二程全書卷之五十五  明道先生文二

表疏

上殿劄子

臣伏謂、君道之大、在乎稽古正學、明善惡之歸、辨忠邪之分、曉然趨道之正。故在乎君志先定、君志定而天下之治成矣。所謂定志者、一心誠意、擇善而固執之也。夫義理不先盡、則多聽而易惑、志意不先定、則守善而或移。惟在以聖人之訓爲必當從、先王之治爲必可法。不爲後世駁雜之政所牽制(一作滯。)、不爲流俗因循之論所遷惑、自知極於明、信道極於篤(一本此句在上句上。)、任賢勿貳、去邪勿疑、必期致世如三代之隆而後已也。
【読み】
上殿劄子
臣伏して謂えらく、君道の大なるは、古の正學を稽えて、善惡の歸を明らかにし、忠邪の分を辨えて、曉然として道の正しきに趨くに在り。故に君の志先づ定まるに在り、君の志定まって天下の治成る。所謂志を定むとは、心を一にし意を誠にし、善を擇んで固く之を執るなり。夫れ義理先づ盡くさざるときは、則ち多く聽いて惑い易く、志意先づ定まらざるときは、則ち善を守って或は移る。惟聖人の訓えを以て必ず當に從うべしとし、先王の治必ず法る可しとするに在り。後世駁雜の政の爲に牽制(一に滯に作る。)せられず、流俗因循の論の爲に遷惑せられず、自ら知ること明を極め、道を信ずること篤きを極め(一本に此の句上句の上に在り。)、賢を任ずるに貳[うたが]うこと勿く、邪を去るに疑い勿くして、必ず世三代の隆んなるが如くなることを致すことを期して而して後に已む。

然天下之事、患常生於忽微、而志亦戒乎漸習。是故古之人君、雖出入從容閒燕、必有誦訓箴諫之臣、左右前後無非正人。所以成其德業。伏願陛下禮命老成賢儒、不必勞以職事、俾日親便座、講論道義、以輔養聖德、又擇天下賢俊、使得陪侍法從、朝夕延見、開陳善道、講磨治體、以廣聞聽。如是、則聖智益明、王猷允塞矣。
【読み】
然れども天下の事、患え常に忽微に生じて、志亦漸習に戒む。是の故に古の人君、出入從容閒燕と雖も、必ず誦訓箴諫の臣有りて、左右前後正人に非ずということ無し。其の德業を成す所以なり。伏して願わくは陛下老成の賢儒に禮命して、必ず勞するに職事を以てせず、日に便座に親しんで、道義を講論して、以て聖德を輔養せしめ、又天下の賢俊を擇んで、陪侍法從することを得せしめ、朝夕延見せしめて、善道を開陳し、治體を講磨して、以て聞聽を廣めたまえ。是の如くなるときは、則ち聖智益々明らかに、王猷允に塞[み]たん。

今四海靡靡、日入偸薄、末俗嘵嘵、無復廉恥。蓋亦朝廷尊德樂道(一作義。)之風未孚、而篤誠忠厚之敎尙鬱也。惟陛下稽聖人之訓、法先王之治、一(一作正。)心誠意、體乾剛健而力行之、則天下幸甚。
【読み】
今四海靡靡として、日に偸薄[とうはく]に入り、末俗嘵嘵[ぎょうぎょう]として、廉恥に復すること無し。蓋し亦朝廷德を尊び道(一に義に作る。)を樂しむの風未だ孚あらずして、篤誠忠厚の敎尙鬱[ふさ]がればなり。惟陛下聖人の訓えを稽え、先王の治に法って、心を一にし(一に正に作る。)意を誠にして、乾の剛健に體して之を力め行わば、則ち天下幸甚ならん。


請修學校尊師儒取士劄子
【読み】
學校を修め師儒を尊び士を取ることを請う劄子

臣伏謂、治天下以正風俗、得賢才爲本。宋興百餘年、而敎化未大醇、人情未盡美、士人微謙退之節、郷閭無廉恥之行、刑雖繁而奸不止、官雖冗而材不足者、此蓋學校之不修、師儒之不尊、無以風勸養勵之使然耳。竊以去聖久遠、師道不立、儒者之學幾於廢熄。惟朝廷崇尙敎育之、則不日而復。古者一道德以同俗。苟師學不正、則道德何從而一。方今人執私見、家爲異說、支離經訓、無復統一。道之不明不行、乃在於此。
【読み】
臣伏して謂えらく、天下を治むるには風俗を正しくし、賢才を得るを以て本とす。宋興って百餘年にして、敎化未だ大いに醇ならず、人情未だ盡く美ならず、士人謙退の節微[な]く、郷閭廉恥の行い無く、刑繁しと雖も而れども奸止まず、官冗なりと雖も而れども材足らざる者は、此れ蓋し學校を修めず、師儒を尊ばず、以て風勸養勵すること無きが然らしむるのみ。竊かに以[おも]んみれば聖を去ること久遠にして、師道立たず、儒者の學廢熄するに幾し。惟朝廷崇尙して之を敎育せば、則ち不日にして復せん。古は道德を一にして以て俗を同じくす。苟も師學正しからずんば、則ち道德何に從って一ならん。方に今人々私見に執し、家異說を爲して、經訓を支離して、復一に統ぶること無し。道の明らかならず行われざること、乃ち此に在り。

臣謂、宜先禮命近侍賢儒、各以類舉。及百執事方嶽州縣之吏、悉心推訪。凡有明先王之道、德業充備、足爲師表者、其次有篤志好學、材良行修者、皆以名聞。其高蹈(一作尙。)之士、朝廷當厚禮延聘、其餘命州縣敦遣、萃於京師、館之寬閑之宇、豐其廩餼、卹其家之有無、以大臣之賢典領其事、俾羣儒朝夕相與講明正學。其道必本於人倫、明乎物理、其敎自小學灑掃應對以往、修其孝悌忠信、周旋禮樂。其所以誘掖激勵漸摩成就之道、皆有節序、其要在於擇善修身、至於化成天下、自郷人而可至於聖人之道。其學行皆中於是者爲成德。
【読み】
臣謂えれらく、宜しく先づ近侍の賢儒に禮命して、各々類を以て舉すべし。百の執事方嶽州縣の吏に及ぶまで、心を悉くして推訪したまえ。凡そ先王の道を明らかにすること有って、德業充ち備わって、師表と爲るに足る者、其の次は篤く志して學を好むこと有って、材良に行い修する者、皆名を以て聞せしめたまへ。其の高蹈(一に尙に作る。)の士は、朝廷當に厚く禮して延聘すべく、其の餘は州縣に命じて敦く遣わして、京師に萃め、之を寬閑の宇に館し、其の廩餼を豐かにし、其の家の有無を卹れんで、大臣の賢を以て其の事を典領せしめ、羣儒をして朝夕相與に正學を講明せしめたまえ。其の道は必ず人倫に本づき、物理を明らかにし、其の敎は小學の灑掃應對自り以往、其の孝悌忠信、周旋禮樂を修む。其の誘掖激勵漸摩成就する所以の道は、皆節序有り、其の要は善を擇び身を修むるに在って、天下を化成するに至り、郷人自りして聖人に至る可きの道なり。其の學行皆是に中る者を成德とす。

又其次取材識明達、可進於善者、使日受其業、稍久則舉其賢傑以備高任。擇其學業大明、德義可尊者、爲太學之師、次以分敎天下之學。始自藩府、至於列郡。擇士之願學、民之俊秀者入學。皆優其廩給而蠲其身役。凡其有父母骨肉之養者、亦通其優遊往來、以察其行。其大不率敎者、斥之從役。
【読み】
又其の次は材識明達にして、善に進む可き者を取って、日に其の業を受けしめ、稍久しきときは則ち其の賢傑を舉げて以て高任に備う。其の學業大いに明らかに、德義尊ぶ可き者を擇んで、太學の師とし、次には以て天下の學に分敎せしむ。藩府自り始めて、列郡に至る。士の學ばんことを願い、民の俊秀なる者を擇んで學に入る。皆其の廩給を優[ゆたか]にして其の身役を蠲[のぞ]く。凡そ其の父母骨肉の養有る者は、亦其の優遊往來に通じて、以て其の行いを察す。其の大いに敎に率わざる者は、之を斥けて役に從わしむ。

漸自太學及州郡之學、擇其道業之成、可爲人師者、使敎於縣之學。如州郡之制異日、則十室之郷達於黨遂皆當修其庠序之制、爲之立師、學者以次而察焉。縣令每歲與學之師以郷飮之禮會其郷老學者、衆推經明行修、材能可任之士、升於州之學、以觀其實。學荒行虧者罷歸而罪其吏與師。其升於州而當者、復其家之役。郡守又歲與學之師、行郷飮酒之禮、大會郡(徐本郡作群。)士、以經義・性行・材能三物賓興其士於太學。太學又聚而敎之、其學不明、行不修與材之下者罷歸、以爲郡守學師之罪。升於大學者、亦聽其以時還郷里、復來於學。
【読み】
漸[すす]めて太學及び州郡の學自り、其の道業の成って、人の師と爲る可き者を擇んで、縣の學に敎えしむ。如し州郡の制日を異にせば、則ち十室之郷黨遂に達して皆當に其の庠序の制を修し、之が爲に師を立て、學者次を以て察すべし。縣令每歲學の師と郷飮の禮を以て其の郷老學者を會し、衆々經明らかに行修め、材能く任ず可きの士を推さば、州の學に升らせて、以て其の實を觀る。學荒み行虧くる者は罷め歸して其の吏と師とを罪す。其の州に升って當たる者は、其の家の役を復す。郡守又歲々學の師と、郷飮酒の禮を行い、大いに郡(徐本郡を群に作る。)士を會して、經義・性行・材能の三物を以て其の士を太學に賓とし興く。太學に又聚めて之を敎うるに、其の學明らかならず、行い修めざると材の下れる者とは罷め歸して、以て郡守學師の罪とす。大學に升る者は、亦其の時を以て郷里に還って、復學に來ることを聽[ゆる]す。

太學歲論其賢者能者於朝。謂之選士。朝廷問之經以考其言、試之職以觀其材、然後辨論其等差而命之秩。凡處郡縣之學與太學者、皆滿三歲、然後得充薦。其自州郡升於太學者、一歲而後薦。其有學行超卓、衆所信服者、雖不處於學、或處學而未久、亦得備數論薦。
【読み】
太學歲々に其の賢者能者を朝に論ず。之を選士と謂う。朝廷之に經を問いて以て其の言を考え、之に職を試みて以て其の材を觀、然して後に其の等差を辨論して之が秩を命ず。凡そ郡縣の學と太學とに處する者は、皆三歲を滿たして、然して後に薦に充つることを得。其の州郡自り太學に升る者は、一歲にして而して後に薦む。其の學行超卓すること有って、衆信服する所の者は、學に處せず、或は學に處すれども而れども未だ久しからずと雖も、亦數に備えて薦を論ずることを得。

凡選士之法、皆以性行端潔、居家孝悌。有廉恥禮遜、通明學業、曉達治道者、在州縣之學、則先使其郷里長老、次及學衆推之。在太學者、先使其同黨、次及博士推之。其學之師與州縣之長、無或專其私。苟不以實、其懷奸罔上者、師長皆除其仕籍、終身不齒。失者亦奪官二等、勿以赦及去職論。州縣之長、蒞事未滿半歲者、皆不薦。士師皆取學者成否之分數爲之賞罰。
【読み】
凡そ選士の法は、皆性行端潔、居家孝悌を以てす。廉恥禮遜にして、學業に通じ明らかに、治道に曉らかに達する者有って、州縣の學に在るときは、則ち先づ其の郷里の長老に使いして、次に學衆之を推すに及ぶ。太學に在る者は、先づ其の同黨に使いして、次に博士之を推すに及ぶ。其の學の師と州縣の長と、其の私を專にすること或ること無し。苟も實を以てせずして、其の奸を懷き上を罔うる者は、師長皆其の仕籍を除いて、身を終うるまで齒せず。失する者は亦官二等を奪って、赦を以て去職の論に及ぶこと勿し。州縣の長、事に蒞むこと未だ半歲に滿たざる者は、皆薦めず。士師皆學者成否の分數を取って之が賞罰をす。

凡公卿大夫之子弟皆入學、在京師者入太學、在(徐本在作生。)外者各入其所在州之學。謂之國子。其有當補蔭者、竝如舊制。惟不選於學者、不授以職。每歲、諸路別言一路國子之秀者升於太學、其升而不當者、罪其監司與州郡之師。太學歲論國子之有學行材能者於朝。其在學賓興考試之法、皆如選士。
【読み】
凡そ公卿大夫の子弟は皆學に入って、京師に在る者は太學に入り、外に在る(徐本在を生に作る。)者は各々其の在する所の州の學に入る。之を國子と謂う。其の補蔭に當たること有る者は、竝に舊制の如し。惟學に選ばれざる者は、授くるに職を以てせず。每歲、諸路別に一路國子の秀と言う者は太學に升り、其の升って當たらざる者は、其の監司と州郡の師とを罪す。太學歲々に國子の學行材能有る者を朝に論ず。其の學に在る賓興考試の法は、皆選士の如し。

國子自入學、中外通及七年、或太學五年、年及三十以上、所學不成者、辨而爲二等。上者聽授以筦庫之任。自非其後學業修進、中於論選、則不復使親民政。其下者罷歸之。雖歲滿願留學者、亦聽其在外學。七歲而不中升選者、皆論致太學而考察之、爲二等之法。國子之大不率敎者、亦斥罷之。凡有職任之人、其學業材行應薦者、諸路及近侍以聞、處之太學。其論試亦如選士之法。取其賢能而進用之。凡國子之有官者、中選則增其秩。
【読み】
國子學に入りて自り、中外通じて七年に及ぶ、或は太學五年、年三十以上に及んで、學ぶ所成らざる者は、辨じて二等とす。上なる者は授くるに筦庫の任を以てすることを聽す。自ら其の後學業修め進んで、論選に中るに非ずんば、則ち復民政を親らせしめず。其の下なる者は之を罷め歸す。歲滿つと雖も留まり學ばんことを願う者は、亦其の外に在って學ぶことを聽す。七歲までにして升選に中らざる者は、皆論じて太學にして之を考察することを致して、二等の法を爲す。國子の大いに敎に率わざる者は、亦之を斥け罷む。凡そ職任有る人、其の學業材行薦に應ずる者、諸路及び近侍以て聞すれば、之を太學に處く。其の論試も亦選士の法の如し。其の賢能を取って之を進め用う。凡そ國子の官に有る者、選に中るときは則ち其の秩を增す。

臣謂、旣一以道德仁義敎養之、又專以行實材學升進、去其聲律小碎、糊名謄錄、一切無義理之弊、不數年閒、學者靡然丕變矣。豈惟得士浸廣。天下風俗將日入醇正、王化之本也。臣謂、帝王之道、莫尙於此。願陛下特留宸意、爲萬世行之。(熙寧元年上。時爲監察禦史裏行。)
【読み】
臣謂えらく、旣に一に道德仁義を以て之を敎養し、又專ら行實材學を以て升進し、其の聲律小碎を去って、名を糊して謄錄して、一切に義理の弊無くんば、數年の閒ならずして、學者靡然として丕[おお]いに變ぜん。豈惟士を得ること浸[やや]廣きのみならんや。天下の風俗將に日に醇正に入らんとするは、王化の本なり。臣謂えらく、帝王の道、此より尙きは莫し。願らくは陛下特に宸意[しんい]を留めて、萬世の爲に之を行いたまえ。(熙寧元年に上る。時に監察禦史裏行爲り。)


論王霸劄子
【読み】
王霸を論ずる劄子

臣伏謂、得天理之正、極人倫之至者、堯・舜之道也。用其私心、依仁義之偏者、霸者之事也。王道如砥、本乎人情、出乎禮義、若履大路而行、無復回曲。霸者崎嶇反側於曲徑之中、而卒不可與入堯・舜之道。故誠心而王則王矣。假之而霸則霸矣。二者其道不同、在審其初而已。易所謂差若毫釐、繆以千里者、其初不可不審也。故治天下者、必先立其志。正志先立、則邪說不能移、異端不能惑。故力進於道而莫之禦也。苟以霸者之心而求王道之成、是衒石以爲玉也。故仲尼之徒無道桓・文之事、而曾西恥比管仲者、義所不由也。況下於霸者哉。
【読み】
臣伏して謂えらく、天理の正しきを得、人倫の至りを極むる者は、堯・舜の道なり。其の私心を用い、仁義の偏に依る者は、霸者の事なり。王道は砥の如く、人情に本づき、禮義に出て、大路を履んで行って、復回曲すること無きが若し。霸者は崎嶇として曲徑の中に反側して、卒に與に堯・舜の道に入る可からず。故に誠心にして王たるときは則ち王なり。之を假りて霸たるときは則ち霸なり。二者の其の道同じからず、其の初めを審らかにするに在るのみ。易に所謂差うこと若し毫釐なれば、繆るに千里を以てする者は、其の初めを審らかにせずんばある可からず。故に天下を治むる者は、必ず先づ其の志を立つ。正しき志先づ立つときは、則ち邪說移すこと能わず、異端惑わすこと能わず。故に力めて道に進んで之を禦ぐこと莫し。苟も霸者の心を以て王道の成ることを求めば、是れ石を衒[う]って以て玉とするなり。故に仲尼の徒桓・文の事を道うこと無くして、曾西管仲に比することを恥づる者は、義の由らざる所なればなり。況んや霸より下なる者をや。

陛下躬堯・舜之資、處堯・舜之位。必以堯・舜之心自任、然後爲能充其道。漢・唐之君、有可稱者、論其人則非先王之學、考其時則皆駁雜之政、乃以一曲之見、幸致小康、其創法垂統、非可繼於後世者、皆不足爲也。然欲行仁政而不素講其具、使其道大明而後行、則或出或入、終莫有所至也。
【読み】
陛下堯・舜の資を躬らし、堯・舜の位に處す。必ず堯・舜の心を以て自ら任じて、然して後に能く其の道を充つとす。漢・唐の君、稱す可き有る者、其の人を論ずれば則ち先王の學に非ず、其の時を考うれば則ち皆駁雜の政、乃ち一曲の見を以て、幸いに小康を致せども、其の法を創[はじ]め統を垂るること、後世に繼ぐ可き者に非ず、皆するに足らざるなり。然も仁政を行わんと欲して素より其の具を講ぜず、其の道大いに明らかにして後に行わしめば、則ち或は出或は入りて、終に至る所有ること莫し。

夫事有大小、有先後。察其小、忽其大、先其所後、後其所先、皆不可以適治。且志不可慢、時不可失。惟陛下稽先聖之言、察人事之理、知堯・舜之道備於己、反身而誠之、推之以及四海、擇同心一德之臣、與之共成天下之務。書所謂尹躬曁湯、咸有一德。又曰一哉王心。言致一而後可以爲也。古者三公不必備、惟其人誠。以謂不得其人而居之、則不若闕之之愈也。蓋小人之事、君子所不能同。豈聖賢之事、而庸人可參之哉。欲爲聖賢之事、而使庸人參之、則其命亂矣。旣任君子之謀、而又入小人之議、則聰明不專而志意惑矣。今將救千古深錮之弊、爲生民長久之計。非夫極聽覽之明、盡正邪之辨、致一而不二、其能勝之乎。
【読み】
夫れ事に大小有り、先後有り。其の小を察して、其の大を忽にし、其の後にする所を先にして、其の先んずる所を後にせば、皆以て治に適う可からず。且つ志は慢る可からず、時は失う可からず。惟陛下先聖の言を稽え、人事の理を察し、堯・舜の道己に備わることを知って、身に反して之を誠にし、之を推して以て四海に及ぼし、同心一德の臣を擇んで、之と共に天下の務めを成したまえ。書に所謂尹が躬曁び湯、咸一德有り、と。又曰く、一なるかな王の心、と。言うこころは一を致して而して後に以て爲す可し。古は三公必ずしも備えざるは、惟其の人誠なればなり。以謂えらく、其の人を得て之を居かざるは、則ち之を闕くの愈れるには若かず。蓋し小人の事は、君子の同じきこと能わざる所。豈聖賢の事にして、庸人之を參う可けんや。聖賢の事を爲さんと欲して、庸人をして之を參えしめば、則ち其の命亂れん。旣に君子の謀に任じて、又小人の議に入るときは、則ち聰明專らならずして志意惑わん。今將に千古深錮の弊を救って、生民長久の計を爲さんとす。夫の聽覽の明を極め、正邪の辨を盡くして、一を致して二ならざるに非ずんば、其れ能く之に勝えんや。

或謂、人君舉動、不可不愼、易於更張、則爲害大矣。臣獨以爲不然。所謂更張者、顧理所當耳。其動皆稽古質義而行、則爲愼莫大焉。豈若因循苟簡、卒致敗亂者哉。自古以來、何嘗有師聖人之言、法先王之治、將大有爲而返成禍患者乎。願陛下奮天錫之勇智、體乾剛而獨斷、霈然不疑、則萬世幸甚。(熙寧二年上。時爲監察禦史裏行。)
【読み】
或るひと謂く、人君の舉動は、愼まずんばある可からず、更張に易きときは、則ち害を爲すこと大なり、と。臣獨り以爲らく、然らず、と。所謂更張は、理の當たる所を顧るのみ。其の動くこと皆古を稽え義を質して行わば、則ち愼み爲ること焉より大なるは莫し。豈苟簡に因循して、卒に敗亂を致す者の若くならんや。古自り以來、何ぞ嘗て聖人の言を師とし、先王の治に法り、將に大いにすること有らんとして返って禍患を成す者有らんや。願わくは陛下天錫の勇智を奮い、乾剛に體して獨斷して、霈然として疑わずんば、則ち萬世幸甚ならん。(熙寧二年に上る。時に監察禦史裏行爲り。)


論十事劄子(師傅 六官 經界 郷黨 貢士 兵役 民食 四民 山澤 分數)
【読み】
十事を論ずる劄子(師傅 六官 經界 郷黨 貢士 兵役 民食 四民 山澤 分數)

臣竊謂、聖人創法、皆本諸人情、極乎物理。雖二帝・三王不無隨時因革、踵(一作稱。)事增損之制。然至乎爲治之大原、牧民之要道、則前聖後聖、豈不同條而共貫哉。蓋無古今、無治亂、如生民之理有窮、則聖王之法可改。後世能盡其道則大治、或用其偏則小康。此歷代彰灼著明之效也。苟或徒知泥古、而不能施之於今、姑欲循名而遂廢其實、此則陋儒之見、何足以論治道哉。
【読み】
臣竊かに謂えらく、聖人の法を創る、皆人情に本づき、物理を極む。二帝・三王と雖も時に隨って因革し、事に踵[いた]って(一に稱に作る。)增損するの制無くんばあらず。然れども治を爲すの大原、民を牧うの要道に至っては、則ち前聖後聖、豈條を同じくして貫を共にせざらんや。蓋し古今無く、治亂無く、如し生民の理窮まり有らば、則ち聖王の法改む可し。後世能く其の道を盡くすときは則ち大いに治まり、或は其の偏を用うるときは則ち小しく康し。此れ歷代彰灼著明の效なり。苟も或は徒に古に泥むことを知って、之を今に施すこと能わず、姑く名に循わんと欲して遂に其の實を廢せば、此れ則ち陋儒の見、何ぞ以て治道を論ずるに足らんや。

然儻謂今人之情皆已異於古、先王之迹不可復於今、趣便目前、不務高遠、則亦恐非大有爲之論、而未足以濟當今之極弊也。謂如衣服飮食宮室器用之類、苟便於今而有法度者、豈亦遽當改革哉。惟其天理之不可易、人所賴以生、非有古今之異。聖人之所必爲者、固可概舉。然行之有先後、用之有緩速。若夫裁成運動、周旋曲當、則在朝廷講求設施如何耳。
【読み】
然るに儻[も]し今の人の情皆已に古に異なり、先王の迹今に復す可からずと謂いて、趣[たちま]ち目前に便りして、高遠を務めざるときは、則ち亦恐らくは大いにすること有るの論に非ずして、未だ以て當今の極弊を濟うに足らず。謂ゆる衣服飮食宮室器用の類の如き、苟も今に便にして法度有る者、豈亦遽に當に改め革むべけんや。惟其れ天理の易う可からずして、人賴って以て生ずる所は、古今の異なり有るに非ず。聖人の必ずする所の者、固に概舉す可し。然れども之を行うこと先後有り、之を用うること緩速有り。夫の裁成運動、周旋曲當の若きは、則ち朝廷講じ求め設け施すこと如何というに在るのみ。

古者自天子達於庶人、必須師友以成就其德業。故舜・禹・文・武之聖、亦皆有所從學。今師傅之職不修、友臣之義未著、所以尊德樂善之風未成於天下。此非有古今之異者也。
【読み】
古は天子自り庶人に達[いた]るまで、必ず師友を須って以て其の德業を成就す。故に舜・禹・文・武の聖も、亦皆從って學ぶ所有り。今師傅の職修まらず、友臣の義未だ著れず、所以に德を尊び善を樂しむの風未だ天下に成らず。此れ古今の異なり有る者に非ざるなり。

王者必奉天建官。故天地四時之職、歷二帝・三王未之或改。所以百度修而萬化理也。至唐、猶僅存其略。當其治時、尙得綱紀小正。今官秩淆亂、職業廢弛、太平之治所以未至。此亦非有古今之異也。
【読み】
王者必ず天に奉って官を建つ。故に天地四時の職、二帝・三王を歷て未だ之を改むること或ることあらず。所以に百度修めて萬化理まるなり。唐に至って、猶僅かに其の略を存す。其の治まる時に當たって、尙綱紀小しく正しきことを得。今官秩淆亂し、職業廢弛するは、太平の治未だ至らざる所以なり。此れ亦古今の異なり有るに非ざるなり。

天生蒸民、立之君使司牧之。必制其恆產、使之厚生、則經界不可不正、井地不可不均。此爲治之大本也。唐尙能有口分授田之制、今則蕩然無法、富者跨州縣而莫之止、貧者流離餓殍而莫之恤。幸民雖多、而衣食不足者、蓋無紀極。生齒日益繁、而不爲之制、則衣食日蹙、轉死日多。此乃治亂之機也。豈可不漸圖其制之之道哉。此亦非有古今之異者也。
【読み】
天蒸民を生じ、之が君を立てて之を司牧せしむ。必ず其の恆の產を制して、之をして生を厚くせしむるには、則ち經界正しくせずんばある可からず、井地均しくせずんばある可からず。此れ治を爲すの大本なり。唐尙能く口分授田の制有り、今は則ち蕩然として法無くして、富める者州縣に跨れども之を止むること莫く、貧しき者流離餓殍[がひょう]すれども之を恤れむこと莫し。幸民多しと雖も、衣食足らざる者、蓋し紀極無し。生齒日に益々繁くして、之が制を爲さざれば、則ち衣食日に蹙[せま]って、轉死日に多からん。此れ乃ち治亂の機なり。豈漸く其の之を制するの道を圖らざる可けんや。此れ亦古今の異なり有るに非ざる者なり。

古者政敎始乎郷里。其法起於比閭族黨、州郷酇遂、以相聯屬統治。故民相安而親睦、刑法鮮犯、廉恥易格。此亦人情之所自然、行之則效。亦非有古今之異者也。
【読み】
古は政敎郷里に始まる。其の法比閭族黨、州郷酇[さん]遂に起こって、以て相聯屬して統治す。故に民相安んじて親睦して、刑法犯すこと鮮く、廉恥格し易し。此れ亦人情の自づから然る所にして、之を行えば則ち效あり。亦古今の異なり有るに非ざる者なり。

庠序之敎、先王所以明人倫、化成天下。今師學廢而道德不一、郷射亡而禮義不興、貢士不本於郷里而行實不修、秀民不養於學校而人材多廢。此較然之事。亦非有古今之異者也。
【読み】
庠序の敎は、先王人倫を明らかにし、天下を化成する所以なり。今師學廢されて道德一ならず、郷射亡んで禮義興らず、貢士郷里に本づかずして行實修まらず、秀民學校に養われずして人材多く廢す。此れ較然の事なり。亦古今の異なり有るに非ざる者なり。

古者府史胥徒受祿公上、而兵農未始判也。今驕兵耗匱、國力亦已極矣。臣謂禁衛之外、不漸歸之於農、則將貽深慮。府史胥徒之役、毒遍天下。不更其制、則未免大患。此亦至明之理。非有古今之異者也。
【読み】
古は府史胥徒祿を公上に受けて、兵農未だ始めより判たず。今驕兵耗匱して、國力亦已に極まる。臣謂えらく、禁衛の外、漸く之を農に歸せずんば、則ち將に深き慮りを貽[のこ]さんとす。府史胥徒の役、毒天下に遍し。其の制を更めずんば、則ち未だ大いなる患えを免れず。此れ亦至明の理なり。古今の異なり有るに非ざる者なり。

古者民必有九年之食、無三年之食者、以爲國非其國。臣觀天下耕之者少、食之者衆、地力不盡、人功不勤、雖富室强宗、鮮有餘積。況其貧弱者乎。或一州一縣有年歲之凶、卽盜賊縱橫、饑羸滿路。如不幸有方三二千里之災、或連年之歉、則未知朝廷以何道處之、則其患不可勝言矣。豈可曰昔何久不至。是因以幸爲可恃也哉。固宜漸從古制、均田務農、公私交爲儲粟之法、以爲之備。此亦無古今之異者也。
【読み】
古は民必ず九年の食有り、三年の食無き者は、以て國其の國に非ずとす。臣天下を觀るに之を耕す者は少なく、之を食する者は衆く、地力盡きず、人功勤めず、富室强宗と雖も、餘積有ること鮮し。況んや其の貧弱なる者をや。或は一州一縣年歲の凶有れば、卽ち盜賊縱橫して、饑羸[きるい]路に滿つ。如し不幸にして方三二千里の災い、或は連年の歉[けん]有れば、則ち未だ朝廷何の道を以て之に處せんということを知らず、則ち其の患え勝げて言う可からず。豈昔何ぞ久しく至らざらんと曰う可けんや。是れ幸いを以て恃む可しとするに因らんや。固に宜しく漸く古制に從って、田を均しくし農を務め、公私交々粟を儲[たくわ]うるの法を爲って、以て之が備えを爲すべし。此れ亦古今の異なり無き者なり。

古者四民各有常職、而農者十居八九。故衣食易給、而民無所苦困。今京師浮民、數逾百萬、遊手不可貲度。觀其窮蹙辛苦、孤貧疾病、變詐巧僞、以自求生、而常不足以生、日益歲滋、久將若何。事已窮極。非聖人能變而通之、則無以免患。豈可謂無可奈何而已哉。此在酌古變今、均多恤寡、漸爲之業、以救之耳。此亦非有古今之異者也。
【読み】
古は四民各々常の職有って、農は十に八九に居す。故に衣食給[つ]ぎ易くして、民苦困する所無し。今京師の浮民、數百萬に逾えて、遊手貲度[しど]す可からず。其の窮蹙辛苦、孤貧疾病を觀るに、變詐巧僞して、以て自ら生を求むれども、而れども常に以て生するに足らず、日々に益し歲々滋くば、久しくして將に若何にせん。事已に窮極せり。聖人能く變じて之を通ずるに非ずんば、則ち以て患えを免るること無けん。豈奈何ともす可きこと無きのみと謂う可けんや。此れ古を酌んで今を變じ、多きを均しくして寡きを恤れんで、漸く之が業を爲して、以て之を救うに在るのみ。此れ亦古今の異なり有るに非ざる者なり。

聖人奉天理物之道、在乎六府。六府之任、治於五官。山虞澤衡、各有常禁。故萬物阜豐、而財用不乏。今五官不修、六府不治、用之無節、取之不時。豈惟物失其性。材木所資、天下皆已童赭、斧斤焚蕩、尙且侵尋不禁、而川澤漁獵之繁、暴殄天物、亦已耗竭、則將若之何。此乃窮弊之極矣。惟修虞衡之職、使將養之、則有變通長久之勢。此亦非有古今之異者也。
【読み】
聖人天を奉り物を理むるの道は、六府に在り。六府の任は、五官に治む。山虞澤衡、各々常の禁有り。故に萬物阜豐にして、財用乏しからず。今五官修まらず、六府治まらず、之を用うること節無く、之を取ること時ならず。豈惟物其の性を失うのみならんや。材木の資る所、天下皆已に童赭[どうしゃ]し、斧斤焚蕩、尙且侵尋として禁ぜず、而して川澤漁獵の繁き、天物を暴殄して、亦已に耗竭するときは、則ち將に之を若何にせん。此れ乃ち窮弊の極みなり。惟虞衡の職を修めて、將に之を養わしめば、則ち長久に變通するの勢有らん。此れ亦古今の異なり有るに非ざる者なり。

古者冠婚喪祭、車服器用、等差分別、莫敢逾僭。故財用易給、而民有恆心。今禮制未修、奢靡相尙、卿大夫之家莫能中禮、而商販之類或逾王公。禮制不足以檢飭人情、名數不足以旌別貴賤。旣無定分、則奸詐攘奪、人人求厭其欲而後已。豈有止息者哉。此爭亂之道也。則先王之法、豈得不講求而損益之(徐本無之字。)哉。此亦非有古今之異者也。
【読み】
古は冠婚喪祭、車服器用、等差分別して、敢えて逾僭すること莫し。故に財用給ぎ易くして、民恆の心有り。今禮制未だ修まらず、奢靡相尙んで、卿大夫の家能く禮に中ること莫くして、商販の類或は王公に逾ゆ。禮制以て人情を檢飭するに足らず、名數以て貴賤を旌別するに足らず。旣に定まれる分無きときは、則ち奸詐攘奪して、人人其の欲に厭きて而して後に已めんことを求む。豈止息する者有らんや。此れ爭亂の道なり。先王の法に則って、豈講求して之を(徐本之の字無し。)損益せざることを得んや。此れ亦古今の異なり有るに非ざる者なり。

此十者特其端緒耳。臣特論其大端、以爲三代之法有必可施行之驗。如其綱條度數、施爲注措之道、則審行之、必也稽之經訓而合、施之人情而宜。此曉然之定理。豈徒若迂疎無用之說哉。惟聖明裁擇。
【読み】
此の十の者は特に其の端緒のみ。臣特に其の大端を論じて、以爲えり、三代の法必ず施し行う可きの驗有り、と。其の綱條度數、施爲注措の道の如きは、則ち審らかに之を行わば、必ずや之を經訓に稽えて合わせ、之を人情に施して宜しくしたまえ。此れ曉然の定理なり。豈徒迂疎無用の說の若くならんや。惟聖明裁擇したまえ。


論養賢劄子
【読み】
賢を養うことを論ずる劄子

臣竊以議當代者、皆知得賢則天下治、而未知所以致賢之道也。是雖衆論紛然、未極其要、朝廷亦以行之爲艱而不爲也。三代養賢、必本於學、而德化行焉、治道出焉。本朝踵循唐舊、而館閣淸選、止爲文字之職、名實未正、欲招賢養材以輔時讚化、將何從而致之也。臣歷觀古先哲王所以虛己求治、何嘗不盡天下之才以成己之德也。故曰、大舜有大焉、善與人同、樂取於人以爲善。今天下之大、豈爲乏賢。而朝廷無養賢之地、以容徐察其器識高下而進退之也。
【読み】
臣竊かに以えらく、當代を議する者、皆賢を得れば則ち天下治まることを知って、未だ賢を致す所以の道を知らず。是れ衆論紛然たりと雖も、未だ其の要を極めず、朝廷も亦以て之を行うを艱しとしてせず。三代賢を養うは、必ず學に本づいて、德化行われ、治道出づ。本朝唐の舊に踵[つ]ぎ循って、館閣の淸選、止文字の職と爲して、名實未だ正しからず、賢を招き材を養って以て時を輔けて讚化せしめんと欲すとも、將に何に從って之を致さん。臣歷く古先哲王の己を虛しくして治を求むる所以を觀るに、何ぞ嘗て天下の才を盡くして以て己が德と成さざらん。故に曰く、大舜は焉より大なること有り、善く人と同じくし、人に取って以て善をすることを樂しむ、と。今天下の大なる、豈賢に乏しとせんや。而るに朝廷賢を養うの地無くして、以て徐[ゆる]く其の器識の高下を察して之を進退す容けんや。

臣今欲乞朝廷設延英院以待四方之賢。凡公論推薦及巖穴之賢、必招致優禮、視品給俸、而不可遽進以官、止以應詔命名。凡有政治則委之詳定、凡有典禮則委之討論、經畫得以奏陳而治亂得以講究也。俾群居切磨、日盡其材、行其志、使政府及近侍之臣、互與相接、陛下時賜召對、詔以治道、可觀其材識器能也。察以累歲、人品益分、然後使賢者就位、能者任職、或委付郡縣、或師表士儒。其德業尤異、漸進以帥臣職司之任。爲輔弼、爲公卿、無施之不稱也。若是、則引彙竝進、野無遺賢、陛下尊賢待士之心、可謂無負於天下矣。取進止。
【読み】
臣今朝廷延英院を設けて以て四方の賢を待つことを乞わんと欲す。凡そ公論の推薦及び巖穴の賢、必ず招き致して優禮し、品を視て俸を給して、而れども遽に進むるに官を以てす可からず、止詔に應ずるを以て名を命じたまえ。凡そ政治有れば則ち之に詳定を委[まか]し、凡そ典禮有れば則ち之に討論を委し、經畫以て奏陳することを得て治亂以て講究することを得せしむ。群居切磨して、日に其の材を盡くし、其の志を行わしめ、政府及び近侍の臣をして、互いに與に相接せしめ、陛下時々召對を賜い、詔するに治道を以てして、其の材識器能を觀る可し。察するに累歲を以てし、人品益々分かれて、然して後に賢者をして位に就け、能者をして職に任ぜしめ、或は郡縣を委付し、或は士儒に師表たらしむ。其の德業尤も異なるは、漸く進んで以て臣職に帥たらしめて之が任を司らしめたまえ。輔弼と爲り、公卿と爲るとも、施して稱わずということ無けん。是の若きときは、則ち彙[たぐい]を引いて竝び進み、野に遺れる賢無くして、陛下賢を尊び士を待つの心、天下に負[そむ]くこと無しと謂う可し。進止を取る。


乞留張載狀。
【読み】
張載を留めんと乞う狀。

臣伏聞、差著作佐郎張載往明州推勘苗振公事。竊謂載經術德義、久爲士人師法、近侍之臣以其學行論薦。故得召對、蒙陛下親加延問、屢形天獎。中外翕然知陛下崇尙(徐本尙作高。)儒學、優禮賢俊。爲善之人、孰不知勸。今朝廷必欲究觀其學業、詳試其器能、則事固有繫敎化之本源於治政之大體者。儻使之講求議論、則足以盡其所至。
【読み】
臣伏して聞く、著作佐郎張載を差して明州に往いて苗振の公事を推勘せしめん、と。竊かに謂うに載の經術德義、久しく士人師法爲り、近侍の臣其の學行を以て薦を論ず。故に召せられ對することを得て、陛下親しく延問を加え、屢々天獎を形すことを蒙る。中外翕然として陛下儒學を崇尙(徐本尙を高に作る。)し、賢俊を優禮することを知る。善をする人、孰か勸むることを知らざらん。今朝廷必ず其の學業を究觀し、詳らかに其の器能を試さんと欲せば、則ち事固に敎化の本源を治政の大體に繫る者有り。儻し之をして議論を講求せしめば、則ち以て其の至る所を盡くすに足らん。

夫推按詔(一作訟。)獄、非謂儒者之不當爲。臣今所論者、朝廷待士之道爾。蓋試之以治獄、雖足以見其鉤深練覈之能、攻摘斷擊之用、正可試諸能吏、非所以盡儒者之事業。徒使四方之人謂朝廷以儒術賢業進人、而以獄吏之事試之、則抱道修潔之士、益難自進矣。於朝廷尊賢取士之體、將有所失。況苗振罪犯明白、情狀已具。得一公平幹敏之人、便足了事。伏乞朝廷別賜選差、貴全事體。謹具狀奏聞。(熙寧二年閏十一月上。時爲監察禦史裏行。)
【読み】
夫れ詔(一に訟に作る。)獄を推按すること、儒者の當にすべからずと謂うには非ず。臣が今論ずる所の者は、朝廷士を待つの道のみ。蓋し之を試みるに獄を治むることを以てするは、以て其の鉤深練覈の能、攻摘斷擊の用を見るに足れりと雖も、正に諸を能吏に試む可くして、儒者の事業を盡くす所以に非ず。徒に四方の人をして朝廷儒術賢業を以て人を進めて、獄吏の事を以て之を試むと謂わしめば、則ち道を抱き潔きを修するの士、益々自ら進むに難からん。朝廷賢を尊び士を取るの體に於て、將に失する所有らんとす。況んや苗振罪犯明白にして、情狀已に具わる。一りの公平幹敏の人を得ば、便ち事を了するに足らん。伏して乞うらくは朝廷別に選差を賜い、事體を全くすることを貴ばんことを。謹んで狀を具えて奏聞す。(熙寧二年閏十一月に上る。時に監察禦史裏行爲り。)


諫新法疏(熙寧三年三月四日。)
【読み】
新法を諫むる疏(熙寧三年三月四日。)

臣近累上言、乞罷預俵靑苗錢利息及汰去提舉官事。朝夕以覬、未蒙施行。臣竊謂、明者見於未形、智者防於未亂。況今日事理顯白易知。若不因機亟決、持之愈堅、必貽後悔。悔而後改、則爲害已多。蓋安危之本在乎人情、治亂之機繫乎事始。衆心暌乖則有言不信、萬邦協和則所爲必成。固不可以威力取强、言語必勝。而近日所聞、尤爲未便。伏見制置條例司疏駁大臣之奏、舉劾不奉行之官。徒使中外物情、愈致驚駭。是乃舉一偏而盡沮公議、因小事而先失(一作動。)衆心。權其輕重、未見其可。
【読み】
臣近ごろ累りに上言して、預め靑苗錢の利息を俵することを罷め及び提舉官の事を汰[よな]ぎ去らんことを乞う。朝夕以て覬[のぞ]めども、未だ施し行うことを蒙らず。臣竊かに謂えらく、明者は未形に見、智者は未亂に防ぐ、と。況んや今日の事理顯白にして知り易し。若し機に因って亟やかに決せずして、之を持すること愈々堅くんば、必ず後の悔いを貽さん。悔いて而して後に改めば、則ち害を爲すこと已に多からん。蓋し安危の本は人情に在り、治亂の機は事の始めに繫る。衆心暌乖すれば則ち言有れども信ぜられず、萬邦協和すれば則ちする所必ず成る。固に威力を以て强を取り、言語必ず勝たんとす可からず。而して近日聞く所、尤も未だ便ならずとす。伏して見るに制置條例司大臣の奏を疏駁して、舉[ことごと]く奉行せざるの官を劾す。徒に中外の物情をして、愈々驚駭を致さしむ。是れ乃ち一偏を舉げて盡く公議を沮[やぶ]って、小事に因って先づ衆心を失す(一に動に作る。)。其の輕重を權るに、未だ其の可なることを見ず。

臣竊謂、陛下固已燭見事體、究知是非。在聖心非吝改張、由柄臣尙持固。必是致輿情大鬱、衆論益歡。若欲遂行、必難終濟。伏望陛下奮神明之威斷、審成敗之先機。與其遂一失而廢百爲、孰若沛大恩而新衆志。外汰使人之擾、亟推去息之仁。況糶糴之法兼行、則儲蓄之資自廣。在朝廷未失於舉措、使議論何名而沸騰。伏乞檢會臣所上言、再賜施行、則天下幸甚。(時爲監察禦史裏行。上語及程顥疏、安石曰、顥至中書、臣略諭以方鎭沮毀朝廷法令。朝廷申明使知法意、不得謂之疏駁大臣章奏。顥乃言、大臣諭列事、當包含此言。尤爲害理。若不申明法意、使中外具知、則是縱使邪說誣民、而令詔令本意更不明於天下。如此則異議何由帖息。)
【読み】
臣竊かに謂えらく、陛下固より已に事體を燭らし見、是非を究め知る。聖心に在っては改め張るに吝かなるに非ず、柄臣尙持すること固きに由れり。必ず是れ輿情大いに鬱[ふさ]がることを致して、衆論益々讙[かまびす]しからん。若し遂げ行わんと欲せば、必ず終に濟すこと難からん。伏して望むらくは陛下神明の威斷を奮って、成敗の先機を審らかにしたまえ。其の一失を遂げて百爲を廢せん與りは、大恩を沛して衆志を新たにせんに孰若[いづ]れぞ。外人を使うの擾を汰ぎり、亟やかに息を去るの仁を推したまえ。況んや糶糴[ちょうてき]の法兼ね行わば、則ち儲蓄の資自ら廣まらん。朝廷に在って未だ舉措に失せずんば、議論何を名づけて沸騰せしめんや。伏して乞うらくは臣が上る所の言を檢會して、再び施し行うことを賜わば、則ち天下幸甚ならん。(時に監察禦史裏行爲り。上の語程顥の疏に及び、安石が曰く、顥中書に至るとき、臣略諭すに方鎭朝廷の法令を沮毀することを以てす。朝廷申明して法意を知らしめ、之をして大臣の章奏を疏駁すと謂うことを得ず。顥乃ち言く、大臣列事を諭さば、當に此の言を包含すべし、と。尤も理を害すとす。若し法意を申明せずして、中外をして具に知らしめば、則ち是れ縱に邪說をして民を誣[し]いしめて、詔令の本意をして更に天下に明ならざらしめん。此の如きときは則ち異議何に由って帖息せん、と。)


再上疏(熙寧三年四月十七日。)
【読み】
再び上る疏(熙寧三年四月十七日。)

臣聞、天下之理、本諸簡易、而行之以順道、則事無不成。故曰、智者若禹之行水、行其所無事也。舍而之於險阻、則不足以言智矣。蓋自古興治、雖有專任獨決、能就事功者、未聞輔弼大臣人各有心暌戾不一、致國政異出、名分不正、中外人情交謂不可、而能有爲者也。況於措置失宜、沮廢公議、一二小臣實與大計、用賤陵貴、以邪妨正者乎。
【読み】
臣聞く、天下の理、簡易に本づいて、之を行うに順道を以てするときは、則ち事成らずということ無し、と。故に曰く、智は禹の水を行[や]るが若し、其の事無き所に行るなり、と。舍てて險阻に之かしめば、則ち以て智と言うに足らず。蓋し古自り治を興すこと、專任獨決、能く事功を就[な]す者有りと雖も、未だ聞かず、輔弼の大臣人各々心暌戾して一ならざること有って、國政異出し、名分正しからざることを致して、中外の人情交々不可と謂いて、能くすること有る者は。況んや措置宜しきを失して、公議を沮廢し、一二の小臣實に大計に與って、賤しきを用て貴きを陵ぎ、邪を以て正しきを妨ぐ者に於てをや。

凡此皆天下之理不宜有成、而智者之所不行也。設令由此僥倖、事小有成、而興利之臣日進、尙德之風浸衰、尤非朝廷之福。矧復天時未順、地震連年、四方人心日益搖動。此皆陛下所當仰測天意、俯察人事者也。臣奉職不肖、議論無補。望允前奏、早賜降責。(時權監察禦史裏行。由是罷爲權發遣京西路、同提典刑獄。)
【読み】
凡そ此れ皆天下の理宜しく成ること有るべからずして、智者の行わざる所なり。設令[たと]い此に由って僥倖して、事小しく成ること有るとも、而れども利を興す臣日に進み、德を尙ぶ風浸く衰えば、尤も朝廷の福に非ず。矧[いわ]んや復天時未だ順ならず、地震連年、四方の人心日に益々搖動す。此れ皆陛下當に仰いで天意を測り、俯して人事を察すべき所の者なり。臣職を奉ること不肖にして、議論補い無し。望むらくは前奏を允[ゆる]して、早く降責を賜え。(時に權監察禦史裏行たり。是に由って罷められて權發遣京西路、同提典刑獄と爲る。)


辭京西提刑奏狀
【読み】
京西の提刑を辭する奏狀

臣伏蒙聖恩、差權發遣京西路提點刑獄。已瀝懇誠、不敢祗受。願從竄謫。日冀允兪。不避煩瀆、輒再陳請。
【読み】
臣伏して聖恩を蒙って、權發遣京西路提點刑獄に差す。已に懇誠を瀝[したた]りて、敢えて祗んで受けず、願わくは竄謫[ざんたく]に從わんことを。日に允兪[いんゆ]を冀う。煩瀆を避けずして、輒ち再び陳請す。

臣出自冗散、過蒙陛下拔擢、寘在言責。伏自供職已來、每有論列、惟知以憂國愛君爲心、不敢以揚己矜衆爲事。陛下亮其愚直、每加優容。故常指陳安危、辨析邪正。知人主不當自聖、則未嘗爲諂諛之言、知人臣義無私交、則不忍爲阿黨之計。明則陛下、幽則鬼神、臣之微誠、實仰臨照。
【読み】
臣冗散自り出て、過って陛下拔擢を蒙って、寘[お]いて言責に在らしむ。伏して職を供して自り已來、論列有る每に、惟國を憂え君を愛することを以て心とすることを知って、敢えて己を揚げ衆に矜ることを以て事とせず。陛下其の愚直を亮にして、每に優容を加えたまう。故に常に安危を指陳し、邪正を辨析す。人主當に自ら聖とすべからざることを知るときは、則ち未だ嘗て諂諛の言をせず、人臣義私に交わること無きことを知るときは、則ち阿黨の計をするに忍びず。明には則ち陛下、幽には則ち鬼神、臣の微誠、實に臨照を仰ぐ。

然臣學術寡陋、智識闊疎、徒有捧土之心、曾微回天之力。近以力陳時政之失、倂論大臣之非、不能裨補聖明。是臣隳廢職業。旣已抗章自劾、屛居俟命。豈意刑書未正、而恩典過頒。使臣粗知廉隅、必不敢蒙恥願就。如其見利忘義、靦面受之。陛下有臣如此、亦將安用。況臺諫之任、朝廷綱紀所憑。使不以言之是非、皆得進職而去、臣恐綱紀自此弛廢。臣雖無狀、敢以死請。
【読み】
然れども臣學術寡陋、智識闊疎にして、徒に捧土の心有って、曾て回天の力微[な]し。近ごろ以て力めて時政の失を陳べ、倂せて大臣の非を論ずれども、聖明を裨補すること能わず。是れ臣職業を隳廢[きはい]するなり。旣已に章を抗[あ]げて自ら劾して、屛居して命を俟つ。豈意わんや刑書未だ正しからずして、恩典過ち頒[たま]わんとは。臣をして粗廉隅を知らしめば、必ず敢えて恥を蒙って就くことを願わじ。如し其れ利を見て義を忘れば、靦面[てんめん]して之を受けん。陛下臣が此の如くなること有る、亦將に安くにか用いんとす。況んや臺諫の任は、朝廷綱紀の憑[よ]る所なり。言の是非を以てせずして、皆職に進めて去ることを得せしめば、臣恐れらくは綱紀此れ自り弛廢せんことを。臣無狀なりと雖も、敢えて死を以て請う。

伏望陛下開白日之照、厲嚴霜之刑、投諸荒陬。實所甘分。臣無任瀝血祈天之至。(熙寧三年四月上。上謂王安石曰、人情如此紛紛、奈何。安石曰、陳襄、程顥專黨呂公著、都無助陛下爲治之實。今當邪說紛紛之時、乃用襄知制誥、顥提點刑獄、人稱其平正。此輩小人、若附公著、得行其志、則天下之利皆歸之。旣不得志、又不失陛下獎用。何爲肯退聽而不爲善。乃以爲僉書鎭寧軍節度判官事。)
【読み】
伏して望むらくは陛下白日の照を開き、嚴霜の刑を厲し、諸を荒陬[こうすう]に投ぜんことを。實に分を甘んずる所なり。臣血を瀝りて天に祈るの至りに任ずること無し。(熙寧三年四月上る。上王安石に謂いて曰く、人情此の如く紛紛たること、奈何、と。安石曰く、陳襄す、程顥專ら呂公著に黨して、都て陛下治を爲すの實を助くること無し。今邪說紛紛たるの時に當たって、乃ち襄を用て制誥に知らしめ、顥刑獄に提點たらしめば、人其の平正を稱せん。此の輩の小人、若し公著に附いて、其の志を行うことを得ば、則ち天下の利皆之に歸せん。旣に志を得ずとも、又陛下の獎用を失せず。何爲れぞ肯えて退聽して善とせざらん、と。乃ち以て僉書[せんしょ]鎭寧軍節度判官事とす。)


謝澶州簽判表
【読み】
澶州[せんしゅう]簽判[せんはん]を謝する表

論議無補、職業不修、國有典刑、罪在誅戮。曲蒙弘貸、仰荷鴻私。期於糜捐、莫可報謝(中謝)
【読み】
論議補い無く、職業修めざれば、國典刑有って、罪誅戮に在り。曲げて弘貸を蒙り、仰いで鴻私を荷う。糜捐[びえん]を期するも、報謝(中謝)す可きこと莫し。

臣性質朴魯、學術空虛、志意粗修、智識無取。陛下講圖大政、博謀群材。過聽侍臣之言、猥加風憲之任。臣旣遭遇明聖、亦思誓竭疲駑。惟知直道以事君。豈忍曲學而阿世。屢進闊疎之論。愧非擊搏之才。徒嘗刳瀝肺肝、曾無裨補毫髮。旣不能繩愆糾繆、固不願沽直買名。豈敢冒寵以居。惟是奉身而退。自劾之章繼上、闔門之請深堅。天意未回、憲章尙屈、更奉發中之詔、俾分提憲之權。不惟沮諍論之風、亦懼廢賞刑之實。力形奏述、恭俟誅夷。
【読み】
臣性質朴魯、學術空虛に、志意修むるに粗くして、智識取るべき無し。陛下大政を講圖して、博く群材に謀る。過って侍臣の言に聽して、猥[みだ]りに風憲の任を加う。臣旣に明聖に遭遇して、亦誓って疲駑を竭くさんことを思う。惟直道にして以て君に事うることを知るのみ。豈曲學して世に阿るに忍びんや。屢々闊疎の論を進む。愧づらくは擊搏の才に非ざることを。徒に嘗て肺肝を刳瀝[これき]すれども、曾て毫髮を裨補すること無し。旣に愆[あやま]ちを繩[ただ]し繆ちを糾すこと能わず、固に直を沽[う]り名を買うことを願わず。豈敢えて寵を冒して以て居せんや。惟是れ身を奉じて退かんとす。自劾の章繼ぎ上れども、闔門の請深く堅し。天意未だ回らず、憲章尙屈して、更に發中の詔を奉じて、提憲の權を分かたしむ。惟諍論の風を沮るのみにあらず、亦懼る、賞刑の實を廢せんことを。力めて奏述を形して、恭しく誅夷を俟つ。

此蓋伏遇皇帝陛下極天淸明、普日照臨、洞正邪之心迹、辨眞僞於幽微、察臣忠誠、恕臣狂直、不忍寘諸重辟、投之遠荒、解其察視之官、處以便安之地。生成之賜、義固等於乾坤、涵容之恩、重益逾於山嶽。臣敢不日新素學、力蹈所知、秉心不回、信道愈篤。願徇小夫之志、不爲儒者之羞、或能自進於尋常、庶可仰酬於萬一。
【読み】
此れ蓋し伏して皇帝陛下極天の淸明、普日の照臨、正邪の心迹を洞[あき]らかにして、眞僞を幽微に辨ずるに遇って、臣が忠誠を察し、臣が狂直を恕して、諸を重辟に寘き、之を遠荒に投ずるに忍びず、其の察視の官を解して、處くに便安の地を以てしたまう。生成の賜、義固に乾坤に等しく、涵容の恩、重きこと益々山嶽に逾ゆ。臣敢えて日に素學を新たにし、力めて所知を蹈み、心を秉ること回[よこしま]ならず、道を信ずること愈々篤からざらんや。願わくは小夫の志に徇って、儒者の羞をせず、或は能く自ら尋常に進んで、庶わくは仰いで萬一に酬う可きことを。


参考文献
『和刻本漢籍 二程全書』(中文出版社)
『二程集』(里仁書局)