國子監刊本『周易本義』(華聯出版社)及び懐徳堂文庫本『周易雕題』を参考とした。

雜卦傳

乾剛坤柔。比樂師憂。樂、音洛。
【読み】
乾は剛にして坤は柔なり。比は樂しみて師は憂う。樂は、音洛。

臨・觀之義、或與或求。以我臨物曰與、物來觀我曰求。或曰、二卦互有與求之義。
【読み】
臨・觀の義は、或は與え或は求む。我、物に臨むを以て與と曰い、物來りて我を觀るを求と曰う。或は曰く、二卦互いに與求の義有り、と。

屯見而不失其居、蒙雜而著。見、賢遍反。著、陟慮反。○屯、震遇坎。震動故見、坎險不行也。蒙、坎遇艮。坎幽昧、艮光明也。或曰、屯以初言、蒙以二言。
【読み】
屯は見[あらわ]れて其の居を失わず、蒙は雜わりて著[あらわ]る。見は、賢遍の反。著は、陟慮の反。○屯は、震坎に遇う。震動く故に見れ、坎險にて行われず。蒙は、坎艮に遇う。坎は幽昧、艮は光明なり。或は曰く、屯は初を以て言い、蒙は二を以て言う、と。

震起也。艮止也。損・益盛衰之始也。
【読み】
震は起こるなり、艮は止まるなり。損・益は盛衰の始めなり。

○大畜時也。无妄災也。止健者時有適然。无妄而災自外至。
【読み】
○大畜は時なり。无妄は災いなり。健を止むる者は時に適然なる有り。无妄にして災い外より至る。

萃聚、而升不來也。謙輕而豫怠也。
【読み】
萃は聚まりて、升は來らざるなり。謙は輕くして豫は怠るなり。

○噬嗑食也。賁无色也。白受采。
【読み】
○噬嗑は食らうなり。賁は色无きなり。白は采を受く。

兌見而巽伏也。見、賢遍反。○兌陰外見、巽陰内伏。
【読み】
兌は見れて巽は伏すなり。見は、賢遍の反。○兌陰外に見れ、巽陰内に伏す。

隨无故也。蠱則飭也。飭、與勑反。○隨前无故。蠱後當飭。
【読み】
隨は故无きなり。蠱は則ち飭[ととの]うるなり。飭は、與勑の反。○隨は前に故无し。蠱は後に當に飭うべし。

剥爛也。復反也。
【読み】
剥は爛[やぶ]るるなり。復は反るなり。

○晉晝也。明夷誅也。誅、傷也。
【読み】
○晉は晝なり。明夷は誅するなり。誅は、傷るなり。

井通而困相遇也。剛柔相遇而剛見揜也。
【読み】
井は通じて困は相遇うなり。剛柔相遇いて剛揜わるるなり。

咸速也。恆久也。咸速、恆久。
【読み】
咸は速やかなり。恆は久しきなり。咸は速やか、恆は久し。

渙離也。節止也。解緩也。蹇難也。睽外也。家人内也。否・泰反其類也。難、乃旦反。
【読み】
渙は離るるなり。節は止まるなり。解は緩くするなり。蹇は難むなり。睽は外なり。家人は内なり。否・泰は其の類に反するなり。難は、乃旦の反。

大壯則止、遯則退也。止、謂不進。
【読み】
大壯は則ち止まり、遯は則ち退くなり。止は、進まざるを謂う。

大有衆也。同人親也。革去故也。鼎取新也。小過過也。中孚信也。豐多故也。親寡旅也。去、起呂反。○旣明且動、其故多矣。
【読み】
大有は衆きなり。同人は親しむなり。革は故きを去るなり。鼎は新しきを取るなり。小過は過ぐるなり。中孚は信[まこと]なるなり。豐は故多きなり。親寡なきは旅なり。去は、起呂の反。○旣に明らかにして且つ動けば、其の故多し。

離上而坎下也。上、時掌反。下、遐嫁反。○火炎上、水潤下。
【読み】
離は上りて坎は下るなり。上は、時掌の反。下は、遐嫁の反。○火は上に炎え、水は下に潤う。

小畜寡也。履不處也。處、上聲。○不處、行進之義。
【読み】
小畜は寡なきなり。履は處らざるなり。處は、上聲。○處らざるとは、行き進むの義。

需不進也。訟不親也。大過顚也。姤遇也。柔遇剛也。漸女歸、待男行也。頤養正也。旣濟定也。歸妹女之終也。未濟男之窮也。夬決也。剛決柔也。君子道長、小人道憂也。長、丁丈反。○自大過以下、卦不反對。或疑其錯簡。今以韻協之、又似非誤。未詳何義。
【読み】
需は進まざるなり。訟は親まざるなり。大過は顚るなり。姤は遇うなり。柔剛に遇うなり。漸は女歸[とつ]ぎ、男を待ちて行くなり。頤は正を養うなり。旣濟は定まるなり。歸妹は女の終わりなり。未濟は男の窮まるなり。夬は決なり。剛柔を決するなり。君子道長じて、小人道憂うるなり。長は、丁丈の反。○大過より以下、卦對に反らず。或は疑うらくは其れ錯簡ならん。今韻を以て之を協[あ]わすも、又誤りに非ざるに似る。未だ何の義か詳らかならず。