孟子卷之五     本文の読み下しは中村惕齋講述を参考とした、集註は我流。

萬章章句上 凡九章。

萬章章句上1
萬章問曰、舜往于田、號泣于旻天。何爲其號泣也。孟子曰、怨慕也。號、平聲。○舜往于田、耕歴山時也。仁覆閔下、謂之旻天。號泣于旻天、呼天而泣也。事見虞書大禹謨篇。怨慕、怨己之不得其親而思慕也。
【読み】
萬章問うて曰く、舜田に往いて、旻天に號泣す。何爲れぞ其れ號泣する、と。孟子曰く、怨慕してなり、と。號は平聲。○舜田に往くは、歴山に耕す時なり。仁の下を覆い閔れむを、旻天と謂う。旻天に號泣するは、天を呼んで泣くなり。事は虞書大禹謨の篇に見ゆ。怨慕は、己の其の親に得ざるを怨み、而して思慕するなり。

萬章曰、父母愛之、喜而不忘、父母惡之、勞而不怨。然則舜怨乎。曰、長息問於公明高曰、舜往于田、則吾旣得聞命矣。號泣于旻天于父母、則吾不知也。公明高曰、是非爾所知也。夫公明高以孝子之心、爲不若是恝。我竭力耕田、共爲子職而已矣。父母之不我愛、於我何哉。惡、去聲。夫、音扶。恝、苦八反。共、平聲。○長息、公明高弟子。公明高、曾子弟子。于父母、亦書辭。言呼父母而泣也。恝、無愁之貌。於我何哉、自責不知己有何罪耳。非怨父母也。楊氏曰、非孟子深知舜之心、不能爲此言。蓋舜惟恐不順於父母。未嘗自以爲孝也。若自以爲孝、則非孝矣。
【読み】
萬章曰く、父母之を愛すれば、喜んで忘れず、父母之を惡みんずれば、勞[くる]しんで怨みず。然らば則ち舜怨みたりや、と。曰く、長息公明高に問うて曰く、舜田に往くことは、則ち吾旣に命を聞くことを得。旻天に父母に號泣することは、則ち吾知らず、と。公明高曰く、是れ爾が知る所に非ず、と。夫の公明高孝子の心を以て、是の若く恝[かつ]ならずとす。我力を竭くし田を耕して、子爲るの職を共[つつし]めるのみ。父母の我を愛せざる、我に於て何ぞや、と。惡は去聲。夫は音扶。恝は苦八の反。共は平聲。○長息は公明高の弟子。公明高は曾子の弟子。于父母は、亦書の辭。父母を呼んで泣くことを言う。恝は、愁い無きの貌。我に於て何ぞやは、自ら己に何の罪有るかを知らざるを責むるのみ。父母を怨むに非ざるなり。楊氏曰く、孟子深く舜の心を知るに非ざれば、此の言を爲すこと能わず。蓋し舜は惟父母に順わざるを恐る。未だ嘗て自ら以て孝とせざるなり。若し自ら以て孝とせば、則ち孝に非ざるなり、と。

帝使其子九男二女、百官牛羊倉廩備、以事舜於畎畝之中。天下之士、多就之者。帝將胥天下而遷之焉。爲不順於父母、如竆人無所歸。爲、去聲。○帝、堯也。史記云、二女妻之、以觀其内、九男事之、以觀其外。又言、一年所居成聚、二年成邑、三年成都。是天下之士就之也。胥、相視也。遷之、移以與之也。如竆人之無所歸、言其怨慕迫切之甚也。
【読み】
帝其の子九男二女、百官牛羊倉廩を備えて、以て舜に畎畝の中に事えしむ。天下の士、之に就く者多し。帝將に天下を胥[あいみ]て之を遷さんとす。父母に順わざるが爲に、竆人の歸[おもむ]く所無きが如し。爲は去聲。○帝は堯なり。史記に云う、二女之を妻せて、以て其の内を觀る。九男之に事えて、以て其の外を觀る、と。又言う、一年居る所聚を成し、二年に邑を成し、三年に都を成す、と。是れ天下の士の之に就けばなり。胥は相視るなり。之を遷すは、移して以て之に與うるなり。竆人の歸く所無きが如しは、其の怨慕迫切の甚だしきを言うなり。

天下之士悦之、人之所欲也。而不足以解憂。好色、人之所欲。妻帝之二女。而不足以解憂。富、人之所欲。富有天下。而不足以解憂。貴、人之所欲。貴爲天子。而不足以解憂。人悦之、好色富貴、無足以解憂者。惟順於父母、可以解憂。孟子推舜之心如此、以解上文之意。極天下之欲、不足以解憂、而惟順於父母、可以解憂。孟子眞知舜之心哉。
【読み】
天下の士之を悦ぶは、人の欲する所なり。而れども以て憂えを解くに足らず。好色は、人の欲する所なり。帝の二女を妻とす。而れども以て憂えを解くに足らず。富は、人の欲する所なり。富天下を有[たも]つ。而れども以て憂えを解くに足らず。貴きは、人の欲する所なり。貴きこと天子爲り。而れども以て憂えを解くに足らず。人之を悦び、好色富貴も、以て憂えを解くに足る者無し。惟父母に順うのみ、以て憂えを解く可し。孟子舜の心を推すこと此の如くして、以て上文の意を解けり。天下の欲を極むるも、以て憂えを解くに足らずして、惟父母に順いて、以て憂えを解く可し。孟子は眞に舜の心を知れるか。

人少、則慕父母、知好色、則慕少艾、有妻子、則慕妻子、仕則慕君、不得於君則熱中。大孝終身慕父母。五十而慕者、予於大舜見之矣。少・好、皆去聲。○言常人之情、因物有遷。惟聖人爲能不失其本心也。艾、美好也。楚辭・戰國策所謂幼艾、義與此同。不得、失意也。熱中、躁急心熱也。言五十者、舜攝政時年五十也。五十而慕、則其終身慕可知矣。○此章言、舜不以得衆人之所欲爲己樂、而以不順乎親之心爲己憂。非聖人之盡性、其孰能之。
【読み】
人少きときは、則ち父母を慕い、色を好むことを知るときは、則ち少艾[しょうがい]を慕い、妻子有るときは、則ち妻子を慕い、仕うるときは則ち君を慕い、君に得ざるときは則ち熱中す。大孝は身を終うるまで父母を慕う。五十にして慕う者をば、予大舜に於て之を見つ、と。少・好は皆去聲。○言うこころは、常人の情は、物に因りて遷ること有り。惟聖人のみ能く其の本心を失わずとす、と。艾は、美好なり。楚辭・戰國策に謂う所の幼艾は、義は此と同じ。得ずは、意を失うなり。熱中は、躁急に心熱するなり。五十と言うは、舜政を攝る時年五十なり。五十にして慕えば、則ち其の身を終うるまで慕うこと知る可し。○此の章言うこころは、舜は衆人の欲する所を得ることを以て己が樂しみとせずして、親の心に順わざるを以て己が憂えとす、と。聖人にして性を盡くせるに非ざれば、其れ孰か之を能くせんや。


萬章章句上2
○萬章問曰、詩云、娶妻如之何。必告父母。信斯言也、宜莫如舜。舜之不告而娶、何也。孟子曰、告則不得娶。男女居室、人之大倫也。如告、則廢人之大倫、以懟父母。是以不告也。懟、直類反。○詩、齊國風南山之篇也。信、誠也。誠如此詩之言也。懟、讎怨也。舜父頑、母嚚。常欲害舜。告則不聽其娶。是廢人之大倫、以讎怨於父母也。
【読み】
○萬章問うて曰く、詩に云く、妻を娶ること如之何。必ず父母に告[もう]す、と。信[まこと]に斯の言ならば、宜しく舜に如くこと莫し。舜の告げずして娶ること、何ぞ、と。孟子曰く、告げば則ち娶ることを得じ。男女室に居るは、人の大倫なり。如し告げば、則ち人の大倫を廢てて、以て父母に懟[うら]みられん。是を以て告げざるなり、と。懟は直類の反。○詩は齊の國風南山の篇なり。信は誠なり。誠に此の詩の言の如くならばなり。懟は讎怨なり。舜の父は頑、母は嚚[ぎん]。常に舜を害せんと欲す。告げば則ち其の娶ることを聽[ゆる]さず。是れ人の大倫を廢し、以て父母を讎怨するなり。

萬章曰、舜之不告而娶、則吾旣得聞命矣、帝之妻舜而不告、何也。曰、帝亦知告焉則不得妻也。妻、去聲。○以女爲人妻曰妻。程子曰、堯妻舜而不告者、以君治之而已。如今之官、府治民之私者亦多。
【読み】
萬章曰く、舜の告げずして娶ることは、則ち吾旣に命を聞くことを得つ。帝の舜に妻せて告げざること、何ぞ、と。曰く、帝も亦告げるときは則ち妻すことを得ざらんを知ればなり、と。妻は去聲。○女を以て人の妻とするを妻と曰う。程子曰く、堯舜に妻せて告げざるは、君を以て之を治むるのみ。今の官府の、民の私を治むる者亦多きが如し、と。

萬章曰、父母使舜完廩。捐階、瞽瞍焚廩。使浚井。出。從而揜之。象曰、謨蓋都君咸我績。牛羊父母、倉廩父母、干戈朕、琴朕、弤朕、二嫂使治朕棲。象往入舜宮。舜在床琴。象曰、鬱陶思君爾。忸怩。舜曰、惟茲臣庶、汝其于予治。不識舜不知象之將殺己與。曰、奚而不知也。象憂亦憂、象喜亦喜。弤、都禮反。忸、女六反。怩、音尼。與、平聲。○完、治也。捐、去也。階、梯也。揜、蓋也。按史記曰、使舜上塗廩。瞽瞍從下縱火焚廩。舜乃以兩笠自捍而下去、得不死。後又使舜穿井。舜穿井爲匿空旁出。舜旣入深、瞽瞍與象共下土實井。舜從匿空中出去。卽其事也。象、舜異母弟也。謨、謀也。蓋、蓋井也。舜所居三年成都。故謂之都君。咸、皆也。績、功也。舜旣入井、象不知舜已出、欲以殺舜爲己功也。干、盾也。戈、戟也。琴、舜所彈五弦琴也。弤、琱弓也。象欲以舜之牛羊倉廩與父母、而自取此物也。二嫂、堯二女也。棲、床也。象欲使爲己妻也。象往舜宮、欲分取所有、見舜生在床彈琴。蓋旣出、卽潛歸其宮也。鬱陶、思之甚而氣不得伸也。象言、己思君之甚。故來見爾。忸怩、慙色也。臣庶、謂其百官也。象素憎舜、不至其宮。故舜見其來而喜、使之治其臣庶也。孟子言、舜非不知其將殺己。但見其憂則憂、見其喜則喜。兄弟之情、自有所不能已耳。萬章所言、其有無不可知。然舜之心、則孟子有以知之矣。他亦不足辨也。程子曰、象憂亦憂、象喜亦喜。人情天理、於是爲至。
【読み】
萬章曰く、父母舜をして廩[くら]を完[おさ]めしむ。階を捐[す]てて、瞽瞍廩を焚く。井を浚[ふこ]うせしむ。出でぬ。從うて之を揜う。象曰く、都君を蓋うことを謨[はか]れるは、咸我が績[いさおし]なり。牛羊は父母、倉廩は父母、干戈[かんか]は朕、琴は朕、弤[ゆみ]は朕、二嫂は朕が棲[ゆか]を治めしめん、と。象往いて舜の宮に入る。舜床に在して琴ひく。象曰く、鬱陶して君を思うのみ、と。忸怩たり。舜曰く、惟れ茲の臣庶、汝其れ予に于[おい]て治めよ、と。識らず、舜象が將に己を殺さんとするを知らざるか、と。曰く、奚[いか]んとしてか知らざる。象憂うれば亦憂え、象喜べば亦喜ぶ、と。弤は都禮の反。忸は女六の反。怩は音尼。與は平聲。○完は治むるなり。捐は去るなり。階は梯なり。揜は蓋うなり。史記を按ずるに曰く、舜をして上らせて廩を塗らしむ。瞽瞍下より火を縱[はな]ちて廩を焚く。舜乃ち兩つの笠を以て自ら捍[ふせ]いで下り去りて、死せざるを得。後に又舜をして井を穿てしむ。舜井を穿ちて匿空を爲り旁らより出づ。舜旣に入ること深くして、瞽瞍と象と共に土を下して井を實たす。舜匿空中より出で去る、と。卽ち其の事なり。象は舜の異母弟なり。謨は謀るなり。蓋は井を蓋うなり。舜の居る所三年にして都を成す。故に之を都君と謂う。咸は皆なり。績は功なり。舜旣に井に入り、象舜の已に出づるを知らず、舜を殺すを以て己が功と爲さんと欲するなり。干は盾なり。戈は戟なり。琴は、舜彈く所の五弦の琴なり。弤は琱弓[ちょうきゅう]なり。象舜の牛羊倉廩を以て父母に與えて、自ら此の物を取らまく欲するなり。二嫂は堯の二女なり。棲は床なり。象己が妻と爲さしめまく欲するなり。象舜の宮に往いて、有る所を分け取らまく欲して、舜の生きて床に在して琴を彈くを見る。蓋し旣に出でて、卽ち潛かに其の宮に歸るならん。鬱陶は、思うこと甚だしくして氣伸びることを得ざるなり。象言う、己君を思うこと甚だし。故に來り見ゆのみ、と。忸怩は慙じる色なり。臣庶は、其の百官を謂うなり。象素より舜を憎み、其の宮に至らず。故に舜其の來るを見て喜び、之をして其の臣庶を治めしむるなり。孟子言う、舜は其將に己を殺さんとするを知らざるに非ず。但其の憂えるを見るときは則ち憂え、其の喜ぶを見るときは則ち喜ぶ。兄弟の情、自ら已むこと能わざる所有るのみ、と。萬章言う所、其の有無知る可からず。然れども舜の心は、則ち孟子以て之を知る有り。他は亦辨ずるに足らず。程子曰く、象憂えば亦憂え、象喜べば亦喜ぶ。人情天理、是に於て至れりとす、と。

曰、然則舜僞喜者與。曰、否。昔者有饋生魚於鄭子產。子產使校人畜之池。校人烹之。反命曰、始舍之圉圉焉。少則洋洋焉。攸然而逝。子產曰、得其所哉。得其所哉。校人出曰、孰謂子產智。予旣烹而食之。曰、得其所哉。得其所哉。故君子可欺以其方。難罔以非其道。彼以愛兄之道來。故誠信而喜之。奚僞焉。與、平聲。校、音效。又音敎。畜、許六反。○校人、主池沼小吏也。圉圉、困而未紓之貌。洋洋、則稍縱矣。攸然而逝者、自得而遠去也。方、亦道也。罔、蒙蔽也。欺以其方、謂誑之以理之所有。罔以非其道、謂昧之以理之所無。象以愛兄之道來、所謂欺之以其方也。舜本不知其僞。故實喜之。何僞之有。○此章又言、舜遭人倫之變、而不失天理之常也。
【読み】
曰く、然るときは則ち舜僞って喜べる者か、と。曰く、否。昔者[むかし]生魚を鄭の子產に饋[おく]ること有り。子產校人をして之を池に畜わしむ。校人之を烹る。命を反して曰く、始め之を舍[はな]つとき圉圉焉[ぎょぎょえん]たり。少[しばら]くあって則ち洋洋焉たり。攸然として逝[さ]んぬ、と。子產曰く、其の所を得たるかな。其の所を得たるかな、と。校人出でて曰く、孰か子產を智ありと謂う。予旣に烹て之を食らう。曰く、其の所を得たるかな。其の所を得たるかな、と。故に君子は欺くに其の方[みち]を以てす可し。罔[し]いるに其の道に非ざるを以てし難し。彼兄を愛するの道を以て來る。故に誠に信じて之を喜ぶ。奚んぞ僞らん。與は平聲。校は音效。又音敎。畜は許六の反。○校人は、池沼を主[つかさど]る小吏なり。圉圉は、困しんで未だ紓[の]びざるの貌。洋洋は、則ち稍縱にするなり。攸然として逝んぬは、自得して遠く去るなり。方は亦道なり。罔は蒙蔽なり。欺くに其の方を以てすは、之を誑かすに理の有る所を以てすることを謂う。罔いるに其の道に非ざるを以てすは、之を昧[くら]ますに理の無き所を以てすることを謂う。象兄を愛するの道を以て來るは、所謂之を欺くに其の方を以てするなり。舜本より其の僞りを知らず。故に實に之を喜ぶ。何ぞ僞ること有らん。○此の章又言う、舜は人倫の變に遭えども、而して天理の常を失わず、と。


萬章章句上3
○萬章問曰、象日以殺舜爲事。立爲天子、則放之、何也。孟子曰、封之也。或曰放焉。放、猶置也。置之於此、使不得去也。萬章疑舜何不誅之。孟子言、舜實封之。而或者誤以爲放也。
【読み】
○萬章問うて曰く、象日々に舜を殺すを以て事とす。立って天子と爲るときに、則ち之を放[お]けるは、何ぞ、と。孟子曰く、之を封ぜしなり。或ひと曰く、放けり、と。放は猶置くのごとし。之を此に置き、去ることを得ざらしむなり。萬章舜は何ぞ之を誅せざらんと疑う。孟子言う、舜實は之を封ず。而るに或者誤りて以て放けりとす、と。

萬章曰、舜流共工于幽州、放驩兜于崇山、殺三苗于三危、殛鯀于羽山。四罪而天下咸服。誅不仁也。象至不仁。封之有庳。有庳之人奚罪焉。仁人固如是乎。在他人則誅之、在弟則封之。曰、仁人之於弟也、不藏怒焉、不宿怨焉、親愛之而已矣。親之欲其貴也、愛之欲其富也。封之有庳、富貴之也。身爲天子、弟爲匹夫、可謂親愛之乎。庳、音鼻。○流、徙也。共工、官名。驩兜、人名。二人比周、相與爲黨。三苗、國名。負固不服。殺、殺其君也。殛、誅也。鯀、禹父名。方命圮族、治水無功。皆不仁之人也。幽州・崇山・三危・羽山・有庳、皆地名也。或曰、今道州鼻亭、卽有庳之地也。未知是否。萬章疑、舜不當封象。使彼有庳之民、無罪而遭象之虐、非仁人之心也。藏怒、謂藏匿其怒。宿怨、謂留蓄其怨。
【読み】
萬章曰く、舜共工を幽州に流し、驩兜[かんとう]を崇山に放き、三苗を三危に殺し、鯀を羽山に殛[きょく]す。四罪して天下咸服す。不仁を誅すればなり。象至って不仁なり。之を有庳[ゆうひ]に封ず。有庳の人奚[なん]の罪かある。仁人固[まこと]に是の如きか。他人に在っては則ち之を誅し、弟に在っては則ち之を封ず、と。曰く、仁人の弟に於る、怒りを藏[かく]さず、怨みを宿めず、之を親愛すらくのみ。之を親しんじては其の貴からんことを欲し、之を愛しては其の富まんことを欲す。之を有庳に封ずるは、之を富貴にするなり。身天子爲り、弟匹夫爲たらば、之を親愛すと謂いつ可けんや、と。庳は音鼻。○流は徙[うつ]すなり。共工は官の名。驩兜は人の名。二人比周して、相與に黨を爲す。三苗は國の名。固きを負[たの]んで服さず。殺は其の君を殺すなり。殛は誅するなり。鯀は禹の父の名。命に方[そむ]き族を圮[やぶ]り、水を治めて功無し。皆不仁の人なり。幽州・崇山・三危・羽山・有庳は、皆地名なり。或ひと曰く、今の道州の鼻亭は、卽ち有庳の地なり、と。未だ是なるか否かを知らず。萬章疑う、舜當に象を封ずるべからず。彼の有庳の民の、罪無くして象の虐に遭わせしむるは、仁人の心に非ざるなり、と。怒りを藏すは、其の怒りを藏匿することを謂う。怨みを宿むは、其の怨みを留蓄することを謂う。

敢問、或曰放者、何謂也。曰、象不得有爲於其國、天子使吏治其國、而納其貢稅焉。故謂之放。豈得暴彼民哉。雖然、欲常常而見之。故源源而來。不及貢、以政接于有庳、此之謂也。孟子言、象雖封爲有庳之君、然不得治其國、天子使吏代之治、而納其所收之貢稅於象。有似於放。故或者以爲放也。蓋象至不仁、處之如此、則旣不失吾親愛之心、而彼亦不得虐有庳之民也。源源、若水之相繼也。來、謂來朝覲也。不及貢、以政接于有庳、謂不待及諸侯朝貢之期、而以政事接見有庳之君。蓋古書之辭、而孟子引以證源源而來之意、見其親愛之無已如此也。○吳氏曰、言聖人不以公義廢私恩、亦不以私恩害公義。舜之於象、仁之至、義之盡也。
【読み】
敢えて問う、或ひと曰く放けりとは、何と謂うことぞ、と。曰く、象其の國にすること有ることを得ず、天子吏をして其の國を治めて、其の貢稅を納れしむ。故に之を放けりと謂う。豈彼の民を暴[そこな]うことを得んや。然りと雖も、常常にして之に見わまく欲す。故に源源として來れり。貢に及ばずして、政を以て有庳に接すとは、此を謂うなり、と。孟子言うこころは、象封ずるに有庳の君に爲すと雖も、然れども其の國を治むることを得ず、天子吏をして之に代わって治めしめ、其の收むる所の貢稅を象に納れしむ。放くに似ること有り。故に或者以て放けりとす。蓋し象は至って不仁なれども、之を處すること此の如くば、則ち旣に吾が親愛の心を失わずして、彼も亦有庳の民を虐することを得ざるなり、と。源源は、水の相繼ぐが若し。來るは、來て朝覲[ちょうきん]することを謂うなり。貢に及ばずして、政を以て有庳に接すは、諸侯の朝貢の期に及ぶを待たずして、政事を以て有庳の君に接見することを謂う。蓋し古書の辭にして、孟子引いて以て源源として來るの意を證し、其の親愛の已むとき無きこと此の如くなるを見[しめ]せり。○吳氏曰く、言うこころは、聖人公義を以て私恩を廢さず、亦私恩を以て公義を害さず。舜の象に於るは、仁の至り、義の盡くせるなり、と。


萬章章句上4
○咸丘蒙問曰、語云、盛德之士、君不得而臣、父不得而子。舜南面而立。堯帥諸侯、北面而朝之。瞽瞍亦北面而朝之。舜見瞽瞍、其容有蹙。孔子曰、於斯時也、天下殆哉、岌岌乎。不識此語誠然乎哉。孟子曰、否。此非君子之言。齊東野人之語也。堯老而舜攝也。堯典曰、二十有八載、放勳乃徂落。百姓如喪考妣三年、四海遏密八音。孔子曰、天無二日、民無二王。舜旣爲天子矣。又帥天下諸侯、以爲堯三年喪、是二天子矣。朝、音潮。岌、魚及反。○咸丘蒙、孟子弟子。語者、古語也。蹙、顰蹙不自安也。岌岌、不安貌也。言人倫乖亂、天下將危也。齊東、齊國之東鄙也。孟子言、堯但老不治事、而舜攝天子之事耳。堯在時、舜未嘗卽天子位、堯何由北面而朝乎。又引書及孔子之言以明之。堯典、虞書篇名。今此文乃見於舜典。蓋古書二篇、或合爲一耳。言舜攝位二十八年而堯死也。徂、升也。落、降也。人死則魂升而魄降。故古者謂死爲徂落。遏、止也。密、靜也。八音、金・石・絲・竹・匏・土・革・木。樂器之音也。
【読み】
○咸丘蒙問うて曰く、語に云く、盛德の士は、君も得て臣とせず、父も得て子とせず、と。舜南面して立てり。堯諸侯を帥いて、北面して之に朝す。瞽瞍も亦北面して之に朝す。舜瞽瞍を見て、其の容[かたち]蹙[いた]めること有り。孔子曰く、斯の時に於て、天下殆[あやう]いかな、岌岌乎[きゅうきゅうこ]たり、と。識らず、此の語誠に然りや、と。孟子曰く、否。此れ君子の言に非ず。齊東の野人の語ならん。堯老いて舜攝す。堯典に曰く、二十有八載、放勳乃ち徂落したまいぬ。百姓考妣に喪するが如くすること三年、四海八音を遏密[あつみつ]す。孔子曰く、天に二日無し、民に二王無し、と。舜旣に天子爲り。又天下の諸侯を帥いて、以て堯の三年の喪をせば、是れ二りの天子なり、と。朝は音潮。岌は魚及の反。○咸丘蒙は孟子の弟子。語は古語なり。蹙は、顰蹙して自ら安んじざるなり。岌岌は、安んじざるの貌なり。言うこころは、人倫乖亂して、天下將に危からんとす、と。齊東は、齊國の東鄙なり。孟子言うこころは、堯但老いて事を治めずして、舜天子の事を攝るのみ。堯在せる時、舜未だ嘗て天子の位に卽かず。堯何に由ってか北面して朝せん、と。又書及び孔子の言を引いて以て之を明らかにす。堯典は、虞書の篇の名。今此の文は乃ち舜典に見ゆ。蓋し古書の二篇、或は合わせて一つと爲すのみ。言うこころは、舜位を攝すること二十八年にして堯死す。徂は升るなり。落は降るなり。人死するときは則ち魂升って魄降る。故に古は死を謂うて徂落とす。遏は止むなり。密は靜かなり。八音は、金・石・絲・竹・匏・土・革・木。樂器の音なり。

咸丘蒙曰、舜之不臣堯、則吾旣得聞命矣。詩云、普天之下、莫非王土、率土之濱、莫非王臣。而舜旣爲天子矣。敢問瞽瞍之非臣、如何。曰、是詩也、非是之謂也。勞於王事、而不得養父母也。曰、此莫非王事。我獨賢勞也。故說詩者、不以文害辭、不以辭害志。以意逆志、是爲得之。如以辭而已矣、雲漢之詩曰、周餘黎民、靡有孑遺。信斯言也、是周無遺民也。不臣堯、不以堯爲臣、使北面而朝也。詩、小雅北山之篇也。普、徧也。率、循也。此詩今毛氏序云、役使不均。己勞於王事、而不得養其父母焉。其詩下文亦云、大夫不均。我從事獨賢。乃作詩者自言、天下皆王臣、何爲獨使我以賢才而勞苦乎。非謂天子可臣其父也。文、字也。辭、語也。逆、迎也。雲漢、大雅篇名也。孑、獨立之貌。遺、脱也。言說詩之法、不可以一字而害一句之義、不可以一句而害設辭之志。當以己意迎取作者之志。乃可得之。若但以其辭而已、則如雲漢所言、是周之民眞無遺種矣。惟以意逆之、則知作詩者之志、在於憂旱、而非眞無遺民也。
【読み】
咸丘蒙曰く、舜の堯を臣とせざることは、則ち吾旣に命を聞くことを得たり。詩に云く、普天の下、王土に非ずということ莫し、率土の濱、王臣に非ずということ莫し、と。而して舜旣に天子爲り。敢えて問う、瞽瞍の臣に非ざること、如何、と。曰く、是の詩は、是を謂うに非ず。王事に勞して、父母を養うことを得ざればなり。曰く、此れ王事に非ずということ莫し。我獨り賢として勞す、と。故に詩を說く者、文を以て辭を害せず、辭を以て志を害せず。意を以て志に逆[むか]う、是れ之を得たりとす。如し辭のみを以てせば、雲漢の詩に曰く、周の餘の黎民、孑遺[げつい]有ること靡[な]し、と。信[まこと]に斯の言ならば、是れ周遺民無きなり。堯を臣とせずは、堯を以て臣として、北面して朝せしめざるなり。詩は小雅北山の篇なり。普は徧しなり。率は循るなり。此の詩今毛氏の序に云う、役使均しからず。己王事に勞して、其の父母を養うことを得ず、と。其の詩の下文も亦云う、大夫均しからず。我事に從いて獨り賢あり、と。乃ち詩を作る者自ら言う、天下皆王臣なるに、何爲れぞ獨り我のみ賢才あるを以てして勞苦せしめん、と。天子其の父を臣とす可しと謂うに非ざるなり。文は字なり。辭は語なり。逆は迎うなり。雲漢は、大雅の篇の名。孑は、獨り立つの貌。遺は、脱なり。言うこころは、詩を說くの法、一字を以てして一句の義を害す可からず、一句を以てして辭を設くるの志を害す可からず。當に己が意を以て作者の志を迎え取るべし。乃ち之を得る可し。若し但其の辭のみを以てせば、則ち雲漢言う所の如きは、是れ周の民眞に遺種無し。惟意を以て之に逆えば、則ち詩を作る者の志、旱を憂うるに在りて、眞に遺民無しというに非ざることを知るなり、と。

孝子之至、莫大乎尊親。尊親之至、莫大乎以天下養。爲天子父、尊之至也。以天下養、養之至也。詩曰、永言孝思、孝思維則、此之謂也。養、去聲。○言瞽瞍旣爲天子之父、則當享天下之養、此舜之所以爲尊親養親之至也。豈有使之北面而朝之理乎。詩、大雅下武之篇。言人能長言孝思而不忘、則可以爲天下法則也。
【読み】
孝子の至りは、親を尊ぶより大いなるは莫し。親を尊ぶの至りは、天下を以て養うより大いなるは莫し。天子の父爲るは、尊ぶの至りなり。天下を以て養うは、養うの至りなり。詩に曰く、永く孝思を言[おも]えば、孝思維れ則[のり]すとは、此を謂うなり。養は去聲。○言うこころは、瞽瞍旣に天子の父爲れば、則ち當に天下の養を享くべし。此れ舜の親を尊び親を養うの至りと爲す所以なり。豈之をして北面して朝せしむるの理有らんや、と。詩は大雅下武の篇。言うこころは、人能く長く孝思を言うて忘れざれば、則ち以て天下の法則と爲る可し、と。

書曰、祗載見瞽瞍、夔夔齊栗、瞽瞍亦允若。是爲父不得而子也。見、音現。齊、側皆反。○書、大禹謨篇也。祗、敬也。載、事也。夔夔齊栗、敬謹恐懼之貌。允、信也。若、順也。言舜敬事瞽瞍、往而見之、敬謹如此。瞽瞍亦信而順之也。孟子引此而言、瞽瞍不能以不善及其子、而反見化於其子。則是所謂父不得而子者。而非如咸丘蒙之說也。
【読み】
書に曰く、載[こと]を祗[つつし]んで瞽瞍に見え、夔夔[きき]齊栗たりしかば、瞽瞍も亦允とし若[したが]えり。是を父も得て子とせずとす、と。見は音現。齊は側皆の反。○書は大禹謨の篇なり。祗は敬むなり。載は事なり。夔夔齊栗は、敬謹恐懼の貌。允は信なり。若は順うなり。言うこころは、舜敬して瞽瞍に事え、往いて之に見ゆること、敬謹此の如し。瞽瞍も亦信じて之に順うなり。孟子此を引いて言う、瞽瞍不善を以て其の子に及ぼすこと能わずして、反って其の子に化せらる。則ち是れ所謂父得て子とせざる者なり。而して咸丘蒙の說の如きに非ざるなり、と。


萬章章句上5
○萬章曰、堯以天下與舜、有諸。孟子曰、否。天子不能以天下與人。天下者、天下之天下。非一人之私有故也。
【読み】
○萬章曰く、堯天下を以て舜に與うること、有りや諸れ、と。孟子曰く、否。天子天下を以て人に與うること能わず、と。天下は、天下の天下。一人の私有に非ざる故なり。

然則舜有天下也、孰與之。曰、天與之。萬章問而孟子答也。
【読み】
然るときは則ち舜天下を有[たも]てること、孰か之を與える。曰く、天之を與う、と。萬章問うて孟子答うるなり。

天與之者、諄諄然命之乎。諄、之淳反。○萬章問也。諄諄、詳語之貌。
【読み】
天之を與うること、諄諄然として之を命ずるか。諄は之淳の反。○萬章問うなり。諄諄は、詳らかに語ぐる貌。

曰、否。天不言、以行與事示之而已矣。行、去聲、下同。○行之於身謂之行、措諸天下謂之事。言但因舜之行事、而示以與之之意耳。
【読み】
曰く、否。天言わず、行と事とを以て之を示せるのみ、と。行は去聲。下も同じ。○之を身に行うを行と謂い、諸を天下に措くを事と謂う。言うこころは、但舜の行事に因りて、示すに之に與うるの意を以てするのみ、と。

曰、以行與事示之者如之何。曰、天子能薦人於天。不能使天與之天下。諸侯能薦人於天子。不能使天子與之諸侯。大夫能薦人於諸侯。不能使諸侯與之大夫。昔者堯薦舜於天、而天受之。暴之於民、而民受之。故曰、天不言、以行與事示之而已矣。暴、歩卜反。下同。○暴、顯也。言下能薦人於上、不能令上必用之。舜爲天人所受。是因舜之行與事、而示之以與之之意也。
【読み】
曰く、行と事とを以て之を示すこと如之何、と。曰く、天子能く人を天に薦む。天をして之に天下を與えしむること能わず。諸侯能く人を天子に薦む。天子をして之に諸侯を與えしむること能わず。大夫能く人を諸侯に薦む。諸侯をして之に大夫を與えしむること能わず。昔者[むかし]堯舜を天に薦めて、天之を受く。之を民に暴[あらわ]して、民之を受く。故に曰く、天言わず、行と事とを以て之を示せるのみ、と。暴は歩卜の反。下も同じ。○暴は顯すなり。言うこころは、下能く人を上に薦めども、上をして必ず之を用いしむること能わず。舜天人の受く所と爲る。是れ舜の行と事とに因りて、示すに之に與うるの意を以てするなり、と。

曰、敢問薦之於天而天受之、暴之於民而民受之、如何。曰、使之主祭而百神享之。是天受之。使之主事而事治、百姓安之。是民受之也。天與之、人與之、故曰、天子不能以天下與人。治、去聲。
【読み】
曰く、敢えて問う、之を天に薦めて天之を受け、之を民に暴して民之を受くること、如何、と。曰く、之をして祭を主[つかさど]らしめて百神之を享く。是れ天之を受く。之をして事を主らしめて事治まり、百姓之を安んず。是れ民之を受く。天之に與え、人之に與う。故に曰く、天子天下を以て人に與うること能わず、と。治は去聲。

舜相堯二十有八載、非人之所能爲也。天也。堯崩、三年之喪畢、舜避堯之子於南河之南。天下諸侯朝覲者、不之堯之子而之舜。訟獄者、不之堯之子而之舜。謳歌者、不謳歌堯之子而謳歌舜。故曰、天也。夫然後之中國、踐天子位焉。而居堯之宮、逼堯之子、是簒也。非天與也。相、去聲。朝、音潮。夫、音扶。○南河在冀州之南、其南卽豫州也。訟獄、謂獄不決而訟之也。
【読み】
舜堯に相たること二十有八載、人の能くする所に非ざるなり。天なり。堯崩じて、三年の喪畢わって、舜堯の子に南河の南に避[さ]かる。天下の諸侯朝覲する者、堯の子に之かずして舜に之く。訟獄する者、堯の子に之かずして舜に之く。謳歌する者、堯の子を謳歌せずして舜を謳歌す。故に曰く、天なり、と。夫れ然して後中國に之いて、天子の位を踐めり。而[も]し堯の宮に居て、堯の子に逼[せ]まらば、是れ簒[うば]えるなり。天與うるに非ざるなり。相は去聲。朝は音潮。夫は音扶。○南河は冀州の南に在り、其の南は卽ち豫州なり。訟獄は、獄決せずして之を訟うるを謂うなり。

太誓曰、天視自我民視、天聽自我民聽。此之謂也。自、從也。天無形、其視聽皆從於民之視聽。民之歸舜如此、則天與之可知矣。
【読み】
太誓に曰く、天の視ること我が民の視るに自[したが]い、天の聽くこと我が民の聽くに自う、と。此を謂うなり、と。自は從うなり。天に形無く、其の視聽くこと皆民の視聽くに從う。民の舜に歸すこと此の如くば、則ち天之を與うること知る可し。


萬章章句上6
○萬章問曰、人有言。至於禹而德衰。不傳於賢而傳於子。有諸。孟子曰、否。不然也。天與賢、則與賢。天與子、則與子。昔者舜薦禹於天、十有七年。舜崩、三年之喪畢、禹避舜之子於陽城。天下之民從之、若堯崩之後、不從堯之子而從舜也。禹薦益於天、七年。禹崩、三年之喪畢、益避禹之子於箕山之陰。朝覲訟獄者、不之益而之啓。曰、吾君之子也。謳歌者、不謳歌益而謳歌啓。曰、吾君之子也。朝、音潮。○陽城・箕山之陰、皆嵩山下、深谷中可藏處。啓、禹之子也。楊氏曰、此語孟子必有所受。然不可考矣。但云天與賢則與賢、天與子則與子、可以見堯・舜・禹之心、皆無一毫私意也。
【読み】
○萬章問うて曰く、人言えること有り。禹に至って德衰う。賢に傳えずして子に傳う、と。有りや諸れ、と。孟子曰く、否。然はあらず。天賢に與うるときは、則ち賢に與う。天子に與うるときは、則ち子に與う。昔者[むかし]舜禹を天に薦むること、十有七年。舜崩じて、三年の喪畢わって、禹舜の子に陽城に避[さ]かる。天下の民之に從うこと、堯崩ずるの後、堯の子に從わずして舜に從うが若し。禹益を天に薦むること、七年。禹崩じて、三年の喪畢わって、益禹の子に箕山の陰[きた]に避かる。朝覲訟獄する者、益に之かずして啓に之く。曰く、吾が君の子なり、と。謳歌する者、益に謳歌せずして啓を謳歌す。曰く、吾が君の子なり、と。朝は音潮。○陽城・箕山の陰は、皆嵩山の下、深き谷の中の藏る可き處。啓は禹の子なり。楊氏曰く、此の語孟子必ず受くる所有り。然れども考う可からず。但天賢に與うるときは則ち賢に與え、天子に與うるときは則ち子に與うと云えば、以て堯・舜・禹の心、皆一毫の私意無きことを見る可し、と。

丹朱之不肖、舜之子亦不肖。舜之相堯、禹之相舜也、歴年多、施澤於民久。啓賢能敬、承繼禹之道。益之相禹也、歴年少、施澤於民未久。舜・禹・益相去久遠、其子之賢不肖、皆天也。非人之所能爲也。莫之爲而爲者、天也。莫之致而至者、命也。之相之相、去聲。相去之相、如字。○堯舜之子皆不肖、而舜禹之爲相久。此堯舜之子所以不有天下、而舜禹有天下也。禹之子賢、而益相不久。此啓所以有天下、而益不有天下也。然此皆非人力所爲而自爲、非人力所致而自至者。蓋以理言之謂之天、自人言之謂之命。其實則一而已。
【読み】
丹朱が不肖、舜の子も亦不肖。舜の堯に相たる、禹の舜に相たる、年を歴[ふ]ること多くして、澤を民に施すこと久し。啓賢にして能く敬んで、禹の道を承繼す。益の禹に相たる、年を歴ること少なくして、澤を民に施すこと未だ久しからず。舜・禹・益相去さるの久遠、其の子の賢不肖、皆天なり。人の能くする所に非ず。之をすること莫くしてする者は、天なり。之を致すこと莫くして至る者は、命なり。之相の相は去聲。相去の相は字の如し。○堯舜の子は皆不肖にして、舜・禹の相爲ること久し。此れ堯舜の子の天下を有たずして、舜・禹の天下を有つ所以なり。禹の子賢にして、益の相たること久しからず。此れ啓の天下を有ちて、益の天下を有たざる所以なり。然れども此れ皆人力のする所に非ずして自ら爲り、人力の致す所に非ずして自ら至る者なり。蓋し理を以て之を言えば之を天と謂い、人より之を言えば之を命と謂う。其の實は則ち一なるのみ。

匹夫而有天下者、德必若舜・禹、而又有天子薦之者。故仲尼不有天下。孟子因禹・益之事、歴舉此下兩條以推明之。言仲尼之德、雖無愧於舜・禹、而無天子薦之者。故不有天下。
【読み】
匹夫にして天下を有つ者は、德必ず舜・禹の若くにして、又天子の之を薦むる者有り。故に仲尼は天下を有たず。孟子禹・益の事に因りて、此の下の兩條を歴舉して以て之を推して明らかにす。言うこころは、仲尼の德、舜・禹に愧ずること無しと雖も、而して天子之を薦す者無し。故に天下を有たず、と。

繼世而有天下、天之所廢、必若桀・紂者也。故益・伊尹・周公不有天下。繼世而有天下者、其先世皆有大功德於民。故必有大惡如桀紂、則天乃廢之。如啓及太甲・成王、雖不及益・伊尹・周公之賢聖、但能嗣守先業、則天亦不廢之。故益・伊尹・周公、雖有舜・禹之德、而亦不有天下。
【読み】
世を繼いで天下を有てるが、天の廢つる所は、必ず桀・紂が若き者なり。故に益・伊尹・周公は天下を有たず。世を繼いで天下を有つ者は、其の先世皆大いに民に功德有り。故に必ず大惡桀紂が如き有るときは、則ち天乃ち之を廢つ。啓及び太甲・成王の如きは、益・伊尹・周公の賢聖に及ばずと雖も、但能く先業を嗣ぎ守れば、則ち天も亦之を廢てず。故に益・伊尹・周公、舜・禹の德有ると雖も、而して亦天下を有たず。

伊尹相湯、以王於天下。湯崩、太丁未立、外丙二年、仲壬四年。太甲顚覆湯之典刑。伊尹放之於桐。三年、太甲悔過、自怨自艾、於桐處仁遷義。三年、以聽伊尹之訓己也、復歸于亳。相・王、皆去聲。艾、音乂。○此承上文、言伊尹不有天下之事。趙氏曰、太丁、湯之太子。未立而死。外丙立二年、仲壬立四年。皆太丁弟也。太甲、太丁子也。程子曰、古人謂歳爲年。湯崩時、外丙方二歳、仲壬方四歳。惟太甲差長。故立之也。二說未知孰是。顚覆、壞亂也。典刑、常法也。桐、湯墓所在。艾、治也。說文云、芟草也。蓋斬絶自新之意。亳、商所都也。
【読み】
伊尹湯に相として、以て天下に王たり。湯崩じて、太丁未だ立たず、外丙二年、仲壬四年。太甲湯の典刑を顚覆す。伊尹之を桐に放[お]く。三年にして、太甲過を悔いて、自ら怨み自ら艾[おさ]め、桐に於て仁に處り義に遷る。三年、伊尹の己に訓[おし]うるを聽くを以て、亳[はく]に復歸す。相・王は皆去聲。艾は音乂。○此れ上文を承けて、伊尹の天下を有たざる事を言う。趙氏曰く、太丁は湯の太子。未だ立たずして死す。外丙立つこと二年、仲壬立つこと四年。皆太丁の弟なり。太甲は太丁の子なり、と。程子曰く、古人歳を謂いて年と爲す。湯崩ぜし時、外丙方に二歳、仲壬方に四歳。惟太甲のみ差[やや]長ず。故に之を立つ、と。二說未だ孰れか是なるかを知らす。顚覆は壞亂するなり。典刑は常法なり。桐は湯の墓の在る所。艾は治むなり。說文に云う、草を芟[か]る、と。蓋し斬り絶って自ら新たにするの意なり。亳は商の都せる所なり。

周公之不有天下、猶益之於夏、伊尹之於殷也。此復言周公所以不有天下之意。
【読み】
周公の天下を有たざるは、猶益の夏に於き、伊尹の殷に於るがごとし。此れ復周公の天下を有たざる所以の意を言えり。

孔子曰、唐・虞禪、夏后・殷・周繼。其義一也。禪、音擅。○禪、授也。或禪或繼、皆天命也。聖人豈有私意於其閒哉。尹氏曰、孔子曰、唐・虞禪、夏后・殷・周繼。其義一也。孟子曰、天與賢則與賢、天與子則與子。知前聖之心者、無如孔子、繼孔子者、孟子而已矣。
【読み】
孔子曰く、唐・虞は禪り、夏后・殷・周は繼ぐ。其の義一なり、と。禪は音擅。○禪は授くなり。或は禪り或は繼ぐは、皆天命なり。聖人豈其の閒に私意有らんや。尹氏曰く、孔子曰く、唐・虞は禪り、夏后・殷・周は繼ぐ。其の義一なり、と。孟子曰く、天賢に與うるときは則ち賢に與え、天子に與うるときは則ち子に與う、と。前聖の心を知る者は、孔子に如くは無く、孔子を繼ぐ者は、孟子のみ、と。


萬章章句上7
○萬章問曰、人有言。伊尹以割烹要湯。有諸。要、平聲。下同。○要、求也。按史記、伊尹欲行道以致君而無由。乃爲有莘氏之媵臣、負鼎俎以滋味說湯、致於王道。蓋戰國時、有爲此說者。
【読み】
○萬章問うて曰く、人言えること有り。伊尹割烹を以て湯に要[もと]む、と。有りや諸れ、と。要は平聲。下も同じ。○要は求むなり。史記を按ずるに、伊尹道を行いて以て君を致さまく欲して由無し。乃ち有莘氏の媵臣と爲り、鼎俎を負い滋味を以て湯を說き、王道を致せり、と。蓋し戰國の時、此の說を爲る者有らん。

孟子曰、否。不然。伊尹耕於有莘之野、而樂堯舜之道焉。非其義也、非其道也、祿之以天下、弗顧也、繫馬千駟、弗視也。非其義也、非其道也、一介不以與人、一介不以取諸人。樂、音洛。○莘、國名。樂堯舜之道者、誦其詩、讀其書、而欣慕愛樂之也。駟、四匹也。介、與草芥之芥同。言其辭受取與、無大無細、一以道義而不苟也。
【読み】
孟子曰く、否。然はあらず。伊尹有莘の野に耕して、堯舜の道を樂しむ。其の義に非ず、其の道に非ざれば、之を祿するに天下を以てすれども、顧みず、繫馬千駟も、視ず。其の義に非ず、其の道に非ざれば、一介も以て人に與えず、一介も以て諸を人に取らず。樂は音洛。○莘は國の名。堯舜の道を樂しむは、其の詩を誦し、其の書を讀みて、之を欣慕愛樂するなり。駟は四匹なり。介は草芥の芥と同じ。言うこころは、其の辭するも受くるも取るも與うるも、大と無く細と無く、一に道義を以てして苟もせず、と。

湯使人以幣聘之。囂囂然曰、我何以湯之聘幣爲哉。我豈若處畎畝之中、由是以樂堯舜之道哉。囂、五高反、又戶驕反。○囂囂、無欲自得之貌。
【読み】
湯人をして幣を以て之を聘[め]さしむ。囂囂然として曰く、我何ぞ湯の聘幣を以てせんや。我豈畎畝の中に處り、是に由って以て堯舜の道を樂しむに若かんや、と。囂は五高の反、又戶驕の反。○囂囂は、無欲自得の貌。

湯三使往聘之。旣而幡然改曰、與我處畎畝之中、由是以樂堯舜之道、吾豈若使是君爲堯舜之君哉。吾豈若使是民爲堯舜之民哉。吾豈若於吾身親見之哉。幡然、變動之貌。於吾身親見之、言於我之身親見其道之行、不徒誦說嚮慕之而已也。
【読み】
湯三たび往いて之を聘さしむ。旣にして幡然として改めて曰く、我畎畝の中に處り、是に由って以て堯舜の道を樂しむ與[よ]りは、吾豈是の君をして堯舜の君爲らしむるに若かんや。吾豈是の民をして堯舜の民爲らしむるに若かんや。吾豈吾が身に於て親しく之を見るに若かんや。幡然は變わり動ごくの貌。吾が身に於て親しく之を見るは、言うこころは、我の身に於て親しく其の道の行わるるを見て、之を徒[ただ]誦說嚮慕するのみならず、と。

天之生此民也、使先知覺後知、使先覺覺後覺也。予天民之先覺者也。予將以斯道覺斯民也。非予覺之而誰也。此亦伊尹之言也。知、謂識其事之所當然。覺、謂悟其理之所以然。覺後知後覺、如呼寐者而使之寤也。言天使者、天理當然、若使之也。程子曰、予天民之先覺、謂我乃天生此民中、盡得民道而先覺者也。旣爲先覺之民、豈可不覺其未覺者。及彼之覺、亦非分我所有以予之也。皆彼自有此理、我但能覺之而已。
【読み】
天の此の民を生ずる、先知をして後知を覺さしめ、先覺をして後覺を覺さしむ。予は天民の先覺なる者なり。予將に斯の道を以て斯の民を覺さんとす。予之を覺すに非ずして誰ぞ、と。此も亦伊尹の言なり。知は、其の事の當に然るべき所を識ることを謂う。覺は、其の理の然る所以を悟ることを謂う。後知後覺を覺すは、寐る者を呼んで之を寤まさしむるが如し。天使むと言うは、天理の當然にして、之をせしむるが若し。程子曰く、予は天民の先覺なりは、我乃ち天此の民を生ずる中、民道を盡くし得て先ず覺る者と謂うなり。旣に先覺の民爲れば、豈其の未だ覺らざる者を覺さざる可けん。彼の覺るに及ぶは、亦我に有る所を分かちて以て之に予うるには非ず。皆彼自ら此の理有りて、我但能く之を覺すのみ、と。

思天下之民、匹夫匹婦有不被堯舜之澤者、若己推而内之溝中。其自任以天下之重如此。故就湯而說之、以伐夏救民。推、吐回反。内、音納。說、音稅。○書曰、昔先正保衡、作我先王曰、予弗克俾厥后爲堯舜、其心愧恥、若撻于市。一夫不獲、則曰時予之辜。孟子之言、蓋取諸此。是時夏桀無道、暴虐其民。故欲使湯伐夏以救之。徐氏曰、伊尹樂堯舜之道。堯舜揖遜、而伊尹說湯以伐夏者、時之不同。義則一也。
【読み】
思えらく、天下の民、匹夫匹婦も堯舜の澤を被らざる者有れば、己推して之を溝中に内[い]れたるが若し。其の自ら任ずるに天下の重きを以てすること此の如し。故に湯に就いて之に說いて、夏を伐ち民を救わんことを以てす。推は吐回の反。内は音納。說は音稅。○書に曰く、昔先正保衡、我が先王を作[おこ]して曰く、予克く厥の后を堯舜爲らしめざれば、其の心に愧恥すること、市に撻るるが若し。一夫も獲ざれば、則ち曰く、時[これ]予の辜[つみ]なり、と。孟子の言、蓋し此を取らん。是の時夏の桀無道、其の民を暴虐す。故に湯をして夏を伐ち以て之を救わしめまく欲す。徐氏曰く、伊尹堯舜の道を樂しむ。堯舜揖遜して、伊尹湯に說いて夏を伐つは、時の同じからざればなり。義は則ち一なり、と。

吾未聞枉己而正人者也、況辱己以正天下者乎。聖人之行不同也。或遠或近、或去或不去。歸潔其身而已矣。行、去聲。○辱己甚於枉己。正天下難於正人。若伊尹以割烹要湯、辱己甚矣。何以正天下乎。遠、謂隱遁也。近、謂仕近君也。言聖人之行、雖不必同、然其要歸、在潔其身而已。伊尹豈肯以割烹要湯哉。
【読み】
吾未だ聞かず、己を枉げて人を正しうする者を、況や己を辱めて以て天下を正しうする者をや。聖人の行同じからず。或は遠く或は近く、或は去り或は去らず。歸[おもむき]其の身を潔くするのみ。行は去聲。○己を辱むるは己を枉ぐるよりも甚だし。天下を正しうするは人を正しうするよりも難し。若し伊尹割烹を以て湯に要[もと]むれば、己を辱むるの甚だしきなり。何を以て天下を正しうせん。遠は、隱遁するを謂うなり。近は、仕えて君に近きを謂うなり。言うこころは、聖人の行、必ずしも同じからずと雖も、然れども其の要歸は、其の身を潔くするに在るのみ。伊尹豈肯えて割烹を以て湯に要めんや、と。

吾聞其以堯舜之道要湯。未聞以割烹也。林氏曰、以堯舜之道要湯者、非實以是要之也。道在此、而湯之聘自來耳。猶子貢言夫子之求之、異乎人之求之也。愚謂、此語亦猶前章所論父不得而子之意。
【読み】
吾其の堯舜の道を以て湯に要むることを聞く。未だ割烹を以てすることを聞かず。林氏曰く、堯舜の道を以て湯に要むるは、實は是を以て之を要むるに非ざるなり。道此に在り、而して湯の聘自ら來るのみ。猶子貢夫子の之を求むるは、人の之を求むるに異なるかと言うがごとし、と。愚謂えらく、此の語も亦猶前章に論ずる所の父も得て子とせずの意のごとし。

伊訓曰、天誅造攻自牧宮、朕載自亳。伊訓、商書篇名。孟子引以證伐夏救民之事也。今書牧宮作鳴條。造・載、皆始也。伊尹言、始攻桀無道、由我始其事於亳也。
【読み】
伊訓に曰く、天誅して造[はじ]めて牧宮より攻めしこと、朕亳[はく]より載[はじ]めたり、と。伊訓は商書の篇の名。孟子引いて以て夏を伐ち民を救える事を證す。今の書は牧宮を鳴條に作る。造・載は皆始むるなり。伊尹言う、始めて桀の無道を攻むるに、我其の事を亳に始むるに由る、と。


萬章章句上8
○萬章問曰、或謂孔子於衛主癰疽、於齊主侍人瘠環。有諸乎。孟子曰、否。不然也。好事者爲之也。癰、於容反。疽、七余反。好、去聲。○主、謂舍於其家、以之爲主人也。癰疽、瘍醫也。侍人、奄人也。瘠、姓。環、名。皆時君所近狎之人也。好事、謂喜造言生事之人也。
【読み】
○萬章問うて曰く、或ひと謂う、孔子衛に於て癰疽[ようそ]を主とし、齊に於て侍人瘠環を主とす、と。有りや諸れ、と。孟子曰く、否。然はあらず。事を好む者之を爲[つく]れり。癰は於容の反。疽は七余の反。好は去聲。○主は、其の家に舍[やど]り、之を以て主人とすることを謂う。癰疽は瘍の醫なり。侍人は奄人なり。瘠は姓。環は名。皆時君の近づき狎るる所の人なり。事を好むは、言を造り事を生ずることを喜ぶ人を謂うなり。

於衛主顏讎由。彌子之妻、與子路之妻、兄弟也。彌子謂子路曰、孔子主我、衛卿可得也。子路以告。孔子曰、有命。孔子進以禮、退以義。得之不得、曰有命。而主癰疽與侍人瘠環、是無義無命也。讎、如字。又音犨。○顏讎由、衛之賢大夫也。史記作顏濁鄒。彌子、衛靈公幸臣彌子瑕也。徐氏曰、禮主於辭遜。故進以禮。義主於制斷。故退以義。難進而易退者也。在我者有禮義而已。得之不得則有命存焉。
【読み】
衛に於ては顏讎由を主とす。彌子が妻は、子路の妻と兄弟なり。彌子子路に謂って曰く、孔子我を主とせば、衛の卿得つ可し、と。子路以て告ぐ。孔子曰く、命有り、と。孔子進むに禮を以てし、退くに義を以てす。之を得ると得ざるを、命有りと曰う。而るを癰疽と侍人瘠環とを主とせば、是れ義も無く命も無きなり。讎は字の如し。又音犨。○顏讎由は、衛の賢大夫なり。史記は顏濁鄒に作る。彌子は、衛の靈公の幸臣彌子瑕なり。徐氏曰く、禮は辭遜を主とす。故に進むに禮を以てす。義は制斷を主とす。故に退くに義を以てす。進むは難くして退くは易き者なり。我に在る者は禮義有るのみ。之を得ると得ざるとは則ち命存るに有り。

孔子不悦於魯衛。遭宋桓司馬將要而殺之、微服而過宋。是時孔子當阨。主司城貞子、爲陳侯周臣。要、平聲。○不悦、不樂居其國也。桓司馬、宋大夫向魋也。司城貞子、亦宋大夫之賢者也。陳侯、名周。按史記、孔子爲魯司寇。齊人饋女樂以閒之。孔子遂行。適衛月餘、去衛適宋。司馬魋欲殺孔子。孔子去至陳。主於司城貞子。孟子言、孔子雖當阨難、然猶擇所主。況在齊衛無事之時、豈有主癰疽侍人之事乎。
【読み】
孔子魯衛に悦びず。遭宋の桓司馬將に要[た]えて之を殺さんとするに、微服して宋を過ぐ。是の時孔子阨に當れり。司城貞子が、陳侯周が臣爲るを主とす。要は平聲。○悦びずは、其の國に居ることを樂しまざるなり。桓司馬は、宋の大夫向魋[しょうたい]なり。司城貞子も亦宋の大夫の賢者なり。陳侯は名は周。史記を按ずるに、孔子魯の司寇と爲る。齊人女樂を饋り以て之を閒[へだ]つ。孔子遂に行[さ]る。衛に適き月餘にして、衛を去り宋に適く。司馬魋孔子を殺さまく欲す。孔子去って陳に至り、司城貞子を主とす、と。孟子言うこころは、孔子阨難に當たると雖も、然れども猶主とする所を擇ぶ。況や齊・衛無事の時に在り、豈癰疽侍人を主とする事有らんや、と。

吾聞觀近臣、以其所爲主。觀遠臣、以其所主。若孔子主癰疽與侍人瘠環、何以爲孔子。近臣、在朝之臣。遠臣、遠方來仕者。君子小人、各從其類。故觀其所爲主、與其所主者、而其人可知。
【読み】
吾聞く、近臣を觀るには、其の主と爲る所を以てす。遠臣を觀るには、其の主とする所を以てす、と。若し孔子癰疽と侍人瘠環とを主とせば、何を以てか孔子爲らん、と。近臣は、朝に在る臣。遠臣は、遠方より來て仕うる者。君子も小人も、各々其の類に從う。故に其の主と爲る所と、其の主とする所の者を觀れば、其の人を知る可し。


萬章章句上9
○萬章問曰、或曰、百里奚自鬻於秦養牲者、五羊之皮、食牛、以要秦穆公。信乎。孟子曰、否。不然。好事者爲之也。食、音嗣。好、去聲。下同。○百里奚、虞之賢臣。人言其自賣於秦養牲者之家、得五羊之皮、而爲之食牛、因以干秦穆公也。
【読み】
○萬章問うて曰く、或ひと曰く、百里奚自ら秦の牲を養[か]う者に、五羊の皮を鬻[う]って、牛を食[か]って、以て秦の穆公に要む、と。信[まこと]なりや、と。孟子曰く、否。然はあらず。事を好む者之を爲[つく]れり。食は音嗣。好は去聲。下も同じ。○百里奚は虞の賢臣。人言う、其れ自ら秦の牲を養う者の家に賣り、五羊の皮を得、之が爲に牛を食い、因りて以て秦の穆公に干む、と。

百里奚、虞人也。晉人以垂棘之璧、與屈產之乘、假道於虞以伐虢。宮之奇諫。百里奚不諫。屈、求勿反。乘、去聲。○虞・虢、皆國名。垂棘之璧、垂棘之地所出之璧也。屈產之乘、屈地所生之良馬也。乘、四匹也。晉欲伐虢。道經於虞。故以此物借道。其實欲幷取虞。宮之奇、亦虞之賢臣。諫虞公令勿許。虞公不用、遂爲晉所滅。百里奚知其不可諫。故不諫而去之秦。
【読み】
百里奚は、虞人なり。晉人垂棘[すいきょく]の璧と、屈產の乘とを以て、道を虞に假りて以て虢[かく]を伐つ。宮之奇諫む。百里奚諫めず。屈は求勿の反。乘は去聲。○虞・虢は、皆國の名。垂棘の璧は、垂棘の地より出づる所の璧なり。屈產の乘は、屈の地より生ずる所の良馬なり。乘は四匹なり。晉虢を伐たまく欲す。道虞を經る。故に此の物を以て道を借る。其の實は幷せて虞を取らまく欲す。宮之奇も亦虞の賢臣。虞公を諫めて許すこと勿からしむ。虞公用いず、遂に晉の爲に滅ぼさるる。百里奚其の諫む可からざることを知る。故に諫めずして去って秦に之く。

知虞公之不可諫、而去之秦。年已七十矣、曾不知以食牛干秦穆公之爲汙也、可謂智乎。不可諫而不諫、可謂不智乎。知虞公之將亡、而先去之、不可謂不智也。時舉於秦、知穆公之可與有行也而相之、可謂不智乎。相秦而顯其君於天下、可傳於後世。不賢而能之乎。自鬻以成其君、郷黨自好者不爲、而謂賢者爲之乎。相、去聲。○自好、自愛其身之人也。孟子言百里奚之智如此。必知食牛以干主之爲汙。其賢又如此。必不肯自鬻以成其君也。然此事當孟子時、已無所據。孟子直以事理反覆推之、而知其必不然耳。范氏曰、古之聖賢未遇之時、鄙賤之事、不恥爲之。如百里奚爲人養牛、無足怪也。惟是人君不致敬盡禮、則不可得而見。豈有先自汙辱以要其君哉。莊周曰、百里奚爵祿不入於心。故飯牛而牛肥。使穆公忘其賤而與之政。亦可謂知百里奚矣。伊尹・百里奚之事、皆聖賢出處之大節。故孟子不得不辯。尹氏曰、當時好事者之論、大率類此。蓋以其不正之心度聖賢也。
【読み】
虞公の諫む可からざることを知って、去って秦に之く。年已に七十、曾て牛を食うを以て秦の穆公に干むるが汙れ爲ることを知らず、智と謂う可けんや。諫む可からずして諫めず、不智と謂う可けんや。虞公の將に亡びんとすることを知って、先ず之を去る、不智と謂う可からず。時に秦に舉げられ、穆公の與に行うこと有る可きを知って之に相たり、不智と謂う可けんや。秦に相として其の君を天下に顯し、後世に傳う可し。不賢にして之を能くせんや。自ら鬻って以て其の君を成すこと、郷黨の自ら好みんずる者すらせず。而るを賢者之を爲せりと謂わんや、と。相は去聲。○自ら好みんずるは、自ら其の身を愛する人なり。孟子言う、百里奚の智此の如し。必ず牛を食い以て主に干むるが汙れ爲ることを知る。其の賢も又此の如し。必ず肯えて自ら鬻って以て其の君を成さず、と。然れども此の事孟子の時に當たり、已に據る所無し。孟子直[ひたすら]事理を以て反覆して之を推して、其の必ず然はあらざることを知るのみ。范氏曰く、古の聖賢未だ遇わざる時は、鄙賤の事、之をすることを恥じず。百里奚の人の爲に牛を養うが如きは、怪しむに足ること無し。惟是れ人君敬を致し禮を盡くさざるときは、則ち得て見う可からず。豈先ず自ら汙辱して以て其の君に要むること有らんや。莊周に曰く、百里奚は爵祿も心に入らず。故に牛を飯えば牛肥ゆ。穆公其の賤しきを忘れて之に政を與えしむ、と。亦百里奚を知ると謂う可し。伊尹・百里奚が事、皆聖賢出處の大節なり。故に孟子辯ぜざることを得ず、と。尹氏曰く、當時の事を好む者の論は、大率此に類せり。蓋し其の不正の心を以て聖賢を度るなり、と。


萬章章句下 凡九章。

萬章章句下1
孟子曰、伯夷目不視惡色、耳不聽惡聲。非其君不事、非其民不使。治則進、亂則退。橫政之所出、橫民之所止、不忍居也。思與郷人處、如以朝衣朝冠坐於塗炭也。當紂之時、居北海之濱、以待天下之淸也。故聞伯夷之風者、頑夫廉、懦夫有立志。治、去聲。下同。橫、去聲。朝、音潮。○橫、謂不循法度。頑者、無知覺。廉者、有分辨。懦、柔弱也。餘並見前篇。
【読み】
孟子曰く、伯夷は目に惡色を視ず、耳に惡聲を聽かず。其の君に非ざれば事えず、其の民に非ざれば使えず。治まるときは則ち進み、亂るるときは則ち退く。橫政の出づる所、橫民の止まる所、居るに忍びず。思えらく、郷人と處ること、朝衣朝冠を以て塗炭に坐するが如し、と。紂が時に當たって、北海の濱に居て、以て天下の淸むを待つ。故に伯夷の風を聞く者は、頑夫も廉に、懦夫も志を立つること有り。治は去聲。下も同じ。橫は去聲。朝は音潮。○橫は、法度に循わざるを謂う。頑は、知覺無し。廉は、分辨有り。懦は、柔弱なり。餘は並前篇に見ゆ。

伊尹曰、何事非君。何使非民。治亦進、亂亦進。曰、天之生斯民也、使先知覺後知、使先覺覺後覺。予天民之先覺者也。予將以此道覺此民也。思天下之民、匹夫匹婦、有不與被堯舜之澤者、若己推而内之溝中。其自任以天下之重也。與、音預。○何事非君、言所事卽君。何使非民、言所使卽民。無不可事之君、無不可使之民也。餘見前篇。
【読み】
伊尹曰く、何れに事うとしてか君に非ざる。何れを使うとしてか民に非ざる。治まるにも亦進み、亂るるにも亦進む。曰く、天の斯の民を生ずる、先知をして後知を覺さしめ、先覺をして後覺を覺さしむ。予は天民の先覺なる者なり。予將に此の道を以て此の民を覺さんとす、と。思えらく、天下の民、匹夫匹婦も、堯舜の澤を被るに與らざる者有れば、己推して之を溝中に内るるが若し、と。其の自ら任ずるに天下の重きを以てするなり。與は音預。○何れに事うとしてか君に非ずは、言うこころは、事うる所は卽ち君なり、と。何れを使うとしてか民に非ずは、言うこころは、使う所は卽ち民なり、と。事う可からざるの君無く、使う可からざるの民無し。餘は前篇に見ゆ。

柳下惠不羞汙君、不辭小官。進不隱賢、必以其道。遺佚而不怨、阨竆而不憫。與郷人處、由由然不忍去也。爾爲爾、我爲我。雖袒裼裸裎於我側、爾焉能浼我哉。故聞柳下惠之風者、鄙夫寬、薄夫敦。鄙、狹陋也。敦、厚也。餘見前篇。
【読み】
柳下惠は汙君を羞じず、小官を辭せず。進んで賢を隱[かく]さず、必ず其の道を以てす。遺佚すれども而も怨みず、阨竆すれども而も憫えず。郷人と處れども、由由然として去るに忍びず。爾は爾爲り、我は我爲り。我が側に袒裼裸裎すと雖も、爾焉んぞ能く我を浼[けが]さんや、と。故に柳下惠の風を聞く者は、鄙夫も寬[ゆたか]に、薄夫も敦し。鄙は狹陋なり。敦は厚しなり。餘は前篇に見ゆ。

孔子之去齊、接淅而行、去魯曰、遲遲吾行也。去父母國之道也。可以速而速、可以久而久、可以處而處、可以仕而仕、孔子也。淅、先歴反。○接、猶承也。淅、漬米水也。漬米將炊、而欲去之速。故以手承水取米而行、不及炊也。舉此一端、以見其久速仕止各當其可也。或曰、孔子去魯、不稅冕而行。豈得爲遲。楊氏曰、孔子欲去之意久矣、不欲苟去。故遲遲其行也。膰肉不至、則得以微罪行矣、故不稅冕而行、非速也。
【読み】
孔子の齊を去るときに、淅[かしみず]を接[う]けて行[さ]る。魯を去るときに曰く、遲遲として吾行らん、と。父母の國を去るの道なり。以て速やかなる可くして速やかに、以て久しかる可くして久しく、以て處る可くして處り、以て仕う可くして仕うるは、孔子なり、と。淅は先歴の反。○接は猶承くのごとし。淅は、米を漬す水なり。米を漬して將に炊たかんとして、去らまく欲することの速やかなり。故に手を以て水を承け米を取って行り、炊ぐに及ばざるなり。此の一端を舉げて、以て其の久速仕止各々其の可に當ることを見[しめ]せり。或ひと曰く、孔子魯を去るとき、冕を稅[ぬ]がずして行る。豈遲しとすることを得んや、と。楊氏曰く、孔子去らまく欲するの意久しくして、苟も去ることを欲せず。故に遲遲として其れ行るなり。膰肉至らざるときは、則ち微罪を以て行ることを得。故に冕を稅がずして行る。速やかには非ざるなり、と。

孟子曰、伯夷、聖之淸者也。伊尹、聖之任者也。柳下惠、聖之和者也。孔子、聖之時者也。張子曰、無所雜者淸之極、無所異者和之極。勉而淸、非聖人之淸、勉而和、非聖人之和。所謂聖者、不勉不思而至焉者也。孔氏曰、任者、以天下爲己責也。愚謂、孔子仕止久速、各當其可、蓋兼三子之所以聖者而時出之。非如三子之可以一德名也。或疑、伊尹出處、合乎孔子。而不得爲聖之時、何也。程子曰、終是任底意思在。
【読み】
孟子曰く、伯夷は、聖の淸なる者なり。伊尹は、聖の任なる者なり。柳下惠は、聖の和なる者なり。孔子は、聖の時なる者なり。張子曰く、雜る所無きは淸の極、異なる所無きは和の極なり。勉めて淸なるは、聖人の淸に非ず、勉めて和なるは、聖人の和に非ず。所謂聖は、勉めず思わずして至る者なり、と。孔氏曰く、任は、天下を以て己が責とするなり、と。愚謂えらく、孔子の仕止久速、各々其の可に當たるは、蓋し三子の聖なる所以の者を兼ねて時に之を出だせばなり。三子の一德を以て名づく可きが如きに非ざるなり。或ひと疑う、伊尹の出處は、孔子に合う。而して聖の時とするを得ざるは、何ぞ、と。程子曰く、終に是れ任底の意思在ればなり、と。

孔子之謂集大成。集大成也者、金聲而玉振之也。金聲也者、始條理也。玉振之也者、終條理也。始條理者、智之事也。終條理者、聖之事也。此言孔子集三聖之事、而爲一大聖之事、猶作樂者、集衆音之小成、而爲一大成也。成者、樂之一終。書所謂簫韶九成、是也。金、鐘屬。聲、宣也。如聲罪致討之聲。玉、磬也。振、收也。如振河海而不洩之振。始、始之也。終、終之也。條理、猶言脈絡。指衆音而言也。智者、知之所及。聖者、德之所就也。蓋樂有八音、金・石・絲・竹・匏・土・革・木。若獨奏一音、則其一音自爲始終、而爲一小成。猶三子之所知偏於一、而其所就亦偏於一也。八音之中、金石爲重。故特爲衆音之綱紀。又金始震而玉終詘然也、故並奏八音、則於其未作、而先擊鎛鐘以宣其聲、俟其旣闋、而後擊特磬以收其韻。宣以始之、收以終之。二者之閒、脈絡通貫、無所不備。則合衆小成而爲一大成。猶孔子之知無不盡、而德無不全也。金聲玉振、始終條理、疑古樂經之言。故兒寬云、惟天子建中和之極、兼總條貫。金聲而玉振之。亦此意也。
【読み】
孔子を大成を集むと謂う。大成を集むとは、金聲[な]らして玉之を振[おさ]むなり。金聲らすは、條理を始むるなり。玉之を振むとは、條理を終うるなり。條理を始むるは、智の事なり。條理を終うるは、聖の事なり。此れ言うこころは、孔子三聖の事を集めて、一大聖の事を爲すは、猶樂を作[な]す者の、衆音の小成を集めて、一大成と爲すがごとし、と。成は、樂の一終。書に謂う所の簫韶[しょうしょう]九成、是れなり。金は鐘の屬。聲は宣ぶるなり。罪を聲べて討を致すの聲の如し。玉は磬[けい]なり。振は收むるなり。河海を振めて洩らさずの振の如し。始は、之を始むるなり。終は、之を終うるなり。條理は、猶脈絡と言うがごとし。衆音を指して言うなり。智は、知の及ぶ所。聖は、德の就[な]る所なり。蓋し樂に八音有り、金・石・絲・竹・匏・土・革・木なり。若し獨[ただ]一音のみを奏するときは、則ち其の一音自ら始終を爲して、一小成を爲す。猶三子の知る所は一に偏りて、其の就る所も亦一に偏るなり。八音の中、金石を重しと爲す。故に特に衆音の綱紀とす。又金始めに震って玉終わりに詘然[くつぜん]たり。故に八音を並べ奏するときは、則ち其の未だ作らざるに於て、先ず鎛鐘[はくしょう]を擊って以て其の聲を宣べ、其の旣に闋[お]わるを俟って、後に特磬を擊って以て其の韻を收む。宣べて以て之を始め、收めて以て之を終うる。二つの者の閒、脈絡通貫して、備わらざる所無し。則ち衆小成を合わせて一大成と爲す。猶孔子の知盡くさずということ無くして、德全からずということ無きがごとし。金聲玉振、始終條理は、疑うらくは古の樂經の言ならん。故に兒寬云う、惟天子のみ中和の極を建て、條貫を兼ね總ぶ。金聲らして玉之を振む、と。亦此の意なり。

智譬則巧也。聖譬則力也。由射於百歩之外也。其至爾力也。其中非爾力也。中、去聲。○此復以射之巧力、發明智聖二字之義。見孔子巧力倶全、而聖智兼備、三子則力有餘而巧不足。是以一節雖至於聖、而智不足以及乎時中也。○此章言、三子之行、各極其一偏。孔子之道、兼全於衆理。所以偏者、由其蔽於始。是以缺於終。所以全者、由其知之至。是以行之盡。三子猶春夏秋冬之各一其時。孔子則大和元氣之流行於四時也。
【読み】
智は譬えば則ち巧みなり。聖は譬えば則ち力なり。由[なお]百歩の外に射るがごとし。其の至るは爾の力なり。其の中るは爾の力ち非ざるなり、と。中は去聲。○此れ復射の巧力を以て、智聖の二字の義を發明す。孔子巧力倶に全くして、聖智兼ね備わり、三子は則ち力餘り有って巧足らざることを見す。是を以て一節は聖に至ると雖も、而して智は以て時中に及ぶに足らざるなり。○此の章言うこころは、三子の行、各々其の一偏を極む。孔子の道は、衆理を兼ね全うす。偏する所以は、其の始めに蔽わるるに由る。是を以て終わりを缺[か]く。全き所以は、其の知ることの至るに由る。是を以て之を行い盡くせり。三子は猶春夏秋冬の各々其の時を一にするがごとし。孔子は則ち大和元氣の四時に流行す、と。


萬章章句下2
○北宮錡問曰、周室班爵祿也、如之何。錡、魚綺反。○北宮、姓。錡、名。衛人。班、列也。
【読み】
○北宮錡問うて曰く、周室爵祿を班[つら]ぬること、如之何、と。錡は魚綺の反。○北宮は姓。錡は名。衛人。班は列ぬるなり。

孟子曰、其詳不可得聞也。諸侯惡其害己也、而皆去其籍。然而軻也、嘗聞其略也。惡、去聲。去、上聲。○當時諸侯兼幷僭竊。故惡周制妨害己之所爲也。
【読み】
孟子曰く、其の詳らかなること得て聞いつ可からず。諸侯其の己を害することを惡んで、皆其の籍を去[す]つ。然れども軻、嘗て其の略を聞けり。惡は去聲。去は上聲。○當時の諸侯兼幷して僭竊す。故に周制の己のする所を妨げ害することを惡めり。

天子一位、公一位、侯一位、伯一位、子男同一位、凡五等也。君一位、卿一位、大夫一位、上士一位、中士一位、下士一位、凡六等。此班爵之制也。五等通於天下、六等施於國中。
【読み】
天子一位、公一位、侯一位、伯一位、子男同じく一位、凡て五等。君一位、卿一位、大夫一位、上士一位、中士一位、下士一位、凡て六等。此れ爵を班ぬるの制なり。五等は天下に通じ、六等は國中に施さる。

天子之制、地方千里、公侯皆方百里、伯七十里、子男五十里、凡四等。不能五十里、不達於天子、附於諸侯、曰附庸。此以下、班祿之制也。不能、猶不足也。小國之地、不足五十里者、不能自達於天子。因大國以姓名通、謂之附庸。若春秋邾儀父之類、是也。
【読み】
天子の制、地方千里、公侯は皆方百里、伯は七十里、子男は五十里、凡て四等。五十里に能[た]らざれば、天子に達せずして、諸侯に附くを、附庸と曰う。此より以下は、祿を班ぬるの制なり。能らずは、猶足らずのごとし。小國の地、五十里に足らざる者は、自ら天子に達すること能わず。大國に因りて以て姓名を通ずる、之を附庸と謂う。春秋邾[ちゅ]の儀父の類の若き、是れなり。

天子之卿、受地視侯。大夫受地視伯。元士受地視子男。視、比也。徐氏曰、王畿之内、亦制都鄙受地也。元士、上士也。
【読み】
天子の卿、地を受くること侯に視[なずら]う。大夫地を受くること伯に視う。元士地を受くること子男に視う。視は比[なずら]うなり。徐氏曰く、王畿の内も、亦都鄙を制して地を受く。元士は上士なり、と。

大國地方百里。君十卿祿。卿祿四大夫。大夫倍上士。上士倍中士。中士倍下士。下士與庶人在官者同祿。祿足以代其耕也。十、十倍之也。四、四倍之也。倍、加一倍也。徐氏曰、大國君田三萬二千畝。其入可食二千八百八十人。卿田三千二百畝。可食二百八十八人。大夫田八百畝。可食七十二人。上士田四百畝。可食三十六人。中士田二百畝。可食十八人。下士與庶人在官者田百畝。可食九人至五人。庶人在官、府史胥徒也。愚按、君以下所食之祿、皆助法之公田。藉農夫之力以耕、而收其租。士之無田、與庶人在官者、則但受祿於官、如田之入而已。
【読み】
大國は地方百里。君は卿の祿を十にす。卿の祿は大夫を四にす。大夫は上士に倍す。上士は中士に倍す。中士は下士に倍す。下士は庶人の官に在る者と祿を同じうす。祿以て其の耕すに代うるに足れり。十にすは、之を十倍するなり。四にすは、之を四倍するなり。倍は、一倍を加うるなり。徐氏曰く、大國は君の田は三萬二千畝。其の入は二千八百八十人を食[やしな]う可し。卿の田は三千二百畝。二百八十八人を食う可し。大夫の田は八百畝。七十二人を食う可し。上士の田は四百畝。三十六人を食う可し。中士の田は二百畝。十八人を食う可し。下士と庶人の官に在る者は田百畝。九人より五人に至るまでを食う可し。庶人の官に在るは、府史胥徒なり、と。愚按ずるに、君より以下食う所の祿は、皆助法の公田なり。農夫の力を藉[か]りて以て耕して、其租を收む。士の田無きと、庶人の官に在る者とは、則ち但祿を官に受くること、田の入の如きのみ。

次國地方七十里。君十卿祿。卿祿三大夫。大夫倍上士。上士倍中士。中士倍下士。下士與庶人在官者同祿。祿足以代其耕也。三、謂三倍之也。徐氏曰、次國君田二萬四千畝。可食二千一百六十人。卿田二千四百畝。可食二百十六人。
【読み】
次國は地方七十里。君は卿の祿を十にす。卿の祿は大夫を三にす。大夫は上士に倍す。上士は中士に倍す。中士は下士に倍す。下士は庶人の官に在る者と祿を同じうす。祿以て其の耕すに代うるに足れり。三にすは、之を三倍するを謂うなり。徐氏曰く、次國は君の田二萬四千畝。二千一百六十人を食う可し。卿の田二千四百畝。二百十六人を食う可し、と。

小國地方五十里。君十卿祿。卿祿二大夫。大夫倍上士。上士倍中士。中士倍下士。下士與庶人在官者同祿。祿足以代其耕也。二、卽倍也。徐氏曰、小國君田一萬六千畝。可食千四百四十人。卿田一千六百畝。可食百四十四人。
【読み】
小國は地方五十里。君は卿の祿を十にす。卿の祿は大夫を二にす。大夫は上士に倍す。上士は中士に倍す。中士は下士に倍す。下士は庶人の官に在る者と祿を同じうす。祿以て其の耕すに代うるに足れり。二にすは、卽ち倍なり。徐氏曰く、小國は君の田一萬六千畝。千四百四十人を食う可し。卿田は一千六百畝。百四十四人を食う可し、と。

耕者之所獲、一夫百畝。百畝之糞、上農夫食九人。上次食八人。中食七人。中次食六人。下食五人。庶人在官者、其祿以是爲差。食、音嗣。○獲、得也。一夫一婦、佃田百畝。加之以糞。糞多而力勤者爲上農。其所收可供九人。其次用力不齊。故有此五等。庶人在官者、其受祿不同、亦有此五等也。○愚按、此章之說、與周禮・王制不同。蓋不可考。闕之可也。程子曰、孟子之時、去先王未遠、載籍未經秦火。然而班爵祿之制已不聞其詳。今之禮書、皆掇拾於煨燼之餘、而多出於漢儒一時之傅會。奈何欲盡信而句爲之解乎。然則其事固不可一一追復矣。
【読み】
耕す者の獲る所、一夫百畝。百畝の糞[つちか]える、上農夫は九人を食う。上の次は八人を食う。中は七人を食う。中の次は六人を食う。下は五人を食う。庶人の官に在る者、其の祿是を以て差とす、と。食は音嗣。○獲は得るなり。一夫一婦は、田百畝を佃る。之に加うるに糞を以てす。糞えること多くして力めて勤むる者を上農とす。其の收むる所は九人を供する可し。其の次は力を用うること齊しからず。故に此の五等有り。庶人の官に在る者も、其の祿を受くること同じからず、亦此の五等有るなり。○愚按ずるに、此の章の說、周禮・王制と同じからず。蓋し考う可からず。之を闕くこと可なり。程子曰く、孟子の時は、先王を去ること未だ遠からず、載籍未だ秦火を經ず。然れども爵祿を班ぬるの制已に其の詳らかなるを聞かず。今の禮書は、皆煨燼の餘を掇拾して、多くは漢儒一時の傅會より出づ。奈何ぞ盡く信じて句ごとに解を爲さまく欲せんや。然れば則ち其の事固より一一追復す可からざるなり、と。


萬章章句下3
○萬章問曰、敢問友。孟子曰、不挾長、不挾貴、不挾兄弟而友。友也者、友其德也。不可以有挾也。挾者、兼有而恃之之稱。
【読み】
○萬章問うて曰く、敢えて友を問う、と。孟子曰く、長を挾[さしはさ]まず、貴を挾まず、兄弟を挾まずして友とす。友は、其の德を友とす。以て挾むこと有る可からず。挾は、兼ね有して之を恃むことの稱。

孟獻子、百乘之家也。有友五人焉。樂正裘・牧仲、其三人、則予忘之矣。獻子之與此五人者友也、無獻子之家者也。此五人者、亦有獻子之家、則不與之友矣。乘、去聲。下同。○孟獻子、魯之賢大夫仲孫蔑也。張子曰、獻子忘其勢、五人者忘人之勢。不資其勢而利其有。然後能忘人之勢。若五人者有獻子之家、則反爲獻子之所賤矣。
【読み】
孟獻子は、百乘の家なり。友五人有り。樂正裘・牧仲、其の三人は、則ち予之を忘れたり。獻子が此の五人者と友たるは、獻子が家を無しとする者なればなり。此の五人者も、亦獻子が家を有りとせば、則ち之と友たらじ。乘は去聲。下も同じ。○孟獻子は、魯の賢大夫の仲孫蔑なり。張子曰く、獻子其の勢を忘れて、五人者は人の勢を忘る。其の勢に資[よ]って其の有るを利とせず。然して後に能く人の勢を忘る。若し五人者獻子が家を有りとせば、則ち反って獻子の賤しむ所と爲さん、と。

非惟百乘之家爲然也。雖小國之君亦有之。費惠公曰、吾於子思則師之矣。吾於顏般則友之矣。王順・長息、則事我者也。費、音祕。般、音班。○惠公、費邑之君也。師、所尊也。友、所敬也。事我者、所使也。
【読み】
非惟百乘の家のみ然りとするに非ず。小國の君と雖も亦之れ有り。費の惠公曰く、吾子思に於ては則ち之を師とす。吾顏般に於ては則ち之を友とす。王順・長息は、則ち我に事うる者なり、と。費は音祕。般は音班。○惠公は、費邑の君なり。師は尊ぶ所なり。友は敬する所なり。我に事うる者は、使う所なり。

非惟小國之君爲然也。雖大國之君亦有之。晉平公之於亥唐也、入云則入、坐云則坐、食云則食。雖疏食菜羹、未嘗不飽。蓋不敢不飽也。然終於此而已矣。弗與共天位也、弗與治天職也、弗與食天祿也。士之尊賢者也。非王公之尊賢也。疏食之食、音嗣。平公・王公下、諸本多無之字。疑闕文也。○亥唐、晉賢人也。平公造之、唐言入、公乃入、言坐乃坐、言食乃食也。疏食、糲飯也。不敢不飽、敬賢者之命也。范氏曰、位曰天位、職曰天職、祿曰天祿。言天所以待賢人、使治天民、非人君所得專者也。
【読み】
惟小國の君のみ然りとするに非ず。大國の君と雖も亦之れ有り。晉の平公の亥唐に於る、入れと云うときは則ち入り、坐[お]れと云うときは則ち坐り、食らえと云うときは則ち食らう。疏食菜羹と雖も、未だ嘗て飽かずんばあらず。蓋し敢えて飽かずんばあらざるなり。然れども此に終うるのみ。與に天位を共にせず、與に天職を治めず、與に天祿を食まず。士の賢を尊ぶ者なり。王公の賢を尊ぶに非ざるなり。疏食の食は音嗣。平公・王公の下、諸本多く之の字無し。疑うらくは闕文ならん。○亥唐は、晉の賢人なり。平公之に造[いた]り、唐入れと言えば、公乃ち入り、坐れと言えば乃ち坐り、食らえと言えば乃ち食らう。疏食は糲飯なり。敢えて飽かずんばあらずは、賢者の命を敬すればなり。范氏曰く、位は天位を曰い、職は天職を曰い、祿は天祿を曰う。言うこころは、天の賢人を待ち、天民を治めしむる所以にして、人君の專らにすることを得る所の者に非ざるなり、と。

舜尙見帝。帝館甥于貳室、亦饗舜、迭爲賓主。是天子而友匹夫也。尙、上也。舜上而見於帝堯也。館、舍也。禮、妻父曰外舅。謂我舅者、吾謂之甥。堯以女妻舜。故謂之甥。貳室、副宮也。堯舍舜於副宮、而就饗其食。
【読み】
舜尙[あ]げられて帝に見う。帝甥を貳室に館し、亦舜に饗して、迭[たが]いに賓主と爲る。是れ天子にして匹夫を友とするなり。尙は上げるなり。舜上げられて帝堯に見う。館は、舍[やど]すなり。禮に、妻の父を外舅と曰う。我を舅と謂う者は、吾之を甥と謂う、と。堯女を以て舜に妻す。故に之を甥と謂う。貳室は、副宮なり。堯舜を副宮に舍らせて、就いて其の食を饗す。

用下敬上、謂之貴貴。用上敬下、謂之尊賢。貴貴尊賢、其義一也。貴貴尊賢、皆事之宜者。然當時但知貴貴、而不知尊賢。故孟子曰、其義一也。○此言、朋友人倫之一、所以輔仁。故以天子友匹夫、而不爲詘、以匹夫友天子、而不爲僭。此堯舜所以爲人倫之至、而孟子言必稱之也。
【読み】
下を用[も]って上を敬するは、之を貴きを貴ぶと謂う。上を用って下を敬するは、之を賢を尊ぶと謂う。貴きを貴び賢を尊ぶ、其の義一なり、と。貴きを貴び賢を尊ぶは、皆事の宜しき者。然れども當時は但貴きを貴ぶことを知って、賢を尊ぶことを知らず。故に孟子曰く、其の義一なり、と。○此れ言うこころは、朋友は人倫の一つにして、仁を輔くる所以なり。故に天子を以て匹夫を友として、詘[かが]まれりとせず、匹夫を以て天子を友として、僭[ひところ]えりとせず。此れ堯舜は人倫の至りとして、孟子言えば必ず之を稱する所以なり、と。


萬章章句下4
○萬章問曰、敢問交際何心也。孟子曰、恭也。際、接也。交際、謂人以禮儀幣帛相交接也。
【読み】
○萬章問うて曰く、敢えて問う、交際は何の心ぞ、と。孟子曰く、恭なり、と。際は接[まじ]わるなり。交際は、人の禮儀幣帛を以て相交接するを謂うなり。

曰、卻之卻之爲不恭、何哉。曰、尊者賜之、曰其所取之者、義乎不義乎、而後受之。以是爲不恭。故弗卻也。卻、不受而還之也。再言之、未詳。萬章疑、交際之閒、有所卻者、人便以爲不恭、何哉。孟子言、尊者之賜、而心竊計其所以得此物者、未知合義與否、必其合義、然後可受。不然則卻之矣。所以卻之爲不恭也。
【読み】
曰く、之を卻[しりぞ]け之を卻けるを不恭とするは、何ぞや、と。曰く、尊者之に賜うときに、曰く、其の之を取る所の者、義か不義かというて、而して後に之を受けん、と。是を以て不恭とす。故に卻けず、と。卻は、受けずして之を還すなり。再び之を言うは、未だ詳らかならず。萬章疑う、交際の閒、卻く所有る者、人便ち以て不恭とするは、何ぞや、と。孟子言う、尊者賜いて、心竊かに其の此の物を得る所以の者、未だ義に合うか否かを知らざることを計り、必ず其れ義に合い、然して後に受く可し。然らざれば則ち之を卻く。之を卻くを不恭とする所以なり、と。

曰、請無以辭卻之、以心卻之、曰其取諸民之不義也、而以他辭無受、不可乎。曰、其交也以道、其接也以禮、斯孔子受之矣。萬章以爲、彼旣得之不義、則其餽不可受。但無以言語閒而卻之、直以心度其不義、而託於他辭以卻之。如此可否耶。交以道、如餽贐、聞戒、周其飢餓之類。接以禮、謂辭命恭敬之節。孔子受之、如受陽貨烝豚之類也。
【読み】
曰く、請う、辭を以て之を卻くること無く、心を以て之を卻けて、其の諸民に取ることの不義を曰うて、他辭を以て受くること無けん、不可なりや、と。曰く、其の交わるに道を以てし、其の接わるに禮を以てすれば、斯ち孔子も之を受く。萬章以爲えらく、彼旣に之を得ること不義なれば、則ち其の餽は受く可からず。但言語を以て閒[こば]んで之を卻くこと無く、直[ただ]心を以て其の不義を度り、他の辭に託して以て之を卻く。此の如きは可なるや否や、と。交わるに道を以てすは、贐[じん]を餽[おく]り戒めを聞き、其の飢餓を周[すく]うの類の如し。接わるに禮を以てすは、辭命恭敬の節を謂う。孔子も之を受くは、陽貨が烝豚を受くるの類の如し。

萬章曰、今有禦人於國門之外者。其交也以道、其餽也以禮、斯可受禦與。曰、不可。康誥曰、殺越人于貨、閔不畏死、凡民罔不譈。是不待敎而誅者也。殷受夏、周受殷、所不辭也。於今爲烈。如之何其受之。與、平聲。譈、書作憝。徒對反。○禦、止也。止人而殺之、且奪其貨也。國門之外、無人之處也。萬章以爲、苟不問其物之所從來、而但觀其交接之禮、則設有禦人者、用其禦得之貨、以禮餽我、則可受之乎。康誥、周書篇名。越、顚越也。今書閔作愍、無凡民二字。譈、怨也。言殺人而顚越之、因取其貨、閔然不知畏死、凡民無不怨之。孟子言、此乃不待敎戒而當卽誅者也。如何而可受之乎。殷受至爲烈十四字、語意不倫。李氏以爲、此必有斷簡或闕文者、近之。而愚意、其直爲衍字耳。然不可考。姑闕之可也。
【読み】
萬章曰く、今人を國門の外に禦むる者有らん。其の交わるに道を以てし、其の餽[おく]るに禮を以てせば、斯ち禦めたるを受く可けんや、と。曰く、不可。康誥に曰く、人を貨[たから]に殺越し、閔として死を畏れざるを、凡そ民譈[うら]みずということ罔し、と。是れ敎を待たずして誅せん者なり。殷は夏に受け、周は殷に受けて、辭せざる所なり。今に於て烈[て]れりとす。如之何して其れ之を受けん、と。與は平聲。譈は書に憝に作る。徒對の反。○禦は止むるなり。人を止めて之を殺し、且つ其の貨を奪うなり。國門の外は、人無き處なり。萬章以爲えらく、苟し其の物の從りて來る所を問わずして、但其の交接の禮のみを觀れば、則ち設[も]し人を禦むる者有り、其の禦め得る貨を用いて、禮を以て我に餽れば、則ち之を受く可きか、と。康誥は、周書の篇の名。越は顚越なり。今の書は閔を愍に作り、凡民の二字無し。譈は怨むなり。言うこころは、人を殺して之を顚越し、因って其の貨を取り、閔然として死を畏るることを知らざるは、凡そ民之を怨みずということ無し、と。孟子言う、此れ乃ち敎戒を待たずして當に卽誅すべき者なり。如何にして之を受く可けん、と。殷受より爲烈に至る十四字、語意倫[たぐい]せず。李氏以爲らく、此れ必ず斷簡或は闕文有りとは、之に近し。而れども愚意えらく、其れ直[ただ]衍字とするのみ。然れども考う可からず。姑く之を闕くこと可なり。

曰、今之諸侯、取之於民也、猶禦也。苟善其禮際矣、斯君子受之。敢問何說也。曰、子以爲、有王者作、將比今之諸侯而誅之乎、其敎之不改、而後誅之乎。夫謂非其有而取之者盜也、充類至義之盡也。孔子之仕於魯也、魯人獵較、孔子亦獵較。獵較猶可。而況受其賜乎。比、去聲。夫、音扶。較、音角。○比、連也。言今諸侯之取於民、固多不義。然有王者起、必不連合而盡誅之、必敎之不改而後誅之。則其與禦人之盜、不待敎而誅者不同矣。夫禦人於國門之外、與非其有而取之、二者固皆不義之類。然必禦人、乃爲眞盜。其謂非有而取爲盜者、乃推其類、至於義之至精至密之處而極言之耳。非便以爲眞盜也。然則今之諸侯、雖曰取非其有、而豈可遽以同於禦人之盜也哉。又引孔子之事、以明世俗所尙、猶或可從、況受其賜、何爲不可乎。獵較、未詳。趙氏以爲、田獵相較、奪禽獸之祭。孔子不違、所以小同於俗也。張氏以爲獵而較所獲之多少也。二說未知孰是。
【読み】
曰く、今の諸侯、之を民に取ること、猶禦むるがごとし。苟し其の禮際を善くせば、斯ち君子之を受けん。敢えて問う、何の說ぞ、と。曰く、子以爲えらく、王者作ること有らば、將に今の諸侯を比[つら]ねて之を誅せんとするか、其れ之を敎えれども改めずして、而して後に之を誅せんとするか。夫れ其の有に非ずして之を取る者は盜なりと謂うは、類を充てて義の盡くせるに至れるなり。孔子の魯に仕えしときに、魯人獵較したれば、孔子も亦獵較す。獵較だに猶可なり。而るを況や其の賜を受くるをや、と。比は去聲。夫は音扶。較は音角。○比は連ぬるなり。言うこころは、今諸侯の民に取ること、固[まこと]に不義多し。然れども王者起こること有らば、必ずしも連ね合わせて盡く之を誅さず、必ず之に敎えて改めずして後に之を誅さん。則ち其の人を禦むる盜と、敎を待たずして誅する者とは同じからず。夫れ人を國門の外に禦むると、其の有に非ずして之を取るとは、二つの者固に皆不義の類なり。然れども必ずや人を禦むるは、乃ち眞の盜爲り。其の有に非ずして取るを謂うて盜とするは、乃ち其の類を推して、義の至精至密の處に至って之を極言するのみ。便ち以て眞に盜とするに非ざるなり。然れば則ち今の諸侯、其の有に非ざるを取ると曰うと雖も、豈遽に以て人を禦むる盜と同じくす可けんや。又孔子の事を引いて、以て世俗尙ぶ所は、猶或は從う可し、況や其の賜を受くるは、何ぞ不可とせんやということを明らかにす。獵較は未詳らかならず。趙氏以爲えらく、田獵して相較べ、禽獸を奪い祭るなり。孔子違わざるは、小しく俗に同じくする所以なり、と。張氏以て獵して獲る所の多少を較ぶるとす。二說未だ孰れか是なるかを知らず。

曰、然則孔子之仕也、非事道與。曰、事道也。事道奚獵較也。曰、孔子先簿正祭器、不以四方之食供簿正。曰、奚不去也。曰、爲之兆也。兆足以行矣。而不行。而後去。是以未嘗有所終三年淹也。與、平聲。○此因孔子事、而反覆辯論也。事道者、以行道爲事也。事道奚獵較也、萬章問也。先簿正祭器、未詳。徐氏曰、先以簿書正其祭器、使有定數、不以四方難繼之物實之。夫器有常數、實有常品、則其本正矣。彼獵較者、將久而自廢矣。未知是否也。兆、猶卜之兆。蓋事之端也。孔子所以不去者、亦欲小試行道之端、以示於人、使知吾道之果可行也。若其端旣可行、而人不能遂行之。然後不得已而必去之。蓋其去雖不輕、而亦未嘗不決。是以未嘗終三年留於一國也。
【読み】
曰く、然るときは則ち孔子の仕うること、道を事とするに非ざるか、と。曰く、道を事とす。道を事とせば奚んぞ獵較する。曰く、孔子先ず祭器を簿正して、四方の食を以て簿正に供えず、と。曰く、奚んぞ去らざる、と。曰く、之が兆を爲せり。兆以て行うに足れり。而れども行われず。而して後の去る。是を以て未だ嘗て三年を終うるまで淹[とど]まる所有らず。與は平聲。○此れ孔子の事に因って、反覆して辯論するなり。道を事とするは、道を行うを以て事とするなり。道を事とせば奚んぞ獵較するは、萬章の問いなり。先ず祭器を簿正するは、未だ詳らかならず。徐氏曰く、先ず簿書を以て其の祭器を正し、定數有らしめ、四方の繼ぎ難き物を以て之を實たさず。夫れ器に常數有り、實に常品有れば、則ち其の本正しきなり。彼の獵較は、將に久しくして自ら廢てられんとす、と。未だ是なるか否かを知らず。兆は、猶卜の兆のごとし。蓋し事の端なり。孔子去らざる所以の者は、亦小しく道を行うの端を試み、以て人に示して、吾が道の果たして行う可きを知らしめまく欲するなり。其の端旣に行う可きが若きも、而して人遂に之を行うこと能わず。然して後に已むことを得ずして必ず之を去る。蓋し其の去ること輕々しからずと雖も、亦未だ嘗て決せずんばあらず。是を以て未だ嘗て三年を終うるまで一國に留まらざるなり。

孔子有見行可之仕、有際可之仕、有公養之仕也。於季桓子、見行可之仕也。於衛靈公、際可之仕也。於衛孝公、公養之仕也。見行可、見其道之可行也。際可、接遇以禮也。公養、國君養賢之禮也。季恒子、魯卿季孫斯也。衛靈公、衛侯元也。孝公、春秋史記皆無之。疑出公輒也。因孔子仕魯、而言其仕有此三者。故於魯則兆足以行矣。而不行。然後去。而於衛之事、則又受其交際問餽、而不卻之一驗也。尹氏曰、不聞孟子之義、則自好者爲於陵仲子而已。聖賢辭受進退、惟義所在。愚按、此章文義多不可曉。不必強爲之說。
【読み】
孔子見行可の仕え有り、際可の仕え有り、公養の仕え有り。季桓子に於ては、見行可の仕えなり。衛の靈公に於ては、際可の仕えなり。衛の孝公に於ては、公養の仕えなり、と。見行可は、其の道の行わる可きを見るなり。際可は、接遇するに禮を以てするなり。公養は、國君の賢を養うの禮なり。季恒子は、魯の卿の季孫斯なり。衛の靈公は、衛侯元なり。孝公は、春秋史記に皆之れ無し。疑うらくは出公輒ならん。孔子魯に仕うるに因りて、其の仕うるに此の三つの者有るを言う。故に魯に於ては則ち兆以て行うに足れり。而れども行われず。然して後に去る。而して衛に於る事は、則ち又其の交際問餽を受けて、卻[しりぞ]けざるの一驗なり。尹氏曰く、孟子の義を聞かざれば、則ち自ら好しとする者は於陵の仲子爲るのみ。聖賢の辭受進退は、惟義の在る所なり、と。愚按ずるに、此の章の文義多く曉る可からず。必ずしも強いて之の說を爲さず。


萬章章句下5
○孟子曰、仕非爲貧也。而有時乎爲貧。娶妻非爲養也。而有時乎爲養。爲・養、並去聲。下同。○仕本爲行道。而亦有家貧親老、或道與時違、而但爲祿仕者。如娶妻本爲繼嗣。而亦有爲不能親操井臼、而欲資其餽養者。
【読み】
○孟子曰く、仕えは貧しきが爲にするに非ず。而れども貧しきが爲にするに時有り。妻を娶るは養いの爲にするに非ず。而れども養いの爲にするに時有り。爲・養は並去聲。下も同じ。○仕えは本道を行う爲なり。而れども亦家貧しく親老えば、或は道時と違えども、但祿の爲に仕うる者有り。妻を娶るは本繼嗣の爲なり。而れども亦親井臼を操ること能わざるが爲に、其の餽養を資[たす]けまく欲する者有るが如し。

爲貧者、辭尊居卑、辭富居貧。貧富、謂祿之厚薄。蓋仕不爲道、已非出處之正。故其所處但當如此。
【読み】
貧しきが爲にする者は、尊きを辭して卑しきに居り、富めるを辭して貧しきに居る。貧富は、祿の厚薄を謂う。蓋し仕うること道の爲にあらざれば、已に出處の正しきに非ず。故に其の處る所は但當に此の如くなるべし。

辭尊居卑、辭富居貧、惡乎宜乎。抱關擊柝。惡、平聲。柝、音託。○柝、行夜所擊木也。蓋爲貧者雖不主於行道、而亦不可以苟祿。故惟抱關擊柝之吏、位卑祿薄、其職易稱。爲所宜居也。李氏曰、道不行矣、爲貧而仕者、此其律令也。若不能然、則是貪位慕祿而已矣。
【読み】
尊きを辭し卑しきに居り、富めるを辭して貧しきに居るは、惡くにか宜しき。關を抱[まも]り柝[たく]を擊つ。惡は平聲。柝は音託。○柝は、行夜[よまわり]の擊つ所の木なり。蓋し貧しきが爲にする者は道を行うことを主とせずと雖も、而して亦以て苟も祿す可からず。故に惟抱關擊柝の吏は、位卑しく祿薄くして、其の職稱い易し。宜しく居るべき所とするなり。李氏曰く、道行われず、貧しきが爲にして仕うる者は、此れ其の律令なり。若し然ること能わざるときは、則ち是れ位を貪り祿を慕うのみ、と。

孔子嘗爲委吏矣。曰、會計當而已矣。嘗爲乘田矣。曰、牛羊茁壯長而已矣。委、烏僞反。會、工外反。當、丁浪反。乘、去聲。茁、阻刮反。長、上聲。○此孔子之爲貧而仕者也。委吏、主委積之吏也。乘田、主苑囿芻牧之吏也。茁、肥貌。言以孔子大聖、而嘗爲賤官、不以爲辱者、所謂爲貧而仕、官卑祿薄、而職易稱也。
【読み】
孔子嘗て委吏と爲る。曰く、會計當たれらくのみ、と。嘗て乘田と爲る。曰く、牛羊茁[さつ]として壯長すらくのみ、と。委は烏僞の反。會は工外の反。當は丁浪の反。乘は去聲。茁は阻刮の反。長は上聲。○此れ孔子の貧しきが爲にして仕うる者なり。委吏は、委積を主[つかさど]る吏なり。乘田は、苑囿芻牧を主る吏なり。茁は、肥える貌。言うこころは、孔子大聖を以てして、嘗て賤官と爲り、以て辱とせざるは、所謂貧しきが爲にして仕うるに、官卑しく祿薄くして、職稱い易ければなり、と。

位卑而言高、罪也。立乎人之本朝、而道不行、恥也。朝、音潮。○以出位爲罪、則無行道之責。以廢道爲恥、則非竊祿之官。此爲貧者之所以必辭尊富、而寧處貧賤也。○尹氏曰、言爲貧者、不可以居尊。居尊者、必欲以行道。
【読み】
位卑しうして言高きは、罪なり。人の本朝に立って、道行われざるは、恥なり、と。朝は音潮。○位を出ることを以て罪とすれば、則ち道を行うの責無し。道を廢つるを以て恥とすれば、則ち非祿を竊[ぬす]む官に非ず。此れ貧しきが爲にする者の必ず尊富を辭して、寧ろ貧賤に處る所以なり。○尹氏曰く、言うこころは、貧しきが爲にする者は、以て尊きに居る可からず。尊きに居る者は、必ず以て道を行わまく欲す、と。


萬章章句下6
○萬章曰、士之不託諸侯、何也。孟子曰、不敢也。諸侯失國、而後託於諸侯、禮也。士之託於諸侯、非禮也。託、寄也。謂不仕而食其祿也。古者諸侯出奔他國、食其廩餼、謂之寄公。士無爵士、不得比諸侯。不仕而食祿、則非禮也。
【読み】
○萬章曰く、士の諸侯に託[よ]せざるは、何ぞ、と。孟子曰く、敢えてせず。諸侯國を失うて、而して後に諸侯に託するは、禮なり。士の諸侯に託するは、禮に非ざるなり、と。託は寄すなり。仕えずして其の祿を食むことを謂う。古は諸侯他國に出奔し、其の廩餼を食むことを、寄公と謂う。士は爵士無く、諸侯に比することを得ず。仕えずして祿を食むは、則ち禮に非ざるなり。

萬章曰、君餽之粟、則受之乎。曰、受之。受之何義也。曰、君之於氓也、固周之。周、救也。視其空乏、則周卹之無常數、君待民之禮也。
【読み】
萬章曰く、君之に粟を餽[おく]るときは、則ち之を受けんや、と。曰く、之を受く、と。之を受くるは何の義ぞ。曰く、君の氓[たみ]に於る、固[まこと]に之を周[すく]う。周は救うなり。其の空乏を視れば、則ち之を周卹[しゅうじゅつ]するに常數無きは、君民を待つの禮なり。

曰、周之則受。賜之則不受、何也。曰、不敢也。曰、敢問其不敢何也。曰、抱關擊柝者、皆有常職以食於上。無常職而賜於上者、以爲不恭也。賜、謂予之祿、有常數。君所以待臣之禮也。
【読み】
曰く、之を周うときに則ち受く。之を賜うときは則ち受けざること、何ぞ、と。曰く、敢えてせず、と。曰く、敢えて問う、其の敢えてせざること何ぞ、と。曰く、關を抱[まも]り柝[たく]を擊つ者も、皆常職有るを以て上に食む。常職無くして上に賜せらるる者をば、以て不恭とす。賜は、之に祿を予うるに、常數有ることを謂う。君の以て臣を待つ所の禮なり。

曰、君餽之、則受之。不識可常繼乎。曰、繆公之於子思也、亟問、亟餽鼎肉。子思不悦。於卒也、摽使者出諸大門之外、北面稽首再拜而不受。曰、今而後知君之犬馬畜伋。蓋自是臺無餽也。悦賢不能舉、又不能養也。可謂悦賢乎。亟、去聲。下同。摽、音杓。使、去聲。○亟、數也。鼎肉、熟肉也。卒、末也。摽、麾也。數以君命來餽、當拜受之。非養賢之禮。故不悦。而於其末後復來餽時、麾使者出拜而辭之。犬馬畜伋、言不以人禮待己也。臺、賤官。主使令者。蓋繆公愧悟、自此不復令臺來致餽也。舉、用也。能養者未必能用也。況又不能養乎。
【読み】
曰く、君之に餽るときは、則ち之を受く。識らず、常に繼ぐ可けんや、と。曰く、繆公の子思に於る、亟々[しばしば]問うて、亟々鼎肉を餽る。子思悦びず。卒わりに於て、使者を摽[さしまね]いて大門の外に出で、北面稽首再拜して受けず。曰く、今にして後に君が犬馬をもって伋を畜うことを知んぬ、と。蓋し是より臺餽ること無し。賢を悦んで舉[もち]うること能わず、又養うこと能わず。賢を悦ぶと謂う可けんや。亟は去聲。下も同じ。摽は音杓。使は去聲。○亟は數々なり。鼎肉は熟肉なり。卒は末なり。摽は麾[さしまね]くなり。數々君命を以て來り餽るときは、當に拜して之を受くべし。賢を養うの禮に非ず。故に悦びず。而して其の末後に復來りて餽る時に於て、使者を麾き出で、拜して之を辭す。犬馬をもって伋を畜うは、言うこころは、人の禮を以て己を待たざるなり、と。臺は賤官。使令を主る者。蓋し繆公愧じ悟り、此より復臺をして來り餽を致せしめざるなり。舉は用うるなり。能く養う者すら未だ必ずしも能く用いず。況や又養うこと能わざるをや。

曰、敢問國君欲養君子、如何斯可謂養矣。曰、以君命將之。再拜稽首而受。其後廩人繼粟、庖人繼肉、不以君命將之。子思以爲、鼎肉使己僕僕爾亟拜也。非養君子之道也。初以君命來餽、則當拜受。其後有司各以其職繼續所無、不以君命來餽、不使賢者有亟拜之勞也。僕僕、煩猥貌。
【読み】
曰く、敢えて問う、國君君子を養わまく欲せば、如何なるか斯れ養うと謂いつ可き、と。曰く、君命を以て之を將[おこな]う。再拜稽首して受く。其の後廩人粟を繼ぎ、庖人肉を繼いで、君命を以て之を將わず。子思以爲えらく、鼎肉己をして僕僕爾として亟々拜せしむ。君子を養うの道に非ず、と。初め君命を以て來り餽るときは、則ち當に拜して受くべし。其の後有司各々其の職を以て無き所を繼續し、君命を以て來り餽らず、賢者に亟々拜するの勞を有らしめざるなり。僕僕は煩猥の貌。

堯之於舜也、使其子九男事之、二女女焉、百官牛羊倉廩備、以養舜於畎畝之中。後舉而加諸上位。故曰、王公之尊賢者也。女下字、去聲。○能養能舉、悦賢之至也。惟堯舜爲能盡之。而後世之所當法也。
【読み】
堯の舜に於る、其の子九男をして之に事えしめ、二女を女[めあ]わせ、百官牛羊倉廩を備えて、以て舜を畎畝の中に養う。後に舉いて諸を上位に加う。故に曰く、王公の賢を尊ぶ者なり、と。女は下の字は去聲。○能く養い能く舉うるは、賢を悦ぶの至りなり。惟堯舜のみ能く之を盡くすことを爲す。而して後世の當に法るべき所なり。


萬章章句下7
○萬章曰、敢問不見諸侯、何義也。孟子曰、在國曰市井之臣。在野曰草莽之臣。皆謂庶人。庶人不傳質爲臣。不敢見於諸侯、禮也。質、與贄同。○傳、通也。質者、士執雉、庶人執鶩、相見以自通者也。國内莫非君臣。但未仕者、與執贄在位之臣不同。故不敢見也。
【読み】
○萬章曰く、敢えて問う、諸侯に見わざるは、何の義ぞ、と。孟子曰く、國に在りては市井の臣と曰う。野に在りては草莽の臣と曰う。皆庶人を謂えり。庶人は質[し]を傳じて臣爲らず。敢えて諸侯に見わざるは、禮なり、と。質は贄と同じ。○傳は通ずなり。質は、士雉を執り、庶人鶩を執り、相見て以て自ら通ずる者なり。國内君の臣に非ざるは莫し。但未だ仕えざる者は、贄を執り位に在る臣と同じからず。故に敢えて見えざるなり。

萬章曰、庶人召之役、則往役。君欲見之召之、則不往見之、何也。曰、往役、義也。往見、不義也。往役者、庶人之職。不往見者、士之禮。
【読み】
萬章曰く、庶人之を召して役するときは、則ち往いて役す。君之を見わまく欲して之を召すときは、則ち往いて之に見わざること、何ぞ、と。曰く、往いて役するは、義なり。往いて見うは、不義なり、と。往いて役するは、庶人の職。往いて見わざるは、士の禮なり。

且君之欲見之也、何爲也哉。曰、爲其多聞也。爲其賢也。曰、爲其多聞也、則天子不召師。而況諸侯乎。爲其賢也、則吾未聞欲見賢而召之也。爲、並去聲。
【読み】
且つ君の之に見わまく欲するは、何の爲ぞや、と。曰く、其の多聞なるが爲なり。其の賢なるが爲なり、と。曰く、其の多聞なるが爲ならば、則ち天子も師を召さず。而るを況や諸侯をや。其の賢なるが爲ならば、則ち吾未だ聞かず、賢に見わまく欲して之を召すことを。爲は並去聲。

繆公亟見於子思曰、古千乘之國以友士、何如。子思不悦曰、古之人有言。曰、事之云乎。豈曰友之云乎。子思之不悦也、豈不曰、以位、則子、君也、我、臣也。何敢與君友也。以德、則子事我者也。奚可以與我友。千乘之君求與之友、而不可得也。而況可召與。亟・乘、皆去聲。召與之與、平聲。○孟子引子思之言而釋之、以明不可召之意。
【読み】
繆公亟々子思に見うて曰く、古千乘の國以て士を友とすること、何如、と。子思悦びずして曰く、古の人言えること有り。曰く、之に事うと云うことを、と。豈曰わんや、之を友とすと云うことを、と。子思の悦びざる、豈曰わざらんや、位を以てするときは、則ち子は、君なり、我は、臣なり。何ぞ敢えて君と友たらん。德を以てするときは、則ち子は我に事えん者なり。奚んぞ以て我と友たる可けん、と。千乘の君之と友たらんことを求むれども、而も得可からず。而るを況や召す可けんや。亟・乘は皆去聲。召與の與は平聲。○孟子子思の言を引いて之を釋し、以て召す可からざるの意を明らかにす。

齊景公田。招虞人以旌。不至。將殺之。志士不忘在溝壑、勇士不忘喪其元。孔子奚取焉。取非其招不往也。喪、息浪反。○說見前篇。
【読み】
齊の景公田[かり]す。虞人を招くに旌を以てす。至らず。將に之を殺さんとす。志士は溝壑に在らんことを忘れず、勇士は其の元[こうべ]を喪わんことを忘れず。孔子奚をか取れる。其の招きに非ざれば往かざることを取れり、と。喪は息浪の反。○說は前篇に見ゆ。

曰、敢問招虞人何以。曰、以皮冠。庶人以旃、士以旂、大夫以旌。皮冠、田獵之冠也。事見春秋傳。然則皮冠者、虞人之所有事也。故以是招之。庶人、未仕之臣。通帛曰旃。士、謂已仕者。交龍爲旂、析羽而注於旂干之首曰旌。
【読み】
曰く、敢えて問う、虞人を招くには何を以てする、と。曰く、皮冠を以てす。庶人には旃[せん]を以てし、士には旂[き]を以てし、大夫には旌を以てす。皮冠は、田獵の冠なり。事は春秋傳に見ゆ。然れば則ち皮冠は、虞人の事とすること有る所なり。故に是を以て之を招く。庶人は、未だ仕えざる臣。通帛を旃と曰う。士は、已に仕うる者を謂う。交龍を旂に爲る。羽を析[さ]きて旂干の首に注[つ]けるを旌と曰う。

以大夫之招招虞人、虞人死不敢往。以士之招招庶人、庶人豈敢往哉。況乎以不賢人之招招賢人乎。欲見而召之、是不賢人之招也。以士之招招庶人、則不敢往。以不賢人之招招賢人、則不可往矣。
【読み】
大夫の招きを以て虞人を招けば、虞人死すれども敢えて往かず。士の招きを以て庶人を招かば、庶人豈敢えて往かんや。況や不賢人の招きを以て賢人を招くをや。見わまく欲して之を召すは、是れ不賢人の招きなり。士の招きを以て庶人を招けば、則ち敢えて往かず。不賢人の招きを以て賢人を招けば、則ち往く可からざるなり。

欲見賢人而不以其道、猶欲其入而閉之門也。夫義、路也。禮、門也。惟君子能由是路、出入是門也。詩云、周道如厎。其直如矢。君子所履。小人所視。夫、音扶。底、詩作砥。之履反。○詩、小雅大東之篇。底、與砥同。礪石也。言其平也。矢、言其直也。視、視以爲法也。引此以證上文能由是路之義。
【読み】
賢人に見わまく欲して其の道を以てせざるは、猶其の入らまく欲して之が門を閉ずるがごとし。夫れ義は、路なり。禮は、門なり。惟君子のみ能く是の路に由り、是の門に出入す。詩に云く、周の道厎[と]の如し。其の直いこと矢の如し。君子の履む所、小人の視る所、と。夫は音扶。厎は、詩に砥に作る。之履の反。○詩は小雅大東の篇。厎は砥と同じ。礪石なり。其の平かなるを言う。矢は、其の直きを言う。視は、視て以て法とするなり。此を引いて以て上文の能く是の路に由るの義を證す。

萬章曰、孔子、君命召、不俟駕而行。然則孔子非與。曰、孔子當仕有官職、而以其官召之也。與、平聲。○孔子方仕而任職。君以其官名召之。故不俟駕而行。徐氏曰、孔子・孟子、易地則皆然。○此章言不見諸侯之義、最爲詳悉。更合陳代・公孫丑所問者而觀之、其說乃盡。
【読み】
萬章曰く、孔子、君命じて召すときは、駕を俟たずして行く。然るときは則ち孔子は非か、と。曰く、孔子仕えて官職有るに當たって、其の官を以て之を召めせばなり、と。與は平聲。○孔子仕うるに方[あた]って職を任ず。君其の官名を以て之を召す。故に駕を俟たずして行く。徐氏曰く、孔子・孟子、地を易えれば則ち皆然り、と。○此の章、諸侯に見わざるの義を言うこと、最も詳悉爲り。更に陳代・公孫丑問う所の者と合わせて之を觀れば、其の說は乃ち盡くせり。


萬章章句下8
○孟子謂萬章曰、一郷之善士、斯友一郷之善士。一國之善士、斯友一國之善士。天下之善士、斯友天下之善士。言己之善蓋於一郷、然後能盡友一郷之善士。推而至於一國・天下皆然。隨其高下、以爲廣狹也。
【読み】
○孟子萬章に謂うて曰く、一郷の善士は、斯ち一郷の善士を友とす。一國の善士は、斯ち一國の善士を友とす。天下の善士は、斯ち天下の善士を友とす。言うこころは、己が善一郷を蓋い、然して後に能く盡く一郷の善士を友とす。推して一國・天下に至るも皆然り。其の高下に隨い、以て廣狹を爲す、と。

以友天下之善士爲未足、又尙論古之人。頌其詩、讀其書、不知其人可乎。是以論其世也。是尙友也。尙、上同。言進而上也。頌、誦通。論其世、論其當世行事之跡也。言旣觀其言、而不可以不知其爲人之實、是以又考其行也。夫能友天下之善士、其所友衆矣、猶以爲未足、又進而取於古人。是能進其取友之道。而非止爲一世之士矣。
【読み】
天下の善士を友とするを以て未だ足らずとして、又尙[かみ]古の人を論ず。其の詩を頌し、其の書を讀みては、其の人を知らずして可ならんや。是を以て其の世を論ず。是れ尙友とするなり、と。尙は上と同じ。進んで上ることを言う。頌は誦に通ず。其の世を論ずは、其の當世の行事の跡を論ずるなり。言うこころは、旣に其の言を觀れば、以て其の爲人[ひととなり]の實を知らずんばある可からず、是を以て又其の行を考う、と。夫れ能く天下の善士を友とすれば、其の友とする所衆けれども、猶以て未だ足らずとして、又進んで古人を取る。是れ能く其の友を取るの道を進む。而して止[ただ]一世の士爲るのみに非ざるなり。


萬章章句下9
○齊宣王問卿。孟子曰、王何卿之問也。王曰、卿不同乎。曰、不同。有貴戚之卿、有異姓之卿。王曰、請問貴戚之卿。曰、君有大過則諫。反覆之而不聽、則易位。大過、謂足以亡其國者。易位、易君之位、更立親戚之賢者。蓋與君有親親之恩、無可去之義。以宗廟爲重、不忍坐視其亡。故不得已而至於此也。
【読み】
○齊の宣王卿を問う。孟子曰く、王何の卿か問える、と。王曰く、卿同じからずや、と。曰く、同じからず。貴戚の卿有り、異姓の卿有り、と。王曰く、貴戚の卿を請い問う、と。曰く、君大過有るときは則ち諫む。之を反覆すれども而して聽かざるときは、則ち位を易う、と。大過は、以て其の國を亡ぼすに足る者を謂う。位を易うは、君の位を易え、更に親戚の賢者を立つ。蓋し君と親を親しむの恩有り、去る可きの義無し。宗廟を以て重きと爲し、其の亡ぶるを坐視するに忍びず。故に已むことを得ずして此に至るなり。

王勃然變乎色。勃然、變色貌。
【読み】
王勃然として色を變ず。勃然は、色を變ずるの貌。

曰、王勿異也。王問臣。臣不敢不以正對。孟子言也。
【読み】
曰く、王異[あや]しむこと勿かれ。王臣に問う。臣敢えて正しきを以て對えずんばあらず、と。孟子言うなり。

王色定、然後請問異姓之卿。曰、君有過則諫。反覆之而不聽、則去。君臣義合、不合則去。○此章言、大臣之義、親疏不同。守經行權、各有其分。貴戚之卿、小過非不諫也。但必大過而不聽、乃可易位。異姓之卿、大過非不諫也。雖小過而不聽、已可去矣。然三仁貴戚、不能行之於紂、而霍光異姓、乃能行之於昌邑。此又委任權力之不同。不可以執一論也。
【読み】
王色定まって、然して後に異姓の卿を請い問う。曰く、君過有るときは則ち諫む。之を反覆すれども聽かざるときは、則ち去る、と。君臣義合、合わざるときは則ち去る。○此の章言うこころは、大臣の義、親疏同じからず。經を守り權を行うに、各々其の分有り。貴戚の卿は、小過を諫めざるに非ず。但必ず大過にして聽かざれば、乃ち位を易う可し。異姓の卿は、大過を諫めざるに非ず。小過と雖も聽かざれば、已に去る可し。然れども三仁貴戚にして、之を紂に行うこと能わずして、霍光異姓にして、乃ち能く之を昌邑に行う。此れ又委任權力同じからざればなり。以て一を執りて論ずる可からず。