國子監刊本『周易本義』(華聯出版社)及び懐徳堂文庫本『周易雕題』を参考とした。

序卦傳

有天地然後萬物生焉。盈天地之間者唯萬物。故受之以屯。屯者盈也。屯者物之始生也。物生必蒙。故受之以蒙。蒙者蒙也。物之稺也。物稺不可不養也。故受之以需。需者飮食之道也。飮食必有訟。故受之以訟。訟必有衆起。故受之以師。師者衆也。衆必有所比。故受之以比。比者比也。比必有所畜。故受之以小畜。物畜然後有禮。故受之以履。履而泰、然後安。故受之以泰。晁氏曰、鄭本无而泰二字。泰者通也。物不可以終通。故受之以否。物不可以終否。故受之以同人。與人同者物必歸焉。故受之以大有。有大者不可以盈。故受之以謙。有大而能謙必豫。故受之以豫。豫必有隨。故受之以隨。以喜隨人者必有事。故受之以蠱。蠱者事也。有事而後可大。故受之以臨。臨者大也。物大然後可觀。故受之以觀。可觀而後有所合。故受之以噬嗑。嗑者合也。物不可以苟合而已。故受之以賁。賁者飾也。致飾然後亨則盡矣。故受之以剥。剥者剥也。物不可以終盡。剥窮上反下。故受之以復。復則不妄矣。故受之以无妄。有无妄然後可畜。故受之以大畜。物畜然後可養。故受之以頤。頤者養也。不養則不可動。故受之以大過。物不可以終過。故受之以坎。坎者陷也。陷必有所麗。故受之以離。離者麗也。
【読み】
天地有りて然る後に萬物生ず。天地の間に盈つる者は唯萬物なり。故に之に受くるに屯を以てす。屯とは盈つるなり。屯とは物の始めて生ずるなり。物生ずれば必ず蒙なり。故に之に受くるに蒙を以てす。蒙とは蒙[おろ]かなり。物の稺[おさな]きなり。物稺ければ養わざる可からず。故に之に受くるに需を以てす。需とは飮食の道なり。飮食すれば必ず訟え有り。故に之に受くるに訟を以てす。訟えには必ず衆の起こる有り。故に之に受くるに師を以てす。師とは衆なり。衆あれば必ず比する所有り。故に之に受くるに比を以てす。比とは比しむなり。比しめば必ず畜う所有り。故に之に受くるに小畜を以てす。物畜えられて然る後に禮有り。故に之に受くるに履を以てす。履んで泰、然る後に安し。故に之に受くるに泰を以てす。晁氏曰く、鄭本に而泰の二字无し。泰とは通ずるなり。物は以て通ずるに終わる可からず。故に之に受くるに否を以てす。物は以て否に終わる可からず。故に之に受くるに同人を以てす。人と同じき者は物必ず歸す。故に之に受くるに大有を以てす。大を有つ者は以て盈つる可からず。故に之に受くるに謙を以てす。大を有ちて能く謙なれば必ず豫しむ。故に之に受くるに豫を以てす。豫しめば必ず隨うこと有り。故に之に受くるに隨を以てす。喜びを以て人に隨う者は必ず事有り。故に之に受くるに蠱を以てす。蠱とは事なり。事有りて後に大なる可し。故に之に受くるに臨を以てす。臨とは大なり。物大にして然る後に觀る可し。故に之に受くるに觀を以てす。觀る可くして後に合う所有り。故に之に受くるに噬嗑を以てす。嗑とは合うなり。物以て苟も合うのみなる可からず。故に之に受くるに賁を以てす。賁とは飾るなり。飾りを致して然る後に亨れば則ち盡く。故に之に受くるに剥を以てす。剥とは剥ぐなり。物以て盡くるに終わる可からず。剥ぐこと上に窮まれば下に反る。故に之に受くるに復を以てす。復れば則ち妄ならず。故に之に受くるに无妄を以てす。无妄有りて然る後に畜う可し。故に之に受くるに大畜を以てす。物畜えられて然る後に養う可し。故に之に受くるに頤を以てす。頤とは養うなり。養わざれば則ち動く可からず。故に之に受くるに大過を以てす。物以て過ぐるに終わる可からず。故に之に受くるに坎を以てす。坎とは陷るなり。陷れば必ず麗[つ]く所有り。故に之に受くるに離を以てす。離とは麗くなり。

右上篇。

有天地然後有萬物。有萬物然後有男女。有男女然後有夫婦。有夫婦然後有父子。有父子然後有君臣。有君臣然後有上下。有上下然後禮儀有所錯。夫婦之道不可以不久也。故受之以恆。恆者久也。物不可以久居其所。故受之以遯。遯者退也。物不可以終遯。故受之以大壯。物不可以終壯。故受之以晉。晉者進也。進必有所傷。故受之以明夷。夷者傷也。傷於外者必反其家。故受之以家人。家道窮必乖。故受之以睽。睽者乖也。乖必有難。故受之以蹇。蹇者難也。物不可以終難。故受之以解。解者緩也。緩必有所失。故受之以損。損而不已必益。故受之以益。益而不已必決。故受之以夬。夬者決也。決必有所遇。故受之以姤。姤者遇也。物相遇而後聚。故受之以萃。萃者聚也。聚而上者謂之升。故受之以升。升而不巳必困。故受之以困。困乎上者必反下。故受之以井。井道不可不革。故受之以革。革物者莫若鼎。故受之以鼎。主器者莫若長子。故受之以震。震者動也。物不可以終動、止之。故受之以艮。艮者止也。物不可以終止。故受之以漸。漸者進也。進必有所歸。故受之以歸妹。得其所歸者必大。故受之以豐。豐者大也。窮大者必失其居。故受之以旅。旅而无所容。故受之以巽。巽者入也。入而後說之。故受之以兌。兌者說也。說而後散之。故受之以渙。渙者離也。物不可以終離。故受之以節。節而信之。故受之以中孚。有其信者必行之。故受之以小過。有過物者必濟。故受之以旣濟。物不可窮也。故受之以未濟終焉。
【読み】
天地有りて然る後に萬物有り。萬物有りて然る後に男女有り。男女有りて然る後に夫婦有り。夫婦有りて然る後に父子有り。父子有りて然る後に君臣有り。君臣有りて然る後に上下有り。上下有りて然る後に禮儀錯く所有り。夫婦の道は以て久しからざる可からざるなり。故に之に受くるに恆を以てす。恆とは久しきなり。物以て久しく其の所に居る可からず。故に之に受くるに遯を以てす。遯とは退くなり。物以て遯に終わる可からず。故に之に受くるに大壯を以てす。物以て壯なるに終わる可からず。故に之に受くるに晉を以てす。晉とは進むなり。進めば必ず傷るる所有り。故に之に受くるに明夷を以てす。夷とは傷るるなり。外に傷るる者は必ず其の家に反る。故に之に受くるに家人を以てす。家道窮まれば必ず乖[そむ]く。故に之に受くるに睽を以てす。睽とは乖くなり。乖けば必ず難有り。故に之に受くるに蹇を以てす。蹇とは難なり。物以て難に終わる可からず。故に之に受くるに解を以てす。解とは緩なり。緩くすれば必ず失う所有り。故に之に受くるに損を以てす。損して已まざれば必ず益す。故に之に受くるに益を以てす。益して已まざれば必ず決す。故に之に受くるに夬を以てす。夬とは決なり。決すれば必ず遇う所有り。故に之に受くるに姤を以てす。姤とは遇うなり。物相遇いて後に聚まる。故に之に受くるに萃を以てす。萃とは聚なり。聚まりて上る者は之を升ると謂う。故に之に受くるに升を以てす。升りて巳まざれば必ず困しむ。故に之に受くるに困を以てす。上に困しむ者は必ず下に反る。故に之に受くるに井を以てす。井道は革めざる可からず。故に之に受くるに革を以てす。物を革むる者は鼎に若くは莫し。故に之に受くるに鼎を以てす。器を主る者は長子に若くは莫し。故に之に受くるに震を以てす。震とは動くなり。物以て動くに終わる可からず、之を止む。故に之に受くるに艮を以てす。艮とは止むるなり。物以て止まるに終わる可からず。故に之に受くるに漸を以てす。漸とは進むなり。進めば必ず歸る所有り。故に之に受くるに歸妹を以てす。其の歸する所を得る者は必ず大なり。故に之に受くるに豐を以てす。豐とは大なり。大を窮むる者は必ず其の居を失う。故に之に受くるに旅を以てす。旅して容るる所无し。故に之に受くるに巽を以てす。巽とは入るなり。入りて後に之を說ぶ。故に之に受くるに兌を以てす。兌とは說ぶなり。說びて後に之を散らす。故に之に受くるに渙を以てす。渙とは離るるなり。物以て離るるに終わる可からず。故に之に受くるに節を以てす。節して之を信ず。故に之に受くるに中孚を以てす。其の信を有する者は必ず之を行う。故に之に受くるに小過を以てす。物に過ぐること有る者は必ず濟[な]す。故に之に受くるに旣濟を以てす。物は窮む可からざるなり。故に之に受くるに未濟を以てして終わるなり。

右下篇。