二程全書卷之六  遺書二先生語五

理與心一、而人不能會之爲一。
【読み】
理と心とは一にして、人之が一たることを會すること能わず。

仲尼、元氣也。顏子、春生也。孟子、幷秋殺盡見。仲尼、無所不包。顏子示不違如愚之學於後世。有自然之和氣、不言而化者也。孟子則露其才。蓋亦時然(一作焉。)而已。仲尼、天地也。顏子、和風慶雲也。孟子、泰山巖巖之氣象也。觀其言、皆可以見之矣。仲尼無跡、顏子微有跡、孟子其跡著。
【読み】
仲尼は、元氣なり。顏子は、春生なり。孟子は秋殺を幷せて盡く見[あらわ]る。仲尼は包[か]ねざる所無し。顏子は違わざること愚なるが如きの學を後世に示す。自然の和氣有り、言わずして化する者なり。孟子は則ち其の才を露[あらわ]にす。蓋し亦時然る(一に焉に作る。)のみ。仲尼は、天地なり。顏子は、和風慶雲なり。孟子は、泰山巖巖の氣象なり。其の言を觀て、皆之を見る可し。仲尼は迹無く、顏子は微かに迹有り、孟子は其の迹著る。

人心常要活、則周流無窮、而不滯於一隅。
【読み】
人心常に活することを要するときは、則ち周流窮まり無くして、一隅に滯らじ。

老子曰、無爲。又曰、無爲而無不爲。當有爲而以無爲爲之、是乃有爲爲也。聖人作易、未嘗言無爲、惟曰無思也、無爲也。此戒夫作爲也。然下卽曰寂然不動、感而遂通天下之故。是動靜之理、未嘗爲一偏之說矣。
【読み】
老子曰く、すること無し、と。又曰く、すること無くしてせざること無し、と。當にすること有るべくしてすること無きを以て之をすれば、是れ乃ちすること有るのするなり。聖人易を作りて、未だ嘗てすること無しと言わず、惟思うことも無く、することも無しと曰う。此れ夫の作爲するを戒むるなり。然も下に卽ち寂然として動かず、感じて遂に天下の故に通ずと曰う。是れ動靜の理、未だ嘗て一偏の說を爲さず。

語聖則不異、事功則有異。夫子賢於堯・舜、語事功也。
【読み】
聖を語るときは則ち異ならず、事功は則ち異なること有り。夫子堯・舜に賢るというは、事功を語るなり。

孔子言語、句句是自然、孟子言語、句句是實事(一作事實。)
【読み】
孔子の言語は、句句是れ自然、孟子の言語は、句句是れ實事(一に事實に作る。)

論學便要明理。論治便須(一作要。)識體。
【読み】
學を論ずるは便ち理を明らかにせんことを要す。治を論ずるは便ち須く(一に要に作る。)體を識るべし。

蹇便是處蹇之道、困便是處困之道。道無時不可行。
【読み】
蹇は便ち是れ蹇に處するの道、困は便ち是れ困に處するの道。道は時として行う可からざること無し。

孟子有功於道、爲萬世之師、其才雄。只見雄才、便是不及孔子處。人須當學顏子、便入聖人氣象。
【読み】
孟子道に功有り、萬世の師と爲りて、其の才雄なり。只雄才を見すは、便ち是れ孔子に及ばざる處なり。人須く當に顏子を學ぶべく、便ち聖人の氣象に入らん。

父子君臣、天下之定理、無所逃於天地之閒。安得天分不有私心、則(一本無天分不則字。)行一不義、殺一不辜、有所不爲。有分毫私、便不是王者事。
【読み】
父子君臣は、天下の定理にして、天地の閒に逃るる所無し。天分に安んじ得て私心有らずんば、則ち(一本に天分不則の字無し。)一つの不義を行い、一りの辜あらざるを殺すも、せざる所有り。分毫の私有るは、便ち是れ王者の事にあらず。

訂頑立心、便達得天德。
【読み】
訂頑心を立つること、便ち天德に達し得。

孔子儘是明快人、顏子儘豈弟、孟子儘雄辯。
【読み】
孔子は儘[まった]く是れ明快の人なり、顏子は儘く豈弟なり、孟子は儘く雄辯なり。

孔子爲中都宰、知其不可而爲之、不仁。不知而爲之、不知。豈有聖人不盡仁知。
【読み】
孔子中都と宰と爲りて、其の不可なるを知って之を爲さば、不仁なり。知らずして之を爲さば、不知なり。豈聖人仁知を盡くさざること有らんや。

責上責下而中自恕己、豈可任職分。(一本無任字。職分兩字側注。)
【読み】
上を責め下を責めて中自ら己を恕せば、豈職分を任ず可けんや。(一本に任の字無し。職分の兩字は側注。)

萬物無一物失所、便是天理時中。(一本無時中字。)
【読み】
萬物一物も所を失すること無きは、便ち是れ天理時中なり。(一本に時中の字無し。)

公孫碩膚、赤舄几几。
【読み】
公は碩なる膚を孫[ゆず]りて、赤舄[せきせき]几几たり。

爲君盡君道、爲臣盡臣道。過此則無理。
【読み】
君としては君の道を盡くし、臣としては臣の道を盡くす。此を過ぐるときは則ち理無し。

坤作成物、是積學處。乾知大始、是成德處。
【読み】
坤は成物を作す、是れ學を積む處。乾は大始を知る、是れ德を成す處。

孔子請討田恆。當時得行、便有舉義爲周之意。
【読み】
孔子田恆を討ぜんことを請う。當時行うことを得ば、便ち義として周の爲にするの意を舉ぐること有らん。

九二利見大人、九五利見大人。聖人固有上在者、在下者。
【読み】
九二は大人を見るに利ろし、九五は大人に見るに利ろし。聖人固に上に在る者、下に在る者有り。

雖公天下事、若用私意爲之、便是私。
【読み】
天下の事を公にすと雖も、若し私意を用いて之を爲さば、便ち是れ私なり。

唯上智與下愚不移。移則不可知。上之爲聖、下之爲狂、在人一心念不念爲進退耳。
【読み】
唯上智と下愚とは移らず。移ることは則ち知る可からず。上の聖と爲り、下の狂と爲るは、人の一心に在りて念不念進退を爲すのみ。

居處恭、執事敬、與人忠、充此便睟面盎背、有諸中必形諸外。觀其氣象便見得。
【読み】
居處恭しく、事を執りて敬み、人に與して忠ある、此を充つれば便ち面に睟[うるお]い背に盎[あふ]れ、中に有れば必ず外に形る。其の氣象を觀て便ち見得ん。

天命不已、文王純於天道亦不已。純則無二無雜、不已則無閒斷先後。
【読み】
天の命已まず、文王天道に純らにして亦已まず。純らなるときは則ち二無く雜り無し。已まざるときは則ち閒斷先後無し。

不能動人、只是誠不至。於事厭倦、皆是無誠處。
【読み】
人を動かすこと能わざるは、只是れ誠至らざればなり。事に於て厭倦するは、皆是れ誠無き處なり。

氣直養而無害、便塞乎天地之閒。有少私意、卽是氣虧。無不義便是集義、有私意便是餒。
【読み】
氣直養して害すること無ければ、便ち天地の閒に塞[み]つ。少しも私意有れば、卽ち是の氣虧く。不義無ければ便ち是れ義を集め、私意有れば便ち是れ餒ゆ。

心具天德、心有不盡處、便是天德處未能盡、何緣知性知天。盡己心、則能盡人盡物、與天地參贊化育。贊(一本無贊字。)則直養之而已。
【読み】
心は天德を具して、心盡きざる處有るは、便ち是れ天德の未だ盡くすこと能わざる處、何に緣ってか性を知り天を知らん。己が心を盡くすときは、則ち能く人を盡くし物を盡して、天地と參贊化育す。贊するときは(一本に贊の字無し。)則ち之を直養するのみ。

鼓萬物而不與聖人同憂、天理鼓動萬物如此。聖人循天理而欲萬物同之。所以有憂患。
【読み】
萬物を鼓して聖人と憂えを同じくせずというは、天理萬物を鼓動すること此の如し。聖人天理に循いて萬物之に同じからんことを欲す。所以に憂患有り。

章、外見之物。含章可貞、來章有慶、須要反己。
【読み】
章[あや]は、外に見る物なり。章を含みて貞にす可し、章を來せば慶有りとは、須く己に反することを要す。

敬義夾持、直上達天德自此。
【読み】
敬義夾持、直に天德に上達すること此れ自りす。

舞射便見人誠。古之敎人、莫非使之成己。自洒埽應對上、便可到聖人事。
【読み】
舞射は便ち人の誠を見る。古の人を敎うる、使之をして己を成さしむるに非ざること莫し。洒埽應對の上自り、便ち聖人に到る可きの事なり。

樂莫大焉、樂亦在其中、不改其樂。須知所樂者何事。
【読み】
樂しみ焉より大なるは莫し、樂しみ亦其の中に在り、其の樂しみを改めず。須く樂しむ所の者何事というを知るべし。

乾坤古無此二字。作易者特立此二字以明難明之道、(乾坤毀則無以見易。須以意明之。)以此形容天地閒事。
【読み】
乾坤は古此の二字無し。易を作る者特に此の二字を立てて以て明かし難きの道を明らかにして、(乾坤毀[やぶ]るるときは則ち以て易を見ること無し。須く意を以て之を明らかにすべし。)此を以て天地の閒の事を形容す。

易、聖人所以立道。窮神則無易矣。
【読み】
易は、聖人道を立つる所以なり。神を窮むるときは則ち易無し。

孔子爲宰則爲宰、爲陪臣則爲陪臣、皆能發明大道。孟子必得賓師之位、然後能明其道。猶之有許大形象、然後爲太山、許多水、然後爲海。(以此未及孔子。)
【読み】
孔子宰爲るときは則ち宰爲り、陪臣爲るときは則ち陪臣爲り、皆能く大道を發明す。孟子は必ず賓師の位を得て、然して後に能く其の道を明らかにす。猶之れ許大の形象有りて、然して後に太山と爲り、許多の水にして、然して後に海と爲るがごとし。(此れ未だ孔子に及ばざるを以てなり。)

夷・惠有異於聖人大成處。然行一不義、雖得天下不爲、與孔子同者、以其誠一也。
【読み】
夷・惠は聖人の大成する處に異なること有り。然れども一の不義を行いて、天下を得ると雖もせざること、孔子と同じき者は、其の誠一なるを以てなり。

顏子作得禹・稷・湯・武事功。若德則別論。
【読み】
顏子は禹・稷・湯・武の事功を作し得。德の若きは則ち別論なり。

詩言天命、書言天。(存心則上帝臨女。)
【読み】
詩には天命を言い、書には天を言う。(心を存するときは則ち上帝女[なんぢ]に臨む。)

文章成功、有形象可見、只是極致事業。然所以成此事功者、卽是聖也。
【読み】
文章成功、形象見る可き有るは、只是れ極致の事業。然れども此の事功を成す所以の者は、卽ち是れ聖なり。

萬物之始、皆氣化、旣形、然後以形相禪、有形化、形化長、則氣化漸消。
【読み】
萬物の始めは、皆氣化して、旣に形あり、然して後に形を以て相禪[か]えて、形化すること有り、形化長ずるときは、則ち氣化漸く消ず。

中庸言無聲無臭、勝如釋氏言非黃非白(一本作黃白大小。)
【読み】
中庸に聲も無く臭も無しと言うは、釋氏が非黃非白(一本に黃白大小に作る。)と言うが如きに勝れり。

心有所存、眸子先發見。
【読み】
心存する所有れば、眸子先づ發見す。

張兄言氣、自是張兄作用、立標以明道。(張兄一作橫渠。後同。)
【読み】
張兄氣を言うは、自ら是れ張兄用を作し、標を立てて以て道を明らかにす。(張兄一に橫渠に作る。後も同じ。)

乾是聖人道理、坤是賢人道理。
【読み】
乾は是れ聖人の道理、坤は是れ賢人の道理。

易之有象、猶人之守禮法。
【読み】
易の象有るは、猶人の禮法を守るがごとし。

待物生、以時雨潤之、使之自化。
【読み】
物生ずるを待って、時雨を以て之を潤せば、之をして自化せしむ。

恭而安。(張兄十五年學。)
【読み】
恭しくして安し。(張兄十五年の學。)

参考文献
『和刻本漢籍 二程全書』(中文出版社)
『二程集』(里仁書局)