國子監刊本『周易本義』(華聯出版社)及び懐徳堂文庫本『周易雕題』を参考とした。

上繫辭傳 傳、去聲。後同。
【読み】
上繫辭傳 傳は、去聲。後も同じ。

繫辭、本謂文王周公所作之辭、繫于卦爻之下者。卽今經文。篇乃孔子所述繫辭之傳也。以其通論一經之大體凡例、故无經可附、而自分上下云。
【読み】
繫辭は、本文王周公作る所の辭、卦爻の下に繫ける者を謂う。卽ち今の經文なり。此の篇は乃ち孔子述ぶる所の繫辭の傳なり。其れ通じて一經の大體凡例を論ずるを以て、故に經をして附す可きこと无くして、自ら上下を分かつと云う。

天尊地卑、乾坤定矣。卑高以陳、貴賤位矣。動靜有常、剛柔斷矣。方以類聚、物以羣分、吉凶生矣。在天成象、在地成形、變化見矣。斷、丁亂反。見、賢遍反。○天地者、陰陽形氣之實體。乾坤者、易中純陰純陽之卦名也。卑高者、天地萬物上下之位。貴賤者、易中卦爻上下之位也。動者、陽之常。靜者、陰之常。剛柔者、易中卦爻陰陽之稱也。方、謂事情所向。言事物善惡、各以類分。而吉凶者、易中卦爻占決之辭也。象者、日月辰之屬。形者、山川動植之屬。變化者、易中蓍策卦爻、陰變爲陽、陽化爲陰者也。此言聖人作易、因陰陽之實體、爲卦爻之法象。莊周所謂易以道陰陽、此之謂也。
【読み】
天は尊く地は卑くして、乾坤定まる。卑高以て陳[つら]なりて、貴賤位す。動靜常有りて、剛柔斷ず。方は類を以て聚まり、物は羣を以て分かれて、吉凶生ず。天に在りては象を成し、地に在りては形を成して、變化見[あらわ]る。斷は、丁亂の反。見は、賢遍の反。○天地は、陰陽形氣の實體。乾坤は、易中純陰純陽の卦の名なり。卑高は、天地萬物上下の位。貴賤は、易中卦爻の上下の位なり。動は、陽の常。靜は、陰の常。剛柔は、易中卦爻の陰陽の稱なり。方は、事情の向かう所を謂う。言うこころは、事物善惡の、各々類を以て分かる、と。而して吉凶は、易中卦爻の占決の辭なり。象は、日月辰の屬。形は、山川動植の屬。變化は、易中蓍策の卦爻、陰變じて陽と爲り、陽化して陰と爲る者なり。此れ言うこころは、聖人の易を作る、陰陽の實體に因りて、卦爻の法象と爲る、と。莊周謂う所の易は以て陰陽を道うとは、此れ之を謂うなり。

是故剛柔相摩、八卦相蕩。蕩、徒浪反。○此言易卦之變化也。六十四卦之初、剛柔兩畫而已。兩相摩而爲四、四相摩而爲八、八相蕩而爲六十四。
【読み】
是の故に剛柔相摩し、八卦相蕩[うご]かす。蕩は、徒浪の反。○此れ易の卦の變化を言うなり。六十四卦の初めは、剛柔兩畫のみ。兩つ相摩して四と爲り、四相摩して八と爲り、八相蕩かして六十四と爲る。

鼓之以雷霆、潤之以風雨。日月運行、一寒一暑。此變化之成象者。
【読み】
之を鼓するに雷霆を以てし、之を潤すに風雨を以てす。日月運行して、一たびは寒く一たびは暑し。此れ變化の象を成す者なり。

乾道成男、坤道成女。此變化之成形者。此兩節、又明易之見於實體者。與上文相發明也。
【読み】
乾道は男を成し、坤道は女を成す。此れ變化の形を成す者なり。此の兩節、又易の實體に見る者を明らかにす。上文と相發明す。

乾知大始、坤作成物。知、猶主也。乾主始物而坤作成之。承上文男女而言乾坤之理。蓋凡物之屬乎陰陽者、莫不如此。大抵陽先陰後、陽施陰受、陽之輕淸未形、而陰之重濁有迹也。
【読み】
乾は大始を知[つかさど]り、坤は成物を作す。知は、猶主るのごとし。乾は物を始むるを主りて坤は之を作成す。上文の男女を承けて乾坤の理を言う。蓋し凡そ物の陰陽に屬する者は、此の如くならざること莫し。大抵陽は先だちて陰は後れ、陽施して陰受け、陽の輕淸未だ形れずして、陰の重濁迹有り。

乾以易知、坤以簡能。易、以豉反。○乾健而動。卽其所知、便能始物而无所難。故爲以易而知大始。坤順而靜。凡其所能、皆從乎陽而不自作。故爲以簡而能成物。
【読み】
乾は易を以て知り、坤は簡を以て能くす。易は、以豉の反。○乾は健にして動。卽ち其の知る所、便ち能く物を始めて難き所无し。故に易を以て大始を知ると爲す。坤は順にして靜。凡そ其の能くする所は、皆陽に從いて自ら作さず。故に簡を以て能く物を成すと爲す。

易則易知、簡則易從。易知則有親、易從則有功。有親則可久、有功則可大。可久則賢人之德、可大則賢人之業。人之所爲、如乾之易、則其心明白而人易知、如坤之簡、則其事要約而人易從。易知則與之同心者多。故有親。易從則與之協力者衆。故有功。有親則一於内。故可久。有功則兼於外。故可大。德、謂得於己者。業、謂成於事者。上言乾坤之德不同、此言人法乾坤之道。至此則可以爲賢矣。
【読み】
易なれば則ち知り易く、簡なれば則ち從い易し。知り易ければ則ち親しみ有り、從い易ければ則ち功有り。親しみ有れば則ち久しかる可く、功有れば則ち大いなる可し。久しかる可きは則ち賢人の德、大いなる可きは則ち賢人の業なり。人の爲す所、乾の易の如くなれば、則ち其の心明白にして人知ること易く、坤の簡の如くなれば、則ち其の事要約して人從うこと易し。知ること易ければ則ち之と心を同じくする者多し。故に親しみ有り。從うこと易ければ則ち之と力を協わす者衆し。故に功有り。親しみ有れば則ち内に一なり。故に久しかる可し。功有れば則ち外に兼ぬ。故に大いなる可し。德は、己に得る者を謂う。業は、事に成る者を謂う。上は乾坤の德同じからざるを言い、此は人の乾坤の道に法るを言う。此に至れば則ち以て賢と爲る可し。

易簡而天下之理得矣。天下之理得、而成位乎其中矣。成位、謂成人之位。其中、謂天地之中。至此則體道之極功。聖人之能事、可以與天地參矣。
【読み】
易簡にして天下の理得。天下の理得て、位を其の中に成す。位を成すとは、成人の位を謂う。其の中とは、天地の中を謂う。此に至れば則ち道に體するの極功なり。聖人の能く事とし、以て天地と參なる可し。

右第一章。此章以造化之實、明作經之理。又言乾坤之理、分見於天地、而人兼體之也。
【読み】
右第一章。此の章は造化の實を以て、經を作るの理を明らかにす。又乾坤の理、分かちて天地に見[しめ]し、人之を兼ね體するを言えり。


聖人設卦觀象、繫辭焉而明吉凶。象者、物之似也。此言聖人作易、觀卦爻之象而繫以辭也。
【読み】
聖人卦を設けて象を觀、辭を繫けて吉凶を明らかにす。象は、物の似なり。此れ聖人の易を作る、卦爻の象を觀て繫けるに辭を以てするを言うなり。

剛柔相推而生變化。言卦爻陰陽迭相推蕩、而陰或變陽、陽或化陰。聖人所以觀象而繫辭、衆人所以因蓍而求卦者也。
【読み】
剛柔相推して變化生ず。言うこころは、卦爻陰陽迭いに相推し蕩き、陰或は陽に變じ、陽或は陰に化す、と。聖人の象を觀て辭を繫ける所以、衆人の蓍に因りて卦を求むる所以の者なり。

是故吉凶者失得之象也。悔吝者憂虞之象也。吉凶悔吝者、易之辭也。得失憂虞者、事之變也。得則吉、失則凶。憂虞雖未至凶、然已足以致悔而取羞矣。蓋吉凶相對、而悔吝居其中閒、悔自凶而趨吉、吝自吉而向凶也。故聖人觀卦爻之中、或有此象、則繫之以此辭也。
【読み】
是の故に吉凶とは失得の象なり。悔吝とは憂虞の象なり。吉凶悔吝は、易の辭なり。得失憂虞は、事の變なり。得れば則ち吉、失えば則ち凶なり。憂虞未だ凶に至らずと雖も、然れども已に以て悔いを致して羞を取るに足る。蓋し吉凶相對して、悔吝其の中閒に居り、悔は凶よりして吉に趨り、吝は吉よりして凶に向かうなり。故に聖人は卦爻の中を觀て、或は此の象有るを、則ち之に繫けるに此の辭を以てす。

變化者進退之象也。剛柔者晝夜之象也。六爻之動、三極之道也。柔變而趨於剛者、退極而進也。剛化而趨於柔者、進極而退也。旣變而剛、則晝而陽矣。旣化而柔、則夜而陰矣。六爻、初・二爲地、三・四爲人、五・上爲天。動、卽變化也。極、至也。三極、天地人之至理、三才各一太極也。此明剛柔相推以生變化、而變化之極復爲剛柔、流行於一卦六爻之閒、而占者得因所値以斷吉凶也。
【読み】
變化とは進退の象なり。剛柔とは晝夜の象なり。六爻の動きは、三極の道なり。柔變じて剛に趨るは、退くこと極まりて進むなり。剛化して柔に趨るは、進むこと極まりて退くなり。旣に變じて剛なれば、則ち晝にして陽なり。旣に化して柔なれば、則ち夜にして陰なり。六爻は、初・二は地と爲り、三・四は人と爲り、五・上は天と爲る。動とは、卽ち變化なり。極とは、至れるなり。三極とは、天地人の至理にて、三才は各々一太極なり。此れ剛柔相推して以て變化を生じて、變化の極みも復剛柔を爲し、一卦六爻の閒に流行して、占者値[あ]う所に因りて以て吉凶を斷つを得るを明らかにするなり。

是故君子所居而安者、易之序也。所樂而玩者、爻之辭也。樂、音洛。○易之序、謂卦爻所著事理當然之次第。玩者、觀之詳。
【読み】
是の故に君子の居りて安んずる所の者は、易の序なり。樂んで玩ぶ所の者は、爻の辭なり。樂は、音洛。○易の序とは、卦爻著る所の事理當然の次第を謂う。玩は、觀ることの詳らかなるなり。

是故君子居則觀其象而玩其辭、動則觀其變而玩其占。是以自天祐之、吉无不利。象・辭・變已見上。凡單言變者、化在其中。占、謂其所値吉凶之決也。
【読み】
是の故に君子は居れば則ち其の象を觀て其の辭を玩び、動けば則ち其の變を觀て其の占を玩ぶ。是を以て天より之を祐け、吉にして利ろしからざること无し。象・辭・變は已に上に見ゆ。凡そ單に變と言う者は、化其の中に在り。占とは、其の値う所の吉凶の決を謂うなり。

右第二章。此章言聖人作易、君子學易之事。
【読み】
右第二章。此の章は聖人易を作り、君子易を學ぶ事を言えり。


彖者言乎象者也。爻者言乎變者也。彖、謂卦辭。文王所作者。爻、謂爻辭。周公所作者。象、指全體而言。變、指一節而言。
【読み】
彖とは象を言う者なり。爻とは變を言う者なり。彖とは、卦辭を謂う。文王作る所の者なり。爻とは、爻辭を謂う。周公作る所の者なり。象とは、全體を指して言う。變とは、一節を指して言う。

吉凶者言乎其失得也。悔吝者言乎其小疵也。无咎者善補過也。此卦爻辭之通例。
【読み】
吉凶とは其の失得を言うなり。悔吝とは其の小疵を言うなり。咎无しとは善く過を補うなり。此れ卦爻の辭の通例なり。

是故列貴賤者存乎位。齊小大者存乎卦。辯吉凶者存乎辭。位、謂六爻之位。齊、猶定也。小、謂陰。大、謂陽。
【読み】
是の故に貴賤を列ぬる者は位に存す。小大を齊[さだ]むる者は卦に存す。吉凶を辯ずる者は辭に存す。位とは、六爻の位を謂う。齊とは、猶定むのごとし。小とは、陰を謂う。大とは、陽を謂う。

憂悔吝者存乎介。震无咎者存乎悔。上悔、乎罪反。下悔、呼對反。○介、謂辯別之端。蓋善惡已動而未形之時也。於此憂之、則不至於悔吝矣。震、動也。知悔、則有以動其補過之心、而可以无咎矣。
【読み】
悔吝を憂うる者は介に存す。震[うご]きて咎无き者は悔に存す。上の悔は、乎罪の反。下の悔は、呼對の反。○介とは、辯別の端を謂う。蓋し善惡已に動きて未だ形れざるの時なり。此に於て之を憂うれば、則ち悔吝に至らざるなり。震とは、動くなり。悔を知れば、則ち以て其の過を補うの心を動かすこと有りて、以て咎无かる可し。

是故卦有小大、辭有險易。辭也者各指其所之。易、以豉反。○小險大易、各隨所向。
【読み】
是の故に卦に小大有り、辭に險易有り。辭なる者は各々其の之く所を指す。易は、以豉の反。○小險大易、各々向かう所に隨う。

右第三章。此章釋卦爻辭之通例。
【読み】
右第三章。此の章は卦爻辭の通例を釋けり。


易與天地準。故能彌綸天地之道。易書卦爻具有天地之道、與之齊準。彌、如彌縫之彌、有終竟聯合之意。綸、有選擇條理之意。
【読み】
易は天地と準[なぞら]う。故に能く天地の道を彌綸[びりん]す。易の書と卦爻は具に天地の道有り、之と齊しく準う。彌とは、彌縫の彌の如く、終竟聯合の意有り。綸とは、選擇條理の意有り。

仰以觀於天文、俯以察於地理。是故知幽明之故。原始反終。故知死生之說。精氣爲物、遊魂爲變。是故知鬼神之情状。此窮理之事。以者、聖人以易之書也。易者陰陽而已。幽明死生鬼神、皆陰陽之變、天地之道也。天文則有晝夜上下、地理則有南北高深。原者、推之於前。反者、要之於後。陰精陽氣、聚而成物、神之伸也。魂游魄降、散而爲變、鬼之歸也。
【読み】
仰いで以て天文を觀、俯して以て地理を察す。是の故に幽明の故を知る。始めを原[たず]ねて終わりに反る。故に死生の說を知る。精氣物を爲し、遊魂變を爲す。是の故に鬼神の情状を知る。此れ理を窮むるの事。以は、聖人易の書を以てなり。易は陰陽のみ。幽明死生鬼神は、皆陰陽の變にて、天地の道なり。天文は則ち晝夜上下有り、地理は則ち南北高深有り。原は、之を前に推す。反は、之を後に要す。陰精陽氣、聚めて物を成すは、神の伸びるなり。魂游び魄降り、散じて變を爲すは、鬼の歸すなり。

與天地相似。故不違。知周乎萬物而道濟天下。故不過。旁行而不流、樂天知命。故不憂。安土敦乎仁。故能愛。知、音智。樂、音洛。知命之知如字。○此聖人盡性之事也。天地之道、知仁而已。知周萬物者、天也。道濟天下者、地也。知且仁、則知而不過矣。旁行者、行權之知也。不流者、守正之仁也。旣樂天理、而又知天命。故能无憂、而其知益深。隨處皆安而无一息之不仁。故能不忘其濟物之心而仁益篤。蓋仁者愛之理、愛者仁之用。故其相爲表裏如此。
【読み】
天地と相似たり。故に違わず。知萬物に周くして道天下を濟[すく]う。故に過たず。旁[あまね]く行きて流れず、天を樂しみ命を知る。故に憂えず。土に安んじ仁に敦し。故に能く愛す。知は、音智。樂は、音洛。知命の知は字の如し。○此れ聖人性を盡くすの事なり。天地の道は、知仁のみ。知萬物に周しは、天なり。道天下を濟うは、地なり。知且つ仁なれば、則ち知って過ぎざるなり。旁く行くは、權を行うの知なり。流れずは、正しきを守るの仁なり。旣に天理を樂しみて、又天命を知る。故に能く憂うること无くして、其の知益々深し。處に隨いて皆安んじて一息の不仁无し。故に能く其の物を濟うの心を忘れずして仁益々篤し。蓋し仁は愛の理、愛は仁の用なり。故に其の表裏を相爲すこと此の如し。

範圍天地之化而不過、曲成萬物而不遺、通乎晝夜之道而知。故神无方而易无體。此聖人至命之事也。範、如鑄金之有模範。圍、匡郭也。天地之化无窮。而聖人爲之範圍、不使過於中道。所謂裁成者也。通、猶兼也。晝夜、則幽明生死鬼神之謂。如此、然後可見至神之妙、无有方所、易之變化、无有形體也。
【読み】
天地の化を範圍して過ぎさず、萬物を曲成して遺さず、晝夜の道を通じて知る。故に神は方无くして易は體无し。此れ聖人の命に至るの事なり。範とは、金を鑄るの模範有るが如し。圍とは、匡郭なり。天地の化は窮まり无し。而して聖人之が範圍を爲し、中道を過ぎしめず。所謂裁成なる者なり。通とは、猶兼ぬるのごとし。晝夜とは、則ち幽明生死鬼神の謂。此の如くして、然して後に至神の妙、方所有ること无く、易の變化、形體有ること无きを見る可し。

右第四章。此章言易道之大、聖人用之如此。
【読み】
右第四章。此の章は易の道の大いなる、聖人之を用うること此の如きを言えり。


一陰一陽之謂道。陰陽迭運者、氣也。其理則所謂道。
【読み】
一陰一陽之を道と謂う。陰陽迭いに運ぶ者は、氣なり。其の理は則ち所謂道なり。

繼之者善也。成之者性也。道具於陰而行乎陽。繼、言其發也。善、謂化育之功、陽之事也。成、言其具也。性、謂物之所受。言物生則有性、而各具是道也。陰之事也。周子程子之書、言之備矣。
【読み】
之を繼ぐ者は善なり。之を成す者は性なり。道は陰に具わりて陽に行わる。繼ぐとは、其の發を言うなり。善とは、化育の功を謂い、陽の事なり。成すとは、其の具わるを言うなり。性とは、物の受くる所を謂う。言うこころは、物生ずれば則ち性有りて、各々是の道を具う、と。陰の事なり。周子程子の書は、之を言うこと備なり。

仁者見之謂之仁、知者見之謂之知、百姓日用而不知。故君子之道鮮矣。知、音智。不知之知、如字。鮮、息淺反。○仁陽知陰、各得是道之一隅。故隨其所見而目爲全體也。日用不知、則莫不飮食、鮮能知味者、又其每下者也。然亦莫不有是道焉。或曰、上章以知屬乎天、仁屬乎地、與此不同、何也。曰、彼以淸濁言、此以動靜言。
【読み】
仁者は之を見て之を仁と謂い、知者は之を見て之を知と謂い、百姓は日に用いて知らず。故に君子の道は鮮し。知は、音智。不知の知は、字の如し。鮮は、息淺の反。○仁は陽にて知は陰、各々是の道の一隅を得。故に其の見る所に隨いて目して全體と爲るなり。日に用いて知らずとは、則ち飮食せざること莫けれども、能く味を知ること鮮き者にして、又其の每に下なる者なり。然れども亦是の道有らざること莫し。或ひと曰く、上章は知を以て天に屬し、仁は地に屬し、此と同じからず、何ぞや、と。曰く、彼は淸濁を以て言い、此は動靜を以て言う、と。

顯諸仁、藏諸用、鼓萬物而不與聖人同憂。盛德大業至矣哉。顯、自内而外也。仁、謂造化之功、德之發也。藏、自外而内也。用、謂機緘之妙、業之本也。程子曰、天地无心而成化、聖人有心而无爲。
【読み】
諸を仁に顯[あらわ]し、諸を用に藏し、萬物を鼓して聖人と憂えを同じくせず。盛德大業至れるかな。顯とは、内よりして外なり。仁とは、造化の功を謂い、德の發なり。藏とは、外よりして内なり。用とは、機緘の妙を謂い、業の本なり。程子曰く、天地は心无くして化を成し、聖人は心有りて爲すこと无し、と。

富有之謂大業、日新之謂盛德。張子曰、富有者、大而无外。日新者、久而无窮。
【読み】
富有之を大業と謂い、日新之を盛德と謂う。張子曰く、富有は、大いにして外无し。日新は、久しくして窮まり无し、と。

生生之謂易、陰生陽、陽生陰。其變無窮。理與書皆然也。
【読み】
生生之を易と謂い、陰、陽を生じ、陽、陰を生ず。其の變窮まり無し。理と書と皆然り。

成象之謂乾、效法之謂坤。效、呈也。法、謂造化之詳密而可見者。
【読み】
象を成す之を乾と謂い、法を效[いた]す之を坤と謂う。效とは、呈するなり。法とは、造化の詳密にして見る可き者を謂う。

極數知來之謂占、通變之謂事、占、筮也。事之未定者、屬乎陽也。事、行事也。占之已決者、屬乎陰也。極數知來、所以通事之變。張忠定公言公事有陰陽、意蓋如此。
【読み】
數を極め來を知る之を占と謂い、變に通ずる之を事と謂い、占とは、筮なり。事の未だ定まらざる者は、陽に屬すなり。事とは、行事なり。占の已に決する者は、陰に屬すなり。數を極め來るを知るとは、事の變を通ずる所以。張忠定公の公事に陰陽有りと言うは、意蓋し此の如くならん。

陰陽不測之謂神。張子曰、兩在故不測。
【読み】
陰陽測られざる之を神と謂う。張子曰く、兩つ在る故に測られず、と。

右第五章。此章言道之體用不外乎陰陽、而其所以然者、則未嘗倚於陰陽也。
【読み】
右第五章。此の章は道の體用は陰陽に外れずして、其の然る所以の者は、則ち未だ嘗て陰陽に倚らざるを言えり。


夫易廣矣大矣。以言乎遠則不禦、以言乎邇則靜而正、以言乎天地之間則備矣。夫、音扶。下同。○不禦、言无盡。靜而正、言卽物而理存。備、言无所不有。
【読み】
夫れ易は廣し大いなり。以て遠きを言えば則ち禦[とど]まらず、以て邇きを言えば則ち靜かにして正しく、以て天地の間を言えば則ち備わる。夫は、音扶。下も同じ。○禦まらずとは、盡きること无きを言う。靜かにして正しきとは、物に卽きて理存するを言う。備とは、有らざる所无きを言う。

夫乾其靜也專。其動也直。是以大生焉。夫坤其靜也翕。其動也闢。是以廣生焉。翕、虛級反。闢、婢亦反。○乾坤各有動靜、於其四德見之。靜體而動用、靜別而動交也。乾一而實。故以質言而曰大。坤二而虛。故以量言而曰廣。蓋天之形雖包於地之外、而其氣常行乎地之中也。易之所以廣大者以此。
【読み】
夫れ乾は其の靜かなるや專らなり。其の動くや直し。是を以て大いに生ず。夫れ坤は其の靜かなるや翕[あ]う。其の動くや闢く。是を以て廣く生ず。翕は、虛級の反。闢は、婢亦の反。○乾坤各々動靜有り、其の四德に於て之を見る。靜は體にして動は用、靜別れて動交わるなり。乾は一にして實。故に質を以て言いて大と曰う。坤は二にして虛。故に量を以て言いて廣と曰う。蓋し天の形は地の外を包ぬと雖も、而して其の氣は常に地の中に行わる。易の廣大なる所以の者は此を以てなり。

廣大配天地。變通配四時。陰陽之義配日月。易簡之善配至德。易、以豉反。○易之廣大變通、與其所言陰陽之說、易簡之德、配之天道人事則如此。
【読み】
廣大は天に配す。變通は四時に配す。陰陽の義は日月に配す。易簡の善は至德に配す。易は、以豉の反。○易の廣大變通と、其の言う所の陰陽の說、易簡の德は、之を天道人事に配すれば則ち此の如し。

右第六章。


子曰、易其至矣乎。夫易、聖人所以崇德而廣業也。知崇禮卑。崇效天、卑法地。知、音智。○十翼皆夫子所作。不應自著子曰字。疑皆後人所加也。窮理則知崇如天而德崇。循理則禮卑如地而業廣。此其取類、又以淸濁言也。
【読み】
子曰く、易は其れ至れるかな。夫れ易は、聖人の德を崇くし業を廣むる所以なり。知は崇く禮は卑し。崇きは天に效[なら]い、卑きは地に法る。知は、音智。○十翼は皆夫子の作る所。自ら子曰の字を著く應からず。疑うらくは皆後人の加うる所ならん。理を窮むれば則ち知崇きこと天の如くして德崇し。理に循えば則ち禮卑きこと地の如くして業廣し。此れ其の類を取り、又淸濁を以て言うなり。

天地設位、而易行乎其中矣。成性存存、道義之門。天地設位而變化行、猶知禮存性而道義出也。成性、本成之性也。存存、謂存而又存。不已之意也。
【読み】
天地位を設けて、易其の中に行わる。成性存存は、道義の門なり。天地位を設けて變化行わるとは、猶禮を知り性を存して道義出づるがごとし。成性とは、本成の性なり。存すべきを存すとは、存して又存すを謂う。已まざるの意なり。

右第七章


聖人有以見天下之賾、而擬諸其形容、象其物宜。是故謂之象。賾、雜亂也。象、卦之象。如說卦所列者。
【読み】
聖人以て天下の賾[さく]を見ること有りて、諸を其の形容に擬し、其の物宜に象る。是の故に之を象と謂う。賾とは、雜亂なり。象とは、卦の象。說卦列する所の如き者なり。

聖人有以見天下之動、而觀其會通、以行其典禮、繫辭焉以斷其吉凶。是故謂之爻。斷、丁玩反。○會、謂理之所聚而不可遺處。通、謂理之可行而无所礙處。如庖丁解牛。會則其族、而通則其虛也。
【読み】
聖人以て天下の動を見ること有りて、其の會通を觀、以て其の典禮を行い、辭を繫けて以て其の吉凶を斷ず。是の故に之を爻と謂う。斷は、丁玩の反。○會とは、理の聚まる所にして遺す可からざる處を謂う。通とは、理の行く可くして礙ぐる所无き處を謂う。庖丁が牛を解くが如し。會は則ち其れ族にして、通は則ち其れ虛なり。

言天下之至賾而不可惡也。言天下之至動而不可亂也。惡、烏路反。○惡、猶厭也。
【読み】
天下の至賾を言えども惡む可からざるなり。天下の至動を言えども亂す可からざるなり。惡は、烏路の反。○惡とは、猶厭うがごとし。

擬之而後言、議之而後動、擬議以成其變化。觀象玩辭、觀變玩占、而法行之。此下七爻、則其例也。
【読み】
之を擬して後に言い、之を議して後に動き、擬議して以て其の變化を成す。象を觀て辭を玩び、變を觀て占を玩び、而して法りて之を行う。此の下の七爻は、則ち其の例なり。

鳴鶴在陰、其子和之。我有好爵、吾與爾靡之。子曰、君子居其室出其言善、則千里之外應之。況其邇者乎。居其室出其言不善、則千里之外違之。況其邇者乎。言出乎身加乎民。行發乎邇見乎遠。言行君子之樞機。樞機之發、榮辱之主也。言行、君子之所以動天地也。可不愼乎。和、胡臥反。靡、音縻。行、下孟反。見、賢遍反。○釋中孚九二爻義。
【読み】
鳴鶴陰に在り、其の子之を和す。我に好き爵有り、吾爾と之に靡[かか]らん。子曰く、君子其の室に居りて其の言を出だすこと善ければ、則ち千里の外も之に應ず。況や其の邇き者をや。其の室に居りて其の言を出だすこと善からざれば、則ち千里の外も之に違う。況や其の邇き者をや。言は身に出でて民に加わる。行いは邇きに發して遠きに見る。言行は君子の樞機なり。樞機の發は、榮辱の主なり。言行は、君子の天地を動かす所以なり。愼まざる可けんや。和は、胡臥の反。靡は、音縻。行は、下孟の反。見は、賢遍の反。○中孚の九二の爻義を釋く。

同人先號咷而後笑。子曰、君子之道、或出或處、或默或語。二人同心、其利斷金。同心之言、其臭如蘭。斷、丁管反。臭、昌又反。○釋同人九五爻義。言君子之道、初若不同、而後實无閒。斷金如蘭、言物莫能閒、而言有味也。
【読み】
人に同じくするに先には號き咷びて後には笑う。子曰く、君子の道、或は出で或は處り、或は默し或は語る。二人心を同じくすれば、其の利きこと金を斷つ。同心の言は、其の臭蘭の如し。斷は、丁管の反。臭は、昌又の反。○同人の九五の爻義を釋く。言うこころは、君子の道は、初め同じからざるが若く、而して後に實に閒て无し、と。金を斷つこと蘭の如しとは、言うこころは、物能く閒てること莫くして、言に味有り、と。

初六、藉用白茅。无咎。子曰、苟錯諸地而可矣。藉之用茅。何咎之有。愼之至也。夫茅之爲物薄、而用可重也。愼斯術也以往、其无所失矣。藉、在夜反。錯、音措。夫、音扶。○釋大過初六爻義。
【読み】
初六、藉[し]くに白茅を用う。咎无し。子曰く、苟も諸を地に錯きて可なり。之を藉くに茅を用う。何の咎か之れ有らん。愼むの至りなり。夫れ茅の物爲る薄けれど、用は重かる可きなり。斯の術を愼みて以て往けば、其れ失する所无からん。藉は、在夜の反。錯は、音措。夫は、音扶。○大過の初六の爻義を釋く。

勞謙。君子有終吉。子曰、勞而不伐、有功而不德、厚之至也。語以其功下人者也。德言盛、禮言恭。謙也者致恭以存其位者也。釋謙九三爻義。德言盛、禮言恭、言德欲其盛、禮欲其恭也。
【読み】
勞謙す。君子終わり有りて吉なり。子曰く、勞して伐[ほこ]らず、功有りて德とせず、厚きの至りなり。其の功を以て人に下る者を語[い]えるなり。德には盛と言い、禮には恭と言う。謙とは恭を致して以て其の位を存する者なり。謙の九三の爻義を釋く。德には盛と言い、禮には恭と言うとは、言うこころは、德は其の盛んならんことを欲し、禮は其の恭しからんことを欲す、と。

亢龍有悔。子曰、貴而无位、高而无民、賢人在下位而无輔。是以動而有悔也。釋乾上九爻義。當屬文言。此蓋重出。
【読み】
亢龍悔有り。子曰く、貴くして位无く、高くして民无く、賢人下位に在りて輔くる无し。是を以て動きて悔有るなり。乾の上九の爻義を釋く。當に文言に屬すべし。此れ蓋し重出ならん。

不出戶庭。无咎。子曰、亂之所生也、則言語以爲階。君不密則失臣、臣不密則失身、幾事不密則害成。是以君子愼密而不出也。幾、音機。○釋節初九爻義。
【読み】
戶庭を出です。咎无し。子曰く、亂の生ずる所や、則ち言語以て階と爲す。君密ならざれば則ち臣を失い、臣密ならざれば則ち身を失い、幾事密ならざれば則ち害成る。是を以て君子は愼密にして出さざるなり。幾は、音機。○節の初九の爻義を釋く。

子曰、作易者、其知盗乎。易曰、負且乘、致寇至。負也者、小人之事也。乘也者、君子之器也。小人而乘君子之器、盗思奪之矣。上慢下暴、盗思伐之矣。慢藏誨盗、冶容誨淫。易曰、負且乘、致寇至、盗之招也。藏、才浪反。○釋解六三爻義。
【読み】
子曰く、易を作る者は、其れ盗を知れるか。易に曰く、負い且つ乘り、寇の至るを致す、と。負うとは、小人の事なり。乘るとは、君子の器なり。小人にして君子の器に乘れば、盗之を奪わんことを思う。上慢にして下暴なれば、盗之を伐たんことを思う。慢藏は盗を誨え、冶容は淫を誨う。易に曰く、負い且つ乘り、寇の至るを致すとは、盗を之れ招くなり。藏は、才浪の反。○解の六三の爻義を釋く。

右第八章。此章言卦爻之用。
【読み】
右第八章。此の章は卦爻の用を言えり。


天一地二。天三地四。天五地六。天七地八。天九地十。此簡本在第十章之首。程子曰、宜在此。今從之。此言天地之數、陽奇陰耦、卽所謂河圖者也。其位一・六居下、二・七居上、三・八居左、四・九居右、五・十居中。就此章而言之、則中五爲衍母、次十爲衍子、次一・二・三・四爲四象之位、次六・七・八・九爲四象之數。二老位於西北、二少位於東南、其數則各以其類交錯於外也。
【読み】
天一地二。天三地四。天五地六。天七地八。天九地十。此の簡は本第十章の首めに在り。程子曰く、宜しく此に在るべし、と。今之に從う。此れ天地の數は、陽は奇、陰は耦なるを言い、卽ち所謂河圖なる者なり。其の位は一・六は下に居り、二・七は上に居り、三・八は左に居り、四・九は右に居り、五・十は中に居る。此の章に就いて之を言えば、則ち中の五を衍母と爲し、次に十を衍子と爲し、次に一・二・三・四を四象の位と爲し、次に六・七・八・九を四象の數と爲す。二老は西北に位し、二少は東南に位し、其の數は則ち各々其の類を以て外に交錯するなり。

天數五、地數五。五位相得而各有合。天數二十有五。地數三十。凡天地之數五十有五。此所以成變化而行鬼神也。此簡本在大衍之後、今按宜在此。天數五者、一・三・五・七・九皆奇也。地數五者、二・四・六・八・十皆耦也。相得、謂一與二、三與四、五與六、七與八、九與十、各以奇耦爲類而自相得。有合、謂一與六、二與七、三與八、四與九、五與十、皆兩相合。二十有五者、五奇之積也。三十者、五耦之積也。變化、謂一變生水、而六化成之、二化生火、而七變成之、三變生木、而八化成之、四化生金、而九變成之、五變生土、而十化成之。鬼神、謂凡奇耦生成之屈伸往來者。
【読み】
天の數五、地の數五。五位相得て各々合うこと有り。天の數二十有五。地の數三十。凡そ天地の數五十有五。此れ變化を成して鬼神を行う所以なり。此の簡は本大衍の後に在り、今按ずるに宜しく此に在るべし。天の數五は、一・三・五・七・九皆奇なり。地の數五は、二・四・六・八・十皆耦なり。相得とは、一と二、三と四、五と六、七と八、九と十、各々奇耦を以て類を爲して自ら相得るを謂う。合うこと有りとは、一と六、二と七、三と八、四と九、五と十、皆兩つ相合うを謂う。二十有五は、五奇の積なり。三十は、五耦の積なり。變化とは、一變じて水を生じ、而して六化して之を成し、二化して火を生し、而して七變じて之を成し、三變じて木を生じ、而して八化して之を成し、四化して金を生じ、而して九變じて之を成し、五變じて土を生じ、而して十化して之を成すを謂う。鬼神とは、凡そ奇耦生成する屈伸往來する者を謂う。

大衍之數五十、其用四十有九。分而爲二以象兩、掛一以象三、揲之以四、以象四時。歸奇於扐以象閏。五歳再閏。故再扐而後掛。揲、時設反。奇、紀宜反。扐、郎得反。○大衍之數五十、蓋以河圖中宮、天五乘地十而得之。至用以筮、則又止用四十有九。蓋皆出於理勢之自然、而非人之知力所能損益也。兩、謂天地也。掛、懸其一於左手小指之閒也。三、三才也。揲、閒而數之也。奇、所揲四數之餘也。扐、勒於左手中三指之兩閒也。閏、積月之餘日而成月者也。五歳之閒、再積日而再成月。故五歳之中、凡有再閏、然後別起積分。如一掛之後、左右各一揲而一扐。故五者之中、凡有再扐、然後別起一掛也。
【読み】
大衍の數五十、其の用四十有九。分かちて二と爲し以て兩に象り、一を掛けて以て三に象り、之を揲[かぞ]うるに四を以てし、以て四時に象り、奇を扐[ろく]に歸して以て閏[じゅん]に象る。五歳にして再閏あり。故に再扐して後に掛く。揲は、時設の反。奇は、紀宜の反。扐は、郎得の反。○大衍の數五十とは、蓋し河圖中宮の天五を以て、地十に乘りて之を得。用うるに以て筮するに至れば、則ち又止四十有九を用うるのみ。蓋し皆理勢の自然に出でて、人の知力の能く損益する所に非ざるなり。兩とは、天地を謂うなり。掛けるとは、其の一つを左手小指の閒に懸けるなり。三とは、三才なり。揲えるとは、閒てて之を數うるなり。奇とは、四を揲え數うる所の餘なり。扐とは、左手中三指の兩閒に勒すなり。閏とは、月の餘日を積んで月を成す者なり。五歳の閒、再び日を積んで再び月を成す。故に五歳の中、凡そ再閏有り、然して後に別に積分を起こす。一掛の後、左右各々一揲して一扐す。故に五者の中、凡そ再扐有り、然して後に別に一掛を起こすが如し。

乾之策二百一十有六、坤之策百四十有四、凡三百有六十、當期之日。期、音基。○凡此策數生於四象。蓋河圖四面、太陽居一而連九、少陰居二而連八、少陽居三而連七、太陰居四而連六。揲蓍之法、則通計三變之餘、去其初掛之一。凡四爲奇、凡八爲耦。奇圓圍三、耦方圍四。三用其全、四用其半、積而數之、則爲六・七・八・九、而第三變揲數策數、亦皆符會。蓋餘三奇則九、而其揲亦九、策亦四九三十六。是爲居一之太陽。餘二奇一耦則八、而其揲亦八、策亦四八三十二。是爲居二之少陰。二耦一奇則七、而其揲亦七、策亦四七二十八。是爲居三之少陽。三耦則六、而其揲亦六、策亦四六二十四。是爲居四之老陰。是其變化往來進退離合之妙、皆出自然、非人之所能爲也。少陰退而未極乎虛、少陽進而未極乎盈。故此獨以老陽老陰計乾坤六爻之策數。餘可推而知也。期、周一歳也。凡三百六十五日四分日之一、此特舉成數而概言之耳。
【読み】
乾の策二百一十有六、坤の策百四十有四、凡そ三百有六十、期の日に當たる。期は、音基。○凡そ此の策數は四象に生ず。蓋し河圖の四面、太陽は一に居りて九に連なり、少陰は二に居りて八に連なり、少陽は三に居りて七に連なり、太陰は四に居りて六に連なる。蓍を揲うる法は、則ち通して三變の餘を計り、其の初掛の一を去る。凡て四を奇と爲し、凡て八を耦と爲す。奇は圓にて圍は三、耦は方にて圍は四。三は其の全てを用い、四は其の半を用い、積んで之を數うれば、則ち六・七・八・九と爲りて、而して第三變の揲數策數も、亦皆符會す。蓋し餘り三奇なれば則ち九にして、其の揲も亦九、策も亦四九三十六。是を一に居るの太陽と爲す。餘り二奇一耦なれば則ち八にして、其の揲も亦八、策も亦四八三十二。是を二に居るの少陰と爲す。二耦一奇なれば則ち七にして、其の揲も亦七、策も亦四七二十八。是を三に居るの少陽と爲す。三耦なれば則ち六にして、其の揲も亦六、策も亦四六二十四。是を四に居るの老陰と爲す。是れ其の變化往來進退離合の妙は、皆自然に出で、人の能く爲す所に非ざるなり。少陰は退いて未だ虛を極めず、少陽は進んで未だ盈を極めず。故に此れ獨老陽老陰を以て乾坤六爻の策數を計る。餘は推して知る可し。期とは、周一歳なり。凡そ三百六十五日四分日の一、此れ特成數を舉げて概ね之を言うのみ。

二篇之策萬有一千五百二十、當萬物之數也。二篇、謂上下經。凡陽爻百九十二、得六千九百一十二策、陰爻百九十二、得四千六百八策。合之得此數。
【読み】
二篇の策は萬有一千五百二十、萬物の數に當たる。二篇とは、上下の經を謂う。凡そ陽爻は百九十二、六千九百一十二策を得、陰爻は百九十二、四千六百八策を得。之を合わせて此の數を得。

是故四營而成易、十有八變而成卦、四營、謂分二掛一揲四歸奇也。易、變易也。謂一變也。三變成爻、十八變則成六爻也。
【読み】
是の故に四營して易を成し、十有八變にして卦を成し、四營とは、二つに分かち一を掛け四を揲えて奇を歸すを謂うなり。易とは、變易なり。一變を謂うなり。三變して爻を成し、十八變なれば則ち六爻を成すなり。

八卦而小成。謂九變而成三畫、得内卦也。
【読み】
八卦にして小成す。九變して三畫を成し、内卦を得るを謂うなり。

引而伸之、觸類而長之、天下之能事畢矣。長、丁丈反。○謂已成六爻、而視其爻之變與不變、以爲動靜、則一卦可變而爲六十四卦、以定吉凶。凡四千九十六卦也。
【読み】
引きて之を伸べ、類に觸れて之を長くすれば、天下の能事畢わる。長は、丁丈の反。○已に六爻を成して、其の爻の變と不變とを視て、以て動靜を爲せば、則ち一卦變じて六十四卦と爲り、以て吉凶を定む可きを謂うなり。凡て四千九十六卦なり。

顯道神德行。是故可與酬酢、可與祐神矣。行、下孟反。○道因辭顯、行以數神。酬酢、謂應對。祐神、謂助神化之功。
【読み】
道を顯らかにして德行を神にす。是の故に與に酬酢す可く、與に神を祐く可し。行は、下孟の反。○道は辭に因りて顯らかに、行は數を以て神なり。酬酢とは、應對を謂う。神を祐くとは、神化の功を助くを謂う。

子曰、知變化之道者、其知神之所爲乎。變化之道、卽上文數法是也。皆非人之所能爲。故夫子歎之、而門人加子曰以別上文也。
【読み】
子曰く、變化の道を知る者は、其れ神の爲す所を知るか。變化の道とは、卽ち上文の數法、是れなり。皆人の能く爲す所に非ず。故に夫子之を歎じ、而して門人子曰を加えて以て上文に別てり。

右第九章。此章言天地大衍之數、揲蓍求卦之法。然亦略矣。意其詳具於大卜筮人之官、而今不可考耳。其可推者、啓蒙備言之。
【読み】
右第九章。此の章は天地大衍の數、蓍を揲え卦を求むる法を言う。然れども亦略なり。意うに其の詳は大卜筮人の官に具われども、而して今考う可からざるのみ。其の推す可き者は、啓蒙備に之を言えり。


易有聖人之道四焉。以言者尙其辭、以動者尙其變、以制器者尙其象、以卜筮者尙其占。四者皆變化之道。神之所爲者也。
【読み】
易に聖人の道四つ有り。以て言う者は其の辭を尙び、以て動く者は其の變を尙び、以て器を制する者は其の象を尙び、以て卜筮する者は其の占を尙ぶ。四つの者は皆變化の道なり。神の爲す所の者なり。

是以君子將有爲也、將有行也、問焉而以言。其受命也如嚮、无有遠近幽深、遂知來物。非天下之至精、其孰能與於此。嚮、許兩反。古文響字。與、音預。下同。○此尙辭尙占之事。言人以蓍問易、求其卦爻之辭、而以之發言處事、則易受人之命而有以告之、如嚮之應聲、以決其未來之吉凶也。以言、與以言者尙其辭之以言義同。命、則將筮而告蓍之語。冠禮筮日、宰自右贊命、是也。
【読み】
是を以て君子將に爲すこと有るや、將に行うこと有るや、問いて以て言う。其の命を受くるや嚮[ひび]きの如く、遠近幽深有ること无く、遂に來物を知る。天下の至精に非ざれば、其れ孰か能く此に與らん。嚮は、許兩の反。古文は響の字。與は、音預。下も同じ。○此れ辭を尙び占を尙ぶの事。言うこころは、人蓍を以て易を問い、其の卦爻の辭を求めて、之を以て言を發し事を處せば、則ち易人の命を受けて以て之に告ぐること有り、嚮きの聲に應うるが如く、以て其の未だ來らざるの吉凶を決す、と。以て言うとは、以て言う者は其の辭を尙ぶの以て言うと義は同じ。命とは、則ち將に筮せんとして蓍に告ぐるの語。冠禮日を筮す、宰右よりして命を贊くとは、是れなり。

參伍以變、錯綜其數。通其變、遂成天地之文、極其數、遂定天下之象。非天下之至變、其孰能與於此。參、七南反。錯、七各反。綜、作弄反。○此尙象之事。變則象之未定者也。參者、三數之也。伍者、五數之也。旣參以變、又伍以變、一先一後、更相考覈、以審其多寡之實也。錯者、交而互之。一左一右之謂也。綜者、總而挈之。一低一昴之謂也。此亦皆謂揲蓍求卦之事。蓋通三揲兩手之策、以成陰陽老少之畫。究七・八・九・六之數、以定卦爻動靜之象也。參伍錯綜皆古語、而參伍尤難曉。按荀子云、窺敵制變、欲伍以參。韓非曰、省同異之言、以知朋黨之分、偶參伍之驗、以責陳言之實。又曰、參之以比物、伍之以合參。史記曰、必參而伍之。又曰、參伍不失。漢書曰、參伍其實、以類相準。此足以相發明矣。
【読み】
參伍して以て變じ、其の數を錯綜す。其の變に通じて、遂に天地の文を成し、其の數を極めて、遂に天下の象を定む。天下の至變に非ざれば、其れ孰か能く此に與らん。參は、七南の反。錯は、七各の反。綜は、作弄の反。○此れ象を尙ぶの事。變とは則ち象の未だ定まらざる者なり。參は、三たび之を數うるなり。伍は、五たび之を數うるなり。旣に參以て變じ、又伍以て變じ、一先一後、更相考覈し、以て其の多寡の實を審らかにするなり。錯は、交わりて之を互にす。一左一右の謂なり。綜は、總べて之を挈[も]つ。一低一昴の謂なり。此れ亦皆蓍を揲え卦を求むる事を謂う。蓋し三揲兩手の策を通じ、以て陰陽老少の畫を成す。七・八・九・六の數を究め、以て卦爻の動靜の象を定む。參伍錯綜は皆古語にして、參伍は尤も曉かし難し。按ずるに荀子云う、敵を窺い變を制するは、伍にして以て參ならんことを欲す、と。韓非曰く、同異の言を省み、以て朋黨の分を知り、參伍の驗を偶し、以て陳言の實を責む、と。又曰く、之を參にし以て物に比し、之を伍にして以て參に合す、と。史記に曰く、必ず參にして之を伍にす、と。又曰く、參伍して失わず、と。漢書に曰く、其の實を參伍し、類を以て相準う、と。此れ以て相發明するに足る。

易无思也、无爲也。寂然不動、感而遂通天下之故。非天下之至神、其孰能與於此。此四者、易之體所以立、而用所以行者也。易、指蓍卦。无思无爲、言其无心也。寂然者、感之體。感通者、寂之用。人心之妙、其動靜亦如此。
【読み】
易は思うこと无きなり、爲すこと无きなり。寂然として動かず、感じて遂に天下の故に通ず。天下の至神に非ざれば、其れ孰か能く此に與らん。此の四つの者は、易の體の立つ所以にして、用の行う所以の者なり。易とは、蓍卦を指す。思うこと无き爲すこと无きとは、其れ无心を言うなり。寂然は、感の體。感通は、寂の用。人心の妙、其の動靜も亦此の如し。

夫易聖人之所以極深而研幾也。幾、音機。下同。○研、猶審也。幾、微也。所以極深者至精也。所以研幾者至變也。
【読み】
夫れ易は聖人の深きを極めて幾を研にする所以なり。幾は、音機。下も同じ。○研は、猶審のごとし。幾は、微なり。深きを極むる所以の者は至精なり。幾を研にする所以の者は至變なり。

唯深也。故能通天下之志。唯幾也。故能成天下之務。唯神也。故不疾而速、不行而至。所以通志而成務者、神之所爲也。
【読み】
唯深きなり。故に能く天下の志に通ず。唯幾なり。故に能く天下の務めを成す。唯神なり。故に疾からずして速やかに、行かずして至る。志に通じて務めを成す所以の者は、神の爲す所なり。

子曰、易有聖人之道四焉者、此之謂也。
【読み】
子曰く、易に聖人の道四つ有りとは、此れを之れ謂うなり。

右第十章。此章承上章之意、言易之用有此四者。
【読み】
右第十章。此の章は上章の意を承け、易の用に此の四つの者有るを言えり。


子曰、夫易何爲者也。夫易開物成務、冒天下之道。如斯而巳者也。是故聖人以通天下之志、以定天下之業、以斷天下之疑。夫、音扶。冒、莫報反。斷、丁亂反。○開物成務、謂使人卜筮、以知吉凶而成事業。冒天下之道、謂卦爻旣設、而天下之道皆在其中。
【読み】
子曰く、夫れ易は何する者ぞや。夫れ易は物を開き務めを成し、天下の道を冒[おお]う。斯の如きのみなる者なり。是の故に聖人は以て天下の志に通じ、以て天下の業を定め、以て天下の疑いを斷ず。夫は、音扶。冒は、莫報の反。斷は、丁亂の反。○物を開き務めを成すとは、人をして卜筮して、以て吉凶を知りて事業を成さしむを謂う。天下の道を冒うとは、卦爻旣に設けて、天下の道皆其の中に在るを謂う。

是故蓍之德、圓而神。卦之德、方以知。六爻之義、易以貢。聖人以此洗心、退藏於密、吉凶與民同患。神以知來、知以藏往。其孰能與於此哉。古之聰明睿知、神武而不殺者夫。方以知之知、音智。下知以、叡知、並同。易、音亦。與、音預。夫、音扶。○圓神、謂變化无方。方知、謂事有定理。易以貢、謂變易以告人。聖人體具三者之德、而无一塵之累。无事、則其心寂然、人莫能窺。有事、則神知之用、隨感而應、所謂无卜筮而知吉凶也。神武不殺、得其理而不假其物之謂。
【読み】
是の故に蓍の德は、圓にして神なり。卦の德は、方にして以て知なり。六爻の義は、易わりて以て貢[つ]ぐ。聖人此を以て心を洗い、密に退藏し、吉凶民と患えを同じくす。神は以て來を知り、知は以て往を藏[おさ]む。其れ孰か能く此に與らんや。古の聰明睿知、神武にして殺さざる者か。方以知の知は、音智。下の知以、叡知も、並同じ。易は、音亦。與は、音預。夫は、音扶。○圓にして神とは、變化方无きを謂う。方にして知とは、事に定理有るを謂う。易わりて以て貢ぐとは、變易以て人に告ぐを謂う。聖人は三つの者の德を體具して、一塵の累い无し。事无ければ、則ち其の心寂然、人能く窺うこと莫し。事有れば、則ち神知の用、感ずるに隨いて應じ、所謂卜筮すること无くして吉凶を知るなり。神武殺さずとは、其の理を得て其の物を假りざるの謂。

是以明於天之道、而察於民之故。是興神物以前民用。聖人以此齊戒、以神明其德夫。夫、音扶。○神物、謂蓍龜。湛然純一之謂齊、肅然警惕之謂戒。明天道。故知神物之可興。察民故。故知其用之不可不有以開其先。是以作爲卜筮以敎人、而於此焉齊戒以考其占、使其心神明不測、如鬼神之能知來也。
【読み】
是を以て天の道に明らかにして、民の故に察らかなり。是に神物を興して以て民用に前[さき]だつ。聖人は此を以て齊戒し、以て其の德を神明にす。夫は、音扶。○神物とは、蓍龜を謂う。湛然純一を之れ齊と謂い、肅然警惕を之れ戒と謂う。天道に明らかなり。故に神物の興る可きを知る。民の故に察らかなり。故に其の用の以て其の先を開くこと有らざる可からざるを知る。是を以て卜筮を作爲し以て人に敎えて、此に於て齊戒し以て其の占を考え、其の心をして神明にして不測なること、鬼神の能く來を知るが如くせしむ。

是故闔戶謂之坤、闢戶謂之乾、一闔一闢謂之變、往來不窮謂之通、見乃謂之象、形乃謂之器、制而用之謂之法、利用出入民咸用之謂之神。見、賢遍反。○闔闢、動靜之機也。先言坤者、由靜而動也。乾坤變通者、化育之功也。見象形器者、生物之序也。法者、聖人脩道之所爲。而神者、百姓自然之日用也。
【読み】
是の故に戶を闔[と]じる、之を坤と謂い、戶を闢[ひら]く、之を乾と謂い、一闔一闢、之を變と謂い、往來窮まらざる、之を通と謂い、見[あらわ]る、乃ち之を象と謂い、形す、乃ち之を器と謂い、制して之を用うる、之を法と謂い、用を利し出入して民咸之を用うる、之を神と謂う。見は、賢遍の反。○闔闢とは、動靜の機なり。先に坤を言うは、靜由りして動なればなり。乾坤變通は、化育の功なり。見象形器は、生物の序なり。法は、聖人道を脩むるの爲す所。而して神は、百姓自然の日用なり。

是故易有太極。是生兩儀。兩儀生四象、四象生八卦。太、音泰。○一每生二、自然之理也。易者、陰陽之變。太極者、其理也。兩儀者、始爲一畫以分陰陽。四象者、次爲二畫以分太少。八卦者、次爲三畫而三才之象始備。此數言者、實聖人作易自然之次第、有不假絲毫智力而成者。畫卦揲蓍、其序皆然。詳見序例・啓蒙。
【読み】
是の故に易に太極有り。是れ兩儀を生ず。兩儀四象を生じ、四象八卦を生ず。太は、音泰。○一每に二を生ずるは、自然の理なり。易は、陰陽の變。太極は、其の理なり。兩儀は、始め一畫を爲して以て陰陽を分かつ。四象は、次に二畫を爲して以て太少を分かつ。八卦は、次に三畫を爲して三才の象始めて備わる。此の數言は、實に聖人易を作る自然の次第にて、絲毫の智力を假りずして成す者有り。卦を畫し蓍を揲うる、其の序皆然り。詳しくは序例・啓蒙に見ゆ。

八卦定吉凶、吉凶生大業。有吉有凶、是生大業。
【読み】
八卦は吉凶を定め、吉凶は大業を生ず。吉有り凶有り、是れ大業を生ず。

是故法象莫大乎天地、變通莫大乎四時、縣象著明莫大乎日月、崇高莫大乎富貴。備物致用、立成器以爲天下利、莫大乎聖人。探賾索隱、鉤深致遠、以定天下之吉凶、成天下之亹亹者、莫大乎蓍龜。縣、音玄。探、吐南反。索、色白反。亹、亡偉反。○富貴、謂有天下履帝位。立下疑有闕文。亹亹、猶勉勉也。疑則怠。決故勉。
【読み】
是の故に法象は天地より大なるは莫く、變通は四時より大なるは莫く、縣象の著明なるは日月より大なるは莫く、崇高は富貴より大なるは莫し。物を備え用を致し、立ちて器を成し以て天下の利を爲すは、聖人より大なるは莫し。賾[さく]を探り隱を索め、深きを鉤[と]り遠きを致し、以て天下の吉凶を定め、天下の亹亹[びび]を成す者は、蓍龜より大なるは莫し。縣は、音玄。探は、吐南の反。索は、色白の反。亹は、亡偉の反。○富貴とは、天下を有ち帝位を履むを謂う。立の下に疑うらくは闕文有らん。亹亹とは、猶勉勉のごとし。疑えば則ち怠る。決する故に勉む。

是故天生神物、聖人則之、天地變化、聖人效之、天垂象見吉凶、聖人象之、河出圖、洛出書、聖人則之。見、賢遍反。○此四者、聖人作易之所由也。河圖・洛書、詳見啓蒙。
【読み】
是の故に天神物を生じて、聖人之に則り、天地變化して、聖人之に效い、天象を垂れ吉凶を見[しめ]して、聖人之に象り、河圖を出し、洛書を出して、聖人之に則る。見は、賢遍の反。○此の四つの者は、聖人易を作るの由る所なり。河圖・洛書は、詳しくは啓蒙に見ゆ。

易有四象、所以示也。繫辭焉、所以告也。定之以吉凶、所以斷也。斷、丁亂反。○四象、謂陰陽老少。示、謂示人以所値之卦爻。
【読み】
易に四象有るは、示す所以なり。辭を繫くるは、告ぐる所以なり。之を定むるに吉凶を以てするは、斷ずる所以なり。斷は、丁亂の反。○四象とは、陰陽老少を謂う。示すとは、人に示すに値う所の卦爻を以てするを謂う。

右第十一章。此章專言卜筮。
【読み】
右第十一章。此の章は專ら卜筮を言えり。


易曰、自天祐之、吉无不利。子曰、祐者助也。天之所助者順也。人之所助者信也。履信思乎順、又以尙賢也。是以自天祐之、吉无不利也。釋大有上九爻義。然在此无所屬。或恐是錯簡。宜在第八章之末。
【読み】
易に曰く、天より之を祐く、吉にして利ろしからざること无し、と。子曰く、祐は助なり。天の助くる所の者は順なり。人の助くる所の者は信なり。信を履み順を思い、又以て賢を尙ぶなり。是を以て天より之を祐く、吉にして利ろしからざること无きなり。大有の上九の爻義を釋く。然して此に在れども屬する所无し。或は恐らくは是れ錯簡ならん。宜しく第八章の末に在るべし。

子曰、書不盡言、言不盡意。然則聖人之意、其不可見乎。子曰、聖人立象以盡意、設卦以盡情僞、繫辭焉以盡其言、變而通之以盡利、鼓之舞之以盡神。言之所傳者淺、象之所示者深。觀奇耦二畫、包含變化、无有窮盡、則可見矣。變通鼓舞、以事而言。兩子曰字、疑衍其一。蓋子曰字皆後人所加。故有此誤。如近世通書、乃周子所自作、亦爲後人每章加以周子曰字。其設問答處、正如此也。
【読み】
子曰く、書は言を盡くさず、言は意を盡くさず、と。然れば則ち聖人の意は、其れ見る可からざるか。子曰く、聖人は象を立てて以て意を盡くし、卦を設けて以て情僞を盡くし、辭を繫けて以て其の言を盡くし、變じて之を通じ以て利を盡くし、之を鼓し之を舞し以て神を盡くす。言の傳うる所の者は淺く、象の示す所の者は深し。奇耦二畫、包含變化、窮め盡きること有ること无きを觀て、則ち見る可し。變通鼓舞とは、事を以て言う。兩つの子曰の字は、疑うらくは其一を衍す。蓋し子曰の字は皆後人の加うる所。故に此の誤り有り。近世の通書の如き、乃ち周子自ら作る所にて、亦後人每章加うるに周子曰の字を以てす。其の問答を設くる處は、正に此の如し。

乾坤其易之縕耶。乾坤成列、而易立乎其中矣。乾坤毀則无以見易。易不可見、則乾坤或幾乎息矣。縕、與蘊同。邪、于遮反。幾、音機。○縕、所包蓄者、猶衣之著也。易之所有、陰陽而已。凡陽皆乾、凡陰皆坤。畫卦定位、則二者成列而易之體立矣。乾坤毀、謂卦畫不立。乾坤息、謂變化不行。
【読み】
乾坤は其れ易の縕か。乾坤列を成して、易其の中に立つ。乾坤毀るれば則ち以て易を見ること无し。易見る可からざれば、則ち乾坤或は息むに幾し。縕は、蘊と同じ。邪は、于遮の反。幾は、音機。○縕とは、包蓄する所の者、猶衣の著のごとし。易の有る所は、陰陽のみ。凡て陽は皆乾、凡て陰は皆坤。卦を畫し位を定むれば、則ち二つの者列を成して易の體立つ。乾坤毀るとは、卦畫立たざるを謂う。乾坤息むとは、變化行われざるを謂う。

是故形而上者謂之道、形而下者謂之器。化而裁之謂之變、推而行之謂之通、舉而錯之天下之民謂之事業。卦爻陰陽、皆形而下者。其理則道也。因其自然之化而裁制之、變之義也。變通二字、上章以天言、此章以人言。
【読み】
是の故に形よりして上なる者、之を道と謂い、形よりして下なる者、之を器と謂う。化して之を裁する、之を變と謂い、推して之を行う、之を通と謂い、舉げて之を天下の民に錯く、之を事業と謂う。卦爻陰陽は、皆形よりして下なる者。其の理は則ち道なり。其の自然の化に因りて之を裁制するは、變の義なり。變通の二字は、上章は天を以て言い、此の章は人を以て言う。

是故夫象、聖人有以見天下之賾、而擬諸其形容、象其物宜。是故謂之象。聖人有以見天下之動、而觀其會通、以行其典禮、繫辭焉以斷其吉凶。是故謂之爻。重出以起下文。
【読み】
是の故に夫れ象は、聖人以て天下の賾を見ること有りて、諸を其の形容に擬し、其の物宜に象る。是の故に之を象と謂う。聖人以て天下の動を見ること有りて、其の會通を觀、以て其の典禮を行い、辭を繫けて以て其の吉凶を斷ず。是の故に之を爻と謂う。重ねて出して以て下文を起こす。

極天下之賾者存乎卦、鼓天下之動者存乎辭、卦、卽象也。辭、卽爻也。
【読み】
天下の賾を極むる者は卦に存し、天下の動を鼓する者は辭に存し、卦とは、卽ち象なり。辭とは、卽ち爻なり。

化而裁之存乎變。推而行之存乎通。神而明之存乎其人。默而成之不言而信、存乎德行。行、下孟反。○卦爻所以變通者在人、人之所以能神而明之者在德。
【読み】
化して之を裁するは變に存す。推して之を行うは通に存す。神にして之を明らかにするは其の人に存す。默して之を成し言わずして信あるは、德行に存す。行は、下孟の反。○卦爻の變通する所以の者は人に在り、人の能く神にして之を明らかにする所以の者は德に在り。

右第十二章。