孟子卷之三     本文の読み下しは中村惕齋講述を参考とした、集註は我流。

滕文公章句上 凡五章。

滕文公章句上1
滕文公爲世子、將之楚、過宋而見孟子。世子、太子也。
【読み】
滕の文公世子爲りしとき、將に楚に之かんとして、宋を過ぎて孟子に見う。世子は太子なり。

孟子道性善、言必稱堯舜。道、言也。性者、人所稟於天以生之理也。渾然至善、未嘗有惡。人與堯舜初無少異。但衆人汨於私欲而失之。堯舜則無私欲之蔽、而能充其性爾。故孟子與世子言、每道性善、而必稱堯舜以實之。欲其知仁義不假外求、聖人可學而至、而不懈於用力也。門人不能悉記其辭、而撮其大旨如此。程子曰、性卽理也。天下之理、原其所自、未有不善。喜怒哀樂未發、何嘗不善。發而中節、卽無往而不善。發不中節、然後爲不善。故凡言善惡、皆先善而後惡。言吉凶、皆先吉而後凶。言是非、皆先是而後非。
【読み】
孟子性善なりと道って、言必ず堯舜を稱す。道は言うなり。性は、人の天に稟けて以て生ずる所の理なり。渾然と至善にして、未だ嘗て惡有らず。人と堯舜と初めより少しき異なること無し。但衆人は私欲に汨[みだ]されて之を失う。堯舜は則ち私欲の蔽無くして、能く其の性を充てるのみ。故に孟子世子と言うときは、每に性善なりと道って、必ず堯舜を稱して以て之を實にす。其の仁義を外に求むることを假りず、聖人も學んで至る可きことを知って、力を用うることに懈らざらんことを欲してなり。門人悉く其の辭を記すこと能わずして、其の大旨を撮ること此の如し。程子曰く、性は卽ち理なり。天下の理、其の自る所を原[たず]ぬれば、未だ善ならざること有らず。喜怒哀樂の未だ發せざるときは、何ぞ嘗て善ならざる。發して節に中るときは、卽ち往くとして善ならざること無し。發して節に中らず、然して後に善ならずとす。故に凡て善惡を言うときは、皆善を先にして惡を後にす。吉凶を言うときは、皆吉を先にして凶を後にす。是非を言うときは、皆是を先にして非を後にす、と。

世子自楚反、復見孟子。孟子曰、世子疑吾言乎。夫道一而已矣。復、扶又反。夫、音扶。○時人不知性之本善、而以聖賢爲不可企及。故世子於孟子之言不能無疑、而復來求見。蓋恐別有卑近易行之說也。孟子知之。故但告之如此、以明古今聖愚本同一性、前言已盡、無復有他說也。
【読み】
世子楚より反って、復孟子に見う。孟子曰く、世子吾が言を疑うか。夫れ道は一ならくのみ。復は扶又の反。夫は音扶。○時の人性の本善なることを知らずして、聖賢を以て企て及ぶ可からずとす。故に世子孟子の言に於て疑い無きこと能わずして、復來りて見うことを求めり。蓋し恐らくは別に卑近にして行い易きの說有らん、と。孟子之を知る。故に但之に告ぐること此の如くして、以て古今の聖愚は本同一の性なること、前言已に盡き、復他說有ること無きことを明らかにす。

成覵謂齊景公曰、彼丈夫也。我丈夫也。吾何畏彼哉。顏淵曰、舜何人也。予何人也。有爲者亦若是。公明儀曰、文王我師也。周公豈欺我哉。覵、古莧反。○成鷳、人姓名。彼、謂聖賢也。有爲者亦若是、言人能有爲、則皆如舜也。公明、姓、儀、名。魯賢人也。文王我師也、蓋周公之言。公明儀亦以文王爲必可師。故誦周公之言、而歎其不我欺也。孟子旣告世子以道無二致、而復引此三言以明之。欲世子篤信力行、以師聖賢、不當復求他說也。
【読み】
成覵[せいけん]齊の景公に謂って曰く、彼も丈夫なり。我も丈夫なり。吾何ぞ彼を畏れんや、と。顏淵曰く、舜は何人ぞ。予は何人ぞ。すること有る者は亦是の若し、と。公明儀曰く、文王は我が師なり、と。周公豈我を欺かんや、と。覵は古莧の反。○成鷳は人の姓名。彼は聖賢を謂うなり。すること有る者は亦是の若しは、言うこころは、人能くすること有るときは、則ち皆舜の如きなり、と。公明は姓、儀は名。魯の賢人なり。文王は我が師なりは、蓋し周公の言ならん。公明儀も亦文王を以て必ず師とす可しとす。故に周公の言を誦して、其の我を欺かざらんことを歎ずるなり。孟子旣に世子に告ぐるに道に二致無きを以てして、復此の三言を引いて以て之を明らかにす。世子の篤く信じ力めて行い、以て聖賢を師とし、當に復他說を求むるべからざらまく欲すればなり。

今滕絶長補短、將五十里也。猶可以爲善國。書曰、若藥不瞑眩、厥疾不瘳。瞑、莫甸反。眩、音縣。○絶、猶截也。書、商書說命篇。瞑眩、憒亂。言滕國雖小、猶足爲治。但恐安於卑近、不能自克、則不足以去惡而爲善也。○愚按、孟子之言性善、始見於此、而詳具於告子之篇。然默識而旁通之、則七篇之中、無非此理。其所以擴前聖之未發、而有功於聖人之門。程子之言信矣。
【読み】
今滕長きを絶って短きを補えば、將に五十里ならんとす。猶以て善國爲る可し。書に曰く、若し藥瞑眩せざれば、厥の疾瘳[いえ]ず、と。瞑は莫甸の反。眩は音縣。○絶は猶截[た]つのごとし。書は、商書說命の篇。瞑眩は、憒[くら]みて亂るる。言うこころは、滕國小なりと雖も、猶治を爲すに足る。但恐らくは卑近に安んじ、自ら克つこと能わざれば、則ち以て惡を去りて善をするに足らざるなり、と。○愚按ずるに、孟子の性善を言う、始めて此に見れて、詳らかに告子の篇に具わる。然れども默して識り之に旁[あまね]く通ずれば、則ち七篇の中、此の理に非ずということ無し。其の前聖の未だ發せざるを擴めて、聖人の門に功有る所以なり。程子の言信[まこと]なるかな。


滕文公章句上2
○滕定公薨。世子謂然友曰、昔者孟子嘗與我言於宋、於心終不忘。今也不幸至於大故。吾欲使子問於孟子、然後行事。定公、文公父也。然友、世子之傅也。大故、大喪也。事、謂喪禮。
【読み】
○滕の定公薨ず。世子然友に謂って曰く、昔者[さき]に孟子嘗て我と宋に言いしとき、心に於て終に忘れず。今不幸にして大故に至れり。吾子をして孟子に問わしめて、然して後に事を行わまく欲す、と。定公は文公の父なり。然友は世子の傅なり。大故は大喪なり。事は喪禮を謂う。

然友之鄒問於孟子。孟子曰、不亦善乎。親喪固所自盡也。曾子曰、生事之以禮、死葬之以禮、祭之以禮。可謂孝矣。諸侯之禮、吾未之學也。雖然、吾嘗聞之矣。三年之喪、齊疏之服、飦粥之食、自天子達於庶人、三代共之。齊、音資。疏、所居反。飦、諸延反。○當時諸侯、莫能行古喪禮、而文公獨能以此爲問。故孟子善之。又言、父母之喪、固人子之心所自盡者。蓋悲哀之情、痛疾之意、非自外至。宜乎、文公於此有所不能自已也。但所引曾子之言、本孔子告樊遲者。豈曾子嘗誦之、以告其門人歟。三年之喪者、子生三年、然後免於父母之懷。故父母之喪、必以三年也。齊、衣下縫也。不緝曰斬衰、緝之曰齊衰。疏、麤也。麤布也。飦、糜也。喪禮、三日始食粥。旣葬、乃疏食。此古今貴賤通行之禮也。
【読み】
然友鄒に之いて孟子に問う。孟子曰く、亦善からずや。親喪は固[まこと]に自ら盡くす所なり。曾子曰く、生けるときは之に事うるに禮を以てし、死せるときは之を葬むるに禮を以てし、之を祭るに禮を以てす。孝と謂いつ可し、と。諸侯の禮、吾未だ之を學びず。然りと雖も、吾嘗て之を聞けり。三年の喪、齊疏[しそ]の服、飦粥[かんじゅく]の食、天子より庶人に達し、三代之を共にす、と。齊は音資。疏は所居の反。飦は諸延の反。○當時の諸侯、能く古の喪禮を行うもの莫くして、文公獨り能く此を以て問とす。故に孟子之を善しとす。又言う、父母の喪は、固に人子の心自ら盡くす所の者なり、と。蓋し悲哀の情、痛疾の意、外より至るに非ず。宜なるかな、文公此に於て自ら已むこと能わざる所有ること。但引く所の曾子の言は、本孔子樊遲に告ぐる者なり。豈曾子嘗て之を誦して、以て其の門人に告げんか。三年の喪は、子生まれて三年、然して後に父母の懷を免る。故に父母の喪は、必ず三年を以てす。齊は衣の下の縫いめなり。緝[つむ]がざるを斬衰[ざんさい]と曰い、之を緝ぐを齊衰と曰う。疏は麤いなり。麤布なり。飦は糜[かゆ]なり。喪の禮は、三日始めて粥を食す。旣に葬むりて、乃ち疏食す。此れ古今貴賤通じ行うの禮なり。

然友反命。定爲三年之喪。父兄百官皆不欲。曰、吾宗國魯先君莫之行。吾先君亦莫之行也。至於子之身而反之、不可。且志曰、喪祭從先祖。曰、吾有所受之也。父兄、同姓老臣也。滕與魯倶文王之後、而魯祖周公爲長。兄弟宗之。故滕謂魯爲宗國也。然謂二國不行三年之喪者、乃其後世之失。非周公之法本然也。志、記也。引志之言而釋其意。以爲所以如此者、蓋爲上世以來、有所傳受、雖或不同、不可改也。然志所言、本謂先王之世舊俗所傳、禮文小異、而可以通行者耳。不謂後世失禮之甚者也。
【読み】
然友命を反す。定むらく、三年の喪をせん、と。父兄百官皆欲せず。曰く、吾が宗國魯の先君も之を行うこと莫し。吾が先君も亦之を行うこと莫し。子が身に至って之に反かんこと、不可。且志に曰く、喪祭は先祖に從う、と。曰く、吾之を受くる所有りとなり。父兄は同姓の老臣なり。滕と魯とは倶に文王の後にして、魯の祖周公長爲り。兄弟之を宗とす。故に滕魯を謂って宗國とす。然れども二國三年の喪を行わずと謂うは、乃ち其れ後世の失なり。周公の法本より然るに非ざるなり。志は記なり。志の言を引いて其の意を釋す。以爲えらく、此の如き所以の者は、蓋し上世以來、傳え受く所有るが爲に、或は同じからずと雖も、改むる可からざるなり。然れども志の言う所は、本より先王の世の舊俗傳うる所の、禮文小しく異なりて、而して以て通行す可き者を謂うのみ。後世禮を失うことの甚だしき者を謂うにあらず。

謂然友曰、吾他日未嘗學問、好馳馬試劍。今也父兄百官、不我足也。恐其不能盡於大事。子爲我問孟子。然友復之鄒問孟子。孟子曰、然。不可以他求者也。孔子曰、君薨、聽於冢宰。歠粥、面深墨。卽位而哭。百官有司、莫敢不哀。先之也。上有好者、下必有甚焉者矣。君子之德風也。小人之德草也。草尙之風必偃。是在世子。好・爲、皆去聲。復、扶又反。歠、川悦反。○不我足、謂不以我滿足其意也。然者、然其不我足之言。不可他求者、言當責之於己。冢宰、六卿之長也。歠、飮也。深墨、甚黑色也。卽、就也。尙、加也。論語作上。古字通也。偃、伏也。孟子言、但在世子自盡其哀而已。
【読み】
然友に謂って曰く、吾他日未だ嘗て學問せず、馬を馳せ劍を試むることを好む。今父兄百官、我を足れりとせず。恐らくは其れ大事を盡くすこと能わじ。子我が爲に孟子に問え、と。然友復鄒に之いて孟子に問う。孟子曰く、然らん。以て他に求む可からざる者なり。孔子曰く、君薨ずれば、冢宰に聽く。粥を歠って、面深[はなは]だ墨[くろ]し。位に卽いて哭す。百官有司、敢えて哀しまずということ莫し。之に先んずればなり。上好む者有れば、下必ず甚だしき者有り。君子の德は風なり。小人の德は草なり。草之に風を尙[くわ]うれば必ず偃[ふ]す。是れ世子に在り、と。好・爲は皆去聲。復は扶又の反。歠は川悦の反。○我を足れりとせずは、我を以て其の意滿ち足れりとせざるを謂うなり。然らんは、其の我を足れりとせざるの言を然りとす。他に求む可からずは、言うこころは、當に之を己に責むべし、と。冢宰は六卿の長なり。歠は飮むなり。深だ墨しは甚だしく黑い色なり。卽は就くなり。尙は加うなり。論語は上に作る。古字通ず。偃は伏すなり。孟子言うこころは、但世子自ら其の哀しみを盡くすに在るのみ、と。

然友反命。世子曰、然。是誠在我。五月居廬、未有命戒。百官族人可謂曰、知。及至葬、四方來觀之、顏色之戚、哭泣之哀、弔者大悦。諸侯五月而葬。未葬、居倚廬於中門之外。居喪不言。故未有命令敎戒也。可謂曰知、疑有闕誤。或曰、皆謂世子之知禮也。○林氏曰、孟子之時、喪禮旣壞。然三年之喪、惻隱之心、痛疾之意、出於人心之所固有者、初未嘗亡也。惟其溺於流俗之弊。是以喪其良心、而不自知耳。文公見孟子而聞性善堯舜之說、則固有以啓發其良心矣。是以至此而哀痛之誠心發焉。及其父兄百官皆不欲行、則亦反躬自責、悼其前行之不足以取信、而不敢有非其父兄百官之心。雖其資質有過人者、而學問之力、亦不可誣也。及其斷然行之、而遠近見聞無不悦服。則以人心之所同然者、自我發之、而彼之心悦誠服、亦有所不期然而然者。人性之善、豈不信哉。
【読み】
然友命を反す。世子曰く、然り。是れ誠に我に在り、と。五月廬に居り、未だ命戒有らず。百官族人可[みな]謂って曰く、知れり、と。葬むるに至るに及んで、四方來って之を觀ば、顏色の戚[いたみ]、哭泣の哀しみ、弔する者大いに悦ぶ。諸侯は五月にして葬る。未だ葬らざるときは、倚廬[いろ]して中門の外に居る。喪に居るときは言わず。故に未だ命令敎戒有らざるなり。可謂って曰く知れりは、疑うらくは闕誤有らん。或ひと曰く、皆世子を禮を知れりと謂えり、と。○林氏曰く、孟子の時、喪禮旣に壞れり。然れども三年の喪の、惻隱の心、痛疾の意、人心の固より有る所より出づる者にして、初めより未だ嘗て亡びざるなり。惟其れ流俗の弊に溺る。是を以て其の良心を喪いて、自ら知らざるのみ。文公孟子に見って性善堯舜の說を聞けば、則ち固より以て其の良心を啓發すること有り。是を以て此に至りて哀痛の誠心發こる。其の父兄百官皆行なわまく欲せざるに及び、則ち亦躬に反り自ら責めて、其の前行の以て信を取るに足らざるを悼みて、敢えて其の父兄百官を非とするの心有らず。其の資質人に過ぎたる者有りと雖も、而して學問の力も、亦誣ゆ可からざるなり。其の斷然として之を行うに及びて、遠近見聞いて悦び服さざること無し。則ち人心の同じく然りとする所の者、我より之を發するを以て、彼が心に悦び誠に服することも、亦然りと期せずして然る所の者有り。人性の善なること、豈信[まこと]ならずや。


滕文公章句上3
○滕文公問爲國。文公以禮聘孟子。故孟子至滕、而文公問之。
【読み】
○滕の文公國を爲めんことを問う。文公禮を以て孟子を聘す。故に孟子滕に至りて、文公之を問う。

孟子曰、民事不可緩也。詩云、晝爾于茅、宵爾索綯。亟其乘屋。其始播百穀。綯、音陶。亟、紀力反。○民事、謂農事。詩、豳風七月之篇。于、往取也。綯、絞也。亟、急也。乘、升也。播、布也。言農事至重、人君不可以爲緩而忽之。故引詩言、治屋之急如此者、蓋以來春將復始播百穀、而不暇爲此也。
【読み】
孟子曰く、民の事緩[ゆるが]せにす可からず。詩に云く、晝は爾于[ゆ]いて茅[ちか]り、宵[よる]は爾索綯[なわな]え。亟[すみ]やかに其れ屋に乘れ。其れ始めて百穀を播[し]かん、と。綯は音陶。亟は紀力の反。○民の事は農事を謂う。詩は豳風七月の篇。于は往いて取るなり。綯は絞[な]うなり。亟は急なり。乘は升るなり。播は布くなり。言うこころは、農事至って重ければ、人君以て緩せにして之を忽せにす可からず、と。故に詩を引いて言う、屋を治むるの急此の如きは、蓋し來春將に復始めて百穀を播かんとするときは、而して此をするに暇あらざるを以てなり。

民之爲道也、有恆產者有恆心、無恆產者無恆心。苟無恆心、放辟邪侈、無不爲已。及陷乎罪、然後從而刑之、是罔民也。焉有仁人在位、罔民而可爲也。音義、並見前篇。
【読み】
民の道爲る、恆の產有る者は恆の心有り、恆の產無き者は恆の心無し。苟し恆の心無きときは、放辟邪侈にして、せざるということ無からまくのみ。罪に陷るに及んで、然して後に從って之を刑[つみ]なうは、是れ民を罔するなり。焉んぞ仁人位に在る有りて、民を罔することす可けん。音義は並前篇に見ゆ。

是故賢君必恭儉禮下、取於民有制。恭則能以禮接下、儉則能取民以制。
【読み】
是の故に賢君は必ず恭儉にして下に禮あり、民に取るに制有り。恭なれば則ち能く禮以て下に接し、儉なれば則ち能く民に取るに制を以てす。

陽虎曰、爲富不仁矣、爲仁不富矣。陽虎、陽貨。魯季氏家臣也。天理人欲、不容並立。虎之言此、恐爲仁之害於富也。孟子引之、恐爲富之害於仁也。君子小人、每相反而已矣。
【読み】
陽虎曰く、富をすれば仁あらず、仁をすれば富まず、と。陽虎は陽貨。魯の季氏の家臣なり。天理人欲、並び立つことを容れず。虎の此を言うは、仁をするが富に害あらんことを恐れてなり。孟子之を引くは、富を爲すが仁に害あらんことを恐れてなり。君子小人は、每に相反するのみ。

夏后氏五十而貢。殷人七十而助。周人百畝而徹。其實皆什一也。徹者、徹也。助者、藉也。徹、敕列反。藉、子夜反。○此以下、乃言制民常產、與其取之之制也。夏時一夫授田五十畝、而每夫計其五畝之入以爲貢。商人始爲井田之制、以六百三十畝之地、畫爲九區。區七十畝、中爲公田、其外八家各授一區。但借其力以助耕公田、而不復稅其私田。周時一夫授田百畝。郷遂用貢法、十夫有溝。都鄙用助法、八家同井。耕則通力而作、收則計畝而分。故謂之徹。其實皆什一者、貢法固以十分之一爲常數。惟助法乃是九一。而商制不可考。周制則公田百畝、中以二十畝爲廬舍。一夫所耕公田、實計十畝、通私田百畝、爲十一分而取其一。蓋又輕於什一矣。竊料商制亦當似此、而以十四畝爲廬舍、一夫實耕公田七畝。是亦不過什一也。徹、通也。均也。藉、借也。
【読み】
夏后氏は五十にして貢す。殷人は七十にして助す。周人は百畝にして徹す。其の實は皆什一なり。徹は、徹なり。助は、藉[しゃ]なり。徹は敕列の反。藉は子夜の反。○此より以下は、乃ち民の常產を制すると、其の之を取るの制を言うなり。夏の時は一夫田五十畝を授けて、夫每に其の五畝の入を計りて以て貢とす。商人始めて井田の制を爲り、六百三十畝の地を以て、畫して九區とす。區七十畝、中を公田として、其の外八家各々一區を授く。但其の力を借りて以て公田を助け耕しめ、復其の私田に稅せず。周の時は一夫田百畝を授く。郷遂には貢法を用い、十夫に溝有り。都鄙には助法を用い、八家井を同じくす。耕すときは則ち力を通じて作り、收むるときは則ち畝を計りて分かつ。故に之を徹と謂う。其の實は皆什一なりは、貢法固より十分の一を以て常數とす。惟助法のみ乃ち是れ九一。而して商の制は考う可からず。周の制は則ち公田百畝、中二十畝を以て廬舍とす。一夫耕す所の公田は、實に計れば十畝にて、私田百畝と通じて、十一分にして其の一を取るとす。蓋し又什一よりも輕し。竊かに料るに商の制も亦當に此に似て、十四畝を以て廬舍とし、一夫實に公田七畝を耕すべし。是れ亦什一に過ぎざるなり。徹は通なり。均しいなり。藉は借なり。

龍子曰、治地莫善於助。莫不善於貢。貢者校數歳之中以爲常。樂歳粒米狼戾、多取之而不爲虐、則寡取之。凶年糞其田而不足、則必取盈焉。爲民父母、使民盻盻然、將終歳勤動、不得以養其父母。又稱貸而益之、使老稚轉乎溝壑。惡在其爲民父母也。樂、音洛。盻、五禮反。從目從兮。或音普莧反者非。養、去聲。惡、平聲。○龍子、古賢人。狼戾、猶狼藉。言多也。糞、壅也。盈、滿也。盻、恨視也。勤動、勞苦也。稱、舉也。貸、借也。取物於人、而出息以償之也。益之、以足取盈之數也。稚、幼子也。
【読み】
龍子曰く、地を治むるは助よりも善きは莫し。貢よりも善からざるは莫し。貢は數歳の中を校[かんが]えて以て常とす。樂歳には粒米狼戾して、多く之を取れども而も虐とせざるに、則ち寡なく之を取る。凶年には其の田に糞[つちか]うだにも而も足らざるに、則ち必ず取り盈つ。民の父母と爲って、民をして盻盻[げいげい]然として、將に歳を終えなんとするまでに勤動すれども、以て其の父母を養うことを得ざらしむ。又稱貸して之を益し、老稚をして溝壑に轉ぜしむ。惡にか在る、其の民の父母爲ること。樂は音洛。盻は五禮の反。目に從い兮に從う。或ひと音を普莧の反とするは非なり。養は去聲。惡は平聲。○龍子は古の賢人。狼戾は猶狼藉のごとし。多きを言うなり。糞は壅[つちか]うなり。盈は滿つなり。盻は恨み視るなり。勤動は勞苦なり。稱は舉ぐなり。貸は借るなり。物を人より取って、息を出して以て之を償うなり。之を益すは、以て取り盈つる數に足すなり。稚は幼子なり。

夫世祿、滕固行之矣。夫、音扶。○孟子嘗言、文王治岐、耕者九一、仕者世祿。二者王政之本也。今世祿滕已行之、惟助法未行。故取於民者無制耳。蓋世祿者、授之土田、使之食其公田之入、實與助法相爲表裏。所以使君子野人各有定業、而上下相安者也。故下文遂言助法。
【読み】
夫れ祿を世々にすることは、滕固より之を行う。夫は音扶。○孟子嘗て言う、文王の岐を治むるに、耕す者九一、仕うる者祿を世々にす。二つの者は王政の本なり。今世祿は滕已に之を行えども、惟助法のみ未だ行わざる。故に民に取る者制無きのみ。蓋し世祿は、之に土田を授け、之に其の公田の入を食わしめば、實に助法と相表裏を爲す。君子野人各々定業有らしめて、上下相安んずる所以の者なり。故に下文に遂に助法を言う。

詩云、雨我公田、遂及我私。惟助爲有公田。由此觀之、雖周亦助也。雨、于付反。○詩、小雅大田之篇。雨、降雨也。言願天雨於公田、而遂及私田。先公而後私也。當時助法盡廢、典籍不存。惟有此詩、可見周亦用助。故引之也。
【読み】
詩に云く、我が公田に雨ふって、遂に我が私に及べ、と。惟助のみ公田有りとす。此に由って之を觀れば、周と雖も亦助するなり。雨は于付の反。○詩は小雅大田の篇。雨は、雨を降らすなり。言うこころは、願わくは天公田に雨ふって、而して遂に私田に及べ、と。公を先んじて私を後にするなり。當時助法盡く廢れ、典籍存せず。惟此の詩有れば、周も亦助を用うること見る可し。故に之を引くなり。

設爲庠序學校以敎之。庠者、養也。校者、敎也。序者、射也。夏曰校。殷曰序。周曰庠。學則三代共之。皆所以明人倫也。人倫明於上、小民親於下。庠以養老爲義、校以敎民爲義、序以習射爲義。皆郷學也。學、國學也。共之、無異名也。倫、序也。父子有親、君臣有義、夫婦有別、長幼有序、朋友有信。此人之大倫也。庠序學校、皆以明此而已。
【読み】
庠序學校を設[た]て爲[つく]って以て之を敎う。庠は、養なり。校は、敎なり。序は、射なり。夏は校と曰う。殷は序と曰う。周は庠と曰う。學は則ち三代之を共にす。皆人倫を明らかにする所以なり。人倫上に明らかにして、小民下に親しむ。庠は老を養うを以て義と爲し、校は民を敎うるを以て義と爲し、序は射を習うを以て義と爲す。皆郷學なり。學は國學なり。之を共にすは、異名無きなり。倫は序なり。父子親有り、君臣義有り、夫婦別有り、長幼序有り、朋友信有り。此れ人の大倫なり。庠序學校は、皆以て此を明らかにするのみ。

有王者起、必來取法。是爲王者師也。滕國褊小、雖行仁政、未必能興王業。然爲王者師、則雖不有天下、而其澤亦足以及天下矣。聖賢至公無我之心、於此可見。
【読み】
王者起こること有らば、必ず來って法を取らん。是れ王者の師爲り。滕國褊小[へんしょう]なれば、仁政を行うと雖も、未だ必ずしも王業を興すこと能わず。然れども王者の師爲らば、則ち天下を有たずと雖も、其の澤亦以て天下に及ぼすに足れり。聖賢至公無我の心、此に於て見る可し。

詩云、周雖舊邦、其命惟新、文王之謂也。子力行之、亦以新子之國。詩、大雅文王之篇。言周雖后稷以來、舊爲諸侯、其受天命而有天下、則自文王始也。子、指文公。諸侯未踰年之稱也。
【読み】
詩に云く、周は舊邦なりと雖も、其の命惟れ新たなりとは、文王を謂えり。子力めて之を行わば、亦以て子が國を新たにせん。詩は大雅文王の篇。言うこころは、周は后稷以來、舊き諸侯爲りと雖も、其の天命を受けて天下を有つは、則ち文王より始む、と。子は文公を指す。諸侯未だ年を踰えざるの稱なり。

使畢戰問井地。孟子曰、子之君將行仁政、選擇而使子。子必勉之。夫仁政、必自經界始。經界不正、井地不均、穀祿不平。是故暴君汙吏必慢其經界。經界旣正、分田制祿可坐而定也。夫、音扶。○畢戰、滕臣。文公因孟子之言、而使畢戰主爲井地之事。故又使之來問其詳也。井地、卽井田也。經界、謂治地分田、經畫其溝塗封植之界也。此法不脩、則田無定分、而豪強得以兼幷。故井地有不均。賦無定法、而貪暴得以多取。故穀祿有不平。此欲行仁政者之所以必從此始、而暴君汙吏則必欲慢而廢之也。有以正之、則分田制祿、可不勞而定矣。
【読み】
畢戰をして井地を問わしむ。孟子曰く、子が君將に仁政を行わんとして、選擇して子を使わす。子必ず之を勉めよ。夫れ仁政は、必ず經界より始まる。經界正しからざれば、井地均しからず、穀祿平かならず。是の故に暴君汙吏は必ず其の經界を慢る。經界旣に正しきときは、田を分き祿を制すること坐[い]ながらにして定む可し。夫は音扶。○畢戰は滕の臣。文公孟子の言に因りて、畢戰をして井地を爲[おさ]むる事を主[つかさど]らしむ。故に又之をして來りて其の詳らかなることを問わしむ。井地は、卽ち井田なり。經界は、地を治め田を分き、其の溝塗封植の界を經畫するを謂うなり。此の法脩まらざれば、則ち田に定分無くして、豪強以て兼ね幷すことを得。故に井地均しからざること有り。賦に定法無くして、貪暴以て多きを取ることを得。故に穀祿平かならざること有り。此れ仁政を行わまく欲する者の必ず此に從いて始むる所以にして、暴君汙吏は則ち必ず慢りて之を廢せまく欲するなり。以て之を正しくすること有らば、則ち田を分き祿を制して、勞せずして定む可きなり。

夫滕壤地褊小、將爲君子焉、將爲野人焉。無君子莫治野人。無野人莫養君子。夫、音扶。養、去聲。○言滕地雖小、然其閒亦必有爲君子而仕者、亦必有爲野人而耕者。是以分田制祿之法、不可偏廢也。
【読み】
夫れ滕は壤地褊小なれども、將[ほとん]ど君子爲らん、將ど野人爲らん。君子無きときは野人を治むること莫し。野人無きときは君子を養うこと莫し。夫は音扶。養は去聲。○言うこころは、滕地は小しきなりと雖も、然れども其の閒亦必ず君子と爲りて仕うる者有り、亦必ず野人と爲りて耕す者有り。是を以て田を分き祿を制するの法、偏廢す可からざるなり、と。

請野九一而助、國中什一使自賦。此分田制祿之常法、所以治野人使養君子也。野、郊外都鄙之地也。九一而助、爲公田而行助法也。國中、郊門之内、郷遂之地也。田不井授、但爲溝洫、使什而自賦其一。蓋用貢法也。周所謂徹法者、蓋如此。以此推之、當時非惟助法不行、其貢亦不止什一矣。
【読み】
請う、野は九一にして助し、國中は什一にして自ら賦せしめよ。此れ田を分き祿を制するの常法、野人を治めて君子を養わしむる所以なり。野は、郊外都鄙の地なり。九一にして助すは、公田を爲りて助法を行うなり。國中は、郊門の内、郷遂の地なり。田井を授けず、但溝洫[こうきょく]を爲り、什にして自ら其の一を賦せしむ。蓋し貢法を用うるならん。周の所謂徹法は、蓋し此の如し。此を以て之を推せば、當時惟助法のみ行われざるに非ず、其れ貢も亦什一に止まらざるなり。

卿以下必有圭田。圭田五十畝。此世祿常制之外、又有圭田。所以厚君子也。圭、潔也、所以奉祭祀也。不言世祿者、滕已行之。但此未備耳。
【読み】
卿より下は必ず圭田有り。圭田は五十畝。此れ祿を世々にするの常制の外、又圭田有り。君子を厚くする所以なり。圭は潔しなり。祭祀を奉ずる所以なり。祿を世々にすと言わざるは、滕已に之を行う。但此れ未だ備わざるのみ。

餘夫二十五畝。程子曰、一夫上父母、下妻子、以五口八口爲率、受田百畝。如有弟、是餘夫也。年十六、別受田二十五畝。俟其壯而有室、然後更受百畝之田。愚按、此百畝、常制之外又有餘夫之田、以厚野人也。
【読み】
餘夫は二十五畝。程子曰く、一夫上は父母、下は妻子、五口八口を以て率ねとし、田百畝を受く。如し弟有れば、是れ餘夫なり。年十六にして、別に田二十五畝を受く。其の壯にして室有るを俟ちて、然して後に更に百畝の田を受く。愚按ずるに、此の百畝、常制の外に又餘夫の田有るは、以て野人を厚くするならん。

死徙無出郷、郷田同井、出入相友、守望相助、疾病相扶持、則百姓親睦。死、謂葬也。徙、謂徙其居也。同井者、八家也。友、猶伴也。守望、防寇盜也。
【読み】
死徙[しし]郷を出づること無く、郷田井を同じうし、出入相友[ともな]い、守望相助け、疾病相扶持するときは、則ち百姓親睦す。死は葬ることを謂うなり。徙は其の居を徙[うつ]すことを謂うなり。井を同じくする者は、八家なり。友は猶伴うのごとし。守望は寇盜を防ぐなり。

方里而井。井九百畝、其中爲公田。八家皆私百畝、同養公田。公事畢、然後敢治私事。所以別野人也。養、去聲。別、彼列反。○此詳言井田形體之制。乃周之助法也。公田以爲君子之祿、而私田野人之所受。先公後私、所以別君子野人之分也。不言君子、據野人而言。省文耳。上言野及國中二法、此獨詳於治野者、國中貢法、當時已行、但取之過於什一爾。
【読み】
方里にして井す。井ごとに九百畝、其の中を公田とす。八家皆百畝を私にして、同じく公田を養う。公事畢わって、然して後に敢えて私事を治む。野人を別く所以なり。養は去聲。別は彼列の反。○此れ詳らかに井田の形體の制を言う。乃ち周の助法なり。公田は以て君子の祿として、私田は野人の受くる所なり。公を先んじ私を後にするは、君子野人の分を別つ所以なり。君子を言わざるは、野人に據りて言う。文を省くのみ。上に野及び國中の二法を言いて、此は獨[ただ]野を治むることを詳らかにするは、國中の貢法、當時已に行われ、但之を取ること什一に過ぐのみなればなり。

此其大略也。若夫潤澤之、則在君與子矣。夫、音扶。○井地之法、諸侯皆去其籍。此特其大略而已。潤澤、謂因時制宜、使合於人情、宜於土俗、而不失乎先王之意也。○呂氏曰、子張子慨然有意三代之治。論治人先務、未始不以經界爲急。講求法制、粲然備具。要之可以行於今。如有用我者、舉而措之耳。嘗曰、仁政必自經界始。貧富不均、敎養無法、雖欲言治、皆苟而已。世之病難行者、未始不以亟奪富人之田爲辭。然茲法之行、悦之者衆。苟處之有術。期以數年、不刑一人而可復。所病者、特上之未行耳。乃言曰、縱不能行之天下、猶可驗之一郷。方與學者議古之法、買田一方、畫爲數井、上不失公家之賦役、退以其私正經界、分宅里、立斂法、廣儲蓄、興學校、成禮俗、救菑卹患、厚本抑末、足以推先王之遺法、明當今之可行。有志未就而卒。○愚按、喪禮經界兩章、見孟子之學、識其大者。是以雖當禮法廢壞之後、制度節文不可復考、而能因略以致詳、推舊而爲新、不屑屑於旣往之迹、而能合乎先王之意。眞可謂命世亞聖之才矣。
【読み】
此れ其の大略なり。夫の之を潤澤するが若きは、則ち君と子とに在り。夫は音扶。○井地の法、諸侯皆其の籍を去[す]つ。此れ特[ただ]其の大略のみ。潤澤は、時に因りて宜しきを制し、人情に合い、土俗に宜[かな]わしめて、先王の意を失なわざることを謂うなり。○呂氏曰く、子張子慨然として三代の治に意有り。人を治むるの先務を論ずるときは、未だ始めに經界を以て急とせずんばあらず。法制を講求するときは、粲然として備[つぶさ]に具われり。之を要むれば以て今に行う可し。如し我を用うること有れば、舉げて之を措くのみ。嘗て曰く、仁政は必ず經界より始む。貧富均しからず、敎養法無くば、治を言わまく欲すと雖も、皆苟[かりそめ]にするのみ。世の行われ難きを病[うれ]うる者は、未だ始めに亟[すみ]やかに富人の田を奪うを以て辭とせずんばあらず。然れども茲の法行わるれば、之を悦ぶ者衆し。苟[まこと]に之を處するに術有り。期するに數年を以てせば、一人も刑せずして復す可し。病うる所は、特上の未だ行わざるのみ、と。乃ち言って曰く、縱[たと]い之を天下に行うこと能わざれども、猶之を一郷に驗す可し。方に學者と古の法を議し、田一方を買い、畫して數井とし、上公家の賦役を失わず、退いては其の私を以て經界を正し、宅里を分き、斂法を立て、儲蓄[ちょちく]を廣め、學校を興し、禮俗を成し、菑[わざわ]いを救い患えを卹[あわ]れみ、本を厚くして末を抑えれば、以て先王の遺法を推し、當今に行う可きことを明らかにするに足る、と。志有りて未だ就くさずして卒す、と。○愚按ずるに、喪禮經界の兩章、孟子の學、其の大いなる者を識ることを見る。是を以て禮法廢壞するの後に當り、制度節文復考う可からずと雖も、能く略に因りて以て詳を致し、舊きを推して新しきと爲し、旣往の迹に屑屑とせずして、能く先王の意に合う。眞に命世亞聖の才と謂う可し。


滕文公章句上4
○有爲神農之言者許行、自楚之滕、踵門而告文公曰、遠方之人、聞君行仁政。願受一廛而爲氓。文公與之處。其徒數十人、皆衣褐、捆屨織席以爲食。衣、去聲。捆、音閫。○神農、炎帝神農氏。始爲耒耜、敎民稼穡者也。爲其言者、史遷所謂農家者流也。許、姓、行、名也。踵門、足至門也。仁政、上章所言井地之法也。廛、民所居也。氓、野人之稱。褐、毛布。賤者之服也。捆、扣椓之欲其堅也。以爲食、賣以供食也。程子曰、許行所謂神農之言、乃後世稱述上古之事、失其義理者耳。猶陰陽醫方稱黄帝之說也。
【読み】
○神農の言を爲むる者許行有り、楚より滕に之き、門に踵[いた]って文公に告げて曰く、遠方の人、君仁政を行うことを聞く。願わくは一廛[てん]を受けて氓[たみ]爲らん、と。文公之に處を與う。其の徒數十人、皆褐を衣、屨を捆[う]ち席[むしろ]を織って以て食とす。衣は去聲。捆は音閫。○神農は、炎帝神農氏。始めて耒耜[らいし]を爲り、民に稼穡を敎うる者なり。其の言を爲むる者は、史遷の所謂農家者流なり。許は姓、行は名なり。門に踵るは、足門に至るなり。仁政は、上章言う所の井地の法なり。廛は民の居る所なり。氓は野人の稱。褐は毛布。賤者の服なり。捆は、之を扣椓して其の堅きことを欲するなり。以て食とすは、賣って以て食に供するなり。程子曰く、許行謂う所の神農の言は、乃ち後世上古の事を稱述して、其の義理を失う者のみ。猶陰陽醫方の黄帝の說を稱するがごとし、と。

陳良之徒陳相、與其弟辛、負耒耜而自宋之滕曰、聞君行聖人之政。是亦聖人也。願爲聖人氓。陳良、楚之儒者。耜、所以起土。耒、其柄也。
【読み】
陳良が徒陳相、其の弟辛と、耒耜を負うて宋より滕に之いて曰く、君聖人の政を行うと聞く。是も亦聖人なり。願わくは聖人の氓爲らん。陳良は楚の儒者。耜は土を起こす所以。耒は其の柄なり。

陳相見許行而大悦。盡棄其學而學焉。陳相見孟子、道許行之言曰、滕君則誠賢君也。雖然未聞道也。賢者與民並耕而食、饔飧而治。今也滕有倉廩府庫、則是厲民而以自養也。惡得賢。饔、音雍。飧、音孫。惡、平聲。○饔飧、熟食也。朝曰饔、夕曰飧。言當自炊爨以爲食、而兼治民事也。厲、病也。許行此言、蓋欲陰壞孟子分別君子野人之法。
【読み】
陳相許行に見って大いに悦ぶ。盡く其の學を棄てて學ぶ。陳相孟子に見って、許行が言を道うて曰く、滕君は則ち誠に賢君なり。然りと雖も未だ道を聞かず。賢者は民と並び耕えして食らい、饔飧[ようそん]して治む。今滕倉廩府庫有るときは、則ち是れ民を厲[や]ましめて以て自ら養うなり。惡んぞ賢なることを得ん、と。饔は音雍。飧は音孫。惡は平聲。○饔飧は、食を熟すなり。朝を饔と曰い、夕を飧と曰う。言うこころは、當に自ら炊爨[すいさん]して以て食を爲り、而して民事を兼ね治むべし、と。厲は病むなり。許行の此の言、蓋し陰[ひそ]かに孟子の君子野人を分別するの法を壞[やぶ]らんと欲するならん。

孟子曰、許子必種粟而後食乎。曰、然。許子必織布而後衣乎。曰、否。許子衣褐。許子冠乎。曰、冠。曰、奚冠。曰、冠素。曰、自織之與。曰、否。以粟易之。曰、許子奚爲不自織。曰、害於耕。曰、許子以釜甑爨、以鐵耕乎。曰、然。自爲之與。曰、否。以粟易之。衣、去聲。與、平聲。○釜、所以煮。甑、所以炊。爨、然火也。鐵、耜屬也。此語八反、皆孟子問而陳相對也。
【読み】
孟子曰く、許子必ず粟を種えて後に食らうか、と。曰く、然り、と。許子必ず布を織りて後に衣るか、と。曰く、否。許子褐を衣る、と。許子冠するか、と。曰く、冠す、と。曰く、奚[なに]をか冠す、と。曰く、素を冠す、と。曰く、自ら之を織るか、と。曰く、否、と。粟を以て之に易う、と。曰く、許子奚爲[なんす]れぞ自ら織らざる、と。曰く、耕すに害あり、と。曰く、許子釜甑[ふそう]を以て爨[かし]ぎ、鐵を以て耕すや、と。曰く、然り、と。自ら之を爲るか。曰く、否。粟を以て之に易う、と。衣は去聲。與は平聲。○釜は煮る所以。甑は炊く所以。爨は火を然[もや]すなり。鐵は耜の屬なり。此の語の八反、皆孟子問うて陳相對うるなり。

以粟易械器者、不爲厲陶冶。陶冶亦以其械器易粟者、豈爲厲農夫哉。且許子何不爲陶冶。舍皆取諸其宮中而用之、何爲紛紛然與百工交易。何許子之不憚煩。曰、百工之事、固不可耕且爲也。舍、去聲。○此孟子言而陳相對也。械器、釜甑之屬也。陶、爲甑者。冶、爲釜鐵者。舍、止也。或讀屬上句。舍、謂作陶冶之處也。
【読み】
粟を以て械器に易うること、陶冶を厲ましむとせず。陶冶も亦其の械器を以て粟に易うること、豈農夫を厲ましむとせんや。且つ許子何ぞ陶冶をせざる。皆諸を其の宮中に取って之を用うることを舍[や]めて、何爲[なんす]れぞ紛紛然として百工と交易する。何ぞ許子が煩[むずか]しきことを憚らざる、と。曰く、百工の事、固[まこと]に耕して且[また]す可からず、と。舍は去聲。○此れ孟子言うて陳相對うるなり。械器は釜甑の屬なり。陶は甑を爲る者。冶は釜鐵を爲る者。舍は止むなり。或は上句に屬[つら]ねて讀む。舍は陶冶を作る處を謂うなり。

然則治天下獨可耕且爲與。有大人之事、有小人之事。且一人之身、而百工之所爲備。如必自爲而後用之、是率天下而路也。故曰、或勞心、或勞力。勞心者治人。勞力者治於人。治於人者食人。治人者食於人。天下之通義也。與、平聲。食、音嗣。○此以下皆孟子言也。路、謂奔走道路、無時休息也。治於人者、見治於人也。食人者、出賦稅以給公上也。食於人者、見食於人也。此四句皆古語、而孟子引之也。君子無小人則飢、小人無君子則亂。以此相易、正猶農夫陶冶以粟與械器相易。乃所以相濟、而非所以相病也。治天下者、豈必耕且爲哉。
【読み】
然るときは則ち天下を治むること獨[こと]に耕して且す可けんや。大人の事有り、小人の事有り。且つ一人の身にすら、而も百工のする所備わる。如し必ず自ら爲して後に之を用いば、是れ天下を率いて路するなり。故に曰く、或は心を勞し、或は力を勞す、と。心を勞する者は人を治む。力を勞する者は人に治めらる。人に治めらるる者は人を食[やしな]う。人を治むる者は人に食わるる。天下の通義なり。與は平聲。食は音嗣。○此れより以下は皆孟子の言なり。路は、道路を奔走して、時として休息無きを謂うなり。治於人は、人に治めらるるなり。人を食らうは、賦稅を出して以て公上に給するなり。食於人は、人に食わるるなり。此の四句は皆古語にして、孟子之を引くなり。君子は小人無くば則ち飢え、小人は君子無くば則ち亂る。此を以て相易うるは、正に猶農夫陶冶の粟と械器とを以て相易うるがごとし。乃ち相濟[な]す所以にして、相病ましむ所以に非ざるなり。天下を治むるは、豈必ずしも耕して且せんや。

當堯之時、天下猶未平、洪水橫流、氾濫於天下。草木暢茂、禽獸繁殖。五穀不登、禽獸偪人。獸蹄鳥跡之道、交於中國。堯獨憂之、舉舜而敷治焉。舜使益掌火。益烈山澤而焚之。禽獸逃匿。禹疏九河、瀹濟漯、而注諸海、決汝漢、排淮泗、而注之江。然後中國可得而食也。當是時也、禹八年於外、三過其門而不入。雖欲耕得乎。瀹、音藥。濟、子禮反。漯、他合反。○天下猶未平者、洪荒之世、生民之害多矣。聖人迭興、漸次除治。至此尙未盡平也。洪、大也。橫流、不由其道而散溢妄行也。氾濫、橫流之貌。暢茂、長盛也。繁殖、衆多也。五穀、稻・黍・稷・麥・菽也。登、成熟也。道、路也。獸蹄鳥跡交於中國、言禽獸多也。敷、布也。益、舜臣名。烈、熾也。禽獸逃匿、然後禹得施治水之功。疏、通也。分也。九河、曰徒駭、曰太史、曰馬頰、曰覆釜、曰胡蘇、曰簡、曰潔、曰鉤盤、曰鬲津。瀹、亦疏通之意。濟・漯、二水名。決・排、皆去其壅塞也。汝・漢・淮・泗、亦皆水名也。據禹貢及今水路、惟漢水入江耳。汝泗則入淮、而淮自入海。此謂四水皆入于江、記者之誤也。
【読み】
堯の時に當たって、天下猶未だ平かならず、洪水橫流して、天下に氾濫す。草木暢茂し、禽獸繁殖す。五穀登[みの]らず、禽獸人に偪[せま]る。獸蹄鳥跡の道、中國に交わる。堯獨り之を憂え、舜を舉げて敷き治めしむ。舜益をして火を掌らしむ。益山澤を烈[もや]して之を焚く。禽獸逃げ匿る。禹九河を疏[とお]し、濟漯[せいとう]を瀹[とお]して、諸を海に注ぎ、汝漢を決[さく]り、淮泗を排[ひら]いて、之を江に注ぐ。然して後中國得て食らいつ可し。是の時に當たって、禹外に八年、三たび其の門を過[よぎ]れども而も入らず。耕えさまく欲すと雖も得んや。瀹は音藥。濟は子禮の反。漯は他合の反。○天下猶未だ平かならずは、洪荒の世、生民の害多し。聖人迭[たが]いに興り、漸次除き治む。此に至って尙未だ盡くは平かならざるなり。洪は大いなり。橫流は、其の道に由らずして散り溢れて妄りに行くなり。氾濫は橫流の貌。暢茂は長盛なり。繁殖は衆多なり。五穀は稻・黍・稷・麥・菽なり。登は成熟するなり。道は路なり。獸蹄鳥跡中國に交わるは、禽獸の多きを言うなり。敷は布くなり。益は舜の臣の名。烈は熾すなり。禽獸逃げ匿れて、然して後に禹水を治むるの功を施すことを得。疏は通すなり。分かつなり。九河は、徒駭を曰い、太史を曰い、馬頰を曰い、覆釜を曰い、胡蘇を曰い、簡を曰い、潔を曰い、鉤盤を曰い、鬲津を曰う。瀹も亦疏通するの意。濟・漯は、二つの水の名。決・排は、皆其の壅塞を去るなり。汝・漢・淮・泗も、亦皆水の名なり。禹貢及び今の水路に據れば、惟漢水江に入るのみ。汝泗は則ち淮に入りて、淮自ら海に入る。此の四水皆江に入ると謂うは、記者の誤りなり。

后稷敎民稼穡、樹藝五穀。五穀熟而民人育。人之有道也、飽食、煖衣、逸居而無敎、則近於禽獸。聖人有憂之、使契爲司徒、敎以人倫。父子有親、君臣有義、夫婦有別、長幼有序、朋友有信。放勳曰、勞之來之、匡之直之、輔之翼之、使自得之、又從而振德之。聖人之憂民如此。而暇耕乎。契、音薛。別、彼列反。長・放、皆上聲。勞・來、皆去聲。○言水土平、然後得以敎稼穡、衣食足、然後得以施敎化。后稷、官名、棄爲之。然言敎民、則亦非並耕矣。樹、亦種也。藝、殖也。契、亦舜臣名也。司徒、官名也。人之有道、言其皆有秉彝之性也。然無敎、則亦放逸怠惰而失之。故聖人設官而敎以人倫。亦因其固有者而道之耳。書曰、天敘有典、敕我五典。五惇哉、此之謂也。放勳、本史臣贊堯之辭。孟子因以爲堯號也。德、猶惠也。堯言、勞者勞之、來者來之、邪者正之、枉者直之、輔以立之、翼以行之、使自得其性矣、又從而提撕警覺以加惠焉。不使其放逸怠惰而或失之。蓋命契之辭也。
【読み】
后稷民に稼穡を敎えて、五穀を樹藝す。五穀熟して民人育す。人の道有る、食に飽き、衣を煖かにし、逸居して敎うること無きときは、則ち禽獸に近し。聖人之を憂うること有りて、契をして司徒爲らしめて、敎うるに人倫を以てす。父子親有り、君臣義有り、夫婦別有り、長幼序有り、朋友信有り。放勳曰く、之を勞い之を來し、之を匡[ただ]し之を直くし、之を輔け之を翼[たす]けて、自ら之を得せしめ、又從うて振[ふる]い德[めぐ]め、と。聖人の民を憂うること此の如し。而して耕すに暇あらんや。契は音薛。別は彼列の反。長・放は皆上聲。勞・來は皆去聲。○言うこころは、水土平かにして、然して後に以て稼穡を敎うることを得、衣食足りて、然して後に以て敎化を施すことを得、と。后稷は官の名、棄之を爲す。然れども民に敎うと言えば、則ち亦並んで耕すには非ざるなり。樹も亦種なり。藝は殖うるなり。契も亦舜の臣の名なり。司徒は官の名なり。人の道有るは、言うこころは、其れ皆秉彝の性有るなり、と。然れども敎うること無きときは、則ち亦放逸怠惰にして之を失う。故に聖人官を設けて敎うるに人倫を以てす。亦其の固より有る者に因りて之を道[みちび]くのみ。書に曰く、天有典を敘し、我が五典を敕す。五つながら惇くせよは、此れを謂うなり。放勳は、本史臣の堯を贊するの辭。孟子因りて以て堯の號とするなり。德は猶惠むのごとし。堯言うこころは、勞する者は之を勞い、來る者は之を來らせ、邪なる者は之を正し、枉れる者は之を直くし、輔けて以て之を立たせ、翼けて以て之を行わせて、自ら其の性を得せしめ、又從うて提撕警覺して以て惠みを加えよ。其の放逸怠惰にして或は之を失わしめざれ、と。蓋し契に命ずるの辭ならん。

堯以不得舜爲己憂。舜以不得禹・皐陶爲己憂。夫以百畝之不易爲己憂者、農夫也。夫、音扶。易、去聲。○易、治也。堯舜之憂民、非事事而憂之也。急先務而已。所以憂民者、其大如此、則不惟不暇耕、而亦不必耕矣。
【読み】
堯は舜を得ざるを以て己が憂えとす。舜は禹・皐陶を得ざるを以て己が憂えとす。夫の百畝の易[おさ]まらざるを以て己が憂えとする者は、農夫なり。夫は音扶。易は去聲。○易は治むるなり。堯舜の民を憂うること、事事にして之を憂うるに非ず。先務を急にするのみ。民を憂うる所以の者、其の大いなること此の如くなれば、則ち惟耕すに暇あらざるのみならずして、亦必ずしも耕さざるなり。

分人以財、謂之惠。敎人以善、謂之忠。爲天下得人者、謂之仁。是故以天下與人易、爲天下得人難。爲・易、並去聲。○分人以財、小惠而已。敎人以善、雖有愛民之實、然其所及亦有限而難久。惟若堯之得舜、舜之得禹・皐陶、乃所謂爲天下得人者、而其恩惠廣大、敎化無竆矣。此其所以爲仁也。
【読み】
人に分かつに財を以てする、之を惠と謂う。人に敎うるに善を以てする、之を忠と謂う。天下の爲に人を得るは、之を仁と謂う。是の故に天下を以て人に與うることは易く、天下の爲に人を得ることは難し。爲・易は並去聲。○人を分かつに財を以てすは、小しき惠みのみ。人に敎うるに善を以てすは、民を愛するの實有りと雖も、然れども其の及ぶ所も亦限り有りて久しくなり難し。惟堯の舜を得、舜の禹・皐陶を得るが若きは、乃ち所謂天下の爲に人を得る者にして、其の恩惠廣大、敎化竆まり無し。此れ其の仁を爲すの所以なり。

孔子曰、大哉堯之爲君。惟天爲大。惟堯則之。蕩蕩乎民無能名焉。君哉舜也。巍巍乎有天下而不與焉。堯舜之治天下、豈無所用其心哉。亦不用於耕耳。與、去聲。○則、法也。蕩蕩、廣大之貌。君哉、言盡君道也。巍巍、高大之貌。不與、猶言不相關。言其不以位爲樂也。
【読み】
孔子曰く、大いなるかな堯の君爲る。惟天のみ大いなりとす。惟堯のみ之に則る。蕩蕩乎として民能く名づくること無し。君なるかな舜。巍巍乎として天下を有って與らず、と。堯舜の天下を治むること、豈其の心を用うる所無けんや。亦耕すに用いざるのみ。與は去聲。○則は法るなり。蕩蕩は廣大の貌。君なるかなは、君道を盡くせることを言うなり。巍巍は高大の貌。與らずは、猶相關せずと言うがごとし。其の位を以て樂しみとせざることを言うなり。

吾聞用夏變夷者。未聞變於夷者也。陳良、楚產也。悦周公・仲尼之道、北學於中國。北方之學者、未能或之先也。彼所謂豪傑之士也。子之兄弟事之數十年、師死而遂倍之。此以下責陳相倍師而學許行也。夏、諸夏禮義之敎也。變夷、變化蠻夷之人也。變於夷、反見變化於蠻夷之人也。產、生也。陳良生於楚、在中國之南。故北遊而學於中國也。先、過也。豪傑、才德出衆之稱。言其能自拔於流俗也。倍、與背同。言陳良用夏變夷、陳相變於夷也。
【読み】
吾夏を用いて夷を變ずる者を聞けり。未だ夷に變ぜらるる者を聞かず。陳良は、楚の產なり。周公・仲尼の道を悦んで、北のかた中國に學ぶ。北方の學者も、未だ之に先[こ]ゆること或ること能わず。彼所謂豪傑の士なり。子が兄弟之に事うること數十年、師死して遂に之に倍[そむ]く。此より以下は陳相の師に倍きて許行に學ぶを責むるなり。夏は、諸夏禮義の敎なり。夷を變ずは、蠻夷の人を變化するなり。夷に變ぜらるるは、反って蠻夷の人に變化さるるなり。產は生まるるなり。陳良は楚に生まれ、中國の南に在り。故に北遊して中國に學ぶなり。先は過ぐなり。豪傑は才德衆に出たるの稱。言うこころは、其の能く自ら流俗より拔きんでるなり、と。倍は背くと同じ。言うこころは、陳良は夏を用いて夷を變じ、陳相は夷に變ぜらるるなり、と。

昔者孔子沒、三年之外、門人治任將歸。入揖於子貢、相嚮而哭、皆失聲。然後歸。子貢反、築室於場、獨居三年、然後歸。他日子夏・子張・子游、以有若似聖人、欲以所事孔子事之。彊曾子。曾子曰、不可。江漢以濯之、秋陽以暴之。皜皜乎不可尙已。任、平聲。彊、上聲。暴、蒲木反。皜、音杲。○三年、古者爲師心喪三年。若喪父而無服也。任、擔也。場、冢上之壇場也。有若似聖人、蓋其言行氣象有似之者。如檀弓所記、子游謂有若之言似夫子之類、是也。所事孔子、所以事夫子之禮也。江漢水多。言濯之潔也。秋日燥烈。言暴之乾也。皜皜、潔白貌。尙、加也。言夫子道德明著、光輝潔白、非有若所能彷彿也。或曰、此三語者、孟子贊美曾子之辭也。
【読み】
昔者[むかし]孔子沒して、三年の外、門人任を治めて將に歸らんとす。入って子貢を揖[ゆう]して、相嚮[む]かって哭し、皆聲を失う。然して後に歸る。子貢反って、室を場に築いて、獨り居ること三年にして、然して後に歸る。他日子夏・子張・子游、有若が聖人に似れるを以て、孔子に事うる所を以て之に事えまく欲す。曾子に彊ゆ。曾子曰く、不可。江漢以て之を濯い、秋陽以て之を暴[さら]す。皜皜乎として尙[くわ]う可からざらくのみ、と。任は平聲。彊は上聲。暴は蒲木の反。皜は音杲。○三年は、古は師の爲に心喪三年す。父を喪すが若くして服無し。任は擔なり。場は、冢上の壇場なり。有若聖人に似るは、蓋し其の言行氣象之に似る者有らん。檀弓に記す所の、子游有若の言は夫子に似ると謂うが類の如き、是れなり。孔子に事うる所は、以て夫子に事うる所の禮なり。江漢は水多し。濯って潔きことを言うなり。秋日は燥烈なり。暴して乾くことを言うなり。皜皜は潔白の貌。尙は加うるなり。言うこころは、夫子の道德明著、光輝潔白にして、有若の能く彷彿する所に非ざるなり、と。或ひと曰く、此の三つの語は、孟子の曾子を贊美するの辭なり、と。

今也南蠻鴃舌之人、非先王之道。子倍子之師而學之、亦異於曾子矣。鴃、亦作鵙。古役反。○鴃、博勞也。惡聲之鳥。南蠻之聲似之。指許行也。
【読み】
今南蠻鴃舌[げきぜつ]の人、先王の道に非ず。子子が師に倍いて之に學ぶは、亦曾子に異なり。鴃は亦鵙[げき]に作る。古役の反。○鴃は博勞なり。惡聲の鳥。南蠻の聲之に似る。許行を指すなり。

吾聞出於幽谷遷于喬木者。未聞下喬木而入於幽谷者。小雅伐木之詩云、伐木丁丁、鳥鳴嚶嚶。出自幽谷、遷于喬木。
【読み】
吾幽谷を出でて喬木に遷[のぼ]る者を聞けり。未だ喬木を下って幽谷に入る者を聞かず。小雅伐木の詩に云う、木を伐ること丁丁、鳥鳴くこと嚶嚶たり。幽谷より出でて、喬木に遷る、と。

魯頌曰、戎狄是膺、荊舒是懲。周公方且膺之。子是之學、亦爲不善變矣。魯頌、閟宮之篇也。膺、擊也。荊、楚本號也。舒、國名。近楚者也。懲、艾也。按今此詩爲僖公之頌。而孟子以周公言之、亦斷章取義也。
【読み】
魯頌に曰く、戎狄是れ膺[う]ち、荊舒是れ懲らす、と。周公だも方に且つ之を膺てり。子是を學ぶこと、亦善く變ぜずとす。魯頌は、閟宮の篇なり。膺は擊つなり。荊は楚の本の號なり。舒は國の名。楚に近き者なり。懲は艾[か]るなり。按ずるに今此の詩は僖公の頌とす。而して孟子周公を以て之を言うは、亦章を斷ち義を取るなり。

從許子之道、則市賈不貳、國中無僞。雖使五尺之童適市、莫之或欺。布帛長短同、則賈相若、麻縷絲絮輕重同、則賈相若、五穀多寡同、則賈相若、屨大小同、則賈相若。賈、音價。下同。○陳相又言許子之道如此。蓋神農始爲市井。故許行又託於神農、而有是說也。五尺之童、言幼小無知也。許行欲使市中所粥之物、皆不論精粗美惡、但以長短輕重多寡大小爲價也。
【読み】
許子が道に從うときは、則ち市賈[しか]貳つならず、國中僞無し。五尺の童をして市に適かしむと雖も、之を欺くこと或ること莫し。布帛長短同じきときは、則ち賈[あたい]相若[し]き、麻縷絲絮輕重同じきときは、則ち賈相若き、五穀多寡同じきときは、則ち賈相若き、屨大小同じきときは、則ち賈相若く。賈は音價。下も同じ。○陳相又許子が道を言うこと此の如し。蓋し神農始めて市井を爲れり。故に許行又神農に託して、是の說有り。五尺の童は、幼小にして知無きを言うなり。許行市中に粥[う]る所の物、皆精粗美惡を論ぜず、但長短輕重多寡大小を以て價と爲さしめまく欲するなり。

曰、夫物之不齊、物之情也。或相倍蓰、或相什伯、或相千萬。子比而同之、是亂天下也。巨屨小屨同賈、人豈爲之哉。從許子之道、相率而爲僞者也。惡能治國家。夫、音扶。蓰、音師、又山綺反。比、必二反。惡、平聲。○倍、一倍也。蓰、五倍也。什伯千萬、皆倍數也。比、次也。孟子言、物之不齊、乃其自然之理、其有精粗、猶其有大小也。若大屨小屨同價、則人豈肯爲其大者哉。今不論精粗、使之同價、是使天下之人皆不肯爲其精者、而競爲濫惡之物以相欺耳。
【読み】
曰く、夫れ物の齊[ひと]しからざるは、物の情[せい]なり。或は相倍蓰[ばいし]し、或は相什伯し、或は相千萬す。子比[つ]いで之を同じうせば、是れ天下を亂るなり。巨屨小屨賈を同じうせば、人豈之をせんや。許子が道に從わば、相率[ひき]いて僞をせん者なり。惡んぞ能く國家を治めん、と。夫は音扶。蓰は音師、又山綺の反。比は必二の反。惡は平聲。○倍は一倍なり。蓰は五倍なり。什伯千萬は皆倍數なり。比は次ぐなり。孟子言う、物の齊しからざるは、乃ち其れ自然の理にて、其の精粗有るは、猶其の大小有るがごとし。若し大屨小屨價を同じうせば、則ち人豈肯えて其の大いなる者をせんや。今精粗を論ぜず、之れ價を同じうせしむるは、是れ天下の人をして皆肯えて其の精なる者をせず、競って濫惡の物をして以て相欺かしむるのみ。


滕文公章句上5
○墨者夷之、因徐辟而求見孟子。孟子曰、吾固願見。今吾尙病。病愈、我且往見。夷子不來。辟、音壁、又音闢。○墨者、治墨翟之道者。夷、姓、之、名。徐辟、孟子弟子。孟子稱疾、疑亦託辭以觀其意之誠否。
【読み】
○墨者夷之、徐辟に因って孟子に見わんことを求む。孟子曰く、吾固[まこと]に見わんことを願う。今吾尙病めり。病愈えば、我且[まさ]に往いて見わんとす。夷子來らざれ、と。辟は音壁、又音闢。○墨者は、墨翟が道を治むる者。夷は姓、之は名。徐辟は孟子の弟子。孟子疾と稱すは、疑うらくは亦辭に託して以て其の意の誠否を觀んとなるべし。

他日又求見孟子。孟子曰、吾今則可以見矣。不直、則道不見。我且直之。吾聞、夷子墨者。墨之治喪也、以薄爲其道也。夷子思以易天下。豈以爲非是而不貴也。然而夷子葬其親厚、則是以所賤事親也。不見之見、音現。○又求見、則其意已誠矣。故因徐辟以質之如此。直、盡言以相正也。莊子曰、墨子生不歌、死無服。桐棺三寸而無槨。是墨之治喪、以薄爲道也。易天下、謂移易天下之風俗也。夷子學於墨氏而不從其敎。其心必有所不安者。故孟子因以詰之。
【読み】
他日又孟子に見わんことを求む。孟子曰く、吾今は則ち以て見う可し。直[ただ]さざれば則ち道見[あらわ]れじ。我且つ之を直さん。吾聞く、夷子は墨者なり、と。墨が喪を治むること、薄きを以て其の道とす。夷子以て天下を易えんと思う。豈以て是に非ずとして貴びざらんや。然れども夷子其の親を葬むること厚きは、則ち是れ賤しむ所を以て親に事うるなり。不見の見は音現。○又見わんことを求むるは、則ち其の意已に誠なり。故に徐辟に因りて以て之を質すこと此の如し。直は、言を盡くして以て相正すなり。莊子曰く、墨子生きても歌わず、死しても服無し。桐棺三寸にして槨無し、と。是れ墨が喪を治むるに、薄きを以て道とすればなり。天下を易えるは、天下の風俗を移し易えるを謂うなり。夷子墨氏に學びて其の敎に從わず。其の心必ず安んぜざる所の者有ればなり。故に孟子因りて以て之を詰[なじ]れり。

徐子以告夷子。夷子曰、儒者之道、古之人若保赤子。此言何謂也。之則以爲愛無差等。施由親始。徐子以告孟子。孟子曰、夫夷子信以爲人之親其兄之子、爲若親其鄰之赤子乎。彼有取爾也。赤子匍匐將入井、非赤子之罪也。且天之生物也、使之一本。而夷子二本故也。夫、音扶。下同。匍、音蒲。匐、蒲北反。○若保赤子、周書康誥篇文、此儒者之言也。夷子引之、蓋欲援儒而入於墨、以拒孟子之非己。又曰、愛無差等。施由親始。則推墨而附於儒、以釋己所以厚葬其親之意。皆所謂遁辭也。孟子言人之愛其兄子、與鄰之子本有差等。書之取譬、本爲小民無知而犯法、如赤子無知而入井耳。且人物之生、必各本於父母而無二。乃自然之理。若天使之然也。故其愛由此立、而推以及人、自有差等。今如夷子之言、則是視其父母、本無異於路人。但其施之之序、姑自此始耳。非二本而何哉。然其於先後之閒、猶知所擇、則又其本心之明、有終不得而息者。此其所以卒能受命而自覺其非也。
【読み】
徐子以て夷子に告ぐ。夷子曰く、儒者の道、古の人赤子を保んずるが若くすといえり。此の言何と謂うことぞ。之は則ち以爲[おも]えらく、愛に差等無し。施すこと親より始む、と。徐子以て孟子に告ぐ。孟子曰く、夫の夷子信[まこと]に人の其の兄の子を親しむこと、其の鄰の赤子を親しむが若しとすと以爲えるか。彼取ること有って爾り。赤子匍匐して將に井に入らんとするは、赤子の罪に非ざればなり。且天の物を生[な]す、之をして本を一つにせしむ。而るを夷子本を二つにするが故なり。夫は音扶。下も同じ。匍は音蒲。匐は蒲北の反。○赤子を保つが若しは、周書康誥の篇の文にて、此れ儒者の言なり。夷子之を引くは、蓋し儒を援[ひ]いて墨に入れて、以て孟子の己を非るを拒[ふせ]がまく欲すればなり。又曰く、愛に差等無し。施すこと親より始む、と。則ち墨を推して儒に附して、以て己が其の親を厚く葬る所以の意を釋す。皆所謂遁辭なり。孟子言う、人の其の兄の子を愛するは、鄰の子と本より差等有り。書の譬えを取るは、本小民無知にして法を犯すこと、赤子の無知にして井に入らんとするが如きのみ。且人物の生ずること、必ず各々父母を本にして二つ無し。乃ち自然の理なり。天の之を然らしむるが若し。故に其の愛此に由って立ちて、推して以て人に及ぼすときは、自ら差等有り。今夷子の言の如きは、則ち是れ其の父母を視ること、本より路人に異なること無し。但其の之を施すの序、姑く此より始むるのみ。本を二つにするに非ずして何ぞや、と。然れども其の先後の閒に於て、猶擇ぶ所を知れば、則ち又其の本心の明、終に得て息まざる者有り。此れ其の卒に能く命を受けて自ら其の非を覺る所以なり。

蓋上世嘗有不葬其親者。其親死、則舉而委之於壑。他日過之。狐狸食之、蠅蚋姑嘬之。其顙有泚、睨而不視。夫泚也、非爲人泚。中心達於面目。蓋歸反虆梩而掩之。掩之誠是也、則孝子仁人之掩其親、亦必有道矣。蚋、音汭。嘬、楚怪反。泚、七禮反。睨、音詣。爲、去聲。虆、力追反。梩、力知反。○因夷子厚葬其親而言此、以深明一本之意。上世、謂太古也。委、棄也。壑、山水所趨也。蚋、蚊屬。姑、語助聲、或曰、螻蛄也。嘬、攢共食之也。顙、額也。泚、泚然汗出之貌。睨、邪視也。視、正視也。不能不視、而又不忍正視。哀痛迫切、不能爲心之甚也。非爲人泚、言非爲他人見之而然也。所謂一本者、於此見之、尤爲親切。蓋惟至親故如此。在他人、則雖有不忍之心、而其哀痛迫切、不至若此之甚矣。反、覆也。虆、土籠也。梩、土轝也。於是歸而掩覆其親之尸。此葬埋之禮所由起也。此掩其親者、若所當然、則孝子仁人所以掩其親者、必有其道、而不以薄爲貴矣。
【読み】
蓋し上世嘗て其の親を葬らざる者有り。其の親死するときは、則ち舉げて之を壑[たに]に委[す]つ。他日之を過[よぎ]る。狐狸之を食らい、蠅蚋姑[ようぜいこ]之を嘬[く]らう。其顙[ひたい]泚[せい]たること有り、睨[ながしめ]して視ず。夫の泚たること、人の爲に泚たるに非ず。中心より面目に達す。蓋し歸って虆梩[るいり]を反[こぼ]して之を掩えり。之を掩うこと誠に是なるときは、則ち孝子仁人の其の親を掩うことも、亦必ず道有り、と。蚋は音汭。嘬は楚怪の反。泚は七禮の反。睨は音詣。爲は去聲。虆は力追の反。梩は力知の反。○夷子厚く其の親を葬るに因りて此を言い、以て深く本を一つにするの意を明らかにす。上世は太古を謂うなり。委は棄つなり。壑は山水の趨く所なり。蚋は蚊の屬。姑は語助の聲。或ひと曰く、螻蛄[ろうこ]なり、と。嘬は、攢[あつま]りて共に之を食らうなり。顙は額なり。泚は、泚然と汗出るの貌。睨は邪視なり。視は正視なり。視ざること能わずして、又正視するに忍びず。哀痛迫切にして、心爲ること能わざるの甚だしきなり。人の爲に泚たるに非ずは、言うこころは、他人の之を見るが爲に然りとするに非ず、と。所謂本を一つにするは、此に於て之を見れば、尤も親切爲り。蓋し惟至親故に此の如し。他人に在るときは、則ち忍びざるの心有りと雖も、其の哀痛迫切、此の若きの甚しきに至らざるなり。反は覆すなり。虆は土籠なり。梩は土轝[どよ]なり。是に於て歸って其の親の尸を掩覆す。此れ葬埋の禮の由って起こる所なり。此の其の親を掩う者、若し當に然るべき所なるときは、則ち孝子仁人の其の親を掩う所以も、必ず其の道有りて、薄きを以て貴しとせざるなり。

徐子以告夷子。夷子憮然爲閒曰、命之矣。憮、音武。閒、如字。○憮然、茫然自失之貌。爲閒者、有頃之閒也。命、猶敎也。言孟子已敎我矣。蓋因其本心之明、以攻其所學之蔽。是以吾之言易入、而彼之惑易解也。
【読み】
徐子以て夷子に告ぐ。夷子憮然として爲閒[しばらくあり]て曰く、之に命[おし]えり、と。憮は音武。閒は字の如し。○憮然は、茫然自失の貌。爲閒は、頃[しばら]くの閒有るなり。命は猶敎のごとし。言うこころは、孟子已に我に敎えり。蓋し其の本心の明に因りて、以て其の學ぶ所の蔽を攻む。是を以て吾の言入り易くして、彼の惑い解け易きなり。


滕文公章句下 凡十章。

滕文公章句下1
陳代曰、不見諸侯、宜若小然。今一見之、大則以王。小則以霸。且志曰、枉尺而直尋。宜若可爲也。王、去聲。○陳代、孟子弟子也。小、謂小節也。枉、屈也。直、伸也。八尺曰尋。枉尺直尋、猶屈己一見諸侯、而可以致王霸、所屈者小、所伸者大也。
【読み】
陳代曰く、諸侯に見わざるは、宜しく小しきなるが若く然るべし。今一たび之に見わば、大いなるときは則ち以て王たらん。小なるときは則ち以て霸たらん。且[また]志に曰く、尺を枉げて尋を直[の]ぶ、と。宜しくす可きが若くなるべし、と。王は去聲。○陳代は孟子の弟子なり。小は小さき節を謂うなり。枉は屈むなり。直は伸ぶるなり。八尺を尋と曰う。尺を枉げて尋を直ぶは、猶己を屈めて一たび諸侯に見えば、以て王霸を致す可く、屈む所の者小にして、伸ぶる所の者大なりというがごとし。

孟子曰、昔齊景公田。招虞人以旌。不至。將殺之。志士不忘在溝壑、勇士不忘喪其元。孔子奚取焉。取非其招不往也。如不待其招而往、何哉。喪、去聲。○田、獵也。虞人、守苑囿之吏也。招大夫以旌、招虞人以皮冠。元、首也。志士固竆。常念死無棺槨、棄溝壑而不恨。勇士輕生。常念戰鬭而死、喪其首而不顧也。此二句、乃孔子歎美虞人之言。夫虞人招之不以其物、尙守死而不往。況君子豈可不待其招而自往見之邪。此以上告之以不可往見之意。
【読み】
孟子曰く、昔齊の景公田[かり]す。虞人を招くに旌[はた]を以てす。至らず。將に之を殺さんとす。志士は溝壑に在らんことを忘れず、勇士は其の元[こうべ]を喪わんことを忘れず。孔子奚[なに]をか取れる。其の招きに非ざれば往かざることを取れり。如し其の招くを待たずして往かば、何ぞや。喪は去聲。○田は獵なり。虞人は苑囿を守る吏なり。大夫を招くに旌を以てし、虞人を招くに皮冠を以てす。元は首なり。志士は固より竆す。常に死して棺槨無く、溝壑に棄つるも恨みざらんことを念う。勇士は生を輕んず。常に戰鬭に死して、其の首を喪いても顧みざらんことを念うなり。此の二句、乃ち孔子虞人を歎美するの言なり。夫れ虞人すら之を招くに其の物を以てせざれば、尙死を守って往かず。況や君子豈其の招きを待たずして自ら往いて之に見う可けんや。此より以上は之に告ぐるに往いて見う可からざるの意を以てす。

且夫枉尺而直尋者、以利言也。如以利、則枉尋直尺而利、亦可爲與。夫、音扶。與、平聲。○此以下、正其所稱枉尺直尋之非。夫所謂枉小而所伸者大則爲之者、計其利耳。一有計利之心、則雖枉多伸少而有利、亦將爲之邪。甚言其不可也。
【読み】
且夫れ尺を枉げて尋を直ぶとは、利を以て言えり。如し利を以てせば、則ち尋を枉げ尺を直べて利あることをも、亦す可けんか。夫は音扶。與は平聲。○此より以下は、其の稱する所の尺を枉げ尋を直ぶるの非を正せり。夫の謂う所の枉ぐること小にして伸ぶる所の者大なれば則ち之をするは、其の利を計るのみ。一つも利を計るの心有るときは、則ち枉ぐること多く伸ぶること少なしと雖も利有れば、亦將に之をせんや。甚だしく其の不可なることを言うなり。

昔者趙簡子使王良與嬖奚乘。終日而不獲一禽。嬖奚反命曰、天下之賤工也。或以告王良。良曰、請復之。彊而後可。一朝而獲十禽。嬖奚反命曰、天下之良工也。簡子曰、我使掌與女乘。謂王良。良不可。曰、吾爲之範我馳驅、終日不獲一。爲之詭遇、一朝而獲十。詩云、不失其馳、舍矢如破。我不貫與小人乘。請辭。乘、去聲。彊、上聲。女、音汝。爲、去聲。舍、上聲。○趙簡子、晉大夫趙鞅也。王良、善御者也。嬖奚、簡子幸臣。與之乘、爲之御也。復之、再乘也。彊而後可、嬖奚不肯、彊之而後肯也。一朝、自晨至食時也。掌、專主也。範、法度也。詭遇、不正而與禽遇也。言奚不善射、以法馳驅則不獲、廢法詭遇而後中也。詩、小雅車攻之篇。言御者不失其馳驅之法、而射者發矢皆中而力。今嬖奚不能也。貫、習也。
【読み】
昔者[むかし]趙簡子王良をして嬖奚[へいけい]と乘らしむ。終日にして一禽を獲ず。嬖奚命を反して曰く、天下の賤工なり、と。或ひと以て王良に告ぐ。良曰く、請う、之を復せん、と。彊いて後に可[き]く。一朝にして十禽を獲たり。嬖奚命を反して曰く、天下の良工なり、と。簡子曰く、我女と乘ることを掌らしめん、と。王良に謂う。良可かず。曰く、吾之が爲に範して我馳驅すれば、終日一つをも獲ず。之が爲に詭遇すれば、一朝にして十を獲たり。詩に云く、其の馳することを失わず、矢を舍[はな]つこと破[わ]るが如し、と。我小人と乘るに貫[なら]わず。請う、辭せん、と。乘は去聲。彊は上聲。女は音汝。爲は去聲。舍は上聲。○趙簡子は晉の大夫の趙鞅なり。王良は御を善くする者なり。嬖奚は簡子の幸臣。之と乘るは、之が御と爲るなり。之を復せんは、再び乘るなり。彊いて後に可くは、嬖奚肯ぜず、之を彊いて後に肯ずるなり。一朝は、晨より食時に至るまでなり。掌は專主するなり。範は法度なり。詭遇は、正しからずして禽と遇うなり。言うこころは、奚は射を善くせず、法を以て馳驅すれば則ち獲ず、法を廢てて詭遇して後に中る、と。詩は小雅車攻の篇。言うこころは、御する者其の馳驅の法を失わずして、射る者矢を發ちて皆中りて力あり、と。今嬖奚能わざるなり。貫は習うなり。

御者且羞與射者比。比而得禽獸、雖若丘陵弗爲也。如枉道而從彼、何也。且子過矣。枉己者未有能直人者也。比、必二反。○比、阿黨也。若丘陵、言多也。○或曰、居今之世、出處去就不必一一中節。欲其一一中節、則道不得行矣。楊氏曰、何其不自重也。枉己其能直人乎。古之人寧道之不行、而不輕其去就。是以孔孟雖在春秋戰國之時、而進必以正、以至終不得行而死也。使不恤其去就而可以行道、孔孟當先爲之矣。孔孟豈不欲道之行哉。
【読み】
御者すら且つ射者と比することを羞ず。比して禽獸を得ること、丘陵の若しと雖もせじ。如し道を枉げて彼に從わば、何ぞ。且つ子過てり。己を枉ぐる者は未だ能く人を直ぶること有らざる者なり、と。比は必二の反。○比は阿り黨すなり。丘陵の若しは、多きを言うなり。○或ひと曰く、今の世に居ては、出處去就必ずしも一一節に中らず。其の一一節に中らまく欲せば、則ち道行わるることを得ず、と。楊氏曰く、何ぞ其れ自ら重んぜざらん。己を枉げば其れ能く人を直べんや。古の人道の行われざるに寧んじて、其の去就を輕んぜず。是を以て孔孟春秋戰國の時に在りと雖も、進むに必ず正しきを以てして、以て終に行わるることを得ずして死するに至れり。其の去就を恤えずして以て道を行う可くば、孔孟當に先ず之をすべし。孔孟豈道の行わるることを欲せざらんや、と。


滕文公章句下2
○景春曰、公孫衍・張儀豈不誠大丈夫哉。一怒而諸侯懼。安居而天下熄。景春、人姓名。公孫衍・張儀、皆魏人。怒則說諸侯使相攻伐。故諸侯懼也。
【読み】
○景春曰く、公孫衍・張儀は豈誠の大丈夫ならずや。一たび怒って諸侯懼る。安居して天下熄[や]む、と。景春は人の姓名。公孫衍・張儀は皆魏人。怒れば則ち諸侯に說いて相攻伐せしむ。故に諸侯懼るるなり。

孟子曰、是焉得爲大丈夫乎。子未學禮乎。丈夫之冠也、父命之。女子之嫁也、母命之。往送之門、戒之曰、往之女家、必敬必戒、無違夫子。以順爲正者、妾婦之道也。焉、於虔反。冠、去聲。女家之女、音汝。○加冠於首曰冠。女家、夫家也。婦人内夫家、以嫁爲歸也。夫子、夫也。女子從人、以順爲正道也。蓋言二子阿諛苟容、竊取權勢。乃妾婦順從之道耳。非丈夫之事也。
【読み】
孟子曰く、是れ焉んぞ大丈夫爲ることを得んや。子未だ禮を學びずや。丈夫の冠するときに、父之に命ず。女子の嫁するときに、母之に命ず。往くときに之を門に送って、之を戒めて曰く、往いて女が家に之き、必ず敬み必ず戒めて、夫子に違うこと無かれ、と。順うを以て正しとするは、妾婦の道なり。焉は於虔の反。冠は去聲。女家の女は音汝。○冠を首に加うるを冠と曰う。女が家は、夫の家なり。婦人は夫の家を内にして、嫁するを以て歸とするなり。夫子は夫なり。女子は人に從うなれば、順うを以て正道とするなり。蓋し言うこころは、二子阿諛苟容して、權勢を竊め取る。乃ち妾婦順從の道のみ。丈夫の事に非ざるなり、と。

居天下之廣居、立天下之正位、行天下之大道、得志與民由之、不得志獨行其道。富貴不能淫、貧賤不能移、威武不能屈。此之謂大丈夫。廣居、仁也。正位、禮也。大道、義也。與民由之、推其所得於人也。獨行其道、守其所得於己也。淫、蕩其心也。移、變其節也。屈、挫其志也。○何叔京曰、戰國之時、聖賢道否、天下不復見其德業之盛。但見姦巧之徒、得志橫行、氣焔可畏、遂以爲大丈夫。不知由君子觀之、是乃妾婦之道耳。何足道哉。
【読み】
天下の廣居に居り、天下の正位に立ち、天下の大道を行き、志を得れば民と之に由り、志を得ざれば獨り其の道を行う。富貴も淫[おぼ]らすこと能わず、貧賤も移すこと能わず、威武も屈むること能わず。此を大丈夫と謂う、と。廣居は仁なり。正位は禮なり。大道は義なり。民と之に由るは、其の得る所を人に推すなり。獨り其の道を行うは、其の己に得る所を守るなり。淫は、其の心を蕩[うご]かすなり。移は、其の節を變ずるなり。屈は、其の志を挫くなり。○何叔京曰く、戰國の時、聖賢道否[ふさ]がり、天下復其の德業の盛んなるを見ず。但姦巧の徒、志を得て橫行し、氣焔の畏る可きを見て、遂に以て大丈夫と爲せり。知らず、君子より之を觀れば、是れ乃ち妾婦の道なるのみ。何ぞ道うに足らんや、と。


滕文公章句下3
○周霄問曰、古之君子仕乎。孟子曰、仕。傳曰、孔子三月無君、則皇皇如也。出疆必載質。公明儀曰、古之人三月無君則弔。傳、直戀反。質、與贄同。下同。○周霄、魏人。無君、謂不得仕而事君也。皇皇、如有求而弗得之意。出疆、謂失位而去國也。質、所執以見人者。如士則執雉也。出疆載之者、將以見所適國之君而事之也。
【読み】
○周霄[しゅうしょう]問うて曰く、古の君子仕うるや、と。孟子曰く、仕う。傳に曰く、孔子三月君無きときは、則ち皇皇如たり。疆[さかい]を出るときは必ず質を載す、と。公明儀曰く、古の人三月君無きときは則ち弔す、と。傳は直戀の反。質は贄と同じ。下も同じ。○周霄は魏人。君無しは、仕えて君に事うるを得ざるを謂うなり。皇皇は、求むること有りて得ざるが如きの意。疆を出るは、位を失って國を去ることを謂うなり。質は、執り以て人に見ゆる所の者。士の如きは則ち雉を執るなり。疆を出るときに之を載すは、將に以て適く所の國の君に見えて之に事えんとすればなり。

三月無君則弔。不以急乎。周霄問也。以、已通。太也。後章放此。
【読み】
三月君無きときは則ち弔する。以[はなは]だ急[すみ]やかならずや。周霄問うなり。以ては已に通ず。太だなり。後の章も此に放え。

曰、士之失位也、猶諸侯之失國家也。禮曰、諸侯耕助、以供粢盛、夫人蠶繅、以爲衣服。犧牲不成、粢盛不潔、衣服不備、不敢以祭。惟士無田、則亦不祭。牲殺器皿衣服不備、不敢以祭、則不敢以宴。亦不足弔乎。盛、音成。繅、素刀反。皿、武永反。○禮曰、諸侯爲藉百畝。冕而靑紘、躬秉耒以耕、而庶人助以終畝。收而藏之御廩、以供宗廟之粢盛。使世婦蠶于公桑蠶室、奉繭以示于君、遂獻于夫人。夫人副禕受之、繅三盆手、遂布于三宮世婦、使繅以爲黼黻文章、而服以祀先王先公。又曰、士有田則祭、無田則薦。黍稷曰粢、在器曰盛。牲殺、牲必特殺也。皿、所以覆器者。
【読み】
曰く、士の位を失うは、猶諸侯の國家を失うがごとし。禮に曰く、諸侯耕助して、以て粢盛[しせい]に供え、夫人蠶繅[さんそう]して、以て衣服を爲る、と。犧牲成らず、粢盛潔からず、衣服備わらざれば、敢て以て祭らず。惟士田無きときは、則ち亦祭らず。牲殺器皿衣服備わらずして、敢て以て祭らざるときは、則ち敢て以て宴せず。亦弔するに足らずや、と。盛は音成。繅は素刀の反。皿は武永の反。○禮に曰く、諸侯は百畝に藉するを爲す。冕して靑紘し、躬ら耒[らい]を秉[と]って以て耕し、庶人助けて以て畝を終う。收めて之を御廩に藏めて、以て宗廟の粢盛に供う。世婦をして公桑を蠶室に蠶[こか]わしめて、繭を奉げて以て君に示し、遂に夫人に獻ず。夫人副禕して之を受け、繅[いとく]るときに三たび手を盆にし、遂に三宮の世婦に布[ほどこ]し、繅らしめて以て黼黻[ほふつ]文章を爲り、服して以て先王先公を祀る、と。又曰く、士田有るときは則ち祭り、田無きときは則ち薦む、と。黍稷を粢と曰い、器に在るを盛と曰う。牲殺は、牲は必ず特に殺すなり。皿は、以て器を覆う所の者。

出疆必載質、何也。周霄問也。
【読み】
疆を出るときに必ず質を載すること、何ぞ。周霄問うなり。

曰、士之仕也、猶農夫之耕也。農夫豈爲出疆舍其耒耜哉。爲、去聲。舍、上聲。
【読み】
曰く、士の仕うること、猶農夫の耕すがごとし。農夫豈疆を出るが爲にして其の耒耜[らいし]を舍[す]てんや、と。爲は去聲。舍は上聲。

曰、晉國亦仕國也。未嘗聞仕如此其急。仕如此其急也。君子之難仕、何也。曰、丈夫生而願爲之有室。女子生而願爲之有家。父母之心、人皆有之。不待父母之命、媒妁之言、鑽穴隙相窺、踰牆相從、則父母國人皆賤之。古之人未嘗不欲仕也。又惡不由其道。不由其道而往者、與鑽穴隙之類也。爲、去聲。妁、音酌。隙、去逆反。惡、去聲。○晉國、解見首篇。仕國、謂君子游宦之國。霄意以孟子不見諸侯爲難仕。故先問古之君子仕否、然後言此、以風切之也。男以女爲室、女以男爲家。妁、亦媒也。言爲父母者、非不願其男女之有室家、而亦惡其不由道。蓋君子雖不潔身以亂倫、而亦不徇利而忘義也。
【読み】
曰く、晉國も亦仕國なり。未だ嘗て仕うること此の如く其れ急やかなることを聞かず。仕うること此の如く其れ急やかなり。君子の仕え難きこと、何ぞ、と。曰く、丈夫生まれて之が爲に室有らんことを願う。女子生まれて之が爲に家有らんことを願う。父母の心、人皆之れ有り。父母の命、媒妁の言を待たず、穴隙を鑽[き]って相窺い、牆を踰えて相從うときは、則ち父母國人皆之を賤しんず。古の人未だ嘗て仕えまく欲せずんばあらず。又其の道に由らざることを惡む。其の道に由らずして往く者は、穴隙を鑽るの類と與[とも]なり、と。爲は去聲。妁は音酌。隙は去逆の反。惡は去聲。○晉國は、解は首篇に見ゆ。仕國は、君子の游宦する國を謂う。霄の意は孟子の諸侯に見えざるを以て仕え難しとす。故に先ず古の君子仕えしや否やと問い、然して後に此を言って、以て之を風切するなり。男は女を以て室とし、女は男を以て家とす。妁も亦媒なり。言うこころは、父母爲る者は、其の男女の室家有るを願わずんば非ずして、亦其の道に由らざることを惡む。蓋し君子は身を潔くして以て倫を亂さずと雖も、亦利に徇いて義を忘れざるなり。


滕文公章句下4
○彭更問曰、後車數十乘、從者數百人、以傳食於諸侯。不以泰乎。孟子曰、非其道、則一簞食不可受於人。如其道、則舜受堯之天下、不以爲泰。子以爲泰乎。更、平聲。乘・從、皆去聲。傳、直戀反。簞、音丹。食、音嗣。○彭更、孟子弟子也。泰、侈也。
【読み】
○彭更[ほうこう]問うて曰く、後車數十乘、從者數百人、以て諸侯に傳食す。以[はなは]だ泰[おご]らずや、と。孟子曰く、其の道に非ずば、則ち一簞の食も人に受く可からず。其の道の如きには、則ち舜堯の天下を受くるも、以て泰れりとせず。子以て泰れりとするか、と。更は平聲。乘・從は皆去聲。傳は直戀の反。簞は音丹。食は音嗣。○彭更は孟子の弟子なり。泰は侈るなり。

曰、否。士無事而食、不可也。言不以舜爲泰、但謂今之士無功而食人之食、則不可也。
【読み】
曰く、否。士事無くして食むは、不可なり、と。言うこころは、舜を以て泰れりとせず、但今の士の功無くして人の食を食むを、則ち不可なりと謂う、と。

曰、子不通功易事、以羡補不足、則農有餘粟、女有餘布。子如通之、則梓匠輪輿皆得食於子。於此有人焉。入則孝、出則悌、守先王之道、以待後之學者。而不得食於子。子何尊梓匠輪輿、而輕爲仁義者哉。羡、延面反。○通功易事、謂通人之功而交易其事。羡、餘也。有餘、言無所貿易、而積於無用也。梓人・匠人、木工也。輪人・輿人、車工也。
【読み】
曰く、子功を通じ事を易え、羡[あま]れるを以て足らざるを補わざれば、則ち農に餘粟有り、女に餘布有らん。子如し之を通ぜば、則ち梓匠輪輿も皆子に食むことを得ん。此に人有らん。入っては則ち孝、出でては則ち悌、先王の道を守って、以て後の學者を待つ。而して子に食むことを得ず。子何ぞ梓匠輪輿を尊んで仁義を爲[おこな]う者を輕んずるや、と。羡は延面の反。○功を通じ事を易うは、人の功を通じて其の事を交易するを謂う。羡は餘りなり。餘り有るは、言うこころは、貿易する所無くして、無用に積む、と。梓人・匠人は木工なり。輪人・輿人は車工なり。

曰、梓匠輪輿、其志將以求食也。君子之爲道也、其志亦將以求食與。曰、子何以其志爲哉。其有功於子、可食而食之矣。且子食志乎。食功乎。曰、食志。與、平聲。可食而食・食志・食功之食、皆音嗣。下同。○孟子言、自我而言、固不求食、自彼而言、凡有功者、則當食之。
【読み】
曰く、梓匠輪輿は、其の志將に以て食を求めんとす。君子の道を爲うも、其の志亦將に以て食を求めんとするか、と。曰く、子何ぞ其の志を以てするや。其れ子に功有り、食[やしな]う可くして之を食う。且つ子志を食うか。功を食うか、と。曰く、志を食う、と。與は平聲。可食而食・食志・食功の食は皆音嗣。下も同じ。○孟子言うこころは、我よりして言えば、固より食を求めず、彼よりして言えば、凡そ功有る者は、則ち當に之を食うべし、と。

曰、有人於此。毀瓦畫墁、其志將以求食也、則子食之乎。曰、否。曰、然則子非食志也。食功也。墁、武安反。子食之食、亦音嗣。○墁、牆壁之飾也。毀瓦畫墁、言無功而有害也。旣曰食功、則以士爲無事而食者。眞尊梓匠輪輿、而輕爲仁義者矣。
【読み】
曰く、此に人有らん。瓦を毀[わ]り墁[まん]に畫して、其の志將に以て食を求めんとせば、則ち子之を食わんか、と。曰く、否、と。曰く、然れば則ち子志を食うに非ざるなり。功を食うなり、と。墁は武安の反。子食の食も亦音嗣。○墁は、牆壁の飾りなり。瓦を毀り墁に畫すは、功無くして害有るを言うなり。旣に功を食うと曰えば、則ち士を以て事無くして食む者と爲す。眞に梓匠輪輿を尊びて、仁義をする者を輕んずるなり。


滕文公章句下5
○萬章問曰、宋小國也。今將行王政。齊楚惡而伐之、則如之何。惡、去聲。○萬章、孟子弟子。宋王偃嘗滅滕伐薛、敗齊・楚・魏之兵、欲霸天下。疑卽此時也。
【読み】
○萬章問うて曰く、宋は小國なり。今將に王政を行わんとす。齊楚惡んで之を伐つときは、則ち如之何、と。惡は去聲。○萬章は孟子の弟子。宋王偃嘗て滕を滅ぼし薛を伐ち、齊・楚・魏の兵を敗り、天下に霸たらまく欲す。疑うらくは卽ち此の時ならん。

孟子曰、湯居亳、與葛爲鄰。葛伯放而不祀。湯使人問之曰、何爲不祀。曰、無以供犧牲也。湯使遺之牛羊。葛伯食之、又不以祀。湯又使人問之曰、何爲不祀。曰、無以供粢盛也。湯使亳衆往爲之耕。老弱饋食。葛伯率其民、要其有酒食黍稻者奪之。不授者殺之。有童子、以黍肉餉。殺而奪之。書曰、葛伯仇餉、此之謂也。遺、唯季反。盛、音成。往爲之爲、去聲。饋食・酒食之食、音嗣。要、平聲。餉、式亮反。○葛、國名。伯、爵也。放而不祀、放縱無道、不祀先祖也。亳衆、湯之民。其民、葛民也。授、與也。餉、亦饋也。書、商書仲虺之誥也。仇餉、言與餉者爲仇也。
【読み】
孟子曰く、湯亳[はく]に居り、葛と鄰爲り。葛伯放[ほしいまま]にして祀らず。湯人をして之を問わしめて曰く、何爲[なんす]れぞ祀らざる、と。曰く、以て犧牲に供うる無し、と。湯之に牛羊を遺[おく]らしむ。葛伯之を食らって、又以て祀らず。湯又人をして之を問わしめて曰く、何爲れぞ祀らず、と。曰く、以て粢盛に供する無し、と。湯亳の衆[もろもろ]をして往いて之が爲に耕さしむ。老弱食を饋[おく]る。葛伯其の民を率い、其の酒食黍稻有る者を要[た]えて之を奪う。授[あた]えざる者をば之を殺す。童子有り、黍肉を以て餉[おく]る。殺して之を奪う。書に曰く、葛伯餉るに仇すとは、此を謂えり。遺は唯季の反。盛は音成。往爲の爲は去聲。饋食・酒食の食は音嗣。要は平聲。餉は式亮の反。○葛は國の名。伯は爵なり。放にして祀らずは、放縱無道にして、先祖を祀らざるなり。亳の衆は湯の民。其の民は葛の民なり。授は與うなり。餉も亦饋るなり。書は商書仲虺の誥なり。餉るに仇すは、言うこころは、餉る者と仇を爲すなり。

爲其殺是童子而征之。四海之内皆曰、非富天下也、爲匹夫匹婦復讎也。爲、去聲。○非富天下、言湯之心、非以天下爲富、而欲得之也。
【読み】
其の是の童子を殺すが爲にして之を征す。四海の内皆曰く、天下を富とするに非ず、匹夫匹婦の爲に讎を復[むく]えり、と。爲は去聲。○天下を富とするに非ずは、言うこころは、湯の心、天下を以て富として、之を得まく欲するに非ず、と。

湯始征、自葛載。十一征而無敵於天下。東面而征、西夷怨、南面而征、北狄怨。曰、奚爲後我。民之望之、若大旱之望雨也。歸市者弗止、芸者不變、誅其君、弔其民、如時雨降。民大悦。書曰、徯我后、后來其無罰。載、亦始也。十一征、所征十一國也。餘己見前篇。
【読み】
湯始め征すること、葛より載[はじ]む。十一征して天下に敵無し。東面して征すれば、西夷怨み、南面して征すれば、北狄怨む。曰く、奚爲[なんす]れぞ我を後にす、と。民の之を望むこと、大旱の雨を望むが若し。市に歸[おもむ]く者止まず、芸[くさぎ]る者變[うご]かず、其の君を誅して、其の民を弔すること、時雨の降[くだ]るが如し。民大いに悦ぶ。書に曰く、我が后を徯[ま]つ、后來らば其れ罰無けん、と。載も亦始むなり。十一征すは、征する所十一國なり。餘は己に前篇に見ゆ。

有攸不爲臣、東征綏厥士女。匪厥玄黄、紹我周王見休、惟臣附于大邑周。其君子實玄黄于匪、以迎其君子、其小人簞食壺漿、以迎其小人。救民於水火之中、取其殘而已矣。食、音嗣。○按周書、武成篇、載武王之言。孟子約其文如此。然其辭特與今書文不類。今姑依此文解之。有所不爲臣、謂助紂爲惡、而不爲周臣者。匪、與篚同。玄黄、幣也。紹、繼也。猶言事也。言其士女以篚盛玄黄之幣、迎武王而事之也。商人而曰我周王、猶商書所謂我后也。休、美也。言武王能順天休命、而事之者皆見休也。臣附、歸服也。孟子又釋其意。言商人聞周師之來、各以其類相迎者、以武王能救民於水火之中、取其殘民者、誅之、而不爲暴虐耳。君子、謂在位之人。小人、謂細民也。
【読み】
臣爲らざる攸[ところ]有り、東征して厥の士女を綏[やす]んず。厥の玄黄を匪[はこ]にし、我が周王に紹[つか]えて休[よ]きことを見んといって、惟大邑周に臣附せり。其の君子玄黄を匪に實[い]れて、以て其の君子を迎え、其の小人は簞食壺漿して、以て其の小人を迎う。民を水火の中に救いて、其の殘を取るのみなればなり。食は音嗣。○按ずるに、周書武成の篇に、武王の言を載す。孟子其の文を約むること此の如し。然れども其の辭は特に今の書の文と類せず。今姑く此の文に依りて之を解く。臣爲らざる所有りは、紂を助けて惡を爲して、周の臣と爲らざる者を謂う。匪は篚[ひ]と同じ。玄黄は幣なり。紹は繼ぐなり。猶事うると言うがごとし。言うこころは、其の士女篚を以て玄黄の幣を盛り、武王を迎えて之に事うる、と。商人にして我が周王と曰うは、猶商書謂う所の我が后がごとし。休は美なり。言うこころは、武王能く天の休き命に順いて、之に事うる者は皆休きことを見る、と。臣附は、歸服するなり。孟子又其の意を釋す。言うこころは、商人周の師の來るを聞き、各々其の類を以て相迎うるは、武王能く民を水火の中より救い、其の民を殘[そこな]う者を取り、之を誅し、而して暴虐をせざるを以てのみ、と。君子は、位に在る人を謂う。小人は、細民を謂うなり。

太誓曰、我武惟揚。侵于之疆、則取于殘。殺伐用張、于湯有光。太誓、周書也。今書文亦小異。言武王威武奮揚、侵彼紂之疆界、取其殘賊。而殺伐之功、因以張大、比於湯之伐桀又有光焉。引此以證上文取其殘之義。
【読み】
太誓に曰く、我が武惟れ揚れり。之が疆[さかい]を侵して、則ち殘を取る。殺伐用[もっ]て張り、湯に于[おい]て光[て]れること有り、と。太誓は周書なり。今の書の文と亦小しく異なり。言うこころは、武王の威武奮い揚り、彼の紂の疆界を侵し、其の殘賊を取る。而して殺伐の功、因りて以て張り大いにして、湯の桀を伐つに比して又光ること有り、と。此を引いて以て上文其の殘を取るの義を證せり。

不行王政云爾。苟行王政、四海之内皆舉首而望之、欲以爲君。齊・楚雖大、何畏焉。宋實不能行王政。後果爲齊所滅、王偃走死。○尹氏曰、爲國者能自治而得民心、則天下皆將歸往之、恨其征伐之不早也。尙何彊國之足畏哉。苟不自治、而以彊弱之勢言之、是可畏而已矣。
【読み】
王政を行わずと爾か云う。苟し王政を行わば、四海の内皆首を舉げて之を望んで、以て君とせまく欲せん。齊・楚大なりと雖も、何ぞ畏れん、と。宋實に王政を行うことを能わず。後果たして齊の爲に滅ぼされ、王偃走[のが]れて死せり。○尹氏曰く、國を爲むる者能く自ら治めて民心を得るときは、則ち天下皆將に之に歸往せんとして、其の征伐することの早からざるを恨むなり。尙何ぞ彊國を畏るるに足らん。苟し自ら治めずして、彊弱の勢を以て之を言えば、是れ畏る可きのみ、と。


滕文公章句下6
○孟子謂戴不勝曰、子欲子之王之善與。我明告子。有楚大夫於此。欲其子之齊語也、則使齊人傅諸、使楚人傅諸。曰、使齊人傅之。曰、一齊人傅之、衆楚人咻之、雖日撻而求其齊也、不可得矣。引而置之莊嶽之閒數年、雖日撻而求其楚、亦不可得矣。與、平聲。咻、音休。○戴不勝、宋臣也。齊語、齊人語也。傅、敎也。咻、讙也。齊、齊語也。莊嶽、齊街里名也。楚、楚語也。此先設譬以曉之也。
【読み】
○孟子戴不勝に謂って曰く、子子が王の善を欲するか。我明らかに子に告げん。楚の大夫此に有らん。其の子の齊語を欲せば、則ち齊人をして諸に傅[おし]えしめんか、楚人をして諸に傅えしめんか、と。曰く、齊人をして之に傅えしめん、と。曰く、一りの齊人之に傅えて、衆々の楚人之に咻[かまびす]しうせば、日々に撻[つえう]って其の齊[た]らんことを求むと雖も、得可からず。引いて之を莊嶽の閒に置くこと數年ならば、日々に撻って其の楚たらんことを求むと雖も、亦得可からず。與は平聲。咻は音休。○戴不勝は宋の臣なり。齊語は齊人の語なり。傅は敎うなり。咻は讙[かまびす]しいなり。齊は齊語なり。莊嶽は齊の街里の名なり。楚は楚語なり。此れ先ず譬を設けて以て之を曉すなり。

子謂薛居州善士也、使之居於王所。在於王所者、長幼卑尊、皆薛居州也、王誰與爲不善。在王所者、長幼卑尊、皆非薛居州也、王誰與爲善。一薛居州、獨如宋王何。長、上聲。○居州、亦宋臣。言小人衆而君子獨、無以成正君之功。
【読み】
子薛居州を善士なりと謂うて、之をして王所に居らしむ。王所に在る者の、長幼卑尊、皆薛居州ならば、王誰と與にか不善をせん。王所に在る者の、長幼卑尊、皆薛居州に非ずば、王誰と與にか善をせん。一りの薛居州、獨り宋王を如何、と。長は上聲。○居州も亦宋の臣。言うこころは、小人衆くして君子獨りならば、以て君を正すの功を成すこと無し、と。


滕文公章句下7
○公孫丑問曰、不見諸侯何義。孟子曰、古者不爲臣不見。不爲臣、謂未仕於其國者也。此不見諸侯之義也。
【読み】
○公孫丑問うて曰く、諸侯に見わざるは何の義ぞ、と。孟子曰く、古は臣爲らざれば見わず。臣爲らずは、未だ其の國に仕えざる者を謂うなり。此れ諸侯に見わざるの義なり。

段干木踰垣而辟之。泄柳閉門而不内。是皆已甚。迫斯可以見矣。辟、去聲。内、與納同。○段干木、魏文侯時人。泄柳、魯繆公時人。文侯・繆公欲見此二人、而二人不肯見之。蓋未爲臣也。已甚、過甚也。迫、謂求見之切也。
【読み】
段干木は垣を踰えて之を辟く。泄柳は門を閉じて内[い]れず。是れ皆已甚[はなは]だし。迫らば斯ち以て見う可し。辟は去聲。内は納るると同じ。○段干木は魏の文侯の時の人。泄柳は、魯の繆公の時の人。文侯・繆公此の二人に見わまく欲して、二人肯えて之に見わず。蓋し未だ臣爲らざればなり。已甚は、過甚なり。迫は、見わんことを求むるの切を謂うなり。

陽貨欲見孔子。而惡無禮。大夫有賜於士、不得受於其家、則往拜其門。陽貨矙孔子之亡也、而饋孔子蒸豚。孔子亦矙其亡也、而往拜之。當是時、陽貨先、豈得不見。欲見之見、音現。惡、去聲。矙、音勘。○此又引孔子之事、以明可見之節也。欲見孔子、欲召孔子來見己也。惡無禮、畏人以己爲無禮也。受於其家、對使人拜受於家也。其門、大夫之門也。矙、窺也。陽貨於魯爲大夫。孔子爲士。故以此物及其不在而饋之、欲其來拜而見之也。先、謂先來加禮也。
【読み】
陽貨孔子に見えしめまく欲す。而も禮無きことを惡む。大夫士に賜うこと有りて、其の家に受くることを得ざるときは、則ち往いて其の門に拜す。陽貨孔子の亡きを矙[うかが]いて、孔子に蒸せる豚を饋[おく]る。孔子も亦其の亡きを矙いて、往いて之を拜す。是の時に當たって、陽貨先んず。豈見わざることを得んや。欲見の見は音現。惡は去聲。矙は音勘。○此も又孔子の事を引いて、以て見う可きの節を明らかにするなり。孔子に見えしめまく欲すは、孔子を召して來さしめて己に見えしまく欲するなり。禮無きことを惡むは、人の己を以て禮無しとせんことを畏るるなり。其の家に受くは、使人に對して拜して家に受くるなり。其の門は、大夫の門なり。矙は窺うなり。陽貨は魯に於て大夫爲り。孔子は士爲り。故に此の物を以て其の在まさざるに及んで之を饋り、其の來拜して之に見えしめまく欲するなり。先んずは、先ず來て禮を加うることを謂うなり。

曾子曰、脅肩諂笑、病于夏畦。子路曰、未同而言。觀其色赧赧然、非由之所知也。由是觀之、則君子之所養、可知已矣。脅、虛業反。赧、奴簡反。○脅肩、竦體。諂笑、強笑。皆小人側媚之態也。病、勞也。夏畦、夏月治畦之人也。言爲此者、其勞過於夏畦之人也。未同而言、與人未合而強與之言也。赧赧、慙而面赤之貌。由、子路名。言非己所知、甚惡之之辭也。孟子言、由此二言觀之、則二子之所養可知。必不肯不俟其禮之至、而輒往見之也。○此章言、聖人禮義之中正、過之者傷於迫切而不洪、不及者淪於汙賤而可恥。
【読み】
曾子曰く、肩を脅[そび]やかして諂い笑うは、夏畦よりも病[くる]しめり、と。子路曰く、未だ同じからずして言う。其の色を觀るに赧赧然たるは、由が知る所に非ず、と。是に由って之を觀るときは、則ち君子の養う所、知んぬ可からくのみ、と。脅は虛業の反。赧は奴簡の反。○肩を脅やかすは、體を竦[すく]むなり。諂い笑うは、強いて笑うなり。皆小人の側媚の態なり。病は勞[つか]れるなり。夏畦は、夏月に畦を治むる人なり。言うこころは、此をする者は、其の勞夏畦の人に過ぐ、と。未だ同じからずして言うは、人と未だ合わずして強いて之と言うなり。赧赧は、慙じて面赤するの貌。由は子路の名。己の知る所に非ずと言うは、甚だ之を惡む辭なり。孟子言う、此の二言に由って之を觀れば、則ち二子の養う所を知る可し。必ず肯えて其の禮の至るを俟たずして、輒ち往いて之に見えざるなり、と。○此の章言うこころは、聖人の禮義の中正、之に過ぎたる者は迫切に傷[やぶ]れて洪[おお]いならず、及ばざる者は汙賤に淪[しず]んで恥ず可し、と。


滕文公章句下8
○戴盈之曰、什一、去關市之征、今茲未能。請輕之、以待來年、然後已。何如。去、上聲。○盈之、亦宋大夫也。什一、井田之法也。關市之征、商賈之稅也。已、止也。
【読み】
○戴盈之[たいえいし]曰く、什一にして、關市の征を去[す]つること、今茲[ことし]は未だ能わず。請う、之を輕くして、以て來年を待って、然して後に已めん。何如、と。去は上聲。○盈之も亦宋の大夫なり。什一は井田の法なり。關市の征は商賈の稅なり。已は止むなり。

孟子曰、今有人日攘其鄰之雞者。或告之曰、是非君子之道。曰、請損之、月攘一雞、以待來年、然後已。攘、如羊反。○攘、物自來而取之也。損、減也。
【読み】
孟子曰く、今人日々に其の鄰の雞を攘[ぬす]む者有らん。或ひと之に告げて曰く、是れ君子の道に非ず、と。曰く、請う、之を損[へら]して、月々に一雞を攘んで、以て來年を待って、然して後に已まん、と。攘は如羊の反。○攘は、物の自ら來て之を取るなり。損は減るなり。

如知其非義、斯速已矣。何待來年。知義理之不可、而不能速改、與月攘一雞何以異哉。
【読み】
如し其の義に非ざることを知らば、斯ち速やかに已んなん。何ぞ來年を待たん、と。義理の不可なることを知って、速やかに改むること能わざる、月々に一雞を攘むことと何を以て異ならんや。


滕文公章句下9
○公都子曰、外人皆稱夫子好辯。敢問何也。孟子曰、予豈好辯哉。予不得已也。天下之生久矣。一治一亂。好、去聲。下同。治、去聲。○生、謂生民也。一治一亂、氣化盛衰、人事得失、反覆相尋。理之常也。
【読み】
○公都子曰く、外人皆夫子辯を好むと稱す。敢えて問う、何ぞ、と。孟子曰く、予豈辯を好まんや。予已むことを得ざればなり。天下の生久し。一たびは治まり一たびは亂る。好は去聲。下も同じ。治は去聲。○生は生民を謂うなり。一たびは治まり一たびは亂るは、氣化の盛衰、人事の得失、反覆して相尋[つ]ぐ。理の常なり。

當堯之時、水逆行、氾濫於中國。蛇龍居之、民無所定。下者爲巣、上者爲營窟。書曰、洚水警余。洚水者、洪水也。洚、音降。又胡貢・胡工二反。○水逆行、下流壅塞。故水倒流而旁溢也。下、下地。上、高地也。營窟、穴處也。書、虞書大禹謨也。洚水、洚洞無涯之水也。警、戒也。此一亂也。
【読み】
堯の時に當たって、水逆行して、中國に氾濫す。蛇龍之に居り、民定まる所無し。下なる者は巣を爲り、上なる者は營窟を爲る。書に曰く、洚水余を警[さと]す、と。洚水とは、洪水なり。洚は音降。又胡貢・胡工の二反。○水逆行すは、下流壅塞す。故に水倒流して旁溢するなり。下は下[ひく]き地。上は高き地なり。營窟は穴處なり。書は虞書大禹謨なり。洚水は、洚洞として涯無き水なり。警は戒むなり。此れ一亂なり。

使禹治之。禹掘地而注之海。驅蛇龍而放之菹。水由地中行。江・淮・河・漢是也。險阻旣遠、鳥獸之害人者消。然後人得平土而居之。菹、側魚反。○掘地、掘去壅塞也。菹、澤生草者也。地中、兩涯之閒也。險阻、謂水之氾濫也。遠、去也。消、除也。此一治也。
【読み】
禹をして之を治めしむ。禹地を掘りて之を海に注ぐ。蛇龍を驅[か]って之を菹[さわ]に放つ。水地中より行く。江・淮・河・漢、是れなり。險阻旣に遠ざかって、鳥獸の人を害する者消[のぞ]かる。然して後に人平土を得て之に居れり。菹は側魚の反。○地を掘るは、壅塞を掘り去るなり。菹は、澤の草を生ずる者なり。地中は、兩涯の閒なり。險阻は、水の氾濫するを謂うなり。遠は去るなり。消は除くなり。此れ一治なり。

堯舜旣沒、聖人之道衰。暴君代作。壞宮室以爲汙池。民無所安息。棄田以爲園囿。使民不得衣食。邪說暴行又作。園囿汙池沛澤多、而禽獸至。及紂之身、天下又大亂。壞、音怪。行、去聲。下同。沛、蒲内反。○暴君、謂夏太康・孔甲・履癸・商武乙之類也。宮室、民居也。沛、草木之所生也。澤、水所鍾也。自堯舜沒至此、治亂非一。及紂而又一大亂也。
【読み】
堯舜旣に沒して、聖人の道衰う。暴君代々[かわるがわる]作[おこ]る。宮室を壞[こぼ]って以て汙池とす。民安息する所無し。田を棄てて以て園囿とす。民をして衣食を得ざらしむ。邪說暴行又作る。園囿汙池沛澤多くして、禽獸至る。紂が身に及んで、天下又大いに亂る。壞は音怪。行は去聲。下も同じ。沛は蒲内の反。○暴君は夏の太康・孔甲・履癸・商の武乙の類を謂うなり。宮室は民の居るなり。沛は草木の生ずる所なり。澤は水の鍾[あつま]る所なり。堯舜沒してより此に至るまで、治亂一たびなるに非ず。紂に及んで又一たび大亂するなり。

周公相武王誅紂。伐奄三年討其君。驅飛廉於海隅而戮之。滅國者五十、驅虎豹犀象而遠之。天下大悦。書曰、丕顯哉文王謨。丕承哉武王烈。佑啓我後人、咸以正無缺。相、去聲。奄、平聲。○奄、東方之國。助紂爲虐者也。飛廉、紂幸臣也。五十國、皆紂黨虐民者也。書、周書君牙之篇。丕、大也。顯、明也。謨、謀也。承、繼也。烈、光也。佑、助也。啓、開也。缺、壞也。此一治也。
【読み】
周公武王に相として紂を誅す。奄を伐つこと三年にして其の君を討ず。飛廉を海隅に驅って之を戮[ころ]す。國を滅ぼすこと五十、虎豹犀象を驅って之を遠ざからしむ。天下大いに悦ぶ。書に曰く、丕[おお]いに顯らけきかな文王の謨[はかりごと]。丕いに承[つ]げるかな武王の烈[ひかり]。我が後人を佑け啓き、咸[みな]正しきを以てして缺[か]くこと無し、と。相は去聲。奄は平聲。○奄は東方の國。紂を助けて虐を爲す者なり。飛廉は紂の幸臣なり。五十國は、皆紂が黨にして民を虐する者なり。書は周書君牙の篇。丕は大なり。顯は明らかなり。謨は謀なり。承は繼ぐなり。烈は光なり。佑は助くなり。啓は開くなり。缺は壞[やぶ]るなり。此れ一治なり。

世衰道微、邪說暴行有作。臣弑其君者有之、子弑其父者有之。有作之有、讀爲又。古字通用。○此周室東遷之後、又一亂也。
【読み】
世衰え道微かにして、邪說暴行有[また]作る。臣其の君を弑す者之れ有り、子其の父を弑す者之れ有り。有作の有は讀んで又とす。古字通用す。○此れ周室東遷の後にて、又一亂なり。

孔子懼作春秋。春秋天子之事也。是故孔子曰、知我者其惟春秋乎。罪我者其惟春秋乎。胡氏曰、仲尼作春秋以寓王法。惇典、庸禮、命德、討罪、其大要皆天子之事也。知孔子者謂、此書之作、遏人欲於橫流、存天理於旣滅、爲後世慮至深遠也。罪孔子者以謂、無其位而託二百四十二年南面之權、使亂臣賊子禁其欲而不得肆、則戚矣。愚謂孔子作春秋以討亂賊、則致治之法垂於萬世。是亦一治也。
【読み】
孔子懼れて春秋を作る。春秋は天子の事なり。是の故に孔子曰く、我を知る者は其れ惟春秋か。我を罪する者は其れ惟春秋か、と。胡氏曰く、仲尼春秋を作りて以て王法を寓せり。典を惇くし、禮を庸[もち]い、德を命じ、罪を討つ、其の大要は皆天子の事なり。孔子を知る者は謂う、此の書の作、人欲の橫流するを遏[とど]め、天理の旣に滅びしを存し、後世の爲に慮ること至って深遠なり、と。孔子を罪する者は以謂[おも]えらく、其の位無くして二百四十二年の南面の權に託して、亂臣賊子をして其の欲を禁じて肆にすることを得ずして、則ち戚[うれ]えしむ、と。愚謂えらく、孔子春秋を作りて以て亂賊を討つは、則ち治を致すの法を萬世に垂れるなり。是も亦一治なり。

聖王不作、諸侯放恣、處士橫議。楊朱・墨翟之言盈天下。天下之言、不歸楊則歸墨。楊氏爲我。是無君也。墨氏兼愛。是無父也。無父無君、是禽獸也。公明儀曰、庖有肥肉、厩有肥馬、民有飢色、野有餓莩。此率獸而食人也。楊・墨之道不息、孔子之道不著。是邪說誣民、充塞仁義也。仁義充塞、則率獸食人、人將相食。橫・爲、皆去聲。莩、皮表反。○楊朱但知愛身、而不復知有致身之義。故無君。墨子愛無差等、而視其至親無異衆人。故無父。無父無君、則人道滅絶。是亦禽獸而已。公明儀之言、義見首篇。充塞仁義、謂邪說徧滿、妨於仁義也。孟子引儀之言、以明楊・墨道行、則人皆無父無君、以陷於禽獸、而大亂將起。是亦率獸食人、而人又相食也。此又一亂也。
【読み】
聖王作らず、諸侯放恣し、處士橫議す。楊朱・墨翟が言天下に盈つ。天下の言、楊に歸せざるときは則ち墨に歸す。楊氏は我が爲にす。是れ君無きなり。墨氏は兼ね愛す。是れ父無きなり。父無く君無きは、是れ禽獸なり。公明儀曰く、庖[くりや]に肥肉有り、厩に肥馬有り、民に飢色有り、野に餓莩[がひょう]有り。此れ獸を率いて人を食ましむるなり、と。楊・墨が道息まざれば、孔子の道著れず。是れ邪說民を誣[し]いて、仁義を充塞すればなり。仁義充塞するときは、則ち獸を率いて人を食ましめ、人將に相食まんとす。橫・爲は皆去聲。莩は皮表の反。○楊朱は但身を愛することのみを知りて、復身を致すの義有るを知らず。故に君無し。墨子は愛するに差等無くして、其の至親を視ること衆人と異なること無し。故に父無し。父無く君無きときは、則ち人道滅絶す。是れ亦禽獸なるのみ。公明儀の言、義は首篇に見ゆ。仁義を充塞するは、邪說徧く滿ちて、仁義を妨ぐるを謂うなり。孟子儀の言を引いて、以て楊・墨の道行われるときは、則ち人皆父無く君無くして、以て禽獸に陷って、大亂將に起らんとす。是れ亦獸を率いて人を食ましめて、人も又相食まんことを明らかにするなり。此も又一亂なり。

吾爲此懼、閑先聖之道、距楊・墨、放淫辭。邪說者不得作。作於其心、害於其事、作於其事、害於其政。聖人復起、不易吾言矣。爲、去聲。復、扶又反。○閑、衛也。放、驅而遠之也。作、起也。事、所行。政、大體也。孟子雖不得志於時、然楊・墨之害、自是滅息、而君臣父子之道、賴以不墜。是亦一治也。程子曰、楊・墨之害、甚於申・韓。佛氏之害、甚於楊・墨。蓋楊氏爲我疑於義、墨氏兼愛疑於仁、申・韓則淺陋易見。故孟子止闢楊・墨。爲其惑世之甚也。佛氏之言近理。又非楊・墨之比。所以爲害尤甚。
【読み】
吾此が爲に懼れて、先聖の道を閑[まも]り、楊・墨を距ぎ、淫辭を放つ。邪說の者作ることを得ず。其の心に作って、其の事に害あり、其の事に作って、其の政に害あり。聖人復起こるも、吾が言を易えじ。爲は去聲。復は扶又の反。○閑は衛るなり。放は、驅って之を遠ざくなり。作は起こるなり。事は行う所。政は大體なり。孟子志を時に得ずと雖も、然れども楊・墨が害、是より滅息して、君臣父子の道、賴りて以て墜ちず。是も亦一治なり。程子曰く、楊・墨が害、申・韓よりも甚だし。佛氏が害、楊・墨よりも甚だし。蓋し楊氏が我が爲にするは義に疑わし。墨氏が兼ね愛すは仁に疑わし。申・韓は則ち淺陋にして見易し。故に孟子止[ただ]楊・墨を闢く。其の世を惑わすことの甚だしきが爲なり。佛氏が言理に近し。又楊・墨が比[たぐ]いに非ず。害爲ることの尤も甚だしき所以なり、と。

昔者禹抑洪水、而天下平。周公兼夷狄、驅猛獸、而百姓寧。孔子成春秋、而亂臣賊子懼。抑、止也。兼、幷之也。總結上文也。
【読み】
昔者禹洪水を抑[とど]めて、天下平かなり。周公夷狄を兼ね、猛獸を驅って、百姓寧し。孔子春秋を成して、亂臣賊子懼る。抑は止むなり。兼は之を幷すなり。總べて上文を結ぶなり。

詩云、戎狄是膺、荊舒是懲。則莫我敢承。無父無君、是周公所膺也。說見上篇。承、當也。
【読み】
詩に云く、戎狄是れ膺[う]ち、荊舒是れ懲らす。則ち我に敢えて承[あ]たること莫し、と。父無く君無きは、是れ周公の膺つ所なり。說は上篇に見る。承は當たるなり。

我亦欲正人心、息邪說、距詖行、放淫辭、以承三聖者。豈好辯哉。予不得已也。行・好、皆去聲。○詖・淫、解見前篇。辭者、說之詳也。承、繼也。三聖、禹・周公・孔子也。蓋邪說橫流、壞人心術、甚於洪水猛獸之災、慘於夷狄簒弑之禍。故孟子深懼而力救之。再言豈好辯哉、予不得已也、所以深致意焉。然非知道之君子、孰能眞知其所以不得已之故哉。
【読み】
我も亦人心を正しうし、邪說を息め、詖行[ひこう]を距ぎ、淫辭を放って、以て三聖者に承[つ]がまく欲す。豈辯を好まんや。予已むことを得ざればなり。行・好は皆去聲。○詖・淫は、解は前篇に見ゆ。辭は、說くことの詳らかなり。承は繼ぐなり。三聖は、禹・周公・孔子なり。蓋し邪說橫流して、人の心術を壞ること、洪水猛獸の災より甚だしく、夷狄簒弑の禍より慘[いた]まし。故に孟子深く懼れて力めて之を救えり。再び豈辯を好まんや、予已むことを得ざればなりと言うは、深く意を致す所以なり。然れども道を知る君子に非ざれば、孰か能く眞に其の已むことを得ざる所以の故を知らんや。

能言距楊・墨者、聖人之徒也。言苟有能爲此距楊・墨之說者、則其所趨正矣、雖未必知道、是亦聖人之徒也。孟子旣答公都子之問、而意有未盡。故復言此。蓋邪說害正、人人得而攻之、不必聖賢、如春秋之法、亂臣賊子、人人得而討之。不必士師也。聖人救世立法之意、其切如此。若以此意推之、則不能攻討、而又唱爲不必攻討之說者、其爲邪詖之徒、亂賊之黨可知矣。○尹氏曰、學者於是非之原、毫釐有差、則害流於生民、禍及於後世。故孟子辨邪說如是之嚴、而自以爲承三聖之功也。當是時、方且以好辯目之。是以常人之心而度聖賢之心也。
【読み】
能く言うて楊・墨を距ぐ者は、聖人の徒なり。言うこころは、苟し能く此の楊・墨を距ぐの說を爲す者有れば、則ち其の趨く所正しく、未だ必ずしも道を知らざると雖も、是も亦聖人の徒なり。孟子旣に公都子の問いに答えて、意未だ盡くさざること有り。故に復此を言えり。蓋し邪說の正しきを害するときは、人人得て之を攻む。必ずしも聖賢にあらざるなり。春秋の法の、亂臣賊子、人人得て之を討つは、必ずしも士師にあらざるが如きなり。聖人世を救い法を立つるの意、其の切なること此の如し。若し此の意を以て之を推せば、則ち攻め討つこと能わずして、又唱えて必ずしも攻め討たざるの說を爲す者は、其れ邪詖の徒、亂賊の黨爲ることを知る可し。○尹氏曰く、學者是非の原[もと]に於て、毫釐も差うこと有れば、則ち害は生民に流れ、禍は後世に及ぶ。故に孟子邪說を辨ずること是の如く嚴にして、自ら以爲[おも]えらく、三聖の功を承ぐ、と。是の時に當たりて、方に且つ辯を好むを以て之に目[なづ]く。是れ常人の心を以て聖賢の心を度ればなり、と。


滕文公章句下10
○匡章曰、陳仲子豈不誠廉士哉。居於陵、三日不食、耳無聞、目無見也。井上有李、螬食實者過半矣。匍匐往將食之。三咽、然後耳有聞、目有見。於、音烏。下於陵同。螬、音曹。咽、音宴。○匡章・陳仲子、皆齊人也。廉、有分辨、不苟取也。於陵、地名。螬、蠐螬蟲也。匍匐、言無力不能行也。咽、吞也。
【読み】
○匡章曰く、陳仲子は豈誠に廉士ならずや。於陵に居り、三日食わず、耳聞くこと無く、目見ること無し。井上に李有り、螬[すくもむし]實を食らうこと半ばに過ぎたり。匍匐して往いて將[と]って之を食らう。三たび咽んで、然して後に耳聞くこと有り、目見ること有り、と。於は音烏。下の於陵も同じ。螬は音曹。咽は音宴。○匡章・陳仲子は皆齊人なり。廉は、分辨有りて、苟も取らざるなり。於陵は地名。螬は蠐螬蟲なり。匍匐は、力無くして行くこと能わざることを言うなり。咽は吞むなり。

孟子曰、於齊國之士、吾必以仲子爲巨擘焉。雖然、仲子惡能廉。充仲子之操、則蚓而後可者也。擘、薄厄反。惡、平聲。蚓、音引。○巨擘、大指也。言齊人中有仲子、如衆小指中有大指也。充、推而滿之也。操、所守也。蚓、丘蚓也。言仲子未得爲廉也。必若滿其所守之志、則惟丘蚓之無求於世、然後可以爲廉耳。
【読み】
孟子曰く、齊國の士に於ては、吾必ず仲子を以て巨擘[きょはく]とせん。然りと雖も、仲子惡んぞ能く廉ならん。仲子が操を充つるときは、則ち蚓[いん]にして後に可なる者なり。擘は薄厄の反。惡は平聲。蚓は音引。○巨擘は大指なり。言うこころは、齊人の中に仲子有るは、衆[おお]くの小指の中に大指有るが如し、と。充は、推して之を滿たすなり。操は守る所なり。蚓は丘蚓なり。言うこころは、仲子未だ廉とするを得ざるなり。必ず若し其の守る所の志を滿せば、則ち惟丘蚓の世に求むること無く、然して後に以て廉とす可きのみ、と。

夫蚓、上食槁壤、下飮黄泉。仲子所居之室、伯夷之所築與。抑亦盜跖之所築與。所食之粟、伯夷之所樹與。抑亦盜跖之所樹與。是未可知也。夫、音扶。與、平聲。○槁壤、乾土也。黄泉、濁水也。抑、發語辭也。言蚓無求於人而自足、而仲子未免居室食粟。若所從來或有非義、則是未能如蚓之廉也。
【読み】
夫れ蚓は、上槁壤を食らい、下黄泉を飮む。仲子が居る所の室は、伯夷が築く所か。抑々亦盜跖が築く所か。食らう所の粟は、伯夷が樹うる所か。抑々亦盜跖が樹うる所か。是れ未だ知んぬ可からず、と。夫は音扶。與は平聲。○槁壤は乾いた土なり。黄泉は濁れる水なり。抑は發語の辭なり。言うこころは、蚓は人に求むること無くして自ら足り、仲子は未だ室に居り粟を食らうことを免れず。若し從り來る所或は義に非ざること有るときは、則ち是れ未だ蚓の廉の如くなること能わざるなり、と。

曰、是何傷哉。彼身織屨、妻辟纑、以易之也。辟、音壁。纑、音盧。○辟、績也。纑、練麻也。
【読み】
曰く、是れ何ぞ傷[そこな]わんや。彼身[みずか]ら屨を織り、妻は纑を辟[う]んで、以て之に易う、と。辟は音壁。纑は音盧。○辟は績むなり。纑は練った麻なり。

曰、仲子齊之世家也。兄戴、蓋祿萬鍾。以兄之祿爲不義之祿而不食也、以兄之室爲不義之室而不居也。辟兄離母、處於於陵。他日歸、則有饋其兄生鵝者。己頻顣曰、惡用是鶃鶃者爲哉。他日其母殺是鵝也、與之食之。其兄自外至曰、是鶃鶃之肉也。出而哇之。蓋、音閤。辟、音避。頻、與顰同。顣、與蹙同。子六反。惡、平聲。鶃、魚一反。哇、音蛙。○世家、世卿之家。兄名戴。食采於蓋、其入萬鍾也。歸、自於陵歸也。己、仲子也。鶃鶃、鵝聲也。頻顣而言、以其兄受饋爲不義也。哇、吐之也。
【読み】
曰く、仲子は齊の世家なり。兄戴、蓋[こう]の祿萬鍾。兄の祿を以て不義の祿として食まず、兄の室を以て不義の室として居らず。兄を辟け母を離れて、於陵に處る。他日歸るときに、則ち其の兄に生鵝を饋る者有り。己頻顣[ひんせき]して曰く、惡んぞ是の鶃鶃[ぎつぎつ]たる者を用[もっ]てせんや、と。他日其の母是の鵝を殺して、之に與えて之を食らわしむ。其の兄外より至って曰く、是れ鶃鶃の肉なり、と。出でて之を哇[は]く。蓋は音閤。辟は音避。頻は顰と同じ。顣は蹙と同じ。子六の反。惡は平聲。鶃は魚一の反。哇は音蛙。○世家は世卿の家。兄の名は戴。采を蓋に食み、其の入萬鍾なり。歸は、於陵より歸るなり。己は仲子なり。鶃鶃は鵝の聲なり。頻顣して言うは、其の兄饋を受くるを以て不義とするなり。哇は之を吐くなり。

以母則不食、以妻則食之。以兄之室則弗居、以於陵則居之。是尙爲能充其類也乎。若仲子者、蚓而後充其操者也。言仲子以母之食、兄之室、爲不義、而不食不居。其操守如此。至於妻所易之粟、於陵所居之室、旣未必伯夷之所爲、則亦不義之類耳。今仲子於此則不食不居、於彼則食之居之。豈爲能充滿其操守之類者乎。必其無求自足如丘蚓、然乃爲能滿其志而得爲廉耳。然豈人之所可爲哉。○范氏曰、天之所生、地之所養、惟人爲大。人之所以爲大者、以其有人倫也。仲子避兄離母、無親戚君臣上下。是無人倫也。豈有無人倫而可以爲廉哉。
【読み】
母を以てするときは則ち食らわず、妻を以てするときは則ち之を食らう。兄の室を以てするときは則ち居らず、於陵を以てするときは則ち之に居る。是れ尙能く其の類を充つることをせんや。仲子が若き者は、蚓にして後に其の操を充てん者なり、と。言うこころは、仲子母の食、兄の室を以て、不義として、食わず居らず。其の操守すること此の如し。妻の易う所の粟、於陵の居る所の室に至っては、旣に未だ必ずしも伯夷のする所ならざれば、則ち亦不義の類のみ。今仲子此に於るときは則ち食わず居らず、彼に於るときは則ち之を食らい之に居る。豈能く其の操守の類を充滿する者とせんや。必ず其の求むること無くして自ら足ること丘蚓が如くして、然して乃ち能く其の志を滿して廉爲ることを得んとするのみ。然れども豈人のす可き所ならんや、と。○范氏曰く、天の生ずる所、地の養う所、惟人のみを大いなりとす。人の大いなりとする所以の者は、其の人倫有るを以てなり。仲子兄を避け母を離れて、親戚君臣上下無し。是れ人倫無きなり。豈人倫無くして以て廉爲る可きこと有らんや、と。