近思録巻之七筆記

出處凡三十九條  亥正月廿六日  邦直録
【語釈】
・亥…寛政3年辛亥。1791年。
・邦直…

学問も克己迠つまれば家内へ及でくる。其家内へ及ぶ処が在家必達して家内中のものがいかさま此方のはと云、親を始として妻子兄弟迠服することなり。そこで此方に天下國家を治るものを持てをるから奉公をする。そこで孔子の在國必達と云。垩人は不仕無義と云れ、隠者はどこ迠も仕へぬ。垩人は天下國家を安泰にせふとする。其出鼻が出処なり。もふ爰で出る程な学と云にきまるとあとさきなしに向を目かけて出るやふになり、そこて是迠のほ子をりがらりになる。そこでどこ迠も近く思は子ばならぬ。古今道理を明めた學者にも出處にあやまりのあるでみよ。大切なことなり。國天下へ顔を出す処で一吟味なり。ここの吟味は致知格物にあることなれとも、出鼻に此吟味と云が出處の大切なり。出るが義理か引こむが義理かと云ことゆへ、致知に當る。されとも致知は兼々何のことないときすることなり。爰は出るが義理か引込かとの吟味なり。
【解説】
家をよく治める者は、天下国家をも治めるものを持っているから奉公をする。その最初が出処である。ここの吟味は致知格物だが、致知は前もってすることであり、ここは天下国家へ顔を出るか出ないかの吟味である。
【通釈】
学問も克己まで詰まれば家内に及んで来る。その家内へ及ぶ処が「在家必達」で、家内中の者が実に彼のすることはよいと言い、親を始めとして妻子や兄弟までが服すことになる。そこで、自分に天下国家を治めるものを持っているから奉公をする。そこで、孔子は「在邦必達」と言った。聖人は「不仕無義」と言われたが、隠者は絶対に仕えない。聖人は天下国家を安泰にしようとする。その出鼻が出処である。しかし、もうここで出るほどの学だと思って後先なしに向こうを目掛けて出る様になると、それでこれまでの骨折りが台無しになる。そこで何処までも近く思わなければならない。古今道理を明にした学者にも出処に誤りがあるのを見なさい。これが大切なことで、国家天下へ顔を出す処で一吟味が必要なのである。ここの吟味は致知格物のことだが、出鼻にこの吟味をするというのが出処の大切なところ。出るのが義理か、引っ込むのが義理かということなので致知に当たる。しかしながら、致知は前もって何事もない時にすること。ここは出るのが義理か、引っ込むのが義理かと吟味をすること。
【語釈】
・在家必達…論語顔淵20。「夫達也者、質直而好義、察言而觀色、慮以下人。在邦必達、在家必達」。
・不仕無義…論語微子7。「子路曰、不仕無義。長幼之節、不可廢也。君臣之義、如之何其廢之。欲潔其身、而亂大倫。君子之仕也、行其義也。道之不行、已知之矣」。

大学ては知止が知のぎり々々なれとも、定靜安のしまいに能慮とある。知止の間に三つ程あるて、其下に能慮るとあるてみよ。爰も出る鼻の吟味なり。出處は進退の文字と同し。点を付るにもわきへ棒を引ほどなことなり。出るも道理あり、引こむも道理あり、二つなり。偖、三宅先生の、出処は二つと思ふな四つじゃ、と。偖々靣白云分なり。將出が一つ。そこは奉公をせふと出はなの処。そこて又奉公をする中のことがある處は將退と一つ。こふ云処にはをるまいと云処か將退なり。さて又引込てからがもふよいはと云ことはない。既に引込だあとが大切なり。一端きれいに云て退ても、浪人した有様がさま々々なさもしい心あれは、處の字の欠けになる。それゆへ一端の英氣で引込でも彼貧すれは鈍するの筋て、君の方へは立波なこと云ても折節金持の方へは子んごろをする。役向の方は立波ても、金持の方へは味な心になる。そこで引込ても油断はならぬ。
【解説】
出処は進退と同じで、「将出」と「将退」の二つがある。出処では、退いた後のことも大事であり、油断がならない。
【通釈】
大学では「知止」が知の至極だが、「定静安」の最後に「能慮」とある。知止との間に三つほどあって、その終りに能慮とあるのを見なさい。ここも出鼻の吟味である。出処は進退の文字と同じ。点を付けるのにも脇へ棒を引くほどのこと。出るにも道理があり、引っ込むにも道理があり、出処はこの二つである。さて、三宅先生が出処は二つと思うな、四つだと言った。本当に面白い言い分である。「将出」が一つ。そこは奉公をしようとする出鼻の処。そこでまた奉公をする中で事がある処は「将退」と一つ。この様な処にはいてはならないという処が将退である。さてまた引っ込んだからはもうよいということではない。引っ込んだ後が大切である。一端はうまく退いても、浪人した有様に様々なさもしい心があれば、処の字の欠けになる。それで、一端の英気で引っ込んでも、あの貧すれは鈍すの筋で、君の方へは立派なことを言っても折節金持の方へは懇ろをする。役向きの方では立派でも、金持の方へは味な心になる。そこで引っ込んでも油断はならない。
【語釈】
・知止…大学章句1。「知止而后有定、定而后能靜、靜而后能安、安而后能慮、慮而后能得」。

爲学の初に伊尹顔淵は大賢なりとあり、その伊尹か其君を堯舜の様にせふとする。出なり。顔子は明日食ものもなけれとも引込でをる。処なり。そこで學者も奉公するなら伊尹のやふに、浪人する、顔子のやふにすることなり。古から余程われに學力あるものか爰がたぎらぬ。道を蹈そこなふ。揚雄が、平生何こともないとき、孔子の陽虎に逢はれたとき、身を屈して道をのぶと称した。はや此魂が光らぬによって、つい王莽に仕へた。此れも最初は少とのことなり。あの和な男が玉のやふな垩人を目あてて万事垩人をま子る心ぞ。全体そこに目があかぬから悪人に仕へた。そこで朱子通鑑に莽が太夫揚雄死と書れた。揚雄と云へは学者か孔子につぐ孟子同格のやうに思へとも、通鑑には謀叛人の組下にしてある。こんなことはこはいことと思ふべし。これも近く思へはたた役に立ずのたわけのと云ことでなく、思へばこはいことなり。玉しいがたきらぬとこふなる。今の学者にこなた衆はわるく学問して謀叛人になるなよと云たら服を立ふけれとも、出処の道に暗けれはあの通りぞ。戒になることも好色の筋や名利の筋なれは皆々尤とも思へとも、謀叛人になるなと云たらば、めったなことを戒るよふに思ふそ。道理の吟味につまらぬ処あれは揚雄にてもみよ。油断のならぬと云か爰なり。そこが近思なり。
【解説】
伊尹がその君を堯舜の様にしようとしたのが「出」で、顔子が引っ込んでいたのが「処」である。ここをしっかりとしないと道を踏み損なう。揚雄でさえも間違えた。
【通釈】
為学の初条に「伊尹顔淵大賢也」とあり、伊尹がその君を堯舜の様にしようとした。これが「出」である。顔子は明日食うものもないが引っ込んでいる。これが「処」である。そこで学者も奉公するのなら伊尹の様に、浪人をするのなら顔子の様にするのである。古からよほど身に学力のある者でもここが滾らず道を踏み損なう。揚雄が、平生何事もない時に孔子が陽虎に逢われた際に、身を屈して道を信べたと称した。この様に魂が光らないから、つい王莽に仕えた。これも最初は小さなこと。あの和らな男が玉の様な聖人を目当てにして、万事聖人を真似る心がそこにある。全体そこに目が開かないから悪人に仕えた。そこで朱子が通鑑に莽の太夫揚雄死すと書かれた。揚雄と言えば孔子に継ぐ孟子同格の人の様に学者は思っているが、通鑑には謀叛人の組下にしてある。これは怖いことだと思いなさい。これも近く思えば、ただの役立たずや戯け者ということではなく、思えば怖いことである。魂が滾らないとこうなる。今の学者に貴方は悪く学問をして謀叛人になるなよと言ったら腹を立てるだろうが、出処の道に暗ければあの通りである。戒めになることも好色の筋や名利の筋であれば皆尤もだとも思うが、謀叛人になるなと言うと、滅多矢鱈なことを戒める様に思う。道理の吟味に詰まらない処があれば揚雄で判断しなさい。油断がならないと言うのがここである。そこが近思である。
【語釈】
・身を屈して道をのぶ…論語陽貨1集註。「楊氏曰、揚雄謂孔子於陽貨也、敬所不敬、爲詘身以信道。非知孔子者。蓋道外無身、身外無道。身詘矣而可以信道、吾未之信也」。

あの人に於てはと思へは大の仕落がある。なるほどこわいものなり。そこで近く思ふと云ことをここらでも切問すべきこと。浅見先生の、無學なれば主をも取違へる、と。そこて何処の家中か服を立、私ともも相応に知行をも取てをれとも主を取違へるとは偖々得其意ぬと云たれは、淺見の、されはよ、太平の世にこそ何こともなけれとも、乱世になったらどれか主かしれまいとなり。王莽は正當の謀叛人。揚雄もその上は汁を吸たのそ。淺見の靖献遺言も爰の玉しいをきめたもの。学者は家道の丸いものをしたあとて、出處と云はりのつよいものなけれはならぬ。先垩人のことは手本にならす、あてにならぬと思ふべし。此か近思の眼なり。先日の処にもある通り、垩賢以上嫌をさけることはない。學者は肱をはるかよい。壮年なときよりいくら張てもそれかそろ々々引こむものなり。そこて、浪人儒者か主をとると丸くなる。それは德のこなれたかと思へは世味經歴なり。そろそろ義理に縁を切る処なり。
【解説】
学者は、家道という丸いものの後に出処という張りの強いものがなければならない。張りは段々と弛むもの。弛むと義理と縁が切れる。
【通釈】
あの揚雄に限ってと思えば、彼に大きな仕落ちがあった。なるほど怖いものである。そこで近く思うということをここ等でも切問しなければならない。浅見先生が、無学であれば主をも取り違えると言った。そこで何処かの家中が腹を立て、私共も相応に知行をも取っているが主を取り違えるとは全くその意がわからないと言うと、浅見が、太平の世であればこそ何事もないが、乱世になったら誰が主なのか知れないだろうと言った。王莽は正当な謀叛人であり、揚雄はその上汁を吸ったのである。浅見の靖献遺言もここの魂を決めたもの。学者は、家道という丸いものをした後に出処という張りの強いものがなければならない。先ず聖人のことは手本にならず、当てにならないと思いなさい。これが近思の眼である。先日の処にもある通り、聖賢以上が嫌を避けることはない。学者は肱を張るのがよい。壮年の時からいくら張っていても、それがそろそろと引っ込むもの。そこで、浪人儒者が主を得ると丸くなる。それは徳がこなれたからかと思えば世味経歴である。それがそろそろ義理に縁を切る処である。
【語釈】
・垩賢以上嫌をさけることはない…家道12を指す。

學者もそれ々々にこれ迠してきたことも出処てしそこなふ。君臣の義には禄と云ふ付きものを用心することそ。君臣の義は天地はへぬき、父子の親のやふに天合てこそなけれ、人合と云か直に天なり。但し父子には禄がなけれは利心はない。君臣には禄と云ものある。その禄に目が付と君臣の義が暗む。又禄をとら子ば君臣でもない。丁と圖解に非有以離隂陽即阴阳而指其本体云々と不離不雜て太極を語るやふなもの。家老から足輕迠知行か給金をとることなり。その取について五尺の體か喜ふ。そこて君臣の義には利か出る。丁と胡五峯の、夫婦は天倫なれとも人か醜と云はどふなれは、夫婦にはそれて好色と云ものがついてをるとなり。君臣夫婦一理なり。手とりものは禄と好色ぞ。つい好色に乱され、つい知行俸禄に目がくれてしそこなふ。そこを明にするが出処の道なり。某か子々々近思は氣にさへられぬことと云はそこなり。氣にさへらるる、はや體が可愛くなる。そこで君臣之義がなくなる。そこで出鼻に一つ落付て吟味せ子はならぬ。爰は引込処と云にぬけかあると道理かくさる。たぎらぬなり。
【解説】
君臣の義は天地生え抜きの人合で、直に天である。これには禄に気を付けなければならない。禄に目が付くと君臣の義が暗む。また、夫婦の間では好色が悪い。君臣夫婦は一理であって、厄介なのは禄と好色である。
【通釈】
学者もそれぞれにこれまでしてきたことを出処で仕損なう。君臣の義には禄という付き物を用心しなさい。君臣の義は天地生え抜きで、父子の親の様な天合でこそないが、人合というのが直に天である。但し父子には禄がないので利心はないが、君臣には禄というものがある。その禄に目が付くと君臣の義が暗む。また禄を取らなければ君臣でもない。丁度図解で「非有離乎陰陽也即陰陽而指其本体云々」と、不離不雑で太極を語る様なもの。家老から足軽まで知行か給金を取る。その取ることについて五尺の体が喜ぶ。そこで君臣の義には利が出る。丁度、胡五峯が、夫婦は天倫だが人が醜いのはどうしてかと言うと、夫婦には好色というものが付いているからだと言うのと同じである。君臣夫婦は一理である。厄介なのは禄と好色である。つい好色に乱され、つい知行俸禄に目が暗んで仕損なう。そこを明にするのが出処の道である。私が前々から近思は気に障えられないことだと言うのはそこのこと。気に障えられると、早くも体が可愛くなる。そこで君臣の義がなくなる。そこで出鼻で一つ落ち着いて吟味しなければならない。ここは引っ込み処というところに抜けがあると道理が腐る。そこで、滾らないのである。
【語釈】
・非有以離隂陽即阴阳而指其本体云々…朱子太極図解。「非有離乎陰陽也。即陰陽而指其本體、不雜乎陰陽而爲言也」。
・胡五峯…胡宏。宋の建寧祟安(福建省)の人。字は仁仲。胡安国の末子。五峰先生と称せられる。著書『五峰集』『皇王大記』『胡子知言』~1155

學者は古今を曲尺にして道理の吟味するなれとも、心かくさるとにをいのある飯の様なり。役に立ぬそ。蔡季通黄勉斎にもをさ々々をとりのせぬ眞西山、大學衍義を作ても出處の道に吟味かかることあり。許魯斎なとも皆靖献遺言では顔はあけられぬ。出処と云は大切のことなり。つまり人々の情か引込で浪人の身となると、どこやら是迠は馬に乘て同勢をつれてあるいたときのことを思へば、今網笠かぶりて布子きてありくか辱しいゆへ、浪人かあみ笠を冠る。何故かくれるてはなく、人目をはづるのなり。この末にある語ぢゃ、今日万鐘明日飢餓。今日迠の同勢はなくなって明日は無刀になることなり。それから餓て死すとも出處の道理次第なことなり。爰の吟味かとどかぬから、日本の武張る風俗も義の方へ出れはよけれともそふはなく、百姓かをれも本は武士じゃと云よふに何のわけなく武めくか、道理のか子かない。奉公するものもこふてはない、ああではないと云てついぬらくらする。そこてしそこなふなり。爰に玉しいなけれは皆くさったのそ。出処がくされは此意の学は無になることなり。
【解説】
たとえ餓えて死ぬとしても、出処の道理次第にしなければならない。出処を誤れば学は無になる。
【通釈】
学者は古今を物差しにして道理の吟味をするものだが、心が腐ると臭いのある飯の様になる。それでは役に立たない。蔡季通や黄勉斎にも決して劣らない真西山が大学衍義を作っても、出処の道に吟味の必要なところがある。許魯斎なども皆、靖献遺言の前では顔を上げられない。出処は大切なことである。つまり人々の情で、引っ込んで浪人の身となり何処やらへ行くにも、これまでは馬に乗って同勢を連れて歩いた時のことを思うと、今編笠を被って布子を着て出歩くのが恥ずかしいので、浪人が編笠を被る。わけがあって隠れるのではなく、人目を恥じるのである。ここの末条の語に「今日万鐘明日飢餓」とある。これが、今日までの同勢はなくなって明日は無刀になること。それから餓えて死ぬとしても、それは出処の道理次第のこと。ここの吟味が届かないから、日本の武張る風俗も義の方へ出ればよいのだがそうではなく、百姓が俺も元は武士だと言う様に何のわけもなく武めく。そこに道理の物差しはない。奉公する者も、こうではない、ああではないと言ってついぬらりくらりとする。そこでし損なう。ここに魂がなければ皆腐ったのである。出処が腐れば、学は無になるというのがここの意である。
【語釈】
・蔡季通…蔡西山。名は元定。1135~1198
・黄勉斎…名は幹。字は直卿。1152~1221
・眞西山…
・許魯斎…
・同勢…同行の人々。
・今日万鐘明日飢餓…出処39。「今日萬鐘、明日棄之、今日富貴、明日飢餓」。
・武張る…強く勇ましいさまをする。


初条

伊川先生曰、賢者在下、豈可自進以求於君。苟自求之、必無能信用之理。古人之所以必待人君致敬盡禮而後往者、非欲自爲尊大。蓋其尊德樂道之心不如是、不足與有爲也。
【読み】
伊川先生曰く、賢者は下に在るとき、豈自ら進めて以て君に求む可けんや。苟も自ら之を求めば、必ず能く信用せらるるの理無からん。古人の必ず人君の敬を致し禮を盡くすを待ちて而る後に往く所以の者は、自ら尊大を爲さんと欲するに非ず。蓋し其の德を尊び道を樂しむ心是の如くならざれば、與にすること有るに足らざるなり、と。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の蒙卦彖伝の注にある。

伊川先生曰賢者在下云々。此方から進めて君に用ひられよふとすると、とんと一生の欠になる。可求やなり。商人さへせり賣一切不仕と云。尤なことなり。あるべかかりな商さへ、此方から買ぬか々々かと云とけらるる。呉服屋も引札を廻すはそろ々々衰へなり。賢者は君の為にこそなることなり。枇杷葉湯や振出藥を田舎へをくやふに賣るは役に立ぬ。伊川、古之學者為己古之仕者為人今之学者爲人今之仕者為己と云へり。伊川のいたつらを云たやふなれとも、面白ことなり。今の学者の奉公するは爲己、君の為にならぬ。禄を貪り吾身の為に仕るなり。古人とは裏はらなり。誠に此語なとは玉しいの入り易るほとな語なり。古の人と博く云ことなれとも、手短に云へは孟子なとがこれなり。不見諸侯。諸侯から呼ても行れぬ。梁惠王か卑礼厚幣して招かれたゆへ孟子も梁にゆくと朱註にあり。
【解説】
「伊川先生曰、賢者在下、豈可自進以求於君。苟自求之、必無能信用之理。古人之所以必待人君致敬盡禮而後往者、非欲自爲尊大」の説明。自分から出仕しようとするのは悪い。今の学者が奉公をするのは自分のためであって、君のためではない。禄を貪り我が身のために仕えているのである。
【通釈】
「伊川先生曰賢者在下云々」。自分から進めて君に用いられようとすると、それが実に一生の欠けになる。求めるべきではない。商人でさえ行商は一切しないと言う。それは尤もなこと。ありふれた商いでさえ、自分から買わないかと言えば断られる。呉服屋も引札を廻す様になるとそろそろ衰えたのである。賢者は君のためにこそ仕える。枇杷葉湯や振出し薬を田舎へ置く様に自分を売るのでは役に立たない。伊川が、「古之学者為己古之仕者為人今之学者為人今之仕者為己」と言った。これは伊川が悪戯を言った様だが面白いこと。今の学者が奉公をするのは為己で、君のためにはならない。禄を貪り我が身のために仕える。それでは古人と裏腹である。誠にこの語などは魂の入れ替るほどの語である。古の人と博く言ったが、手短に言えば孟子などがこれである。「不見諸侯」。諸侯から呼ばれても行かれなかった。梁の惠王が卑礼厚幣をして招かれたので孟子も梁に行ったと朱註にある。
【語釈】
・せり賣…商品を持ち歩いて売ること。また、その人。行商。
・引札…商品の広告、開店・売出しの披露などを書いて配るふだ。ちらし。びら。
・古之學者為己古之仕者為人今之学者爲人今之仕者為己…
・不見諸侯…孟子滕文公章句下1、同7、万章章句下7にある語。
・朱註…孟子梁恵王章句上1集註。「惠王三十五年、卑禮厚幣以招賢者。而孟軻至梁」。

石原先生曰、出処は何の六ヶしいことなし。孟子の出処と云もつまり、こいをいと云て行ぬことしゃとなり。こい、うんと云て行くと向の為にならぬ。だたい出処は向の為にすること。我禄のためてなし。手前を高ぶるではなけれとも、此程でなけれは向の為にならぬ。医者なとは形して下の體を草根木皮て療治することなれとも、彼御伽医者抔と云のはずんときかぬものなり。或は冨家なとでは医を常に呼ひ咄相手にし、今日は花見に行ふ、留守を頼むと云やふなは藥か廻らぬものなり。まして學者堯舜其君するの事業を心掛るものが何として、そんなことではいかぬなり。
【解説】
孟子の出処は来いと言われても行かないもの。出仕は相手のためにするのであって、自分のためにするのではない。孟子の様でなければ相手のためにはならない。
【通釈】
石原先生が、出処は何も難しいことはない、孟子の出処も、つまりは来いと言われても行かないことだと言った。来いと言われて行くのでは向こうのためにならない。そもそも出処は向こうのためにすることで、自分の禄のためにするのではない。自分を高ぶるわけではないが、これほどでなければ向こうのためにはならない。医者などは形而下の体を草根木皮で療治するのが仕事だが、あの御伽医者などというのは全く効かないもの。或いは富家などでは医を常に呼び、話相手にして、今日は花見に行こう、留守を頼むと言う。その様なことでは薬が廻らないもの。ましてや君を堯舜の様にする事業を心掛ける学者がその様なことでは実に悪い。
【語釈】
・堯舜其君するの事業…為学1。「伊尹恥其君不爲堯舜」。

尊德樂道は皆進む人の方へつけて見るべし。賢者の道德ぞ。尊は中庸尊德性の字で、君の方を尊ぶことではない。出かけに禄を樂むのときたなびれたことはない。尊德ことなり。浪人のときと出がけのときと心が二つあるではなけれども、余程な學者も出かけには違ふものなり。尊德樂道之心は出るても処ても相塲のかわらぬことなり。冥加至極もないと云て出るは不足與有爲。これも余義もないことなり。百姓町人を大名の召すことゆへ本望と思ふそ。きたない心持そ。果て偖て學者は始爲士終爲垩。明德を明にすると九十九里の網引をしても苦しくないことなり。居塲の違こそあれ人間に相違はない。兼ての志か行はれて本望と云まてのこと。すをふ鳫帽子で心の替るやふでは役に立ぬ。其易らぬ程な人ゆへ向の為になる。平生の志とをもぶりがちっとでも易る。もふ向の爲にならぬ。こちに穴があくゆへなり。不仕無義ても名聞利禄の爲なれは、もふ道に穴があく。
【解説】
「蓋其尊德樂道之心不如是、不足與有爲也」の説明。君を尊ぶのではなく、徳を尊ぶ。出仕する時もそうでない時も心が変わらない様でなければならない。そうでなければ相手のためにはならない。
【通釈】
「尊徳楽道」以下は皆進む人の方のことだと見なさい。賢者の道徳である。尊は中庸の「尊徳性」の字であって、君を尊ぶことではない。出掛けに禄を楽しむ様な汚いことはない。徳を尊ぶこと。浪人の時と出仕の時とで心が二つあるわけではないが、余程の学者でも出仕では違うもの。「尊徳楽道之心」は、出る時も居る時も相場は変わらない。冥加至極もないと言って出るのは「不足与有為」である。これも余儀ないこと。百姓や町人を大名が召すのだから本望と思うが、それは汚い心持ちである。そもそも学者は「始為士終為聖」である。明徳を明にすると九十九里の網引きをしても苦しくない。居場の違いこそあれ人間に相違はない。前々の志が行われて本望と言うまでのこと。素襖烏帽子で心が変わる様では役に立たない。変わらないほどの人なので向こうのためになる。平生の志と面振りが少しでも変わればもう向こうのためにはならない。それはこちらに穴が開くからである。「不仕無義」であっても名聞利禄のためであれば、もう道に穴が開く。
【語釈】
・尊德樂道…孟子公孫丑章句下2。「將大有爲之君、必有不召之臣。欲有謀焉、則就之。其尊德樂道、不如是、不足與有爲也。」。
・中庸尊德性…中庸章句27。「君子尊德性而道問學、致廣大而盡精微、極高明而道中庸、温故而知新、敦厚以崇禮」。
・始爲士終爲垩…荀子勧学。「學惡乎始、惡乎終。曰、其數則始乎誦經、終乎讀禮。其義則始乎爲士、終乎爲聖人」。
・すをふ鳫帽子…素襖烏帽子。素襖をつけた時かぶる烏帽子。侍烏帽子。素襖は直垂の一種。大紋から変化した服で、室町時代に始まる。もと庶人の常服であったが江戸時代には平士・陪臣の礼服となる。
・穴があく…孟子滕文公章句下3。「丈夫生而願爲之有室、女子生而願爲之有家。父母之心、人皆有之。不待父母之命、媒妁之言、鑽穴隙相窺、踰牆相從、則父母・國人皆賤之。古之人未嘗不欲仕也。又惡不由其道。不由其道而往者、與鑽穴隙之類也」。
・不仕無義…論語微子7。「子路曰、不仕無義。長幼之節、不可廢也。君臣之義、如之何其廢之。欲潔其身、而亂大倫。君子之仕也、行其義也。道之不行、已知之矣」。


第二 君子之需時也の条

君子之需時也、安靜自守。志雖有須、而恬然若將終身焉、乃能用常也。雖不進而志動者、不能安其常也。
【読み】
君子の時を需[ま]つや、安靜もて自ら守る。志須[ま]つこと有りと雖も、恬然として將に身を終わらんとするが若きは、乃ち能く常を用うるなり。進まずと雖も志動く者は、其の常に安んずること能わざるなり。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の需卦初九象伝の注にある。

易需の卦、天地に需と云ことあり。需と云へは川留に逢てあくか々々々と待やふに思ふ。それはうろたへなり。需の道と云、待て待ぬの待なり。暦をあけて見る。元日から大晦日迠あるか需のすかたなり。朔日からもふ十五日、もふ晦日と云やふなことはない。立春からは段々暖になるてあろふと云ことなり。明々德ても新民ても皆向へ進むことなれとも、君子之需時は日頃の志をのべやふとすること。幼而學之壮而行之。幼にして学ぶが皆爲己のこと。はやく行ひたいと行ふとてのことてはない。医者の大成論の吟味もこれなり。迂斎、士の具足櫃のやふなもの。軍があればよいと云ことではない、と。學者は天下國家を治ること迠吟味するゆへ論語に問治國。あれがただよい話を聞たとて問たではない。又、顔子が用ひらりょうとして問はせぬ。鼻の先きにないことなれとも、政を問迠か学者の任なり。やかての心あてに問はば、凡夫もする。需の卦は何もないときなり。茶人か客のないとき庭の掃除をする。奇麗にするは此方の爲そ。天下の政もそれなり。
【解説】
「君子之需時」とは日頃の志を保つことで、それは眼前の目当てのためにするのではない。自分のためにするのである。
【通釈】
ここは易の需の卦で、天地に需ということがある。需と言えば川留めに遭っていつ開くのかと待つ様なことと思うが、それは狼狽である。需の道というのは、待て、待たないの待つこと。暦を開けて見る。元日から大晦日まであるのが需の姿である。朔日から直ぐ十五日、直ぐ晦日という様なことはない。立春から段々と暖かになるだろうということ。明明徳も新民も皆向こうへ進むことだが、「君子之需時」は日頃の志を伸べようとすること。「幼而学之壮而行之」。幼にして学ぶのが皆為己のこと。早く行いたいと行うことではない。医者の大成論の吟味もこれ。迂斎が、士の具足櫃の様なもので、軍があればよいということではないと言った。学者は天下国家を治めることまでを吟味するので論語に「問治邦」ともある。あれがただよい話を聞きたくて問うたのではない。また、顔子が用いられようとして問いはしない。鼻の先にないことだが、政を問うまでが学者の任なのである。直ぐにする当てが心にあって問うのは凡夫もする。需の卦は何もない時のこと。茶人が客のない時に庭の掃除をする。綺麗にするのは自分のため。天下の政もそれと同じである。
【語釈】
・易需の卦…乾下坎上。需。尚、初九は、「初九。需于郊。利用恆。无咎。象曰、需于郊、不犯難行也。利用恆、无咎、未失常也」。
・幼而學之壮而行之…孟子梁惠王章句下9。「夫人幼而學之、壯而欲行之」。
・具足櫃…当世具足を納めておく櫃。多くは漆塗で定紋付き。
・問治國…論語衛霊公10。「顏淵問爲邦」。同集註に、「顏子王佐之才。故問治天下之道。曰爲邦者、謙辭」とある。

時を得れば世に行ふ。志有須なり。いつじゃ々々々々と須ことてはない。やっはりやすらかに恬然若將終身。方々を見てのびあがるやふなことはない。世間て大方來月は御召だと云ても、そんなことは耳へ入らぬ。乃能用常なり。こちからきき耳を立るやふなことはない。志動者云々。これはてん々々に心に問てみよ。他人の知ることではない。謹独と云が爰なり。本の学問かと思へは聞耳をする。隠者々々と云ても油断はならぬことなり。ひくい丸太の門に蔦や瓢箪のからんだを見て、あれ隠者かと思へは、そんながあてにならぬ。權門方が御噂てと云とそふかなと云。此は一盃飲たいと云欲とは違ふ。呑たいと云はずんとはすかなこと。ざっとした人欲なり。志動くは殊の外念の入た人欲なり。心の動く穴を見るといたつらものが厯[なくさ]む。程なく御吉左右と云ふとちと動く。病人のあるを医者の悦ぶやふなものなり。ずんと落付た皃でも心はさわぐ。いくら人をだましても、心に問ははいかかなり。私病身でござるとは云へとも駕篭て迎ひならは行ふと云氣なり。不断そは々々ゆへ不能安其常なり。
【解説】
時を得れば世に出て行うだけのことであり、志を動かされてはならない。「恬然若将終身」である。
【通釈】
時を得れば世に出て行う。それが「志有須」である。いつだいつだと須つことではない。やはり安らかに「恬然若将終身」。方々を伸び上がって見る様なことはない。世間で大方来月は御召しだと言っても、そんなことは耳へ入らない。「乃能用常」である。こちらから聞き耳を立てる様なことはない。「志動者云々」。これはそれぞれ心に問うてみなさい。他人の知ることではない。「謹独」というのがここである。本当の学問かと思えば聞き耳を立てる。隠者と言っても油断はならない。低い丸太の門に蔦や瓢箪が絡んでいるのを見てあれが隠者かと思えば、そんな者は当てにならない。権門方がお噂でと言われるとそうかなと言う。ここは一杯飲みたいという欲とは違う。飲みたいと言うのは本当に僅かなことで粗い人欲だが、「志動」は殊の外念の入った人欲である。心の動く穴を見ると悪戯者が慰める。ほどなく御吉左右と言うと少し動く。それは、病人がいるのを医者が悦ぶ様なもの。すっかりと落ち着いた顔をしていても心は騒ぐ。いくら人を騙しても、心に問うてみるとどうだろうか。私は病身ですのでと言っても、駕篭で迎えるのであれば行こうと言う気である。いつもそわそわしているので「不能安其常」である。
【語釈】
・謹独…大学章句6。「所謂誠其意者、毋自欺也。如惡惡臭、如好好色。此之謂自謙。故君子必愼其獨也」。
・權門…官位高く権勢のある家柄。
・吉左右…よいたより。喜ばしいしらせ。吉報。


第三 比吉原筮の条

比、吉。原筮元・永・貞、无咎。傳曰、人相親比、必有其道。苟非其道、則有悔咎。故必推原占決其可比者而比之。所比得元・永・貞、則无咎。元謂有君長之道、永謂可以常久、貞謂得正道。上之比下、必有此三者、下之從上、必求此三者、則无咎也。
【読み】
比は吉なり。原[たず]ね筮[はか]りて元・永・貞ならば、咎无し。傳に曰く、人の相親比するに、必ず其の道有り。苟も其の道に非ずんば、則ち悔咎有らん。故に必ず其の比す可き者を推原占決して之に比せ。比する所、元・永・貞を得ば、則ち咎无し。元とは君長の道有るを謂い、永とは以て常久なる可きを謂い、貞とは正道を得るを謂う。上の下に比する、必ず此の三つの者有り、下の上に從う、必ず此の三つの者を求めば、則ち咎无し、と。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の比卦の卦辞の注にある。比卦は、「比、吉。原筮、元永貞、无咎。不寧方來。後夫凶。彖曰、比吉也。比輔也。下順從也。原筮、元永貞、无咎。以剛中也。不寧方來、上下應也。後夫凶、其道窮也。象曰、地上有水比。先王以建萬國親諸侯」である。

一口に云へは出處は尻の重がよい。親や兄へはしりの輕かよい。こいよと云へばじきに立は家内でのことなり。出處之道は尻の重ひかよい。五尺の體の爲に輕くなる。たたい學者は主靜立人極のしこみゆへ、輕はづみなことはないはつなり。出処は道を行ふ爲なれとも、知行俸禄に目を付ることなし。そこて尻の重ひがよい。こいと云てもめったに行ぬ。孔明も三度てやふ々々出た。伊尹も三度。湯王が三ひ聘せられてもめったに行れなんた。あの伊尹の大賢、あの孔明か才智で出がらかいをする。あれか大切なことなり。そこて最初に吟味することそ。比は君臣に限らす、人と我としたしむことなり。君の方からはあれを家來にしたいと云、臣の方ではあなたを主にしたいと云。皆比なり。原筮は二度占ふと云ことで、吟味を丁寧にすることなり。今日一日かあれゆへ當月中のことかしるると云か筮なり。可卜爲人と云字もある。人となりが知れると云こと。筮と云て、卜筮をすると見る、卜見ることではなし。吟味することなり。
【解説】
「比、吉。原筮元・永・貞、无咎」の説明。出処では、孔明や伊尹の様に尻が重いのがよい。「比」は親しむこと。「筮」は卜うことではなく、吟味することである。
【通釈】
一口に言えば出処は尻の重いのがよい。親や兄へは尻の軽いのがよい。来いよと言われれば直ぐに立つのは家内でのこと。出処の道は尻が重いのがよい。それが五尺の体のために軽くなる。そもそも学者は主静立人極の仕込みだから、軽はずみなことはない筈。出処は道を行うためのもので、知行俸禄に目を付けることではない。そこで尻の重いのがよい。来いと言われても滅多に行かない。孔明も三度で漸く出た。伊尹も三度。湯王が三度聘せられても滅多に行かれなかった。あの伊尹の大賢、あの孔明の才智であっても出たがらない。あれが大切なこと。そこでここを最初に吟味する。「比」は君臣に限らす、他人と自分とが親しむこと。君の方ではあれを家来にしたいと言い、臣の方では貴方を主にしたいと言う。皆比である。「原筮」は二度占うということで、吟味を丁寧にすること。今日一日があれだったので当月中のことがわかるというのが筮である。「可卜為人」という字もある。人となりがわかるということ。筮と言っても、卜筮をすることと見てはならない。卜を見ることではない。吟味することなのである。
【語釈】
・主靜立人極…道体1。「而主靜立人極焉」。
・可卜爲人…

人相親比云々。道理の骨ずいから出るてなけれはならぬ。親代々からの近付と云には道かある。信近義なり。彼湯治塲の念頃にはひょんなことなるものなり。主にすまじきものを主にし、家来にすまじきものを家来にする。どふもならぬことあるものなり。可比者と云か道から云ことなり。元永貞なれは仕落はない。有君長之道。君長たるべき德をもって居を云。ぐた々々しく云ことはない。乾の大人の德と云でしるる。君長は君の方て云やふなれとも、たとへは湯王は君、伊尹は臣と云やふなもの。なれとも伊尹を君にすれは十分な君になる。乾の卦の本義に大人の吟味もここなり。君臣ともにから手ではいかぬことなり。今も頭になる人の、田舎の名主男のと云かある。君臣の道もそこぞ。之道でなければこせ々々した才て役に立ぬ。
【解説】
「傳曰、人相親比、必有其道。苟非其道、則有悔咎。故必推原占決其可比者而比之。所比得元・永・貞、則无咎。元謂有君長之道」の説明。道理と比べて見て、親しむ者を選ぶ。親しむには「元永貞」でなければならない。「元」は君長の徳があることで、「君」とは乾卦の大人の意である。
【通釈】
「人相親比云々」。道理は骨髄から出るのでなければならない。親代々からの近付きというものには道がある。それが「信近義」である。あの湯治場で懇ろになると、とんでもないことになるもの。主にすべきではない者を主にし、家来にすべきではない者を家来にする。どうにもならないことがあるもの。「可比者」は道から言ったこと。「元永貞」であれば仕落ちはない。「有君長之道」。君長たるべき徳を持っていることを言う。くどくどしく言うことはない。乾の大人の徳ということからそれがわかる。君長は君の方で言う様だが、たとえば湯王は君、伊尹は臣という様なもの。しかしながら、伊尹を君にすれば十分な君になる。乾の卦の本義にある大人の吟味もここのこと。君臣共に空手ではうまくいかない。今も頭になる人とか、田舎の名主男という者がある。君臣の道もそこ。「之道」でなければこせこせした才で、役には立たない。
【語釈】
・信近義…論語学而13。「有子曰、信近於義、言可復也。恭近於禮、遠恥辱也。因不失其親、亦可宗也」。
・乾の大人の德…乾卦。「利見大人、君德也」。

さて常久が大切なり。道理から出た本んのことは長くつつく。中庸の德を平常と云もそこなり。善いことは永くつづく。蕎麥好も二十日程つつけて食はせたらこまろふと迂斎云へり。飯にあきることはない。常久なり。妙藥は全体、本元との藥にはならぬ。眞柱になると云てなけれは本のことてない。扨、其常久も正道てなけれは伯者の術のやふになる。心の中から蔭日向なく、この手くろ、あの手くろと謀計のないを云。伊川の易傳を見よ。誠に道統の人なり。爰らはは子たことはなけれとも、天下の政もこの上はない。布帛之文粟米之味と云てずんとは子たことはなけれとも、經済などと覇心めいた人か近思ふ心になりたらは、これを聞てをとり立ほどなことなり。これかまたるいやふなことゆへ、淳于髠が賢者無益國と耳こすりを云。その筈なり。此三つの道よりは蘇参張儀がかがとて巾着を切る方が手廻しがよいゆへ、孟子を迂遠而闊事情と云。政談經済録で政がなると思ふはあさはかなことなり。此出処の本道からでなけれは本んのことではない。は子たことはない。
【解説】
「永謂可以常久、貞謂得正道。上之比下、必有此三者、下之從上、必求此三者、則无咎也」の説明。道理から出た本来のことは長く続く。それが「常久」であり、その常久も「正道」でなければ伯者の術の様になる。出処の本道からでなければ本当のものではない。
【通釈】
さて、「常久」が大切である。道理から出た本来のことは長く続く。中庸の徳を平常と言うのもそこ。善いことは永く続く。蕎麦好きも二十日ほど続けて食わせたら困るだろうと迂斎が言った。飯に飽きることはない。それが常久である。そもそも妙薬は本元の薬にはならない。真柱になるというのでなければ本当のことではない。さて、その常久も「正道」でなければ伯者の術の様になる。心の内に陰日向なく、この手管、あの手管という謀計がないことを言う。伊川の易伝を見なさい。誠に道統の人である。ここ等は跳ねたことではないが、天下の政もこの上はない。「布帛之文粟米之味」と言い、大きく跳ねたことはないが、経済などと言って覇心めいた人が近く思う心になると、これを聞いて踊り立つほどのことなのである。これがまだるい様なことなので、淳于髠が「賢者無益国」と皮肉を言う。その筈で、この三つの道よりは蘇秦や張儀が踵で巾着を切る方が手廻しがよいので、孟子のことを「迂遠而闊事情」と言ったのである。政談や経済録で政が成ると思うのは浅はかなこと。この出処の本道からでなければ本当のことではない。そこに跳ねたことはない。
【語釈】
・平常…中庸章句題辞。「中者、不偏不倚、無過不及之名。庸、平常也」。
・手くろ…人目をごまかすこと。人をたぶらかすこと。手練手管
・布帛之文粟米之味…
・淳于髠…斉国の弁士。孟子の門人。
・賢者無益國…孟子告子章句下6。「魯繆公之時、公儀子爲政、子柳・子思爲臣。魯之削也、滋甚。若是乎、賢者之無益於國也」。
・耳こすり…①ひとの耳元で小声にささやくこと。みみうち。②あてこすり。皮肉の言。
・迂遠而闊事情…史記孟子荀卿列伝。「道既通、游事齊宣王、宣王不能用。適梁、梁惠王不果所言、則見以爲迂遠而闊於事情。當是之時、秦用商君、富國彊兵」。

周茂叔や李延平のやうな役に立ぬ親父と云のか王道の根本になる。ちょこ々々々したことは役に立ぬ。孟子が公孫衍、張儀を大丈夫と云たを、天下之正道に立ち天下の大道を行ふとは子付て答へられた。されとも比むと云てなけれは道も行はれぬ。そふきくと伊尹以割烹要湯なとと云が、なにそんなことがあろふ。出処はけだしが大事なり。政事の上は少つつなこともある。それは役人に成てからのこと。こんなことにどふかうと云と出処のあたまをやふる。そこて吾身の欠になる。それも凡夫はかまいもなけれとも、學者は孔孟程朱の道へきずが付。そこて身を重んじよと云こと。吾身をふきさすり尊大にするてはなけれとも、垩賢の道を預て居るから大切なり。垩賢になれは道が此方に逗留する。學者はあずかりものゆへ、わるくすると道にきづがつくなり。
【解説】
出処は始めが大事である。学者は道を預かっているのであって、出処を誤るとその道に疵が付く。
【通釈】
周茂叔や李延平の様な役に立たない親父というのが王道の根本になる。ちょこちょことしたことは役には立たない。景春が公孫衍と張儀を大丈夫だと言ったのに対し、孟子が「立天下之正位行天下之大道」と跳ね付けて答えられた。しかしながら、比むでなければ道も行われない。そう聞けば、「伊尹以割烹要湯」などと尋ねられても、何、そんなことがあろうかと答える。出処は蹴り出しが大事。政事の上では些細なことをすることもあるが、それは役人になってからのこと。こんなことにどうこうと言えば出処の始めを破ることになる。そこで自分の身の欠けになる。それも凡夫であれば構いもしないが、学者では孔孟程朱の道に疵が付く。そこで、ここは身を重んじなさいということ。自分の身を拭き摩って尊大にするわけではないが、聖賢の道を預かっているから大切なのである。聖賢になれば道が自分に逗留する。学者には道が預かりものなので、悪くするとその道に疵が付く。
【語釈】
・李延平…字は愿中。羅豫章の門に程氏学を学ぶ。朱子も22歳の時に李延平の門を叩く。1093~1163。
・孟子が公孫衍、張儀を大丈夫と云た…孟子滕文公章句下2。「景春曰、公孫衍・張儀、豈不誠大丈夫哉。一怒而諸侯懼。安居而天下熄。孟子曰、是焉得爲大丈夫乎。子未學禮乎。丈夫之冠也、父命之。女子之嫁也、母命之。往送之門、戒之曰、往之女家、必敬必戒、無違夫子。以順爲正者、妾婦之道也。居天下之廣居、立天下之正位、行天下之大道、得志與民由之。不得志獨行其道、富貴不能淫。貧賤不能移、威武不能屈。此之謂大丈夫」。
・伊尹以割烹要湯…孟子萬章章句上7。「萬章問曰、人有言。伊尹以割烹要湯。有諸。孟子曰、否。不然」。


第四 履之初九曰の条

履之初九曰、素履。往、无咎。傳曰、夫人不能自安於貧賤之素、則其進也、乃貪躁而動、求去乎貧賤耳。非欲有爲也。既得其進、驕溢必矣。故往則有咎。賢者則安履其素。其處也樂、其進也將有爲也。故得其進、則有爲而無不善。若欲貴之心、與行道之心、交戰於中、豈能安履其素乎。
【読み】
履の初九に曰く、素履す。往くに咎无し、と。傳に曰く、夫れ人自ら貧賤の素に安んずること能わざれば、則ち其の進むや、乃ち貪躁して動き、貧賤を去らんことを求むるのみ。すること有るを欲するに非ざるなり。既に其の進むことを得ば、驕溢すること必せり。故に往かば則ち咎有り。賢者は則ち安んじて其の素を履む。其の處るや樂しみ、其の進むや將にすること有らんとす。故に其の進むことを得ば、則ちすること有りて不善無し。若し貴きを欲する心と、道を行う心と、中に交わり戰わば、豈能く安んじて其の素を履まんや。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の履卦初九の爻辞の注にある。

履はふむなり。易の道理は靣白ことなり。我体か足でものをふむて立てをる。身持のことを俗に行跡と云もこれと同じことなり。此體のあとと云のなり。素履。とんと落付てをることなり。迂斎の、そわ々々せぬことじゃとなり。隠遯しても爰の土になろふとをもへばそは々々せぬ。利禄に動て世間の相塲を見るやふなことのないを云。隠者がまあ田舎にと云。田舎に片尻かけたのぞ。じっと落付て居るが素履なり。それゆへ古の賢德あるもののまあと云て引込ことはない。とんと居り塲に落付てをる。これを我に胴がすわら子ばいかぬことなり。胴がすわりて居るならば往而無咎。朝暮の寢覺からが、をれはいつ迠こふして居ることやらと思様では不能自安於貧賤之素なり。素は、大名は大名、百姓は々々。大名か百姓になりたいとてもなられず、百姓が大名になりたいとてもならぬ。大名は結搆だけとも、よく々々思へば氣のつまりたことなり。それか大名の素の動ぬことなり。貧賤の素は沢山ある。これも兎角上の方を見る氣になる。去る權門屋鋪からと云とさわぎ出す。貪躁而動なり。江都から召るると云て牡丹のこやしも打捨、庭の菊を見る氣もなく、葦ぶき家はいやになり、筑波の屋根屋も用はないと瓦屋根を目掛て行く。大うろたへなり。中々志を行ふ処ではない。
【解説】
「履之初九曰、素履。往、无咎。傳曰、夫人不能自安於貧賤之素、則其進也、乃貪躁而動、求去乎貧賤耳。非欲有爲也」の説明。「素履」は落ち着いていること。本来の場に落ち着いているのがよい。とかく上を見て動くものだが、それは狼狽である。
【通釈】
「履」は履むこと。易の道理は面白い。自分の体は足でものを踏むので立っていることができる。身持ちのことを俗に行跡と言うのもこれと同じで、この体の跡ということ。「素履」。しっかりと落ち着いていること。迂斎が、そわそわとしないことだと言った。隠遁してもここの土になろうと思えばそわそわとはしない。利禄に動いて世間の相場を見る様なことのないことを言う。隠者がまあ田舎に行こうと言う。それは田舎に片尻を掛けたのである。じっと落ち着いているのが素履である。それで、古の賢徳ある者がまあと言って引っ込むことはない。しっかりといるべき場に落ち着いていること。これは自分の胴が据わらなければできないこと。胴が据わっているのであれば「往而無咎」。朝暮の寝覚めでさえも、俺はいつまでこうしているのだろうと思う様では「不能自安於貧賤之素」である。「素」は、大名は大名、百姓は百姓であること。大名が百姓になりたいと言ってもなることはできず、百姓が大名になりたいと言ってもなることはできない。大名は結構なものだが、よくよく思えば気詰まりなこと。それが大名の素の動かないところである。貧賎の素は沢山ある。これもとかく上の方を見る気から起こる。ある権門屋敷からと言われると騒ぎ出す。それが「貪躁而動」である。江戸から召されると言われて、牡丹の肥やしも打ち捨て、庭の菊を見る気もなく、葦葺き家が嫌になり、筑波の屋根屋も用はないと瓦屋根を目掛けて行く。それは大狼狽である。中々、志を行うどころではない。
【語釈】
・胴がすわら子ば…胴据わる。度胸が定まる。覚悟が決る。

驕溢すること必せり。爰ではもふ殊の外大ひ顔になる。もふこの上に望はないと思ひ、吾親類の百姓の見舞に来るもうるさく、伯父が来ても國からの飛脚が來たなどといつわり、それからしては、あるにあられぬことともなり。全体が田舎にをるときとは違てくる。皆冨貴に動たのぞ。此も日本よりは唐は別而のことなり。みな素り履の根がないゆへそ。賢者則安履其素。吾道では得天下之英才教育するが役なり。一貫の咄を聞ても呑こむと云でこそ喜ぶ。三樂の章はそこなり。浪人ものが村の仕置や役人の取扱に口を入る。とかく安し履かならぬぞ。太極の咄を聞得るならば、それがよい。爰はずんと息をはることはない。浪人か天下のことに手を出す。もふ位を出たのぞ。陶淵明が把菊東籬下悠然見南山と云。歸去来賦が靖献遺言にもあるもここらで見よ。合点した編集そ。これをもふ一つ挌式をあげて云へば、伊尹耕於有莘之野がこれなり。囂々然とあり、みよ、道理の當然に落付て居らるる。されとも湯王の三使往聘たゆへ、幡然として改とあり、三度目にやふ々々出た。其出た処が有爲そ。命とつりかへにして一夫も不得其処。東金の市中てふくろたたきに逢たやふに思ふ。はて、向の不了簡て乞食非人となるから、捨てをかれよと云ても伊尹が顔を赤くする。有莘で樂んだ心と出進した後かはっきりとする。出処の道は昼夜のやふながよい。出たときは昼の明なやうに、引こんた処は夜の暗ひよふに落付てをることなり。浪人してもをれをかふして置くことはありそもないと云やふになる。皆うろたへなり。垩賢は出處進退が昼夜のよふに分るぞ。
【解説】
「驕溢必矣。故往則有咎。賢者則安履其素。其處也樂、其進也將有爲也。故得其進、則有爲而無不善」の説明。「安履」でなければならない。それは陶淵明の帰去来の賦や伊尹の出処の様でなければならない。聖賢は出処進退が昼夜の様にはっきりとしている。
【通釈】
「驕溢必矣」。ここではもう殊の外大きな顔になる。もうこの上に望みはないと思い、自分の親類の百姓が見舞に来るのも煩く感じ、伯父が来ても国からの飛脚が来たなどと偽り、それからして、つまらないことをもする。全体が田舎にいる時とは違って来る。それは皆富貴に動いたからである。これは日本よりも唐の方が格段に多い。皆素履の根がないからである。「賢者則安履其素」。我々の道では「得天下之英才教育」が役である。一貫の話を聞いてもそれを呑み込むからこそ喜ぶ。三楽の章はそこのこと。浪人者が村の仕置きや役人の取扱いに口を入れ、とかく「安履」ができない。太極の話を聞き得るのであれば、それがよい。ここで大きく息を張ることはない。浪人が天下のことに手を出す。それはもう位を出たのである。陶淵明が「把菊東籬下悠然見南山」と言ったが、帰去来賦が靖献遺言にもあるのもここ等で見なさい。合点した編集である。これをもう一つ格式を上げて言えば、「伊尹耕於有莘之野」がこれである。「囂々然」とあり、見なさい、道理の当然に落ち着いておられる。しかしながら湯王が「三使往聘」したので、「幡然改」とあり、三度目に漸く出た。その出た処が「有為」である。命と引き替えにして、「一夫不得其処」だと、東金の市中て袋叩きに遭った様に思い、また、向こうの不了簡で乞食や非人となるのだから、捨てて置けと言われても伊尹は顔を赤くする。有莘で楽しんだ心と出進した後がはっきりとしている。出処の道は昼夜の様なのがよい。出た時は昼の明な様に、引っ込んだ処は夜の暗い様に落ち着いているのである。浪人をしても、俺をこの様にして置くことはありそうもないことだと言う様になる。皆狼狽えである。聖賢は出処進退が昼夜の様にはっきりとしている。
【語釈】
・あるにあられぬ…あるともいえないほどに、非常にはかない。無いに等しい。また、気が転倒してそこにいる気もしない。無我夢中である。
・得天下之英才教育…孟子尽心章句上20。「得天下英才而敎育之、三樂也」。
・一貫…論語里仁15。「子曰、參乎、吾道一以貫之。曾子曰、唯」。
・三樂…孟子尽心章句上20。「孟子曰、君子有三樂、而王天下不與存焉。父母倶存、兄弟無故、一樂也。仰不愧於天、俯不怍於人、二樂也。得天下英才而敎育之、三樂也。君子有三樂、而王天下不與存焉」。
・位を出た…論語憲問28。「曾子曰、君子思不出其位」。
・伊尹耕於有莘之野…孟子万章章句上7。「萬章問曰、人有言、伊尹以割烹要湯。有諸。孟子曰、否、不然。伊尹耕於有莘之野、而樂堯舜之道焉」。
・囂々然…孟子万章章句上7。「湯使人以幣聘之。囂囂然曰、我何以湯之聘幣爲哉。我豈若處畎畝之中、由是以樂堯舜之道哉」。
・三使往聘…孟子万章章句上7。「湯三使往聘之。既而幡然改曰、與我處畎畝之中、由是以樂堯舜之道、吾豈若使是君爲堯舜之君哉。吾豈若使是民爲堯舜之民哉。吾豈若於吾身親見之哉」。
・つりかへ…釣替え。とりかえること。交換。
・一夫も不得其処…為学1。「一夫不得其所、若撻于市」。書経説命下。「予弗克俾厥后惟堯舜、其心愧恥、若撻于市。一夫不獲、則曰時予之辜」。

欲貴之心與行道之心云々。これが得手あるものなり。そこへ顔を出してしようとするには道のためと云ても吾か身が貴くなる。仕へには貴は付て廻るもの。そこで道とは云ても分に心を動す。あの下たに々々々と云はるるが覺へす知らず面白くなる筈なり。御家老中は云に及ばず、御役を云つかると登城のときと退出の時は大きに違ふ。御目付を被仰ると退出には早所々の見付々々て下坐拍子木なり。ここて動ぬは中々大なことなり。そこで稲寺滿願寺のやふに舌上ては甘くこそなけれ、胷中に大ふうまいはずなり。田舎の名主でさへ百姓か手掛をとるとつんとした顔て行。まして大官に進て動くまいやふはない。それは俗人はとんじゃくない。學者は行道之心かある。これで俗人より反て大さわぎなり。兩方を持合せてをる。人欲があるから貴を欲し、孔子の前へ出ると人欲は樂屋へ仕廻てをく。人欲と天理の戦ひ、隣家ても知らぬ。これも先生株になると顔へも出さぬか、勝手へ通て見ると人欲が炬燵にあたっておる。迂斎の、交戦はこまったもの、不養生もしたし長生もしたいと云やふなもの、と。不養生もしたし長生もしたかろふか、そふはならぬ。心は二つ、身は一つなり。於不如無學と云は爰らのことなり。幸田の云るる通り、學者は俗人にない人欲かある、と。俗人は只欲貴きりなことなり。學者は心術。扨々あさましきことなり。
【解説】
「若欲貴之心、與行道之心、交戰於中、豈能安履其素乎」の説明。俗人は人欲だけだが、学者には人欲と道を行う心とがあり、それ等が交戦する。
【通釈】
「欲貴之心与行道之心云々」。これがよくあるもの。そこへ顔を出してしようとすれば道のためと言っても自分の身が貴くなる。仕えることには貴が付いて廻るもの。そこで道とは言っても相応に心を動かす。あの下に下にと言われるのが、覚えず知らず面白くなる筈である。御家老中は言うには及ばず、御役を言いつかれば登城の時と退出の時とは大きく異なる。御目付を仰せ付けられると退出の時には早、所々の見付で下座拍子木である。ここで動かないのは中々大変なこと。そこで稲寺満願寺の様に舌の上には甘くこそないが、胸中では大分甘い筈である。田舎の名主でさえ、百姓が手拭いを取ればつんとした顔で行く。ましてや大官に進んで動かない筈はない。それは、俗人は頓着無い。学者は「行道之心」がある。これで俗人よりは却って大騒ぎとなる。両方を持ち合わせている。人欲があるから貴を欲するが、孔子の前へ出ると人欲は楽屋へ仕舞って置く。人欲と天理の戦いは隣家でも知らないこと。これも先生株になると顔へも出さないが、勝手へ通って見ると人欲が炬燵にあたっている。迂斎が、交戦は困ったもので、不養生もしたいが長生きもしたいと言う様なものだと言った。不養生もしたく長生きもしたかろうが、それはできないこと。心は二つで身は一つである。「於不如無学」とはここ等のこと。幸田の言われた通り、学者には俗人にない人欲がある。俗人はただ「欲貴」だけがあるが、学者にはそれに加えて心術がある。実に浅ましいことである。
【語釈】
・御目付…ここは下座見か。江戸時代、江戸城の見付その他の番所の下座台で、諸大名・老中・若年寄・両目付などの行列の通過・往来を見て下座の注意を与えた足軽。
・手掛…手拭い?
・於不如無學…小学外篇嘉言。「人疾之如讎敵、惡之如鴟梟。如此以學求益。今反自損。不如無學也」。
・幸田…幸田子善。名は誠之。善太郎と称す。江戸の人。幕臣。享保5年(1720)~寛政4年(1792)


第五 大人於否之時の条

大人於否之時、守其正節、不雜亂於小人之羣類、身雖否而道之亨也。故曰、大人否亨。不以道而身亨、乃道否也。
【読み】
大人の否の時に於る、其の正節を守り、小人の羣類に雜亂せられざれば、身は否なりと雖も道は之れ亨る。故に曰く、大人は否なれども亨る、と。道を以てせずして身亨れば、乃ち道は否なり。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の否卦六二象伝の注にある。否卦六二は、「六二。包承。小人吉。大人否亨。象曰、大人否亨、不亂羣也」である。

泰否、うらはらなり。否は天下の乱たことなり。道理か明でないゆへ上のことか下へ通らぬ。下のことが上へ通らず、これて道理ざたはなく、皆てん々々かせぎになる。そこが否なり。泰平のときは億万人の心が皆一つになる。武王は我臣三千なれども此一心、紂王のは億万人あれは億万の心とあり、心が分ん々々なり。皆まっくらになった処ぞ。さて此否の時節に手前の籏色がよいと耻になる。をれはかりは君の御覚へもよいと云はわるいのなり。そこで眞暗な時節は守其正節。世は濁り我はすみけりぞ。屈原かよふなとこれぞ。河豚汁や屈原ひとりたばこぼん。小人の羣類に雜乱せぬなり。人がふり向ても見ぬ。さて々々偏屈なと云れても道之亨なり。これて見れば衆人愛敬で學者の心はらりになる。あの全い垩人が不如郷人善者好之悪者悪之との玉ふ。それに學者かあたりよいことをしてはずまぬ。此方が死ても誰も見舞にもこぬ。身は否でも道は亨るなり。本亨ぬことを否と云へとも、大人否て亨る。孔門でからが冉求が季氏に事へて身は亨ても道は否る。孔子鳴鼓而攻るの御呵りもあり、又、閔子騫は季氏に招れたれは在汶上と云へり。此は身は否ても道は亨るなり。身の否は學者の耻にあらず。孔子の陳蔡の厄てひだるい思をなされても何の欠にならぬことなり。道が否てはならぬことなり。屏風も曲ら子は立ませぬなどと云て道を曲げたがる。俗人が何も角も人を手本にするは嫌て、屏風計を手本にするはとふしたものぞ。揚雄などがこれなり。
【解説】
否は天下が乱れて道理が明でない時であり、その時は正節を守っていなければならない。この時に自分によいことがあるのは悪い。しかし、大人は人に構わないから否でも亨る。
【通釈】
泰と否は裏腹である。否は天下の乱れたことで、道理が明でないので上のことが下へ通らず、下のことが上へ通らない。それで道理沙汰はなく、皆てんでばらばらである。そこが否である。泰平の時は億万人の心が皆一つになる。武王は「予有臣三千惟一心」だが、紂王の時は億万人いれば億万の心とあり、心が別々である。皆真っ暗になった処である。さて、この否の時節に自分の旗色がよいと恥になる。俺ばかりは君の御覚えもよいというのは悪いのである。そこで真っ暗な時節は「守其正節」。世は濁り我は澄みけりである。屈原の様なのがこれ。河豚汁や屈原一人煙草盆。小人の群類には雑乱しないのである。人のことは振り向いても見ない。実に偏屈なことだと言われても、これが「道之亨」である。これで見れば衆人愛敬で学者の心は台無しになるのである。あの完全な聖人が「不如郷人善者好之悪者悪之」と仰った。それなのに、学者が当たりのよいことをするから弾まない。自分が死んでも誰も見舞いにも来ない。身は否でも道は亨る。本来亨らないことを否と言うのだが、大人は否でも亨る。孔門でさえも冉求が季氏に事えて身は亨っても道は否である。孔子に「鳴鼓而攻」の御呵りもあり、また、閔子騫は季氏に招かれると「在汶上」と言った。これは身は否でも道は亨るところ。身の否は学者の恥ではない。孔子が陳蔡の厄でひもじい思いをなされたが、それは何の欠けにもならない。道が否では悪い。屏風も曲らなければ立ちませんなどと言って道を曲げたがる。何もかも人を手本にするのが嫌な俗人が、屏風ばかりを手本にするのはどうしたものか。揚雄などがこれである。
【語釈】
・泰否…泰は乾下坤上地天泰で、否は坤下乾上天地否なので正反対の卦である。
・我臣三千…書経泰誓上。「吾有民有命。罔懲其侮。天佑下民、作之君、作之師。惟其克相上帝。寵綏四方、有罪無罪。予曷敢有越厥志、同力度德、同德度義。受有臣億萬、惟億萬心。予有臣三千。惟一心」。
・不如郷人善者好之悪者悪之…論語子路24。「子曰、未可也。不如鄕人之善者好之、其不善者惡之」。
・孔子鳴鼓而攻る…論語先進16。「季氏富於周公。而求也爲之聚斂而附益之。子曰、非吾徒也。小子鳴鼓而攻之可也」。
・在汶上…論語雍也7。「季氏使閔子騫爲費宰。閔子騫曰、善爲我辭焉。如有復我者、則吾必在汶上矣」。
・陳蔡の厄…論語衛霊公1。「在陳絶糧。從者病、莫能興」。


第六 人之所隨得正の条

人之所隨、得正則遠邪、從非則失是。無兩從之理。隨之六二、苟係初則失五矣。故象曰、弗兼與也。所以戒人從正當專一也。
【読み】
人の隨う所、正を得ば則ち邪に遠ざかり、非に從えば則ち是を失う。兩つながら從う理無し。隨の六二は、苟も初に係らば則ち五を失う。故に象に曰く、兼ね與せられず、と。人の正に從うに當に專一なるべきを戒むる所以なり。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の隨卦六二象伝の注にある。隨卦六二は、「六二。係小子、失丈夫。象曰、係小子、弗兼與也」である。

易隨の卦。隨は一方ついて専一にするを云。なんであろふと兩手に物を持たやうなことは成就せぬもの。隨と云も片々でなければ成就せぬ。道二つ、仁不仁と云も隨のもやふなり。八宗兼学と云は役に立ぬ。色々なことを知ても魂が役に立ぬゆへ成仏はならぬ。是はどこ迠も是なり。兩方へ手を出すことはない。俗に云痛し痒しなり。痛いと云からさすると、又かゆいと云。兩方一度にくるゆへわるい。六二か爰なり。初九が隣にあるゆへ、御隣家のことゆへ御頼と云と失五。六二の相手は九五なり。そこでこまり切たもの。九五の方をよくせふと思へば隣に初九がある。弗兼與。兩掛にはゆかぬなり。學問も片々がよい。大三や傳十郎が學問のあからぬは此方へくると直方を好いと思ひ、内へ歸ると親父は直方をわるいと云。そこで學問が上らぬ。兎角兩方へ手を出さぬもの。片方へ專一がよいそ。
【解説】
随卦の六二は陰爻で、それは九五の陽爻に対応するものだが、隣にある初九の陽爻に引かれる。この様に兼ねるのは悪く、専一でなければならない。
【通釈】
易の随の卦。随は一方に随って「専一」にすることを言う。何であろうと両手に物を持った様なことは成就しないもの。随も一方だけでなければ成就はしない。道は二つ、仁と不仁と言うのも随の模様である。八宗兼学は役に立たない。色々なことを知っても魂が役に立たないから成仏はならない。是は何処までも是である。両方へ手を出すことはない。俗に言う痛し痒しである。痛いと言うからさすると、また、痒いと言う。両方が一度に来るので悪い。随卦の六二がこれである。初九が隣にあるので、御隣家のことなので御頼みしますと言うと「失五」となる。六二の相手は九五である。そこで困り切ったこととなる。九五の方をよくしようと思えば隣に初九がある。「弗兼与」。両掛けはできない。学問も片々がよい。大三や伝十郎の学問が上がらないのはこちらへ来ると直方をよいと思い、家へ帰ると親父は直方を悪いと言う。そこで学問が上がらない。とかく両方へ手を出してはならないもの。片方へ専一なのがよい。
【補足】
・大三…櫻木誾斎の二男。
・傳十郎…櫻木誾斎の長男。

なせに此が出處にあれば、今の學者が欲貴又行道の心がある。そこで甘口になる。三教一致は間違なり。だたい一つになるものでない。天地自然なり。夏になると火鉢は入ぬ様なり。又、冬はとんと分なことなり。此か小人か中庸の道と云やふに、丁とよいかけんなことをするはまぎらかし。出処は知見からなり。蛇の目をあくで洗ふたやうでなけれは本のことてない。專一と云が大切なり。ちと此方へと云てもふりむかずもぬけたことなり。出処のするどいが爰なり。皆知見にかかることで、なにほど実躰でも行ひずりでも是非邪正が分ら子ば出處をあやまる。誰てもわるいと思てするものはない。揚雄もわるいとは思はぬから爰は出る塲と思て出た処か悪人に隨ふたなり。
【解説】
学者には欲貴の心と行道の心がある。そこで三教一致や八宗兼学などと甘口なことを言う。専一でなければならない。また、学問は知見が大切であり、是非邪正がわからなければ出処を誤る。
【通釈】
何故これが出処にあるのかというと、今の学者には欲貴の心と行道の心があるからである。そこで甘口になる。三教一致は間違いである。そもそもそれは一つになるものでない。天地自然である。夏になると火鉢は要らない様なこと。また、冬は全く夏とは違ったことになる。これが、小人が中庸の道と言う様に、丁度よい加減のことをするのは紛らかしである。出処は知見からのこと。蛇の目を灰汁で洗った様でなければ本当のことではない。専一が大切である。ちょっとこちらへと言われても振り向かず、相手にしない。出処の鋭いところがここである。皆知見に係ることで、何ほど実体があっても行い吊りであっても是非邪正がわからなければ出処を誤る。誰でも悪いと思ってする者はいない。揚雄も悪いとは思わなかったから、ここは出る場と思って出たが、それが悪人に随うことになった。
【補足】
・欲貴又行道の心…出処4。「若欲貴之心、與行道之心、交戰於中、豈能安履其素乎」。


第七 君子所賁の条

君子所賁、世俗所羞。世俗所貴、君子所賤。故曰、賁其趾、舍車而徒。
【読み】
君子の賁[かざ]る所は、世俗の羞ずる所なり。世俗の貴ぶ所は、君子の賤しむ所なり。故に曰く、其の趾[あし]を賁り、車を舍てて徒す、と。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の賁卦初九爻辞の注にある。賁卦初九は、「初九、賁其趾、舍車而徒。象曰、舍車而徒、義弗乘也」である。

目のさめた語なり。凡夫と同腹中と云がこまったもの。たたい学者と俗人とは合ぬと云でこそよいことなり。そこを合せたかるは世味經歴なり。學者は世間とは打て違ふはつなり。其證拠はこれほど違ふことなり。賁は、易の賁の卦は山火賁の卦て、上か山、下か火、内卦は火で外卦は山なり。そこて内卦の火が外卦の山を賁るなり。一寸と云ふなら遠くの火事で向の山が見へると云やふなもの。凡そ世の中の賁ると云道理をのべたことなり。ときに賁るにさま々々ある。一寸したことても町繪がさま々々ぬると狩野家がいやがる。茶屋てむせふに花海老をするを見て、茶人かいやかる。世間一通のとは違ふ。君子小人は心根から違ふゆへ、君子の心ではこれが賁りたと思ふことを小人は耻る。君子は道理の通りなれば木綿布子を着る。そこを世俗は借りても立波をしたがる。そこで世俗てよいと思ふことを君子は耻る。利害にかしこく立まわると誰も働きものと誉る処を君子は耻る。我家の普請は立波でも先祖の墓所はきたなくなってをる。女めの婚礼は立波ても、親の死たときは早桶へ入る。大の不埒ぞ。俗人は何たるたわけをしても苦しくない心てをる。故郷へ錦は君子の尊はぬことなり。
【解説】
俗人はどの様な戯けをしても平気でいる。そこで、小人が貴ぶことを君子は恥じる。学者は世間の者とは違う筈である。
【通釈】
目の醒める語である。凡夫と同腹中というのが困ったもの。そもそも学者と俗人とは合わないということこそよいもの。そこを合わせたがるのは世味経歴である。学者は世間とは全く違う筈である。その証拠はこれほど違うのである。「賁」は、易の賁の卦は山火賁の卦で、上が山で下が火、内卦は火で外卦は山である。そこで内卦の火が外卦の山を賁る。たとえを言えば遠くの火事で向こうの山が見えるという様なもの。凡そ世の中の賁るという道理を述べたのである。時に賁ることは様々とある。一寸したことでも町絵師が様々に塗れば狩野家が嫌がる。茶屋で無性に花海老をするのを見て、茶人が嫌がる。世間一通りのことは違う。君子と小人は心根から違っているので、君子の心ではこれが賁りだと思うことを小人は耻じる。君子は道理の通りだから木綿布子を着る。そこを、世俗は借りても立派をしたがる。そこで、世俗でよいと思うことを君子は耻じる。利害に賢く立ち回ると誰もが働き者と誉めるが、それを君子は耻じる。我が家の普請は立派でも先祖の墓所は汚くなっている。娘の婚礼は立派でも、親の死んだ時は棺桶に早く入れる。それは大の不埒である。俗人はどの様な戯けをしても苦しくない心でいる。故郷へ錦は君子の尊ばないこと。
【語釈】
・花海老…

孔子の周流而帰魯。孟子も所行者不合。孔孟に少とも錦の罵のと云ことはない。皆こまり切て反らるる。俗人とは見処のかわるてなければ学者とは云れぬ。賁其趾は立波をしたと云ことなり。そんなら飾のある履てもはいて立波をするかと思へば舎車而徒。道行はれずに引こむから、すあしになって泥の中をあるく。そこを、跡を賁と云。学者の魂は道が行はれ子は徒。はだしになると云ことなり。道に叶へばくるしくない。顔子の簟瓢陋巷て明日食ふものがなくても引込でをる。それたけが德の光りになる。易に此に似た語あり。合せ可見。ここは今迠車にのりたものか乘らぬ。又、負而且乘とある。其人の人品は何ぞかつひてあるく様な車や馬に乘る。それを世俗ては賁と思へとも君子は耻るなり。
【解説】
孔子も孟子も困り切って引き込まれた。その時は「舎車而徒」である。
【通釈】
孔子の「周流而帰魯」。孟子の「所行者不合」。孔孟に少しも錦や罵り(四馬?)ということはない。皆困り切って帰られた。俗人とは見処が違うのでなければ学者とは言えない。「賁其趾」は立派をしたということ。それなら飾りのある履でも履いて立派をするのかと思えば「舎車而徒」。道が行われずに引っ込むから、素足になって泥の中を歩く。そこを賁其跡と言う。学者の魂は道が行われなければ徒である。裸足になって歩くのだが、それも道に叶えば苦しくない。顔子の「簞瓢陋巷」で明日食うものがなくても引っ込んでいる。それ分だけ徳の光になる。易にこれに似た語があるので合わせで見なさい。ここは今まで車に乗っていた者が乗らないこと。また、「負而且乗」とある。人品は、何かを担いで歩く様な人が車や馬に乗る。それを世俗では賁と思うが、君子はそれを耻じるのである。
【語釈】
・周流而帰魯…
・所行者不合…孟子序説。「孟軻乃述唐・虞、三代之德。是以所如者不合。退而與萬章之徒序詩書、述仲尼之意、作孟子七篇」。
・簟瓢陋巷…論語雍也9。「子曰、賢哉囘也。一簞食一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂。囘也不改其樂。賢哉囘也」。
・負而且乘…解卦六三。「六三。負且乘、致冦至。貞吝。象曰、負且乘、亦可醜也。自我致戎、又誰咎也」。


第八 蠱之上九曰不事王侯の条

蠱之上九曰、不事王侯、高尚其事。象曰、不事王侯、志可則也。傳曰、士之自高尚、亦非一道。有懷抱道德、不偶於時、而高潔自守者。有知止足之道、退而自保者。有量能度分、安於不求知者。有清介自守、不屑天下之事、獨潔其身者。所處雖有得失小大之殊、皆自高尚其事者也。象所謂志可則者、進退合道者也。
【読み】
蠱の上九に曰く、王侯に事えず、其の事を高尚にす、と。象に曰く、王侯に事えざるは、志則る可きなり、と。傳に曰く、士の自ら高尚にするは、亦一道に非ず。道德を懷抱し、時に偶わずして、高潔もて自ら守る者有り。止足の道を知り、退きて自ら保んずる者有り。能を量り分を度り、知らるるを求めざるに安んずる者有り。清介もて自ら守り、天下の事を屑[いさぎよ]しとせず、獨り其の身を潔くする者有り。處る所得失小大の殊なり有りと雖も、皆自ら其の事を高尚にする者なり。象に謂う所の志則る可き者は、進退道に合う者なり、と。
【補足】
・この条は、周易程氏伝の蠱卦上九爻辞の注にある。

蠱は何そことをすることなり。學者の經済の業、平天下の大事業もここなり。然るに上九の此爻は其時分に一了簡ありて不事王侯。天子から招ても諸矦から招ても行ぬ。はて、をしいことと思程なことなり。扁鵲仲景か療治に出ぬ。病人かあっても出ぬ。はて、氣の毒なと思ても出ぬ。何をするかと思へば高尚其志。何もせずに引込でをる。志可則。象に孔子のあれが手本になるとなり。只不事王侯なれは隠者になる。老荘釈氏の引込は天倫を滅却する。それは偏氣そ。爰は子細あって引込で事へずに居る。そのわけか可則なり。士之自高尚なと云か今の人のとんと覺のないことそ。又、今の學者の高ぶりは虚氣そ。それは全体のたきらぬことなり。何程の大な顔をしても何そのときにほろを乱す。小野﨑舎人翁の、門柱の大い所へ欠込と云はるるはそこなり。爰等は学者はへぬきの人欲通病なり。はて其筈そ。大な皃をしても門柱の太いて了簡か違ふては、中々その合点では爰らは夢にも見られぬことぞ。廣く高尚の士と云ても非一道と色々ある。位付を云たことなり。出まいと云にも次第階級かある。
【解説】
「蠱之上九曰、不事王侯、高尚其事。象曰、不事王侯、志可則也。傳曰、士之自高尚、亦非一道」の説明。「蠱」は事をする時のことだが、そこを「高尚其志」で出て行かない。その出ないことにも次第階級がある。
【通釈】
「蠱」は何か事をすること。学者の経済の業や平天下の大事業もここのこと。それなのに上九のこの爻はその時分に一了簡があって「不事王侯」。天子から招かれても諸侯から招かれても行かない。実に惜しいことと思うほどのことである。扁鵲や仲景が療治に出ない。病人があっても出ない。実に気の毒なことだと思っても出ない。何をするのかと思えば「高尚其志」。何もせずに引っ込んでいる。「志可則」。象で、あれが手本になると孔子が言った。ただ「不事王侯」だけであれば隠者になる。老荘や釈氏の引っ込みは天倫を滅却する。それは偏気である。ここは子細あって引っ込んで事えずにいること。そのわけが可則である。「士之自高尚」というのが今の人には全く覚えのないこと。また、今の学者の高ぶりは虚気である。それは全体が滾らないからである。何ほど大きな顔をしても何かの時に幌を乱す。小野崎舎人翁が、門柱の大きい所へ駆け込むと言われたのはそこのこと。ここ等は学者生え抜きの人欲通病である。本当にその筈で、大な顔をしていても門柱の太さで了簡が違って来るが、その様な合点では、中々ここ等は夢にも見られないこと。広く高尚の士と言っても「非一道」と、色々とある。それは位付けを言ったこと。出ないことにも次第階級がある。
【語釈】
・蠱…蠱卦。「蠱、元亨。利渉大川。先甲三日。後甲三日。彖曰、蠱、剛上而柔下。巽而止蠱。蠱元亨而天下治也。利渉大川、往有事也。先甲三日、後甲三日、終則有始、天行也」。
・小野﨑舎人…小野崎舎人。師由。本姓大田原。出羽秋田の人。壱岐守の家老。牛島随筆に「小野崎師由、雅量通長」とある。直方晩年の門人。直方の子就正が秋田の佐竹候に仕えたのは、師由の推挙によったとある。

懐抱道德云々。大ふ重ひ垩賢分上なり。伊尹太公望なとなり。あの通な人で御身に持てをる。道德のわたもち。不偶於時。ほうらくの刑の朝に渡る。切脛のときゆへなり。高潔自守はとんと離れ切てをることなり。はてなげかはしいの浅間しひのと云ことはない。垩賢はときにあわぬとて、そんな子は出さぬ。学者は箸の上けをろしに迠、はて氣の毒なと顔をしはめて云へとも、垩賢にそんなことはない。大な松のはえてをるやうなり。つんとした高潔なり。太公望の釣をしてをらるる処か大ふ躰のよいことそ。釣が靣白てはない。紂王へ異見ても云そふなものがすんとしてをらるる。知止足之道云々。此は何もさはぐことはないとかかることなり。此足と云文字て、こふして居れはすむことじゃ、これてよいと云ことなり。これが道德を懐抱したほとの人、てはないなり。何にも人を相手にすることはない。經済の新民のとさわぐことはないとなり。これをつめて云へは迂斎の鷹が爪を大事にするやふなものとなり。爰もあまり隠者めくと手抦にならぬことなり。荘子か牲の牛と云た筋てはない。只出まいと云ことてはなく、身にけがをさせまいと云ことなり。君臣の義は、田舎の日雇取さへ地頭と云君あれは君臣の義あり。されとも明德を明にした人の忠義てなけれは本のことてない。
【解説】
「有懷抱道德、不偶於時、而高潔自守者。有知止足之道、退而自保者」の説明。「有懷抱道德」は伊尹や太公望の様な聖賢のついてのこと。「不偶於時」は紂王の世の様なこと。その様な時に聖賢は「高潔自守」であって出ない。「知止足之道」はこれで済むということで、それは自分の身を保つこと。
【通釈】
「懐抱道徳云々」。大分重い聖賢の上のことである。それは伊尹や太公望などのこと。あの通りの人が御身に持っている。それは道徳の腸持。「不偶於時」。炮烙の刑の朝廷となった。切脛の時である。「高潔自守」は全く離れ切っていること。実に嘆かわしいとか浅ましいなどと言うことはない。聖賢は時に合わないからといって、そんな音は出さない。学者は箸の上げ下ろしにまで、本当に気の毒なことだと顔を皺めて言うが、聖賢にそんなことはない。大きな松の生えている様なもの。つんとした高潔である。太公望の釣をしておられる処が大分体のよいこと。釣が面白いのではない。紂王へ異見でも言いそうな者が静かにしておられる。「知止足之道云々」。これは何も騒ぐことではないと掛かること。この足という文字で、こうしていれば済む、これでよいということになる。これは道徳を懐抱したほどの人だから、何もしないのである。何も人を相手にすることはない。経済や新民と騒ぐことはないと言う。これを詰めて言えば、迂斎が、鷹が爪を大事にする様なものだと言ったこと。ここもあまりに隠者めくと手柄にならない。荘子が牲の牛と言った筋ではない。ただ出ない様にするということではなく、身に怪我をさせない様にしようということ。君臣の義は、田舎の日雇取りでさえ地頭という君がいるのだから君臣の義はある。しかしながら明徳を明にした人の忠義でなければ本当のものではない。
【語釈】
・わたもち…腸持。木や土で作ったものに対し、生身であるもの。生きているもの。
・切脛…
・牲の牛…荘子雑篇列禦寇。「或聘於莊子、莊子應其使曰、子見夫犧牛乎。衣以文繡、食以芻叔。及其牽而入於大廟、雖欲為孤犢、其可得乎」。

量能度分云々。此は我をよく知てをる。兎角今の学者か第二段なことをする。管晏をさへ功烈如彼其卑そ。本のことは堯舜三代のやふにすることなり。それがとふもならず、をらがにはならぬと度分なり。知人爲知自ら知爲明。をれか手きはになるかならぬかと知る。そのならぬことをせふとすると第二着、小康の手段、功烈如彼なり。そこて出ることてはないと求ぬなり。清介自守は学者を除て云かよい。迂斎の、嚴子陵がよふなものとなり。をれははへぬきの浪人と思たもの。大小もつっはる、結講な料理もうるさいと思たもの。其友達が光武なり。そこて光武か天子になって呼たれは、天子と一所に寢て天子の腹の上へ足をあけた。やっはり昔の友の時の心持なり。学者の方から云へは取る手方角もなけれとも、中々ならぬことそ。古今一人なり。これか名教の爲になると范文正公云へり。学者にせんじて呑せるかよし。仕方は義理のか子に當らぬか、今俗人めいた学者どふなろふそ。爰を学問なしの清介て云か見とりぞ。学問の上にそのやふな偏なことはない。これは生れ付なり。今の学者持まへに強ひことないから出処にぬけかある。
【解説】
「有量能度分、安於不求知者。有清介自守」の説明。自分にできるのかできないのかを知り、できなければそれを求めることはしない。「清介自守」も、今の学者は生まれ付きに強いところがないから、出処にも抜けがある。
【通釈】
「量能度分云々」。ここは自分をよく知っていること。とかく今の学者が第二段なことをする。管晏をさえも「功烈如彼其卑也」だと言う。本当のことは堯舜三代の様にすること。それがどうにもならず、俺達にはできないと度分する。「知人為知自知為明」。俺の手際になるのかならないのかを知る。そのならないことをしようとするのは第二着、小康の手段、功烈如彼である。そこで、出ることではないとして求めないのである。「清介自守」は学者を除いて言うのがよい。迂斎が、厳子陵の様なものと言った。俺は生え抜きの浪人だと思った者。大小も突っ張る、結構な料理も煩いと思う。その友達が光武である。そこで光武が天子になってから彼を呼ぶと、天子と一所に寝て天子の腹の上へ足を上げた。やはり昔友だった時の心持だったのである。学者の方から言えば途方もないことだが、中々できないことである。これができるのは古今一人である。これが名教のためになると范文正公が言った。学者に煎じて飲ませるのがよい。その仕方は義理の物差しには当たらないが、今俗人めいた学者のできることではない。ここを学問なしの清介で言うのが見取りである。学問の上にその様な偏なことはない。これは生まれ付きである。今の学者は持ち前に強いところがないから出処に抜けがある。
【語釈】
・功烈如彼其卑…孟子公孫丑章句上1。「公孫丑問曰、夫子當路於齊、管仲・晏子之功、可復許乎。孟子曰、子誠齊人也。知管仲・晏子而已矣。或問乎曾西曰、吾子與子路孰賢。曾西蹵然曰、吾先子之所畏也。曰、然則吾子與管仲孰賢。曾西艴然不悅、曰、爾何曾比予於管仲。管仲得君、如彼其專也。行乎國政、如彼其久也。功烈、如彼其卑也。爾何曾比予於是。曰、管仲、曾西之所不爲也。而子爲我願之乎」。
・知人爲知自ら知爲明…老子辯德33。「知人者智、自知者明」。
・范文正公…范仲淹。宋、呉県の人。字は希文。諡は文正。仁宗に仕え辺を守ること数年、羌人から竜図老子と尊ばれた。

不屑と云は、天下と云へは何天下かと云のなり。屑は古ひ訓にもののかずとせぬと云。なにあれがと輕くあしろふ。清介なり。上には自とあり、爰には独とあるを見よ。とかく出ぬ方なり。上段々の高尚かそれ々々に違へとも、經済新民の業をわすれはせぬか、了簡あってする不仕なり。但、此独潔と云は独の字てそろ々々異端に近つくぞ。されともいかにしてもよいゆへここへ入て云。小大。道德の伊尹太公望から見ると、止足の、量能清介のと云は小なり。得失は時節を取りそこなふことある。この節は出てもよいと云ことあるに出ぬもあれは得失そ。柯先生の、光武かよいから嚴子陵も出る筈しゃと云へり。孔明は出たなり。出べきときに出ぬからそこは失なれとも、自高尚其事なり。止足の、量能のと云は所詮出ても我手際には出来ぬと思て出ぬ。皆出たかる処を出ぬなれは皆高尚と云ものなり。
【解説】
「不屑天下之事、獨潔其身者。所處雖有得失小大之殊、皆自高尚其事者也」の説明。得失に大小はあっても、出たがる処を出ないのであれば高尚である。
【通釈】
「不屑」とは、天下と言えば何天下がと言うこと。屑は古い訓に、物の数とせぬとある。何あれがと軽くあしらう。それが「清介」である。上には自とあり、ここには独とあるのを見なさい。とかく出ないことである。上段々の高尚がそれぞれに違うが、経済新民の業を忘れはしないが、了簡があってする不仕なのである。但し、この「独潔」というのは独の字てそろそろ異端に近付く。しかし、いかにもよいのでここへ入れた。「小大」。道徳のある伊尹や太公望から見ると、「止足」や「量能清介」というのは小である。「得失」は時節を取り損なうことがあること。この節は出てもよいということがあっても出なければ得失である。柯先生が、光武がよいから厳子陵も出る筈だと言った。孔明は出た。出るべき時に出ないから失となるが、それでも「自高尚其事」である。止足や量能というのは、所詮出ても自分の手際ではできないと思って出ないこと。出たがる処を出ないのであれば、皆高尚というものである。

さて学者は志可則をすることなり。只高上て清介はかりなれは氣質に落てしまふ。そこては只の高尚はほめることはない。進退合道てこそなれ、迂斎所願學孔子と云やふなもの、と。用れは行舎藏る。只我與汝爾。たった二人なり。近思は精微の書て孔顔を目當にすることなり。眞初に無極而太極と出るゆへ合道てなけれは請取ぬ。伯夷は不屑就、柳下惠は不屑去。孔孟のやふにすら々々せぬ。近思の吟味は爰の合道と云にきまることなり。然る処、某が出處の篇題からして今日の諸条腕をこくやふに讀は此か出処のあたりなり。近思は義理精微の書ゆへ偏なことはわるい。爰がときに中するたの、權道だのと云は非なり。俗学者多は看板は中庸て心は利禄を貪るそ。進退合道と云へは今某か出處を手強くよむ、合はぬやうなり。なれとも一と張肩を入るるかよし。まして靖献遺言の大義又一行一節を称する様では近思の吟味にはわるいやふなれども、やはり此前の存養克己のあたりて、存養は奧深しくかかり、克己は手あらにかかると云。出處も少と奴のやうに手強かから子ばぬるける。すてに揚雄か孔子のま子をしてしそこなふたゆへあの通。されともとと孔顔を目あててゆくことなりと云は、垩人はまん丸て無適無莫。くる々々まわるやうぞ。されとも義と云眞木かあれば道に合ふ。それをふみはずしてはならぬ。茶臼はまわれとも眞は動かぬやふに、進退合道なり。柳下惠の和ても確乎不可拔はそこなり。
【解説】
「象所謂志可則者、進退合道者也」の説明。ただ高上で清介ばかりではなく、「進退合道」でなければならない。近思録は義理の精微の書なので偏ったことはなく、手強く読まなければならない。聖人は真丸で無適無莫だが、義という真木があるので道に合う。進退合道である。
【通釈】
さて、学者は「志可則」をするのである。ただ高上で清介ばかりであれば気質に落ちてしまう。そこでは、ただの高尚は褒めることではない。「進退合道」でこそ成るのであり、「所願学孔子」という様なものだと迂斎が言った。「用之則行舍之則蔵惟我与爾有是夫」。たった二人である。近思は精微の書で孔顔を目当てにする。真初に「無極而太極」と出るので合道でなければ請け取ることはできない。伯夷は不屑就、柳下惠は不屑去。孔孟の様にすらすらとしない。近思の吟味はここの合道ということに極まる。この処で、私が出処の篇題から今日の諸条までを腕を扱く様に読んだのは、これが出処の仕方だからである。近思は義理精微の書なので偏なことは悪い。ここが時中だの、権道だのと言うのは非である。俗学者の多くは、その看板は中庸でも心は利禄を貪っている。進退合道と言えば、今私が出処を手強く読むのは合わない様だが、一張肩を入れるのがよい。ましてや靖献遺言の大義の一行一節を称する様では近思の吟味には悪い様だが、やはりこの前の存養克己の仕方で、存養は奥深しく掛かり、克己は手荒に掛かると言う。出処も一寸奴の様に手強く掛からなければ温ける。既に揚雄が孔子の真似をしてし損なってあの通りである。しかしながら、つまりは孔顔を目当てに行くことだと言うのは、聖人は真丸で無適無莫でくるくる回る様である。しかし、義という真木があるので道に合うからである。それを踏み外してはならない。茶臼は回るが真は動かない様に、進退合道である。柳下恵の和でも「確乎不可拔」はそこである。
【語釈】
・所願學孔子…孟子公孫丑章句上2。「乃所願、則學孔子也」。
・用れは行舎藏る…論語述而10。「子謂顏淵曰、用之則行、舍之則藏。惟我與爾有是夫」。
・ときに中する…中庸章句2。「君子之中庸也、君子而時中。小人之中庸也、小人而無忌憚也」。
・無適無莫…論語里仁10。「子曰、君子之於天下也、無適也、無莫也、義之於比」。
・確乎不可拔…論語微子2集註。「然其不能枉道之意、則有確乎其不可拔者」。