國子監刊本『周易本義』(華聯出版社)及び懐徳堂文庫本『周易雕題』を参考とした。

下繫辭傳

八卦成列、象在其中矣。因而重之、爻在其中矣。重、直龍反。○成列、謂乾一、兌二、離三、震四、巽伍、坎六、艮七、坤八之類。象、謂卦之形體也。因而重之、謂各因一卦而以八卦次第加之爲六十四也。爻、六爻也。旣重而後卦有六爻也。
【読み】
八卦列を成して、象其の中に在り。因りて之を重ねて、爻其の中に在り。重は、直龍の反。○列を成すとは、乾一、兌二、離三、震四、巽伍、坎六、艮七、坤八の類を謂う。象とは、卦の形體を謂うなり。因りて之を重ぬとは、各々一卦に因りて八卦を以て次第之に加えて六十四と爲すを謂うなり。爻とは、六爻なり。旣に重ねて後に卦に六爻有るなり。

剛柔相推、變在其中矣。繫辭焉而命之、動在其中矣。剛柔相推、而卦爻之變、往來交錯、无不可見。聖人因其如此、而皆繫之辭以命其吉凶、則占者所値當動之爻象、亦不出乎此矣。
【読み】
剛柔相推して、變其の中に在り。辭を繫けて之に命じ、動其の中に在り。剛柔相推して、卦爻の變、往來交錯し、見る可からざること无し。聖人其の此の如きに因りて、皆之に辭を繫けて以て其の吉凶を命ずれば、則ち占者値[あ]う所は當に動くべきの爻象にて、亦此を出でざるなり。

吉凶悔吝者、生乎動者也。吉凶悔吝、皆辭之所命也。然必因卦爻之動而後見。
【読み】
吉凶悔吝は、動に生ずる者なり。吉凶悔吝は、皆辭の命ずる所なり。然れども必ず卦爻の動に因りて而して後に見る。

剛柔者立本者也。變通者趣時者也。趣、七樹反。○一剛一柔、各有定位。自此而彼、變以從時。
【読み】
剛柔は本を立つる者なり。變通は時に趣く者なり。趣は、七樹の反。○一剛一柔、各々定位有り。此よりして彼、變以て時に從う。

吉凶者貞勝者也。貞、正也、常也。物以其所正爲常者也。天下之事、非吉則凶、非凶則吉、常相勝而不已也。
【読み】
吉凶は貞にして勝つ者なり。貞は、正なり、常なり。物の其の正しき所を以て常と爲す者なり。天下の事、吉に非ざれば則ち凶、凶に非ざれば則ち吉、常に相勝ちて已まざるなり。

天地之道貞觀者也。日月之道貞明者也。天下之動貞夫一者也。觀、官換反。夫、音扶。○觀、示也。天下之動、其變无窮。然順理則吉、逆理則凶。則其所正而常者、亦一理而已矣。
【読み】
天地の道は貞にして觀[しめ]す者なり。日月の道は貞にして明らかなる者なり。天下の動は貞にして夫れ一なる者なり。觀は、官換の反。夫は、音扶。○觀とは、示すなり。天下の動は、其の變窮まり无し。然して理に順えば則ち吉、理に逆らえば則ち凶。則ち其の正しくして常なる所の者も、亦一理なるのみ。

夫乾確然示人易矣。夫坤隤然示人簡矣。確、苦角反。易、音異。隤、音頹。○確然、健貌。隤然、順貌。所謂貞觀者也。
【読み】
夫れ乾は確然として人に易を示す。夫れ坤は隤然[たいぜん]として人に簡を示す。確は、苦角の反。易は、音異。隤は、音頹。○確然とは、健やかなる貌。隤然とは、順なる貌。所謂貞觀なる者なり。

爻也者效此者也。象也者像此者也。此、謂上文乾坤所示之理。爻之奇耦、卦之消息、所以效而象之。
【読み】
爻とは此を效う者なり。象とは此を像[かたど]る者なり。此は、上文の乾坤示す所の理を謂う。爻の奇耦、卦の消息は、效って之に象る所以なり。

爻象動乎内、吉凶見乎外。功業見乎變、聖人之情見乎辭。内、謂蓍卦之中。外、謂蓍卦之外。變、卽動乎内之變。辭、卽見乎外之辭。
【読み】
爻象内に動いて、吉凶外に見る。功業變に見れ、聖人の情は辭に見る。内とは、蓍卦の中を謂う。外とは、蓍卦の外を謂う。變とは、卽ち内に動くの變。辭とは、卽ち外に見るるの辭。

天地之大德曰生、聖人之大寶曰位。何以守位。曰人。何以聚人。曰財。理財正辭、禁民爲非、曰義。曰人之人、今本作仁。呂氏從古。蓋所謂非衆罔與守邦。
【読み】
天地の大德を生と曰い、聖人の大寶を位と曰う。何を以てか位を守る。人と曰う。何を以てか人を聚むる。財と曰う。財を理め辭を正しくし、民の非を爲すを禁ずるを、義と曰う。曰人の人は、今の本は仁に作る。呂氏は古に從う。蓋し謂う所の衆に非ずんば與に邦を守ること罔しならん。

右第一章。此章言卦爻吉凶、造化功業。
【読み】
右第一章。此の章は卦爻の吉凶、造化の功業を言えり。


古者包犧氏之王天下也、仰則觀象於天、俯則觀法於地、觀鳥獸之文與地之宜、近取諸身、遠取諸物。於是始作八卦、以通神明之德、以類萬物之情。包、蒲交反。王、于況反。○王昭素曰、與地之閒、諸本多有天字。俯仰遠近、所取不一。然不過以驗陰陽消息兩端而已。神明之德、如健順動止之性。萬物之情、如雷風山澤之象。
【読み】
古者[いにしえ]包犧氏の天下に王たるや、仰げば則ち象を天に觀、俯しては則ち法を地に觀、鳥獸の文と地の宜とを觀、近くは諸を身に取り、遠くは諸を物に取る。是に於て始めて八卦を作り、以て神明の德を通じ、以て萬物の情を類す。包は、蒲交の反。王は、于況の反。○王昭素曰く、與地の閒、諸本多く天の字有り、と。俯仰遠近は、取る所一ならず。然れども以て陰陽消息兩端を驗すに過ぎざるのみ。神明の德は、健順動止の性の如し。萬物の情は、雷風山澤の象の如し。

作結繩而爲網罟、以佃以漁、蓋取諸離。罔、與網同。罟、音古。佃、音田。○兩目相承、而物麗焉。
【読み】
結繩を作して網罟[もうこ]と爲し、以て佃[かり]し以て漁すは、蓋し諸を離に取る。罔は、網と同じ。罟は、音古。佃は、音田。○兩目相承けて物麗く。

包犧氏沒、神農氏作。斲木爲耜、揉木爲耒、耒耨之利、以敎天下、蓋取諸益。斲、渉角反。耜、音似。耒、力對反。耨、奴豆反。○二體皆木。上入下動。天下之益、莫大於此。
【読み】
包犧氏沒して、神農氏作る。木を斲[き]りて耜[し]と爲し、木を揉[た]めて耒[らい]と爲し、耒耨[らいどう]の利、以て天下に敎うるは、蓋し諸を益に取る。斲は、渉角の反。耜は、音似。耒は、力對の反。耨は、奴豆の反。○二體は皆木。上入り下動く。天下の益、此より大いなるは莫し。

日中爲市、致天下之民、聚天下之貨、交易而退、各得其所、蓋取諸噬嗑。日中爲市、上明而下動。又借噬爲市、嗑爲合也。
【読み】
日中に市を爲して、天下の民を致し、天下の貨を聚め、交易して退き、各々其の所を得るは、蓋し諸を噬嗑に取る。日中に市を爲すは、上明にして下動く。又噬を借りて市と爲し、嗑を合うと爲すなり。

神農氏沒、黄帝堯舜氏作。通其變、使民不倦、神而化之、使民宜之。易窮則變。變則通。通則久。是以自天祐之、吉无不利。黄帝堯舜垂衣裳而天下治、蓋取諸乾坤。乾坤變化而无爲。
【読み】
神農氏沒して、黄帝堯舜氏作る。其の變を通じ、民をして倦まざらしめ、神にして之を化し、民に之を宜しくせしむ。易は窮まれば則ち變ず。變ずれば則ち通ず。通ずれば則ち久し。是を以て天より之を祐け、吉にして利ろしからざること无し。黄帝堯舜衣裳を垂れて天下治まるは、蓋し諸を乾坤に取る。乾坤變化して爲すこと无し。

刳木爲舟、剡木爲楫、舟楫之利、以濟不通。致遠以利天下、蓋取諸渙。刳、口姑反。剡、以冉反。○木在水上也。致遠以利天下、疑衍。
【読み】
木を刳[く]りて舟と爲し、木を剡[けず]りて楫と爲し、舟楫の利、以て通ぜざるを濟[わた]す。遠きを致して以て天下を利するは、蓋し諸を渙に取る。刳は、口姑の反。剡は、以冉の反。○木の水上に在るなり。遠きを致して以て天下を利するは、疑うらくは衍ならん。

服牛乘馬、引重致遠、以利天下、蓋取諸隨。下動上說。
【読み】
牛に服し馬に乘り、重きを引き遠きを致して、以て天下を利するは、蓋し諸を隨に取る。下動いて上說ぶ。

重門擊柝、以待暴客、蓋取諸豫。重、直龍反。析、他各反。○豫、備之意。
【読み】
門を重ね柝を擊ち、以て暴客を待つは、蓋し諸を豫に取る。重は、直龍の反。析は、他各の反。○豫は、備うるの意。

斷木爲杵、掘地爲臼、臼杵之利、萬民以濟、蓋取諸小過。斷、丁緩反。杵、昌呂反。掘、其月反。○下止上動。
【読み】
木を斷[き]りて杵と爲し、地を掘りて臼と爲し、臼杵[きゅうしょ]の利、萬民以て濟[すく]うは、蓋し諸を小過に取る。斷は、丁緩の反。杵は、昌呂の反。掘は、其月の反。○下止まりて上動く。

弦木爲弧、剡木爲矢、弧矢之利、以威天下、蓋取諸睽。睽乖然後威以服之。
【読み】
木に弦[つる]して弧[ゆみ]と爲し、木を剡りて矢と爲し、弧矢の利、以て天下を威すは、蓋し諸を睽に取る。睽乖して然して後に威以て之を服す。

上古穴居而野處。後世聖人易之以宮室、上棟下宇、以待風雨、蓋取諸大壯。處、上聲。○壯固之意。
【読み】
上古は穴居して野處す。後世の聖人之を易うるに宮室を以てし、上棟下宇、以て風雨を待つは、蓋し諸を大壯に取る。處は、上聲。○壯固の意。

古之葬者、厚衣之以薪、葬之中野、不封不樹、喪期无數。後世聖人易之以棺槨、蓋取諸大過。衣、去聲。○送死大事而過於厚。
【読み】
古の葬る者は、厚く之に衣するに薪を以てし、之を中野に葬り、封ぜず樹せず、喪期數无し。後世の聖人之を易うるに棺槨を以てするは、蓋し諸を大過に取る。衣は、去聲。○死を送るは大事にして厚きに過ぐ。

上古結繩而治。後世聖人易之以書契、百官以治、萬民以察、蓋取諸夬。明決之意。
【読み】
上古は繩を結んで治まる。後世の聖人之に易うるに書契を以てし、百官以て治まり、萬民以て察らかなるは、蓋し諸を夬に取る。明決の意。

右第二章。此章言聖人制器尙象之事。
【読み】
右第二章。此の章は聖人の器を制し象を尙ぶの事を言えり。


是故易者象也。象也者像也。易卦之形、理之似也。
【読み】
是の故に易は象なり。象とは像なり。易卦の形、理の似るなり。

彖者材也。彖、言一卦之材。
【読み】
彖は材なり。彖は、一卦の材を言う。

爻也者效天下之動者也。效、放也。
【読み】
爻とは天下の動に效う者なり。效は、放うなり。

是故吉凶生而悔吝著也。悔吝本微、因此而著。
【読み】
是の故に吉凶生じて悔吝著るなり。悔吝は本微かにて、此に因りて著る。

右第三章。


陽卦多陰、陰卦多陽。震坎艮爲陽卦、皆一陽二陰。巽離兌爲陰卦、皆一陰二陽。
【読み】
陽卦は陰多く、陰卦は陽多し。震坎艮は陽卦と爲り、皆一陽二陰なり。巽離兌は陰卦と爲り、皆一陰二陽なり。

其故何也。陽卦奇、陰卦耦。奇、紀宜反。○凡陽卦皆五畫。凡陰卦皆四畫。
【読み】
其の故は何ぞや。陽卦は奇にして、陰卦は耦なればなり。奇は、紀宜の反。○凡て陽卦は皆五畫なり。凡て陰卦は皆四畫なり。

其德行何也。陽一君而二民、君子之道也。陰二君而一民、小人之道也。行、下孟反。○君、謂陽。民、謂陰。
【読み】
其の德行は何ぞや。陽は一君にして二民、君子の道なり。陰は二君にして一民、小人の道なり。行は、下孟の反。○君とは、陽を謂う。民とは、陰を謂う。

右第四章。


易曰、憧憧往來、朋從爾思。子曰、天下何思何慮。天下同歸而殊塗、一致而百慮。天下何思何慮。此引咸九四爻辭而釋之。言理本无二、而殊塗百慮、莫非自然、何以思慮爲哉。必思而從、則所從者亦狹矣。
【読み】
易に曰く、憧憧として往來すれば、朋のみ爾の思いに從う、と。子曰く、天下何をか思い何をか慮らん。天下歸を同じくして塗を殊にし、一致にして百慮。天下何をか思い何をか慮らん。此れ咸の九四の爻辭を引いて之を釋く。言うこころは、理は本二つ无くして、塗を殊にし慮を百にし、自然に非ざること莫し、何ぞ思慮を以て爲さんや、と。必ず思いて從えば、則ち從う所の者も亦狹なり。

日往則月來、月往則日來、日月相推而明生焉。寒往則暑來、暑往則寒來、寒暑相推而歳成焉。往者屈也。來者信也。屈信相感而利生焉。信、音申。○言往來屈信、皆感應自然之常理、加憧憧焉、則入於私矣。所以必思而後有從也。
【読み】
日往けば則ち月來り、月往けば則ち日來り、日月相推して明生ず。寒往けば則ち暑來り、暑往けば則ち寒來り、寒暑相推して歳成る。往くとは屈するなり。來るとは信[の]びるなり。屈信相感じて利生ず。信は、音申。○言うこころは、往來屈信は、皆感應自然の常理にて、憧憧を加うれば、則ち私に入るなり。必ず思いて後に從うこと有る所以なり、と。

尺蠖之屈、以求信也。龍蛇之蟄、以存身也。精義入神、以致用也。利用安身、以崇德也。蠖、紆縛反。蟄、眞立反。○因言屈信往來之理、而又推以言學亦有自然之機也。精研其義、至於入神、屈之至也。然乃所以爲出而致用之本。利其施用、无適不安、信之極也。然乃所以爲入而崇德之資。内外交相養、互相發也。
【読み】
尺蠖[せきかく]の屈するは、以て信びんことを求むるなり。龍蛇の蟄[かく]るるは、以て身を存するなり。義を精しくし神に入るは、以て用を致すなり。用を利し身を安んずるは、以て德を崇くするなり。蠖は、紆縛の反。蟄は、眞立の反。○屈信往來の理を言うに因りて、又推して以て學も亦自然の機有るを言うなり。精しく其の義を研して、神に入るに至るは、屈の至りなり。然れば乃ち出でて用を致すの本と爲す所以なり。其の施用を利して、適くとして安からざること无きは、信の極みなり。然れば乃ち入りて德を崇くするの資と爲す所以なり。内外交々相養い、互いに相發するなり。

過此以往、未之或知也。窮神知化、德之盛也。下學之事。盡力於精義利用、而交養互發之機、自不能已。自是以上、則亦无所用其力矣。至於窮神知化、乃德盛仁熟而自致耳。然不知者、往而屈也。自致者、來而信也。是亦感應自然之理而已。張子曰、氣有陰陽、推行有漸爲化、合一不測爲神。此上四節、皆以釋咸九四爻義。
【読み】
此を過ぐる以往は、未だ之れ知ること或らず。神を窮め化を知るは、德の盛んなるなり。下學の事。力を義を精しくし用を利するに盡くして、交々養い互いに發するの機、自ら已むこと能わず。是より以上は、則ち亦其の力を用うる所无し。神を窮め化を知るに至っては、乃ち德盛んに仁熟して自ら致すのみ。然れども知らざる者は、往きて屈むなり。自ら致す者は、來りて信びるなり。是れ亦感應自然の理なるのみ。張子曰く、氣に陰陽有り、推し行き漸有りて化を爲し、合一測られざるを神と爲す、と。此の上の四節は、皆以て咸の九四の爻義を釋く。

易曰、困于石、據于蒺蔾、入于其宮、不見其妻、凶。子曰、非所困而困焉、名必辱。非所據而據焉、身必危。旣辱且危、死期將至。妻其可得見耶。釋困六三爻義。
【読み】
易に曰く、石に困しみ、蒺蔾[しつり]に據る、其の宮に入りて、其の妻を見ず、凶なり、と。子曰く、困しむべき所に非ずして困しめば、名必ず辱ず。據るべき所に非ずして據れば、身必ず危うし。旣に辱じ且つ危うければ、死期將に至らんとす。妻其れ見ることを得可けんや。困の六三の爻義を釋く。

易曰、公用射隼于高墉之上、獲之无不利。子曰、隼者禽也。弓矢者器也。射之者人也。君子藏器於身、待時而動。何不利之有。動而不括、是以出而有獲。語成器而動者也。射、石亦反。隼、恤允反。括、古活反。○括、結礙也。此釋解上六爻義。
【読み】
易に曰く、公用[もっ]て隼を高墉[こうよう]の上に射る、之を獲て利ろしからざること无し、と。子曰く、隼は禽なり。弓矢は器なり。之を射る者は人なり。君子は器を身に藏し、時を待ちて動く。何の不利か之れ有らん。動きて括ばれず、是を以て出でて獲ること有り。器を成して動く者を語うなり。射は、石亦の反。隼は、恤允の反。括は、古活の反。○括は、結礙なり。此れ解の上六の爻義を釋く。

子曰、小人不恥不仁、不畏不義、不見利不勸、不威不懲。小懲而大誡、此小人之福也。易曰、履校滅趾、无咎、此之謂也。校、音敎。○此釋噬嗑初九爻義。
【読み】
子曰く、小人は不仁を恥じず、不義を畏れず、利を見ざれば勸まず、威さざれば懲りず。小しく懲らして大いに誡むるは、此れ小人の福なり。易に曰く、校[あしかせ]を履いて趾[あし]を滅[やぶ]る、咎无しとは、此を之れ謂うなり。校は、音敎。○此れ噬嗑の初九の爻義を釋く。

善不積不足以成名。惡不積不足以滅身。小人以小善爲无益而弗爲也。以小惡爲无傷而弗去也。故惡積而不可揜、罪大而不可解。易曰、何校滅耳、凶。何、河可反。去、羗呂反。○此釋噬嗑上九爻義。
【読み】
善積まざれば以て名を成すに足らず。惡積まざれば以て身を滅ぼすに足らず。小人は小善を以て益无しと爲して爲さざるなり。小惡を以て傷うこと无しと爲して去らざるなり。故に惡積みて揜う可からず、罪大にして解く可からず。易に曰く、校[くびかせ]を何[にな]いて耳を滅る、凶なり、と。何は、河可の反。去は、羗呂の反。○此れ噬嗑の上九の爻義を釋く。

子曰、危者、安其位者也。亡者、保其存者也。亂者、有其治者也。是故君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘亂。是以身安而國家可保也。易曰、其亡其亡、繫于苞桑。此釋否九五爻義。
【読み】
子曰く、危うしとする者は、其の位を安くする者なり。亡びんとする者は、其の存を保つ者なり。亂るとする者は、其の治を有つ者なり。是の故に君子は安くして危うきを忘れず、存して亡ぶるを忘れず、治まりて亂るるを忘れず。是を以て身安くして國家保つ可きなり。易に曰く、其れ亡びなん其れ亡びなんとて、苞桑に繫る、と。此れ否の九五の爻義を釋く。

子曰、德薄而位尊、知小而謀大、力小而任重、鮮不及矣。易曰、鼎折足、覆公餗、其形渥、凶、言不勝其任也。知、音智。鮮、仙善反。折、之設反。餗、音速。渥、烏角反。勝、音升。○此釋鼎九四爻義。
【読み】
子曰く、德薄くして位尊く、知小にして謀大に、力小にして任重ければ、及ばざること鮮し。易に曰く、鼎足を折り、公の餗[そく]を覆す、其の形渥たり、凶なりとは、其の任に勝えざるを言うなり。知は、音智。鮮は、仙善の反。折は、之設の反。餗は、音速。渥は、烏角の反。勝は、音升。○此れ鼎の九四の爻義を釋く。

子曰、知幾其神乎。君子上交不諂、下交不瀆、其知幾乎。幾者動之微、吉之先見者也。君子見幾而作。不俟終日。易曰、介于石、不終日、貞吉。介如石焉、寧用終日。斷可識矣。君子知微知彰、知柔知剛。萬夫之望。幾、音機。先見之見、音現。斷、丁玩反。望、無方反。○此釋豫六二爻義。漢書吉之之閒有凶字。
【読み】
子曰く、幾を知るは其れ神か。君子は上交して諂わず、下交して瀆れず、其れ幾を知れるか。幾は動の微にして、吉の先ず見る者なり。君子は幾を見て作[た]つ。日を終うるを俟たず。易に曰く、石に介す、日を終えず、貞にして吉なり、と。介きこと石の如し、寧ぞ日を終うるを用いんや。斷じて識る可し。君子は微を知り彰を知り、柔を知り剛を知る。萬夫の望みなり。幾は、音機。先見の見は、音現。斷は、丁玩の反。望は、無方の反。○此れ豫の六二の爻義を釋く。漢書に吉之の閒に凶の字有り。

子曰、顏氏之子、其殆庶幾乎。有不善未嘗不知。知之未甞復行也。易曰、不遠復、无祇悔、元吉。幾、音機。復行之復、芳服反。祇、音其。○殆、危也。庶幾、近意。言近道也。此釋復初九爻義。
【読み】
子曰く、顏氏の子は、其れ殆ど庶幾からんか。不善有れば未だ嘗て知らずんばあらず。之を知れば未だ甞て復行わざるなり。易に曰く、遠からずして復る、悔に祇[いた]ること无し、元吉なり、と。幾は、音機。復行の復は、芳服の反。祇は、音其。○殆は、危なり。庶幾は、近き意。言うこころは、道に近し、と。此れ復の初九の爻義を釋く。

天地絪縕、萬物化醇。男女構精、萬物化生。易曰、三人行、則損一人、一人行、則得其友。言致一也。絪、音因。縕、紆云反。○絪縕、交密之状。醇、謂厚而凝也。言氣化者也。化生、形化者也。此釋損六三爻義。
【読み】
天地絪縕して、萬物化醇す。男女精を構[あわ]せて、萬物化生す。易に曰く、三人行けば、則ち一人を損らす、一人行けば、則ち其の友を得、と。一を致すべきを言うなり。絪は、音因。縕は、紆云の反。○絪縕は、交密の状。醇とは、厚くして凝るを謂うなり。氣化する者を言うなり。化生とは、形化する者なり。此れ損の六三の爻義を釋く。

子曰、君子安其身而後動、易其心而後語、定其交而後求。君子脩此三者。故全也。危以動、則民不與也。懼以語、則民不應也。无交而求、則民不與也。莫之與、則傷之者至矣。易曰、莫益之、或擊之、立心勿恆、凶。易其之易、去聲。○此釋益上九爻義。
【読み】
子曰く、君子は其の身を安くして後に動き、其の心を易くして後に語り、其の交わりを定めて後に求む。君子は此の三つの者を脩む。故に全きなり。危うくして以て動けば、則ち民與せざるなり。懼れて以て語れば、則ち民應ぜざるなり。交わり无くして求むれば、則ち民與せざるなり。之に與すること莫ければ、則ち之を傷[やぶ]る者至るなり。易に曰く、之に益すこと莫し、或は之を擊つ、心を立つること恆勿し、凶なり、と。易其の易は、去聲。○此れ益の上九の爻義を釋く。

右第五章。


子曰、乾坤其易之門邪。乾陽物也。坤陰物也。陰陽合德而剛柔有體、以體天地之撰、以通神明之德。邪、于遮反。撰、仕免反。○諸卦剛柔之體、皆以乾坤合德而成。故曰乾坤易之門。撰、猶事也。
【読み】
子曰く、乾坤は其れ易の門か。乾は陽物なり。坤は陰物なり。陰陽德を合わせて剛柔體有り、以て天地の撰[こと]を體し、以て神明の德を通ず。邪は、于遮の反。撰は、仕免の反。○諸卦剛柔の體は、皆乾坤の德を合するを以て成る。故に乾坤は易の門と曰う。撰は、猶事のごとし。

其稱名也雜而不越。於稽其類、其衰世之意邪。萬物雖多、无不出於陰陽之變。故卦爻之義、雖雜出而不差繆。然非上古淳質之時思慮所及也。故以爲衰世之意。蓋指文王與紂之時也。
【読み】
其の名を稱するや雜なれども越えず。其の類を稽[かんが]うるに於る、其れ衰世の意か。萬物多しと雖も、陰陽の變に出でざるは无し。故に卦爻の義、雜出すと雖も差繆あらず。然れども上古淳質の時なれば思慮及ぶ所に非ざるなり。故に以て衰世の意と爲す。蓋し文王と紂との時を指すならん。

夫易彰往而察來、而微顯闡幽、開而當名辨物、正言斷辭則備矣。夫、音扶。當、去聲。斷、丁玩反。○而微顯、恐當作微顯而。開而之而、亦疑有誤。
【読み】
夫れ易は往を彰らかにして來を察し、顯を微にして幽を闡[ひら]き、開いて名に當て物を辨え、言を正しくし辭を斷ずれば則ち備わる。夫は、音扶。當は、去聲。斷は、丁玩の反。○而微顯は、恐らくは當に微顯而に作るべし。開而の而も、亦疑うらくは誤り有らん。

其稱名也小、其取類也大。其旨遠、其辭文。其言曲而中、其事肆而隱。因貳以濟民行、以明失得之報。中、丁仲反。行、下孟反。○肆、陳也。貳、疑也。
【読み】
其の名を稱するや小にして、其の類を取るや大なり。其の旨遠く、其の辭文[かざ]る。其の言曲にして中り、其の事肆にして隱[かく]る。貳に因りて以て民の行を濟[すく]い、以て失得の報を明らかにす。中は、丁仲の反。行は、下孟の反。○肆は、陳ぶるなり。貳は、疑うなり。

右第六章。此章多闕文疑字、不可盡通。後皆放此。
【読み】
右第六章。此の章は闕文疑字多く、盡くは通ずる可からず。後も皆此に放え。


易之興也、其於中古乎。作易者、其有憂患乎。夏商之末、易道中微。文王拘於羑里而繫彖辭、易道復興。
【読み】
易の興るや、其れ中古に於るか。易を作る者は、其れ憂患有るか。夏商の末、易の道中ば微る。文王羑里に拘われて彖辭を繫け、易の道復興る。

是故、履德之基也。謙德之柄也。復德之本也。恆德之固也。損德之脩也。益德之裕也。困德之辨也。井德之地也。巽德之制也。履、禮也。上天下澤、定分不易、必謹乎此、然後其德有以爲基而立也。謙者、自卑而尊人、又爲禮者之所當執持而不可失者也。九卦皆反身脩德以處憂患之事也、而有序焉。基、所以立、柄、所以持、復者、心不外而善端存、恆者、守不變而常且久、懲忿窒慾以脩身、遷善改過以長善。困以自驗其力、井以不變其所、然後能巽順於理、以制事變也。
【読み】
是の故に、履は德の基なり。謙は德の柄なり。復は德の本なり。恆は德の固なり。損は德の脩なり。益は德の裕なり。困は德の辨なり。井は德の地なり。巽は德の制なり。履は、禮なり。上は天にて下は澤、定分易わらず、必ず此を謹み、然して後に其の德以て基と爲して立つ有り。謙は、自ら卑くして人を尊び、又禮を爲す者の當に執持すべき所にして失う可からざる者なり。九卦は皆身に反り德を脩めて以て憂患に處るの事にて、而して序有り。基は、立つ所以、柄は、持つ所以、復は、心外にあらずして善端存し、恆は、守り變わらずして常に且つ久しく、忿を懲らし慾を窒ぎ以て身を脩め、善に遷り過を改め以て善を長ず。困以て自ら其の力を驗し、井以て其の所を變えず、然して後に能く理に巽順して、以て事變を制するなり。

履和而至。謙尊而光。復小而辨於物。恆雜而不厭。損先難而後易。益長裕而不設。困窮而通。井居其所而遷。巽稱而隱。易、以豉反。長、丁丈反。稱、尺證反。○此如書之九德。禮非強世、然事皆至極。謙以自卑而尊且光、復陽微而不亂於羣陰、恆處雜而常德不厭。損欲先難、習熟則易。益但充長而不造作。困身困而道亨、井不動而及物、巽稱物之宜而潛隱不露。
【読み】
履は和して至る。謙は尊くして光あり。復は小にして物を辨ず。恆は雜にして厭わず。損は難を先にして易を後にす。益は長裕して設けず。困は窮して通ず。井は其の所に居りて遷る。巽は稱りて隱る。易は、以豉の反。長は、丁丈の反。稱は、尺證の反。○此れ書の九德の如し。禮は世を強いるに非ざれども、然れども事皆極に至る。謙は以て自ら卑くして尊く且つ光あり、復は陽微にして羣陰に亂れず、恆は雜に處りて常德厭わず。損は難を先んずるを欲し、習熟すれば則ち易し。益は但充長して造作せず。困は身困しみて道亨り、井は動かずして物に及び、巽は物の宜を稱りて潛み隱れ露れず。

履以和行。謙以制禮。復以自知。恆以一德。損以遠害。益以興利。困以寡怨。井以辨義。巽以行權。和行之行、下孟反。遠、袁萬反。○寡怨、謂少所怨尤。辨義、謂安而能慮。
【読み】
履は以て行いを和す。謙は以て禮を制す。復は以て自ら知る。恆は以て德を一にす。損は以て害に遠ざかる。益は以て利を興す。困は以て怨みを寡なくす。井は以て義を辨ず。巽は以て權を行う。和行の行は、下孟の反。遠は、袁萬の反。○怨みを寡なくすとは、怨み尤むる所少なきを謂う。義を辨ずとは、安んじて能く慮るを謂う。

右第七章。此章三陳九卦、以明處憂患之道。
【読み】
右第七章。此の章は三たび九つの卦を陳べ、以て憂患に處るの道を明らかにす。


易之爲書也、不可遠。爲道也屢遷、變動不居、周流六虛、上下无常、剛柔相易、不可爲典要、唯變所適。遠、袁萬反。上、上聲。下、去聲。○遠、猶忘也。周流六虛、謂陰陽流行於卦之六位。
【読み】
易の書爲るや、遠ざく可からず。道爲るや屢々遷り、變動して居[とど]まらず、六虛に周流して、上下すること常无く、剛柔相易わり、典要を爲す可からず、唯變の適く所のままなり。遠は、袁萬の反。上は、上聲。下は、去聲。○遠は、猶忘のごとし。六虛に周流すとは、陰陽、卦の六位に流行するを謂う。

其出入以度、外内使知懼。此句未詳。疑有脱誤。
【読み】
其の出入度を以てし、外内懼れを知らしむ。此の句未だ詳らかならず。疑うらくは脱誤有らん。

又明於憂患與故、无有師保、如臨父母。雖无師保、而常若父母臨之。戒懼之至。
【読み】
又憂患と故とを明らかにし、師保有ること无けれども、臨父母の如し。師保无しと雖も、而して常に父母之に臨むが若し。戒懼の至りなり。

初率其辭而揆其方、旣有典常。苟非其人、道不虛行。揆、葵癸反。○方、道也。始由辭以度其理、則見其有典常矣。然神而明之、則存乎其人也。
【読み】
初め其の辭に率いて其の方を揆[はか]れば、旣にして典常有り。苟も其の人に非ざれば、道虛しく行われず。揆は、葵癸の反。○方は、道なり。始め辭に由りて以て其の理を度れば、則ち其の典常有るを見るなり。然して神にして之を明らかにするは、則ち其の人に存するなり。

右第八章。


易之爲書也、原始要終、以爲質也。六爻相雜、唯其時物也。要、一遙反。下同。○質、謂卦體。卦必舉其始終而後成體。爻則唯其時物而已。
【読み】
易の書爲るや、始めを原ねて終わりを要し、以て質と爲るなり。六爻相雜るは、唯其の時の物なり。要は、一遙の反。下も同じ。○質とは、卦の體を謂う。卦は必ず其の始終を舉げて後に體を成す。爻は則ち唯其の時の物なるのみ。

其初難知、其上易知。本末也。初辭擬之、卒成之終。易、去聲。○言初上二爻。
【読み】
其の初は知り難く、其の上は知り易し。本末なればなり。初めは辭もて之に擬し、卒には之が終わりを成す。易は、去聲。○初と上の二爻を言う。

若夫雜物撰德、辨是與非、則非其中爻不備。夫、音扶。○此謂卦中四爻。
【読み】
若し夫れ物を雜え德を撰び、是と非とを辨ぜんとするは、則ち其の中爻に非ざれば備わらず。夫は、音扶。○此れ卦の中の四爻を謂う。

噫亦要存亡吉凶、則居可知矣。知者觀其彖辭、則思過半矣。知者之知、音智。○彖、統論一卦六爻之體。
【読み】
噫[ああ]亦存亡吉凶を要するは、則ち居ながらにして知る可し。知者其の彖辭を觀れば、則ち思い半ばに過ぎん。知者の知は、音智。○彖は、統べて一卦六爻の體を論ず。

二與四同功而異位。其善不同。二多譽、四多懼。近也。柔之爲道、不利遠者、其要无咎、其用柔中也。要、如字。又一遙反。下章同。○此以下論中爻。同功、謂皆陰位。異位、謂遠近不同。四近君。故多懼。柔不利遠、而二多譽者、以其柔中也。
【読み】
二と四とは功を同じくして位を異にす。其の善同じからず。二は譽れ多く、四は懼れ多し。近きなり。柔の道爲る、遠きに利ろしからざる者なれど、其の要の咎无きは、其の柔中を用うるなり。要は、字の如し。又一遙の反。下の章も同じ。○此れ以下は中の爻を論ず。功を同じくすとは、皆陰位なるを謂う。位を異にすとは、遠近同じからざるを謂う。四は君に近し。故に懼れ多し。柔は遠きに利ろしからずして、二は譽れ多しとは、其の柔中なるを以てなり。

三與五同功而異位。三多凶、五多功。貴賤之等也。其柔危、其剛勝邪。勝、音升。○三・五同陽位、而貴賤不同。然以柔居之則危。唯剛則能勝之。
【読み】
三と五とは功を同じくして位を異にす。三は凶多く、五は功多し。貴賤の等なり。其の柔は危うく、其の剛は勝るか。勝は、音升。○三・五は同じく陽位にして、貴賤同じからず。然して柔を以て之に居れば則ち危うし。唯剛なれば則ち能く之に勝る。

右第九章。


易之爲書也、廣大悉備。有天道焉、有人道焉、有地道焉。兼三材而兩之。故六。六者非他也。三材之道也。三畫已具三才、重之故六。而以上二爻爲天、中二爻爲人、下二爻爲地。
【読み】
易の書爲るや、廣大悉く備わる。天道有り、人道有り、地道有り。三材を兼ねて之を兩つにす。故に六なり。六とは他に非ざるなり。三材の道なり。三畫已に三才を具え、之を重ぬる故に六なり。而して上の二爻を以て天と爲し、中の二爻を人と爲し、下の二爻を地と爲す。

道有變動。故曰爻。爻有等。故曰物。物相雜。故曰文。文不當。故吉凶生焉。當、去聲。○道有變動、謂卦之一體。等、謂遠近貴賤之差。相雜、謂剛柔之位相閒。不當、謂爻不當位。
【読み】
道に變動有り。故に爻と曰う。爻に等有り。故に物と曰う。物相雜る。故に文と曰う。文當たらず。故に吉凶生ず。當は、去聲。○道に變動有りとは、卦の一體を謂う。等とは、遠近貴賤の差を謂う。相雜るとは、剛柔の位相閒するを謂う。當たらずとは、爻の位に當たらざるを謂う。

右第十章。


易之興也、其當殷之末世、周之盛德邪。當文王與紂之事邪。是故其辭危。危者使平、易者使傾。其道甚大、百物不廢。懼以終始、其要无咎。此之謂易之道也。邪、于遮反。易者之易、去聲。要、平聲。○危懼故得平安。慢易則必傾覆。易之道也。
【読み】
易の興るや、其れ殷の末世、周の盛德に當たるか。文王と紂との事に當たるか。是の故に其の辭危うし。危うしとする者は平かならしめ、易とする者は傾かしむ。其道甚だ大にして、百物廢れず。懼れて以て終始すれば、其の要は咎无し。此を之れ易の道と謂うなり。邪は、于遮の反。易者の易は、去聲。要は、平聲。○危懼する故に平安を得。慢易すれば則ち必ず傾覆す。易の道なり。

右第十一章。


夫乾天下之至健也。德行恆易以知險。夫坤天下之至順也。德行恆簡以知阻。夫、音扶。行・易、並去聲。阻、莊呂反。○至健則所行无難。故易。至順則所行不煩、故簡。然其於事、皆有以知其難、而不敢易以處之也。是以其有憂患、則健者如自高臨下而知其險、順者如自下趨上而知其阻。蓋雖易而能知險、則不陷於險矣。旣簡而又知阻、則不困於阻矣。所以能危能懼而无易者之傾也。
【読み】
夫れ乾は天下の至健なり。德行恆に易にして以て險を知る。夫れ坤は天下の至順なり。德行恆に簡にして以て阻を知る。夫は、音扶。行・易は、並去聲。阻は、莊呂の反。○至健なれば則ち行く所難きこと无し。故に易なり。至順なれば則ち行く所煩わず、故に簡なり。然れども其の事に於る、皆以て其の難きを知ること有りて、而して敢えて易以て之に處らざるなり。是を以て其れ憂患有れば、則ち健者は高きより下に臨みて其の險を知るが如く、順者は下きより上に趨りて其の阻を知るが如し。蓋し易と雖も而して能く險を知れば、則ち險に陷らざるなり。旣に簡にして又阻を知れば、則ち阻に困しまざるなり。能く危ぶみ能く懼れて易にする者の傾くこと无き所以なり。

能說諸心、能研諸侯之慮、定天下之吉凶、成天下之亹亹者。說、音悦。○侯之二字衍。說諸心者、心與理會。乾之事也。研諸慮者、理因慮審。坤之事也。說諸心。故有以定吉凶。研諸慮。故有以成亹亹。
【読み】
能く諸を心に說び、能く諸を慮に研にし、天下の吉凶を定め、天下の亹亹[びび]を成す者なり。說は、音悦。○侯之の二字は衍なり。諸を心に說ぶとは、心と理と會するなり。乾の事なり。諸を慮に研にすとは、理は慮に因りて審らかなり。坤の事なり。諸を心に說ぶ。故に以て吉凶を定むる有り。諸を慮に研にす。故に以て亹亹を成す有り。

是故變化云爲、吉事有祥。象事知器、占事知來。變化云爲。故象事可以知器。吉事有祥。故占事可以知來。
【読み】
是の故に變化云爲、吉事には祥有り。事を象りて器を知り、事を占いて來を知る。變化云爲。故に事を象りて以て器を知る可し。吉事には祥有り。故に事を占いて以て來を知る可し。

天地設位、聖人成能。人謀鬼謀、百姓與能。與、音預。○天地設位、而聖人作易以成其功。於是人謀鬼謀。雖百姓之愚、皆得以與其能。
【読み】
天地位を設け、聖人能を成す。人謀り鬼謀って、百姓も能に與る。與は、音預。○天地位を設け、而して聖人易を作り以て其の功を成す。是に於て人謀り鬼謀る。百姓の愚と雖も、皆以て其の能に與ることを得。

八卦以象告、爻彖以情言。剛柔雜居而吉凶可見矣。象、謂卦畫。爻彖、謂卦爻辭。
【読み】
八卦は象を以て告げ、爻彖は情を以て言う。剛柔雜居して吉凶見る可し。象とは、卦畫を謂う。爻彖とは、卦爻の辭を謂う。

變動以利言、吉凶以情遷。是故愛惡相攻而吉凶生。遠近相取而悔吝生、情僞相感而利害生。凡易之情、近而不相得則凶。或害之、悔且吝。惡、烏路反。○不相得、謂相惡也。凶害悔吝、皆由此生。
【読み】
變動は利を以て言い、吉凶は情を以て遷る。是の故に愛惡相攻めて吉凶生ず。遠近相取りて悔吝生じ、情僞相感じて利害生ず。凡そ易の情は、近くして相得ざれば則ち凶なり。或は之を害し、悔ありて且つ吝なり。惡は、烏路の反。○相得ずとは、相惡むを謂うなり。凶害悔吝は、皆此に由りて生ず。

將叛者、其辭慙、中心疑者、其辭枝。吉人之辭寡、躁人之辭多。誣善之人、其辭游、失其守者、其辭屈。卦爻之辭、亦猶是也。
【読み】
將に叛かんとする者は、其の辭慙じ、中心疑う者は、其の辭枝[わか]る。吉人の辭は寡なく、躁人の辭は多し。善を誣うる人は、其の辭游し、其の守を失う者は、其の辭屈す。卦爻の辭も、亦猶是のごとし。

右第十二章。