第四十三 明道先生曰学只要鞭辟近裏条  九月六日 惟秀録
【語釈】
・九月六日…寛政2年庚戌(1790年)9月6日。
・惟秀…篠原惟秀。東金市堀上の人。北田慶年の弟。与五右衛門。医者。1745~1812

明道先生曰、學只要鞭辟近裏著己而已。故切問而近思、則仁在其中矣。言忠信行篤敬、雖蠻貊之邦行矣。言不忠信、行不篤敬、雖州里行乎哉。立則見其參於前也、在輿則見其倚於衡也。夫然後行。只此是學。質美者明得盡、査滓便渾化、卻與天地同體。其次惟荘敬持養。及其至則一也。
【読み】
明道先生曰く、學は只鞭辟[べんぺき]して裏[うち]に近づき己に著[つ]くるを要するのみ。故に切に問いて近く思わば、則ち仁其の中に在り。言忠信にして行篤敬ならば、蠻貊[ばんぱく]の邦と雖も行われん。言忠信ならず、行篤敬ならずんば、州里と雖も行われんや。立たば則ち其の前に參するを見、輿に在らば則ち其の衡に倚るを見る。夫れ然して後に行われん。只此のみ是れ學なり。質の美なる者明らかにし得て盡くさば、査滓便ち渾化し、卻って天地と體を同じくせん。其の次は惟荘敬もて持養するのみ。其の至るに及びては則ち一なり。
【補足】
この章は、程氏遺書一一にある明道の語。

只とは何のこともなくと云ことで、詞はきびしくもないが肝要なことを云とき書字ぞ。いこふきまることになる。鞭辟とは雅語。近裏は俗語なれとも一つに説くときはどちも俗語と見てよし。鞭辟とは、先き拂ひなどの人を片寄せてさける体ぞ。二字で裡に近くを形容したもの。譬に云はば、祭り見物などのだだくさ居たを、役人が杖をあててしさらせる体なり。学問が外へつく処を裏の方へ入るること。
【解説】
「學只要鞭辟近裏著己而已」の説明。鞭辟は雅語で、近裏は俗語である。鞭辟は近裏の形容である。それは、学問が外に付くところを裏の方に入れること。
【通釈】
「只」とは何事もなくということで、言葉は厳しいものではないが肝要なことを言う時に用いる字である。これで大層決まる。「鞭辟」は雅語で「近裏」は俗語だが、一緒に説く時はどちらも俗語と見てよい。鞭辟とは先払いなどの様に、片方に人を寄せて避ける様なこと。この二字で近裏を形容した。たとえて言えば、祭り見物などで混雑なところを、役人が杖をあてて去らせる様なこと。学問が外に付くところを裏の方に入れること。
【語釈】
・鞭辟…貴人が馬車で道を行く時、御者が鞭を鳴らして人払いをすること。辟はひらくの意。
・雅語…雅言。正しくよいことば。洗練された言語。特に、和歌などに用いる古代(主に平安時代)のことば。俚言・俗言は反語。
・だだくさ…しまりのないさま。乱雑。

直方先生が、返魂丹を賣る者の云ひ立ては只賣る為めじゃと云れた。学者の外を張るも賣り氣がある。詩文の学計りが外を飾るでもない。講釈をよくして取るも外へついたこと。外へ出るによいことはない。某が毎々云、盗汗は其度々に内はみんなになると云もこのこと。醫書にも汗多亡陽下多亡隂とある。人の身帯もそれなり。今日の人は三百兩つこふて百两かせぐ。段々減る方ぞ。学問は病をなをす藥ぞ。藥は呑込でよい。呑んだふりは役に立ぬ。御盃頂戴は口へをっ付ればすむが、温まるためには呑だにはならぬ。そこで明道の裡に近くことを二つ挙て示したもの。一つは切問近思云々なり。一つは言忠信行篤敬なり。人と云は言と身の振廻しより外はない。此の二つが丁度にゆくで裡に近くなり。
【解説】
「故切問而近思、則仁在其中矣。言忠信行篤敬」の説明。人は言と身の所作より外にすることはない。外を飾ることによいことはない。薬も酒も本当に飲むから温まるのである。近裏には切問近思と言忠信行篤敬の手法がある。
【通釈】
直方先生が、反魂丹を売る者の口上は、ただ売るためのものだと言われた。学者が外をよく見せるのも売り気があるからである。詩文の学だけが外を飾るものではない。講釈をうまくするのも外に付いたこと。外に出るものによいことはない。私がいつも、寝汗はその度に内が台無しになると言うのもここのこと。医書にも「汗多亡陽下多亡陰」とある。人の身代もそれで、今日の人は三百両を使って百両を稼ぐ。段々と減る一方である。学問は病を治す薬である。薬は呑み込むからよい。呑んだ振りでは役に立たない。御盃頂戴は口に押し付ければよいが、それでは温まるために酒を呑んだことにはならない。そこで明道が裏に近付くための例を二つ挙げて示したのである。その一つは「切問近思」で、もう一つは「言忠信行篤敬」である。人のすべきことは言と身の振り回しより外にない。この二つが丁度に行くと裏に近付くことになる。
【語釈】
・返魂丹…反魂丹。食傷・腹痛等に特効ある懐中丸薬。江戸時代、富山の薬売りが全国に売り広めた。江戸では、芝田町のさかいや長兵衛売出しのものが「田町の反魂丹」として名高い。
・盗汗…寝汗。
・汗多亡陽下多亡隂…
・切問近思…論語子張6。「子夏曰、博學而篤志、切問而近思。仁在其中矣」。
・言忠信行篤敬…論語衛霊公5。「子張問行。子曰、言忠信行篤敬、雖蠻貊之邦行矣。言不忠信、行不篤敬、雖州里行乎哉。立則見其參於前也、在輿則見其倚於衡也。夫然後行。子張書諸紳」。

蠻貊は遠ひ国で心ぼそひことぞ。京都や長﨑が遠ひとても日本の中ぞ。自然と知音も出来る。是れは南蛮北狄で吹流された様で知音近付はない。そこでからが言忠信行篤敬は通る。州里は一在所で、ひいきのしての多ひ処。それでも譌では通らぬ。そこで蛮貊と州里の取り合せが靣白ひ。生れ古郷でからが、うそを云てはすまぬ。あの男が元服の時はをれが世話をしたなぞと云。ひいきのしては多くても、言も行もうそだらけゆへ、果ては贔屓なものも、あの男はこぬがよいと云になる。
【解説】
「雖蠻貊之邦行矣。言不忠信、行不篤敬、雖州里行乎哉」の説明。南蛮北狄の地で、一人も知人のない所でも言忠信行篤敬は行われる。しかし、たとえ故郷で贔屓する者が多くても、嘘では通じない。
【通釈】
「蛮貊」は遠い国なので心細い。京都や長崎が遠いといっても日本の中だから自然と知人もできる。これは南蛮北狄に吹き流された様で知音近付きはいない。そこでさえ言忠信行篤敬は通じる。「州里」とは一在所のことで、贔屓する者の多い処。それでも偽りでは通らない。そこで蛮貊と州里の取り合わせが面白い。生まれ故郷でさえ、嘘を言ってはうまく行かない。あの男の元服の時には俺が世話をしたなどと言う。贔屓する者は多くても言も行も嘘だらけだから、果てには贔屓な者でもあの男は来ない方がよいと言う様になる。
【語釈】
・蛮貊…蛮は南蛮、貊は北狄。
・知音…①列子湯問。琴の名手伯牙が、自分の琴の音を真に理解した友鍾子期の死後、琴の弦を絶って再び弾かなかったという故事から、よく心を知り合っている人。親友。②知りあい。知人。③恋人。情人。
・在所…①人の住んでいる所。物の在る所。ありか。ありどころ。②村里。いなか。在郷。ざい。③生れ故郷のいなか。郷里。

先輩の云、きれのない小判はどこでも通ると云が、これは切れのある小判故、町内の两替屋も取らぬ。伯母の処では贔屓目で取るかと思ふてやっても従弟が合点せぬ。是れは本ん氣でよこしたが戯氣でよこしたかと云て、したたかな目に合ふ。うそは似せ金なり。して見れば、沢一が似せ金を鉄槌で打碎ひて微塵にして指でひ子るほどにして、むむ、これで心よいと云たなとが、日比の言忠信行篤敬とつり合ていこうよいこと。某が、沢一は管仲が上へ行くと云もここぞ。管仲は天下を胴がへしにする器量なれとも、言忠信行篤敬と云塲へ成ると、あのざっとの坊に叶ぬ。垩学はにぎやかはない。近裡。覇者はぬかぬ太刀の高名。垩学にそうしたことはない。
【解説】
嘘は贋金と同じである。沢一は贋金を粉々にした。それは日頃の言忠信行篤敬の行動と合致しており、管仲よりも優れた人物なのである。
【通釈】
先輩が疵のない小判は何処でも通ると言ったが、これは疵のある小判だから、町内の両替屋でも引き取らない。伯母の処では贔屓目で引き取るかと思って遣っても従弟が合点しない。これは本気でよこしたものか、戯れでよこしたのかと言って、酷い目に合う。嘘は贋金である。してみれば、沢一が贋金を鉄槌で打ち砕いて微塵にし、指で捻られるまでにして、うん、これで気持ちがよいと言ったが、それは日頃の言忠信行篤敬と釣り合っていて大層よいこと。私が、沢一は管仲の上を行くと言うのもここのことである。管仲には天下を胴返しにする器量があるが、言忠信行篤敬という場になると、あの俄坊主にも敵わない。聖学に賑やかなことはない。裏に近付く。覇者は抜かぬ太刀の高名だが、聖学にそうしたことはない。
【語釈】
・きれ…切れ。小判についたきず。
・沢一…大神沢一。筑前黒田藩士。亡国人。直方門下。迂斎と親しい。貞享元年(1684)~享保10年(1725)
・ざっと…①あらまし。おおかた。ほぼ。②おおまかに。あっさりと。簡単に。③急に。にわかに。さっと。④水を注ぎかけるさま。また、風や雨が急に勢いを増すさま。

分毫私意云々。才力でしても言忠信でないことはどこても受取らぬ。伯者で桓公が一ち正ひが、召陵の會に茅[ちがや]を上けぬはこちの不調法。王様の死んたは濱へ行て問はしゃれ、と。最ふ管仲が云ことをさきから一寸蹴た。これ行れんやの證拠なり。こしらへたことは跡がはげる。巧言令色をわるく云て剛毅木訥をほめるもここのあやぞ。
【解説】
伯者の中では桓公が最も正しい者であるが、それでも言忠信行篤敬の立場では悪い。嘘は後で暴かれる。巧言令色を悪く言い剛毅朴訥を褒めるのもこれである。
【通釈】
「分毫私意云々」。才力でしても言忠信でないことは何処でも受け取られることはない。伯者の中では桓公が最も正しい者だったが、召陵の会に茅を上げなかったのは自分の不調法。王様が死んだことは濱に行って問いなさいと言った。管仲が言うことを先から一寸蹴った。これが行われない証拠である。嘘を付くと後で暴かれる。巧言令色を悪く言い剛毅木訥を褒めるのもここの綾である。
【語釈】
・桓公…春秋時代、斉の一五代の君主。春秋五覇の一。姓は姜、名は小白。釐公の子、襄公の弟。鮑叔牙・管仲を用いて富国強兵策を行う。
・召陵の會…
・王様の死んたは濱へ行て問はしゃれ…
・巧言令色…論語学而3。「子曰、巧言令色、鮮矣仁」。
・剛毅木訥…論語子路27。「子曰、剛毅木訥、近仁」。

立則見其参於前。ここは言忠信云々をする。修行のこと。持藥も一と口嘗めてはきかぬ。よいことも一寸しては役に立ぬ。今日も忠信、明日も忠信とする。車前車後、内でも外でも忠信篤敬がにょいと立てをる様なり。そこで行るる。通用のよいことになる。これがだたい子張問行から出たもの。子張が外へ付たことに目がついて問たれば、孔子が行るるは只はならぬ、言行を忠信篤敬とするから行るると云た。丁度、医者が流行様を問たれば、上手になれと云た様なもの。内がよければ外はよくなる。外計りよい様にと云はならぬ。
【解説】
「立則見其參於前也、在輿則見其倚於衡也。夫然後行」の説明。学問の修行は今日も忠信、明日も忠信と行うこと。内をよくすれば、自然と外もよくなって行く。外だけをよくしようとするのは悪い。
【通釈】
「立則見其参於前」。これは言忠信云々をすることで、それが修行のこと。持薬も一口舐めただけでは効かない。よいことも一寸しただけでは役に立たない。今日も忠信、明日も忠信と行う。車の前後、内でも外でも忠信篤敬が立っている様に見える。それで学問を行うことができ、通用もよい。これはそもそも「子張問行」から出たもの。子張が外のことに目が付いて問うと、孔子が、行うとは簡単なことではなく、言行を忠信篤敬とするので行うことができるのだと言った。丁度、医者に流行る方法を問われて、上手になれと言う様なもの。内がよければ外はよくなる。外だけをよくしようとしてはならない。

只此是学。右段々のことが差定りた学問の仕方じゃと云こと。学以至垩人之道と好学論にある。あのをもいことも、これからより外に行きやうはないと云こと。質美者明得尽。殊の外仕合せなもののこと。顔子の様な人のこと。これはないことと合点せよ。此の上の学問入らずは生知ぞ。其の下は学問せ子ばならぬが、質美と云になれば人の骨を折てなくす人欲をあたまから馬鹿なことじゃとみる。言忠信の、行篤敬のと骨折りはせぬ。人には飲酒好色こびり付た欲があるが、これがなひから鉢巻をしたり握り拳は入らぬ。
【解説】
「只此是學。質美者明得盡」の説明。聖人は生知だから学問をする必要はないが、質美者とは顔子の様な人で、学問はしなければならないが、言忠信や行篤敬などと骨を折ったりする必要はない。それは人欲がないからである。
【通釈】
「只此是学」。右の段々が定まった学問の仕方である。「学以至聖人之道」と好学論にある。あの大変なことも、この外に行き様はない。「質美者明得尽」。これが殊の外幸せな者のこと。顔子の様な人のこと。これはないことと理解しなさい。この上の学問の不要な者は生知からのこと。その下の段階では学問をしなければならないが、質美であれば、人が骨を折ってなくそうとする人欲を、最初から馬鹿なことだと見る。そして言忠信や行篤敬などと骨を折ったりはしない。人には飲酒好色というこびり付いた欲があるが、質美の人にはこれがないから、鉢巻をしたり握り拳をしたりする必要はない。
【語釈】
・生知…中庸章句20。「或生而知之、或學而知之、或困而知之、及其知之、一也。或安而行之、或利而行之、或勉強而行之、及其成功、一也」。

渣滓は細かな去り残りの人欲のこと。渣を水中の浮木とあるとて朽た橋杬の様なことに見てはあらいこと。粉藥を水に浮けると多葉粉の粉のやふなものが浮く。其様なこと。滓もそれて、少しのかすのことで人目には見へぬこと。夫れも知が明なゆへ、羽二重濾しにしてすっはりと無なること。
【解説】
「査滓便渾化」の説明。質美な人は知が明らかだから、渣滓をすっかりと濾すことができるのである。
【通釈】
「渣滓」と去り残りの細かな人欲のこと。渣は水中の浮木と言うので朽ちた橋杭の様なことと思うのは粗い見方である。粉薬を水に浸けると煙草の粉の様なものが浮いて来る。その様なこと。滓もそれで、小さなかすのことで人目には見えない。それでも質美な人は知が明らかだから、渣滓を羽二重濾しにして、すっかりとなくすのである。
【語釈】
・浮木…①水に浮かんでいる木片。②いかだ。ふね。

却与天地同體。さて々々氣味のよいこと。天地の様になる、と。これははばの大きいこと。垩人に計り取る字なれとも、じきに垩人に成たと云ことでもないが、天地と体を同ふしたほどにすら々々はたらけることを云。時計に錆がないからよく時をうつ。鏡がくもらぬから能く皃をうつす。人心に人欲がないからすら々々する。これは古から顔子の外にはない。其外は明道などなり。
【解説】
「卻與天地同體」の説明。天地同体は本来聖人に対して言う語だが、顔子も人欲がないから天地同体ですらすらと行く。明道なども同様である。
【通釈】
「卻与天地同体」。実に気持ちのよいことである。天地の様になると言う。それは幅の大きいこと。本来、天地同体は聖人だけに用いる字だが、直に聖人になったのではないが、天地と体を同じくするほどにすらすらと働くことができることを言う。時計に錆がないからよく時を打つ。鏡は曇らないからよく顔を映す。人心に人欲がないからすらすらと行く。これは古から顔子の外にはいない。その外は明道などである。

其次云々。今日の学者から大賢迠がこれなり。困知勉行してゆくもののこと。荘敬持養は仲弓に告た出門大賓云々のことで、じりり々々々と地道に行くこと。これが忝ひことには上の早足のものも一つ処へ往くなり。上は舛呑み、爰は吸物や肴でそろ々々なり。つまりどれも一升呑む。学問はよい質を頼みにするも間違ひ、質がわるいからならぬと云も間違ひぞ。駕でも歩行ても京へ著て花を見るは同しこと。馬駕を頼みに来たものに花は見せぬと東山は云ぬ。
【解説】
「其次惟荘敬持養。及其至則一也」の説明。質美も者は苦労することはないが、学者から大賢までは地道に困知勉行して行かなければならない。しかし、到着点はどちらも同じである。
【通釈】
「其次云々」。今日の学者から大賢までがこれである。困知勉行して行く者のこと。荘敬持養は仲弓に孔子が告げた「出門大賓云々」のことで、じっくりと地道に行くこと。これが忝いことには上の早足の者と同じ処に行き着くのである。上の質美の人は桝で呑む。こちらは吸物や肴で少しずつ飲む。しかし、結局はどちらも一舛呑むのは同じこと。学問はよい質を頼みにするのも間違いだが、質が悪いからできないと言うのも間違いである。駕籠でも歩行しても京都に着いて花を見るのは同じこと。馬や駕籠に乗って来た者には花を見せないなどと東山は言わない。
【語釈】
・荘敬…荘外内敬のこと。外部を荘重にして、心を約[つづま]やかにすること。
・仲弓…冉雍。孔門十哲の一。名は雍。字は仲弓。魯の人。
・出門大賓云々…論語顔淵2。「仲弓問仁。子曰、出門如見大賓、使民如承大祭。己所不欲、勿施於人。在邦無怨、在家無怨。仲弓曰、雍雖不敏、請事斯語矣」。


第四十四 忠信所以進德の条

忠信所以進德、脩辭立其誠所以居業者、乾道也。敬以直内義以方外者、坤道也。
【読み】
忠信は德に進む所以にして、辭を脩め其の誠を立つるは業に居る所以なりとは、乾道なり。敬以て内を直くし義以て外を方にすとは、坤道なり。
【補足】
この章は、程氏遺書十一にある明道の語。

上の条の及其至則一也をべったりとみせた。朱子の編次の趣向ぞ。直方先生が、此条は前の敬義内外の跡へをいたらよかろふと云れたが、さうもあるまい。これで上の明道の語がはっきりとする。忠信進德脩辞立誠は乾の九三、敬以直内義以方外、坤の六二。先日も讀で文義はすんだが、此乾坤の卦のことを学問の事業のことに程子の説ぬ内は誰もこう目が付ぬ。片道はするどな工夫、片道は地道な工夫。男坂女坂なり。これで上の渣滓混化しと荘敬持養と及其至則一也へべったりと合て親切なり。達者なものは下駄で男坂、さっさとゆく。不達者は草鞋脚胖で女坂を地道なれとも、一つ塲へ叅詣する。
【解説】
「忠信進德脩辞立誠」は乾の九三、「敬以直内義以方外」は坤の六二の語。乾坤の卦を学問の事業として説いたのは程子が初めてである。乾は鋭い工夫、坤は地道な工夫である。達者な者もそうでない者も、学問に励めば同じ到着点に達する。
【通釈】
前条の「及其至則一也」をしっかりとみせた。これが朱子の編次の趣向である。直方先生が、この条は前にある敬義内外の後に置いた方がよいと言われたが、そうでもないだろう。これで先の明道の語がはっきりとする。「忠信進徳脩辞立誠」は乾の九三、「敬以直内義以方外」は坤の六二。先日も読んだのでこの文義は済んだが、この乾坤の卦を学問の事業のこととして程子が説くまでは、誰もこれに目が付かなかった。片道は鋭い工夫で、片道は地道な工夫。男坂と女坂である。これで前条の「渣滓混化」と「荘敬持養」、「及其至則一也」にしっかりと合って親切なことである。達者な者は下駄で男坂をさっさと行く。不達者は草鞋脚半で女坂を行く。それは地道だが、結局は同じ場に参詣するのである。
【語釈】
・敬義内外…為学7を指す。
・乾の九三…乾卦文言伝。「九三曰、君子終日乾乾、…子曰、君子進徳脩業。忠信所以進德也。脩辭立其誠、所以居業也。…」。
・坤の六二…坤卦。「六二、直方大。不習无不利。象曰、六二之動、直以方也。不習无不利、地道光也」。坤卦文言伝。「直其正也、方其義也。君子敬以直内、義以方外。敬義立而德不孤」。
・先日も讀で…為学7と16条を指す。

垩人教人無理なことはない。以人治人。其人相応にどちどうしてなりと行せる様にする。先日も云通、藥も大人と小兒は分料も呑様もちごふ。灸もそれなり。教もこのとをりにすること。これがやはり自然ぞ。古方の後世の、あちの流義のこちの流義のと流を立るがきこへぬこと。人の虚実によるべきこと。補藥つかいの、瀉藥使ひの、人参使ひのと云は偏なこと。学問に偏なことはない。身の上のよいものも旅に立つ。わるいものも旅がなる。乾道は有金をつこふ。不自由なことはない。坤道ははたらいてつこふ。不自由がちなれとも、旅をすればなる。
【解説】
聖人の教えは人に無理なことは何もない。人には分があるので、人相応に教える。それは自然なものであって偏りがあってはならない。
【通釈】
聖人の教えは人に無理なことは何もない。「以人治人」は人相応に、誰でもその人なりに行わせる様にする。先日も言った通り、薬も大人と小児では分量も飲み方も違う。灸も同じである。教えもこの通りにすること。これがやはり自然なのである。古方だとか、後世だとか、あちらの流儀こちらの流儀と流を立てるのは悪い。人は虚実に拠らなければならない。補薬使いだとか、瀉薬使いだとか、人参使いだとかと言うのは偏ったこと。学問に偏りはない。身の上のよい者も旅に立つ。身の上の悪い者も旅ができる。乾道は有り金を使うので不自由なことはない。坤道は働いて金を稼ぎそれを使うので不自由勝ちだが、旅をすることはできる。
【語釈】
・以人治人…中庸章句13。「詩云、伐柯伐柯、其則不遠。執柯以伐柯、睨而視之、猶以爲遠。故君子以人治人、改而止」。
・古方…古医方を奉ずる漢方医。
・後世…わが国に鎌倉時代末期以降伝えられた中国の金・元の医家の処方を祖述する医家の一派。
・補藥…①当座の間にあわせの薬。②衰えた精力を補うために用いる薬。
・瀉藥…瀉剤。下剤。くだしぐすり。

大名の屋鋪て火の見を山の手で立る、乾道。本所深川のひくい処で屋鋪を拜領て立るは坤道なれとも、ひくい処じゃ、立てまいとは云れぬ。今のものが近思をきけばこそ乾坤を学問の居業のこととも知るが、只易ばかりよみてはならぬこと。尤、四書をよく讀んだら知らぬこと。只のものが四書で計りこんなあやを知ることはならぬ。これ、近思吾学切近の指南なり。
【解説】
今の者は近思録を聴くからこそ、乾坤を学問の居業のことだと知ることができる。しかし、易だけを読んでもわからないし、凡人では四書を読んでもわからない。近思録は切近指南の書である。
【通釈】
大名の屋敷では火の見を山の手に建てる。それが乾道である。本所深川の低い処で屋敷を拜領して建てるのは坤道だが、低い処だから建てたくないと言うことはできない。今の者は近思録を聴くからこそ、乾坤を学問の居業のことだと知ることができるが、ただ易だけを読んでいてはわからないこと。尤も、四書をよく読んだらどうだかわからない。しかし、普通の者が四書だけを読んでもこの綾を知ることはできない。これが、近思録が我が学の切近の指南のところなのである。


第四十五 凡人才学云々の条

凡人才學、便須知著力處、既學、便須知得力處。
【読み】
凡そ人才[わず]かに學ぶときは、便ち須く力を著[つ]くる處を知るべく、既に學ぶときは、便ち須く力を得る處を知るべし。
【補足】
この条は、程氏遺書一二にある明道の語。

この章は、うか々々学んでは何年学んでも效はないと云処を声をかけたもの。才は学ぶといなや。すはや學ぶと云日にはどこの処へ力を付るがよいと知べしとなり。力の付け処を知らぬと不案内な普請奉行の処へ大工来て居る様なもの。うか々々讀んでは、大工を呼で羞図をせずにをく様なもの。何をするか知らぬか、只やとわれたと云てをるのぞ。学者も只机の上に書物を置て、只そばに居ては役に立ぬ。力の付け処を知れ。力の付け処を知ると只ではおらぬもの。
【解説】
学問をするには方法があり、うかうかとしていては効果が上がらない。先ず、学問を始める者は力を入れるべき処を知らなければならない。
【通釈】
この章は、うかうかと学んでいては何年学んでも効果がないということを話したもの。「才」とは、学び初め。さて学問をしようと思った日には、何処の処へ力を付けるのがよいかを知りなさいと言われたのである。力の付け処を知らないのは、不案内な普請奉行の処へ大工が来ている様なもの。うかうかと読んでは、大工を呼び寄せて指図もしないで放って置く様なもの。大工は、何をするのかは知らないが、ただ雇われたと言うだけ。学者もただ机の上に書物を置いて、ただその側にいるのでは役に立たない。力の付け処を知りなさい。力の付け処を知ると、ただではいないもの。

既字、あの人はよほどのこと。学者と云るる人のこと。そんな須知得力處となり。迂斎曰、これをわるく見ると效を急くことのやうになる。さうしたことではない。地黄をのんだがまだきかぬか々々々々と云はわるいことと云て、なん年も一つ頬ではつまらぬ。講釈をきいて少しは益のあるでなくてはつまらぬ。太極圖説の講釈は手に入らずとも、少しはあやが済んだと云ことな筈。太極は丸ひものとみるは甲斐ない。
【解説】
初学が済んだら、「須知得力處」でなければならない。学問は少しずつでも上達しなければならず、いつまでも前と同じであってはならない。
【通釈】
「既」の字は、あの人はよほどの人だということ。これは学者と呼ばれる人についてのこと。そんな人には「須知得力処」だと言う。迂斎が、これを見誤ると効を急いだ様になるが、そうしたことではないと言った。地黄を飲んで、まだ効かないかと催促するのは悪いことだと言って、何年も同じ顔をしていては詰まらない。講釈を聞くにも、少しは益があるのでなければ詰まらない。太極図説の講釈はよく理解できなくても、少しはその綾を理解する筈。太極は丸いものと見ていては学ぶ甲斐がない。
【語釈】
・地黄…中国原産の薬用植物。根茎は著名な生薬で、補血・強壮、また血糖降下作用がある。


第四十六 有人治園圃条

有人治園圃、役知力甚勞。先生曰、蠱之象、君子以振民育德。君子之事、惟有此二者。餘無他焉。二者爲己爲人之道也。
【読み】
人有りて園圃を治むるに、知力を役すること甚だ勞す。先生曰く、蠱の象に、君子は以て民を振い德を育す、と。君子の事は、惟此の二者有るのみ。餘は他無し。二者は己の爲にし人の爲にする道なり。
【補足】
この条は、程氏遺書一四にある明道の語。黙斎はこれを伊川の語としている。

これも程門の内であろふが、古人はどっとせぬことは名を出さぬ。あついことぞ。築山普請を始めたが非義と云ことでもないが、これがあることで、輕ひことでも物を一つ拵へ立ると云日には、いこう役知力、骨の折れることになるもの。本と慰で始たことなれとも、善く仕立ると云になれば思の外骨を折るもの。書を見る脇へ花を置き、庭へ一と本萩を栽て見るも心の羪になることもあるが、あまりぎり々々に仕上げたがると草臥るもの。草臥るは心の毒ぞ。朱子の世話になりた劉屏山と云人の子劉平甫云人の庭がよく出来たと弟子衆の話されたれば、朱子の、雖園佳心則荒ると云れた。花壇塵のない様にするで心はごみだらけになる。何事もあんまりなことは心の毒になる。
【解説】
物を拵えようとすると、簡単と思われることでも知力を使って苦労をするものである。遊びの気持で始めたことでも、それを立派に仕立てようとすると骨が折れ、草臥れる。それは心に悪い。何でも極端なことは心の毒になる。
【通釈】
「有人」とは程門の中の一人のことだろうが、古人は余り感心できないことには名前を出さない。手厚いものである。築山普請を始めたのが非義というのでもないが、こんなことがあるもので、軽いことでも物を一つ拵えるという日には、大層「役知力」で骨を折ることになるもの。本来は慰めで始めたことであっても、よく仕立ようとすると思いの外骨を折るもの。書を見る脇に花を置き、庭に萩を一本植えてみるのも心の養いになることもあるが、あまりに至極に仕立てたがると草臥れる。草臥れるのは心の毒である。朱子の世話になった劉屏山という人の子で劉平甫という人の庭がよくできたと弟子衆が朱子に話したら、朱子が、「雖園佳心則荒」と言われた。花壇を塵のない様にすることで、心は塵だらけになる。何事も極端なことは心の毒になる。
【語釈】
・どっとせぬ…あまり感心できない。ぱっとしない。
・劉屏山…
・劉平甫…
・雖園佳心則荒る…「園佳しと雖も心は則ち荒る」?

病苦何に由る。大痩生從来作詩為苦なりと、杜子美がことを李太白が云た。あんまり作ってやせこけた。唐で名画が三門の様な高ひ処へ繪を書て、其中に白髪になりたとある。あまり心を用ひて苦めたもの。学者の方では外聞のわるいこと。心を慰すと云ことも仕方によってよいもの。李退渓も草花盆水など愛する、害にならぬこと、自省録にあり。小さな鉢に鮒を活けて草花ををいて時々見たは羪にもなろふ。あんまりと云になれば害をする。夫れは藥を飲むとて病を買込むのぞ。
【解説】
李白が杜甫のことを、沢山詩を作り過ぎて痩せこけたと言った。心を苦しめるのは学者にとって体裁の悪いこと。また、心を慰めるのは、適度にすれば害にならないと李退渓が自省録に書いている。しかし、それも過ぎれば害となる。
【通釈】
病苦は何が原因なのか。「大痩生從来作詩為苦」と、杜子美のことを李太白が言った。あんまり多く詩を作って痩せこけた、と。唐で名画家が三門の様な高い処に絵を画いて、その内に白髪になったとある。それはあまりに心を用い苦しめたからである。それは学者にとっては体裁の悪いこと。心を慰めるのも仕方によってはよいもの。李退渓も草花盆水などを愛することは害にならないと自省録に書いた。小さな鉢に鮒を飼って草花を置いて時々観るのは養いにもなるだろう。しかしあまりにそれをすれば害となる。それは薬を飲むと言って病を買い込むのと同じである。
【語釈】
・大痩生從来作詩為苦…
・杜子美…杜甫。712~770
・李太白…李白。701~762
・李退渓…朝鮮李朝の代表的儒学者。名は滉。字は景浩。真宝の人。陶山書院に拠って嶺南学派を興し、日本の儒学にも大きな影響を及ぼした。1501~1570

孔子、衛の公子荊善居室苟完云々をほめられた。御家門のれき々々で、蒔繪の重箱であるべきを、日光細工の春慶塗り、これでもよい々々と云れた。質素でよいとほめたことはなくて、あれで心がよいと云たこと。これとは打って違たことで、大王が邠をすてて迯けた。さすがは周の先公ぞ。或人が、先祖から持傳へた土地を捨るは如何と云たれば、夷がほしがる。遺るまいとすれば軍になる。すると百姓を羪ふべき土地を争って、却て羪ふべき民をころすになる。羪ふべきのもので羪ふ処のものをころすはわるいと云て、邠を去られた。仁人也とて百姓が付て来た。園は心の保養をするもの。夫で心の害をするは氣の毒千萬となり。某如此長く説く。これが伊川の訶らぬ前にこれほどに云たは、跡に云ことを先へ云たのなり。それは伊川の戒めらるる語立、いこう規模大なことそ。因て前にかく云て、伊川の語味氣象を見るべし。
【解説】
前半は心をよくする例として孔子、次に文王を出して、土地は民を養う場であることを述べた。園は心の保養をする場だから、それが心の害となるのは悪い。伊川の語立は規模が大きいから、始めに結論を言って置いたのである。
【通釈】
孔子が、「衛公子荊善居室苟完云々」を褒められた。御家門の歴々の中にあって、蒔絵の重箱でなければならないところを日光細工の春慶塗りでもよいと言われた。それは質素なのがよいと褒めたものではなく、その心がよいと言ったのである。これとは全く違ったことで、大王が邠[ひん]を捨てて逃れた。流石は周の先公である。或る人が、先祖から持ち伝えた土地を捨てるのはどうしたものかと言ったので、夷が欲しがっているのだ。それをやらないとすれば軍になる。それでは百姓を養うべき土地を争って、却って養うべき民を殺すことになる。養うべき土地で養う処の民を殺すのは悪いと言って邠を去られた。仁人だと言って百姓が付いて来た。園は心の保養をするものだが、それで心の害をするのは気の毒千万だと言ったのである。私は以上の通り、長く説明をした。伊川が訶る前にこれほどまでに言ったのは、後に言うことを先に言ったのである。伊川の戒めの語立は大層規模の大きいもの。そこで前段でこの様に言った。これから伊川の語味気象を見なさい。
【語釈】
・孔子、衛の公子荊善居室苟完云々…論語子路8。「子謂衞公子荊。善居室。始有、曰、苟合矣。少有、曰、苟完矣。富有、曰、苟美矣」。
・御家門…江戸時代、徳川将軍家の一族で三家・三卿以外の大名。越前松平氏・会津松平氏などの称。
・春慶塗り…漆塗の一技法。木地に黄や赤の色付けをした上に透明な漆を塗って、素地木材の肌の美しさを表したもの。応永頃、堺の漆工春慶の創始と伝え、これを堺春慶という。飛騨高山の漆工山打三郎が延宝(1673~1681)頃に出羽の能代で始めたと伝える淡黄色の能代春慶や、寛永(1624~1644)年間に金森宗和が漆工に作らせたという淡褐色で木理の鮮やかに見える飛騨春慶が特に有名。ここでは日光塗りのこと。
・大王が邠をすてて迯けた…孟子梁恵王章句下14と15にここの話がある。

先生曰云々。伊川が聞けば、其元は庭に物好をして殊の外心労さるると云がとて、蠱の象を引れた。蠱は破れたものを作ること。此蠱は、上の治むの字の方へもまわること。大風の跡て庭の皁角の折れたを片付て治める様なこと。それはわるいてはない。薗圃を治めたは心の害そ。学者に治ると云は易の蠱の卦ことより外はない筈。振民育德。こなたの方は庭を作るを仕事にするが、蠱の卦の仕事は此二つの外はないとしかりた。さて振民育德は吾と人とのこと。吾身をきれいにして民のよごれを洗ふこと。明德新民の外に学者の事業はない。庭のことは承らぬと示したもの。これは有まいさまじゃ。振民育德の外はないことと、殊の外はば廣く訶りたことなり。じゃ故、細に説き廣げると伊川の氣象語味かぬけ、精彩ない。すふとかふ云れたて、或人塵をひねるなり。
【解説】
園圃を治めることは、学者にとっては心の害となる。学者の事業は易の蠱の卦の振民育徳のこと以外にはなく、それは明徳新民でもある。
【通釈】
「先生曰云々」。伊川がそれを聞いて、貴方は庭に物好きをして殊の外心労されていると言うがと言って、蠱の象を引用された。蠱は破れたものを修繕すること。この蠱は、上の「治」の字の方へも当て嵌まること。大風の跡で庭の団栗が折れたのを片付けて治める様なこと。それは悪いことではない。しかし、園圃を治めるのは心の害となる。学者が治むると言う時は易の蠱の卦のことより外にはない筈。「振民育徳」。貴方は庭を作ることを仕事にするが、蠱の卦の仕事は振民育徳の二つ以外にはないと訶った。さて、振民育徳は自分と人とのこと。我が身をきれいにして民の汚れを洗うこと。明徳新民の外に学者の事業はない。庭のことは私の務めではないと示したもの。そんなことは学者の事業ではなく、振民育徳の外はないと、殊の外幅広く訶ったのである。そんなわけで、細かに説き広げると伊川の気象語味が抜けて精彩がない。それで、すっとこの様に言われたので、「有人」はそれを聞いて恥ずかしくなった。
【語釈】
・其元…其の許。そこもと。そなた。
・蠱の象…蠱(山風蠱)。巽下艮上。「象曰、山下有風蠱。君子以振民育德」。
・皁角…皁はどんぐり。
・塵をひねる…恥かしさでもじもじしているさまにいう。


第四十七 博學篤志云々之条

博學而篤志、切問而近思。何以言仁在其中矣。學者要思得之。了此、便是徹上徹下之道。
【読み】
博く學びて篤く志し、切に問いて近く思う。何を以て仁其の中に在りと言う。學者思いて之を得んことを要す。此を了せば、便ち是れ徹上徹下の道なり。
【補足】
この条は、程氏遺書一四にある明道の語。論語子張6の「子夏曰、博学而篤志、切問而近思。仁在其中矣」を題材にして述べる。

先刻讀だ処にも此語がある。今刻の処のは、あれは只裡に近くへひいたこと。此語の此語たる処はここで云ことなり。博く学んでとは知惠に限りのないこと。知惠を研くは吾鼻の先のことからじか々々きめてゆくことなれとも、其鼻の先も人によりて違がある。百姓の田を耕すは端的なれとも、啇人職人は田を耕すをば夫れ程には思はぬ。世の中には茶臼を拵るものも有、時計を作るものも有る。茶臼は入らぬものの様なれとも、啇賣にすれば精出して拵へるぞ。持前の職人は皆、夫れ々々に鼻のさきぞ。
【解説】
先の条は一途に内に近付くことを述べたもの。子夏の語の本領はこの条に述べられている。知恵は限りないから博学をする。その取り掛かりは目先のことから始めるのである。
【通釈】
先刻読んだ処にもこの語があるが、それはただ裏に近付くということを言ったこと。この語のこの語たる処はこの章で語ること。「博学」とは知恵に限りのないこと。知恵を研くのは、自分の鼻先のことから地道に決めて行くことだが、その鼻の先のことにも人によって違いがある。百姓が田を耕すのははっきりとしたことだが、商人や職人は田を耕すことをそれほどには考えていない。世の中には茶臼を拵える者もいて、時計を作る者もいる。茶臼は要らない物の様だが、それを商売にすれば精を出して拵える。持ち前のある職人は皆、それぞれに鼻の先のことをする。
【語釈】
・先刻讀だ処…為学43を指す。

道のはばの廣ひから無用に見えるものもあるが、茶臼は日用切近でない、役にたたぬと云てすてると天地の中に入らぬものがあるになる。天地の中に無用なものはないこと。そこで垩賢の博く学ふと云字を出して示た。中庸にも、博学審問とある。博の字が格致のはばそ。されとも其中役に立ぬと云ふは俗学なり。これは博の字の間違なり。雜と博との似てちごふを知るべし。近年本草者に役に立ぬ書を拵へたり、火浣布を織出したりしたものがある。医者も本草の會をして物産を知たを自満せふより、病人の愈る草を人に知らせるがよい。
【解説】
天地の間に無用なものはないから聖賢は博学という字を出した。その博とは格致のことである。天地の間に無用なものはないとは言っても、役に立たないものがあり、それが俗学である。俗学は、博と雑とを取り違えている。
【通釈】
道は幅が広いから無用に見えるものもあるが、茶臼は日用切近でないから役には立たない言って棄てれば、天地の中に要らないものがあることになる。天地の中に無用なものはない。そこで聖賢が博く学ぶという字を出して示した。中庸にも、「博学審問」とある。博の字が格致の幅の広さを指す。しかしながら、その中に役に立たないことがあるというのは俗学のことである。これは博の字を間違えたのである。雑と博とは似て違うことを知りなさい。近年、本草家で役に立たない書を拵えたり、火浣布を織り出したりした者がいる。医者も本草の会合をして物産を知っていることを自慢するより、病人が癒える草を人に知らせる方がよい。
【語釈】
・博学審問…中庸章句20。「誠者、…博學之、審問之、愼思之、明辨之、篤行之」。
・火浣布…①中国の南方の火山に住んでいる火鼠の毛で織ったという説話による布。火に入れても焼けず、かえって白くなるという。ひねずみのかわごろも。②石綿を混ぜて織った布。よく火に堪える。わが国では一七六四年(明和一)平賀源内の創製という。香敷・防火用に使用。

凡天地の間のものに理のないものはないから博学とは出したが、役に立ぬことをするは博の字をば知らぬのなり。学問は鼻の先のことをすること。其鼻のさきのことをするにも博く見子ばならぬ。長﨑松前へ行くには品川千住からじか々々ゆく。されともあとさきを知り、外は知ずともすむてない。あたる処から理をきわめてじか々々するが博学なり。博学が知のなり。そこのあや、大学或問格物の処に委しくある。可考。
【解説】
役に立たないことをするのは博を知らないためである。学問は直面するところから理を窮め、これを着実に続けていくことであり、これを博学と言うのである。
【通釈】
凡そ天地の間のものに理のないものはないから博学と言ったが、それでも役に立たないことをするのは博の字を知らないからである。学問は鼻の先のことをすること。鼻の先のことをするにも博く見なければならない。長崎や松前に行くにも品川や千住からじっくりと行くのである。しかし、後先を知っていれば、その外は知らなくてもよいということではない。直面するところから理を窮めてじっくりと行くのが博学である。博学が知の姿である。そこの綾は大学或問にある格物の処に詳しくある。よく考えなさい。

篤志。医者が無性に病人を受取ると、志が篤くないから匕がまわらぬもの。啇人旦那塲が多ひと手ぬけなものを賣る。そこで博学の對に篤志が面白ひ。博学篤志と揃ふでよい。二つ揃た人は吾が胸ですまぬことはない。そこで朋友や師が戀しくなる。今日の学者の問はぬは博学篤志の根がないからなり。松敬が江戸へ行で設けて来た々々々々々と云が尤なこと。あれが上総での大醫で病人を多くいじるから、さま々々にやって見てもいかぬことがある。そこで学友に問ふ。これも医道に志が篤ひからぞ。そこで其問ひは切近なもの。切近に問へば設かる筈ぞ。吾一人をよいと思へば問ふことはない。これ学問の一大事なり。此博学篤志切問近思は子夏のす子からもみ出した語で、腕に力を覚た処。これでよいに、其上に仁在其中と云た。これ大設けなり。それがどふしてなる。
【解説】
対象が多いと、つい手抜かりが出る。そこで篤志が必要なのである。博学篤志と揃うのでうまく行く。博学篤志の揃った者は自分だけで判断をせず、朋友や師の意見を聞くので間違いがない。
【通釈】
「篤志」。医者が無性に病人を受け取ると、志が篤くないからうまく対応することができないもの。商人も得意先が多いと手抜かりな物を売る。そこで博学の対に篤志と言うのが面白い。博学篤志と揃うのでよい。この二つが揃った人は自分の心で済まないことはない。そこで朋友や師が恋しくなる。今日の学者が人に問わないのは博学篤志の根がないからである。松敬が江戸へ行って設けて来たと言ったが、それは尤もなこと。彼は上総での大医で病人を多く扱うから、色々とやってみてもうまく行かないことがある。そこで学友に問う。これも医道に志が篤いからである。そこで、その問いは切近なもの。切近に問えば設かる筈である。自分一人をよいと思えば問うことはない。これが学問の一大事である。この博学篤志切問近思は、子夏が脛から揉み出した語で、腕に力を覚えた処。これだけでもよいのに、子夏はその上に「仁在其中」と言った。これは大設けであるが、それはどうしてできるのか。
【語釈】
・旦那塲…お得意先。
・手ぬけ…手抜け。ておち。てぬかり。
・松敬…
・設けて…①設けること。準備。用意。②馳走の用意。ごちそう。③食物。③得。利益。利潤。

何以と明道のかけたもの。こうすれは仁在其中と子夏の云たはどふなれば、博学云々の四つは知のこと。仁は知惠のことではない。仁と云詮議は、行ひや事をする上に色めきのつくことを云。仁は德の成就の塲で、吾へほっこりと道德の臍落のして来ることを云。上段々に知のこと計り云て仁在其中と云では仁の功夫に本と手なしの様なれとも、学者要思得之。これをうんと呑込れよと、ここも引而不發なり。了は了解とつづけばさとること。了訖は事すんだこと。して取る意。
【解説】
博学篤志切問近思は知だが、仁は知恵のことではない。仁とは徳の成就の場であって、色めいてほっこりとしたものである。知を致すことで仁の場に至ることを、学者はしっかりと理解しなければならない。
【通釈】
「何以」と明道が掛けて言った。こうすれば「仁在其中」だと子夏が言ったのは何故かと言うと、博学篤志切問近思の四つは知のことで、仁は知恵のことではないからである。仁を詮議すれば、行いや事をする上で色めきのつくこと。仁は徳の成就の場で、自分にほっこりと道徳が臍落ちして来ることを言う。上の段々で知のことばかりを言って、その後に仁在其中と言っては仁の工夫に元手が要らない様だが、そうではなく、「学者要思得之」をしっかりと呑み込みなさいと言っているのである。ここも「引而不発」である。「了」は了解と続けて言えば悟ること。了訖[りょうきつ]は事の済んだこと。遣り遂げる意である。
【語釈】
・臍落…産児の胞衣を切ってへその緒の落ちること。俗に「落ちる」というのを忌んで「ほぞの緒がおさまる」という。ほぞち。②強いられてでなく、自分の意志で同意すること。納得。承知。③果実がよく熟して自然に蔕から落ちること。また、その果実。
・引而不發也…孟子尽心章句上41。「孟子曰、大匠不爲拙工改廢繩墨。羿不爲拙射變其彀率。君子引而不發、躍如也。中道而立。能者從之」。
・了訖…「了」「訖」も共に終わるの意。

徹上徹下之道。博学云々の四つは学者今日の勤め。徹下なり。仁在其中は徹上なり。とちも此子夏の語て得らるる。これでしてとらるると云こと。是れで上に学者思てと訣をば云ぬが、これで大概聞たほどに見ることぞ。四つは知の功夫なり。知がぬけると吾方臍落がしてくる。理に合点がゆくとほっこりとなる。知があると私意人欲はせぬもの。そこが仁の塲へゆく処。俗人でもいこう利口なは迂詐をあまりつかぬもの。誠ではない。知惠から迂詐をつかぬ。学者も知見すすむと心がすむ。それだけがはや仁へ近ひ。仁のことにうそを付ぬの何のと云はあらひ譬なれとも、やすいことを云で仁へ近付かせるのぞ。知上に博学篤志切問近思をふだんすると、心はじっと内にいるぞ。うそだの何んのと云きたないことなしにして取らるるもの。知が上ると其端的行がよくなる。それから行くまい方へは心が行ぬもの。爰から仁氣が出る。
【解説】
博学篤志切問近思は学者の仕事であり、徹下である。仁在其中は徹上である。知が上がると心が内に落ち着いて行いがよくなり、私意人欲はなくなる。それで仁の場に近付くのである。
【通釈】
「徹上徹下之道」。博学篤志切問近思の四つは学者の今日の勤めで、徹下である。仁在其中は徹上である。徹上徹下のどちらもこの子夏の語で得られる。これで遣り遂げられるということ。ここでは上に「学者思」とあるだけでその訳は言わないが、これで大概は聞いたのだと思いなさい。博学篤志切問近思の四つは知の工夫。知が抜け通るとこちらが臍落ちをする。理を合点するとほっこりとなる。知があると私意人欲はしないもの。そこが仁の場へ行く処。俗人でも大層利口な者は嘘をあまり吐かない。誠ではないが、知恵によって嘘を吐かないのである。学者も知見が進むと心が済む。それだけで、早くも仁に近くなる。仁のことで嘘を吐かないの何のと言うのは粗いたとえ方だが、わかり易いたとえを言って仁へ近付かせるのである。知を上げるために博学篤志切問近思を絶えず行うと、心はじっと内にいる。それで、嘘だの何のという汚いことに関係なく遣り遂げることができる。知が上がると直ぐに行いがよくなる。それで、行ってはならない方に心が行かない。ここから仁気が出る。


第四十八 弘而不毅の条

弘而不毅、則難立、毅而不弘、則無以居之。西銘言弘之道。
【読み】
弘くして毅からずんば、則ち立ち難く、毅くして弘からずんば、則ち以て之に居る無し。西銘は弘の道を言う。
【補足】
この条は、程氏遺書一四にある明道の語。論語泰伯7にある「曾子曰、士不可以不弘毅」を題材にして述べる。

これは曽子の弘毅の章をうらから説たもの。曽子のは弘毅が二つ揃は子ばならぬと云たこと。爰は如何様さうじゃ、弘而不毅則難立。腹中を大くしても仕ををせ、ずっと物を忍ると云ことがなくてはならぬと云こと。弘は野廣ひ。毅は持つづけること。先輩の、苧柄で千疂鋪を作ては立ぬと云れた。弘而不毅なり。
【解説】
曾子は弘毅の二つが揃わなければならないと言ったが、その通りである。その弘とは幅広いことで、毅とは持ち続けることである。
【通釈】
これは曾子の弘毅の章を逆から説いた章である。曾子は弘毅の二つが揃わなければいけないと言ったが、この章も、いかにもその通りで、「弘而不毅則難立」で、心を大きくしても、それを持ち続け、ずっと物を耐え忍ぶことがなくてはならないということ。弘は野広いこと。毅は持ち続けること。先輩が、芋茎で千畳敷の家を造ろうとしても建たないと言われた。「弘而不毅」である。
【語釈】
・腹中…心の中。心中。
・苧…①麻。②イラクサ科の多年草。ここは芋の誤り?

毅而不弘は直方曰、一間四方の家を八寸角で立た様なもの、と。丈夫計りではばがない。三四人外居られぬ。成程弘毅揃は子はならぬ。冬至文でも弘毅の章でも云通、弘毅二つて垩学を得るの材料じゃ。胸が小くては得手の不得手の、好きの嫌のと、近思十四篇大学八條目が這入らぬ。まして氣質人欲や癖がありて、其を仕直す大な仕事あれは、小な心ては入らぬぞ。又何程入れても肩骨が強[よは]くては持て行くことはならぬ。火事のとき、番袋へ有たけの道具を入れても、肩骨がよはくてかづくことがなら子ば出した侭そこで焼る。垩学は弘ひものゆへ弘ひ形りで入れて、毅で仕ををせること。先輩の、大材木は人足が弱くては持てゆかれぬと云た。
【解説】
「毅而不弘」は丈夫なだけで幅のないこと。学者にも気質人欲や癖がある。これをなくすのが学者の仕事だから、得手不得手、好き嫌いなどと言ってはいられない。心が小さくてはならない。また、心が弘でも肩骨が強くなければ担うことはできない。弘毅が二つ揃わなければならない。
【通釈】
「毅而不弘」を、直方が、一間四方の家を八寸角で建てた様なものだと言った。丈夫なだけで幅がない。三四人しか居られない。なるほど、弘毅が揃わなければならない。冬至文や弘毅の章でも言う通り、弘毅の二つが聖学を得る材料となる。胸が小さくては、得手だ不得手だ、好きだ嫌いだと言って、近思十四篇や大学八條目が心に這い入らない。まして気質人欲や癖があり、それを仕直すという大きな仕事があれは、小さな心では入り切らない。また、どれほど入れても肩骨が弱くては持って行くことはできない。火事の時、番袋に有りっ丈の道具を入れても、肩骨が弱くて担ぐことができなければ、そのまま、そこで焼かれる。聖学は弘いものなので弘い通りに入れ、毅で遣り遂げる。先輩が、大きな材木は人足が弱くては持って行けないと言った。
【語釈】
・冬至文…佐藤直方著。「曾子不云乎。士不可以不弘毅」。
・番袋…宿直物を入れる袋。また、雑多な物を入れる大きな袋。

西銘言弘之道。此小書を学者が強く讀みたがるが、あまり乘て云ほどなことはない。乘らずによむべし。これは一寸した跡の御話と見へる。これは載せずともすむと云ほどのことぞ。近思の小書には小書で一意思よいこともあるが、それと見ることでない。乘らずによめと云が、某が今日の見取りぞ。爰の本文は弘と毅と二つ揃るが趣向。爰で弘計りの西銘をつよくよむと本文の精彩がぬける。弘毅と揃たはここの本文。毅と云はすんだこと、弘はとのやうな趣と弘計りを云はふなら西銘と一寸云たこと。をらが友の横渠が弘のことをしたたか云たが、あれて弘は見へると次でに云たこと。
【解説】
「西銘言弘之道」は後書きとして一寸記したものだろうから、あまり意を込めて読む必要はない。この章は弘毅の二つが揃っていなければならないと主張しているのだから、弘について書いてある西銘を強調すると、この章の精彩がなくなる。
【通釈】
「西銘言弘之道」。この小書を学者は重要なものとして読みたがるが、あまり力を入れて言うほどのことはない。乗らずに読みなさい。これは後書きを一寸記したものだろう。そこで、載せなくてもよい語だというほどのこと。近思の小書には、意趣のよいものもあるが、これがそれだと思ってはいけない。力を入れずに読みなさいと言うのが、私の今日の見取りである。ここの本文は弘と毅とを二つ揃えるのが趣向。ここで弘ばかりが書かれた西銘を強く読むと本文の精彩が抜ける。弘毅と揃えたのはここの本文。毅の話は済んだので、それでは弘とはどの様な趣なのかと、弘だけを言うとすればそれは西銘にあると一寸言っただけのこと。俺の友の横渠が弘のことを西銘でしたたか言っているので、あれで弘のことがわかるとついでに言ったのである。

さて、西銘は天地を父母とし、路ち端しにをる鉢坊主も兄弟じゃ、こちも一つものとみた。弘は垩学のかかい。これで見れば、弘毅は氣質でないこと。西銘と云に氣質はない筈なり。これを氣質に説くと柳下惠は弘、伯夷は毅になる。
【解説】
弘は聖学の嵩。弘毅は気質で話すことではない。気質で説くと柳下恵は弘、伯夷は毅となる。
【通釈】
さて、西銘は天地を父母とし、道端にいる鉢坊主も兄弟で、自分もこれと同じであると見る。弘は聖学の嵩。これで見れば、弘毅は気質ではなく、西銘に気質はない筈である。しかし、これを気質で説けば、柳下恵は弘、伯夷は毅となる。
【語釈】
・西銘は天地を父母とし…為学89。西銘。「横渠先生作訂頑曰、乾稱父、坤稱母。予茲藐焉、乃混然中處。故天地之塞、吾其體、天地之帥、吾其性。民吾同胞、物吾與也」。
・鉢坊主…托鉢して歩く坊主。乞食坊主。
・かかい…がかい。外見の大きさ。かさ。
・柳下惠…論語微子8に、「子曰、不降其志、不辱其身、伯夷叔斉與。謂柳下惠少連、降志辱身、言中倫、行中慮。其斯而已」とあり、また、孟子公孫丑章句9に、「孟子曰、伯夷非其君不事。非其友不友。不立於悪人之朝。不與悪人言。…柳下惠、不羞汙君、不卑小官。進不隱賢、必以其道」とある。孟子は伯夷を隘、柳下恵を不恭だとする。
・伯夷…柳下惠を参照のこと。


第四十九 伊川先生曰古之学者云々の条

伊川先生曰、古之學者、優柔厭飫、有先後次序。今之學者、卻只做一場話説、務高而已。常愛杜元凱語。若江海之浸、膏澤之潤、渙然冰釋、怡然理順、然後爲得也。今之學者、往往以游夏爲小不足學。然游夏一言一事、卻總是實。後之學者好高、如人游心於千里之外、然自身卻只在此。
【読み】
伊川先生曰く、古の學者は、優柔厭飫[えんよ]にして、先後の次序有り。今の學者は、卻って只一場の話説を做[な]し、高きを務むるのみ。常に杜元凱の語を愛す。江海の浸し、膏澤の潤すが若く、渙然[かんぜん]として冰のごとく釋[と]け、怡然[いぜん]として理順い、然して後に得たりと爲す、と。今の學者は、往往にして游夏を以て小にして學ぶに足らずと爲す。然れども游夏の一言一事は、卻って總て是れ實なり。後の學者は高きを好み、人の心を千里の外に游すも、然れども自身は卻って只此に在るが如し、と。
【補足】
この条は、程氏遺書一五にある。

此章は前の鞭辟近裏と同格によむことなり。あそこの主意は外向へ計り人がかかるから、内へ々々とたたきこめと云こと。裏へたたき込めと云ても、ざっとした仕掛ではならぬ。とっくり尻を落付け子ばならぬから、前の鞭辟近裡へ優柔厭飫と、爰でうらうちをしたと見ることぞ。さう見ればさてよい手段になる。鞭辟近裏は、今の学者は古へのやうでない、内へたたきこめと云こと。ここは古の学者は優柔厭飫とて、とっくりとそこに落付たから成就した。鞭辟近裏もそればかりではない。優柔厭飫でなりた。今はとっくとないから古のやうにゆかぬと云たこと。何んでもとっくりとしたことでなくては味は出ぬ。急きの飛脚次手に冨士を見たはこちの物にならぬ。冨士を見た氣象がない。學者とっくと居[すわっ]てでなくては味はない。此優柔厭飫の字は杜預が左傳の序に書た。優柔はゆっくり、厭飫は二字ともあくまでと云ことで、たらふくと云ことになる。茶人のとっくとと云が靣白ひ。とっくとでなければ茶の興はない。とっくとあくまでで、垩学には行れぬ。矢橋の渡を渡る様にはならぬ。七日灸をして、伸をして、ああ暇あきじゃと云位では垩学へは行れぬ。酒も一寸嘗たは役に立ぬ。とっくりと呑子ば味はない。
【解説】
「伊川先生曰、古之學者、優柔厭飫、有先後次序」の説明。「鞭辟近裏」も「優柔厭飫」も古の学者にはあったが、今の学者にそれはない。この章は、「鞭辟近裏」を念を入れて行いなさいという意から「優柔厭飫」と裏打ちをしたもの。鞭辟近裏と優柔厭飫とで学問は成就する。
【通釈】
この章は前の「鞭辟近裏」と同格なものとして読みなさい。あの主意は、人が外に対してばかり取り掛かるので、そうではなく、内に叩き込みなさいということ。裏へ叩き込めと言ってもいい加減な仕掛けでは悪い。とっくりと尻を落ち着けなければならないから、前にあった鞭辟近裏にここで「優柔厭飫」と裏打ちをしたのだと捉えなさい。そう捉えればよい手段となる。鞭辟近裏は、今の学者は古の学者の様ではないから内へ叩き込めということ。ここは、古の学者は優柔厭飫でとっくりとそこに落ち着いたから成就したということ。鞭辟近裏だけではなく、優柔厭飫で成就した。今の学者はとっくりとしないから古の学者の様には行かないと言ったのである。何でもとっくりとしたことでなくては味は出ない。急ぎの飛脚がついでに富士山を見るのでは自分の物にはならない。それでは富士山を観た気象とはならない。学者もとっくりと座っていなくては味が出ない。この優柔厭飫の字は杜預が左伝の序に書いたもの。優柔はゆっくり、厭飫は二字とも飽くまでということで、たらふくという意味である。茶人がとっくとと言うのが面白い。とっくとでなければ茶の興が出ない。とっくりと飽くまでにならなければ、聖学に行き着けない。それは、矢橋の渡しを渡る様なものではない。七日間灸をして、伸びをして、ああ暇明きだと言う様では聖学に行き着けない。酒も一寸嘗めた位では役に立たない。とっくりと呑まなければ味はない。
【語釈】
・鞭辟近裡…為学43の語。
・優柔…心が広くゆっくりとしていること。
・厭飫…満足し、心にゆとりのあること。
・杜預…杜元凱。左伝癖があったと言われる。春秋左伝集解を著した。晋代。222~284
・矢橋…滋賀県南部、草津市の一地区。琵琶湖の南東岸の旧湖港。「矢橋の帰帆」は近江八景の一。
・暇あき…仕事がなくて楽になること。また、そのとき。

却てとは、あれじゃのに今の学者はとっくとないと、優柔厭飫を出してそれを見かけて云こと。務高而已。優柔厭飫はじか々々まていな学問。務高はよいことを聞たもじきに話して、其坐話に高ひことを云て人をおどす。これが高ひと云そもないことを高を務ると云たは虚な学問ゆへ上は走る。兎角鳶飛魚躍の、曽点の氣象のと云たがる。二两や三两のことで額に筋を張るに、曽点処ではない。じゃほどに、伊達をやめやれと云こと。
【解説】
「今之學者、卻只做一場話説、務高而已」の説明。「務高」は虚な学問である。高いことを言っても、言っている本人が優柔厭飫でなければ悪い。伊達が悪い。
【通釈】
「却」とは、それなのに今の学者はとっくりとしていないと、優柔厭飫を引き合いにして言ったこと。「務高而已」。優柔厭飫は地道で真の学問の手法。「務高」は、よいことを聞くと直ぐに話をして、その場の話に高いことを言って人を威すこと。高いと言いそうもないことを務高と言ったのは、それが虚な学問で上面だけのものだからである。とかく「鳶飛魚躍」とか、曾点の気象とかと言いたがる。二両や三両のことで額に筋を張っているのに曾点どころではない。それで、伊達を止めなさいと言ったるのである。
【語釈】
・鳶飛魚躍…中庸章句12。「詩云、鳶飛戻天、魚躍于淵。言其上下察也」。詩は詩経大雅早麓。
・曾点の氣象…論語先進25。「莫春者、春服既成。冠者五六人、童子六七人、浴乎沂、風乎舞雩、詠而歸。夫子喟然歎曰、吾與點也」。

常愛杬元凱。これからが靣白ひ。杜預が覚へとも見へぬことを云た。あれが本の俗学なれとも、左傳春秋に用力たからよいことも覚へたもの。これでこちの為めにも成る。心を用ひたことにはよいこともあるもの。詩や歌の達人のこと、道学へひひくことの有る様なもの。常愛すと先生にほめられたは手からなこと。
【解説】
「常愛杜元凱語」の説明。杜元凱は俗学者だが、春秋左伝に力を用いたからよいことも覚えることができた。それは、詩や歌の達人のことが学道へ響くことがあるのと同じである。
【通釈】
「常愛杜元凱」。これからが面白い。杜預の言とは思えないことを言った。彼の学は本当に俗学なのだが、春秋左伝に力を用いたから、よいことも覚えたのである。これで自分のためにもなる。心を用いればよいこともあるもの。詩や歌の達人の言も、道学へ響くことがある様なことと同じ。「常愛」と伊川先生に褒められたのは彼の手柄である。

江海は、江は江水、海はうみのことと文字にかかるは手づつなこと。なんであろふと泉水の様な小いことでなく、廣い川ゆへかわく間のないこと。膏澤はじみ々々うるをす方から縁を取てあぶらと云字を書た。川沢のもののはしゃくことはない。学問も夫れへはめておくとてかはつくことはない。夫れへ漬ておくこと。渙然は渙の卦の渙で、ちること、かわること。初手しれぬがしれて来たこと。氷釋。氷が牛馬もわたるが、いつの間にやら解る。丁と学問もそのやうに解ると疑はない。心は道理の具りたものゆへ、致知挌物をすると疑は無くなる。だたい疑はない筈のものの出来たこと。氷も本とはないもの。只水ぎりが本のなりなり。今夫れが本との水になりたのぞ。
【解説】
「若江海之浸、膏澤之潤、渙然冰釋」の説明。江海や膏沢が波立つことはない。学問も同じで、騒いではならない。また、学問は渙然・氷釈の様に解けるものである。
【通釈】
「江海」は、江は江水、海はうみのことだと文字に拘わるのは拙劣なこと。何だとしても泉水の様な小さなことではなく、広い川で乾く間のないこと。「膏沢」は、じみじみ潤すところから縁をとって、あぶらという字を使った。江川や膏沢の様なものがはしゃぐことはない。学問もそれへ嵌めておくとはしゃぐことはない。それへ漬けて置くこと。「渙然」は渙の卦の渙で、散ること、変わること。初めはわからなかったことがわかって来たこと。「氷釈」。牛馬でも氷を渡る。それがいつの間にか解ける。丁度、学問もその様に解けると疑いはなくなる。心は道理が具わったものだから、致知格物をすると疑いはなくなる。そもそも疑いとは、ない筈のものができたこと。氷も本当の姿ではなく、ただ水だけが本当の姿である。今それが本当の水になったのである。
【語釈】
・江水…①大河の水。②揚子江の水。
・手づつ…てずつ。へた。拙劣。不器用。
・かはつく…がばつく。「がば」は①水などがゆれ動く音。液体が勢いよく流れ出るさま。②大きすぎて、ゆるゆるなさま。

怡然は外から来たことでない。知れて来ると内からにっこりと笑出す。話のをちた謎の解けた処て怡然なり。疑は氷なり。理順で解けたこと。而後とらいのある字を書いたが靣白ひ。上の優柔厭飫をしてからでなくてはならぬからのこと。さうはなくて、今の学者はをっかぶせておいて高ぶると、そこて今の学者とかけたもの。なれとも、この学者が今日のもののやうなことではない。謝・楊・游などの程門のれき々々をあてて云たこと。これはわるいぐるみ高ひことぞ。漸語類文集が見らるる位のもののことではない。わるいと云ても今の学者が斯ふ乘切ることはならぬ。程門が目は顔曽へとどいてをるから游夏を何共思はぬなれとも、伊川の務高と銘を打たに相違はない。
【解説】
「怡然理順、然後爲得也。今之學者、往往以游夏爲小不足學」の説明。「今之学者」とは、現在の学者の様な低い段階の者のことではなく、程門の弟子を指して言ったこと。今の学者はその段階にも至っていない。程門の弟子は顔子や曾子を目標に高振れ、子游や子夏を対象としない。これが「務高」なのである。
【通釈】
「怡然」は外から来るものではない。わかって来ると内からにっこりと笑い出す。話がわかり、謎の解けた処が怡然である。疑は氷である。「理順」で融ける。「而後」と間を置く字を使ったのが面白い。それは上の優柔厭飫をしてからでなくてはならないからである。しかし、今の学者は優柔厭飫をしないで高振るから、そこで「今之学者」と掛けて言ったもの。この学者とは今日の学者の様な者のことではない。謝・楊・游などの程門の歴々を指して言ったこと。これは悪い学だが高いもの。漸く語類や文集が読める位の者のことではない。悪いと言っても、今の学者がその高さに行き着くことはできない。程門の目は顔子や曾子に届いているから子游や子夏を何とも思わないが、伊川が「務高」と銘を打ったことに間違いはない。
【語釈】
・怡然…喜ばしいさま。
・謝・楊・游…謝上蔡、楊亀山、游定夫。
・游夏…子游と子夏。共に孔門の一人。子游は礼、子夏は詩を特に学んだ。

一言事却是實。孔門にも小さひもあれども、皆実なり。今の務高は粃米ぞ。孔門も、分限者もあり小もあれとも、小とてもほんのものぞ。持たなりて自滿せぬやうなもの。後之学者好高。歴々のをちぶれたのなり。直方先生の所謂、一休が小僧鴉を驅ひながらも高ひことを云。千里之外云々。腰ぬけが長﨑の話をする様なもの。長﨑処ではない。隣へも行けぬ。手前は一向で居で高ひこと云は紛をくはせるぞ。
【解説】
「然游夏一言一事、卻總是實。後之學者好高、如人游心於千里之外、然自身卻只在此」の説明。孔門にも大小はあるが皆本物で実があった。しかし、今の務高の学者は粃米である。低い者が高いことを言うのは人を惑わすことになる。
【通釈】
「一言事却是實」。孔門にも小さい者もいたが、皆実があった。今の務高は粃米である。孔門にも、分限者も小さな者もいたが、小さくても本物である。それは持ったままで自慢しない様なもの。「後之学者好高」。歴々が落ちぶれたこと。所謂、直方先生の、一休の小僧は鴉を追いながらも高いことを言うということ。「千里之外云々」。腰抜けが長崎の話をする様なもの。長崎処ではない。隣へも行けない。自分は話にならない段階なのに高いことを言うのは人を惑わすものである。
【語釈】
・粃米…殻ばかりで実のない籾米。
・分限者…金持。ものもち。ぶげんもの。
・一向…全くひどいこと。お話にならないこと。


第五十 脩養之所以引年の条

脩養之所以引年、國祚之所以祈天永命、常人之至於聖賢、皆工夫到這裏、則自有此應。
【読み】
脩養の年を引[の]ぶる所以、國祚の天の永命を祈る所以、常人の聖賢に至る、皆工夫這[こ]の裏に至れば、則ち自ら此の應有り。
【補足】
この条は、程氏遺書一五にある伊川の語。

好学論の学以至垩人之道の字をいつも大字に書て掛札にしてをくことぞ。為学ではどの章もあれが入用ぞ。あれが中々只では行れぬこと。あれが只ではゆかれぬと云ても、天下のことにはあれよりもそっと行にくいこともあるが、夫がなるからは、あれも行れようとかけて、夫れはどのやうなものぞと云せておいて、とほうもないことを二つ云たもの。
【解説】
好学論の「学以至聖人之道」はどの章にも通じたもの。これは簡単に成就するものではないが、それ以上に難しいことが成就するのだから、これも成就することができるのである。
【通釈】
好学論の「学以至聖人之道」の字をいつも大文字で書いて掛札にしておくのがよい。為学ではどの章にもあれが必要である。しかしそれは中々簡単には行えないもの。しかし簡単には行えないと言っても、天下のことにはそれよりもっと行い難いことがあって、それが成就するのだからあれも成就することができるだろうと掛けて言い、そのもっと行い難いことはどの様なものかと問わせておいて、途方もないことを二つ、ここで言ったのである。
【語釈】
・好学論…為学3を指す。

脩養と云は先日本にはないこと。医者のことをも云が、これは仙人の術を学ぶこと。脩養家、道家と云。五穀を避けて味を淡泊にし、心氣を洩らさず金丹を嘗めて心を靜てをれば長生すること。是は垩賢の道では盗造化之機と云て譏ることなれとも、こちにも似たことがあると引付に出して見せたもの。命は禀有生之始。生れたときに数は定ると云がこちの論なれとも、仕方で百年も二百年も生きると云こともあること。逍遥院の哥に、水無月かけてのこる氷にと云やふなもので、仕方で長くもつこともある。五十目掛の蠟蠋は大数。どらほどとぼるものと刻限定てをるものなれとも、密室で風にもあたら子ば久くとぼる。
【解説】
修養とは医者にも使うが、道家の手法で仙人の術を学ぶこと。これは聖賢の道に反するものだが、聖学にもそれに似たものがある。命は生まれた時に既に数が定まったものだが、人の遣り方次第でその命を延ばすことができる。
【通釈】
「修養」というのは先ず日本にはないこと。医者のことをも言うが、これは仙人の術を学ぶこと。修養家や道家と言う。五穀を避けて味を淡白にし、心気を洩らさず金丹を嘗めて心を静めていれば長生きをするということ。これは聖賢の道では「盗造化之機」と言って譏ることだが、こちらにも似たことがあると、その証拠としてここに出して見せた。「命禀有生之始」で、生まれた時に既に数が定まっていると言うのがこちらの論であるが、仕方次第で百年も二百年も生き続けることもある。逍遥院の歌で、水無月かけてのこる氷にという様なもので、仕方によっては長く保つこともある。五十目掛の蝋燭は大数でかなり長持ちがするが、それでも消える刻限は定まっている。しかし、密室で風に当たらなければもっと長く点る。
【語釈】
・金丹…道士などが調製したという、金の妙剤。長寿の妙薬。
・盗造化之機…
・引付…証拠として引き出して、明示する。また、書き留めておく。
・命は禀有生之始…
・数…事の成り行き。運命。情勢。
・逍遥院…室町後期の公家・歌人。幼名は公世・公延、号は聴雪・逃虚子、法号は逍遥院耕隠堯空。1469(文明元年)元服し三条実隆と改名。
・五十目掛…百目蝋燭があり、その半分の蝋燭か?

國祚は国のつづくこと。是れも数のあることなれとも、祈天永命と云は人君の德の脩めやう、政の仕方で、天の方できまったものも長くもなる。此方の仕方で延ばす。人の力で天へひびくと云こと。日食は行度が定てあること。幾日何時と究りたものなれとも、古へ垩賢脩德天下の隂邪たかぶらず、天下治平に政がよければ日食の日に食せぬこともある。これが微妙なことで知れにくいことなれとも、天の氣を呼ひかへす処の氣がつよければ、天へひびいて人事でこふしたこともなると、此の二つを枕詞にして今日の弥太も平太も堯舜にならるると脾胃をつよく云たもの。
【解説】
国祚も命数の定まったものだが、人君が徳を修めることによって長くすることができる。人の力で天に響かせるのである。修養や国祚でさえ人が成すことができるのだから、人は皆、堯舜になることができるのである。
【通釈】
「國祚」とは国の続くこと。これも命数の定まったことだが、「祈天永命」とは人君の徳の修め方や政の仕方によって、天で決まっているものでもそれを長くすることができるということ。こちらの仕方で延ばすことができる。人の力で天に響くということ。日食の周期は定まったもの。幾日の何時にあると決まったことだが、古の聖賢が徳を修めた結果、天下に陰邪が流行せず、天下治平となって政がよければ、日食の日に食のないこともある。これは微妙なことでわかり難いことではあるが、天の気を呼び返す処の気が強ければ天へ響くから人事でもこうしたことをすることもできると、この二つを枕詞にして、今日の弥太も平太も堯舜になることができると力強く言ったのである。
【語釈】
・行度…

這裏は、あれあそこの処とさすこと。仙術に至るは成りそもないことなれとも、此方の修行が強ければならるる。彼の六月の氷り、ないことがある。夫れから見れば常人でも垩賢になるは成るの理のあるからなる筈ぞとなり。有此應。工夫次第でならぬこともなる。迂斎曰、斧を研[すっ]て針にする意、と。修行の届く処て爰へひびくと云ことなり。
【解説】
不可能と思われる仙術も、修行を強く行えば成ることができる。それから見れば、常人でも聖賢に成ることができるのであって、それは成る理があるからである。修行の工夫次第で成れないことでも成るのである。
【通釈】
「這裏」は、それはあそこの場だと指し示すこと。仙術者に至るのは成就しそうもないことだが、自分の修行が強ければ成ることができる。あの六月の氷りで、ないことがある。それから見れば、常人でも聖賢になると言うのは成る理があるから成る筈だということ。「有此応」。工夫次第で成れないことも成る。迂斎が、斧を研いで針にする意だと言った。修行が届いて天に響くのである。


第五十一 忠恕所以公平の条

忠恕所以公平。造德則自忠恕、其致則公平。
【読み】
忠恕は公平なる所以なり。德に造[いた]るは則ち忠恕により、其の致[いたり]は則ち公平なり。
【補足】
この条は、程氏遺書一五にある伊川の語。

是れが学者差當りの工夫ぞ。忠と云は内の心を少も虚のない様に吾方を一杯に尽て、少とも跡へ残すことのないを云。そこて文字も中の心と書て、少もかけごのないこと。是は吾方のこと。恕は相手を取て云こと。吾心の有る形りに誠を人へ出すこと。これも字心で知ろふこと。如心なり。忠は吾一人て内外の違はぬこと。恕は吾と人とのちがわぬこと。是が学者の端的の工夫、孔門の教。心の工夫、此より外はない。心法は禪坊主のすることと異学が云が、論語の忠恕が心の工夫と云ことを知らぬ。
【解説】
忠とは心を尽くすことで、恕とは心の通りに誠を人に出すこと。よって、忠は自分の内外が違わないことで、恕は人と自分とが違わないことなのである。この忠恕が聖学における心法なのである。
【通釈】
これが学者の差し当たっての工夫である。忠とは、内にある心を少しも隙間がない様に自分の心を一杯に尽くし、少しも跡へ残すことのないことを言う。そこで文字も中の心と書いて、少しの懸子のないこと。忠は自分自身のことで、恕は相手との関連で言うこと。自分の心の通りに誠を人へ出すこと。これも字心で理解しなさい。心の如くである。忠とは自分のことについて言い、内外の違わないこと。恕とは自分と人とが違わないこと。これが学者の端的の工夫であり孔門の教である。心の工夫はこれより外はない。異学は心法を禅坊主のすることだと言うが、彼等は論語の忠恕が心の工夫であることを知らない。
【語釈】
・かけご…懸子・掛子。本心を打ち明けて話さないこと。
・論語の忠恕か心の工夫…論語里仁15。「曾子曰、夫子之道、忠恕而已矣」。朱子は語類27で、忠恕は工夫、公平は忠恕の効果であると言う。

忠恕猶形影。忠計で恕がないと吾計り、恕計で忠のないはうそなり。程子の、忠恕一箇不得除と云た。体用故、離し様はない。忠恕は二つ並ば子ばならぬもの。直方先生、忠計りて恕がないと昏暗でかぶりをふるや様なものと云た。今忠なしに恕をする人がある。それは拵へものぞ。進物計りで誠がない。忠は餘るほど吾にあるから恕と人へ振舞ふことぞ。忠恕は重いことではあるが、すれば今日からなること。私はならぬと云は、はや巾着切の稽古をするからなり。及ぬことではあるが、すればなる。夫をする効のつまりが公平になる。公平は天地一まい、太極なりなこと。道理の本然正眞なりなことで、学者が忠恕をするは借りたことても添たことでもない。それをするで道理の本然天地の形りの公平になる。別に支度したことでない。直方曰、忠恕の仁になるは、娵か姑になるのじゃと云た。忠恕が年が寄れば仁なり。
【解説】
忠恕は体用の関係だから、二つ揃わなければならない。忠だけだと一人よがりになるし、恕だけだと誠がない。忠が満ち足りて恕をすることができる。忠恕は自らが行うものであり、これをすることによって公平となる。公平とは太極の通りということ。忠恕が進めば仁となる。
【通釈】
「忠恕猶形影」。忠ばかりで恕がないと自分のことばかりとなり、恕ばかりで忠がないのは嘘となる。程子が、「忠恕一箇不得除」と言った。体用の関係だから離すことはできない。忠恕は二つ並ばなければならないもの。直方先生が、忠ばかりで恕がないと、暗闇で頭を振る様なものだと言った。今、忠がなくて恕をする人がいる。それは拵え物であって、進物ばかりで誠がない。忠が余るほど自分にあるから、恕と、人へ振舞うことができるのである。忠恕は難しいことではあるが、しようとすれば今日からできる。私はできないと言うのは、早くも巾着切りの稽古をするからである。中々できないことではあるが、しようとすればできる。それをした効の結果が公平になる。公平は天地一つ、太極の通りのこと。道理の本然、正真の通りのことで、学者が忠恕をするのは、借り物でも添え物でもない。忠恕をするので道理の本然、天地の姿の公平になる。特別に支度をしたわけではない。直方が、忠恕が仁になるのは、娵が姑になるのと同じだと言った。年を経れば忠恕は仁となる。
【語釈】
・忠恕猶形影…「忠恕は猶形影の如し」?
・忠恕一箇不得除…「忠恕は一箇も除くことを得ず」?

忠恕所以公平と云は只忠恕の字のなりを見せたこと。造德則自忠恕。ここが為学なり。忠恕からかかれと云こと。德とはすぐに道のこと。道は公平のこと。其致はつまる処のこと。忠恕の行付処は公平なり。さて爰で忠恕と語りて跡で仁とかたる。中庸にも忠恕違道不遠とある。忠恕は工夫、仁は自然の塲。色々名は立ても中へ這入ると一つものなり。
【解説】
徳を得るには忠恕による。その徳とは道であり、道は公平であって、公平は忠恕の到達点である。名は多くあるが、よく理解できれば同じことだとわかる。
【通釈】
「忠恕所以公平」は、ただ忠恕の字の姿を見せただけである。「造徳則自忠恕」。ここが為学である。忠恕から取り掛かりなさいということ。徳とは直に道のこと。道は公平のこと。「其致」とは詰まる処ということ。忠恕の行き着く処は公平である。さて、ここで忠恕と語って、後に仁と語る。中庸にも「忠恕違道不遠」とある。忠恕は工夫、仁は自然の場。色々と名を立てるが、中へ這い入ると同じことである。
【語釈】
・忠恕違道不遠…中庸章句13の語。


第五十二 仁之道要之只消道一公字条

仁之道、要之、只消道一公字。公只是仁之理、不可將公便喚做仁。公而以人體之、故爲仁。只爲公則物我兼照、故仁所以能恕、所以能愛。恕則仁之施、愛則仁之用也。
【読み】
仁の道は、之を要するに、只一つの公の字を道[い]うを消[もち]うるのみ。公は只是れ仁の理にして、公を將[もっ]て便ち仁と喚[よ]び做[な]す可からず。公にして人を以て之に體す、故に仁爲り。只公ならば則ち物我兼ね照すが爲に、故に仁は能く恕する所以なり、能く愛する所以なり。恕は則ち仁の施にして、愛は則ち仁の用なり。
【補足】
この条は、程氏遺書一五にある伊川の語。

上の章にも恕、爰も恕なれとも、忠恕とつれる恕もあり、仁恕とつれる恕もある。上の条は忠が体て恕を語る。此条は仁が主で恕を語る。仁之道と云字は仁を合点することにしてもよし、仁を得る道と見てもよし。孔門の問仁は仁を合点すると云ことではない。皆仁を得るためなり。程門はさうはゆかぬ。後世は仁を合点してからと云ことがある。之道と云を譯して云はは、仁と云ことの相談にはと云様なもの。要はかなめ。きまりの処はと云こと。
【解説】
「仁之道、要之」の説明。前条の忠恕は、忠を体、恕を用として語っているが、この条は、仁を主にして恕を語ったもの。仁の道とは、仁を理解するための道と、仁を得るための道という意味がある。孔門の道は仁を得るものだったが、後世の学者は孔門に及ばないから、仁を理解することから始まる。
【通釈】
前条にも恕があって、この章にも恕があるが、忠恕と繋がる恕もあるし、仁恕と繋がる恕もある。前条は忠を体として恕を語っているが、この条は仁が主で恕を語る。「仁之道」とは仁を合点するための道と捉えてもよいし、仁を得るための道と考えてもよい。孔門の「問仁」は仁を合点するとではない。皆、仁を得るためのものである。しかし、程門ではそうはいかない。後世になると、先ず仁を合点してからと言うことがある。「之道」を訳せば、仁の相談にはという様なもの。要はかなめで、決まりの処はと言うこと。
【語釈】
・孔門の問仁…門弟が孔子に仁を問う話は論語の雍也22、顔淵1、2、3、22、子路19にある。その中で顔淵22は「樊遅問仁。子曰、愛人」である。

只消道一の公字。仁は六ヶ鋪ひこと。さま々々なものを持て来ると合点がゆかぬ。只一つの公の字でよい。滅多なものがいかいこと来てかき廻すと邪魔になる。出産の時は取揚け婆々一人がよい。隣の亭主や俳諧の友、役に立ぬ。仁の成るならぬは公と公でないとにあること。公は天地一牧。寒ひときは何処も寒ひ。暑ひ時は何処も暑ひ。人の方は、憎いものは寒ひにも搆はず、可愛かるものには火にあたれと云。そこに私あるから。仁のことは公と云字入用なり。とかく公と云ふ一人の相客がよい。迂斎曰、私のある内は仁の沙汰へは行ぬ。
【解説】
「只消道一公字」の説明。仁の理解は難しいことだから、これを色々なものを使わず、公の一字によって理解するのがよい。公は天地と同じであって私のないこと。仁か否かは、公か公でないかということにある。
【通釈】
「只消道一公字」。仁は難しいことだから、様々なものを持って来るとうまく理解できない。ただ一つの公の字だけでよい。多くのものが沢山来て掻き回すと邪魔になる。出産の時は取りあげ婆が一人がいればよい。隣の亭主や俳諧の友は役に立たない。仁が成るか成らないかは公か公でないかということにある。公は天地と同じ。寒い時は何処でも寒い。暑い時は何処でも暑い。人は、憎い者が寒がっていても構いはしないが、可愛がっている者には火にあたれと言う。それは、そこに私があるから。仁には公が必要であって、とかく公という一人だけの相客がよい。迂斎が、私がある内は仁の沙汰はないと言った。
【語釈】
・相客…①宿屋で同じ部屋に泊り合せた客。②たまたま同時に来合せた客。

公只是仁之理。これは道体の名義で六ヶしいこと。道体へ載せそうな語の為学に有も靣白ひ。爰は名義を説たことなれとも、名義を知るですぐ工夫になるから為学になる。公只是仁之理、爰等が宋朝でなくては云れぬこと。字彙の学問ではゆかぬ。仁は贔屓偏頗のない、私氣のないこと。仁には私氣がないから、公は仁の理なり。是であやは済だが味がない。爰に塩梅のあること。理と云は動かぬつめたいもの。白ひは白ひ、黑は黑ひと、公は私なく筋を立ること故、之理と云なれとも、夫計では仁の塩梅へ行ぬ。以公便不可喚做仁。公計りはむまみがない。六ヶ鋪と云がこのことで、数千巻の書は讀むこともなろふが、爰の味は知れぬこと。
【解説】
「公只是仁之理、不可將公便喚做仁」の説明。公は仁の理であるとは、道体の名義の説明である。名義を知ることで工夫となるから為学に載る。理は動かず冷たいもの。公は私がなくて筋を立てるもの。よって、理や公だけでは甘味がないから、公を即仁だとは言えない。
【通釈】
「公只是仁之理」。これは道体の名義のことで難しいこと。道体へ載せそうな語が為学にあるのも面白い。ここは名義を説いたところだが、名義を知ることで直ぐに工夫になるから為学になる。公只是仁之理は、宋朝でなければ言えないこと。字彙の学問では、こうは行かない。仁は贔屓偏頗がなく、私気のないこと。仁には私気かないから、公は仁の理なのである。これで名義の綾は済んだが味がない。ここに塩梅がある。理とは動かない冷たいもの。白は白、黒は黒であって、公は私なく筋を立てることだから「之理」と言うが、それだけでは仁に塩梅が加わらない。「以公便不可喚做仁」。公だけでは甘味がない。難しいと言うのがこのことで、数千巻の書は読むこともできるだろうが、それでここの味を知ることはできない。
【語釈】
・贔屓偏頗…えこひいき。

公而以人體之故為仁。爰は程子の大事のものだが、をぬしに一と口喰はせふと云こと。前にある公の道理を人が持つ。其持つ処の人と云字であたたまりのつくことと合点すること。公は理でつめたひもの。無極而太極と云様なもの。それへ温まりの付処で仁なり。太極にほろりと涙の出るが仁なり。なげくまじなきこそ本の姿なれは、理のなりなり。とは思へともぬるる袖哉は仁なり。死ぬ筈と思へとも、とふも涙が出る。山﨑先生が、仁は馬鹿なものと云た。科人の首を切ておいて、跡で泣く様なもの。科あるから切るる理なり。夫は公の上で、其上に涙と云温りの出たが仁なり。公は只酒と云様なもの。仁は燗をしたと云様なもの。
【解説】
「公而以人體之、故爲仁」の説明。公は理で冷たいもの。それを人が持つことで温まりが出る。それが仁である。公理の上に温まりが出たところが仁である。
【通釈】
「公而以人体之故為仁」。ここは程子が、大事なものだがお前に一口食べさせてあげようと言ったこと。前にある公の道理を人が持つ。その持つ処の人という字で温まりが付くことと合点しなさい。公は理で冷たいもの。無極而太極という様なもの。それに温まりが付く処で仁となる。太極にほろりと涙が出るのが仁である。歎くまじ無きこそ本の姿なれは理の姿である。とは思えども濡るる袖かなは仁である。人は死ぬものだと思っても、どうしても涙が出る。山崎先生が、仁は馬鹿なものだと言った。咎人の首を切って置いて後で泣く様なもの。咎があるから切る理がある。公の上に涙という温まりの出たのが仁である。公はただ酒という様なもの。仁はそれに燗をするという様なもの。

公而以人体すを直方先生が、公と云羽織を人が着ると云た。此の直方を一つ説ふなら、公は小袖櫃にある小袖の様なもの。ひゃこいが、仁は人の着ている小袖なり。一つ小袖なれとも、人が着るで煖なり。公の字に人氣のつくことと合点せふことぞ。某が小児に物を喰せるはきらいて、菓子も滅多にはやらぬ。なせなれば、是迠の喰物のあやが知れぬ。是迠の食物によって砂糖をやってもあたることがあるもの。そこを知てやらぬは理なり。されともこれはひゃこい。親の子を愛すと云は限りもないことで、食物をやって病ませるはいやなれども、どふも兒共が喰たかるから可愛くてやまれず、あれほとに云から一つばかりはと云て竟いやる。そこが仁氣なり。時によって、夫れゆへ親が病ませることもある。なれともそこが仁の氣象ぞ。さしづめの理ばかりでは、仁は云はれぬ。仁はこふした温まりのあるもの。やまれぬ誠からあたたまりのあるで仁ぞ。さて、此人の字は中庸の仁者人也の字とみること。人の温りをもった処を仁とみたもの。以人と云文義を人の身とよむが正意と云でもないか、つまり斯ふ云てよいことなり。
【解説】
仁とは公に人気が付くこと。小袖はそのままでは冷たいが、人がそれを着ると暖かい様に、仁は人気が付くこと。中庸にも「仁者人也」とある。子供に食べ物を遣って病ませるのはいけないと思うのは理であって、それでも子が可愛くて食べ物を与えてしまうのが仁なのである。
【通釈】
「公而以人体」を直方先生が、公という羽織を人が着る様なことだと言った。この直方の話を一つ説明すれば、公とは小袖櫃の中の小袖であって冷たいもの。そして、仁とは人が着ている小袖である。小袖自体は同じだが、人が着るから暖かい。仁とは公の字に人気のつくことだと合点しなさい。私が子供に物を喰わせるのが嫌いで、菓子も滅多には遣らない。それは何故かと言うと、これまで食べていた物が何だったのかわからないからである。これまでの食物によっては砂糖を遣っても中ることがあるもの。そこのところを知っているから遣らないのは理である。しかしながら、それでは冷たい。親が子を愛するのは限りもないことで、食物を遣って病ませるのは嫌だけれど、どうも子供が食べたがるから可愛くて仕様がない。あれほど欲しがるから一つだけはと言ってつい遣る。そこが仁気である。時によってはそのために親が子を病ませることもある。しかしながら、そこが仁の気象なのである。差し詰めの理だけでは、仁を語ることはできない。仁はこうした温まりのあるもの。已むことのできない誠から出た温まりがあるのが仁なのである。さて、この人の字は中庸の「仁者人也」の字と同じと見なさい。人が温まりを持った処を仁と見たのである。「以人」という文義を人の身と読むのが正意ということでもないが、結局はこう言うのがよい。
【語釈】
・さしづめ…差し詰め。①さしつまったこと。どんづまり。②さしあたり。今のところ。
・仁者人也…中庸章句20。「仁者人也。親親爲大。義者宜也。尊賢爲大。親親之殺、尊賢之等、禮所生也」。

只為公則物我兼照。是からは公と忠恕の方へもどして云こと。夫と云も土臺が公でなければ人と我とに隔がありてならぬことじゃ。仁者天地万物を以て一体とす。隔がないからどっちも照る。日月の照す様で、人のことをもいこふ苦労にする。凡夫は吾さへよければ人のことにはかまわぬ。柯先生の所謂、人と吾との間に鉄の塀が凡夫にはある。物我兼照すを受て、故にと云。仁所以恕。仁であるゆへ恕がなる。仁の本とは公で、公は私ないから兼照す。そこで恕がなる。彼の塀をとってのけた処。そこで隣の子の疱瘡も、吾子の疱瘡のやふに思ふ。仁所以能恕。私ないから思やりがある。
【解説】
「只爲公則物我兼照、故仁所以能恕」の説明。「仁者以天地萬物為一体」なので、自分の心が公で、他人と自分とに隔たりがあってはならない。仁の本は公で、公は私がないから兼ね照らす。そこで恕が成る。
【通釈】
「只為公則物我兼照」。これからは公と忠恕の方に戻って言うこと。それと言うのも、土台が公でなければ他人と自分とに隔たりができて悪いのである。「仁者以天地萬物為一体」。隔てがないからどちらにも照る。日月が照らす様で、他人のことでも大層苦労する。凡夫は自分さえよければ人のことには構わない。柯先生が言う所の、凡夫には人と自分との間に鉄の塀があるである。「物我兼照」を受けて、「故」と言い、「仁所以恕」と述べる。仁だから恕が成る。仁の本は公で、公は私がないから兼ね照らす。そこで恕が成る。あの塀を取って除けた処である。そこで、隣の子の疱瘡も自分の子の疱瘡の様に思う。「仁所以能」。私がないから思い遣りがある。
【語釈】
・仁者天地万物を以て一体とす…道体20。「仁者以天地萬物爲一體、莫非己也」。
・柯先生…山崎闇斎。

所以能愛。あはれみのあるでほろ々々泪が出る。恕なるも愛のなるも本とは仁じゃ。恕も愛も内の仁の出たもの。はっと云が仁のあらはれた処。それと云も公が本に立つ。私てはならぬ。そこが故の字で請た処なり。ここの処を朱子のほめられて、孔孟より外に天地の間に仁恕のことを斯ふ云ものはないと云れた。
【解説】
「所以能愛」の説明。恕も愛も本となるのは仁であり、更にその本は公である。朱子は語類で、「公在前、恕在後、中間是仁。公了方能仁、私便不能仁。可學。仁是愛底道理、公是仁底道理。故公則仁、仁則愛。端蒙」と、愛・仁・公の関係を説明している。
【通釈】
「所以能愛」。哀れみがあるのでぽろぽろと泪が出る。恕が成るのも愛が成るのもその本は仁である。恕も愛も内の仁が出たもの。はっというのが仁の現われた処。それと言うのも公が本に立っているからで、私では成らない。そこが「故」の字で請けた処。ここの処を朱子が褒められて、孔孟より外に天地の間に仁恕のことをこの伊川の様に言う者はいないと言われた。

恕仁之施愛は仁之用。爰も朱子のほめられて、此の施の字、用の字などを荀子や楊雄が手ではいじることも動すこともならぬと云れた。仁恕の名義も此様にこまかに云ぬと学者がうす々々に知る。性理の名義もうすうすに知ては昏暗で近付に成た人の様ではっきとない。はっきとなければ工夫もそれたけかけるもの。さて、仁は内に居るもの。用も施も仁の出たことなれとも、施は他人へあらわれ出たこと。人を相手にした処で云こと。佛者が布施と云ことを云も此施の字なり。なるほどきこへた。心切のあらはれ出た処が物を贈るなり。心ばかりでは恕でない。仁があらわれて人の上へ及んたこと。
【解説】
「恕則仁之施、愛則仁之用也」。仁は心の内にあるが、それが出ることを施や用と言う。その中で、施とはそれが他人に対して出ることを言い、それが恕である。心の内だけでは恕ではない。
【通釈】
「恕則仁之施愛則仁之用」。ここも朱子が褒められて、ここの施や用の字などを荀子や揚雄などの手合では、いじることも動かすこともできないと言われた。仁恕の名義もこの様に細かに言わないと、学者が薄々としかわからない。性理の名義も薄々に知るだけでは暗闇で知り合いになった人の様ではっきりとしない。はっきりとしなければ工夫もそれだけ陰るもの。さて、仁は内にあるもので、用も施も仁が出たことだが、施は他人へ現われ出たことで、人を相手にした処で言う。仏者が布施と言うのもこの施の字のことである。なるほど、よくわかった。心が切になって現れ出た処から物を贈るのである。心だけでは恕ではない。仁が現れて他人の上に及ぶこと。
【語釈】
・楊雄…揚雄。前漢の学者。字は子雲。四川成都の人。博聞多識、易に擬して「太玄経」を作り、論語に擬して「法言」を作り、また「訓纂」「州箴」を擬作したので、模擬の雄と称せられた。ほかに「揚子方言」「反離騒」「甘泉賦」などがある。揚子。前53~後18

地頭で、去年今年の旱損で百姓がむごいことじゃと云ても施さ子ば役に立ぬ。年貢を赦し救ひ米を出したは施なり。施さ子ば仁が内に計り居る。施は向へ出す処で云。名医も匕を取ら子ば療治施されぬ。施は夫れ々々にあててやる処で云、用はあらはれて目に見へる処で云。人の心に仁と云ことがあるときいても目に見へぬ。小児をほろ々々とかわいがる。あれ、仁の用と、愛するで仁のはたらきみへる。そうない、見へぬ。愛するで仁が見へて来る。春の元が善の長と云も、春風が吹て櫻咲出した処で生物之心が見へる。
【解説】
施は相手に及ぼすところで言い、用は、現れて見えるところで言う。仁が心にあっても、それは見えるものではない。愛することによって仁が見えて来る。桜が咲くのは生物の心が見えたのである。
【通釈】
地頭が、去年や今年の旱魃で百姓は惨いことだと言っても、施さなければ役に立たない。そこで、年貢を赦し救い米を出すのは施である。施さなければ仁が内にいるだけである。施は向こうへ出す処で言う。名医も匙を取らなければ療治は施すことができない。施は夫々に対してする処で言い、用は現れて目に見える処で言う。人の心に仁というものがあると聞いても目には見えない。子供をほろほろと可愛がる。それが仁の用であって、愛することで仁の働きが見える。そうでないと見えない。愛するから仁が見えて来る。春の元は善の長と言うのも、春風が吹いて桜が咲き出した処で生物の心が見えるのである。
【語釈】
・元が善の長…易経乾卦文言伝。「文言曰、元者善之長也」。

仁は筆をつるしておいた様なもの。夫で千字文を書たは用。仁は只酒と云様なもの。夫れを飲で赤くなり醉た処は愛で用なり。こなたも一抔呑めと云てやるは恕で、仁の施しなり。是れが皆公から来ること。私のないは公、人へ及ぶ処で恕とかけ、あわれた処で愛とかけ、つまる処は一つことなり。それと云も、公でなく私なれは恕も愛も相談ならず。其名義をわけてはっきりと云で工夫になる。先日も云た論性論学、論の字で為学の工夫になると云も、ここらても知るるぞ。爰も名義を云たことなれとも、為学の大事になると云は、爰を一つ自由に取まわすと云でなくては工夫はならぬからのこと。中にも仁の工夫は為学の大事。これを各別にあげたもの。ここを合点して、ここへつめるより外はないなり。
【解説】
酒そのものを仁とすれば、酒を飲んで酔ったところが愛(用)、人に勧めるのが恕(施)で、それ等は公から来る。名義をしっかりと区分して理解することが学問の工夫であり、特に仁の工夫は為学の大事である。
【通釈】
仁とは筆を吊しておく様なもの。それで千字文を書くのは用。仁はただ酒と言う様なもの。それを飲んで赤くなって酔った処が愛で、仁の用である。貴方も一杯飲みなさいと言って遣るのは恕で、仁の施である。これは皆公から来ること。私がないのが公で、人へ及ぶ処で恕と掛け、現れた処で愛と掛けるが、結局は同じこと。それと言うのも、公でなく私であれば恕も愛も話にならないのである。この名義を分けてはっきりと言うことで工夫になる。先日、論性論学の論の字が為学の工夫になると言ったが、ここでもそれがわかる。ここも名義のことを言ったものだが、それが為学にとって大事なことだと言うのは、ここのところを自由に取り回すのでなければ工夫がうまく行かないからである。中でも仁の工夫は為学にとって大事なことだから、これを格別にここに取り上げたのである。そこを合点して、そこに詰めるより外はない。
【語釈】
・千字文…中国六朝の梁の周興嗣が武帝の命により撰した韻文。一巻。四字一句、二五十句、一千字から成り、「天地玄黄、宇宙洪荒」に始まり「謂語助者、焉哉乎也」に終る。初学教科書、また習字手本として流布。
・論性論学…論性は道体21、論学は為学1のこと。