秦鼎の「春秋左氏傳校本」と漢籍國字解全書を参考とした。

春秋左氏傳校本第二十四

昭公 起十八年盡二十二年
            晉        杜氏            集解
            唐        陸氏            音義
            尾張    秦    鼎        校本

〔經〕十有八年、春、王三月、曹伯須卒。未同盟、而赴以名。
【読み】
〔經〕十有八年、春、王の三月、曹伯須卒す。未だ同盟せずして、赴[つ]ぐるに名を以てす。

夏、五月、壬午、宋・衛・陳・鄭災。來告。故書。天火曰災。
【読み】
夏、五月、壬午[みずのえ・うま]、宋・衛・陳・鄭災あり。來り告ぐ。故に書す。天火を災と曰う。

六月、邾人入鄅。鄅國、今瑯邪開陽縣。○鄅、音禹。又音矩。
【読み】
六月、邾人[ちゅひと]鄅[う]に入る。鄅國は、今の瑯邪開陽縣。○鄅は、音禹。又音矩。

秋、葬曹平公。冬、許遷于白羽。自葉遷也。畏鄭而樂遷。故以自遷爲文。○葉、始涉反。
【読み】
秋、曹の平公を葬る。冬、許白羽に遷る。葉[しょう]より遷るなり。鄭を畏れて遷ることを樂[のぞ]む。故に自ら遷るを以て文を爲す。○葉は、始涉反。

〔傳〕十八年、春、王二月、乙卯、周毛得殺毛伯過、毛伯過、周大夫。得、過之族。○過、平聲。
【読み】
〔傳〕十八年、春、王の二月、乙卯[きのと・う]、周の毛得毛伯過を殺して、毛伯過は、周の大夫。得は、過の族。○過は、平聲。

而代之。代居其位。
【読み】
之に代われり。代わりて其の位に居る。

萇弘曰、毛得必亡。是昆吾稔之日也。侈故之以。昆吾、夏伯也。稔、熟也。侈惡積熟、以乙卯日與桀同誅。○萇、音長。
【読み】
萇弘曰く、毛得必ず亡びん。是れ昆吾が稔せし日なり。侈りの故を以てなり。昆吾は、夏の伯なり。稔は、熟すなり。侈惡積熟して、乙卯の日を以て桀と同じく誅せらる。○萇は、音長。

而毛得以濟侈於王都。不亡何待。爲二十六年、毛伯奔楚傳。
【読み】
而るに毛得以て侈りを王都に濟す。亡びずして何をか待たん、と。二十六年、毛伯楚に奔る爲の傳なり。

三月、曹平公卒。爲下會葬見原伯起本。
【読み】
三月、曹の平公卒す。下の會葬して原伯を見る爲の起本なり。

夏、五月、火始昏見。火、心星。○見、賢遍反。
【読み】
夏、五月、火始めて昏に見ゆ。火は、心星。○見は、賢遍反。

丙子、風。梓愼曰、是謂融風。火之始也。東北曰融風。融風、木也。木、火母。故曰火之始。
【読み】
丙子[ひのえ・ね]に、風ふく。梓愼曰く、是を融風と謂う。火の始めなり。東北を融風と曰う。融風は、木なり。木は、火の母。故に火の始めと曰う。

七日其火作乎。從丙子至壬午七日。壬午、水火合之日。故知當火作。
【読み】
七日に其れ火作らんか、と。丙子より壬午に至るまで七日。壬午は、水火合するの日なり。故に當に火作るべきを知る。

戊寅、風甚。壬午、大甚。宋・衛・陳・鄭皆火。梓愼登大庭氏之庫以望之、大庭氏、古國名。在魯城内。魯於其處作庫。高顯。故登以望氣。參近占以審前年之言。
【読み】
戊寅[つちのえ・とら]に、風甚だし。壬午に、大いに甚だし。宋・衛・陳・鄭皆火あり。梓愼大庭氏の庫に登りて以て之を望みて、大庭氏は、古の國の名。魯の城内に在り。魯其の處に於て庫を作る。高顯なり。故に登りて以て氣を望む。近占に參[かんが]えて以て前年の言を審らかにす。

曰、宋・衛・陳・鄭也。數日皆來告火。言經所以書。○數、所主反。
【読み】
曰く、宋・衛・陳・鄭なり、と。數日ありて皆來りて火を告ぐ。經の書す所以を言う。○數は、所主反。

裨竈曰、不用吾言、鄭又將火。前年、裨竈欲用瓘斝禳火。子產不聽。今復請用之。
【読み】
裨竈曰く、吾が言を用いずんば、鄭又將に火あらんとす、と。前年、裨竈瓘斝[かんか]を用いて火を禳わんと欲す。子產聽かず。今復之を用いんと請う。

鄭人請用之。信竈言。
【読み】
鄭人之を用いんと請う。竈が言を信ず。

子產不可。子大叔曰、寶以保民也。若有火、國幾亡。可以救亡。子何愛焉。子產曰、天道遠、人道邇。非所及也。何以知之。竈焉知天道。是亦多言矣。豈不或信。多言者或時有中。○幾、音祈。又音機。
【読み】
子產可[き]かず。子大叔が曰く、寶は以て民を保んぜんとなり。若し火有らば、國幾ど亡びん。以て亡を救う可し。子何ぞ愛める、と。子產曰く、天道は遠く、人道は邇し。及ぶ所に非ざるなり。何を以て之を知らん。竈も焉ぞ天道を知らん。是れ亦多言なり。豈信或らざらんや、と。多言なる者は或は時に中ること有り。○幾は、音祈。又音機。

遂不與。亦不復火。傳言天道難明、雖裨竈猶不足以盡知之。
【読み】
遂に與えず。亦復火あらず。傳天道明らかにし難し、裨竈と雖も猶以て盡く之を知るに足らざるを言う。

鄭之未災也、里析告子產曰、將有大祥。里析、鄭大夫。祥、變異之氣。
【読み】
鄭の未だ災あらざるや、里析子產に告げて曰く、將に大祥有らんとす。里析は、鄭の大夫。祥は、變異の氣。

民震動、國幾亡。吾身泯焉。弗良及也。言將先災死。○先、悉薦反。
【読み】
民震動し、國幾ど亡びん。吾が身も泯[ほろ]びん。良[まこと]に及ばじ。言うこころは、將に災に先だちて死なんとす。○先は、悉薦反。

國遷、其可乎。子產曰、雖可、吾不足以定遷矣。子產知天災不可逃、非遷所免。故託以知不足。
【読み】
國遷らば、其れ可ならんか、と。子產曰く、可なりと雖も、吾れ以て遷を定むるに足らず、と。子產天災の逃る可からず、遷の免るる所に非ざるを知る。故に託するに知足らざるを以てす。

及火、里析死矣。子產使輿三十人遷其柩。以其嘗與己言故。
【読み】
火に及びて、里析死す。子產輿三十人をして其の柩を遷さしめり。其の嘗て己と言いしを以ての故なり。
*漢籍國字解全書では、「里析死矣。」の後に「未葬。」がある。

火作。子產辭晉公子公孫于東門。晉人新來未入。故辭不使前也。
【読み】
火作る。子產晉の公子公孫を東門に辭す。晉人新たに來りて未だ入らず。故に辭して前[すす]ましめざるなり。

使司寇出新客、新來聘者。
【読み】
司寇をして新客を出ださしめ、新たに來聘する者。

禁舊客勿出於宮。爲其知國情、不欲令去。
【読み】
舊客を禁じて宮より出づること勿からしむ。其の國情を知るが爲に、去らしむることを欲せず。

使子寬・子上巡羣屛攝、至于大宮、二子、鄭大夫。屛攝、祭祀之位。大宮、鄭祖廟。巡行宗廟、不得使火及之。○屛、上聲。
【読み】
子寬・子上をして羣屛攝を巡り、大宮に至らしめ、二子は、鄭の大夫。屛攝は、祭祀の位。大宮は、鄭の祖廟。宗廟を巡行して、火をして之に及ばしむることを得ざらしむ。○屛は、上聲。

使公孫登徙大龜、登、開卜大夫。
【読み】
公孫登をして大龜を徙[うつ]さしめ、登は、開卜大夫。

使祝史徙主祏於周廟、告於先君、祏、廟主石函。周廟、厲王廟也。有火災。故合羣主於祖廟。易救護。○祏、音石。
【読み】
祝史をして主祏[しゅせき]を周廟に徙し、先君に告げしめ、祏は、廟主の石函。周廟は、厲王の廟なり。火災有り。故に羣主を祖廟に合わすなり。救護し易し。○祏は、音石。

使府人・庫人各儆其事。儆、備火也。
【読み】
府人・庫人をして各々其の事を儆[いまし]めしむ。儆[けい]は、火に備うるなり。

商成公儆司宮、商成公、鄭大夫。司宮、巷伯寺人之官。
【読み】
商成公司宮を儆め、商成公は、鄭大夫。司宮は、巷伯寺人の官。

出舊宮人、寘諸火所不及。舊宮人、先公宮女。
【読み】
舊宮人を出だして、諸を火の及ばざる所に寘く。舊宮人は、先公の宮女。

司馬・司寇列居火道、備非常也。
【読み】
司馬・司寇火道に列居して、非常に備うるなり。

行火所焮、焮、炙也。○焮、許靳反。
【読み】
火の焮[や]く所を行[めぐ]り、焮[きん]は、炙[や]くなり。○焮は、許靳反。

城下之人伍列登城。爲部伍登城、備姦也。
【読み】
城下の人伍列して城に登る。部伍を爲して城に登り、姦に備うるなり。

明日、使野司寇各保其徵。野司寇、縣士也。火之明日、四方乃開災。故戒保所徵役之人。
【読み】
明日、野司寇をして各々其の徵を保んぜしむ。野司寇は、縣士なり。火の明日、四方乃ち災を開く。故に徵役する所の人を戒保す。

郊人助祝史除於國北、爲祭處於國北者、就大陰禳火。
【読み】
郊人祝史を助けて國北に除して、祭處を國北に爲るは、大陰に就きて火を禳うなり。

禳火于玄冥回祿、玄冥、水神。回祿、火神。
【読み】
火を玄冥回祿に禳い、玄冥は、水神。回祿は、火神。

祈于四鄘。鄘、城也。城積土、陰氣所聚。故祈祭之、以禳火之餘災。○鄘、音容。
【読み】
四鄘に祈る。鄘は、城なり。城は積土、陰氣の聚まる所。故に之を祈祭して、以て火の餘災を禳うなり。○鄘は、音容。

書焚室而寬其征、與之材。征、賦稅也。
【読み】
焚室を書して其の征を寬[ゆる]くし、之に材を與う。征は、賦稅なり。

三日哭、國不市。示憂戚不會市。
【読み】
三日哭し、國市せず。憂戚して市に會せざるを示す。

使行人告於諸侯。宋・衛皆如是。
【読み】
行人をして諸侯に告げしむ。宋・衛も皆是の如し。

陳不救火、許不弔災。君子是以知陳・許之先亡也。不義所以亡。
【読み】
陳は火を救わず、許は災を弔わず。君子是を以て陳・許の先ず亡びんことを知れり。不義は亡ぶる所以なり。

六月、鄅人藉稻。鄅、妘姓國也。其君自出藉稻、蓋履行之。○妘、音云。
【読み】
六月、鄅人稻を藉[ふ]む。鄅は、妘[うん]姓の國なり。其の君自ら出でて稻を藉むは、蓋し之を履行するならん。○妘は、音云。

邾人襲鄅。鄅人將閉門。邾人羊羅攝其首焉、斬得閉門者頭。
【読み】
邾人鄅を襲う。鄅人將に門を閉じんとす。邾人羊羅其の首を攝[も]ち、門を閉じる者の頭を斬り得る。

遂入之、盡俘以歸。鄅子曰、余無歸矣。從帑於邾。邾莊公反鄅夫人而舍其女。爲明年、宋伐邾起。○帑、音奴。
【読み】
遂に之に入り、盡く俘にして以[い]て歸る。鄅子曰く、余歸する無し、と。帑に邾に從う。邾の莊公鄅の夫人を反して其の女を舍く。明年、宋邾を伐つ爲の起なり。○帑は、音奴。

秋、葬曹平公。
【読み】
秋、曹の平公を葬る。

往者見周原伯魯焉。原伯魯、周大夫。
【読み】
往く者周の原伯魯を見る。原伯魯は、周の大夫。

與之語。不說學。歸以語閔子馬。閔子馬曰、周其亂乎。夫必多有是說、而後及其大人。國亂俗壞、言者適多、漸以及大人。大人、在位者。○說學、音悅。
【読み】
之と語る。學を說ばず。歸りて以て閔子馬に語ぐ。閔子馬が曰く、周其れ亂れんか。夫れ必ず多く是の說有りて、而して後に其の大人に及べるならん。國亂れ俗壞れ、言う者適に多くして、漸く以て大人に及ぶ。大人は、位に在る者。○說學は、音悅。

大人患失而惑、又曰、可以無學、無學不害。患有學而失道者、以惑其意。
【読み】
大人失えるを患えて惑い、又曰わん、以て學ぶこと無かる可し、學ぶこと無きも害あらず、と。學びて道を失える者有るを患えて、以て其の意に惑う。

不害而不學、則苟而可。以爲無害、遂不學、則皆懷苟且。
【読み】
害あらずとして學びざれば、則ち苟もして可なり。以て害無しと爲して、遂に學びざれば、則ち皆苟且を懷く。

於是乎下陵上替。能無亂乎。夫學、殖也。不學將落。原氏其亡乎。殖、成長也。言學之進德如農之殖苗、日新日益。○殖、時力反。
【読み】
是に於て下陵ぎ上替[すた]る。能く亂るること無けんや。夫れ學は、殖なり。學びざれば將に落ちんとす。原氏は其れ亡びんか、と。殖は、成長なり。言うこころは、學の德に進むこと農の苗を殖して、日に新たに日に益すが如し。○殖は、時力反。

七月、鄭子產爲火故、大爲社、爲、治也。○爲火、于僞反。下將爲同。
【読み】
七月、鄭の子產火の爲の故に、大いに社を爲[おさ]め、爲は、治むるなり。○爲火は、于僞反。下の將爲も同じ。

祓禳於四方、振除火災。禮也。振、棄也。○祓、芳佛反。
【読み】
四方に祓禳して、火災を振除す。禮なり。振は、棄つるなり。○祓は、芳佛反。

乃簡兵大蒐。將爲蒐除。治兵於廟、城内地迫。故除廣之。
【読み】
乃ち兵を簡[えら]びて大蒐す。將に蒐の爲に除かんとす。廟に治兵するに、城内地迫る。故に之を除き廣む。

子大叔之廟在道南、其寢在道北。其庭小、庭、蒐塲也。
【読み】
子大叔の廟は道南に在り、其の寢は道北に在り。其の庭小にして、庭は、蒐塲なり。

過期三日、處小、不得一時畢。○處、昌慮反。
【読み】
期を過ぐること三日、處小にして、一時に畢わることを得ず。○處は、昌慮反。

使除徒陳於道南廟北、曰、子產過女而命速除、乃毀於而郷。而、女也。毀女所郷。○女、音汝。郷、許亮反。
【読み】
除徒をして道の南廟の北に陳ねしめて、曰く、子產女に過りて速やかに除けと命ぜば、乃ち而[なんじ]の郷[む]かうを毀て、と。而は、女なり。女の郷かう所を毀て。○女は、音汝。郷は、許亮反。

子產朝、朝君。
【読み】
子產朝して、君に朝す。

過而怒之。怒不毀。
【読み】
過りて之を怒る。毀たざるを怒る。

除者南毀。子產及衝、使從者止之、曰、毀於北方。言子產仁、不忍毀人廟。
【読み】
除者南を毀つ。子產衝に及び、從者をして之を止めしめて、曰く、北方を毀て、と。言うこころは、子產仁にして、人の廟を毀つに忍びず。

火之作也、子產授兵登陴。子大叔曰、晉無乃討乎。辭晉公子公孫而授兵、似若叛晉。
【読み】
火の作るや、子產兵を授け陴に登らしむ。子大叔曰く、晉乃ち討ずること無からんや、と。晉の公子公孫を辭して兵を授くるは、晉に叛くが若きに似たり。

子產曰、吾聞之、小國忘守則危。況有災乎。國之不可小、有備故也。
【読み】
子產曰く、吾れ之を聞く、小國守りを忘るるときは則ち危うし、と。況んや災有るをや。國の小とす可からざるは、備え有る故なり、と。

旣晉之邊吏讓鄭曰、鄭國有災、晉君大夫不敢寧居、卜筮走望、不愛牲玉。鄭之有災、寡君之憂也。今執事撊然授兵登陴、撊然、勁忿貌。○撊、遐板反。
【読み】
旣にして晉の邊吏鄭を讓[せ]めて曰く、鄭國災有るとき、晉の君大夫敢えて寧居せず、卜筮走望して、牲玉を愛まざりき。鄭の災有るは、寡君の憂えなり。今執事撊然[かんぜん]として兵を授け陴に登せしは、撊然は、勁忿[けいふん]の貌。○撊は、遐板反。

將以誰罪。邊人恐懼。不敢不告。子產對曰、若吾子之言。敝邑之災、君之憂也。敝邑失政、天降之災。又懼讒慝之閒謀之、以啓貪人、荐爲敝邑不利、荐、重也。○閒、去聲。
【読み】
將に誰を以て罪せんとする。邊人恐懼す。敢えて告げずんばあらず、と。子產對えて曰く、吾子の言の若し。敝邑の災は、君の憂えなり。敝邑政を失いて、天之に災を降せり。又讒慝の之を閒謀して、以て貪人を啓き、荐[しき]りに敝邑の不利を爲して、荐は、重ぬるなり。○閒は、去聲。

以重君之憂。幸而不亡、猶可說也。說、解也。
【読み】
以て君の憂えを重ねしことを懼る。幸いにして亡びざれば、猶說く可し。說は、解くなり。

不幸而亡、君雖憂之、亦無及也。鄭有他竟、望走在晉。言鄭雖與他國爲竟、每瞻望晉歸赴之。
【読み】
不幸にして亡びば、君之を憂うと雖も、亦及ぶこと無からん。鄭他の竟する有れども、望走は晉に在り。言うこころは、鄭他國と竟を爲すと雖も、每に晉を瞻望して之に歸赴す。

旣事晉矣。其敢有二心。傳言子產有備。
【読み】
旣に晉に事えり。其れ敢えて二心有あらんや、と。傳子產が備え有るを言う。

楚左尹王子勝言於楚子曰、許於鄭仇敵也。而居楚地、以不禮於鄭。十五年、平王復遷邑、許自夷還居葉。恃楚而不事鄭。
【読み】
楚の左尹王子勝楚子に言いて曰く、許の鄭に於るは仇敵なり。而るに楚の地に居りて、以て鄭に不禮なり。十五年、平王遷邑を復して、許夷より還りて葉に居る。楚を恃みて鄭に事えず。

晉・鄭方睦。鄭若伐許、而晉助之、楚喪地矣。君盍遷許。許不專於楚。自以舊國、不專心事楚。
【読み】
晉・鄭方に睦まじ。鄭若し許を伐ちて、晉之を助けば、楚地を喪わん。君盍ぞ許を遷さざる。許楚に專らならず。自ら舊國なりと以[おも]いて、專心に楚に事えず。

鄭方有令政。許曰、余舊國也。許先鄭封。
【読み】
鄭方に令政有り。許は曰く、余は舊國なり、と。許鄭に先だちて封ぜらる。

鄭曰、余俘邑也。隱十一年、鄭滅許而復存之。故曰我俘邑。
【読み】
鄭は曰く、余が俘邑なり、と。隱十一年、鄭許を滅ぼして復之を存す。故に我が俘邑なりと曰う。

葉在楚國、方城外之蔽也。爲方城外之蔽障。
【読み】
葉は楚國に在りては、方城外の蔽なり。方城外の蔽障爲り。

土不可易。易、輕也。○易、以豉反。
【読み】
土は易[かろ]んず可からず。易は、輕んずるなり。○易は、以豉反。

國不可小。謂鄭。
【読み】
國は小とす可からず。鄭を謂う。

許不可俘。讎不可啓。君其圖之。
【読み】
許は俘となす可からず。讎は啓く可からず。君其れ之を圖れ、と。

楚子說。冬、楚子使王子勝遷許於析。實白羽。於傳時白羽改爲析。
【読み】
楚子說ぶ。冬、楚子王子勝をして許を析に遷さしむ。實は白羽なり。傳の時に於て白羽改めて析とす。


〔經〕十有九年、春、宋公伐邾。爲鄅。
【読み】
〔經〕十有九年、春、宋公邾[ちゅ]を伐つ。鄅の爲なり。

夏、五月、戊辰、許世子止弑其君買。加弑者、責止不舍藥物。○舍、音捨。
【読み】
夏、五月、戊辰[つちのえ・たつ]、許の世子止其の君買を弑す。弑を加うるは、止が藥物を舍てざるを責むるなり。○舍は、音捨。

己卯、地震。無傳。
【読み】
己卯[つちのと・う]、地震す。傳無し。

秋、齊高發帥師伐莒。冬、葬許悼公。無傳。
【読み】
秋、齊の高發師を帥いて莒を伐つ。冬、許の悼公を葬る。傳無し。

〔傳〕十九年、春、楚工尹赤遷陰于下陰。陰縣、今屬南郷郡。
【読み】
〔傳〕十九年、春、楚の工尹赤陰を下陰に遷す。陰縣は、今南郷郡に屬す。

令尹子瑕城郟。叔孫昭子曰、楚不在諸侯矣。其僅自完也、以持其世而已。遷陰城郟、皆欲以自完守。
【読み】
令尹子瑕郟[こう]に城く。叔孫昭子曰く、楚は諸侯に在らず。其れ僅かに自ら完くして、以て其の世を持つのみ、と。陰を遷し郟に城くは、皆以て自ら完守せんと欲するなり。

楚子之在蔡也、蓋爲大夫時往聘蔡。
【読み】
楚子の蔡に在りしや、蓋し大夫爲りし時に往きて蔡に聘するならん。

郹陽封人之女奔之、生大子建。郹陽、蔡邑。○郹、古闃反。
【読み】
郹陽[げきよう]の封人の女之に奔り、大子建を生めり。郹陽は、蔡の邑。○郹は、古闃反。

及卽位、使伍奢爲之師、伍奢、伍舉之子、伍員之父。○員、音云。
【読み】
位に卽くに及びて、伍奢をして之が師爲らしめ、伍奢は、伍舉の子、伍員[ごうん]の父。○員は、音云。

費無極爲少師。無寵焉。欲譖諸王、曰、建可室矣。室、妻也。
【読み】
費無極を少師と爲す。寵無し。諸を王に譖せんと欲して、曰く、建室[めあわ]す可し、と。室は、妻すなり。

王爲之聘於秦。無極與逆、勸王取之。正月、楚夫人嬴氏至自秦。王自取之。故稱夫人至。爲下拜夫人起。○與、音預。嬴、音盈。
【読み】
王之が爲に秦に聘す。無極逆[むか]うるに與り、王に勸めて之を取[めと]らしむ。正月、楚の夫人嬴氏[えいし]秦より至る。王自ら之を取る。故に夫人至ると稱す。下の夫人を拜する爲の起なり。○與は、音預。嬴は、音盈。

鄅夫人、宋向戌之女也。故向寧請師。寧、向戌之子也。請於宋公伐邾。○向、傷亮反。戌、音恤。
【読み】
鄅の夫人は、宋の向戌[しょうじゅつ]の女なり。故に向寧師を請う。寧は、向戌の子なり。宋公に請いて邾を伐つ。○向は、傷亮反。戌は、音恤。

二月、宋公伐邾、圍蟲。三月取之。蟲、邾邑。不書圍取、不以告。○蟲、直中反。
【読み】
二月、宋公邾を伐ち、蟲を圍む。三月之を取る。蟲は、邾の邑。圍取を書さざるは、以て告げざればなり。○蟲は、直中反。

乃盡歸鄅俘。
【読み】
乃ち盡く鄅の俘を歸す。

夏、許悼公瘧。五月、戊辰、飮大子止之藥卒。止獨進藥不由醫。○瘧、魚略反。
【読み】
夏、許の悼公瘧[ぎゃく]す。五月、戊辰、大子止の藥を飮みて卒す。止獨藥を進めて醫に由らず。○瘧は、魚略反。

大子奔晉。
【読み】
大子晉に奔る。

書曰弑其君。君子曰、盡心力以事君。舍藥物可也。藥物有毒。當由醫。非凡人所知。譏止不舍藥物、所以加弑君之名。○舍、音捨。
【読み】
書して其の君を弑すと曰う。君子曰く、心力を盡くして以て君に事えんのみ。藥物を舍てて可なり、と。藥物は毒有り。當に醫に由るべし。凡人の知る所に非ず。止が藥物を舍てずして、弑君の名を加えらる所以を譏る。○舍は、音捨。

邾人・郳人・徐人會宋公。乙亥、同盟于蟲。終宋公伐邾事。○郳、伍兮反。
【読み】
邾人・郳人[げいひと]・徐人宋公に會す。乙亥[きのと・い]、蟲に同盟す。宋公邾を伐つ事を終わる。○郳は、伍兮反。

楚子爲舟師以伐濮。濮、南夷也。
【読み】
楚子舟師を爲りて以て濮を伐つ。濮は、南夷なり。

費無極言於楚子曰、晉之伯也、邇於諸夏。而楚辟陋。故弗能與爭。若大城城父而寘大子焉、城父、今襄城城父縣。○伯、音霸。又如字。辟、匹亦反。
【読み】
費無極楚子に言いて曰く、晉の伯たるや、諸夏に邇ければなり。而るに楚は辟陋なり。故に與に爭うこと能わず。若し大いに城父に城きて大子を寘きて、城父は、今の襄城の城父縣。○伯は、音霸。又字の如し。辟は、匹亦反。

以通北方、王收南方、是得天下也。王說、從之。故大子建居于城父。
【読み】
以て北方に通じ、王は南方を收めば、是れ天下を得ん、と。王說びて、之に從う。故に大子建城父に居れり。

令尹子瑕聘于秦、拜夫人也。爲明年、譖大子張本。改以爲夫人、遣謝秦。
【読み】
令尹子瑕秦に聘して、夫人を拜せり。明年、大子を譖づ爲の張本なり。改めて以て夫人と爲して、遣りて秦に謝せしむ。

秋、齊高發帥師伐莒。莒不事齊故。
【読み】
秋、齊の高發師を帥いて莒を伐つ。莒齊に事えざる故なり。

莒子奔紀鄣。紀鄣、莒邑也。東海贛楡縣東北有紀城。○鄣、音章。
【読み】
莒子紀鄣に奔る。紀鄣は、莒の邑なり。東海贛楡[こうゆ]縣の東北に紀城有り。○鄣は、音章。
*「贛」の読みは「かん」ではないか?

使孫書伐之。孫書、陳無宇之子、子占也。
【読み】
孫書をして之を伐たしむ。孫書は、陳無宇の子、子占なり。

初、莒有婦人、莒子殺其夫。己爲嫠婦、寡婦爲嫠。○嫠、力之反。
【読み】
初め、莒に婦人有り、莒子其の夫を殺す。己にして嫠婦[りふ]と爲り、寡婦を嫠と爲す。○嫠は、力之反。

及老、託於紀鄣、紡焉以度而去之。因紡纑、連所紡以度城而藏之、以待外攻者。欲以報讎。○紡、芳往反。度、待洛反。
【読み】
老に及びて、紀鄣に託し、紡して以て度りて之を去[おさ]む。紡纑するに因りて、紡[よ]る所を連ねて以て城を度りて之を藏め、以て外攻の者を待つ。以て讎を報いんと欲す。○紡は、芳往反。度は、待洛反。

及師至、則投諸外。投繩城外、隨之而出。
【読み】
師の至るに及びて、則ち諸を外に投ぐ。繩を城外に投げて、之に隨いて出づ。

或獻諸子占。子占使師夜縋而登。緣繩登城。
【読み】
或ひと諸を子占に獻ず。子占師をして夜縋[すが]りて登らしむ。繩に緣りて城に登る。

登者六十人、縋絕。師鼓譟。城上之人亦譟。莒共公懼、啓西門而出。七月、丙子、齊師入紀。傳言怨不在大。
【読み】
登る者六十人、縋[なわ]絕ゆ。師鼓譟す。城上の人も亦譟す。莒の共公懼れ、西門を啓きて出づ。七月、丙子[ひのえ・ね]、齊の師紀に入る。傳怨みの大に在らざるを言う。

是歲也、鄭駟偃卒。子游娶於晉大夫、生絲。弱。子游、駟偃也。弱、幼少。
【読み】
是の歲や、鄭の駟偃卒す。子游晉の大夫に娶りて、絲を生む。弱[わか]し。子游は、駟偃なり。弱は、幼少。

其父兄立子瑕。子瑕、子游叔父、駟乞。
【読み】
其の父兄子瑕を立つ。子瑕は、子游の叔父、駟乞。

子產憎其爲人也、憎子瑕。
【読み】
子產其の人と爲りを憎み、子瑕を憎む。

且以爲不順。舍子立叔、不順禮也。
【読み】
且以て不順と爲す。子を舍てて叔を立つるは、禮に順わざるなり。

弗許。亦弗止。許之爲違禮。止之爲違衆。故中立。
【読み】
許さず。亦止めず。之を許せば禮に違うと爲す。之を止むれば衆に違うと爲す。故に中立す。

駟氏聳。聳、懼也。
【読み】
駟氏聳[おそ]る。聳は、懼るるなり。

他日、絲以告其舅。冬、晉人使以幣如鄭、問駟乞之立故。駟氏懼。駟乞欲逃。子產弗遣。請龜以卜。亦弗予。
【読み】
他日、絲以て其の舅に告ぐ。冬、晉人幣を以て鄭に如きて、駟乞が立つ故を問わしむ。駟氏懼る。駟乞逃げんと欲す。子產遣らず。龜以て卜せんと請う。亦予えず。

大夫謀對。子產不待而對客曰、鄭國不天、不獲天福。
【読み】
大夫對えを謀る。子產待たずして客に對えて曰く、鄭國不天にして、天福を獲ず。

寡君之二三臣、札瘥夭昏。大死曰札、小疫曰瘥、短折曰夭、未名曰昏。
【読み】
寡君の二三臣、札瘥[さっさ]夭昏せり。大死を札と曰い、小疫を瘥と曰い、短折を夭と曰い、未だ名づけざるを昏と曰う。

今又喪我先大夫偃、其子幼弱。其一二父兄懼隊宗主、私族於謀而立長親。於私族之謀、宜立親之長者。
【読み】
今又我が先大夫偃を喪いて、其の子幼弱なり。其の一二の父兄宗主を隊[おと]さんことを懼れ、私族謀に於て長親を立てたり。私族の謀に於て、宜しく親の長ずる者を立つべし、と。

寡君與其二三老曰、抑天實剝亂是。吾何知焉。言天自欲亂駟氏。非國所知。
【読み】
寡君と其の二三老と曰えらく、抑々天實に是を剝亂す。吾れ何ぞ知らん、と。言うこころは、天自ら駟氏を亂らんと欲す。國の知る所に非ず。

諺曰、無過亂門。民有亂兵、猶憚過之。而況敢知天之所亂。今大夫將問其故。抑寡君實不敢知。其誰實知之。
【読み】
諺に曰う、亂門を過ること無かれ、と。民に亂兵有るも、猶之を過ることを憚る。而るを況んや敢えて天の亂る所を知らんや。今大夫將に其の故を問わんとす。抑々寡君だも實に敢えて知らず。其れ誰か實に之を知らん。

平丘之會、在十三年。○過、古禾反。下同。
【読み】
平丘の會に、十三年に在り。○過は、古禾反。下も同じ。

君尋舊盟曰、無或失職。若寡君之二三臣、其卽世者、晉大夫而專制其位、是晉之縣鄙也。何國之爲。
【読み】
君舊盟を尋[かさ]ねて曰く、職を失うこと或ること無かれ、と。若し寡君の二三臣にして、其の世に卽く者を、晉の大夫にして其の位を專制せば、是れ晉の縣鄙なり。何ぞ國とか之れ爲さん、と。

辭客幣而報其使。晉人舍之。遣人報晉使。○使、所吏反。
【読み】
客の幣を辭して其の使いに報ず。晉人之を舍く。人をして晉の使いに報ぜしむ。○使は、所吏反。

楚人城州來。沈尹戌曰、楚人必敗。十三年、五縣州來。今就城而取之。戌、莊王曾孫、葉公諸梁父也。○戌、音恤。葉、始涉反。
【読み】
楚人州來に城く。沈尹戌曰く、楚人必ず敗れん。十三年、五州來を縣にす。今城くに就きて之を取る。戌は、莊王の曾孫、葉公諸梁の父なり。○戌は、音恤。葉は、始涉反。

昔吳滅州來、在十三年。
【読み】
昔吳州來を滅ぼせしとき、十三年に在り。

子旗請伐之、王曰吾未撫吾民。今亦如之。而城州來以挑吳、能無敗乎。侍者曰、王施舍不倦、息民五年、可謂撫之矣。戌曰、吾聞撫民者、節用於内、而樹德於外、民樂其性、而無寇讎。今宮室無量、民人日駭、勞罷死轉、轉、遷徙也。○挑、徒了反。罷、音皮。
【読み】
子旗之を伐たんと請えば、王吾れ未だ吾が民を撫でずと曰えり。今も亦之の如し。而るを州來に城きて以て吳を挑まば、能く敗るること無からんや、と。侍者曰く、王施舍倦まず、民を息えること五年、之を撫づと謂う可し、と。戌曰く、吾れ聞く、民を撫づる者は、用を内に節して、德を外に樹て、民其の性を樂しみて、寇讎無し、と。今宮室量無く、民人日に駭[おどろ]き、勞罷死轉して、轉は、遷徙なり。○挑は、徒了反。罷は、音皮。

忘寢與食。非撫之也。傳言平王所以不能霸。
【読み】
寢と食とを忘る。之を撫づるに非ざるなり。傳平王霸たること能わざる所以を言う。

鄭大水。龍鬭于時門之外洧淵。時門、鄭城門也。洧水、出滎陽密縣、東南至潁川長平入潁。○洧、于軌反。
【読み】
鄭大水あり。龍時門の外の洧淵[いえん]に鬭う。時門は、鄭の城門なり。洧水は、滎陽密縣に出でて、東南して潁川の長平に至りて潁に入る。○洧は、于軌反。

國人請爲禜焉。子產弗許、曰、我鬭、龍不我覿也。覿、見也。○禜、爲命反。
【読み】
國人禜[えい]を爲さんことを請う。子產許さず、曰く、我れ鬭うも、龍我を覿[み]ざるなり。覿[てき]は、見るなり。○禜は、爲命反。

龍鬭、我獨何覿焉。禳之、則彼其室也。淵、龍之室。
【読み】
龍の鬭いを、我れ獨り何ぞ覿ん。之を禳わば、則ち彼は其の室なり。淵は、龍の室。

吾無求於龍、龍亦無求於我。乃止也。傳言子產之知。
【読み】
吾れ龍に求め無く、龍も亦我に求め無し、と。乃ち止む。傳子產の知を言う。

令尹子瑕言蹶由於楚子、蹶由、吳王弟。五年、靈王執以歸。○蹶、九衛反。
【読み】
令尹子瑕蹶由[けいゆう]を楚子に言いて、蹶由は、吳王の弟。五年、靈王執えて以[い]て歸る。○蹶は、九衛反。

曰、彼何罪。諺所謂室於怒、市於色者、楚之謂矣。言靈王怒吳子、而執其弟。猶人忿於室家、而作色於市人。
【読み】
曰く、彼れ何の罪ある。諺に所謂室に怒りて、市に色するとは、楚を之れ謂うなり。言うこころは、靈王吳子を怒りて、其の弟を執うる。猶人の室家に忿りて、色を市人に作すがごとし。

舍前之忿可也。乃歸蹶由。言楚子能用善言。
【読み】
前の忿りを舍てて可なり、と。乃ち蹶由を歸す。楚子が能く善言を用ゆるを言う。


〔經〕二十年、春、王正月。夏、曹公孫會自鄸出奔宋。無傳。嘗有玉帛之使來告。故書。鄸、曹邑。○鄸、莫公反。一亡增反。
【読み】
〔經〕二十年、春、王の正月。夏、曹の公孫會鄸[ぼう]より出でて宋に奔る。傳無し。嘗て玉帛の使い有りて來り告ぐ。故に書す。鄸は、曹の邑。○鄸は、莫公反。一に亡增反。

秋、盜殺衛侯之兄縶。齊豹作而不義。故書曰盜。所謂求名而不得。○縶、張立反。
【読み】
秋、盜衛侯の兄縶[ちゅう]を殺す。齊豹作して不義なり。故に書して盜と曰う。所謂名を求めて得ざるなり。○縶は、張立反。

冬、十月、宋華亥・向寧・華定出奔陳。與君爭而出、皆書名惡之。○華、戶化反。
【読み】
冬、十月、宋の華亥・向寧・華定出でて陳に奔る。君と爭いて出づるは、皆名を書して之を惡む。○華は、戶化反。

十有一月、辛卯、蔡侯廬卒。無傳。未同盟、而赴以名。○廬、力烏反。又力於反。
【読み】
十有一月、辛卯[かのと・う]、蔡侯廬卒す。傳無し。未だ同盟せずして、赴[つ]ぐるに名を以てす。○廬は、力烏反。又力於反。

〔傳〕二十年、春、王二月、己丑、日南至。是歲、朔旦冬至之歲也。當言正月己丑朔、日南至。時史失閏、閏更在二月後。故經因史而書正月、傳更具於二月、記南至日、以正歷也。
【読み】
〔傳〕二十年、春、王の二月、己丑[つちのと・うし]、日南至す。是の歲は、朔旦冬至の歲なり。當に正月己丑朔、日南至すと言うべし。時史閏を失いて、閏更に二月の後に在り。故に經史に因りて正月と書し、傳更に具に二月に於て、南至の日を記して、以て歷を正すなり。

梓愼望氛、氛、氣也。時魯侯不行登臺之禮、使梓愼望氣。
【読み】
梓愼氛[ふん]を望みて、氛は、氣なり。時に魯侯登臺の禮を行わず、梓愼をして氣を望ましむ。

曰、今玆宋有亂。國幾亡。三年而後弭。蔡有大喪。爲宋華・向出奔、蔡侯卒傳。
【読み】
曰く、今玆[ことし]宋に亂有らん。國幾ど亡びんとす。三年にして而して後に弭[や]まん。蔡に大喪有らん、と。宋の華・向出奔し、蔡侯卒する爲の傳なり。

叔孫昭子曰、然則戴・桓也。戴族、華氏。桓族、向氏。
【読み】
叔孫昭子曰く、然らば則ち戴・桓ならん。戴族は、華氏。桓族は、向氏。

汏侈無禮已甚。亂所在也。傳言妖由人興。
【読み】
汏侈[たいし]にして無禮已甚だし。亂の在る所なり、と。傳妖は人に由りて興るを言う。

費無極言於楚子曰、建與伍奢、將以方城之外叛。自以爲猶宋・鄭也。齊・晉又交輔之、將以害楚。其事集矣。王信之、問伍奢。伍奢對曰、君一過多矣。一過、納建妻。
【読み】
費無極楚子に言いて曰く、建と伍奢と、將に方城の外を以[い]て叛かんとす。自ら以爲えらく、猶宋・鄭のごとし、と。齊・晉又交々之を輔け、將に以て楚を害せんとす。其の事集[な]れり、と。王之を信じ、伍奢に問う。伍奢對えて曰く、君一たび過つだも多し。一たび過つとは、建が妻を納るるなり。

何信於讒。王執伍奢、忿奢切言。
【読み】
何ぞ讒を信ずる、と。王伍奢を執え、奢が切言を忿る。

使城父司馬奮揚殺大子。未至而使遣之。知大子冤。故遣令去。
【読み】
城父の司馬奮揚をして大子を殺さしめんとす。未だ至らずして之を遣[さ]らしむ。大子の冤を知る。故に遣りて去らしむ。

三月、大子建奔宋。王召奮揚。奮揚使城父人執己以至。王曰、言出於余口、入於爾耳。誰告建也。對曰、臣告之。君王命臣曰、事建如事余。臣不佞、佞、才也。
【読み】
三月、大子建宋に奔る。王奮揚を召す。奮揚城父の人をして己を執えて以て至らしむ。王曰く、言余が口より出でて、爾が耳に入る。誰か建に告げたる、と。對えて曰く、臣之を告げたり。君王臣に命じて曰く、建に事うること余に事うるが如くせよ、と。臣不佞にして、佞は、才なり。

不能苟貳。奉初以還、奉初命以周旋。
【読み】
苟も貳あること能わず。初めを奉じて以て還り、初命を奉じて以て周旋す。

不忍後命。故遣之。旣而悔之、亦無及已。王曰、而敢來、何也。對曰、使而失命、召而不來、是再奸也。奸、犯也。○使、所吏反。又如字。
【読み】
後命に忍びず。故に之を遣れり。旣にして之を悔ゆれども、亦及ぶこと無きのみ、と。王曰く、而[なんじ]敢えて來るは、何ぞや、と。對えて曰く、使いして命を失い、召されて來らずんば、是れ再び奸すなり。奸は、犯すなり。○使は、所吏反。又字の如し。

逃無所入。王曰、歸。從政如他日。善其言、舍使還。
【読み】
逃ぐとも入る所無ければなり、と。王曰く、歸れ。政に從うこと他日の如くなれ、と。其の言を善して、舍[ゆる]して還らしむ。

無極曰、奢之子材。若在吳、必憂楚國。盍以免其父召之。彼仁。必來。不然、將爲患。王使召之曰、來、吾免而父。棠君尙謂其弟員、棠君、奢之長子、尙也。爲棠邑大夫。員、尙弟、子胥。○員、音云。
【読み】
無極曰く、奢の子材あり。若し吳に在らば、必ず楚國を憂えしめん。盍ぞ其の父を免さんというを以て之を召さざる。彼れ仁なり。必ず來らん。然らずんば、將に患えを爲さん、と。王之を召さしめて曰く、來れ、吾れ而が父を免さん、と。棠君[とうくん]尙其の弟員[うん]に謂いて、棠君は、奢の長子、尙なり。棠邑の大夫爲り。員は、尙の弟、子胥なり。○員は、音云。

曰、爾適吳。我將歸死。吾知不逮。自以知不及員。○知、音智。
【読み】
曰く、爾は吳に適け。我は將に歸り死なんとす。吾が知逮ばず。自ら以[おも]えらく、知員に及ばず、と。○知は、音智。

我能死。爾能報。聞免父之命、不可以莫之奔也。親戚爲戮、不可以莫之報也。奔死免父、孝也。度功而行、仁也。仁者貴成功。○度、待洛反。
【読み】
我は能く死なん。爾は能く報いよ。父を免すの命を聞きて、以て之に奔ること莫くんばある可からず。親戚戮と爲れるを、以て之を報ゆること莫くんばある可からず。死に奔りて父を免さるるは、孝なり。功を度りて行うは、仁なり。仁者は成功を貴ぶ。○度は、待洛反。

擇任而往、知也。員任報讎。○任、音壬。
【読み】
任を擇びて往くは、知なり。員讎を報ゆるに任ず。○任は、音壬。

知死不辟、勇也。尙爲勇。
【読み】
死を知りて辟けざるは、勇なり。尙勇を爲す。

父不可棄。倶去、爲棄父。
【読み】
父は棄つ可からず。倶に去れば、父を棄つと爲す。

名不可廢。倶死、爲廢名。
【読み】
名は廢つ可からず。倶に死するを、名を廢つと爲す。

爾其勉之。相從爲愈。愈、差也。
【読み】
爾其れ之を勉めよ。相從わんより愈れりと爲す、と。愈は、差[まさ]るなり。

伍尙歸。奢聞員不來、曰、楚君大夫其旰食乎。將有吳憂、不得早食。○旰、古旦反。
【読み】
伍尙歸る。奢員が來らざるを聞きて、曰く、楚の君大夫其れ旰食[かんしょく]せんか、と。將に吳の憂え有りて、早食することを得ざらんとす。○旰は、古旦反。

楚人皆殺之。
【読み】
楚人皆之を殺す。

員如吳、言伐楚之利於州于。州于、吳子僚。
【読み】
員吳に如き、楚を伐つの利を州于に言う。州于は、吳子僚。

公子光曰、是宗爲戮、而欲反其讎。不可從也。光、吳公子闔閭也。反、復也。
【読み】
公子光曰く、是れ宗戮と爲りて、其の讎を反[むく]いんと欲するなり。從う可からず、と。光は、吳の公子闔閭[こうりょ]なり。反は、復ゆるなり。

員曰、彼將有他志。光欲弑僚、不利員用事。故破其議而員亦知之。
【読み】
員曰く、彼れ將に他志有らんとす。光僚を弑せんと欲して、員が事を用ゆるを利とせず。故に其の議を破りて員も亦之を知れり。

余姑爲之求士、而鄙以待之。計未得用。故進勇士以求入於光、退居邊鄙。○爲、于僞反。
【読み】
余姑く之が爲に士を求めて、鄙にして以て之を待たん、と。計未だ用ゆることを得ず。故に勇士を進めて以て光に入らんことを求め、退きて邊鄙に居る。○爲は、于僞反。

乃見鱄設諸焉、鱄諸、勇士。○見、賢遍反。鱄、音專。
【読み】
乃ち鱄設諸[せんせつしょ]を見えしめて、鱄諸は、勇士。○見は、賢遍反。鱄は、音專。

而耕於鄙。爲二十七年、吳弑僚傳。
【読み】
鄙に耕す。二十七年、吳僚を弑する爲の傳なり。

宋元公無信多私而惡華・向。華定・華亥與向寧謀、曰、亡愈於死。先諸。恐元公殺己、欲先作亂。○惡、烏路反。
【読み】
宋の元公信無く私多くして華・向を惡む。華定・華亥向寧と謀りて、曰く、亡[に]ぐるは死するに愈れり。諸に先んぜんか、と。元公己を殺さんことを恐れて、先ず亂を作さんと欲す。○惡は、烏路反。

華亥僞有疾、以誘羣公子。公子問之、則執之。夏、六月、丙申、殺公子寅・公子御戎・公子朱・公子固・公孫援・公孫丁、拘向勝・向行於其廩。八子皆公黨。○御、魚呂反。又如字。
【読み】
華亥疾有りと僞りて、以て羣公子を誘く。公子之を問えば、則ち之を執う。夏、六月、丙申[ひのえ・さる]、公子寅・公子御戎・公子朱・公子固・公孫援・公孫丁を殺し、向勝・向行を其の廩に拘う。八子は皆公の黨。○御は、魚呂反。又字の如し。

公如華氏請焉。弗許。遂劫之。劫公。
【読み】
公華氏に如きて請う。許さず。遂に之を劫かす。公を劫かす。

癸卯、取大子欒與母弟辰・公子地以爲質、欒、景公也。辰及地、皆元公弟。○質、音致。案公子辰、是景公之母弟。地、是辰兄。當爲元公之子。今作元公弟、誤。
【読み】
癸卯[みずのと・う]、大子欒と母弟辰・公子地とを取りて以て質と爲し、欒は、景公なり。辰と地とは、皆元公の弟。○質は、音致。案ずるに公子辰は、是れ景公の母弟。地は、是れ辰の兄。當に元公の子爲るべし。今元公の弟と作すは、誤れり。

公亦取華亥之子無慼・向寧之子羅・華定之子啓、與華氏盟以爲質。爲此冬、華向出奔傳。
【読み】
公も亦華亥の子無慼・向寧の子羅・華定の子啓を取りて、華氏と盟いて以て質と爲せり。此の冬、華向出奔する爲の傳なり。

衛公孟縶狎齊豹、公孟、靈公兄也。齊豹、齊惡之子。爲衛司寇。狎、輕也。
【読み】
衛の公孟縶齊豹を狎[かろ]んじて、公孟は、靈公の兄なり。齊豹は、齊惡の子。衛の司寇爲り。狎は、輕んずるなり。

奪之司寇與鄄、鄄、豹邑。○鄄、音絹。
【読み】
之が司寇と鄄[けん]とを奪い、鄄は、豹の邑。○鄄は、音絹。

有役則反之、無則取之。縶足不良。故有役則以官邑還豹使行。
【読み】
役有れば則ち之を反し、無ければ則ち之を取る。縶足不良なり。故に役有れば則ち官邑を以て豹に還して行かしむ。

公孟惡北宮喜・褚師圃欲去之。喜、貞子。○惡、烏路反。褚、中呂反。
【読み】
公孟北宮喜・褚師圃を惡みて之を去らんと欲す。喜は、貞子。○惡は、烏路反。褚は、中呂反。

公子朝通于襄夫人宣姜、宣姜、靈公嫡母。○朝、如字。
【読み】
公子朝襄夫人宣姜に通じ、宣姜は、靈公の嫡母。○朝は、字の如し。

懼而欲以作亂。故齊豹・北宮喜・褚師圃・公子朝作亂。
【読み】
懼れて以て亂を作さんと欲す。故に齊豹・北宮喜・褚師圃・公子朝亂を作す。

初、齊豹見宗魯於公孟。薦達也。○見、賢遍反。
【読み】
初め、齊豹宗魯を公孟に見えしむ。薦達するなり。○見は、賢遍反。

爲驂乘焉。爲公孟驂乘。
【読み】
驂乘と爲る。公孟が驂乘と爲る。

將作亂、而謂之曰、公孟之不善、子所知也。勿與乘。吾將殺之。對曰、吾由子事公孟、子假吾名焉。故不吾遠也。言子借我以善名。故公孟親近我。○與、音預。又如字。遠、于萬反。
【読み】
將に亂を作さんとして、之に謂いて曰く、公孟が不善は、子の知れる所なり。乘に與ること勿かれ。吾れ將に之を殺さんとす、と。對えて曰く、吾れ子に由りて公孟に事え、子吾に名を假せり。故に吾を遠ざけざるなり。言うこころは、子我に借すに善名を以てす。故に公孟我を親近す。○與は、音預。又字の如し。遠は、于萬反。

雖其不善、吾亦知之、抑以利故不能去、是吾過也。今聞難而逃、是僭子也。使子言不信也。○難、乃旦反。
【読み】
其の不善は、吾も亦之を知ると雖も、抑々利を以ての故に去ること能わざりしは、是れ吾が過ちなり。今難を聞きて逃げば、是れ子を僭するなり。子が言をして不信ならしむるなり。○難は、乃旦反。

子行事乎。吾將死之。以周事子、周、猶終竟也。
【読み】
子は事を行わんか。吾は將に之に死なんとす。以て子に事うることを周[お]えて、周は、猶終竟のごとし。

而歸死於公孟、其可也。
【読み】
死を公孟に歸せんこと、其れ可ならん、と。

丙辰、衛侯在平壽。平壽、衛下邑。
【読み】
丙辰[ひのえ・たつ]、衛侯平壽に在り。平壽は、衛の下邑。

公孟有事於蓋獲之門外。有事、祭也。蓋獲、衛郭門。
【読み】
公孟蓋獲の門外に事有り。事有りとは、祭なり。蓋獲は、衛の郭門。

齊子氏帷於門外而伏甲焉、齊豹之家。
【読み】
齊子氏門外に帷して甲を伏せ、齊豹の家。

使祝鼃寘戈於車薪以當門、要其前也。○鼃、烏媧反。
【読み】
祝鼃[しゅくあ]をして戈を車薪に寘きて以て門に當たらしめ、其の前を要するなり。○鼃は、烏媧反。

使一乘從公孟以出。亦如前車、寘戈於薪、尋其後。○從、如字。又才用反。
【読み】
一乘をして公孟に從いて以て出でしむ。亦前車の如くにして、戈を薪に寘きて、其の後に尋[つづ]く。○從は、字の如し。又才用反。

使華齊御公孟、宗魯驂乘、及閎中。閎、曲門中。○華、戶化反。
【読み】
華齊をして公孟に御とならしめ、宗魯驂乘し、閎中に及ぶ。閎は、曲門の中。○華は、戶化反。

齊氏用戈擊公孟。宗魯以背蔽之。斷肱以中公孟之肩。皆殺之。
【読み】
齊氏戈を用て公孟を擊つ。宗魯背を以て之を蔽う。肱を斷ちて以て公孟の肩に中る。皆之を殺す。

公聞亂、乘驅自閱門入。慶比御公、公南楚驂乘、使華寅乘貳車。公副車。○斷、丁管反。中、丁仲反。比、如字。又毗志反。
【読み】
公亂を聞き、乘驅して閱門より入る。慶比公に御となり、公南楚驂乘し、華寅をして貳車に乘らしむ。公の副車。○斷は、丁管反。中は、丁仲反。比は、字の如し。又毗志反。

及公宮、鴻駵魋駟乘于公。鴻駵魋復就公乘。一車四人。○駵、音留。魋、音頽。
【読み】
公宮に及び、鴻駵魋[こうりゅうたい]公に駟乘す。鴻駵魋復公に就きて乘る。一車に四人。○駵は、音留。魋は、音頽。

公載寶以出。褚師子申遇公于馬路之衢、遂從。從公出。○從、才用反。
【読み】
公寶を載せて以て出づ。褚師子申公に馬路の衢に遇い、遂に從う。公に從いて出づ。○從は、才用反。

過齊氏。使華寅肉袒執蓋以當其闕。肉袒、示不敢與齊氏爭。執蓋、蔽公而去。闕、空也。以蓋當侍從空闕之處。
【読み】
齊氏を過ぐ。華寅をして肉袒して蓋を執りて以て其の闕に當たらしむ。肉袒は、敢えて齊氏と爭わざるを示すなり。蓋を執るとは、公を蔽いて去るなり。闕は、空なり。蓋を以て侍從空闕の處に當つ。

齊氏射公、中南楚之背。公遂出。寅閉郭門、不欲令追者出。○射、食亦反。
【読み】
齊氏公を射て、南楚の背に中つ。公遂に出づ。寅郭門を閉じ、追者をして出でしめんことを欲せず。○射は、食亦反。

踰而從公。踰郭出。○從、才用反。又如字。
【読み】
踰えて公に從う。郭を踰えて出づ。○從は、才用反。又字の如し。

公如死鳥。死鳥、衛地。
【読み】
公死鳥に如く。死鳥は、衛の地。

析朱鉏宵從竇出、徒行從公。朱鉏、成子。黑背孫。○竇、音豆。
【読み】
析朱鉏宵竇[とう]より出で、徒行して公に從う。朱鉏は、成子なり。黑背の孫。○竇は、音豆。

齊侯使公孫靑聘于衛。靑、頃公之孫。○頃、音傾。
【読み】
齊侯公孫靑をして衛に聘せしむ。靑は、頃公の孫。○頃は、音傾。

旣出。聞衛亂、使請所聘。公曰、猶在竟内、則衛君也。乃將事焉。將事、行聘事。○竟、音境。
【読み】
旣に出づ。衛の亂を聞き、聘せん所を請わしむ。公曰く、猶竟内に在らば、則ち衛の君なり。乃ち事を將[おこな]え、と。事を將えとは、聘事を行うなり。○竟は、音境。

遂從諸死鳥、請將事。辭曰、亡人不佞、失守社稷、越在草莽。吾子無所辱君命。賓曰、寡君命下臣於朝曰、阿下執事。阿、比也。命己使比衛臣下。
【読み】
遂に諸に死鳥に從い、事を將わんと請う。辭して曰く、亡人不佞、社稷を守ることを失い、草莽に越在す。吾子君命を辱くする所無し、と。賓曰く、寡君下臣に朝に命じて曰く、下執事に阿[なぞら]え、と。阿は、比[なぞら]うなり。己に命じて衛の臣下に比えしむ。

臣不敢貳。貳、違命也。
【読み】
臣敢えて貳せず、と。貳は、命に違うなり。

主人曰、君若惠顧先君之好、昭臨敝邑、鎭撫其社稷、則有宗祧在。言受聘、當在宗廟也。
【読み】
主人曰く、君若し先君の好を惠顧して、敝邑を昭臨し、其の社稷を鎭撫せば、則ち宗祧[そうちょう]の在る有り、と。言うこころは、聘を受くるは、當に宗廟に在るべし。

乃止。止、不行聘事。
【読み】
乃ち止む。止むとは、聘事を行わざるなり。

衛侯固請見之。欲與靑相見。
【読み】
衛侯固く之を見んことを請う。靑と相見えんと欲す。

不獲命。以其良馬見。以爲相見之禮。○馬見、賢遍反。下同。
【読み】
命を獲ず。其の良馬を以て見ゆ。以て相見の禮と爲す。○馬見は、賢遍反。下も同じ。

爲未致使故也。未致使。故不敢以客禮見。○爲、于僞反。
【読み】
未だ使いを致さざるが爲の故なり。未だ使いを致さず。故に敢えて客禮を以て見えず。○爲は、于僞反。

衛侯以爲乘馬。喜其敬己。故貴其物。○乘、繩證反。又如字。
【読み】
衛侯以て乘馬と爲す。其の己を敬するを喜ぶ。故に其の物を貴ぶ。○乘は、繩證反。又字の如し。

賓將掫。掫、行夜。○掫、側九反。又祖侯反。行、下孟反。
【読み】
賓將に掫[しゅう]せんとす。掫は、夜を行[めぐ]るなり。○掫は、側九反。又祖侯反。行は、下孟反。

主人辭曰、亡人之憂、不可以及吾子。草莽之中、不足以辱從者。敢辭。賓曰、寡君之下臣、君之牧圉也。若不獲扞外役、是不有寡君也。有、相親有。○扞、戶旦反。
【読み】
主人辭して曰く、亡人の憂えは、以て吾子に及ぼす可からず。草莽の中、以て從者を辱くするに足らず。敢えて辭す、と。賓曰く、寡君の下臣は、君の牧圉なり。若し外役を扞[まも]ることを獲ずんば、是れ寡君を有せざるなり。有すとは、相親有するなり。○扞は、戶旦反。

臣懼不免於戾。請以除死。親執鐸、終夕與於燎。設火燎以備守。○與、音預。下不與聞同。燎、力召反。又力弔反。
【読み】
臣戾[つみ]を免れざらんことを懼る。請う、以て死を除かん、と。親ら鐸を執り、終夕燎に與れり。火燎を設けて以て備守す。○與は、音預。下の不與聞も同じ。燎は、力召反。又力弔反。

齊氏之宰渠子召北宮子。北宮喜也。
【読み】
齊氏の宰渠子北宮子を召ぶ。北宮喜なり。

北宮氏之宰不與聞。謀殺渠子、遂伐齊氏滅之。丁巳、晦、公入、與北宮喜盟于彭水之上。喜本與齊氏同謀。故公先與喜盟。
【読み】
北宮氏の宰與り聞かず。謀りて渠子を殺し、遂に齊氏を伐ちて之を滅ぼす。丁巳[ひのと・み]、晦、公入りて、北宮喜と彭水の上[ほとり]に盟う。喜本齊氏と同謀す。故に公先ず喜と盟う。

秋、七月、戊午、朔、遂盟國人。八月、辛亥、公子朝・褚師圃・子玉霄・子高魴出奔晉。皆齊氏黨。
【読み】
秋、七月、戊午[つちのえ・うま]、朔、遂に國人に盟う。八月、辛亥[かのと・い]、公子朝・褚師圃・子玉霄[しぎょくしょう]・子高魴出でて晉に奔る。皆齊氏の黨。

閏月、戊辰、殺宣姜。與公子朝通謀故。
【読み】
閏月、戊辰[つちのえ・たつ]、宣姜を殺す。公子朝と謀を通ずる故なり。

衛侯賜北宮喜謚曰貞子、滅齊氏故。
【読み】
衛侯北宮喜に謚を賜いて貞子と曰い、齊氏を滅ぼす故なり。

賜析朱鉏謚曰成子。宵從公故。
【読み】
析朱鉏に謚を賜いて成子と曰う。宵公に從う故なり。

而以齊氏之墓予之。皆未死、而賜謚及墓田、傳終而言之。
【読み】
而して齊氏の墓を以て之に予う。皆未だ死せずして、謚と墓田とを賜うは、傳終えて之を言うなり。

衛侯告寧于齊、且言子石。子石、公孫靑。言其有禮。
【読み】
衛侯寧を齊に告げ、且つ子石を言う。子石は、公孫靑。其の禮有るを言う。

齊侯將飮酒、徧賜大夫曰、二三子之敎也。喜靑敬衛侯。
【読み】
齊侯將に酒を飮まんとし、徧く大夫に賜いて曰く、二三子の敎えなり、と。靑が衛侯を敬せしを喜ぶ。

苑何忌辭曰、與於靑之賞、必及于其罰。何忌、齊大夫。言靑若有罪、亦當幷受其罰。○苑、於元反。
【読み】
苑何忌辭して曰く、靑の賞に與らば、必ず其の罰に及ばん。何忌は、齊の大夫。言うこころは、靑若し罪有らば、亦當に幷せて其の罰を受くべし。○苑は、於元反。

在康誥曰、父子兄弟、罪不相及。尙書康誥。
【読み】
康誥に在りて曰く、父子兄弟、罪相及ばず、と。尙書の康誥。

況在群臣。臣敢貪君賜、以干先王。言受賜則犯康誥之義。
【読み】
況んや群臣に在りてをや。臣敢えて君の賜を貪りて、以て先王を干さんや、と。言うこころは、賜を受くれば則ち康誥の義を犯すなり。

琴張聞宗魯死、琴張、孔子弟子。字子開、名牢。
【読み】
琴張宗魯が死を聞き、琴張は、孔子の弟子。字は子開、名は牢。

將往弔之。仲尼曰、齊豹之盜、而孟縶之賊。女何弔焉。言齊豹所以爲盜、孟縶所以見賊、皆由宗魯。○女、音汝。
【読み】
將に往きて之を弔せんとす。仲尼曰く、齊豹が盜をして、孟縶が賊せらる。女何ぞ弔せん。言うこころは、齊豹が盜を爲す所以、孟縶が賊せらる所以は、皆宗魯に由れり。○女は、音汝。

君子不食姦、知公孟不善、而受其祿、是食姦也。
【読み】
君子は姦に食まず、公孟が不善を知りて、其の祿を受くるは、是れ姦に食むなり。

不受亂、許豹行事、是受亂也。
【読み】
亂を受けず、豹が事を行うを許すは、是れ亂を受くるなり。

不爲利疚於囘、疚、病。囘、邪也。以利故不能厺、是病身於邪。○爲、于僞反。
【読み】
利の爲に囘[よこしま]に疚ましめられず、疚は、病むなり。囘は、邪なり。利を以ての故に厺[さ]ること能わざるは、是れ身を邪に病ましむるなり。○爲は、于僞反。

不以囘待人、知難不告、是以邪待人。○難、乃旦反。
【読み】
囘を以て人を待たず、難を知りて告げざるは、是れ邪を以て人を待つなり。○難は、乃旦反。

不蓋不義、以周事豹、是蓋不義。
【読み】
不義を蓋わず、以て豹に事うることを周[お]わるは、是れ不義を蓋うなり。

不犯非禮。以二心事縶、是非禮。
【読み】
非禮を犯さず、と。二心を以て縶に事うるは、是れ非禮なり。

宋華・向之亂、公子城・ 平公子。
【読み】
宋の華・向の亂に、公子城・ 平公の子。

公孫忌・樂舍・ 舍、樂喜孫。
【読み】
公孫忌・樂舍・ 舍は、樂喜の孫。

司馬疆・向宜・向鄭・ 宜・鄭、皆向戌子。
【読み】
司馬疆・向宜・向鄭・ 宜・鄭は、皆向戌の子。

楚建・ 楚平王之亡大子。
【読み】
楚の建・ 楚の平王の亡大子。

郳甲、小邾穆公子。○郳、五兮反。
【読み】
郳[げい]の甲、小邾の穆公の子。○郳は、五兮反。

出奔鄭。八子、宋大夫。皆公黨。辟難出。
【読み】
出でて鄭に奔る。八子は、宋の大夫。皆公の黨。難を辟けて出づ。

其徒與華氏戰于鬼閻。八子之徒衆也。潁川長平縣西北有閻亭。○閻、似廉反。又以冉反。
【読み】
其の徒華氏と鬼閻に戰う。八子の徒衆なり。潁川長平縣の西北に閻亭有り。○閻は、似廉反。又以冉反。

敗子城。子城適晉。子城爲華氏所敗、別走至晉。爲明年、子城以晉師至起本。
【読み】
子城を敗る。子城晉に適く。子城華氏の爲に敗られ、別に走りて晉に至る。明年、子城晉の師を以て至る爲の起本なり。

華亥與其妻、必盥、而食所質公子者、而後食。公與夫人、每日、必適華氏、食公子、而後歸。華亥患之、欲歸公子。向寧曰、唯不信。故質其子。若又歸之、死無日矣。
【読み】
華亥は其の妻と、必ず盥[てあら]いて、質する所の公子の者に食らわしめて、而して後に食らう。公は夫人と、每日、必ず華氏に適きて、公子に食らわしめて、而して後に歸る。華亥之を患えて、公子を歸さんと欲す。向寧曰く、唯不信なり。故に其の子を質とせり。若し又之を歸さば、死なんこと日無けん、と。

公請於華費遂、將攻華氏。費遂、大司馬。華氏族。○盥、古緩反。而食、音嗣。下同。質、音致。
【読み】
公華費遂に請いて、將に華氏を攻めんとす。費遂は、大司馬。華氏の族。○盥は、古緩反。而食は、音嗣。下も同じ。質は、音致。

對曰、臣不敢愛死。無乃求去憂而滋長乎。恐殺大子、憂益長。○去、起呂反。長、丁丈反。
【読み】
對えて曰く、臣は敢えて死を愛まず。乃ち憂えを去らんと求めて滋々長ずること無からんや。恐れらくは大子を殺されて、憂え益々長ぜん。○去は、起呂反。長は、丁丈反。

臣是以懼。敢不聽命。公曰、子死亡有命。余不忍其訽。訽、恥也。○訽、許候反。
【読み】
臣是を以て懼るるのみ。敢えて命を聽かざらんや、と。公曰く、子の死亡は命有り。余は其の訽[はじ]に忍びず、と。訽[こう]は、恥なり。○訽は、許候反。

冬、十月、公殺華向之質而攻之。戊辰、華向奔陳、華登奔吳。登、費遂之子。黨華向者。
【読み】
冬、十月、公華向の質を殺して之を攻む。戊辰[つちのえ・たつ]、華向陳に奔り、華登吳に奔る。登は、費遂の子。華向に黨する者。

向寧欲殺大子。華亥曰、干君而出、又殺其子、其誰納我。且歸之有庸。可以爲功善。
【読み】
向寧大子を殺さんと欲す。華亥曰く、君を干して出でて、又其の子を殺さば、其れ誰か我を納れん。且之を歸さば庸有らん。以て功善と爲す可し。

使少司寇牼以歸、以三公子歸公也。牼、華亥庶兄。○牼、苦耕反。
【読み】
少司寇牼[こうこう]をして以[い]て歸さしめて、三公子を以て公に歸すなり。牼は、華亥の庶兄。○牼は、苦耕反。

曰、子之齒長矣。不能事人。以三公子爲質、必免。質、信也。送公子歸、可以自明不叛之信。○質、如字。
【読み】
曰く、子の齒長ぜり。人に事うること能わず。三公子を以て質と爲さば、必ず免れん、と。質は、信なり。公子を送りて歸さば、以て自ら叛かざるの信を明らかにす可し。○質は、字の如し。

公子旣入。華牼將自門行。從公門去。
【読み】
公子旣に入る。華牼將に門より行[さ]らんとす。公門より去る。

公遽見之。執其手曰、余知而無罪也。入復而所。而、女也。所、所居官。
【読み】
公遽[あわ]てて之を見る。其の手を執りて曰く、余而[なんじ]の罪無きを知れり。入りて而の所に復れ、と。而は、女なり。所は、居る所の官。

齊侯疥、遂痁。痁、瘧疾。○痁、失廉反。
【読み】
齊侯疥し、遂に痁[せん]す。痁は、瘧疾。○痁は、失廉反。

期而不瘳。諸侯之賓問疾者多在。多在齊。○期、音基。
【読み】
期にして瘳[い]えず。諸侯の賓の疾を問う者多く在り。多く齊に在り。○期は、音基。

梁丘據與裔款、二子、齊嬖大夫。
【読み】
梁丘據と裔款と、二子は、齊の嬖大夫。

言於公曰、吾事鬼神豐、於先君有加矣。今君疾病、爲諸侯憂、是祝史之罪也。諸侯不知、其謂我不敬。君盍誅於祝固・史嚚以辭賓。欲殺嚚・固以辭謝來問疾之賓。○嚚、魚巾反。
【読み】
公に言いて曰く、吾れ鬼神に事うること豐かに、先君より加うること有り。今君疾病にして、諸侯の憂えを爲すは、是れ祝史の罪なり。諸侯知らずして、其れ我を不敬なりと謂わん。君盍ぞ祝固・史嚚[しぎん]を誅して以て賓に辭せざる、と。嚚・固を殺して以て來りて疾を問うの賓に辭謝せんと欲す。○嚚は、魚巾反。

公說、告晏子。晏子曰、日宋之盟、日、往日也。宋盟在襄二十七年。○說、音悅。
【読み】
公說び、晏子に告ぐ。晏子曰く、日[さき]に宋の盟に、日は、往日なり。宋の盟は襄二十七年に在り。○說は、音悅。

屈建問范會之德於趙武、趙武曰、夫子之家事治。言於晉國、竭情無私。其祝史祭祀、陳信不愧、其家事無猜、其祝史不祈。家無猜疑之事。故祝史無求於鬼神。○屈、居勿反。
【読み】
屈建范會の德を趙武に問いしとき、趙武曰く、夫子の家事治まれり。晉國に言うときは、情を竭くし私無し。其の祝史の祭祀する、信を陳べて愧じず、其の家事猜[うたが]い無く、其の祝史祈[もと]めず。家に猜疑の事無し。故に祝史鬼神に求め無し。○屈は、居勿反。

建以語康王、楚王。○語、魚據反。
【読み】
建以て康王に語ぐれば、楚王。○語は、魚據反。

康王曰、神人無怨。宜夫子之光輔五君、以爲諸侯主也。五君、文・襄・靈・成・景。
【読み】
康王曰く、神人怨み無し。宜なり夫子の五君を光輔して、以て諸侯の主と爲ること、と。五君は、文・襄・靈・成・景。

公曰、據與款謂寡人能事鬼神。故欲誅于祝史。子稱是語、何故。對曰、若有德之君、外内不廢、無廢事。
【読み】
公曰く、據と款と寡人を能く鬼神に事うると謂えり。故に祝史を誅せんと欲す。子是の語を稱するは、何の故ぞ、と。對えて曰く、有德の君の若きは、外内廢らず、廢事無し。

上下無怨、動無違事、其祝史薦信、無愧心矣。君有功德、祝史陳說之、無所愧。
【読み】
上下怨み無く、動きて事に違うこと無く、其の祝史信を薦[の]べて、愧心無し。君功德有り、祝史之を陳說して、愧ずる所無し。

是以鬼神用饗、國受其福、祝史與焉。與受國福。○與、音預。
【読み】
是を以て鬼神用て饗[う]け、國其の福を受けて、祝史與れり。國の福を與り受く。○與は、音預。

其所以蕃祉老壽者、爲信君使也、其言忠信於鬼神。其適遇淫君、外内頗邪、上下怨疾、動作辟違、從欲厭私、使私情厭足。○頗、普何反。辟、匹亦反。從、子用反。下淫從同。或如字。厭、於豔反。
【読み】
其の蕃祉老壽なる所以の者は、信君の爲に使われて、其の言鬼神に忠信なればなり。其の適々淫君に遇えば、外内頗邪に、上下怨疾し、動作辟違し、欲を從[ほしいまま]にして私に厭き、私情をして厭足せしむ。○頗は、普何反。辟は、匹亦反。從は、子用反。下の淫從も同じ。或は字の如し。厭は、於豔反。

高臺深池、撞鐘舞女、斬刈民力、輸掠其聚、掠、奪取也。○掠、音亮。
【読み】
臺を高くし池を深くし、鐘を撞き女を舞わし、民力を斬刈[ざんかい]し、其の聚を輸掠して、掠は、奪取なり。○掠は、音亮。

以成其違、不恤後人、暴虐淫從、肆行非度、無所還忌、還、猶顧也。
【読み】
以て其の違えるを成して、後人を恤えず、暴虐淫從して、肆に非度を行い、還忌する所無く、還は、猶顧みるのごとし。

不思謗讟、不憚鬼神、神怒民痛、無悛於心。其祝史薦信、是言罪也。以實白神、是爲言君之罪。
【読み】
謗讟[ぼうとく]を思わず、鬼神を憚らず、神怒り民痛めども、心に悛[あらた]むること無し。其の祝史信を薦ぶれば、是れ罪を言うなり。實を以て神に白[もう]すときは、是れ君の罪を言うと爲す。

其蓋失數美、是矯誣也。蓋、掩也。○數、所主反。
【読み】
其れ失を蓋い美を數うれば、是れ矯誣するなり。蓋は、掩うなり。○數は、所主反。

進退無辭、則虛以求媚。作虛辭以求媚於神。
【読み】
進退辭無ければ、則ち虛にして以て媚を求む。虛辭を作りて以て媚を神に求む。

是以鬼神不饗、其國以禍之、祝史與焉。所以夭昏孤疾者、爲暴君使也、其言僭嫚於鬼神。
【読み】
是を以て鬼神饗けず、其の國以て禍せられ、祝史與る。夭昏孤疾する所以の者は、暴君の爲に使われて、其の言鬼神に僭嫚[せんまん]なればなり、と。

公曰、然則若之何。對曰、不可爲也。言非誅祝史所能治。
【読み】
公曰く、然らば則ち之を若何、と。對えて曰く、爲す可からざるなり。言うこころは、祝史を誅するの能く治むる所に非ず。

山林之木、衡鹿守之、澤之萑蒲、舟鮫守之、藪之薪蒸、虞候守之、海之鹽蜃、祈望守之。衡鹿・舟鮫・虞候・祈望、皆官名也。言公專守山澤之利、不與民共。○萑、音丸。蜃、市軫反。
【読み】
山林の木は、衡鹿之を守り、澤の萑蒲[かんぽ]は、舟鮫[しゅうこう]之を守り、藪の薪蒸は、虞候之を守り、海の鹽蜃は、祈望之を守る。衡鹿・舟鮫・虞候・祈望は、皆官の名なり。言うこころは、公山澤の利を專守して、民と共にせず。○萑は、音丸。蜃は、市軫反。

縣鄙之人、入從其政、偪介之關、暴征其私、介、隔也。迫近國都之關。言邊鄙旣入服政役、又爲近關、所征稅枉暴、奪其私物。○其政、如字。一音征。
【読み】
縣鄙の人、入りて其の政に從うを、偪介の關は、其の私を暴征し、介は、隔つなり。國都に迫近するの關なり。言うこころは、邊鄙旣に入りて政役に服すれば、又近關を爲り、征稅する所枉暴にして、其の私物を奪う。○其政は、字の如し。一に音征。

承嗣大夫、强易其賄、承嗣大夫、世位者。○强、其丈反。
【読み】
承嗣大夫は、强いて其の賄を易え、承嗣大夫は、位を世々にする者。○强は、其丈反。

布常無藝、藝、法制也。言布政無法制。
【読み】
常を布くこと藝[のり]無く、藝は、法制なり。言うこころは、政を布くこと法制無し。

徵斂無度、宮室日更、淫樂不違、違、去也。
【読み】
徵斂度無く、宮室日に更め、淫樂違[さ]らず、違は、去るなり。

内寵之妾、肆奪於市、肆、放也。
【読み】
内寵の妾は、肆に市に奪い、肆は、放なり。

外寵之臣、僭令於鄙、詐爲敎令於邊鄙。
【読み】
外寵の臣は、僭して鄙に令し、詐りて敎令を邊鄙に爲す。

私欲養求、不給則應。養、長也。所求不給、則應之以罪。
【読み】
私欲を養い求め、給せざれば則ち應ず。養は、長ずるなり。求むる所給せざれば、則ち之に應ずるに罪を以てす。

民人苦病、夫婦皆詛。祝有益也、詛亦有損。聊・攝以東、聊・攝、齊西界也。平原聊城縣東北有攝城。○祝、之又反。下同。
【読み】
民人苦病し、夫婦皆詛す。祝すること益有れば、詛するも亦損有り。聊[りょう]・攝[しょう]より以東、聊・攝は、齊の西界なり。平原聊城縣の東北に攝城有り。○祝は、之又反。下も同じ。

姑・尤以西、姑・尤、齊東界也。姑水・尤水、皆在城陽郡、東南入海。
【読み】
姑・尤[ゆう]より以西、姑・尤は、齊の東界なり。姑水・尤水は、皆城陽郡に在り、東南して海に入る。

其爲人也多矣。雖其善祝、豈能勝億兆人之詛。萬萬曰億、萬億曰兆。
【読み】
其の人爲ること多し。其れ善く祝すと雖も、豈能く億兆人の詛に勝たんや。萬萬を億と曰い、萬億を兆と曰う。

君若欲誅於祝史、脩德而後可。
【読み】
君若し祝史を誅せんと欲せば、德を脩めて而して後に可なり、と。

公說。使有司寬政、毀關、去禁、薄斂、已責。除逋責。○去、起呂反。斂、力驗反。責、本作債。逋、布胡反。
【読み】
公說ぶ。有司をして政を寬くし、關を毀ち、禁を去り、斂を薄くし、責を已めしむ。逋責を除く。○去は、起呂反。斂は、力驗反。責は、本債に作る。逋は、布胡反。

十二月、齊侯田于沛。言疾愈行獵。沛、澤名。○沛、音貝。
【読み】
十二月、齊侯沛に田[かり]す。疾愈[い]えて行きて獵するを言う。沛は、澤の名。○沛は、音貝。

招虞人以弓。不進。虞人、掌山澤之官。
【読み】
虞人を招くに弓を以てす。進まず。虞人は、山澤を掌るの官。

公使執之。辭曰、昔我先君之田也、旃以招大夫、弓以招士、皮冠以招虞人。臣不見皮冠。故不敢進。乃舍之。
【読み】
公之を執えしめんとす。辭して曰く、昔我が先君之田するや、旃[せん]以て大夫を招き、弓以て士を招き、皮冠以て虞人を招く。臣皮冠を見ず。故に敢えて進まず、と。乃ち之を舍[ゆる]す。

仲尼曰、守道不如守官。君招當往、道之常也。非物不進、官之制也。
【読み】
仲尼曰く、道を守るは官を守るに如かず、と。君の招當に往くべきは、道の常なり。物に非ざれば進まざるは、官の制なり。

君子韙之。韙、是也。
【読み】
君子之を韙[い]とす。韙は、是なり。

齊侯至自田。晏子侍于遄臺。子猶馳而造焉。子猶、梁丘據。○遄、市專反。造、七報反。
【読み】
齊侯田より至る。晏子遄臺[せんだい]に侍る。子猶馳せて造[いた]る。子猶は、梁丘據。○遄は、市專反。造は、七報反。

公曰、唯據與我和夫。晏子對曰、據亦同也。焉得爲和。公曰、和與同異乎。對曰、異。和如羹焉。水火醯醢鹽梅以烹魚肉、燀之以薪、燀、炊也。○夫、音扶。燀、章善反。燃也。
【読み】
公曰く、唯據と我と和するかな、と。晏子對えて曰く、據も亦同するなり。焉ぞ和とすることを得ん、と。公曰く、和と同と異なるか、と。對えて曰く、異なり。和は羹の如し。水火醯醢[けいかい]鹽梅以て魚肉を烹、之を燀[た]くに薪を以てして、燀[せん]は、炊くなり。○夫は、音扶。燀は、章善反。燃えるなり。

宰夫和之、齊之以味、濟其不及、以洩其過。濟、益也。洩、也。○齊、才細反。又如字。
【読み】
宰夫之を和し、之を齊するに味を以てし、其の及ばざるを濟[ま]して、以て其の過ぎたるを洩[へ]らす。濟は、益すなり。洩は、減らすなり。○齊、才細反。又如字。

君子食之、以平其心。
【読み】
君子之を食らいて、以て其の心を平らかにす。

君臣亦然。亦如羮。
【読み】
君臣も亦然り。亦羮の如し。

君所謂可而有否焉、否、不可也。
【読み】
君の可と謂う所にして否有れば、否は、不可なり。

臣獻其否以成其可。獻君之否、以成君可。
【読み】
臣其の否を獻じて以て其の可を成す。君の否を獻じて、以て君の可を成す。

君所謂否而有可焉、臣獻其可以去其否。是以政平而不干、民無爭心。故詩曰、亦有和羹、旣戒旣平。詩、頌殷中宗。言中宗能與賢者和齊可否、其政如羮、敬戒且平。和羮備五味。異於大羮。○和齊、竝如字。一讀上戶臥反。下才細反。
【読み】
君の否と謂う所にして可有れば、臣其の可を獻じて以て其の否を去る。是を以て政平らかにして干さず、民爭心無し。故に詩に曰く、亦和羹有り、旣に戒め旣に平らかなり。詩は、殷の中宗を頌す。言うこころは、中宗能く賢者と可否を和齊して、其の政羮の如く、敬戒して且平らかなり。和羮は五味を備う。大羮に異なり。○和齊は、竝字の如し。一に讀みて上は戶臥反。下は才細反。

鬷嘏無言、時靡有爭。鬷、總也。嘏、大也。言總大政、能使上下皆如和羮。○鬷、子工反。嘏、古雅反。
【読み】
嘏[おお]いなるを鬷[す]べて言無く、時に爭うこと有ること靡し、と。鬷[そう]は、總ぶるなり。嘏[か]は、大いなり。言うこころは、大政を總べて、能く上下をして皆和羮の如くならしむ。○鬷は、子工反。嘏は、古雅反。

先王之濟五味、濟、成也。
【読み】
先王の五味を濟し、濟は、成すなり。

和五聲也、以平其心、成其政也。
【読み】
五聲を和するや、以て其の心を平らかにして、其の政を成せるなり。

聲亦如味。一氣・ 須氣以動。
【読み】
聲も亦味の如し。一氣・ 氣を須て以て動く。

二體・ 舞者有文武。
【読み】
二體・ 舞者に文武有り。

三類・ 風・雅・頌。
【読み】
三類・ 風・雅・頌。

四物・ 雜用四方之物以成器。
【読み】
四物・ 四方の物を雜え用いて以て器を成す。

五聲・ 宮・商・角・徵・羽。
【読み】
五聲・ 宮・商・角・徵・羽。

六律・ 黃鐘・大蔟・姑洗・蕤賓・夷則・無射也。陽聲爲律、陰聲爲呂。此十二月氣。○蔟、七豆反。蕤、人誰反。射、音亦。
【読み】
六律・ 黃鐘・大蔟[たいそう]・姑洗・蕤賓[ずいひん]・夷則・無射[ぶえき]なり。陽聲を律とし、陰聲を呂とす。此れ十二月の氣なり。○蔟は、七豆反。蕤は、人誰反。射は、音亦。

七音・ 周武王伐紂、自午及子。凡七日。王因此以數合之、以聲昭之。故以七同其數、以律和其聲。謂之七音。
【読み】
七音・ 周の武王紂を伐つとき、午より子に及ぶ。凡そ七日なり。王此に因りて數を以て之を合わせ、聲を以て之を昭らかにす。故に七を以て其の數を同じくし、律を以て其の聲を和す。之を七音と謂う。

八風・ 八方之風。
【読み】
八風・ 八方の風。

九歌、九功之德、皆可歌也。六府三事、謂之九功。○六府、金・木・水・火・土・穀。三事、正德・利用・厚生也。
【読み】
九歌、九功の德、皆歌う可し。六府三事、之を九功と謂う。○六府は、金・木・水・火・土・穀。三事は、正德・利用・厚生なり。

以相成也。言此九者合、然後相成爲和樂。
【読み】
以て相成すなり。言うこころは、此の九つの者合いて、然して後に相成して和樂を爲す。

淸濁・大小・長短・疾徐・哀樂・剛柔・遲速・高下・出入・周疏、以相濟也。周、密也。
【読み】
淸濁・大小・長短・疾徐・哀樂・剛柔・遲速・高下・出入・周疏、以て相濟すなり。周は、密[こま]かなり。

君子聽之、以平其心。心平德和。故詩曰、德音不瑕。詩、豳風也。義取心平則德音無瑕闕。
【読み】
君子之を聽きて、以て其の心を平らかにす。心平らかにして德和す。故に詩に曰く、德音瑕[か]けず、と。詩は、豳風[ひんふう]なり。義心平らかなれば則ち德音瑕闕無きに取る。

今據不然。君所謂可、據亦曰可、君所謂否、據亦曰否。若以水濟水、誰能食之。若琴瑟之專壹、誰能聽之。同之不可也如是。
【読み】
今據は然らず。君可と謂う所は、據も亦可と曰い、君否と謂う所は、據も亦否と曰う。若し水を以て水に濟さば、誰か能く之を食らわん。若し琴瑟の專壹ならば、誰か能く之を聽かん。同の不可なるや是の如し、と。

飮酒樂。公曰、古而無死、其樂若何。晏子對曰、古而無死、則古之樂也。君何得焉。昔爽鳩氏始居此地、爽鳩氏、少皞氏之司寇也。
【読み】
酒を飮みて樂しむ。公曰く、古よりして死無くば、其の樂しみ若何ぞや、と。晏子對えて曰く、古よりして死無くんば、則ち古の樂しみなり。君何ぞ得ん。昔爽鳩氏始めて此の地に居りてより、爽鳩氏は、少皞氏の司寇なり。

季萴因之、季萴、虞夏諸侯。代爽鳩氏者。○萴、仕側反。
【読み】
季萴[きそく]之に因り、季萴は、虞夏の諸侯。爽鳩氏に代わる者なり。○萴は、仕側反。

有逢伯陵因之、逢伯陵、殷諸侯。姜姓。
【読み】
有逢伯陵之に因り、逢伯陵は、殷の諸侯。姜姓なり。

蒲姑氏因之、蒲姑氏、殷・周之閒。代逢公者。
【読み】
蒲姑氏之に因りて、蒲姑氏は、殷・周の閒。逢公に代わる者なり。

而後大公因之。古若無死、爽鳩氏之樂、非君所願也。齊侯甘於所樂、志於不死。晏子稱古、以節其情願。
【読み】
而して後に大公之に因れり。古より若し死無くば、爽鳩氏の樂しみにして、君の願う所に非ざるなり、と。齊侯樂しむ所に甘んじて、不死に志す。晏子古を稱して、以て其の情願を節す。

鄭子產有疾、謂子大叔曰、我死、子必爲政。唯有德者、能以寬服民。其次莫如猛。夫火烈。民望而畏之。故鮮死焉。水懦弱。民狎而翫之。狎、輕也。
【読み】
鄭の子產疾有り、子大叔に謂いて曰く、我れ死なば、子必ず政を爲さん。唯有德の者は、能く寬を以て民を服す。其の次は猛に如くは莫し。夫れ火は烈なり。民望みて之を畏る。故に死すること鮮し。水は懦弱なり。民狎れて之を翫[もてあそ]ぶ。狎は、輕んずるなり。

則多死焉。故寬難。難以治。
【読み】
則ち死すること多し。故に寬は難し、と。以て治め難し。

疾數月而卒。
【読み】
疾むこと數月にして卒す。

大叔爲政。不忍猛而寬。鄭國多盜、取人於萑苻之澤。萑苻、澤名。於澤中劫人。○萑、音丸。苻、音蒲。又如字。
【読み】
大叔政を爲す。猛に忍びずして寬にす。鄭國盜多く、人を萑苻[かんぽ]の澤に取[とら]えぬ。萑苻は、澤の名。澤中に於て人を劫かす。○萑は、音丸。苻は、音蒲。又字の如し。

大叔悔之、曰、吾早從夫子、不及此。興徒兵以攻萑苻之盜盡殺之。盜少止。
【読み】
大叔之を悔いて、曰く、吾れ早く夫子に從わば、此に及ばじ、と。徒兵を興して以て萑苻の盜を攻めて盡く之を殺す。盜少しく止む。

仲尼曰、善哉。政寬則民慢。慢則糾之以猛。糾、猶攝也。
【読み】
仲尼曰く、善いかな。政寬なれば則ち民慢る。慢れば則ち之を糾すに猛を以てす。糾は、猶攝[おさ]むるのごとし。

猛則民殘。殘則施之以寬。寬以濟猛、猛以濟寬。政是以和。詩曰、民亦勞止、汔可小康、惠此中國、以綏四方、施之以寬也。詩、大雅。汔、其也。康・綏、皆安也。周厲王暴虐、民勞於苛政。故詩人刺之。欲其施之以寬。○汔、許乙反。
【読み】
猛なれば則ち民殘[そこな]わる。殘わるれば則ち之に施すに寬を以てす。寬以て猛を濟い、猛以て寬を濟う。政是を以て和す。詩に曰く、民亦勞す、汔[そ]れ小しく康んず可し、此の中國を惠みて、以て四方を綏んぜよとは、之に施すに寬を以てするなり。詩は、大雅。汔は、其なり。康・綏は、皆安んずるなり。周の厲王暴虐、民苛政に勞す。故に詩人之を刺[そし]る。其の之に施すに寬を以てせんことを欲するなり。○汔は、許乙反。

毋從詭隨、詭人・隨人、無正心。不可從。○從、子用反。注同。
【読み】
詭隨を從[ゆる]すこと毋くして、詭人・隨人は、正心無し。從す可からず。○從は、子用反。注も同じ。

以謹無良、謹、勑愼也。
【読み】
以て無良を謹[いまし]め、謹は、勑愼なり。

式遏寇虐、慘不畏明、糾之以猛也。式、用也。遏、止也。慘、曾也。言爲寇虐、曾不畏明法者、亦當用猛政糾治之。
【読み】
式[もっ]て寇虐し、慘[かつ]て明を畏れざるを遏[とど]めよとは、之を糾すに猛を以てするなり。式は、用てなり。遏は、止むるなり。慘は、曾てなり。言うこころは、寇虐を爲し、曾て明法を畏れざる者は、亦當に猛政を用て之を糾治すべし。

柔遠能邇、以定我王、平之以和也。柔、安也。邇、近也。遠者懷附、近者各以能進、則王室定。
【読み】
遠きを柔[やす]んじ邇きを能にし、以て我が王を定めよとは、之を平らかにするに和を以てするなり。柔は、安んずるなり。邇は、近きなり。遠き者をば懷附し、近き者をば各々能を以て進むれば、則ち王室定まる。

又曰、不競不絿、不剛不柔、詩、殷頌。言湯政得中和。競、强也。絿、急也。○絿、音求。
【読み】
又曰く、競ならず絿ならず、剛ならず柔ならず、詩は、殷頌。言うこころは、湯の政中和を得るなり。競は、强きなり。絿は、急なり。○絿は、音求。

布政優優、百祿是遒、優優、和也。遒、聚也。○遒、在由反。又子由反。
【読み】
政を布くこと優優として、百祿是れ遒[あつ]まるとは、優優は、和なり。遒[しゅう]は、聚まるなり。○遒は、在由反。又子由反。

和之至也。
【読み】
和の至りなり、と。

及子產卒、仲尼聞之、出涕曰、古之遺愛也。子產見愛、有古人之遺風。
【読み】
子產が卒するに及びて、仲尼之を聞きて、涕を出だして曰く、古の遺愛なり、と。子產愛せらるること、古人の遺風有り。


〔經〕二十有一年、春、王三月、葬蔡平公。夏、晉侯使士鞅來聘。晉頃公卽位、通嗣君。
【読み】
〔經〕二十有一年、春、王の三月、蔡の平公を葬る。夏、晉侯士鞅をして來聘せしむ。晉の頃公位に卽きて、嗣君を通ずるなり。

宋華亥・向寧・華定自陳入于宋南里以叛。自外至。故曰入。披其邑。故曰叛。南里、宋城内里名。○披、普彼反。
【読み】
宋の華亥・向寧・華定陳より宋の南里に入りて以[い]て叛く。外より至る。故に入ると曰う。其の邑を披[ひら]く。故に叛くと曰う。南里は、宋の城内の里の名。○披は、普彼反。

秋、七月、壬午、朔、日有食之。八月、乙亥、叔輒卒。叔弓之子、伯張。
【読み】
秋、七月、壬午[みずのえ・うま]、朔、日之を食する有り。八月、乙亥[きのと・い]、叔輒[しゅくちょう]卒す。叔弓の子、伯張。

冬、蔡侯朱出奔楚。朱爲大子則失位、遂微弱、爲國人所逐。故以自出爲文。
【読み】
冬、蔡侯朱出でて楚に奔る。朱大子と爲りては則ち位を失い、遂に微弱にして、國人の爲に逐わるる。故に自ら出づるを以て文を爲す。

公如晉。至河乃復。晉人辭公。故還。
【読み】
公晉に如く。河に至りて乃ち復る。晉人公を辭す。故に還る。

〔傳〕二十一年、春、天王將鑄無射。周景王也。無射、鐘名。律中無射。○射、音亦。
【読み】
〔傳〕二十一年、春、天王將に無射[ぶえき]を鑄んとす。周の景王なり。無射は、鐘の名。律無射に中るなり。○射は、音亦。

泠州鳩曰、王其以心疾死乎。泠、樂官。州鳩、其名也。○泠、力丁反。
【読み】
泠州鳩[れいしゅうきゅう]曰く、王は其れ心疾を以て死なんか。泠は、樂官。州鳩は、其の名なり。○泠は、力丁反。

夫樂、天子之職也。職、所主也。
【読み】
夫れ樂は、天子の職なり。職は、主る所なり。

夫音、樂之輿也。樂、因音而行。
【読み】
夫れ音は、樂の輿なり。樂は、音に因りて行わる。

而鐘、音之器也。音、由器以發。
【読み】
而して鐘は、音の器なり。音は、器に由りて以て發す。

天子省風以作樂、省風俗、作樂以移之。
【読み】
天子風を省みて以て樂を作り、風俗を省みて、樂を作りて以て之を移す。

器以鍾之、鍾、聚也。以器聚音。
【読み】
器以て之を鍾[あつ]め、鍾は、聚むるなり。器を以て音を聚む。
*「鍾」は、漢籍國字解全書では「鐘」。

輿以行之。樂須音而行。
【読み】
輿以て之を行う。樂は音を須て行わる。

小者不窕、窕、細不滿。○窕、他彫反。
【読み】
小なる者も窕[くつろ]がず、窕[ちょう]は、細くして滿たざるなり。○窕は、他彫反。

大者不槬、槬、橫大不入。○槬、戶化反。
【読み】
大なる者も槬[しぶ]らざれば、槬[か]は、橫大にして入らざるなり。○槬は、戶化反。

則和於物。物和則嘉成。嘉樂成也。
【読み】
則ち物に和す。物和すれば則ち嘉成る。嘉樂成るなり。

故和聲入於耳、而藏於心。心億則樂。億、安也。
【読み】
故に和聲耳に入りて、心に藏む。心億[やす]んずれば則ち樂しむ。億は、安んずるなり。

窕則不咸、不充滿人心。○咸、如字。本作感。戶暗反。
【読み】
窕げば則ち咸[み]たず、人心に充滿せず。○咸は、字の如し。本感に作る。戶暗反。

槬則不容。心不堪容。
【読み】
槬れば則ち容ならず。心容るるに堪えず。

心是以感。感實生疾。今鐘槬矣。王心弗堪。其能久乎。爲明年、天子崩傳。
【読み】
心是を以て感ず。感ずれば實に疾を生ず。今鐘槬なり。王の心堪えず。其れ能く久しからんや、と。明年、天子崩ずる爲の傳なり。

三月、葬蔡平公。蔡大子朱失位、位在卑。不在適子位、以長幼齒。
【読み】
三月、蔡の平公を葬る。蔡の大子朱位を失い、位卑に在り。適子の位に在らずして、長幼を以て齒するなる。

大夫送葬者歸、見昭子。昭子問蔡故。以告。昭子歎曰、蔡其亡乎。若不亡、是君也必不終。詩曰、不解于位、民之攸墍。詩、大雅。墍、息也。○解、佳買反。墍、許器反。
【読み】
大夫の葬を送る者歸り、昭子を見る。昭子蔡の故を問う。以て告ぐ。昭子歎じて曰く、蔡は其れ亡びんか。若し亡びずんば、是の君や必ず終わらじ。詩に曰く、位に解[おこた]らざるは、民の墍[いこ]う攸なり、と。詩は、大雅。墍[き]は、息うなり。○解は、佳買反。墍は、許器反。

今蔡侯始卽位而適卑。身將從之。爲蔡侯朱出奔傳。
【読み】
今蔡侯始めて位に卽きて卑に適く。身將に之に從わんとす。蔡侯朱出奔する爲の傳なり。

夏、晉士鞅來聘。叔孫爲政。叔孫昭子以三命爲國政。
【読み】
夏、晉の士鞅來聘す。叔孫政を爲す。叔孫昭子三命を以て國政を爲す。

季孫欲惡諸晉、憎叔孫在己上位、欲使得罪於晉。○惡、烏路反。
【読み】
季孫諸を晉に惡ませんと欲し、叔孫が己が上位に在るを憎み、罪を晉に得せしめんと欲す。○惡は、烏路反。

使有司以齊鮑國歸費之禮爲士鞅。鮑國歸費、在十四年。牢禮各如其命數。魯人失禮。故爲鮑國七牢。○費、音祕。故爲、于僞反。
【読み】
有司をして齊の鮑國が費を歸すの禮を以て士鞅が爲にせしむ。鮑國費を歸すは、十四年に在り。牢禮は各々其の命數の如し。魯人禮を失う。故に鮑國が爲に七牢す。○費は、音祕。故爲は、于僞反。

士鞅怒曰、鮑國之位下、其國小。而使鞅從其牢禮、是卑敝邑也。將復諸寡君。魯人恐、加四牢焉、爲十一牢。言魯不能以禮事大國。且爲哀七年、吳徵百牢起。
【読み】
士鞅怒りて曰く、鮑國の位は下にして、其の國は小なり。而るを鞅をして其の牢禮に從わしむるは、是れ敝邑を卑しむなり。將に諸を寡君に復[もう]さんとす、と。魯人恐れ、四牢を加えて、十一牢と爲す。魯禮を以て大國に事うること能わざるを言う。且哀七年、吳百牢を徵す爲の起なり。

宋華費遂生華貙・華多僚・華登。貙爲少司馬、多僚爲御士、公御士。○貙、勑倶反。
【読み】
宋の華費遂華貙[かちゅ]・華多僚・華登を生む。貙少司馬と爲り、多僚御士と爲り、公の御士。○貙は、勑倶反。

與貙相惡。乃譖諸公曰、貙將納亡人。亡人、華亥等。○惡、如字。又烏路反。
【読み】
貙と相惡し。乃ち諸を公に譖りて曰く、貙將に亡人を納れんとす、と。亡人は、華亥等。○惡は、字の如し。又烏路反。

亟言之。公曰、司馬以吾故亡其良子。司馬、謂費遂。爲大司馬。良子、謂華登。○亟、欺冀反。
【読み】
亟[しば]々之を言う。公曰く、司馬吾が故を以て其の良子を亡えり。司馬は、費遂を謂う。大司馬爲り。良子は、華登を謂う。○亟は、欺冀反。

死亡有命。吾不可以再亡之。對曰、君若愛司馬、則如亡。君若愛大司馬、則當亡走失國。
【読み】
死亡は命有り。吾れ以て再び之を亡わす可からず、と。對えて曰く、君若し司馬を愛せば、則ち亡ぐるに如かんや。君若し大司馬を愛せば、則ち當に亡走して國を失うべし。

死如可逃、何遠之有。言亡可以逃死、勿慮其遠。以恐動公。
【読み】
死如し逃る可くんば、何を遠しとすること之れ有らん、と。言うこころは、亡げて以て死を逃る可くんば、其の遠きを慮ること勿かれ。以て公を恐[おど]し動かすなり。

公懼、使侍人召司馬之侍人宜僚、飮之酒、而使告司馬。告司馬使逐貙。○飮、於鴆反。
【読み】
公懼れ、侍人をして司馬の侍人宜僚を召さしめ、之に酒を飮ませて、司馬に告げしむ。司馬に告げて貙を逐わしむ。○飮は、於鴆反。

司馬歎曰、必多僚也。吾有讒子而弗能殺。吾又不死。抑君有命。可若何。乃與公謀逐華貙、將使田孟諸而遣之。
【読み】
司馬歎じて曰く、必ず多僚ならん。吾れ讒子有りて殺すこと能わず。吾れ又死なず。抑々君命有り。若何にす可けん、と。乃ち公と華貙を逐わんことを謀り、將に孟諸に田せしめて之を遣らんとす。

公飮之酒、厚酬之、酬、酒幣。
【読み】
公之に酒を飮ませて、厚く之に酬い、酬は、酒幣。

賜及從者。司馬亦如之。亦如公賜。○從、才用反。
【読み】
賜從者に及ぶ。司馬も亦之の如くす。亦公の賜の如くす。○從は、才用反。

張匃尤之、張匃、華貙臣。尤、怪賜之厚。
【読み】
張匃[ちょうかい]之を尤めて、張匃は、華貙の臣。尤は、賜の厚きを怪しむなり。

曰、必有故。使子皮承宜僚以劍而訊之。子皮、華貙。訊、問也。
【読み】
曰く、必ず故有らん、と。子皮をして宜僚を承くるに劍を以てして之を訊わしむ。子皮は、華貙。訊は、問うなり。

宜僚盡以告。告欲因田以遣之。
【読み】
宜僚盡く以て告ぐ。田に因りて以て之を遣らんと欲することを告ぐ。

張匃欲殺多僚。子皮曰、司馬老矣。登之謂甚。言登亡傷司馬心已甚。
【読み】
張匃多僚を殺さんと欲す。子皮曰く、司馬老いたり。登をも甚だしと謂えり。言うこころは、登亡げて司馬の心を傷つくること已に甚だし。

吾又重之、不如亡也。五月、丙申、子皮將見司馬而行、則遇多僚御司馬而朝。張匃不勝其怒、遂與子皮・臼任・鄭翩殺多僚、任・翩、亦貙家臣。○重、直用反。見、音現。勝、音升。任、音壬。
【読み】
吾れ又之を重ねんよりは、亡ぐるに如かず、と。五月、丙申[ひのえ・さる]、子皮將に司馬に見えて行[さ]らんとするに、則ち多僚が司馬に御して朝するに遇いぬ。張匃其の怒りに勝えず、遂に子皮・臼任・鄭翩と多僚を殺し、任・翩も、亦貙の家臣。○重は、直用反。見は、音現。勝は、音升。任は、音壬。

劫司馬以叛、而召亡人。壬寅、華向入。樂大心・豐愆・華牼禦諸橫。梁國睢陽縣南有橫亭。
【読み】
司馬を劫かして以て叛きて、亡人を召ぶ。壬寅[みずのえ・とら]、華向入る。樂大心・豐愆[ほうけん]・華牼[かこう]諸を橫に禦ぐ。梁國睢陽縣の南に橫亭有り。

華氏居盧門、以南里叛。盧門、宋東城南門。
【読み】
華氏盧門に居り、南里を以て叛く。盧門は、宋の東城の南門。

六月、庚午、宋城舊鄘、及桑林之門、而守之。舊鄘、故城也。桑林、城門名。
【読み】
六月、庚午[かのえ・うま]、宋舊鄘[きゅうよう]に城くこと、桑林の門に及ぶまでして、之を守る。舊鄘は、故城なり。桑林は、城門の名。

秋、七月、壬午、朔、日有食之。公問於梓愼曰、是何物也。禍福何爲。物、事也。
【読み】
秋、七月、壬午、朔、日之を食する有り。公梓愼に問いて曰く、是れ何物ぞや。禍福何爲[いかん]、と。物は、事なり。

對曰、二至二分、二至、冬至・夏至。二分、春分・秋分。
【読み】
對えて曰く、二至二分には、二至は、冬至・夏至なり。二分は、春分・秋分なり。

日有食之、不爲災。日月之行也、分同道也、至相過也。二分日夜等。故言同道。二至長短極。故相過。
【読み】
日之を食すること有るも、災いを爲さず。日月の行や、分は道を同じくし、至は相過ぐ。二分は日夜等し。故に道を同じくすと言う。二至は長短極まる。故に相過ぐ。

其他月則爲災。陽不克也。故常爲水。陰侵陽。是陽不勝陰。
【読み】
其の他の月は則ち災いを爲す。陽克たざればなり。故に常に水と爲す、と。陰陽を侵す。是れ陽陰に勝たざるなり。

於是叔輒哭日食。意在於憂災。
【読み】
是に於て叔輒日食を哭す。意災いを憂うるに在り。

昭子曰、子叔將死。非所哭也。八月、叔輒卒。
【読み】
昭子曰く、子叔將に死せんとす。哭する所に非ざるなり、と。八月、叔輒卒す。

冬、十月、華登以吳師救華氏。登、前年奔吳。
【読み】
冬、十月、華登吳の師を以て華氏を救う。登は、前年吳に奔る。

齊烏枝鳴戍宋。烏枝鳴、齊大夫。
【読み】
齊の烏枝鳴宋を戍る。烏枝鳴は、齊の大夫。

廚人濮曰、濮、宋廚邑大夫。
【読み】
廚人濮曰く、濮は、宋の廚邑の大夫。

軍志有之、先人有奪人之心、後人有待其衰。盍及其勞且未定也伐諸。若入而固、則華氏衆矣。悔無及也。從之。丙寅、齊師・宋師敗吳師于鴻口、梁国睢陽縣東有鴻口亭。○先、悉薦反。後、戶豆反。
【読み】
軍志に之れ有り、人に先だつことは人の心を奪うこと有り、人に後るることは其の衰うるを待つこと有り、と。盍ぞ其の勞して且つ未だ定まらざるに及びて諸を伐たざる。若し入りて固くば、則ち華氏衆けん。悔ゆとも及ぶこと無けん、と。之に從う。丙寅[ひのえ・とら]、齊の師・宋の師吳の師を鴻口に敗り、梁国睢陽縣の東に鴻口亭有り。○先は、悉薦反。後は、戶豆反。

獲其二帥公子苦雂・偃州員。二師、吳大夫。○雂、古含反。員、音云。亦音圓。
【読み】
其二帥公子苦雂[くかん]・偃州員を獲たり。二師は、吳の大夫。○雂は、古含反。員は、音云。亦音圓。

華登帥其餘、吳餘師。
【読み】
華登其の餘を帥いて、吳の餘師。

以敗宋師。公欲出。出奔。
【読み】
以て宋の師を敗る。公出でんと欲す。出奔するなり。

廚人濮曰、吾小人。可藉死、可借使死難。
【読み】
廚人濮曰く、吾は小人なり。藉[か]りて死なしむ可くして、借りて難に死せしむ可し。

而不能送亡。君請待之。請君待復戰決勝負。○而不能送亡君、絕句。
【読み】
亡ぐるを送ること能わず。君請う、之を待て、と。請う、君復戰いて勝負を決するを待て、と。○而不能送亡君は、絕句。
*頭注に、「陸云、君字、或上屬、或下屬、杜註不明。亦似上屬。按杜註極明。下屬無疑。陸誤矣。」とある。

乃徇曰、揚徽者、公徒也。徽、識也。○識、申志反。又昌志反。
【読み】
乃ち徇[とな]えて曰く、徽[しるし]を揚げん者は、公の徒なり、と。徽[き]は、識なり。○識は、申志反。又昌志反。

衆從之。公自揚門見之。見國人皆揚徽。睢陽正東門名揚門。
【読み】
衆之に從う。公揚門より之を見る。國人皆徽を揚ぐるを見るなり。睢陽の正東の門を揚門と名づく。

下而巡之、曰、國亡君死、二三子之恥也。豈專孤之罪也。齊烏枝鳴曰、用少、莫如齊致死。齊致死、莫如去備。備、長兵也。○去、起呂反。
【読み】
下りて之を巡りて、曰く、國亡び君死なば、二三子の恥なり。豈專ら孤が罪んらんや、と。齊の烏枝鳴曰く、少を用ゆるは、齊[ひと]しく死を致すに如くは莫し。齊しく死を致すは、備えを去るに如くは莫し。備えは、長兵なり。○去は、起呂反。

彼多兵矣。請皆用劒。從之。華氏北。復卽之。北、敗走。
【読み】
彼は多兵なり。請う、皆劒を用いよ、と。之に從う。華氏北[に]ぐ。復之に卽く。北は、敗走するなり。

廚人濮以裳裹首而荷以走、曰、得華登矣。遂敗華氏于新里。新里、華氏所取邑。○荷、何可反。又音何。
【読み】
廚人濮裳を以て首を裹[つつ]みて荷いて以て走りて、曰く、華登を得たり、と。遂に華氏を新里に敗る。新里は、華氏が取る所の邑。○荷は、何可反。又音何。

翟僂新居于新里、旣戰、說甲于公而歸。居華氏地而助公戰。○僂、力主反。說、他活反。
【読み】
翟僂新[てきるしん]新里に居り、旣に戰い、甲を公に說[ぬ]ぎて歸る。華氏の地に居りて公の戰を助くるなり。○僂は、力主反。說は、他活反。

華妵居于公里、亦如之。妵、華氏族。故助華氏。亦如僂新說甲歸。傳言古之爲軍、不呰小忿。○妵、他口反。呰、才斯反。又音紫。
【読み】
華妵[かとう]が公里に居るも、亦之の如くす。妵は、華氏の族。故に華氏を助く。亦僂新が如く甲を說ぎて歸る。傳古の軍を爲すは、小忿を呰[そし]らざるを言う。○妵は、他口反。呰は、才斯反。又音紫。

十一月、癸未、公子城以晉師至。城以前年奔晉、今還救宋。
【読み】
十一月、癸未[みずのと・ひつじ]、公子城晉の師を以て至る。城前年を以て晉に奔り、今還りて宋を救う。

曹翰胡、曹大夫。○翰、音寒。又戶旦反。
【読み】
曹の翰胡、曹の大夫。○翰は、音寒。又戶旦反。

會晉荀吳・ 中行穆子。○行、戶郎反。
【読み】
晉の荀吳・ 中行穆子。○行は、戶郎反。

齊苑何忌・ 齊大夫。
【読み】
齊の苑何忌・ 齊の大夫。

衛公子朝、前年、出奔晉。今還衛。
【読み】
衛の公子朝に會して、前年、晉に出奔す。今衛に還る。

救宋。丙戌、與華氏戰于赭丘。赭丘、宋地。○赭、音者。
【読み】
宋を救う。丙戌[ひのえ・いぬ]、華氏と赭丘[しゃきゅう]に戰わんとす。赭丘は、宋の地。○赭は、音者。

鄭翩願爲鸛、其御願爲鵞。鄭翩、華氏黨。鸛・鵞、皆陳名。○鸛、古喚反。鵞、五多反。
【読み】
鄭翩は鸛を爲さんことを願い、其の御は鵞を爲さんことを願う。鄭翩は、華氏の黨。鸛・鵞は、皆陳の名。○鸛は、古喚反。鵞は、五多反。

子祿御公子城、莊堇爲右、子祿、向宜。○堇、音謹。
【読み】
子祿公子城に御となり、莊堇[そうきん]右と爲り、子祿は、向宜。○堇は、音謹。

干犨御呂封人華豹、張匃爲右、呂封人華豹、華氏黨。○犫、尺由反。
【読み】
干犨[かんしゅう]呂の封人華豹に御となり、張匃右と爲りて、呂の封人華豹は、華氏の黨。○犫は、尺由反。

相遇。城還。華豹曰、城也。城怒而反之。怒其呼己、反還戰。
【読み】
相遇う。城還る。華豹曰く、城や、と。城怒りて之に反る。其の己を呼ぶを怒り、反り還りて戰う。

將注、豹則關矣。注、傅矢。關、引弓。○注、之樹反。關、烏環反。傅、音附。
【読み】
將に注[つ]けんとすれば、豹は則ち關[ひ]けり。注は、矢を傅[つ]くるなり。關は、弓を引くなり。○注は、之樹反。關は、烏環反。傅は、音附。

曰、平公之靈、尙輔相余。平公、公子城之父。
【読み】
曰く、平公の靈、尙わくは余を輔相せよ、と。平公は、公子城の父。

豹射。出其閒。出子城・子祿之閒。○射、食亦反。又食夜反。
【読み】
豹射る。其の閒に出づ。子城・子祿の閒に出づ。○射は、食亦反。又食夜反。

將注、則又關矣。曰、不狎鄙。狎、更也。○更、音庚。
【読み】
將に注けんとすれば、則ち又關く。曰く、狎[かわる]々せざるは鄙なり、と。狎は、更々なり。○更は、音庚。

抽矢。豹止不射。
【読み】
矢を抽[ぬ]く。豹止めて射ず。

城射之。殪。豹死。
【読み】
城之を射る。殪[たう]る。豹死す。

張匃抽殳而下。殳、長丈二。在車邊。○殳、音殊。長、直亮反。又如字。
【読み】
張匃殳[ほこ]を抽きて下る。殳[しゅ]は、長[たけ]丈二。車邊に在り。○殳は、音殊。長は、直亮反。又字の如し。

射之折股。扶伏而擊之、折軫。折城車軫。○折、之設反。扶伏、竝如字。又上音蒲。下蒲北反。或作匍匐。同。
【読み】
之を射て股を折る。扶伏して之を擊ちて、軫を折る。城が車軫を折る。○折は、之設反。扶伏は、竝字の如し。又上は音蒲。下は蒲北反。或は匍匐に作る。同じ。

又射之。死。匃死。
【読み】
又之を射る。死す。匃死す。

干犨請一矢。求死。
【読み】
干犨一矢を請う。死を求む。

城曰、余言女於君。欲活之。○女、音汝。
【読み】
城曰く、余女を君に言わん、と。之を活さんと欲す。○女は、音汝。

封曰、不死伍乘、軍之大刑也。同乘共伍、當皆死。○乘、繩證反。
【読み】
封えて曰く、伍乘に死せざるは、軍の大刑なり。乘を同じくし伍を共にするは、當に皆死すべし。○乘は、繩證反。

干刑而從子、君焉用之。子速諸。乃射之。殪。犫又死。
【読み】
刑を干して子に從わば、君焉ぞ之を用いん。子諸を速やかにせよ、と。乃ち之を射る。殪る。犫又死す。

大敗華氏、圍諸南里。
【読み】
大いに華氏を敗り、諸を南里に圍む。

華亥搏膺而呼、見華貙曰、吾爲欒氏矣。晉欒盈還入作亂而死。事在襄二十三年。○搏、音博。呼、好故反。
【読み】
華亥膺[むね]を搏[う]ちて呼び、華貙を見て曰く、吾れ欒氏と爲らん、と。晉の欒盈還り入りて亂を作して死せり。事は襄二十三年に在り。○搏は、音博。呼は、好故反。

貙曰、子無我迋。不幸而後亡。迋、恐也。○迋、求枉反。
【読み】
貙曰く、子我を迋[おど]すこと無かれ。不幸にして後に亡げん、と。迋[きょう]は、恐[おど]すなり。○迋は、求枉反。

使華登如楚乞師。華貙以車十五乘・徒七十人、犯師而出、犯公師出、送華登。
【読み】
華登をして楚に如きて師を乞わしむ。華貙車十五乘・徒七十人を以て、師を犯して出で、公の師を犯して出でて、華登を送る。

食於睢上、哭而送之、乃復入。入南里。○睢、音雖。
【読み】
睢[すい]上に食し、哭して之を送り、乃ち復入る。南里に入る。○睢は、音雖。

楚薳越帥師、將逆華氏。大宰犯諫曰、諸侯唯宋事其君、今又爭國。釋君而臣是助、無乃不可乎。王曰、而告我也後。旣許之矣。爲明年、華向出奔楚傳。○薳、于委反。
【読み】
楚の薳越[いえつ]師を帥いて、將に華氏を逆えんとす。大宰犯諫めて曰く、諸侯は唯宋のみ其の君に事えしに、今又國を爭う。君を釋[す]てて臣を是れ助けば、乃ち不可なること無からんや、と。王曰く、而[なんじ]我に告ぐること後れたり。旣に之を許せり、と。明年、華向楚に出奔する爲の傳なり。○薳は、于委反。

蔡侯朱出奔楚。
【読み】
蔡侯朱出でて楚に奔る。

費無極取貨於東國、東國、隱大子之子、平侯廬之弟、朱叔父也。
【読み】
費無極貨を東國に取りて、東國は、隱大子の子、平侯廬の弟、朱叔の父なり。

而謂蔡人曰、朱不用命於楚、君王將立東國。若不先從王欲、楚必圍蔡。蔡人懼、出朱而立東國。朱愬于楚。楚子將討蔡。無極曰、平侯與楚有盟。故封。盟于鄧、依陳・蔡人以國。
【読み】
蔡人に謂いて曰く、朱命を楚に用いざれば、君王將に東國を立てんとす。若し先ず王の欲するに從わずんば、楚必ず蔡を圍まん、と。蔡人懼れ、朱を出だして東國を立つ。朱楚に愬[うった]う。楚子將に蔡を討ぜんとす。無極曰く、平侯楚と盟有り。故に封ぜり。鄧に盟うとき、陳・蔡の人に依りて以て國せんといえり。

其子有二心。故廢之。子、謂朱也。
【読み】
其の子二心有り。故に之を廢す。子は、朱を謂うなり。

靈王殺隱大子、其子與君同惡、德君必甚。又使立之、不亦可乎。且廢置在君、蔡無他矣。言權在楚、則蔡無他心。
【読み】
靈王隱大子を殺して、其の子君と惡を同じくすれば、君を德とすること必ず甚だしからん。又之を立てしめば、亦可ならずや。且つ廢置君に在らば、蔡他無けん、と。言うこころは、權楚に在らば、則ち蔡他心無けん。

公如晉、及河。鼓叛晉。叛晉屬鮮虞。
【読み】
公晉に如き、河に及ぶ。鼓晉に叛く。晉に叛きて鮮虞に屬す。

晉將伐鮮虞。故辭公。將有軍事。無暇於待賓、且懼泄軍謀。
【読み】
晉將に鮮虞を伐たんとす。故に公を辭す。將に軍事有らんとす。賓を待つに暇無く、且つ軍謀を泄[も]らさんことを懼る。


〔經〕二十有二年、春、齊侯伐莒。宋華亥・向寧・華定自宋南里出奔楚。言自南里、別從國去。○別、彼列反。
【読み】
〔經〕二十有二年、春、齊侯莒を伐つ。宋の華亥・向寧・華定宋の南里より出でて楚に奔る。南里よりと言うは、國より去るに別つなり。○別は、彼列反。

大蒐于昌閒。無傳。○閒、如字。
【読み】
昌閒に大蒐す。傳無し。○閒は、字の如し。

夏、四月、乙丑、天王崩。六月、叔鞅如京師。葬景王。叔鞅、叔弓子。三月而葬、欒故速。○鞅、於丈反。
【読み】
夏、四月、乙丑[きのと・うし]、天王崩ず。六月、叔鞅京師に如く。景王を葬る。叔鞅は、叔弓の子。三月にして葬るは、欒の故に速きなり。○鞅は、於丈反。

王室亂。承叔鞅言而書之。未知誰是。故但曰亂。
【読み】
王室亂る。叔鞅が言を承けて之を書す。未だ誰が是なるかを知らず。故に但亂ると曰う。

劉子・單子以王猛居于皇。河南鞏縣西南有黃亭。辟子朝難出、居皇。王猛書名、未卽位。○單、音善。
【読み】
劉子・單子王猛を以[い]て皇に居る。河南鞏縣の西南に黃亭有り。子朝の難を辟けて出で、皇に居るなり。王猛名を書すは、未だ位に卽かざればなり。○單は、音善。

秋、劉子・單子以王猛入于王城。王城、郟鄏。今河南縣。晉助猛。故得還王都。
【読み】
秋、劉子・單子王猛を以て王城に入る。王城は、郟鄏[こうじょく]。今の河南縣なり。晉猛を助く。故に王都に還ることを得たり。

冬、十月、王子猛卒。未卽位。故不言崩。
【読み】
冬、十月、王子猛卒す。未だ位に卽かず。故に崩ずと言わず。

十有二月、癸酉、朔、日有食之。無傳。此月有庚戌。又以長曆推校前後、當爲癸卯朔。書癸酉誤。述曆、以是食爲閏十二月朔。似是。一說、貞享曆推之、是月癸酉朔、食在午。
【読み】
十有二月、癸酉[みずのと・とり]、朔、日之を食する有り。傳無し。此の月に庚戌有り。又長曆を以て前後を推校するに、當に癸卯朔と爲すべし。癸酉と書すは誤りなり。曆に述[したが]わば、是の食を以て閏十二月朔と爲す。是に似たり。一說に、貞享曆之を推すに、是の月の癸酉朔、食午に在り、と。

〔傳〕二十二年、春、王二月、甲子、齊北郭啓帥師伐莒。啓、齊大夫。北郭佐之後。
【読み】
〔傳〕二十二年、春、王の二月、甲子[きのえ・ね]、齊の北郭啓師を帥いて莒を伐つ。啓は、齊の大夫。北郭佐の後。

莒子將戰。苑羊牧之諫、牧之、莒大夫。○苑、於元反。
【読み】
莒子將に戰わんとす。苑羊牧之諫めて、牧之は、莒の大夫。○苑は、於元反。

曰、齊帥賤、其求不多。不如下之。大國不可怒也。弗聽。敗齊師于壽餘。莒地。○下、遐嫁反。
【読み】
曰く、齊の帥賤しければ、其の求め多からざらん。之に下らんに如かず。大國は怒らす可からず、と。聽かず。齊の師を壽餘に敗る。莒の地。○下は、遐嫁反。

齊侯伐莒。怒敗。
【読み】
齊侯莒を伐つ。敗を怒る。

莒子行成。司馬竈如莒涖盟。竈、齊大夫。
【読み】
莒子成[たい]らぎを行う。司馬竈莒に如きて涖[のぞ]みて盟う。竈は、齊の大夫。

莒子如齊涖盟、盟于稷門之外。稷門、齊城門也。
【読み】
莒子齊に如きて涖みて盟い、稷門の外に盟う。稷門は、齊の城門なり。

莒於是乎大惡其君。爲明年、莒子來奔傳。○惡、烏路反。
【読み】
莒是に於て大いに其の君を惡む。明年、莒子來奔する爲の傳なり。○惡は、烏路反。

楚薳越使告于宋曰、寡君聞君有不令之臣爲君憂。無寧以爲宗羞。無寧、寧也。言華氏爲宋宗廟之羞恥。
【読み】
楚の薳越[いえつ]宋に告げしめて曰く、寡君君不令の臣有りて君の憂えを爲すと聞く。無寧[むし]ろ以て宗の羞爲らんか。無寧は、寧ろなり。言うこころは、華氏は宋の宗廟の羞恥爲り。

寡君請受而戮之。對曰、孤不佞不能媚於父兄、華向、公族也。故稱父兄。
【読み】
寡君請う、受けて之を戮せん、と。對えて曰く、孤不佞にして父兄に媚びること能わずして、華向は、公族なり。故に父兄と稱す。

以爲君憂。拜命之辱。抑君臣曰戰、君曰、余必臣是助。亦唯命。人有言曰、唯亂門之無過。君若惠保敝邑、無亢不衷以獎亂人、孤之望也。唯君圖之。楚人患之。患宋以義距之。○過、古禾反。亢、苦浪反。衷、音忠。
【読み】
以て君の憂えを爲せり。命の辱きを拜す。抑々君臣曰々に戰うに、君曰く、余は必ず臣を是れ助けん、と。亦唯命のままなり。人言えること有り曰く、唯亂門を過ること無かれ、と。君若し敝邑を惠保して、不衷を亢[たか]くして以て亂人を獎[すす]むること無きは、孤が望みなり。唯君之を圖れ、と。楚人之を患う。宋の義を以て之を距むを患う。○過は、古禾反。亢は、苦浪反。衷は、音忠。

諸侯之戍謀曰、若華氏知困而致死、楚恥無功而疾戰、非吾利也。不如出之以爲楚功。其亦無能爲也已。言華氏不能復爲宋患。
【読み】
諸侯の戍謀りて曰く、若し華氏は困しまんことを知りて死を致し、楚は功無きを恥じて疾く戰わば、吾が利に非ざるなり。如かず、之を出だして以て楚の功と爲さんには。其れ亦能く爲すこと無からんのみ。言うこころは、華氏復宋の患えを爲すこと能わず。

救宋而除其害、又何求。乃固請出之。宋人從之。己巳、宋華亥・向寧・華定・華貙・華登・皇奄・傷省・臧士平出奔楚。華貙以下五子不書、非卿。○省、悉井反。又所景反。
【読み】
宋を救いて其の害を除かば、又何をか求めん、と。乃ち固く之を出ださんと請う。宋人之に從う。己巳[つちのと・み]、宋の華亥・向寧・華定・華貙・華登・皇奄・傷省・臧士平出でて楚に奔る。華貙より以下の五子書さざるは、卿に非ざればなり。○省は、悉井反。又所景反。

宋公使公孫忌爲大司馬、代華費遂。
【読み】
宋公公孫忌をして大司馬と爲し、華費遂に代わる。

邊卬爲大司徒、卬、平公曾孫。代華定。○卬、五郎反。
【読み】
邊卬[へんごう]を大司徒と爲し、卬は、平公の曾孫。華定に代わる。○卬は、五郎反。

樂祁爲司馬、祁、子罕孫、樂祁犂。
【読み】
樂祁[がくき]を司馬と爲し、祁は、子罕の孫、樂祁犂。

仲幾爲左師、幾、仲江孫。代向寧。○幾、音機。
【読み】
仲幾を左師と爲し、幾は、仲江の孫。向寧に代わる。○幾は、音機。

樂大心爲右師、代華亥。
【読み】
樂大心を右師と爲し、華亥に代わる。

樂輓爲大司寇、輓、子罕孫。○輓、音晩。
【読み】
樂輓[がくばん]を大司寇と爲らしめて、輓は、子罕の孫。○輓は、音晩。

以靖國人。終梓愼之言三年而後弭。
【読み】
以て國人を靖んず。梓愼の言の三年にして後に弭[や]まんといいしを終わる。

王子朝・賓起有寵於景王。子朝、景王之長庶子。賓起、子朝之傅。○朝、如字。凡人名字皆張遙反。或云、朝錯。是王子朝之後。音潮。案錯姓亦有兩音。
【読み】
王子朝・賓起景王に寵有り。子朝は、景王の長庶子。賓起は、子朝の傅。○朝は、字の如し。凡そ人の名字は皆張遙反。或ひと云う、朝錯、と。是れ王子朝の後なり。音潮。案ずるに錯が姓も亦兩音有らん。

王與賓孟說之、欲立之。孟、卽起也。王語賓孟、欲立子朝爲大子。○說、如字。又音悅。
【読み】
王賓孟と之を說き、之を立てんと欲す。孟は、卽ち起なり。王賓孟に語りて、子朝を立てて大子と爲さんと欲す。○說は、字の如し。又音悅。

劉獻公之庶子伯蚠事單穆公。獻公、劉摯。伯蚠、劉狄。穆公、單旗。○蚠、扶粉反。一扶云反。
【読み】
劉獻公の庶子伯蚠[はくふん]單穆公に事う。獻公は、劉摯。伯蚠は、劉狄。穆公は、單旗。○蚠は、扶粉反。一に扶云反。

惡賓孟之爲人也、願殺之、又惡王子朝之言以爲亂、願去之。子朝、有欲立之言。故劉蚠惡之。○惡、去聲。去、上聲。
【読み】
賓孟が人と爲りを惡みて、之を殺さんことを願い、又王子朝が言の以て亂を爲さんことを惡み、之を去らんことを願う。子朝、立たんと欲するの言有り。故に劉蚠之を惡む。○惡は、去聲。去は、上聲。

賓孟適郊、見雄雞自斷其尾、問之侍者。曰、自憚其犧也。畏其爲犧牲奉宗廟。故自殘毀。○斷、丁管反。
【読み】
賓孟郊に適き、雄雞の自ら其の尾を斷つを見て、之を侍者に問う。曰く、自ら其の犧たらんことを憚りてなり、と。其の犧牲と爲り宗廟に奉ぜられんことを畏る。故に自ら殘毀す。○斷は、丁管反。

遽歸告王、且曰、雞其憚爲人用乎。人異於是。雞犧雖見寵飾、然卒當見殺。若人見寵飾、則當貴盛。故言異於雞。
【読み】
遽に歸りて王に告げ、且つ曰く、雞は其れ人の用と爲るを憚るか。人は是に異なり。雞犧は寵飾せらると雖も、然れども卒に當に殺さるべし。若し人寵飾せらるれば、則ち當に貴盛なるべし。故に雞に異なりと言う。

犧者實用人。人犧實難。己犧何害。言設使寵人如寵犧、則不宜假人以招禍難。使犧在己、則無患害。己、喩子朝。欲使王早寵異之。
【読み】
犧とするは實に人を用ゆ。人を犧とするは實に難[なや]みあり。己を犧とすれば何の害あらん、と。言うこころは、設[も]し人を寵すること犧を寵するが如くならしめば、則ち宜しく人に假して以て禍難を招くべからず。犧をして己に在らしめば、則ち患害無し。己とは、子朝に喩う。王をして早く之を寵異せしめんと欲す。

王弗應。十五年、大子壽卒。王立子猛。後復欲立子朝而未定。賓孟感雞、盛稱子朝、王心許之。故不應。○難、去聲。
【読み】
王應えず。十五年、大子壽卒す。王子猛を立つ。後に復子朝を立てんと欲して未だ定まらず。賓孟雞に感じて、盛んに子朝を稱して、王心に之を許す。故に應えず。○難は、去聲。

夏、四月、王田北山、使公卿皆從、將殺單子・劉子。北山、洛北芒也。王知單・劉不欲立子朝、欲因田獵先殺之。○從、去聲。
【読み】
夏、四月、王北山に田[かり]し、公卿をして皆從わしめ、將に單子・劉子を殺さんとす。北山は、洛の北芒なり。王單・劉が子朝を立つることを欲せざるを知り、田獵に因りて先ず之を殺さんと欲す。○從は、去聲。

王有心疾、乙丑、崩于榮錡氏。四月十九日。河南鞏縣西有榮錡澗。○錡、魚綺反。
【読み】
王心疾有り、乙丑、榮錡氏に崩ず。四月十九日なり。河南鞏縣の西に榮錡澗有り。○錡は、魚綺反。

戊辰、劉子摯卒。二十二日。
【読み】
戊辰[つちのえ・たつ]、劉子摯卒す。二十二日。

無子。單子立劉蚠。蚠事單子故。
【読み】
子無し。單子劉蚠を立つ。蚠單子に事うる故なり。

五月、庚辰、見王。見王猛。○見、賢遍反。
【読み】
五月、庚辰[かのえ・たつ]、王に見ゆ。王猛に見ゆ。○見は、賢遍反。

遂攻賓起殺之。黨子朝故。
【読み】
遂に賓起を攻めて之を殺す。子朝に黨する故なり。

盟群王子于單氏。王子猛次正。故單・劉立之。懼諸王子或黨子朝。故盟之。
【読み】
群王子に單氏に盟う。王子猛は次正なり。故に單・劉之を立つ。諸王子の或は子朝に黨せんこと懼る。故に之に盟う。

晉之取鼓也、在十五年。
【読み】
晉の鼓を取りしや、十五年に在り。

旣獻而反鼓子焉。獻於廟。
【読み】
旣に獻じて鼓子を反す。廟に獻ずるなり。

又叛於鮮虞。叛晉屬鮮虞。
【読み】
又鮮虞に叛く。晉に叛きて鮮虞に屬す。

六月、荀吳畧東陽、略、行也。東陽、晉之山東邑。魏郡廣平以北。○行、下孟反。
【読み】
六月、荀吳東陽を畧[めぐ]り、略は、行[めぐ]るなり。東陽は、晉の山東の邑。魏郡廣平より以北なり。○行は、下孟反。

使師僞糴者、負甲以息於昔陽之門外、昔陽、故肥子所都。○糴、音狄。
【読み】
師をして糴者[てきしゃ]と僞りて、甲を負いて以て昔陽の門外に息わしめ、昔陽は、故の肥子の都する所。○糴は、音狄。

遂襲鼓滅之、以鼓子鳶鞮歸、使涉佗守之。守鼓之地。涉佗、晉大夫。○鳶、悅全反。鞮、丁兮反。佗、徒多反。
【読み】
遂に鼓を襲いて之を滅ぼし、鼓子鳶鞮[えんてい]を以[い]て歸り、涉佗をして之を守らしむ。鼓の地を守るなり。涉佗は、晉の大夫。○鳶は、悅全反。鞮は、丁兮反。佗は、徒多反。

丁巳、葬景王。王子朝因舊官百工之喪職秩者、與靈・景之族、以作亂、百工、百官也。靈王・景王之子孫。○喪、息浪反。
【読み】
丁巳[ひのと・み]、景王を葬る。王子朝舊官百工の職秩を喪う者と、靈・景の族とに因りて、以て亂を作し、百工は、百官なり。靈王・景王の子孫。○喪は、息浪反。

帥郊・要・餞之甲、三邑、周地。○要、一遙反。餞、賤淺反。
【読み】
郊・要・餞の甲を帥いて、三邑は、周の地。○要は、一遙反。餞は、賤淺反。

以逐劉子。逐伯蚠。
【読み】
以て劉子を逐う。伯蚠を逐う。

壬戌、劉子奔揚。揚、周邑。
【読み】
壬戌[みずのえ・いぬ]、劉子揚に奔る。揚は、周の邑。

單子逆悼王于莊宮以歸。悼王、子猛也。
【読み】
單子悼王を莊宮に逆えて以て歸る。悼王は、子猛なり。

王子還夜取王以如莊宮。王子還、子朝黨也。不欲使單子得王猛。故取之。
【読み】
王子還夜王を取りて以て莊宮に如く。王子還は、子朝の黨なり。單子をして王猛を得せしめんことを欲せず。故に之を取る。

癸亥、單子出。失王。故出奔。
【読み】
癸亥[みずのと・い]、單子出づ。王を失う。故に出奔す。

王子還與召莊公謀、莊公、召伯奐。子朝黨也。○召、上照反。
【読み】
王子還召莊公と謀りて、莊公は、召伯奐。子朝の黨なり。○召は、上照反。

曰、不殺單旗不捷。旗、單子也。
【読み】
曰く、單旗を殺さずんば捷[か]たじ。旗は、單子なり。

與之重盟、必來。背盟而克者多矣。從之。從還謀也。○背、音佩。
【読み】
之と重盟せば、必ず來らん。盟に背きて克てる者多し、と。之に從う。還が謀に從うなり。○背は、音佩。

樊頃子曰、非言也。必不克。頃子、樊齊。單劉黨。○頃、音傾。
【読み】
樊頃子[はんけいし]曰く、言に非ざるなり。必ず克たじ、と。頃子は、樊齊。單劉の黨。○頃は、音傾。

遂奉王以追單子、王子還奉王。
【読み】
遂に王を奉じて以て單子を追い、王子還王を奉ずるなり。

及領、大盟而復、領、周地。欲重盟、令單子・劉子復歸。
【読み】
領に及びて、大いに盟いて復り、領は、周の地。重盟して、單子・劉子をして復歸せしめんと欲す。

殺摯荒以說。委罪於荒。○說、如字。又音悅。
【読み】
摯荒を殺して以て說く。罪を荒に委ぬ。○說は、字の如し。又音悅。

劉子如劉。歸其采邑。
【読み】
劉子劉に如く。其の采邑に歸る。

單子亡、乙丑、奔于平畤。平畤、周地。知王子還欲背盟。故亡走。○畤、音止。又音市。
【読み】
單子亡げ、乙丑、平畤[へいし]に奔る。平畤は、周の地。王子還が盟に背かんと欲するを知る。故に亡走す。○畤は、音止。又音市。

羣王子追之。單子殺還・姑・發・弱・鬷・延・定・稠。八子、靈・景之族。因戰而殺之。
【読み】
羣王子之を追う。單子還・姑・發・弱・鬷[そう]・延・定・稠を殺す。八子は、靈・景の族。戰に因りて之を殺す。

子朝奔京。其黨死故。
【読み】
子朝京に奔る。其の黨死する故なり。

丙寅、伐之。單子伐京。
【読み】
丙寅[ひのえ・とら]、之を伐つ。單子京を伐つ。

京人奔山。劉子入于王城。子朝奔京。故得入。
【読み】
京人山に奔る。劉子王城に入る。子朝京に奔る。故に入ることを得たり。

辛未、鞏簡公敗績于京。乙亥、甘平公亦敗焉。甘・鞏二公、周卿士。皆爲子朝所敗。
【読み】
辛未[かのと・ひつじ]、鞏簡公京に敗績す。乙亥[きのと・い]、甘平公も亦敗らる。甘・鞏の二公は、周の卿士。皆子朝の爲に敗らる。

叔鞅至自京師、葬景王還。
【読み】
叔鞅京師より至り、景王を葬りて還る。

言王室之亂也。經所以書。
【読み】
王室の亂を言う。經に書す所以なり。

閔馬父曰、子朝必不克。其所與者、天所廢也。閔馬父、閔子馬。魯大夫。天所廢、謂群喪職秩者。
【読み】
閔馬父曰く、子朝は必ず克たじ。其の與する所の者は、天の廢する所なり。閔馬父は、閔子馬。魯の大夫。天の廢する所とは、群の職秩を喪う者を謂う。

單子欲告急於晉、秋、七月、戊寅、以王如平畤。遂如圃車、次于皇。出次以示急。戊寅、七月三日。經書六月誤也。
【読み】
單子急を晉に告げんと欲し、秋、七月、戊寅[つちのえ・とら]、王を以て平畤に如く。遂に圃車に如き、皇に次[やど]る。出でて次りて以て急を示す。戊寅は、七月三日。經六月に書すは誤りなり。

劉子如劉。單子使王子處守于王城、王子處、子猛黨。守王城、距子朝。
【読み】
劉子劉に如く。單子王子處をして王城を守らしめ、王子處は、子猛の黨。王城を守るは、子朝を距ぐなり。

盟百工于平宮。平宮、平王廟。
【読み】
百工に平宮に盟う。平宮は、平王の廟。

辛卯、鄩肸伐皇、鄩肸、子朝黨。○鄩、音尋。肸、許乙反。
【読み】
辛卯[かのと・う]、鄩肸[じんきつ]皇を伐ち、鄩肸は、子朝の黨。○鄩は、音尋。肸は、許乙反。

大敗。獲鄩肸。壬辰、焚諸王城之市。焚鄩肸。
【読み】
大いに敗れぬ。鄩肸を獲たり。壬辰[みずのえ・たつ]、諸を王城の市に焚く。鄩肸を焚く。

八月、辛酉、司徒醜以王師敗績于前城。醜、悼王司徒。前城、子朝所得邑。
【読み】
八月、辛酉[かのと・とり]、司徒醜王の師を以て前城に敗績す。醜は、悼王の司徒。前城は、子朝が得る所の邑。

百工叛、司徒醜敗故。
【読み】
百工叛き、司徒醜敗るる故なり。

己巳、伐單氏之宮、敗焉。百工伐單氏、爲單氏所敗。
【読み】
己巳、單氏の宮を伐ち、敗らる。百工單氏を伐ち、單氏の爲に敗らる。

庚午、反伐之、單氏反伐百工。
【読み】
庚午[かのえ・うま]、反って之を伐ち、單氏反って百工を伐つ。

辛未、伐東圉。百工所在。洛陽東南有圉郷。
【読み】
辛未、東圉を伐つ。百工の在る所。洛陽の東南に圉郷有り。

冬、十月、丁巳、晉籍談・荀躒帥九州之戎、九州戎、陸渾戎。十七年、滅屬晉。州、郷屬也。五州爲郷。○躒、力狄反。
【読み】
冬、十月、丁巳、晉の籍談・荀躒九州の戎と、九州の戎は、陸渾の戎。十七年、滅ぼして晉に屬す。州は、郷の屬なり。五州を郷と爲す。○躒は、力狄反。

及焦・瑕・溫・原之帥、焦・瑕・溫・原、晉四邑。
【読み】
焦・瑕・溫・原の帥とを帥いて、焦・瑕・溫・原は、晉の四邑。

以納王于王城。丁巳、在十月。經書秋誤。
【読み】
以て王を王城に納る。丁巳は、十月に在り。經秋に書すは誤りなり。

庚申、單子・劉蚡以王師敗績于郊。爲子朝之黨所敗。
【読み】
庚申[かのえ・さる]、單子・劉蚡王の師を以て郊に敗績す。子朝の黨の爲に敗らる。

前城人敗陸渾于社。前城、子朝衆。社、周地。
【読み】
前城の人陸渾を社に敗る。前城は、子朝の衆。社は、周の地。

十一月、乙酉、王子猛卒、乙酉、在十一月。經書十月誤。雖未卽位、周人謚曰悼王。
【読み】
十一月、乙酉[きのと・とり]、王子猛卒すとは、乙酉は、十一月に在り。經十月に書すは誤りなり。未だ位に卽かざると雖も、周人謚して悼王と曰う。

不成喪也。釋所以不稱王崩。
【読み】
喪を成さざればなり。王崩ずと稱せざる所以を釋く。

己丑、敬王卽位、敬王、王子猛母弟、王子匃。
【読み】
己丑[つちのと・うし]、敬王位に卽き、敬王は、王子猛の母弟、王子匃[かい]。

館于子旅氏。子旅、周大夫。
【読み】
子旅氏に館る。子旅は、周の大夫。

十二月、庚戌、晉籍談・荀躒・賈辛・司馬督、司馬烏。
【読み】
十二月、庚戌[かのえ・いぬ]、晉の籍談・荀躒・賈辛[かしん]・司馬督、司馬烏。

帥師軍于陰、籍談所軍。
【読み】
師を帥いて陰に、籍談が軍する所。

于侯氏、荀躒所軍。
【読み】
侯氏に、荀躒が軍する所。

于谿泉、賈辛所軍。鞏縣西南有明谿泉。
【読み】
谿泉に軍し、賈辛が軍する所。鞏縣の西南に明谿泉有り。

次于社。司馬督所次。
【読み】
社に次る。司馬督が次る所。

王師軍于氾于解、次于任人。王師分在三邑。洛陽西南有大解・小解。○氾、音凡。解、音蟹。任、音壬。
【読み】
王の師氾に解に軍し、任人に次る。王の師分かれて三邑に在り。洛陽の西南に大解・小解有り。○氾は、音凡。解は、音蟹。任は、音壬。

閏月、晉箕遺・樂徵・右行詭濟師取前城、三子、晉大夫。濟師、渡伊洛。○行、戶郎反。詭、九委反。
【読み】
閏月、晉の箕遺・樂徵・右行詭師を濟[わた]して前城を取りて、三子は、晉の大夫。師を濟すとは、伊洛を渡るなり。○行は、戶郎反。詭は、九委反。

軍其東南、王師軍于京楚。辛丑、伐京、毀其西南。京楚、子朝所在。
【読み】
其の東南に軍し、王の師京楚に軍す。辛丑[かのと・うし]、京を伐ちて、其の西南を毀つ。京楚は、子朝が在る所。



經十八年。琅邪。音郎。本或朔郎。
傳。萇弘。直良反。稔之。而審反。侈故。昌氏反。又尸氏反。夏伯。戶雅反。壬午大甚。本或作火甚。其處。昌慮反。下祭處同。故登以望氣。本或朔以望氛氣。禳火。如羊反。今復。扶又反。下同。竈焉。於虔反。有中。丁仲反。里析。星歷反。將有大祥。本或作火祥、非也。身泯。面忍反。以知。音智。使輿。音餘。其柩。巨久反。爲其。于僞反。欲令。力呈反。巡行。下孟反。下文行火、注履行同。石函。音咸。易救。以豉反。各儆。音景。寘諸。之豉反。玄冥。亡丁反。賦稅。始銳反。盡俘。芳夫反。歸以語。魚據反。上替。他計反。生長。丁丈反。祓禳。除音廢。蒐場。直良反。而郷。本亦作向。注同。及衝。昌容反。使從。才用反。登陴。婢支反。忘守。手又反。一音如字。勁忿。古政反。恐懼。丘勇反。讒慝。他得反。荐爲。在遍反。荐重。直用反。下文同。他竟。音境。注同。楚喪。息浪反。君盍。戶臘反。許先。悉薦反。而復。扶又反。蔽障。章亮反。子說。音悅。於析。星歷反。
經十九年。爲鄅。于僞反。加殺。音試。○今本弑。
傳。城郟。古洽反。其僅。音覲。以持。如字。本或作恃怙之恃、非也。少師。詩照反。王爲之。于僞反。注同。悼公瘧。病也。伐濮。音卜。諸夏。戶雅反。城父。音甫。而寘。之豉反。王說。音悅。贛楡。古弄反。如淳音耿弇反。下音兪。釐婦。依字作嫠。○今本嫠。而去之。起呂反。藏也。裴松之注魏志云、古人謂藏爲去。案今關中猶有此音。紡纑。力吳反。麻縷也。夜縋。直僞反。鼓譟。素報反。上之人亦譟。一本作城上之人亦譟。○今本亦同。共公。音恭。幼少。詩照反。駟氏聳。息勇反。札。側八反。 一音截。大死也。字林、作■(左が歹で右が小)。壯列反。云、夭死也。瘥。才河反。字林、作■(左が歹で右が差)夭。於表反。昏。如字。小疫。音役。又喪。息浪反。懼隊。直類反。立長。丁丈反。注同。實剝。邦角反。諺曰。音彥。無過。一音古臥反。猶憚。待旦反。子旗。音其。民樂。音洛。勞罷。本或作疲。我覿。大歷反。見也。賢遍反。之知。音智。舍前。音捨。又音赦。
經二十年。自鄸。字林、音夢。案夢字、字林、亡忠反。之使。所吏反。君爭。爭鬭之爭。惡之。烏路反。侯盧。本又作廬。今本亦廬。
傳。望氛。芳云反。幾亡。音祈。又音機。後弭。彌耳反。汏侈。音泰。奮揚。方問反。大子冤。於元反。遣令。力呈反。再奸。音干。使還。音環。下還豹同。盍以。戶臘反。之長。丁丈反。不逮。音代。一音大計反。愈差。初賣反。僚也。力彫反。○今本無也字。吳殺。申志反。○今本弑。公孫援。于眷反。拘向勝。九于反。其廩。力甚反。大子欒。力官反。無慼。千歷反。狎齊豹。戶甲反。圃。布五反。欲去。起呂反。適母。丁歷反。本亦作嫡。○今本亦嫡。爲驂。七南反。乘焉。繩證反。注及下驂乘・與乘・一乘・駟乘・就公乘皆同。借我。子夜反。親近。附近之近。是僭。子念反。寘戈。之豉反。要其。一遙反。及閎。音宏。斷肱。古弘反。乘驅。如字。又繩證反。閱門。音悅。魋。徒回反。復就。扶又反。之衢。其倶反。肉袒。徒旱反。氏爭。爭鬭之爭。之處。昌慮反。欲令。力呈反。析朱。星歷反。鉏。仕居反。草莽。莫蕩反。之好。呼報反。宗祧。他彫反。致使。所吏反。注同。從者。才用反。牧圉。魚呂反。執鐸。待洛反。終夕與燎。一本作終夕與於燎。○今本亦同。徧賜。音遍。名牢。力刀反。疚於。居又反。回邪。似嗟反。下同。費遂。扶味反。其訽。本或作詬。同。少司。詩照反。下注少皞同。公遽。其據反。而女。音汝。齊侯疥。舊音戒。梁元帝音該。依字則當作痎。說文云、兩日一發之瘧也。痎又音皆。後學之徒僉以疥字爲誤。案傳例因事曰遂。若痎已是瘧疾、何爲復言遂痁乎。不瘳。勑留反。裔款。以制反。齊嬖。必計反。君盍。戶臘反。事治。直吏反。不媿。九位反。本又作愧。今本亦愧。無猜。七才反。以蕃。音煩。祉。音恥。爲信。于僞反。又如字。下爲暴君使同。邪。似嗟反。撞鍾。直江反。○今本鐘。斬艾。本又作刈。魚廢反。○今本刈。其聚。才住反。又如字。謗讟。徒木反。無悛。七全反。矯誣。居表反。求媚。眉記反。其言僭。子念反。下僭令同。嫚。武諫反。舟鮫。音交。藪。素口反。薪蒸。之烝反。麤曰薪、細曰蒸。偪介。彼力反。下音界。迫近。附近之近。其賄。呼罪反。則應。應對之應。注同。養長。丁丈反。皆詛。莊慮反。億兆。於力反。公說。音悅。旃以。之然反。韙之。于鬼反。至自佃。音田。本亦作田。○今本亦田。焉得。於虔反。如羮。音庚。舊音衡。醯。呼兮反。醢。音海。以亨。普庚反。煮也。○今本烹。炊也。昌垂反。以泄。息列反。○今本洩。無爭。爭鬭之爭。總也。音揔。五聲。宮爲君、商爲臣、角爲民、徵爲事、羽爲物。角徵。張里反。大蔟。音泰。七音。宮・商・角・徵・羽・變宮・變徵也。八風。易緯通卦驗云、東北曰條風、東方曰明庶風、東南曰淸明風、南方曰景風、西南曰涼風、西方曰閶闔風、西北曰不周風、北方曰廣莫風。條風又名融風、景風一名凱風。哀樂。音洛。下及注皆同。周流。傳本皆作流。然此五句皆相對。不應獨作周流。古本有作疏者。案注訓周爲密、則與疏相對。宜爲疏耳。○今本亦疏。豳風。彼貧反。專壹。如字。董遇本作摶。音同。虞夏。戶雅反。大公。音泰。爽鳩氏樂之。一本作之樂。○今本亦同。鮮死。息淺反。水懦。乃亂反。又乃臥反。一音儒。民狎。戶甲反。而翫。五亂反。以治。直吏反。數月。所主反。盡之。本或作盡殺之。殺衍字。○今本亦盡殺之。糾之。居黝反。苛政。音何。無從。本又作毋。○今本亦毋。詭隨。九委反。式遏。於葛反。慘不。七感反。
經二十一年。頃公。音傾。
傳。將鑄。之樹反。律中。丁仲反。泠州鳩。字或作伶、或作冷、非。心億。於力反。則樂。音洛。適子。丁歷反。以長。丁丈反。人恐。丘勇反。下注同。少司。詩照反。張匃。古害反。本亦作丐。而訊。音信。將見。賢遍反。鄭翩。音篇。豐愆。起虔反。本或作衍。睢陽。音雖。舊鄘。音容。本或作墉。廚人。直誅反。濮。音卜。盍反。戶臘反。二帥。色類反。注同。死難。乃旦反。待復。扶又反。下文復卽之同。乃徇。似俊反。揚徽。許歸反。說文作幑。徽識。本又作幟。一音式。裹首。音果。不訾。本又作呰。○今本亦呰。赭丘。丘又作皆陳。直覲反。莊重。本或作莊菫父。則關。本又作彎。同。下同。相余。息亮反。殪。一計反。君焉。於虔反。迋恐。丘勇反。乃復。扶又反。朱愬。音素。懼泄。息列反。又以制反。
經二十二年。大蒐。所求反。鞏縣。九勇反。子朝難。乃旦反。郟。古洽反。鄏。音辱。
傳。牧之。州牧之牧。齊帥。所類反。能復。扶又反。下復欲同。省臧。子郎反。祁犂。力私反。又力兮反。後弭。彌氏反。之長。丁丈反。王語。魚據反。劉摯。音至。下同。有欲位之言。一本位作立。○今本亦同。自憚。徒旦反。其犧也。許宜反。遽歸。其據反。弗應。應對之應。注同。北芒。音亡。錡澗。古晏反。守之。手又反。又如字。伯奐。音喚。單旗。音其。不捷。才接反。樊頃子。頃、本或作須字。令單。力呈反。奔平畤。一本作于平畤。下同。本或作平壽、誤。○今本亦于平畤。鬷。子工反。稠。直由反。鞏簡。九勇反。圃車。音補。東圉。魚呂反。于社。市者反。本或作杜。下音同。王子匃。古害反。司馬督。音篤。