第七十九 横渠先生曰精義入神条  九月二十一日  惟秀録
【語釈】
・九月二十一日…寛政2年庚戌(1790年)9月21日。
・惟秀…篠原惟秀。東金市堀上の人。北田慶年の弟。与五右衛門。医者。1745~1812

横渠先生曰、精義入神、事豫吾内、求利吾外也。利用安身、素利吾外、致養吾内也。窮神知化、乃養盛自至、非思勉之能強。故崇德而外、君子未或致知也。
【読み】
横渠先生曰く、義を精[つまび]らかにして神に入るは、事吾が内に豫[あらかじ]めし、吾が外を利せんことを求むるなり。用を利して身を安んずるは、素より吾が外を利し、養を吾が内に致すなり。神を窮め化を知るは、乃ち養の盛んなるとき自ら至る、思勉の能く強うるものに非ず。故に徳を崇[たか]むるより外は、君子未だ知を致すこと或[あ]らざるなり、と。
【補足】
この条は、張横渠の正蒙神化篇にある。

是は本と、孔子の易で仰られたこと。道体と為学の一つ調子にゆくことを、尺蠖からの御發明ぞ。垩学は天地に則る。尺蠖の屈伸がよく天地の形に似た。天地が春夏と伸ひ秋冬と屈んで、又来年の支度をしこむ。精義入神は知のこと。尺蠖の屈んた処。利用安身は行ひなり。尺蠖の伸た処。其孔子のを丸で持て来たが内外とかけた計りが横渠の発明。これで学者の手にとらるる。初手は知惠が借り物の様なを段々と精義して吾ものに成る処で入神と云ふ。どちも工夫字なれとも、入神は効へかかった字なり。内外とかけたが面白ひ。知は内なり。行に出ぬこと。だたい知は内にをくもの。直方先生の、知を鼻にかけるは知惠の宿なしに成たのと云れた。本来が知藏と云て引込でおるもの。そこで工夫も知は内なり。ひらしゃら土用干することはない。むま味を喰ひしるも、ははあ斯ふじゃなと知ること。十炷香もきいて觸れることはない。
【解説】
「横渠先生曰、精義入神」の説明。聖学は天地に基づき、この天地に似ているのが尺取虫である。精義入神とは知のことで尺取虫が屈んだところ。利用安身は行で尺取虫が伸びたところである。横渠は、この孔子の言に内外を加えて説明をした。知は知蔵とも言われ、内にあって外に出ないものである。
【通釈】
元々これは孔子が易で仰せられたこと。道体と為学が一本調子で行くことを尺蠖から発見したのである。聖学は天地に則る。尺蠖の屈伸は天地の形によく似ている。天地が春夏と伸び秋冬と屈んで、また来年の支度を仕込む。精義入神は知のことで、尺蠖の屈んだ処。利用安身は行で、尺蠖の伸びた処。この様に孔子の言を丸々持って来て内外と掛けた処が横渠の発明。これで学者もよく理解することができる。最初は知恵が借り物の様だったが、段々と精義して自分のものになる処で入神と言う。どちらも工夫のことだが、入神は効へ掛かった字である。内外と掛けたところが面白い。知は内である。行に出ないこと。大体、知は内に置くもの。直方先生が、知を鼻にかけるのは知恵が宿なしになったということだと言われた。本来、知は知蔵と言って引き込んでいるもの。そこで工夫するにも知は内でする。ひゃらひゃらと土用干をすることはない。美味い食べ物を知るのも、ははあこうだなと知ること。十炷香も嗅いで知るだけで、触わることはない。
【語釈】
・孔子の易で仰られたこと…易経繋辞伝下5。「易曰、憧憧往來、朋従爾思。子曰、天下何思何慮。天下同歸而殊塗、一致而百慮。天下何思何慮。日往則月來、月往則日來、日月相推而明生焉。寒往則暑來、暑往則寒來、寒暑相推而歳成焉。往者屈也、來者信也。屈信相感而利生焉。尺蠖之屈、以求信也。龍蛇之蟄、以存身也。精義入神、以致用也。利用安身、以崇德也。過此以往、未之或知也。窮神知化、德之盛也」。
・尺蠖[せきかく]…尺取虫。
・ひらしゃら…びらしゃら。なまめかしくふるまうさま。びらりしゃらり。緋羅紗を、か?
・十炷香[じしゅこう]…十種香とも。①栴檀・沈水・蘇合・薫陸・鬱金・青木・白膠・零陵・甘松・鶏舌の10種類の香。②四種の香を三種は三包ずつ、一種は一包の計十包をたいて聞き当てる組香。室町時代に始まる。

豫吾内。小学の父子の親で事へ様を吟味するは豫内なり。夫を行に出すから、そこで挌段にみへる。豫は前かどにすること。豫を中庸の文字とも、又学記の、大学之道豫めと云字にあててもよい様なれとも、あれを出處とも見られぬなれとも、前かどにすると云処はどれも同じこと。前から仕度をすると云が尺蠖の伸るために屈むと云ふによく合ふ。これで道体為学の一つ調子に行くも知れた。是れが只は知れぬが、胸へのせるとよく知るるぞ。
【解説】
「事豫吾内、求利吾外也」の説明。ここの豫は、中庸や学記と同義である。予めするということは、尺取虫が伸びるために屈むのと同じこと。
【通釈】
「豫吾内」。小学の父子の親で、親への仕え方を吟味するのは豫内である。それを行いに出すから、そこで格段なことと見える。豫は前廉にすること。豫を中庸の文字とも、また、学記の「大学之道」を当ててもよい様だが、あれを出処とも見られないが、前廉にするという処はどれも同じである。前から仕度をするというのは、尺蠖が伸びるために屈むのによく合っている。これで道体為学が一本調子に行くこともわかった。これは簡単にはわからないことだが、胸に乗せるとよくわかる。
【語釈】
・前かど…前廉。①その時より前。まえまえ。まえかた。②(副詞的に)前もって。あらかじめ。
・中庸の文字…中庸章句20。「凡事、豫則立、不豫則廢」。
・学記の、大学之道…礼記学記。「古之教者、家有塾、黨有庠、術有序、國有學。比年入學、中年考校、一年視離經辨志、三年視敬業樂群、五年視博習親師、七年視論學取友、謂之小成。九年知類通達、強立而不反、謂之大成。夫然後足以化民易俗、近者説服、而遠者懷之。此大學之道也」。

利用安身。これが行の惣まくりなり。知が無ては行はならぬ。知をみがいて行に出す。庖丁を研で鯛の背切りはする。そこが利の字なり。豫の知で行がすら々々ゆく。爰が尺蠖の屈伸の処。安身の字も行へかけて面白ひこと。今日の人のは行と身ががくそくする。安の字でない。下手の馬に乘る様なり。みがいた知のなりが行に出るから安身なり。皆知からの屈伸で打見た処の外がよい。その外のよいが、又内へもどりて、又内がよくなる。此もどると云ふ塩梅が面白ひ。
【解説】
「利用安身」の説明。利用安身は行である。知を磨いた上で行に出るので安身となる。それがまた内に戻ることで、更に内がよくなる。
【通釈】
「利用安身」。これが行の総捲りである。知がなくては行は成らない。知を磨いて行に出す。庖丁を研ぐから鯛の背切りをすることができる。そこが利の字義である。豫の知で行がすらすらと行く。ここが尺蠖の屈伸の処。安身の字も行に掛かっていて面白い。今日の人は行となると身ががたがたして安の字でない。それは、下手な者が馬に乗る様なもの。磨いた知の姿が行に出るから安身となる。皆知からの屈伸があるから見た処の外がよい。その外のよい処がまた内へ戻って、また内がよくなる。この戻るという塩梅が面白い。

素利吾外致養吾内也。世の中を渡りくらべて今ぞ知る。今ぞ知るが眞知で、前に知たよりよくなると云もここと似たこと。精義入神して行がよくなりたが、行ふ上で益々跡へもどりて知が愈々光りてよくなる。金借しの金を貸すやふなもの。向へ出した金にこちへ利が付て来る。知行が胴切りに二つなものでない。行へかけたで、仕込んだ知が跡へ戻りて、又内がよくなる。これが孔子の御振舞で計りは今日の学者に是れほどには喰へぬが、爰の処は横渠の振舞なり。垩学は天地に合ふ。異端百家の片ひらとは違ふ。精義入神は屈、利用安身は伸。道体為学一つに落るに尺蠖がよい手本なり。さて、学問のことは是迠ですんで、跡へ垩人の塲をかたる。此の精義入神の知からは垩人の塲にも成らるるが、学者の方で斯ふすればそうなると云様に心得てはちがふ。其段に成ては手の付けられぬと云ことを知らせたもの。
【解説】
「素利吾外、致養吾内也」の説明。知を磨いて行に出ることで益々よくなり、それが戻ることによって知が愈々よくなる。知行は一体なもの。異端百家は一方のみである。精義入神は屈、利用安身は伸。精義入神の知によって聖人にも至ることができる。しかし、その段階で作為するのは悪い。
【通釈】
「素利吾外致養吾内也」。世の中を渡りくらべて今ぞ知る。この今ぞ知るが真知であって、前に知っていた時よりよくなると言うのもこれと似たこと。精義入神して行がよくなったが、行をして益々よくなり、後に戻って知が愈々光ってよくなる。それは、金貸しが金を貸す様なもの。相手に出した金に利が付いて戻って来る。知行とは胴切りをした様に別々なものではない。行へ掛けることにより、仕込んだ知が後に戻って、また内がよくなる。これが孔子の御振舞いだけでは、今日の学者にはこれほどには理解することはできないが、ここの処は横渠の振舞いなのでよくわかる。聖学は天地に合う。異端百家の片吊りの者とは違う。精義入神は屈で利用安身は伸。道体為学が一体であることを理解するには尺蠖がよい手本となる。さて、学問のことはこれまでで済んで、その後に聖人の場を語る。この精義入神の知によって聖人の場にも至ることはできるが、それで、学者がこうすればそうなるという様に心得るのは間違いである。その段階になると自ら手を付けることはできないということを知らせたのである。

窮神知化。天地の神化の塲を究め知るを云。神は造化の道理の大根の処。口に述べられぬ処をさして云。究ると云が、猫の火をせせる様ではすまぬ。垩人は天地と一牧ゆへ、樂屋を見て来た様に知ること。道理の不測な塲を神と云。化も神と云道理の外ではないが、秋となり冬となる処で化と云。天地のからくりを只のものは時計の外からみたの、垩人は時計の中をあけて見て、ぎざ々々まで知りたこと。学者は大凡は知ったか、垩人とちごうは其筈ぞ。樂屋を見たほどには知らぬ。扁鵲は見垣之一方人。只の医者はそうはゆかぬ。夫れをどふして知ると云に養盛なり。存養の別なこと。窮神知化の羪の盛なことではない。書物を見るの、傳受を得たのではない。凡人と分なことを云。これが存羪の篇に乘てある。気無不和四靈何有不至云々聽明睿知皆由是出のこと。存養のよいで天地が真っ光りに知れた。今の学者も造化のことも伺へども、光巖寺蝋燭の様で、爰でひかりそこでひかりなり。垩人は一体が百目がけなり。夜のあけた様に知る。
【解説】
「窮神知化、乃養盛自至」の説明。神とは造化の道理の大本であり、表現できないものである。聖人は天地の道理を全て見通しているが、それは養盛による。養盛とは存養のことで、それは、書物を読んだり伝授を得たりすることでは得られない。
【通釈】
「窮神知化」。天地の神化の場を窮め知ることを言う。神とは造化の道理の大根の処。口で言い表せない処を指して言う。窮めるとは、猫が火をせせる様なことでは悪い。聖人は天地と一体だから、楽屋を見て来た様に知ること。道理の不測な場を神と言い、化も神という道理の外ではないが、秋となり冬となる処で化と言う。天地のからくりを、普通の者は時計を外から見る様に見るが、聖人は時計の中を開けて見て、歯車まで知る様にする。学者が大凡は知っていても、聖人と違うのは当然である。学者は楽屋を見たほどには知らないのである。扁鵲は垣の一方の人を見ることができる。普通の医者は、そうは行かない。それをどうやって知るのかと言うと、養盛である。これは存養の別な言い方である。窮神知化で養が盛んになるのではない。書物を見たり、伝受を得たりすることではない。それは、凡人とは別なことを言う。このことが存養の篇に載っている、「気無不和四霊何有不至云々聡明睿知皆由是出」のこと。存養がよいので天地を真っ光りに知ることができる。今の学者も造化のことを窺うことはできるが、それは仰願寺蝋燭の様で、ここそこでぽつりと光っているだけである。聖人は一体が百目蝋燭の様で、夜の明けた様に知れる。
【語釈】
・せせる…つつく。ほじくる。
・扁鵲…中国、戦国時代の名医。渤海郡鄭の人。姓は秦、名は越人。長桑君に学び、禁方の口伝と医書とを受けて名医となり、趙簡子や虢の太子を救ったという。耆婆と並称される。
・見垣之一方人…扁鵲は若き日に長桑君という医師に師事し、医術の秘伝書を与えられ、さらに透視能力を発揮する秘薬も授かった。これを飲むと垣根の向こう側の人が透視でき、病を視るに、ことごとく五臓の癒結を見ることができたとされる。
・気無不和四靈何有不至云々聽明睿知皆由是出…存養30。「則天地自位、萬物自育、氣無不和。四靈何有不至。此體信達順之道、聰明睿知皆由此出」。
・光巖寺蝋燭…仰願寺蝋燭。江戸浅草にあった仰願寺の住職が延宝(1673~1681)の頃、京橋一丁目越前屋九郎右衛門にあつらえて作らせたからいう、仏前などに灯す小さい蝋燭。
・百目がけ…百目蝋燭。一本の重さが約百匁ある大蝋燭。

非思勉之能強。これが垩人の上のことぞ。どふしたことか、やってもいかぬ。学から至れば即精義入神の至極に成た上をかたること。今年中出精したらと云ことにはゆかぬ。弓の稽古はしても、弓がへりのけい古はならぬと同。
【解説】
「非思勉之能強」の説明。これは聖人の上のことで、聖人以外にはどうにもならないこと。
【通釈】
「非思勉之能強」。これは聖人の上でのこと。どうしたことか、聖人以外がしてもうまく行かない。学問から至ることで言えば、即ち精義入神が至極になった上のこと。今年中精励すればよいということにはならない。弓の稽古はできても、弓返りの稽古はできない。それと同じ。
【語釈】
・出精…精を出して事に励むこと。精励。
・弓がへり…矢を射放した余勢で弓弦が肘の外へ回って来ること。

故崇德而外云々。此の德の字は色々吟味して見たが、知と見るがよい。知行を一つにこめて德と云たと見てもよい様なれとも、夫で爰へ合ても易の本文へ合ぬ。やはり精義入神のことを德と見て知のことに云がよい。德は得なり。こちのものにすること。精義入神は内のこと、得なり。此の精義入神より外に仕事はない。窮神知化は精義入神した極致へ、あちから出きること。こちの商賣は是れ限。こなたは究神知化はどふしゃと云れると、成程承り及んたが、隣村の丁塲じゃ、をらは搆はぬと云のなり。此のをらは搆はぬと云が却て親切なつとめなり。外のことは知らぬ、搆はぬと云だけ、精義入神へ親切なり。精義入神で德を崇ふするかきりぞ。垩人分上のことはかまわぬと云ふそ。
【解説】
「故崇德而外」の説明。ここの徳とは精義入神のことで、学者は精義入神を事とする以外にはない。窮神知化は聖人の場に至ってからのことであって、これを事とするのは学者の領分でないから構わないのが却って親切と言うものである。
【通釈】
「故崇徳而外云々」。この徳の字は色々と吟味して見たが、知と見るのがよい。知行を一つにして徳と言ったことと見てもよい様だが、それではここの文に合っていても易の本文には合わない。やはり精義入神のことを徳と見て、知のこととして言うのがよい。徳は得である。自分のものにすること。精義入神は内のこで、得ること。この精義入神より外に仕事はない。窮神知化は精義入神した極致へ、向こうからできてくること。自分の商売とすることはこれだけである。貴方は窮神知化はどうしたのかと問われれば、なるほど話は承ったが、それは隣村の丁場のことだから俺は構わないと言うのである。この、俺は構わないと言うのが却って親切な務め方である。外のことは知らない、構わないと言うだけ、精義入神に親切である。精義入神で徳を崇くするのみである。聖人の領分のことは構わないのである。
【語釈】
・丁塲…①夫役に当って運送・道普請などをすべき受持の区域。一般に、仕事の受持区域。②馬子・駕籠舁などの溜り場。

而外君子未或致知。外は搆はぬが、ただこちの丁塲には塵一つをかぬと云時に、そんなら垩賢の塲が奧にあるはどふじゃと云へば、垩人の上を吟味するもやはり精義入神のことで知ることであれも、やっはり垩人の窮神知化はこちのかかりでないこと。学者の精義入神の中に、垩人と云ものは窮神知化を知じゃと云ことは這入て居る。学問はかふしたことなり。是を合点すれば、学問のていがいこうよくなること。これで此章の文義はすんだ。
【解説】
「君子未或致知也」の説明。聖人の場である窮神知化は学者の領分ではないから構わない。しかし、学者が精義入神をするその中には、窮神知化を知ることも含まれている。この様に考えると、学問がよくなる。
【通釈】
「而外君子未或致知」。外のことは構わないが、ただ自分の丁場には塵一つも置かないという時に、それなら聖賢の場がその奥にあるが、それはどうするのかと言われれば、聖人の上のことを吟味するのもやはり精義入神で知ることだが、やはり聖人の窮神知化は学者の領分ではない。学者が精義入神をするその中に、聖人に至るには窮神知化を知ることだということが含まれている。学問とはこうしたことである。これを合点すると、学問の姿が大変によくなる。これでこの章の文義の説明は済んだ。

跡に一つ云こと有り。精義入神は学者の修行のこと。窮神知化は垩人の塲のこと。然るにどちにも神の字があるが、この掛目は只は知れまい。入神の神は学者ながらもうんと呑込たことで、其神や化の処をも知りてここじゃと通會することゆへ、ぞく々々をどる様な氣味あることで、おもいことなり。窮神の神は天の方のことゆへ垩人も手は付けさっしゃれぬ。窮るにこそあれ、神と云に精彩はない。天の持ち丸そ。夫故、あれはさび々々とした方なり。垩人は窮るまでのこと。化もそれなり。手は付ぬなれとも、夫れを根こんざい知るが垩人の知なり。二の神の字、挌式で云へば大ちがいなれとも、入神はこちにかかる。をどるやうなこと。窮神の神はあちのこと。さび々々とした意旨そ。
【解説】
精義入神と究神知化の双方にある神の字の意味は違う。入神とは学者でもしっかりと会得することができるもので、人の領分である。窮神とは天の領分であり、聖人でもそれを窮めるのみで行うことはできない。
【通釈】
この後に一つ言うことがある。精義入神は学者の修行のこと。窮神知化は聖人の場のこと。そしてどちらにも神の字があるが、ここの意味は簡単にはわからないだろう。入神の神は、学者などでもうんと呑み込めることで、その神や化の処をも知って、ここだとよく会得することだから、ぞくぞくと踊る様な気味のあることで重いこと。窮神の神は天の方のことだから、聖人も手を付けられない。ただ窮めるということのみで、神に精彩はない。天の領分である。それ故、あれは寂々としたものである。聖人は窮めるだけのこと。化も同じであって、手は付けないが、それを根こそぎ知るのが聖人の知である。二つの神の字は格式で言えば大違いだが、入神は人に掛かることで踊る様なこと。窮神の神は天のことで、寂々とした意趣なのである。
【語釈】
・持ち丸…持丸。金銭を多く所有すること。また、その人。かねもち。
・根こんざい…根金際。ねこそぎ。全く。とことんまで。


第八十 形而後有氣質之性条

形而後有氣質之性。善反之、則天地之性存焉。故氣質之性、君子有弗性者焉。
【読み】
形ありて而る後に氣質の性有り。善く之に反らば、則ち天地の性存す。故に氣質の性は、君子性とせざる者有り。
【補足】
この条は、正蒙の誠明篇二二にある。

此章が短ひ章なれとも、明道の性論に向ふほどのことなり。いかい張子手抦ぞ。先此氣質の性と云字を切て出したなどと云が、孟子の方へも合力するほどなことぞ。孟子の性善は一代の發明なれとも、氣質を云ぬから後世跡で合点のわるい者が一理屈云とやかましくなるが、此氣質の性を云たで孟子の手抦が弥々手抦に立つなり。
【解説】
孟子は性を語る際に気質のことを言わなかったので後世に異論を唱える者が出たが、ここで横渠が気質を語ったのは孟子の手助けをしたほどのこと。それは横渠の大手柄である。
【通釈】
この章は短い章だが、明道の性論に匹敵するほどのものであって、張子の大手柄である。先ずこの気質の性という字を切に出したなどというのが、孟子の手助けをするほどのこと。孟子の性善は一代の発明だが、気質のことを言わなかったので、後世になって合点の悪い者が一理屈言って喧しくなったが、ここで気質の性を言ったので孟子の手柄が益々よい手柄となった。
【語釈】
・明道の性論…道体21を指す。

形而後とは氣質の性に根のないことを云。これを根のあるにすれば、妖物に問屋が有になる。氣質の性は妖物なり。不圖出来たもの。問屋はない筈。性善には継善と云問屋がある。形而から氣質は出来る。筆をつるして有る内、書そこないはない。人の出来ぬ前に、氣の短ひの長ひの、馬鹿の利口のはない。安産目出度と云ときが氣質の序開きなり。そこで直方の、親の生み付けの泥まぶれなぞとも云。生れ出た上ではさま々々なり。人心不同如靣と、さま々々に見立る。所謂水の上の細工、染そこないがある。桔梗の紋の上繪のないも、巴のひづんだも出来る。此章を一寸斯ふ断りてをいて性善をうらから説たこと。善反之則天地之性存。氣質の性は間違って出来たもの。其上形ないから直さるる。丈[せい]の高ひ低ひの、色の黑ひの白いのは形故なをされぬ。湯武反之には修行て天地の性存すになりたのなり。庭の菊のたをれたを添え竹すれば真直ぐになる。もとまっすぐなものゆへ、まっすぐになる。性は形ないから、こちの了簡ですぐになる。伊尹が太甲を桐へやったも、天地の性を存させるためぞ。
【解説】
「形而後有氣質之性。善反之、則天地之性存焉」の説明。気質の性は間違ってできたもので根がないが、性善は「継善」とも言う様に根拠がある。気質は形ができて後、初めて現れるものであって、その様態は人それぞれによって異なる。気質は直すことが可能であり、直して本来の天地の性に返るのである。その方法は、湯武の場合は修行だった。
【通釈】
「形而後」とは、気質の性には根がないことを言う。これを根があるとすれば、妖物には問屋があることになる。気質の性は妖物であって図らずできたものだから問屋はない筈。性善には「継善」と言う問屋がある。形而から気質はできる。筆を吊るしている内は、書き損いはない。人のできる前に、気が短いとか長いとか、馬鹿や利口はない。安産で目出度いという時が気質の始まりである。そこで直方が、親の産み付けの泥塗れとも言った。生まれ出てからは様々である。「人心不同如面」と様々である。所謂水上での細工には染め損いがあるである。桔梗の紋の上絵がなかったり、巴の歪んだものもできる。この章は、一寸この様に語ることにより、性善を裏から説いたもの。「善反之則天地之性存」。気質の性は間違ってできたもの。そして、形がないから直すことができる。背の高低や色が黒かったり白かったりするのは形だから、それを直すことはできない。「湯武反之」は修行によって「天地之性存」になったのである。庭の倒れた菊に添え竹をすれば真っ直ぐになる。元々が真っ直ぐなものだから、真っ直ぐになる。性には形がないから、こちらの了簡次第で直る。伊尹が太甲を桐へ遣ったのも、彼に天地の性を存させるためである。
【語釈】
・継善…易経繋辞伝上5。「一陰一陽之謂道。繼之者善也、成之者性也」。
・序開き…①江戸時代、芝居が本筋に入る前に出した簡単な一幕物。場面は神社前に限られ、見習の作者が書き、下級役者が演じた。②はじめ。発端。
・産み付け…生んでその人の性質を受けさせる。
・人心不同如靣…道体27にある句だが、元は左伝襄公三一年にある鄭の子産の語。「人心之不同也、如其面焉」。
・湯武反之…孟子尽心章句下33。「孟子曰、堯舜性者也。湯武反之也」。
・伊尹が太甲を桐へやった…孟子尽心章句上31。「公孫丑曰、伊尹曰、予不狎于不順。放太甲于桐、民大悦。太甲賢。又反之、民大悦」。

故氣質之性云々。善悪分れ萬事出つの処から、さま々々なやだものが出来るか、夫れは性あしらいにはせぬ。焼きまがりの有る茶碗、献上物にはならぬ。さて又氣質の性は俗人に通用のよいもの。拙者生れついて吾侭短慮と云と俗人は通すもの。学者仲ヶ間は通さぬ。学者は病をなをす覚悟で療治にかかるから、熱のあるを元氣のよいにしてはおかぬ。荀楊があれほどでも俗儒なり。性悪の、善悪混すのと、殊の外性の云やうがわるい。不知性則更説甚道理なり。經絡を知らぬ者の針を打なり。あぶないことなり。先日も云通り、性の論じ様がわるくては、学問の見當がちごふ。性を知らずに学問するは猿に上下なり。
【解説】
「故氣質之性、君子有弗性者焉」の説明。気質の性は性とみなさない。気質の性を俗人は通すが、学者はそれを通さない。荀子や揚雄は俗儒であって、性を知らないから性悪とか善悪混在とかと言う。性を正しく知らなければ、学問の見当を間違える。
【通釈】
「故気質之性云々」。「善悪分万事出」の処から、様々な疵物ができるが、それを性とはみなさない。焼き曲がりのある茶碗は献上物にはならない。さてまた気質の性は俗人にとって通用のよいもの。俺は生まれ付いてより我侭短慮だと言えば、俗人はそれを通す。学者仲間では、そんな事は通させない。学者は病を治す覚悟で療治に取り掛かるから、熱があることを元気がよいとはしない。荀子や揚雄があれほどの者であっても俗儒である。性悪とか善悪混ずと、殊の外性の言い方が悪い。「不知性則更説甚道理」である。経絡を知らない者が針を打つのと同じで危ない。先日も言う通り、性の論じ方が悪くては、学問の見当が違って来る。性を知らずに学問をするのは猿に裃である。
【語釈】
・善悪分れ萬事出つ…道体1の語。
・やだもの…疵物。「やだ」は、焼物のきず。転じて、人の欠点や悪い癖。
・荀楊…荀子と揚雄。荀子は性悪説、揚雄は善悪混在説を説く。
・不知性則更説甚道理…聖賢6。「荀子極偏駁。只一句性惡、大本已失。揚雄雖少過、然已自不識性、更説甚道」。
・經絡…人体における血管系・リンパ系・神経系とは別の特異な循環・反応系統。漢方では人体に一二経脈・一五絡脈があるという。「経」は動脈の意で、動脈の一部を含む主脈、「絡」は静脈の意で、静脈の一部を含む支脈といわれる。


第八十一 德不勝氣性命於氣条

德不勝氣、性命於氣、德勝其氣、性命於德。窮理盡性、則性天德命天理。氣之不可變者、獨死生脩夭而已。
【読み】
德、氣に勝たざれば、性命は氣に於てし、德、其の氣に勝たば、性命は德に於てす。理を窮め性を盡くすときは、則ち性は天德にして命は天理なり。氣の變ず可からざる者は、獨り死生脩夭のみ。
【補足】
この条は、正蒙の誠明篇二四にある。

上の君子弗性をべったりと受て見ること。中庸の道統の心法も、道心を主にして人心にあたまを上けさせぬこと。孔子の克己復礼を告るもそれなり。氣に勝で德になる。人欲は氣なり。德は理なり。氣と理の軍に理が勝てば垩賢、氣が勝ば凡夫。勝々と云字が力のある字ぞ。德と氣が两方から細引を引てをる。この首引に勝てば垩賢なり。德の方が少しゆるむと氣に引づりこまるる。すれば油断もすきまもならぬことと心得ることぞ。凡そ結搆なものは皆德なり。仁義礼智誠明德皆性なり。氣に德が負けると折角の性善天命性皆ずる々々と引づりこまるる。氣のだらいのせわしいの、あのすきこのすきと氣に流れて仕廻ふ。孟子が近於禽獣とこそ云へほんの猿にはならぬが、やっはりそれなものになるから油断がならぬ。德氣に勝つは、暑の寒いのひだるいのにまけぬこと。さうすると拜領に疵が付ぬ。其れは大きな出入で、人が人で居るか人が猿になるかと云、天下わけめの軍なり。
【解説】
人欲は気で、徳は理である。気と徳とが引っ張り合って、徳が勝てば聖賢となり、気が勝てば凡夫となる。気が勝てば、性善や天命性が気に引きずられる。
【通釈】
前条の「君子弗性」をしっかりと受けて見たもの。中庸の道統の心法も、道心を主として人心に頭を上げさせないこと。孔子が克己復礼を告げたのもそれである。気に勝つので徳となる。人欲は気で、徳は理である。気と理の軍に理が勝てば聖賢、気が勝てば凡夫。勝という字は力のある字である。徳と気が両方から細引を引いている。この首引に勝てば聖賢である。徳の方が少し弛むと気に引きずり込まれるから、油断も隙もならないことと心得なさい。凡そ結構なものは皆徳である。仁義礼智誠明徳は皆性である。気に徳が負けると折角の性善や天命性がずるずると引きずり込まれ、気がだるいとか忙しいとか、あれが好きこれが好きと気に流れてしまう。孟子が「近於禽獣」とこそ言え、本当に猿にはならないものの、やはりそんなものになるから油断がならない。徳が気に勝つとは、寒暑や空腹に負けないこと。そうすれば天からの拝領に疵が付かない。これは大きな戦いで、人が人でいるか猿になるかという天下分け目の軍である。
【語釈】
・君子弗性…為学80の語。
・克己復礼…論語顔淵1。「顏淵問仁。子曰、克己復禮爲仁」。
・細引…①麻を撚り合せた細い丈夫な縄。細引縄。ほそ。
・首引…①遊戯の一。向き合った二人が輪にした紐をくびにかけてひっぱり合い、引き寄せられた方を負けとするもの。②互いに競いあうこと。
・天命性…中庸章句1。「天命之謂性」。
・近於禽獣…孟子滕文公章句上4。「人之有道也、飽食暖衣、逸居而無敎、則近於禽獸」。
・ひだるい…ひもじい。空腹である。

性命於德。迂斎曰、人の人でをるは近く郷黨篇を見れば知るる、と。孔子の不断が、氣の上のことか理なり。唯酒はと云も膾はと云も、氣のことをなされたなりが、やっはり德の形りなり。寒ひときは着物を着る。ひだるいときは飯もくふが、汁のぬるいで下女を訶りはせぬ。凡夫は腹がきたないから纔なことで下卑をあらわす。德が氣に勝れたのぞ。一寸した損得ても早のぼせるから、小尼小丁稚にも見さげらるる。今朝は旦那がきげんがわるいぞ。めったなことは云はれぬと云は、家来からなぐさんだのなり。夫なら德の加勢をやって勝せたいものと云に、外のものではならぬ。只知なり。
【解説】
徳が勝つ具体例は郷党篇にある。孔子の気への対応そのものが理であり、徳の形である。凡夫は卑しいから徳が気に負ける。徳が勝つのは知に由る。
【通釈】
「性命於徳」。迂斎が、人が人でいるということは、郷党の篇を見れば身近にわかると言った。孔子の気に対する普段の行いが理である。唯酒はと言うのも膾はと言うのも、その気に対して行った姿がやはり徳のことなのである。寒い時は着物を着る。空腹の時は飯も喰うが、汁がぬるいからといって下女を訶ったりはしない。凡夫は腹が汚いから些細なことで卑しさを現す。気が徳に勝ったのである。ちょっとした損得でも逆上せるから、小娘や小丁稚にも見下げられる。今朝は旦那の機嫌が悪いから滅多なことは言えないと言われるのは、家来から慰められているのである。それなら徳に加勢を遣って勝たせたいものだといっても、それができるのは知だけで、外のものでは駄目である。
【語釈】
・郷黨篇…論語郷党篇。
・唯酒はと云も膾はと云も…論語郷党7。「食不厭精。膾不厭細。…惟酒無量、不及乱」。

窮理は易で孔子の字なり。大学へ出すには挌物と物を相手に云た。窮理と云て足らぬでもなく、挌物と云たでふへたでもない。どちも知の総まくり。精義入神もこのこと。盡性。天から拜領の性が知のない故で、どこへか這入てをる。穴藏へ行燈を燈した様に成て居る。そこを取立ること。氣に勝と云も、知からゆくこと。窮理尽性則性天德命天理。これで本のかぶれのつかぬものになる。
【解説】
「窮理」とは、知の総捲りである。窮理も格物も精義入神も同じこと。「盡性」とは、天から拝領した性を知によって取り立てることである。窮理尽性によって、被れの付かない本来の姿に反るのである。
【通釈】
「窮理」は易にある孔子の字である。大学へ出す場合には格物と言って、物を相手にして言う。窮理と言って足りないわけでもなく、格物と言って増えたわけでもない。どちらも知の総捲りで、精義入神もこのこと。「盡性」。天から拝領した性が知がないために何処かに這い入っている。穴蔵に行燈を灯した様になっている。そこを取り立てること。気に勝つと言うのも知からすること。「窮理尽性則性天徳命天理」。これで本来の、被れの付かないものになる。
【語釈】
・窮理は易で…易経説卦伝1。「昔者聖人之作易也、幽贊於神明而生蓍。參天兩地而倚数。觀變於陰陽而立卦、發揮於剛柔而生爻、和順於道德而理於義、窮理盡性以至於命」。
・精義入神…易経繋辞伝下5。「易曰、憧憧往來、朋従爾思。子曰、天下何思何慮。天下同歸而殊塗、一致而百慮。天下何思何慮。日往則月來、月往則日來、日月相推而明生焉。寒往則暑來、暑往則寒來、寒暑相推而歳成焉。往者屈也、來者信也。屈信相感而利生焉。尺蠖之屈、以求信也。龍蛇之蟄、以存身也。精義入神、以致用也。利用安身、以崇德也。過此以往、未之或知也。窮神知化、德之盛也」。為学79にもある語。

性命の字は、天から下さるときは命、人へ受た処は性。これは中庸へはかけられぬ。孟子へかけるもわるい様なれとも、つまり孟子と一意なり。性命於氣性命於德。爰へ云には天なりでないが氣に於す。寔[まこと]に天の下されたなりに成て氣質そわぬ処て於德なり。命は、天命は理なりをしても不仕合でわるいことにあふがあるなれとも、こちの不調法はない。比干の胸をさかれた、耻しくないこと。顔子の貧、伯牛の病、こちの不調法にはならぬ。孟子に無非命順受其正。こちは反すの学問さへすればよい。それで、こちで損ざしたことはないなり。今百姓が親から受取った田畠を、ふやしもせぬが又減しもせぬと云て子共へ渡す。よい自滿ぞ。
【解説】
命は天が下すこと。これを人が受けて性と言う。「於気」とは天の通りでないことで、「於徳」は天の通りのこと。人は天命によって、自分に過ちが無くても不幸に遭うということがある。しかし、学者は天の通りに反ることのみに務めるのである。そうすれば自分のせいで損なうこともない。
【通釈】
性命の字は、天から下された時は命、人が受けた処は性である。これは中庸へは掛けられない。孟子に掛けるのも悪い様だが、つまり孟子と同じ意である。「性命於気性命於徳」。ここで言っているのは、天の通りでないことが気に於てするということ。真に天の下された通りにして、気質が添わない処が「於徳」である。命、即ち天命は、理の通りのことをしていても不幸で悪いことに遭うことがあるが、それはこちらが不調法だったからではない。比干は胸を裂かれたが、それは恥ずかしいことではない。顔子の貧乏や伯牛の病は、彼等が不調法だったということではない。孟子に「莫非命順受其正」とある。こちらは天徳天命に反す学問さえすればよい。それで自分から損なうことはない。今、百姓が親から受け取った田畑を、増やしもしないが減しもしないと言って子供に渡す。それは自慢すべきことである。
【語釈】
・中庸へはかけられぬ…中庸では「天命之謂性」と言い、ここの文意と異なっていることを指す。
・比干…殷の紂王の諸父。紂王の虐政を強諫したので怒りに触れ、紂王は、聖人の胸には七竅があるというが、これをためすといって干を殺してその胸を割いたという。
・顔子の貧…論語雍也9。「子曰、賢哉囘也。一箪食、一瓢飲、在陋巷。人不堪其憂。囘也不改其樂。賢哉囘也」。
・伯牛の病…論語雍也8。「伯牛有疾。子問之。自牖執其手、曰、亡之。命矣夫。斯人也、而有斯疾也、斯人也、而有斯疾也」。
・無非命順受其正…孟子尽心章句上2。「孟子曰、莫非命也。順受其正」。

性は天德、命は天理と云は人氣でよごしたことのないこと。をらなどは只精義入神をして、窮理尽性して、天德天命にかへすのじゃ。これさへなるに学問で仕てとれぬことはないと云詞を爰へ添てみやふことぞ。さう云て、跡へさてこちの手ぎはにもゆかぬものがあるぞ。死生脩夭じゃと云のなり。斯ふ云たで、いこふ上をいかしたことになる。
【解説】
性は天徳、命は天理とは、人気の汚れがないこと。「性天徳命天理」になれば、できないことは何もない。しかし、死生修夭は別である。
【通釈】
性は天徳、命は天理とは、人気で汚すことのないこと。俺などはただ精義入神をして、窮理尽性をして、天徳天命に反すだけである。これさえ成れば学問でできないことはないという言葉を、ここに添えて見なさい。そう言った後で、さてこちらの手際ではできないことがある。それは死生修夭である。この様に言ったので、大層、上の句を活かすことになる。
【語釈】
・脩夭…長生と短命。脩は長の意。

さて、此上を朱子の語に、死生脩夭さへ脩行がつめばなる。丁ど精義入神から究理尽性して天德天理にはならるる筈と、もふ一つ強く云ふ説がある。夫を爰へ引て先輩も讀だが、これは別の話とすることなり。あれを引くと張子の本文がさへぬ。捴躰、ならぬと云ことを云は、成ることを強く云為めのもの。爰では天德天理はなると強く云て、死生壽夭は知らぬと云ふたで、上の句の成ることのつよくなる語意なり。原雲菴が、をれは傷寒より外しらぬ、六ヶ鋪ことは材菴にきけ、北山義安が処へゆけと云たで、傷寒が丈夫になをさるると云語意になる。張子も脩養すれば死生脩夭長くなるも知りたが、それを知らぬと云たで上の句の成る方の語意がつよい。
【解説】
朱子は死生修夭でさえ修行を積めば成るとも言ったが、それをここに引用しては本文が冴えない。ここでは、死生修夭のことは知らないと言うことによって、天徳天理は成ることが強調されるのである。
【通釈】
さて、この上で、朱子の語に、死生修夭でさえ修行を積めば成る、丁度、精義入神から窮理尽性すれば天徳天理になることができる筈と、もう一歩強く言う説がある。それをここに引用して先輩も読んだが、それは別の話だと考えなさい。あれを引用すると張子の本文が冴えなくなる。全体、成らないということを言うのは、成ることを強く言うためのもの。ここは、天徳天理は成ると強く言い、死生壽夭のことは知らないと言うことにより、上の句の成ることを強調する語意があるのである。原雲庵が、俺は傷寒より外は知らない、難しいことは材庵に聞け、北山義安の処へ行けと言ったが、それで原雲庵が傷寒をうまく治すことができるという語意になる。張子も修養をすれば死生修夭も長くなることを知っていたが、それを知らないと言ったので、上の句の成るという語意が強調される。
【語釈】
・壽夭…長生きと若死。長寿と夭折。
・原雲菴…
・傷寒…漢方医学で、急性熱性疾患の総称。今の腸チフスの類。
・材菴…
・北山義安…


第八十二 莫非天也条

莫非天也。陽明勝則德性用、陰濁勝則物欲行。領惡而全好者、其必由學乎。
【読み】
天に非ざる莫きなり。陽明勝てば則ち德性用いられ、陰濁勝てば則ち物欲行わる。惡しきを領[おさ]めて好きを全くする者は、其れ必ず學に由るか。
【補足】
この条は、正蒙の誠明篇三一にある。

此条、爲学のぎり々々なり。人で天に逃れ様はない。魚で水にのかれやうはないと云が、一つ趣向のある云出しなり。天地には隂陽と云ものかあるで、昼となり夜となりする。隂も陽も、どっちも重宝なものなれとも、隂陽には分んがある。隂には油断がならぬ。易は天地自然の道なれとも、道体の形りで云たとても、隂陽には抑揚がある。昼夜が同挌にはならぬ。妖物盗人は夜る出るもの。日向も日隂も天地の中なれとも、日向はよく物も生へ、土臺もくさらぬ。日隂は物の生長もわるく、土臺もくさる。皆隂はわるいに属たもの。
【解説】
「莫非天也」の説明。人は天から逃れることはできない。天地には陰陽があり、その陰陽には優劣がある。陰は油断できないものであって、皆悪に属す。
【通釈】
この条は、為学の至極のところである。人は天から逃れることはできない。魚が水から逃れることはできないと言うのが、一趣向のある言い方である。天地には陰陽というものがあるので昼となり夜となる。陰も陽もどちらも重宝なものだが、陰陽には分がある。陰は油断がならない。易は天地自然の道であり、道体の姿を言ったものだが、陰陽には優劣がある。昼夜は同格にならない。妖物や盗人は夜出るもの。日向も日陰も天地の中のものだが、日向はよく物も生き、土台も腐らない。日陰は物の生長も悪く、土台も腐る。陰は皆、悪い方に属したもの。
【語釈】
・分ん…わけ与えられた性質・地位。身の程。力量。

陽明勝則云々。陽の明な形りが勝てば天理形りが働てゆく。然れば天にちがいがないとても、人の方では差引が入ることぞ。此陽明隂濁を人の生れ付に見て、気がさなわるいことをするは陽、内ばなよいことをするを隂な生れと云へば云はるるが、それはわるい。夫は隂陽の上での剛柔で云こと。爰は何でも隂はわるい、陽はよいに取ること。生れ付男で女らしいことをすると云に説けば云るるか、生質のことに云はわるい。易は天地の形り。なんでも天地が有難ひと云てもあてにならぬと云ことを云たもの。
【解説】
「陽明勝則德性用、陰濁勝則物欲行」の説明。陽明や陰濁を生質から来ると考えては悪い。陽が勝てば天理の通りである。陽はよく、陰は悪い。天地は全て有難いものだというわけではない。
【通釈】
「陽明勝云々」。陽の明らかな姿が勝てば、天理の通りに働いて行く。それで、天に違いはないとしても、人の方では差引きが要る。この「陽明陰濁」を人の生まれ付きのことと考えて、勝気で悪いことをするのは陽な生まれ、内場でよいことをするのを陰な生まれと言うこともできるがそれは悪い。それは陰陽の上での剛柔で言うこと。ここでは、何でも陰は悪い、陽はよいと捉えること。生まれ付きで、男で女らしいことをする者だと言う様に説けばそう言うこともできるが、生質で語るのは悪い。易は天地の姿であり、何もかも天地は有難いと言うのは当てにならないことだと言ったのである。
【語釈】
・気がさ…気嵩。負けん気が強いさま。勝気。
・剛柔…剛柔は質に属し、重濁なことについて言う。

領悪而全好。仲尼燕居の篇の字なり。領は、わるいことを手をそへてよくすること。明屋鋪に草の生へる。捨てをけばなを々々わるくなる処へ、支配人をやって領めるでよい。菊好が菊の中の草をぬいて手入れをするで菊がよくなる。
【解説】
「領惡而全好者」の説明。「領」とは、悪いことに手を加えて、それをよくすること。
【通釈】
「領悪而全好」。仲尼燕居の篇の字である。領とは、悪いことに対して手を添えてよくすること。空き屋敷に草が生える。放って置けば益々悪くなるから、支配人を遣って領めるのでよくなる。菊好きが菊の中の草を抜いて手入れをするので菊がよくなる。
【語釈】
・仲尼燕居の篇…礼記仲尼燕居。「子貢退、言游進曰、敢問禮也者、領惡而全好者與。子曰、然」。

必由学乎。為学のぎり々々とはここぞ。道体の咄のやふに語り出して、ここがきり々々なり。わるいをよくするには外に仕方はない。学問なり。爰で無為自然を道にさせぬこと。老子が無為自然と云ても、畠の廻りを懐手をしてまわって居ては、なんぼ生物之心でも物は出来ぬ。百姓が鍬を取るで物が出來る。中庸の天命性も性道迠があち次第の自然で、教と云は品節で、こちの手入れなり。それが細工でないから、教までが道体になる。これでみれば、学問がのっひきならぬぎり々々になることなり。乎はゆるやかな字なり。詞はゆるやかでも、胸へきりとゆく。へこんで居てもきつふする字なり。
【解説】
「其必由學乎」の説明。悪いものをよくするのには、学問以外に方法はない。無為自然では物も生まれない。中庸の「天命之謂性。率性之謂道」は天に由り、教は人が行うこと。その教は道に由ったものだから、それ自体も道体となるのである。
【通釈】
「必由学乎」。為学の至極はここのこと。道体の話の様に語り出して、ここが至極である。悪いものをよくするのには、学問以外に仕方はない。ここで無為自然を道とさせないこと。老子が無為自然と言っても、畠の周りを懐手して回っていては、たとえ「生物之心」でも物はできない。百姓が鍬を取るから物ができる。中庸の「天命性」も「率性之謂道」までが天次第の自然のことで、教というのは品節で、こちらが手入れすることである。それが細工ではないから、教までが道体になる。これで見れば、学問をすることがのっぴきならない至極に至ることなのである。「乎」は緩やかな字である。言葉は緩やかでも、胸にきりっと行く。挫けていてもしっかりとなる字である。
【語釈】
・生物之心…道体10。「一陽復於下、乃天地生物之心也」。
・中庸の天命性…中庸章句1。「天命之謂性。率性之謂道。脩道之謂敎」。
・品節…中庸章句1集註。「脩、品節之也。性道雖同、而氣稟或異。故不能無過不及之差。聖人因人物之所當行者而品節之、以爲法於天下、則謂之教。若禮・樂・刑・政之屬是也」。
・へこんで…やりこめられて屈服する。よわりくじける。
・きつふ…強い。たけだけしい。しっかりしている。気丈である。


第八十三 大其心則能體天下之物条

大其心、則能體天下之物。物有未體、則心爲有外。世人之心、止於見聞之狹。聖人盡性、不以見聞梏其心。其視天下無一物非我。孟子謂盡心則知性知天、以此。天大無外。故有外之心、不足以合天心。
【読み】
其の心を大にすれば、則ち能く天下の物に體たり。物未だ體せざること有れば、則ち心外有りと爲す。世人の心は、見聞の狭きに止まる。聖人は性を盡くし、見聞を以て其の心を梏せず。其の天下を視るに一物として我に非ざること無し。孟子謂う、心を盡くせば則ち性を知り天を知るとは、此を以てなり。天は大にして外無し。故に外有る心は、以て天の心に合するに足らず。
【補足】
この条は、正蒙の大心篇一にある。

此様に藥もきくもの哉と云が此章のことなり。これが定性書の療治のきいたので、正蒙に大心の章とて、一と株なり。定性書の療治でこれになりた。明道の語のやうなり。定性書で見たときは物を面倒がり、さま々々の事の來るで心が動くと云たが、此章で見れば、そんなことはいこふ甲斐ないことにみへる。あれとは丁度二人の様なり。定性書で、心が事物に應ずるて減る様に思ふたは佛見なり。此章で見れば私欲がないから何共ない。孔子の弟子に顔子の様な明睿のあるに、外の三千人には此坐の人の様なもあろふ。又用たたずのあほふもあらん。それが来て、一寸御目にかかりたいと云たであろふが、其時はさぞいやで有そふなものなれとも、垩人は私欲のなさに何共もない。垩人の心は明鏡止水、向ふ形りをうつしたもの。楊貴妃もうつす。悪女もうつす。心もそれで、應ずるなりにうつす役をもったもの。あらかじめ天下の物の数は究められぬが、それを持てこい々々々々と云てうつす。心は物を受るなりを持たもの。隠者が何もない処へ行たひと云が了簡違ひぞ。江戸で火事早ひとて迯げても、田舎にも自火がある。其時は却て江戸よりわるい。是も道の形り々々々々と体することぞ。張子の心の形りがこふしたものじゃと合点されたもの。某が様な隠者は役人などに對することは入らぬと云様なものなれとも、そうは云はれぬ。萬一、門と先きで鉢坊主が倒れておれば、はや所の役人の手にかかる。其時は出て對せ子ばならぬ。その時も近思録の講釈しては居られぬ。
【解説】
「大其心、則能體天下之物。物有未體、則心爲有外」の説明。定性書で明道が横渠を諭したことが、正蒙の大心の章に効いている。定性書の時は外物を嫌がっていたが、それは仏見であり、また、私欲があったからである。この章では私欲がない。聖人は私欲がなく、相手を鏡の様にその通りに映す。心も外物を受け止め映す役目を持っている。外物をそのままに受け入れるのである。
【通釈】
この様に薬も効くものだと言うのがこの章のこと。これは定性書の療治が効いたためで、それで、正蒙に大心の章を書いて一株立てたのである。定性書の療治でこうなった。丸で明道の語の様である。定性書で見た時は、物を面倒がり、様々な事が来るので心が動くと言っていたが、この章を見るとそんなことは大した問題ではない様に見える。定性書の時とは丁度別人の様である。定性書では心が事物に応じることによって減る様に思ったが、それは仏見である。この章で見れば、私欲がないから何ともないと言う。孔子の弟子には顔子の様な明睿もいたが、外の三千人にはこの座の人の様な者もいただろう。また、役に立たない阿呆もいたかもしれない。その者が来て、ちょっと御目に掛かりたいと言うこともあっただろうが、その時はさぞ嫌になりそうなものだが、聖人は私欲がないから何ともない。聖人の心は明鏡止水で、相手の通りを映す。楊貴妃も映すし悪女も映す。心も同じで、応じるままに映す役目を持っている。予め天下の物の数を極めることはできないが、それを持って来いと言って映す。心は物を受ける役目を持ったもの。隠者が何もない処へ行きたいと言うのは了簡違いである。江戸では延焼が速いと言って逃れても、田舎にも自火がある。その時は却って江戸より悪い。これも道の通りにしようとすることである。この章は、張子が心の姿とはこうしたものだと合点されたもの。私の様な隠者は役人などに対する必要はない様だが、そうとも言えない。万一、門先で鉢坊主が倒れていれば、直ぐに所轄の役人の手に掛かる。その時は出て役人の対応をしなければならない。その時は近思録の講釈をしてはいられない。
【語釈】
・定性書…為学4を指す。
・鉢坊主…托鉢して歩く坊主。乞食坊主。
・所の…地元の。所轄の。

天下之物大ひことは周礼三百官と云が、まだそんなことではない。天下の物の限りは知れぬ。それに逢ふ度ひ心が減るの、穢るるのと云てはたまることはない。夫れは心得ちがいなり。それは私と云病があって、心がせばまってをるからのこと。持て来い々々々々が大心なり。為有外。是れは横渠の昔のことを思ひ出して云たと云ほどのこと。汐を汲んでをれがのと云は、外の汐を外としたなり。迂斎が天下一家中国一人と云ことを引て爰をよんだか、ちとふりはちかへとも、あれがよい。天下のものを体する意なり。
【解説】
天下の物には際限がない。外物を嫌がるのは私があり、また、心が狭まっているからである。何でも受け止めるのが大心である。天下中を体する意である。
【通釈】
天下にある物で大きいものに周礼三百官があると言うが、そんな程度ではない。天下の物の際限は知ることができない。それに逢う度に心が減るとか穢れると言っていては堪らない。それは心得違いである。それは私という病があって、心が狭まっているからである。何でも持って来いと言うのが大心である。「為有外」。これは横渠が昔を思い出して言ったと言うほどのこと。汐を汲んでそれを自分のだと言うのは、それ以外の汐を外とすることである。迂斎が「天下一家中国一人」ということを引用してここを読んだ。それは少し趣きが違っているが、よい引用であって、天下のものを体する意なのである。
【語釈】
・天下一家中国一人…論語憲問42集註。「聖人心同天地、視天下猶一家、中國猶一人、不能一日忘也」。

見聞之挾。目は見たぎり、耳はきいたぎり。心の妙用を尽すことはならぬ。迂斎曰、これが情こはな男でみへる、と。私廿年来そう心得たの、さやふに存じつめたのと云。見聞の狹きなり。上総の七里法蕐と云て主張するも、見聞の狹きなり。他宗計り処では、法蕐と云は何のこととも云ふなり。吾佛尊しの、私在所のなぞと云と、これは誰も知た見聞のせばきじゃゆへ人が笑ふが、心の工夫を仕伏せた学者が今の学者のりきんで一と理屈云を見たらば、さぞをかしがるであろふ。見聞の狹は妖物を無ひと云やうなもの。ないと計り云へば、あるときにこまる。心の工夫は理形りをすること。片ひらでない。見聞の狹と云も知見のことに見へし。大心は知惠からのこと。ここに見聞の狹の吟味の入るも、大心を肝のふといことに見ぬ為めなり。大心は知でなくてはならぬ。いかいことの事が入ることで心の理だらけになりたこと。これが定性書のきいた章ゆへ、天下の理が明になりたことなり。彼の用知則不能以明覚為自然と、所悪者為鑿也のと云、狹と云蔽のぬけた処なり。
【解説】
「世人之心、止於見聞之狹」の説明。耳目はただ見たり聞いたりするだけで、心の妙用を尽くすことはできない。見聞之狭は心を大きくする妨げとなる。大心は知から行う。知によって心が理で満ち、天下の理が明らかになる。狭が抜けるのが大心である。
【通釈】
「見聞之狭」。目は見るだけ、耳は聞くだけで、心の妙用を尽くすことはできない。迂斎が、これは情強な男を見ればわかると言った。私は二十年来そう心得ていた、その様に思っていたと言うのが見聞之狭である。上総で七里法華と言って主張するのも見聞之狭である。他宗だけの場では、法華というのは何のことだろうとも言う。自分の仏は尊いとか、私の郷里ではなどと言えば、これは誰もが見聞の狭いことだと知っているので笑うが、心の工夫を仕終えた学者が今の学者が力んで一理屈言うのを見たら、さぞや可笑しがるだろう。見聞之狭は妖物をいないと言う様なもの。無いとばかり言っていると、有る時に困る。心の工夫は理の通りをすること。一偏では悪い。見聞之狭も知見のことと捉えなさい。大心は知恵からのこと。ここに見聞之狭の吟味が要るのも、大心を肝の太いこととして見ないためである。大心は知からでなくてはならない。大層事が入ることで、心が理ばかりになったこと。これは定性書の効いた章だから、天下の理が明らかになったこと。あの「用智則不能以明覚為自然」や「所悪者為鑿也」と言うのは狭のことであり、その狭という蔽が抜けた処が大心である。
【語釈】
・情こは…情強。情に動かされないこと。片意地。強情。頑固。
・用知則不能以明覚為自然…為学4の語。
・所悪者為鑿也…為学4の語。

不以見聞梏其心。仁ずり知ずりのないこと。伯夷柳下惠歴々なれとも、いつも々々々清と和なり。中庸には取られぬ。本途のことは、仁の処へは仁、知の処へは知と出ること。靜にしてよい処へは靜、急にしてよい処は急にする。孔子の可久可速。魯を去るには遲々として、斉を去るには受浙去る。速なり。
【解説】
「聖人盡性、不以見聞梏其心。其視天下無一物非我」の説明。性を尽くすとは、仁や知などの一方に偏らないこと。孔子は臨機応変だった。
【通釈】
「不以見聞梏其心」。仁吊り知吊りのないこと。伯夷や柳下恵は歴々だが、いつも清と和なので中庸には採ることはできない。本来、仁の処へは仁、知の処へは知と出ること。静かにしてよい処へは静かに、急にしてよい処は急にする。孔子の「可久可速」である。魯を去るのには遅々とし、斉を去るのには浙を手ですくい上げて去る。それは速である。
【語釈】
・伯夷柳下惠…孟子万章章句下1。「孟子曰、伯夷聖之清者也。伊尹聖之任者也。柳下惠聖之和者也。孔子聖之時者也。孔子之謂集大成」。
・本途…本来の道。本筋。
・孔子の可久可速…孟子万章章句下1。「孔子之去齊、接浙而行。去魯、曰、遲遲吾行也。去父母國之道也。可以速而速、可以久而久、可以處而處、可以仕而仕、孔子也」。
・浙…水に漬けた米。

尽心知性。此、孟子が今の集註の文義とはちごう。此時分は張子ばかりでなく斯ふ取りた。朱子も御若ひときは斯ふでよいと思召たもの。そこで文集の中にも斯ふ取てある。爰は張子の文義で見ること。尽心は大心のことじゃと見込だもの。孟子の様に心を尽すと、天地形り一はいに尽せば大心になりて、天も知らるる、性も知らるると云ことなり。今の集註の文義と丁度うらはらなり。孔子の仰らるる性天道も心を尽さぬ人には知れまいが、心を尽せば知らるる云こと。
【解説】
「孟子謂盡心則知性知天、以此」の説明。ここの孟子の訳は今の解釈とは異なるが、張子の文義で見ること。天地の姿の様に一杯に心を尽くせば大心になって、天も性も知ることができる。
【通釈】
「尽心知性」。この孟子の語は、現在の集註の文義とは違う。この時分は張子だけでなく、皆がこの様に解釈した。朱子もお若い時にはこの訳し方でよいと思し召した。そこで文集の中でも同様に訳している。ここは張子の文義で見なさい。尽心は大心のことだと見込んだのである。孟子の様に心を尽くし、天地の通りに一杯に心を尽くせば大心になって、天も知ることができ、性も知ることができるということ。現在の集註の文義とは丁度裏腹である。孔子の仰せられた「性天道」も心を尽くさない人にはわからないが、心を尽くせば知ることができるということ。
【語釈】
・尽心知性…孟子尽心章句上1。「孟子曰、盡其心者、知其性也。知其性、則知天矣。存其心、養其性、所以事天也。殀壽不貳、修身以俟之、所以立命也」。
・性天道…論語公冶長13。「子貢曰、夫子之文章、可得而聞也。夫子之言性與天道、不可得而聞也」。

故有外之心不足以合天心。人が天地に孕れて居て、天を知ふとしても外有るの心では知れぬ。荘子に天を管て見るとあるが、見聞がせばいと天のことは知れぬ。外有るの心は天地の思召には合ぬ。これも两方へかけて見ることぞ。尽心知性知天迠で大心のことは云とめたこと。夫と云も天大にして無外云々。天心に叶ふでなくては、天をは知られぬとも云べし。親の前へも出ぬほどな子が親の心を知る様はないと、爰らで早西銘の仕寄せになると見るほどのこと。西銘以孝事天をとく。其大無外は、えりきらいのないこと。えりきらいはしきりをしたのぞ。撰り嫌ひのないで公也。又西銘の孝は天への孝ぞ。肉身のでなし。肉のなれば、上戸同士の親子は孝もうき々々するが、親は酒、子は餅では外あるなり。外あるの心と云がすぐに老佛と迂斎が云た。老子が、礼は忠信之薄きと云て面白からぬは適莫ありなり。仏が五倫をいやかるは尤適莫なり。いやかれは有外之心ぞ。
【解説】
「天大無外。故有外之心、不足以合天心」の説明。「天大無外」は選り好みのないこと。「有外之心」では天を知ることはできない。また、天心に叶わなければ天を知ることはできない。西銘の孝は天への孝であって、そこに適莫はない。
【通釈】
「故有外之心不足以合天心」。人は天地に孕まれていながらも、有外之心では天を知ることはできない。荘子に「用管闚天」とあるが、見聞が狭いと天のことを知ることはできない。有外之心は天地の思し召しには合わない。これも両方へ掛けて見ること。「尽心知性知天」までで大心のことは言い終えた。それと言うのも、後は「天大無外」云々のことだからで、天心に叶うのでなければ、天を知ることはできないとも言える。親の前にも出ない様な子は親の心を知る筈がないということで、ここで早くも西銘に近付くことになると見るほどのこと。西銘は孝を以て天に事えることを説く。「天大無外」は、選り嫌いのないこと。選り嫌いは仕切りをすること。選り嫌いがないので公である。また、西銘の孝は天への孝であって、肉身の孝のことではない。肉身の孝であれば、上戸同士の親子は孝もうきうきとするが、親は酒、子は餅では外が有ることになる。有外之心というのが直に老仏のことだと迂斎が言った。老子が、礼は「忠信之薄」と言って不快に思うのは「適莫」があるからである。仏が五倫を嫌がるのは当然適莫である。嫌がれば有外之心である。
【語釈】
・天を管て見る…荘子外篇秋水。「子乃規規然而求之以察、索之以辯。是直用管闚天、用錐指地也。不亦小乎」。
・仕寄…城などに攻め寄せること。
・西銘以孝事天…西銘は孝を以て天に事える?
・礼は忠信之薄き…老子論徳。「夫禮者忠信之薄而亂之首」。
・適莫…論語里仁10。「子曰、君子之於天下也、無適也、無莫也。義之與比」。
・五倫…孟子縢文公章句上4。「父子有親、君臣有義、夫婦有別、長幼有序、朋友有信」。


第八十四 仲尼絶四の条

仲尼絶四。自始學至成德、竭兩端之敎也。意有思也。必有待也。固不化也。我有方也。四者有一焉、則與天地爲不相似矣。
【読み】
仲尼は四つを絶つ。始學より德を成すに至るまで、兩端を竭[つく]すの敎なり。意は思有るなり。必は待つ有るなり。固は化せざるなり。我は方有るなり。四つの者の一つも有らば、則ち天地と相似ずと爲す。
【補足】
この条は、正蒙の中正篇一六の末と十八とを合わせた句。仲尼絶四は、論語子罕4の「子絶四。毋意、毋必、毋固、毋我」である。

これも論語の正面とはちごふ。あれは孔子の上をかたりたことで、じきに今日の人には振舞れぬ。爰は学者へのこと。孔子は絶四で垩人、今日の人は意必固我たらけなれとも、それを絶つで垩人になる。竭両端は徹上徹下と同こと。垩人の上も学者の上へも云こと。そこで意必固我を一つ々々注をしたもの。
【解説】
「仲尼絶四。自始學至成德、竭兩端之敎也」の解説。論語では孔子自身の事が語られているが、ここは学者に対してのものである。絶四で聖人にも至ることができる。
【通釈】
これも論語の文義とは違う。論語のこの句は孔子のことを語ったものなので、直接は、今日の人に当て嵌めることはできない。ここは学者に対してのこと。孔子は絶四で聖人、今日の人は意必固我だらけだが、それを絶つことで聖人になる。「竭両端」は徹上徹下と同じこと。聖人にも学者にも言えること。そこで、意必固我について一つずつ註をしたもの。
【語釈】
・徹上徹下…為学47の語。

意者有思。よいことにもわるいことにも思はあること。されとも爰はわるい思にかけたもの。古来の悪人の天下國家を潰したも、鼻のさきへ毒を流し蒔きちらしもせぬが、ちらりとした思からわるくなる。漢の武帝か李夫人を思ふたも、初一心は誰も知らぬこと。其の思ふたが反魂香と薫りた。外から火消しは来ぬが、これら大きいことになる。張子が人の火事と云ぬ処を火事と立てる。すれば大切の工夫ぞ。自始学至垩賢のことそ。何ても人欲はぶす々々と人目にたたぬ前によほどもへるもの。思ふ内が久しひもの。何[いつ]かも云たが、学者も人欲に近付になるがよい。近付きにならずに、うってしめやふはない。爰の張子の註で、まあ意必固我に近付になるがよい。
【解説】
「意有思也」の解説。ここの思うとは悪い思いの意で、人欲のことである。僅かな思いから悪くなる。それは火事の様で、最初は長く燻っている。学者も人欲を知り、意必固我を理解しなければならない。
【通釈】
「意者有思」。よいことにも悪いことにも思いはあるが、ここは悪い思いに掛けたこと。古来、悪人が天下国家を潰したのも鼻先へ毒を流し蒔き散らしたわけでもないが、僅かな思いから悪くなる。漢の武帝が李夫人を思ったのも、初一念は誰も知らなかったこと。その思いが後に反魂香として薫った。外から火消しが来ないので、これが大きいことになる。張子は人が火事と言わない処を火事と言う。そこで、大切な工夫なのである。「自始学至聖賢」のこと。どんな人欲でも、人目に立つ前にぶすぶすとかなり燃えているもの。思っている間が長い。いつかも言ったが、学者も人欲に近付きになるのがよい。近付きにならなければ、対処することはならない。ここの張子の註であって、意必固我に近付きになるのがよい。
【語釈】
・武帝…前漢の第七代の皇帝。劉徹。内政を確立し匈奴を漠北に追い、西域・安南・朝鮮半島を経略。儒教を政治教化の基とした。
・李夫人…李延年の妹。
・初一心…初一念。最初に思い立った一念。初志。
・反魂香…漢の孝武帝が李夫人の死後、香をたいてその面影を見たという故事から、たけば死者の姿を煙の中に現すという香。

有待は、其の思ふたをどふぞと云のなり。思ふは江戸へと云様なもの。待は上戸が江戸酒を取寄せたいと云のなり。期待とつづく。思は消しもせう。期待もこれはわるいと云れて異見もきくが、固不化は病人で云へば塊物に成ったのなり。医者、藥は進ぜふがめったには直らぬと云。塊物滅多にはとれぬ。氣質人欲さま々々なくせ、皆固なり。化しにくいとこそ云へ、学問では化させる手段もあるが、我は有方はしゃんときまったもの。迂斎曰、東国とか西国とか定りた様なもの。城郭を搆へてをるのぞ。学者の仏に迷ふも初めは意て、夫れから固必にもなる。固はそれに固滞したもの。我はそれ屋なり。者流と云になる。
【解説】
「必有待也。固不化也。我有方也」の説明。「有待」は思ったことを実現したいと思うこと。有待は直すこともできるが、「不化」は滅多に直らない。「固」は気質人欲、様々な癖のこと。「我有方」は定まって変わらないこと。
【通釈】
「有待」は、その思ったことをどうか実現したいということ。思うとは、江戸へ行きたいと言う様なもの。待は、上戸が江戸酒を取り寄せたいと言う様なもの。期待と続く字。思いは消すこともできるし、期待もこれは悪いと言われれば、その異見を聞くこともあるが、「固不化」は病人で言えば塊物になったこと。医者が、薬を与えても滅多には治らないと言う。塊物は滅多には取れない。気質人欲様々な癖は皆固である。化し難いとこそ言うが、学問では化させる手段もある。しかし、「我有方」はしっかりと決まったもの。迂斎が、東国とか西国とかと定まった様なことだと言った。城郭を構えているのである。学者が仏に迷うのも初めは意からで、それから固必にもなる。固はそれに固滞すること。我は其屋の類になることである。
【語釈】
・それ屋…其屋。愛嬌を売る客商売屋。遊女屋。
・者流…そのたぐい。その仲間に属する者たち。

初めから我はないが、四者有一則。此一句か甚親切なり。これは我にならぬからまあ大事ないと云はせぬこと。四つ揃てこそ大罪なれ、意必くらいのことは御免とは云せぬなり。迂斎曰、天地には去年の元日に雨が降たから、今年も降ふと云ことは云ぬ。凡人は意必固我の堅り。夫が一と手々々々づつ堅りたもの。其皆無ひが大心なり。大心は一つ々々にすらり々々々とゆくこと。さて此並も面白ひ。上の条で見聞の狭き有外之心不足合天心とあり、爰で意必固云々一有則与天地不相似。心が脇の方へこひり付ては天地に似ぬとある。すれば孔子の学問のことを尺蠖に譬へたが面白ひ。屈伸往来天地はさらり々々々と流行する。其塲々々にすらり々々々とゆくでなくては天地には似ぬ。尺蠖の屈伸が精義入神利用安身。道体と為学のつれ立ことに云たが、ちとは似ずともよさそうなものなれとも、天地と似ぬ日には、紙子着て川へはまる学問ぞ。
【解説】
「四者有一焉、則與天地爲不相似矣」の説明。意必固我の一つがあっても天に似ず、大心ではない。天地の流行は尺蠖が屈伸する様であり、学者は「精義入神利用安身」をして天地に似る。天地に似ない学問は無謀なものである。
【通釈】
初めから我があるわけではないが、「四者有一則」の一句が甚だ親切である。これは、我にならないから、まあ大事はないと言わせないこと。四つ揃ってこそ大罪だが、意必位は許せとは言わせない。迂斎が、天地の事では、去年の元日に雨が降ったから今年も降るだろうとは言わないと言った。凡人は意必固我の堅まりで、それは一つずつ堅ったのである。これが皆ないのが大心である。大心は一つ一つが滞らずに行く。さて、この並べ方も面白い。前条で「見聞之狭有外之心不足合天心」とあり、ここで「意必固云々有一焉則與天地爲不相似矣」とある。そこで、孔子が学問のことを尺蠖にたとえたことが面白い。屈伸往来で天地はさらりと流行する。その場その場ですらりと行くのでなくては天地に似ない。尺蠖の屈伸が「精義入神利用安身」である。これは道体と為学が連れ立つことを言ったことで、少しは天地に似なくてもよさそうなものだが、天地と似ないのなら、紙子を着て川へ嵌る学問である。
【語釈】
・大心…為学83の語。
・見聞の狭き有外之心不足合天心…為学83の語。
・尺蠖…尺取虫。易経繋辞伝下5の語。
・精義入神利用安身…為学79にある語。元々は易経繋辞伝下5の語。
・紙子着て川へはまる…無謀なことのたとえ。紙子は、紙製の衣服。厚紙に柿渋を引き、乾かしたものを揉みやわらげ、露にさらして渋の臭みを去ってつくった保温用の衣服。もとは律宗の僧が用いたが、後には一般にも用い、元禄(1688~1704)のころには遊里などでも流行した。


第八十五 上達反天理条

上達反天理、下達徇人欲者與。
【読み】
上達とは天理に反り、下達とは人欲に徇[したが]う者か。
【補足】
この条は、正蒙の誠明篇にある。この台は、論語憲問24の「子曰、君子上達。小人下達」である。

これは孔子の、君子と小人は外にちごふことはないが、君子は上へ々々とぬける。小人は下へ々々とぬける。どちがよいと云て弟子達に汗をかかせたこと。是ていこう学問のはげみになること。上へぬけるは天理の方へ反ること。学問は理へ反ることで、氣へ流れる処を理でをさへること。仁も義も礼智も一つに篭めて天理と云。学問は天理の方へもどって氣の方へ行まいと云こと。下達は小人と云ても、火付巾着切りのことではない。何でも人欲と懇意なが小人なり。すれば、をとなしい役人にはないとは云れぬ。上下着たものも、心に人欲があれば小人なり。そこで顔子が克己と云て欲を歒にしたもそのこと。
【解説】
君子と小人との違いは、上達するか下達するかの違いである。上達とは天理に反ることで、学問は気を抑えて理に反ること。仁義礼智は天理である。下達とは人欲があること。顔子は欲を敵とみなし、克己復礼によって仁に帰した。
【通釈】
これは孔子が、君子と小人との違いは、君子は上へと抜け、小人は下へと抜けるということだけだが、どちらがよいかと言って、弟子達に冷や汗をかかせたこと。これで大層学問の励みになる。上へ抜けるとは、天理の方へ反ること。学問は理へ反ることで、気の方に流れる処を理で抑えること。仁も義も礼智も一つに包めて天理と言う。学問は天理の方へ戻って気の方へ行かない様にすること。下達は小人のことだと言っても、火付や巾着切りのことではない。何にしても人欲と懇意な者が小人である。それだから、大人しい役人にはないとは言えない。裃を着た者も、心に人欲があれば小人である。顔子が克己と言って欲を敵としたのもこのこと。
【語釈】
・克己…論語顔淵1。「克己復禮爲仁」。

者乎とは、人の心へたたって云こと。心へたたりを付た口上ぞ。顔孟にならぬ内は人欲持合せぬとは云れぬ。人欲と云に是れ位のことはよいと学者がゆるしたがるもの。夫がわるい。徇人欲は狐にばかされるやふなもの。わけなしに引こまるる。徇は徇死の徇にも通ふ字で、訳けなしに從ふこと。行く氣なしにゆくこと。悪所へ行くに、をれは天地人三才だから行くの、顔見せは性善を持たから行くのとも云ぬが、訳なしにゆくもの。すれば、下達と云は人欲に引づりこまるるであろふ。御用心と云のなり。
【解説】
顔子や孟子の段階に至った後でなければ、人欲を持っていないとは言えない。「徇人欲」とは、訳もわからず人欲に従うこと。
【通釈】
「者与」とは、人の心へ祟って言うこと。心へ祟った口上である。顔子や孟子の様にならない内は、人欲を持ち合せていないと言うことはできない。人欲と言えば、これ位のことはよいと学者は許したがるものだが、それが悪い。「徇人欲」は狐に化かされる様なもの。訳も知らずに引き込まれる。徇は殉死の殉にも通じる字で、訳も知らず従うこと。行く気もなく行くこと。悪所へ行くのに、俺は天地人の三才だから行くとか、顔見世は性善を持っているから行くなどと言って行くこともないが、訳もなく行くもの。そこで、下達だと人欲に引きずり込まれるだろうから、御用心と言っているのである。
【語釈】
・三才…易経説卦伝2。「昔者聖人之作易也、将以順性命之理。是以立天之道、曰陰與陽。立地之道、曰柔與剛。立人之道、曰仁與義。兼三才而兩之」。天・地・人のこと。
・顔見せ…顔見世。①遊女などが初めて勤めに出るとき、揚屋や客などをまわって挨拶すること。②芝居の一座が総出で見物人におめみえをすること。


第八十六 知崇天也の条

知崇、天也、形而上也。通晝夜而知、其知崇矣。知及之、而不以禮性之、非己有也。故知禮成性而道義出。如天地位易行。
【読み】
知の崇[たか]きは、天なり、形而上なり。晝夜を通して知らば、其の知崇からん。知之に及ぶも、禮を以て之を性とせずんば、己が有に非ざるなり。故に知禮性と成りて道義出ず。天地位して易行わるるが如し。
【補足】
この条は、正蒙の至当篇にある。

今日読た処にはどの章にも天の字がある。垩学は天へ合せる故のことぞ。係辞傳に、知崇效天とある。知は遠慮なしに高ひがよい。生死昼夜貧冨のことても、落付の出るは知からなり。夫は何の眞似をするのじゃと云へは、天の眞似をするじゃと云こと。形而上なりも孔子の言ぞ。覚のよいの、故実を知たのと云が、知とは云れぬ。今日の雜博な学問、がらくた道具の多ひのなり。何ぞのときの役には立ぬ。本んの知は何ぞのときの役に立つ。これは太極をよく呑込だこと。今日は書物がないから講釈は出来ぬと云こともあろふが、本の知の引込ことはない。只高ぶりふけらすと云は、啇人の本家の、元祖のとふけらかすの筋ぞ。形而上と云知には叶ぬ。事が廣ひから、今孔子が日本へこられたら知らぬことが多かろふが、形而上を合点した知ゆへ、一二度きけば跡はすら々々さばくことなり。
【解説】
「知崇、天也、形而上也」の説明。知は天に真似るのだから高い方がよく、人は知が高いことによって落ち着いていられるのである。高い知は形而上の道を理解したものだから、それで何でも捌くことができる。
【通釈】
今日読んだ処には、どの章にも天の字がある。それは、聖学が天へ合わせることだからである。繋辞伝に、「知崇效天」とある。知は遠慮なしに高いのがよい。生死や昼夜、貧富のことでも、落ち着いていられるのは知があるから。それは何の真似をするのかと言えば、天の真似をするということ。「形而上也」も孔子の言である。覚えがよいとか故実を知っているなどというのは、知とは言えない。今日の雑博な学問にはがらくた道具が多いから、何かの時の役には立たない。本当の知は何かの時に役に立つ。これは太極をよく呑み込んだからである。今日は書物がないから講釈はできないと言うこともあるだろうが、本当の知だったら引っ込むことはない。ただ高振り誇ると言うのは、商人が本家だとか元祖だとかと誇る筋となる。それは形而上という知には当て嵌まらない。事は広くあるから、今孔子が日本へ来られたら知らないことが多くあるだろうが、形而上を合点した知だから、一二度聞けば後はすらすらと捌くのである。
【語釈】
・知崇效天…易経繋辞伝上7。「子曰、易其至矣乎。夫易、聖人所以崇德而廣業也。知崇禮卑。崇效天、卑法地。天地設位、而易行乎其中矣。成性存存、道義之門」。
・形而上…易経繋辞伝上12。「…是故形而上者謂之道、形而下者謂之器。化而裁之謂之變、推而行之謂之通、擧而錯之天下之民謂之事業」。
・ふけらす…他人に見せて誇る。見せびらかす。

通昼夜而知る。これも易で孔子の語なり。只今の人の語を引は、鼻の先き、そのあたりで引合はせるが、張子は手に入たことで、知崇效天、上係辞七章、形而上、同上十二章、通昼夜而知、同上四章、所々のことをこう集めて書たは根を知たからなり。さて、形而上と云の位付けはどの位かと云に、通昼夜而知るなり。昼が夜になる、夜が昼になるを知たなり。丁とこれか生死と云様なもの。明六つ目出度と肴を買ひ、暮六つを哀ひとて涙を流すものもないが、これが生死のことぞ。昼と夜とでは誰も騒がぬが、生死になると大きに騒く。知り皃にして知らぬのなり。死ぬことを日の暮た様にをもへばさわぐことはない。大病でもまた死と云心はないが、不圖病氣差重って死ぬからよいが、前廣に死が知れたら食も咽へは入るまい。夫を夕部ついだ土器の油のなくなったやふに思ふは大な知なり。こふした知になれば、何にもさびしいことはない。
【解説】
「通晝夜而知、其知崇矣」の説明。今の学者は身に付いていないことを引用するが、張子は根本を理解して身に付いた孔子の語を引用している。形而上とは通昼夜而知ことである。昼夜をしっかりと知れば生死をも知ることができるが、人は昼夜には騒がず、生死は騒ぐ。実は生死も昼夜も同じことであって、それを知るのが高い知である。
【通釈】
「通昼夜而知」。これも易にある孔子の語。今の人が引用する語は鼻の先辺りのことを引き合いに出すが、張子は自分が手に入れたことを引用するので、知崇效天、上係辞七章、形而上、同上十二章、通昼夜而知、同上四章、と、所々のことをこの様に集めて書いた。それは根本を知っていたからである。さて、形而上とはどの様なことかというと、通昼夜而知である。昼が夜になり、夜が昼になることを知ったのである。丁度これが生死という様なこと。明け六つは目出度と肴を買い、暮六つを哀しいと涙を流す者もいないが、これが生死のこと。昼と夜のことでは誰も騒がないが、生死になると大騒ぎになる。知り顔でいて知らないからである。死ぬことを日が暮れた様に思えば騒ぐことはない。大病でもまだ死ぬという気持ちはなく、図らず病気が重くなって死ぬのであって、事前に死を知ることができたら食も咽を通らないことだろう。それをよく理解して、昨夜注いだ土器の油がなくなった様に思うのは大いなる知である。この様な知になれば、何も寂しいことはない。
【語釈】
・通昼夜而知…易経繋辞伝上4。「易與天地準。故能彌綸天地之道。…範圍天地之化而不過、曲成萬物而不遺、通乎晝夜之道而知。故神无方而易无體」。
・前廣…以前。まえかた。

韓退之が大顚に迷ふたも嶋でさびしかったものであろふと云もよいきめなり。韓退之が故郷のことやあなたこなたのことを思てさび々々とした処へ、大顚が形骸を外にし、心を枯木死灰にして、骸をばまきさっはの様にした体で、そこへのろりと出たに氣を奪はれて、そこで迷ふたもの。すれば異端くるみ大顚が知が高ひからなり。して見れば、退之が佛骨表を書たも、只きついことを云たのなり。大顚に迷ふも死生に迷ふも同こと。通昼夜而知と云ほどに知れは、天也。是を聞て面白ことじゃ抔と云は一休が小僧飛助あてにならぬから、そこへをもりをかけたもの。
【解説】
韓退之が大顚に迷ったのは、大顚の知が退之の知よりも高かったからである。大顚に迷うのも死生に迷うのも同じことで、通昼夜而知となれば天と同体になる。ただ、高い知には礼という重りが要る。
【通釈】
韓退之が大顚に迷ったのも島流しとなって寂しかったからだろうというのが、よい理解の仕方である。韓退之が故郷のことや色々なことを思って寂々とした処に、大顚が形骸を度外視し、心を枯木死灰にして、骸を真木撮棒の様にした体でそこへのろりと出たのに気を奪われ、それで迷ったのである。それは、異端でありながらも大顚の知が高かったからである。これで判断すれば、韓退之が仏骨の表を書いたのも、ただきついことを言っただけなのである。大顚に迷うのも死生に迷うのも同じこと。通昼夜而知というほどに知ることができれば天である。これを聞いて面白いことだなどと言うのは一休の様な小僧飛助と同じで、当てにはならない。そこで礼の重りを掛けたのである。
【語釈】
・韓退之…韓愈。唐の文章家・詩人。唐宋八家の一。字は退之。号は昌黎。768~824
・大顚…韓退之は、潮州に左遷された際、当地の傑僧大顛禅師と交流する。長安に帰って、大顛との交流を質問されるが、積極的には評価しない返答内容であったとのことである。かつて仏教を排斥し、後に熱心な仏教徒となった白居易とは異なり、韓退之は、基本的には排仏を貫いていた。
・形骸…荘子徳充符。「子與我遊於形骸之内、而子索我於形骸之外。不亦過乎」。
・枯木死灰…枯れた木と冷えた灰。生気がなく情熱のないもの。また、浮世の俗心を離れていることのたとえ。枯木冷灰。
・まきさっは…真木撮棒。切ったり割ったりしてある薪。まきざっぽ。
・飛助…軽率ですぐ飛び出すような人。おっちょこちょい。

知及之而以礼。爰へ人を出して云はは一休なとなり。されとも礼節がない。そこが沙門の道なり。髑髏を引て御用心々々々は不以礼なり。そこで知が片ひらなり。性之非己有。礼節のないで、からだに道が逗留せぬ。元日は上下で礼がよい。親の死だときは喪服を着て泣でよい。又病氣のときは背中をさする。そうする内に知の高きはあること。
【解説】
「知及之、而不以禮性之、非己有也」の説明。一休などの仏教は知に偏っていて礼節がない。それで身体に道が宿らない。知は礼で身体に逗留する。
【通釈】
「知及之而以礼」。ここに人を出して言うとすれば一休などである。しかし、彼には礼節がない。そこが沙門の道である。髑髏を引いて御用心と言うのは「不以礼」である。その知は偏ったもの。「性之非己有」。礼節がないので身体に道が逗留しない。元日は裃を着て礼に回るのがよい。親が死んだ時は喪服を着て泣くのでよい。また、病気の時は背中を擦る。そうする中に知の高いところがある。
【語釈】
・沙門…出家して仏門に入り道を修める人。僧侶。桑門。出家。
・髑髏を引て御用心…一休は正月、杖の先に髑髏を掲げて、門松や冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなしと歌いながら市中を闊歩した。そして、男も女も、老いも若きも一皮むけば同じ骨に過ぎないと説いて、やけば灰埋めば土となるものを何か残りて罪となるらんと詠んだ。

知礼成性。又孔子の語なり。生死を蝋燭のとほった様に思ふ。知なり。其高ひ知居て、さて卑ひ礼て成就させるなり。知礼と云根から道義がはへる。はばの廣処で道と云、こまかな処で義と云。天地と云大舞臺て万物生々する様な者。知礼と云舞臺で道義と云、能が始まる。今の学者が知の高ひの一偏になるを恐れてあぶながる。夫で人抦が大事だ々々々と云が、天が上に位し地は下に位し、知の高ひに礼と云がをもりになると云ことを知らぬのなり。これであぶなげはない。あぶないほどに知たでなくては、学問はせぬにをちる。
【解説】
「故知禮成性而道義出。如天地位易行」の説明。高い知と卑い礼という根本から道義が生まれる。その広い処でこれを道と言い、細かい処で義と言う。今の学者は高い知に一偏となるのを恐れるが、それは卑い礼を知らないからである。学問は、危ないと思うほどに知らなければならない。
【通釈】
「知礼成性」。また孔子の語である。生死を蝋燭の灯った様に思う。これが知である。その高い知があって、さて、卑い礼で成就させるのである。知と礼という根本から道義が生える。幅の広い処で道と言い、細かな処で義と言う。天地という大舞台で万物が生々する様なもの。知礼という舞台で道義という能が始まる。今の学者は、知が高いことに一偏となるのを恐れて危ながる。それで人柄が大事だと言うが、天は上に位し、地は下に位して、高い知に礼が重りとなることを知らないからそう言うのである。これでは危な気はない。危ないと言うほどに知るのでなければ、学問はしたことにはならない。
【語釈】
・知礼成性…易経繋辞伝上7。上記「知崇效天」を参照。「知崇禮卑…成性存存」。


第八十七 困之進人也の条

困之進人也、爲德辨、爲感速。孟子謂、人有德慧術智者、常存乎疢疾、以此。
【読み】
困の人を進むるは、德を爲すこと辨[あき]らかにして、感を爲すこと速やかなればなり。孟子謂う、人の德慧術智有る者は、常に疢疾[ちんしつ]に存すとは、此を以てなり。
【補足】
この条は、正蒙の三十篇五にある句。

易の困の卦の難義迷惑なことを云。悪事災難のかれたいと云て神をたのむは姥かかなり。学者は困が為めになると云こと。長者二代無しと云は懐手ですむからぞ。困を困窮の困と計り見ることでもない。身上のよいものも、方々からつきまわさるるは困なり。可愛子に旅をさせろは足の痛む為め計でない。雲助にゆすらるる迠が困のうちなり。脇目から見てはむごいと云ほどに見へて、いりもみ々々々々する内に德がすすむ。
【解説】
「困之進人也」の説明。困から逃れるために神頼みするのは学者がすることではない。学者には困がためになる。困で苦しむ内に徳が進む。
【通釈】
この章は、易の困の卦を引用して難儀迷惑なことを言う。悪事災難から逃れたいといって、神頼みをするのは姥や嬶のすること。学者には困がためになると言う。長者二代無しと言うのも懐手で済み、困がないからである。困を困窮の困とばかり見てはならない。身上のよい者も方々から付きまとわれるのは困である。可愛い子に旅をさせろと言うのは、足を痛ませるためだけではない。雲助に強請られることまでが困の内である。傍で見ては酷いと言うほどに見える様な、身を揉む内に徳が進む。
【語釈】
・困の卦…坎下兌上、困(澤水困)。困窮、苦しむの意。
・いりもみ…いり揉む。①はげしく揉む。風などが吹き荒れる。②はげしく気をいらだたせる。身をもむ。③是非願いを叶え給えと祈る。

為徳辨。これも孔子の易で、困は德の弁也と云たこと。葉解が、弁は明なりと註をしたが、只明弁と云ては云足らぬ。これは此方の德がこなれて御法差合でないこと。難義艱苦した人は、外からせかせふとしても急にせきはせぬもの。向から無理を仕掛ても、夫れは間違ではあるまいかと云て落付く。德弁ないゆへぞ。これを学者の上へかけて見るに、德弁るでないと吾方にらいがなくて、いつも々々々とげ針で人につっかかるていなり。
【解説】
「爲德辨」の説明。葉解では、弁とは明の意であるとしているが、弁とは、徳が熟れて天理に合致することである。困を経験した者は徳弁で落ち着いているが、そうでない者はいつも人に突っ掛かっている。
【通釈】
「為徳辨」。これも易にある孔子の語で、「困徳之弁也」と言ったこと。葉解では、弁は明なりと註をしたが、ただ明弁と言うのでは言い足りない。これは、自分の徳が熟れて御法と差し合うことのないこと。難儀艱苦した人は、外から急かしても急きはしないもの。向こうから無理を仕掛けても、それは間違いではありませんかと言って落ち着いている。この様にできないのは徳弁でないからである。これを学者の上に掛けて見れば、徳弁でないと自分に余裕がなくて、いつも刺針で人に突っ掛かる様なものである。
【語釈】
・為徳弁…易経繋辞伝下7。「易之興也、其於中古乎。作易者、其有憂患乎。是故、履德之基也。謙德之柄也。復德之本也。恆德之固也。損德之脩也。益德之裕也。困德之辨也。井德之地也。巽德之制也」。
・葉解…宋の葉采が作った「近思録集解」。

感速は、はっと胸へひひくこと。歴々は感が遠ひもの。丸焼けと聞てもさぞこまろふと云たきり。困をせぬから下情が通せぬ。それで、困のない人は人間が半分で、丁度の処へゆかぬ。火事の跡でも歴々は、普請が出来たら掛物をやろふと云。困に逢ふた人は度々類焼して覚へあるゆへ、先つ釣瓶をやれ、先つくひ物をやれと云。感速でない人は、雨具の借しやうも、茶漬の出しやふもをそくてわるい。周公の天下の宰相になって政のよいも、さま々々な困のありたからなり。伊尹も下にをる内難義したもの。五就湯は垩人ゆへよかろふが、五就桀、むごいことにも逢たであろふ。困はいやがるものではない。こちの設かるものぞ。
【解説】
「爲感速」の説明。困を経験した人は、対応が適宜である。周公や伊尹も様々な困があったから聖賢になることができたのであって、困は自分に益のあるものである。
【通釈】
「感速」とは、はっと胸へ響くこと。歴々は感が遠いもの。丸焼けと聞いても、さぞ困るだろうと言うだけである。困をしないから下情が通じない。それだから、困のない人は人間が半分で、丁度の処へ行かない。火事の跡でも歴々は、普請ができたら掛物を遣ろうと言う。困に逢った人は度々類焼した覚えがあるから、先ず釣瓶に取り掛かれ、先ず食い物を遣れと言う。感速でない人は、雨具の貸し方も、茶漬けの出し方も遅くて悪い。周公が天下の宰相になって政がよいのも様々な困があったから。伊尹も野にいる内は難儀をした。「五就湯」は聖人だからよかっただろうが、「五就桀」では酷いことにも逢ったことだろう。困は嫌がるものではない。自分が儲かるものである。
【語釈】
・下情…しもじもの様子。民間の実情。
・釣瓶…縄や竿の先につけて井戸の水を汲み上げる桶。また、その装置。
・周公…周の政治家。文王の子。名は旦。兄の武王をたすけて紂を滅ぼし、魯に封ぜられ、武王の死後は甥の成王をたすけて礼楽を作り、康王が即位するや、召公と共にこれを補佐して文武の業績を修めた。周公旦。
・伊尹…殷初の名相。名は摯。湯王をたすけ、夏の桀王を滅ぼして天下を平定したので、湯王はこれを尊んで阿衡と称した。
・五就湯…孟子告子章句下6。「孟子曰、居下位、不以賢事不肖者、伯夷也。五就湯、五就桀者、伊尹也。不惡汙君、不辭小官者、柳下惠也。三子者不同道、其趨一也。一者何也。曰、仁也。君子亦仁而已矣。何必同」。
・湯…殷(商)王朝を創始した王。殷の始祖契より一四世目。夏の桀王を討って即位。商湯。成湯。武湯。大乙。
・桀…夏の最後の君主。名は履癸。桀はその称号。殷の湯王に討たれ鳴条に走って死んだという。暴君の典型として殷の紂王と併称。桀王。

德慧術知はもとより知のことなれとも、知の譲り金でないこと。拜領の侭のは德慧術智ではない。孟子のは、德をみがいて稽古の上、す子から揉出した知のこと。漢の霍光がことを不学無術と云も爰なり。小学に不失尺寸云々。行はなるやふでも、あれも只生れ付のよい処。学問でみがいた知行がない。德慧術智は、只ひろふたやうなうっかりとした智ではない。先日の処に舜と管仲を一つに云た処もある。どちもいこうもまれた上で藥になる。そこを合せたもの。舜の垩人でも、瞽叟や象にもたれたでよくなられたこともあろふ。管仲も囚になり、かた々々して困をしたから天下の功もなりたもの。
【解説】
「孟子謂、人有德慧術智者、常存乎疢疾、以此」の説明。知のままでは徳慧術智ではない。知を困によって磨き、学問によって磨いた末に徳慧術智となる。それで、生まれ付きの知は徳慧術智ではない。
【通釈】
「徳慧術智」は本より知のことだが、それは知の譲り金ではない。拝領したままでは、徳慧術智ではない。孟子が言うのは、徳を磨き稽古した上で脛から揉み出した知のこと。漢の霍光のことを不学無術と言うのもここからである。小学に「不失尺寸云々」とある。行はできる様でも、それはただ生まれ付きがよいからであって、学問で磨いた知行がない。徳慧術智は、ただ拾った様なうっかりとした知ではない。先日の処に舜と管仲を同じ様に言った処もあるが、どちらも大層苦労したのが薬になった。その点を同じだと言ったのである。舜の様な聖人でも、瞽瞍や象のために苦労したのでよくなられたということもあるだろう。管仲も虜になり、恐ろしい思いで困をしたから天下の功もなったのである。
【語釈】
・德慧術智…孟子尽心章句上18。「孟子曰、人之有德慧術智者、恆存乎疢疾。獨孤臣孽子、其操心也危、其慮患也深。故達」。
・譲り金…譲る金。譲り受けた金銭。
・霍光…前漢の政治家。字は子孟。霍去病の異母弟。武帝に仕えて匈奴を征し、太子の傅となり、昭帝の時、大司馬大将軍、宣帝の時、何事も霍光に関かり白して後に天子に奏した(関白の号の起源)。
・不学無術…学問も無ければ策略も無い。無学無能。
・不失尺寸云々…小学善行。「霍光出入禁闥二十餘年、小心謹愼未嘗有過。爲人沈靜詳審毎出入下殿門進止有常處。即僕射竊識視之不失尺寸」。

疢疾は災のこと。横渠を力行底の人と云も爰等なり。難義したものは跡がよい。香川が殊の外土茯苓の贔屓をして書た。毒なものなれとも、其功を知りたからなり。横渠の困を主張せらるるも、この下剤で仕て取ると云のなり。
【解説】
「疢疾」の説明。苦労をした者は後でよくなる。困を主張する張横渠は、力行の人である。
【通釈】
「疢疾」とは災のこと。横渠を力行風の人と言うのもここからである。難儀した者は後がよい。香川は殊の外土茯苓を贔屓して書いた。それは毒ではあるが、その効果を知っていたからである。横渠が困を主張されたのも、この下剤で仕て取ると言うことである。
【語釈】
・香川…香川修徳。江戸中期の儒医。古医方を代表する一人。姫路の人。儒と医は元来一本のものと唱き、「一本堂薬選」「一本堂行余医言」を著す。香川修庵・一本堂とも称した。1683~1755
・土茯苓…サンキライの根茎。特にこれを乾燥した生薬。漢方で、悪瘡・梅毒・瘰癧などの薬として知られる。


第八十八 言有教動有法条

言有敎、動有法。晝有爲、宵有得。息有養、瞬有存。
【読み】
言に敎有り、動に法有り。晝には爲すこと有り、宵には得ること有り。息にも養うこと有り、瞬にも存すること有り。
【補足】
この条は、正蒙の有徳篇にある句。

これは修行に非番のないことを云章なり。非番が有ては成就はせぬ。日待を喜ぶ百姓は、身上は上らぬ。江戸の町人の家て斎日に、七月十六日、正月十六日、手代や年季ものが皆出るに、中に皆出拂ってわるくば私は留守に居りませふと云奴がいつも早く番頭になる。あれはまだ若ひがと思ふに、いつか帳脇にすわってをる。これは某が毎度見て知たこと。その外、金銀をふやすの、身上を上るのと云かるいことさへ間断では埒あかぬに、まして学問は心のこと。心は形ない。形ない心で形ない欲をうけこむことゆへ、どうも油断のならぬこと。氣と氣の出合ぞ。いつの間にやら傷寒を病む。裸で居たから病むの、綿入を二つ着たから病まぬのと云ことでない。ゆだんもすきもならぬこと。人のよくなるわるくなるは、身代のよくなるわるくなるよりは早ひもの。只非番がわるひと云ては空になるから、この六有が非番にならぬやふに穴をふさいでまわりた語なり。
【解説】
この章は、修行に休みがないことを述べている。学問は心の問題であって、無形の心で無形の人欲に対するのだから、油断も隙もならない。ここの六つの有で弛まず人欲を抑えるのである。
【通釈】
これは修行に非番のないことを言う章である。非番があっては成就しない。日待ちを喜ぶ百姓の身上は上らない。江戸の家で斎日に、七月十六日と正月十六日、手代や年季者が皆実家に帰る中で、皆出払っては困るのなら私が留守番として居残りましょうと言う奴がいつも早く番頭になる。あいつはまだ若いと思っている内に、いつの間にか帳場の脇に座っている。これは私が毎度見て知ったこと。その外、金銀を増やしたり、身上を上げるといった簡単なことでさえ、間断があっては埒が明かないのに、ましてや学問は心のことで、心には形がなく、その形がない心で形のない欲を討ち込むのだから、本当に油断がならない。気と気の出合いである。いつの間にやら傷寒を病む。裸でいたから病んだとか、綿入れを二つ着たから病まないなどということはない。油断も隙もならない。人がよくなるか悪くなるかは、身代がよくなったり悪くなったりするより早くなる。ただ非番が悪いと言っては空言になるから、この六つの有が、非番にならない様に穴を塞いで廻った語なのである。
【語釈】
・日待…日待ち。農村などで田植や取入れの終った時などに、部落の者が集まって会食や余興をすること。おひまち。
・傷寒…漢方医学で、急性熱性疾患の総称。今の腸チフスの類。

言有教。毎日々々口をきくが、それを滅多にききやるなと云こと。人へ云ふ言の上に、はや有教なり。動有法。行を法に合せること。葉解が、言有教は先王之法言云々。爰を非先王之德行不敢行と注をした。よいぞ。不断役人が来て、付ひて居るやうなもの。毎日云ことに有教、一寸事をするに有法なり。昼有爲。学問をすることから萬事のことにかけて云。宵有得。夜る子ずにと云ことではない。仕廻って寐るなれとも、寐入る迠のことなり。昼のことを爰て得やふとすること。讀法に、昼誦而味之中夜而思之とある。思ふで吾が物になる。千ヶ寺のあるいた様では役に立ぬ。昼したことを、あれはよいかこれはどふかと胸へのせること。胸へのせぬと滅多なことをしたになる。初午に千社参りの歩行くと俳諧師の歩行とはちごふ。一句づつも得やふとするなり。学者が年季野良の寐た様では役にたたぬ。
【解説】
「言有敎、動有法。晝有爲、宵有得」の説明。「言有教」とは、慎重に口を利くこと。「動有法」は、行を法に合わせること。「昼有為」は、学問を含めた全ての行為。「宵有得」は、昼の行為を思い起こして胸に乗せ、自分に得ることである。
【通釈】
「言有教」。毎日口を利くが、それを滅多にしてはならないということ。人に言う言の上に、早くも有教である。「動有法」。行いを法に合わせること。葉解が、言有教は先王之法言云々、ここは非先生之徳行不敢行と註釈をした。よい註釈である。絶えず役人が来て、付いている様なもの。毎日言うことに教えがあり、一寸事をすることに法がある。「昼有為」。学問をすることから万事のことに掛けて言う。「宵有得」。夜寝ないですると言うことではない。仕舞って寝るのだが、その寝入るまでのことを言う。昼のことをここで得ようとすること。読法に、「昼誦而味之中夜而思之」とある。思うので自分の物になる。千ヵ寺を歩く様では役には立たない。昼に行ったことを、あれはよいか、これはどうだろうかと胸へ乗せること。胸へ乗せないと滅多矢鱈なことをすることになる。初午の千社参りを歩き行くのと、俳諧師が歩き行くのとは違う。俳諧師は一句毎に得ようとする。学者が、年季者が寝ている様にしていては、役に立たない。
【語釈】
・葉解…宋の葉采が作った「近思録集解」。
・言有教は先王之法言云々…
・非先王之德行不敢行…
・昼誦而味之中夜而思之…読論語孟子法。「句句而求之、晝誦而味之、中夜而思之、平其心、易其氣、闕其疑、則聖人之意可見矣」。
・千社参り…地方の神社およそ千社に巡拝すること。ふつう寺院も含む。二月初午の日に稲荷に巡拝することが多い。江戸時代に流行し、現在も行われる。
・野良…「野郎」の誤り。

息有養瞬有存。瞬と息とは大旨一つことなり。わけても云るる。息はいきのこと。瞬はまだたき。人が生物ゆへ、人形の目の様ではない。瞬と云はたらきがある。上の言動昼宵は間のあること。爰のは少の頃のことなり。是れがわるくすると間断になる。瞬息を勘定に入れぬと寄せ筭に目を出さぬやふなもの。大きな身上でも分厘を勘定に入れ子ば筭用は合ぬ。言動昼宵の中にこまかにあるが瞬息なり。そこもうっかりとは通さぬなり。其細かの中をも存羪せ子ばならぬ。息一つの中にも仁義礼智のいたみになることがあるもの。そこで性を羪は子ばならぬ。中庸で喜怒哀樂の発見を愼むもそこの処から。風が入ると仁義礼智が中風するからなり。
【解説】
「息有養、瞬有存」の説明。言動昼宵を細分したのが瞬息である。この様な短い時でも絶えず存養をし、性を養わなければならない。そうしなければ仁義礼智に疵ができる。中庸で喜怒哀楽の発現を慎むのも同意である。
【通釈】
「息有養瞬有存」。瞬と息とは概ね同じことだが、分けて言うこともできる。息とはいきのこと。瞬はまばたき。人は生物だから、人形の目の様ではなく、瞬という働きがある。上の言動昼宵は間があるが、瞬息は少しの間であること。これを悪くすると間断になる。瞬息を勘定に入れなければ、それは足算で細目を弾かない様なもの。大きな身上でも分厘を勘定に入れなければ計算は合わない。言動昼宵の中に細かなものがあって、それが瞬息である。そこもうっかりと通してはならない。細かな中でも存養をしなければならない。息一つの中にも仁義礼智の痛みになることがある。そこで性を養わなければならない。中庸で喜怒哀楽の発見を慎むのもそこの処から。風が入ると仁義礼智が中風するからである。
【語釈】
・中庸で喜怒哀樂の発見を慎む…中庸朱子章句1にある「故君子慎其獨也」と、「喜怒哀樂之未發、謂之中」を指す。発見は発現。
・中風…半身の不随、腕または脚の麻痺する病気。中気。風疾。

羪は仁義礼智へこやしをすること。孟子に、存其心羪其性とある。またたきの内も、放心すると性がそこなわるる。存は心の方へ氣をつけること。御見舞申すと云て入るに、いとびん奴が来たと楊貴妃が様なものの入りたは、こちの心持がちごう。瞬の内、放心すると心がうばはるる。瞬息と云細ひ通りから、どの様なものが入るも知れぬから、克己復礼は時々刻々にすること。瞬息は非番のないこと。蟻の這出る間もないこと。これもやはり中庸の戒慎恐懼のこと。自漢以来儒者不識此義が間断のないこと。不舎昼夜は瞬息のやまぬことて、川上の歎も爰と同しこと。於天之命穆而不已は天の間断のないこと。純亦不已は文王の間断のないこと。
【解説】
養とは仁義礼智を育てることで、放心すると性が損なわれる。存とは心に気を付けること。天にも聖人にも間断はないから、瞬息の様な僅かな時間でも存養をしなければならない。
【通釈】
養は仁義礼智に肥やしをすること。孟子に、「存其心養其性」とある。瞬きをする間でも、放心すると性が損なわれる。存は心の方に気を付けること。御見舞い申すと言って入って来るのに、糸鬢奴が来た場合と楊貴妃の様な者が来た場合とでは、こちらの心持が違う。瞬きをする間でも、放心すると心が奪われる。瞬息という細い通りから、どの様なものが入って来るかも知れないから、克己復礼は時々刻々にしなければならない。瞬息に非番はない。蟻の這い出る間もないこと。これもやはり中庸の戒慎恐懼のこと。「自漢以来儒者不識此義」が間断のないこと。「不舎昼夜」は瞬息の止まないことで、川上の歎もここと同じこと。「於天之命穆而不已」は天に間断のないこと。「純亦不已」は文王に間断のないこと。
【語釈】
・存其心羪其性…孟子尽心章句上1。「孟子曰、盡其心者、知其性也。知其性、則知天矣。存其心、養其性、所以事天也。殀壽不貳、脩身以俟之、所以立命也」。
・放心…孟子告子章句11。「孟子曰、仁、人心也。義、人路也。舍其路而弗由。放其心而不知求。哀哉。人有雞犬放、則知求之。有放心、而不知求。學問之道無他。求其放心而已矣」。放心とは、本心を放失してしまうこと。
・いとびん奴…糸鬢奴。糸鬢に結った奴。「糸鬢」は、近世、延宝・天和頃より流行した男子の髪の結い方の一。頂を広く剃り下げ、両鬢を細く狭く糸のように残したもの。中間・小者・侠客・俳優などの間に行われた。
・克己復礼…論語顔淵1。
・戒慎恐懼…中庸章句1。「道也者、不可須臾離也。可離非道也。是故君子戒愼乎其所不睹、恐懼乎其所不聞」。
・自漢以来儒者不識此義…論語子罕16集註。「自漢以來、儒者皆不識此義。此見聖人之心、純亦不已也」。
・不舎昼夜…論語子罕16。「子在川上曰、逝者如斯夫。不舍晝夜」。川上の歎である。
・於天之命穆而不已…中庸章句26。「詩曰、惟天之命、於穆不已。蓋曰天之所以爲天也。於乎不顯、文王之德之純。蓋曰文王之所以爲文也。純亦不已」。
・文王…周王朝の基礎をつくった王。姫昌。武王の父。殷に仕えて西伯と称。勢い盛んとなり紂王に捕えられたが、許されて都を豊邑に遷した。

張子と程子と道理の説き様に違ふことはないが、程子はゆっくりと云。此六有などは切りつめて云で学者のためになる。程子は順氣の剤が多ひ。張子は滋補で血を補ふ藥が多ひと云様なもの。
【解説】
張子は道理を端的に説き、程子は詳細に説くが、説く内容に相違はない。
【通釈】
道理を説く内容は張子と程子とに違いはないが、程子はゆっくりと説く。ここの六有などは切り詰めて言うので学者のためになる。程子は順気の薬剤が多く、張子は滋補で、血を補う薬が多いという様なもの。
【語釈】
・順氣…気分を順調にすること。
・滋補…滋養を補うこと?