第二十八 不能動人の条  十二月十一日  纎邸文録
【語釈】
・十二月十一日…寛政2年庚戌(1790年)12月11日。
・纎邸文…林潜斎。花沢文二。東金堀上(細屋敷)の人。寛延2年(1749)~文化14年(1817)

不能動人、只是誠不至。於事厭倦、皆是無誠處。
【読み】
人を動かすこと能わざるは、只是れ誠至らざればなり。事に於て厭倦するは、皆是れ誠無き處なり。
【補足】
・この条は、程氏遺書五にある。

存羪はさま々々な功夫がこれ迠見へてあれとも、仕をふせた処は誠になること。其つまり、天から下された有形のままの誠に至ると垩人なり。この章、他人の方のことて我をためすこと。たたい学問は己か為め。人を相手にすることてはないか、されとも人へひひかぬはこちの越度にて、人を感動させぬは我誠の足らぬからなり。いやと云れぬことは誠かなく、弁舌や上手ては人へひひかぬ。此方の誠か至らぬゆへ、いくら上手を云ても人が得心せぬ。上手ものか人の子ともを誉め、子の親か喜ふと思て其子ともをほめるに能ひ生れつきの、をとなしい子のとて頬を撫ても、先きの親かそれほとうれしからぬ。人の請取るほとに此方の誠の至らぬかそれて知れる。人か何んても證拠なり。平生学問のことは己々と云て己か為なれとも、この章人を出したか面白ひ。誠のないは人の受取ぬか證拠なり。迂斎の云瞽瞍底豫は舜の誠なり、と。あ悪人か氣質変化しそふもないものなれとも、善人になりたは舜の誠。そこで此方の修行なり。天からの拜領のやうになるはこちの誠をつむからなり。誠は名作の鼓のやうなり。何程作の鼓ても、此方か上手になら子は鳴はせぬ。こちの誠次第なり。
【解説】
「不能動人、只是誠不至」の説明。学問は己の為にするものだが、ここは他人によって自分を試すこと。人へ響かないのは自分の誠が足りないからである。「瞽瞍底豫」は舜の誠からのもの。
【通釈】
存養には様々な工夫がこれまでにあったが、仕遂げる処は誠になること。結局は、天から下された有形の通りの誠に至ると聖人となる。この章は他人の方から自分を試すこと。そもそも学問は己の為で、人を相手にすることではないが、しかし、人へ響かないのはこちらの越度であって、人を感動させないのは自分の誠が足りないからである。それは否定することのできないことで、誠がなければ弁舌がうまくても上手であっても人へ響かない。自分の誠が至らないので、いくら上手を言っても人が得心をしない。上手者が人の子供を誉める。子の親が喜ぶと思ってその子供を誉めるのに、よい生まれ付きとか、大人しい子だと言って頬を撫でても、その親はそれほど嬉しがらない。人が請け取ると思うほどには自分の誠の至らないことがそれで知れる。人が何でも証拠となる。平生学問のことは己々と言って己の為だが、この章では人を出したのが面白い。誠がなければ人は受け取らないのがその証拠である。迂斎が「瞽瞍底豫」は舜の誠だと言ったが、悪人は気質変化しそうもないものだが、善人になったのは舜の誠による。そこで自分の修行なのである。天からの拝領の様になるのは自分の誠を積むからである。誠は名作の鼓の様なもの。どれほど名作の鼓でも、自分が上手にならなければ鳴りはしない。こちらの誠次第なのである。
【語釈】
・瞽瞍底豫…孟子離婁章句上28。「舜盡事親之道、而瞽瞍厎豫。瞽瞍厎豫、而天下化。瞽瞍厎豫、而天下之爲父子者定。此之謂大孝」。

於事厭倦。このやうな語などは根を合点でなければ云れぬこと。上の語の對句には合ぬやうなれとも、中かの合ふ処が面白ひ。倦と云は、たたい誠のないゆへなり。誠があれば面倒からぬ。はてさて孫か祖父さま々々々々と云て出るにいかないやからぬ。厭はせぬ。本んの所へ行くとあきはない。今朝花を見たからと云て、暮にはいやでない。西行が不断冨士を詠めるは冨士へ誠の出たなり。迂斎云、人欲になりては眠りかつかぬか、其わるいくるみ誠となり。博奕や好色はそふなり。大学の傳者が如好好色如悪々臭と云か誠にて、好色には艸臥はない。不淨の来たときは鼻をふさく。誠と誠の本んのものの出合ゆへ、これでよい加減にして置と云ことはなし。誠の出合は照ふりなしなり。猫の鼠今朝とったとて厭倦はない。鼠がごっそりと云とかけ出す。この章なとも先日刑和叔が語言可見況臨大事乎の章へあてると合ふ。あれは上は皮のこと。あの封を切るとこの章になる。
【解説】
「於事厭倦、皆是無誠處」の説明。「厭倦」は誠がないからそうなる。「如好好色如悪々臭」が誠である。
【通釈】
「於事厭倦」。この様な語などは根を合点していなければ言えないこと。上の語の対句としては合わない様だが、中の合う処が面白い。倦は、そもそも誠がないからである。誠があれば面倒がらない。さても孫が祖父様と呼んで出ればいかにも嫌がることはない。厭いはしない。本来の所へ行くと厭きはしない。今朝花を見たからといって、暮に厭になることはない。西行が絶えず富士を詠むのは富士に誠が出たのである。迂斎が、人欲があると眠れなくなるが、その悪いところを含めて誠だと言った。博奕や好色がそれである。大学の伝者が「如好好色如悪々臭」と言うのが誠のことで、好色に草臥れることはない。不浄の来た時は鼻を塞ぐ。誠と誠という本物同士の出合いなので、これでよい加減にして置くということはない。誠の出合いは照り降りがない。猫が鼠を今朝捕ったからといって厭倦はない。鼠の音がすれば駆け出す。この章なども先日の邢和叔の「語言可見況臨大事乎」の章へ当てると合う。あれは上皮のこと。あの封を切るとこの章になる。
【語釈】
・如好好色如悪々臭…大学章句6。「所謂誠其意者、毋自欺也。如惡惡臭、如好好色、此之謂自謙。故君子必愼其獨也」。論語子罕17集註。「謝氏曰、好好色、惡惡臭、誠也。好德如好色、斯誠好德矣。然民鮮能之」。
・照ふり…平穏と不穏。状態が安定していないことのたとえ。
・語言可見況臨大事乎…存養11の語。


第二十九 靜後萬物云々の条

靜後見萬物、自然皆有春意。
【読み】
靜かなる後に萬物を見れば、自然に皆春意有り。
【補足】
・この条は、程氏遺書六にある。

靜は凡夫の心の裏と合点すへし。先近付に垩人はない。凡夫には近付が多ひ。それ々々ぶん々々な癖せ、欲もぶん々々な欲で、其欲や癖の流義は違へとも、そわ々々ものに引れるは同ことなり。立身かせぎ金ためたい。隠者の樂をしたい。それ々々に物にそは々々する。それが靜の反体なり。物にそわ々々せす、しっとりと落付たか靜なり。そふ聞て氣質のことかと思ひ、私とも村にも靜な男があると云は牛のやふな生れつきなり。ここは太極圖説の小書に無欲故靜とある。あのことなり。必竟欲ゆへそは々々する。其欲をとると相手がない。そこで靜になる。此の後と云字が面白ひ。靜になりすました日の跡なり。たま々々靜は直方先生の云るる瘧りの間日なり。一日ふいと靜と云は、ここの十露盤に合はぬ。我に靜の覚ありて欲をふせぎ靜になりすました後の相談なり。
【解説】
「靜後」の説明。物にそわそわとせずにじっくりと落ち着いているのが静である。それは無欲であるということ。
【通釈】
静は凡夫の心とは逆のことだと合点しなさい。先ず聖人に近付きはない。凡夫には近付きが多い。それぞれ分に随った癖や欲があって、その欲や癖の流儀は違っていても、そわそわと物に引かれるのは同じこと。立身稼ぎをして金を貯めたい、隠者の様に楽をしたいと、それぞれが物にそわそわとする。それが静の反対なこと。物にそわそわとせず、じっとりと落ち着いたのが静である。そう聞いて気質のことかと思い、私どもの村にも静な男がいると言うのは牛の様な生まれ付きである。ここは太極図説の小書に「無欲故静」とある、あのことである。畢竟欲があるからそわそわとする。その欲を取り除くと相手がなくなるから、そこで静になる。ここの「後」という字が面白い。静になりすました日の後のこと。偶々の静は、直方先生が言われた瘧りの間日である。一日ふいと静かだというのは、ここの算盤には合わない。自分に静の覚えがあって、欲を防ぎ静になりすました後の相談なのである。
【語釈】
・瘧りの間日…瘧の熱の出ない日。

見萬物自然有春意。何にかきらぬを万物と云。この方の眼にふるるもののこと。我か靜になると云も正月の様な心持と云底が有春意なり。春意と云が面白ひ。曽点の人欲盡處天理充滿と云場のこと。そふないは人欲の氷て魂がつめたい。そこが解てほぎ々々となった所を春意と云。司馬桓魋が孔子を殺そふと云が、孔子は人欲の邪魔になるゆへのこと。あれか金箔の人欲て、宋の國を撫込ふと云から垩人を殺そふとする。春意の裏はそふなり。人欲がないと何もかも春意なり。子ともが牡丹をちぎり、大切の茶碗をやぶられやうとて、それに引るるゆへ、小児のそこへ來るがいやなり。この方が欲がないといつもにこ々々て、南風の吹やふになる。然れば向のことでない。此方の心からなり。欲かあるとつめたくなる。見るの字は見所の見でない。何を見ても春意のある体に見へるを云。先日の処の今学者敬而不見得の見と同ことなれとも、あの見るは目利をする意なり。これは見へて來るなり。效なり。見処の見は靜てなくともうんと呑込む。ここも西の銘の頑の字の裏なり。頑を訂すと跡は春意になる。八右ェ門が弟平治郎か、溝口候の臣、幸田善太郎殿の花見を花に照合と云ふ。幸田子がこさ々々の欲なく春むき、日の暮るも知らずに花を見てこせ々々せぬ底か輕ひことのやふで大なことなり。曽点の胷次悠然の氣象かありて春意の底なり。万物の春意自然なも、この方のさはぎてうつらず。一夜明けたれば誠に春のやふなと元日に人々云も聞へた。臘末に春氣ありても欲得のさはぎて一向覚へず。元日ちと春めくと覚へるも靜からなり。
【解説】
「見萬物、自然皆有春意」の説明。「春意」とは、「人欲尽処天理充満」の場であり、「胸次悠然」の気象である。年末は欲得の騒ぎによって春意があることもわからないが、正月に春意を感じるのは、正月が静だからである。
【通釈】
「見万物自然有春意」。「万物」は何に限らず言う。自分の眼に触れるもののこと。自分が静になるというのも正月の様な心持ちになるという風なことで、それが「有春意」である。春意と言うのが面白い。曾点の「人欲尽処天理充満」という場のこと。そうでないのは人欲の氷で魂が冷たいからである。そこが解けてよくなった所を春意と言う。司馬桓魋が孔子を殺そうとしたのは、孔子が人欲の邪魔になるからのこと。あれが金箔の人欲で、宋の国を撫で込もうとするから聖人を殺そうとする。春意の裏はその様なこと。人欲がないと何もかも春意である。子供が牡丹をちぎり、大切な茶碗を割るのではないかと、それに引かれるので、小児がそこへ来るのを嫌に思う。こちらに欲がないといつもにこにこで、南風の吹く様になる。それなら向こうのことでなく、自分の心からのこと。欲があると冷たくなる。「見」の字は見所の見ではない。何を見ても春意がある様に見えることを言う。先日の「今学者敬而不見得」にある見と同じことだが、あの見るは目利きをする意であり、これは見えて来る意である。それは効である。見処の見は静でなくてもうんと飲み込むもの。ここも西銘の頑の字とは逆のこと。頑を訂すと後は春意になる。八右衛門の弟の平治郎が、溝口候の臣、幸田善太郎殿の花見を花に照合と言った。幸田子がこせこせとした欲もなく春めいて、日が暮れるのも知らずに花を見る。このこせこせとしない様が軽いことの様で大きなこと。曾点には「胸次悠然」の気象があるが、それが春意の風である。万物の春意の自然なことも、こちらの騒ぎで映らない。一夜明けたら誠に春の様だと元日に人々が言うのもよくわかる。年末に春気があっても欲得の騒ぎで一向に覚らないが、元日には少し春めくと覚るのも静からである。
【語釈】
・人欲盡處天理充滿…論語先進25集註。「曾點之學、蓋有以見夫人欲盡處、天理流行、隨處充滿、無少欠闕」。
・司馬桓魋…論語述而22集註。「桓魋、宋司馬向魋也。出於桓公。故又稱桓氏。魋欲害孔子」。
・今学者敬而不見得…存養16。「今學者、敬而不見得、又不安者、只是心生」。
・八右ェ門…佐藤復斎。名は尚志。八右衛門。新発田藩溝口浩軒侯の臣。~寛政3年(1791)
・平治郎…佐藤平二。
・幸田善太郎…幸田子善。名は誠之。善太郎と称す。江戸の人。幕臣。享保5年(1720)~寛政4年(1792)
・胷次悠然…論語先進25集註。「初無舍己爲人之意、而其胷次悠然、直與天地萬物、上下同流、各得其所之妙、隱然自見於言外」。
・臘末…年末。「臘」は年の暮。陰暦一二月の異称。


第三十 孔子言仁云々の条

孔子言仁、只説出門如見大賓、使民如承大祭。看其氣象、便須心廣體胖、動容周旋中禮自然。惟愼獨便是守之之法。聖人脩己以敬、以安百姓。篤恭而天下平。惟上下一於恭敬、則天地自位、萬物自育、氣無不和。四靈何有不至。此體信達順之道、聰明睿知皆由是出。以此事天饗帝。
【読み】
孔子仁を言うに、只門を出でては大賓を見るが如く、民を使うには大祭を承[う]くるが如しと説くのみ。其の氣象を看れば、便ち須く心廣く體胖かに、動容周旋禮に中りて自然なるべし。惟愼獨のみ便ち是れ之を守る法なり。聖人は己を脩むるに敬を以てし、以て百姓を安んず。篤恭にして天下平かなり。惟上下恭敬に一ならば、則ち天地自ら位し、萬物自ら育われ、氣和せざること無し。四靈何ぞ至らざること有らん。此れ信を體し順を達する道にして、聰明睿知皆是より出ず。此を以て天に事え帝を饗するなり。
【補足】
・この条は、程氏遺書六にある。また、論語顔淵2集註には「程子曰、孔子言仁。唯説出門如見大賓、使民如承大祭。看其氣象、便須心廣體胖、動容周旋中禮。唯謹獨、便是守之之法」、憲問45集註には「程子曰、君子脩己以安百姓。篤恭而天下平。唯上下一於恭敬、則天地自位、萬物自育、氣無不和、而四靈畢至矣。此體信達順之道、聰明睿知、皆由是出。以此事天饗帝」とある。

春意の処から受て仁なり。兎角理屈つめては仁は知れぬ。大晦日に借金をかへすに是が利銀、これが元金と云てかへすは、そふあるへき理なり。仁を一つ合点するには其やふな筋では知れぬ。氣象からかから子ば得られぬ。親に美味を進せるは子の役。固りのこと。そこを膳の下るとき、其腕のふたをとりて如何程食ふたかと明けて見る処に仁の氣象あり。論語仁の問に十分よいと思ふことも孔子の不知其仁との玉ふ。大抵の尤ずくめでは取ぬ。それほと重ひ。其先つ仁の説なり。然らば仁は傳授ことかと思ふに何のことなく、出門云々と示せり。只の字が手もないことを云。いつも云出門か手もない平生のこと。この席ても、そこの障子をあけて小便に出るも出門なり。
【解説】
「孔子言仁、只説出門如見大賓」の説明。仁は理屈からではなく、気象から取り掛からなければ得ることはできない。仁は「出門」の様な平生の中にある。
【通釈】
前条の「春意」を受けての「仁」である。とかく理屈詰めでは仁はわからない。大晦日に借金を返すのに、これが利銀でこれが元金と言って返すのは、そうあるべき理である。しかし、仁を一つ合点するにはその様な筋ではわからない。気象から取り掛からなければ得られない。親に美味を勧めるのは子の役。それは当然のこと。そこで膳の下げる時に、その椀の蓋を取ってどれほど食ったのかと見る処に仁の気象がある。論語にある仁の問いに、十分によいと思えることでも孔子は「不知其仁」と仰った。仁は、並大抵な尤もずくめでは取れない。それほど重いこと。先ずはその仁の説である。それなら仁は伝授事かと思えば何事もなく、「出門云々」と示した。「只」の字がわけもないことの意である。いつも言う出門がわけもない平生でのこと。この席でも、そこの障子を開けて小便に出るのも出門である。
【語釈】
・不知其仁…論語公冶長8。「孟武伯問、子路仁乎。子曰、不知也。又問、子曰、由也千乘之國、可使治其賦也。不知其仁也。求也何如。子曰、求也千室之邑、百乘之家、可使爲之宰也。不知其仁也。赤也何如。子曰、赤也束帶立於朝、可使與賓客言也。不知其仁也」。
・出門…論語顔淵2。「仲弓問仁。子曰、出門如見大賓、使民如承大祭。己所不欲、勿施於人。在邦無怨、在家無怨。仲弓曰、雍雖不敏、請事斯語矣」。

使民は勘定奉行の百姓ともへ仰付ではない。某なれはあの下女を使ふも人の一僕使ふも日々にある。けりゃふなことなり。大賓は御老中招請と云ときのこと。切立の衣裳で出る。大礼なり。大祭は日光の御祭礼と云ときのこと。御きょなれとも、其心で民を使ひ下女や下男を使ふ。けりゃうなことにもそふする。然れば影日向のない工夫にこの上はなし。今日の学者も門の出這入下女下男を使ふに大賓大祭の如くすると云ことが合点ゆかぬと云ことでもないが高大なこと。それが又及ばれませぬと云。空を示すはづはない。すれば、たま々々出来るが毎日はならぬと云はは、云わけのならぬこと。ならぬと云はば、飯も毎日食はぬはづなり。この語がことの外の卑ひことのやうで高ひこと。仁を示すに精粗高卑を一つにした御詞なり。
【解説】
「使民如承大祭」の説明。門の出入りや下女下男を使うのに大賓大祭の如くする。そして、それを毎日行う。これが精粗高卑を一つにした言葉である。
【通釈】
「使民」は勘定奉行が百姓共へ仰せ付ける様なことではない。私であればあの下女を使うことも、また、人が一僕を使うことも日々にある。日常のこと。「大賓」は御老中招請という時のこと。切立ての衣裳で出る。大礼のこと。大祭は日光の御祭礼という時のこと。それは御巨だが、その心で民を使い下女や下男を使う。日常のことにもそうする。そこで、陰日向のない工夫としてはこの上ない。今日の学者も門の出入りや下女下男を使うのに大賓大祭の如くするということが合点できないというわけでもないが、それが高大なことなので、それを行うにまでには到らないと言う。しかし、空論を示す筈はない。そこで、偶々ならできるが毎日はできないと言う様な言い訳はならない。それができないと言うのなら、飯も毎日食わない筈。この語が殊の外卑いことの様で高いこと。仁を示すために精粗高卑を一つにした御詞である。
【語釈】
・切立…衣服の仕立ておろし。

看其氣象便須心廣体胖云々。仲弓は即坐に功夫した人なり。論語を讀ものが夫れを文靣の章句で見てはならぬ。氣象で見子ば小笠原になる。先日以敬来做事得重とある敬を一つ事にしてかかると敬でない。大賓大祭と云を聞て摺足しても中々得られぬ。氣象は甘みの処を云。この氣象て毎日此實事ですると孔子の仲弓に告られたが心廣体胖の塲で有ふと云。誠意の章で学者の功夫なれとも、この語は效ゆへ垩人の塲なり。動容周旋中禮は孟子。固り垩人の塲を云。自然の字、ここの氣象を認めてみよ。動容周旋中礼と云ても、垩人の方に斯ふするものと云て勉強のないが自然ぢゃと云て、垩人に説つめたなり。垩人に説つめたなれば学者の為にはならぬやふなれとも、塲が斯ふしたものと見せる。
【解説】
「看其氣象、便須心廣體胖、動容周旋中禮自然」の説明。ここの敬は「以敬来做事得重」の敬とは異なる。気象から毎日実事をするのが「心広体胖」の場であり、「動容周旋中礼」は聖人の場を言ったもので、「自然」なものである。
【通釈】
「看其気象便須心広体胖云々」。仲弓は即座に工夫をした人である。論語を読む者はそれを文面や章句としてだけ見てはならない。気象で見なければ小笠原流になる。先日の「以敬来做事得重」にある敬を同じものだとして掛かるのは、ここの敬の意ではない。大賓大祭ということを聞いて摺り足をしても中々得られるものでない。気象とは甘みの処を言う。この気象で毎日この実事をすると孔子が仲弓に告げられたのが心広体胖の場だったのだろうと言った。心広体胖は誠意の章にあって学者の工夫を指すが、ここは効のことを言うので聖人の場を言うもの。「動容周旋中礼」は孟子の語で、固より聖人の場を言う。「自然」という字は、ここの気象を認めて見なさい。動容周旋中礼と言っても、聖人の方にこうするものだと勉強することのないのが自然だということで、これは聖人に説き詰めたこと。聖人に説き詰めたのなら学者のためにはならない様だが、場とはこうしたものだと見せたのである。
【語釈】
・心廣体胖…大学章句6。「曾子曰、十目所視、十手所指、其嚴乎。富潤屋、德潤身。心廣體胖。故君子必誠其意」。
・小笠原…小笠原流。近世の武家礼式の一流。後世、三つ指をついてお辞儀をするなど、堅苦しい礼儀作法のことを俗に小笠原流という。
・以敬来做事得重…存養16。「今學者、敬而不見得、又不安者、只是心生。亦是太以敬來做事得重」。
・動容周旋中禮…孟子尽心章句下33。「孟子曰、堯舜性者也。湯・武、反之也。動容・周旋中禮者、盛德之至也」。

惟愼獨便是守之之法。愼獨は中庸の首章と誠意の章を両方出處に見べし。さて、誠意の章は克己に中り、中庸の方は正心に中るゆへ、存養の篇には中庸を引べきことなれとも、そふ分ずにここは仁とあるゆへ両方を出處に見べし。愼獨は我より外はしらぬ。山崎先生、孔子より漆雕開が能知たと云はるる。偖、愼獨は工夫のぎり々々。人欲の方へも氣質の偏よる方へもするなり。そこで中庸大学ともによし。上の句の大賓は事をつかまへて云こと。獨を愼むは事をつかまへぬこと。そこが靣白い。何てもとど獨りてなければ仁へ至られぬ。守之之法。平生の一念浮む処を吹けし々々々よい方へやるか守なり。先日伊川の須敬守の字なり。たん々々云ても、とこも一つ心のことなり。
【解説】
「惟愼獨便是守之之法」の説明。大学誠意の愼獨は克己のことで、中庸首章の愼獨は正心のこと。大賓は事を掴まえて言うことだが、愼獨は事を掴まえずに言うこと。「守」とは、一念が浮かぶのを吹き消してよい方へ進ませることである。
【通釈】
「惟慎独便是守之之法」。慎独は中庸の首章と誠意の章の両方を出処として見なさい。さて、誠意の章は克己に当たり、中庸の方は正心に当たるから、存養の篇には中庸を引くべきだが、その様に分けずにここは仁とあるから両方を出処として見なさい。慎独は、自分以外は知らないということ。山崎先生が、孔子より漆雕開の方がよく知ったと言われた。さて、慎独は工夫の至極。人欲の方へも気質によって偏る方へもすること。そこで中庸と大学が共によい。上の句の大賓は事を掴まえて言うことで、慎独は事を掴まえずに言うこと。そこが面白い。何でも結局は独りでなければ仁へ至ることができない。「守之之法」。平生一念が浮ぶ処をいつも吹き消してよい方へ遣るのが守である。それが先日伊川の言った「須敬守」のこと。段々と言って来たが、どれも同じく心のこと。
【語釈】
・愼獨…中庸章句1。「天命之謂性。率性之謂道。脩道之謂敎。道也者、不可須臾離也。可離非道也。是故君子戒愼乎其所不睹、恐懼乎其所不聞。莫見乎隱、莫顯乎微。故君子愼其獨也」。大学章句6。「所謂誠其意者、毋自欺也。如惡惡臭、如好好色、此之謂自謙。故君子必愼其獨也。小人閒居爲不善、無所不至。見君子而后厭然揜其不善、而著其善。人之視己、如見其肺肝然、則何益矣。此謂誠於中形於外。故君子必愼其獨也」。
・須敬守…存養14。「伊川先生曰、學者須敬守此心、不可急迫」。

聖人脩己以敬云々。守の字か仲弓に告た計でなく、子路に告るもそれなり。論語脩己以敬を徂徠か何と讀や、心法は頭陀比丘の教と云が、脩己か心のことてなくて何てあろふ。己を脩覆することか一事を出すことてなく、魂を脩ることなり。以敬と云か、心かはっきりとなりて心が居処にいる。孟子の求放心も心の欠落を治ること。心の居処にいるかからだの建立なり。以安百姓篤恭而天下平。己れ々々と胷をたたいて示すに、只今百姓を治るは政談經済録と思ふは了簡違なり。己れを脩て、それかすくに百姓を安んする。分んに百姓を治めやふと云ことはない。以敬の処からなり。黎民於変か事てはない。堯の欽明の欽が脩己なり。それか百姓を安する。それを近思て治体と云。事さのことは治法なり。覇者は事計で敬かない。作り花なり。そこで篤敬而天下平と、程子の論語へ中庸をはめて示せり。孫の子思の斯ふ云はるるか論語の脩己。篤恭。安百姓は天下平なり。洪範にある立有極と云もこのこと。其有極と云纒て民がよくなる。君子の德は風なり。小人の德は草なり。一軒火の用心して其通隣から隣てすると一国に火事はない。日光御社参のとき火事のないも、だん々々火の用心が天下へ廣かるゆへなり。伯者は向へ計手を出して手前にはかまわぬ。そこて古之欲明明德於天下云々と大学て示す。管仲晏子か眞似て假てするとは違ふ。人君の明德の通り天下へ及ふ。糾々武夫なり。此屋可封なり。そこを上下一於恭敬と云。
【解説】
「聖人修己以敬、以安百姓。篤恭而天下平。惟上下一於恭敬」の説明。「修己」とは事業ではなく、魂を修めることで、「以敬」は、心がいるべきところにいること。その修己以敬が直に百姓を安んじることになる。修己は篤恭、安百姓は天下平と、程子が論語に中庸を嵌めて示した。
【通釈】
「聖人修己以敬云々」。守の字は仲弓に告げただけでなく、子路に告げたのもそれである。論語にある「修己以敬」を徂徠が読むに任せて、心法は頭陀比丘の教えだと言ったが、修己が心のことでなくて何のことだろうか。己を修復することは一事をすることではなく、魂を修めること。以敬は、心がはっきりとなって心が居処にいること。孟子の「求放心」も心の欠落を治めること。心が居処にいるのが体の建立である。「以安百姓篤恭而天下平」。己のことだと胸を叩いて示すが、只今百姓を治めるのは政談や経済録によると思うのは了簡違いである。己を修めることが直に百姓を安んじることになる。別に百姓を治めようとするのではない。以敬の処からそうなる。「黎民於変」は事ではない。堯の欽明の欽が修己である。それが百姓を安んじる。それを近思では治体と言い、事のことは治法である。覇者は事ばかりで敬がない。造花である。そこで「篤恭而天下平」と、程子が論語に中庸を嵌めて示した。孫の子思がこの様に言われたのが論語の修己。篤恭。安百姓は、天下平のこと。洪範にある「建其有極」と言うのもこのこと。その有極という纒で民がよくなる。「君子之徳風小人之徳草」。一軒が火の用心をして、その通りに隣から隣へとすれば一国に火事はない。日光御社参りの時に火事がないのも、段々と火の用心が天下へ広がるからである。伯者は向こうへばかり手を出して自分には構わない。そこで「古之欲明明徳於天下云々」と大学で示す。管仲や晏子が真似て借りてするのとは違う。人君の明徳の通りに天下へ及ぶ。「赳赳武夫」であり、「可此屋而封」である。そこを「上下一於恭敬」と言う。
【語釈】
・子路に告るも…論語憲問45。「子路問君子。子曰、脩己以敬。曰、如斯而已乎。曰、脩己以安人。曰、如斯而已乎。曰、脩己以安百姓。脩己以安百姓、堯舜其猶病諸」。
・頭陀比丘…頭陀行をする僧。頭陀は、僧が行く先々で食を乞い露宿などして仏道を修行すること。また、その僧。比丘は、仏門に帰依して具足戒を受けた男子。修行僧。乞士。
・求放心…孟子告子章句上11。「學問之道無他。求其放心而已矣」。
・黎民於変…書経堯典。「曰、若稽古帝堯。曰、放勳。欽明文思、安安。允恭克讓、光被四表、格于上下。克明俊德、以親九族。九族既睦、平章百姓。百姓昭明、協和萬邦。黎民於變、時雍」。
・篤敬而天下平…中庸章句33。「詩曰、不顯惟德、百辟其刑之。是故君子篤恭而天下平」。
・立有極…書経洪範。「五。皇極。皇建其有極」。
・君子の德は風なり。小人の德は草なり…論語顔淵19。「君子之德風、小人之德草。草上之風必偃」。
・古之欲明明德於天下…大学章句1。「古之欲明明德於天下者、先治其國。欲治其國者、先齊其家。欲齊其家者、先脩其身。欲脩其身者、先正其心。欲正其心者、先誠其意。欲誠其意者、先致其知。致知在格物。物格而后知至。知至而后意誠。意誠而后心正。心正而后身脩。身脩而后家齊。家齊而后國治。國治而后天下平」。
・糾々武夫…詩経国風周南兔罝。「肅肅兔罝、施于中林。赳赳武夫、公侯腹心」。
・此屋可封…文選。「尚書大傳曰、周民可比屋而封」。

則天地自位萬物自育。則の字が空にさせぬ。上下一於恭敬て天地へひひく。天下平と云てなけれはこれほとの効はない。氣無不化四灵何有不至。氣もここて大ふけっこふな字になる。脩己以敬は理のこと。それをつめると氣無不化云々。四海浪靜はここなり。麟鳳亀龍か牛馬や鳶鳫のやうには無ひもの。鴬さへ春なり。四灵は天地位万物育すと云とき出るそふなり。礼運の字。杜元凱か麟鳳五灵は王者之嘉瑞也と云もこれなり。この通ひひいて四灵も敬の廣りたなり。此體信逹順之道聰明睿知皆由是出云々。体信逹順の四字。礼運の字。信はやはり誠のこと。信誠古はどちも通す。誠は天地自然の誠。其誠を身に体して持なり。わたもちの誠を体信と云て、上の御方の篤恭のことなり。逹順は氣か和して天下のよくなるが順なり。逹は天下中がそふなるを云。体信、明德。逹順、新民にあたる。新民はこちの以敬から向へひひく。天から下された明德か昏德になると云は不敬かする。又、堯舜の天下平は以敬からのこと。桀紂天下を亡すは以敬せぬからなり。大学の序、聰明睿智而とあるも垩人を云て、其垩人の聰明も敬からなり。すれは敬が徹上徹下て垩無念為狂と云、踏はづしてけがをする。又、家督は讓られまいと思た狂も克く思へば為垩と云。然れば皆敬なり。そこで聰明も敬から説き出す。
【解説】
「則天地自位、萬物自育、氣無不和。四靈何有不至。此體信達順之道、聰明睿知皆由此出」の説明。「修己以敬」は理のこと。それを詰めると「気無不和四霊何有不至」である。誠を身に体すことを「体信」と言い、それが「篤恭」である。「逹順」は、気が和して天下中がよくなること。体信は明徳、逹順は新民にあたる。
【通釈】
「則天地自位萬物自育」。「則」が空にさせない字。「上下一於恭敬」で天地へ響く。「天下平」と言うのでなければこれほどの効はない。「気無不化四霊何有不至」。気もここで大分結構な字になる。「修己以敬」は理のこと。それを詰めると「気無不化云々」。四海浪静はここのこと。麟鳳亀龍は牛馬や鳶雁の様なものではない。鴬でさえ春である。四霊は「天地位万物育」という時に出るそうである。礼運の字。杜元凱が麟鳳五霊は王者の嘉瑞と言うのもこれである。この通り響くことで、四霊も敬の広まったことなのである。「此体信逹順之道聡明睿知皆由是出云々」。体信逹順の四字は、礼運の字。信はやはり誠のこと。信と誠は、古はどちらにも通じた。誠は天地自然の誠。その誠を身に体して持つ。生身の誠を体信と言い、それは上の御方の篤恭のことである。逹順は、気が和して天下がよくなるのが順である。逹は天下中がそうなること。体信は、明徳に、逹順は、新民に当たる。新民はこちらの「以敬」から向こうへ響くこと。天から下された明徳が昏徳になると言うのは不敬がすること。また、堯舜の天下平は以敬からのことで、桀紂が天下を亡ぼしたのは以敬をしなかったからである。大学の序に「聡明睿智而」とあるのも聖人を指して言うことで、その聖人の聡明も敬からである。それで、敬が徹上徹下であって「聖無念為狂」と言い、踏み外せば怪我をする。また、家督を讓ることはできないと思った狂も、よく思えば為聖と言う。それで、皆敬なのである。そこで、聡明も敬から説き出す。
【語釈】
・四海浪靜…謡曲「高砂」の一節。四海波静かにて、国も治まる時つ風。
・天地位万物育す…中庸章句1。「致中和、天地位焉、萬物育焉」。
・四灵…礼記礼運。「何謂四靈。麟鳳龜龍」。
・杜元凱…杜預。晋の人。字は元凱。諡は成。用兵に優れ、杜征南とも呼ばれる。「左伝経伝集解」を著す。
・麟鳳五霊は王者之嘉瑞也…杜預春秋序。「麟鳳與龜龍白虎五者、神靈之鳥獸、王者之嘉瑞也」。
・體信逹順…礼記礼運。「先王能脩禮以達義。體信以達順。故此順之實也」。
・わたもち…腸持。木や土で作ったものに対し、生身であるもの。生きているもの。
・大学の序…大学章句序。「一有聰明睿智能盡其性者出於其閒、則天必命之以爲億兆之君師、使之治而敎之、以復其性」。
・垩無念為狂…

以此事天饗帝。事天は、西の銘の持まいて云ふ。饗帝、祭祀來挌て云。人は天の子。人か天に事るは天の勘當を免されたなり。垩賢の外は皆勘當て仁義を無している。百姓が田地屋敷を無したゆへ、親父が勘當する。事天か西の銘の大旨。西銘仁のこと。この章も仁のこと。其仁になるはこの敬のことなり。さて、饗帝と云が天を祭ることから、凡鬼神を祭ることをこめて云。鬼神を祭に敬より外馳走はない。笑ながら膳をすへては感通はない。天の本の子になるも敬。天帝を祭も敬なり。この章、学者の功夫より敬の大ぶりを皆幷べて見せる。存羪の篇の大きなことなり。
【解説】
「以此事天饗帝」の説明。「事天」が西銘の大旨であり、西銘もこの章も仁を語ったものである。その仁になるのは敬からである。
【通釈】
「以此事天饗帝」。「事天」は、西銘の持ち前のことで言う。「饗帝」、祭祀来格で言う。人は天の子だが、人が天に事えるとは、天の勘当を免れたこと。聖賢の外は皆勘当で仁義をなくしている。百姓は田地屋敷をなくすので親父が勘当する。事天が西銘の大旨。西銘は仁のことで、この章も仁のこと。その仁になるのはこの敬による。さて、饗帝とは天を祭ることからで、凡そ鬼神を祭ることを込めて言う。鬼神を祭るには敬より外に馳走はない。笑いながら膳を据えては感通はない。天の本当の子になるにも敬で、天帝を祭るのも敬である。この章は、学者の工夫から敬の大振りを皆並べて見せたもの。存養の篇における大きな章である。
【語釈】
・感通…易経繋辞伝上10。「寂然不動、感而遂通天下之故。非天下之至神、其孰能與於此」。


第三十一 存羪熟後云々の条

存養熟後、泰然行將去、便有進。
【読み】
存養の熟せし後、泰然として行い將[も]て去[ゆ]かば、便ち進むこと有らん。
【補足】
・この条は、程氏遺書六にある。

上の條にも靜後と云、この章にも熟後とある。そこて今日の役に立てない。存養は味噌のなれるやふなもの。橙柑も四月比より実を結んで十月頃出来る。なるほど後なり。地黄のやふなもの。今日飲んて今日の役に立てない。存養が一と色の功夫でないは驗しの所てなくては云はぬからなり。今日存羪したと云ことはない。格致には与君一夜之話と云こともある。熟の塲は同ことなり。熟は去年のと云かよいなり。持藥か今日は知れぬもの。歸脾湯でも益氣湯でも半年過て知るか熟後なり。杷枇葉湯、紫円のやふに早速吐下の效はない。学問は存養てなけれはならぬ。今日の学者はぼてふりの底なり。今日設けて晩に米を買ふと云浅はかなり。大な町人は三十年寐せて大金をもふける。存養もあてなしにしこむなり。
【解説】
「存養熟後」の説明。存養は直ぐに効果が現れるものではない。その効果が現れるのは存養が熟した後である。存養は目当てを持たずに行うものなのである。
【通釈】
前の条にも「静後」とあり、この章にも「熟後」とある。そこで、これは今日の役には立たないことなのである。存養とは味噌が熟れる様なもの。蜜柑も四月頃より実を結んで十月頃にできる。なるほど後である。それは地黄の様なもの。今日飲んで今日の役には立たない。存養が一色の工夫でないのは、験しのある所でなくてはその様に言えないからである。今日は存養したと言うことはない。格致には「与君一夜之話」ということもある。熟の場はそれと同じこと。熟は去年のことからと言うのがよい。持薬の効は今日直ぐにはわからないもの。帰脾湯でも益気湯でも半年過ぎて知るのが熟後である。杷枇葉湯や紫蘇の様に早速の吐き下しの効はない。学問は存養でなければならない。今日の学者は棒手振の様なもの。今日儲けて晩に米を買うという浅はかさである。大きな町人は三十年寝かせて大金を儲ける。存養もそれと同じで、当てなしに仕込むのである。
【語釈】
・靜後…存養29。「靜後見萬物、自然皆有春意」。
・与君一夜之話…程伊川語録。「古人有言曰。共君一夜話。勝讀十年書。若一日有所得。何止勝讀十年書耶」。
・ぼてふり…棒手振。天秤棒でかついで物を売り歩くこと。また、その人。

泰然行將去。義理一へんでない。行を云。行の字、ことによれば鉢巻なり。そこで、存養なく息はかりつめてはつつかぬ。脇から見ては力行のやうて、此方はゆっくりとする。藝もたんれんから骨が折れぬ。米俵を持つことならぬ大工か財木をとりあつかふなり。行ひは灸の皮きりなり。一つこらへもする。存養なくては末迠たへられぬ。いつも一の谷の坂落のやふてはつつかぬ。人の苦労にするか、我は存養て泰然なり。存養で仕上たゆへ、もふ石の車なり。酒をやめやふて德利を破るは跡かつつかぬ。その中へ存養がいるとあともとりはせぬ。そなたは禁酒と云か、この雪には些は飲はよかろふと云に、成程のんてもよいか飲まいと云やふに、あまりせつなくもない。そこか泰然行將去て、ゆっくりなり。溜息つくやふなことはない。鶴林玉露に宋朝王荊公が新政で天下を抓みちらした跡へ温公が老中になりて改るを東坡か出て、温公へ御手前様が改めても跡もとりがせふと云。温公声を厲して天祚宋必無此事、と。丈夫なことなり。史略曰、或曰、章惇呂郷軰他日有以父子之議聞於上。新法乃先帝所立。子改之。則明黨之禍作矣。光起立拱手厲声曰、天若祚宋必無此事。文敢為参考。あのはりのつよい荊公のしたことをずっ々々と改るは、温公の誠をつんたゆへなり。猫のをきをせせるは泰然てない。この段の行ひはこわ々々てない。野々宮高砂あふなげなし。便有進。迂斎の上達の塲と云へり。不能已と云、あともどりはせぬ。長一格價をと云かこの処。古酒の年を積んたのなり。五年酒と云ものなり。
【解説】
「泰然行將去、便有進」の説明。存養なしで行をしても長くは続かない。脇から見ると力行の様でも、自分としてはゆっくりとするのである。存養を積んで泰然となる。泰然ならば危な気なく、更に前に進むことができる。
【通釈】
「泰然行将去」。義理一辺倒ではない。行をも言う。行の字は、ことによれば鉢巻をすること。そこで、存養なしに息ばかり詰めては続かない。脇から見ると力行の様で、自分としてはゆっくりとする。芸も鍛錬をすれば骨が折れない。米俵を持つことのできない大工が材木を取り扱う。行いは灸の皮切りである。一回は堪えることができるが、存養がなくては最後までは堪えられない。いつも一の谷の坂落しの様では続かない。人は苦労をするが、自分は存養で泰然である。存養で仕上げたので、もう石の車である。酒を止めようとして徳利を壊すのでは後が続かない。その中へ存養が入ると後戻りはしない。貴方は禁酒と言うが、この雪には些か飲むのがよいだろうと言われ、なるほど飲んでもよいが飲まないで置こうと言えば、あまり切なくもない。そこが泰然行将去でゆっくりとしたこと。溜息をつく様なことはない。鶴林玉露に宋朝で王荊公が新政で天下を抓み散らした後へ司馬温公が老中になってこれを改めたが、そこに蘇東坡が出て、温公に貴方様が改めても後戻りをすることだろうと言った。そこで、温公が声を激して「天祚宋必無此事」と言った。丈夫なことである。史略曰、或曰、章惇呂郷輩他日有以父子之議聞於上。新法乃先帝所立。子改之。則明黨之禍作矣。光起立拱手厲声曰、天若祚宋必無此事。文敢為参考。あの張りの強い荊公のしたことをしっかりと改めることができたのは、温公が誠を積んだからである。猫が萩にじゃれるのは泰然ではない。この段の行いは怖々でしたことではない。野々宮高砂に危な気はない。「便有進」。迂斎が上達の場だと言った。「不能已」と言い、後戻りはしない。「長一格価」と言うのがこの処。古酒の年を積んだこと。五年酒というもの。
【語釈】
・石の車…大石を運ぶ車で、重量に堪えさせるため車体を低くし、四輪としたもの。修羅。
・王荊公…王安石。北宋の政治家。字は介甫、号は半山。江西臨川の人。唐宋八大家の一。1021~1086
・史略曰、或曰、章惇呂郷軰他日有以父子之議聞於上。新法乃先帝所立。子改之。則明黨之禍作矣。光起立拱手厲声曰、天若祚宋必無此事。文敢為参考。…史略に曰う、或るひと曰う、章惇呂郷輩他日父子の議を以て上に聞くこと有り。新法は乃ち先帝の立つ所にして子之を改む。則ち明黨の禍作る。光起き立ちて手を拱き声を厲して曰く、天若くも宋を祚するに必ずや此の事無し。文、敢て参考と為す。
・長一格價…致知45。「明道先生曰、學者不可以不看詩。看詩、便使人長一格價」。


第三十二 不愧屋漏の条

不愧屋漏、則心安而體舒。
【読み】
屋漏に愧じざれば、則ち心安らかに體舒[の]ぶ。
【補足】
・この条は、程氏遺書六にある。

相手のない所て耻しふないを云。大抵人か相手てたしなむもの。そこで、相手がないと了簡が替る。人は浅間しひもの。好色なとむさいものなれとも、向の相手でたしなむ。そふないは母衣をみたす。至てあさいもの。それを学者へかけて尤つくめの上に人を相手にしたとき尤と思へとも、こちをふりかへりて見るといやなことなり。知たことを知らぬの、知ぬことを知たのと先生株になるもの。道樂もののすることはせぬの、非義はせぬのと云。そんな淺いことて存養は見られぬそ。夫れは武士氣と云ものにない。これか衛武公か九十のときの詩。垩賢の道統の外にはこのやふなことはないこと。これが中庸の未発の塲になる。心安而体胖は外から見て云姿なり。屋漏に耻ぬは心に塵も灰もつけぬ。胸の内がすらりとしたこと。そこを心廣体胖と云。いくら行義よくしても、道をあるくにのっしり々々々々とあるいても、一寸と眞似てはならぬ。何くわぬ靣しても、心があらわれるものなり。こしらへては不耻屋漏かならぬ。
【解説】
人は相手がいるので慎むが、人のいないところでも恥ずべきことのない様にする。「不愧屋漏」が中庸で言う未発の場であり、「心廣体胖」である。また、「心安而体舒」は外から見て言う姿である。真似を少しするだけでは「心廣体胖」にはなれない。
【通釈】
相手のいない所で恥ずかしくないことを言う。大抵の人は相手があるから慎むもの。そこで、相手がいなければ了簡が替わる。人は浅ましいもの。好色などは卑しいものだが、向こうに相手がいるので慎む。そうでなければ母衣を乱す。しかし、それは至って浅いもの。それを学者へ掛ければ至極尤もな様だが、人を相手にした時は尤もだと思うが、自分に振り返って見ると嫌なことがある。知ったことを知らないとか、知らないことを知っていると言って先生株になるもの。道楽者のすることはしないとか、非義はしないとかと言うが、そんな浅いことでは存養を得ることはできない。それは武士気質というものではない。これは衛武公が九十歳の時に作った詩にあるもの。聖賢の道統の外にはこの様なことはないことで、これが中庸の未発の場になる。「心安而体舒」は外から見て言う姿である。「不愧屋漏」は心に塵も灰も付けないこと。胸の内がすらりとしたこと。そこを心広体胖と言う。いくら行儀をよくしても、道をのっしりと歩いたりしても、一寸真似ただけではならない。何食わない顔をしても心は現れるもの。拵えものでは不愧屋漏ではない。
【語釈】
・母衣…幌。鎧の背につけて飾りとし、時に、流れ矢を防いだ具。
・衛武公か九十のときの詩…詩経大雅抑に、「衛武公刺厲王、亦以自警也」とある。
・屋漏に耻ぬ…詩経大雅抑。「相在爾室、尚不愧于屋漏」。中庸章句33にもある。


第三十三 心要在腔子裏の条

心要在腔子裏。只外面有些隙罅、便走了。
【読み】
心は腔子の裏に在るを要す。只外面に些かの隙罅[げきか]有らば、便ち走らん。
【補足】
・この条は、程氏遺書七にある。

心はからたの内へ入てをくかよいなり。この語は丁寧に見ずにあらく云たこと。釜の下に火かあればよいと云ことなり。それも只難義はひさしへ付たり、椽の下てふす々々と云かわるい。心か兎角かけ出したかる。心はとふらくものと云かそれなり。親か、道落息子を内にいれはよいと云。人の心がどふらく息子なり。有些隙罅便走了。德利の漏りなり。德利ては誰もすんだか、人の心の上は人欲が隙罅なり。それに御坐へ出されぬもあり、又、茶の、鞠のと心か欠出す。そこて御用心々々々。心は牛馬のやふに繋れぬゆへ、迂斎、非礼勿視非礼勿聽非礼勿言非礼勿動は隙罅をふさいて云となり。視聽言動へ勿か空罅をふせく。まへはだを打て漏をとめるなり。
【解説】
心は繋いで置けず、駆け出すもの。それを体の内へ入れて置かなければならない。それには隙罅を塞ぐことが必要である。迂斎は視聴言動を勿とするのがその方法だと言った。
【通釈】
心は体の内へ入れて置くのがよい。この語は丁寧に見ずに粗く言ったこと。釜の下に火があればよいということ。それもただ難儀となるのは、庇へ付いたり、縁の下で燻る時で、それが悪い。心はとかく駆け出したがる。心は道楽者と言うのがそこ。親が、道楽息子が家にいればよいと言う。人の心がその道楽息子なのである。「有些隙罅便走了」。これは徳利の漏れである。徳利なら誰でもわかるが、人の心の上は人欲が隙罅となる。それで人前に出せないこともあり、また、茶や鞠のことへと心が駆け出す。そこで御用心なのである。心は牛馬の様に繋いで置けないから、迂斎が、「非礼勿視非礼勿聴非礼勿言非礼勿動」は隙罅を塞ぐことだと言った。視聴言動に対して勿と言うのが空罅を防ぐこと。事前に打って漏れを止めるのである。
【補足】
・隙罅…隙間。油断によって生じる隙。
・非礼勿視非礼勿聽非礼勿言非礼勿動…論語顔淵1の語。


第三十四 人心常求活の条

人心常要活、則周流無窮、而不滯於一隅。
【読み】
人心常に活きんことを要めば、則ち周流して窮まり無く、一隅に滯らじ。
【補足】
・この条は、程氏遺書五にある。

人の心は自然なものなれとも、手入れの入ることなり。滞一隅は先日も云、心となげく我身なりけり。心は生きもの。不調法でわるくする。浩然の章、無是餒と云。それを直方先生、梅干のやふになるとなり。又、道落ものは心か活したやふなれとも、あれは乱心の筋なり。たたい活するは心の生き々々して居ること。性は自然。心が活すると四端もよく出る。凡夫は、荘子か心死と云。活するやふにと脩行してそふなると、周流無窮の本体になる。一隅に滞るは、情けないことにそれに片た氣、氣一物になる。武藝でも、あぢに滞ると心をふさぐもの。まして学問上に心が滞てはさへぬ。心かいき々々すると、仁義礼智の動靜がよくなる。六ヶ鋪説やふなれとも、動靜所乘之機が太極の乘る処のからくり。人心も活すると、馬の達者のやうなもの。仁義がよく働く。人かうかぬ靣てなぜかうつむくからどふさしったと云に、只うなたれて居るは滞一隅なり。今頃世人別してそふなり。
【解説】
心は生き物だから、不調法だと悪くなる。心は活しなければならないが、それは道楽者の心とは違う。道楽者の心は乱心の筋である。心が生き生きとすると仁義礼智の動静がよくなる。逆に、一隅に滞ることによって心が塞がる。
【通釈】
人の心は自然なものだが、それには手入れが必要である。「滞一隅」とは先日も言った、心と嘆く我が身なりけりである。心は生き物だから、不調法で悪くする。浩然の章に「無是餒」とある。それを直方先生が、梅干の様になることだと言った。また、道楽者は心が活きている様に見えるが、あれは乱心の筋である。そもそも活するとは心が生き生きとしていること。性は自然なもので、心が活すると四端もよく出る。凡夫は、荘子が「心死」と言う様なもの。活する様にと修行をした結果、「周流無窮」の本体になる。一隅に滞るのは情けないことで、気が偏ったり気一色になる。武芸でも、悪く滞ると心を塞ぐもの。ましてや学問上で心が滞っては冴えない。心が生き生きとすると、仁義礼智の動静がよくなる。難しく説く様だが、「動静者所乗之機」が太極の乗る処のからくり。人心も活すれば、馬の達者な人の様なもので、仁義がよく働く。人が浮かない顔で何故かうつむいているのでどうなさったのかと聞く。それでもただうなだれているだけでは滞一隅である。今頃の世人は特にそれである。
【語釈】
・無是餒…孟子公孫丑章句上2。「敢問、何謂浩然之氣。曰、難言也。其爲氣也、至大至剛、以直養而無害、則塞于天地之閒。其爲氣也、配義與道。無是餒矣」。
・心死…荘子田子方。「仲尼曰、惡、可不察歟。夫哀莫大於心死、而人死亦次之」。
・動靜所乘之機…太極図説朱解。「蓋太極者、本然之妙也。動靜者、所乘之機也。太極、形而上之道也。陰陽、形而下之器也」。

時に十二月。直方先生、奥方へ云はるるに、をれにうてた顔かあらは知せてくれよ。ああ々々氣味のよい。先生、それを頼むなら迂斎や石原先生で有そふなものに、そこを大切に聞ふことで女房に頼むと云が大切なこと。呂栄公の善いを奧方の云に、これ迠數十年袵席を共にするが、遂に閨で戯をも云はす、又、顔を赤くして人を訶られたことないと奧方の云が門人の記録よりはよい。偖又、石原先生の咄に、直方先生京都へ旅立の朝、どうしてか人足や傳馬か來ずに待ている内が一時程も延引したを、不断の通の底で学談せられたとなり。あれほとに活濶に養ふが浩然の氣なり。一隅に滞ぬのなり。旅立にかかりてはせわしきもの。牡丹の花を人が呉ても、そこ々々にしてよい花なと云たきりて見ぬもの。そこをとっくりと見るてなくては活濶てない。花の見事は旅立のときても同しこと。今日はそれほどでないと云が活濶周流てないゆへなり。
【解説】
直方先生は一隅に滞らず、心を活濶に養った。花の見事さ自体は見る時によって変わりはしない。それを忙しいからと言ってそれほどでもなく感じるのは、活濶周流でないからである。
【通釈】
時に十二月。直方先生が奥方に、俺が逆上せた顔をしていたら知らせてくれと言った。何と気味のよいことだろう。先生がそれを頼むのなら迂斎や石原先生でありそうなものだが、そこは大切に聞かなければならないことなので、女房に頼むというのが大切なこと。呂栄公の善いところを奥方が言うには、これまで数十年袵席を共にしているが、遂に閨で戯れをも言わず、また、顔を赤くして人を訶られたこともないと、その様に奥方が言うのが門人の記録よりはよい。さてまた石原先生の話に、直方先生が京都へ旅立ちの朝、どうしてか人足や伝馬が来ないので、それを待っている内に予定を一時ほども過ぎてしまったが、直方先生は普段通りの様子で学談をされたとある。あれほどに活濶に養うのが浩然の気であって、それが一隅に滞らないということ。旅立ちに掛かれば忙しいもの。牡丹の花を人がくれても、よい花だなどと言うだけでそこそこにして、しっかりとは見ないもの。そこをとっくりと見るのでなくては活濶でない。花が見事なのは旅立ちの時でも同じこと。今日はそれほどでないと言うのは活濶周流でないからである。
【語釈】
・呂栄公…


第三十五 明道先生曰天地設位の条

明道先生曰、天地設位而易行乎其中、只是敬也。敬則無閒斷。
【読み】
明道先生曰く、天地位を設けて易其の中に行わるるは、只是れ敬なればなり。敬なれば則ち閒斷無し、と。
【補足】
・この条は、程氏遺書一一にある。

繋辞傳を丸に云。これは孔子の天地のなりを云て、先この通てあると云。其中て万物か行れる。天地設位は能舞臺。易行乎其中は、これは九品肥後の玉なり。天と地が形して万化が行はるるが、開闢から今日迠寒往暑来昼夜こんたんめぐる。明道かそれをこちへ持て来て、天地がこの形たにあると云のなり。人も天地の形のやふに四支百骸が具りてあれは、道理の通り行ふと易行乎其中なり。それか、人間はからだきりて仕舞たがる。人も天地の易の行はるるやふにあるべきはづなり。只是敬也。人か骸はかりては行はれぬ。敬かなければならぬ。敬は主宰のことを云。誰すると云ことてなく、それかある。敬則無間断。これから又天へかけるがよい。天か落もせす、地もめりこまぬは主宰なり。荘子が誰か綱維之誰主宰之と云。その如く、人もからだも主宰するものあり。それは敬て持て居る。人の一大事は敬。閑断なけれは、天地に下手まけはない。三才に幷ふは敬からなり。天地のやまぬが閑断なしなり。それは主宰なり。主宰は人の敬なり。人もからだはかりで易がなくてはならぬ。親を見る、孝。君を見る、忠。そこで敬すると天地と同ことなり。
【解説】
天地が位を設け、その中で変易する。人も道理の通りにすると変易する。天地は主宰だが、人にも主宰があって、それが敬である。天地に間断はない。人も間断がない様にするには敬に由る。敬すれば、人は天地と同じになる。
【通釈】
繋辞伝をそのままに言った。これは孔子が天地の姿を言ったことで、先ずはこの通りであると言う。その中で万物が行われる。「天地設位」は能舞台。「易行乎其中」は、これは九品肥後の玉。天地が形になって万化が行われ、開闢から今日まで寒往暑来昼夜昏旦と巡る。明道がそれをこちらへ持って来て、天地がこの人の姿にあると言ったのである。人も天地の形の様に四肢百骸が具わっているのだから、道理の通りに行うと易行乎其中である。それなのに、人間は骸のことだけで終えたがる。人も天地に易が行われるのと同じ様であるべき筈。「只是敬也」。人は骸ばかりでは行われず、敬がなければならない。敬とは主宰のこと。誰がすると言うことでないが、それがある。「敬則無間断」。これからまた、天へ掛けるのがよい。天が落ちもせず、地がめり込まないのは主宰だからである。荘子が「孰主張是孰維綱是」と言った。その様に、人もその骸も主宰するものがある。それは敬で持っている。人の一大事は敬である。間断がないので、天地に下手負けはない。三才に並ぶのは敬からである。天地が止むことのないのは間断がないからである。それが主宰である。主宰は人の敬である。人も骸ばかりで易がないのは悪い。親を見て孝。君を見て忠。そこで、敬すると天地と同じになる。
【語釈】
・繋辞傳…易経繋辞伝上7。「子曰、易其至矣乎。夫易、聖人所以崇德而廣業也。知崇禮卑。崇效天、卑法地。天地設位、而易行乎其中矣。成性存存、道義之門」。
・これは九品肥後の玉…
・誰か綱維之誰主宰之…荘子天運。「天其運乎。地其運乎。日月其爭於所乎。孰主張是。孰維綱是」。


第三十六 毋不敬の条

毋不敬、可以對越上帝。
【読み】
敬せざること毋ければ、以て上帝に對す可し。
【補足】
・この条は、程氏遺書一一にある明道の語。

これは礼記曲礼の眞初の語。殊の外かるい語で、この頃出代の下女下男にも大事にせよと云。箸の上け下しにすること。ずっとかるいことなり。其かるいか可以對越上帝なり。心をみかき上てするか天とはり合ふゆへのことなり。上帝は、あの青ひ空を禁裡さまと云やふなもの。ふだん敬なり。心あるものはあれにそむくまい々々々々々とする。顧諟天之明命と云がそこなり。帝の字は天子を云ふ方。帝が本ゆへ上帝と云。あの天子のやうなが上の方にと云て、天のことそ。さて、天にはり合ふには此方の心が汚れてはならぬ。似せ金使ひが後藤庄三良か所へは行れぬ。似せ金を明道の所へ持て行ふとも後藤には出されぬか如く、言ぶんあるむさい心て天には向はれぬ。我心がはり弓ゆへ、天に對しても恐れはない。さま々々人欲の泥まみれでは、それはならぬ。さて、上帝の親切知るものなし。朱子の語にも古垩賢眼前見有箇天とあり、書經にも詩經にもたび々々天々とある。天か我親のやふにせっかんはせぬか、垩賢のあれを恐れて天々と見るを看よ。存養々々と云ても心をぬき出して天に耻しくないやふにすると云は大な功夫なり。
【解説】
天に対するには、自分の心が汚れていてはならない。そこで、古の聖賢は天を恐れて絶えず見ていた。自分の心を天に恥じない様にすることが大きな工夫なのである。
【通釈】
これは礼記曲礼の最初にある語。殊の外軽い語で、この頃出代りをした下女や下男にも大事にしなさいと言う。箸の上げ下ろしにもすることで、かなり軽いことである。その軽いことが「可以対越上帝」である。心を磨き上げてするのは天と張り合うため。上帝とは、あの青い空を禁裏様と言う様なもの。普段から敬する。心ある者はあれに背かない様にとする。「顧諟天之明命」と言うのがそのこと。帝の字は天子を指して言い、帝が元なので上帝と言う。あの天子の様な方が上の方にいるということで、天のこと。さて、天に張り合うには自分の心が汚れていてはならない。贋金使いは後藤庄三郎の所へは行けない。贋金を明道の所へ持って行くことはあっても後藤には出せない様に、言い分のある卑しい心では、天に向かうことはできない。自分の心が張り弓だから、天に対しても恐れはない。様々な人欲に泥まみれでは、それはならない。さて、上帝の親切を知る者がいない。朱子の語にも「古聖賢眼前見有箇天」とあり、書経にも詩経にも度々天々とある。天は自分の親の様に折檻はしないが、聖賢があれを恐れて天々と見るのを看なさい。存養とは言うが、心を抜き出して天に恥ずかしくない様にすることが大きな工夫なのである。
【語釈】
・礼記曲礼…礼記曲礼上。「曲禮曰、毋不敬。儼若思、安定辭安民哉」。
・出代…女中・下僕などが、雇用期限を終えて交替すること。また、その交替期日。
・顧諟天之明命…大学章句1。「康誥曰、克明德。大甲曰、顧諟天之明命。帝典曰、克明峻德。皆自明也」。太甲上。「伊尹作書曰、先王顧諟天之明命」。
・後藤庄三良…後藤光次。江戸初期の幕府金改役。通称、庄三郎。後藤徳乗(後藤家五代)の門人。家康に抜擢され、金座の主宰者となり、代々金改役として鋳貨をつかさどった。1571~1625
・古垩賢眼前見有箇天…


第三十七 敬勝百邪の条

敬勝百邪。
【読み】
敬は百邪に勝つ。
【補足】
・この条は、程氏遺書一一にある明道の語。

このあたりは京都の綴の錦なり。二字か三字の短ひ章ともなれとも、これて垩賢の地位に至ることあり。十味二十味より一味二味てしてとることあり。それて、魂を天へ届かせる語なり。百邪。人欲の惣名なり。欲て胸の内に百邪がある。いつも云、天理と人欲は一座せぬもの。敬せぬと、人欲に流れて百邪なり。市井のををちゃくもの、わるもの、同心を見ると逃る。朱子の譬に日の出のやふなものと云。日か出ると妖怪か出ぬ。人心も敬て邪か何処へか行く。
【解説】
敬をしなければ人欲に流れて百邪となる。
【通釈】
この辺りは京都の綴れ錦である。二字か三字の短い章だが、これに聖賢の地位に至ることがある。十味や二十味より一味二味でして取ることがある。そこで、これは魂を天へ届かせる語なのである。「百邪」。人欲の総名。欲により、胸の内に百邪がある。いつも言うことだが、天理と人欲は同座しないもの。敬をしなければ人欲に流れて百邪となる。市井の横着者や悪者が同心を見ると逃げる。朱子のたとえに、日の出の様なものとある。日が出ると妖怪は出ない。人心も敬することで邪が何処へかと行く。
【語釈】
・綴の錦…綴れ錦。西陣織のこと。


第三十八 敬以直内の条

敬以直内、義以方外、仁也。若以敬直内、則便不直矣。必有事焉而勿正、則直也。
【読み】
敬にして以て内を直くし、義にして以て外を方[ただ]しくするは、仁なり。若し敬を以て内を直くせば、則ち便ち直からず。必ず事有りて正[あらかじ]めすること勿くんば、則ち直し。
【補足】
・この章は、程氏遺書一一にある明道の語。

たん々々為学でも讀た通り、動ぬ功夫なり。仁なり。合点すると仁も敬も中は一つなり。敬義で内外をよくして本体になる。其本体は仁なり。経学は方々を融通せ子は知れぬ。仁の繪姿は愛之理心之德なり。ここは内外て工夫すると仁になる。さま々々功夫ありても、落付処は仁の外はない。東海道木曽海道、とちでも三條口へのりこむ。偖、どふでも云へは云はるることなれとも、然し、字のあたりでも敬以直内は、克己、義以方外は、復礼、にあたる。克己復礼為仁もここの意旨にまわる。義以方外か、欲かなくても行義の上が大切なり。異端も悪心はないが方外でない。端的復礼のことぢゃときめる。そこて義も礼も一つになる。若以敬直内則不直矣。これから先きが存養に載る処。直くするに手が入ると重くなる。以敬は敬てそふなる。以敬はてこを入れたやふなもの。よいやさと力ら持するするやうなり。敬はつかまへるものでなく、一と仕事にするとわるい。いつも心法に踏んで不踏のよいもそこなり。それ敬よと云てこぢつけるとわるい。敬々と云と敬になつみかつく。迂斎の弁がよし。これで子ぢ直ふと云は堅みかつくと云。そうすると敬が出ものになる。又、迂斎云、醫が人参は五厘としたゆへ、この方て五分入たと云。これか以の字の氣味となり。もふ人参かなつむ。孔子のは何のことなく敬む。それてよい。文字の大切と云もこれなり。以の字が上にあると下にある。上下にあるとてこれほとちこうなり。
【解説】
「敬以直内、義以方外、仁也。若以敬直内、則便不直矣」の説明。敬義で内外をよくして仁となる。「敬以直内」は克己、「義以方外」は復礼である。しかし、直内のために敬をするのは悪い。「敬以」はよいが、「以敬」は悪いのである。敬に人手を加えると泥む。
【通釈】
為学で段々と読んだ通り、これが動かぬ工夫である。これが仁である。合点をすれば仁も敬も中は一つである。敬義で内外をよくして本体になる。その本体は仁である。経学は方々を融通しなければわからない。仁の絵姿は「愛之理心之徳」である。ここは内外で工夫すると仁になるということ。様々な工夫があるが、落着き処は仁の外はない。東海道と木曽海道、どちらでも三条口へ乗り込む。さて、どの様にも言えば言えることだが、しかし、字の当たり様で言えば、「敬以直内」は克己、「義以方外」は復礼にあたる。「克己復礼為仁」もここの意旨に繋がる。義以方外は、欲がないばかりではなく行義上のことも大切なのである。異端も悪心はないが方外でない。端的、復礼のことだと決める。そこで義も礼も一つになる。「若以敬直内則不直矣」。これから先が存養に載る処。直くするのに手が入ると重くなる。以敬は敬によってその様になること。以敬は梃子を入れた様なもので、よいやさと力持ちをする様なこと。敬は掴まえるものではなく、それを一仕事にすると悪い。いつも心法には踏んで不踏がよいと言うのもそこ。それ敬よと呼んでこじつけると悪い。敬々とばかり言っていると敬に泥みが付く。迂斎の弁がよい。これでねじ直そうと言うと堅みが付くと言った。そうすると敬が出物になる。また、迂斎が、医者が人参は五厘と処方したので、自分で五分入れるということだと言った。これが以の字の気味だと言う。もう人参が泥む。孔子のは何事もなく敬む。それでよい。文字は大切だと言うのもこれで、以の字が上にあるのと下にあるのとではこれほどに違うのである。
【語釈】
・敬義…易経坤卦文言伝。「直其正也、方其義也。君子敬以直内、義以方外」。
・愛之理心之德…論語学而2集註。「仁者愛之理、心之德也」。孟子梁恵王章句上2集註。「仁者心之徳、愛之理」。
・克己復礼為仁…論語顔淵1。「顏淵問仁。子曰、克己復禮爲仁。一日克己復禮、天下歸仁焉。爲仁由己。而由仁乎哉」
・踏んで不踏…

敬をほんそふするとわるい。そこて孟子を引て、必有事焉なり。うっかりとなるはわるい。そふすると不敬になる。只閑断なくすることなり。勿正は、的をしてすると以敬になる。彼藝者のはやけなり。せわしふするか正するなり。そんならどうと云に、效を見ぬこと。いつの間にか大くなりたと云。在番に行なり。大三が長﨑へ行たが、行た日から帰ふ々々と云ても帰られぬか、帰る年月てかへる。思ふは病ふとなると謡もそれ。正ててすると病氣になる。なんでも物をぎゃふさんがわるい。たとへて云に、無後為大なり。我に子がなけれは開闢よりつついた血脉がたへると云、そこて舜も不告娶と来たものじゃと云て、子の出来ぬものがいくらさわいても持たれぬ。結納をする日からもふ、来年の暮あたりは忰が出来やう、それも女ては役に立ぬと云様では正てするなり。孟子の語で心をわるくするになる。自分のことてなく、子のないも天のことなり。事をせくと、昏礼せぬ前から男子と云。兎角せいて油断すまいと云人に正するの癖かある。
【解説】
「必有事焉而勿正、則直也」の説明。忙しくするのが正であって、それは悪い。効を目当てにしてはならない。敬をしている内に、いつの間にか直になるのである。
【通釈】
敬を奔走すると悪い。そこで孟子を引いて、「必有事焉」。うっかりとなるのは悪い。そうすると不敬になる。ただ間断なくすること。「勿正」は、当てを持ってすると「以敬」になるということ。あの芸者の早気である。忙しくするのが正すること。それならどうすればよいかと言えば、効を見ないこと。いつの間にか大きくなったと言う。それは在番に行くことにもある。大三が長崎へ行ったが、行った日から帰りたいと言っても帰ることはできないが、帰る年月になれば帰る。思うは病もうと謡うのもそれ。正ですると病気になる。何でも仰山が悪い。たとえで言えば、「無後為大」である。自分に子がなければ開闢より続いた血筋が絶えると言い、そこで舜も「不告娶」としたのだと言うが、子のできない者がいくら騒いでも子を持つことはできない。結納をする日からもう、来年の暮れあたりは忰ができるだろう、それも女では役に立たないと言う様では正ですることになる。孟子の語によって心を悪くすることになる。子がいないのは自分のことでなく、天のことである。事を急くと、婚礼をする前から男子が生まれると言う。とかく急いて、油断しない様にしようと言う人に正する癖がある。
【語釈】
・必有事焉…孟子公孫丑章句上2。「必有事焉而勿正。心勿忘。勿助長也」。
・大三…櫻木大三郎。櫻木誾斎の二男。天保14年(1843)9月22日没。年77。
・無後為大…孟子離婁章句上26。「孟子曰、不孝有三。無後爲大。舜不告而娶。爲無後也。君子以爲猶告也」。


第三十九 涵養吾一の条

涵養吾一。
【読み】
涵養すれば、吾一なり。
【補足】
・この条は、程氏遺書一五にある。

涵養と云も存養と云もつまり同ことなり。涵はひたすこと。串蚫を水に三日四日もつけると、しみて柔らく。存養は、三日四日もあるやふに水へ入て置を云。涵すままを存と云。そこて涵も存も一つことなり。吾一は人欲を離れ、涵養て本体のなりの天理になるを云。これが山﨑子の涵養すれは吾れ一なりと云点て、葉解の意なり。直方先生三宅先生二先生、口をそろへて点を改子はならぬと云へり。あの衆の直さ子ばならぬと云へば直すかよい。直す点は、吾一を涵養すと云になる。山﨑先生の点の意ては涵養計主に云て、吾一の字のきめがかるくなる。直す点は吾一が重くなる。周子の一也と云、このさき涵養主一之義と云てもある。宝物の一と云やふなもの。吾一とは本尊に云辞なり。吾一と云は一か本体なり。それを存羪せぬゆへ心か散ている。そこて、吾一を涵養せよなり。株を大切にせよと云やふなもの。板点なれば、その一になるとやわらかなり。改点はそれを涵養すとつよく云。
【解説】
涵養と存養とは同じこと。ここの点の付け方は二通りある。山崎先生のは従来の点で、涵養すれば吾れ一なりであり、直方三宅両先生の点は、吾が一を涵養すである。後者は吾一を強く言ったもの。
【通釈】
涵養も存養もつまりは同じこと。涵は浸すこと。串鮑を水に三日四日も浸けると浸みて柔らぐ。存養は、三日四日もその様に水へ入れて置くことを言う。その涵すままを存と言う。そこで涵も存も同じこと。「吾一」は人欲を離れ、涵養で本体の通りの天理になることを言う。これが山崎先生の、涵養すれば吾れ一なりという点で、葉解の意である。直方先生と三宅先生の二先生は、口を揃えて点を改めなければならないと言った。あの衆が直さなければならないと言うのなら直すのがよい。直した点は、吾が一を涵養すとなる。山崎先生の点の意では涵養ばかりを主に言って、吾一の字の決めが軽くなる。直した点は吾一が重くなる。周子が「一也」と言い、この先に「涵養主一之義」とも言っている。それは宝物を一と言う様なもの。吾一とは本尊として言う辞である。吾一は一が本体である。それを存養しないので心が散っている。そこで、吾一を涵養しなさいと言う。それは、株を大切にしなさいと言う様なもの。上から読めば、その一になる言って柔らかであり、改点では、それを涵養すと強く言うことになる。
【語釈】
・一也…存養1。「或問、聖可學乎。濂渓先生曰、可。有要乎。曰、有。請問焉。曰、一爲要」。
・涵養主一之義…存養47。「且欲涵泳主一之義」。


第四十 子在川上曰の条

子在川上曰、逝者如斯夫。不舍晝夜。自漢以來、儒者皆不識此義。此見聖人之心、純亦不已也。純亦不已、天德也。有天德、便可語王道。其要只在愼獨。
【読み】
子川の上に在りて曰く、逝く者は斯くの如きかな。晝夜を舍かず、と。漢より以來、儒者は皆此の義を識らず。此れ聖人の心、純にして亦已まざるを見[しめ]すなり。純にして亦已まざるは、天の德なり。天の德有らば、便ち王道を語る可し。其の要は只愼獨に在り。
【補足】
・この条は、程氏遺書一四にある明道の語。

そふたい、垩賢の為学は道体なりの爲学なり。道体なりの為学はいやと云れぬ。そこて近思の編集も道体為学と編次せり。道体は功夫てないからせいを出すことてなく、為学を精出すことなり。されとも、道体のやまぬは精の出る姿ゆへ、道体のなりか孔子の胸へ来て、それを門人へ示され、為学か道体になりた。乾々もそれなり。自漢以来云々。漢唐の学者が経術を本として孔安國を始め河晏が古註を作り、六經をのけての論語にして、其外論語を見ぬものなし。それが只文字を見て中を見ぬ。川上嘆を見ても川て教たの、弟子に精出せとのことと云て封を切らぬ。ここか程子の何を證拠にして漢唐は不誠と云こともないやふなれとも、せふこともないこと。不識此義なり。後世古学の徒は六経論語を向へ置て只見たはかりなり。む子へたたみこまぬ。献立計て食はぬのなり。御老中振舞大書院で食ふは御老中若年寄諸奉行計なり。外のものは出られぬ。漢唐がそれなり。臺所てきりきざむ。古注は食ひもの拵へなり。道を得子ば食ふたでない。これは其中へ這入ら子は知れぬこと。利休か処へ茶のんでも、茶を知たとは云はれぬ。小僧を明日用があると云て使にやったやふなもの。明日御出と云とその通云へとも、明日の用は亭主より外は知らぬ。知たと云たいか、不識と云がどふもぬけられぬ。
【解説】
「子在川上曰、逝者如斯夫。不舍晝夜。自漢以來、儒者皆不識此義」の説明。道体は工夫ではないから精を出すところではなく、為学で精を出すのである。漢唐の学者は論語の文字を見るばかりで、その義を識らない。川上嘆を見ても川で教えたとか、弟子に精を出せということだと言うのみで、心に畳み込むことがない。川上嘆は、止むことのない道体の姿である。
【通釈】
総体、聖賢の為学は道体の通りの為学である。道体の通りの為学は否と言えないもの。そこで近思の編集も道体の次に為学を載せている。道体は工夫ではないから精を出すことではなく、為学で精を出すのである。しかし、道体が止むことのないのは精が出る姿だからであって、道体の通りが孔子の胸へ来て、それを門人へ示され、為学が道体になったのである。「乾乾」もそれである。「自漢以来云々」。漢唐の学者が経術を本として、孔安国を始め、何晏が古註を作り、六経を外した論語にしたが、その外の者も論語を見ない者はいなかった。しかし、それはただ文字を見るだけで中を見る者はいない。川上嘆を見ても川で教えたとか、弟子に精を出せということだと言って、封を切ることをしない。程子は何を証拠にして漢唐を不誠だと言ったわけでもない様だが、これが仕方のないことで、「不識此義」である。後世、古学の徒は六経論語を向こうへ置いてただ見ているばかりで胸に畳み込まない。献立ばかりで食わないのである。御老中振舞に大書院で食うのは御老中と若年寄、諸奉行だけである。外の者は出ることはならない。漢唐がそれである。台所で切り刻むだけで、古註は食い物の拵え係りである。道を得なければ食ったことにはならない。これはその中へ這い入らなければわからないこと。利休の処で茶を飲んでも、茶を知たとは言えない。明日用があるからと言って小僧を使いに遣る様なもの。明日御出と言えばその通りに伝えられるが、明日の用は亭主以外は知らない。知っていると言いたいが、不識と言わざるを得ない。
【語釈】
・乾々…易経乾卦。「九三。君子終日乾乾、夕惕若。厲无咎」。
・孔安國…前漢の儒者。字は子国。孔子一二世の孫。武帝の初年、孔子の旧宅から得た蝌蚪文字で記された古文尚書・礼記・論語・孝経を、当時通用の文字と校合して解読し、その学を伝えた。また、これらの書の伝を作った。
・河晏…何晏。三国の魏の学者。字は平叔。魏の公主を娶り、侍中尚書。詩文をよくし「論語集解」の著がある。~249

此見垩人之心云々。見所が大切ゆへのこと。大概漢唐は依文解義と云列なり。程子からでなければ垩賢の意を知ることならぬ。此見の字が道統の人でなければ見られぬ。川の流が自然に無心に流れる。それが垩人の心へ來たが垩人の心持よく喜ひ。手前に覚あるからそ。やまぬか天のなりなり。垩希天と云へとも、だたい垩人は天と同腹中にめぐるなれとも、垩人は我を垩人とは思はぬゆへ、天を希ふ。天も垩人も不已なれとも、どこを希ふなれは、天の命かやますに四氣にめくるなり。そこを願へとも、やはり天の通りに垩人も仁義礼智かめぐる。すれば天も垩も一つなり。凡夫は天理へ人欲のさし水がする。垩人は少しも人欲はまじらぬ。天理なりか純亦不已なり。垩人を云にこの上なし。凡人は入梅日和のやふなり。そこを山﨑先生の、べったりと昏と云へり。或問の昏弊之極の句を云。此の段になりては明德も昏德ともみへる。川どめの処なり。垩人照ぬ日はなし。凡人は親子中かよいと夫婦中かわるい。兎角間断かある。三宅先生、垩人は道心計と無理を云、中庸の序にかまわぬ。あの無理かよく見られたこと。無理は云ぬ三宅先生ゆへ、尚面白ことなり。
【解説】
「此見聖人之心、純亦不已也。純亦不已」の説明。程子以降でなければ聖賢の意を知ることはできない。川上嘆は、川が自然に無心に流れ、それが聖人の心へ響いたのである。聖人は少しも人欲が混じらず天理の通りなので、「純亦不已」である。
【通釈】
「此見聖人之心云々」。見所が大切なのでこの様に言う。大概、漢唐は依文解義と言う列である。程子以降でなければ聖賢の意を知ることはできない。「此見」の字は道統の人でなければ見ることができないということ。川が自然に無心に流れる。それが聖人の心へ来たことが、聖人にとっては心持よい喜びとなる。それは自分に覚えがあるからである。止むことのないのが天の姿である。「聖希天」と言うのも、そもそも聖人は天と同腹中に巡るものだが、聖人は自分を聖人とは思わないから天を希う。天も聖人も「不已」だが、どこを希うのかと言うと、天の命が止まずに四気に巡るところである。そこを願うのだが、やはり天の通りに聖人も仁義礼智が巡る。そこで、天も聖も同じである。凡夫は天理に人欲の差し水がある。聖人は少しも人欲は混じらない。天理の通りが「純亦不已」である。これが聖人を表現する最適な言葉である。凡人は入梅日和の様なもの。そこを山崎先生が、べったりと昏と言った。これは、或問の「昏弊之極」の句である。この段になっては明徳も昏徳と見えてしまう。川留めの処である。聖人に照らない日はない。凡人は、親子仲がよいと夫婦仲が悪い。とかく間断がある。三宅先生が、聖人は道心ばかりだと無理を言い、中庸の序には構わない。あの無理がよく見られたこと。無理は言わない三宅先生なので、尚更面白い。
【語釈】
・垩希天…為学1。「濂渓先生曰、聖希天、賢希聖、士希賢」。
・純亦不已…中庸章句26。「詩云、維天之命、於穆不已。蓋曰天之所以爲天也。於乎不顯、文王之德之純。蓋曰文王之所以爲文也。純亦不已」。詩は周頌の維天之命篇。
・昏弊之極…大学或問。「是以雖其昬蔽之極、而介然之頃一有覺焉、則即此空隙之中而其本體已洞然矣」。
・中庸の序にかまわぬ…中庸章句序。「蓋嘗論之。心之虚靈知覺、一而已矣。而以爲有人心・道心之異者、則以其或生於形氣之私、或原於性命之正、而所以爲知覺者不同。是以或危殆而不安。或微妙而難見耳。然人莫不有是形、故雖上智、不能無人心。亦莫不有是性、故雖下愚、不能無道心」。

天德也。天なりにはたらくゆへ、天德と云。浅見先生、垩人は肉のある天と云。孔子の老者安之少者懐之は春の花の底。そふかと思と少正卯を討と大雷なり。陳恒弑其君と云て、水をあびて出る。一陽来復の雷なり。可語王道。王道と云か半分さきのことてない。天德からなり。上には垩人とあり、ここは王道と云か面白ひ。垩人と云も王道と云も一つことなれとも、王道と云ときは覇者を向づらへをいて云。覇者は天德なしなり。伯者の王道にあたまの上らぬは、堯舜ほとの功ありても作り花なり。其まま椿、其まま水仙と云ても生花とは違ふ。これを譬て云に、他人の子の看病と我子の看病なり。他人の子も我子のやふにする。それをせふとすれはなるか、伯者のは、其子の死たときて違ふ。看病はわざゆへ吾子の通にもなれとも、他人の子の死たときは涙か出ぬて知べし。王道は天德そ。わざのことてなし。わざは伯者と似たことなれとも、天德と云心の底がちこう。そこて、まま子あしらひのないを王道と云。徂徠が先王々々と云て堯舜文武のことをすると云か、あれは先王てこしらへた伯者なり。先王々々といくら看板を出しても王道にならぬ。唐太宗蝗を食ふて云に、民の稲くふより我腹を食へ、と。いやなこと。心に向はばいかが答へん。そふかと見れば、弟娵を奪へり。通鑑太宗殺元吉而納其妃生明云々。それて、蝗を食はすともよいことなり。本のことは、親の子へ出すことは名聞はない。子を可愛かりたらをらか親は止於慈と云はりようてなし。疱瘡に眼かあかぬと云。どれ、ととがなめてやろふと云。あとて子の方から礼を云はるる心も、世間から親切な親とほめられたい名聞はなし。越王勾踐か酒。其心か辱ひと云。直方先生、腹が下ろふとなり。
【解説】
「天德也。有天德、便可語王道」の説明。王道は覇者に対して言う。覇者は天徳がなく業だけである。徂徠も先王のことをよく言うが、彼のは先王で拵えた覇者のことであって、王道ではない。王道は名聞を期待するものではない。
【通釈】
「天徳也」。天の通りに働くので、天徳と言う。浅見先生が、聖人は肉のある天だと言った。孔子の「老者安之少者懐之」は春の花の様。そうかと思うと少正卯を討ち、大雷である。「陳恒弑其君」と言って水を浴びて出る。一陽来復の雷である。「可語王道」。王道と言うのは半分から先ですることではなく、天徳からのこと。上には聖人とあり、ここは王道と言うのが面白い。聖人と言うのも王道と言うのも同じことだが、王道と言う時は覇者と比較して言う。覇者には天徳がない。伯者が王道に頭が上らないのは、堯舜ほどの功があっても作り花だからである。椿の姿、水仙の姿と言っても生花とは違う。これをたとえて言えば、他人の子の看病と我が子の看病である。他人の子も我が子の様にするのは、それをしようとすればできるが、伯者のは、その子が死んだ時で違う。看病は業なので我が子の通りにもできるが、他人の子の死んだ時は涙が出ないことで知りなさい。王道は天徳であって、業のことではない。業は伯者と似ているが、天徳という心の姿が違う。そこで、継子扱いをしないのを王道と言う。徂徠がよく先王と言って堯舜文武のことをすると言うが、あれは先王で拵えた伯者である。先王といくら看板を出しても王道にはならない。唐の太宗が蝗を食って、民の稲を食うより我が腹を食えと言った。それは嫌なこと。心に向わばいかが答えん。そうかと見れば、弟娵を奪った。通鑑に、太宗殺元吉而納其妃生明云々。それなら、蝗を食う必要はない。本当のことには名聞がない。親が子へ出すことに名聞はない。子を可愛がることでは俺の親は「止於慈」だと言われたくてするのではない。疱瘡で眼が開かないと聞けば、どれ、父が舐めてやろうと言う。そこには、後で子の方から礼を言われたいという心も、世間から親切な親だと褒められたいという名聞もない。越王勾踐の酒。その心が忝いと言う。直方先生が、腹が下るだろうと言った。
【語釈】
・老者安之少者懐之…論語公冶長26。「子曰、老者安之、朋友信之、少者懷之」。
・陳恒弑其君…論語憲問22。「陳成子弑簡公。孔子沐浴而朝、告於哀公曰、陳恆弑其君。請討之」。
・止於慈…大学章句3。「爲人君、止於仁、爲人臣、止於敬、爲人子、止於孝、爲人父、止於慈、與國人交、止於信」。
・越王勾踐か酒…越王勾践が兵を率いて吴を伐する時、越中父老が美酒を勾践に献じた。勾践はその酒を倒し川の様に流して将士に与えた。そこで士卒の士気は大いに奮った。

其要云々。いくらさわいでもならぬ。この愼獨か大切なり。飾りつけて人をだまそうか、心に問へは皆うそなり。急雨に傘を借すにも義理と親切がある。向にとんぢゃくなしに、こちの胸のことなり。そこて、存養はこのやふな処をすること。山﨑先生のこの序にも、漢唐之間未嘗知存養之道と云。今日の学者か程子の尻馬にのりて漢唐絶学と云へとも、程子のことを口で云のなり。今日は程子の口眞似て絶学なり。愼獨の功夫するものなし。ここに功夫なけれは、やっはり不識此義なり。
【解説】
「其要只在愼獨」の説明。聖人の心を得るには慎独による。そこで存養をする。今の学者も漢唐を絶学と言うが、それは程子の口真似である。慎独の工夫をする者がいない。
【通釈】
「其要云々」。いくら騒いでもできない。この「慎独」が大切である。飾り付けて人を騙そうが、心に問えば皆嘘である。急雨に傘を貸すにも義理と親切とがある。向こうに頓着することではなく、自分の胸の内のこと。そこで、存養はこの様な処をすること。山崎先生の近思録序にも、「漢唐之間未嘗知存養之道」とある。今日の学者が程子の尻馬に乗って漢唐絶学と言うが、それは程子の言ったことを口先だけで言うのであって、程子の口真似あり、それも絶学である。慎独の工夫をする者がいない。ここに工夫がなければ、やはり「不識此義」である。


第四十一 不有躬無攸利の条

不有躬、無攸利。不立己、後雖向好事、猶爲化物、不得以天下萬物撓己。己立後、自能了當得天下萬物
【読み】
躬を有[たも]たず、利ろしき攸無し。己を立てざれば、後に好事に向かうと雖も、猶物に化し得ず、天下萬物を以て己を撓[たわ]むると爲す。己立ちて後、自ら能く天下萬物を了當し得ん。
【補足】
・この条は、程氏遺書六にある。

この二句は易蒙の卦なり。見金夫不有躬无攸利と云易て、我守のことを云。古から其やふなわるものあった。好色に金なとを見せかけて、女の心を動す。金でせかせると云筋なり。時に其女が貞女なれは、端ん物ても金ても動ぬ。それも此方がぶら々々女なり。蘀兮々々風其吹汝。金さへ見れは无攸利なりと云は、爻の姿なり。易は何にも取られる。不立己後雖向好事云々。一分の覺悟の立か根になる。覺悟ないと取る手方角はない。旅立支度するに、どこへても行ふと云のなり。どこへても行ふと云なれば、不立己の旅立と云もの。金てうこくなれは、見ととけられぬ女なり。覺悟の目さす処ありて、そこて丈夫に目あてかある。一定の覺悟なく根かたたぬなれは、わるいことは云に及ばづ、よいことかありてもそれては取られぬ。見金夫不有躬なり。学問好きなとと云のか役にたたぬ。世間て学問好々々々と云はれて、老荘も一理、孟子もよいか、又どふても性悪と云も面白なとと云。朱子の、村裏無宗旨底の禪と云ふ。偖、をとなしひ学者の君子風、目を眠り存養する。体よいやうなれとも、なんぼ存養めいても存養にならぬは物に化せらるるゆへそ。古今歴々の学者と云人に佛道も神道も一理あると云のかある。こちに魂かないゆへ、狐に化されたやふなり。この章、覺悟の立つことて、存養めかぬことの存養になるを合点すへし。
【解説】
「不有躬、無攸利。不立己、後雖向好事、猶爲化物」の説明。覚悟を立てることが身を保つ根本となる。覚悟がなければ物に化かされる。俗学をも一理あるなどと言うのは覚悟が立っていない学者である。
【通釈】
「不有躬」と「無攸利」の二句は易の蒙卦である。「見金夫不有躬无攸利」という易で、我守を言う。古からその様な悪者がいた。好色に金などを見せかけて、女の心を動かす。金で急かせるという筋である。時にその女が貞女だと、反物でも金でも動かないが、ここは自分の方がぶらぶらした女の様なこと。「蘀兮蘀兮風其吹汝」。金さえ見れば无攸利と言うのは、爻の形である。易は何にでもたとえることができる。「不立己後雖向好事云々」。一分の覚悟が立つことが根本となる。覚悟がないと仕様がない。旅立ちの支度をするのに、何処へでも行こうと言う。何処へでも行こうと言うのであれば、不立己の旅立ちというもの。金で動くのなら、見届けられない女である。覚悟に目指す処があって、そこで丈夫に目当てに向かうことができる。一定の覚悟がなくて根が立たなければ、悪いことは言うに及ばず、よいことであってもそれを取ることができない。見金夫不有躬である。学問好きなどというのが役に立たない。世間で学問好きと言われて、老荘も一理、孟子もよいが、またどうしても性悪も面白いなどと言う。朱子が、村裏無宗旨底の禅と言った。さて、大人しい学者が君子風で、目を眠り存養する姿はよいことの様だが、何ほど存養めいていても存養にならならないのは物に化せられるからである。古今歴々の学者という人に仏道も神道も一理あると言う者がある。それはこちらに魂がないからで、狐に化かされた様なもの。この章は覚悟の立つことを言うが、この様な存養めかないことが存養になることを合点しなさい。
【語釈】
・易蒙の卦…易経蒙卦。「六三。勿用取女。見金夫、不有躬。无攸利」。
・蘀兮々々風其吹汝…詩経国風蘀兮。「蘀兮、風其吹汝。叔兮伯兮、唱予和汝」。

不得以天下万物撓己云々。語立が上に不立己とある。ここは己を立ることを云。勇氣ある人の化もの屋鋪へ行て泊りたときに、女に化て来て御茶を上けませふと云ても、をれは茶は飲まいと云。妖怪か太鼓を打ては、ああやかましい、をけと云ゆへ、化け物の方で艸臥る。垩人の我未見剛者と云も、人欲て万物にたわまされるもの共計りなゆへなり。小学に胡文定が立志以明道希文自期待すと云。胡文定を引は覺悟を明す為なり。小學ゆへ、手習子の学ふことのやうに見ている。江戸て我黨の朱子学などと云もの、諸先生の誤をも見出すのと云程ても、この胡文定の期待すと云やふな処は只通してをくぞ。胡文定は鼻のさきの明道と云はるる。丁と文定の明道は我々共が淺見佐藤三宅を期待するのそ。そこてつかまへ処のよいか覺悟の立たなり。それてまきらをさせぬ。よく覺悟か立と、堯舜よりは明道がよいと云はつなり。今法花宗て釈迦よりは日蓮と云はよい出家なり。垂井の市原主助か方に垩像と訂翁の像ありたを某云に、孔子は四書ですむ、足下は垩像より訂翁の像が上へ行くはづと云れたれは、彼もいこう感心した。孔子と云は俗学も本尊にするそ。そこで、胡文定は孔子と云はす明道と云。覚悟が立と下手な学問にたはまされはせぬか、覚悟か立ぬと天地万物と云に、いつかそれへ引込れる。戒ること在色、戒ること在得のと云。衰ると欲が深くなる。焼肴にもたはまされる。晩に食ふ程に大切にしてをけと云。それよりして、学者にたわまされるもある。直方の弟子すじても四十六士は復讐と云へば、はやたはまされたのなり。大梅か、我只管に即心即佛と云たはだまされぬのなり。存養は念仏組のやふなをとなしいこと計てない。覺悟か立子は存養にならぬ。
【解説】
「不得以天下萬物撓己」の説明。人は欲によって万物に撓まされてばかりいる。人は衰えると欲が深くなるが、覚悟を立てて撓まらせないようにしなければならない。それが存養である。覚悟を立てるとは、胡文定が「立志以明道希文自期待」と言う様なこと。
【通釈】
「不得以天下万物撓己云々」。上に「不立己」とあるが、ここは己を立てたことを言う。勇気のある人が化物屋敷へ行って泊まった時、女に化けて来てお茶を上けましょうと言われても、俺は茶は飲まないと言う。妖怪が太鼓を打てば、ああ喧しい、撥を置けと言うから化け物の方で草臥れる。聖人が「我未見剛者」と言ったのも、人欲で万物に撓まされる者達ばかりだからである。小学で胡文定が「立志以明道希文自期待」と言った。胡文定を引くのは覚悟を明かすためである。これが小学にあるから、手習いの子が学ぶことの様に見ている。江戸で我が党の朱子学などという者も、諸先生の誤りをも見出すのというほどでも、この胡文定の「期待」という様な処は見過ごして置く。胡文定は鼻の先が明道だと言われた。丁度文定の明道は我々共が浅見佐藤三宅を期待するのと同じである。そこで、掴まえ処がよいというのが覚悟の立ったことなのである。それで紛らかしをさせない。よく覚悟が立てば、堯舜よりは明道の方がよいと言う筈である。今法華宗で釈迦よりは日蓮と言うのはよい出家である。垂井の市原主助のところに聖像と訂翁の像があったのを私が評して、孔子は四書で済む、貴殿には聖像より訂翁の像の方が上へ行く筈だと言うと、彼も大層感心をした。孔子は俗学も本尊にする。そこで、胡文定は孔子と言わずに明道と言う。覚悟が立つと下手な学問に撓まされはしないが、覚悟が立たないと天地万物というものにいつかは引き込まれる。「戒之在色戒之在得」と言う。衰えると欲が深くなる。焼魚にも撓まされる。晩に食うから大切にして置けと言う。それからは、学者にも撓まされる者がいる。直方の弟子筋でも四十六士は復讐だと言うのなら、既に撓まされたのである。大梅が、自分は只管に「即心即仏」だと言ったのは撓まされないためである。存養は念仏組の様な大人しいことばかりではない。覚悟が立たなければ存養にはならない。
【語釈】
・我未見剛者…論語公冶長11。「子曰、吾未見剛者。或對曰、申棖。子曰、棖也慾。焉得剛」。
・胡文定…胡安国。宋、崇安の人。字は康侯。号は武夷先生。
・立志以明道希文自期待す…小学嘉言。「胡文定公與子書曰、立志以明道希文自期待、立心以忠信不欺爲主本」。
・市原主助…櫟原踅齋?名は篤好。主佐と称す。別号は泗水庵。美濃垂井の人。垂井聖堂を創立。寛政12年(1800)1月2日没。年78。又はその子の櫟原牧齋か?
・戒ること在色、戒ること在得…論語季氏7。「孔子曰、君子有三戒。少之時、血氣未定、戒之在色。及其壯也、血氣方剛、戒之在鬭。及其老也、血氣既衰、戒之在得」。
・大梅…大梅和尚。湖北省荊州の玉泉寺で得度。ここの話は為学108の講義にある。752~839

この章、手強ひ章なり。先日の物各付物もここへ廻る。目さす処があると丈夫になる。書物て変すると書にたわまされる。直方先生の出来人欲なり。この頃は御酒もなると云、それはようござると云は合せ口上なり。たたい人欲は一つつつも减しての存養なり。地金わるくて存養はならぬ。古身を先祖から百年持つたへたと云ても、地金がなまくらではやくにたたぬ。この章を某先年は疑ふて克己に載りそふなものと思ふたか、克己にのせそふな章をこの存養にあるか朱子の思召なり。前条に王道と覇者を云、易の蒙の卦てわるい方へたわむ用心めくことを出し、このぬけた強ひことを出して存養なり。存養も温公のやふに中の字を念すると云やふな根のすわらぬぶら々々めいたことてはない。己立後了當得天下万物。受こんでさばくことなり。苦になるのと云ふは向にたはむゆへさわぐ。こちでどふてもさばくこと。了當を撓むへあてて見るへし。了當はこちてさばくゆへ、そこで仏書を見ても老荘を見てもよい。このするどなことを存養へ入たか朱子の大ふ思召あることなり。
【解説】
「己立後、自能了當得天下萬物」の説明。己がなまくらでは存養もならず、役には立たない。己を立てた後に自らが捌く。そうなれば、仏書を見ても老荘を見ても大丈夫である。
【通釈】
この章は手強い章である。先日の「物各付物」もここへ廻る。目指す処があると丈夫になる。書物で変わると書に撓まされる。直方先生の言った出来人欲である。この頃は御酒も飲めると聞いて、それはよいことだと言うのは合わせ口上である。そもそも一つずつでも人欲を減らしていくのが存養である。地金が悪くては存養がならない。古身を先祖から百年持ち伝えたと言っても、地金がなまくらでは役に立たない。この章を私が先年疑って、克己に載りそうなものだと思ったが、克己に載せそうな章をこの存養に載せたのが朱子の思し召しである。前条に王道と覇者を言い、易の蒙の卦で悪い方へ撓むという用心めいたことを出し、この飛び抜けた強いことを出しての存養である。存養は、温公の様に中の字を念ずるという様な根の据わらないぶらついたことではない。「己立後了当得天下万物」。受け込んで捌くこと。苦になると言うのは向こうに撓むからで、それで騒ぐ。どの様なことでもこちらで捌くのである。了当を撓むへ当てて見なさい。了当はこちらで捌くので、そこで仏書を見ても老荘を見てもよい。この鋭いことを存養へ入れたのが朱子の大きな思し召しである。
【語釈】
・物各付物…存養27の語。

講後曰、立己は大まかがわるい。とかく孔子の道と出たがる。行藏も晩年の号があしし。どふやら古義堂に似てわるい。溝口公の学挍を道学堂とつけたは、孔子めき、まきらをくわせぬ為なり。
【解説】
「立己」は、大まかでは悪い。行蔵が晩年に名付けた信古堂は仁斎の古義堂に似ていて悪い。
【通釈】
講後に言う。「立己」は、大まかでは悪い。とかく孔子の道と出たがるもの。行蔵も晩年の号が悪い。どうやら古義堂に似て悪い。溝口公が学校を道学堂と名付けたのは、孔子めいて、紛らかしを食わせないためである。
【語釈】
・行藏…村士玉水。江戸の人。名は宗章。一斎。信古堂という学舎を営む。1729~1776
・古義堂…伊藤仁斎の住居、塾の名称。