも、軍法と云事かぬけるとかたれぬ。とかく揃は子はならぬ。
【解説】
「義形而外方」の説明。仏教は内を重視するが、聖学では内外共に重要だとする。克己復礼の克己は心のことだが、復礼は外を含めて言うこと。内がよいだけでも、外がよいだけでもいけない。日頃の些細な事で心を研き上げ、そして形も研き上げるのである。片吊りでは悪い。
【通釈】
「義形」。義とは天性の義のこと。その義が出る。形の上、事の上に出て申し分ないこと。内だけではない。外も格別なことであって、「克己復礼」もそれである。私に克つのは心のこと。礼に復るのは外まで含めて言うこと。仏は内がよければ踊りを踊っていてもよいと言う。そこで唄も舞も仏法の道と、心の方だけを仕事にする。日頃孝行で心に如才ないと言っても、親の前に足を出しては義が崩れたというもの。「非礼勿」と言うのも皆外を慎むこと。外を要らないと言うのは仏教の見識である。逆に、裃を着ていても、心が悪ければ役に立たない。また、心が忠信であっても主人の前で胡坐をかいていれば、つまりはそのままに捨てては置けない。日用の軽い業でも捨てない。義ということからする。そこで聖賢は重いとか軽いなどとは言わない。義形は軽いこともあるが、その平生の些細なことを仕込むのである。そこで心を研き上げると共に、形をも研き上げる。学問は心と身の二つ。心の中を掃除して体のなりをよくする。煙管の穴を能く通しても、吸口や羅宇の外側に泥が付いていれば呑むことはできない。内外が重要なのは確かなこと。塩梅さえよければ切り方はどうでもよいと言って抓み散らすのは料理でない。揃わなければならない。揃わなければ本物ではない。これで堪忍してくれ、人には得手不得手があると言うのは、人を評する際に使う言葉。学問とは、揃えてぎりぎりに詰めること。学問の綱領はこの章の様にすること。内好きや外好きということがとかくある。朱子の学朋でも、張南軒は内吊り。呂東莱は外吊り。陸象山と陳同甫は学筋が全く違っているが、象山は内吊りの禅学で、同甫は外吊りの功利の学である。彼等は揃っていない。火事に狼狽えないのは心のことであり、それで火の消し方が上手なのである。内の心と外の事とが揃う。武勇は心のことだが、軍法という事を抜いては語れない。とかく揃わなければならない。
【語釈】
・克己復礼…論語顔淵1。「顏淵問仁。子曰、克己復禮爲仁。一日克己復禮、天下帰仁焉」。
・非礼勿れ…論語顔淵1。「顏淵曰、請問其目。子曰、非礼勿視。非礼勿聽。非礼勿言。非礼勿動」。
・らう…羅宇。煙管の火皿と吸口とを接続する竹管。
・張南軒…名は栻。字は敬夫。1133~1180
・呂東莱…呂祖謙。南宋の儒者。字は伯恭。号は東莱。浙江金華の人。呂本中に対して小東莱と称。1137~1181
・陸象山…南宋の大儒。名は九淵。字は子静。象山・存斎と号。文安と諡す。1139~1192
・陳同甫…

非在外也と、この句は云はずとすむことなれとも、告子の義外と云説あるゆへ、念を入子はならぬ。義は内にあるものの外にあらはれのぞ。告子流ではないと云こと。少し似たことある、はや山師がつく。学者もそれなり。孟子が告子を辨する其跡へ徂徠が出て、告子がよい、告子か云つめられたてはない、孟子か不合点ゆへ、告子は搆はぬ、と。これ、山師の見立たのなり。何事も念を入るか道の任なり。易て義を外に属したを、そりゃ告子と云たかる。そこへ念を入れた。告子のは、堺丁の役者が皃を赤くぬるやうなそ。義形於外は、酒を呑で赤くなるのぞ。内にあるものかあらわれることなり。何がせふこなれば、君前で上下着て行義よいは、心持わるそふなものを心持よい。上下と行義は義で外なれとも、心が得心ゆへ心持よい。君前て寢て居ては心よくない。義は内にあるに極りた。屏風の大文字は外なれとも、それか倒に立てあると心持わるいやうなもの。たて直すと心持よい。義は内なり。
【解説】
「義形於外。非在外也」の説明。告子が義は外にあると言うので、それに対して「非在外也」と言った。易では義が外に属すとしているが、義は心にあるものが外に現れたのである。告子の主張は化粧で顔が赤くなる様なもの。孟子の主張は酒で顔が赤くなる様なものである。義は内にある。
【通釈】
「非在外也」。この句は敢えて言わなくても済むことだが、告子の義外という説があるから念を入れなければならなかったのである。義は内にあるものが外に現れたのである。告子流ではないということ。少し似たことがあると、直ぐに山師が付く。学者もそうである。孟子が告子を弁じた後に徂徠が出て来て、告子の考えが正しい、告子は言い負かされたのではなく、孟子は聞き分けが悪いから、告子はそれ以上構わなかったのであると言う。これが山師の見立てである。何事も念を入れるのが道の任である。易で義を外に属すとしたので、やはり告子が正しいと言いたがる。そこで念を入れたのである。告子の主張は、堺町の役者が顔を赤く塗る様なこと。「義形於外」は、酒を呑んで赤くなることである。内にあるものが現れること。その証拠は何かと言うと、君前で裃を着て行儀をよくするのは心持ちの悪そうなことだが心持がよい。裃と行儀は義で外のことだが、心が得心するので心持がよくなる。君前で寢ていては心持ちがよくない。義は内にあると言うのはこれで極った。屏風の大文字は外のことだが、それが逆さに立ててあると心持ちが悪い様なもの。立て直すと心持ちがよい。義は内である。
【語釈】
・告子の義外と云説…孟子告子章句上4にある告子の仁内義外の論である。
・堺丁…東京都中央区蠣殻町の北にあった町。江戸時代に歌舞伎・浄瑠璃・操芝居などがあり繁昌した。

其德盛矣。垩学の大事はたった二字。敬義二つしゃ。内か敬で張りあり、さて、事ざへあらはれた処。道理に背かぬか義ぞ。これはならぬことでない。今日はっきりとして、何ぞのときしゃんと起上るか敬。さて、身の上それ々々の道理に吟味を掛るか義なり。雲にかけ橋てない。其敬を主として義を守るなり。その工夫のつまるを敬義立と云。成程、一粒てきく藥あると云かここぞ。只敬義と二字簡小に出して、さて、德盛とにきやかに出した。其筈そ。この塲になると垩賢そ。学者、敬義の工夫からこうなる。不期大とはをふきいと云氣もなくて大い。迂斎の、冨士は大い氣でなくて大い。学者、敬義の工夫をしてみる、思もよらす大な垩賢の塲にゆくそ。
【解説】
「敬義既立、其德盛矣。不期大而大矣」の説明。敬で内を張り、道理に従って出るのが義である。敬義が立てば聖賢の域に至ることになる。
【通釈】
「其徳盛矣」。聖学に大事なのはたった二字で、敬と義の二つである。内が敬で張られ、心が業に現れたて道理に背かないのが義である。これはできないことでない。今日はっきりとわかり、何かの時にしっかりと起き上るのが敬。さて、身の上にあるそれぞれの道理に吟味を掛けるのが義である。それは、雲に架け橋ではない。敬を主として義を守るのである。その工夫の詰まったところを「敬義立」と言う。なるほど、一粒で効く薬があると言うのがここ。ただ敬義の二字を簡捷に出して、さて、徳盛と賑やかに出した。その筈で、この場になるともう聖賢の域である。学者の敬義の工夫からこうなる。「不期大」とは、大きくなりたいという気もなくて大きいこと。迂斎が、富士は大きくなりたいと思わないが大きいと言った。学者が敬義の工夫をしてみると、思いも寄らず大きな聖賢の場に行くのである。

德不孤云々。論吾とは文義が違ふ。論吾はわれひとりでない。向からもと取る文義なり。爰は我一人て云こと。それは道德のさひしくないこと。老仏は德あれとも淋ひ。片々の方へ隠居したやうな道德になる。垩学は敬義の工夫。内外て仕上る。そこて不孤なり。丁と、隠者のよい道具を一つもってひけらかすのそ。大名は何てもある。茶湯道具から櫻田の番所を勤るまて一切ある。不孤と云。づんと徳不孤は大ふ大いことだ。とんと靖献遺言や小学の善行と云はあれぎりのことだ。火はやけ、水はなかれするぎりだ。垩賢の道は大問屋。何も角もある。士不可以弘毅は德不孤なることぞ。そこで子張、執德不弘と云は德の孤と云ものなり。難いと云学者あり。高いと云学者あり。皆片つり。得手かたと云内は孤と云ものぞ。山か何と動まいかと自慢し、谷がいつもしめると云様に一方つく。それは垩学てない。天地は皆そろふ。两方て全備することそ。片々てならぬ。傷寒がむづかしさに傷寒医者と云て調法なやふなれとも、たたい何に病ても直すてなけれは本の名医てない。一向ではかたづりぞ。義之子昴は日本へきたらはいろはをもよく書ふそ。手跡が表裏つきぬいて不自由てない。
【解説】
「德不孤也」の説明。徳不孤は、論語本来の文義では、必ず賛同者があるということ。しかしここでは、敬と義とが揃うことを意味する。天地が皆揃っている様に、敬義が揃わなければ聖学ではない。
【通釈】
「徳不孤云々」。ここの文義は論語のものとは違う。論語は自分一人ではなく、向こうからも理解者が出るとする文義である。しかし、ここでは自分一人のことについて言う。それは道徳が淋しくないということ。老仏は、徳があっても淋しく、一方に隠居した様な道徳となる。聖学は敬義の工夫で、内外で仕上げる。そこで不孤である。老仏の道徳とは、丁度隠者が一つのよい道具をひけらかす様なもの。大名は何でも持っている。茶湯道具から櫻田門の番所を勤めることまで、全部ある。それを不孤と言う。徳不孤は大分大きいこと。靖献遺言や小学の善行というものは、全くそれだけのこと。火は焼け、水は流れるだけである。聖賢の道は大問屋と同じで何でもある。「士不可以弘毅」は徳不孤ということ。そこで子張が「執徳不弘」と言ったのは、徳の孤についてのことである。これを難しいと言う学者がいる。高過ぎると言う学者もいる。皆片吊りである。得手方を言う内は孤である。山が絶対に動かないことを自慢し、谷がいつも湿っていると自慢しても、それ等は一方に付いているのであって、それでは聖学でない。天地は皆揃っている。両方で全備するのである。一方ではいけない。傷寒は難病なので、傷寒医者という専門医がいて調法な様だが、大体、どの様な病でも治すのでなければ本当の名医ではない。一方しか見なければ片吊りである。王羲之や陳子昴は日本に来たら、いろはをもよく書くだろう。それは、手跡が表裏を突き抜いて不自由でないからである。
【語釈】
・德不孤…論語里仁25。「子曰、德不孤、必有隣」。
・靖献遺言…浅見絅斎著。
・士不可以弘毅…論語泰伯7。「曾子曰、士不可以弘毅。任重而道遠。仁以爲己任。不亦重乎。死而後已。不亦遠乎」。
・執德不弘…論語子張2。「子張曰、執德不弘、信道不篤、焉能爲有、焉能爲亡」。
・傷寒…漢方医学で、急性熱性疾患の総称。今の腸チフスの類。
・義之…王羲之。東晋の書家。字は逸少。右軍将軍・会稽内史。楷書・草書において古今に冠絶、その子王献之と共に二王と呼ばれる。「蘭亭序」「楽毅論」「十七帖」などの作がある。307?~365?
・子昴…陳子昂。初唐の詩人。字は伯玉。四川の人。詩の上で復古を唱え、文もまた時調をしりぞけて素朴。則天武后の時、右拾遺となる。著に「陳伯玉文集」がある。661~702

無所用而云々。此から敬義の德をほめるそ。用るはことをする上なり。とんと何所までも届ぬ所はない。無所施而云々。切れる庖丁て切る。切れぬことはない。鯛の頭をわるなれは、鯵のきれぬことはない。才力あっても其ぎりて、外のことにつかわれぬなれは孤と云た。纏奉行にはよけれとも、奥家老にはさわかしくてならぬと云は周てない。孰爲疑乎。人の方てもわか方ても云はるるなれとも、手前の方て云ふがよい。直方先生、手前の方に云はれた。敬義二字を持つと二の足はふまぬ。只の人は二の足だ。天下のことに何にかけても丈夫なり。疑ぬなり。そふした人は人の方ても、あの人に於てはと疑なくほめるか、其れと云も我方て疑はす丈夫じゃによって、人の方もそれなり。然れば、我方で云がよし。譬ば足の丈夫なによって、上総から江戸へ日着にもなる。請合て日付の飛脚に立て疑はぬ。そふした達者な足じゃから、そこで隣の亭主もあの人は日高に江戸へ行くと云。これ、人の方ても疑はぬなり。つまり、学問この様になるてなくては頼母敷ない。俗学は一生うろ々々なり。ここに目が付ても、吾も人も猫のをきをせせるやうしゃ。つまり敬義内外からゆかぬゆへなり。
【解説】
「無所用而不周、無所施而不利。孰爲疑乎」の説明。敬義が揃えば届かないことはない。この敬義を持てば疑いなく進むことができる。学問は疑いのないものでなければならない。敬義内外から学問を始めなければ、猫が荻に遊ぶ様なものである。
【通釈】
「無所用而云々」。ここから敬義の徳を褒める。「用」は、事をする上でのこと。全く何処までも届かない所はない。「無所施而云々」。切れる庖丁で切るから、切れないことはない。鯛の頭を割ることができる包丁であれば、鯵を切れないことはない。才力があってもそのままで、外のことに使われなければ孤であると言う。纏奉行にはよいが奥家老にするには騒がし過ぎるから駄目だというのでは「周」でない。「孰爲疑乎」。これは他人の方でも自分の方でも使える語だが、自分について言うのがよい。直方先生は、自分の方として言われた。敬義の二字を持つと二の足は踏まない。普通の人は二の足を踏む。天下の諸事、何でも丈夫に行う。それを疑わない。その様な人に対しては、他人の方でもあの人はと疑いなく褒めるが、それというのも自分の方が疑わずに丈夫だから、それで他人もその様に思う。そこで、自分の方で言うのがよい。たとえば、足が丈夫だから上総から江戸へ日着けもできる。請合いで日着の飛脚に立つにも疑いはない。そうした達者な足だから、そこで隣の亭主もあの人は日中に江戸に着くと言う。それで、人の方でも疑いはない。つまり、学問はこの様になるのでなくては頼もしくない。俗学は一生うろうろとしている。ここに目が付いても、皆猫が荻にじゃれる様である。つまりそれは敬義内外から始めないからである。
【語釈】
・日着…日着け。その日のうちに目的地へ達すること。
・日高…日のまだ高いこと。日中。
・をき…荻。イネ科の多年草。多くは水辺に自生、しばしば大群落を作る。
・せせる…①つつく。ほじくる。②もてあそぶ。からかう。


第八 動以天爲无妄の条

動以天爲無妄。動以人欲、則妄矣。無妄之義大矣哉。雖無邪心、苟不合正理、則妄也。乃邪心也。既已無妄、不宜有往。往則妄也。故無妄之彖曰、其匪正有眚。不利有攸往。
【読み】
動くに天を以てするを無妄とす。動くに人欲を以てすれば、則ち妄なり。無妄の義は大なるかな。邪心無しと雖も、苟も正理に合わずんば、則ち妄なり。乃ち邪心なり。既已[すで]に無妄なれば、往く有るに宜しからず。往かば則ち妄なり。故に無妄の彖に曰く、其れ正しき匪[あら]ざれば眚[わざわい]有り。往く攸有るに利しからず、と。
【補足】
この条は、周易程氏伝の無妄卦の注にある。

先日好学論ても学問は氣を出さすに理はかり出せと云た。本因坊は碁を理なりに打、能書は理なりに書。そこでよい。学者が氣のどみにちぢける手を出す。はや氣のかぶれか出る。親に向。氣のよごれかひく。君の前も氣のかぶれか出る。其氣のよこれかびのないをこの条て語る。易の无妄の卦は理にさし水のせぬこと。凡夫には万事さし水かする。そこてよこれにごる。臭氣あり。臭氣有れは臭味あるなり。某か井戸の水のやうなり。无妄はきっ水、よこれはないこと。そこて一寸と動くも天理なりだ。動と云字からかけたが面白ひ。天雷无妄ぞ。卦のもちまいゆへ、動の字が掛る。凡夫は、動けはほろを乱すそ。だまってをれば未しも知れぬ。一寸と口をきく。はや天に背たことを云。手を出すと化の皮をあらはす。君子は一寸しても、心身のことが皆理なりが出る。動くは、ややもすると云訓。よい和訓そ。是は不断の働き。爰ははしのあけをろしそ。凡夫は箸のあげをろしも人欲。よく々々しゃ。十五夜の月にふっと雲が掛ると不機嫌て、昼から月の仕度をしたにこれはと、人欲てかかる。皆氣のことなり。无妄はひょいひょいと理なりに出る。太極の働きだ。無妄を迂斎の弁に、指て丸を書ては丸く書やうても天理から出ぬゆへ出来ぬ。理なりの分廻しか無妄そ。好言令色も天理てないから妄そ。
【解説】
「動以天爲無妄。動以人欲、則妄矣。無妄之義大矣哉」の説明。无妄とは気の被れがなく、天理の通りのこと。凡夫は少し動けば襤褸を出すが、それは人欲によるもの。君子は理の通りに出る。
【通釈】
先日の好学論のところでも、学問は気を出さずに理だけを出せと言った。本因坊は碁を理の通りに打ち、能書は理の通りに書くからそこでよい。学者は気の澱みに縮けた手を出す。早くも気の被れが出る。親に向かえば気の汚れが引く。君前でも気の被れが出る。その様な気の汚れや黴のない状態をこの条で語る。易の无妄の卦は理に差し水をしないということ。凡夫には万事に差し水がある。そこで汚れて濁り、臭気がある。臭気があれば臭味がある。それは私の井戸の水の様。无妄は生粋で汚れのないこと。そこで一寸動くのにも、天理の通りである。動という字から掛けたのが面白い。天雷无妄である。卦の持ち前だから、動の字が掛かる。凡夫は、動くと襤褸を乱す。黙っていればまだしも知られることはないのに、一寸口を開けば直ぐに天に背いたことを言う。手を出すと化けの皮を現す。君子は一寸したことでも、心身のことが皆理のままに出る。動くは、ややもするとという訓がある。よい和訓である。これは日頃の働き、ここは箸の上げ下ろしのこと。凡夫は箸の上げ下ろしも人欲。よくよくなことである。十五夜の月にふっと雲が掛かると不機嫌になり、昼から月見の仕度をしたのにこれではと、人欲で掛かる。皆気によるもの。无妄はひょいひょいと理の通りに出る。それは太極の働き。无妄を迂斎が弁じるのに、指で丸を書くと丸く書いた様でも天理から出ないから丸くはならないと言った。理の通りにコンパスを使うのが无妄である。巧言令色も天理でないから妄である。
【語釈】
・好学論…為学3。
・どみ…澱み。どんより。
・天雷无妄…易で震下乾上の卦を无妄(天雷无妄)と言う。「象曰、天下雷行、物與无妄」とある。
・分廻し…規。コンパス。
・好言令色…論語学而3。「子曰、巧言令色、鮮矣仁」。陽貨17にもある。

雖無邪心。无妄の吟味のこまかなことから一つ云。邪心は理を非にまけることた。其様は、邪心はなくはゆるせなれとも、邪心ないとてもゆるされぬ。御姫さまに上けたひは邪心てはなけれとも、鯖の鮓を献しては妄なり。湯とり飯の処へは、きすあいなめとくるか正理なり。朱子の、楊墨のやうなものはわるきでないなれとも、正理に合ぬ。老仏もそれ。悪る心はないなれとも、道理に合ぬにこまる。それか指のぶんまわし。そこて出きぬ。本んの分ん廻てなけれはならぬ。そこで是程のくわしいことじゃによって、迂斎、致知格物精義入神てなけれはならぬと云た。邪心なくは許すは白徒のときのこと。无妄ではゆるされぬ。迂斎の、この白湯はと云ふ。何とも名のつけられぬ湯、これ妄なり。にごれば邪なり。そふもないが御前へ上けられぬ。白湯と云は。此鰹よせと云のは邪の方そ。随分くへるではあれとも、どふも歴々へは上けられぬと云。我々式はくい、女房にもくはせる。この吟味、ここが近思だ。義理精微近思録尽之とはここを云たもの。
【解説】
「雖無邪心、苟不合正理、則妄也」の説明。邪心がなくても、正理に合わなければならない。それは妄である。楊墨も老仏も邪心はないが理に合わない。无妄でなければならない。
【通釈】
「雖無邪心」。无妄の吟味で細かなところを一つ言う。邪心とは、理を非に枉げること。貴方は邪心がなければ許せと言うが、邪心がないからといっても許されない。御姫様に献上したいと思うのは邪心でないが、鯖の鮓[すし]を献じては妄である。湯取飯を食す様な処へは、きすやあいなめを献じるのが正理である。朱子が、楊墨の様な者は悪気でしているわけではないが、正理に合わないと言った。老仏も同じであって、悪心はないが道理に合わないから困る。それが迂斎の言う指のコンパスであって、それでは丸はできない。本物のコンパスでなければならない。无忘の吟味ははこれほど詳しいことだから、迂斎が、致知格物精義入神でなければならないと言った。邪心がなければ許すというのは白徒の場合のこと。无妄では許されない。迂斎が、この白湯は何かと言った。何とも名が付けられない湯が妄である。濁れば邪である。それほどでなくても御前へは上げられない。この白湯は妄である。この鰹を食べるのはよせと言うのは邪の方である。結構食えそうだが、どうも歴々には上げられないと言う。我々の様な者は食い、女房にも食わせる。この吟味が近思である。「義理精微近思尽之」とはここを言ったもの。
【語釈】
・其様…あなた。おまえさま。
・精義入神…易経繋辞下伝5。「易曰、憧憧往來、朋従爾思。子曰、天下何思何慮。天下同歸而殊塗、一致而百慮。天下何思何慮。日往則月來、月往則日來、日月相推而明生焉。寒往則暑來、暑往則寒來、寒暑相推而歳成焉。往者屈也、來者信也。屈信相感而利生焉。尺蠖之屈、以求信也。龍蛇之蟄、以存身也。精義入神、以致用也。利用安身、以崇徳也。過此以往、未之或知也。窮神知化、德之盛也」。
・白徒…素人。
・義理精微近思録尽之…義理精微近思録に之を尽す

正理に合ぬが妄ぞ。そこが乃邪心じゃ。漢唐の間にこのやうな語はない。邪心ないと油断する。ゆたんはならぬ。そこが直に邪心なり。懈意一生便自棄自暴と同しこと。油断はならぬ。懈意一生と云は、今日は草臥たとて、終ひ講学をもせぬ。それか直に自棄自暴と、さて々々親切そ。自暴自棄と邪心は片の付たわるいのぞ。そこを便の、乃のと、それかはやと云字て、それかもふと油断させぬ。迂斎の長病の同変々々と云は、さわくことはなけれとも、乃邪心なりだ。死の方へちかひ。妄と云かはや邪心なり。无妄と云塲は至極のぎり々々の処た。某きり々々きりもみの処を外へゆく。はや妄へ足をやりたのだ。无妄でよいのに往則妄。迂斎、花のたとへあり。投入ずっと水仙を入た。それてよいそ。そこへ手をそへるとはや妄。髪結か櫛の歯毛筋通りた。それをもふ一つ櫛を入る、はや妄しゃ。
【解説】
「乃邪心也。既已無妄、不宜有往。往則妄也」の説明。邪心がなければ、つい油断をする。油断をすれば直ぐに邪心となり、自棄自暴になる。また、无妄に手を加えてはならない。手を加えれば、妄となる。
【通釈】
正理に合わないのが妄。そこが「乃邪心」である。漢唐の間にこの様な語はない。邪心がなければ油断をするが、油断をしてはならない。そこが直に「邪心也」である。「懈意一生便自棄自暴」と同じこと。油断はならない。懈意一生とは、今日は草臥たのでつい講学をもしない。それが直ぐに自棄自暴と言う。実に親切なことである。自暴自棄と邪心は、決まり切った悪いこと。そこを便や乃と、早くもという意の字で、それが直ぐに無妄になると言って油断をさせない。迂斎が、長患いの人が同篇と言うのは騒ぐことではないが、「乃邪心也」であり、死の方に近いと言った。妄が早くも邪心となる。无妄の場は至極のぎりぎりの処である。ぎりぎりの錐揉みの処を外に往けば、早くも妄の場に足を入れたのである。无妄でよいのに「往則妄」である。迂斎に花のたとえがある。投げ入れで、ずっと水仙を入れる。それでよい。そこに手を添えると直ぐに妄。髪結いは櫛の歯を毛筋に沿って通す。もう一回櫛を入れれば、直ぐに妄である。
【語釈】
・懈意一生便自棄自暴…為学35。
・同変…同篇。同じさまであること。変りのないこと。また、病状に変化のないこと。

故无妄之彖曰其匪正有眚。无妄へ手を入るる、以の外なり。尊圓の御筆に手を入ては大のあやまち。無妄なれは手をつけぬ。无妄と云にいじる筈はない。達者なものに持藥はわるい。火事のないのに火消が欠出せば不利有攸往と云ものそ。道理は天地からはえぬきぞ。无妄は魚の水中にをるのそ。魚か水はなれよふとする、不利有攸往なり。とかく私はと云へは妄そ。天なりが无妄ぞ。私は徂徠てもなけれとも、朱子をは信せぬと云類、皆私そ。理なりはさっはりしたもの。色々あやしきは妄なり。理なりを无妄と云。
【解説】
「故無妄之彖曰、其匪正有眚。不利有攸往」の説明。无妄は理の通りだから、これに手を加えてはならず、无妄から離れてはならない。理の通りで私のないことが必要である。
【通釈】
「故无妄之彖曰其匪正有眚」。无妄に手を入れるのは以ての外のこと。尊円の御筆に手を入れては大きな過ち。无妄であれば手を付けない。无妄と言うのだからいじる筈はない。達者な者に持薬は悪い。火事がないのに火消が駆け出せば「不利有攸往」というもの。道理は天地からの生え抜き。无妄は魚が水中にいるのと同じこと。魚が水を離れようとすれば、不利有攸往である。とかく私はと言えば妄である。天のままが无妄である。私は徂徠派ではないけれども朱子は信じないという類は皆私である。理の通りならさっぱりとしている。色々と怪しいのは妄である。理の通りを无妄と言う。
【語釈】
・尊圓…尊円法親王。伏見天皇の皇子。名は守彦。青蓮院門主・天台座主となる。和歌に秀で、また書を世尊寺行房・行尹に学び、小野道風・藤原行成の書法を参酌して青蓮院流(後の御家流)を開いた。1298~1356


第九 人之蘊蓄云々の条

人之蘊蓄、由學而大。在多聞前古聖賢之言與行、考蹟以觀其用、察言以求其心、識而得之、以蓄成其德。
【読み】
人の蘊蓄は、學に由りて大なり。多く前古聖賢の言と行とを聞き、蹟を考えて以て其の用を觀、言を察して以て其の心を求め、識[しる]して之を得、以て其の德を蓄成するに在り。
【補足】
この条は、程氏易伝の大畜卦象伝の注にある。

周子の仰せられる、耳に入、心に存するまてとって一と口に云か蘊蓄なり。人か生れる。それからそだつ。あたまがはげる。腰もかかむ。これ一生の姿なり。只それきりて死ぬはあまり残念てはなきや。それては襖や疊の切れるやふな躰で一生を終ると云もの。人は德をつみ垩人の道をきくと、一年ましに違ふ。垩賢の道をわか方へためるが蘊蓄だ。杦森養德が、あの人は腹に墨気はないと云た。俗人も明德を天から下されたなれとも、飯斗り喰て論語もよまぬゆへ、墨気かないと云た。只の生のままて死ぬ。尤らしく年はよれとも、直方先生、ごずみのかれたよふなものと云はれた。ごずみのかれたは五十年過ても何にもならぬ。屏をするか遊行寺の僧の衣をぬるより外に能はない。墨とは云はれぬ。学問のないに年をとる。さて々々老者とも貴びにくいはあほふを云からそ。学問は堯舜孔孟からあったもの。ひたと蘊蓄するて貴いなり。
【解説】
聖賢の道を知覚し、心に蔵すのが蘊蓄である。天は明徳を誰にでも下されるが、俗人は学問をせず、ただ飯を食うだけで息絶える。そんな人は老人であっても貴び難い。学問で蘊蓄するから人は尊いのである。
【通釈】
周子の仰せられた、「入乎耳存乎心」までを取って一口に言うと、それが蘊蓄である。人は生まれ、それから育つ。頭が禿げる。腰もががむ。これが人の一生の姿である。ただそれだけで死ぬのはあまりに残念なことではないか。それでは襖や畳が擦り切れる様に一生を終わるというもの。人は徳を蘊み聖人の道を聞くと一年毎に違って来る。聖賢の道を自分の方に蓄めるのが蘊蓄である。杦森養徳が、あの人は腹に墨気がないと言った。俗人にも明徳が天から下されているが、飯ばかり食って論語も読まないから墨気がないと言ったのである。ただ、生まれたままで死ぬ。尤もらしく年は寄っても、後炭の枯れた様なものだと直方先生が言われた。後炭の枯れたのは五十年過ぎても何にもならない。屏を塗ったり遊行寺の僧の衣を塗ったりするより外に能はない。それでは炭とは言えない。学問のないまま年をとる。さてさて、老者であっても貴び難いのは阿呆なことを言うからである。学問は堯舜孔孟からあったもの。一途に蘊蓄するから人は尊いのである。
【語釈】
・周子の仰せられる…為学2を指す。
・杦森養德…
・ごずみ…後炭。茶道で濃茶がすんで薄茶に移るまでに、再び炭をついで湯が沸き立つようにすること。のちのすみ。
・遊行寺…藤沢市にある清浄光寺の通称。時宗総本山。1325年(正中二)時宗第四世の呑海が創建。江戸時代に本山として再興。藤沢道場。

考跡と云は先、孔子のことても万端なされかたを見て、さても垩人の用を知る。公山不扭以費畔李氏なり。往ふとはなされて、さてゆかぬ。書經もよむと云も二帝三王の心を見るなり。心を觀と云て我ためになる。堯典、天文のこと、今のやくにたたぬ。心のことにこそ史傳をもみるぞ。此段になると呂東莱は屏風を立る。左傳は実事、論語は空理と云た。さて々々にが々々しい。子燕居申々夭々と云も及ひないことの、さて々々こちの心にくることぞ。この合点で德をたくわへる。此合点なしなれはやくにたたぬ。其ゆへ、手前の心に了簡のつかぬ内は、史記左傳すべて史傳を見ぬがよい。史傳はやはり芝居を見たも同じことぞ。垩賢の言行は手本になること。史傳のことは手本にならぬことなり。若ひ者には左史はむさとみせられぬは、若ひものかよいことにするそ。目迎して美にして婉なりの、父は只一人、天下中の男は皆夫となどと、初学のさばけぬことをわけなしにみせ、たわけを養ふ。小兒の赤本なればよいか、孔子の春秋その傳、頭を下けてかかる。殊の外わるい。此方に道理さはき出来て以後に見ることなり。学問は垩賢と云を向へをいてせ子はならぬ。蘊蓄と云か垩賢を向へをいて、なるほとと合点して蘊蓄することそ。論語にはかりこふ、孟子にはこうと、それが德になることそ。史傳か益はない。後醍醐天皇御謀反之事と覚へては、德の蘊蓄はならぬは。よくても役に立ぬとをもへとなり。よけれはとて蘊蓄はない。それぎりで由学と云が、かぎりもないことなり。生付はよくてもあてにならぬ。とかく学問てなけれはとんとならぬことそと目のさめるやうに合点すれは、近く思ふのなり。
【解説】
書を読むのは、聖賢の心を見るためである。書には史伝もあるが、それ等は道理を十分に理解した後でなければ読んではならない。生まれ付きの気質がよくても、それだけでは駄目である。聖賢を相手に学問をしなければ、聖賢には近付けない。
【通釈】
「考跡」とは、先ず孔子のことなどでも万端のなされかたを見て、それでしっかりと聖人の用を知ることである。「公山弗擾以費畔李氏」では、往こうとなされて、やはり往かない。書経を読むのも二帝三王の心を見るためである。心を観るから自分のためになる。堯典の天文のことは今日の役には立たない。心についてのこととして史伝を見るのである。この段階になると、呂東莱は屏風を立てる。左伝は実事、論語は空理と言った。それは実に苦々しいこと。「子之燕居申申如也夭夭如也」と言うのも及びもないことだが、実に自分の心に来る。この合点で徳を蓄える。この合点がなければ役には立たない。それ故、自分の心に了簡の付かない内は、史記左伝など、全ての史伝は見ない方がよい。史伝はやはり芝居を見るのと同じこと。聖賢の言行は手本になるが、史伝は手本にならない。若い者には左史を無闇に見せられないと言うのは、若い者がそれをよいと思うからである。目迎して美にして婉なりとか、父はただ一人で天下中の男は皆夫となどと、初学では理解できないことをわけもなく見せ、戯け者を養う。それが小児の赤本であればよいが、孔子の春秋やその伝を頭を下げて読む。それは殊の外悪い。史伝は自分が道理を捌くことができる様になった後に見るもの。学問は聖賢を向こうに置いてしなければならない。蘊蓄とは、聖賢を向こうに置いて、なるほどと合点すること。論語にはこう、孟子にはこうあると理解する。それが徳になる。史伝には益はない。後醍醐天皇御謀反の事と覚えるのでは徳の蘊蓄はならない。それがよい話だとしても役に立たないと思えと言った。よいと言っても蘊蓄はない。それだけのことと、「由学」と言うのが限りのないこと。生まれ付きがよくても当てにならない。とかく学問でなければうまくいかないと、これを目の醒める様に合点するのが近く思うということ。
【語釈】
・公山不扭以費畔李氏…論語陽貨5。「公山弗擾以費畔。召。子欲往。子路不説曰、末之也已。何必公山氏之之也。子曰、夫召我者、而豈徒哉。如有用我者、吾其爲東周乎」。公山弗擾は李氏の臣下だった。
・二帝三王…堯舜禹湯文。
・堯典…書経の堯典。
・呂東莱…呂祖謙。南宋の儒者。字は伯恭。号は東莱。1137~1181
・左傳…春秋左氏伝。左丘明の作と伝える。
・子燕居申々夭々…論語述而4。「子之燕居、申申如也、夭夭如也」。
・目迎して美にして婉なり…春秋左氏伝桓公。「宋華父督見孔父之妻于路。目逆而送之。曰、美而豔」。春秋左氏伝文公。「公子鮑美而豔。襄夫人欲通之、而不可」。
・赤本…①江戸時代に行われた草双紙の一。②草双紙の総称。③赤色を主とした極彩色の表紙の少年向き講談本。④俗受けをねらった低級な安い本。