第十八 明道先生曰富貴驕人条  四月十六日  邦直録
【語釈】
・四月十六日…寛政3年辛亥(1791年)4月16日。
・邦直…

明道先生曰、富貴驕人、固不善。學問驕人、害亦不細。
【読み】
明道先生曰く、富貴もて人に驕るは、固より善からず。學問もて人に驕るも、害亦細ならず、と。
【補足】
・この条は、程氏遺書一にある。

驕は鼻にかける意なり。これが人心の病なり。をれは金持ちをれは歴々と口へ出して云ものはなけれとも、兎角鼻にかける。そこが驕なり。なにあれがと云氣が心中にある。げすめがと云たがるもの。爰を警戒せ子ばならぬと云のは、氣の驕りゆへ向から咎めやうもない。歴々にもいんぎんなはあれども氣は驕てをるもの。町人百姓の富家な者も口へ出して云はぬが氣が高ぶる。先この富貴驕人は誰々も知たことで云には及ふ。固不善なり。だけれとも、この戒は無学なものへのことなり。近思抔を讀むものにはあるにもせよ、先はないなり。ときに学者が学問を鼻にかけるは我一人見処のあるやふに思ふ。吾黨にはなをもってのことなり。固の字と亦の字を氣を付てみよ。固りと云は誰も彼もそふないゆへそ。亦の字はないやふなありそもない処にあるから云字なり。先生かぶにも油断のならぬことなり。呂東萊の田子方のことをあけて云へり。子夏はいんぎんけんそんな人なり。だけれとも、あまり堅く來る方から我佛尊しと云塲かありつらん。其弟子に田子方をれは孔子の又弟子だなどと大きなことを云。又其弟子に荘子。大の不埒もの。さわきちらかし圣人もたわいもないもののやふにをもい、あまり器用すぎな方から出た。然れば戒ないと異端にもなる。学者学問を鼻にかける、末はどふなろふもしれぬ。先軰の歴々をみよ。鼻にかけたは一人もない。
【解説】
態度は慇懃でも、気は驕っていることがある。「富貴驕人」は無学な者に対して言うことだが、学者にあっては、自分に見所があると思って学問を鼻にかけるのが悪い。子夏は慇懃謙遜の人だったが、その弟子に田子方、またその弟子に荘子が出た。警戒がないと異端にもなる。
【通釈】
「驕」は鼻にかける意で、これが人心の病である。俺は金持ちだ、俺は歴々だと口に出して言う者はいないが、とかく鼻にかける。そこが驕である。何あいつがという気が心中にある。下衆めがと言いたがるもの。ここを警戒しなければならないというのは、気の驕りのことなので、向こうから咎めることもないからである。歴々にも慇懃な者もいるが、気は驕っているもの。町人や百姓の富家な者も口に出しては言わないが、気が高ぶる。先ずこの「富貴驕人」は誰もが知っていることで言うには及ばず、「固不善」である。しかしながら、この戒めは無学な者へのこと。近思などを読む者にもこれがあるかもしれないが、先ずは学者にはないこと。時に学者が学問を鼻にかけるのは、自分一人に見処がある様に思うからである。我が党には尚以の外のことである。「固」の字と「亦」の字を気を付けて見なさい。固よりとは誰も彼もがそうでないから言う。亦の字はない様でありそうもない処にあるから言う字である。先生株でも油断のならない。呂東萊が田子方のことを挙げて言った。子夏は慇懃謙遜な人。しかし、あまりに堅くするので我仏尊しという場があったことだろう。その弟子に田子方がいて、俺は孔子の又弟子だなどと大きなことを言う。またその弟子に荘子がいて、これが大の不埒者。騒ぎ散らかして聖人も他愛もないものの様に思う。それはあまりに器用過ぎる方から出たこと。そこで戒めがないと異端にもなる。学者が学問を鼻にかければ末はどうなるかも知れない。先輩の歴々を見なさい。鼻にかけた者は一人もいない。
【語釈】
・田子方…魏の臣。魏成子の推挙で文侯に仕え、文侯の師となるが仕官せずに助言を送った。


第十九 人以料事云々の条

人以料事爲明、便駸駸入逆詐億不信去也。
【読み】
人、事を料るを以て明と爲さば、便ち駸駸[しんしん]として詐を逆[むか]え不信を億[おも]うに入り去[ゆ]かん。
【補足】
・この条は、程氏遺書一にある。

料事は俗に云推量するのなり。大方こうであろふと云。これも此方が賢ひから大方こふでもあろふかと云のが必當る。それゆへ人も竒妙とし、我もよいと思ひ、知の明なやふに思へとも、そふではなくて其物を推量する癖がこふじて駸々として云々なり。いそく氣もなけれとも、馬に乘ると人より先になるやふに、ついそふなるを駸々と云。そろ々々物の推量が論語の語の通りよふないことになる。逆詐とはさて々々自然でないことなり。詐りてあろふと迎るなり。向はすらりとしたことを、大方此手であろふと云。億不信は、あれが頭をさげても心中にはそふはない。よくは思ふまいと云。たたい人の心中のことは知れぬもの。垩人でも漆彫開が心中はしれなんたとみゆ。此席に居る衆でもどふ云ことを思てをるか知れぬ。それをあの人のこちへ向たはこのことであろふなとと云。いらざることなり。たとへ其推量が中りても、それを明とは云はぬ。客がくれば來たと知る。そこを明日は誰がこよふと云を明とは云ぬ。集解の爰の注に周子の語を引た。よく引たぞ。今人の明と云は多は疑じゃと云へり。靣白ことなり。知れぬことをこふでもあろふと云を疑と云ぞ。文章の上でも疑らくはなどとつかふもそこなり。明にないことゆへ用る字なり。
【解説】
推量してそれが当たったとしても、知が明なわけではなく、疑である。人の心は知れないものだから、それを推量するのは不要なことである。
【通釈】
「料事」とは、俗に言う推量すること。大方こうだろうと言う。これも自分が賢いから、大方こうでもあろうかと言えば必ず当たる。それで人も奇妙と思い、自分もよいと思って、それが知の明なことの様に思うがそうではなく、物を推量する癖が高じて「駸々云々」なのである。急ぐ気がなくても馬に乗ると人より先になる様に、ついそうなるのを駸々と言う。段々と物を推量するのが論語の語の通りによくないことになる。「逆詐」とは全く自然でないこと。詐りであってもそれを迎える。向こうはすらりとしたことなのに、大方この手のことだろうと言う。「億不信」は、あいつは頭を下げても心中はそうでない、よくは思っていないだろうと言う。そもそも人の心中のことはわからないもの。聖人でも漆雕開の心中はわからなかったものと見える。この席にいる衆も、どういうことを思っているのかは知れない。それをあの人がこちらへ来たのはこのためだろうなどと言うが、それは不要なこと。たとえその推量が当たったとしても、それを明とは言わない。客が来れば来たと知る。そこを、明日は誰が来るだろうと言うのは明とは言わない。集解でここの注に周子の語を引いたが、よく引いた。今人が明と言うが、その多くは疑いだと言った。これが面白い。知れないことをこうだろうと言うのを疑と言う。文章の上で疑うらくはなどと使うのもこれ。明でないから用いる字である。
【語釈】
・論語の語…論語憲問33。「子曰、不逆詐、不億不信。抑亦先覺者、是賢乎」。
・漆彫開が心中…論語公冶長6。「子使漆雕開仕。對曰、吾斯之未能信。子説」。


第二十 人於外物奉身云々条

人於外物奉身者、事事要好。只有自家一箇身與心、卻不要好。苟得外面物好時、卻不知道自家身與心、卻已先不好了也。
【読み】
人は外物もて身を奉ずる者に於て、事事に好きを要む。只自家の一箇の身と心と有るに、卻って好きを要めず。苟も外面の物の好きを得し時は、卻って自家の身と心と、卻って已に先ず好からざるを知道せざるなり。
【補足】
・この条は、程氏遺書一にある。

何によらず心の外なことは皆外物なり。此奉身と云が人々のすきなことなり。衣服飲食、ぬかをかむやふな飯もあれは、上白の舂秡きて湯とり飯と云やふな黑白の違い、衣服もそれなり。羽二重の裏の付た着物もあれは布木綿の素衣服もある。大ふあたりの違ふものなり。からだへのあたりのよいにあきはないものなり。人有身必私するの理ありぞ。よいのを好むも余義もないことにして、さてと語勢をきりかへて、若しそれを好むならは其序に我が此心を身をもよくするがよい筈。ささいなことまで善い方にしたがるにしては一つきこへぬことある。そこで、そりゃ心そりゃ身と出してをいて、なせに外物と肉はかりを大切にして、なせに心身をは踈畧にするぞ。障子の切りばりをばするが、なぜに心の掃地をばせぬぞときめることなり。又其上に外物の身に奉ずる処が事々よいやふにとするは心のかまいもないやふじゃが、はて結搆なものをと目を付てあれをほしいと思ふ度毎に心はわるくなる。よいものがほしい、やれもほしひと云処へこちへくると、やれうれしやとそれを馳走する方から心はらりになる。身と心のわるくなるは人の靣に墨の付たやふには見へぬが、已に先不好云々でとふからなり。
【解説】
「人於外物奉身者、事事要好。只有自家一箇身與心、卻不要好」の説明。人は、外物はよいものを好むが、心身は粗略にする。欲しいと思っている外物を得るとそれを嬉しいと感じる。それで心は台無しになる。
【通釈】
何に限らず心の外のことは皆外物である。この「奉身」というのが人々の好きなこと。衣服飲食などにも糠を噛む様な飯もあれば、上白の舂き抜いて湯取り飯という様な黒白の違いがある。衣服も同じである。羽二重の裏の付いた着物もあれば布木綿の素衣服もある。大分当たりは違うもの。体への当たりのよいものに飽きはない。「人有身便有私之理」である。よいものを好むのも余儀もないことだが、さて、と語勢を切り替えて、もしもそれを好むのであればそのついでに自分のこの心や身をもよくするのがよい筈だと言った。瑣細なことまでよい方にしたがるにしては一つ不確かなことがある。そこで、心と身とを出して置いて、何故外物と肉ばかりを大切にして心身を疎略にするのかと言った。障子の切り貼りはするが、何故心の掃除をしないのかと決めたのである。またその上、外物の身に奉ずる処が事々よい様にとするのは心と関係がない様だが、結構なものをと目を付けてあれを欲しいと思う度に心は悪くなる。よいものが欲しい、あれも欲しいと言う処でそれがこちらへ来ると、実に嬉しいことだと思う。それを馳走する方から心は台無しになる。身と心が悪くなるのは人の面に墨が付いた様には見えないが、先ずは「不好云々」から既にそうなっている。
【語釈】
・人有身必私するの理あり…克己22。「伊川先生曰、大抵人有身、便有自私之理。宜其與道難一」。

不知道と云か、なさけないことにはそれに氣がつかぬ。孔子の公子荊を善居室と御褒なり。料理人か立波に料っても只好し々々と云はかりてははりあいもないやふなこと。劉屏山以来劉平父の庭は人も見にくるほどのことなり。園雖好心則荒と朱子の御訶なり。訓門人にあり。英雄有蕞爾之好て、さりとは似合はぬと云があるもの。太閤などの茶の湯もあまり似合ぬやふぞ。英雄でも細瑣なことにどみるもの。心のわるくなる処は同じことなり。学者も見識は高くても、ひょっとした外物になると女子のかんざしをせせりまわすと同し類なことがあるものなり。石原先生云へり。人間の世の中に居るは帆掛舟に乘てずう々々と行くやふに卑ひことじゃ。それに外物をうれしがるは通りがけの舟中で、向の林の松を手を入て枝ぶりをなをしたらよかろふと云ふ様なものとなり。こふきけば大ふたはけなことなり。人間世にをるわつかの間に三才と並ふ大切の心をらりにして奉身こと計して居てはすまぬものなり。某抔の爰をよむはうそをよむのじゃ。うそをよむと云て尚明道の思召がしるる。
【解説】
「苟得外面物好時、卻不知道自家身與心、卻已先不好了也」の説明。心が悪くなる処は英雄も学者も同じである。三才と並ぶことのできる心を台無しにして、奉身のことばかりをしているのは悪い。
【通釈】
「不知道」とは言っても、情けないことにはそれに気が付かない。孔子が公子荊を「善居室」と褒めた。それは、料理人が立派に料っても、ただ好しと言うだけでは張り合いがない様なこと。劉屏山以来劉平父の庭は人も見に来るほどだったが、「園雖好心則荒」と朱子が訶った。訓門人にある。「英雄有蕞爾之好」で、これはまた似合わないということがあるもの。太閤などの茶の湯もあまり似合わない。英雄でも瑣細なことで澱むもので、心が悪くなる処は同じである。学者も見識が高くても、一寸した外物となると女子が簪を弄ぶのと同じ類のことがあるもの。石原先生が、人間が世の中にいるのは帆掛け舟に乗ってずんずんと行く様に卑いこと。それなのに外物を嬉しがるのは、通りがけの舟中で、向こうの林の松に手を入て枝振りを直したらよいだろうと言う様なものだと言った。この様に聞けば大いに戯けたことである。人間が世にいる僅かの間に三才と並ぶ様な大切な心を台無しにして、奉身のことばかりをしていては済まない。私などがここを読むのは嘘を読むもの。嘘を読むと言うので尚明道の思し召しが知れる。
【語釈】
・孔子の公子荊を善居室…論語子路8。「子謂衞公子荊、善居室。始有、曰、苟合矣。少有、曰、苟完矣。富有、曰、苟美矣」。
・園雖好心則荒…
・英雄有蕞爾之好…


第二十一 人於天理昏者の条

人於天理昏者、是只爲嗜欲亂著他。莊子言、其嗜欲深者、其天機淺。此言卻最是。
【読み】
人の天理に於て昏き者は、是れ只嗜欲の他[かれ]を亂著するが爲なり。莊子言う、其の嗜欲深き者は、其の天機淺し、と。此の言は卻って最も是なり。
【補足】
・この条は、程氏遺書二上にある。「其耆欲深者,其天機淺」は荘子内篇大宗師の語。

天理は上の方のもの。其天理は我仁義礼智にて、我に備ってある。仁義礼智かすくに天理そ。天理と云て、天文の様に上をみることてはない。我心にあることなり。心にそなわってあるから明な筈なれとも、兎角天理に昏ひ。昏ひと云ても眞のやみと云やふではない。昏と云ははづみのわるいことなり。忠孝の話を聞てもはづみがわるい。それもこれも嗜欲乱著他なり。天理と殊の外あいさつのわるいものは私欲なり。私欲が亭主に成てをるから天理か來ぬ。とは思へともと云が私欲なり。精進日にもうよかろふとて肴を食ふ。皆私欲のすることなり。迂斎の、伯夷叔齋のことを聞て感心せぬものはないが、それからあとは國をゆづる処ではなく、一両二両のことにさわくと云へり。
【解説】
「人於天理昏者、是只爲嗜欲亂著他」の説明。天理とは仁義礼智であり、自分の心に備わったもの。それなのに天理に昏いと言うのは、私欲があるからである。天理と私欲は一緒にはいない。
【通釈】
天理は上の方のもの。その天理は自分の仁義礼智であって、自分に備わってある。仁義礼智が直に天理である。天理と言っても天文の様に上を見ることではなく、自分の心にあること。心に備わってあるのだから明な筈なのだが、とかく天理に昏い。昏いと言っても真の闇という様なことではない。昏とは弾みの悪いこと。忠孝の話を聞いても弾みが悪い。それもこれも「嗜欲乱著他」だからである。天理と殊の外仲の悪いのは私欲である。私欲が亭主になっているから天理が来ない。とは思えどもというのが私欲である。精進日にもうよいだろうと言って肴を食う。それは皆私欲のすること。迂斎が、伯夷叔斉のことを聞いて感心しない者はいないが、それから後は国を譲る処ではなく、一両二両のことに騒ぐと言った。

荘子も悪ひことを云やつなり。今学者が荘子に出合とたまらぬ。異端なれともよく云たぞ。荘子ほどに云たものはない。嗜欲も通例なはまだしもなれども、其中に深いのがある。好色の筋から酒などでもあまり過るのがあるそ。そこを垩学からは不埒不届と訶る処を天機淺しとなり。人間の天から拝領の生きて働く処を天機と云。天理なれは行住座臥、とんとすらりとしてよいが、欲が深けれはうごきがとれぬ。鴬のひょい々々々とする処、犬のかける、鷄の彷徨躑躅する処、なんてもすら々々したことなり。それも煩ふと、鴬も腹をふくらし犬も腹がふくれて動がとれぬ。人も人欲が病氣なり。なにやら物案しすがたでみぐるしいありさまて、あちこちを思処は欲にからめられて頭痛もせぬに頭痛のするやふなり。此言却最是と却の字をみよ。荘子なとは程子からは他人あしらいにするからそ。却はたんてきをして云ふ故なり。こふも云はるるものか、きめ処をよくきめたとなり。迂斎一口に云へり。つまる処心の中風したのじゃとなり。中風すると箸もとられぬ。あるくこともならぬ。人欲は心の中風そ。桀紂幽王を始め今の学者迠誠意正心の功夫せぬ中は皆此窟はのかれぬ。もちのついた鳥のやうなり。はづまぬなり。
【解説】
「莊子言、其嗜欲深者、其天機淺。此言卻最是」の説明。天理によれば動きのよいものとなる筈だが、欲が深いので動きがとれない。人欲が人の病気である。
【通釈】
荘子も悪いことを言う奴である。今の学者が荘子に出合うと堪らない。異端だがここはよく言った。荘子ほどに言った者はいない。嗜欲も通例であればまだしも、その中に深いものがある。好色の筋から酒などでもあまりに過ぎるものがある。そこを聖学では不埒不届きと訶る処を「天機浅」と言った。人間の天から拝領した生きて働く処を天機と言う。天理だから行住座臥が実にすらりとしてよい筈だが、欲が深ければ動きがとれない。鴬のひょいひょいとする処、犬の駆ける処、鶏の彷徨躑躅する処、何でもすらすらとしたこと。それも煩うと鴬も腹を膨らし犬も腹が膨れて動きがとれない。人も人欲が病気となる。何やら物案じ姿で見苦しい有様で、あちこち思うのは欲に絡められてのことであって、それは頭痛でもないのに頭痛がする様なこと。「此言却最是」の却の字を見なさい。程子にすれば、荘子などは他人あしらいにする者だからこの様に言ったのである。却とは端的、推して言ったのある。こうも言えるものか、決め処をよく決めたと言ったのである。迂斎が一口に言った。詰まる処、心が中風したのだ、と。中風すると箸もとることができない。歩くこともできない。人欲は心の中風である。桀紂や幽王を始めとして今の学者までが、誠意正心の功夫をしない内は皆この窟から逃れられない。それは餅の付いた鳥の様で弾まない。
【語釈】
・躑躅…足ぶみすること。ためらうこと。躊躇。


第二十二 伊川先生閲機事条

伊川先生曰、閲機事之久、機心必生。蓋方其閲時、心必喜。既喜則如種下種子。
【読み】
伊川先生曰く、機事を閲[けみ]すること久しければ、機心必ず生ず。蓋し其の閲する時に方[あた]りて、心必ず喜べばなり。既に喜べば則ち種子を種下するが如し、と。
【補足】
・この条は、程氏遺書三にある伊川の語。

機事のあたりまへを云へは、何のことなくからくりのことなり。本それから來たことで、はてよい仕かけなと云のなり。は子つるべなどのことも云なり。骨もをれずにする処が、はてよいからくりなと云のぞ。先それをみるとさてもよい工面しゃと思ひ、久く見るとそれを見る中からこちの心までからくりになって、機心必生すなり。さて上手にしたなと思ふて竹田のからくりを見ると、内へかへりても烟艸盆を持てくる人形をほしいと云やふになる。機事機心ともに荘子にあり、さてこれを轉用して云とき、道りなりにまていなことは、それほどなことをしてそれほとな功あるもの。時に機事と云は、それほとなことをばせずにそれより大な功のあることを云。謀ことなとがこれなり。御無心ながらと云はずに向から来るやふにする。やはり老子欲奪與へよの筋て、この上手に成たが伯者なり。老子か軍者の祖師になると云も爰なり。ここを伊川の説るるのは、機事は向のもの、心はこちのものじゃから何ともない筈なれども、機事を見る中に偖も面白と喜んで、こちが機心になる。をとなはまだしもなれども、小児は祭や角力を見るとあとでま子る。あれと同じことなり。このやふに拔ぬ太刀の功名と云やふなことをすると、あとはかぎりもないこと。如種下種子。そこなり。たまさかなことの機事なれども、何も角も皆機事になる。上手ものと云がこれなり。一大事ならば聞へたに、小児迠をもだましてみるやふになる。謀ことのすきなものはささいなこと迠其手が出る。そこが機心を種子のたとへもそこなり。下女下男を使ふにも彼手が出る。そふせずとすむことに手をやる。種からはへて機心が出るなり。煮花をしてをいたと云と嬉かり働くぞ。仁ではない。
【解説】
「機事」はからくりである。道理の通りであれば、働いた分だけの功があるが、「機事」だと働いた分以上の功となる。「機事」をよいと思っていると「機心」が生じる。謀などがこれであって、それでは仁ではない。
【通釈】
「機事」を普通に言えば、大したことではなく、からくりのこと。本はそれから来たことで、実によい仕掛けだということ。撥釣瓶などのこともその様に言う。骨も折れずにする処が、実によいからくりだと言うのである。先ずそれを見ると本当によい工面だと思い、長く見ているとそれを見ている内にこちらの心までがからくりになって、「機心必生」となる。本当に上手に動くものだと思って竹田のからくりを見ていると、家に帰っても煙草盆を持って来る人形を欲しいという様になる。機事と機心は共に荘子にあり、さてこれを転用して言えば、道理の通りで真面なことはそれだけのことをしてそれだけの功があるもの。時に機事というのはそれだけのことをしないでそれより大きな功のあることを言う。謀などがこれ。無心でとは言わずに向こうから来る様にする。やはり老子の「欲奪与」の筋で、これを上手にして成ったのが伯者である。老子が軍者の祖師になると言うのもここからである。ここを伊川の説かれたのは、機事は向こうのもの、心はこちらのものだから何ともない筈なのだが、機事を見る内に実に面白いと喜んで、こちらに機心が生じるからである。大人はまだしも小児は祭や角力を見ると後で真似る。あれと同じこと。この様な抜かぬ太刀の功名という様なことをすると、あとは限りもなくなる。「如種下種子」。ここが重要である。偶々の機事で何もかもが皆機事になる。上手者がこれである。一大事であればわかるが、小児までをも騙す様になる。謀の好きな者は瑣細なことにまでその手が出る。機心を種子にたとえたのもそこ。下女や下男を使うのにもその手が出る。そうしなくても済むことに手を遣る。種から生えて機心が出る。煮花を作って置いたと言うと嬉しがって働くが、それは仁ではない。
【語釈】
・竹田のからくり…江戸寛文二年(1662)に竹田近江が大坂道頓堀でからくり人形芝居の旗揚げ興行をした。竹田からくり。
・機事機心…荘子天地篇。「吾聞之吾師。有機械者、必有機事。有機事者、必有機心。機心存於胸中、則純白不備。純白不備、則神生不定。神生不定者、道之所不載也。吾非不知。羞而不為也」。
・欲奪與へよ…老子道経微明。「將欲翕之、必故張之。將欲弱之、必故強之。將欲癈之、必固興之。將欲奪之、必固與之。是謂微明。柔弱勝剛強。魚不可脫於淵。國有利器、不可示人」。
・拔ぬ太刀の功名…刀を抜いて闘ってもいないのに手柄を立て名声を得ることから転じて、①口先だけで立派なことばかり言って腕を見せたことがない者をあざけること②我慢して耐えている方が結果としてよいこともあるということをいう。
・上手もの…如才なく交際する人。世辞のよい人。
・煮花…煎じたての香味のある茶。


第二十三 疑病者未有事至条

疑病者、未有事至時、先有疑端在心。周羅事者、先有周事之端在心。皆病也。
【読み】
疑病ある者は、未だ事の至ること有らざる時に、先ず疑端の心に在る有り。事を周羅する者は、先ず事を周する端の心に在る有り。皆病なり。
【補足】
・この条は、程氏遺書三にある伊川の語。

疑と云に根のないことはないと云を吟味することなり。ふい々々と出るものではない。凡この事はわるいと知て警戒すれはよし。学者にはないやふな苟のことなれとも、さうないものなりとするか警戒。何事も根のあるものゆへ警戒して一端直りても又跡から出るもの。それは根をぬかぬからのことなり。疑病の病いはわるいくるみ大服中不埒もののやりはなしものにはない。これが多く丁寧なものにある病そ。だけれとも一片に堅くそふ心得ることてはない。やりばなしもの道落者にも若ひ盛なときにはないが、年寄になるとずんと丁寧なことが出るもの。油断もすきまもならぬことなり。我癪はごさらぬと云ても、いつ出来やふもしれぬ。ここを踏だらあそこがをちやふと云やうに、かれやこれやとするを疑病むと云。季文子などがこれなり。あまり疑がすぎる。病人の処へ生ま干のきすをやりたけれとも、若し死だ処へ持行てはつまらぬと疑ふ。事のこぬ前にまず首をひ子るものを持て居る。医者にも判断のない疑ひ深医者があるもの。病人で六ヶ鋪考へるてはなく、見ぬ前からそふ云ものを持て居る。迂斎の、心に浩然の氣のふっていなからをこるとなり。浩然と云はあともさきもなくずふと道理なりに快活なことなり。人が我名を呼へば答る様なことなり。そこを答へずにをるは心に疑病なり。御宿かなと云に左様と云へばよけれとも、納戸へかけ込で留主をつこふは疑の端があるからなり。周羅は物をうけこんでもってこいと云のなり。佛者の云周羅とは違ふ。俗語なり。迂斎の、今云ものにかかりと云のじゃ、と。何ても請込むと云のなり。私も閙しくてならぬと云。頼まれぬ前からあちこちする。喧嘩のない前から裁断人になろふとする。垩人は當然を尊ぶ。疑の端だの周羅だのと云ことはない。太皷を打つと火消がかけ出すは當然。疑はない。万事みなこれぞ。あじな氣味のわるいことはない。然れは當然でないことは本のことでないと警戒することなり。
【解説】
「疑病」は疑が過ぎる病で、丁寧な者にこれがある。迂斎は浩然の気がないからこれが起きると言った。浩然は道理の通りである。「周羅」とは何でも請け込むことで、頼まれてもいないのにあれこれとする。聖人は当然を尊ぶ。当然でないことは本物ではないと警戒しなければならない。
【通釈】
ここは、「疑」というものに根のないことはないということを吟味するのである。わけもなく出るものではない。凡そこの事は悪いと知って警戒すればよい。学者にはない筈のことだが、そうでもないものだと言うのが警戒である。何事も根のあるものなので、警戒して一旦は直っても、また後から出るもの。それは根を抜かないからである。「疑病」の病は悪いとは言うものの、大腹中や不埒な遣りっ放し者にはない。これが多く丁寧な者にある病である。しかしながら、一偏に堅くその様に心得ることではない。遣りっ放し者や道楽者も若い盛んな時にはないが、年寄りになるとかなり丁寧なことが出るもので、油断も隙もならない。私に癪はありませんと言っても、いつできるかも知れない。ここを踏んだらあそこが落ちるだろうと言う様に、かれこれとするのを「疑病」と言う。季文子などがこれ。あまりに疑が過ぎる。病人の処へ生干しのきすを遣りたいが、もしも死んだ処へ持って行っては悪いと疑う。事の来る前に先ず首を捻るものを持っている。医者にも判断のない疑い深い医者がいるもの。病人を見てから難しく考えるのではなく、見る前からそういうものを持っている。迂斎が、それは浩然の気が心に払底なところから起こると言った。浩然とは後も先もなくすっかりと道理の通りに快活なこと。人が自分の名を呼べば答える様なこと。そこを答えずにいるのは心に疑病である。居るかなと聞かれれば、左様と言えばよいのに、納戸へ駆け込んで居留守を使うのは「疑端」があるからである。「周羅」は物を請け込んで持って来いということで、仏者の言う周羅とは違う。これは俗語である。迂斎が、今言う物に掛かりと言うことだと言った。何でも請け込むということ。私も忙しくてならないと言う。頼まれる前からあちこちする。喧嘩のない時から裁断人になろうとする。聖人は当然を尊ぶ。疑の端だの周羅だのということはない。太鼓を打つと火消しが駆け出すのは当然で、疑はない。万事が皆これで、悪い気味はない。そこで、当然でないことは本物ではないと警戒しなければならない。
【語釈】
・季文子…論語公冶長20。「季文子三思而後行。子聞之曰、再、斯可矣」。


第廿四 較事大小云々の条

較事大小、其弊爲枉尺直尋之病。
【読み】
事の大小を較ぶれば、其の弊は尺を枉げて尋を直くする病と爲る。
【補足】
・この条は、程氏遺書三にある伊川の語。「枉尺直尋」は孟子滕文公章句下1にある語。

事には大小と云ことあって、天地自然のなりぞ。病でも癰疔の出来たと子ぶとの出来たとは違ふ。身上にも大小ある。それはありうちのことなれとも、それを較るがわるい。勢を見て天理を次にする。自然に大小はあっても較るのわるいと云のは、金銀のことでもついへなこともまづこの位なことはよいと云になる。又不義をしてはすまぬが、これほどなことは不義をしてもよいと云になる。較り々々するとつい其較るがわるい方へ出る。一尺ほどなことは枉ても、其かわりに尋を直ると云。これが大ふ心術の害になることなり。子路と管仲を出して云もそこなり。子路は魂を大切にする人なり。たけれとも何も天下への功もない。管仲は功の処は孔子も御褒の通りぞ。功はあってもたましひにはかまはぬ。そこで曽西が艴然として怒られた。子路に比したれば、我先子之所畏と云へり。方孝儒が降参せぬを見て明の成祖が八百人を殺された。喩ひ八百人を殺されても、道理の方がするどいから事の大小を見ぬ。大小と云にこれほどなことはない。一人降参すれば八百人たすかる。だけれともせぬ。
【解説】
事に大小があるのは天地自然の姿であって、それを較べるのが悪い。較べると「枉尺直尋」で、少々であれば悪いことをしてもよいと思う様になって心術を害す。
【通釈】
事には大小ということがあって、それが天地自然の姿である。病でも癰疔と根太とは違う。身上にも大小がある。それはよくあることだが、それを較べるのが悪い。勢いを第一に見て天理を次にする。自然に大小はあっても較べるのが悪いと言うのは、金銀のことで言えば、浪費をするにも先ずはこの位のことはよいと言う様になり、また不義をするのは悪いことだが、これほどのことは不義をしてもよいと言う様になるからである。較べてばかりいると、その較べることがつい悪い方へ出る。一尺ほどのことは枉げてもその代わりに尋を直くすると言う。これが大いに心術の害になる。子路と管仲を出して言うのもそこ。子路は魂を大切にする人だが天下への功は何もない。管仲は功の処は孔子も御褒めの通りである。しかし功はあっても魂には構わない。そこで曾西が艴然として怒られた。また、子路と比べられると「吾先子之所畏」と言った。方孝儒が降参しないのを見て明の成祖は八百人を殺した。たとえ八百人を殺されても道理の方が鋭いから事の大小を見ない。大小にこれほどのことはない。一人が降参すれば八百人が助かる。しかし、それをしなかった。
【語釈】
・癰…皮膚や皮下組織に生ずる急性化膿性炎症。隣接する多数の毛包・皮脂腺などが化膿菌に侵されたもので、癤の集合したもの。局所に多くの膿栓を生じ、周辺から腫脹して赤色を呈する。痛みが激しくて、悪化すると死に至ることがある。項・背・顔などによくできる。
・疔…皮膚の皮脂腺または汗腺などから、化膿菌、殊に葡萄球菌が侵入することによって皮膚の深部および皮下結合組織中に生ずる炎症巣。激痛を感じ、膿を生ずる。顔面に生ずるものを面疔という。
・子ぶと…根太。癰の一種。背部・大腿部・臀部などの脂肪の多い部分に生ずる腫れ物。皮膚が赤くはれて硬く、中心が化膿して痛みがひどい。癤。
・ありうち…有り内。世の中によくあること。ありがち。
・尋…八尺。
・孔子も御褒…論語憲問17。「子曰、桓公九合諸侯、不以兵車。管仲之力也。如其仁。如其仁」。その他、憲問10、憲問18でも管仲の功を褒めている。
・艴然…孟子公孫丑章句上1集註。「艴、怒色也」。
・我先子之所畏…孟子公孫丑章句上1。「或問乎曾西曰、吾子與子路孰賢。曾西蹵然曰、吾先子之所畏也。曰、然則吾子與管仲孰賢。曾西艴然不悅、曰、爾何曾比予於管仲。管仲得君、如彼其專也。行乎國政、如彼其久也。功烈、如彼其卑也。爾何曾比予於是」。
・方孝儒…明初の儒者。字は希直・希古。号は正学・遜志。浙江寧海の人。恵帝の侍講。燕王棣(後の成祖)に攻められて恵帝は自焚、孝孺も捕えられ、服従を迫られたが、「燕賊簒位」と大書し、処刑。著「遜志斎集」「方正学先生集」など。1357~1402
・成祖…明朝の第三代永楽帝の廟号。

そこで大小と云も、学者の云大小と俗人の云大小とは大きく違ふことなり。家道に餓死は小、失節は大とある。これが伊川の思召しそ。爰へ郷原德賊と孔子の仰られたを引てみよ。これらは大切なことぞ。すいぶん丁寧に筆記せよ。某などが死ぬとこんなことを云ふものはない。此条を郷原德之賊とみるで無ふては親切にない。たた伯者を訶ることばかりてないなり。郷原はをとなしひものを丸める人なり。たたい道理は丸く治めるてよいこともあり、四角に角とあることもある処を、いつも丸くして人情利害にかかわりて彼やこれやとする。そこを德の賊と云。ここが大小のあやぞ。多田東渓鳩巣先生なとが再嫁の説を作る。みな大小を較たものなり。伊川は死なば死次第と云はるる。そこを眞儒と云ぞ。凡郷原はそこを丸くする。これも警戒になる筈なり。学者も若ひときは角があっても、年もより弟子でも出来ると丸くなる。山﨑先生神代證に、あまり丸きはころびやすきそと云哥あり。警戒に親切なり。
【解説】
学者の言う大小と俗人の言う大小とは大きく違う。郷原がいつも人情利害に関わってあれこれと丸くするのは大小を較べてのことである。
【通釈】
そこで大小と言っても、学者の言う大小と俗人の言う大小とは大きく違うのである。家道に餓死は小、失節は大とあり、これが伊川の思し召しである。ここへ「郷原徳賊」と孔子の仰せられたことを引いて見なさい。これ等は大切なことだから、大層丁寧に筆記しなさい。私などが死ねばこんなことを言う者はいない。この条を郷原徳之賊と見るのでなくては親切でない。ただ伯者を訶ることばかりではない。郷原は大人しくものを丸める人のこと。そもそも道理は丸く治めてよいこともあり、四角に角があるのでよいこともあるのだが、いつも丸くして人情利害に関わってあれこれする。そこを徳の賊と言う。ここが大小の綾である。多田東渓や室鳩巣先生などが再嫁の説を作ったが、それ等は皆大小を較べたもの。伊川は死ぬのも死次第と言われた。そこを真儒と言う。郷原はそこを全て丸くする。これも警戒になる筈。学者も若い時は角があっても、年も寄り弟子でもできると丸くなる。山崎先生の神代證に、あまり丸きは転びやすきぞという歌がある。警戒に親切である。
【語釈】
・餓死は小、失節は大…家道13。「然餓死事極小、失節事極大」。
・郷原德之賊…論語陽貨13。「子曰、郷原、德之賊也」。
・多田東渓…名は儀。字は維則。通称は儀八郎。平安の人。迂斎の推薦で館林侯に仕える。三宅尚斎門下。1702~1764


第廿五 小人小丈夫の条

小人・小丈夫、不合小了他。本不是惡。
【読み】
小人・小丈夫は、合[まさ]に他[かれ]を小とすべからず。本是れ惡ならざるなり。
【補足】
・この条は、程氏遺書六にある。

此条は集解が取そこなふた。次でに云ことじゃが、山﨑先生の近思の注をぬかれたは一体が近思の注ならぬと見たなり。文義が皆迠悪ひから拔たやふに初心な中は思ふものなり。そふではない。却てわるいのはたまさかなり。但し此条はあししと迂斎も云へり。集解が取違へぞ。此条の大意は心得違ひの出来ることを戒たもの。小人小丈夫は挌式について云ことなり。小人は中間小者と云やふなもの。小丈夫は役に立ず取るに足らぬやすい男と云のなり。それを兎角何でもないもののやふにするがわるい。これが大ふ警戒になることなり。近思もまうこれ迠に教学迠につめて、爰に警戒のあるがきこへた。役に立ずじゃとても小にすることはない。耳目鼻口もあり仁義礼智もある。それを小にするは了簡違ひなり。昨日思ひついたことじゃが貞任に梅の花を見せたも小に了る処なり。東夷人と思ふてついあげ足をとられた。又昔から江戸へ冬になると信濃ものと云て小やろふが奉公に出る。武士もかかへ、町人多くはかかへるが、成程不調法な奴ともなれども、だと云てあまり下さげに云ことはない筈ぞ。前にためして見るに、彼信濃者江戸朋軰になぐさまれ首[あたま]も上らぬが、中には我はやはり向をたわけと見てをるもあるなり。これにて合点すべし。高くくくりて安くした処が他本不是悪なり。小人小丈夫も悪てはない。彼も同し人間。それを軽するは此方の不調法そ。役人の上ても無口な人は働きないやふに見へ、人も軽く思てをれとも、内へ帰ての評判は隨分尤なことを云。不是悪なり。得手学者にあること。人を軽視するなり。警戒のないのなり。
【解説】
小人や小丈夫も仁義礼智を持った同じ人間であって悪ではない。それを軽んじるのは了簡違いである。人を軽視するのは警戒がないからである。
【通釈】
この条は集解が取り損なった。ついでに言うが、山崎先生が近思の注を抜かれたのは全体が近思の注にならないと見たからである。文義が皆悪いから抜いた様に初心な内は思うものだが、そうではない。却って悪いのは希である。但し、この条は悪いと迂斎も言った。集解が取り違えている。この条の大意は心得違いのできることを戒めたもの。「小人小丈夫」は格式で言うこと。小人は中間や小者という様な者。小丈夫は役に立たず、取るに足りない安い男ということ。それをとかく何でもない者の様に思うのが悪い。これが大いに警戒になること。これまでにもう近思も教学まで詰めた上で、ここに警戒のあるのがよくわかる。役に立たないと言っても小にすることはない。耳目鼻口もあり仁義礼智もある。それを小にするのは了簡違いである。昨日思い付いたことだが、宗任に梅の花を見せたのも小に了る処である。東夷人と思ってつい揚げ足を取られた。また昔から江戸へ冬になると信濃者と言う小野郎が奉公に出て来る。武士もそれを抱え、町人の多くもそれを抱えるが、なるほど不調法な奴共だが、それでもあまりに卑下して言うことはない筈。前に試して見ると、あの信濃者は江戸の朋輩にからかわれ、頭も上がらないが、中にはやはり相手を戯けと見ている者もいる。これで合点しなさい。高を括って安くしても「他本不是悪」。小人や小丈夫も悪ではない。彼も同じ人間で、それを軽んじるのはこちらの不調法である。役人の上でも無口な人は働きがない様に見え、人も彼を軽く思うが、家へ帰っての取り捌きでは随分尤もなことを言う者もいる。「不是悪」である。これが猿学者にあることで、人を軽視する。それは警戒がないのである。
【語釈】
・貞任…安倍貞任。平安中期の豪族。頼時の子。宗任の兄。厨川次郎と称す。前九年の役で源頼義・義家と戦い、厨川柵で敗死。1019~1062
・梅の花…前九年の役の後、頼義に降伏し京に捕らえられて来た宗任を無雅の東夷と侮った公卿が、梅の花を見せてこれは何かと訊ねると、「わが国の梅の花とは見つれども大宮人は何といふらん」と和歌で答えた。宗任は貞任の弟。


第廿六 雖公天下事の条

雖公天下事、若用私意爲之、便是私。
【読み】
天下に公なる事と雖も、若し私意を用いて之を爲さば、便ち是れ私なり。
【補足】
・この条は、程氏遺書五にある。

此義に於ては十分よかろふと思ふことに私がある。事上には少も私なく、利害にかかわらず、道理なりをしてもゆるされぬことかある。若用私意云々なり。少の細工が出ると直に私なり。たとへは学者て云をふなら、どうそ人に学問をさせたいと云やふなもの。大ふ公けなことなり。それを私意が手傳て弟子のふえるを喜ぶ筋にをちるなり。学を倡へる、はやぎりもないことなり。君たる身で行ふとするにさへ、其行ひてが先功夫か入る。其行ひ手は彼古之明明德於天下云々て、そふした心からは先致知挌物をせ子はならぬ。此からでなくては、私なれは其人かすけない。凡民之俊秀で、其俊秀は三代の時分ても數とりにするほど。外はない。そこてつい今浪人儒者が此方へころけてくる処て学問の世話と出た処が、多くは大学を切り刻んでする。これ私なり。迂斎の明其道不謀其切正其義不謀其利の二句を引れた。董仲舒の此語は、学問がはやらずともよいと云ことと合点すべし。そこでまけてかかるがよくない。本んの大学の通りまけぬが道学の任なり。これらは知見の警戒ぞ。知見が足ら子ば私意になる。中庸廿七章の私欲と云字、私意と云字の出てあるをみよ。私欲は行について云、私意は知見に付て云。私意と云は温公の孟子を疑ふやふなもの。楊雄をはよいと思ふ。みな知見の足らぬ処なり。楊雄に頼まれもせぬに褒るは知見がない。私欲てはない。あれが皆私意ぞ。今はやる手嶋なとと云学問なとも、人をよくせふと云ことなれば公天下之事なれども、みな大学や論語に弓を引になるはまけてかかる。私なり。それを難有かるは知見の足らぬのなり。
【解説】
公で道理の通りであっても、そこに少しの私意があれば悪くなる。学者で言えば、人に学問をさせたいと言うのは公だが、弟子が増えるのを喜ぶのが悪い。学問は本来の通りに行い、それを枉げないのが道学の任である。ここは知見の警戒である。知見が足りないと私意になる。一方、私欲は行について言うこと。
【通釈】
この義にあっては十分によいだろうと思うことに「私」がある。「事上」では少しも私がないもので、利害に関わらず、道理の通りをしても許されないことがある。それは「若用私意云々」である。少しの細工が出ても直に私である。たとえば学者で言うと、どうか人に学問をさせたいと言う様なもの。それは大分公なことだが、それを私意が手伝って、弟子が増えるのを喜ぶ筋に落ちることになる。それでは学を倡[とな]えても、既に義理もない。君たる身で行おうとするにさえ、その行い方には先ず功夫が入る。その行い方はあの「古之明明徳於天下云々」で、そうした心から先ずは致知格物をしなければならないもの。これからでなくてはならず、私であればその人はすげない。その人は「凡民之俊秀」であって、その俊秀は三代の時分でも数取りをするほどだった。外にはない。そこでつい今浪人儒者がこちらへ転げて来て、学問の世話と出るが、その多くは大学を切り刻んでしているのである。これが私である。迂斎が「明其道不謀其切正其義不謀其利」の二句を引かれた。董仲舒のこの語は、学問は流行らなくてもよいということだと合点しなさい。そこで、枉げて掛かるのがよくない。本来の大学の通りで枉げないのが道学の任である。これ等は知見の警戒である。知見が足りなければ私意になる。中庸二十七章に私欲という字と私意という字が出ているのを見なさい。私欲は行に対して言い、私意は知見に対して言う。私意とは温公が孟子を疑う様なもの。楊雄をよいと思った。それは皆知見が足りない処からである。楊雄から頼まれもしないのに彼を褒めるのは知見がないからで、私欲ではない。あれは皆私意である。今流行りの手島堵庵の学問なども、人をよくしようということは公天下之事だが、大学や論語に弓を引くことをするのは皆、枉げて掛かる私である。それを有難がるのは知見が足りないのである。
【語釈】
・古之明明德於天下…大学章句1。「古之欲明明德於天下者、先治其國」。
・凡民之俊秀…大学章句序。「及其十有五年、則自天子之元子、衆子、以至公、卿、大夫、元士之適子、與凡民之俊秀、皆入大學、而教之以窮理、正心、修己、治人之道」。
・明其道不謀其切正其義不謀其利…董仲舒。「明其道不謀其切、正其義不謀其利」。
・中庸廿七章…「不以一毫私意自蔽、不以一毫私欲自累、涵泳乎其所已知」。


第廿七 做官奪人志条

做官、奪人志。
【読み】
官に做[な]るは、人の志を奪う。
【補足】
・この条は、程氏遺書一五にある伊川の語。

中間廿五年の学と云て、それから四十而始仕五十而大夫となるをみよ。もふこの年になって云をふやふもない筈じゃに、官禄がどふしたことかじゃまになる。身分か重くなり、天下の人か皆此方へ頭を下けて來る。匹夫から天下の一人になる。そこで俗人はほろを乱す。学者だけにそれはないが、あじになまけて來る。田舎ものが江戸へ出ると殊の外前とは違ふて來る。腹中まてが替るとみへて、このやふなものが食るるものかと云やふになる。これが我をわすれて本とと違てくる。それは何者に奪はれたぞと云に、富貴に奪はれたのなり。朱門の趙致道がよく云たそ。伊川の語は官禄に奪はれたことじゃか、たとひ官禄に奪はれずとも人と交り政をする上にも、つい学者の本意を失ふて人情に徇ふでござろふと云た。朱子も大ふ御褒なり。節要十六に出す。だから事毎に氣を付子はならぬ、省察するかよいと朱子答へり。学者立身したれは浪人のときより和順になりた、こなれたと云。德の熟したのが俗人になりたかとためすかよし。
【解説】
立身をすると官禄が邪魔をする。それは富貴に志を奪われるからである。学者も立身をして和順になったら、それは徳が熟したのか、俗人になったのかと省察することが必要である。
【通釈】
中間二十五年の学と言い、それから「四十而始仕五十而大夫」となるのを見なさい。もうこの年になって言い様もない筈だが、官禄がどうしたことか邪魔をする。身分が重くなり、天下の人が皆自分に頭を下げて来る。匹夫から天下の一人となる。そこで俗人は取り乱す。学者などにそれはないが、悪くなって怠け始める。田舎者が江戸へ出ると殊の外前とは違って来る。腹中までが変わると見えて、この様なものが食えるものかと言う様になる。これが我を忘れて本と違って来ること。それは何者に奪われたのかと言うと、富貴に奪われたのである。朱門の趙致道がよく言った。伊川の語は官禄に奪われたことだが、たとえ官禄に奪われなくても人と交わり政をする上でも、つい学者の本意を失って人情に従うことだろうと言った。朱子もこれを大いに褒められた。節要十六に出す。そこで事毎に気を付けなければならない、省察しなさいと朱子が答えた。学者が立身をすると浪人の時よりも和順になった、こなれたと言うが、徳が熟したのか、俗人になったのかと試しなさい。
【語釈】
・中間廿五年の学…15歳で大学に入り(大學章句序にこれがある)、40歳で出仕するので25年の学。
・四十而始仕五十而大夫…礼記曲礼上。「人生十年曰幼、學。二十曰弱、冠。三十曰壯、有室。四十曰強、而仕。五十曰艾、服官政。六十曰耆、指使。七十曰老、而傳。八十九十曰耄。七年曰悼。悼與耄、雖有罪、不加刑焉。百年曰期頤。大夫七十而致事」。


第廿八 驕是氣盈吝氣歉の条

驕是氣盈、吝是氣歉。人若吝時、於財上亦不足、於事上亦不足。凡百事皆不足、必有歉歉之色也。
【読み】
驕は是れ氣の盈てるなり、吝は是れ氣の歉[か]くるなり。人若し吝なる時は、財の上に於ても亦足らず、事の上に於ても亦足らず。凡そ百事皆足らずんば、必ず歉歉の色有るなり。
【補足】
・この条は、程氏遺書一八にある伊川の語。

論語の吟味なり。驕は氣が一はいになってをる。これは道理の上て云へばよいことて、滿天地間とある。それは道義と云根のあって満たこと。そこを浩然と云。驕は悪徳なり。人を人くさいとも思はす、先刻云通り、兎角虚氣の高ぶりなり。又其相手は吝。吝は氣のかじけなり。ちょっとしたことにもうしろをみる。朱子の偽学の禁なぞの時分、埒のあかぬ人を不吹氣と云へり。直方先生の、梅干のやふになるとなり。吝は本としわいもののことなり。ときに金を沢山したたか持て居てもあやふやする。いつも元氣かわるい。忰共につかわれてはならぬと、手がまはれば廻るほどよわみがつく。人と口をきくにも兎角口をきき得ぬ。年よっては若ひ者に隨ふかよいなとと云てをる。年よりか若いものに從ふ筈はない。若ひやつらがわるいことあらは訶りこそせふに、吝は氣か歉てをるからのことなり。それからは直方先生の云通り、八十になる親父が孫の清書紙を一牧もろふて見たり、それから耄てもすると、這ずる子の白せっこうをも取て食ふ様になる。向へものを出さぬ所か歉て不足なり。日月は滿ち切て向ふを光らす。吝は不足じゃから不断うててをる。歉々は氣のかけて我がひまにならぬこと迠に苦労をする。吝の字を人々兎角錢をつかはぬことのみを云たがるが、ひろげて云はは花見に往てもしわい。少々くもるともふ途中て傘の借り処ないから帰ろふの、もふ日が暮るそふな。とと苦労にするか吝なり。及其老戒之在得と云も爰なり。若ひとき道落ながよいてはなけれども、年寄のやふにくよ々々せぬだけ頼しいなり。吝の吟味が大切なり。晩節難保もここらにあることなり。
【解説】
「驕」は気が一杯になっていることだが、道義という根がないから悪い。「吝」とは気の悴けである。人は吝を銭を使わないことの様に思うが、それは気の欠けであって、くよくよすることも吝である。
【通釈】
これは論語の吟味である。「驕」は気が一杯になっていること。これは道理の上で言えばよいことで、「満天地間」とは、道義という根があって満ちたこと。そこを浩然と言う。しかし、驕は悪徳である。人を人臭いとも思わない。先刻言った通り、とかくそれは虚気の高ぶりである。またその相手は「吝」で、吝は気の悴けである。ちょっとしたことにも後ろを見る。偽学の禁があった時分、朱子が埒の明かない人を不吹気と言った。直方先生は梅干の様になると言った。吝は本来吝いもののこと。時に金を沢山持っていてもあたふたする。いつも元気が悪い。忰共に使われてはならないと、手を回せば回すほど弱味が付く。人と口を利くのも下手である。年が寄れば若い者に従うのがよいなどと言う。年寄りが若い者に従う筈はない。若い奴等に悪いことがあれば訶りこそする筈なのに、吝は気が欠けているからその様に言うのである。それからは直方先生の言う通り、八十になる親父が孫の清書紙を一枚貰ってみたり、それから老い耄れもすれば、這いずる子の白せっこうをも取って食う様になる。向こうへものを出さない所が欠けて不足ということ。日月は満ち切って向こうを光らす。吝は不足だから絶えずのぼせている。「歉々」は気が欠けて、自分がする必要のないことにまで苦労をする。とかく吝の字を人は銭を使わないことのみに言いたがるが、広げて言えば、花見に行っても吝い。少々曇るともう、途中で傘の借り処がないから帰ろうとか、もう日が暮れそうだと言う。つまりは苦労にするのが吝である。「及其老戒之在得」というのもここのこと。若い時には道楽がよいと言うのではないが、年寄りの様にくよくよしないだけ頼もしい。吝の吟味が大切である。「晩節難保」もここ等にあること。
【語釈】
・論語…論語泰伯11。「子曰、如有周公之才之美、使驕且吝、其餘不足觀也已」。
・滿天地間…孟子公孫丑章句上2。「敢問、何謂浩然之氣。曰、難言也。其爲氣也、至大至剛、以直養而無害、則塞于天地之閒」。
・白せっこう…
・及其老戒之在得…論語季氏7。「孔子曰、君子有三戒。少之時、血氣未定、戒之在色。及其壯也、血氣方剛、戒之在鬥。及其老也、血氣既衰、戒之在得」。
・晩節難保…「保初節易、保晩節難」。


第廿九 未知道者如醉人の条

未知道者如醉人。方其醉時、無所不至。及其醒也、莫不愧恥。人之未知學者、自視以爲無缺、及既知學、反思前日所爲、則駭且懼矣。
【読み】
未だ道を知らざる者は醉人の如し。其の醉いし時に方[あた]りては、至らざる所無し。其の醒むるに及んでや、愧恥せざる莫し。人の未だ學を知らざる者は、自ら視て以て缺[けつ]無しと爲すも、既に學を知るに及び、反って前日爲す所を思わば、則ち駭[おどろ]き且つ懼れん。
【補足】
・この条は、程氏遺書一八にある伊川の語。

如酔人は酒醉のやふなと云こと。昨晩はなにか存せぬと云。道理のわからぬ処が酔人。なるほとよこさまなことをも云ものなり。そこて、さめてみると昨日のことを耻るものなり。及既知学云々。これが武家も町人百姓も、みな才あるものはなに学問かと云へとも、書を讀て古人の書を見ると、これ迠のことか耻しくなる。前はよほとよいと思たことも、今思へば耻ヶ敷なる。一かどのことのやふに思て理屈を云たが、よく耻とも思はずに云たと目かさめてくる。駭と云字も、よくあれてわざわいもなかったとをとろくなり。寒心と云字かある。跡て考て見たときに、よくもあれてすんだとそっとする云やふなことなり。さて知の学のと云文字は大く云ふときは大きく、小さく云ときはさほど大く云はぬことなり。爰の知学と云字はあまり引あけて云ことてはない。学者から見ると、只のもののすることはをかしきものなり。知学と云は学問の風味を覚へたこと。今日吾黨の学者きまったことはなけれとも、本のことを聞て風味を覚へてをるなり。料理なとても、ちっとでも茶の湯を知ると好みが違ふもの。料理を知ら子は食へぬことをする。無学もののつまらぬことを云と同し。此条は致知の篇にあってもよいぞ。ここは醉人と云か戒めなり。学者ても道を知ら子は酔人なり。今日の何事の上へもかけて見よ。今うか々々としたらばやかて駭て且懼てあろうと戒ることなり。
【解説】
道理を知らない人は酔人の様である。前には正しいと思っていたことも、学を知ればそれが恥ずかしくなる。ここの「知学」は学問の風味を覚えたこと。
【通釈】
「如酔人」は酒酔いの様だということ。昨晩は何があったか覚えていないと言う。道理のわからない処が酔人の様である。なるほど道理に違ったことをも言うもの。そこで、醒めてみると昨日のことを恥じるもの。「及既知学云々」。これが武家も町人百姓も、皆才のある者は何学問がと言うが、書を読み古人の書を見ると、これまでのことが恥ずかしくなる。前には余程よいと思っていたことも、今思えば恥ずかしくなる。一角のことと思って理屈を言ったが、よくも恥ずかしいとも思わずに言ったと目が醒めてくる。「駭」という字も、よくあれで災いもなかったと駭くこと。寒心という字があるが、後で考えて見た時に、よくもあれで済んだとぞっとするという様なこと。さて知と学という文字は大きく言う時は大きく言うが、小さく言う時はさほど大きく言わない。ここの知学という字はあまり引き上げて言うことではない。学者から見ると凡人のすることは可笑しいもの。知学とは学問の風味を覚えたこと。今日の我が党の学者もしっかりとしてはいないが、本当のことを聞いて風味を覚えている。料理などでも、一寸でも茶の湯を知ると好みが違って来る。料理を知らなければ食えないことをする。それは、無学の者が詰まらないことを言うのと同じ。この条は致知の篇にあってもよいもの。ここは酔人と言うのが戒めとなる。学者でも道を知らなければ酔人である。今日の何事の上へも掛けて見なさい。今うかうかとすれば、やがて「駭且懼」となるだろうと戒たのである。


第三十 邢七云一日三點撿の条

邢七云、一日三點檢。明道先生曰、可哀也哉。其餘時理會甚事。蓋倣三省之説錯了。可見不曾用功。又多逐人面上説一般話。明道責之。邢曰、無可説。明道曰、無可説、便不得不説。
【読み】
邢七云う、一日に三たび點檢す、と。明道先生曰く、哀しむ可きかな。其の餘の時は甚[いか]なる事か理會する、と。蓋し三省の説に倣[なら]いて錯[あやま]れるなり。曾て功を用いざりしを見る可し。又多く人を逐いて面上に一般の話を説く。明道之を責む。邢曰く、説く可き無し、と。明道曰く、説く可き無くんば、便ち説かざるを得ざらんや、と。
【補足】
・この条は、程氏遺書一二にある。

邢七云云々。後には大悪人に成たれとも、まず此時分は省察の功夫をする心がけなり。一日に三度づつ心身を吟味する。これも余程よいことなり。処を明道のさても笑止な学ひよふじゃとなり。三度と云なれは、其余時はなにをするぞ。いかさまそふなり。中庸の謹独は前なり。戒愼乎其所不睹云々のとあって、すきまはないことじゃに、三度と云ことはない筈なり。先つ三度と云も曽子をま子たであろふとなり。三度と云へはせぬものにはましなやふなれとも、明道が見て取られた。だたいする段なれば三度な筈はない。してみれは、三度と云たのでかたから功を用ぬがしるるとなり。又多逐人靣上云々。かわった人て、人かをるとだまって居てもよいに、十人をれは一人つつに一般にそれ々々に話をする。この一般は一つこと、同ことを咄すと云とは違ふ。大工か來る、大工の話をする。屋根屋が来ると屋根の話をそれ々々にする。そこて明道か責られた。責と云も問ひ尋るきみなり。邢曰無可説。いやはや何も申ふ話もござらぬから、医者が來れば医のはなしをするとなり。そこで明道の、何と話かなくは咄さずにたまって居ることはならぬかとなり。話と云は用向あってするものなり。すてに孔門の閔子、彼人不言なり。むだに入らぬことを云ことはない。むだなことを云と心中はからになるそ。親切らしく三度點撿しても、ほんのことではないは見すかさるる。警戒すへきことなり。不義なことてなくとも話ばかりするなれば取手はなし。根はないかみへる。警戒すへきことなり。これほどに明道の教へられてもあの通りの姦臣になりた。警戒すべきことなり。
【解説】
邢七が「三点検」と言ったことや、彼が無駄な話をしているのを明道が責めた。省察は三度ということではなく、絶えずするものである。また、根のない無駄話は心を空にする。邢七は明道からこの様に教えられても姦臣となった。警戒しなければならない。
【通釈】
「邢七云云々」。後には大悪人になった者だが、先ずこの時分は省察の功夫をする心掛けがあった。一日に三度づつ心身を吟味する。これも余程よいこと。そこを明道が実に笑止な学び方だと言った。三度と言うのなら、その他の時は何をするのか。全くその通りである。中庸の「謹独」はその前のこと。「戒慎乎其所不睹云々」とあり、隙間はないのだから三度と言うことはない筈である。先ずは三度と言ったのも曾子を真似たのだろうと言った。三度と言えば何もしない者に比べればましな様だが、明道が見て取られた。そもそもこれをする段になれば三度の筈はない。三度と言う出方からして功を用いないのがわかると言った。「又多逐人面上云々」。変わった人で、人がいると話をする。黙っていてもよいのに、十人いれば一人毎に「一般」にそれぞれ話をする。この一般とは一つこと、同じことを話すということとは違う。大工が来れば大工の話をする。屋根屋が来れば屋根の話をそれぞれにする。そこで明道が責められた。責とは問い尋ねる気味である。「邢曰無可説」。いやはや何も申す話もないから、医者が来れば医の話をすると答えた。そこで明道が、何も話すことがなければ話さずに黙っていることはできないかと言った。話は用向きがあってするもの。既に孔門の閔子が「彼人不言」だった。無駄に不要なことを言うことはない。無駄なことを言うと心中は空になる。親切らしく三度点検しても、本当のことでなければ見透かされる。警戒しなければならない。不義なことでなくても話ばかりをするのであれば掴まえ所はない。根がないのが見える。警戒しなければならない。これほどに明道が教えられても、邢七はあの通りの姦臣になった。警戒しなければならない。
【語釈】
・邢七…邢恕。字は和叔。
・謹独…中庸章句1。「天命之謂性、率性之謂道、脩道之謂教。道也者、不可須臾離也。可離、非道也。是故君子戒愼乎其所不睹、恐懼乎其所不聞。莫見乎隱、莫顯乎微。故君子愼其獨也」。
・曽子…論語学而4。「曾子曰、吾日三省吾身。爲人謀而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎」。
・功を用ぬ…努力をしない。
・彼人不言…論語先進13。「魯人爲長府。閔子騫曰、仍舊貫、如之何。何必改作。子曰、夫人不言、言必有中」。