秦鼎の「春秋左氏傳校本」と漢籍國字解全書を参考とした。

後序

大康元年三月、吳寇始平、余自江陵還襄陽、解甲休兵、乃申抒舊意、修成春秋釋例、及經傳集解、始訖、會汲郡汲縣、有發其界内舊冢者、大得古書。皆簡篇科斗文字。發冢者不以爲意、往往散亂。科斗書久廢、推尋不能盡通、始者藏在秘府、余晩得見之。所記大凡七十五卷、多雜碎怪妄、不可訓知。周易及紀年、最爲分了。周易上下篇、與今正同。別有陰陽說、而無彖・象・文言・繫辭。疑于時仲尼造之於魯、尙未播之於遠國也。其紀年篇、起自夏殷周。皆三代王事、無諸國別也。唯特記晉國起自殤叔、次文侯・昭侯、以至曲沃莊伯。莊伯之十一年十一月、魯隱公之元年正月也。
【読み】
大康元年三月、吳の寇始めて平らぎ、余れ江陵より襄陽に還り、甲を解き兵を休め、乃ち舊意を申抒[しんしょ]して、春秋釋例と、經傳集解とを修成して、始めて訖[お]わるとき、會[たま]々汲郡の汲縣に、其の界内の舊冢を發[あば]く者有り、大いに古書を得たり。皆簡篇科斗の文字なり。冢を發く者以て意とせずして、往往散亂す。科斗の書久しく廢して、推尋すれども盡く通ずること能わず、始めは藏めて秘府に在り、余れ晩に之を見ることを得たり。記す所大凡七十五卷、多くは雜碎怪妄にして、訓じ知る可からず。周易と紀年と、最も分了とす。周易上下篇は、今と正に同じ。別に陰陽說有りて、彖・象・文言・繫辭無し。疑うらくは時に于て仲尼之を魯に造り、尙未だ之を遠國に播かざるならん。其の紀年篇は、夏殷周より起こる。皆三代の王の事、諸國の別無し。唯特り晉國を記して殤叔より起こし、次に文侯・昭侯、以て曲沃の莊伯に至る。莊伯の十一年十一月は、魯の隱公の元年正月なり。

皆用夏正建寅之月爲歲首、編年相次。晉國滅、獨記魏事、下至魏哀王之二十年。蓋魏國之史記也。推校哀王二十年、太歲在壬戌。是周赧王之十六年、秦昭王之八年、韓襄王之十三年、趙武靈王之二十七年、楚懷王之三十年、燕昭王之十三年、齊湣王之二十五年也。上去孔丘卒百八十一歲、下去今大康三年五百八十一歲。哀王於史記、襄王之子、惠王之孫也。惠王三十六年卒、而襄王立。立十六年卒、而哀王立。古書紀年篇、惠王三十六年改元、從一年始、至十六年而稱惠成王卒。卽惠王也。疑史記誤分惠成之世、以爲後王年也。哀王二十三年乃卒。故特不稱謚謂之今王。其著書文意、大似春秋經。推此足見古者國史策書之常也。
【読み】
皆夏正建寅の月を用いて歲首と爲して、編年相次ず。晉國滅び、獨り魏の事を記して、下魏の哀王の二十年に至る。蓋し魏國の史記ならん。哀王の二十年を推校するに、太歲壬戌に在り。是れ周の赧王[たんおう]の十六年、秦の昭王の八年、韓の襄王の十三年、趙の武靈王の二十七年、楚の懷王の三十年、燕の昭王の十三年、齊の湣王の二十五年なり。上孔丘の卒を去ること百八十一歲、下今の大康三年を去ること五百八十一歲なり。哀王は史記に於て、襄王の子、惠王の孫なり。惠王は三十六年にして卒して、襄王立つ。立ちて十六年にして卒して、哀王立つ。古書紀年篇には、惠王三十六年にして改元し、一年從り始まり、十六年に至りて惠成王卒すと稱す。卽ち惠王なり。疑うらくは史記には誤ちて惠成の世を分かちて、以て後王の年と爲すならん。哀王は二十三年にして乃ち卒す。故に特り謚を稱せずして之を今王と謂えり。其の著書文意、大いに春秋經に似たり。此を推すときは古の國史策書の常を見るに足れり。

稱魯隱公及邾莊公盟于姑蔑、卽春秋所書邾儀父、未王命。故不書爵。曰儀父、貴之也。又稱晉獻公會虞師伐虢、滅下陽、卽春秋所書虞師晉師滅下陽、先書虞、賄故也。又稱周襄王會諸侯于河陽、卽春秋所書天王狩于河陽。以臣召君、不可以訓也。
【読み】
魯の隱公と邾[ちゅ]の莊公と姑蔑に盟うと稱するは、卽ち春秋に書す所の邾の儀父、未だ王より命ぜられず。故に爵を書さず。儀父と曰うは、之を貴ぶ、と。又晉の獻公虞の師に會して虢[かく]を伐ち、下陽を滅ぼすと稱するは、卽ち春秋書す所の虞の師晉の師下陽を滅ぼす、先ず虞を書すは、賄の故なり、と。又周の襄王諸侯を河陽に會すと稱するは、卽ち春秋に書す所の天王河陽に狩す。臣を以て君を召すは、以て訓えとす可からず、と。

諸若此輩甚多。略舉數條、以明國史皆承告、據實而書時事、仲尼修春秋、以義而制異文也。又稱衛懿公及赤翟戰于洞澤。疑洞當爲泂。卽左傳所謂熒澤也。齊國佐來獻玉磬紀公之甗、卽左傳所謂賓媚人也。諸所記多與左傳符同、異於公羊・穀梁。知此二書、近世穿鑿、非春秋本意審矣。雖不皆與史記・尙書同、然參而求之、可以端正學者。
【読み】
諸々此の若きの輩甚だ多し。略々數條を舉げて、以て國史は皆告を承け、實に據りて時事を書し、仲尼の春秋を修むるは、義を以てして異文を制するを明かす。又衛の懿公と赤翟と洞澤に戰うと稱す。疑うらくは洞は當に泂[けい]に爲るべし。卽ち左傳に所謂熒澤[けいたく]なり。齊の國佐來りて玉磬紀公の甗[こしき]を獻ずとは、卽ち左傳に所謂賓媚人なり。諸々記す所多く左傳と符同して、公羊・穀梁に異なり。知る、此の二書は、近世の穿鑿にして、春秋の本意に非ざること審らかなることを。皆史記・尙書と同じからずと雖も、然れども參えて之を求むれば、以て學者を端正す可し。

又別有一卷、純集疏左氏傳卜筮事、上下次第、及其文義、皆與左傳同。名曰師春。師春似是抄集者人名也。
【読み】
又別に一卷有りて、純ら左氏傳卜筮の事を集疏して、上下の次第、及び其の文義は、皆左傳と同じ。名づけて師春と曰う。師春は是れ抄集する者の人名に似たり。

紀年又稱殷仲壬卽位居亳、其卿士伊尹。仲壬崩、伊尹放大甲于桐、乃自立也。伊尹卽位、於大甲七年、大甲潛出自桐、殺伊尹、乃立其子伊陟・伊奮、命復其父之田宅而中分之。左氏傳伊尹放大甲而相之。卒無怨色。然則大甲雖見放、還殺伊尹、而猶以其子爲相也。此爲大與尙書敍說大甲事乖異。
【読み】
紀年に又殷の仲壬位に卽き亳に居り、其れ伊尹を卿士とす。仲壬崩じ、伊尹大甲を桐に放ち、乃ち自立す。伊尹位に卽き、大甲を於[はな]つこと七年、大甲潛かに桐より出でて、伊尹を殺し、乃ち其の子伊陟・伊奮を立てて、命じて其の父の田宅を復して之を中分すと稱す。左氏傳には伊尹大甲を放ちて之に相たり。卒に怨色無し、と。然らば則ち大甲放たると雖も、還って伊尹を殺して、猶其の子を以て相とす。此れ大いに尙書の敍に大甲の事を說くと乖異すとす。

不知老叟之伏生、或致昬忘、將此古書亦當時雜記、未足以取審也。爲其粗有益於左氏、故畧記之、附集解之末焉。伊尹事見襄廿一年傳。
【読み】
知らず、老叟の伏生、或は昬忘を致せるか、將此の古書も亦當時の雜記にして、未だ以て審を取るに足らざるか。其の粗々左氏に益有るが爲に、故に之を畧記して、集解の末に附く。伊尹の事は襄廿一年の傳に見えたり。


陸氏音義

春秋序 此元凱所作、旣以釋經。故依例音之。本或題爲春秋左氏傳序者、沈文何以爲釋例序。今不用。
繫日。工帝反。別同異。彼列反。錯舉。七各反。下皆同。於策。本又作册。亦作筴。同、初革反。簡牘。徒木反。孟子。孟子、書名。姓孟、名軻。字子輿。鄹邑人。與齊宣王同時人。著此書。檮杌。五忽反。檮杌、四凶之一。之乘。繩證反。車乘也。一云兵乘。韓宣子。宣子名起。晉大夫。盡在。津忍反。後放此。以王。于況反。又如字。赴告。古毒反。一音古報反。記注。張住反。字或作註。則刊。苦旦反。削也。先經。悉薦反。後經。戶豆反。所重。直用反。又直龍反。將令。力呈反。下令學者同。要終。於遥反。究。久又反。饜。於豔反。飫。於預反。自趨。七住反。又七倶反。之浸。子鴆反。膏。古刀反。渙。呼亂反。怡。以之反。闡幽。昌善反。明也。襃。保刀反。貶。彼檢反。字林、方犯反。暢之。勑亮反。歸趣。七住反。文見。賢遍反。下同。舍族。音捨。參會。七南反。又音三。與謀。音預。婉。於阮反。諱辟。本亦作避。音同。後放此。璧假。古雅反。後不音者同。不汙。於倶反。楹。音盈。刻。音克。桷。音角。獻捷。在妾反。懲惡。直升反。所傳。直專反。錯綜。宗宋反。爲斷。丁亂反。條貫。古亂反。而去。起呂反。子駿。音俊。創通。初亮反。字書作剏。亦復。扶又反。下同。以見。賢遍反。下同。比其。毗志反。譜。本又作■(言偏に並)。同、布古反。歷數。所具反。後不音者皆同。黜。勑律反。危行。下孟反。言孫。音遜。本亦作遜。不出。如字。又尺遂反。矣夫。音扶。下若夫同。瑞。垂僞反。其應。應對之應。之祚。才路反。胤。以刃反。不隊。直類反。成王。如字。又于況反。周正。音政。讀者多音征。後皆放此。通論。力頓反。近誣。如字。舊音附近之近。誣、音無。小邾。張倶反。射。音亦。袂。緜世反。拭。音式。

後序
申抒。時汝反。又直呂反。汲郡。音急。簡編。必仙反。又布千反。下同。科斗。苦禾反。彖。吐亂反。繫。戶計反。殤叔。音傷。大歲。音泰。周赧王。女版反。齊湣王。亡謹反。一音亡巾反。足見。賢遍反。儀父。音甫。守于。手又反。本亦作狩。○鼎按今本亦狩。數。所主反。洞。大弄反。一音童。爲泂。古熒反。又音螢。又音迥。熒澤。音螢。之甗。魚輦反。又音言。一音彥。仲壬。而林反。亳。步博反。大甲。音泰。中分。竝如字。又丁仲反。而相。息亮反。下同。老叟。素口反。昬忘。亡亮反。爲其。于僞反。粗有。才故反。又音麤。